FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先ほど「躍動するマリン」とか何とか記しましたけど、
やはり「キュアドリーム」が魅力的!!
マリンもそうでしたけど、ドリームもアニメ版からそのまんま実世界のプリキュアショーに
飛び出してきてような感じがしますし、
アニメ版とそれほど違和感がないところが素晴らしい!!!




歴代プリキュアの被り物を見てみると、
意外と表現するのが難しいのが青系みたいな気もします。
ベリー・アクア・ビートは正直出来としては、今一つ・・・
そんな中、マリンと現役のダイヤモンドさんは、完成度は非常に高いと思います。

それでもやはりピンク系は有利ですよね。
ドリームをはじめ、ピーチ・ブロッサム・ハッピー・ハートは、
製作者の気合が違うのか(?)
青系に比べて、何か出来というか可愛らしさが結構違うような気もします・・・

それにしても、やはり「ドリーム」はアニメ版も被り物も可愛すぎる・・・・
ついでに書くと、上北ふたごの漫画版の夢原のぞみも、いかにも「恋する夢見る少女」みたいな
作風なので、これはこれでまた可愛い・・・
スポンサーサイト



このキュアマリンの被り物ですが、
何かアニメ版からそのまま現実のプリキュアショーに移動したみたいで、
すごーく出来がいいと思います。
プリキュアの被り物でも、
例えば、ハッピーとかドリームとかこのマリンとかみたいに
製作しやすいものと
逆にシャイニールミナス・アクア・ベリー・ムーンライトみたいに何か製作しにくいものも
あると思います。
例えば、ムーンライトとかシャイニールミナスの被り物を見てみると、申し訳ないけど
何か不気味なモノを見た気がするような出来があまり芳しくない被り物も
あったりします・・・




その点、このマリンは素晴らしい出来だと思います。
「躍動するマリン」とか「明日へジャンプみたいなマリン」みたいなイメージがあります。
反面、何となくですけど「うざ可愛さ」も伝わってきて、
歴代プリキュアの中でもかなりの異色系のマリンらしさが
被り物からも伝わってきていることが何か面白いです。

 | BLOG TOP |