FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1981年の課題曲C「シンフォニックマーチ」は結構好きな課題曲の一つでして、
この曲はマーチとしては、正統派というか王道を行く作品だと思います。
当時コンクールで色々なチームがこの曲を演奏しているのを聴いたのですが、
毎回感じたことは、ラストに近くなるほど追い込みをかけたくなるのか
テンポが速くなるチームが相当多かったという事です。
自分自身この曲を何回か指揮したことがあるのですが、後半テンポを速めたい気持ちを
ぐっと堪えてテンポを終始維持する事は、結構大変でした。
解釈は様々あると思うのですが、こうした正統派のマーチはあまりテンポをこねくり回さない方が
かえって良かったような気もします。
さすがに全国大会レベルでは、そうした後半になるほどヒートアップするチームは
あまりなかったと思いますが・・・

〇川本高校

 C/組曲「サルタン皇帝の物語」より三つの不思議

 このチームは後半テンポを速めていましたけど、曲が一貫してテンポ設定が速めでしたので
 あまり違和感はありません。
 全体的にはオーソドックスなまとまり方です。
 この年、高校の部で上位3チームを選出しなさいと言われたのならば、
 文句なく、磐城・天理、そしてこの川本高校を推したいと思います。
 時点は、福岡工大付属かな・・・
 川本は課題曲も良かったけど、自由曲が本当に素敵な演奏でした。
 正直この自由曲は、ほとんど知られていない曲でしたけど、川本高校が素晴らしい演奏をこの年にして
 当時ほとんど知られていなかったこの曲の素晴らしさを伝えてくれたから、後年の
 文教大・大月東中などの名演に繋がったものと思っています。
 曲は、前半と後半のアレグロ、そしてかなり長いゆったりとした中間部から成り立っていますが、
 アレグロ部分は非常に快活で骨太に響いているのが極めて心地よいです。
 サウンドが非常に清潔で美しいし、同時に金管セクションが鳴るのだけど割れないという風に
 極めて高水準の演奏を展開しています。
 しかし圧巻はあの中間部・・・!!!
ゆったりとゆったりと気持ちを高めながら徐々に盛り上げていく高揚感は
 本当に素晴らしい!!!
 オーボエとクラリネットのソロも非常に素晴らしい!!!
欠点を探すのが非常に難しい自由曲ですし、
 高揚感をうまく演出した表現力も素晴らしい!!
 この演奏はいまだにCD化されていませんので、何とかCDとして再度現在に
 甦らせてほしいと思いますし、今の若い世帯にも聴いてほしい演奏の一つです。

〇旭川商工業

 B/「ガイーヌ」より、子守唄・レスギンカ

 旭川商業高校は現在でも全国で活躍している素晴らしいチームですが、
 1981年に出場していた旭川商工業高校というのは、恐らく旭川商業に校名が変わる前の
 学校だと思います。
 だけどこの演奏、演奏が少々貧弱・・・
 「勢い」というものが全く感じられない演奏です。
 だけど反面「子守唄」なんかは、出だしのオーボエのソロをいきなり外すのは
 ご愛嬌として、全体的には「歌おうとする姿勢」は感じられます。
 レスギンカは、打楽器は終始控えめ・・・
 中央大が1987年に始めた「タンカ・タンカ」みたいな乱打みたいな様子は全くありません。
 金管も終始控えめ
 目立つのはクラリネットセクションの健闘です。
 現在の視点で聴くと、極めてめずらしい「ガイーヌ」の演奏だと思います。
スポンサーサイト



現役の「ドキドキ」以外に、
テレビ埼玉では毎週木曜の夕方六時半より「ハートキャッチ」が再放送されていますけど、
ANIMAXでもついに「スイートプリキュア」が722より毎朝8:00より放映開始みたいですね。
これは子供たちの夏休みに合わせて企画されたものでしょうね。




スイートは歴代プリキュアの中で、一番人間関係がゴチャゴチャしていて、
これにセイレーン(ドキドキで例えると、レジーナみたいなポジション)が加わったり
謎の黒仮面プリキュアやアコちゃんが加わったり
又初期の頃の奏のヒステリー炸裂を見てみると、
何となく歴代プリキュアの中でも子供達の人気が今一つだったように感じらたのも
分かるような気もします。
だけどストーリーをよーく見てみると、
特にラスト近くのぴーちゃんの本質から捉えてみると、
「世界とは幸せと不幸の二つから成り立っていて、二つで一つ。決して幸福だけを獲得することは
 できないし、それはかえって人の道から外れるもの。
 相手を認め合い、不幸の本質を見極めることで、かえって幸せへの近道を得ることが出来る」
というメッセージがよく伝わりますし、
意外と奥が深い作品という事に気が付かされます。

残念ながらANIMAXは加入していないので見ることはできないのですけど、
ツタヤの「スイートシリーズ」は間もなく全ての巻が旧作扱いという事で100円に
なりますので、改めてじっくりと見てみたいなーとも
思います。
今日は休みなので、ローソンを四つほど駆け巡り、
「ドキドキプリキュア」のスタンプラリーの一周目を無事に完了させ、
まずはシールをゲットしてきました。




一番最初の店舗がダイヤモンド、次がソード 三番目がアイちゃん そしてラストの四番目が
ラケル&ランスでした。
本日見たところでは、ハートのスタンプは発見できませんでした。
シールをよく見てみると、しっかりと「キュアエース」も登場していました。

ローソンのプリキュアのスタンプラリーは昨年の「スマイル」から始まったと思いますけど、
毎回毎回性懲りもなく、スタンプラリーに参加し、シール等をゲットしています。
ただ何となくスタンプを貰うだけでは何か申し訳ないというか、後ろめたいというのか
おにぎりとかお茶とか買ってしまいますし、先ほどブログに写真をupした
「バリィさんのポテトチップ」もその流れで買ったものです。
これはローソンの戦略なのかな・・・??
だってそりゃそうですよね。ローソンを最低4店舗廻れば1店舗くらいの店には
何かしらの買い物は普通はしますよね。
そのへんの戦略はさすがですし、同時に東映=バンダイとしても映画の宣伝にもなりますから
これはまさに一石二鳥なのかも・・・

今回のスタンプラリーは、一周目を完了させると二周目に突入でき、
二周目のラリーを完了させると
ドキドキのポスターをゲットできますので、次週は二周目に挑戦したいと
思います。
ちなみに一周目のスタンプのキャラと被っていても構わないそうです。
「バリィさん」とはご存知のようにゆるキャラの一つで、
最近では、くまもんと共に人気が高いゆらキャラの一人です。
うーーん、埼玉県の「こぱとん」ももう少し頑張ってもらわないと・・・



ローソンにて、「ドキドキプリキュア」のスタンプラリーをやりにいったら
バリィさんのコンビニ限定且つ期間限定の鉄板やきとり味のポテトチップが販売されていましたので、
美味しそうだったし、何かバリィさんが可愛らしかったから
思わず買ってしまいました・・・

だけど改めてよーく見てみると、バリィさんって何となくですが
「リラックマ」に登場するキイロイトリに何か似ていますよね。
キイロイトリに腹巻をはかせたら、
「はい、バリィさんの出来上がり・・・と言えなくもないですかね・・・??
だけどキイロイトリは、リラックマシリーズの中では強烈な突っ込み役・・・
こうした癒し系グッズの中で、こうした主人公クラスに突っ込みを入れるキャラも
珍しいから、何か気になってしまいます。

そう言えば最近バリィさんは、やはり期間限定でヤマザキの「ランチパック」にも登場していましたから、
やはり今を時めく人気ゆらキャラなのですよね。
くまもんが最近「ぷっちょ」にも登場した際は、少し驚きましたけど、
バリィさんも今後色々な商品とタイアップしそうですよね。
先日の参議院選挙の際、夜8時以降はどのチャンネルを回しても
開票速報一色でした。
最初から「自民圧勝」なんて誰にでも予測できたのにね・・・
そんな中、Eテレだけは夜9時からクラシック演奏会の収録を放映していて、
N響/尾高忠明さんの指揮でオールイギリスプログラムをやっていました。
尾高さんは、昔からイギリスものを得意していて、確か長い間BBC交響楽団の指揮者を
務められていたので、こうした曲は十八番という感じなのでしょうね。

その中で、一つ興味深いものがありました。
何かというと、ヴォーン=ウィリアムズの「チューバ協奏曲」です。
これはCDでは聴いたことがあるのですが、生の演奏会やテレビ等で聴くのは初めてです。
感想としては、「面白い!!」です。
普通チューバというと、管弦楽を低音で支える縁の下の力持ちみたいな役割で、
目立つソロとかメロディーを担当するという場面は少ない、
比較的そんな役回り(?)の楽器です。
そんなチューバにソロ楽器としての可能性を示唆したのがこま協奏曲だと思います。
この曲を聴くと分かるのですが、
ゆったりとした曲想ではなく、終始ぶんぶん軽快に跳ね回るというか躍動する曲なので
奏者もロータリーを上下させるのは本当に大変だと思いますが、
「予想しなかった楽器が予想外の活躍をする」という意味でも斬新な一方
低音楽器でもソロとしての効果があるという意味でも
非常に楽しい曲でした。

後半は、ウィリアム=ウォルトンの交響曲第一番です。
この交響曲については、随分以前に本ブログでゴチャゴチヤ書きましたので、今回は
詳細は省略しますけど、改めて聴くと本当に壮絶な曲だと感じました。
一般的には、苦悩から歓喜へ 暗から明へ 敗北から勝利へというのが
交響曲の一つのパターンだと思うのですが、
このウォルトンの交響曲の場合、確かにフィナーレの第四楽章は
ティンパニー奏者2名による打撃連打・金管楽器の高らかな雄叫びなど
歓喜みたいな要素もあるのですが、
聴き終わってみると、毎回感じる事なのですが
全然勝利・歓喜という感じはしません。
むしろ不安感・危機感は今後も継続されていくという「警告」みたいなメッセージを
感じ取ってしまいます。
だけどこの交響曲の「緊迫感」は凄まじいものがあると思います。
作曲は第二次世界大戦の直前ですので、
当時のイギリスの状況、例えばヒットラーの台頭とかイギリスのチェンバレン首相の
対ドイツ融和政策によってチェコ分割を黙認したことでかえってヒットラーの台頭を
許してしまったとか、後任者チャーチルのドイツとの対決姿勢とか
相当な危機感・緊張感はあったと思います。
それが何となく曲にも反映されていると思いますし、
戦争は終結しても人のココロの暗闇は永遠に続くみたいな思いはあったのかもしれません。

現代を生きている自分たち自身も、例えば自民党が圧勝し、衆参のねじれが解消し
政治が安定したからと言って、必ずしも生活が向上するとは限りませんし、
超高齢化社会・財政問題・外国の脅威・未来の日本の姿が明確に提示されないなど
「不安」は際限なくあると思いますし、そうした不安がなくなるという事はないと思います。
それではそうした「不安」にはどう対処すればよいのか・・
結局は「不安」には「日常的な危機意識」を持って備え、対処するしかない・・・
そういったことを何となく示唆しているようにも
この曲からは感じ取ってしまいます。

ちなみにこの交響曲の第二楽章は、作曲者から「悪意を持って」という指示が譜面に
記されています。

CDでは、この曲は
ラトル指揮/バーミンガム響が素晴らしいと思います。
7/21の「ドキドキプリキュア」は前回同様突っ込みどころが多過ぎで
コメントすら出来ない・・・という感じですかね。
「ドキドキ」にしては珍しいギャグ要素もありましたけど・・





〇執事のセバスチャンは意外とお茶目・・

 これまでのセバスチャンは、冷静・万能・優秀という比較的クールなイメージが
 ありましたけど、あんなにお茶目だったなんて・・・
 かれんさんの爺やさんの坂本さんですら、終始クールさを保っていたのに、それと比べると
 あまりに面白すぎて、何かこの人の隠れファンになってしまいそう・・・
 キュアセバスチャンというかバットマンみたいに変身しても、少し全速力で走っただけで
 息が上がる「年寄りの冷や水さ」も相当のお茶目・・・

〇一度の放送で三回戦闘シーンがあるのは極めて珍しい・・・

 冒頭と爪楊枝ジコチューとキューティーマダムと計三回プリキュアとしての戦闘シーンがあり、
 エースに至ってはちやっかり二度も必殺技を放ち、美味しいところを皆持って行っているような気も・・・
 歴代でも一話で二回の戦闘シーンというのもそれ程多くはなかったのに
 (例/スイートの第5話 ハートキャッチの第4話)
 3度プリキュアとしての戦闘シーンは、もしかして初めてかも・・・

〇ありすは、キュアエースにそれ程お説教されない・・・

 前々回と前回、マナと真琴がかなりエースにお説教と指導(?)を食らっているのに
 ありすは、
 「何も言う事はありません。あなたは自分で気が付く子」だけですからね・・・
 マナが一度は変身アイテムのラビースを没収され、
 真琴に至っては、「中途半端・ガッカリ」みたいにボロクソに言われているのに
 この差は何なのでしょうね・・・
 それだけありすは元々大人で能力が高い証拠なのかな・・・
 それともエースでさえ、四葉財閥の逆襲を恐れたのかな・・・??

〇プリキュアは伝統的に年齢が下がるほど精神年齢は大人になる・・・??

 今回の円亜久里やスイートのアコちゃんを見るまでもなく、
  実年齢が下がるほど、大人っぽい言動が多く、逆に年上プリキュアを容赦なく
  バッサリ切り捨てたりお説教をくらわすのはすごい・・・
  もはやエースに対抗できるのはムーンライトだけなのかな・・・


だけど、こんな突っ込みは正直どうでもよくなりました。
前回同様、今回も「予告編」の衝撃がすさまじい・・・
六花さんが次回のキュアエースのお説教の餌食になるのでしょうけど、その過程の中で
イーラとのあのラブラブは一体何があったのでしょう・・・
話によるとイーラが記憶喪失に陥ったみたいですが・・・
もしかして、正妻六花さんの浮気疑惑発覚・・・???

 | BLOG TOP |