FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ショスタコーヴイッチというとどうしても重厚長大・深刻・知識人の苦悩みたいな
イメージが先行し、重苦しい曲ばかりが多いという感もあります。
だけどたまーにですけど、
信じられないほど軽い曲も作曲してたりします。
その代表例がTea for two(二人でお茶を)なのではないのかな・・・?

ま、もっともこの曲はショスタコの作曲ではなくてあくまで編曲作品です。
「二人でお茶を」というポップス曲をある友人の指揮者とショスタコが聴いた時、
友人から
「この曲を記憶だけで一時間以内に管弦楽曲に編曲出来るかどうかを賭けないか?」と
挑発(?)され、100ルーブルで賭けたそうです。
結果的に、ショスタコは何とこれをわずか45分でオーケストレーションする事に成功し
まんまと100ルーブルをゲットしたとの事です。

曲は2分程度のごく短い曲なのですけど
ジャズ風な軽妙な感じのナイスな曲であり、とても45分でアレンジしたとは思えない
精密な編曲となっています。
意外と打楽器も多用されていて、ティンパニー・小太鼓・シンバル・トライアングル・グロッケン
シロフォーンが使用されています。
ミュートを付けたトランペットの鳴らし方が極めて印象的ですし、
部分的にチェレスタと鍵盤打楽器を効果的に使用した箇所もあり、
短い小品なのですけど、
その軽妙なんだけど構成がしっかりしている作りに驚嘆してしまいます。

この曲は、よく佐渡裕がオケの演奏後のアンコールとしても
よく演奏しています。

ショスタコーヴイッチは、交響曲第4番・15番みたいな謎に満ちた曲もあるかと思うと
5番・7番・8番・10番みたいな重厚な曲もありますし
1番・9番みたいな「おもちゃ箱」みたいな曲もあります。
そうした一方で信じられないほど軽くて楽しい曲もたまにあったりなんかして、
例えば・・・

〇祝典序曲

〇ジャズバンドと管弦楽のための組曲第二番

〇組曲「黄金時代」

などがあります。でもその代表例は何といっても「二人でお茶を」ですけどね。

この曲は何回かオケのアンコールとして聴いたことがありますけど
やはり一番聴いた指揮者は佐渡さんですね。
むかーし、ロジェストヴェンスキーがこの曲をアンコールで演奏し、
演奏終了と同時に、客席を振り向いて、ニコッとし、
敬礼みたいなポーズをして、アカンベエしていたのは何か微笑ましかったです。
スポンサーサイト



何か、最近は特にプリキュアシリーズは、現役の「ドキドキ」以外は
「プリキュア5」ばかり視聴してしまいます。
それだけ「のぞみ」の魅力が大きいのでしようね。

改めて「プリキュア5」【無印版】を見てみると、
5GoGo!が、どちらかというと無印で各々見つけた「夢」をどうやって具体的に将来的に
実現していくのかという事に焦点を当てた物語なのに対して、
無印版は、メンバー全員が
主題歌の歌詞ではありませんが、
「大人になったら何になりたいのか」という「夢」を探し出すストーリーだったような
感じもいたします。






そんな中、
初期の頃から、既に「将来の夢」を持っていたうららとこまちに対して、
「将来何になりたいのか」・「自分の夢とは何なのか」・
「自分は将来どうしたいのか」という方向性が見いだせず
目の前の出来事を一生懸命こなしながら、自分のやりたいことを見つけ出していくのぞみ・りん・かれんの
存在というのは、
同じプリキュア同士のメンバーでも
異なる価値観のグループが存在していたという事で非常に面白い試みだったと
思います。
そして同時に、夢を既に持っているグループがまだ夢を持っていないグループに影響を与えたり
その逆もあったりと、
夢を巡ってのさまざまな交流が
「プリキュア5」【無印】の一つの大きなテーマだったような気もします。

改めて感じたことは、
「ドキドキ」・「スマイル」で比較的顕著な事なのですが、
「プリキュア」として戦う動機として「皆の笑顔を守る」という事がよく提示されていますけど、
それは実は既にプリキュア5でも提示されていて、
そうした動機は、プリキュア5から、フレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキの
歴代後輩たちに脈々と受け継がれているという事を
改めて気が付かされました。

当初は感性の相違・価値観の違いから何かと反発することも多々あったかれんさんとりんちゃんも
第42話のストーリーが示唆する通り、
まだその時点では明確な夢を持っていない者同士が、
漠然と「自分の可能性・適性」に気が付き始めた事が示唆されている点が
何かと興味深いところです。

 | BLOG TOP |