FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1981年暮れに、近くの小学校から「ミニクリスマス吹奏楽コンサート」を頼まれ
(こうした依頼は、老人会・自治会・スーパーなど結構頂き、無償でミニコンサートを
 よく開催したものです。実践の場を数多く持つことで、コンクール等の本番に慣れる
 という面もあったかと思います)
その時のプログラムが今でも奇跡的に残っていました。
当時の曲目を見てみると・・・

〇ルビーの指輪

〇メモリーグラス

〇ハイスクール・ララバイ

〇Dr.スランプ あられちゃん

〇スニーカー ぶるーす

〇映画「サタデー ナイト フィーバー」メドレー

〇シンフォニックマーチ(81年・課題曲C)

〇花のワルツ(チャイコフスキー)

でした。いやー、これはもう完璧に時代を感じさせますね・・・・
今の子に堀江淳の「メモリーグラス」と聞いても、わからないでしょうね・・・


〇洛南高校

 C/道化師の朝の歌

 90年代~2000年代初めの吹奏楽のスクールバンドをリードしたこのチームの初出場は
 実はこの年なのです。
 このチームは当時も今も男子高校なのは変わりがないのですが、この当時の
 ステージのステージ衣装が学ランというのも何か時代を感じさせますね。
 このチームは、実は70年代から一部で過激な演奏・選曲をする学校として知られていて、
 例えば、1979年には関西大会に、自由曲/春の祭典で出場しています。
 だけど、この年の洛南は、今聴くと信じられないほど技術的に稚拙な演奏を展開してくれています。
 クラリネットが少ないというせいもあるかと思いますが、金管が分厚過ぎ、
 何か厚化粧みたいなサウドです。
 だけど音自体非常に痩せていて、非常に貧弱な演奏を聴かせてくれています。
 後年の「ダンス・フォラトゥーラ」とかダフクロとかくじゃくとかアメリカの騎士みたいな
 このチーム独特の骨太の演奏は、まだこの当時は芽生えていません。
 この演奏から捉えると、洛南の進歩も相当なものがあります。
 その意味では、貴重な演奏です。

この年、中学の部では、課題曲にマーチを選ぶチームは大半はDを選曲し、Cを選んだのは
確か伊丹東だけだったと思います。
高校の部は、課題曲にマーチを選ぶチームのほとんどは洛南のようにCを選曲し
Dは嘉穂だけです。
中学と高校で選曲で対照的な結果になってしまったのは
何となく興味深いものがあります。
スポンサーサイト



最近ふと思ったことがあります。
これまで結構クラシックの生の演奏会は色々と聴きましたけど、生の演奏会で
過去に一番多く聴いた曲目は一体なんだろうと・・・
別に過去に聴いた演奏会の記録とかメモを付けていたりとか
プログラムを保管していた訳ではないので
正解は不明です。
だけど何となくですけど、
ベルリオーズの「幻想交響曲」か
グリンカの歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲のどちらかではないかと
思います。

グリンカの歌劇「ルスランとリュドミーラ」は、演奏時間5分程度と短い事もあり、
「ロシア音楽特集」とか「名曲コンサート」では第一曲目に演奏されることが非常に多い
定番中の定番の作品です。
しかも全曲ほとんどアレグロでスピード感に満ち溢れ、聴いていて実にスカッとする曲なので
演奏会のオープニングにはもってこいですし、指揮者にとっても演奏者にとっても
肩慣らしという意味でも非常に申し分ない曲だと思います。
この序曲は二管編成で非常にシンプルな編成で、使用される打楽器もティンパニーだけです。
だけど、このティンパニーが曲の要所を締めるというか、いいところで
「ダン・ダ・ダ・ダン」とソロ的に決めてくれるので
非常に視覚的にも聴覚的にも格好いいです。

オケの演奏会では、非常にスタンダードな場合、
一番最初の曲目に5~8分程度の短い序曲を演奏し、
二番目の曲として、協奏曲
そして休憩
三番目のメインディッシュとして交響曲というパターンが非常に多いです。
「ロシア名曲演奏会」の場合、
一曲目として、ルスランとリュドミーラ・禿山の一夜・中央アジアの草原にてなどが
演奏されることが多く、
二曲目の協奏曲としては、
圧倒的にラフマニノフのピアノ協奏曲第二番またはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番
または同じくチャイコのヴァイオリン協奏曲というパターンが多いですね。
そしてラストの交響曲は、
チャイコの悲愴かショスタコの五番という感じがポピュラーですね。

そんな訳で、もしかしたら過去に一番多く生で聴いたクラシック音楽というと
「ルスランとリュドミーラ」なのかもしれません。

最初にこの序曲をレコードで聴いたのは、オーマンディー指揮/フィラデルフィア管でしたけど
このオーマンディーの演奏は意外と落ち着いて気品があり、演奏時間は5分30秒程度だったと
思います。
後にこの曲をスヴェトラーノフ指揮で聴いたのですが、
感想は「まあ、速い・速い・ホント快速運転・・・」という感じでした。確か4分半程度だつたかな・・
やはり指揮者によって解釈というか感受性はさまざまですよね。

 | BLOG TOP |