FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


家から一番近いコンサートホールはどこかな?とふと考えたことがあります。
その時は「川口リリアかな・・?」と考えたものですが、実際には一番近いホールは
「南浦和文化センター」というか、現在の名称はさいたま市文化センターという事になると
最近改めて気が付きました。
このホールは、推察で恐縮なのですが、1988年に大宮ソニックシティが完成するまでは
埼玉県で最大の音楽ホールではなかったのかなと思われます。
だって、大ホールは2000席を超え、
昭和の頃は、埼玉県最大の文化の場だったのかもしれません。
2000年の浦和・大宮・与野の三市合併に伴い、名称も変更となりましたが、
今でもどちらかというと「南浦和文化ホール」と言った方が何か
自分的にはしっくりきます。
自宅から大体徒歩で20分程度で到着しますが、付近は南浦和駅・丸広・コモティ飯田などの設備が
ありますが、周辺には結構おいしいケーキ屋とかとんかつ屋があったりして、
散策にも中々いいところの場所ではないかと思っています。

だけど、このホールでクラシック音楽を聴いたというのは
実は一度しかありません。
というか埼玉県内のクラシック演奏会は、ほとんどは大宮ソニックとか県庁前の埼玉県民会館とか
川口リリア・和光市アゼリア・所沢アークミューズホールで開催されるパターンが多く、
この浦和文化センターでの開催は、ほとんどない・・というのが
実情です。
1999年5月に聴いた小林研一郎指揮/日本フィルのチャイコフスキーの交響曲第五番が
ホント、唯一このホールで聴いたクラシック演奏です。
今のところは・・・
この日もコバケンさんの炎の演奏とも言うべき「熱い演奏」が展開され、
終楽章なんかもかなりヒートアップしていました。
確かアンコールが「ロンドンデリーの歌」だったような気が・・・

南浦和文化センターは(現・さいたま市文化センター)どちとらかというと最近では
地域交流の場とか、老人会系とか地域系のサークルの発表の場として使用されている事の方が
多いような気もします。

個人的には、このホールは、全日本吹奏楽コンクール関東大会(西と東に分離する以前)
B部門の開催地というイメージがありまして、
1990年代はどちらかというと、B部門は千葉県と埼玉県で開催されるパターンが多く、
埼玉県開催の場合は、所沢のミューズホールか浦和文化センターという事が
多かったような気がします。
個人的な話で申し訳ないのですが、
1992年の関東大会・中学B部門のプログラム一番の山梨県代表の塩山中学校の
「吹奏楽のための木挽歌」の演奏が素晴らしく、非常に印象に残っていて、
今でも浦和文化センターというと、前述のコバケンさんと塩山中というイメージが
あります。

どちらも10数年以上前の話なのですけどね・・・
スポンサーサイト



序曲「祝典」

他の皆様のブログを色々と拝見していますと、吹奏楽関係では
意外というか結構序曲「祝典」(F.エリクソン)について書く方がかなりいて
嬉しく思います。
そういう自分もこの曲については過去に何回か書いたことがありますので、ここでは詳細は
割愛いたしますけど、
この曲が大ブレイクした1979年~81年から既に30年以上経過しているのに、
この曲が色々な人の心の中にしっかりと受け継がれているのは
本当にうれしいものを感じます。

自分自身は、この曲は1980年の中学3年の時のコンクール自由曲として
ほぼ半年以上付き合った曲ですので、やはり懐かしいというか思い入れはありますね。
自分のいた中学は前年までは、部員数50人以上の大所帯で、毎年A部門に出場していたのですが、
1980年に生徒数激増と教室不足のため
(少子高齢化・学校統廃合の昨今の状況では考えられない事ですね・・)
二つに学校を分離してしまい、そのあおりを受けて部員数が半減し、この年は
コンクールはC部門(25人までの編成)に出場したものでした。
うちの中学は、指揮者がアクの強い先生で、
自身の考え・ペース・音楽指導法・解釈については、一切他者の話に耳を傾けない
頑固爺でして、25名編成といっても
ファゴット・コントラバスクラ・弦バスを編成し、そのあおりで打楽器奏者がわずか2名で、
課題曲C/北海の大漁歌では、ファゴット奏者が途中で拍子木持ち替え、自由曲の祝典に至っては、
曲の後半から、コントラバスクラとファゴットがシンバルと大太鼓に持ち替えという
相当妙な編成を強いられていました・・・

本来序曲「祝典」の打楽器奏者は
ティンパニー・小太鼓・大太鼓・シンバル・サスペンダーシンバル・シロフォーン・タンバリン・
グロッケンなどであり、最低でも奏者を6名を必要とする曲なのですけど、
それが2人だけの奏者+他パートの持ち替えですからね・・・
当時は「へー、それが普通なんだ」と思ったりもしたものですが、
後になって、それがいかに「トンデモ」であるかを実感したものでした・・・

だけどあの頑固爺の先生、ホント怖かったものな・・・

序曲「祝典」は基本的に2/4拍子、中間部は4拍子なのですけど、ラスト近くは
拍子が目まぐるしく変わり、
指揮者もいちいち楽譜に合わせるという事ではなくて、ラスト近くはほとんど全て指揮棒は
二つ振りの縦振りだけになってしまい、
練習中も「気持ちで合わせろ」なんて訳のわからんことをよく言って
勝手に切れていましたね・・・(笑)

この年は無事に地区予選を突破し、県大会に出場したのですけど
この頃の県大会は、現在のように受験を配慮して、夏休み中に県大会を終わらせると
いうものではなくて、
確か敬老の日あたりが県大会でした。
当時の心境としては、
「県大会が終わればやっとこれであのクソ爺から解放される」という嬉しい気持ちと
「県大会が終われば受験に集中せざるを得なくなる」という不安な気持ちが
半々で、何か非常に「揺れる心の想い」があったのは今としては
何か懐かしい思い出です。

その中途半端さが悪かったのか、県大会は自分個人としても全体としても
芳しくない演奏で、
何かすごーく未練が残ったものでした。
当時としては
「高校進学後は絶対にブラスなんかはやらない」と思っていたものですが、
その「未練さ」が後押ししたかもしれないのですが、高校入学後再度吹奏楽部の門を叩くことになり
ここから自分の「音楽」への目覚めが待っていたのです。
7/14の「ドキドキプリキュア」は見方によっては大変シリアスで複雑な要素をはらんだ回とも
言えると思うのですが、
そうした要素を冒頭の
円亜久里ことキュアエースの毒舌及び
予告編(キュアセバスチャン誕生・・・????)が帳消しに
してしまいました・・・(笑)




それにしても円亜久里の毒舌は鋭いものがありますよね。
「毒舌」というと、スイートのアコちゃんも相当なものがありましたけど
亜久里の毒舌はそれをはるかに超越するものがあります。
前回の餌食はマナでしたけど、今回は真琴がひの餌食でしたね。

〇「あなたにはがっかりです」

〇「プリキュアとしても半人前ね」

〇「そんなのでプロと言えるの」

いやはや、とても小学生が発する言葉とは思えませんね。
もっともアコちゃんも小学生でしたけど・・・
プリキュアシリーズの場合、毒舌担当はもしかして小学生なのかな・・・??

もう一つ興味深い提示がありました。
何かというと、今回のプリキュアの敵方は「ジコチュー」というものなのですけど、
そうした「自己中」というものは、プリキュアも勿論の事、私達全員が一人ひとり有しているという事を
改めて示唆するシーンがありました。
別に「自己中」なんてのは特段邪悪なものではないし、人間誰しもが
「自分が可愛い」のであって、自分を中心にというか基準に物事を考えるのは決して
悪い事ではないと思われます。
そうなると、本当に極悪の自己中とは何なのか、
「自己愛」とも言い換えることができる普通の「自己中」と一体どこに違いがあるのか、
という事が今後の課題になっていくのではないかという事を示唆する内容に
なっていたようにも思えます。

「自己愛」と「極悪の自己中」の違いなんて、もしかしたらほんの紙一重なのかもしれません。
それを分けるのは、結局は
そこに「他人への思いやり・愛」があるのか
他人に対して嫌な事や迷惑を押し付けるものではないのかあたりが
一つの基準になっていくのかなーとも
今の時点では思います。

自己中か否かの判断基準なんて言うものは存在しないと思います。
結局それを分かつものは「常識判断」とか「一人一人の心の中の良心」だと
思うのです。
「自分が良かれ」と思ってした行為が、他人に対しての迷惑行為となっていないのかというのが
世間一般的な見解なのかもしれませんけど、
そうなるとマナの「他者へのおせっかい」というものは、まさしく「自己中」なのではないのかという
問題提起にもなってくるし、
「自己中」と「幸せの王子」の間の違いは何なのかという問題も生じてくると
思うのです。
こんなややこしい問題をレジーナの問題と絡めて、中盤から後半以降どう展開していくのか
その辺りも注視して見ていきたいと思います。

それだけ今回の「ドキドキ」は、プリキュアシリーズとしては珍しく問題提起をする方向性なのだと
思います。
そうした問題提起は、ハートキャッチとスイート以来かな・・・

前回はマナ、今回はまこぴー、次回はありすがそれぞれ
エースからお説教(プリキュア5つの誓い)を食らうみたいですけど
次々回はそうなると六花さんがお説教を食らうのかな・・・??
その場合の六花さんの問題提起と反応はどうなのかな・・・
その辺りも興味津々

 | BLOG TOP |