FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「神奈川県民文化ホール」ってここ何年も行っていませんね・・・
独身の頃は、神奈川県民文化ホールとか鎌倉ホールとか府中芸術の森ホールとか
埼玉から遠い地でも平気で行っていましたけど、
最近は出不精だし、結婚すると奥様の子守りとかをしないといけないしで
そんなヒマないという感じなのは、我ながら少し残念という感じです。

神奈川県民文化ホールって正直音響は良くないし、
決して洗練された綺麗なホールではありません。
だけど何が好きかというと、
第一に、桜木町から歩いていくと約15分程度かかるのですけど、横浜の街の香りとか雰囲気を
歩きながら堪能できるし、近くに山下公園やら海やらが見えて
行くだけでウキウキします。
第二に夜景かな・・・
ここのホールは、外観は何となくガラスで出来たホールという感じもするほど
窓が広いというか、全面ガラス張りという感じなのです。
その開放感ある窓から海が見える風景は、
結構感動するものがあります。
特に夜景はホント綺麗だと思いますし、
コンサートの休憩中とか帰りに見えたガラス越しの夜景は本当に美しかったと
思います。

神奈川県民ホールは、1990年代は日本フィルが「横浜シリーズ」の演奏会場として
使用していましたね。
確か1998年の秋のシーズンから
「みなとみらい」に移転してしまい、この県民文化ホールでの演奏会は
確か1998年7月の演奏会で終了してしまいました。
この98年7月最後の「神奈川県民ホール」での演奏会が確か、
沼尻竜典指揮で、ベートーヴェンの皇帝と交響曲第7番、そしてなぜか私が大好きな
ウィリアム=シューマンの「アメリカ祝典序曲」を演奏し、
ノリノリの指揮でオケを大いにあおり、
スピード感溢れる演奏を展開し、最後の演奏会に相応しい素晴らしい演奏を
展開してくれたのは
とても嬉しいものがありました。

死ぬまでにぜひもう一度あの夜景を見てみたい気もしますね。
スポンサーサイト



「キュアエース」が登場したという事もあり、
プリキュア関連グッズもそろそろ入れ替わりとか新商品登場の時期なのかなーという感じも
します。
先日も何気なく見ていたら、「プリキュア・チョコスナック」もいつの間にか
「チョコスナック2」に入れ替わっていましたからね。
ヤマザキの「プリキュアパン」もそろそろエースが登場し、5人編成のデザインも
登場してくる時期なのかな・・・??

そう思っていたら、トップ製菓の「プリキュア・ポーチガム」が
値下げというか半値価格となってスーパーで叩き売りされていました・・・
何か思わず買ってしまいましたけど・・・・




振り返ってみると、前作の「スマイル」でも
確かこの時期に「プリンセスフォーム」が登場してきたころには、
デザイン一新のせいなのか、最初の頃のデザインのポーチガムも半値価格となっていましたけど
今回もそれと同じなのでしょうね。

ポーチガムとは関係ないのですけど、
「ドキドキ」のプロデューサーによると、キュアエースの年齢設定は
何とマナ達よりも一歳上だけの15歳との事です・・・
あんな大人っぽい15歳だなんて・・・・いったいなんて・・・

変身前の円亜久里は小学4年生という事も判明しましたけど
小学生プリキュアというと、スイートのアコちゃんを思い出してしまうけど
円亜久里は、アコちゃん以上の毒舌家ですからね・・・

ま、いずれにしても、カレーとかふりかけとかパンとかチョコスナックなどなども
今後これまでのデザインが一新され、
エースが加わった五人でのデザインが順次投下されていくものと
思われます。

ま、見るのは楽しみですけどね。
川口市というか、ほとんど蕨市と川口市の境界ゾーンなのですけど
猫橋近辺にある
弁当が「オール250円」(但し税込金額ではありません)の
「にこまる弁当」に寄ってみました。
相変わらずボリュームは多いし、安くておいしいから
まさしく「庶民の味方」ですよね。
本日は「さば弁当」とキムチ(100円)を購入しました。
「さば弁当」もおかずは、さばだけではなく、他に鶏のから揚げ・ちくわフライ・漬物・たまご焼きも
付いていますから、ありがたいものです。
本当はチキンサンド(かなりのボリューム、これで130円とは安すぎ・・・)も買ったのですが、
家に戻る前に食べてしましました・・・




マクドナルドとかデニーズなんかが
高級メニュー路線と低価格路線の二本立てで勝負なんて言っていますけど、
実際には、お金はまだまだ庶民には廻っていませんからね・・・
どこまでその高級路線が通用するのかお手並み拝見という所です。
一方でサイゼリヤなんかは、ランチ500円というサービスを始め
まだまだお金は庶民に廻っていないし節約志向は根本的に変化していないという
認識のようですけど、
自分の認識としてはサイゼリヤの感覚に近い感じはいたします。

結局瞬間的に株価や企業業績が回復したといっても
それはあくまで一部の富裕層と大企業だけの話であり、結局お金を全体的に循環させる
システムを構築しない限りは
永久にこの国は、こんな感じのままだと痛感しています。

そんな中、「にこまる弁当」は本当に一般庶民の味方です。
西川口にある「ごろちゃん弁当」と合わせていつまでも頑張ってほしいものです。

期日前投票

2001年以降は、仕事が平日休みで日曜日に投票所に行くことが事実上不可能のため、
最近では、日曜日に学校・公民館等での投票に行ったことは
ありません。
ほとんど全て期日前投票で済ませています。

7/21の参議院選挙も、当日は仕事のため
選挙に行くことが出来ませんので、今回も期日前投票に行ってきました。

しかし・・・・

例えば2009年の「政権交代」をメインテーマにした衆議院選挙や
昨年暮れの衆議院選挙の時の期日前投票と異なり、
(勿論、たまたまなのかもしれないのですが)
今回の期日前投票はガラガラで、
5分程度そこにいたのですけど、自分以外で期日前投票に来た人の姿を見かけることは
ありませんでした・・・
2009年とか昨年の期日前投票なんて、結構混んでいて
受付に行くまでで既に行列が出来ていて、到着してから実際に投票を済ませるまで
20程度かかったことを考えると
今回の参院選挙は全体的に関心度が低いのかもしれませんよね。

本来これではいけないのだけど・・・

〇面倒くさい・・・

〇とりあえず景気は上向きなんだからそれでいいんじゃないの・・

〇特に大きな争点はないしね

〇衆参のねじれはもうこりごり

というのが大体の人の本音なのかな・・・??

衆参にねじれが発生して、決めるべきことがなかなか決められない停滞も困るし
かといって大政党の政権与党の暴走のチェックはやはり必要
でも、これまでのような二大政党の足の引っ張り合いはもっと嫌
だけどこれといって投票したい政党は、今の日本には存在しない・・・
どうすれよいのかわからないし、方向性も全然見えてこない・・

この辺りが今の日本人の大体の感想であり、
今一つ参院選挙が盛り上がらない理由なのかもしれませんよね。
〇市立川口高校

 B/「無言の変革」より、問い

 市立川口のこの自作自演の演奏の衝撃については、以前何度も書いているので
 詳細は割愛いたします。
 市立川口は1991年の関東大会を最後に表舞台から姿を消してしまいましたが、
 地元での演奏会活動は継続していて、何度か聴いたことがあります。
 全盛期の演奏には足元にも及ばない感じもしましたが、指揮者が変わっても
 音楽を楽しむ姿勢は失って欲しくないと思いますし、「偉大なる先輩たちは先輩たち
 自分たちは自分」と自分たちの代の音楽をのびのびと楽しんでほしいと
 思います。
 だけど市立川口も、予定では数年後に、「川口市内の市立高校三校の統廃合」により
 名称も含めて消滅してしまうのは、何かオールドファンとしては
 寂しいものがありますよね。

 最近の話なのですけど、自分が南区大谷口のあるお客様の家をお伺いし、
 リビングに通された時、自分でも「えーーーっ」と思ったのですが、
 壁にどうみても
 1981年の市立川口の「無言の変革」を演奏した時の写真が掛けられていて
 驚いたことがあります。
 あの赤ブレザー・膨大な打楽器に10人以上いる打楽器奏者・ハープに法螺貝
 まず81年の市立川口に間違いないと確信し、
 そのお客様に
 「ご子息は、昔市立川口高校で吹奏楽部に所属していたのですか?」と聴いてみると
 満面の笑顔となり、
 「30年以上、娘が市立川口で全国に出場した時の写真を飾っていたけど
 それを指摘したのはあんたが初めてだ」という話になり、
 当時サックス奏者だったというお嬢様のお話とか、信国先生の話とか、
 演奏終了後に緊張感と疲労から解放された一人の打楽器奏者が意識を失い
 毛布にくるまれて普門館から退出したとか色々と興味深いお話をお伺いすることが出来
 大変感激をしたものでした。
 やはり、世間は狭いというものですね・・・
 だけど大谷口から埼玉県と東京都のほぼ境ともいえる市立川口まで自転車で通学されていた
 そのお嬢様もすごいですけどね・・・
 やはり当時市立川口の練習は相当厳しかったようですね。
 ま、そうでないと当時としてはあんな革新的な音楽表現・技術力・ソロ力は
 出せませんよね。
 
 当時自分は高校一年で、初めてこの「無言の変革~問い」を聴いた時は
 まさに衝撃的で、よくティンパニー・シロフォーンをいじくって「問い」のフレーズを
 叩いたりして、
 「こらっ、勝手に打楽器触るんじゃねー」と怒られていましたけど・・・

〇東海大学第一高校

 B/カタストロフィー

 後年の東海大学第一というと、奇抜で大胆な表現、過激さ、あまり知られていないオリジナル曲の演奏
 積極的な表現が一つの特徴となりますが、
 この年の演奏だけは異色です。
 前年の初出場の際は、ネリベルの「二つの交響的断章」を79年の市立川口とは別のアプローチで
 大胆かつ積極的な表現を展開し、感銘を与えてくれましたが、
 この年は、課題曲・自由曲共に
 このチームにしては珍しいくらい「淡泊」な演奏を展開しています。
 よく言えば正攻法・正統派的 悪く言うと薄味・個性とインパクトに欠ける演奏・・・
 だけど、後年のこのチームの過激な演奏を知っている立場からいうと、この年のこの淡泊な演奏は
 かえって貴重なのかもしれません。
 もうすこし強弱とかテンポの速さにコントラストがあると面白かったと
 思いますけどね。

 | BLOG TOP |