FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7月の第二週に入って、
梅雨明けと同時に、何の前触れもなく突然暑くなってきましたね。
埼玉~東京は、これで四日連続猛暑日とかで、
これは7月上旬としては新記録との事です。

ま、だけど寒がりで冷え症の自分としては、これはありがたい事です。
やっと自分の季節到来という感じです。
でも、さすがに夜になってもこうも蒸し暑いと、さすがに「暑すぎる」という
感想になってしまうのかな・・・??

この時期、何が楽しみかというと、
私、アルコールはほとんど飲まないもので、
仕事帰りの帰宅途中とか風呂から上がった後の
コーラなどの炭酸系飲料をゴクゴクやる事かな・・・

以前、夏場にエアコンを掛け過ぎて、結果的にそれで体が一時的に
自律神経失調症寸前までいき、体調のバランスを壊してしまったので
それ以降、いくらくそ暑くても、夏場は自室ではエアコンを掛けないとようにしています。
でもそれ以降、クーラー病は完治しましたし、
夏場の夜に網戸をつけた窓を開放することによる
「風の涼しさ」・「天然の涼しさ」を感じることが出来るようになったのは
良かったなーと思っています。
スポンサーサイト



何か昨年のスマイルあたりから、ローソンでプリキュアのスタンプラリーが開催されることが
多くなり、何かハッピーな気持ちになったりします。





思い起こすと、昨年秋は、「スマイル」の映画の時期
今年初めは、「ドキドキ」の開始のオールスターのタイアップという事なのでしようけどね。

今回のスタンプラリーの特徴は、一周目はシール 二周目はポスターと
グッズを二回に分けてゲットできるという事ですね。
他にも抽選という事になるのですが、一定以上の金額をローソンで購入すると
キュアドール等が当たるチャンスがあるというイベントもあるようです。

前回は、新しいプリキュアのシール欲しさに
計3回スタンプラリーを行ってしまいましたが、果たして今回はどうなるのかな・・??
(最低でもシールとポスターは2枚ずつ程度はゲットしたい・・・)

「ドキドキ」の映画予告を見たのですけど、
マナのウェディングドレスは綺麗そうですね。
「マナ、結婚・・??」とありましたけど、
お相手は、マジで六花さんなのかな・・・・????

映画と言えば、昨年のスマイルの映画でのハッピーの純白のフォームは素晴らしかった!!!
のぞみの「シャイニングドリーム」も良かったけど
可愛らしさは、ハッピーの方が上かな・・??
果たしてこの秋公開の純白のウェディングドレスのマナは、ハッピーを超えられるのかな・・??
生の演奏会を聴きに行く時の醍醐味の一つは、ライブ感と共に
オケの発する大音響の爽快さがあると感じます。
勿論、楽譜のfffに対して、オケのメンバーが
「俺も、オレも、僕も、私も、自分も・・」とバカ丸出し風に音量だけを目標に演奏するのも
どーかと思いますが、
(ま、時々そうらしい演奏にお目にかかることもありますが・・)
何か気持ちを奮い立たせたい時に、元気になりたい時に、自分自身に喝を入れるために
管弦楽の大音量の音楽を聴いて
気分をスカッとさせるのも決して悪くはないと思います。

大音量の曲というと、お勧めしたい曲が二つほどあります。

1.組曲「惑星」よりⅠ.火星

 出たしこそややミステリアスに始まり、弦楽器の刻みに乗ってトロンボーンが不気味に
 メロディーを奏でますが、ホルンの絶叫の雄叫び以降は、すさまじい大音響が
 待っています。
 金管楽器のリズムの刻みや金管セクションのメロディーラインが
 ホント、まじで放送事故みたいな世界を繰り広げていき、
 それに小太鼓やティンパニー奏者2名やドラのリズムセクションの暴力的響きが
 加わっていきますので、
 これはまさに「魑魅魍魎」の世界なのかもしれません。

2.交響詩「ローマの松」よりⅣ.アッピア街道の松

 これは前半と後半の対比がすさまじいものがあります。
 前半は、コールアングレのソロを中心に展開されていきますが、
 バンダ(金管楽器の別動隊)が客席又は舞台端が加わって以降は、
 華麗なる音の響きを展開させていきます。
 そして、大太鼓による連打以降は、全楽器がひたすら楽譜の「ffff」の頂点を極めるために
 爆演が続いていき、
 火星以上の大音量が展開されていきます。

CDでこれらを忠実に再現することは難しいものがあると思いますが、
それを具現化した奇跡のような演奏も存在します。

火星は、レヴァイン指揮のシカゴ響
アッピア街道の松は、バティス指揮のロイヤルフィルが
圧倒的に素晴らしい名演を聴かせてくれます。

だけど思うのですが、
結局「ff」の醍醐味は、それを際立たせる「PP」の存在があるから引き立つと
思うのです。
火星も、それ以降の水星と金星の静かな神秘的な響きがあるからこそ、火星と木星が
引き立つわけで
アッピア街道の松も、前半の静かさがあるから後半の爆発の効果が発揮されると
思うのです。

要は「対比」の大切さ
音楽は、すべてが「大音量」だけでは成り立たないし、
PPがあるからffが生きると思うのです。

それは「人の道」も同じことなのかな・・・??
楽しいだけでは駄目で、辛い事があったりするから、たとえ瞬間的であっても「楽しさ」が
引き立つという事なのかも・・・

 | BLOG TOP |