FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


グレンジャーの「リンカンシャーの花束」は吹奏楽オリジナル作品を語る上では
外すことが出来ない古典的作品です。
だけどコンクール・定期演奏会ではあまり耳にする機会は少ないのですけどね・・・

この曲は、オーストラリアの作曲家グレンジャーがイギリスに伝わる様々な民謡を
採集して構成された作品で、
日本人の私にはわからなくても、イギリスの方が聴くと
「あー、この曲ね・・」なんてのが結構ありそうです。
だけど、例えば
〇ホルスト/サマーセット狂詩曲

〇ヴォーン=ウィリアムス/イギリス民謡組曲

〇ブリテン/イギリス民謡組曲「過ぎ去りし時」

などのようにイギリス民謡をベースにした曲って、なんか日本人の心にフィットするものが
あるようにも感じます。
何となくですが、「親しみ」は感じるのですよね。不思議なことに・・・
やはり同じ「島国」という事で何か民族としての共通する心はあるのかもしれませんよね。
同様に、「リンカンシャーの花束」を初めて聴いた時も、何の違和感も全くなく
スーーッと入ってきたような感じがあります。

曲は組曲でありませんが、6曲から構成されています。

Ⅰ.リスボン

Ⅱ.ホークストゥ農場の悲劇

Ⅲ.ラ・フォード公園の密猟者

Ⅳ.元気な若い水夫

Ⅴ.メルボルン

Ⅵ.行方不明の婦人が見つかった

いずれも民謡をベースに作曲されています。
第三曲の演奏の難しさ・変拍子の難しさが印象的です。
曲はいずれもシンプルな構成ですが、
Ⅵの最後の方で、シロフォーンやチャイムが出てくるのは、なんか新鮮な響きがあります。
第三曲は、初演ではやはり演奏者がミスってしまい、指揮者がグレンジャーに謝罪をしたという
エピソードが残されています。

この曲は、全曲を生で聴いたのは今までで一度だけです。
1989年のフェネル指揮の東京佼成で、確か演奏会場は新宿文化センターだったと思います。
チケットは当日券でも買えましたけど、ほぼ満席だったと思います。
フェネルが指揮する吹奏楽オリジナル曲は、ほぼ外れの演奏はないですね。
自分が聴いた限りでは・・・
他にも、ホルストの第一組曲とか チャンスの朝鮮民謡の主題による変奏曲とかエレジーとか
ウィリアムスのファンファーレとアレグロや交響組曲
リードのアルメニアンダンスパートⅠやエルサレム讃歌など数多くの名演を聴きましたが
いずれも素晴らしかったです。
但し、展覧会の絵とか火の鳥みたいなアレンジものは、好みが分かれるかも・・・

コンクールで唯一聴いたのは、1988年の乗泉寺吹奏楽団の演奏です。
都大会で銀賞でしたけど、中々演奏は良かったと思います。
確か選曲が、Ⅰ・Ⅳ・Ⅴだったと記憶していますが、
やはりこの曲のコンクールでの構成は、Ⅰ・Ⅱ・Ⅴ・Ⅵがいいようにも思えます。
乗泉寺の演奏はⅤで終わってしまったので、何か中途半端な印象もありました。
乗泉寺は、翌年から五年連続全国出場を果たしますが、やはり91年~93年の
ローマの祭り~ベルキス~ディオニソスは圧巻だと思います。
ベルキスも、Ⅲ・暁のベルキスという静かな部分を中心に構成していたのは、いかにも乗泉寺らしいと
思います。

「リンカンシャーの花束」は民謡のオンパレードなのですけど、
例えば、外山雄三の「管弦楽のためのラプソディー」も考えてみるとそうした感じの曲ですよね。
ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」もロシアの民謡が「パクリか・・」と突っ込みを入れたくなるほど
頻繁に引用されていますし、
マーラーの交響曲第一番「巨人」第三楽章の冒頭も
民謡が引用されているそうです。
戦前、ある作曲家の卵がドイツ留学中に、
ある子供が何気なくこのマーラー/巨人の第三楽章を口ずさんでいたのでびっくりしたらしいです。
勿論それは、マーラーの曲としてではなくて、民謡としてという事なのですけど・・・
スポンサーサイト



本日は仕事はお休み・・・
先週に引きづついて、「やまとの湯・わらび店」の黒湯にしっとりと
浸かってきました。
だって、ここは本来は会員価格でも650円なのですけど、
7/12のキャンペーン期間中は、なんと大人一人・200円ですので
これはもう行くしかありません・・・(笑)
そんな訳で、本日も昼過ぎから約2時間程度のんびりと黒湯の天然温泉に
つかってきました。
漠然とした未来の事や仕事の事とかキュアエースの事とか
何かぼんやりと思いを巡らせていました・・・



ここの温泉は、比較的温度設定が高く、自分好みなのですけど、
梅雨明け以降、埼玉県は連日35℃を超す猛暑となっていて暑いせいか、
普段に比べて、お湯自体の温度はぬるめだったような気もしましたけど、
かえってそれは正解かも・・・
だって、10分程度お湯に浸かっても、上がる頃は、けっこうのぼせていましたから・・・

相変わらず洗い場のシャワーは、レバーを一回押しても10秒もお湯が出ず、
連続して出す際は、片手でレバーを押し続け、片手でシャワーを握っていなければならず
たまにイラッとしましたけど・・・

でも黒湯は、そうした日常のイライラを洗い流す作用があるのかな・・・??
黒湯にぬめーーっと浸かるだけで、ストレスがなくなっていくような錯覚を覚えます。

家に帰ろうとしたら、何気なく国道17号沿いの「かっぱ寿司」が
「一皿88円キャンペーン」というのをやっていて、かなり遅い昼ごはん代わりに
寄ってみました。
最近は、色々と変わりすしもあるのですね・・・
「いわし」なんかも「明太子のっけもりいわし」とか
「まぐろ」なんかも「炙りガーリックのせ」とか
「鮭」なんかも「とろサーモン」とか「焼き鮭」とか「アボカドのせ」とか
色々と趣向がなされているものですね。
何か感動してしまいました。
だけど昔は、回転寿司なんて最低12皿以上食べないと食べた気がしなかったものですが、
今日もそうでしたが、7皿程度でお腹一杯ですから・・・
これも年をとった証拠なのかな・・・??
前にも書いたことがありますけど、1981年は自分にとっては「悩み多き一年」でした・・・
無理して進学校に入ったせいもあるのですが、周囲は頭のよい人たちばかり、吹奏楽部も
周りは皆上手な人ばかり・・・
勉強も吹奏楽部も何もかも「底辺」で
自分が何をすればよいのかすらもわからない状態だったと思います。

それが何となく気持ちの上で変わるきっかけとなったのが
1982年の初日の出を拝む元朝参りだったかな・・・?
うちの吹奏楽部は、伝統的に毎年大晦日から元旦の朝にかけて
部員ほぼ全員で、仙石線で原ノ町から塩釜まで乗り、塩釜神社にお参りに行き、
そこから七ヶ浜まで歩いていき、
初日の出を拝むという流れでした。
毎回毎回七ヶ浜では、到着から初日の出までの時間が2時間ほど空きましたので、
高校生の分際で、たき火をしながらビール・日本酒で飲み会をしていたものです・・・
うーーん、世知辛い現在の日本ならば、すぐ「通報」されていたのでしようけど
時代はまだのんびりとした昭和で、舞台はのんびりした東北の田舎だから、
他の元朝参りの人も「見て見ぬ振り」を毎年していたのでしょうね・・・

七ヶ浜も2年前の大震災で壊滅的被害を受けたと聞いています。
改めて犠牲となった方たちのご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

その1981年から82年の初日の出の際、
実はその時初めて海上から太陽が昇る光景を見たのですが、
「今年は何かやってやろう!! 今までの自分をチェンジしたい!!」と固く誓ったものですが、
それが結果的に1982年の自分自身としての「大攻勢」のきっかけに
なったような気もします。

〇花輪高校

 この年のプロコフィエフの交響曲第三番の演奏については、これまで何度も書いてきましたので
 ここでは割愛しますが、
 課題曲Bについては、この課題曲の持つ前半部分の「幽玄さ」 後半部分の「民衆のバイタリティー」の
 中で、幽玄さは大変緻密に表現されていたと思いますが、民衆のエネルギーについては
 少しヴァイタリティーが不足していたと思います。
 自由曲のプロコフィエフは、実はこの演奏は東北体大会でも生で聴いたことがあるのですが、
 この際の印象は「何か地獄の酒盛り」みたいな感じで、
 訳のわからない音楽を自信たっぷりに吹きまくっているという感じでした。
 全国では、多少おとなしくなり、あまり鋭さ・前衛さというものが前面には出ていない
 感じもしました。
 難を言うと、東北大会に比べて、音色が柔らかいけど、鋭さに欠け、
 トランペットセクションの高音での音の外しとスカスカ感が目立ち、
 正直金賞は少し甘いかなーとも感じたのは事実です。
 
〇富山商業

 自由曲は「シンフォニエッタ」(ヤナーチェク)ですが、
 「シンフォニエッタ」の歴史的名演というと、どーも個人的には1991年の高岡商業という印象が
 極めて強く、このチーム以外の演奏は、正直皆「?」という感じです。
 例外は、1992年の習志野第四中学校かな・・・
 このチームの当時の指揮者は、現・習志野高校の指揮者の石津谷先生であり、
 相当ユニークな編曲で、この曲を仕上げ、
 素晴らしい演奏を披露してくれました。
 (習志野第四中は、第四・第五楽章を選曲)
 富山商業は、第三楽章は、トロンボーンのソロに不満は残るものの、全体に木管セクションが
 優秀でしっとりと聴かせてくれ、第五楽章も、金管セクションを陰で支える裏メロを
 一見して「合唱コーラス」と勘違いさせるほど、人の声のように美しい音色で
 聴かせてくれたのが極めて印象的です。
 一方、肝心の金管セクションは、高音域が苦しいのが見え見えであり、
 やや音程がぶら下がって聴こえたのは惜しまれます・・・

「ドキドキ」の第23話が何度見ても飽きないというか
面白い・・・
昨年の「スマイル」の第23話というと、
3幹部+ジョーカーとの激烈なバトルとプリンセスフォームの登場という
大変ドラマティックな迫力ある回でしたけど、
それに比べるとまだまだ戦闘シーンなんかは迫力に欠けるきらいはあるものの
レジーナを巡っての心の葛藤などが丁寧に描かれていたり、
今後の課題を明確に提示するなど、
「発展性」として大変面白いと感じました。




でもまだほかにも色々突っ込みどころがありすぎて・・・

〇魚拓ならぬ「キュア拓」って一体なんですか・・・??
でも衣装が黒に染まったダイヤモンドも何か可愛い・・

〇新しいジコチュー幹部の二人は、何か「スイート」のバスドラとファルセットみたい・・・
 (同じキャラデザイナーだから仕方ないか・・・)

〇マナは、変身前でも、大声だけでジコチューの動きを一瞬止められるのか・・・
 でもあの破壊力ある音痴の歌声を思い出すと、少し頷ける・・・??

〇マナは、変身前でも傘だけでジコチューのインク攻撃を防御できる・・・??
やはりマナは、変身前も変身後も大物??

〇レジーナが当面お休みモードは残念だけど、
 アイちゃんがマナの妹になったしまった以上、それをお世話する役割のジョー岡田は
 当面用無しキャラ・・・??
それとも陰に隠れて、アン王女との愛の逃避行・・・??

〇キュアエースの正体はまだ未確定ですけど、
 アン王女なのでしょうね・・・
 でもそうなってしまうと、
 「王女様、いい年こいて何プリキュアごっこしているのですか?」と
 キュアソードから突っ込みを入れられてしまいそう・・・

レジーナの登場だけで既にお腹一杯なのに、その上、キュアエースの登場ですから・・・
既に飽和状態・・・??

 | BLOG TOP |