FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


見方によっては、キュアハートはキュアエースは、
親子または
新入社員とそれをサポートするお局OLさんにも
見えなくもないところが面白い・・・・




なーんか第23話は見れば見るほど突っ込みどころが新たに見つかり
その都度「ドキドキ」します・・・

〇マナがエースにラビースを没収されたり、レジーナが連れ去られた時、
 何気に六花さんが「マナは何も悪くはない」と正妻振りを遺憾なく発揮し、
 終始マナにベタベタしていたのは楽しい
 というか、こうしたマナ大好きの六花さんを久しぶりに見れて感激!!

〇アイちゃんの「マナ」とたどたどしく喋る言い回しは、ホント「フレッシュ」のシフォンの
 「ラブ」と舌足らずに喋る感じによく雰囲気が似ていて面白い。
 むしろシォンよりは、アイちゃんの方が言葉を覚えるタイミングやボキャブラリーの豊富さの
 点で勝っているのかも・・・

〇エースの変身前に何気なくアイスキャンディーを食べている光景は
 何か可愛らしい

〇前回気が付かなかったのですけど、レジーナは、ジャネジー注入後は
 リボンやスカートが赤⇒紫に色彩が変容している・・・

〇キュアソードは、いつの間にレジーナと対立関係を解き、友情を深めていたのだ・・・??

〇キュアエースの変身時の掛け声は、「ラブリンクン」ではなくて、一人だけ
 「ドレスアップ」なのは何か今後少し浮きそう・・・
 変身アイテムは、エースの文字が格好いい。だけど何となくプリキュア5の
 ミルキーパレットに何となく似ているのは気のせい・・・??

〇今後、キュアエースはどこに住むのだ・・・??

〇やはり何度見ても、マナの父親は、北条響の父親によく似ている・・・
 (キャラデザイナーが同じだから仕方ないか・・・)

〇キュアムーンライトとキュアエースはどちらが強いのだろう・・・??

ま、見るごとに新しい発見があるというのも
楽しいものですけどね。

でもくどいようですけど、今後のカギは「レジーナ」。
レジーナの問題性は、①父親との関係とマナ達との友情の天秤で揺れ動く心 
②敵とは友達になれないのか ③ジコチューとは、そもそも何なのか? 誰の心にも本来有している
ものだが、そうした自分の心に内在する化け物とどう向き合うのか
などという難しいテーマを内在するだけに
レジーナこそが、実は「ドキドキ」の影の主役、最重要人物と思っています。
スポンサーサイト



先ほど7/7の第23話を改めて見ましたけど、
突っ込みどころが他にも色々あり、面白いものです。




〇マナがラビースをエースに没収されるシーンの際、結んでいた髪がほどけましたけど、
 マナは、髪の毛がほどけた状態も可愛い。
 同様なことは、歴代プリキュアの中でもありました。
 普段は結んでいる髪がほどけて、ストレートヘアーになった状態で可愛かったのは、
 舞・のぞみ・ラブ・みゆき・なお辺りかな。

〇大貝第一中の制服の夏バージョンは非常に可愛い

〇眼鏡というと六花さんのイメージが強いけど、まこぴーの眼鏡姿も中々キュート

〇キュアエースの妖精的パートナーって、アイちゃんなの・・・??

〇「私のステージにまで早く登り詰めてきなさい」のキュアエースの圧倒的上から目線は
 面白い

〇キュアエースの決め台詞「ときめきなさい、エースシュート、バキューン」はある意味
 面白い・・・
 「バキューン」は何か余計な一言かも・・・(笑)

〇キュアエースの去り際のセリフ、「アデュー」というのは、
 何かハートキャッチのコブラージャを思い出してしまう・・・・

上記はまあ蛇足みたいなものですけど、
物語の本質は、「レジーナ」が握っていると思います。
当面はお休み状態でしょうけど、いかにレジーナが中盤から後半に掛けて絡んでくるのか
揺れ動くレジーナの迷い・思い(父親とマナ達の間で揺れる心・・・)を
どう導いていくのか、
興味は尽きないところ・・・

でもなにこの展開・・・
昨年の「スマイル」のギャグ調満載の可愛いけどボンクラモード満載の展開とは
えらい変わりよう・・・

私は両方好きですけど。

 | BLOG TOP |