FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


仕事で週に一度定例のくだらない「何も決めることが出来ないクソミーティング」が
あるのですけど、
本日がそのバカミーティングの日・・
本当に時間の無駄で、
こんなくだらないことに時間を費やすならば、余程早めに帰宅して
リフレッシュして明日以降に備えた方が余程合理的・・・

結局自分ひとり悪者になって、
本日もくだらん会議は終了・・・
結局日本の会社のミーティングというものは
何も発言せず、じっとしているのが一番賢い方法なのでしょうね。
スポンサーサイト



先日6月が終了し、気が付いてみるともう既に一年の半分が終わったことになります。
何か年々時間の経過が早くなっていくような気が・・・
最近のアニメは大体三か月のワンクールで最終回を迎えるものが多く、
昨年なんかも
「謎の彼女X」とか
「咲~阿智賀編」とか
「えびてん」とか

「さあー、ここから盛り上がっていくぞー」という時に最終回を迎え
「えーーーー、マジ!?」なんて思ったことも結構あったりします。

今年も6月終了時点で
「俺の妹がこんなに可愛い訳がない」とか
「這い寄れ、ニャル子さんW」とか
「デート・ア・ライブ」とかがわずか三か月で最終回を迎え、
ガッカリしています・・・

改めて思うのですが、
その点「プリキュアシリーズ」は大したものですよね。
だって確実に一年間は続くし、それが10年間シリーズとして続いていることは
まさに賞賛に値すると思います。

さてさて、そんな訳で「デート・ア・ライブ」も第四の精霊までで終わってしまい、
何か尻切れトンボになってしまった感は否定できません。
だけど既に第二期の製作が発表されていますので
第二期の開始が今から楽しみです。

でもやはり「デート・ア・ライブ」は、時崎狂三の魅力に惹きつけられたという感じです。




十香やよしのんと異なり、明確な「悪意」を持っており、
明白な目的と狂気を有している点が他の精霊とは一線を画しているものです。
何度も書いて恐縮ですが、
あのとち狂ったキャラは、やはり堪らないものがあります。

原作をさーと見る限りでは、第二期では第一期に比べてそれほど出番はないとは思いますが、
第二期でも
たまには姿を見せ、その狂気をさらけ出して欲しいと願っています。

 | BLOG TOP |