FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


チャイコの交響曲第6番は名曲中の名曲で、
この曲を実際に聴いたことがない人であっても「悲愴」というタイトルだけは
耳にされた方も多いのではと思います。

この曲は正直聴くだけで気持ちが重たくなります。
「死」の香りがプンプンと漂ってきます。
作曲者が「死」を本当に意識して(自殺という可能性もあるとの事です・・)曲を書いたかどうかは
今となっては誰にもわからないのですが、
やはり何かしらの「決意」を持って曲を書いたのは間違いないと思います。
人間余程の覚悟がないとこうした曲は書けないはず・・・

第一楽章の冒頭から重たいアダージョで開始されます。
こういう時、ファゴットはいい仕事をしますよね。
ファゴットは、とぼけた味わいとか異国情緒を表現したい時にも打ってつけの楽器ですけど
こうした「やりきれない悲しみ」みたいなイメージを表現する際にも
かなり適していると思います。
第一楽章の中間部で突然オーケストラが咆哮します。
最初に生でこの曲を聴いた時、それまでアダージョでゆっくりと静かに曲が展開していたのに
突然感情が爆発というか、暴発し
とてつもない「負のエネルギー」で曲を展開させていきます。
そして最後は静かに曲が閉じられます。
圧巻は第三楽章・・・
メロディーラインは恐ろしいほどシンプルで、同じことの繰り返しという内容なのですけど、
何か「ええじゃないか、ええじゃないか」みたいな集団ヒステリー現象みたいな音楽が
延々と展開されていきます。
イメージとしては、集団死刑を執行される直前に、集団で刑場まで
半狂乱となってひたすら歩いていくような感覚です。
第四楽章は、延々と重たいアダージョが展開されていきます。

思うのですが、この曲を聴くたびに
「ああ、なんで自分はこの世に生を受けだのだ・・・
 こんなつまらない人生を送るために自分は生まれたというのか・・・
 一体生きることに何の意味があるというのだ・・・」
みたいな「心の呻き」を自分の心の奥底から引きずり出されるような感覚を感じます。
同じ「死」を意識した交響曲では
マーラーの交響曲第9番があると思うのですが、
マーラーの場合、何もかもやり尽くした上で、覚悟の上で「死」を受け入れる準備が出来ているというのか
「死」については諦め・諦観の意識を持って臨んでいるような気がします。
だからマーラーの場合、この交響曲を聴いてもそれほどチャイコみたいな「後味の悪さ」は
感じられません。
むしろさっぱりとした気持であの世に旅立てるという感覚すらあります。

同じ「死」を意識した交響曲でも、やはり人によって違いは出るものだなーと改めて感じてしまいます。

この曲は指揮者によって随分と印象が異なってきます。

カラヤン=ベルリンフィルの場合、
本当に丁寧に「美意識」を持って曲を仕上げています。
あまり後味の悪さは感じられません。
解釈的にも、無難・オーソドックス・普遍的という感じがします。
一方ムラヴィンスキーの場合、地元という事もあるのでしょうけど
「荒ぶる魂の叫び」というものを感じてしまいます。
演奏はかなり荒っぽいドライヴですけど、その荒々しさが人の魂の叫びを表現しているみたいで
カラヤンの演奏よりは、余程人間らしいといえます。
カラヤンの場合、「ええ格好しい」という印象です。
ムラヴィンスキーの場合、「人間、アホでどこが悪いねん」みたいなノリです。

バーンスタインの演奏は正直驚きです。
第四楽章は通常10~11分程度なのですけど、バーンスタインの場合
第四楽章を延々17分近く異常に遅いテンポで展開させていきます。
テンポは遅いけど、音楽として動いているので、遅いという感覚はほとんど無いのが
不思議な所です・・・

生の演奏会で一番インパクトがあった演奏は、
小林研一郎指揮/新星日本の和光市での演奏会でした。
あれは、普段から熱いコバケンさんが本当に「炎」になっていました・・・・
スポンサーサイト



またまたイトーヨカドーネタで恐縮なのですけど、
おもちゃコーナーでこんなドキドキプリキュアの子供服も売られているのですね。



昨年も「スマイル」のTシャツとか販売されているのは見た事がありましたけど
毎年こうやって「プリキュア」は子供たちに夢を与えながら
大人達は「メシのタネ」にしているのですね(笑)

まだキュアエースの詳細は不明という事なので
一応5人目のプリキュアは登場していますけど
Tシャツのデザインは、4人+妖精たちという構成でした。

だけど、これがあと数週間後には、キュアエースもデザインされた5人のプリキュアの各種グッズが
登場してくるのでしょうね。
毎年CBSソニーから「吹奏楽レパートリー集」というレコード・CDが発売されていますけど
1982年の盤は、今から思うとかなり当たり年だったと思います。
その収録曲目の中には

〇バーンズ/アルヴァマー序曲

〇リード/序曲「春の猟犬」

〇スゥェアリンジェン/インヴィクタ序曲

〇リード/第三組曲などが確か収録されていたと思います。

だってこれらの曲は今現在でもしっかりと生き残っていますから、
新作の吹奏楽曲のほとんどが翌年以降はほとんど演奏されることなく埋もれていく現状では
極めて珍しいと思いますし、
曲自体が素晴らしいのでしょうね。

でも最近リードの吹奏楽のための第三組曲「バレエの情景」はほとんど聴かれなくなりましたね。

この曲は

Ⅰ.ファンファーレと序奏

Ⅱ.パ・ドゥ・ドゥ

Ⅲ.風変わりなポルカ

Ⅳ.全員の踊り

の四曲から構成されていますけど、
特にⅡとⅣがバレエの雰囲気を色濃く反映させています。

自分自身も「バレエ」自体はあまり興味はなかったけど
バレエ音楽は昔から大好きだったせいもあり、
20代の頃とかよく東京文化会館とか神奈川県民センターとか
五反田の簡易保険ホールとかに行き、
「シンデレラ」とか「眠りの森の美女」とかを聴いたことも何度かあります。
バレエ上演の場合、バックの音楽は実は録音テープを使用することはあまりなく
実際にオーケストラが生の演奏をすることがほとんどです。
そして観客席の最前席とか端の方のオーケストラビットと言われる狭い場所で
弦楽器・管楽器・そして打楽器が密集して演奏をしています。
打楽器奏者なんて大抵3~5人程度はいるのですが、ほとんどの場合複数の楽器を掛け持ちし
狭い場所を行ったり来たりして結構大変そうでした。
指揮者も演奏の指揮をとりながら、時には部隊のバレエの方にも目を配り
大変な配慮が求められ、本当に大変だと思いました。
でも五反田簡易保険ホール(確か今現在は、メルパークホールという名称だったかな・・?)は
音響が最悪に近いし、全然響かないから音楽が実に生々しく聴こえるのは
結構面白いものがあります。
バレエを見るとよくわかるのですが、
バレエというものは、基本的にはソロダンサーが中心であり、それをその他大勢の「全員」が
サポートするようなものです。

その辺りの雰囲気をリードの第三組曲では、
Ⅱの「パ・ドゥ・ドゥ」ではソロダンサーをフルート奏者に見立てて表現していましたし、
Ⅳの「全員の踊り」では、代わる代わるにソロと多数メンバーがメロディーラインが交代していく事で
うまく表現していました。

この曲は、コンクールでは

82年/上尾市民

83年/大塚中

84年/重信中・電電東京

85年/NEC玉川

が演奏していましたけど、残念ながら納得できる演奏にはお目にかかれていません・・・
上尾市民は、Ⅱのフルートソロがボロボロに崩壊しているし、Ⅳの強引なカットがどうも・・・
大塚中は、ⅠとⅢとⅣという珍しい組み合わせです。
この曲で唯一納得できる演奏は、
指揮者名・演奏団体は度忘れしましたけど
フーサの「この地球を神と崇める」・ショスタコーヴイッチの交響曲第9番などが収録されている
輸入盤CDの中で、この第三組曲が収録されていて、
ライヴ演奏というせいもありますが、冷静さと熱気が伝わる
ホットな演奏を聴かせてくれています。

 | BLOG TOP |