FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日は、昼間から午後にかけて「やまとの湯」の黒湯天然温泉でゆったりとしてきましたけど
その帰りに買い物のためにやまとの湯のすぐ近くのイトーヨーカドー錦町店に寄ってみたら
ゲームコーナー内に
「ドキドキプリキュア」のゲームが設置されていました。




改めて見てみると
やはり「ドキドキ」のメンバーは全員可愛い・・・

でもこれって何のゲームだったっけ・・・??

スマイルとかスイートのUFOキャッチャーの場合、景品のフィギュアはゲームでゲットしないと
中々手に入りませんでしたけど、
今年のドキドキの場合、おもちゃ屋とかフィギュアショップでは普通に1箱1200円程度で
販売されているみたいですけど、
昨年までと何か販売方法に変更でもあったのかな・・・??

それはそうと、ドキドキのゲームを何となく見ていると、
全然関係ない話なのですけど、なぜか「フレッシュプリキュア」を思い出してしまい、
イースがパッションに覚醒する回の時、美希がラブに
「最初からイースなんて娘はいなかったのよ・・・」という有名な失言を吐くシーンを
思い出してしまいました。
それがなぜか連動的に
六花さんがマナに
「最初からレジーナなんて娘はいなかったのよ」というシーンももしかしたらあったのかも・・?
と勝手に想像を膨らませてしまいました・・・

これは「妄想」の領域なのかな・・・??
スポンサーサイト



やはり「プリキュア」シリーズは面白いですよね。
もう堪らんという感じです。
先週と7/1の前半の流れでは、だれがどう見ても
レジーナの回心⇒レジーナの「愛」と「友情」への目覚め⇒5番目のプリキュアとして覚醒
というパターンと思っていたのですが、
レジーナの場合、そこに父親への愛情とマナ達との友情の芽生えの二律背反性という問題があり
それがまだ解決できていない事と
これまでの敵方陣営からプリキュアへと覚醒した戦士の前例的要素
(満と薫・イース・エレンのように敵陣営を裏切ったことに対する自責の念)
が希薄である事なんでしょうかね、
結局はジコチュー陣営へと強制的に戻らせられたのでした・・・

やはりイースやエレンの時みたいに、そう容易く何度も敵方からプリキュアサイドへの方向転換という
事例は多発させないという配慮(?)なのかもしれません。

だけどこれで物語はまた面白い方向に進んでいきそうです。

今後二つの課題が考えられます。

第一に「ドキドキ」の場合、やはり最重要人物は「レジーナ」だと思います。
物語は既に中盤から後半に動こうとしています。
そんな中、マナ達がいかに最終決戦までに
レジーナの心・愛を取り戻していくのか・・・・
一旦は「愛」の意味を分かりかけたレジーナが再度「愛」をつかめる日が来るのか・・・
キュアハートは、変身時の決め台詞として
「愛をなくした哀しい〇〇さん、このキュアハートがあなたのドキドキを取り戻して見せる」
というのがパターンとなっていますが、
今後は、
「愛をなくした哀しいレジーナ、このキュアハートはじめ皆でレジーナの愛を取り戻して
 みせる」というのが課題となっていくのだと思います。

第二に、マナ達の更なる成長性です。
元々「ドキドキ」のメンバー全員聡明で賢く、レベルが相当程度高い。
だけど高い水準のまま、伸び悩んでいる状態が初回からずっと続いているという
解釈も出来なくはないもので、その点で今回のキュアエースの登場は、
現状打破という意味では非常にナイスだと思います。





元々がレベルが高い4人に更なる飛躍と成長を課すためには、
4人よりも数段高いレベルにいる人からの刺激が必要不可欠だと思われます。
キュアエースが
「まだまだプリキュアとしては未熟ね」
「早く一人前になりなさい」
「そんなんじゃ駄目よ」
みたいに厳しいセリフを言うのも、その辺りに原因があるものと思われます。
そうした一段既に高いレベルに位置する大人のプリキュアから、マナ達4人は今後いかに
成長と飛躍を果たしていくのか、
それはすごく楽しみです。
7/1の「ドキドキプリキュア」では、ついにキュアエースが登場しましたね。
レジーナが5番目のプリキュアとして覚醒するという予想は外れてしまいました。
現時点では詳細不明という事なのでしょうけど
あの流れではアン王女が恐らく「キュアエース」なのでしょう。

だけど驚いたのは、キュアエースの中の人が「釘宮理恵」だったことです。
釘宮理恵というと、例えば「とらドラ!」の逢坂大河とか「ハヤテのごとく!」の三千院ナギのように
どちらかというと「ツンデレ系」のキャラが多かった人であり、
個人的には「とらドラ」の逢坂大河のツンデレ振りが非常に印象的な自分としては
何か非常に意外な人選というのが率直な印象です。




だけど前回の声を聞く限りでは、
「何か大人っぽい冷静な感じ」という感じでしたし、これまでの釘宮ワールドの感じではなかったので
その点では安心して任せられるという感じもします。
だけど今後キュアエースは、マナ達に
「プリキュアとしてはまだ半人前ね」
「もっと成長しなさい」みたいな厳しい言葉を発すると聞いています。
そうしたお姉さん的な厳しい要素とプリキュア的な優しさみたいな落差を今後思いっきり出していけそうな
キャラとしては、むしろ適役なのかもしれませんよね。

個人的には、釘宮理恵というと、手乗りタイガーこと、逢坂大河もそうですが
「かなめも」の美華ちゃんとか
「咲」の片岡優希なんかも結構印象に残っています。

昨年「スマイルプリキュア」の声優さんたちが発表になった際、
キュアビューティが西村ちなみさんと発表された時には、
「ダークプリキュアが本物のプリキュアになった」と一部で話題になっていましたが、
今回もそれの再現ですね、
釘宮さんは、プリキュア5の映画「鏡の国のミラクル大冒険」で
キュアレモネード役を演じています。
だけど、正直この映画は、美味しい部分は全て西村さんのダークドリームが持って行ってしまったので
釘宮さんのダークレモネードは、正直印象が薄いです・・・・
だけど今回で、ビューティさん同様やっと本物のプリキュアになれたという事でしょうね・・・

どうりで、アン王女の声優さん名は、エンディングでも出ていませんでしたからね・・

ついにプリキュアも
月影ゆりという女子高生プリキュアを通り越し、
婚約者がいる「人妻みたいな」プリキュアが登場してしまいましたね。
この年の課題曲Aは「イリュージョン」という曲でしたけど、
この曲の副題は「幻想」という事なのですが、作曲者のイメージとしては
力いっぱい駆け抜けていくという感覚もあるとの事でした。
この課題曲は、自分たちの高校も課題曲として選曲し、実際に4ヶ月以上練習してきた曲なのですけど
実際に吹いてみた感覚としては、
繰り返しが非常に多いという感じで、「幻想」というイメージには程遠く
吹いていて正直「面白い」という感じはあまりしませんでした。
この課題曲は、ユーフォとトロンボーンとチューバだけという非常に薄い部分から開始され
非常にやりにくい出だしであり、指揮者も奏者も非常に嫌がっていました・・・

この年に高校に入学したものの、
自分でいうのも何ですが、結構無理して進学校に入ったという事もあり、元々自分の頭脳にとっては
身分不相応という学校だったせいもあり、最初の一年間は
ホント、まじで翌年の新旧すらもやばい成績不良の生徒だったと思います。
中学校の時は、「井の中の蛙、大海を知らず」のことわざ通り、田舎の学校内では
「頭が良い」という事で通っていても、
進学校の中では、全然大したことがないどころか、まじに「頭が悪い生徒」の範囲に
すっぽりと入っていました。
だって、一学期の最初の試験では、数学は200点満点でわずか31点で、残りの教科もほぼ全て
赤点スレスレという感じで、
正直まじに相当へこんでしまいました・・・

吹奏楽部内でも、自分よりも上手な人達が一杯いて、
ホント、毎日が「あーあ」という感じでした。
一年生の12月くらいまでは毎日がこんな感じだったと思います。

課題曲A「イリュージョン」は「幻想」という意味という事は先ほど書いた通りなのですけど
英語辞書を引くと、「忘れてしまいたい嫌な事」という意味もあり、
自分にとっては、この1981年は、まさにイリュージョンみたいな一年でした。


〇磐城高校

 この演奏は自分にとっては衝撃的な演奏でした。
 同じ東北の高校生なのに、なんでこんなに彼らはレベルが高いのだろうと、当時は本当に
 驚愕したものです。
 自由曲の「中国の不思議な役人」は細かい部分までほぼ完璧に仕上げ、それでいて
 ワイルドさ・切れ味・躍動感も申し分なく
 聴いていてゾクゾクするものがありました。
 金管もうまいけど、男子校ながら木管セクションのしなりもお見事で素晴らしかったと思います。
 トロンボーンのソロも完璧に決まっていました。
 天理と並んでこの年の名演の双璧といっても過言ではないと思います。
 吊るしシンバルのお兄さんの過剰なアクションも見ていて楽しかったです。
 このチームはこの年が全国初出場でしたが、2001年まで二度目の全国金賞はありませんでした。
 2001年に当時の指揮者の根本先生を迎え、同じ自由曲で全国金賞を受賞しています。
 根本先生にとっても感慨深いものがあったと思います。
 2001年の演奏は、81年の演奏に追加場面を色々加えてあり、81年以上の大変素晴らしい演奏を
 聴かせてくれています。
 個人的には、藤林先生時代の1997年のギリングハムの陰鬱な世界も大好きです。
「やまとの湯」は7/1~7/12の平日は、会員限定ですが入浴料が200円という
嬉しいキャンペーンを実施ています。
本日は仕事が休みのため、昼過ぎから先ほどまで二時間程度
やまとの湯・わらび店の黒湯にのんびりと浸かってきました。
但し、やまとの湯全店というわけではないみたいで、大宮・狭山・蕨市・川口・相模原の
店舗限定のキャンペーンみたいです。




でもここの温泉の黒湯は、何度来てもお湯が本当に真っ黒で
しかもこのお湯がぬるぬるしていて、肌にすべすべくるようなしっとりとした感触である事には
毎回驚かされます。
難を言うと、天然温泉の黒湯は、内湯にはなく露天風呂にしかないから、人が6人以上既に
入っていると、「あ、何か混んでいるなー」という感じが濃厚な事ですかね。
露天風呂が少し狭いのかもしれませんけど、
通常の入浴料が650円のスーパー銭湯であることを考えると、
これは「我慢」の範囲内なのでしょうね。

だけど、本日は平日の昼間というせいもあり、
それ程混雑はしていなかったので、ゆっくりとリフレッシュできたと思います。

ここの黒湯は、やまとの湯・草加にも使用されていて、毎日わらびの黒湯をタンクローリー車で
草加のやまとの湯にまで持って行っているそうです。

でも今日は何か気になったのが、洗い場のシャワーが連続してレバーを押さないとすぐに
お湯が切れてしまう事かな・・・
髪や体を洗い、シャワーで流そうとしても、すぐにお湯が止まり、いちいちレバーを押し続けている
状態でしたので、何か面倒だなーとも思いました。

でもこうした激安のキャンペーンをやって貰うことはとてもありがたい事であり、
本日はすっかり体も気持ちもリフレッシュ出来たと思います。
最近仕事でストレスと疲労が溜まっていましたからね・・・・

 | BLOG TOP |