FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


CDや生の演奏会で初めて耳にする曲でも、いきなりその曲にはまってしまい大好きに
なる曲も多いと思います。
私の場合、以前書いた事もあるのですが、
「交響曲」のジャンルでは、大好きな曲ベスト3は、

〇矢代秋雄/交響曲

〇ウォルトン/交響曲第一番

〇プロコフィエフ/交響曲第五番

なのですが、これらの曲に共通するのは、1982年の全日本吹奏楽コンクール東北大会で
初めて吹奏楽アレンジ版として聴いて、興味を持ち始め
その後原曲と言うかオケの演奏を何回か聴いて、その魅力にとりつかれたという感じなのです。

だけど中には、コンサートやCDを聴いて、最初からその曲の持つ魔力と言うか魅力に
とりつかれて一発で好きになるという曲も結構あります。
その典型例が

〇ブラームス/交響曲第一番

〇ベートーヴェン/交響曲第七番

〇マーラー/交響曲第一番「巨人」

〇ドビュッシー/海

あたりだと思いますが、更にその中でも極み付けが
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」だと思います。

この曲を最初にCDで聴いたのは、ドラティ指揮のものでしたが、
これはホント、最初に聴いた時は「ショック」というか、
「世の中にこんなに斬新な曲があるものだ・・・」と本当に感激したものでした。
このバレエ初演時には、音楽史上最大級とも言える賛否両論の怒号が飛び交う大スキャンダルが
発生したと伝えられますが、
確かに20世紀初頭のバリの人の耳には、これは「衝撃」以外何物でも無かったと
思います。
今現在聴くと、「別に・・」とか「そんなに驚くほどのものでもない」とか色々な意見は
あると思いますし、当時ほどのインパクトはないかもしれませんが、
やはりこれだけ何かを伝える事が出来る曲と言うのは素晴らしいと思います。

実際、ファゴットの最高音域の音で始まる出だしからして「新鮮」ですよね。
この曲は、やはり「リズム感」・「躍動感」・「人間の本能としての生への意識」というものが
嫌でも伝わってきます。
CDで聴いても生で聴いても、その迫力・躍動感にはただただ脱帽するしかないと思います。
生で聴いてみると分るのですが、
この曲はそれ程多種な打楽器を使用している訳ではありません。
ティンバニー・大太鼓・シンバル・ドラ・タンバリン程度です。
管楽器も確かに大規模編成ですが、特に目立つ特殊楽器は使用していません。
それでもあれほどの圧倒的サウンドを出せるのですから、
やはり「管弦楽は究極のシンセサイザー」なのかもしれませんよね。

この曲の生の演奏会で忘れられないのは、
1996年の東京芸術劇場の、テルミカーナフ指揮のレニングラードフィルだったと
思うのですが、そのティンパニー奏者です。
前半の「ダッタン人の踊り」からその凄さは感じていましたが、春の祭典で
叩きつけるのだけど、打点がビシッと決まり、音楽の一つ一つを締めていく感じに
思わず圧倒させられました。
相当のご年配の奏者でしたが、あの上手さはいまだに忘れられません。

確かこの曲、ホルンを8本程度使用していたと思いますが、
特に第一部ラスト近くは、絶対に息が続かないようなフレーズのオンパレードです。
8本も使用しているから、途中で奏者が交代交代で吹いているのかなーとも
思いましたが、N響の演奏を聴いた限りでは、皆ガチンコで吹いていましたので
そうした手抜きはないのですね・・・(笑)

17歳から18歳頃の自分は、この曲を聴くとなぜか知りませんが
「女の子」を想像してしまい、当時は男子高校でしたので、何か妙に「モヤモヤ」するものも
感じていたのも懐かしい思い出ですが、
確かにそうした一面もある曲ですから、それは仕方がなかったのかも・・・
スポンサーサイト



本日久しぶりに近所のスーパー銭湯にでも行って肩こりをほぐそうかと思って出かけたのですが、
何とつぶれていました。
というか現在解体作業の真っ最中でした・・・
いつ閉鎖が決まったのでしょうね・・?
確か最後にここに来たのは昨年の夏頃だったから、秋に閉鎖となったのでしょうね。

この南浦和の「みなとの湯」は自分の家から一番近いスーパー銭湯でしたし、価格も手ごろのため
よく行ったものですから、やはり無くなってしまうと寂しいものがあります。
ここは、天然温泉ではなくてただの沸かし湯なのですけど、
電気風呂・漢方の湯・高炭素風呂・ジャングルジムのような鉄棒が上に着いたお湯だの、
立ったままジャグジーが楽しめたり、結構広いタワーサウナがあったりと
設備も整っていましたし、ご飯も比較的美味しかったので
少々残念です。

だけど考えてみると、自分が住んでいる川口~大宮周辺って最近ホント、この手のスーパー銭湯
というか、日帰り天然温泉設備が増え、結構過当競争だったのかもしれません。
自分がたまにいくだけでも、近くには

〇やまとの湯

〇むさしの健康ランド

〇川口スパ・ドゥーサ

〇彩香の湯

〇七福の湯

〇見沼ヘルシーランド

〇大宮三橋温泉

〇むさしの湯

〇清河寺温泉

など色々ありますし、やはり天然温泉でないと少し厳しいのかもしれませんよね。

本日は蕨市の「やまとの湯」に行ってきました。
ここの天然温泉の「黒湯」はやはりお湯がしっとりするし、いかにも温泉に入ってきたーという
感じがしますし、
お湯がぬめーーっとしているのがやはりいいなーと思いました。
最近肩と首の凝りが洒落にならない程ひどかつたので、
ここの黒湯でじっくりとポカポカ温まって、セルフマッサージを行ったら
最近の頭痛とか首こりは大分良くなったような気もしました。
サウナでついつい高校野球に夢中になってしまい、結構のぼせてしましました・・・

だけど久しぶりにのんびりとリフレッシュ出来ました。

川口~さいたま市周辺には、このやまとの湯以外にも色々と素敵な日帰り天然温泉が
あります。
例えば、戸田市の七福の湯とか大宮のむさしの湯は、共に茶色のお湯で「ツボ湯」が
一つの売りだと思います。
むさしの健康ランドは、あまり落ち着かないけどラドンの湯がおすすめです。
清河寺温泉は、値段が少し高いけど「竹林」が露天にあるので、いかにも「日本的情緒」が
感じられます。
ホント、最近では別に遠くの温泉に行かなくても、近隣の日帰り温泉でもこれだけ充実している
のですから助かりますよね。
昨日、本日は久しぶりに二日間の休みです。
何か寒暖の差が激しかったためか、今一つ体調が良くないというか、肩と首が凝っていて
それが何か頭痛の原因にもなっているような気がします。
午後は、久しぶりに近くのスーパー銭湯にでも行って
体を温めてきたいと思います。

昨日は何か寝てばっかりというか、一日歴代プリキュアのDVDばかり見て
ゴロゴロしていました・・・
そんな中、「フレッシュプリキュア」を何話かまとめてみましたけど
やはり面白いし、そのシリーズ毎に歴代プリキュアとの違いと言うか特徴がありますので、
そうしたシリーズ毎の違いと言うか特徴を見出すのも
何か楽しいものです。




フレッシュの場合、当然ラブが主人公なのですけど、
前作の偉大なる(?)先輩、のぞみとの違いはどこにあるのかなと思ったのですが、
「辛い時や悲しい時の感情の出し方」なのかなーとも思いました。
のぞみの場合、困難な事があっても、のぞみ自身が強い意志を持つ事で、周囲の人達を
グイグイと巻き込んでいき、「何とかなるなるー」となっていったものですが、
ラブの場合、どちらかというと、悲しい時辛い時は、わーーっと自分のそうした感情を
周囲の人達にもさらけ出してしまうという事が多かったと思います。
そして美希などに喝を入れられながら、周囲の人に支えられながら、
再び頑張っていくというタイプだったと思います。
よくラブは「メンタル面が弱い」とか「すぐ泣いちゃう弱さがある」という評価の声を
耳にしますが、それは何か違うのかなーとも思ったりもします。
のぞみもラブも意思は強く、違いは周囲の人への巻き込み方の違いなのかなとも
思います。
のぞみもラブも優しい女の子なのですが、ラブの場合、のぞみを超える「母性愛」すら
感じさせるというのも一つの特徴なのかな・・・?
もっともラブの場合、シフォンの世話という要素もあったため、「小さな子供を守る」という
母性愛の側面が強かったのかもしれませんけどね。

シリーズ全体を眺めてみると、
のぞみの後継者は、みゆきではなくて実はラブで、
つぼみの後継者は実はみゆきなのであり、
なぎさの後継者は案外響なのではないのかなーとも
思ったりもします。
そして、かれんさんの後継者はれいかさんであり、
りんちゃんの後継者は意外にも六花さんではないのかなーとも思ったりもします。
そして、ラブの後継者こそが、マナなのではないのかなーと最近ではつくづく感じています。

一度フレッシュとドキドキの共通性なんて記したことがありますが、

追加すると・・・

〇ラブとマナの母親の名前は「あゆみ」

〇ラブもマナも変身後は金髪となる

〇ヘマをしでかした時や落ち込んでいる時は、ブルー系に説教されがち

という事もあると思いました。

フレッシュはラブが主人公であることは明白です。
だけど次に来る最重要人物は「せつな」なんだなーと改めて実感もしました。
物語の前半はイースとして、プリキュアに敵対する立場としての展開。
後半は「パッション」として覚醒して以降は、元々仲の良い三人の幼馴染のメンバーとの間に
いかに友情関係・信頼関係が構築されていくのかという軸もあったと同時に
「イース時代の悪行の数々の罪悪感」と「ラビリンスを裏切った」というイースとパッションの間に
おける「罪」と「贖罪」に対する苦悩から
いかにせつなを一人の人間として「救済」していくのかというテーマが
あったと思います。

「ふたりはプリキュア」・「プリキュア5」ではなかったこうした大きなテーマを最初に
提示したシリーズが「フレッシュ」なのであり、
そこから単純な「敵を倒して妖精達を救う」というストーリーを脱却する先駆けとなったのが
フレッシュなのだと思いました。

でも改めて第23話はすごいと思います。
あれはプリキュアシリーズでもベスト3に入る名シーンだと思います。
(他の二つは、プリキュア5の第24話の手つなぎシーンと初代無印の第8話かな・・)
「罪を憎んで人を憎まず」
「せつなを取り戻すために戦う」
うーん、何度見てもじーんとくるセリフです。
随分昔にフジテレビでタモリの「トリビアの泉」という番組があり、結構これは
好きでした。
その一つのトリビアで、確か
「子供の頃の記憶は、大人になってからの記憶よりも7倍以上鮮明に残っている」
というものがあったと思います。
でも、これは何となくよく分りますね。
例えば8歳時点で印象に残った出来事は、年数に換算すると、
幼児期の記憶は5歳以降から残るものと仮定すると1/3程度の印象度なのに対して、
25歳時点で印象に残った事の記憶のインパクト度は1/20
45歳時点では1/40という計算になるかと思います。
確かに少々乱暴な理屈でもあり、大人になってからも生涯忘れられない強烈な記憶と言うものは
ありますので一概には言えないのですが、
年を重ねるほど、一つ一つの出来事の印象度は薄くなるものだと思います。
最初の段階で体験した事件の印象度は強いのだけど、疑似性の強い次の体験の印象度は
弱くなるというものなのだと思います。

1988年は、自分が初めて社会に出た年ですし、だからこそこの年の印象度は何か他の年に
比べると印象度が強いのかなーとも思います。
確かにそれはあるのかもしれません・・
自分の「記憶」という観点からだけ述べると、
1980年~1984年 1988年 最初に会社が破綻した2001年の記憶とその当時の社会情勢や事件
何かは妙に印象度が強いのです。
結婚して日々の生活に疲れ果てている2003年以降の印象度が今一つ薄いのは、
「ドキドキ」がないせいなのかな・・・??

そんな訳で
「これが気楽な学生時代最後のコンクール、これからはコンクールなんてもう聴けないかも・・」と
少々悲愴感があった1987年のコンクール
社会人一年目でその一週間前に自衛隊体験入隊研修で心身ともに疲労困憊していた1988年の
コンクール
この2年間は妙な印象度が強いのかもしれませよね。

〇那覇高校

 この年の九州大会では、中村学園・福岡工大付属がスカ金で代表落ちという
 事もあったので、このチームをけり落として代表に選ばれた学校はどんなのだろうと
 期待はあったのですが、見事に裏切られてしまいました・・・・
 嘉穂・那覇・首里全て銅賞というか、九州勢が全て銅賞という今では考えられない結果に
 終わってしまったのが1988年の一つの特徴です。
 九州大会の審査員は、意図的に「高校生らしい自然体な演奏」を好んだのかな・・・?
だけどこの3つの学校の演奏は、正直芳しくないです・・・・

 那覇の演奏を聴いて感じたことがあります。
 それは「音楽の躍動感」です。
 感銘度が高いチームというのは、アレグロとアンダンテの対比が上手いとか
 たっぷりと歌っているとか色々あると思いますが、特に音楽が生き生きとしているか否かの
 差は非常に大きいと思います。
 那覇の場合、特に中間部で、音楽が完全にだれてしまい、
 全体的に「しまりが悪い」演奏になったのは惜しまれます。
 もっともアレンジが極めて良くないという問題もあったと思いますが・・・
 自由曲の四季の導入のティンパニーのリズム感が良かった事と後半勢いが出てきたことが
 救いだったかな・・・

〇首里

 87年の中村学園も「音量のオーバーヒート」の許容範囲という問題がありましたが、
 このチームの場合、完全に許容範囲を超えた、「ひたすらやかましいローマの祭り」という
 感想以外ないという感じです。
 南国の情熱と言えば聞こえはいいのですが、明らかにコントロールの不徹底・・・
 というか、いくらなんでも「ドラ」は叩きすぎ・・・
 迫力というか疲れる演奏でした・・・

 | BLOG TOP |