FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/24の「ドキドキプリキュア」は本格始動という感じですね。
やっと全員が勢揃いし、真琴が「マナ」と名前で語りかけるのに象徴されるように
メンバー間の垣根が取れつつあるように思えます。
やはり、元々3人の幼馴染に、一人の異次元出身者が元々の仲間たちとどのように
仲良くなっていくのか、信頼関係が構築されていくのかというのは
「フレッシュ」の時のせつなと他の幼馴染3人との関係に似ていますよね。
もっともせつながイースからパッションとして目覚めたのも、第24話以降ですので、
早い段階から、幼馴染3人と異次元出身のソードが仲間になった「ドキドキ」は
この先どういう展開を経るのだろうと考えるとかなり興味深いものは
あります。
六花は、真琴をまだ「剣崎さん」と他人行儀のようにしていますし、
(正妻ポジションの六花さんの視点から見ると仕方がないかも・・・)
ありすも同様に「真琴さん」と呼んでいましたから、いち早く真琴との関係が築けた
マナ以外の2人が真琴といかに打ち解けた関係になれるのか、
「アイちゃん」とは何者なのか、この辺りがまずは序盤の見せ場という感じなのかも
しれません。

この「アイちゃん」というのは、「フレッシュ」でいう所の「シフォン」ポジションなの
でしょうね。
そう言えば、アイちゃんの声優さんは表記されているのに対して、
先週あれだけ見せ場があった王女の中の人の声は表示されていませんから、
もしかして、アイちゃんと王女はイコールか、アイちゃんがどんどん成長し王女の記憶を
取り戻していくのか
どちらかなのかもしれませんよね。単なる予想ですけど・・・

アイちゃんの中の人は、今井由香さんですが、この方はSSの時に「霧生薫」役で元々
出ていましたが、途中で何らかの理由で声優さんが交替していました。
(プリキュアシリーズにおいて、主要登場人物の途中での声優さんの交替は、このケースだけかも・・)
SSの薫の役を最後まで全うできなかったのは、結構悔いがあったのかもしれませんよね。
だけど今井さんは、その後もプリキュア5からドキドキまで必ず一回は声優さんとして
出ていましたので、今回のアイちゃんの役でSSの時の「悔い」を
取り戻して欲しいものです。





だけど、今回のドキドキは突っ込み所満載でしたね・・・

アイちゃんの登場シーンなんかは、まさに突っ込み所のオンパレード状態でした。

だけど、六花さん以外誰も突っ込まない・・・
やはり六花さんは、「ドキドキ」の中の唯一の「突っ込み役」任命という所なのでしょうね。
というか、六花さんのあの突っ込み振りは、ルージュやサニーにも負けない感じです。
歴代プリキュアの中では、「ボケ」は数多く存在するのですけど
「突っ込み担当」は貴重な戦力ですので、その意味でも六花さんの未来は前途洋洋ですよね。

何かオールスターにて、
突っ込み役としての悩み相談をりんちゃんにする六花という光景が
目に浮かんできそうです。

マナも何か歴代ピンク系の「アホ」要素を少しずつ発揮し出していますが、
「決めるべきところは決める」というのがさすが伝統のピンク系ですね。
スポンサーサイト



本日は、さいたま市内にて「シティーマラソン」が朝早い時間帯から開催され、
もろに交通規制によるあおりを食らったような感じになりました・・
ま、走っているランナーの皆様は、精一杯だし一生懸命だし、応援したい気持ちで一杯なのですが、
産業道路とか旧中山道とか463号浦所街道なんか、通行止めだらけでしたし、普段だったら
5分もかからずに行ける所が、迂回に次ぐ迂回で20分以上かかってしまったとか、
午前中はすっかり予定が狂ってしまった感じでした・・
(私は本日も仕事です・・・)

でも本日は昨日に比べて寒い感じでしたし、長距離を走る人にとっては、
暑くもなく寒くもなく丁度良い気温だったのかなーと思います。

何か見ているだけで応援したくなります。

私は子供の時から不思議と水泳でも陸上でも、短距離は全然ダメなのですけど、
長距離レースは得意な方と言うか、自分でも好きでした。
100メートルなんか、結局15秒を切った事は一度もなく、
1988年の研修における「自衛隊体験入隊」では、17秒前後でしたので
ホント、お恥ずかしい限りです・・
だけど、長距離走は昔から何か好きでした。
高校時代、毎年秋になると10キロの校内マラソン大会が開催され、
運動部の人は、大抵「150位以内に入らないと練習禁止」とか「追放」というノルマもあったようで
ほぼ全員本気モードでした。
文化部は逆に全員テキトーでしたが、自分が所属した吹奏楽部は数少ないノルマ設定部
でしたので、本気モードにならざるを得ない感じでした。
うちの高校は、山の上にある学校でしたので、10キロともなるとアップダウンの激しい
かなりきついコースを走るのですが、特にラスト1キロで現れる
名物「心臓破りの阪」というものがあり、毎年毎年これに苦しめられていました・・・
これは本当にまじでしんどかったです・・・

だけど当時は若かったし体力はありましたので、
10キロを一年の時は50分だったものの、三年生の時には45分を切る事が出来、
順位も校内で50位以内に入る事が出来たのは、自分でも「出来すぎ」と
思っています。

その約10年後に、銀行員をしていた頃、当時支店が在籍していた山梨県昭和町にて
「ふれあいマラソン大会」が開催され、そこの10キロ部門に自分がほぼ強制的に
出場する羽目となり、久しぶりに10キロを走った事があります。
だけど当時はもう既にダメになっていました・・
走っても走っても全然足がついていかないし、息切れするし、散々でした・・・
完走できただけで御の字という感じでした。
記録は確か55分だったかな・・・

でもそこまでは良かったと思います。

現在の自分に10キロ走れと言われても多分完走すら出来ないと思います・・・
それだけ年を取った証拠なのかもしれませんよね。
今は、駅の階段を走った程度で「ぜーぜー」ですから・・・

だからこそ、本日のシティーマラソンの高齢者ランナーを見ると
「さすが」とか「素晴らしい」と思うと同時に
うらやましくもなります。
先日「スマイルプリキュアコンプリートファンブック」を購入したのですが、
資料的な側面からも色々と興味深く楽しまさせて
もらいました。




声優さんがらみで面白かったのは、
ハッピーの声優さんは、最初はピース役のオーディションを受けた事とか
サニーの声優さんは、自身が関西出身という有利な条件なのに当初はマーチ役で
オーディションに臨んだとか、
色々興味深かったです。

こうした声優さんのオーディションで色々と難しいでしょうし、選ぶ方も判断に迷う事が
色々あると思います。
だって、水樹奈々ですら、ブロッサムを射止めるまで何度かオーディションに落ちたと
聞いていますし、井上麻里奈クラスでも、マーチ役を射止めるまで何回かプリキュアの
オーディションに落ちたと聞いています。
一方、ブルーム役の声優さんのように、声優経験が全くない人でも主人公として大抜擢される事も
ありますし、ドリーム役の人のように、少女っぽい役の経験が全くなくルージュ役として
オーディションで臨んでも、ドリーム役として採用決定けってーーい!!?という
場合もありますし、中々興味深いものです。

ルージュ役のオーディションでは、合格となった竹内順子以外では、のぞみ役・ミルク役の人も
オーディションに参加しており、ルージュ役は結構人気があったのですね。
のぞみ役の声優さんは、これまでは低音ボイス・少年の役が多く、のぞみのようにいかにも少女っぽい
甲高い声は初めての経験だったらしく、初期の頃は相当悩んだとの事です。
だけどルージュ役の竹内順子から
「私達はあなたが演じるドリームについていくから」と声を掛けられ
気持ちが吹っ切れたとの事です。
何かここにも本編さながらの「のぞりん」の関係があったのですね。

そう言えばキュアピーチの声優さんもオーディションでは気合が空回りし、散々な出来だった
そうです。だけど、「ピーチの声を務める人は、こうした人の方が合っているかも・・」との理由で
決定したとの事です。その分ピーチを支えるパインとベリーはベテランさんと言うか、経験と実績豊富な
方を採用したらしいです。

この辺りも色々ドラマがあって興味深い所です。

コンプリートブックを眺めてみると、
「あー、やっぱり「スマイルプリキュア」の主人公はハッピーなんだなー」と感じました。
その位、ハッピーがこの作品で占める大きさは相当高かったと思います。
それに、ハッピーは歴代プリキュアの中では、No.1と言っても過言ではない程の「可愛らしさ」が
ありますからね。
だから、今回のオールスターでも、ハッピーとハートが並んでも、とてもハッピーが先輩とは
思えないような感覚もあります。
何となく、キュアソードの立場から言うと、マリン・ハッピー・ピースを眺めていると
「こんなのでも一応先輩・・・」というぼやきが聞こえてきそうです・・・・

 | BLOG TOP |