FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


兼田敏といえば、やはり「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」が
最初に思いつきます。
そのくらい素晴らしい曲だと思いますし、
構成美に優れていると同時に音楽的にも非常に分り易く、且つサウンド的な迫力も十分という
邦人作品としては奇跡的な作品だと思います。

この曲は、何となく一連の保科洋作品(カタストロフィー・カブリス・交響的断章)の流れのように
ヤマハ浜松からの委嘱作品と思われがちですが、
実は浜松工業高校からの委嘱作品なのです。
従って初演は浜松工業です。

ゆっくりとした重々しい序奏から開始し、展開部のアレグロ(ホルンがかっこいいです!!)
そして中間部を経て序奏の再現というホント古典的ともいえるシンプルな構造な分だけ
わかりやすい曲だと思います。
だからこそ、いまだに全国大会でも自由曲として演奏されるのですよね。

この曲は全国大会でも支部大会でも色々なチームが演奏し、名演を残しています。

全国大会の演奏では、
78年の石田中学校

支部大会では、
93年だつたかな?の高崎商科大学付属高校と城東中学校の演奏が大変印象に
残っています。
特に石田中学校の演奏は、「爽やかさ」も感じられ、鮮やかだけど可愛らしさも感じられる
演奏です。
21世紀に入ってからは、福岡工業大学の演奏も結構良かったと思います。

だけど、この曲一度すごい事をやってのけています。
何かと言うと、1981年において、全国大会・支部大会で、オリジナル・邦人・クラシックアレンジ
全ジャンルの中で一番演奏された曲が
この兼田敏の「パッサカリア」なのです。
いや、これはすごい事だと思います。
今では考えられない事だと思います。
現在ならば、ローマの祭り・ダフニスとクロエ、サロメあたりが上位を占めるのでしょうからね・・
もっとも1981年あたりは、ローマの祭りを取り上げるチーム自体少なかったし、
「ダフニスとクロエ」第二組曲とかスペイン狂詩曲なんかは、アレンジの問題で
コンクールで演奏する事自体難しい時期ではありましたから・・・
事実、四国大会で「ダフニスとクロエ」を選曲した観音寺一高が、著作権の問題で
全国出場を辞退する羽目となり、
千葉県大会を「スペイン狂詩曲」で勝ち抜いた市川交響が、自由曲変更を吹連から指示され
関東大会では「寄港地」で臨んだという事件もあったくらいですから・・・
でも市川交響は、それでも関東大会で金賞を取るのだから、それはそれですごいとしか
言いようがない・・

兼田敏の他の作品では、

〇シンフォニックバンドのためのバラードⅡ

〇哀歌

〇交響的瞬間

という作品もあるのですが、これらは主観としてはあまりにも地味すぎて印象に残りません。

だけど「シンフォニックバンドのための交響的音頭」という非常に日本的な
泥臭い曲があるのですが、これがまた実にユニークで面白い曲です。
ラベルのボレロのように、終始打楽器が一定のリズムを叩き続け、それにさまざまな管楽器が
メロディーを乗っけていくというシンプル過ぎる曲なのですが、
ホントドロ臭くて、どんくさくて、日本情緒たっぷりの曲です。
下手なチームがやると間違いなく演奏がだれてしまいます・・・
それを証明したのが、84年の金津中学校かな・・・??
あの演奏はホントひどかったし痛い演奏なのだけど、曲自体はすごく面白かった・・・

知る人ぞ知る曲になってしまいますけど
「シンフォニックバンドのためのファイブイメージ」という曲もあります。
これは一見とっつきにくい曲というか、何かベルクの無調音楽のように
メロディーの残骸が散らばった表情のない曲なのですが、「心証」を音符として表現したかったのかなー
とも思いますが、よく分かりません。
謎みたいな曲です。
確か1988年に静岡大学が自由曲として演奏していました。
その演奏をトラヤのカスタムテープで聴いた事があるのですが、それでも「良く分らん・・・」
というのが率直な感想です。
スポンサーサイト



ブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」というと20世紀の中で作られた歌劇の中では
かなり成功した部類の歌劇の一つだと思いますし、
上演回数も相当高いと思われます。

原作が確か「町の自治」という戯曲だったと思いますが、これは結構現代日本にも通ずる問題を
色々とはらんでいて、考えさせられるべき内容を多種多様に含んでいると思います。

主人公ピーター=グライムズは、無愛想で不器用な性格ながらも漁師として日々の生活を
彼なりに真面目に厳格に生きていこうとしています。
しかし、近所付合いが下手で他人と妥協しない性格の故、近隣から「ヘンな奴」と敬遠されがちで
欧米では「安息の日」として勤労が認められない日曜日にも、船を出し漁をした事で
ますます近隣からは「浮いた」状態となり、俗にいう「シカト」状態だったのだと思います。
そんな中、弟子として使っていた子供の船内での死亡事故をきっかけにますます孤独状態が深まり、
裁判所から「今後子供を雇う事は認められない」という判決が出たにもかかわらず
こっそりと子供を雇い、日曜日にも無理やり漁に出させていました。
そうした中で再度事件が起きます。
又もや徒弟の子供が海に転落し死亡してしまいます。

近所の人達は、
「ピーター=グライムズが子供を殺した。あいつは殺人鬼だ」
「あんな奴、自分達の街に住む事自体気にいらない。今すぐ出ていけ」
「あんな奴、いなくなればいいのだ、死ね」
「この街にあんなヘンな奴はいらない」
等々の罵詈雑言が浴びせかけられたかどうかは、物語なのでよく分りませんが、
そうした雰囲気はあったのでしょう。
結果的に、ピーター=グライムズは、海の男として責任を取る形で自分の船と共に
海の底に沈んでしまいます。
そして、町には、いつもの日常の日々が続いた・・・

そんなような感じのストーリーだったと思います。

でも戦後間もないイギリスの中にも、丁度現在日本が抱える問題と同じような事を既に
予想していた人がいるとは何か驚きです。

自分達とは少し考え方・意見・風貌が違うからといって、そうした異分子を排斥したり
シカトしたり、いじめの対象にする事は、何か古今東西変わりがない問題と言うか、
同じような病巣というものは、いつの時代にもあるものだとも思ったりもします。
ピーター=グライムズの場合、本人が真面目な分、その不器用さが、不器用に生きている様が
本当に痛々しく感じますし、
自分達と同化しない他者を排斥する社会、思いやりがない冷たい社会を既に
戦後間もないころに「予感」させられるものがあったのでしょうね。

ピーター=グライムズにし、エレンと言う未亡人をひそかに恋し、
「彼女との楽しい日々を過ごすためにも稼がないと・・・」という気持ちがありましたが、
お金を稼ぎたいためが故に、日曜日の漁などという
近隣との摩擦⇒孤独を深めるという側面もありました。

全体的に、社会的孤立・孤独・社会との絶縁・異分子を排斥する社会といった
テーマを抉り出している結構シビアな歌劇だと思います。

ブリテン自身の手で、この歌劇から「四つの海の間奏曲」という組曲も作られていますが、
これも歌劇の内容を示唆するようなメロディーのオンパレードで
結構聴いていて「痛い」とか「グサッとくる」感じもかなりします。

Ⅰ.夜明け ⇒ バルト海を彷彿とさせる荒涼とした雰囲気と雲に覆われた暗さがよく出ています。

Ⅱ.日曜日の朝 ⇒ クラリネットで「カモメ」の鳴き声がうまく表現されています。

Ⅲ.月光 ⇒ 美しい音楽です。唯一ホッとさせられる箇所です。

Ⅳ.あらし ⇒ 荒れる海とピーターグライムズの孤独さがよく出ています。

この曲、中々生で聴くことはないのですが、一度だけ
N響の定期演奏会で聴くことができました。
CDは、相当数の録音が出ていますが、個人的には
マリナー指揮/アカデミー室内の演奏が一番好きです。
3/17の「ドキドキプリキュア」はやっと初めて4人揃っての変身シーンが登場しましたよね。
全体的な印象としては、歴代プリキュアと比べると「ややおとなしめ、無難」という感じで
普通という印象でした。
というか、前作「スマイル」の変身シーンがあまりにも可愛いというよりも
ハッピーがウルトラ可愛すぎたため、何かドキドキの変身時のインパクトが少し弱いのかなーとも
思いました。
やはり、映画オールスターの方が本編に先駆けて、4人全員の変身シーンお披露目に
なってしまいましたね。
今週から後半のアイキャッチが変更になりましたが、動いている六花さんが可愛いと
思います。

第7話にして、トランプ王国崩壊の過程と敵の概要が明らかになったのですが、
王女アンジュに仕えていた頃のソードが可愛くて、最近までのあのピリピリ感が全くない
安らかな感じのソードでしたし、王女に声を掛けられて頬を赤く染める様子が
最近までのツンデレとは全く異なっていたので、
何か面白いなーとも思いました。
恐らく予想としては、既にCMやアイキャッチでお馴染みのアイちゃんという赤ん坊キャラが
一つの鍵となっていくと思います。
「フレッシュ」のシフォンと同じように、マナ達との日々の生活の中で、
言葉を覚えたり、歩くようになったり、感情を共有したり等で日々成長が図られ、
最終決戦時には、何らかの秘密兵器的要素になるか、最終的に王女としての復活をとげていくのかと
思われます。

それにしても今回の主役は完全にマナでしたよね。

とういか、マナは第一回から全然ぶれない。

「困っている人を助けるのに理由はいらない」
「幸せの王子」
「あふれ出る自信と信念」
「困難にぶつかっても折れない心の強さ」

そうしたものを全て持ち合わせているプリキュアなのでしょうね。
さすが、8代目プリキュアのリーダーの面目躍如という感じでした。
一歩間違えると「単なるアホ」にもなりかねない所なのですが、
一見無茶苦茶な事を言っているようですが、
何か、方程式で例えると、途中の計算過程は微妙にずれていても答えだけはいつも適格に
導いていけるタイプと言えるのかもしりません。
同時に生まれつきの「リーダーとしての資質」を間違いなく持っているプリキュアなのかも
しれませんよね。
その点、のぞみと似ている面はあるのだけど、
のぞみは本当に「アホ」だから、その点がマナの強みなのかな・・・?
六花さんにしても、そうしたマナに無条件に付き添っていくという感じもなくて、
フォローもしながら、マナと一緒に自分自身も共に成長していきたいと感じている娘なので、
この点が「ドキドキ」のレベルの高さなのかもしれませんよね。

歴代プリキュア達が一年かけて学習した事を既にまだ第7回辺りで自然と身についているのだから
一体現役プリキュア達は、どこまで進んでいくのだろう・・・??

先ほど「フレッシュ」の話が少し出ましたが、
ドキドキとフレッシュは全体的に少し似ている要素もあるのかなーとも
思いました。




何となくですが、相田マナは、出来の良い「桃園ラブ」という感じもしなくはありませんし、
ラブに頭の良さとスポーツ万能、周囲からの圧倒的な人望を加味したのがマナかなとも思います。
だけど、おせっかい焼き・正義感の強さ・優しさと強さは両者に共通と言うか、
歴代プリキュア達と重なる部分なのですけどね・・・

フレッシュとの共通点を見てみると・・・

〇プリキュアが4人構成で、3人が幼馴染で一人が異次元出身

〇主人公の名前

 ラブ→「愛」を意味する
 マナ→ 漢字表記だと「愛」

〇ピンク系のおじいちゃんが共に江戸っ子気質

〇妖精に「赤ん坊キャラ」が登場し、日々成長していく

〇ピンク系の父親は共に婿養子

〇変身時にハートのマークを指で表現する

〇四葉財閥対御子柴財閥みたいにとてつもない「財閥」が登場する。

〇ラブ・マナ共におせっかい焼きで、他人への共感度が群を抜いている。

全体的な印象としては、デザイン的には何か共通するものが多いのかなーとも感じます。
キャラデザイン担当は違うのですけどね・・・

話は違いますが、ドキドキの場合、妖精4人の間にも何となく先輩後輩関係らしきものが
ありそうで面白い所です。
シャルル・ラケル・ランスはまだどちらかというと子供なのに対して、
ダビィという年長者がどのように彼らを統率するのか、又は仲間としてまとまっていくのか
その辺りもじっくりと見ていきたいと思います。

 | BLOG TOP |