FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前にも書いた事がありますが、クラシック音楽界で20世紀最大の「耳に残るメロディー作曲家」は
ハチャトゥーリアンの「剣の舞」(バレエ音楽「ガイーヌ」より)
だと思います。
だて、この曲恐らく100人中98人以上は「あれ、どこかで聴いた事がある」と思うに違いないと
感じます。
同じ質問の第二位は、恐らくカバレフスキーの組曲「道化師」より、Ⅱ.道化師のギャロップかなと
思います。
この曲は、よく運動会のBGMの定番中の定番ですし、テレビのBGMでも
子供が走っているシーンの音楽などとしても良く耳にします。
この曲は、恐らく誰しも一回は聴いた事があるメロディーだと思います。

だけど、この曲の作曲家は誰?とか、何という組曲の中の一つの曲なの?と聞かれても
知っている人はあまりいないと思います。

意外かもしれませんが、
組曲「道化師」の全曲を収録したCDも意外と少ないですよね。
自分自身も最近まで、サヴァリッシュ指揮のCDしか手元にありませんでしたが、
Chandosレーベルより、ピアノ協奏曲第二番と組曲「道化師」が収録されたCDを入手できて
やっとこの曲のまともな演奏を聴くことが出来ました・・・

でもこの曲は、現代音楽バリバリの20世紀前半に作曲されたとは到底思えない程
「親しみやすさ」が前面に出た曲です。
こんなに分り易いクラシック音楽は他にないとさえ思えるくらいです。
単純明快なメロディーと展開、難しい部分は皆無です。
Ⅱの「ギャロップ」ばかりが有名ですが、
Ⅰの「プロローグ」とかⅨの「スケルツォ」とかⅩの「エピローグ」も聴いていて
本当に楽しさ満点で、聴くだけでとてもハッピーな気持ちになれます。
個人的には、Ⅵの「リトルリリカルシーン」も50秒足らずの短い曲なのですが、
本当に抒情性たっぷりのうっとりとするメロディーですので、是非一聴をお勧めしたいです。
Ⅹの「エピローグ」もピアノを効果的に使用して所は、現代作曲家らしい所かな・・・??

この曲の生の演奏を聴いた事は一度しかありません。
外山雄三指揮/N響の太田区アプリコでの演奏会が今まで唯一この曲を全曲で聴いた機会です。
というか、この曲は誰が演奏しても楽しく弾けるし吹けると痛感したものです。

自分自身も吹奏楽アレンジ版ですが、この曲を抜粋と言う形で
高校二年の定期演奏会で演奏しました。
Ⅰ・Ⅱ・Ⅴ・Ⅸ・Ⅹの抜粋でしたが、吹いていて技術的に大変と言う個所は一か所もなく、
その分有り余ったエネルギーを他のプログラム曲(荘厳序曲「1812年」)にぶつけられましたので
その意味ではとても良い選曲でした・・・
Ⅴの「パントマイム」は、あまりにも単純な構成と簡単な譜面でしたので、練習をした
記憶がないくらいです・・
だけど、実際の本番にて、Ⅸの「スケルツォ」で、伴奏の後打ち部分をかなりトチッていましたので
練習不足の天罰というものが当たったのかもしれませんね。
スポンサーサイト



最近、J.カーナウの曲は支部大会でも全国大会でもあまり耳にすることは
少なくなったような気がします。
この作曲家自身、特に作風に目立つ個性がある訳でもないのですが、
良く言うと「親しみやすい旋律」・「演奏効果のある曲の構成」という感じで
吹いていてとても楽しい作曲家だと思います。

カーナウの曲が全国で演奏されたのは、
81年のNECと83年の松山市民が取り上げた「交響的三章」と
86年のNECの「オーストラリア民謡変奏組曲」くらいなのかな・・・

個人的には、
「歓喜~我らが神は固き砦による幻想曲」とか
「喜びの翼」
なんかは結構いい曲だと思います。

だけど、カーナウで一番好きな曲は「交響的三章」かな・・・
高校生ぐらいの時、三善晃の「交響三章」とこのカーナウの曲をしばし混同し、
周囲の失笑をかっていたのも何か懐かしい思い出です。
(作風が全然違いますけどね・・・)

カーナウの「交響的三章」はどちらかというと、鳴る曲ですし、
比較的金管楽器が主体となってメロディーを展開する曲です。
第二楽章のしっとりとした歌や呟くようなオーボエのソロも魅力的ですが、
第三楽章の金管楽器の豪快なメロディーは、この曲にはまると結構「ドツボ」なのかも
しれませんよね。
第一楽章のファンファーレ的な展開も悪くはないかも・・・

演奏時間も8分程度で、コンサートのオープニングでやるには結構最適な曲かも
しれませんし、
第二楽章を少しカットすれば、コンクールの自由曲にもいいかもしれません。

だけど、この曲すっかり忘れられているからなー・・・

 | BLOG TOP |