FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年で社会人生活も26年目に突入するのに、どうして社会人として1年目の年が
これ程記憶に切り刻まれているのでしょうか?
勿論2年目~26年目の間、毎年毎年色々な出来事がありました。
だけど、なぜか新社会人としてのこの年が妙に印象に残っているのです。

新社会人1年目の頃、特に入社して間もない頃って
何か机に座っていても妙に落ち着かないし、
別に特に仕事を任されていた訳でもないし、
ただ何か妙に緊張していたという感じなのです。

それは、今となっては何かすごーーく「甘酸っぱい」感じなのですけど・・・

社会人1年目の年が1988年だつたから、余計にこの年のコンクールも記憶に残っているのかも
しれませんよね。

〇野庭高校

 一言で書くと「個性豊かなやりたい放題の演奏」です。
 大体、あの課題曲D「カーニバルのマーチ」をppからffに極端にクレッシェンドを掛けていく
 チームって野庭以外聴いた事がありません。
 自由曲「春の猟犬」も同様にホルンなど、ネリベルの「二つの交響的断章」並みに
 強烈な音の落差をつけていましたからね・・・
 結構好き嫌いと言うか、評価の分かれる演奏だったのではないかと思います。

 だけど、自分はこの演奏は結構好きです。

 この年は、課題曲AとDを選んだチームしか金賞を受賞していませんけど、
 Aの方は、ダフクロ・海・サロメといった官能的な曲を音楽的にかっちりと聴かせてくれる所が多く、
 Dを選んだチームは、「あっ」と唸らせる技術力の高さで金賞をもぎ取ったという
 印象があります。
 そんな中で、唯一といってもいい位、「音楽」を自分達のものとして自分達自身も聴衆にも
 「音楽をする楽しみ」を感じさせたのは、この野庭高校だったと思います。
 特に「春の猟犬」は、聴いていて、ワクワクするくらい、確かにクセはあるのだけど
 楽しいものはありませんでした。
 中間部の歌もたっぷりと抒情性豊かに歌い込み、後半のアレグロもラストに向けての追い込みも
 見事としか言いようがなく、
 文句のつけようがない演奏だったと思います。
 個人的には、この年の高校の部のNo.1だと思っています。
 (前年の1987年のNo.1は習志野かな・・・)

 だけど、野庭のリードを演奏しての全国大会出場はこれで最後となります。
 アルメニアンダンスパートⅠ⇒ハムレット⇒オセロ⇒春の猟犬という「黄金の流れ」と
 なっていたのですが、
 翌年から3年間は、やや伸び悩みの時期に入り、
 1992年から全国大会に復帰するのですが、それ以降はアレンジ路線になってしまい、
 以前の野庭の「自由奔放さ・躍動感」がすっかり影をひそめてしまい、指揮者の中澤先生の
 厳格なコントロール下、何か窮屈な音楽の展開になっていったのは
 何か少々残念な感じもいたします。
 (93年の「くじゃく」だけは別格・・・)

 92年以降は、
 何か、去勢されたみたいな「おとなしい」というか「飼いならされた」という感じでしたよね・・

 90年も「エル・カミーノ・レアル」というリードの作品で関東大会に臨んだのですが、
 何かしっくりこないノリが悪い演奏でした・・・
 この時、市川市の会場で、自分自身も関東大会を聴いていましたが、
 「何かイマイチ・・・」と感じていました・・
 後に「ブラバン・キッズ・ラプソディー」という本を読んでみると、この関東大会の前日に
 色々とドラマというか事件が色々あったのですね・・
 本番でもそれが多少は影響したのかな・・・?? 
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |