FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


オケの演奏会を聴く楽しみの一つは、曲によっては管楽器のソロがたまらなく魅力的という事が
多々ある事です。
(他には、ティンパニー以外の各種打楽器が多彩に使用される曲ですと、打楽器奏者の動きを
 見るだけでなんだかとてもワクワクドキドキしてしまいます・・・)

管弦楽曲のソロというと、何か知らないけど
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」の冒頭のファゴットの超高音域で開始されるソロを
思い出してしまいます。
作曲者としては、
「鳴らない音を必死で出そうとする感覚」が欲しかったとの事ですが、
奏者にとってはまさに「迷惑千万」という所ですね・・・

昔、と言っても確か1985年頃のある演奏会のプログラムですが、
「管弦楽の中のソロ楽器」と銘打たれたプログラムでして、

例えば・・・

〇オーボエ⇒イペール/交響組曲「寄港地」より、Ⅱ.チュニスからネフタへ

〇コールアングレ⇒ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」

〇ティンパニー⇒小山清茂/管弦楽のための木挽き歌

〇ホルン⇒R・シュトラウス/交響詩「ティル・オイレンシュピゲールの愉快ないたずら」

などが組まれていました。

他にどんな管楽器があったのか、その曲目は何だったのか、そもそも指揮者と演奏団体は誰だったのか等の
情報は、全然記憶にないので、あいまいなのですが、
お客の入りも左程良くない東京文化会館の夏の演奏会だったものの
とても楽しかった印象は残っています。

でもホルンやコールアングレなんか他にもっと適当な曲があるのでは?と今では思って
しまいますけどね。

だけどオーボエの「寄港地」については素晴らしい選曲だと思います。

イペールの「寄港地」は、これがまた素晴らしい曲で、目をつぶって聴いているだけで
何だか地中海周辺を旅行したような気にさえなる「地中海旅行記」みたいな
音楽です。
正直、Ⅰ.ローマからパレルモへは、あまり印象に残らないのですが
Ⅱ.チュニスからネフタへの音楽は、まさに「アラビアンナイト」の世界で、
いかにも怪しげなヘビ遣いが、ドロドロと壺の中からへびを出そうとしている妖しい音楽です。
正直、自分はこの曲でもって初めて地中海におけるアフリカの雰囲気を理解できたと
思っています。
Ⅲ.のヴァレンシアは一転してスペインの情熱的なカラッとした晴天の音楽です。
後半のカスタネット・タンバリン・シロフォーン・ドラを交えた音楽の高まりとリズム感は
本当に「情熱」そのものです。

個人的には、管楽器のソロの王様は、誰が何と言ってもオーボエもしくはコールアングレだと
思っています。
特にコールアングレの何か「けだるい」感じはとても大好きです。
このコールアンク゜レのけだるさをソロとして遺憾なく活用した曲の代表例として
ラヴェルのスペイン狂詩曲~Ⅳ.祭りの中間部をあげたいと思います。
あの真夏の夜のけだるさと怠惰さを十分官能的に表現し、私はすごく気に入っています。

だけど、ソロを吹く方は大変ですよね。

自分もわずか三回だけですけど、吹奏楽コンクール・文化祭・定期演奏会でソロを吹く機会が
あったのですけど、
自分の出番まで、正直「心臓バクバク」状態でしたもの・・・
高校3年の時、「スペイン奇想曲」~第3~5楽章を取り上げたのですけど、
当時クラリネット奏者だった自分達は、ソロを3人の奏者で三つの楽章ごとに分担し、自分は最後の
第五楽章を担当したのですが、他の二人は第五楽章の時には、自分の分担を終えて伸び伸びと吹いて
いたのに対して、自分は、とても楽しむ所ではありませんでしたから・・・

今でも顔から火が出る思いです・・・
スポンサーサイト



管理社会

「管理社会」というとあまり良いイメージが無いのは確かです。
何か日々監視されている、プライヴァシーが侵害される、情報漏洩が怖いなど
色々と問題点、解決すべき点はあると思います。

先日の閣議で「マイナンバー制度」(国民総背番号制度の導入が決定されましたが、
これは非常に良い事だと思います。
むしろ遅すぎたくらい・・・

自分が考えている「管理社会」とは実はもう少しそれを徹底させたものです。


国民一人一人に「登録番号」を生まれた時から持って貰い、
ここに「一元管理」と言う形で、

〇家族構成

〇学歴と学生時代の成績や学習態度の把握

〇全ての収入の把握と納税状況

〇これまでの懲罰関係の有無・CP活動における近隣との問題行動の有無

〇選挙・国民投票なとにきちんと行っているのか

〇資産状況~貯金・株式・土地など全ての資産を把握

などほぼすべての項目についてデーターを登録し管理するものです。

そもそもこれのメリットとは何なのでしょうか?

それは、CP社会においては、
一定の収入の保証がある代わりに、こうした最低限の生活を楽しむ権利を与える代わりに
「義務」は必ず果たして頂く、その前提としてあるのが
「管理社会」なのです。

例えば、働かなくても「一人一律毎月10万円程度」の収入を与え、それ以上の収入に対しては、
税率30~50%以上を課し、
失業者・勤労意欲はあっても中々働き口がない人・次のステップへ行くために、働きながら学習を
したい人のための「CP活動」(毎日一定エリアをチェック&パトロール巡回し、地域の防犯活動・見回り・
秩序維持・民事介入による紛争事前防止に貢献し、地域の住民が一律に例えば一ヶ月1万円以上の
CP維持費を支払い、CP要員の給与などの維持管理費に充当)を軌道に乗せるためには、
国民一人一人の正確な収入を把握し、
ある人にはどの程度の金融資産課税をし、
相続人には、どの程度の相続税を課したらよいのか、
勤労意欲はあるのに、職がない人の把握など
正確な情報収集と実態把握は必要不可欠だからです。

そもそも管理社会と言うものは、別に国民の自由を奪うのが目的であったり、
結果的に自由を奪うためのものでは全くの無意味なものになってしまいます。
そういうものではなくて、本来は、国民一人一人が最低限の生活を保証され、
安心感を持って生きる事が出来、将来の生活に不安感を持つことがないようするために
必要な制度が「管理社会」というものだと思います。

年金・失業保険・生活保護などの社会保険の一元化
        +
現役世帯にも最低限の生活を保証
        ↓
年金給付・社会保険などの歳出が減るが、それでも相当の「歳出」が伴う
        ↓
「管理社会」によって、国民一人一人の資産状況・収入を把握する事で
 収入・資産がある人に対しては、相応の負担をして頂く。
        +
CP社会(地域のチェック&パトロール活動による秩序の維持と雇用確保という二つのメリットの享受)

その代わりに、この社会の「義務」として
懲罰は徹底され、ルール違反者・税金逃れ・収入隠匿などは相当の重刑と財産没収が
課せられます。

要は「管理社会」と言っても、ルールさえ守れば別に怖くも何ともない制度であり、
国民の最低限の生活保証を維持するためにベストではないけど、次善的なものとしての制度という
側面もあると思います。
小川洋子さんの小説って、実はものすごく大好きで、
例のベストセラー小説「博士の愛した数式」が出るずっと以前から小川洋子さんの小説に
親しんでいた者にとっては、
「少し嫉妬心・・?」があるような気さえします。

小川洋子の小説って、ホント感想を書くのが難しいというか、
「それをどう感じるかはあなた次第」という作風の面もあるので、この話を読んで具体的に
どう感じたかを書く事自体何かナンセンスなような感じさえします。
作風がどちらかというと、グロテスクな反面、何かもやーーっと霧に包まれたような感覚もあり、
具体的な事件を下に具体的にグイグイとストーリーを展開していくわけではないので、
印象というか感想も、心の中で瞬間的に感じた極めて漠然としたものという
感覚になってしまいます。

それだけ感覚的な作風なのだと思います。

だけど、なんか20代後半の頃から、こうした感覚で遊ぶのが好きという事もあり、
グロテスクな描写、あまりにもぶっ飛んだ背景に時に閉口しながらも
結構昔から変わらず今も好きな作家の一人です。

小川洋子の作品で特に好きなのは、「密やかな結晶」と「六角形の部屋」かな・・・

「六角形の部屋」は、「薬指の標本」というこれまたグロテスクかつ瑞々しい作品と共に収録された
中編小説なのですけど、結構設定が面白いです。
色々な街で「語り小部屋」という小さな空間を持ち運び、この閉鎖された小さな空間で
有料で、一人の人間に中に入ってもらったうえで、自由に言いたい事、溜めている事、
口に出したいけど他人に聞かれたくない事などを語ってもらうというストーリーなのです。

あ、この話は別に悩み相談とか、その口に出したいけど他人に聞かれてもらっては困る話の内容
という具体的な話ではなく、その語り小部屋を巡る周囲の人達の話と言う
ものです。

最初にこれを読んだ時、単純に発想が面白いと感じたものですし、
登場人物の何かあまり現実感がないふわーっとした感覚に何だか自分自身も物語の中に
入り込んでしまったような錯覚を感じたものです。
※だけどこの主人公も、婚約者との婚約破棄・背中の痛みなど決して現実感が全くないという
 ものではないのですが、その現実感を生々しく感じさせない所がこの作者の
 スゴイところ・・・

ストーリーの本質とは外れてしまうかもしれませんが、
「語り小部屋」という発想には色々と考える事がありました。
確かに人は、他人にガツーンと本音をぶちまけてやりたいけど、今後の人間関係等を
考えるとそれが出来ない時、
誰かに自分の本心を打ち明けたいのだけど、それを語る相手がいない時など
この「語り小部屋」というものは有効なのだなーとも思ったのも事実です。
結局は、人間と言うものは、最終的に本音を語る事が出来る相手と言うのは自分自身だけ
そんな暗示も本作品ではしているのかもしれません。

最後には、この語り小部屋自体、次の街への移動という事である日突然消滅し、
呆然としている主人公で終わらせているのですが、
これも何か「人の最終的な孤独」を暗示しているのかもしれません。

小さな部屋に閉じこもって語るべき事とは一体何なのだろう・・・

それは「自分との対話」という事になるのでしょうけど、

そもそも「自分」ってどんな存在なの・・・??

色々と何か思いが交錯する小説ではありました。

心理学的に「カタルシス作用」っていうものがあるそうです。
人は「喋る」事によって、本音をさらけ出すことによって、気持ちが楽になるという事らしいです。
(凶悪犯が取り調べの際、自白すると死刑になってしまう可能性がある反面、白状する事で
 気持ちをスッキリ出来るというのと同じ理屈)

だけど、その本音を誰にも語る事が出来ない時、どうすれば良いのか・・・
吹奏楽のための「交響曲」というジャンルは、最近では全然珍しくなく、
色々な作曲家もこのジャンルに手を付けているのは素晴らしい事だと思います。
別に管弦楽団だけが「交響曲」を奏でる資格を有している訳ではないと思います。
要は、管弦楽団でも吹奏楽団でも、その表現方法とそれを表現する楽器の種別の違いの
問題であって、
表現する方法がたまたま管楽器+打楽器の吹奏楽であったという事でも
全然問題ないと思います。
というか、管弦楽曲を吹奏楽にアレンジして別の表現方法を楽しむという事の是非とは
次元が異なるのかなとも思います。

吹奏楽の交響曲の例として・・・

〇ジェイガー/吹奏楽のための交響曲第1番

〇バーンズ/交響曲第2番

〇フォーシェ/交響曲変ロ短調

〇オーエン=リード/交響曲「メキシコの祭り」

〇伊藤康英/交響曲

 ⇒確か二楽章構成だったと思います。異常に長いドラマチックな第一楽章と短めのアレグロの
  第二楽章で構成されています。東京佼成の東京文化会館での定期で初めて聴いて
  結構印象に残っています。

〇チャンス/管楽器と打楽器のための交響曲第二番

〇ギリングハム/管楽器と打楽器のための交響曲

〇メイ/交響曲第一番「指輪物語」

などなど色々ありますし、すっかりコンサートやコンクールのレパートリーとして定着したものも
少しはあるとは思います。

だけど個人的に一番大好きな吹奏楽の交響曲は、誰が何と言っても
パーシケッティーの交響曲第6番「吹奏楽のシンフォニー」に尽きると思います。

パーシケッティーは、管弦楽のための交響曲も色々と作曲していますし、
(確か第5番は、弦楽のためのシンフォニーだったかな・・・確かこの曲については、
 あのデュトワの指揮でCD化されていたと思いますが・・)
吹奏楽の分野でも「仮面舞踏会」・「ディヴェルティメント」・「ああ、涼しい谷間」など色々な
魅力的な作品を残しています。
この作曲家が1987年に亡くなった時は、結構ショックでした・・・

交響曲第6番は、音楽解説書風に書くと「新古典主義」的な作風です。
4楽章構成で、各楽章が短めながらも、全て引き締まって書かれていて、音楽に全く無駄がないと
感じる作品でもあります。
曲自体、全ての楽章に何か「霊感的なもの」・「インスピレーション」を感じるほど
独創的なアィディアが詰まっていて、音楽のおもちゃ箱、宝石箱みたいな楽しさもそこにはあると
思います。
第一楽章の小太鼓・トムトムで表現される何かせわしい感じの一方で大らかな空気も感じ、
第二楽章の一転してゆったりとした祈りのような歌の世界
第三楽章の「民謡」を思い出させるようなしみじみとした歌⇒何か懐かしい感じもします・・
第四楽章のメカニック的にアレグロなのですけど、突進する中にもスピード感や清涼感も
感じ取ることが出来、一気にクライマックスまで駆け上がります。

作風としては、確かに新古典主義時代のストラヴィンスキーにも何となく近いような印象も
あるのですが、
やはり全編を通じてのあの「霊感」はさすがとしか言いようがないです。

打楽器も、目立ってはいるのですが決して派手と言う訳でもなく、
ティンパニー・大太鼓・小太鼓・シンバル・タンバリン・シロフォーン・トムトム程度しか使用していないのに
管楽器を引き立たせる香辛料としての役割もさりげなく果たしている所が心憎いです。

演奏は、断然何と言っても
ハンスバーガー指揮/イーストマンが圧倒的お勧めです。
ライヴ録音とは思えない精密な作りに加えて、ライブ独特の高揚感も出ています。
他には、フェネルの東京佼成かな・・
この曲、残念ながらコンクールではほとんどお目にかかりません・・・
強いて言うと、81年の関東大会銅賞の都留文科大学と82年の東京都大会銅賞の創価大学くらいかな・・
でも都留文科の演奏はホント、ひどいですよね・・・
特に課題曲「イリュージョン」の出だしのひどさは、もはや「お笑い」の世界だとも思います・・
プリキュア5GoGoとドキドキの関連性を考えると、
共通性として、
人間界からのプリキュア+紫系の別世界のプリキュアから
構成されているという点だと思います。

ドキドキの場合、現役プリキュアですので今後人間界と別世界のプリキュア同士の
真の意味での絆が構築されていくのだと思います。

プリキュア5GoGoの場合、別世界のプリキュアとは言うまでもなくミルキーローズの事ですが、
こちらは、前作プリキュア5から既に「ミルク」という妖精の形で登場し、
のぞみやかれんさんとは一定の関係が既に構築されていましたし、
何よりも両者共に「パルミエ王国の復活」という当初の目的は完全に達成できていましたので、
2年目の5GoGoの時点では、既に自分達自身の問題は存在していなかったという事が背景に
あるのだと思います。

5GoGoの場合、それではどうやって一年間持たせたかと言うと、
のぞみ達にとっても、ココナッツミルクにとっても他人事の問題である
フローラからの「キュアローズガーデンの扉を開けて欲しい」という依頼に
関わったという事なのです。
言い換えれば、当事者にとっては全然関係のない話ですし、プリキュア5の時のような
パルミエ王国復活と言う自分達の問題ではなかったはずです。
(勿論、パルミエ王国の復活と言う話自体、のぞみ達には全然関係のない話ではありますが・・)
結局第一話で提示されたように、フローラからのぞみに対するお願いに応える形で
この5GoGoというストーリーが展開されていくのです。




でも、この時の対応がいかにものぞみらしくて、
フローラからの一見理解不能とも思えるお願いを
「この人、困っているから」との理由で簡単に「はい、わかりました」と即答してしまう辺りは
結構好きなシーンです。
同時に、そうしたのぞみを、りんちゃん・うらら・こまち・かれんさんの他のメンバーも
「えぇー」と言いながらも「仕方ないわね」と言ってさらっと受け入れてしまう事が出来るのも
やはり前作プリキュア5で、チームとしての信頼関係が完全に構築されていたという
事なのでしょう。

振り返ってみると、
プリキュア5では、かれんさんが当初妖精の蝶からプリキュアになる事を拒絶されたり、
りんちゃんとかれんさんの不和が色々な場面で散見されたり
のぞみのアホ振りにかれんさんが切れかかったり
最終的には第23~24話のときのようなプリキュア5の分裂という深刻な事態にも
なってしまいます。

だけど、これを乗り切ってきてからこその、5GoGoでの安定感があったのでしょう・・・

5GoGoでは、前作で色々あった時のようなメンバー間の相互不信・お互いの違いや個性の非尊重などは
全く見られず、安定した関係を維持していました。

逆にそれが少し物足りないのかなとも感じる時もありますが、その辺りは
ミルキーローズやシロップといった新戦力が時に色々かき乱してくれたので、
十分一年を通してのストーリー的な面白さを維持出来たのだと思います。

当初、プリキュア5GoGoに移行する際に、制作者サイドから
新鮮さを出すためにも、こまち・かれんを卒業させて、新戦力を新入生から入れたらどうか?という
案もあったらしいのですが、
「プリキュア5は、のぞみ・りん・うらら・こまち・かれんだからプリキュア5」という事で
現役続行になったらしいですが、
これは大正解だと思います。

 | BLOG TOP |