FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


ドボルザークの交響曲第8番は、音楽愛好家からはよく省略されて「どぼはち」なんて
呼ばれることがあります。
では、6番なんかは「どぶろく」なんては、呼ばれる訳ないですよね・・・

自分が高校生の頃、よくこの交響曲は「イギリス」なんて表記される事が多かったのですが、
別に作曲者自身が「イギリス」とかイギリス国内の自然等を意識したものでもなんでもなくて、
単に出版社がイギリスだったからという理由だけらしいです。
日本フィルのサンデーコンサートでよくこの交響曲が演奏されるのですが、
その場合、なぜか「自然交響曲」なんてタイトルが付けられることもありました。

でもこの交響曲は、本当に分り易くて親しみやすくて素敵ですよね。

第一楽章のゆるやかな出だしとトロンボーン3本のユニゾンで俄然盛り上がる中間部
第二楽章のゆったりとした歌、第3楽章のなんかなつメロみたいな素朴さ
終楽章の行進曲みたいな感じ
どれも味わい深くで好きです。
特に終楽章のトランペットのファンファーレで開始される部分は印象的です。
中間部でいったん静かとなり朗々と歌われる中、ラストは一気に駆け上がって終わる感じも
中々いいと思います。
それと、第一楽章のフルートソロも何かうっとりする感じです。
個人的には、ジュリー二とヤルヴィ指揮の演奏が気に入っています。

だけどよく言われる事ですが、
この終楽章の中に「黄金虫は金持ちだ」のメロディーがしばしば登場してくるのは
何か笑ってしまいますよね。
私、その辺の事よく分らないのですが、「黄金虫は金持ちだ」っていうのは
元々日本の俗謡なのですかね、それとも外国の何か俗謡の一種なんでしょうかね??

タモリ倶楽部の「空耳アワー」ではありませんが、
よーく聴いてみると何となくそれっぽく聴こえる曲の例としては、
R・シュトラウスの「アルプス交響曲」がウルトラセブンのメロディーとよく似ているのが
その代表例なのかな・

実は、高校に入学して、吹奏楽部に入部した際、
毎年5月に定期演奏会を開催するのですが、
(当然新入生はその演奏会には出られません・・)
先輩たちが、クラシックアレンジステージで演奏した曲目が、
ダッタン人の踊りとこのドボルザークの交響曲第八番第一楽章でした。
だから、この「ドボ8」は自分にとって親しみがある曲なのかもしれません。
だけど、この曲の打楽器はティンパニーだけでしたから、ティンパニー奏者以外の打楽器奏者は
全員ヒマ死に寸前っぽかったのは何か妙に印象的でした。
その分「ダッタン人の踊り」で全エネルギーを爆発させていましたけど・・・
スポンサーサイト



1988年当時の金融機関は現在のように完全週休二日制ではありませんでした。
確か第二、第三の土曜日だけ休みで、
それ以外の土曜日は12:00までの営業だったと思います。
完全週休二日制に移行したのは1989年以降だったかな・・・?
第二・第三土曜も、ATM当番と言って、万一ATMコーナーに金券詰まり等のトラブルが起きた際の
対応要因として、上席-一般行員がペアになって待機出勤という事がしばしばあり、
あの当時は週休一日制というのが実態だったと思います。

当時の日本はまだ、大企業でも完全週休二日制が定着している会社は少数派だったと
思います。

だけど、ATM当番で出勤した場合、その月内の平日に代休を取ることが出来たため、
平日休みでのんびりする方が好きだったため、
結構他の先輩達に代行して当番を引き受ける事も多かったです。

〇浜松商業

 この年は一段と音色が絹のように柔らかく、サウンドが「ふわっ」としている感じがしました。
 それが自由曲「コッペリア」の特徴と合っているようには思えましたが、
 何かサウンド自体「もやーっ」としたものがあり、音に芯がないような感じもし、
 前年程サウンドに切れ味・抒情性が感じられず、
 銀賞どまりになってしまいました。
 音色が美しいだけに少し残念でした・・・

〇下松高校

 85年~87年は全て銅賞でしたが、この年「セントアンソニーヴァリエーション」で初めて
 銅賞以外の賞を受賞しました。
 前の団体(高岡商業)と同じ自由曲でしたが、下松の方が
 自然で無理のない解釈&演奏をし、
 「手作り感のある温かい音楽」を聴かせてくれ、技術的にはるかに優れている高岡商よりも
 かえって好感度の高い演奏を聴かせてくれました。
 成績発表の際、「銀賞」と発表されると、この学校の生徒さん達から
 「わー、やったー」という嬉しい歓声があがっていたのは、何か微笑ましいものが
 ありました。

 | BLOG TOP |