FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


実は最近まで知らなかったのですが、
「ドキドキプリキュア」のマナ・六花・ありすのパートナーの妖精達(シャルル・ラケル・ランス)は
兄妹だったのですね。
シャルルは長女、ラケルが長男、ランスが二男と言う設定らしいです。
それを聞いて、「あ、なるほど」とも思いました。
比較的しっかり者の長女・長男、少々幼い二男という感じが、これまでのシーンと合わせると
合点がいきます。

となると、ダビィはとこの三匹の妖精達の接点はどうなのでしょうか・・・?
元々「先輩妖精」としての認識があるのか否か
ダビィ+ソードとプリキュアとしてのチームとして合流する際、
ダビィは、この三人をいかに統率していくのか・・・
ダビィは、本当にソード(剣崎真琴)の敏腕マネージャーなのか、
前半にして、色々と興味深いシーンが出てきたような感じがします。

だって、急がないと、少しは「ドキドキチーム」としての連携をつけておかないと、
オールスターズDX2との整合性が取れなくなってしまうよ・・・??

それにしても、第五話の終盤で、マナに手紙を届けた「ネコ」って何者なんでしょうかね・・?
何か一見「ハミィ」にも見えたのは、気のせいなのでしょうか・・??
それともダビィは、敏腕マネージャーの他にも色々と化ける事が出来るという設定
なのでしょうか??





それにしてもラストのマナと真琴の握手と会話のシーンは、今後のドキドキの方向性を示唆するような
感じで興味深かったです。

マナは、前半場面の真琴に対する一方的な思い込みと衝動的行動が示す通り、
正義感が強く、これと思い込んだら猪突猛進するタイプなのですが、
それだけだと敵方の「ジコチュー」との違いはどこにあるのかという疑問も出てきてしまいます。
それゆえ、今後の課題として
①相手の気持ちを考える事、仲良くなりお互いの信頼を得るためには、まず相手の気持ちを
 適切に理解する必要がある事に気が付く事
(ハートキャッチのえりかがもも姉に「あんた、相手の気持ちを考えないでズケズケ言っちゃう癖が
 あるのだから気を付けないと。誰もがえりかのような人ではないのだから・・」と言われた事と
 似たような構造かな・・)
②「皆の笑顔を守る」という目標に向かって行動するには、どうすれば良いのか・・?

が出てきたと思います。

同時に、

真琴にとっても
プリキュアとして⇒トランプ王国の復活
人間界のアイドルとして⇒皆に自分の歌を聴かせたい
という目標があり、これに「自分の仲間との信頼関係の構築」というテーマを
どう展開させていくのか・・

六花さんにとっても、

マナを自分よりも一段上の目標として設定しているが、どうすれば自分自身もマナと一緒に
飛躍が図れるのか・・

ありすは・・・・・・・??

とにかく初期段階でこれだけ「ドキドキ」させてくれた訳ですから
今後いかに更に自分のハートをドキドキさせてくれるのか
興味津々です。
スポンサーサイト



本日の埼玉は、昼間の気温は15度前後とかなり暖かく、車に乗っていても
暖房は不要なほど、暖かい一日となりました。
今週後半は、20度前後にまで気温が上昇すると聞いていますが、
それが本当ならば、これ程嬉しい事はありません。

早く春になってほしいものです。

思う事は、昨年2012年の冬が異常に寒かったことと4月に入っても全然暖かくならず
4月の下旬近くまでコートが手放せない日が続き、
寒がりな自分としては、本当に困った春でした・・・
だから、今年に関しては「寒さに関してはピークを過ぎた」という情報を信じたいし
これ以上寒いのは、「もう無理」という感じなのです。

子供の頃は、東北生まれ・東北育ちという事で「寒さ」には弱くはなかったと
思います。
あの頃は、中学・高校と雪が積もっても気温がマイナス5度前後でも平気で自転車通学をし、
中学の時は、制服の上に薄いウィンドブレーカーをはおるだけでしたが、
「寒い」という意識は皆無だったと思います。

寒さに弱くなってきたなと意識するようになってきたのは、35を過ぎてからですね。

その頃は、一日中「モデルハウス」内に留まり、来場したお客様に対する接客~営業展開を
する仕事でしたが、営業展開する際もほとんどが自家用車での移動でしたし、通勤も全て
車でしたので、外の寒気に接する機会が、
それまでの金融機関での営業活動(バイクや自転車での移動が主流)に比べて激減
していましたので、この辺りから寒さに対する免疫が薄れていったのかも
しれません。

現在は、本当に「寒がり」となってしまいました。

結婚当時、うちの奥さんが冬は布団に丸まり込み中々室外に出ようとしない様子を
「ミノムシ」といってからかったこともありましたが、
今では自分が「ミノムシ」と対して変わらなくなり、
冬でも夏でも寝る時は靴下をはかないと足元がギンギンに冷え込んでしまうし、
外に出る時は、6枚ぐらい着込むというスーパー厚着になってしまうし、
夜は布団にくるまってしまうという感じになっています。

「冷え性」なんでしょうね・・・

対策として、あるお客様から「生姜湯」と「黒豆茶」を勧められ、試しに飲んでみた所
かなりの効果はあったと思います。
だけど、これは永続するものではなく、せいぜい持続効果は2時間程度かな・・

抜本的な対応策としては、体質改善なのかな・・・??
ピアノ協奏曲のジャンルでは、生演奏会で一番多く聞いた曲は、恐らく

〇チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第一番
〇ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第二番
〇ショパン/ピアノ協奏曲第一番
〇ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲

のどれかだと思います。
(別に記録を付けている訳ではないので、今となっては詳細不明・・)

何となくチャイコかショパンのどちらかだとは思いますけど・・・

でもショパンのピアノ協奏曲第一番って、ホント「青春の甘酸っぱい」感じ満載の曲ですね。
異常にながいオケの序奏部分
第二・第三楽章に比べて長すぎるようにも感じられる第一楽章
(同じ事は、チャイコにも言えるのですけど・・)
「ロマンス」というタイトルにぴったりとしか言いようがない第二楽章の甘美さ
「優しい決別」みたいなフィナーレ
いずれの楽章も心に優しく響く音楽で、自分としては、この曲を聴く度に何か「優しい」気持ちに
なれそうな気がします。
自分としては、第二楽章の後半のピアノソロ部分をそれを支えるオケの伴奏部分の
優しい対話に何か毎回聴く度に「じーん」とします。
普段、プロコフィエフとかショスタコばかり聴いていると、たまにこういう単純で優しい甘い
音楽に触れると、何か「はっ」とするものはあります。

個人的には、若い頃のアルゲリッチソロの演奏にすごく魅かれるものがあります。
他のピアニストにはない、独特のタッチが随所にあり、
この曲に対する造詣の深さを感じとります。
日本人の演奏では、仲道育代さんのビクター盤が好きです。
この曲の生の演奏は、それこそ腐るほど聴いていますが、
正直あまり「これぞ!!」と絶対的にお勧めの演奏はありません。
強いて言うと、1996年9月の読売との共演の小山実稚恵さん位かな・・・

だけど、生の演奏で最も印象に残ったのは、
1996年のデュトワ指揮/NHK交響楽団 ピアノ/アルゲリッチの奇跡的な顔合わせの演奏かな・・
ご存知の人も多いと思いますが、デュトワとアルゲリッチは元夫婦で、
確か70年代に二人がN響との共演で来日した際、成田空港で壮絶な夫婦喧嘩の末破局したとの
事ですが、この時の演奏は、その時ドタキャン公演以来の「幻の演奏会」の再現と
クラシック好きな人の間では、結構話題になったものです。
確かこの時のN響の演奏会は、「リスナーが選ぶ、ベスト曲目投票」で選出された曲目で、

〇道化師の朝の歌

〇ショパン/ピアノ協奏曲第一番

〇幻想交響曲

で構成され、アルゲリッチは、ショパンのソリストとして出演していました。

で、演奏はかなり素晴らしかったです。
若い頃のタッチとほとんど変わらず、外見は魔女みたいに老けていても
感性はあまり変わっていないかのような演奏で、私は結構エキサイトしました。
演奏終了後、意外と深々とペコペコ頭を下げているアルゲリッチの姿に何か多少の意外感は
ありましたが・・・

ショパンのピアノ協奏曲第一番は、第一番という表記がされていますが、
実際は第二番の方が先に作曲されています。
第二番は、第一番と大体似たような構成・感じなのですが、一番のメロディーの豊かさには
足元にも及ばないと思います。
ただ、第三楽章後半でホルンのファンファーレみたいなものも出てきて、
オーケストレーションが下手で有名なショパンにしては、幾分凝った感じにもなっています。

よく第一番は、オーケストレーションが貧弱とかオケとの掛け合いの魅力が皆無とか
伴奏付きピアノ曲の領域とか悪口を書かれることも多いこの曲ですが、
ショパンらしい線の細さや優しさを出すには、この位のバックでないとその「瑞々しさ」を醸し出すのは
難しいと思うので、自分としては、特にこのオーケストレーションで十分だと思います。
※近衛文麿呂氏自身による編曲もあるとの事ですが、聴いた事がないのでそれは興味があります。
ただ、第一番は基本的に二管編成なのですが、ホルンが4に対して、トロンボーンが1という
やや変則的な編成でもあります。

何かこの曲のソリストは男やおばさんにはあまりやって欲しくはない感じもあります。
やはり10代~20代前半の可愛いソリストが演奏すると、多少演奏は拙くても
許せちゃう感じがする曲でもあります。
チャンスって比較的現在でも演奏されているのはとても嬉しいです。
特に「朝鮮民謡の主題による変奏曲」はいまだに根強い人気がありますし、
コンクールにおいても支部大会はもとより、全国大会でもいまだにこの曲が自由曲として
選曲されている事はオールドファンとしては
本当にうれしい限りです。

「朝鮮民謡・・・」はやはり「アリアン」というどこかで聴いた事がある親しみがあるけど
どこかもの哀しいメロディーを本当に巧みに変奏展開している所が人気の秘訣なんでしょうね。
そして各種打楽器をふんだんに且つ効果的に用いている所が視覚的にも聴覚的にも
はまっているのかもしれません。

94年の福岡工大付属もこの曲を自由曲として演奏し、素晴らしい演奏を展開してくれましたが、
課題曲が長い年という事もあり、大胆なカットがあったのは少々玉のキズ・・・
(仕方がないけど・・・)
個人的には、評価は銅賞なのですけど86年の金津中学校の演奏が
とても印象に残っています。
リズムのノリが良いし、表情が極めて自然でのびのびと演奏している所に
とても好感が持てます。
そう言えば、兵庫高校時代の吉永陽一先生も70年代にこの曲を演奏していましたね。

チャンスは、作曲家として脂がのっている頃に不慮の電気接触事故で亡くなっているのは
大変悔やまれるものがあります。
偶然かわかりませんが、亡くなる直前の作品に「エレジー」という哀感漂う作品があるのですが、
一度フェネル指揮/東京佼成の大宮ソニックでの演奏会で聴いた事があるのですが、
不思議な曲です。
特に「死の香り」というものは感じませんが、全編に「慈悲深い哀愁」が漂い、
何か妙に印象に残っています。
何となく近い作品としては、リードの「イン・メモリアム」という作品に近いものがあるなーとも
感じました。

だけどチャンスと言うと、自分としては最も大好きな作品は、
管楽器と打楽器のための交響曲第二番です。
タイトルは長いけど、要は吹奏楽のための交響曲です。
(管楽器と打楽器のための交響曲というタイトルだと、最近だとギリングハムの方が
 有名なのかな・・? 磐城高校の名演が記憶に残っているけど・・)
だけど、この曲、タイトルに打楽器と記されている割には打楽器の種類は少なく、
ティンパニー・小太鼓・大太鼓・ドラ・グロッケン・シンバルくらいしか使用されていません。
チャンスは、前述の「朝鮮民謡・・・」とか「呪文と踊り」では各種多彩な打楽器が曲に
スパイスを与えているけど、この曲では打楽器よりはむしろ管楽器の扱い方に「巧みさ」を
感じてしまいます。

実は、この曲はずーーっと全曲を一度聴いてみたいと思っていたのですが、中々そのチャンスに
恵まれず、自分が学生時代には、この交響曲の全曲盤の録音も見当たらず、
コンクールで聴いた第二・第三楽章しか知らなかったので、第一楽章ってどんな展開なんだろうと
ずっと気になっていました。
(最近では全曲版のCDも出ていて普通に購入可能です)
1989年の板橋区吹奏楽団(当時の音楽監督は、豊島十中の酒井正幸氏)の定期演奏会で
この全曲版が演奏される事を知り、聴きに行ったのがこの曲を知るきっかけと
なったのでした。

第一楽章は、どちらかというと、「静かなエネルギーを秘めている」というような印象です。
第一楽章の主要メロディーは、第二楽章のメロディーとほぼ被っていますので、
新たな発見は特にないという感じでしたが、その静かな内面的エネルギーには
思わず勝手に「予感」というタイトルを付けたくなるような印象がありました。
この曲の最大の聴きどころは、第三楽章のティンパニーのソロですかね。
あのソロはティンパニー奏者にとって「相当の腕の見せ所」でありますし、何よりもかっこいい
ですよね。
ヘビのようにうねるような感じの管楽器の掛け合いも見事です。
最後の和音の伸ばしも、中東的な色彩も感じられ大好きな部分です。

板橋区吹奏楽団も、吹奏楽コンクールは確か89年が初出場だったと思うのですが、
当時の一般の部の御三家、乗泉寺・豊島・葛飾の牙城を切り崩し
このチャンスの「管楽器と打楽器のための交響曲第二番」を自由曲として臨み
銀賞入賞を果たしたのは立派だと思います。

84年の大曲吹奏楽団も割と印象に残っている演奏ですが、
個人的な見解としては、コンクールにおけるこの曲の最大の名演は
82年の関東大会の法政大学第二高校の演奏だと思います。
惜しくもダメ金で全国には行けませんでしたけど、あの演奏は、
神秘的というか何か「気迫」が隅々まで伝わってきて、背筋が凍るような緊張感漂う
名演です。
この時の録音の音源はもうないのかな・・・??
(一応自分は当時のトラヤの音源テープを持っていますけど・・)

 | BLOG TOP |