FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/3の「ドキドキプリキュア」は久しぶりにキュアソードの登場でした。
でもあの強いけど無愛想な感じは、かつての「キュアムーンライト」を何だか連想
させられてしまいます。

歴代の中でも「紫系プリキュア」は、ミルキーローズ・キュアムーンライトの先輩達に
見られるように、何だか「上から目線」の人が多いのでしょうかね・・・?
ま、「紫色」自体昔から神聖な色という感じでしたし、やはり紫系はそういうキャラに
なってしまうのでしょうかね。

だけど、何か一つ気になった事があります。

まこピーのマネージャーって、もしかしてあの流れからするとダビィなのでしょうかね・・・??
妖精が人間体に変容するっていう設定は、
プリキュア5のココナッツミルク+シロップとスイートのセイレーンくらいですが、
もしかしてダビィも、ココナッツのように大人的な視線から、プリキュア達を色々と背後から
心理的にサポートする役割を担っていくのでしょうかね・・?

もう一つ興味深かったのは、マナの心情です。
マナは、なぎさ・のぞみ・ラブのようにどちらかというと、頭で考えるよりも先に行動してしまう
「暴走系」なのですけども、歴代の先輩方と異なり、
暴走した後も「反省」⇒失敗を次に活かせる聡明さが備わっているという事なのでしょう。
同時に、最初にまこピーの「なぜ歌うのか」・「プリキュアとして戦う意味」を全く理解しないで
単なる一ファンとして楽屋に押しかけた行為は、ある意味怪物の「ジコチュー」と同じような感覚
なのでしょうけど、その後に握手会でのシーンのように
真琴とマナが目指している方向は全く同じという事を踏まえた上で、真琴に謝罪した事は
今後の「ドキドキ」の方向性を示唆するものかなーとも
思います。





だけど真琴は歌がうまいですよね。

確かに中の人は、プリキュア5のエンディングテーマを歌っていた人なのですから
当然なのでしょう。
だけど、プリキュア5の時は、
「実際の年齢に比べてよくあんな子供っぽい歌声を出せるもんだな」と妙に感心していたものなのですが、
その5年後に、まさかその方が本物のプリキュアになってしまうとはね・・・
何だか、昨年の「スマイル」の時のように、
ダークプリキュアが本物のプリキュアになった時と同じような感覚ですよね。
スポンサーサイト



1988年は社会人になった年で、正直最初の頃は自分で言うのも何ですが「使い物にならない人材」・
「即戦力外」という感じだったのではないでしょうか・・・??
あの頃は、「えー、何で自分はこんな事も出来ないの・・?」とひたすら自己嫌悪の日々でしたね。
だからこそ、この一年間はある意味すごい濃密な時間だったようにも
思えます。
1989年から、最初に入行した金融機関の破綻までの約12年間は、「慣れた」というせいもあるのでしょうが、
何か「あっという間に通り過ぎた」という感じです。

1988年当時は船橋市内の会社の寮に入っていました。

5畳程度の窮屈な部屋でしたし、湿気がじとじとするあまりいい感じの場所ではありませんでした。

1988年の全国大会の時は、友人と一緒に聴いたのですが、そいつが「金がない・・・」との事で
そんな5畳程度の寮に押しかけ、男同士で5畳の部屋で寝泊まりした事は
今となっては懐かしい思い出です。

〇天理高校

 新子先生が赴任され、丁度10年目の年だつたと思いますが、この年までは87年のロメジュリ以外は
 ほぼ一貫してオリジナル曲を自由曲にしていた事は、高く評価されるべき事だと
 思います。
 課題曲の緻密さは当日聴いた中でもNo.1に近いと思える位ほぼ完璧な演奏でした。
 自由曲の「ディオニソスの祭り」もほぼ完璧な演奏で、全く文句のつけようがないという
 感じです。
 だけど一つ難を言うと、「音質がメタリックで硬質な感じ」なのが少しひっかかりました。
 ゆったりとした部分はいいのだけど、アレグロの強奏部分になると、その硬質な音が何か
 ヒステリックに響く感じもし、少し印象を「きつい」ものにした事はマイナス点かなと
 感じました。
 この年を最後に、しばらくの間天理はオリジナル路線を離れる事になります。
 90年のショスタコの5番あたりから、急にサウンドがやせ細ったような感じになったのは
 なぜなんでしょうかね・・・?

〇柏高校

 内面的に優れた演奏だったと思います。
 偶然かもしれませんが、この年同じ千葉県の一般の部の市川交響も同じ「海」を自由曲として
 選んでいましたが、どちらも演奏自体はかなりセーブして、
 溢れて出る感情をギリギリまでコントロールし、最後の方で一気に気持ちを高めていくような
 解釈だったのは面白い所です。
 柏の「海」も、日本海の荒々しい海と言うよりは、
 房総半島とか伊豆半島の穏やかな海という感じの「暖かみのある海」という印象でしたが、
 そこに指揮者が上手に奏者をコントロールしていく図式が垣間見えました。
 一見「控え目」に感じるかもしれませんが、
 ラスト近くで「たまりにたまったものを爆発させるような」感覚もあり、
 聴いていて非常に面白いものは感じました。
 CDで聴いてみると、「静」と「動」が割と上手くコントラストされているなーとも
 感じました。

〇洛南高校

 うーーーん、評価は「金賞」なのですけど、個人的には苦手なダフクロです。
 「厚化粧!!」この一言で済みそうな演奏としか言いようがない所が 
 あまりにも演奏として「痛い」・・・
 奏者の気持ちは買うけど、サウンドがあまりにも分厚い上に、感情がドロドロし過ぎと言う
 印象しかありませんね。
 自分も男子高校出身だからよく分るのですが、
 男子高校って、今まで金管だった人が初心者としてクラリネットにコンバートされるパターンが
 多い訳で、そうした学校の場合、大抵クラリネットセクションはああいう吹き方と音の出し方に
 なってしまうのですよね。
 (言葉にするのは難しいけど、音がこもったというか膨らんだような吹き方と音質)
 洛南の金管セクションは優秀なのだけど、クラリネットセクションとの落差が大きすぎるため
 何か毎回毎回違和感を感じてしまいます。
 それがうまく機能した数少ない例は、
 92年/ダンスフォラトゥーラ
 01年/アメリカの騎士
 あたりなのかな・・・??

 | BLOG TOP |