FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回1982年の亜細亜大学の課題曲D「サンライズマーチ」は圧巻の一言で超名演と記しましたが、
サンライズマーチというと、亜細亜とは全く別のアプローチでの素晴らしい演奏を残してくれた
チームがあります。

それは就実高校だと思います。(でも好みは分かれるかなー)

亜細亜が金管を主体にテンポとリズムがドンピシャで、大太鼓の強めのリズムをベースに
金管が突き進んでいくイメージです。
一方就実は、全く逆で、金管楽器は終始控えめで、ほとんど目立っていません。
全体をクラリネットを中心とした木管楽器のメロディーで曲が進行していきます。

大人しいとか控えめとか味気ないとか評価は正直分かれると思いますが、
この演奏はある意味個性的というか、面白い解釈だと思います。

でも就実のこの年の自由曲の「幻想舞曲集」は歴史的名演だと私は思っています。
けだるさと色気が見事に醸しだされています。
特に第二曲「酒宴」のコールアングレのソロは陶酔という感じで、
ほのかな情熱が漂っています。

この「幻想舞曲集」は指揮者の村松勲氏は相当お気に入りだったようで、
この年の他に、1985年 92年に自由曲として取り上げています。
(残念ながら支部大会・スカ金で、幻想舞曲集としての出場は82年だけです。
 だけどそれでいいのかも。だからこそ82年の演奏が自分にとっては「伝説」になるのだから・・)
村松氏は、95年のキューバ舞曲を最後に勇退したはずなのですが、
理由は不明ですが、後継者の熱田氏が就実を去って以降、確か一度村松氏が指揮者として
復活し、幻想舞曲集を性懲りもなく(?)振っていたような気がします。

82年の前年は、就実は、アルベニスのスペイン組曲よりアラゴンを自由曲として
取り上げています。
正直この年は、課題曲(東北地方の民謡によるコラージュ)は
あまり良い出来とは思えません。
このチームにしては珍しく打楽器の扱い方が雑で、
和太鼓がドンドン響きすぎているのが、曲の流れを阻害し、印象を悪くしています。
一方自由曲のアラゴンは、魅力的な演奏です。
何が素晴らしいかと言うと、抒情部分、ゆったりとした部分の歌い方が極めて自然に
盛り上がっていき、情緒たっぷりに歌い上げていきます。
あまり聴く事のないこの曲の魅力を、充分伝えることが出来たと思います。

アラゴンというと、実はもう一団体、別のアプローチで取組んだチームが
あります。

それはヤマハ吹奏楽団浜松でして、1994年の演奏です。
この年の課題曲は、ほとんど6分前後の長く難解な曲調のものが多かったのが特徴で、
ヤマハが取り上げた課題曲Ⅲ「饗応夫人」は、恐らくコンクール史上最高に技術的に
難しい曲だと思います。
ヤマハもこの難解で長大な課題曲と対照的な自由曲になるように
こうした自由曲を選んだのかなとも思います。
(ヤマハ浜松がクラシックのアレンジものを取り上げること自体極めて珍しい)

だけど転んでもヤマハ浜松。さすが普通のアレンジは行いません。

曲のラストは、編曲の枠を完全に超え、確かにテーマを再現するだけなのですが、
金管楽器を高らかにコラールを響かせ、ドラを中心に打楽器を響かせるあたりは
さすがという感じです。
というか、あれはアルベニス作曲塩崎氏編曲というよりは、
完全に塩崎氏作曲という感じですね。

1994年のヤマハ浜松の東海大会での演奏は生で聴きましたが、
生で聴くと確かにインパクトはありました・・・
確か会場が富士宮市だったかな・・・
当時私は甲府在住でしたので、身延線一本で行けましたけどね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |