FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1982年の全日本吹奏楽コンクールは、第30回大会という事もあり本来は記念すべき回
のはずなのですが、この年は大学の部において前代未聞の妙な事件が
起きたりします。

何かと言うと、大学の部において金賞団体がゼロという妙な事件でした。

でも元々変なのですよね。吹奏楽連盟の内規にも「得点上位の団体に金賞を与える」と
明記しているのに、金賞ゼロというのも妙な話ですよね。

この年は、生で聴いていないのでレコードや復刻版CDを聴いた印象なのですが、
亜細亜・神奈川・近畿は文句のつけようがない金賞というか、近年稀に見る名演だったと
思います。
(逆に関西学院・三重は明らかに甘い金賞だと思います。関西学院も前半の木管のパッセージは
 ホント、素晴らしいのに後半のショスタコの金管はヘロヘロというか息も絶え絶えでしたね・・・)
神奈川の「ディオニソスの祭り」は本当に今聴いても色褪せない名演だと思います。個人的には
ディオニソスというと、この年の神奈川、1980年の銚子商業、85年の御影、90年の埼玉栄
91年の乗泉寺が印象的です。
特に乗泉寺は、東京大会で聴いた時の記憶では、ホルン・トロンボーン奏者が部分的に
ユーフォ(バリトン)に持ち替え、サックス類を含めて中音域の扱いが極めて特異だったので
かなり強く印象に残っています。
この点、82年の神奈川は、スタンダードな名演だと思います。

亜細亜も素晴らしいの一言!!
サンライズマーチの輝かしいファンファーレは、このチームがNo.1だと思います。
ボロディンの交響曲第2番も地味な曲をあそこまで聴かせたのは素晴らしい。
このチームの演奏を聴くと、この曲のタイトルに「大地」とネーミングしたくなります。
あえて難を言うと、課題曲を含めて少々音量過剰かな・・・?
亜細亜と一般の部の上尾の2団体を指揮した小長谷氏が、
「本日の両団体の出来は指揮をした私が1番良く知っている。それなのに、私の考えと
全く正反対の評価をもらった」と後日述べられていましたが、全くの同感です。
なんで上尾は、あの演奏が金賞なのでしょうね?
(リード/第三組曲のフルートソロはあまりにもお粗末・・・)

でもこの大会の白眉は近畿の「アンティフォナーレ」だと思います。
ネリベルのこの曲は、全体的に無機質で硬い感じの曲で、不協和音むき出しの
決して聴きやすい曲ではないのに、なぜか魅かれます。
「二つの交響的断章」の思いっきりの段差とは別の意味のインパクトがそこにはあります。
うーーん、何と言うのかな。
曲の持っている「叫び」というか、形式美を重視している一方で、
何かとてつもなく大きなものに無我夢中で挑んでいくみたいな印象があります。

この曲は、全国大会でも、この近畿の他に、小牧中・北海道教育旭川・大曲など忘れた頃に
演奏されています。
だけど、この曲は個人的に全国でも支部大会でも一度も聴いたことがなく、
歯がゆく思っています。
1981年の川越高校の演奏写真を見ると、トランペットとトロンボーンのバンダが
ステージ横にいましたし、ネリベルの指定では確かに別編成の金管部隊が指定されていますが、
近畿や大曲などの実際の演奏はどうだったのでしょうかね。

近畿の演奏は、全般的に早いテンポで進んでいきますが、不協和音が「雑音」には全く
聴こえず、むしろ美しく聴こえるのが素晴らしい。
叫び的に木管が高音を響かせている点も申し分なし。
ラストの小太鼓のリズム感・追い込みも圧巻。
中間部のフルートソロが唯一ホッとするような演出にも感じます。

やや硬い金属的な音のサウンドのこの回の近畿の音質がこの曲に非常にマッチしていたと
思います。
個人的には、近畿の1986年の「ルイ=ブルジョワの賛美歌による変奏曲」も
素晴らしいと思います。
全盛期のこのチームが、スミスの「ダンス=フォラトゥーラ」を演奏したら
一体どうなるのでしょうか?

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |