FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


イギリスの作曲家、サー・ウィリアム=ウォルトンは、日本では無名な存在かも
しれませんが、自分にとっては、この交響曲第1番だけでお腹一杯な存在です。

他のカテゴリで書いたので、細かくは書きませんが、この曲を知るきっかけとなったのが
1982年全日本吹奏楽コンクールの花輪高校の吹奏楽アレンジよる素晴らしい演奏でした。

当時宮城県の辺境に住んでいましたので、中々この曲のレコードが見当たらず
初めて全曲を聴いたのは、上京してからでした。
確か、プレヴィン指揮のロイヤルフィルだったと思います。

でもこの交響曲は今聴いても新しい発見がその都度ある位、自分にとっては宝石箱みたいな
存在です。

出だしから何か焦燥感・危機感を感じる第一楽章
作曲者自身が「悪意を込めて」と名づけた第二楽章
ホルンの雄叫びと何となく「春の祭典」を想起させるメロディーが印象的です。
メランコラリックな第三楽章を経て、
圧巻のフィナーレへ突き進みます。
この楽章からティンパニー奏者が2名となり、中間からラストにかけてのティンパニー奏者の
活躍には目を見張るものがあります。

この曲は第二次世界大戦開始前夜に作曲された事情もあると思いますが、
全編を通通じて「不安」・「危機感」を痛切に感じずにはいられません。
断っておきますが、この曲は決して「挫折→勝利」・「悲劇→歓喜」という単純な
ストーリーではありません。
というか、フィナーレを聴いても全然解決出来た!!と感じさせないところがミソだと
思います。
作曲者自身も、戦争が終わったとしても次から次へと世界的に難題が降りかかり
結局は安息の場所はこの世にはないんだよという事をメッセージとして
伝えたかったのかもしれません。 
不安感には、「不安」を感じさせる曲でもって対処するしかないという
感じなのかもしれません。

バーンスタインにも戦後間もない頃の作品に、交響曲第2番「不安の時代」という作品が
ありますが、この曲のテキストにかったのが、確かオーデンという詩人の「不安の時代」という
詩だったと思いますが、この詩自体は、現代人の抱える不安を解決策を提示することなく綴っていく
ものだったと思いますが、
バーンスタイン自身は、その辺りを自分なりに拡大解釈したのか、自分の交響曲としては
フィナーレをハッピーエンド風に仕上げています。
この辺り、不安には不安を持って対処するしかないと解釈したウォルトンとえらい違いが
あるような気がします。

このウォルトンの交響曲第1番を初めて生で聴いたのが、確か1995年の
大友直人指揮の東京交響楽団の定期演奏会だったと思います。
だけど、この演奏は本当に名演でした。
前半に演奏した前橋汀子の協奏曲の記憶が全く残らないほど強烈な
インパクトを残してくれました。
ティンパニー奏者が二人とも打点が気持ち良いくらい決まっていたので、
ティンパニーの轟音が本当に快感に感じられました。
だけど全体の印象としては、「やはりこの曲には何の安住もないな。ホント、危機感の固まりの
ような曲だな」と改めて感じました。
数年後、尾高忠明/東京フィルも聴きましたが、指揮者の解釈もあったと思いますが
大友直人に比べると随分と温和な解釈をするもんだなーとは
感じました。

CDでは、ラトル指揮/バーミンガム響が気に入っています。

ウォルトンは、実は難解な曲というのは意外と少ないような気がして、
例えば、グランドマーチ「クラウン・インペリアル」とか「ファサード」とか
「バトル・オブ・ブリテン」・「ウォータイムスケッチブック」のように
いかにも映画音楽のBGMという感じの曲調が多いような気もします。
反面、ヴィオラ協奏曲のように渋い曲もあったりして、
結局は何だかよく分からないけど、イギリスではやたら敬愛されている人なんでしょう。

最近、この交響曲第1番から約25年後に作曲された交響曲第2番を聴いてみたのですが、
「ナンじゃこれ、本当に同じ作曲家?」と思う位、不安感・危機感のない
ゆるい曲でした。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |