FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プリキュア5って、初登場時に印象があまり良くない、というか悪いキャラクターの人が
結構いたりして、
例/
キュアアクア
ナッツ
ミルク
シロップ
それでいていまだにシリーズ全体でも人気が高く、自分自身も大好きと言うのは
結構不思議な気もします。

特にアクアは、初登場時は本当に「孤高の人」という感じで、
「結局は私がやるしかない」というセリフに象徴される通り、
仲間に心を開くとか、弱みを含めて自分自身をさらけ出すとか、
相手を心から信用して、仕事を任せるとかそういう意識には乏しい人というのが
最初の印象です。

そこから見ていくと、Go!Go!の頃には、随分とアクアさん自身精神的成長が
著しいみたいで、
特に第5話「かれんへの手紙」の回では、それが顕著に表れた回だったと
思います。
初期のかれんだったら、一切合切を全部自分一人で決済・決定し、周りの人達の協力なんて
仰がなかっただけに、この成長にはホント、うるうるします・・・
話は違いますが、生徒会長の後輩の一人の中の人の声は、後のラブなので、
この回は、目をつぶってセリフだけを聞いてみると、アクアとピーチの会話みたいな
感じもします。

全く話はそれますが、「りんちゃんVS大江戸妖怪」の回において、
(りんのタイトルとなっていますが、この回の主人公はこまちです!!
ある意味、こまちの暴発キャラがクライマックスにまで達した名シーンです。)
髪をアップしたかれんさんと、お面を付けたうららが二人並んで登場しますが、
このシーンは、とても中学校の先輩・後輩の関係には見えません。
本当に、かれんさんが大人っぽ過ぎて親子のようにしか見えません・・・

なーんて書いたら、アクアさんから「サフィアアロー」を背後から喰らいそう・・・

一方スマイルのビューティさんは、歴代プリキュアでは五本の指に入りそうな
美人プリキュアで、且つ初期アクアさんと異なり協調性も高く、仲間との連帯感も
初期の頃から強く、品行方正な優等生で、本当に文句がつけようがない
プリキュアです。

だけど、反面第7話「秘密基地」回で象徴されるように
パイン・レモネード・ピースを軽く上回る「天然ボケ」要素も持っていて、
まさしく「我が道を行くプリキュア」に他ならないと
思います。

ハッピーの可愛さも大いに魅力的だけど、ビューティさんの正統派美人さも
捨てがたい・・・
うーーん、本当に出来れば来年も「スマイルプリキュア」を継続して欲しいなーと
痛切に感じます。

アクアさんは意外と怒りっぽい所もあるのだけど、
ビューティさんはどこまでいっても冷静で知的。
オールスターにて、もしもアクアとビューティが同じチームに
入ったとしたら、
「知性の青き泉」にしては、武闘派のアクアさんを、後輩として
知的にサポートするのがビューティさんの役割なのかも・・・
スポンサーサイト



9/23のスマイルプリキュアは、シリーズ全体としては珍しい中盤での
シリアスミニクライマックス回でした。
変身シーンもハッピーだけで、他の4人は省略されて少し気の毒・・・
ぴかりんじゃんけんもありませんでしたね。
(サザエさんとのじゃんけん対決は、9/23時点でピースの9勝7敗12分との事、ピースにしては善戦かな?)
でも、ハッピーが変身完了後に微笑むカットは、通常カットされる事が多い中、
今回はノーカットで放映され、ハッピーの素晴らしい笑顔が見れたことは嬉しい限りです。
(ハッピーのこの笑顔は、第1~2回、本の扉を使用しての世界の旅の回、そして今回と4回程度かな)

仲間を連れ去られたピンク主人公が仲間を連れ戻しに敵方に乗り組むのは、
プリキュア5にもありましたが、やはりのぞみとみゆきの違いが少し現れていたなーとも
感じます。

のぞみの場合、のぞみの失敗により仲間との間が気まずい雰囲気となり、それをナイトメアに
付け込まれ、のぞみの強い意志で仲間を救いに行き、幻想の世界に浸っていた4人の仲間に
語りかける形で、のぞみ自身が皆に誤り、のぞみの強い意志が伝わる形で、元の世界に戻るという
形になっています。
だけどプリキュア5の場合、5人の手繋ぎシーン→メンバー間の心の氷解という事よりも
その当時各メンバーが抱えていた問題・課題を、このシーンをきっかけに各自が自分なりに
答えを出していく事に意味があったと感じます。

りん

のぞみなんかいない方がいい→どんな目にあってものぞみといたい。

うらら

自分ひとり女優を目指していけばいい→女優もプリキュアも仲間も大切

かれん

自分は孤独→仲間がいて、仲間が助けてくれるから自分がいる

この場面があったからこそ、プリキュア5は真の意味でのプリキュアになれたのだと
思います。

一方、みゆきは、のぞみの様な強いカリスマ、不思議なリーダー性、強い意志は
それ程有していないと思います。
それ故、一度は仲間の救出に向かったものの、己自身が「怠惰な世界」に
取組まれてしまいます。
自分の強い意志で、相手に何かをするという訳ではなく、
他人とのコミュニケーションやその場その場の出来事の中から、
柔軟に解決策を見出していくのが、みゆきなのかなーとも感じ取れます。
(今回は、キャンディーの言葉が自分を取戻すきっかけでしたけどね)

今回のスマイルの「メインテーマ」は何かと言うと、
ハッピーというのは、嫌なことがあるから、辛い現実があったり、目を背けたい過去が
あったりするから、それが一層際立ってくるという事、
つまり、幸せと不幸は相反するものではなくて、表裏一体というものだと
思います。
確かに、自分自身も「遊んで暮らしたい」とか「仕事なんかしたくない」とか
「他人と関るのはもう嫌」という風にも思ったりもします。
だけど、実際、休日が楽しいのは、普段は仕事をしているからなのだと
思います。
毎日毎日が休日だったら、たまの休日で感じる「ハッピー」はそれ程意識しないのでは
と思います。
だから、不幸も幸福も全てを受け入れて、確かに毎日は思うようにはいかないかも
しれないけど、腐らずに生きていこうというのが
スマイルプリキュアのメッセージなのかもしれません。

ただそれは、前作「スイートプリキュア」にも表現されていた事なのですが、
スイートは意外と奥が深いというか、とっつきにくいというか、その辺りが
最終回まではっきりと見えていなかったので、
プリキュアシリーズの中では少し影が薄いような印象もあります。
(だけど、最後のシーンで敵方の親分のぴーちゃんをも響達が受け入れているシーン
 はそれを象徴しているとも思います)

だけど、スマイルのみゆき達に慣れると、プリキュア5の、のぞみやりんちゃん、かれんさん達が
やたら大人っぽく見えるのはなぜなんでしょう?
うららですら、やよいに慣れてしまうと、本当に大人っぽく見えてしまう・・・
(うららは中一なのに・・・)

 | BLOG TOP |