FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


全日本吹奏楽コンクール東北大会を初めて聴いたのは、1981年の山形県で開催された時
でした。
だけど、当時の東北大会高校の部の異常なレベルの高さに圧倒され
(磐城高校の中国の不思議な役人、仁賀保のスキタイ組曲、
 特に大曲の交響三章第2楽章の内面的緊張性に感銘を受けました。何で大曲はこれで
 代表になれないのだ・・・?)
当時は本当に聴くだけで精一杯でした。

翌年は福島で開催され、これも聴きに行ってきました。

当時の自分の心身状態なのですが、
東北大会の一ヶ月前までは、自分自身も何とか県代表になれるように
夏の間中コンクールに向けて練習を重ねた一人でありましたし、
(残念ながら県大会のダメ金でした・・・)
当時吹奏楽部の第19代部長としてプレッシャーと戦う日々でもありました。
東北大会の一週間前までは、高校の一学期末テストで一夜漬けの日々でしたし、
東北大会の前日まで北海道への修学旅行(5泊6日)で、苫小牧から仙台まで
フェリーで約16時間位揺られ、家に帰った時は、三半規管を少しやられた後遺症で
何となく足元が常時ゆらゆらしているような錯覚の状態でした。

つまり東北大会高校の部を聴いていた時の精神状態は、心身共に疲れ果てた状態で
異常にハイテンションな状態で、音や音楽に対する感性が異常なまでに高ぶっていた
状態でした。

以前にも書いたことがありますが、この東北大会で、自分の大好きな三大シンフォニー
(ウォルトン1番・矢代秋雄・プロコフィエフ5番)と出会うのですが、
それは、この当時の心理状態とも関係しているのかもしれません。

余談ですが、この翌日、自分の高校が何を間違えたのか、
野球部が秋季大会の決勝戦に駒を進め、この応援に駆けつけ、演奏を色々と
しました。
だけど、女神様がどう間違えたのか知りませんが、何とあの東北高校に
1-0のすみいちで勝利し、何と初優勝してしまったのです。
(野球部は東北大会に臨んだのですが、一回戦で敗退し甲子園出場は逃しました・・)
野球部の試合が終わった後でも、フェリーの後遺症の足元ガクガクは全然治らず
相変わらずハイテンションの状態でしたが、
「あー、生きているだけで素晴らしい!!」と何の脈絡もなく頭を駆け巡り、
今にして思うと、「あまーい青春の一瞬」という感じでしたね。

話を1982年東北大会に戻しますと、
前述の3大交響曲の演奏の他にも、
双葉高校(その29年後にああいう悲劇が起きるとは・・・)のアンティフォナーレの
荘厳さ、山形南の交響的断章の機械的圧倒、仙台のローマの祭りの喧騒さと華やかさ、
秋田南の知的さが印象に残っています。

当日5年連続全国金賞の弘前南が、招待演奏にて
何とフォーレの「ぺリアスとメリザント」組曲全部を吹奏楽で繊細に表現し、
度肝を抜かされました。
(ああいう管弦楽の繊細な曲を吹奏楽で表現しようとする事自体すごい勇気だし奇跡に
 近い)
プログラムでは、何と「テレアスとメリザント」と誤表記されていました・・・

ぺリアスの他に熊蜂の飛行も演奏されていましたけど、さすがにこれは無茶だったかな・・・

招待演奏終了後、まさかのアンコールがかかり、
指揮者も演奏者も何も用意をしておらず、困り果てていた感じが舞台から
伝わってきました。
(結局、熊蜂の飛行をもう一回演奏していましたが・・・)


スポンサーサイト



 | BLOG TOP |