FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私は生まれも育ちは基本的には東北ですが、
中学生辺りから、とにかく一日も早く田舎を離れて上京したくて
たまらない子供でした。
高校生になって進路を決める時期になると、「地元には自分の行きたい学校がない」
(頭が悪くて入れる学校がないとも言えるかな・・)という
大義名分の下、実際には「とにかく一日も早く親元を離れたい」一心で
都内の大学に進学する道を選びました。

三人兄弟の一番下で、上の兄・姉と比較的年が離れていたという事情もあったと
思いますし、
子供の時から上二人とそりが合わないというのもあったと思いますし(生理的に苦手・・・)
父親が自分ばかりをちやほや可愛がり、二番目の姉に父親が冷淡に当り散らす光景に
どうしても我慢できなかったと言うのも
あると思います。

自分がこうした年齢になっても自分の身内に対しては「苦手」という
感情しかないのは、こうした背景というか心理的トラウマがいまだに克服できていない
からだと感じています。

結局は、自分と言う存在は、大人になりきれない「マージナルマン」(周辺人)
なのだと思います。

初めて一人暮らしをしたのは、埼玉県大宮市でしたが、当時は4.5畳+3畳のトイレ共同・風呂なし
でしたが、本当に毎日が新鮮で楽しかったのが
今でも鮮明に覚えています。
自炊するのも洗濯するのも、買物に行くのも、掃除するのも
アルバイトするのも、自分で家計のやり繰りをするのも何もかも
生き生きとしていて感じがします。

当時のアパートは、一階に大家さんが住んでいましたが、あれから28年後どうなっていたかというと、
アパートは取り壊されていましたが、その大家さんの二世帯住宅になっていて、その大家の婆さんも
いまだに存命だったのは、びっくりでした。
当時ですら婆さんだったのに、今はどんだけ婆さんなんだよと自分で
突っ込みを入れたくなりました。

その家から自転車で15分位の所に大学があったのですが、
今現在仕事で、さいたま市南区~緑区~浦和区~大宮区~見沼区を
拠点としています。
その学校や基元のアパートの前を通る際は、
何だかいつも「照れくさい懐かしい香り」が感じられます。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |