FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この曲は、吹奏楽の世界ではやたら有名な作品ですが、クラシックのジャンルでは、
この曲のみが単独で取り上げられることはまずありません。
というか、この曲はあくまで歌劇「ローエングリン」の第2幕の最後の部分であるという事を
吹奏楽でこの曲を知っている人はどれだけ分かっているかは正直不明です。

私自身、最初にこの曲を聴いた時は「あー、なんて荘厳な曲」と聞き惚れてしまいましたが、
実際にこの歌劇をCDで聴いた時(非常に長い!!)
吹奏楽で俗に言う「エルザの大聖堂への行列」はオペラでは大して
インパクトがないというか、それよりも
吹奏楽アレンジ版(カイリエ編曲版)では、ホルンが堂々と吹き鳴らす以降の展開は、
歌劇には元々存在しない部分であり、カイリエの創作に近いという事を初めて知り、
愕然としたものでした。

でも吹奏楽の単体として聴く曲では、非常に名曲だと思います。

昔、花輪高校がプロコフィエフの交響曲第3番第一楽章をコンクールで取り上げた際、
その楽章の終わり方に非常にインパクトを感じ、数年後、「では原曲はどんなものだろう」
と聴いた時のインパクトに近いものがあったと思います。
プロコの3番第一楽章は、静かに閉じられるのに、花輪の吹奏楽アレンジ版では、
劇的且つオカルト的迫力で終わりますが、確かめてみると、原曲の終楽章のエンディング部分を
第一楽章にちやっかり付け加えたという感じです。
全く同じことは、前年のハチャトゥーリアン/交響曲第2番「鐘」にも
言えるのですが・・・

話を元に戻します。

エルザの大聖堂への厳かな行列は、1966年の豊島第十中学校とか首里高校が名演とか
言われますが、
(豊島は、1969年にも同じ演奏をしていますが、66年と比べてこちらは伴奏にマリンバが追加され
 これが非常にうるさく感じる・・・)
エルザの歴史的名演は、1987年の雄新中学校に尽きると思います。

私自身、雄新の演奏を生で聴きましたが、本当に「感動」で一杯でした。
奏者が36人程度しかいなかったと思いますが、
音楽が本当にダイナミックかつ感動に満ちていました。
途中で、テンポルバートしたり、音楽の流れを意図的に一時止めたりと作為的な面も
確かに感じられるのですが、それがまたはまっていて素晴らしい。
課題曲の「マーチ ハロー!サンシャイン」との元気一杯溌剌さとは対照的だったのも
極めて印象的です。

でもこの演奏、なぜか銀賞なのですよね。

これは今でも納得いかないですね。

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |