FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9/9のスマイルプリキュアは楽しかったです。
でもお気楽モードは今回あたりまでで、次回辺りからは少しシリアスシーンも
あるのかも・・・
というか、デコルが一応全て揃って、女王復活?と思わせておいて、クロックが登場し、
みゆき達が「これ何?」と言って番組が終了。
間髪をおかずにCMで商品説明が始まる辺りは、さすがに抜け目ない感じですね(笑)

でもスマイルのメンバーは本当に仲がいいですね。
さすが同学年でしかも同じクラスメイトというのは、その意味でもまとまりが良い。

この辺り歴代プリキュアの初期モードを振り返ってみると・・・

①初代→二人とも面識なし MHで後輩のひかりが登場
②スプラッシュスター→子供の頃一度出会っているが、基本的には面識なし
③プリキュア5→のぞみとりん、こまちとかれんの組合せのみ面識あり
④フレッシュ→初期の3人は幼馴染
⑤ハートキャッチ→二人とも面識なし
⑥スイート→二人とも幼馴染

初代がお互いを名前で呼び合うのに実に8話もかかったのに
(その分第8話の感動性は極めて大きい)
スプラッシュスターは既に2話でお互い名前で呼び合い打ち解けています。
ハートキャッチは、2話でお互いを名前で呼び合い、
スマイルは、各主人公が登場回から名前で呼び合っている。
フレッシュとスイートは最初から知り合いという設定。

こうした設定は、各ストーリーに微妙な影響を表していると思います。

それにしても幼馴染という割には、スイートの初期の頃の響と奏は、
すれ違いが多かったものですね。
単なる痴話喧嘩・バカップル同士のじゃれあいでもあるのですが、
最初は結構ヒヤヒヤしながら見ていたというか、若干違和感も感じていました。

響は、ボーイッシュな感じがあり、一方奏はおとなしそうな印象があるのですが、
実際は・・・
響→相当の寂しがり屋・意外と涙もろい
奏→意外と気が強い・頑固・芯が強くて涙を見せることはない
そんな感じの展開に、初期の頃は「これで一年持つのかな」と
思ったほどでした。

実際、スイートはプリキュアシリーズの中では、意外と取っ付き難い面も
あると思います。
反面、最終局面では、敵との和解というか、「幸せと不幸は表裏一体のような関係。
今幸せを感じていても、不幸がすぐそばまできているかもしれない。だけど、
不幸も全て受け入れて、他人の嫌な所も全てを受け入れて、前向きに生きて
いこう」の気持ちで完了しているなど、これまでとは少し違った解釈を取っている所も
面白いと思います。

その分かりにくさが逆に今の「スマイル」の単純明快さ・分かりやすさを
醸しだしているのかもしれませんけど・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |