FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


理想と現実

人間が全て「相手を思いやる心と自制心」を持ち合わせて実践できれば
何も苦労はしないと思います。
人類が誕生して以来、それが全く全然身に付かず、折角先祖が得てきた「教訓や経験」も
生かされない場面の方が多く
(先祖の教訓や経験が元々遺伝子として生誕時から備わっていれば問題ないのですけどね・・)
自分達のその時点での利益しか考えないから、いつまでたっても理想的な社会が構築されない
のだと思います。

「相手を思いやる心と自制心」を人間に学ばせる一つの教材が「宗教」だったのかも
しれません。
キリスト教もイスラム教も、その教え自体は素晴らしいはずなのです。
だけどそれを運用する方法に問題があるから、宗教自体が民族や国家での紛争原因の一つに
なっているのは本当に悲しい事だと思います。

人類は本当に進化しているのでしょうか?

否、道具は進化しても「内面・心」はほとんど進化していないと断言せざるを
得ません。
その証拠に誰もが、「心の平安」も得ていませんし、紛争が生じていないエリアを
探す方が難しい。
これまでの歴史の簡単な流れは、絶対的王政→民主主義の流れだったと思いますが、
民主主義を完全に使いこなせるだけの一人一人の内面の進化を経ないで、
民主主義の政治を具現化させようとしても、うまくいく訳はないと思うのです。

自分達は、民主主義を上手に活用出来るほど進化はまだしていないのです。

そうした状況の中で、一見国民から正当に選出されたと思われる立法府の方々も
結局は、自分だけの為、自分の地元の為、特定の団体の為だけにしか考えず、
「国家全体」という大局的見地に基づいて考え、行動できないから民主主義が機能しない
のです。

どうすればよいのでしょうか?

取り急ぎ提言出来る事は、とりあえず国民から選出された議員たちは、一人一人が
国家全体の立場から考え、党・地元・組織に拘束されずに、一つ一つの事案に対して
賛成・反対をしていくしかないと思います。
そして、求められることは「スピード」と「決める時には決める決断力」なのです。
これだけ価値観が多様化した現代では、一つの事案に対して複数もの考え方は
存在しますし、全部の顔を立てれば機能不全に陥ることは自明です。
「最大多数の最大幸福」ではありませんが、自分の内面の良心及び相手への思いやりの心を
頼りに、一人一人の議員が自分の頭で考え、最終決定した事項は、例え51対49であったにせよ
決めた事項は死ぬ気で実行していくべきなのです。

上記の事は一つの過程だとも考えます。

そして、ゆくゆくは、国民から直接選出された「統治者」による行政と
それに対する提言・調査・監督を担う国民から抽選で選出された「議員」達による
共同統治の流れになっていき、

その間に人類の覚醒(進化)→モラルへの目覚め・相手への思いやりの自然的取得
を待つしかないのかな・・・?

そうした過程を経て、ようやく「代議制民主主義」にたどりつくべきなのでしょうね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |