FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


残念ながら1980年代中盤以降は、吹奏楽コンクールの場では東北ブロックは
それ程良い評価や演奏を残していません。

1970年代中盤から後半の秋田県勢というか、花輪高校と秋田南高校の二大巨匠の名演の数々は
現在でも決して光を失っていないと思います。

秋田南高校は、70年代の初めの東北大会でもショスタコーヴィッチの交響曲第5番を
他校でも度々演奏される第四楽章ではなくて、何と第一楽章をコンクールで取り上げ
当時から他とは確実に違う何かを有していたと感じます。
(それにしてもこの楽章をどうカットしたのだろう・・・)

コンクール初出場のシェヘラザート第二楽章「カレンダー王子の物語」や
翌年のチャイコフスキー/交響曲第5番第四楽章も決して悪くはないと思いますが、
(何であの生き生きとしたチャイコが銅賞なんだろう・・・アレンジが悪いせいかな・・?)
本領発揮は何と言っても
76年/ぺトルーシュカ
77年/春の祭典
だと思います。

この二つの演奏は今聴いても新鮮な感動がありますね。
純粋に「すごい」と感じます。
ぺトルーシュカは、部分的に金管楽器にミスがあったりするのですが、
それを全くマイナスに感じさせない躍動感が全体を貫いています。
すごく明るいのだけど、何か鬱積したものも感じる、というか「屈折した明るさ」という
ものを感じてしまいます。
春の祭典も第一部を中心にまとめられていますが、この曲はプロで演奏しても
難曲中の難曲として知られていますが、聴いていて技術的な難しさは全く感じさせません。
それでいて、野性的な本能の香りも随所に感じ取られ、聴いていて飽きがきません。

二曲とも金管、特にトランペットの音の硬さが少々気に掛かる点です。
だけど、この頃はティンパニーもペダル式ではなくて、手締め式でしたので、特に春の祭典の
ティンパニー奏者は大変だったでしょうね。

78年の三善晃の「管弦楽のための協奏曲」はこの学校の頂点なのかもしれません。
個人的には、80年の三善晃/交響三章の密やかさが大好きなのですけどね・・・

秋田南を初めて生で聴いたのは、81年の東北大会の5年連続金賞の招待演奏(確か山形だったかな)
でした。
この時演奏された「津軽じょんがら節」の三味線とリズム感溢れる演奏は、
まさに目から鱗でした・・・
翌年にコンクールとしての秋田南を初めて聴きましたが、
自由曲の深井史郎/パロディー的四楽章は本当に面白かったです。
音楽の解説書ではこの第四楽章「ルーセル」はバルトークの舞踏組曲をモチーフにしたと
書かれていますが、生で聴いてみると日本の童謡「さくら、さくら」のパロディーとしか
聴こえない所がミソなのかなーと思います。
でもこの年もトランペットは音が硬かったですけどね・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |