FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在の日本はあらゆる意味で危機的な状況だと誰もが感じているとは
思います。

経済政策・大震災の復旧ヴィジョン・財政破綻の危機・外交問題→どの国と連携すべきか・・・
人口問題・超高齢化社会・教育現場の崩壊・社会のモラル低下などなど

しかし、今の制度では結局は何一つ変わらない気がします。

結局は、仮に選挙が行われたとしても、A党とB党とC党の組合せの問題だけに
終わってしまって、本質的な解決の対応策までは至らないという近未来の光景が
手に取るように予測できます。

なぜ、こうなってしまうのでしょうか?

結局は「代議制民主主義の限界」なのだと思います。

本来「民主主義」というのは、素晴らしいシステムであり、人類の最終的な理想政治スタイル
なのでしょう。
しかし、現時点の私達では、この制度を上手く活用できないレベルなのかもしれません。

今でももう少し上手に活用できれば、スピーディーな政治決断は出来るはずなのです。

例えば、国会議員一人一人が、所属する党に全く拘束されずに、一人一人の政治信念に
基づいて、立法府での議決賛否を行えば、案外うまくいくはずなのです。

それをやれ党の方針がとか、あいつは気に食わないからとかで
本来国のために、国民のためによーーく一人一人が考えて議決をすべきなのに
全然違うところでエネルギーが使われてしまう。

それは本当に悲しむべきことなのです。

その国会議員も結局は、自身の選挙区内での今後の当選しか頭にないから、
国全体と言う対極的な見地からではなく、自分の所属する党や地元の意見に
拘束されてしまい、
本来の立法府の役割とは全く異なる「政治ゲーム」の場にしか
過ぎないのが現状だと思います。

それを打破するにはどうすれば良いのでしょうか?

現時点は、最終的な理想形である「民主主義」への模索の過程と考え、
当面は、行政(国家)の役割強化と地方行政との役割分担を図っていき、
立法府は、現在のシステムのような「国民から選ばれた国会議員」というシステム
ではなくて、
公明正大な抽選で選出された約20人程度のメンバー(当然一院制機関)による
国へのアドバイス機関として考えても良いのかなとさえ思います。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |