FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


初めて全日本吹奏楽コンクールの全国大会を聞いたのは、1984年【第32回大会】の
高校の部でした。

自分にとって「全国大会」とはレコード(当時はCDすらも普及していない時代でした・・)
の録音された演奏しか知らず、生で聴けるとは感謝感激という事で
非常にわくわくした気持ちで行った事は今でも鮮明に覚えています。

ちなみに当時は、現在と違って「当日券」も特に並ばずに当日に簡単に買えましたし、
前半・後半入替えとか、指定席とかそういう面倒なことも無く、朝から夕方過ぎまで
同じ席でゆっくりと鑑賞できました。
(自分の記憶では1986年あたりから、当日券の購入自体難しくなっていた感じはします。)

でも正直意外な感想でした。

思っていたよりもどの高校も全然下手くそで、正直
「えっ?こんなものなの・・・!?」と驚きました。

プログラム1番の天理高校も自由曲冒頭のフェスティヴァル・ヴァリエーションの冒頭は
思いっきり外すし
(だけどサックスセクションの後打ちのリズムの音色は光り輝いていたのが印象的)
嘉穂高校の「ダッタン人の踊り」は技術的に全然消化できていないし、
(その3年前のガイーヌのレスギンカの名演はどこにいったんだ・・・)
土佐女子・出雲・金山学園・東邦などの目を覆うばかりの悲惨な演奏は続出するし、
浜松商業の、自分が聴いた限りでは最低レベルの本当にド下手くそとしか表現の仕様が
ない演奏もありました。
(浜松商の自由曲は確か、カタストロフィーでしたが、本当に演奏自体破綻してしまった・・・)

習志野も当時4回目の出場でしたが、自由曲が「地底」という今では考えられない選曲でしたし、
柏も確か初出場でしたが、自由曲がリードのアルメニアンダンスパートⅡという今では
考えられない選曲・・

札幌白石は躍動感はありましたが、音楽として未消化の面が悔やまれましたし、
中村学園は、自由曲の演奏中に拍手が入ってしまう事件までありました。
秋田南は、これまでの輝かしい実績と邦人演奏に期待したものの、演奏が硬く
ガッカリでした。
(大太鼓のお兄さんの妙な威圧感が印象的・・・)

でも中にはキラリと光る演奏もありました。

花輪高校

前年のベルク/三つの管弦楽曲と無調音楽の呪縛から開放されたせいか(?)
ハチャトゥーリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」を吹奏楽初演として
高らかに歌い上げていました。
マリンバ2台の手さばきが極めて印象的です。

神戸高校

サロメはこの後色々な演奏を聴きましたが、この学校のサロメの色っぽさは
今でも印象に残っています。
特にタンバリン奏者の舐め尽くすようなスタイルが今でも鮮明に頭に残っています。

東海大学第四高校

自由曲が今では想像つかないけど、「天使ミカエルの嘆き」
静かな場面での聴かせる演奏、ラストの絶望感は素晴らしかった。
何でこの演奏が銀賞だったんだろう?

野庭高校

この日一番感銘を与えてくれた演奏でした。
前年のアルメニアンダンスパートⅠも素晴らしかったけど、
この日の演奏は聴いていて、多少やり過ぎ感はあるけど
演奏に自発性と素直さが伝わってきて、
「ああ、演奏している人は本当に音楽が、この曲が好きなんだなー」と
手にとるように分かりました。

今でもいう人がいますけど、淀川工業と富山商業は何で
銀賞だったのでしょうかね・・・?

1984年の実際の評価と自分の採点はほとんど噛合わず
自分が金賞をつけた学校の半数近くが銀賞、逆に銀をつけた学校の半数が
金賞でした。
銅賞はほぼ一致していましたが・・・

実際の評価と自分の採点のここまでの乖離は、正直この年だけで、
あとはほぼ一致することが多かったのですけどね。

初めて聴いたせいなのかな・・・?

でもくどいようですけど、この年のレベルは本当に低かった!!
そんな中、野庭と花輪は素晴らしかった!!!

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |