FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


中学校からずっと吹奏楽部に所属し、楽器はクラリネットを吹いていました。
(一時期、アルトサックスを吹いていた時もありました。)

でも、正直中学の時はつまらなかったですね。

吹奏楽コンクールとか普段の練習の時も、比較的「アレンジ曲」を吹く事が多かったのですが、
当時の自分に、ドビュッシー/三つの夜想曲 ワーグナー/パルジファルより、聖金曜日の音楽などを
「吹け!」と言われたって、曲の背景とか作曲経緯とか何にも知らないで、楽譜だけ渡され、
顧問の指揮者から連日「下手くそ」だの「ピッチが合わないから死ね」とか言われたって、
そりゃ面白くないですよね。

高校に進学して、当初はもう音楽はコリゴリと思っていた所、高校の吹奏楽部には
音楽の先生とか、指揮・指導が出来る先生が一人もいなくて、伝統的に生徒が指揮者を務める
珍しい形態でしたし、部自体に独自性・自発性がありましたので、もう一度音楽と関ろうと思って
再度吹奏楽部に入る事としました。

高校時代の話は別の機会に譲るとして、

この時期に、ある素晴らしいものとの出会い、「クラシック音楽」との出会いがありました。

自分の高校は男子高校でしたし、慢性的な部員不足に悩まされ続け、決してコンクールで毎年
優秀な成績を得る学校ではありませんでしたが、コンクールには毎年出場し続け、毎年県大会で
終わっていました。
高校2年の時に、県より上のレヴェルの演奏は果たしてどんなものなのだろうと興味が湧き、
昭和57年だったと思いますが、全日本吹奏楽コンクール「東北大会」を聴きに行くことにしました。

この時代は今と違って、高校の部には、A部門(50人以内)・B部門(35人以内)があり、一日でこの両部門
の他に、大学・職場の部を開催し、果てには招待演奏まで同時に行うという過密スケジュールでしたが、
聴いていてとてもわくわくし、楽しかったのを今でも覚えています。勿論レヴェルも(その当時の自分としては)
高く感じられました。

この中で、曲自体に魅了され、曲自体の内容の深さに感銘したものが特に三曲ありました。

偶然でしたが三曲とも「交響曲」でした。

列記すると・・・・

○矢代秋雄/交響曲より第四楽章 ・・・仁賀保高校

○プロコフィエフ/交響曲第5番より第一楽章・・・秋田高校

○ウィリアム=ウォルトン/交響曲第一番より、第四楽章・・・花輪高校

この三つのシンフォニーは今でも大好きな曲の一つです。


このコンクールの後、今回のコンクールは吹奏楽に編曲され、部分的にカットされたものだったので、
原曲はどんな感じなのだろう?
他にどういう解釈があるのだろう?
この曲が作曲された時代背景とか、当時にはどんな作曲家が存在したのか

などなど色々興味が湧いていったのが、私がクラシック音楽の深い森に迷い込む
きっかけとなっていたのでした。

まあ、吹奏楽が実はその原点だった訳なのです。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |