FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


「HORIZON」(ホライズン)と聞いて、大抵の方は地平線というワードを思い浮かべると思いますし、バイク好きの方は
本田技研がかつて発売していたバイクを思い浮かべると思いますし、レミオロメンのファンの方は3枚目のオリジナルアルバムの
タイトルと認識されると思いますし、
はたまた「ニューホライズン」という東京書籍から出版されている中学校用の英語の教科書を思い出す方も多いのかも
しれないです。
ちなみにニューホライズンは2016年度の文部科学省統計では採択率33.8%と、日本国内で使用される中学校用の英語教科書を
発行している6社中で第1位となっています。
私自身、中学の時に使用した英語の教科書もニューホライズンでした。
そして吹奏楽の観点で言うと、「HORIZON 」というとここ最近ではチェザリーニの「青い水平線」が素晴らしい吹奏楽オリジナル
作品だと思いますし、私が現役奏者だった1980年代においてはジョイオの「フロム・エブリー・ホライズン」(全地平線から)が
大変印象的でした。
ジョイオの「「フロム・エブリー・ホライズン」もその他の主要作品である「中世の主題による変奏曲」や「「ルーヴル」からの情景 」も
すてきな吹奏楽オリジナル作品なのですけど、ほとんどの曲が既に日本の吹奏楽コンクールにおいては忘却の彼方と
いえそうです。
(チェザリーニの方は青い水平線もアルプスの詩も根強い人気が続いている感じです)

一般的にイメージとしては「HORIZON」というと地平線という印象があり、地平線を眺めているとなんとなくですけど
「この地球においては地平線が続く限りはどこかで誰かとつながっている」みたいな感覚もありそうですけど、
地平線と水平線は厳密には違うそうです。
地平線とは、見晴らしの良い場所において地面と空の境が平らに見える線のことであり、
水平線とは、海面と空の境が平らに見える線のことで、その違いは地面と空の境の線なのか海面と空の境の線なのかという
ことなそうです。

そして「HORIZON」というとボーカロイド楽曲としては初音ミクオリジナル曲もとても印象的です!

「HORIZON」は初音ミクオリジナル楽曲で、PVにおいては眼鏡を掛けたOLのミクがかわいくダンスもお披露目されています。

この楽曲の歌詞はとてもわかりやすいです~♪

ミクのPVの冒頭は仕事に疲れデスクの上でうとうとしているシーンから開始されるのですけど、
あの場面は「今現在は毎日繰り返される味気ない仕事にばかり追われて、昔の自分の輝きがすっかり失われてしまっている・・」
みたいなOLミクの本音が垣間見えるのですけど、
「今はそうした味気ない退屈な日々でも、いつの日にかこの環境を抜け出し、かつての自分の輝きを取り戻したい!」とか
「新しい環境にチャレンジし、自分の無限の可能性をまだ若いうちに思う存分試してみたいし、この可能性がほんの少しでも
残っているというのならば、そのわずかな可能性のためでも挑戦したい!」とか
「今現在はたとえるならば、鳥かごの中に飼いならされた翼をもがれた鳥の如くひっそりとしているけど、
いつの日にかこの鳥かごを脱出し、再度翼を大きく羽ばたかせて大空を自由に飛び回りたい!」といったOLミクの気持ちが
とてもストレートに伝わってくる大変のびのびとした希望あふれるボーカロイド楽曲だと感じられます。

HORIZON の歌詞をほんの一部抜粋させていただきますと・・

「行き先なんて別にないけど レール通りに歩いてきたんだ
気付けばレールは途切れてたんだ 地図にも行き先は書いていない
立ちすくむ僕を嘲笑うように 鳥が高く飛び立った
透き通る空 もう遥か遠くへ

I can fly away!
飛びたとう どこへだって行けるんだ
繋ぎ止めるものなんてない
I can go far away!
彼方へと まだ届かないけれど
今は見えるよ あの地平線の向こう側」

この部分的な歌詞からだけでも希望とか「いつかはこの退屈な生活から抜け出し新しい一歩を踏み出そう!」とか
「その一歩の先に見えるのは新しい地地平線の彼方」とか
「周りが勝手にひいたレールの上を無感動に歩くのはもう嫌だ! 私は自由に羽ばたきたい!」という気持ちがストレートに感じられ
OLさんに対するというよりも、まだ社会人になって間もない20代前半の皆様に対するミクからのすてきな応援ソングのように
聴こえてしまいそうです!

この「HORIZON 」は東方MMDとしても既にたくさんのものが制作されていますけど、私的に最も印象的な東方キャラは
霊夢です。


髴雁、「HORIZON_convert_20190219204424

こちらの霊夢はいつもの紅白巫女さん衣装でかわいいダンスをお披露目されています。

→ 【東方MMD】サラサラロングな霊夢さんでHORIZON


髴雁、「蛻カ譛工ORIZON_convert_20190219204347

そしてこちらの霊夢の制服チェンジのMMDは圧巻のかわいらしさです!

ブレザー制服+チェックのスカート→夏服の白ワイシャツ+チェックのスカート→夏服セーラー服→
黄色のベストにチェックのスカート→冬のセーラー服→最初のブレザー制服+チェックのスカートと霊夢の制服が
次から次へと変化していき、ここに眼鏡を掛けた霊夢を挟めて展開していきますので、見ていてまったく飽きることはないてすし、
全体的にローアングルなのですけど、見えそうで実は全然見えないというとてつもなく健全なチラリズムもあったりして、
本当にすばらしい東方MMDだと思います!

→ 【MMD】学生服コス霊夢

HORIZON という楽曲は霊夢にとってはもしかしたら意味深なのかもしれないです。

霊夢は東方では博麗神社の巫女ということで幻想郷の結界を守る根幹的存在ゆえに、
HORIZON の世界のように新しい世界に向けての自由な羽ばたきという事は許されない立ち位置でもありますので、
実はHORIZON で弾けるように踊る霊夢を見ると、少しだけ複雑な気持ちになりますし、
「霊夢も本当はもしかしたら・・? HORIZON で表現されているような自由がほしいのかな・・?」ともついつい妄想してしまいます。

東方香霖堂 の「八雲立つ夜」という章にて
「結論を言うと八雲紫という名前は、境界を意味する下の名前と併せて『神様を閉じこめる堅固な囲い』を表しているんだ。
神様を巫女に置き換えればまさに幻想郷の構図だね。紫は決して幻想郷から巫女を逃がそうとはしない」
霊夢は黙ってしまった。思い当たる節はいくらでもあるのだろう」という指摘があったりもします。
ここから導き出される推察とは、
ゆかりんが幻想郷で最大限腐心しているのは「幻想郷内のパワーバランスの維持」と
外界と幻想郷の境界にもなっている「博麗大結界」をキープし続ける事なのだと思いますし、そうした意味において
一番不可欠な存在が幻想郷と博麗大結界の根幹で最大限の拠り所といえる博麗神社そのものと言えると思いますし、
その博麗神社とそこにいるはずの神様を繋ぐ巫女でもある「霊夢」なのだと思います。
だからこそ、ゆかりんは常に霊夢を「保護」という名前の監視というよりは適度な管理をしているのだと思いますし、
霊夢が根幹的に間違った方向に行こうとした場合、それを強制的に正すのがゆかりんの役割なのだとも思います。
(日常の生活態度を正しているのが華扇といえるのかもしれないですね)

アリス・マーガトロイドは巫女について「巫女と神様はワンセット」と表現していましたけど、
そうした意味においては、早苗さんと神奈子・諏訪子の二社の神様はワンセットを超越した一心同体とも言えますが、
見方によっては神奈子たちも早苗さんという巫女だけは外界に戻したり外界に逃がすことは100%ありえないと思えます。
神奈子たちは絶対に早苗さんを逃がすことはしませんし、それと同様に
何らかの形で龍神様と関わりが深そうなゆかりんも決して幻想郷から霊夢を逃がすことは無いと言う事なのだと思います。
それだけ幻想郷においては「神様とワンセットとしての巫女の存在意義は大変重要な事なのだと思います。

ゆかりんが一度口走った「博麗神社は私のモノ!」というのは、幻想郷そのものが博麗神社の不思議なパワーや結界によって
成り立っているという意味では、博麗神社イコール幻想郷そのものなのだと思われますし、
ゆかりんにとっては幻想郷そのものが「私が創造したすてきなもの!」という意識があるのかもしれないですし、
自らが作りだしたものだからこそ幻想郷内の誰よりもこの幻想郷を愛してやまないキャラといえるのだと思います。
「箱入娘」という言葉がありますけど、ゆかりんにとっての霊夢はまさにこの箱入娘という立ち位置に近いものが
あると思えますし、それが前述の「紫は決して幻想郷から巫女を逃がそうとはしない」という事の本質なのかもしれないですね。

ゆかりんはスキマ妖怪ということで、一つの世界からまた別の世界への境界を越えた移動というのは容易にできますし、
だからこそ時々幻想郷から外界に出没して、外界の現況情報の収集をしたり、将来の博麗神社の巫女候補の人選をしたり、
はたまた幻想郷の妖怪たちの食料となりそうな人間の物色をするといった悪さをしているのだと思いますし、そうした外界への
お出かけというのは案外ゆかりんにとっては退屈しのぎであり心地よい刺激であり、新鮮な事なのかもしれないです。
ゆかりんはゆかりんで外界での悪さや諜報活動を楽しんでいるのかもしれないです。
だけど霊夢や魔理沙といった幻想郷の人間たちは、生涯幻想郷を一歩たりとも離れることはできないですし、その生涯は
ずっと幻想郷で暮らさないといけないです。
霊夢は空を飛べますし魔理沙は箒に乗って空を飛べるのですけど、魔理沙がいうには幻想郷の上空をずっと地平線に沿って
飛んでも外界に入り込むことはできないし、飛んでいるうちに知らず知らずのうちにいつの間にか幻想郷の人里に戻っている
という事で、多分ですけど博麗大結界というのは幻想郷全体をすっぽりとドーム型に包むようなものではなくて、
人のモヤモヤとした意識のようになんとなく漠然と存在しているもののその結界を超越することは出来そうにもないという
事なのだと思います。

霊夢自身も本音としては一度くらいは幻想郷の結界を自由に飛び越えたいのかもしれないですし、ゆかりんやマミゾウや
宇佐見菫子や早苗さんがいうような「文明が発達した外界」というものを一度ぐらいは見てみたいし、時には
ゆかりんの監視(?)から解放されて完全に自分の意志だけで外界を見てみたいと感じているのかもしれないです。

それだからこそボーカロイド楽曲の東方MMDとしての霊夢がダンスをする「HORIZON」の世界がかわいいけどどこか意味深のようにも感じてしまいそうです。





ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
改めてですけど、本年度も当ブログはアミグリさんの描かれた絵を継続してご紹介していきたいと思っていますので、
本年度もアミグリさんのすてきな絵やdream fantasy2も宜しくお願いいたします。

上記で霊夢の話が出てきましたので、本記事においては2019年6月にアミグリさんご自身が選出・編集された
「霊夢で10年進化録」を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。
この霊夢で進化録においては2010年~2019年に描かれた霊夢を一年一作品という事でその進化を示されています。

初期作品から令和最初の霊夢に至るまで、どの時代の霊夢もキラキラかわいく輝かれていて、
見ているだけでその華やかさにうっとりとさせられます。
作風の変化やパーツの変化などはあるのですけど、共通して言えることは
どの時代に描かれた霊夢もみんなとってもかわいいという事であり、その時その時のアミグリさんのすてきな霊夢愛が
積もり積もって10年経過しての霊夢進化録としてまとまったということなのだと思います。
同一キャラを10年進化録というのは口で言うと簡単なようにも思えるのですけど、
それを実現される大前提として「とにかく最低でも10年間は続けていないと10年進化録としてお披露目する事は出来ない」
という事ですので、「10年間も絵を描き続けられていた」という事実こそが尊いのだと思いますし、
「霊夢で10年進化録」というのは換言するとアミグリさんの絵師様としての素晴らしき軌跡と言えるのだと思います。

改めて2010年の霊夢から令和最初の霊夢を拝見させて頂きますと、どの霊夢も描かれた時期に関係なく全て
キラキラと輝いていると思いますし、東方の絶対的主人公の霊夢を心から愛されているアミグリさんの
すてきな霊夢愛が伝わってきますし、dream fantasy2 のすてきな看板娘としての霊夢をアミグリさんがのびのびと楽しんで描かれいるのが10枚の作品からも
感じ取れます。

霊夢という共通素材をモチーフにしながらも、そこで感じられるのは、
例えば髪型の違い・リボンの違い・表情や全体の雰囲気の違い・色彩の違いなど毎回描かれる霊夢に毎回なにかしらの違いを
きちんと見ている人たちに伝えているのも素晴らしいと思いますし、
マンネリ化にならないような工夫や努力をアミグリさんが常に考えられている点は見事だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢の権利は全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しい霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても一度でいいから霊夢にも外界に来て頂き、幻想郷とは異なる世界を楽しんでほしいな~と思ったりもします。
スポンサーサイト



年々、全体的に日本人が書く年賀状の枚数は減少の一途を辿っていて、年賀状自体の販売枚数も年々右肩下がりな
そうです。
そりゃそうなのかもしれないです・・
職場でも得意先に出す年賀状は数年前から廃止になり、社員同士も原則年賀状は出しあわないというのがうちの会社の
暗黙のルールにもなっていますし、
プライヴェートでも年々年賀状を出す枚数も受け取る枚数も減っていると思います。
そしてなによりもメール・LINEでのあけおめ送付が一般化している事も大きいと言えそうです。

年賀状というとPCの元々のソフトに内蔵されている年賀状作成ソフトの住所録と裏面デザインを利用すれば
作成自体は対して手間が掛からないのですけど、それでも「面倒くさい」と感じるのは
それこそが加齢のせいなのかもしれないです・・
最近の年賀状等作成ソフトは優秀で機械音痴のポンコツな私でもあっという間に住所録作成と裏面デザインが出来ますし、
裏面デザインと言っても最初からある程度の雛型が出来ていますので、干支のデザインとか文言をチョイスして
位置関係を設定すればあっという間に仕上がりますので「超楽勝なのかも~」と感じてしまいます。

私が高校生の頃あたりまでの年賀状は、住所から裏面まで何から何まで手書きというのが普通でしたけど、
あの当時は世にワープロすら普及していない時代でしたから仕方無いですよね・・
干支のスタンプだけを買ってきて、そのスタンプをポンポン裏面に押し、謹賀新年等と手入力し、一人一人に
簡単なメッセージを添えると言っても、20枚程度書くだけで2~3時間も掛かってしまった事を考えると
今は本当に恵まれた時代になったとも思えます。

最近のアンケートでは「年賀状は本当に必要なのか、毎年出す必要性があるのか」という問いに対して、少しずつ毎年
「NO!」という否定派が増えつつあるというのは、それは仕方がないと思いますし、これだけ日常にSNSが入り込んでくると
「年賀状は必要ない」とか「お正月ぐらいそうした面倒な事からは解放されたい」と感じるのはある意味当然なのかも
しれないです。
ただそれでも年賀状というのは、普段ほとんど会う事が出来ない人と年に一度の安否確認をするというだけでも
意外と意義はあるのかもしれないですし、形式的な文面とはいえ
「あー、あの人まだ頑張っている!」みたいな事をよぎるだけでもすてきな事だと言えるのかもしれないです。

だから私自身は口では「面倒だな~」と感じていても極力年賀状は例え発送枚数自体は少なくても、
「この御方とは繋がっていたい・・」と思う方にはコンスタントに年賀状は出し続けたいと思います。

そうした中、「身内の不幸に付き・・」という喪中のご案内が事前に届く事も以前よりは増えた気がしますし、
(私の世代だとちょうど親世代が80代あたりが多いと言う事で、親世代が彼岸の彼方に旅立つという事も増えているのだと
感じます)
特に最近感じ始めている事は「終活の一環として来年度以降の年賀状でのご挨拶を辞退いたします」
という案内を兼ねた年賀状がちらほらと見かけるようになりました。
そうした年賀状辞退のご案内は、70代後半~80代以降の皆様に限られているのですけど、
「えーー、なんであの人がそんな事言うの・・!?」とか
「あんなにキビキビとエネルギッシュに働いていた人がそんな事言う年なのか・・!?」と驚きもしたものですけど、
考えてみると、例えば私自身が社会人になって間もない頃に色々とご指導頂いた諸先輩方は、当時はまだ40代後半とか
50代前半でバリバリに仕事をこなされているという印象もあり、そうした皆様たちは口では
「自分もあと数年で定年または子会社に出向だから・・」と言われていましたけど、現役感バリバリでしたし、
ご本人様達がお元気だから、私みたいなポンコツ新入社員に対しても色々と手取り足取り教えてくれて頂いたと
今でも感謝する事はあったりもします。
そうした皆様たちから「終活」とか「年賀状を欠かさず出す行為自体が高齢により大変な負担となってきていて・・」と
言われても、私としては当時の記憶・印象が鮮明ですので「あの人がねぇ・・ちょっと意外・・」と感じたりもするのですけど、
私が社会人デビューをしてから既に30年近い歳月も流れていますし、
当時50代前後の社会の最前線で仕事されていた皆様も同時に30年という歳月が流れていまして、そうした皆様も
現在は既に80歳近いご年齢になられているのですよね・・

「歳月は人を待たず」とか「光陰矢のごとし」との言葉ではないですけど、本当に時間の流れは早いものです。

私自身はまだまだ終活とか年賀状辞退という年代ではないのですけど、私自身も含めてどんな人でも
そうした事態はいずれ必ずやってくるものと言う事を多少意識しながら、毎日毎日を精一杯ベストを尽くして
「day by day」ではないけど一日一日を大切に過ごしていきたいものです。

私自身は自分自身の限界がこないうちは年賀状作成とかブログ更新は続けていきたいと考えていますけど、
年賀状の裏面デザインはやっぱりかわいいものがいいなぁ~♪と感じるのは
多分ですけどこの先も変りはないのだと思います。

ここから下記はかわいい年賀状という事で、dream fantasy2 のアミグリさんが過去に作成された東方キャラのすてきな年賀状を転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。
そしてこの年賀状はアミグリさんのとてつもない初期作品も一部ありますので、そうした年賀状からも
アミグリさんのすてきな進化を皆様にお伝えする事が出来れば幸いでもあります。


ykrim_convert_20100102161437.png


上記で述べたとおり、今回転載&ご紹介させて頂くアミグリさんの作品は、アミグリさんが以前描かれた年賀状のデザインです。

上記の「れいゆか」、霊夢とゆかりんの絵はアミグリさんの作品の中でもかなりの初期作品に位置付けされます。
具体的には2010年1月に掲載された作品で、2010年の年賀状デザインとして描かれた作品でもあり、
実質的には2009年に描かれた作品と言えるのだと思います。
アミグリさんにとってもかなりの初期作品とも言え、その意味においては大変貴重なものがあると思います。
もしかして・・・? アミグリさんのテビュー作の頃に近い作品なのかもしれないです。
ちなみにですけど、アミグリさんのFC2開設は2008年3月で、FC2でのイラスト投稿は同年の8月が最初です!
現在のあのとても素晴らしい「キラキラ可愛い作品とは少しばかり風情が異なっておりまして、どちらかというと
写実的というかタッチが骨太で力強さ・素朴さが伝わってきているかのような感じもあります。
2010年と言うと今から9年前なのですけど、わずか9年の時間の経過の中で、アミグリさんは、
習作時代→力強いタッチ→淡い作品時代→中間時代→キラキラかわいい路線と、自らの作風を劇的に進化させ続けていて
「これが私の最終ゴール」とと定めずに、一つの到達点だけに満足される事なく、常に自らの作風に
新しい息吹を吹き込み続けている点は、特筆に値するものがあると私は考えております。

この霊夢とゆかりんですけど、ゆかりんには「そこはかとない上品なお色気」が滲み出ていて、
「ゆかりんはやっぱり東方のすてきなレディだなぁ・・」と感じてしまいますし、ゆかりんの大人っぽい妖艶さは素晴らしいです!
それに対して霊夢は幼さというよりは純粋にちびっこかわいい~と感じてしまいそうです。

何となくですけど、この霊夢は10歳程度という雰囲気もありそうですし、そろそろ反抗期に入った頃のような
雰囲気もどことなく感じさせているようにも見えるところが色々と妄想のし甲斐もありそうな作品にも感じられます。
この作品の霊夢からは、そろそろ博麗神社の巫女としての自覚が少しは出てきたようにも感じられ、
霊夢の挙動に対して、色々と箸の上げ下げまで煩くいいがちなゆかりんに対して
「ゆかりは妖怪のくせにいちいちうるさいんだから!」となにか一言ゆかりんに対して文句を言いだけな霊夢みたいな
雰囲気も伝えてくれていそうにも私的には感じたりもします。
(霊夢の腕組みが「もー、ゆかりはいちいちうるさいんだからぁー!」みたいな事を示唆しているようにも感じたりもします)
霊夢のへそ出しがとっても可愛いです!


meirinrinrin_convert_20120104160035.png


上記の美鈴はアミグリさんが2012年1月に描かれた紅美鈴です。

この美鈴はアミグリさんが2012年の年賀状用に描かれた作品でもあります。
淡い桜の背景や美鈴のピースサインとか、お正月の雰囲気をそこはかとなく演出されている様な感じもありますし、
美鈴は中華娘ですので、中国の旧正月を楽しんでいる美鈴なのかもしれないです。

この美鈴は妖怪さんというよりは普通の人間の門番という雰囲気が漂わせていて親しみやすさが感じられると思います。
「お正月なんだからそう固い事言わないで今日ばかりは一般人も紅魔館にどんどん入って構わないよ!
吸血鬼姉妹たちとお節やお屠蘇や咲夜が作ったごちそうをどんどん食べていいよ―!」と
一般の人達を招き入れている優しいお姉さんのようにも感じられますね~♪

美鈴のこの爽やかな笑顔とこの長い髪はとても爽やかだと思います。
咲夜さんみたいな髪の部分的な三つ編み+リボンもとても映えていると感じられます。

美鈴は東方キャラの中でも長身とか大人っぽいといった雰囲気が漂い、東方のすてきなお姉さまの一人だと
思うのですが、ゆかりんみたいな圧倒的な威圧感+胡散臭さは感じさせず、
親しみやすさ」をより強く感じさせてくれるキャラなのかなとも思ったりもします。


nenga-medesun-kahitu_convert_20140102145352.png


続きまして上記のメディスン・メランコリーは、アミグリさんが2014年1月に描かれた絵です。
このメディスンはアミグリさんご自身の2014年年賀状デザインとなっていたとの事なそうです。
アミグリさんから当時年賀状を貰った人はみんなとってもハッピーだと思います。
だって新年早々こんなめちゃくちゃかわいい美少女が印刷された年賀状が届いたら
「今年は何かいいことあるのかも・・!?」とか「新年早々縁起がいいしめでたい!」と思われていた事は間違いないと思います~♪

このかわいいメディスンもそうですけど、上記のゆかりんと霊夢、そして美鈴の年賀状をリアルで貰った人は
私から言わせて頂くと「この世でいっちば~ん!の幸せ者」と言えるのは間違いないと思います!

メディスンは、人間に「捨てられた・・」という事で「恨み」を持っている妖怪なのかもしれないですけど、
アリスから今後色々な意味で実地教育を経て、
「幻想郷内の素敵なレディー」へと変貌を遂げていくその過程のメディスンみたいな雰囲気を私は、アミグリさんが
描かれたこの一枚の絵からついつい妄想してしまいそうです。

そしてこの年賀状メディスンなのですけど、両手にスーさんと2014年の干支のお馬さんを抱きかかえているのが
年賀状らしいすてきなアィディアだと思います。
2014年2月のような笑顔満載のメディスンではなくて、少しきょとん・・としているのもとってもかわいいです。

上記のアミグリさんが描かれたれいゆか・美鈴・メディスンの年賀状イラストはその権利は全てこれらの年賀状イラストの
絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい東方年賀状デザインを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

明日から御用始めという方も多いかとは思いますけど、今年もなんとか頑張っていきましょう!
他人からのお願いごとに対して「お断りします」と発するのは普通はNGだと思うのですけど、それが実に絵になってしまうのは
言うまでも無く「ラーメン大好き 小泉さん」の小泉さんですよね~♪
小泉さんはアニメの記念すべき第1話ですらも、悠の「小泉さん~、今度一緒にラーメン食べに行こう!」とか
「お勧めのおいしいお店を教えて~」等に対しても4回も「お断りします」や「嫌です」を発しているというのもすごい話なのかも
しれないです。

普通の感覚ですと、ある人から何か依頼事や頼まれごとをされた時、それがちょっと面倒なお願い事だと
「さてさて・・どうやって断ろう」とか「その人を傷つけないでやんわりとお断りするにはどうすればいいのかな・・?」と
迷ったりもしますし、そうしたお断りの言葉は、言葉自体に色々と気を付けたり一定の配慮も必要なのだと思うのですけど、
それに関しては一切容赦のないのが小泉さんであり、そうしたある意味コミュニケーション放棄の姿勢や会話のデッドボールを
やって絵になるのが小泉さんの小泉さんたる所以なのかもしれないです。




_convert_20200105194238.jpg


小泉さんの決め台詞というとふはーもそうなのですけど、やはり誰が何と言っても大澤悠を拒絶する際の
「お断りします」・「嫌です」・「結構です」等なのですが、
小泉さんは基本的にはそうしたセリフはさすがに美沙や潤とかクラス内の女子生徒には発しませんけど、
男子生徒や小泉さんをナンパする者たちとか、そして何よりも・・小泉さんの天敵というかすてきなストーカーとも言うべき
あの大澤悠に対しては、漫画版もアニメ版も「お断りします」を連発しまくっていたのが大変印象的でもありました。
悠が何度となく小泉さんに対して「小泉さーん、どっか遊びにいこっ!」とか「小泉さーん、一緒にラーメン食べにいこっ!」と
お誘いしてもほぼ1000%近い確率で「お断りします」と冷たくあしらわれてしまうのは、この作品のすてきなお約束
みたいなものでもありました。

当たり前の話ですけど、普通の人が普通の感覚の人にまるで会話のデットボールの如く「お断りします」と冷たくあしらって
しまうと、それを言われた人は「なんたあいつは!」とか「もう金輪際あんな人とは口を利かない」となりがちなのですけど、
悠に関しては小泉さんから何度拒絶されても「お断りします」と言われても、「お断りします」という小泉さんの言葉自体が
悠にとってはすてきなお言葉であり、「よっしゃー! 今日も小泉さんと会話ができた~!」という事になってしまうと言うのも
大澤悠のあまりにもポジティブで前向きな小泉さん愛なのかもしれないです。

アニメや漫画では中村美沙や高橋潤は小泉さんからそうした会話のデットボールを食らう事は極めて少ないと言うのは、
それは二人が一歩引いた感じで小泉さんに接していたり
「私はこんなラーメンが好きだからそれに関する情報を教えて~」みたいなノリで接しているからなのかもしれないです。

悠が小泉さんと仲良くなるためには一歩引くという事が大切なのかもしれないですけど、それが出来ないで猪突猛進的に
小泉さんに付きまとうから小泉さんから会話のデットボールを食らうのですが、
そうした猪突猛進的でとてつもなくポジティブなのが悠の最大の魅力なのかもしれないです。
「お断りします」は、クールビューティの小泉さんが悠に発する時だけはとてつもなく魅力的に感じますね~♪

上記で他者とのコミュニケーション放棄とか会話のデッドボールと記しましたけど、東方においてそれが最も絵になりそうな
御方というと、それはいうまでもなくさとり様なのだと思います。

さとり様は会話の前から既に相手の心=本音をお分かりになっていますので、会話といったまどろっこしい事は必要ないです。
そのため、ついつい先走りして相手の心の中を先読みしてポロッと喋ってしまうだけなのかもしれないです。
さとり様の場合は、言うならば会話のデットボールみたいなものです。
いきなり問答無用で、人にとって最も触れて欲しくない部分という核心を突いてくるという感じなのかもしれないです。

会話のデッドボールというと、上記で書いた通り、「小泉さ~ん! 今度一緒にラーメン食べにいこっ!」とお誘いする
大澤悠に対して「お断りします」の一言を発してその場を立ち去る小泉さんにも極めて近いものがありそうなのですけど、
小泉さんは大好きなラーメンに対して質問を投げかけたり、小泉さんのプライヴェートに触れない形で
「こうした条件下でのおいしいラーメンのお店を探しているのだけどなんかいいお店知っている?」みたいな感じで小泉さんの
ストライクゾーンにはまる質問さえすれば案外その後のコミュニケーションはラーメンに関する点だけはかなり円滑に
流れたりもするのですけど、さとり様の場合は、多分ですけど、コミュニケーションそのものを放棄されている御方でも
ありますので、小泉さん以上にそのハートをつかむには難しいといわざるを得ないのだと感じます。

そうした意味では、小泉さんと東方のさとり様はどことなく共通している面もあるのかもしれないです。

例を挙げると・・

〇基本的には無口で不愛想で「心、ここにあらず・・」のミステリアスな雰囲気を宿している

〇他人と好んでコミュニケーションを取ってはいない、というかむしろ他者とのコミュニケーションを放棄している感じでもある

〇一芸には秀でている(小泉さん→ラーメンに関する膨大な知識量と経験、さとり様→心の読解能力)

小泉さんは普段は言うまでもなく外界のJKさんで、さとり様は幻想郷の旧地獄という地底におられるという事で、いうまでもなく
この辺りには接点の持ちようはないのですけど、何かの間違いでさとり様が一日だけ外界で過ごすことになった場合、
もしもですけど、この時小泉さんとさとり様が出会ってしまい、小泉さんがさとり様と一緒にラーメン食べ歩きをしたら
いったいどうなってしまうのでしょうか・・??

以前なのですけど、当ブログの記事内にて
「もしも幻想郷のすてきな女の子たちの誰か一人を一日だけ外界に連れ出しデートしたらだれがいいのかな・・?」みたいな
脳内妄想記事を書かせて頂き、その際に私が選ばさせて頂きました東方キャラは文ちゃんまたはアリスでしたけど、
さとり様と言うのもとてつもなくトリッキーな選択ですけど、それもありなのかもしれないです。
さとり様と外界でデートをしたとしたら、通り過ぎる人たちみんなの心をさとり様が瞬時に読み取ってしまい
「あの人は嘘つき、この人も嘘つき・・」という感じになってしまうのかもしれないです。
もしもですけど、さとり様と一緒に国会議事堂の見学に行き、国会を傍聴席で一緒に見学し、
その国会での答弁のやり取りをさとり様がお聞きになったとしたら
「外界のあなたの国の元首たちは嘘ばっかりついていて、誰一人本当にこの国の事を真剣に考えている人は
いないのね・・結局はみんな自分が可愛いし、自分の選挙区の利益ばかり考えている・・」みたいにお感じに
なられるのかもしれないですし、 外界でのデートが終わり、さとり様が幻想郷にお戻りになられる時の最後のお言葉は、
「あなたが一番嘘つきなのかもね・・」という事なのかもしれないです・・

もしも小泉さんが何かの偶然でたまたま一日だけ外界転生を果たされたさとり様と遭遇し、ラーメンをおそらくは
食べたことすらないさとり様が小泉さんに奢られる形で一緒になって一日ラーメン食べ歩きをされたとしたら、
さとり様も外界のラーメンのおいしさに感動してしまい、小泉さん同様ふはーとなってしまうのかもしれないです。
ちなみに幻想郷においては、そばやうどんはあるのですけど、ラーメンはおそらくは存在しないメニューでもありますので、
さとり様的には「世の中にはこんなにおいしい食べ物があったんだ~♪」とこの時ばかりはいつもの心、ここにあらずの
雰囲気ではなくて、おいしさのあまり自然体でふはーとされた明るい笑顔のさとり様がみられるのかもしれないです。
そして小泉さんはおそらくはラーメンに関するうんちくをお披露目されまくって、さとり様からは
「この知識量と経験はすごいものがある・・」と感動されるのかもしれないです。
さとり様はいうまでもなく他者の心の読解を能力にされている御方なのですけど、普段ですと、人・妖怪・怨霊たちの
心の中に潜む表面の言葉とは異なる心の本音との乖離や人の心の嘘つきぶりに嫌気がさされるとは思うのですけど、
ラーメン大好きでラーメンのことしか考えていない小泉さんにさとり様が一日接した時のさとり様の反応というものは、
いうまでもなく、「この娘はラーメンのことだけしか考えていないラーメン脳の持ち主」とか
「この娘の心には表も裏も何もない・・、心の中にあるのはラーメンのことだけである」とか
「建前と本音という二重言語で暮らしている人間の中にあってはありえないほど稀有な心の持ち主なのかもしれない・・」
という事で、心の裏表がほぼ皆無で、考えているのは寝ても覚めてもラーメンのことばかりの小泉さんのことを
さとり様は案外お気にいられるのかもしれないです。
そして地霊殿に飼っている無数の犬や猫や鳥といったペット同様に
「この娘も地霊殿にペットとして養育してもいいのかも・・」と考えられるのかもしれないです。

だけど小泉さんが万一幻想郷入りをされても、幻想郷にはラーメンがないようですので、ラーメンの無い世界に
号泣されるのかもしれないです。
そうした場合は、さとり様は紅魔館に依頼し、咲夜さんが調理されたおいしいラーメンを出前されるのかもしれないです。


_convert_20191127160054.jpg

_convert_20200106161729.jpg


小泉さんのアンソロジー漫画は既に発刊されているのですけど、さすがに東方とコラボした作品やさとり様が関わった作品は
皆無というか多分一つも存在していないと思うのですけど、
コミュニケーション放棄・会話のデッドボールという共通性をもった二人がもしも出会った場合には、
もしかしたら・・?? なにかと楽しそうな話も展開できるのかもしれないです~♪

換言すると、さとり様からラーメン脳と認知される言う事は、外界でもラーメン女王であることを立証されたと同義語と
言えるのかもしれないです。


2016-3-satorisama-02-kakou-desu_convert_20160309214520.png


ここから下記は、dream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記のさとり様は、2016年の3月10日の「さとり様の日」に、私自身がアミグリさんにリクエストをさせて頂き描いて頂けた作品
でして、元絵は背景に窓がない微笑の表情ではないさとり様でありますが、 の窓有背景と微笑さとり様ヴァージョンの方を
今回は転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

微笑さとり様ヴァージョンは普段は「心、ここにあらず」みたいなせつない表情をされているさとり様に対して、
こいしちゃんのような「希望の灯」が内面に灯されたような印象が強く感じられます。
このさとり様からはどこか救われた想いや明るい希望のようなものを感じさせてくれていると思います。

背景の演出が素晴らしいです!

窓から光がさーーーっと差し込むというのは、さとり様の閉じられがちでひきこもりがちのさとり様の心が
少しずつオープンになっていくみたいな事を示唆されていると言えるのかもしれないです。

妹のこいしちゃんが秦こころの「希望の面」を拾った事で、こいしちゃんに「他者から注目される事への快感」に
気が付いたという事に、多少なりともお姉さまのさとり様の心にもどことなく
影響を与えてしまったみたいな事も示唆しているような雰囲気が漂っているイラストのようにも感じられます。

「心、ここにあらず」のさとり様の雰囲気ももちろんすてきですけど、女の子というものは、
アミグリさんが描かれたように笑顔とか微笑みの方がお似合いと言えるのかもしれないですね。
(ただ「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんほど笑顔があまりに合わない人はいないという事なのかもしれないです)


75300843_p0_master1200_convert_20190620235048.jpg


上記のさとり様は、2019年7月の私のお誕生日祝の記念イラストとして描いて頂けたリクエスト絵です。

アミグリさんがこのさとり様を最初に描かれようとした際のイメージは「少し怒ったような感じ」だったとの事です。

口ではどんな美辞麗句を言っていたとしても腹の底ではさとり様を見下している様な者たちを多数目にしてきた事で、さとり様は
「他者・・、特に人間達のあの二枚舌は全く信用する事ができない」と義憤にかられていたのかもしれないですし、
そうした少しお怒り気味のさとり様の雰囲気がアミグリさんにとって最初少しお怒り気味のさとり様を描こうとされた背景に
なっているのかもしれないですし、こうしたアミグリさんのアプローチはむしろ正攻法と言えるのだと思います。

当初の想定のお怒り気味のさとり様から決然とされたキリリっ!とされたさとり様に絵の雰囲気が変化した事には、
東方の物語的な側面としては、こいしちゃんが最近の東方作品の中で他者から注目されて得られる快感に目覚め始めて
今までのような心カラッポのこいしちゃんではなくて、多少は感情が芽生え始めたことによって姉妹同士のある程度の本音の
会話ができるようになり、それがさとり様にとっては心の安定に繋がっていった事になるのかもしれないですし、
こいしちゃんの居所を探してさとり様は時々地霊殿を離れて幻想郷内の人里やこいしちゃんが居候しているかもしれない
命蓮寺に出向く事によって他者との交流が以前よりはその機会が増え、そうした機会を通して、さとり様ももしかしたら、
「幻想郷内の人間や妖怪の中には素直な感情を有していたり裏表が全く無い霊夢のような存在もいたりもする」と言った事に
気が付かれ始め、 「人間達も悪くは無いのかも・・」という事にうっすらと気付き始めたという事になるのかもしれないです。
そうした想いが徐々にさとり様の心の中を溶かし始め、「それだったら幻想郷内でもしかしたら私にしか出来ない役割や意義も
なにかあるのではないか」と考え始め、それが冒頭のアミグリさんの描かれたキリッとした決然とした雰囲気の
さとり様へと変容した事につながるのかもしれないです。

2016年3月のさとり様との比較検証という意味では、2019年版さとり様は、少し目が釣り目気味で片目ではなくて
両方の目がしっかりと開けられていてしかもジト目ではなくて、どこか決然としたキリッとしたものが伝わってくるという事だと
感じられます。
さとり様の強い主体性というのか「妹は妹として大切だけど、私もやりたいことがある」といった今までの心、ここにあらずの
さとり様ではないという事を高らかに宣言したようにも感じられたりもします。

上記のアミグリさんが描かれた2枚のさとり様の権利は、さとり様の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しいさとり様を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

ゆかりんや早苗さんやこいしちゃんもすてきだけど、さとり様もやっぱり素晴らしいキャラですよね~♪
本日、12月24日はクリスマスイブです。

そしてクリスマスが終わると一気に大晦日~お正月へと突き進んでいきますので、この時期になると否が応でも
「間もなく一年が終わるね・・」としみじみと実感させられそうです。
例年ですと、この時期は街中も大変にぎわっていたり混雑しているかとは思うのですけど、今年は新型コロナもありますし、
例年よりはさびしいクリスマス~大みそか~お正月となりそうです。
今年の大みそかの紅白歌合戦も無観客での開催が決まっているようですし、例年に比べると異例の年末年始に
なりそうではありますけど、それでもせめてクリスマスくらいは今年に関しては外出せずに家でのんびりと楽しんで頂きたいです。

家族と共にすてきなクリスマスを過ごされている方も、彼氏彼女と楽しいクリスマスを楽しまれている方も
お仕事の方も、 一緒にクリスマスを過ごすお相手がいないちょっとさびしい(?)皆様も、
是非是非ほんのひと時ではありますが、「dream fantasy 」のアミグリさんが描かれた素敵なクリスマス絵を ご覧になって頂き、
少しでもクリスマスの気持ちを味わって頂き 皆様に少しでも「ハッピー」をお伝えする事が出来れば誠に嬉しく思います~♪

今宵の夜は清らかな気持ちでイブを過ごして頂きたいなぁ・・と思ったりもします。

こうした聖なる夜にアミグリさんが描かれた「聖なる絵」をご覧になって頂き、せめて一晩だけでも
皆様の魂が浄められる事を切に願っております。
そして今年もアミグリさんの描かれた東方とオリジナルのクリスマス絵をお楽しみ頂きたいと思います。


meri-ru-mia_convert_20121224160516.png


まず最初にアミグリさんが2012年12月に描かれたサンタコスプレのルーミアを皆様にご覧頂きたいと思います。

ルーミアのふわふわ感が素晴らしいと思います。

ルーミアは基本は「闇の妖怪」なのですけど、クリスマスの晩ぐらいは、こうしたふわふわの可愛い衣装を身にまとって
幻想郷内の夜空をいつものようにふらふらと飛んで欲しいものです。

ルーミアは基本的には黒の衣装がベースになっていて
アミグリさんが描かれたこのサンタルーミアは、普段と異なり薄い赤紫と白をベースにされているのですけど、
そうした普段と違う雰囲気がとても新鮮に感じられます。
ぺたんと座った感じのルーミアがとっても可愛いですし、絶対領域らしい部分がちらっと見えてはいますが、
それがお色気ではなくて女の子としての自然体なかわいらしさとして描かれているのは
アミグリさんらしいクリスマス絵なのだと感じます。
背景のグリーンもルーミアのかわいらしさを更に引き立てていると思いますし、帽子の白のモコモコもとてもよくお似合いだと
思います。


kurisumasumarisa-kai_convert_20141211173115.png


続きましてアミグリさんが2014年12月に描かれたサンタコスプレの魔理沙です。

とにかく魔理沙がめちゃくちゃかわいすぎて生きるのが辛いと思わせてくれる元気一杯の魔理沙だと思いますし、
魔理沙の躍動感が素晴らしいです!

サンタをモチーフにされながらも<、同時にこうしたダイナミックスさを丁寧に表現されている事は
本当にすごいと思います!

背景も冬らしくキラキラしているのがとってもファンタジーですし、
魔理沙の「紅白」のサンタコスプレが、なんとなく霊夢を彷彿とさせるものがあり、とっても華やかな
雰囲気に溢れていると思いますけど、霊夢以上のあでやかさが素晴らしいですね!!!
そして何よりも、この魔理沙はとてつもなく可愛いし躍動感に満ち溢れていると思います!

霊夢は神社の巫女さんという事でもありますので、クリスマスコスプレは多分あまりやりそうにもないと思うのですけど、
魔理沙はノリもいいし、西洋の魔法使いっぽい御方でもありますので、
れいまりの2人の中では魔理沙の方が断然クリスマスとは相性がいいような気もします。

アミグリさんが描かれた魔理沙からは「クリスマスイブをすてきに楽しんでやるぜー!」と言っていそうな雰囲気が
十分すぎるほど伝わってきていると思います。





ここから下記の作品はアミグリさんのオリジナルクリスマス絵をお楽しみいただきたいと思います。

上記の絵はアミグリさんが2015年12月に描かれたオリジナルのクリスマスの女の子です。

このクリスマス絵はとてつもなく精緻な絵だと思いますし、細かい所にまでよく手が入っているという印象なのですけど、
同時に女の子のかわいらしさも見事に表現されていて、
素晴らしく精緻で精密という要素の他に、かわいい女の子・クリスマス・ファンタジーという萌え要素が
三つも加わって、見ているだけでクリスマス気分が味わえそう!という雰囲気を見ている私たちに伝えていると思います。

この女の子はサンタさんそのものではないのですけど、緑と赤を組み合わせる事でクリスマスという雰囲気が
見事に伝わっていると思います。
赤と緑のドレスの対照性が斬新です! 白のもふもふっとしたふわっとした感じも全体に花を添えていると思います。
背景もとても細かい所にまで手が入っていますよね~!
クリスマスツリーもとても丁寧に描かれていて好感が持てます。
そしてこの女の子の頭にちょこんと乗っかっているサンタ帽もとてもキュートだと思います。


krsms!!_convert_20121125182327.png


上記の絵はアミグリさんが2012年11月に描かれたオリジナルのサンタ娘さんです。

この絵はシンブルな描かれた方が清楚な雰囲気をもたらしてくれていると思います。

輝夜みたいな長髪、ルーミアみたいな金髪!  まさに絵に描いたような美少女サンタさんだと思います。
スカートの白のモコモコ感がとっても可愛いですし、すてきなサンタさんだと思いますし、
背景のツリーも小さいのによくここまで細かい飾りの丁寧な描かれ方が素晴らしいですね~♪


xmas-dedenne-2015-02_convert_20151214165945.png


続きまして、アミグリさんが2015年12月に描かれたポケモンからデデンネのクリスマス絵です~♪

ちなみにですけど、アミグリさんはポケモンキャラとしてはデデンネがお気に入りとの事で、
「dream fantasy」においても何度かとてもまるっこくてかわいいデデンネを掲載されています。
アミグリさんが描かれるデデンネってどのデデンネもとっても可愛くて見るだけでなんか癒されますね!
あの可愛くて癒される雰囲気は、アミグリさんが時折描かれるオリジナルのまるっこい不思議生物を彷彿とさせ、
みるだけで「かわいい~っ!」と感じてしまいそうです。

このデデンネクリスマスverは、サンタのプレゼント入れみたいなブーツもとってもクリスマスらしい雰囲気が出ていますし、
そこからひょいと顔だけ出しているデデンネがとってもとっても可愛いと思います。

可愛い女の子のサンタさんもいいけど、こういう可愛いデデンネでのクリスマスというのも大いにありだと思います。


kahitu-xmas-nazo-02_convert_20151209163810_convert_20161211175446.png


上記でアミグリさんのオリジナルの「不思議生物」と書きましたけど、
この不思議生物のクリスマス絵もアミグリさんは2015年12月に描かれています。

このまるっこい不思議ちゃんみたいな生物に癒されますね!

あの不思議なまるっこい不思議生物ちゃんがこうやってクリスマスツリーに飾られているのを見るだけで
なんともいえないゆるくて楽しいクリスマスを楽しめそうです。

ちゃっかり一匹だけサンタさんコスプレしているのもとってもいい味を出していると思います。

この不思議ちゃんたちはどんな「クリスマスプレゼント」を配っているのでしょうか・・・??


xmas-orizinar-girl-2015_convert_20151217183629_convert_20161109211647.png


続きましてアミグリさんが2015年12月に描かれた「もうすぐクリスマス」と題されたオリジナルのアミグリさんのサンタ娘です。

やっぱりクリスマスというとサンタやクリスマスプレゼントがいっちば~ん!という事なのだと思いますが、
同じくらい美少女の皆様たちのサンタコスプレも素晴らしいと思います~♪

アミグリさんが描かれたオリジナルのサンタ娘は、真っ赤な色彩がサンタさんらしいですし、鮮やかな金髪との色のコントラストが
とても華やかだと思います。
ツーサイドに編んだ髪がとっても可愛いですし、この絶対領域も眩しいけどとてもかわいいと思います。

見た感じの印象なのですけど「明日にジャンプ!」というコピーがしっくりきているようにも感じられますし、
「いよいよ明日はみんなが楽しみにしているクリスマスが始まる!!」みたいなウキウキ感が漂ってきていて
「もーいーくつ寝ーるーとー、クリスマス・・!!」と思わず口ずさんでみたくなってしまいそうな絵だと思います。

こんなにかわいいすてきなサンタ娘ちゃんでしたら、是非是非クリスマスの晩には、我が家にプレゼントを届けに
来てほしいものです~♪ もちろん、我が家には煙突はありませんけど・・・
インターホンを鳴らしてくれさえすけば、こんな可愛いサンタ娘ちゃんでしたら、熱烈大歓迎で
我が家にお招きさせて頂きたいと思います!


xmas-hinachan-desu_convert_20161217185126.png


ここから下記は再度アミグリさんが描かれた東方クリスマス絵に戻らさせて頂きたいと思います。

続きましてアミグリさんが2016年12月に描かれた「厄リスマス!」とタイトルが付けられたクリスマス仕様の雛ちゃんです!

クリスマス仕様の雛ちゃんを描かれた際のアミグリさんのコメントとして
「背景を暗くして、雪の結晶をとばして冬っぽさを演出し、雛ちゃんの表情も変えました。
雛ちゃんの頭のリボンもクリスマスカラーにしました。
紅い手袋を追加して少し暖かそうになったかなと思います。」という事でしたけど、
そうしたちょっとした変化でここまで見事に変化を感じさせられる事が出来るのは本当に素晴らしい事だと思います。

雛ちゃんの笑顔がとってもかわいいです!

頭のリボンがいつもの雛ちゃんのフリル地獄のものではなくて、ここにクリスマスらしいデザインにされているのは
とても斬新で新鮮なアィディアだと思いますし、雛ちゃんの魅力を更に引きだしているように感じられます。

そして何よりも雛=フリル地獄と言われがちですけど、アミグリさんが描かれた雛ちゃんからは、そうした厄介で描きにくい
デザインという雰囲気は微塵も感じさせず、クリスマスにふさわしい楽しさ・祝典・華やかさというものを
ストレートにダイナミックスに感じさせていると思います。


xmas-sanaesan-001_convert_20171221161810_convert_20171222164307.png


続きましてアミグリさんが2017年12月に描かれた「クリスマス仕様の早苗さんとデデンネ」のすてきなコラボです!

アミグリさんは2017年12月にクリスマス早苗さんという早苗さん単体としての作品もお披露目されていましたけど、
ここにアミグリさんが愛してやまないデデンネが加わる事で更に華やかさとかわいらしさが
マシマシになっているのだと思います。
早苗さん単体でも可愛いし、デデンネだけでもかわいいのに、このかわいい両者がこれほどまでかわいく魅力的に
コラボすると可愛さも2倍! いやいや可愛らしさも100倍UP!!という感じなのだと思います!
サンタコスプレのデデンネとクリスマスツリーコスプレのデデンネとデデンネが二つも描かれているのが大変心憎い
サービスですよね!
早苗さんは本来は「緑の巫女」という事で緑を基調とした巫女服を着ているのですけど、この作品では赤色を
ベースにされていて、まるで霊夢のような早苗さんという感じも漂っていて、
クリスマスとしてはこれ以上すてきな早苗さんはありえないっ!と感じさせるほど可愛らしさが伝わってきていると思います。
白のモコモコの帽子もとてもよくお似合いだと思います。

本当にとってもとってもかわいいサンタさんコスプレの早苗さんですね~!
こんな可愛いサンタ早苗さんでしたら、是非ぜひ一晩ぐらいは幻想郷を離れられて、早苗さん自身が以前暮らしていた
この外界にサンタさんとしてやって来て頂き、外界の皆様に別にプレゼントなんかしなくてもいいですので、
「早苗さんの愛」というプレゼントを私たちに分けて欲しいものですね~♪
クリスマスイブの聖なる晩にこんなにもかわいい早苗さんのすてきな笑顔を見せ付けられてしまうと、
本当に私は、クリスマスプレゼントもケーキもチキンも七面鳥もシャンメリーもな~んにも要らないです!
この早苗さんの笑顔以外に一体何を求めればいいのでしょうか・・? そんな感じのとてもすてきな早苗さんだと思います。

いや~、早苗さんってやっぱり素晴らしいですよね!


xmas-yukarin-07_convert_20181221220912_convert_20181222162554.png


さてさて名残惜しい事に上記のゆかりんをもって今年のアミグリさんが描かれたクリスマス絵のフィナーレ!と
なってしまうのですけど、そのフィナーレにこれほど相応しいものは無いと感じさせる素晴らしい作品として
改めてクリスマスゆかりんを皆様にお披露目させて頂きたいと思います。

アミグリさんが描かれたクリスマスゆかりんはレディとしての美しいゆかりんとクリスマスの時に思わずちょいと
コスプレみたいな事もしてみたくなってしまったような少女みたいなかわいらしさの両方の側面を見事に
描かれていると感じます。
普段は幻想郷を陰で暗躍する黒幕とか霊夢の保護者みたいな立ち位置のゆかりんなのですけど、
ゆかりんだって、聖夜の時ぐらいは普段身に纏っている導師服とかパープルの派手なドレスではなくて、
かわいい紅白のクリスマス衣装を纏ってもいいじゃないか!というアミグリさんのすてきな意図がそこには垣間見えるような
気もしたものでした。

とにかくこのクリスマスゆかりんはかわいいしとても美しいと思います!
(いつものように)とても大人っぽい雰囲気をキープしながらも「少女のようなかわいらしさ」を
デフォルメではなくて正攻法に真正面から表現されているようにも感じるのですけど、
それでいてとても「美しい!」と見ている人を思わず唸らせてしまう圧倒的な表現力がここに提示されていると感じたものです。
髪飾りや髪のリボンや背景などにおいて上記の雛ちゃん以上にクリスマス色が大変鮮明に表現されていて、
「ゆかりんと共にクリスマスがやってくる!」という事を見ている私達に強烈にアピールしいるように感じたものでした!
ファーのあたたかそうな雰囲気も見ているだけでふわふわ&もこもことした気持ちにさせてくれそうです。

ゆかりんがいつも被っているZUN帽もこうやってクリスマス用に赤いZUN帽となっているだけで、
「随分と雰囲気が変ったのかも・・」と感じてしまいますし、
紅白の衣裳に対しての金髪は艶やかな対照性を感じさせてくれていますし、
特に赤の衣裳に対する襟元と袖の白のモコモコふわふわのファーの柔らかさが引き立っているようにも感じられます。
そしてゆかりんの上品極まりない薄化粧に一人のすてきなレディとしてのすてきな大人のお色気を感じ取ります。
眼が普段描かれているゆかりんよりも少しだけくっきり感じられるのは、
いつもより少しだけ強めのアイシャドウ効果なのかもしれないですし、
ほんのりと紅潮した頬のかわいらしさや上品な口元に思わず見入ってしまうものがあると感じたものでした。
背景の雪の結晶もゆかりんの美しさを際立たせていると思います!

とにかくこのゆかりんは素晴らしいです!

こんなかわいく美しいゆかりんでしたら、今すぐゆかりんに外界にお越し頂き、外界のクリスマスイルミネーションの下で
ゆかりんと二人きりのデートを楽しみたい!と感じさせてくれるクリスマスに相応しい大変立派なゆかりんイラストだと
改めて確信したものでした!

上記のアミグリさんが描かれたクリスマスをモチーフとした東方とオリジナルのクリスマス絵の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいくて美しいゆかりんやオリジナル絵を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは皆様におかれましてはすてきなクリスマスイヴを過ごして頂きたいと思います。
最近の当ブログでは、金髪碧眼・銀髪・緑髪・前髪ぱっつんなど美少女キャラの皆様の髪型についての記事が
続きましたけど、美少女の髪の王道はもしかしたら黒髪ロングなのもしれないです。

女の子は男の子と違って、ショートでも長髪でもポニーテールでもツインテールでも金髪でも茶髪でも
くせ毛でも三つ編みでもおさげでも「み~んなとっても可愛い!」という事なのだと思います。
女の子がそうした髪の毛をすてきに変化させるだけで、周りの人たちはみんなとってもハッピーになれるのだと
思えるのに対して、男の子というものは例えば丸刈りにしても「なんか甲子園球児みたい・・」で終ってしまいそうですし、
はたまた謝罪の意味で丸坊主にしたとしても「形だけの謝罪ではないのか・・?」というむしろ不信感すら呼び込みそうですし、
男の茶髪というものはどうしてもチャラいとか軽いとか胡散臭いという印象を与えがちなのかもしれないです。
場合によっては「ボウズにする事でいかにも私は禊を済ませました・・」みたいな見え見えの謝罪が見え隠れもしそうですし、
そうした見せかけの謝罪ほど胡散臭いものはないと思いますし、
男の子がロンゲにしたり茶髪にしたとしても「何だか詐欺師っぽい・・だまされないに気を付けよう・・」みたいな印象に
なってしまうのかもしれないですし、
とにかく男の子が髪の毛をチェンジさせたって周りの人たちの反応は「別にい~」とか「だからなんなの・・?」と言う感じなのかも
しれないですね・・
そうした点が男の子と女の子の違いと言えるのかもしれないです。

私自身多分ですけどこの世で一番大好きなものは抽象的な表現ですけど「美しいもの」であり、
この世で一番美しいものとはすなわち「女の子」だと思いますし、
そうした「美しいもの」に憧れるというのは特段ヘンともヘンタイさんとも思わないですね・・・

私自身このブログでよく「ポニーテール大好き!」と書く事が多々ありますけど、女の子の髪型は前述の通り
どれもこれも素敵なものばかりなんですが、その中でも特にポニーテールを含めた長髪で黒髪の女の子に
一番魅かれるのかもしれないです。
あの黒毛の長髪サラサラはある意味「絶対的正義」なのかもしれないです~♪

東方のMMDの中には随分と素晴らしい作品があるのですけど、その中でも特に大好きなのは、
「サラサラロングな霊夢さんで橙ゲノム」ですね~!
最初にあれを見た時は衝撃でしたね!
霊夢というとどちらかというとショートヘアに近いような雰囲気もあるのですけど、ああした長髪&黒髪でサラサラな霊夢が
あんなとってもかわいくてすてきなダンスをお披露目してくれるだけでとてつもなく感激したものです。
もしもあの霊夢をご覧になりたい方は「サラサラロングな霊夢さんで橙ゲノム」というワードで検索を掛けると
すぐにHitすると思います!
普段ショートに近いようなイメージがある霊夢がああしたすてきな黒髪長髪で踊るからこそ価値があると言えるのかも
しれないですね!
私はあの霊夢を見て、改めて霊夢に惚れ直したという感じもあったと思います。

黒髪ロングとは、黒髪のロングヘアーのことです。

髪型ファッションの一つであり、日本において古くから受け継がれる萌え要素の一つでもあります。

黒くつやのある直毛は、清楚さ・神秘性というイメージもあり、日本では古来より定番の髪型であったと思いますが、
時代が昭和から平成に入りいわゆる茶髪がもてはやされるようになると黒髪ロングどころか黒髪の女の子を探すほうが
難しいのではないか・・?とすらいわれる時期もあったのかもしれないですけど、
現在ではむしろ茶髪・金髪よりは黒髪のほうがおしゃれなのかな・・?と感じることもあったりします。
また、アニメ・ゲーム等のキャラクターにおいて、黒髪ロングストレートは昔も今も相当人気がある髪型であるといえそうです。
黒髪ロングがもたらす印象としては、日本人としての感覚でいうと巫女さんの神聖さというものが大きいのかもしれないですが、
リアルでも二次元でも黒髪ロングというのは、和・クール・神聖さ・清楚・まじめ・素直・ドSかドMというイメージがありそうですし、
総じて言えることは黒髪ロングというのは和風の顔立ちを演出し、それがよく似合うのは美少女またはJKさんなのだと思います!

さてさて、それではアニメ・ゲーム作品等での黒髪ロングの美少女キャラにはどんなすてきな娘がいたのでしょうか・・?

思い浮かぶところで少しばかり列挙してみると・・

プリキュアシリーズ / 青木れいか 雪城ほのか

氷菓 / 千反田える

けいおん! / 秋山澪

艦隊これくしょん / 暁 赤城 足柄 三日月 瑞穂 飛鷹 榛名 潮 長門 筑摩 鳥海 阿賀野

ご注文はうさぎですか?? / 宇治松千夜

ガールズ&パンツァー / 五十鈴華

響け! ユーフォニアム / 高坂麗奈 田中あすか

デート・ア・ライブ / 夜刀神十香

キルラキル / 鬼龍院皐月

めぞん一刻 / 音無響子

ラブライブ! / 園田海未

ラブライブ!サンシャイン!! / 黒澤ダイヤ

かぐや様は告らせたい / 四宮かぐや

新世紀エヴァンゲリオン / 葛城ミサト

冴えない彼女の育てかた / 霞ヶ丘詩羽

夏のあらし! / 嵐山小夜子

物語シリーズ / 戦場ヶ原ひたぎ

東方Project / 輝夜 スターサファイア お空

灼眼のシャナ / シャナ

アイドルマスターシンデレラガールズ / 渋谷凛 

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章では前髪ぱっつんキャラの魅力も伝わりにくいと思いますので、
下記においてdream fantasy2
アミグリさんが描かれた黒髪ロングキャラの美しい絵をいくつか転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。
アミグリさんご自身は「黒髪ロングは大好物」とも言われていますので、そうしたキャラを描かれるときはノリノリなのかも
しれないですね~♬

hibike-yu-huloniamu-reina_convert_20180613165611_convert_20180620162540.png


そうした訳で、ここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

上記の作品はアミグリさんが2018年6月に描かれた「響け! ユーフォニアム」の1年生トランペット奏者の高坂麗奈です!

この高坂麗奈は、2018年7月に当ブログが迎えた「吹奏楽カテゴリ通算1000記事到達」を記念して
アミグリさんに事前にリクエストをして描いて頂いた記念碑的な作品でもあります!

アミグリさんの描かれた麗奈は、アニメ版の特に第一期で見せていたちょっと孤高で気高いオーラとプライドの高い麗奈という
要素を少し弱めて、第二期で見せていた麗奈本来のかわいらしさを感じさせているのだと思います。

北宇治高校の冬服の茶系統のセーラー服のかわいらしさに黒髪ロングの素晴らしさにつぶらでどこか訴えかけるような
瞳の吸い込まれ具合に微笑みの上品さなど
完成度の高さにはただただ脱帽するしかないと思いますし、
「この麗奈を描くのに一体どれだけご苦労をされたのだろう・・」と改めてアミグリさんには感謝の言葉しか出てこないです。
麗奈のこの流れるような黒髪ロングの美しさやキラキラ感も本当に充実していると思います。
笑顔もすてきですし、背景の音符やトランペットも「麗奈はミューズ=音楽の女神様みたい・・」といった雰囲気を
伝えているように思えてならないですね~!

上記のアミグリさんが描かれた高坂麗奈の黒髪ロングの美しさはまさに日本女性の美のシンボルともいえるのは
間違いないと思います!


haruna-kaini-001_convert_20170611210700_convert_20170702021400.png


続きましてアミグリさんが2017年6月に描かれた艦これの榛名です。

上記の高坂麗奈も日本女性の美を象徴したものでしたけど、榛名も麗奈と同じくらい日本人女性の黒髪ロングの美しさと
素晴らしさを私たちに提示されていると思います~♪

紅白の巫女さん衣装というと東方の霊夢がその典型だと思うのですけど、紅白の巫女衣装は身に纏っているだけで
「神聖」とか「神の使い」といった雰囲気を漂わせていると思うのですが、そうした意味では榛名も
かわいいしお美しいけど、どことなく神聖な雰囲気を漂わせているのはそうした事にも理由があるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれた榛名はとってもはキラキラ可愛いですし凛々しくかっこいいと思います!
霊夢っぽい衣装とか霊夢のような肩出しが
とてもよくお似合いだと思いますし、 この長髪のキラキラ感も素晴らしいと思います!
そしてなによりも榛名の黒髪ロングの美しさは際立っていると思います。

榛名の真面目さと気品さがとてもよくにじみ出ていると思いますし、こんなにもかわいい榛名を見てしまうと、
艦これを全然知らない人がこのイラストをご覧になったとしても
「榛名ってかわいい娘だよねぇ~」と感じられるのは間違いないと思います!
アミグリさんのすてきな看板娘の一人というと霊夢であるのは間違いはないと思うのですけど、
霊夢の巫女さん衣装を彷彿とさせる榛名も同じくらい素晴らしいと思います!

私自身、金剛型4姉妹の中では、以前はいっちば~ん!に大好きな艦娘と言うと長女のあのヘンテコ日本語で
お馴染みの帰国子女でもあられる金剛お姉さまだったのですけど、
アミグリさんが描かれたこんなにもすてきでかわいい榛名を見てしまうと
「金剛お姉さまもすてきだけど、それ以上に榛名も素晴らしいね~!」と感じてしまいます!


mi-tu-ki!!!!_convert_20131220170104.png


上記の美少女は2013年12月にアミグリさんが描かれたアニメ「境界の彼方」の名瀬美月です!

この「境界の彼方」なのですけど、アニメの作画だけを見てしまうと、
「美少女のファンタジー系なのかな・・?」という第一印象を持ってしまいがちなのですけど、
実際は、異界士と呼ばれる異能者が人に害を及ぼす妖夢と戦うダークファンタジーです。

アミグリさんが描かれるこの名瀬美月はかわいいをとっくに超越した素晴らしき完璧な美少女黒髪ロングだと思います!
可愛いと言うよりは「これぞ美少女!」と言う雰囲気に満ち溢れていると思います。
見た目はおとなしそうな印象が強いのですけど、実際は策略家で毒舌でサディスティックな面があるという
そのギャップが大きな魅力なのだと言えるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれたこの美月ちゃんは、とにかく「美少女」だと思います!

セーラー服・清楚な雰囲気黒髪ロング・つぶらな瞳・・・・まさに美少女の要素が全て揃っているのにも
関わらずあのサディスティックさとのギャップが大きな魅力なのですけど、
このアミグリさんのイラストからは、そうした毒舌っぽい要素よりは、
むしろ全然サディストじゃない、サディスト風味の可愛いツンデレさんのように感じさせてくれていると強く感じます。

とにかくこの黒髪ロングの美少女・美月が素晴らしいですし、アミグリさんが描かれた「黒髪ロング」を代表する
素晴らしき作品だと思います!





ラストの東方の輝夜の前にアミグリさんの描かれたオリジナルの黒髪ロングの女の子をご覧いただきたいと思います。

上記の「黒髪ロング」とタイトルが付けられたオリジナル作品は、アミグリさんが2012年4月に描かれた作品です。

オリジナル作品という事でここには「アミグリさんの意図」がかなり明確に伝わっているようにも感じられます。

この「黒髪ロング」を掲載された際のアミグリさんのコメントを一部抜粋させて頂きますと、

「実は私、黒髪ロングが大好物なのです(*´ω`*)
見るのも描くのも大好きです!
黒髪ロングハスハス(*´Д`*)

ちなみにこの絵はSAIのマーカーで描きました。
マーカーで描くと黒髪のツヤが上手に表現できるような気がします。
黒髪のサラツヤ感がうまく表現できるように頑張っていきたいですねー」との事ですけど、
そうですねー! 「黒髪ロングが大好き!」というのはほぼ完璧に私と同じで、なんか私自身もとっても嬉しくなってしまいそうです!

アミグリさんの描かれたこのロング長髪の清楚で厳かな雰囲気に心が凛とするものがあります。
優しそうなつぶらな瞳も美しいと思います。
黒髪の情緒漂うしっとり感がとても清らかだと思いますし、しっとりと流れるようなこのサラサラ感は素晴らしいと思います!

やはり日本人というのは伝統的に黒髪ロングにどこか魅かれる国民性なのかもしれないですね。





本記事を締めくくる黒髪ロングキャラは東方から選出させて頂きたいと思います。

東方黒髪ロングというとお空やスターサファイアなども印象的ですし、霊夢が公式ゲームでたまに見せてくれる
巫女さんとしての黒髪ロングも素晴らしいですけど、東方の黒髪ロングというと輝夜なのだと思います。

東方キャラって意外かもしれないですけど、霊夢・ルーミア・チルノ・さとり様・こいしちゃん・フランちゃん・レミリア様・妖夢・
アリス・文・八雲藍・てゐ・小野塚小町・華扇などに代表されるように意外とショートヘア系が多いような気もします。
長髪というと、ゆかりん・美鈴・早苗さんなどが大変印象的ですね!
そしてその中でも特に印象的なのは、永琳・うどんげちゃん・輝夜といった月出身の永遠亭メンバーだと思います。
月と言うとどこかミステリアスな雰囲気も感じさせますので、月・神秘的・長髪という組合せは相性がいいのかもしれないですね。

その中でも特に輝夜は、竹取物語の「かぐや姫」を元ネタにしているせいもあるのですけど、
特に黒髪ロングという点ではインパクトが強いキャラのように感じられます。

上記の輝夜はアミグリさんが2012年11月に描かれた作品です。

このイラストを描かれた当時のアミグリさんのお言葉として

「東方の輝夜描きましたー

ミニスカは正義(`・ω・´)

いつもと塗り方を少し変えてみました」

との事でしたけど、確かに!! ミニスカは正義ですね~♪

そして同時に黒髪ロングも絶対的正義なのだと思います。

輝夜のそうした長髪もお姫様のイメージにぴったりですし、ここでの注目ポイントは輝夜の衣装なのだと思います。
上のブラウスが淡いピンク、下のスカートが濃いピンクとどちらも桃色系の色彩を採用しながらも
上下で色の調整を図られそのコントラストが絶妙だと思いますし、何よりも
アミグリさんのお言葉じゃないけど、この輝夜の「スカートの短さ」はかなりの高ポイントだと思います!
ちなみに輝夜ですけど原作ゲームの立ち絵とか公式漫画等で描かれる場合、輝夜のスカートの長さは
比較的長めに描かれる傾向がある中、アミグリさんが描かれた
輝夜のスカートの短さは意表を突かれますし、短めスカートの輝夜のイラストが決してそんなに多くはない中で
アミグリさんのそうした柔軟な発想には素晴らしいものがあると思いますし、そうしたキラリと光る完成は
いつもながら惚れ惚れとするものがあると思います!
そしてこの輝夜が見せつけてくれている絶対領域の素晴らしさと美しさも見事だと思います!

ミニスカートも大変印象的なのですけど、やはりこの黒髪ロングというのも大変大きな意味があり、
全体的には輝夜という「月界のお姫様」らしい幻想的な雰囲気を十分醸し出していると思います。


20190803-kaguya-01_convert_20190803155940_convert_20190803192755.png


続きましてアミグリさんが2019年8月に描かれた水着輝夜です。

今回転記&ご紹介させて頂いた3枚の輝夜の中では、この水着輝夜の黒髪ロングが最も黒髪感が濃厚という事もありますし、
この濃い黒髪ロングが背景の青空と碧い海、そして流れゆく白い雲とも大変色彩的にマッチしていて、
一枚の絵として見事に融合しているように感じられます。

アミグリさんが描かれたワンピース水着の輝夜のスレンダー美人さんぶりにはぐぐっ!とくるものがありますし、
この線の細さがワンピース水着とジャストフィットしているといえると思いますし、
とてもよくお似合いだと思います。
輝夜というと和風美人という印象が大変強いのですけど、アミグリさんの描かれたワンピース水着には、
公式立ち絵の輝夜の衣装も忠実に反映されていて、一つの衣装アレンジと感じさせる点も大変巧いと感じます。

永琳・てゐといったご長寿キャラの皆様は永遠亭に残しておいて、輝夜・うどんげちゃんといったお若い皆様たちと
海又は川に水遊びに行きたいな~と感じさせる夏らしい爽やかな作品と言えると思います~♪


kaguyoo_convert_20120325152909.png


続きましてアミグリさんが2012年3月に描かれた輝夜です。

「東方Project」という世界は大変魅力的な世界であり、
日本書紀とか日本の民話とか日本の妖怪話とか、またまた吸血鬼とか魔法使いや魔女みたいな西洋の世界観とか
色々な神話・伝説を一つの創作のベースにしている所が大変興味深く親しみやすい側面を有しているのですけど、
輝夜(かぐや)に関するお話は、「竹取物語」をベースに構成されています。
それでは東方における「かぐや姫」の「罪」とは何なのか・・・・
月世界では厳禁で処罰の対象とされたいた「蓬莱の薬」=つまり・・不老不死の薬を
飲んでしまったという事になるのだと思います。
東方の世界においては、がくや姫に当たる方は、蓬莱山輝夜というお姫さまなのでして、
永琳様は元々はこの輝夜の教育係を担当していました・・・というのが輝夜の背景の概要です。

それにしてもアミグリさんが描かれるこの輝夜は、まさに「お姫様!」という清楚な香りに満ち溢れていると思います。

長髪もお姫様のイメージにぴったりですし、ピンクの服と背景の青の
コントラストが絶妙だと思いますし、何よりも・・・
アミグリさんのお言葉じゃないけど、この輝夜の「スカートの短さ」はかなりの高ポイントだと思います。

気品があり美しく爽やかな一枚だと思います。そしてその気品を演出している大きな要因が黒髪ロングの美しさなのだと
思います。

上記のアミグリさんが描かれた黒髪ロングキャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しい黒髪ロングを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

銀髪娘も金髪娘も美少女緑髪キャラも前髪ぱっつんもすてきですけど、日本人の美の象徴でもある黒髪ロングも
同じくらい素晴らしいと思いますしとっても美しいと思います~♪
最近の記事において、銀髪の美少女のミステリアスさや金髪碧眼の美しさについて触れさせて頂きましたけど、
銀髪や金髪の女の子はリアル社会では決して珍しくはないと思いますし、街で見かけたりもしますけど、
緑色の髪の女の子というものはリアルでは見かけることはまずないと思います。
(コスプレや例大祭等のイベントでは別なのかもしれないです)
リアル社会で緑髪の女の子と言うと、白髪をカラーリングして染めた高齢者の皆様だと思いますし、お婆様達の
パープルや緑に染めた髪は、それはそれでまた美しい・・と言えるのかもしれないです。

リアルでは珍しい緑髪ですけど、ゲーム・アニメ作品においては確かに少数派なのかもしれないですけど、
緑髪属性の子として既に確立はされていると思います。
歴代プリキュアにおいては、ピンク・赤・黄・青・白・紫・七色などたくさんの色のプリキュアが登場していますけど、
緑色のプリキュアと言うのは2020年時点で今のところ、プリキュア5のキュアミントとスマイルプリキュアのキュアマーチのみに
留まっています。

緑の髪というと本来的には濃い黒髪とか艶やかな黒髪を意味するのかもしれないですけど、少なくともアニメ・ゲーム上での
緑髪というとそうした意味合いでは用いられておらず、純粋に緑色またはモスグリーンの髪の女の子という事で
登場する事がほとんどだと思います。
緑色というとイメージ的には自然とか癒しという雰囲気もありそうなためなのか、 アニメの中の緑髪の女の子と言うと
エルフ・獣耳・亜人・精霊・妖精などといった自然の中で生きる種族という傾向がありそうですし、
緑=癒し系ということで、目に見えないスピリチュアル的な力を使って人を癒したり目には見えない何かと交信したりといった
不思議ちゃんみたいな子の髪の色としてもお馴染みなのかもしれないです。
同じ緑髪であっても、緑のロングヘアの場合は地味・ヤンデレ・病弱・不思議ちゃんというイメージがありそうなのに対して、
緑髪ショートの場合は逆に活発・スポーツ好きという傾向があるのかもしれないです。
(緑髪のプリキュアでも、不思議ちゃんのこまちとスポーツ大好き少女のなおちゃんという違いがあったりするのもその典型と
いえそうです)
また緑はミステリアスで人外を表しやすい色であるため、アンドロイドや宇宙人に使われることも多いのですけど、
プリキュアにおいては、 アンドロイドでも宇宙人でも緑髪は使用されてはいませんでした。
緑の黒髪からの連想のため和風ファンタジーのキャラにもよく使われている事もあったりします。

それでは下記に思いつく緑髪キャラを少しばかり挙げてみたいと思います。

うる星やつら / ラム

艦隊これくしょん / 鈴谷・木曽・夕雲・高波 ※夕張ちゃんはモスグリーンと銀髪の中間ということで今回は割愛・・

東方Project / 早苗さん・大妖精・鍵山雛・四季映姫・風見幽香

プリキュアシリーズ / キュアミント・キュアマーチ

八月のシンデレラナイン / 柊琴葉

ひぐらしのなく頃に / 園崎魅音 園崎詩音

ときめきメモリアル / 麻生華澄 紺野珠美 紺野玉緒

プリティーリズムシリーズ / ソミン 森園わかな

デ・ジ・キャラット / でじこ

継 つぐもも / くくり

GS美神 / 六道冥子 小笠原エミ

アイドルマスターミリオンライブ! / 永吉昴

上記はあくまで管理人の趣味と嗜好によって挙げたキャラですので「どうしてあの緑髪の子が入っていないの~!?」という
苦情(?)は無しでお願いします。
それにしてもこうやって少しばかり挙げただけでも改めて緑髪の美少女の皆様はすてきだと感じてしまいます!

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章では緑髪美少女キャラの魅力も伝わりにくいと思いますので、
ここから下記においてdream fantasy2のアミグリさんが描かれた緑髪キャラの美しい絵を東方をメインにいくつかの作品を転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。


suzuya-002-_convert_20170808163449_convert_20170808195537.png


そうした訳で、ここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

まずはアミグリさんが2017年8月に描かれた艦娘の鈴谷です。

艦娘の中で緑色の子というとなんとなく「夕張メロン」という事で夕張ちゃんを連想しますけど、夕張ちゃんの髪の色は
緑というよりは淡いモスグリーン+灰色っぽい銀髪の中間という感じですし、夕張ちゃんの髪の色はどちらかというと
東方のこいしちゃんの髪の色に近いのかもしれないです。

アミグリさんが描かれた鈴谷は、最近のJKさんみたいな雰囲気はあるのだけど、全体的に知的で上品で
気品みたいなものをとてもナチュラルに伝えられていると思います。
そして最近の作風の大きな特徴でもあるキラキラ感を素敵に飛ばされたうえで、派手とか演出過剰みたいな雰囲気を
少しも感じさせずに、現代的なかわいらしさを見事に表現されている点は本当に素晴らしいと思います。

東方の早苗さんみたいな緑の髪の色もとてもすてきに描かれていますし、茶色のブレザー制服のスカートの下のフリルも
かわいく描かれているのが大変印象的です。
そして東方のルーミアっぽく手を左右に大きく広げている点もかっこよさを見事に表現されていると思います。
何となくですけど、東方キャラの中でこの鈴谷に一番イメージが近そうなのが早苗さんなのかもしれないですね。
早苗さんもよくJKっぽいと言われますし(早苗さんの外界時代は現役女子高生さんでした!)
緑の巫女の雰囲気は鈴谷に通ずるものがありそうですね。
しかも早苗さんも鈴谷も外界の常識があまり通用しそうもないタイプのような気もしなくはないというのが共通点と
言えるのかもしれないです。


21401149_convert_20110831131042.png


続きましてアミグリさんが2011年8月に描かれたデ・ジ・キャラットのでじこです!

デ・ジ・キャラット星の王女でもあるデ・ジ・キャラット(通称:でじこ)は、大女優になるため地球にやってきたという設定でして、
猫耳帽子にメイド服という愛らしい外見とはうらはらに、毒のある性格と、語尾に「にょ」をつけて話す口調が特徴です。
「デ・ジ・キャラット」というのは、上記で書いた通りゲーマーズの展開するプロジェクトの名前であると同時に
この「でじこ」というキャラの名前でもありますので、なんか妙にややこしいです。
そのせいか、一般的には作中で本人が自称していることもあり「でじこ」と呼ばれることが多いです。

参考までにでじこのもう少し細かい概略を書いておきますと・・

本名 ショコラ
通称 でじこ
出身地 デ・ジ・キャラット星
身長 148cm(ネコ耳含む)
体重 38Kg
誕生日 2月8日(水瓶座)
年齢 10歳
血液型 O型
性格 狡猾、小生意気、迂闊
好物 ブロッコリー
特技 目からビーム

という感じになっています。うさだよりも実は年が4つもお若いというのは少し意外なのかもしれないです。

でじこの緑髪は不思議ちゃんと元気溌剌の二つの意味合いを感じてしまいそうです。

アミグリさんか描かれるでじこは、トレードマークのネコ耳がとってもよくお似合いだと思います。
そしてメイド服もとってもよくお似合いだと思います。
うさだのうさ耳に対して、でじこのネコ耳という事なのですけど、まさにこの二人はデ・ジ・キャラットの
すてきなライバル関係とも言えそうです。

ちなみにですけど、でじこは「目からビーム」を放つことが出来るのですけど
「女王様は、ハピネスチャージプリキュアのキュアラブリーなのかっ!?」とツッコミを入れたくもなってしまいます・・


29887262_p0_convert_20200624202318.png


上記でも触れた通り、歴代プリキュアにおいて2020年現時点において緑キュアというとプリキュア5のキュアミントと
スマイルプリキュアのキュアマーチの2人しかいません。
そうした意味ではこのキュアマーチはプリキュア的に大変価値が高いといえそうです。

上記のキュアマーチはアミグリさんが2012年9月に描かれた作品です。
そして意外でしたけど、このキュアマーチは単独掲載としては当ブログにおいては初めての転載という事になります。

キュアマーチ=緑川なおというと「勇気リンリン直球勝負!」のキャッチフレーズでお馴染み通り、大変活発で元気な
スポーツ少女で、たとえ目上の先輩であっても「駄目なものは駄目!」・「先輩、それは違うと思います!」と自分の意見は
きちんといえる大変まっすぐな女の子ですけど、反面、大家族の長女ポジション、大の虫嫌い、大のお化け嫌い、
高所恐怖症、歴代屈指のとんでもない大食いキャラなど歴代プリキュアにおいてもその豊かで多彩な属性には
目を見張るものがありそうです。
冒頭で緑髪の女の子は、不思議ちゃんまたは活発なスポーツ少女という属性が多いと記しましたけど、
そうした意味ではキュアマーチの緑髪設定というのは極めて妥当なものがありそうです。

アミグリさんの描かれたキュアマーチのこの緑髪のふわふわ&モコモコ感がすてきです~♪

キュアマーチの髪は緑という大変珍しい色ですけど、同時にツインテール+ポニーテールというトリプルテールという
大変珍しい髪型をしていますが、アミグリさんの描かれるキュアマーチからは、単に珍しい髪の色と髪型以外に
元気溌剌というパワーが伝わってきている所が素晴らしいと思いますルン!


xmas-hinachan-desu_convert_20161217185126.png


ここから下記の作品は、アミグリさんが描かれた東方緑髪美少女キャラの皆様です~♪

上記の鍵山雛は2016年12月のクリスマスの時期に描かれた雛です!

そしてこの雛はそれ以前に描かれた雛をクリスマス用に加筆修正された作品でもあります。
この時のアミグリさんの解説は
「背景を暗くして、雪の結晶をとばして冬っぽさを演出し、雛ちゃんの表情も変えました。
雛ちゃんの頭のリボンもクリスマスカラーにしました。
紅い手袋を追加して少し暖かそうになったかなと思います。」という事でしたけど、
そうしたちょっとした変化でここまで見事に変化を感じさせられる事が出来るのは中々出来ない事でありお見事だと思います。

雛ちゃんの笑顔がとってもすてきですよね!

鍵山雛は流し雛の神様であり、同時に厄を集める神様でもありますので、雛ちゃんの緑色の髪というのは、
目には見えない何かと交信したりといった 不思議ちゃんとしての属性を象徴したものなのかもしれないです。

雛の緑の髪もとても鮮やかで美しいですし、頭のリボンの赤と緑をフルに活用し、さらにフリルまで加えた
「クリスマスカラー」もとっても秀逸なアィディアだと思いますし、とても華やかだと思います。


sanae-sandesu-0_convert_20160127165447_convert_20170223144103.png


続きましてアミグリさんが 2016年1月に描かれた早苗さんです。

描かれた当時のアミグリさんのお声として
「アナログ(鉛筆)で描いた線画をスキャンして、SAIで塗り塗りしました。
加工にクリップスタジオペイントもちょこっと使用しました」との事ですけど、
アミグリさんの絵師様としてのご苦労が垣間見えるのではないかと思われます。

アミグリさんが描かれた早苗さんは「風祝」としての早苗さんに相応しく、風がさーーーっと吹いてきて
早苗さんのスカートがふんわりと舞っているようにも感じられるのはとても爽やかだと思います。
「緑の巫女」とも言えそうな緑のロングヘアもとても美しいと思います!
かわいい中にも「颯爽とした雰囲気」というのか「若き巫女のさわやかな雰囲気」というものを
大変凛とした空気の中に描かれていると思います。

早苗さんが手にしているのはお祓い棒ですけど、ファンの間ではあれは「はんぺん棒」という愛称もありますけど、
アミグリさんが描かれた早苗さんのお祓い棒からもどことなく気品のようなものを感じさせてくれているのは
すてきですね~!
早苗さんがこのはんぺん棒を手にされていると霊夢とは別の形での「妖怪退散!」とか「妖怪退治」を実践されそうな
雰囲気が感じられたりもしそうです。
白のハイソックスも外界の現役JKさんの名残みたいなものも感じさせてくれていて、とてもお似合いだと思います。


20190520-yuuka-02_convert_20190520185309_convert_20190520201302.png


続きまして夏の東方四季娘の風見幽香です。

風見幽香は、幻想郷を一年中何処かしら花が咲いているところへと放浪している妖怪という事で、
「花を操る程度の能力」を有しています。
これだけを見ると、「花を愛している優しい妖怪さんじゃないの?」みたいに誤解をされてしまう方も
多いのではないのかなと思うのですけど、その実態は、
幻想郷内でも最強クラスの妖怪の一人で、「危険度は極高・人間友好度は最悪」という評価を阿求からも受けています。
そんな幽香ですけど、実は元々は「妖精」だったのではないのかみたいな説も以前から根強くあり、どちらかというと
これが今では定説になりつつあるのかもしれないですね。
今現在のあの幽香のドSぶりとおっかなさを見てしまうと
「 いくらなんでもあの幽香が元はかわいい妖精ちゃんの訳はないじゃん」と思う方が大半なのではないかと感じます。
「花を操る」とか「花を愛している」とか「花が咲いているところをあちこち放浪している」という
キャラ設定が「花をこよなく愛する者に悪い人は本来はいないんじゃないの?」みたいな想像が
幽香実は元は妖精説の根底になっているのかなとも思われます。

上記の幽香は、アミグリさんが2019年5月に描かれた作品であり、同時に当ブログの東方カテゴリ600記事到達の
記念イラストでもあります!

幽香というと東方キャラとしては珍しく頭に帽子や飾りなどをつけていない事もあり、
アミグリさんの描かれる幽香も髪そのものの美しさが大変見映えがされていると強く感じたものです。
緑の色彩の髪は早苗さんに近いものがありますけど、幽香=花を司る妖怪=草木=グリーン=自然の美しさという
図式を髪の色そのもので表現されている感じもありますし、
また他の絵師様の幽香は気が強そうな性格を反映してなのか釣り目がちですけど、
アミグリさんの描かれる幽香は以前描かれたレティさんのような少しタレ目でもありますので、
この目の雰囲気もやさしさや親しみやすさを感じます。
チェックのスカートもスカートの花のワッペンもとってもよくお似合いだと思いますし、
背景のひまわりもとてもキラキラしていて夏らしい雰囲気を醸し出されていると思います。


daicyan-huriru-002_convert_20180629192224_convert_20180702162312.png


続きましてアミグリさんがご自身のpixiv登録10周年を記念して描かれた2018年6月末に描かれた東方の大妖精・・、
通称・大ちゃんです!

この大ちゃんは、おとなっぽいしっとりとした雰囲気がそこはかとなく伝わっていると思います。
お姉さんという雰囲気でもありますし、東方のすてきなレディという高貴な雰囲気すら感じますし、
どちらかというと同じ妖精種族なのですけど、チルノの保護者みたいな眼差しも伝わってきますね~!
慈愛と言うのかチルノを優しく見守っているといった雰囲気も感じられます。
そしてこの細かい精緻極まりないフリルも圧巻の完成度だと思いますし、まるでどこかの国のプリンセスといった美しさすら
感じてしまったものでした。

このフリフリいっぱいの大ちゃんを描かれるのは本当に大変だったと思うのですけど、結果的に
pixiv登録10周年というアミグリさん自身のお祝い記事を飾るのにこれほど相応しい作品は無いのではないか・・!?という
見事な作品として完成されていたのは称賛に値するものがあると思います。

大妖精のサイドテールも幼さ・かわいらしさというよりはむしろ、保育園・幼稚園の保母さんのように、やんちゃなチルノの
世話を焼くには長い髪のままよりも髪をアップした方が動きやすいという保護者的な意味合いもあるのかもしれないです。

冒頭で緑髪キャラというと自然とか癒しとか不思議ちゃんという意味合いで妖精といったキャラも結構いたりもすると
記しましたけど、大妖精はそうした意味では緑髪キャラとしてはうってつけと言えそうですし、本記事のフィナーレを
飾るキャラとしては最適といえそうです~♪

上記のアミグリさんが描かれた東方などの美少女緑髪キャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいくて美しい緑髪キャラを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

銀髪娘も金髪娘すてきですけど、美少女緑髪キャラも同じくらい素晴らしいと思います~♪
39724ee6-s.jpg




ほうとうの記事は二日前にも「ゆるキャン△」第9話と合わせる形で取り上げさせて頂きましたけど、これから寒さが本格的に
厳しくなる中で、心身ともに温まりそうな山梨名物のほうとうを食べるとゆるキャン△のなでしこのように
ほっぺたが緩みっぱなしになるのは間違いなさそうですね~♪

それにしてもなでしこは食べ物を食べるときはどんな食べ物でも本当においしそうに食べますよね~♪

「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんは、ラーメンを食べている時は無我夢中でラーメンの味そのものをじっくりと集中的に
味逢うために一心不乱で食べまくっていて、完食した際にのみ歓喜のふはーを一瞬だけ見せるだけなのですけど、
なでしこは食べている間はずっとほっこりとほんわかおいしそうに食べている様子は見ているだけでもハッピーになりそうな
気持ちになりそうです!

二日前の記事でも書いた通り、「ほうとう」の作り方は厳密なレシピがあるわけではなくて、ほうとうという平たい麺を
味噌出汁スープに野菜と共にぐつぐつと煮込みアツアツの状態で食べる郷土料理という事で、具材も味噌の種類も
作り方も各家庭や店舗で微妙に異なっていたりもしますし、その違いこそが「家庭の味」という事なのだと思います。

このブログでは結構山梨の事を比較的よくないように書いていて、あの甲州弁の言葉の響きのガラの悪さと
甲州人の粗野で粗っぽくてやはりガラが悪く身内だけで物事を決めてしまいよそ者は基本的に排除したり、公衆マナーが
全然なっていなかったり確かに山梨で暮らす事の難しさは多々感じることもありましたし、基本的には今でも
「観光で行くには申し分ないけど住むのにはかなり抵抗があるエリア」という想いは変りはありません。
ただそれでも山梨で暮らしている一人ひとりは確かに多少ガラは悪くても基本的には温かい人たちが多かったですし、
心を開いてくれるまでは相当時間がかかるけど、一度心を開いてくれたらとても温かく親身になって厚い慈愛の気持ちで
接してくれるというのは間違いないと思います。 
山梨在住時代に山梨での生活に慣れてきた頃になると、顧客の中には結構親身になって接してくれる方も何人かいたりもして、
そういう方にお昼時にお伺いしたりするとたまにですけど、
「おまん、昼ごはんまだ食べていないずら・・うちで昼ごはん食っていけし・・」と山梨方言で言われて
たまにほうとうをごちそうになった事もあったりしました。
先日の記事でも書いた通り、各家庭のほうとうはそれぞれの家によって微妙に具材や味噌の種類や配分、出汁が
異なって入たりもして、そうした各家庭の中でごちそうになったほうとうの中でかなり印象に残っていた味というと、
「汁があまり残っていなくてなんだか焼うどんのようになってしまった上に、油揚げを切らしてしまったので代りに
揚げ出し豆腐を入れてしまった」というなんちゃってほうとうみたいなものでした。
麺が太い汁なし焼うどんに味噌を加え、具材として少しの油揚げと揚げ出し豆腐を乗っけたというかなりの変化球?ほうとうに
なっていましたけど、これが意外とおいしくて、当時は
「汁がない焼うどんみたいなほうとうも美味しいし、味噌が意外と効いているし、具材の揚げ足豆腐がマッチしている」と
感じたものでした。

確かにこれは梨っ子から見ると「これはほうとうではないずら・・」となってしまいそうですけど、ゆるキャン△のなでしこだったら
またまたとってもおいしそうに食べていたのかもしれないです~♪

「ラーメン大好き小泉さん」の原作漫画でもアニメ版にも「記憶に残るラーメン」という話しがありましたけど、
このほうとうはそうした意味では「記憶に残るほうとう」といえそうです。


CIMG4023_convert_20200905233946.jpg

CIMG4024_convert_20200905234018.jpg


さてさて、先日のお昼時に家に東洋水産のマルちゃん、赤いきつね 焼きうどんがあり、
たまたま冷蔵庫に揚げ出し豆腐があったもので、その前日にたまたまゆるキャン△第9話の再放送を
見たせいもあるのですけど、「それではあの時の記憶に残るほうとう」を再現できるのかな・・?と思い、赤いきつね焼うどんに
ちょい足しみたいな事をしてみました。

2016年にドラゴンボールのコラボ商品として「赤いきつねうどん」と「昔ながらのソース焼そば」をフュージョンさせて
誕生したという「赤いきつね焼きうどん」が2017年に改めて発売されたというのが「赤いきつね焼うどん」です。

赤いきつねの醤油ベースのたれがうどんに絡みついていてとてもおいしいです~♪


CIMG4025_convert_20200905234040.jpg


フタを開けてみると、かやくと粉末ソースと特製油が入っています。麺はお馴染みの太めの縮れた平麺です。

平麺の上に具材として油揚げと卵が入っています。


CIMG4026_convert_20200905234101.jpg


揚げ出し豆腐は一パックに4切れ入っていますけど、柔らかくてとてもおいしいです~♪

これだけでごはんのおかずになってしまいそうです。

そして元々パック内に出汁スーブが入っていて、揚げ出し豆腐の上にこのスープをかけレンジで2分程度加熱します。


CIMG4027_convert_20200905234124.jpg


マルちゃんの赤いきつね焼うどんはきつねうどんに相応しく具材に油揚げもちゃんと張っています!

焼うどんですけどベースの味はマルちゃん赤いきつねの醤油だしの味ですので、うどんとしての味もきちんと
醸し出されていると思います。
いうならば汁なしきつねうどんなのかもしれないです。

CIMG4028_convert_20200905234144.jpg

繰り返しになりますが、私が山梨時代にごちそうになったなんちゃってほうとうというのは汁なしほうとうみたいなもので、
「汁があまり残っていなくてなんだか焼うどんのようになってしまった上に、油揚げを切らしてしまったので代りに
揚げ出し豆腐を入れてしまった」というものですけど、
それならばこの赤いきつね焼うどんにそれを応用できないかと考え、
上記の揚げ出し豆腐をちょい足しし、焼うどんのベースの味は醤油ベースですけど、ここにカップみそ汁についている
味噌を隠し味程度に入れてみたのが、上記の私自身の「記憶に残るほうとう」を焼うどんてして応用したものです。

麺はうどんという事で元々太いし、油揚げと揚げ出し豆腐という具材もありますし、醤油味と味噌味の融合という事で
ほうとうにちかいものもありますし、結果として確かに似て非なるものに近いとは思うのですけど
味的には上記のなんちゃってほうとうに近くて記憶に残るほうとうとしての再現度は決して悪くは無いと感じました。

揚げ出し豆腐についている和風スープの味が味噌ともよく調和していたのもポイントが高いと思います。

そして太い麺と揚げ出し豆腐のトッピングも決して悪いものではないという事もよくわかったような気もします。

上記で何気にきつねうどんとかきつね焼うどんと記しましたけど、うどんやそばについてのきつねとたぬきの違いというのは
どんな事なのでしようか・・?

一般に関東では油揚げがのったそば・うどんを「きつね」、天かすのせを「たぬき」と呼びます。
というか私自身もそれが普通だと思っていました。
関西方面では一般的に、「きつね」といえば油揚げのうどんだけを指し、
「たぬき」は油揚げののったそばだけを指す事が多いとの事です。
つまり、関西においては、きつねそば・たぬきうどんはあまり見かけないとの事です。

関東と関西の文化ではこういうちょっとしたところにも色々と「違い」はあるものなのですね!

関東で油揚げが乗っている麺類と言ったら「きつねうどん」や「きつねそば」を指します。
そして天かすが乗った麺類と言ったら「たぬきうどん」や「たぬきそば」を指します。
しかし、関西ではきつねといったら「きつねうどん」だけで、関東にある「きつねそば」は存在しません。
関西でたぬきといったら「油揚げが乗ったそば」であり、そこには関東でお馴染みの天かすは乗っていません。
天かすが乗ったメニューは関西では「はいから」というのが一般的との事です。


_convert_20190617194714.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」のラーメンに対する柔軟性というかストライクゾーンの広さはすばらしいものがあると改めて
感じたりもします。
それをいっちば~ん!に示唆していたシーンは「つけ麺はラーメンではないと・・」と小泉さんが大澤悠に対しての
怒りの感情を露にしていた場面なのかもしれないです。
小泉さんの大澤悠に対するあの壁ドンは、残念ながらアニメでは未登場でしたけど、
そのシーンは原作漫画4巻の最終ページに 掲載されています。

小泉さんは悠の「小泉さんもつけ麺というラーメン以外のモノも食べるんだね~」という言葉に思いっきり反応してしまい、
「つけ麺はラーメンではないと?」と悠に対して壁ドンをやらかしていたのですけど、
ああいう小泉さんは音楽で言うと「静かな熱演」というのか、静粛な怒りの雰囲気というのが伝わってきていて、
静かなあの迫力はまさに大澤悠を凍りつかせる大変な迫力があったと思います~!

大澤悠の意識としては「つけ麺はラーメンとは違う食べ物なんじゃん」という感じだったと思いますけど、
それに関する小泉さんの反応はあの小泉さんにしては異例とも感じられる激高の反応みたいなものがありましたが、
ラーメンに対する多様性を感じている小泉さんにとっては
ラーメンを単純に定義付けするのは大変困難であるし、つけ麺はもちろんの事、最近流行の油そば・混ぜそば・
汁無し坦々麺だって広い意味ではラーメンと言うるのは間違いないし、
とんこつラーメンを焼いたものとも言えそうな焼きラーメンすらも広義的にはラーメンの亜種といえるのかもしれないですし、
それを言ったら「それでは焼きそばだってラーメンの一種じゃん!と言えなくもないのかもしれないです。
更にいうとほうとうも超広義の意味ではラーメンの亜種ともいえそうですし、焼うどんも上記で取り上げた
汁なしほうとうみたいな焼うどんも超・超広義の意味ではラーメンの範疇ともいえそうです~♪

原作漫画第5巻のつけ麺を巡る話の中で、
実は小泉さん自身も「どこまでがラーメンなのか私にもよく分からないし、そもそも厳密にそれを定義づける必要も
ないのかもしれない・・
つけ麺をラーメンでは無いという事も可能なのかもしれないし、焼きラーメンや混ぜそばをラーメンの亜種と言う事も
十分可能なのだと思う」と言われている事から分かる通り、
ラーメンの奥深さとその多様性は本当に素晴らしいものであり、今後も未来永劫私たち日本人はラーメンの多様性と
無限の可能性を追い求めていくものだと思われますし、そのゴールは実は存在しないと言えるのかも
しれないです。





ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記で麺類におけるたぬきときつねについての考察もありましたので、今回は東方のすてきなたぬきともいえるマミゾウを
ご紹介させて頂きたいと思います。

アミグリさんが描かれたマミゾウはある意味大変希少価値があると思います。

というのもこのマミゾウは、東方鈴奈庵の2巻に載っているマミゾウをアミグリさん自身が模写された作品です。
描かれた時期は2014年4月です。

ちなみにこのマミゾウ模写はシャープペンではなくて鉛筆でされたそうです。

当時のアミグリさんのお言葉として
「模写って結構時間かかるんですね…←何をいまさら
春河もえ先生の作画はとてもきれいで、丁寧で、あこがれます…」
との事でしたけど、やはり絵師様というのはこうした模写からはじめられて腕を磨かれて
徐々に自分らしさとかオリジナルティーを身につけられていくものなのですね!
私から言わせて頂くと、鈴奈庵のもえ先生の絵は大変美しく幻想的な雰囲気が「うまいよなぁ・・」と感心させられますけど、
いやいや、アミグリさんの絵だって全然負けていないし、とっても綺麗で美しいといつも感じております!

大分前の話ですけど、アミグリさんから「アミグリさんご自身が絵を描くきっかけ」についてのエピソードを教えて
頂いたのですけど、一部転記をさせて頂きますと・・
「中学生のころ、とても絵の上手な友達がいて、その友達とよく手紙交換をしていたんですけど、
その手紙に描かれている絵がとにかくうまくて、その子の絵をこっそり真似してかいていたのが、私
のお絵かき人生の初めの方でした。
そして少しずつ好きな漫画の絵を真似して描いてみたりもしていましたね。
やっぱり最初は「真似」から入りましたね。 」

なるほど・・! 当たり前の話ですけど、最初からうまい人などいないのですよね!

最初はこうした真似・模倣から始まっていくものなのですね!

そうした事を示唆するとっても素敵なエピソードだと思います。

マミゾウはあくまで「タヌキ」ですので、藍とは仲が悪いのかもしれないです。
藍を式神として使用しているゆかりんとマミゾウの接点がないだけに、今後、マミゾウとゆかりんとの絡みにも
大いに期待したいものもあったりします。
「つかみどころがない」とか「飄々としている」という点ではゆかりんとマミゾウはどことなく似ている雰囲気も
ありますので、この二人は絡めばかなり面白いコンビになると思います。

上記のアミグリさんが描かれた模写マミゾウの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中でアミグリさんの描かれた絵に興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

きつねとたぬきもそれぞれ持ち味があると思いますし、ほうとうも焼うどんも味噌煮込みうどんもそれぞれの違いを
味合うのもすてきなことといえそうです。
今年も残り25日程度で終わりを迎えるのですけど、なんだか今年は年が明けて早々の中国の新型コロナウイルスの流行で
幕を開け、2月にクルーズ船での船内感染から嫌な予感がマシマシになり、3月以降の世界的な感染拡大と
4月における日本での非常事態宣言の発令という事で、結果的に今年は新型コロナに始まり新型コロナで一年が
閉じられそう・・という印象が大変強いですし、来年は東京オリンピックはどうでもいいとして、この世界的な感染流行が
ワクチン開発→ワクチン接種が順調に進み一日でも早く収束してくれることを願ってやまないです。
そうした感染病に世界中が振り回された中で、妖怪関連で今年ブレイクを果たした妖怪というと「アマビエ」なのかも
しれないです。
アマビエは水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメ化第五期においても準レギュラーを果たしていて、その時点で
そこそこの知名度はあったと思うのですけど、新型コロナによってその知名度は日本国内においては一気に高まったと
いえそうです。

改めてですけど、「アマビエ」とは何なのかと言うと、それは江戸時代末期に熊本県にて現れたとされる妖怪です。
ちなみにこの妖怪は人間の想像・創作に基づく妖怪ではなくて目撃情報に基づくというのが凄いと思います。
その姿を描き写すことで、疫病の流行を防ぐご利益があるといわれており、現在の新型コロナウイルス流行の中、
さまざまな人がアマビエの姿を描いたイラストをネットにアップして、それが拡散して事が、今年思いがけず
アマビエがブレイクするきっかけになったと思われます。
江戸時代のアマビエの目撃情報は当時のかわら版にも登場したそうですけど、現代はかわら版にかわってネットの口コミや
SNS等であっという間に拡散したというのが当時との大きな違いと言えそうです。

ちなみにですけど当時のかわら版には、
「肥後(熊本県)の海に毎夜光るモノが現れるというので、役人が見に行くと、果たして図のようなモノが出現した。
そのモノが語るには、
「私は海中に住むアマビエと申すもの。今年から6年間は諸国で豊作が続くが病も流行する。早々に私の姿を写して人
々に見せよ」と言って海中に消え去ったという。
役人が写し取り、江戸に伝えたとする図には、長髪にクチバシ、体にウロコ、3本の足という異形が描かれていたそうです。
アマビエが言った「私の姿を写して人々に見せよ」という言葉から、新型コロナウイルスの感染収束を願った人たちが、
SNSにアマビエをそれぞれの想いや創造に基づき絵・イラストとして投稿したのが短時間で一気に拡散していったというのが
実態のようです。
話としては正直「本当なのかな・・?」と胡散臭く感じる点も多々ありますし、別にそのアマビエ自体に感染病を治癒する力や
感染を抑制する力があるとは必ずしも書かれてはいないのですけど、
このような未知の珍獣・幻獣の姿を目撃する事=稀有で貴重な体験=除災招福の御利益にあやかろうとする人の
潜在的意識が働くという図式があったのかもしれないですし、江戸時代の人たちの意識と現代のSNS社会を生きる
私たちの心の変化は意外と進展がなかったというか大して違いが無いという事を示唆しているのかもしれないです。
舶来の象やラクダ、はたまた人魚を描いたかわら版は当時「護符」としての機能も持ちあわせていたようで、
それが結果的にそうした未知の生き物や妖怪の護符を貼り置いたりするだけで寿命が延び、悪事災難から逃れられると
民衆が願う事と現代社会でのSNSでの拡散の本質はどこか共通したものがあるのかもしれないです。

人間と言うものは新型コロナウイルスやアマビエといった未知の妖怪に対しては、怖さを感じると同時に
たとえどんな小さなことでもそこから救われる何かがありそうだと感じたものに対しては「そこにすがろう・・」という
祈りに似た気持ちも有するものなのかもしれないです。

そうそう、アマビエは冒頭でもちらっと触れた通りアニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場していて、その初登場は
5期26話です。以後準レギュラーとなった経緯もあります。マスコットキャラのような親しみやすく可愛らしいデザインが特徴で、
アニメでも「あたいの顔を描くと健康になるよ!」という元々の伝説を踏まえた発言があったりもします。
(東方的には「あたい」なんていうと東方屈指のおバカさんキャラとしても名高いチルノをついつい連想してしまいます)


CIMG4022_convert_20200904234019.jpg


上記はアマビエの話でしたけど、実はアマビエ以外にも、疫病が流行っていた時に
「私の姿を拝め進行するものは疫病と言う厄難から逃れることができる」という伝説がある「ヨゲンノトリ」という山梨県に
伝説が残されている妖怪らしきものがいたりもします。
ヨゲンノトリは、山梨市の名主の喜左衛門が、1858年に記した「暴瀉病流行日記」に描かれた頭が二つある鳥の絵が
ベースとなっているそうです。
その日記には「来年の8月・9月のころ、世の中の人が9割方死ぬという難が起こる。それについて、
我らの姿を朝夕に仰ぎ、信心するものは必ずその難を逃れることができるであろう」と記されているそうです。

上記の山梨の伝説は正直知名度も認知度も全く無かったのですけど、新型コロナウイルスの感染リスクが高まる中、
アマビエがそうした新型コロナウイルスの感染予防に何かしらの御利益があるのではないかとSNSでブレイク
していた頃に、山梨のとある学芸委員の間で
「そういえばわが山梨にも似たような伝承があったよね・・」という事で、以前何度か企画展にてヨゲンノトリに関する展示を
していたもののそれほど話題にものぼらなかったため、新型コロナの感染症の拡大で休館する中、
とある学芸員がツイッターでヨゲンノトリについて投稿するとあっという間に1万件を超す「いいね」が寄せられ、HPでも紹介を
始めたところ、そこでも大きな反響が寄せられたとの事です。

やはり人間と言うものはアマビエもそうでしたけど、新型コロナウイルス等未知の病気に対しては
何か感染を抑制できたり治癒が期待できそうな「何か」に対しては、それが未知の妖怪であったとしても
「それにすがらざるを得ない・・例え妖怪であっても未知のウイルスや病に対して打ち勝つことが出来るというのならば、
それにすがってでも救われたい」という意識が働くのかもしれないですし、その「何かにすがらざるを得ない」という気持ちこそが
祈りであり「救い」という事に繋がるのかもしれないですし、ここから神仏が発生していき「宗教」が発生したメカニズムが
潜んでいるのかもしれないです。

ちなみに、暴瀉病流行日記には、「長崎で発生したコレラが江戸から山梨に広がり、1日に30~40人もの人が亡くなり、
甲府で683人の死者が出た」という事が記されているそうです。
寺社では病魔退散を祈る祈禱(きとう)や祭礼が盛んに行われたことも紹介されているそうです。
この種の感染症というものは県境が無いし、人と人との接触により感染が拡大していくというのは江戸時代のコレラも
今年の新型コロナウイルスも本質は同じという事なのかもしれないです。

ゲゲゲの鬼太郎のアマビエも最近の猫娘みたいな美少女という訳ではないものの、結構かわいかったですけど、
頭が二つあるというヨゲンノトリも一見不気味ではあるのですけど、見方によってはカラスが鳩をおんぶしているようなも
見えなくもないですし、どこかほんわかした雰囲気もありそうで、怖いとか畏敬とか近寄りがたいという雰囲気は少なく、
なんとなく「かわいいかも・・」と感じる要素はありそうです。

それにしても思いがけない形で山梨の伝承の「ヨゲンノトリ」が少しは全国的に広まる事になったのは山梨の学芸員の
皆様にとっては嬉しい誤算ともいえそうですけど、そのきっかけが新型コロナウイルスというのでは痛し痒し・・みたいな
感じでもあるのかもしれないです。


CIMG4021_convert_20200904233944.jpg


ちなみにヨゲンノトリ画像の私的な利用は自由との事で、携帯の待ち受け画面にしたり、感染よけ・魔除けとして
使う方も多いとの事です。
商業利用の問い合わせもかなりあるとの事で、山梨県内の事業所なら無料で使用する事もOKとの事です。
お札やキーホルダー、衣料品や酒のラベルなどに使われる例があるそうです。
ちなもにアマビエの方は既にたくさんの商品のデザインとして使用されていて、おまんじゅう・飴・どら焼きなどで
使用されていたりもします。

そして先日ですけど、このヨゲンノトリをパッケージのデザインとして使用したカレーが販売されているのを発見したりも
しました~♪
この「ヨゲンノトリ咖喱」は「厄病退散」と表記され、ヨゲンノトリがデザインされていますし、賞味期限はまだずっと先ですので、
新型コロナウイルスが収束するまでは魔除けとして食べないで保管しておこうと思っています。





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の絵はアミグリさんが2014年10月に描かれたヤマメです!

今年ほど世界的に感染症の脅威が身に染みてよくわかった年はないといえそうですけど、
東方の世界において、ヤマメと言うとその能力は「病気(主に感染症)を操る程度の能力」という事で、今年に関しては
全くシャレにならないキャラと言えそうですし、プリキュア的には扱いとしては今作の「ヒーリングっとプリキュア」の
敵組織のビョーゲンズみたいなものなのかもしれないです。
但し幻想郷では人に危害を加えることを基本的に禁止しているため、ヤマメ自身はこの能力を原作内で使ったことは
ありません。

アミグリさんの描かれたヤマメは、公式設定の「明るく気さく」という雰囲気をそのまま二次元作品として表現されたような
雰囲気に溢れていてもとってもかわいいヤマメだと思います。
お団子ヘアにその髪の毛を飾るリボンとか、チルノのようなかわいいショートヘアとか
思わず吸い込まれそうな大きくてつぶらな瞳とかどこか照れたような感じでもある少し紅潮した頬とか
とてもじゃないけど、嫌われ者とか感染症をもたらす疫病神的存在という感じは全く無くて、ヤマメの元ネタである土蜘蛛という
幻想郷内の建築工事を支える縁の下の力持ち的要素としての貢献度の高さを示唆しているような
高貴さすらも伝わってきているような感じがあります。
ヤマメはよく「地下アイドル」とも言われがちなのですけど、アミグリさんの描かれるヤマメはそうしたアイドル的な可愛らしさに
溢れているとも言えますし、
ヤマメの元ネタは蜘蛛という事で公式立ち絵としてはお腹ポッコリでこのお腹が蜘蛛の腹という事を意味しているのだと
思うのですけど、
アミグリさんの描かれるヤマメは土蜘蛛とか蜘蛛のお腹がポッコリしているという感じではなくて
「丸く膨らんだポケット付のスカート」みたいな感じで描かれているのは、ヤマメの女の子らしさを十分すてきに
表現されていると感じられます。
蜘蛛の巣のキラキラも今現在の作風のあのすてきなキラキラ感を先取りしているようにも感じられますね~♪


2020-misuchi-02_convert_20200201152958_convert_20200201194636.png


続きまして、アミグリさんが2020年2月に描かれたミスティア・ローレライをご紹介させて頂きたいと思います。
ちなみにこのミスチーは当ブログの2月においての「東方カテゴリ700記事到達」を記念してアミグリさんにリクエストをさせて頂き
描いて頂けた大切な記念絵でもあります!

ゆかりんはミスチーのことを東方永夜抄にて「蛾」=蟲と評していて、「全く、夜雀風情が。羽蟲の王気取りは絶望的に早いわ」と
ミスチーがまるで蛾であるかのように語って いましたし、
実際ミスチーも永夜抄においては、 蛾符「天蛾の蠱道」等の蛾をモチーフにしたスペルを使用していましたけど、
ミスチーはあくまで「鳥」であり蛾ではないです~ ♪
地獄の閻魔様の四季映姫様より「あなたは鳥」とはっきり明言されていましたし、ミスチー自身も
「自分は鳥」と認識しているようですので、ゆかりんの例のあの発言は、ゆかりんのミスチーに対する挑発、または
ゆかりんからしてみたらミスチーなど取るに足りぬ雑魚妖怪みたいなものですので、気まぐれのおふざけという解釈の方が
宜しいのかもしれないですね。

上記にてヨゲンノトリという見た目は少し不気味だけど意外と? どこかほんわかしてかわいい要素がある鳥を取り上げましたが、
少し不気味と言うか怖い点はあるけどとにかくかわいい~♪という点ではミスティア・ローレライも似たような要素が
あるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれたミスチーはとってもかわいいですね~♪

ドレスのフリルの精緻さ・ミステリアスな背景・ちょっときょとんとした表情に対比して爪の鋭さの畏敬の表現・
背中の翼の精緻な描き方などとっても見事だと思います。
特にこのフリルの細かい仕上がりは、アミグリさんがこれまで描かれてきた東方キャラのフリル地獄の中でも
かなり大変でご苦労が多かった絵の一つだと思われますので、改めてアミグリさんには
「こんなにも素晴らしいミスチーを描いて頂きありがとうございました!」と強く御礼と感謝の気持ちを申し上げたい気持ちで
一杯です。
2020年最初に描かれたサグメ様の片翼はミステリアスな雰囲気も感じますけど、ミスチーは両翼という事で、
鳥らしい雰囲気とかわいらしさと妖怪らしい畏敬が見事にバランスが図られていて、
「とってもかわいいけど同時に妖怪っぽい」という大変難しい要素が実にすてきに融合されていると思います。
そしてこの翼はとても美しく幻想的だと思います。

ちょっときょとん・・とされているのも三月精で示された鳥頭っぽい雰囲気なのかもしれないです。

こんなにもかわいいミスチーでしたら、あの食欲旺盛のゆゆ様だって「食べちゃいたい」と感じるよりは、むしろ
「妖夢のようにかわいくてたまらないね~、これではとてもじゃないけど食べることは出来ないよね~」と
感じられるのは間違いないと思います~♪

上記のアミグリさんが描かれたヤマメとミスチーの権利は、全てヤマメやミスチーの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しいミスチーを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

どちらにしても来年には新型コロナウイルスという感染症も収束して欲しいですし、このマスク姿でいちいち外出しないと
いけないという鬱陶しさから一日でも早く解放されたいものです!
「東方Project」は、霊夢という絶対的主人公がで――んと君臨し、そこに魔理沙というスーパーサブがこれまたで――んと
控えているような世界でもあるのですが、東方の作品には旧作と今現在の新作という二つの版があったりもします。
「PC-98版(旧作)」と今現在の「Windows版」では、「東方Project」というタイトルに変更はなくても
設定・登場キャラ・ストーリーは大きく変わりますし、旧作と新作にはあまり接点が無いような感じすらあります。
現在の東方の世界は言うまでもなく、ゆかりんが張った博麗大結界によって外界と隔離された幻想郷が
メインの舞台になっているのですけど、
旧作のPC-98版の時点では実は幻想郷という場所もそうした名称すらも提示されていません。
そしてなによりも霊夢の名前は、旧作においては、旧字の「博麗靈夢」という名前となっています。
新作版に移行以降は、新先のWindows版の初作である「東方紅魔郷」の時点で、
「旧作全体の設定を一掃した」ということで、旧作のPC-98版の登場人物の大半は新作のWindows版には未登場です。
旧作から新作に最初から移行できたキャラは、霊夢と魔理沙のみで、
新作の途中から、「旧作の復活キャラ」として登場したのは、風見幽香とアリスの2名のみです!

そういう意味においては、アリスは大変稀有なポジションと言えると思いますし、旧作でも新作でも
どちらの版でも人気が高いというのはすごい事だなぁ・・と改めて感じる事もあります。

霊夢と魔理沙のカップリングですけど、この二人は少し似た者同士ではないのかなぁ・・とも感じる事も多々あるのですけど、
やっぱり少し違うかな・・とも思ったりもしています。
霊夢の場合は、大の修行嫌い&修行不足のため、歴代の博麗神社の巫女さんの中でも
「最ものんきで最も危機感に欠ける人」というのは既に定説となっているのかもしれないです。
霊夢の場合、その天性の才能・・・ある意味とてつもない幸運と鋭い勘でもって
才能だけで数々の妖怪退治を行い、その腕前は確かに相当なものは間違いなくあると思います。
一方魔理沙の場合、一見して派手な言動・・「派手じゃなければ魔法じゃない!! 弾幕は火力だぜ!!」が口癖なのかも
しれないですけど、実は大変な努力家なのだとも言えます。
魔理沙の魔法は光と熱を伴う魔法を炸裂させ、一見するととても派手に見えてしまうのですけど
実は、あの派手な魔法の影には大変涙ぐましい努力をしていて
魔理沙の魔法のそもそもの燃料である化物茸をゲットするために、
日々こうした化物茸を見つけるために、魔法の森を探し回っていて、その茸を長時間煮詰めて乾燥させて
そうして作った固形物が魔理沙の魔法の源になっています。
だけど、その固形物が毎回成功するかと言うと、決してそういう訳ではなくて、
日々その固形物を投げつけたり加熱したりして「実験」を繰り返し、しかもご丁寧な事に
その実験記録をきちんと魔導書として記録している事は、間違っても霊夢には出来そうもない事です。
霊夢と魔理沙は一見似た者同士に見えるのですけど
よく見てみると、二人のキャラの違いは一目瞭然なのかもしれないです。

れいまりの二人は似た者同士なのかも・・?と一見思わせておいて実はその違いは明確であるのとは対照的に、
よく言われる話でもあるのですけど、霊夢とアリスは実は性格面がよく似ているという事は
結構既に色々な人たちがご指摘されていますけど、それは「その通り!」だと私も感じております。

アリスは不思議な魅力溢れるキャラだと思いますし、その立ち位置はとても興味深いものがあると思います。
旧作から新作へと生き残りキャラでもあるのですけど、
霊夢のように「妖怪を退治する立ち位置」でもないし、幻想郷内の人間たちのように妖怪に怯える存在でもないし、
人間たちを襲ったり危害を加える可能性がある妖怪という立ち位置でもないですし、
人間と妖怪どちらつかずの立場というのがアリスではないのかなと思ったりもします。
そして、主人公でも端役でもありませんし、強さの観点からも強からず弱からずという感じですし、
東方の世界観の中においては、ちょうど中間点に位置してるような存在ではないのかなと思ったりもします。

霊夢のキャラは、「誰に対しても優しくも厳しくもなく、誰かと行動していても仲間として見ない平等な性格の持ち主と言えますし、
平等である反面、魔理沙以外は基本的には仲間として見ておらず、
人間や妖怪と一緒に行動を行っていても常に自分一人で立ち振る舞うという御方でもあるのですけど、
それでいて孤高とか浮いているとか一人だけいいかっこしやがって・・みたいな雰囲気にならないのは
霊夢の一つの魅力であり、持ち味なのかもしれないですけど、アリスの基本パーソナリティーは、
他人に無関心で、基本的に物事に拘らないさっぱりとした性格をしており、一人でいることを好むという感じでも
ありますので、案外、霊夢とアリスは性格が似ているというか「似た者同士」ではないのかな・・?と
感じる事も実は多々あったりもします。
特にアリスの他人に無関心という点とさっぱりとした性格というのは霊夢と被るところは大ではないかな・・と思います。
アリス自体は基本的には無愛想ですけど、決して人見知りとか人間嫌いという感じはなくて、
コミュニケーションを図る事は全然問題ないですし、話せばわかるタイプだと言えるとも思います。
幻想郷内の宴会も決して嫌いという訳ではなさそうですし、
縁日とかお祭り等では、アリス自身が人前で上海人形等を使った人形劇という出し物もしています。
その点は面倒くさがり屋の霊夢との違いではないのかなとも感じたりもします。
霊夢は強い妖怪から好かれるという傾向があるのに対して、アリスは、萃香からは
「強い妖怪を避けて、逆に人間達には積極的に接している」と評されている点はかなり興味深いものはあったりもします。

どちらも他人に無関心な性格であり基本的にマイペースで、戦闘スタイルが決して本気を出さないという
点においては、霊夢とアリスは実は「似た者同士ではないのか・・?」という解釈も成り立つのかもしれないです。
アリスは他者に対しては完全に無関心という訳では無くて、三月精で示唆された通り、
親切さや世話焼きという一面もアリスが時折見せているのは、霊夢との違いなのかもしれないです。

まとめると・・・

霊夢
 →一言で言うと冷めた性格。妖怪退治に精を出していますけど、実は人間にも妖怪にもあまり興味がないとも言えます。
    自分の神社に祀られている神様からよく分からないという修業嫌いの巫女さんでもあります。

アリス
 →霊夢と似たような性格ですけど、霊夢よりは面倒見がいいのかもしれないです。

参考までに、「東方妖々夢」におけるアリスのキャラ解説の中で一部抜粋すると・・・

「 霊夢達と戦う明示的な理由は無い。そこに居たから魔法の相手になっただけである。
 圧倒的な力で勝つことは、アリスにとって楽しくともなんとも無いので、常に相手の様子見て、
 それより少しだけ上の力で戦おうとする。負けても全力は出さない。
 全力で戦って負けると、本当に後が無い為である。
 ここらへんの性格は霊夢に似ている。」

と評されています。
「全力を出して負けると後がないため本気で戦うことがない」というのは、どことなく醒めた雰囲気も有している
霊夢とアリスの共通点としては「なるほどね・・・」と思わせてくれる解説だと思います。

三月精のそのシーンにおいてなのですけど、霊夢とアリスの共通性と言う観点において興味深い場面が
あったものでした。
鷽という今までについた嘘の数だけその嘘つきを噛むという鳥が登場するのですが、
あの場面において光の三妖精や魔理沙は、結構鷽に噛まれまくっている中、
アリスと霊夢は全く鷽に噛まれる事はありませんでしたので、アリスと霊夢は二人とも正直者とも言えるのかもしれないです。
二人とも他人にも関心が無いし、意外と自分にも関心がない、それゆえ他人に対して
「自分をよく見せよう」と思わせる必然性も無いから、嘘をつくとか見栄を張る必要がないというのが
二人の素敵な共通性と言える解釈もありなんじゃないのかな・・?とも思ったりもします。

冒頭で東方の旧作について触れましたけど、「東方妖々夢」の中でアリスは旧作からの復活キャラとして登場してきます。
そのシーンを再現してみると・・・

アリス : しばらくぶりね。

霊夢 : 何もないところに逃げないでしょ?

アリス : しばらくぶりね。

霊夢 : さっき会ったばかりだってば。

アリス : いや、そういう意味じゃなくて。私のこと覚えてないの? まぁ、どうでもいいけど。

霊夢 : それはともかく、春度って何?

アリス : どれだけ、あなたの頭が春なのかの度合いよ。

霊夢 : あんまり、高くても嫌だなぁ。でも、どうしてこんなに冬が長くなったのよ?

アリス : 春度を集めてる奴が居るからよ。

霊夢 : あんたは関係無いわけ?

アリス : あるわけ無いわ。

霊夢 : じゃ。

アリス : ちょっと! 折角、旧友と出あったと言うのに、手土産はあんたの命だけかい?

霊夢 : 誰があんたみたいな七色魔法莫迦と旧友なのよ。

この辺りのアリスの「旧友と出あったと言うのに、手土産はあんたの命だけかい?」というセリフは
旧友という言葉を使って旧作からの復活という事を示唆しているのがも面白いと思います。


rorisu-01_convert_20151115171630.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。
本記事は「実は霊夢とアリスは似た者同士??」という内容ですので、アミグリさんの絵も霊夢とアリスをご紹介させて
頂きたいと思います。

まずはアリスからです。

アリスと言うと上記で述べた通り東方では数少ない旧作からの復活キャラの一人でもあるのですけど、そうした訳で
アミグリさんが描かれた旧作のアリスをご紹介させて頂きたいと思います。
尚、現在のアリスの絵については今月の当ブログ記事の「ショートヘアの美少女たち」という記事にご紹介をさせて
頂いておりますので、そちらの方もご覧頂ければ幸いです。

上記の絵はアミグリさんが2015年11月に描かれた旧作アリスです。

2015年11月にアミグリさんが描かれたいわゆる旧作・アリスですけど、この東方旧作(怪綺談)のアリスは、
今現在の美少女・アリスよりはいくぶん幼い雰囲気になっているのが新作と旧作の違いなのかもしれないです。
現在のアリスもとってもかわいくてすてきな美少女ですけど、旧作アリスもとってもかわいく描かれていて、
このロリっぽいアリスも大好きです!
アミグリさんらしいちょっと「きょとん・・」とした雰囲気も最高だと思います~♪
真っ青な瞳と金髪がとてもきれいですし、キラキラした背景も美しいです。

旧作からの復活組の一人の風見幽香は現在と旧作があまりにも違いすぎる為、現作と旧作における同一性は
あまり感じないのですけど、アリスに関しては「同じなのかも・・」と感じさせるものが大なのだと思います。
雰囲気が似ているというのもありますし、旧作が幼く描かれているから現在のアリスは「旧作から成長した」と素直に
感じることが出来るというのがその要因と言えるのかもしれないです。

私はアミグリさんが描かれた旧作アリスも今現在のアリスもどちにもとっても大好きです!





続きましてアミグリさんが2011年10月に描かれた霊夢です。
(上記が旧作アリスということもあり、ここではあえてアミグリさんが描かれた霊夢の中ではかなり初期作品の霊夢を
ご紹介させて頂きたいと思います)

この霊夢はとっても可愛いですね~♪

10代の少女という雰囲気がぴったりとくるのがアミグリさんが描かれたこの霊夢だと思います。

10代の明るい美少女巫女としての霊夢そのものなのだと思います。

上記でアリスが新作アリスとして初めて霊夢に語りかけるシーンを取り上げさせて頂きましたけど、そうした頃の
初々しい頃の霊夢といえるのかもしれないです。


この2012年の淡いピンク霊夢は、まるで鍵山雛みたいな「東方フリル地獄化」の様相を呈しておりまして
この霊夢は何度見ても「描くの大変だったんだろうなぁ・・」と当時のアミグリさんのご苦労に心から敬意を
表したくもなってしまいそうです。
この淡いピンク霊夢は美しいし全体的にはファンタジー感を強く感じさせてくれていると思います。





続きまして2013年 8月にアミグリさんが描かれた霊夢です。

アミグリさんが描かれた霊夢は、どの霊夢も紅白の巫女さん衣装がとても鮮やかで私も大好きです!
そして霊夢のトレードマークともいえる髪のあの大きな赤リボンも少女の可愛らしさを表現されていると思いますが、
今回のアミグリさんの「霊夢で10年進化録」の霊夢の中ではこの2013年の霊夢の赤リボンがとても印象的です。
2013年の霊夢は、アミグリさんが描かれた霊夢の中でもトレードマークのあの頭のリボンが
比較的大きめに描かれているのが強く印象付けられますし、あの大きめリボンが風でふわっと舞っているようにも感じられる
のもとてもすてきな構図だと思います。

そして霊夢の少しきょとん・・とした表情もとってもかわいいと感じますし、霊夢はやっぱりすてきな紅白巫女さんなんだなぁと
改めて感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれたアリスと霊夢は
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいアリスと霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても似た者同士キャラというのはその違いも感じつつもその共通項を自分なりに見つけていく楽しさと言うのも
あるのかもしれないです。
リアル社会の中でも滅多にいませんけど稀に「え・・? この女の子、40歳はとっくに過ぎているはずなのに
見た目が異常に若くてどうみても20代にしか見えない・・」というすてきな女の子もいると思いますし、
そうした事は漫画・アニメ作品での40代女性キャラにもたまにいたりもします。
美魔女を除く現実の人たちのご年齢はなんとなく見た目でわかるものですが、アニメやゲーム作品の登場人物には
思った以上に年齢が分からない事も多々ありますし、
作画や設定ありきのものではあるのですが、それでも年齢を聞いてビックリ仰天させられるキャラが多々いたりもします。
例えばですけど、日本の国民的アニメ?の「サザエさん」のサザエさんのご年齢は実は24歳であるとか
マスオさんの会社の同僚のアナゴさんのご年齢は実は27歳であるとか、Reゼロのエミリアさんの実年齢は107歳なのに
見た目的にはどう見ても外界のJKさんぐらいにしか見えないというのもそうなのかもしれないです。

そうそう、年齢が40代前後なのに異様に若く見えるキャラというと歴代プリキュアたちのママさんにもそうしたキャラは
たくさんいましたね~♪
例えば、ハートキャッチのつぼみママとかスイートの奏ママとかスマイルのやよいママとかハピネスチャージのゆうゆうのママ
などたくさんいましたけど、その中でも圧倒的に驚異的だったのはスマイルの星空みゆきのママの星空育代さんだったと
思います~♪
育代さんは設定的には多分40代前半だと思うのですけど、どうみても20代前半にしか見えないですし、みゆきと一緒に
並んでも誰がどうみても親子には全く見えないですし姉妹にしか見えない程のすてきな美人ママさんだったと思いますルン!
プリキュアというと・・、キラキラ☆プリキュアアラモードの敵幹部のビプリーも設定上では100歳超なのに見た目は
いちか達と大体同じような年齢の雰囲気でもありました。

さてさて、そうした実年齢が40代前後なのに異様に若く見えるキャラというと、今年の春アニメの「球詠」にもそうしたキャラが
いたものでした~♪




3904db3d-s.jpg

0a9f01d3-s.jpg


アニメ版球詠の第9~12話の中で新越谷高校と死闘を繰り広げていたのは梁幽館高校ですが、
梁幽館高校は設定の上では女子野球の中では名門の強豪校の一つで、今年の春の大会も全国準優勝を成し遂げ
そうした学校を率いている監督が名将と称される栗田監督なのですけど、栗田監督は実年齢は45歳なのに
見た目の雰囲気は若々しいを通り越して「20代にしか見えない・・」という雰囲気もありそうでした~♪

新越谷の監督はOGでもある藤井杏夏なのですけど、杏夏とほぼ同じような雰囲気というのは凄いですし、栗田監督は
まさに美熟女というのか美魔女ともいえそうです!


藤井 : (今年で45歳になるはずですがこれほどお若いとは…!)

栗田 : お手柔らかに・・ それでは。よい試合を・・

藤井 : はい

藤井 : (栗田監督と握手してしまいました。今日は手を洗えませんね)

栗田監督を憧れのアイドルみたいな目で見ている藤井さんも結構面白いキャラでしたね~
栗田監督の隣にいる中田奈央は8月の当ブログでも触れている通り、日本ハムの中田翔をモデルにしてあるだけに
威圧感と存在感が最大限発揮しているキャラでしたけど、現役JKさんの中田奈央と雰囲気的に遜色ない栗田監督の
若々しい雰囲気はむしろ中田奈央よりも年下にすら見えそうです~♪


9ec3f07d-s.jpg

74c0ebc7-s.jpg


アニメ版の球詠は第12話が最終回ということで、アニメ版では新越谷-梁幽館の試合で終わっていますけど、
原作漫画における新越谷-熊谷実業の試合や新越谷-柳川大附属川越高校の決勝戦の試合もとってもエキサイトで
面白いので、球詠は「ラーメン大好き小泉さん」・「女子高生の無駄づかい」・「恋する小惑星」と共にぜひ第二期の制作と
放映を望みたいです~♪

ネタバレになるので深くは書けないですけど、新越谷-梁幽館の試合はとても劇的な最終回でした!
7回表で2-3と梁幽館が1点リードのまま最終回を迎え、新越谷が無得点だとゲームセットという展開の中で、
それまで打率はそこそこ残せているのにチャンスにからっきし弱くて打点がゼロという新越谷の4番打者の中村希が
起死回生のスリーランホームランをかっ飛ばし一気に5-3と逆転をしたのですけど、
この裏には希と芳乃の秘めたエピソードがあったりして、あのシーンは球詠屈指の名シーンだと思いますし、また屈指の
百合シーンだと思います~♪
前日の梁幽館高校でのミーティングにおいて「新越谷で警戒すべきバッターは・・」というテーマの際に
「岡田と大村。打線ではこの二人は要注意だな」という事になりましたけど、この時は希は試合では打点ゼロという事で
梁幽館高校にとって希とはノーマークの選手でもありました。
そうそう、この会話で出てきた新越谷の2年生の岡田玲のモデルとなったプロ野球選手は元・ロッテの岡田幸文選手なそうです!
岡田幸文選手といえば「エリア66」とも称される圧倒的な守備力で有名でしたけど打力は非力であり、
現役引退までの全2501打席で無本塁打という記録も達成していました。

7回の表に希の打席の際に梁幽館の栗田監督は「ここが勝負所!」と踏み、ピッチャーを二番手投手からエースでもあり
4番打者でもあり全幅の信頼を寄せている中田奈央に選手交代します。
栗田監督は降板した投手に「対策された中よく投げてくれました」とねぎらいの言葉をかけますけど、
あの言葉を裏読みするといろいろな解釈もできそうですし、栗田監督としては来年の大会に向けて経験を積ませるために
登板させたけどまだまだだっかたな・・?という意味にもとれるのかもしれないです。

どちらにしても栗田監督のあの異様な見た目の若さは素晴らしすぎます~♪


00000037_convert_20200825021628.png


30代~40代の女の子なのに見た目が異様に若く見えるキャラというとアニメ・ゲーム作品ではたくさんいるのですけど、
一般的な知名度と言う点ではちょっと弱いのかもしれないですが、
「三者三葉」の登場キャラの陰謀と策略大好き元メイドでもある薗部篠(そのべ しの)が大変印象的であったりもします。

上記の球詠の栗田監督が実年齢が45歳なのに20代にしか見えないというのも驚異的ですけど、薗部篠の実年齢は
30代だというのに見た目は現役JKさんにしか見えないというのもすごいですし、実際に作品の中でも薗部篠は
JKさんの制服を着て高校に紛れ込んでいましたけど、全く違和感を感じさせないのもすごいと思います。
薗部 篠はかつて西川家でメイドとして働いていたものの西川家の没落以降は
洋菓子店「秘密の花園」を開いて店長をしています。
小柄でつぶらな目と小さな口が特徴で、見方によっては東方の因幡てゐ以上のベビーフェイスを誇っていて、
てゐは「幻想郷最大の年齢詐称のロリ婆さん」と陰口を叩かれがちですけど、
同様な事はもしかしたら薗部 篠にも言えるのかもしれないですね~♪
童顔なのですけど、実年齢は少なくとも30代であり、時として年齢がバレる言動を放つこともあったのが印象的でした!
感情が顔に現れることが少なくその思考が読めないところがありますけど、
実際好奇心旺盛で陰謀や策略をよく企んでいるのが大変面白かったですし、アニメの中でも場面チェンジの
起爆剤とか陰で糸を引く・・みたいな事もあったりしたものでした。
前述の通り、アニメの中では薗部篠は自ら制作した西川葉子が通う高校の制服を着用して
高校に潜り込んていますけど、やはりどうみてもあの時の薗部 篠は現役JKにしか見えなかったです~♪

そして見た目は少女っぽいけど実際のご年齢は数百歳とか数千歳とかはたまた永琳のように数億歳!?という
とんでもない年齢ギャップのキャラがたくさん出てくる作品というというまでもなく「東方Project」だと思います。

東方Projectの中に登場するキャラの皆様は、 本来のご年齢は1000歳を超えているとかはたまた何億歳という
レヴェルのすさまじい高齢キャラとか、「おこちゃま吸血鬼」とか「カリスマブレイク」と揶揄されがちのレミリア様ですらも
そのご年齢は実は500歳であったりもしています。
東方の創造主のZUN神主様は「東方キャラ・・? あー、あれはみんな10代の少女だから・・」とある意味とんでもない発言を
されていましたけど、やはりどうみてもゆかりんや永琳や八坂神奈子・白蓮さん・ヘカーティアとかゆゆ様は
10代の少女の訳ないじゃん!と思ってしまうのですけど、
特にゆかりん=八雲紫様の場合、実年齢は設定上誰がどうみても2000歳を超えているように思えるのですけど、
その見た目はどうみてもさすがに10代は無理としても、20代~30代前半のすてきなレディーにしか見えないですよね~♪
ゆゆ様も実年齢は悠に千歳を超えているのですけど、見た目の雰囲気は少女の面影を色濃く残していますし、
従者の妖夢が横にいても妖夢とゆゆ様は姉妹にしかみえないです!
文ちゃん=射命丸文だって設定の上では年齢は1000歳なのに、見た目は10代後半以降にしか見えませんし、
1000歳を超えるご年齢なのにあそこまで黒ミニスカがお似合いの御方はいないとすら感じてしまいます!
その最たるものは因幡てゐだと思います。
てゐは八坂神奈子すらも超越するとんでもないご長寿キャラなのですけど、見た目はどうみても10代前半にしか
見えませんし、てゐこそはもしかして・・? 「幻想郷最大の年齢詐称疑惑」なのかもしれないです。
というか東方キャラの皆様は、霊夢・魔理沙・小鈴の普通の人間属性を除くとほとんどの皆様は年齢詐欺と言えそうです。


youkosama-007_convert_20160616151430.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy2 の管理人のアミグリさんのすてきなイラストのご紹介コーナーです!

jまず初めにご紹介させて頂く作品は、上記でちらっと出てきた「三者三葉」のメインキャラから西川葉子さまです。
薗部篠は西川葉子さまが資産家のご令嬢だった頃は、西川葉子様のメイドさんだったのですけど、
今現在は立場が逆転し、 西川葉子さまがお小遣い稼ぎのアルバイトとして薗部篠の洋菓子店にアルバイトとして
勤務している都合上、 薗部篠は西川葉子様の上司みたいな立ち位置になっています。

上記の「三者三葉」の西川葉子さまはアミグリさんが2016年6月に描かれた作品です!

参考までに「三者三葉」は原作は4コマ漫画で、016年夏にアニメ化されました。
物語は、元気爆発大食い娘の小田切双葉、天使の顔を持つ悪魔の葉山照、元お嬢様で極貧生活真っ最中の西川葉子様という
性格も考え方も育った環境も全く異なる三人が織りなすドタバタコメディーです。
三人の名前にいずれも「葉」というワードが含まれているのが「三者三葉」というタイトルの由来にもなっています。
そうそう、面白い事は、原作漫画の上では、小田切双葉の視線で描かれているのに対して
アニメでは西川葉子様の視点から描かれています。
この漫画はかなり長期連載なのですけど、3人ともずーーっと高校1年生のまま時間軸が流れていましたけど、
なぜか唐突に原作第12巻で三人とも2年生に進級していました。
西川葉子様は、父親の会社が倒産したためかつての超名門お嬢様学校とお屋敷を離れざるを得なくなり、
今は安アパートで極貧生活を送られていて、昼食はパンの耳とか賞味期限スレスレのお弁当というのも
何だか気の毒な感じもするのですけど、西川葉子様ご本人は、平民としての暮らしに馴染めるよう葉子様なりに努力され、
いつの間にかお嬢様と貧乏人が変にごちゃまぜになった妙な(?)キャラになってしまったという
経緯があったりもします。

アミグリさんが描かれる西川葉子様は、お嬢様!というイメージがぴったりだと思います!
葉子様のサラサラストレートヘアはいかにも「お嬢様!」みたいな雰囲気を醸し出していると思いますし、
何よりもとってもかわいいです~♪

アミグリさんは西川葉子さまのような「長髪さらさらの女の子」を描かれると右に出るものはいないのかもしれないです!

現在の貧乏設定でもそれに臆することなく過去を引きずる事も無く健気に頑張っている西川葉子さまの魅力が存分に
発揮されたすてきな作品だと思います。





上記のゆゆ様はアミグリさんが2015年5月に描かれた作品です。

亡霊と言うと寒いとか涼しいというイメージもありそうですけど、アミグリさんが描かれたこのゆゆ様からは
上品で洗練された清涼感が伝わってきます。
例えは悪いのですけど、炎天下の外から家に戻ってきて、冷蔵庫にキンキンに冷やしておいたラムネを
くーーーーーっと飲み干したような気分爽快のようなイラストだと思います。

アミグリさんが描かれたゆゆ様は、1000年近く程度生き続けた亡霊さんとは思えないほどの少女らしい雰囲気に
溢れていると思います。
髪のグラデーションの美しさやウェーブがかかったふんわりとした髪の流麗さ、ゆゆ様のこのすてきな笑顔に、
やはり誰が何と言ってもとても1000歳近く亡霊として生きていた方とは思えない少女の面影を色濃く残された雰囲気は
見ているだけで癒されるものがあると思いますし、
「本当にゆゆ様って亡霊なの~!?」と改めて感じてしまいそうです!
一見ふわっとされていますのでやっぱり実体のない幽霊・亡霊に近いのかも・・という印象を与えつつも、
この柔和な笑顔は「ゆゆ様は生きている人に限りなく近いものがある!」といった実存性・主体性・生きている力は
間違いなく感じさせるものがあると思います。
この温和な雰囲気は、従者の妖夢が初期の頃は辻斬り妖夢みたいな無茶やっているのを見たとしても
「ふふ・・しょうがない子・・」と穏やかに温かく見守っている慈愛のような雰囲気を伝えていると感じられます。


2020-tewi-05_convert_20200510172119_convert_20200515204759.png


続きましてアミグリさんが2020年5月に描かれた東方のてゐとサンリオのマイメロのすてきなコラボ絵です~♪

てゐというと普段はうどんげちゃんをからかったり、策士策に溺れる・・ではないけど東方の中でも一癖も二癖もありそうな
老獪な策士家という印象がある中でも、アミグリさんの描かれたてゐはかわいいマイメロちゃんを抱きかかえている事もあり、
てゐの「少女としての憧れ」を象徴しているのがマイメロちゃんなのかな・・?とも解釈できそうなすてきな組合せだと思います。

てゐの赤眼やうさ耳もうさぎらしいオーラですけど、口元がどことなくイタズラ小娘っぽい雰囲気も感じられそうで
てゐの新しい魅力発見です~♪

上記でも触れた通り、てゐは「古事記」にも出てくる「因幡の白兎」をモチーフにしたキャラでもありますので、
もしも因幡の白うさぎが東方の因幡てゐとするとてゐの実年齢はとてつもないご高齢キャラとなってしまい、
ゆゆ様・ゆかりん・八坂神奈子すらも上回る御長寿キャラとなってしまいますので、そうした年を重ねてきたしたたかさと老獪さは
同じ兎系キャラのうどんげちゃんではとても歯が立たないのはある意味当然なのかもしれないです。

そうした老獪なてゐをここまでロリロリっぽくかわいく描いたアミグリさんのてゐには癒されるものが大きいです~♪

上記のアミグリさんが描かれた西川葉子さま・ゆゆ様・てゐは、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいマイメロとてゐを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても見た目と実年齢にギャップがありそうな女の子というのはとても魅力的ですね~♪
フランちゃんは今更言うまでもない事ですけど、吸血鬼のレミリア様の唯一人の実妹です。
レミリア様と言うと恐怖・畏敬・カリスマという言葉が似合いそうな気もするのですけど、同時にカリスマブレイクとかおこちゃま
みたいな畏敬に対する正反対の評価も出来そうな気がする幻想郷においてもかなり異彩を放っているキャラの一人だとも
思われます。
そうした姉のレミリア様の視点から見てみると実妹のフランちゃんをどのように見ているのかは結構興味津々な所は
ありそうですね~(^^♪
フランちゃんというとファンの中では「妹様」みたいに呼ばれる方も実は結構いたりもします。
妹様というとどういう感じなのかと言うと
偉そうな妹に対する皮肉を込めた呼称であるとか、はたまた妹に頭が上がらない情けないお兄ちゃん(お姉ちゃん)が、
妹に対してへりくだって使う呼称とも言われていたりもしますけど、
レミリア様なんかは実際の所フランちゃんをどのように感じているかについては公式でもほぼ描写が無いため
このあたりは東方ファン一人一人の脳内妄想に委ねられてしまうのかもしれないですけど、
私としては、レミリア様というのは意外とフランちゃんの真の力や秘められた力についてうすうすと感づいていて
「フランドール・・・? うーーん、あの子は実は私なんか目じゃない程の隠された力を秘めている・・
あの子自身自分のそうした力に何も気付いていない・・
だから私はあの子を紅魔館の中から出さないようにしているし意図的に幻想郷内の人々から接触を断たせている・・」
みたいに思われているのかもしれないですね。
そして上記の「妹様」じゃないけど、レミリア様の本音としては、フランちゃんに本気を出されて自分に闘いを挑まれたとしたら
自分なんか到底勝てやしないのが分かっているからこそ、
フランちゃんに対しては、「情けない姉」を演技するかのようにフランちゃんに対して頭が上がらないように
表面的に見せかけて、フランちゃんの暴発を抑えて、「今日も紅魔館が平和でありますように・・」と実は内心ビクビクと
されているのかもしれないですね・・・
フランちゃんを刺激しないように暴発させないように、普段から咲夜さんをうまく使ってフランちゃんを意図的に
腫れ物に触るような感覚でコントロールさせることに日常的に腐心されているのが実はレミリア様の真の日常という考え方も
成り立つような気もします・・・

それにしてもフランちゃんは見た目にはとっても可愛いですよね!!

フランちゃんの真の能力とかその「ありとあらゆるものを破壊してしまう程度の能力」というものを一旦無視して考えると、
フランちゃんを見てしまうと
「あ――、なんか自分もこんな可愛い妹が欲しいよなぁ――!」と心の底から思ってもしますいますよね・・(笑)
私自身、一回り近く年の離れた兄と姉がいるのですけど、実際10歳近く年が離れていると、兄や姉と言う感覚は全く無く
叔父さん・叔母さんという感覚しか今も昔も持ち合わせていなかったですね・・
だからこそ、実は今でもたま~にですけど
「例えば東方で言ったらフランちゃん・こいしゃん・チルノ・アリス、艦娘で言ったら春雨ちゃんとか五月雨ちゃんとか夕張ちゃん
みたいな可愛いかわいい妹が欲しかったよなぁ・・」と思ってしまう事は多々あったりもしますね・・
だけどもしも私がそうした可愛い妹を持ったとしても「ダメ兄貴振り」を遺憾なく発揮しまくり
妹から「だからお兄ちゃんはダメなんじゃん!」とか言われまくって、実は優秀な妹に対して全く頭が上がらない状態になり、
妹の事を「妹様・・!」みたく妹にひたすらペコペコと平身低頭しまくっている自分自身がいそうな予感も
実はあったりもします・・・

上記で書いた通り意外とレミリアお姉さまと咲夜さんだってとっくの昔に
「自分達には到底手が届かない特殊能力の塊り・・」みたいな感じでフランちゃんに対して表面的には隔離する事で
かろうじて姉としての威厳を保ちながらも陰では「妹様・・・!」みたいな感じでフランちゃんを見ているのかも
しれないですね・・・
ちなみにですけどフランちゃんに対して「妹様」という表現を最初に使用したのは意外にもパチュリーさんです!
公式作品では紅魔郷のExステージにおいて、パチュリーさんが初めてこの呼称を用いています。

それではどのあたりにフランちゃんの「真の能力・秘められた力」が垣間見えるのかと言うと
実際問題フランちゃんは公式においてはレミリア様と異なりほとんど登場機会が無いものでして、語りたくても
語りようが無いという感じでもあるのですけど、それを示唆しているのが「東方文花帖」における文ちゃんとの
インタビュー記事ではないのかと思われます。

フランちゃんというと、公式におけるセリフは、紅魔郷と文花帖の二つしかないのですけど、
その数少ない出番の中でのフランちゃんの有名な名言と言うと
魔理沙に対して発した「あなたが、コンティニューできないのさ!」 と文とのインタビュー中に発した「きゅっとしてドカーンね 」
だと思います!
その「きゅっとしてドカーンね 」 というのは、
文ちゃんが作成した文々。新聞(第百二十季 弥生の四刷)の文面上では「きゅっとつつけばドカーン」と書かれていますけど、
文ちゃんによる追取材の際には、

文 : 「 本当に隕石を爆発させたんですよね? 」
フラン : 「 きゅっとしてドカーンね 」

というあまりにも有名なセリフが登場しています!

それも考えてみると凄い話ですよね・・・

「運命を操る程度の能力」をお持ちのレミリア様のお話としては、幻想郷全体というのか、紅魔館に向かって
巨大隕石が落下してきて、「紅魔館、まさかの崩壊の危機?」みたいな時に
「全てを破壊してしまう程度の能力」をお持ちのフランちゃんが、前述の「きゅっとしてドカーン!」の如きも
なんとその巨大隕石を一瞬のうちに空中爆破させてしまうのです!

東方Projectの世界では、よく「では結局幻想郷内の最強キャラは誰なのか・・? 霊夢・・? ゆかりん・・? 永琳・・?
はたまた、お空・・? 意外と・・あのヘンなTシャツヤローの地獄の女神様・・? そういえば綿月依姫もいたよね・・」
みたいな強さ議論が起きたりもするのですけど、
このフランちゃんの「きゅっとしてドカーン」ネタを見てしまうと、
「フランちゃん、可愛いのに恐るべし・・」とやはり感じてしまいますよね!

レミリア様の御言葉によると、
「あの隕石ははじめから紅魔館の真上に落下する事が予定されていて、妹がそれを破壊する事も
あらかじめ決められていた」との事らしいです・・・
ま、これに関しては、フランちゃんによると・・・・
「隕石落下と破壊が予定されていた・・・? そんなのある訳ないじゃん・・・
あいつはなんでもかんでも最初から判っていた振りをするの。運命が分かるとか何とか言って・・」
と文ちゃんとのインタビューで言っています、
というか、それ以前にフランちゃんがレミリア様を「あいつ」呼ばわりしている事の方に興味がそそられますね・・
フランちゃんがレミリア様の事を「あいつ」呼ばわりしていたその瞬間に、フランちゃんの背後にいたのは・・
そう・・レミリア様自身だったのですけど、
その際のレミリア様の「こらこら、お姉さまをあいつ呼ばわりするんじゃないの・・」と諭されていたのは
面白かったですし、フランちゃんの「あら、お姉さま、いつからいらしたのですか・・?」とあいつからお姉さまという
呼び方に瞬時に切り替えられていたのは素敵でした!
確かにああいうフランちゃんを見てしまうと「フランちゃん=気がふれている」というのは「ありえないな・・」と思ってしまいます。
「東方紅魔郷」における霊夢VSフランちゃんのバトル時において、霊夢が間違えてレミリア様の事を
「レプリカ」と呼んだ際は、はっきりと「レミリア! レミリアお姉さまよっ!」と訂正を求めた際の様子からして
フランちゃんとしては、やっぱりお姉さまのレミリア様の事は、なんだかんだ言って慕っているし大好きなんだなぁ・・と
感じさせるものでした!

フランちゃんの精神状態がちょっと危ないとされる要因として、多くの方がよくお姉さまのレミリア様がフランちゃんの
「ありとあらゆるものを破壊する程度の能力」を恐れ、フランちゃんを紅魔館に幽閉しているからだと指摘されているようですが、
私的には、今から500年ほど前に人間としてのスカーレット姉妹が吸血鬼に襲われ生き血を吸われた事で、自らが吸血鬼に
なってしまった事実をレミリア様はあっさりと受け入れてしまい、逆に吸血鬼としての能力を最大限楽しんでいるという
イメージもある中、実は妹のフランちゃんは500年近く経過後もいまだに自分が吸血鬼になってしまった事実を事実として
受け入れることができなくて精神を病んでしまったという解釈も実はあるのではないのかな・・?と妄想をしたりもします。
幻想郷移住後のフランちゃんは、常識に囚われてはいけない幻想郷の世界に長い時間をかけて徐々に慣れているという
感じもありそうですので、さすがにそろそろ従来までの紅魔館の籠り姫とか幽閉されている少女というイメージを打破し、
こいしちゃんやうどんげちゃんみたいにどこか吹っ切れた状態で自由奔放なフランちゃんのお姿もそろそろ見てみたいな~
というのは私に限らず多分ですけど多くの東方ファンの皆様が願っている事なのかもしれないですね~!

私としては、是非是非今後の東方シリーズにおいて、レミリア様-フランちゃんの
スカーレット姉妹の大活躍を一一度くらいは見てみたいものがあります!!




ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

今回転載&ご紹介をさせて頂く作品は言うまでも無く吸血鬼に関連した作品です。

上記の作品は、アミグリさんが2018年12月に描かれた「となりの吸血鬼さん」から自称永遠の13歳の
まるでお人形さんのようにとってもとってもかわいい吸血鬼のソフィーちゃんです!

吸血鬼というと上記で書いた通り「人の生き血を吸う」とか「吸血鬼から血を吸われた人間も吸血鬼になってしまう」とか
「とてつもなく怪力の持ち主」という事で古今東西「畏敬」の対象として恐れられていた存在なのだと思われます。
だけど「となりの吸血鬼さん」のメインヒロインのソフィーちゃんは、とにかく見た目がロリロリでとってもかわいくて
現役JKさんの天野灯が「お人形さんみたいでとってもかわいい~」と一目惚れしてしまうのも
よく分かる気がします。
そしてソフィーちゃんは吸血鬼なのですけど、人を襲って生き血を吸う事は皆無で、アマゾン等ネット通販を利用して
血や生活雑貨・趣味のオタク関連グッズを購入しているというのも
いかにも現代に生きる今風の吸血鬼さんみたいでとっても面白いです!
ソフィーちゃんのすてきな所はアニメやコミック・フィギュアが好きなオタク趣味を有していて、
日本に来た理由も海外で発売されていないゲームを買うためというのも何だか妙に共感してしまいます・・

アミグリさんの描かれるソフィーちゃんは、元々のかわいらしさ・ロリロリ感・清楚な雰囲気が見ているだけで
すてきに伝わっていると思います。
吸血鬼は本来はおっかないとか黒衣裳と言う事でどちらかというと派手な雰囲気ではないと思います。
そうした事を意識され、アミグリさんはこのソフィーちゃんを掲載時に
「吸血鬼さんということで、流水や日光が苦手とのことで、このイラストではキラキラはとばしませんでした。
背景の色は、薄紫で夜をイメージしています。」と述べられていましたけど、それは極めて妥当だと思います。
キラキラを飛ばさないで薄紫の一色の背景という事で「夜」をイメージさせていると感じられますし、
咲夜さんみたい銀髪や黒系統の服の色が、やはり吸血鬼の活動時間帯の夜を象徴しているようにも感じられます。
流れるような美しい長髪もとてもすてきです!
全体的にはかわいいけどとても清楚という雰囲気も見事に表現されていると思います。

少しだけきょとん・・とした表情もとってもかわいいです!

アニメ・原作漫画では灯が一目見た瞬間にソフィーちゃんに一目惚れしたような展開になりましたけど、
灯がもしもですけど、アミグリさんを描かれたこのソフィーちゃんを見たとしたら間違いなく「お人形さんみたいでかわいい~!」と
言うと思います!


kinene-hurando-ru-kahitu_convert_20171228221215_convert_20171230174842.png


上記のフランちゃんは、アミグリさんが2017年12月に描かれたフランちゃんです~♪

このフランちゃんは健康的で明るい少女という雰囲気に満ち溢れていて、
美しさ・すてきな紅魔館のちっちゃなレディーが見事に表現されていると思います。

アミグリさんが意図的に背景を描かれた無かった事で、むしろフランちゃんの羽の美しさとか七色のクリスタルの輝きも
存在感を高めているようにも感じられます。

そしてこのフランちゃんにとってはアミグリさんにとっても一つの大きな節目だったようでして、その節目の記念記事にも
なっておりました。
アミグリさんのお言葉によるとこのフランちゃんは「祝デジ絵歴10年目!の記念イラストフランちゃん♪♪」との事で、
「2017年でデジタルで絵を描き始めて10年目ということで、記念にフランちゃんを描きました。」とのお言葉を
記事内で述べられていました。

それにしてもこのフランちゃんは本当に大変な名作であり、アミグリさんを代表する作品の一つになり得るものと確信します!
かわいいけど美的限界に到達しそうな美しさを兼ね揃えたフランちゃんだと思います!

このフランちゃんは幼女という感じではないし、美少女という雰囲気も飛び越え、紅魔館のすてきなレディーみたいな
感じすらあると思います。
こんな美しいフランちゃんが紅魔館のパーティーで登場したら、ゲストの皆さんも咲夜さんもレミリア様も「言葉がでない・・」
という雰囲気にすらなるんじゃないのかなとすら感じてしまいます。
まさに紅魔館の大輪の花という言葉がびったりきそうです!

霊夢のような大きめ赤いリボンもとてもよくお似合いだと思いますし、
白ニーソと絶対領域の美しさにも思わず息をのんでしまいそうです・・!

上記のアミグリさんが描かれたソフィーちゃんとフランちゃんの吸血鬼娘たちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいフランちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

吸血鬼は怖いけど、妹様というワードがお似合いそうなフランちゃんだったら全然OKですね~♪



今現在の中学校・高校の制服の主流はブレザーのようですね。

私が数十年前に中学生・高校生をしていた時は、男の子は学ラン、女の子はセーラー服またはジャンパースカートという
指定制服が比較的多かったと思いますし、逆にあの当時はブレザー制服の方が珍しいという感じすらあったと思います。
だけど最近はすっかり様変わりしてしまいました。
男女ともにブレザー制服が一般的になりつつあり、むしろ女の子のセーラー服が「少し珍しいのかな・・・?」とも
感じられるようにもなりました。
余談ですけど、最近とあるラジオ番組の中で
「セーラー服が制服であるJKさんたちが修学旅行でなんと・・! パリに行き、バスで移動をしていた際に
バスからセーラー服姿で降車した所、周囲のフランス人の皆様たちから、
わーー、日本からセーラームーンがやってきたぁーー!とちょっとした騒ぎになってしまい、
セーラー服姿のJKさんたちは、取り囲まれるわ、写真撮影を求められたり、サインを求められたりと、
周囲がちょっとしたパニック状態になった」とのエピソードが紹介されていましたけど、
フランスでは日本のアニメ作品が結構人気があるそうで、セーラー服姿のJKさんがバスから降りてくると
「セーラームーンがやってきたぁー」と子供たちとかアニメファンの人が狂喜乱舞する気持ちも分かる気がしますね~♪

私自身が高校生の頃って、今現在と違って、「JKさんのスカートは長い方がステイタス」みたいな雰囲気もあり、
今みたいなあんなにも短い制服スカートをお目にかかる事はまず無かったと思います。
最近のJKさんの皆様は、そんなにガードが甘い訳ではありません!
ほとんどの人は、スカートの下に、スパッツ・ジャージ等を履いていますので「見えちゃう」なんていう事はまずないです!
そうは言ってもスパッツを穿いていても、スカートが風でひらひらと舞っている光景に遭遇したりしますと、
思わずドキッ・・となってしまうのは私に限らず全男性の習性なのかもしれないですね~

冒頭から話がそれまくりで要は何を言いたいのかと言うと
古典的なセーラー服のかわいらしさ・清純さは男性視点で見てしまうと憧れのようなものを感じてしまいますし、
ブレザー制服には今風の洗練されたデザイン系制服の魅力がつまっているようにも感じられます。

東方Projectは基本的には各キャラの衣装・髪型・性格が作品ごとで大きく変わる事はそれほどなくて、
基本的に霊夢の性格はどの作品も大体同じようなものですし紅白巫女衣裳というのはどの作品にも共通しています。
妖夢は作品ごとにいじられキャラとか辻斬り妖夢とか微妙に扱われ方に違いがありそうですけど、生真面目・不器用そう
という基本パーソナリティーはほぼ同じだと思います。ただ妖夢は髪型は基本的には銀髪ショートですけど、
微妙に髪型も変化はあったりもします。

そうした東方キャラの中で、作品を重ねるごとに精神的な成長が見られ、衣装や武器アイテムが大きく変化したキャラというと
うどんげちゃんが一番大きいと言えるのかもしれないです。
うどんげちゃんが着ている衣装は基本的にはブレザー制服っぽいという感じなのですが、うどんげちゃんの精神的な
内面の変化も素晴らしいですし、ブレザー制服っぽい点は同じなのですけど
「永夜抄」verのうどんげちゃんのブレザー制服と「深秘禄」~「東方紺珠伝」~「憑依華」の制服では
共にいかにも「外界のJKさんっぽい制服」という共通性は持ちながらも衣装の変化はかなりはっきりと明確に伝わってきていて、
衣装の点からもうどんげちゃんの変化はしっかりと伝わってきているようにも感じられます。

ご紹介が遅れましたが冒頭のうどんげちゃんは、 dream fantasy2 のアミグリさんが2020年8月に描かれた深秘禄~憑依華verkのうどんげちゃんです。
この夏らしい爽やかなうどんげちゃんは後半に改めてご紹介をさせて頂きたいと思います。

東方の妖怪兎のうどんげちゃん(正式名称=鈴仙・優曇華院・イナバ)ほど幻想郷内において
「成長」を見せつけたキャラはいないのではないかと考えております。
幻想郷自体、ゆかりんの最大の腐心が「幻想郷内のパワーバランスの維持」という事でどちらかというと保守的立場に
立っているせいもありますし、なによりも幻想郷の住民さん達は、早苗さんたち守矢神社組・ゆかりん・マミゾウ親分など
ごく一部の人達を除くと「外界の現状」自体を全く認識していませんし、生れた時からずっと幻想郷内で
育っている経緯もあり、その思考はどちらかというと保守的な傾向になると思いますし、異変を別にすると
特に刺激とか波乱要素も無くのんびりとしたマイペースな生活をされているせいなのか、そのキャラ自体に
目覚ましい精神的成長を図れてきているキャラというと、幻想郷入り以降は徐々に「はっちゃけ早苗さん化」してしまった
早苗さんを数少ない例外事項とすると、あまり該当者がいないような気もします。
霊夢・妖夢はのんびり屋だし、咲夜さん自身はどちらかというと既に完成されたキャラに近いものがありそうですし、
ゆゆ様・永琳・ゆかりん・白蓮さん・萃香・文ちゃんなどのご長寿キャラの皆様たちは、既にお若くないせいか??
今更精神的成長もへったくれもないと思いますし、
天子ちゃんやレミリア様などは成長なぞ無縁の永遠のおこちゃまとも言えそうですし、
そうした中では、秦こころの希望の面を拾った事で、その内面の心に変化のきっかけが出てきたこいしちゃんも
数少ない例外とすると、幻想郷の中で最大限に年数経過と共に精神的成長を図れたキャラは、
やはり誰が何と言っても永遠亭のうどんげちゃんと言えるのかもしれないです!

うどんげちゃんは分類的には妖怪兎ですけど、実は地上の兎ではありませんし、てゐみたいな地上の妖怪兎でもありません。

うどんげちゃんは、元々は月で綿月姉妹に飼われていたペットでした。
ペットと言うのか、紅魔館に例えて言うと咲夜さんみたいな有能な執事みたいな位置付けに近いともいえ、
月の使者とか戦闘関係で相当重要な役割を担わされていました。
これはうどんげちゃんの当時の被害者意識の強さがそうさせたものかもしれないですけど、
幻想と事実が多少ごちゃ混ぜみたくなってしまったのかもしれないですが、
アメリカによる「アポロ計画」が成功し、人類のロケットが月に到着した事をうどんげちゃんは勝手に脳内妄想を起こしてしまい、
「もしかしても地上の人間達が自分達の世界を侵略しに来るのではないのか、そしてそこにはもしかして
永琳の影があるのではないのか?あの永琳が関わっていたとしたら自分達には勝ち目はないし、
自分達は月世界で奴隷状態になってしまう」みたいな結果として一方的な勘違いを起してしまい、
人間の月侵攻に恐れをなして月から逃げ出してしまった経緯があったりもします。
うどんげちゃんの頭の中では、「地上には、かつて月から地上に刑罰として落とされた輝夜と輝夜を護るために
月からの使者を全員斬り殺した永琳がいて、いまだに月の民たちの事を恨んでいるのかもしれない。
月の世界の最高の賢者のあの永琳が月に侵攻してきたら自分達は、皆殺しにされるのかもしれない」といった意識が
あったのかもしれないのは間違いないような気がします。

そしてうどんげちゃんは周りの仲間を見捨てて自分一人だけ月を脱出し地上へと逃亡を図ります。そして辿り着いた先こそが、
他ならぬ輝夜と永琳がいた「永遠亭」だったのです。

うどんげちゃんは、言うならば逃亡者なのだと思います。

換言すると月の仲間たちを見捨てて、一人自己保身を図った裏切り者という評価も成り立つとすら言えると思います。

うどんげちゃんにとっては月から地上への逃亡と言うのは同時に環境の激変という事でもあるのだと思います。
生まれ故郷を捨てたのは確かにうどんげちゃん自身の意志なのかもしれないですけど、
それはその時点では「もしかしたら本当に地上の民が侵攻してくるのではないのか?」という当時誤まった認識が
月の兎の間にデマゴーグとして広がっていたという少し気の毒な事情はあったと思いますし、
その逃亡というのはうどんげちゃん自身の強い意志というよりは「そうせざるを得なかった・・」みたいな
何か消極的な理由の方が強いのかもしれません。
うどんげちゃんが「仲間を見捨ててきた」というのは紛れもない事実でありますから、
うどんげちゃんの心の深層としては後悔というものよりも
「裏切って申し訳なかった・・」といった後ろめたさの方が強いような気もします。

月から幻想郷に逃亡し結果的に永遠亭に運よく保護されたうどんげちゃんは、 「心にすっぽりと大きな穴が開いた」というか
「何か大切なものを失った」とか 「癒す事の出来ない傷を心に負ってしまった」みたいなそうしたマイナス的なモヤモヤ感は
しばらく続いていたのだと思います。
そうした喪失感がうどんげちゃんの一つの持ち味でもあるあの愚痴の多さに繋がっていたのかもしれないです。

うどんげちゃんは徐々に「変化」を見せるようになってきます。

うどんげちゃんのお師匠様でもあり同時にやむを得なかった事情があったとは言え、うどんげちゃんと同様に
不本意ながらも地上にての生活をせざるを得なくなった永琳からの
「私達はこれから、そう、あなた、うどんげも含めて全員、月の民ではなくて地上の民として
生きていく!」という固い決意の気持ちをうどんげちゃん自身が知る事になった事が
うどんげちゃんの気持ちをかなり和らげていったんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
うどんげちゃんとしては、
「実はお師匠様も私も同じ逃亡者なんだ! その永琳様が地上で生きていく事を決意されたのだから
この私だってこの地上で頑張って生きないといけない!!」みたいな事を決意したんじゃないのかな・・・と考えたりもします。

この辺りからうどんげちゃんも段々といい意味での「変化」が見られるようになっていったと思います。

「東方鈴奈庵」においては、里の人間達に独断による対面販売を大成功させたり、
「東方紺珠伝」においては、今までは怯える対象であった月の本拠地へ真っ向から乗り込み、
その月すら脅かす強敵(純狐・ヘカ―ティア様)にも臆することなく立ち向かうなど、精神面において大きく成長した姿が
見られる様になったのは「素晴らしい!」としか言いようかないと思います!
綿月姉妹を見てみると明らかに月の民特有の選民思想の考えから地上の民を見下す傾向にあるとわかるのですけど、
うどんげちゃんは、地上に来て間もない頃は、幻想郷内の妖怪が怖い、人間が怖い・・と他者を排除する傾向が
大変強かったものの、「東方紺珠伝」ではその傾向はほぼなくなり、自らをはっきりと「地上の兎」であると宣言し、
「これからは月ではなくて地上で私は生きていく!」と高らかに宣言されていますし、「東方紺珠伝」においてはも
今まで怯える対象であった月の都へ真っ向から乗り込み、その月すら脅かす強敵にも臆することなく戦ったという事は
高く評価されて然るべきだと考えますし、うどんげちゃんの内省的成長が際立っているとも感じられたりもします。

そこにはかつての逃亡兎のふさぎこんだひねくれ気味の姿はもうないと言えると思います。
そうした点が 「東方憑依華」において、藤原妹紅から「見違えるように成長したな」と評されている要因にもなっていると
いえそうです。

そうそう、うどんげちゃんは深秘録~紺珠伝~憑依華においては従来まで見せた事のないアイテムを手にしています。




eaa23c3c_convert_20181228133517.png


うどんげちゃんが武器アイテムとして手にしているのがルナティックガンです。

ルナティックガンは月の玉兎たちが武器として所有していた武器アイテムの一つでもあります。
(永夜抄などの作品で手にしていないのは、お師匠の永琳から「まだ早い」と使用を許可されていなかったのかもしれないです)

幻想郷では刀の使い手として妖夢や咲夜さんがいますけど、銃を取り扱う妖怪はうどんげちゃんなど月の玉兎に
限られているようです。ルナティックガンは、真正面に飛ぶ実弾の他に
パワーアップによってうどんげちゃんの周囲に発生する魔眼的オブジェクトから幻影の銃弾を
バラバラ撒き散らすという何気に結構ヤバい雰囲気の戦闘道具でもあったりします。
紺珠伝においてはメガホン並の大きさでしたけど、深秘録のPS4版ではそれ以上の巨大サイズに変更されていて、
戦闘状況に応じて小銃型など別の形態に一瞬で変形したり、メガホンのように波長を拡散したり、
それとは別に素手でも銃弾を放ったり、はたまた実はもう一丁隠し持っていて二丁拳銃みたいな感じにもなったりしていて
ツッコミ所は満載であったりもします。
幻想郷内の最大の技術屋の河童のにとりをして
「未知の技術で出来ている」とか「(原理や仕組みは)何一つ分からん」と言わしめる月の高度な技術を結集した銃器
と言えるのだと思われます。
ちなみにですけど、清蘭も似たようなルナティックガンを所持しているものの、うどんげちゃんほどの破壊力は無いですし、
今一つ使いきれていないという印象もあります。
そうした点から考えると、うどんげちゃんの能力の高さや成長がここでも立証されているようにも思えます。

うどんげちゃんは着用している服装にも大きな変化が見られます。

東方永夜抄では、白のブラウスに赤いネクタイを締め、黒~焦げ茶色あるいは紺色のブレザーをその上に着用し、
ブレザーの下は白~薄桃色の、膝下くらいまでのミニスカートを着用していました。
見た目の雰囲気は外界のJKさん以外の何物でもないようにも感じられますし、さらに言うと現役JKさんがうさぎのコスプレを
したのが永夜抄のうどんげちゃんであるようにも感じたりもします。
東方三月精・東方儚月抄の公式漫画においてのうどんげちゃんの服装は上記の永夜抄におけるJKさんブレザー制服を
ほぼ踏襲したような感じで描かれています。
そのため東方の衣装としては、セーラー服はムラサ船長、ブレザー制服はうどんげちゃんというイメージもあったと
いえるのかもしれないです。

東方深秘録・東方紺珠伝・東方憑依華においては、特に東方紺珠伝においてうどんげちゃんが劇的に精神的な成長が
図れたという事もあり、その衣装も大きく変化していました。
半袖のブラウスにオレンジ色のスカートという衣装に代わり、外界のJKさんというよりはJKさんを卒業したすてきななお姉さん
という雰囲気が漂い、ここからもうどんげちゃんの成長を強く意識させられそうです~♪
そして前述のとおり、手にはルナティックガンという何やら物騒なアイテムを手にするようになったのも
永夜抄との大きな変更点という事になります。

うどんげちゃんは特に紺珠伝においてその気持ちにも大きな変化が見られましたけど、そうした変化を象徴していたのが
衣装チェンジやルナティックガンと言えそうです。


sawaudon03_convert_20120323162805.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
本記事はうどんげちゃんで、その衣装もキャラクターも永夜抄と深秘録以降では大きく変化したと記しましたけど、
それではうどんげちゃんの衣装の変化をアミグリさんが描かれた絵からお楽しみ頂きたいと思います。

上記のうどんげちゃんはアミグリさんが2012年3月に描かれたうどんげちゃんで、このうどんげちゃんは「東方永遠夜抄」での
うどんげちゃんをベースに描かれた作品です。
この作品は、アミグリさんの淡い色彩の作風時代に描かれた作品であり、現在の作風とは少しばかり違いがあったりもします。

この永夜抄verのうどんげちゃんは長袖の紺色ブレザー制服に赤ネクタイということで、どことなく外界のJKさん制服の
ようにも感じられそうですね~♪
そしてうどんげちゃんはJKさん制服がとってもよくお似合いだと思います!

長い髪・うさ耳・ブレザー・短めスカート、がみんなとってもかわいいのですけど、
全体を淡い紫色にまとめられ、どこか神秘的な雰囲気を感じさせてくれていると思いますし、
この淡い透明感溢れる雰囲気は、とっても幻想的だと思いますし、月の儚さを十分すぎるほどイメージさせるものが
あると思います。


2020-udonge-03_convert_20200815171304_convert_20200815232552.png


それでは最後にもう一度アミグリさんが2020年8月に描かれた深秘禄~紺珠伝~憑依華でのうどんげちゃんをご覧頂きたいと
思います。

このすてきな絵が掲載された当時は8月のお盆の頃で、埼玉に限らず全国各地で連日連日35℃超の酷暑が続いていて、
あの頃は正直夏バテのヘロヘロ状態でしたけど、アミグリさんの描かれたこの爽やかなうどんげちゃんを拝見させて頂き、
一気に夏の暑さの疲れが吹っ飛び元気を貰えていたと思います~♪
そのくらい涼しげで爽やかなうどんげちゃんだと思います。

この上の永夜抄うどんげちゃんは、白のブラウス・赤ネクタイ・紺色のブレザーということで外界のかわいいJKさんみたいな
雰囲気と紫色でまとめたファンタジー感がとても素晴らしかったですけど、
上記のアミグリさんの描かれたうどんげちゃんは 紺珠伝~憑依華verということで、
半袖のブラウスにオレンジ色のスカートという衣装にチェンジし、
外界のJKさんというよりはJKさんを卒業したすてきななお姉さんという雰囲気が漂い、
ここからもうどんげちゃんの成長を強く意識させられそうです~♪
永夜抄のブレザー制服うどんげちゃんもとてもかわいいですけど、紺珠伝~憑依華verうどんげちゃんは
夏らしい雰囲気に溢れていて、夏だから暑いというのてはなくて夏の風雅をおちついて楽しむという
余裕みたいなものも漂っていそうです。
うどんげちゃんは半袖もよくお似合いですね~♪
ルナティックガンを手にしていませんので、これは休日のうどんげちゃんともいえそうです。

上記のアミグリさんが描かれたうどんげちゃんの権利は上記作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいうどんげちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

うどんげちゃんが着ている衣装は外界のJKさん制服っぽいですけど、永夜抄verでも「深秘禄」~「憑依華」verでも
どちらの衣装もとてもよくお似合いでかわいいです~♪
2d76cb4e-s.jpg


「邪神ちゃんドロップキック」第7話のアップルパイの話は以前の当ブログでも取り上げさせて頂きましたけど、
その中で面白いシーンもあったりしました。

ゆりね : 邪神ちゃんどうでもいいわよ。ほら管理人さんにお茶をお出しして

ぴの いえ。私はこれで…

邪神ちゃん : やれやれ。ゆりねは蛇使いが荒いですの。実は私も昨日チーズケーキを作ったんですの

そうそう、言われてみたら邪神ちゃんは確かに悪魔のヘビでもあります。
ここで改めて言うのもなんですけど、蛇の邪神なのに手はあるけど足がないはずの邪神ちゃんが普通に神保町界隈を
出歩き歩行してるもなんだか面白いものがありますね~♪
このアニメでは蛇が歩いていてもメデューサという人間を石化させてしまう悪魔が歩いていても、
はたまた元・天使たちが普通にアルバイト生活をしていても全く神保町の人達は驚きもしないというのが
なんともシュールであったりもします。

そしてアニメ内ではここからアップルバイの話から12星座と13星座の話に脱線していきます。


c0c0be51-s_convert_20200526235053.jpg


ゆりねは蛇使いが荒い…
15年ほど前突如として星座占いに現れた蛇遣座


a439739b-s_convert_20200526234950.jpg


12星座が13星座になる!と騒がれたが定着しなかった


1e6f5eec-s_convert_20200526234644.jpg


ちなみに12星座だとさそり座のゆりね。邪神ちゃんの扱いに長けた10月31日生まれ。13星座だとなんと!


58354323-s_convert_20200526234826.jpg

おとめ座だ!!

蛇遣座じゃないんかーい!

ルネッサーンス!

ここでまたまた髭男爵の「ルネッサーンス!」の懐かしの一発ネタを持ってきているのがいいですね~♪

こうした星座ネタは2020年冬アニメの一つで私の大のお気に入り作品でもあった「恋する小惑星」にうってつけなのかも
しれないですけど、邪神ちゃんのパロディーネタとして使われるのもまたまた面白いものがあると思いますですの・・

邪神ちゃんで指摘されている通り、20世紀の終わりから2世紀の初めのごく一時期に従来の12星座に代る新しい
星占いとして「13星座」というのも突然出てきたものでした・・
13星座占いのよくある誤解として「新しい星座が発見された」「一時的にへびつかい座が黄道に食い込んでいた」等が
ありますけど、それは実は正確ではないです。
確かに地球の歳差運動で黄道の位置は変わりますが、それは数百~数千年規模の話であり、
13星座占いが特にブレイクした1995~1997年頃だけ黄道にへびつかい座があったというわけではありません。

実際には「数百年にわたって、西洋占星術師の間でへびつかい座が無視されてきた」とか
「一部の占星術師がそれを疑問に思って13星座占いを作ってみた」というだけなそうです。

そして確かに一時的に13星座の本や解説書も出てきたものですけど、13星座という新しい解釈に根付かず
元々あった12星座の方が馴染み深いという事で全く定着せず、現在では忘れられた星占いと化していますけど、
(そもそも論として13という数字自体が縁起悪そう・・という雰囲気も多少はあったのかもしれないです)
邪神ちゃんではあえてそうした昔懐かしきネタを持って来ている事がこのアニメらしいと思います。
それにしても「ゆりねは蛇使いが荒い」という話しの流れから予想すると「それではゆりねは13星座では蛇遣い座なのか~!?」と
思わせておいて、実は「ゆりねは13星座ではおとめ座」という予想外というか期待外れのオチもむしろ邪神ちゃんのネタとしては
楽しいものがあったと思います。

ちなみにですけど私自身は蟹座です!

そして13星座だと双子座になってしまいます!

蟹座の特徴はどんな事が挙げられるのかと言うと ・・

〇好き嫌いがとにかく激しい

〇蟹の守護神は「月」なのですけど、月は満月があったり三日月がある事が象徴しているように
  怒ったと思ったら急に笑い出すみたいに「感情」の起伏が激しい

〇味方と思った人への忠義・思いやり・誠意は深いが、敵と感じたモノに対しては平気で徹底的に攻撃を仕掛ける

〇蟹の表面は硬い殻であるように防衛本能が非常に強い

〇ロマンチックで感受性が高くて妄想癖が強い、脳内は理想主義だけど、リアルの仕事・生活はかなり現実的であり、
  自分の限界を超える無茶は決してしない

〇蟹の表面を覆う「硬い殻」が象徴するように、自分の「本心・本音」は余程信頼がある相手でないと決して話さない

〇12星座の中ではいっちば~ん!に群を抜いて母性本能が強く、「自分に何か守り得るべきもの」がある際には、
  その守り得るべきものが攻撃を受けた際には死ぬ覚悟で本気で必死に防衛する。

〇情に大変厚くて、同時に「義」を重視し、義を欠く相手への思いやりは皆無に等しいが、
  義を重んずる者には心の底より忠誠を誓う

〇嫉妬心が大変強い・・

〇直感を重視し「I Feel!」というように「私はこのように感じるからこのように行動する!」と言うように論理・理屈ではなくて
 自分の気持ちにストレートに反応する

〇偏見を持たずにじっくり相手の話を聞くことができ、なおかつ天性の褒め上手という特性があり、
 相手の短所・欠点も受け入れてしまう懐の深さがある

ところがなのですけど、もしも私自身の星占いがある日突然13星座が採用されて上記の蟹座から13星座の双子座に
変更されて、双子座の基本パーソナリティーを簡単に列記してみると・・・

〇コミュニケーション能力が高く、誰とでもコミュニケーションを図ることができる

〇気持ちが切り替わるスピードはとても早く、今まで何もなかったかのように見せるのも得意であり、
 仕事でミスをしたとしても、落ち込んで何もできないということはなく切り変えて次にトライできる

〇寝ている時以外は、常にテキパキとしていて、元気でアクティブ

〇相手からの要望やアクシデントに俊敏に対応することに柔軟に対応できる

〇頭脳明晰だけど意外と計画性はゼロに近い

うーーむ、蟹座と双子座は全然違いますね・・
私自身は「自分は典型的な蟹座のO型」と思っていたりもしますけど、もしもですけど自分自身の星占いに納得が
いかない方は「それだったら12星座ではなくて13星座で占ってみよう~」と思われるのもいい事なのかもしれないです。
というのも占いや星占いと言うのはある意味「当たらも八卦、当たらぬも八卦」の世界ですし、
「自分にとって都合の良い占い」を信じることが案外本人にとってはいっちば~ん!と言えそうですし、
占いというものはあくまで「気持ちの持ちよう」なのかもしれないですし、換言すると、
捉え方一つで解釈は自由に都合のいいように変更できそうですね~♪
テレビや雑誌やたまたま目にした本等で、例えば「蟹座のO型の仕事運や恋愛運についてはどうなのか・・」という
占い結果が一つのきっかけとなってある日突然途方もない大飛躍を果たす可能性だってあるのかもしれないですし、
全くの逆の可能性もありますし、
はたまた他人の何気ない一言・つぶやきによって「よーし、自分もやってみよう!」と発奮していい結果になる事もありますし、
何か物事一つがある日突然変わるという事のきっかけというものは人それぞれだと思いますし、
占い・他人の何気ない一言という事だってあるのかもしれないです。


_convert_20190911194422.jpg


東方のレミリア様の「運命操作能力」というのは、レミリア様自身に他人の人生を劇的にチェンジさせる能力があるという
解釈もあるのかもしれないですけど、意外とその本質はレミリア様が(実は意図的に)さりげなく発した一言によって
例えば咲夜さんとかパチュリーさんをその気にさせてしまう能力という事なのかもしれないです。
そうした意味においては言葉というものは意外と誰かをその気にさせてしまう魔法の言葉というものも本当に
あるのかもしれないですね。

さてさて、幻想郷の巫女である霊夢にとっては占いというのはどんな意味があるのでしょうか・・?

幻想郷での霊夢の果たすべき役割は神様と人を繋ぐ架け橋なのですけど、そうした架け橋を人里の人間たちに
分かりやすく伝えるための一つのアイテムが「占い」と言えるのだと思いますし、
霊夢自身も「卜占は巫女の仕事の一つ」という認識も有しています。

;霊夢の占いというと「東方茨歌仙」での「道を誤る巫女」の話でもすてきに提示をされていましたけど、
巫女さんの占いと言うものはあくまで神と人間を繋ぐための一つの見せ道具に過ぎないとも
思われるのですが、霊夢の場合、占いを自らの金儲けの道具として使い、人間の心に内在する将来や来世に関する
不安心理を揺さぶる事で、結果的に「それでは神様にすがってお祈りしましょう・・そのためにも御守りは是非購入して下さいね」
と言う事に留めていたらまだよかったのかもしれないですけど、そうした人間の不安心理に対して
不安に対して不安感でもって対応したり、一般論的なアドバイスをしてあげる事で、占いをお願いしてきた人間たちに
「巫女さんに話を聞いて貰えてよかった~」みたいなスッキリ感を持ってもらう事で、決してその人の悩みや不安感が
解消された訳ではないけど、なんとなく占ってもらって多少安心した・・みたいな安堵感をもって貰う事で
占いの報酬をたっぷりと貰い、結果的に本来の占いは巫女さん活動の補助的活動に過ぎないのに、巫女さんの本分を忘れて
占いというある意味現世利益的な金儲け活動に走ったというのがいかにも霊夢らしい話なのかもしれないです。

霊夢の占いは最初の頃は、道祖神が言っていた事を人間たちに伝えるという「道祖神の託宣」から始めます。
だけど道祖神は良縁と出産くらいしかわからないですし、人間たちからそれ以外の事を聞かれても霊夢にとっては
答えようがないという感じなのだと思います。
そこで霊夢はまたまたとあるとんでもない事を思いつきます。
「それだったら、別に神の託宣という事ではなくて、巫女の私が直接占った方がいいんじゃないの・・?」みたいな感じで、
霊夢自身が、占い者の雰囲気や気配をなんとなく感じた上で、時にアドバイスし時におどしたりすかしたりして
「占いというものは実は最初から占ってほしいと言う人はこのように言って弱気な自分の背中を押して欲しい・・」みたいな
事を霊夢自身がなんとなく分かっていて、時に温かく励ましたり時に脅したりする等して
結果的に占いというよりは悩み相談みたいな感じで次から次へと占い希望者をさばいていき、
霊夢は普段のお賽銭収入よりも多額の現金収入を手に入れることになります。
博蓮神社は大盛況で商売順調なのですけど、魔理沙は「それは詐欺と紙一重ではないか・・?」みたいな的を得た指摘も
しています。

霊夢は「適当言ってればみんな満足してくれる、ちょっと脅せばお守りも売れる」と言いますけど、
確かに現金収入はマシマシになるものの、ト占はあくまで巫女の神と人を繋ぐ活動ツールの一つにすぎないのに
「占いこそが巫女の仕事」と勘違いしてしまい、その結果言うまでもなく博麗神社は確かに霊夢の占いコーナーだけは
繁盛しているものの、神社自体は寂れていき、気が付くと霊夢が不在の神社で妖怪たちが自由にたむろしていて。
妖怪だらけの神社では一般の参拝客は安心できず、その事が噂されると客足が途絶え、
博麗神社の信頼は落ち霊夢の占いも信用されなくなってしまったという必然的な結果になってしまいます。

巫女さんという存在は、本来は神様と人間を繋ぐための存在であり、神様の意向を伝えるための一つの方法が
占いなのかもしれないですけど、そうした占いを金儲けの道具として使った霊夢は、まさにタイトルの通り
「道を誤る巫女」なのかもしれないですけと゜、そうした道を外した霊夢に対してちゃんと指導をしてあげる華扇の存在は、
霊夢にとってはゆかりんと同様に保護者的立ち位置と言えるのかもしれないです。





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

今回ご紹介させて頂く作品は、アミグリさんが2019年6月に描かれたノースリーブ巫女としての霊夢です。
アミグリさんが描かれたノースリーブのわき見せ巫女としての霊夢のかわいらしさと美少女振りは最高だと思います!

こんなかわいい巫女さんがいるのだったら、人里からかなり遠い距離にある博麗神社に辿り着くまでに、
妖怪・いたずら妖精に襲撃されたとしても、たどり着くまでの間に暑さでバテるのかもしれないですけど、霊夢見たさに
毎日毎日参拝をさせて頂きお賽銭を奮発させて頂きたいものです~♪

それにしてもこの霊夢のノースリーブとへそだしとわき見せはとても際立っていますけど、お色気よりは清純さ・清楚な雰囲気を
より強く感じさせてくれていると思います、
このノースリーブ霊夢は酷暑の中のけだるい美少女というファンタジー感も十分感じさせるものがあると思います。

普通の感覚ですと、こんな美少女がへそ出しにわき見せにミニスカッぼい巫女さん衣装なんてあぶないじゃん・・と
感じるのかもしれないですけど、
霊夢の場合は無双巫女と言う事で、こんなかわいい霊夢をナンパしようとしたり襲い掛かってくる妖怪や人里の男どもは、
軽くあしらって成敗されるのかもしれないです。
というか、霊夢は東方茨歌仙で提示されていたように、意図的なお金儲けの企みなんかしなくても、
例えば夏場でしたら、こうしたすてきなノースリーブのミニスカ紅白巫女さん装束を身に纏っただけで幻想郷のスケベな?
人間の里の男たちを中心に参拝客が殺到しお賽銭がガッポリ入りそうに思えますけどね・・

とてつもなくかわいらしくてミニスカノースリーブ巫女さんが占ってくれるだとしたら、占い結果が大凶で
あったとしても占ってもらっただけで大満足~♪となってしまいそうですね~♪

上記のアミグリさんが描かれたノースリープの霊夢の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しい霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても一度でいいからたとえインチキ占いであったとしても霊夢に卜占をして頂きたいものです!
女の子のストレート髪とウェーブ髪はどちらもとてもかわいく美しく、それぞれにすてきな魅力があると思います~♪

ナチュラルスタイルっぽいストレートヘアとウェーブスタイルはどちらがかわいいのか・・?という問いに対しては
「どちらもかわいいけど、雰囲気はかなり異なる」といえるのかもしれないですし、
普段はストレートヘアをされていても、何かイベントがある時だけはウェーブヘアにチェンジされるのも大変すてきな事だと
思います。

ストレートヘアが好きという方の感覚としては、飾らない感じがいいとかストレートのが自然な感じがすてき・・と思われる方も
多いと思いますし、さらさらとして清潔感があると感じられる方もいると思いますし。
真っすぐの髪の毛に美しさを感じるからという方もいるのかもしれないですし、
サラサラのストレートヘアは日本人の好みに合いそうという意見の方もいらっしゃるかとは思います。
一方ウェーブヘアの方がお好きという方の感覚としては、ふわっふわ~としていると柔らかそうなイメージがあるとか
かるくウェーブがかかっているほうがかわいらしく見えるし、少しおしゃれ度が上がるから好きという方もいらっしゃると
思いますし、女性らしさが増して大人っぽさとセクシーさがマシマシになりそう・・という方もいるかとは思います。

そうした女の子のウェーブ髪とストレートヘアですけど、それはショートでも長髪でもどちらにもそれぞれ魅力はあると思います。

ショートヘア美少女はウェーブがかかってもストレートヘアでもどちらも魅力十分だと思いますけど、こんな私の
しょぼい文面ではなかなか伝われにくいとおもいますので、今回もdream fantasy2 のアミグリさんが描かれた美しい絵によって、
そうした事をお伝えできれば幸いです。

それでは下記において、dream fantasy2 のアミグリさんが2018年と2019年に描かれた東方屈指のショートヘア美少女・アリスのウェーブ髪とストレートヘアを
ご覧頂きたいと思います。


kirakira-arisu-001_convert_20180715152802_convert_20180721231709.png


それでは改めてdream fantasy2 のアミグリさんが描かれた2枚のアリスの違いをお楽しみ頂きたいと思います!

初めにご紹介させて頂くアリスは金髪ショートウェーブのアリスです。

それにしてもアリスは改めて言うのも何ですけど、東方屈指の美少女の一人だと思います。
美少女は美少女でも正統派の美少女という雰囲気に溢れているようにも感じられます。
アリス本人は、人形を自由自在に操る魔法使いのような人形遣いなのですけど、東方ではアリスが一番「お人形さん」らしい
というのも面白いものがあると思います。
やや長身の設定、金髪、ブルーの瞳、頭のヘアバンドみたいな赤いリボン、青のワンピースのようなノースリーブに、
ロングスカートの着用、 アリスは誰が何と言っても東方の「すてきなお人形さん」みたいな雰囲気に溢れていると思いますし、
東方でも屈指のすてきな美少女だと思いますし、とてつもない可愛らしさに溢れていると思います。
アリスとメディスンは、東方でも珍しい部類に入るすてきな金髪碧眼娘とも言えると思います。

上記のアリスは、当ブログの2018年の「プログ開設6周年記念」の記念イラストとして私がアミグリさんに
リクエストとしてお願いをさせて頂いた記念碑的な作品でもあるのですけど、
かわいらしさと絢爛豪華さが見事に融合した洗練の極みのアリスと言えると思います。
ヘアーリボンやケーブのフリルも大変細かく精緻に美しく描かれていますし、
アリスのこのショートの金髪ウェーブの美しさには改めて惚れ惚れとさせられそうですし、思わず見とれてしまうものが
間違いなくあります。

上記で触れた通り、アリスは「本人が人形遣いなのに人形以上にお人形さんらしい美しい容姿をしている」と評される事が
多いと思うのですが、アミグリさんが描かれたアリスからは、そうしたお人形さんとしての静の姿よりは、
むしろ人としての生き生きとした雰囲気が内面から溢れ出ているようにも感じたものでした。
アリスもどちらかというと公式では霊夢以上に無愛想とかあまり笑わないという感じもあったかとは思うのですけど、
このアリスの何とも言えない安らぎと癒しみたいな雰囲気が感じられる微笑にはとても爽やかなものがあると思います。

少し見方を変えると「おすましアリス」みたいにも見えたりもしますね~♪

大人の魅力のアリスとしっとりとした内面からの美しさが伝わっているようにも感じられます。


2019-11-16-arisu-02_convert_20191116192632_convert_20191118023918.png


続きましてアミグリさんが2019年11月に描かれたストレートヘアのアリスを皆様にご覧頂きたいと思います!

2018年のウェーブ髪アリスはしっとりとした洗練された大人のアリスまたはレディーの作法をしっかりと身につけた
美少女・アリスという印象もありますけど、2019年のストレートヘアのアリスは、大人の魅力というよりは「少女の純真さ」とか
清楚でナチュラルな雰囲気で、少女の面影をまだ色濃く残している大人へのステップを踏んでいる途中の美少女・アリスという
印象があったりもします。
2018年のアリスは少し斜めからのウェーブ髪でしたけど、2019年のストレートヘアのアリスは
真正面からのサラサラストレートヘアという事で、アリスの美しさを正攻法で正統派のスタイルで凛々しくかわいらしく
爽やかに表現されていて素晴らしいと感じます。
ストレートヘアというのはこうやって見てみると、ありのままとか飾らない自然体の雰囲気とか清楚な感じを見ている人に
印象としてもたらしているといえそうですし、アミグリさんの描かれたストレートヘアのアリスが
ウェーブ髪のアリスよりもより少女としての面影を強く感じさせているのは極めて妥当といえるのだと思います。
そして単純な赫赫としての比較というのか第一印象だけでいうと、ストレートヘアのアリスはより自然体な美しさを
もたらしていると言えるのかもしれないです。

外界の人間で言うと、JCさん・JKさんは校則で禁止されているからパーマやウェーブヘアは禁止という事で、
ストレートヘアにする事が多いけど、18歳以降高校を卒業するとウェーブやパーマといった大人の女性としてのおしゃれも
可能になるという事で、JKさんみたいなサラサラのストレートヘアもすてきだけど、同じくらい大人の魅力としてのウェーブも
すてきということだと思います。

全体の色彩が2018年のアリスよりもふんわりと柔らかく感じられるのも、より清楚な自然体のアリスの雰囲気を
醸し出しているようにも感じられます。

アリスというと立ち絵も公式書籍もほとんどがウェーブ髪なのですけど、こうしたストレートヘアもとてもよくお似合いで、
私もストレート髪のアリスもウェーブのアリスもどちらもとっても大好きです!
というか、アリスはどちらの髪型もとてもよくお似合いだと思いますし、
アミグリさんの描かれたウェーブ髪のアリスもストレート髪のアリスもどちらもとっても大好きです~♪

スカートのはしをつまんでいるのもとてもキュートだと思います。

それにしてもアミグリさんの描かれる美少女・アリスは素晴らしい!と改めて感じたものでした。





東方においてはゆかりん・早苗さん・輝夜・うどんげちゃん・妹紅などに代表される長髪キャラももちろん素晴らしいですけど、
霊夢・アリス・妖夢・咲夜さん・こいしちゃん・さとり様・文ちゃんなどに代表されるショートヘアのキャラも魅力的なキャラが
勢揃いだと思いますが、冒頭ではアリスのウェーブとストレートヘアについてレビューいたしましたので、
下記において東方ショートヘアキャラの中から、ウェーブ髪のキャラとストレートヘアのキャラという事で、レティさんと妖夢を
取り上げてみたいと思います。

東方ショートヘアの中でウェーブがかかった髪のキャラと言うと風見幽香やこいしちゃんもとても印象的ですけど、
東方の雪女とも言うべきレティさんもとても魅力的だと思います。

上記のレティ・ホワイトロックは2018年1月にアミグリさんが描かれた作品です。

レティさんは雪女の妖怪なのですけど、人食い畏敬の妖怪のイメージでもなくて雪女みたいな怖いイメージでもなくて、
ここにはふっくらとした優しくて温かい雰囲気のふんわり妖怪さんがいるのだと思います!
このふわ~っとした雰囲気はどちらかというと白い妖精みたいな印象もあるのだと思います。
咲夜さんや魔理沙を彷彿とさせるこの白のエプロンや短めスカートと白ニーソの間のかわいい絶対領域の美しさ、
ウェーブのかかった美しい青の髪、ターバンみたいな帽子のかわいらしさ、
そして見ている人を思わずうっとりとさせるこのすてきな微笑み!
いやー、とにかく全てが素晴らしいですし、
冬の幻想的な美しさに溢れたレティさんだと思います!
かわいいけどとても美しいというアミグリさんの特質が見事に一枚の作品に反映されていると思います。
そしてこの流し目のような目の雰囲気も「大人のレティさん」を感じさせてくれていると思います。

こんなかわいくて美しい雪女さんだったら、私は多少の寒さだったら喜んで我慢しちゃいそうですね~!


myon-day!!_convert_20140406191609.png


妖夢というとショートヘアというよりはおかっぱという印象もありますけど、基本的にはストレートヘアといえそうです。

上記の妖夢は、アミグリさんが2014年の「4月6日は妖夢の日」にちなんで描かれた妖夢です。

描かれた当時のアミグリさんのコメントでは「印刷したら意外と色が淡かったです…」と書かれていましたけど、
いやいや、そんな事無いと思いますね!
なんとなくですけどこの妖夢は「春先の妖夢」という雰囲気も漂っていて、
春という事でむしろこうした淡い色彩の方が合っているようにも感じられます。

妖夢は背中に常に2本の刀を差していて、「東方随一の剣士」とか
「あんな可愛い女の子がこんな物騒な刀を振り回している」というギャブがその魅力の一つなのかもしれないのですが、
(霊夢は妖夢の事を「やたら斬りかかってくる」とか魔理沙は「単なる辻斬り」とか言っていました)
この妖夢は刀を持っていないせいか普通の女の子みたいな雰囲気があって
そのいかにも女の子らしい雰囲気がとても自然に描かれていると思います。
そしておかっぱというかストレートのショートヘアということで、より自然体の雰囲気を感じてしまいそうです。

にこっ・・という笑顔も可愛いですし、スカートの裾のフリルもとっても女の子らしくてキュートですね~♪

こういう可愛い妖夢は、今すぐ外界に来て貰ったとしても、刀を背負っていないせいか全然違和感ないし、
外界を少し歩いただけで「モデルになってみませんか・・?」とアイドル事務所系のスカウトから声を
掛けられちゃいそうな可愛らしさに溢れていると思います!

この妖夢を見ているとやっぱり妖夢は素敵なおかっぱなんだなぁ・・と改めて感じてしまいますし、ストレートのショートヘアの
キャラも魅力的だよね~♪と改めて認識してしまいそうです。

上記のアミグリさんが描かれたアリス・レティさん妖夢の権利はアリスたちの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい妖夢を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

美少女はショートヘアも長髪もウェーブもストレートもそれぞれ魅力的だと思います!
日本に限らず諸外国でも院生とか一度引退したはずの国王・皇帝が影の実力者または長老として背後から現・政治権力を
操るといった権力の二重構造みたいな話は古今東西よくある話なのかもしれないです。
日本でも例えば古い話ではありますけど、中曽根政権が田中角栄さんの影響力を排除できていないとして
当時の新聞等でよく「田中曽根内閣」と揶揄されていた事もあったと思います。
こうした権力の二重構造というのは、上皇と天皇・江戸の将軍と京都の天皇とか幕府内の隠居した後の元将軍と現将軍とか
はたまた現代でも、少し古い話ですけど、90年代の海部~宮沢政権における小沢一郎の影響というのもありましたし、
そうした話は今に始まった話ではないのだと思います。
(可能性的に前・第二次安倍政権もあれだけ長期政権になってしまうと退陣後は陰の実力者として何かしらの影響力は持って
しまうのかもしれないです)

さてさて、そうした権力の二重構造というのは外界ではよくみられる話ではあるのですけど、
東方の世界でもそうした事はあるものなのでしょうか・・?

外界から幻想郷にやってきた新興勢力と言うと、言うまでもなく早苗さんたちの守矢神社なのですけど、
その中の一社の八坂神奈子は「東方求聞口授」の中で興味深い指摘をしていて
「幻想郷の中にいわゆる政治勢力とか王とか権力というものが全く存在していない事に驚いた・・」との事ですけど、
それだけ幻想郷というのは不思議な世界であり、政治みたいな生臭いものとは一切無縁であり、
見方によってはユートピアというのかある意味理想」みたいなものなのかもしれないです。
もっとも、人間が妖怪・吸血鬼等によって襲われたり食べられてしまう危険性もあるという事で、人間達にとっては
必ずしも理想郷ではないというのが大変興味深いものではあったりします。

そうした権力の二重構造なのですけど、幻想郷においても実はそれに少しばかり近い例もあるのだと思います。

それが何かと言うと白蓮さんが代表を務める命蓮寺なのですけど、
もちろん命蓮寺のメンバー内において派閥とか権力闘争とか白蓮さんの追放運動みたいな外界でよくありがちな
生臭い展開には全くならずに、命蓮寺のメンバーたちは一枚岩となっているのが
外界とは違う点であり幻想郷のある意味理想郷的なものを示唆しているのではないのかと思われます。

寅丸星 とナズーリンの命蓮寺における立ち位置と言うのも中々興味深いものがあったりもします。

話は、聖白蓮が封印される前に遡りますけど、当時の白蓮さんの命蓮寺としては、
信仰の対象でもある毘沙門天が多忙で命蓮寺になかなか来られない事と
妖怪たちが毘沙門天を恐れて中々寺に寄りつかない事が白蓮さんの頭痛のタネであったと思います。
これを同時に解決する妙案として白蓮さんが思いついたのが、
「寺が建立されている山の中で最も人格のあるまともな妖怪を毘沙門天の代理とする」ことであり、
そこで白羽の矢が立ったのが「寅丸星(とらまるしょう)」という妖怪なのであったりします。
ちなみに寅丸星は、本来のその正体は虎の姿をした妖獣なのですけど、虎として人を襲ったり大酒を飲んでいた頃の
寅丸星の姿を記憶している人達は既に幻想郷には存在せず、寅丸星自身も以前の妖獣としての姿に戻れることは
あまりにも時間の経過が長すぎたためそれは不可能とされ、現在は命蓮寺の代表代行という役割をしっかりと担っています。
寅丸星は、白蓮さんにより毘沙門天に紹介され弟子入り&修行をしっかりとした上で
毘沙門天の代理または毘沙門天の化身として人間達から信仰を得ていたという事になっています。
そして白蓮さんは妖怪たちに対しても
「お前たちの仲間がこうやって代理を務めているのだから、お前たちも安心してお詣りに来い」みたいな事も
きちんと提示されています。
これは、「神も仏も妖怪の一種、神として崇めるか妖怪として排除するか人間が決めているだけに過ぎない」とか
「神も仏も人間も妖怪も全て平等」という白蓮さんの「絶対平等主義」を反映したものであり、
白蓮さん自身の考えを白蓮の解釈として反映させたものだと思われます。

寅丸星は当然ながらその正体は「妖怪」なのですけど、白蓮さんの考え方としては、
きちんと修行をこなし毘沙門天からの信頼さえあれば、別に妖怪自身が信仰の対象となったりその代理を務める事は
特段おかしなことではないという事であり、「絶対平等主義」の聖白蓮さんらしい発想だと思います。

白蓮さんが人間達から「お前は妖怪を擁護しているという事でその正体は邪悪な妖怪ではないのか」と疑われ、
その結果として魔界に封印された時期がかなり長期間ありました。
その時の寅丸星には相当葛藤があったのかもしれないと思われます。
「自分だって本当は、ムラサや一輪のように白蓮と共に封印されて行動を共にしたかった・・
だけど、誰かが人間界にいて白蓮のお寺を守っていく必要がある」と悩んでいたのかもしれないですし、
そして同時に白蓮さん不在時の命蓮寺を白蓮さんが戻ってくるまでの間しっかりと守り抜く必要があり、
「自分の正体は実は妖怪である」という事を人間達に明かす訳にはいかなかったという寅丸星にとっては大変苦しい
事情があったのだと思われます。
もしもですけど寅丸星が一時の激情に流され、ムラサたちと共に魔界またはさとり様やこいしちゃんがいる旧地獄に
封印されたりすると、白蓮さんの命蓮寺を管理していく者が誰もいなくなってしまうという寅丸星にとっては
一番最悪な事態に陥ってしまうからに他ならないからです。

そしてその後数百年以上、寅丸星は白蓮さんたちの封印が解けて帰って来てくれる日をひたすら待つことになるのです。
ある日、例の地霊殿騒動のドサクサでムラサ達が戻ってきて「それではみんなで白蓮を助けに行こう!」という展開になります。
それこそが、霊夢たちからの視点で見てしまうと
「なんか知らないけど空に宝船が浮かんでいる」という異変という事になるのですけど、
それこそが「東方星蓮船」という異変なのです。

さてさて、ナズーリンなのですけど、毘沙門天は、寅丸星の事を全面的に信用したわけではなく、
こっそり毘沙門天自身の直属の部下であり本来の弟子であるナズーリンというネズミの妖怪に寅丸星たちの動向を
監視させているという経緯が実はあったりもします。
この辺りにおいて、冒頭に記したとおり「権力の二重構造」という命蓮寺特有の面倒な要素があったりしまして、
当然のことながら、命蓮寺のNO.1は白蓮さんなのですけど、
表面的には命蓮寺の信仰の対象でもある毘沙門天の代理という寅丸星がいますし、
寅丸星を監視するように毘沙門天から命令されているナズーリンがいたりもします。
ナズーリンにとっては、別に白蓮も寅丸星も自分にとっては上司でも何でもない
「私の上司はあくまでも毘沙門天だけなんだ・・!」みたいなプライドが、時にナズーリンが寅丸星や白蓮さんに対して
尊大な態度を取ってしまう原因なのかもしれないです。
その辺りを阿求は見透かしているのかな・・?
それだからこそ東方求聞口授においてはナズーリンに対しては阿求はかなりの激辛評価をしています。

「性格は小さい身体に見合わず尊大である。それは毘沙門天という後ろ盾があるからなのだが、
本当の性格は小心者である」
「怖い目に遭うとすぐに逃げ出したりする」
「毘沙門天直属の部下である己の立場を振りかざし、寅丸星に対して尊大に当たる事もあるようだ」
「この手の性格の妖怪は、下手に出ると増長して交渉が上手くいかない。脅迫する位強気に出た方が上手くいくだろう」

などとかなり酷評というのか激辛コメントをしています。

ナズーリンは一言で言うと、「虎の威を借りる狐」というか「虎の威または毘沙門天の威を借りるネズミ」みたいなものですけど、
相手によってコロコロと態度を変えたり、 自分より下と思われるものに対しては尊大な態度を取ったりするというのは、
確かに「人間の嫌らしい部分」でもあると思うのですが、
そういう人らしい部分を持ち合わせている東方の妖怪さんって意外と少ないように感じられたりもします。
東方の妖怪の場合、どちらかというと既にそうした人が本来持ち合わせている元々の心の弱さ
みたいなものをとっくに超越しちゃっているタイプが多いようにも思える中、
ナズーリンは、そうした人らしい要素を一杯内在しているように感じられますし、 そうしたナズーリンを見てしまうと、
「ナズーリンというのは自分達と大して変わりがないじゃん・・、ナズーリンはもしかして自分達そのものではないのか・・?」
みたいな同類意識というのか妙な親近感を感じるのも事実だと私は思っています。

ナズーリンというのは自分達そのもの、または人間というある意味愚かな存在を
象徴した存在ではないのかな・とも思ったりもします。
そうした意味では、東方の中では一番人に近い立ち位置なのかな?とも思ったりもします。

それに何よりもナズーリンってとてもかわいいですよね~♪

人間というのは台所で実物のネズミを見かけると「キャー―――!! あっちへ行って!!」みたいな感じになってしまうけど、
例えば、ミッキーマウスとか「トムとジェリー」みたいな擬人化・アニメ化されたモノを見てしまうと・・・
「可愛い子ネズミちゃん!!」みたいになってしまうのかもしれないです。
ナズーリンのあの素直ではないけど実は本人はツンデレっぽくて本当はいい奴みたいという雰囲気が実に素晴らしいですし、
私もナズーリンから「君は実に馬鹿だな!!」なーーんて言われてみたいですね~

何よりもナズーリンのあの穴あきスカートがとにかく最高です!

上記で書いた通り、ナズーリンは、元々は毘沙門天直属の弟子であり、
命蓮寺にいるのも、毘沙門天代理でもある寅丸星がちゃんと仕事をしているかどうかの監視・チェックという
役割を毘沙門天から託されているという経緯があり、そのせいで寅丸星とか寅丸星の師匠でもある白蓮さんの事も
場合によっては 「毘沙門天よりも地位が低いから」みたいな感じで接している事もあるみたいなのですけど、
これも実は人間社会ではありがちな事なのかもしれないです。
本社より「地方の××という関連会社への出向を命ずる」みたいな嬉しくない辞令を貰ってその出向先に赴いても・・・
「本来は本社の人間なのだから」みたいな妙なプライド意識とかエリート意識みたいなものが邪魔して
今現在の居場所であるはずのその出向先の社員の人達と中々打ち解けられず、
自分自身がそうした「心の壁」を作ってしまっているみたいな事は結構あるのではないのかな・・とも思いますし、
そうした意味ではナズーリンはあれはあれで苦労人なのかもしれないです。

外界における私達の国の政党においても、首相とか代表という組織のNo.1がいるのですけど、
それに対して代表代行とか副代表とか筆頭幹事とか幹事長とか相談役とかなんだかよくわからない役職の人たちも
大勢いるのですけど、そのあたりは、
命蓮寺のNo.1は聖白蓮という絶対的な柱がいるのに、人間達から信仰を集めるために
「毘沙門天という偉大なる存在の蓑をまとった寅丸星」という表面的な代表を設置し、その寅丸星を監視するために
毘沙門天からわざわざ派遣されたという毘沙門天の直弟子のナズーリンという
命蓮寺の構造は、おおらかな幻想郷の中では確かに珍しい人間関係が働いているのかもしれないです。

そうした権力の二重構造みたいな事が、外界みたいな権力闘争とか足の引っ張り合りあいに
ならない点が幻想郷の幻想郷たる所以なのかもしれないです。

ナズーリンをその著作の中で結構ボロクソに批判していた阿求ですけど、阿求は幻想郷内のキャラの中では、
霊夢・魔理沙・早苗さんと並んで「若い人間のキャラ」であったりもします。
他の妖精・妖怪・幽霊・吸血鬼などはお年が不明またはとてつもなくご長寿という御方ばかりでして、
そういう人たちって、長生きしているせいか「人のそうした強さも弱さも酸いも甘いもぜーーんぶ知り尽くしている」
そんな雰囲気も濃厚なのだと思います。
阿求は、確かに生まれ変わりとは言え、9代目としては全然お若いし、こうした「人の酸いも甘いも」という部分は案外疎く
ナズーリンの人間臭い部分も案外と見抜けていなかったという解釈もありなのかもしれないです。


nazu-rin!_convert_20100701163733.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記は2010年7月に描かれたナズーリンです。

2010年というとアミグリさんの作品群の中でも相当の初期作品に相当し、2012年以降の淡い色彩時代に突入する
以前の作品なのですけど、この初期作品のナズーリンはとっても大好きです!

ちなみに上記のナズーリンは、元々のアナログ絵を後日加工・修正された作品との事です。

アミグリさんが描かれたこのナズーリンはどことなく不思議な世界を感じさせ、
アリス・マーガトロイドに近いような雰囲気を私はなぜかこのナズーリンから感じ取ってしまいます。
アリスもナズーリンも人づきあいが苦手そうとか生き方が不器用そうみたいな雰囲気もあったりしますので、
ナズーリンとアリスは公式では特に接点も交流も無いのですけど、
この二人が出会ったとしたら意外と意気投合するのかもしれないです。

ねずみ耳と尻尾がとってもかわいいですし、穴あきスカートもふわりと舞うような感じがすてきです。
アミグリさんが描かれたナズーリンはかわいいネズミ妖怪の要素を十分発揮されていますので、こんなにかわいいネズミちゃん
だったら、お燐ちゃんや橙がおっかけ廻しそうですね~♪
耳と尻尾がとっても可愛いですし、スカートの独特な先端部分がとっても巧いと思います。
ナズーリンのお耳が何となくですけどミッキーマウスを彷彿とさせるのは、元ネタはネズミですので、
ある意味当たり前の話なのかもしれないですね。


8848304_p0_master1200_convert_20190929183318.jpg


続きましてアミグリさんが2010年2月に描かれた作品が多々良小傘とナズーリンです。

ナズーリンというとどちらかというとツンデレ気味とか素直になれないちょっとひねくれた子みたいなイメージもありそうですけど、
アミグリさんの描かれるナズーリンは、ロリロリっとしたかわいらしさが前面に出ていて、
小傘になついてすりすりしているかわいい子ネズミちゃんみたいな雰囲気が漂っていると思います~♪

小傘も原作ゲームや東方茨歌仙等ではとてつもなく弱いキャラ・・という感じでもあるのですけど、
ちょっと反抗期中の(?)妹をやさしくかまってあげる・・みたいな優しさのオーラが伝わってきているようにも感じられそうです。
小傘のミニスカートもまたまたとってもかわいらしいと思います。

多々良小傘とナズーリンのカップリングイラストは東方イラストでもかなり珍しい組合せだと思いますし、私自身、
他の東方絵師様の中でもこうした多々良小傘とナズーリンのカップリング絵を描かれているのはほとんど見たことが
ありませんので、とにかく貴重な二人組絵だと言えそうです。

上記のアミグリさんがナズーリンの権利はナズーリンや小傘の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいナズーリンを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

ナズーリンはなかなか素直になれない自分をもどかしく感じつつも、それでも他人に対してツンデレみたいな言動を
とってしまうのも人間臭い一面といえそうですし、そのあたりが愛されキャラの一因にもなっているのかもしれないです。
以前も書いた事があるのですけど、最近のテレビのバラエティやクイズやワイドショー関連は万年化等の劣化が著しく、
そのせいもあり最近のテレビはアニメとニュース番組とEテレのN響コンサートやマリーンズの野球中継以外は
ほとんど見なくなりました。
それでも新型コロナウイルス蔓延以降のニュース番組もこれはやむを得ないのですけど、コロナ関連の暗いネタばかりが多く、
あれを見ているだけで憂鬱な気持ちにもなりかねないので、一時期平日PM21:00に在宅している時は、NHKのニュース
ではなくて東京MXが生放送で中継している「バラ色ダンディ」という番組を見ている事が結構多かったです。
番組のEDとして「みんなで乾杯!」というコーナーがありましたけど、あの中における番組MCの大島 由香里さんが
毎回毎回おいしそうにジョッキに注がれた冷たいビールをごくごくと飲み干す様子は毎回毎回見ていても大変気持ちが
いいものでしたし、あれを見る度に「冷たいビールが飲みたいね~♪」と思ったものでした。

これは数か月前の話にもなるのですけど、バラ色ダンディの「ニュースゼロフン」というコーナーの中で
「21世紀以降、以前は頻繁に目撃されていた関ヶ原周辺における関ヶ原の戦い命を落とした武士たちの幽霊の
目撃談が激減し、関ヶ原周辺における幽霊自体の数がかなり激減しているようにも思われる。
ここから読み取れることは、関ヶ原の戦いは西暦1600年で、目撃情報が激減し始めたのは2000年代以降という事で、
幽霊自体の寿命というか活動できる期間と言うのは大体400年ではないのか?」というネタが紹介されていて、
あれを見ていた時は「なるほどね~、それはありうる話なのかも・・!?」と感じたものでした。
「道理で原始人の幽霊が見えないわけだ」「幽霊も一応はエネルギーの集合体でもあるけど、どんなエネルギーにも
寿命はあるものだ」といった感想がそのコーナーの中で紹介もされていました。
仮に幽霊というものは現世への何かしらの未練や怨念が強く残り成仏できずに現世を彷徨い続ける存在と定義すると、
幽霊の未練や怨念と言うものは大体400年前後で消滅してしまうといえるのかもしれないですし、はたまた
400年という時間が経過すると幽霊の魂の残滓がすり減ってしまうのは正直よく分かりませんけど、
確かに京都で「応仁の乱の落ち武者の亡霊がいまだに見られる」とか「平家の落ち武者の亡霊がいまだに目撃される」という
話があまり聞かれない代わりに「東京大空襲で命を落とした民間人の幽霊がいまだに都内各所で目撃される」という話しは
よく聞かれるというのは、案外幽霊の寿命??は約400年というのは一理ある話なのかもしれないです。
(明治時代の頃は応仁の乱の死者の幽霊がよく目撃されていたけど、大正から昭和の時代に入るとそうした目撃談が
減少したという話しもそれに近い話なのかもしれないです)
普通の人間と言うものは、死ぬときにどんなに壮絶な未練や怨念を有していたとしても、それを持続できる年数の限界が
400年という事もいえそうですし、人と言うものはもしかしたら未来永劫ずっと怨念の感情を生前や死後も頂き続けるという事は
無理があるものなのかもしれないです。

なによりも幽霊と言う形で未練を残して400年現世に留まるよりは、早く成仏できるようになってほしいと感じたりもします。

なにかしら重大な任務を受けて、それを強固に守っている霊だったり、亡くなった後でも「この場を守らなければならない」と
強い責任を負っている霊だったり、未練と言うよりはより強く現世に固執する理由があるような霊だと
幽霊400年寿命説に関係なく現世に留まり続けるのかもしれないです。
平将門公や崇徳院陛下、菅原道真公のいわゆる日本三大怨霊などは、畏怖が信仰に変じて神格を得られていますので、
信仰と畏怖がある限り権能と祟りをもって現世に留まり続けられているのかもしれないです。

私自身、霊感というものはほとんど持っていないと思うのですけど、
人の本性というのか、遠き昔から人間と言う種族として有しているような本質的な感覚がびびっと私の中で何かが働き、
「なんか感じるんだよなぁ・・・確信は全くないけど・・」と思う事も稀にですけどあったりします。
目撃した事が無いから「幽霊・亡霊は絶対に存在する!」と言う事は多分できないですけど、
それを完全に否定することは私自身は出来ないのかな・・?とも思ったりもします。
霊は各人が感じる「感覚の世界」なのだと思いますので、 私自身特段、肯定も否定もしないと言う感じのかもしれません。
これはほぼ私の脳内妄想の領域なのかもしれないのですが、
丹波哲郎氏には申し訳ないのですけど私自身は「実は死後の世界は存在しないのかも・・」と感じることもあったりします。
現世で生きている間に悪行を重ね、天国・極楽に行けない人間と言うものは、死後地獄に堕ちて鬼に責められて
苦痛を味合うというのではなくて、死んだ後でも、そうした「鬼に責められる」等の悪夢というものをずーーーっと
見続けていくことが現世としての「懲罰を受けている」という事なのではないかとふと思ったりすることもあります。
死後の世界というのは、「死んだ後にでもその霊魂が見続ける悪夢」ではないのかな・・?とも思ったりもしています。
そうした死後に見続ける悪夢という因果応報の世界を断ち切る事が出来る人というのが、
現世において、善行を積み重ねるとは言わないまでも、少なくとも他人に極度な迷惑を掛ける悪行を犯さなかった人では
ないのかなとも思います。
そして、死後に見続ける悪夢から解放されようやく成仏できて次のステージに行けたりはたまた再度人間として
生まれ変わる事ができることが輪廻転生と言うのかなと思ったりもします。

要は生前の強い未練と怨念のために成仏できずに現世を彷徨い続ける「気」の存在を幽霊とすると、死亡してから400年前後で
生前の未練や怨念が解消され成仏できると言えるのかもしれないですし、
地獄に落ちる=すなわち私の解釈では死後に見る悪夢の世界から解放され成仏できるのも死亡後最大で400年前後という
事なのかもしれないですし、いずれにしてもいつかは成仏できたり再度輪廻転生として再度人に生まれ変わる事が
できるのかもしれないです。
上記で幽霊の寿命は大体400年程度・・?と記しましたけど、「いやいや、幽霊自体の人口というか数は激減している」と主張する
研究者もいるそうです。
それによるとこの地球上で人間→死→冥界での霊体という個数は大体100億体ほど神と言うか創造主によってあらかじめ
用意されていて、現在地球上の人口が大体77億という事で、霊体が冥界で過ごせたりはたまた幽霊という現世の
迷走霊体が存在できる枠は残り22~23億程度に留まってしまうという事で、
昔だったら一度死んでしまうと現世に転生できる時間はかなりの時間を持てたらしいのですけど、20世紀以降の
爆発的人口の増大という事で、一度死んでしまっても霊体として次のステージに転生するまでの修行という時間に
当てる余裕すら無くすぐに人間として現世に輪廻転生してしまうので、結果的に幽霊として存在できる枠がどんどん
減りつつあるという事になっているそうです。
その研究者によると、関ヶ原で幽霊の目撃談が激減したのも心霊写真の数が激減しているのも、それは実は
「幽霊自体の数が減っているから」という事なそうですけど、確かに現世の人間と冥界の霊体の絶対数が元々
定められているのならばそれはあり得る話なのかもしれないです。

なんだか全世界的な人口爆発が幽霊の存続枠にも影響を及ぼしているとは世知辛いものも感じたりもします。

それにしても冥界での霊体として修行している頃の記憶やはたまた生前の頃の記憶や経験談を輪廻転生した際に
そのまま記憶や経験として継承されていければ、例えば戦争の悲劇や人間の愚かさの記憶の継承が図れるという事で、
全世界的な戦争や争いの無い世界の確立とか富の適正な再分配が実現できる可能性もあるのかもしれないですけど、
それが出来ないという事は、創造主がそこまでは人間に求めていないのかもしれないです。


img382_convert_20200422145251_convert_20200430203930.jpg


なんだかヘンな方向に話しが進展しそうなので、ここから下記はdream fantasy2のアミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーに
移らさせて頂きたいと思います。

東方で幽霊・亡霊というとゆゆ様・プリズムリバー三姉妹、蘇我屠自古もそうですけど、最大の人気キャラが妖夢です!
(妖夢は今年の東方人気投票・人妖部門で初の1位を獲得したほどの大人気キャラです!)
上記で幽霊の寿命は実は400歳・・?といった事を取り上げましたけど、妖夢自体は厳密に言うとその種族は幽霊ではなくて
半人半霊という事で「半分死んで半分生きている」みたいなキャラでもありますし、決して幽霊と人間のハーフという
訳ではなくて、基本的には人間に極めて近いものがありそうだけど、そこに人魂といった霊体が体にセットされていて
人間と霊体が二つでワンセットという極めて特殊な種族であったりもします。
幽霊というと生前の怨念や未練が源になっているとは思いますが、妖夢にはそうした怨念や未練というものは一切なくて
なんとなくですけど見た目の雰囲気そのままに実はまだ生まれてからそれほど日が経過していないという感じでも
ありそうですし、そうした未熟さや幼さ、未熟ゆえに他者からなにかとツッコミを受けやすく、それに対して生真面目に
対応しているという健気さが現在の妖夢人気につながっているのかもしれないです。

少なくとも妖夢に関しては「幽霊400年寿命説」はあたらないようにも感じられますし、妖夢はなんだか未来永劫ずっと
ゆゆ様やゆかりん、霊夢や魔理沙たちからからかわれたりツッコミをいれまくられているような感じでもありそうです。
ただ妖夢の祖父でもある魂魄妖忌の突然の失踪については、祖父本人は「悟りの境地に達するための修行の旅に出る」
みたいな事を言っていたと思いますが、あれは実は幽霊400年寿命説では、魂魄妖忌本人が自らの寿命に乗っ取り
そのまま成仏したという事になるのかもしれないです。

上記の作品はアミグリさんが2020年4月に描かれたアミグリさんにとっては少し珍しいアナログ作品で描かれた
アナログ描きの妖夢です!

久しぶりのアミグリさんの作品をこれまた久しぶりのアナログ作品ということで、懐かしさも感じたのかもしれないです。

そしてこの妖夢はとてもやすらぎと優しさに溢れているように感じられます。

最初にこのアナログ妖夢を拝見させて頂いた際は新型コロナウイルスの自粛モードの重苦しさと閉塞感を忘れさせてくれる
癒し効果がありそう・・と感じたものでした。
最近の作風に比べてまるで2012~13年頃の淡い色彩時代にタイムスリップしたような感じでもありますけど、その淡い雰囲気
こそが儚い=幽霊というイメージにぴったりといえるのかもしれないです。


konpakukkusan_convert_20130211173741.png


続きましてアミグリさんが2013年2月に描かれたとってもかわいい妖夢です。

この妖夢はファンタジー感が漂い同時にとっても可愛いと思いますし、これこそが正統派の「可愛い妖夢」なのだとも思います!
ふんわりとしていて優しい雰囲気に包まれとっても可憐な妖夢だと思います!

私にとってはまさにアミグリさんが描かれたこの妖夢こそが「This is 妖夢」の一つだとすら思えます。

この妖夢を見て「私は妖夢の事が好きではない・・」なーんて言う人なんて多分いないんじゃないのかな・・・とも
思えてしまうぐらいの本当に可憐で可愛い妖夢だと思います


kiramiyoonn_convert_20131024094227.png


続きまして2013年10月に描かれた妖夢です。

この妖夢なのですけど、私の勝手なイメージでは「風と妖夢」みたいなタイトルを付けたい感じもありまして
そよ風がさーーっと吹いてきて妖夢の髪がふわっ・・と少し舞っているみたいな雰囲気がとてもすてきでさわやかです。

爆笑でもないし微笑みともちょっと異なる少しはにかんだような妖夢のにこっ・・・とした雰囲気が素晴らしいです。

さてさて・・妖夢は何に対してこうした不思議な弥勒菩薩様みたいな笑顔をしているのでしょうか・・・?

私、気になります・・


iiniwasi-2013desu_convert_20131124175317.png


続きまして2013年11月に描かれた妖夢です。

この妖夢はとっても可愛いです! 否! 反則的可愛さに溢れていると思います!
少し「きょとん・・」としたちょっとあとげない雰囲気の妖夢がとてつもなく可愛いです・

妖夢にこんな風に見つめられたらとても照れちゃいそうです。

妖夢の黒リボンに付けられているお花もとってもよく似合っていて素敵だと思います。

きょとん・・という感じでもあるのですけど、ゆゆさまが美味しそうにご飯を食べられている様子を
従者らしく間近で見ていて、「あ・・いいな・・おいしそうだな・・」みたいに感じているのかも
しれないです・・・

こういうあどけない妖夢もとても可愛いと思います~♪

上記のアミグリさんが描かれた妖夢の権利は妖夢の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい妖夢を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

妖夢が幽霊であっても半人半霊であっても、はたまた実は人間そのものであったとしても、かわいくて魅力的なキャラで
あることは変わりはないのかもしれないですね~♪



今年の7月でしたけど、東方関連で最初に聞いた時には「まさか・・!?」としか言いようがないコラボが発表されたときは
「ありえない・・信じられない・・」という感想しか出てこなかったものですけど、そのコラボとは何かというと、
「東方Project」とサンリオのキャラクターたちがコラボという全く考えも予想もしなかった組合せだったたけに最初に知ったときは
とにかく驚いたものでした。

キティちゃんと霊夢、このふたりが公式で並ぶ日が来るとは……!としかいようがなかったものです・・

7月にその第1弾が正式に発表され、東方×サンリオキャラの組み合わせとして全部で8組が予定されている
との事で、その中から「博麗霊夢×ハローキティ」「フランドール・スカーレット×ポムポムプリン」「洩矢諏訪子×けろけろけろっぴ」「チルノ×タキシードサム」のデザインが公開されていました。
どの組み合わせも想像以上にマッチしたかわいいビジュアルとなっています。
その中でも諏訪子が普段被っているあのケロちゃん帽子がけろけろけろっぴ仕様になっていたのは
「そのまんまじゃん!」と思わずツッコミを入れたくもなりました。

幅広い層に人気のサンリオキャラクターズと、同人系としては最大の人気を誇るマニアックなコア層の東方Projectの
コラボレーションが実現されるだなんて、数年前には全く予想もしていなかっただけに、改めて
「すごい時代になった……。」としみじみ感じたものでした。

東方Project×サンリオキャラクターズ 第1弾として予定されている8組の組合せは下記のとおりです。

博麗霊夢×ハローキティ
レミリア・スカーレット×マイメロディ
フランドール・スカーレット×ポムポムプリン
魂魄妖夢×ポチャッコ
西行寺幽々子×コロコロクリリン
チルノ×タキシードサム
洩矢諏訪子×けろけろけろっぴ
鈴仙・優曇華院・イナバ×ぼんぼんりぼん

どの組み合わせもその意外な組み合わせに目を驚かされるばかりですけど、東方の絶対的エースの霊夢と
サンリオの絶対的看板キャラのキティちゃんの組合せはまさしく鉄板だと思います。

2020年10月18日に東京ビッグサイト・西ホールにて開催されていた「第7回博麗神社秋季例大祭」の企業ブースにて
その第一弾グッズの先行販売が実施されていて、順次各種商品の販売が開始になるそうです。
先行販売アイテムとして2種類販売されていて、
一つが東方Project×サンリオキャラクターズ トレーディング缶バッジで、もう一つが東方Project×サンリオキャラクターズ
アクリルキーホルダーです。

それ以外でも、順次、東方Project×サンリオキャラクターズ A4クリアファイル、ICカードケース8種、
折りたたみミラーが発売されていくそうです。

東方ProjectはZUN神主が主宰する「上海アリス幻樂団」による大人気ゲームシリーズで、
そのBGMや世界観が幅広い年代のユーザーに受け入れられ、書籍や音楽CDなど多岐に渡った関連作品が
既に多数展開されていて、そのマニアックでコアなファン層からの支持は盤石とも言えそうです。
それでもこうしたサンリオとのコラボという新しい試みにより、サンリオファンという新しいファンへの浸透を図っていくというのは
大胆で意欲的な試みといえそうです。


suwako-kelo_convert_20201015203039.jpg


今回の東方×サンリオコラボの中である意味大胆だけど、そのキャラクターをそのままストレートに反映した
面白い組合せが洩矢諏訪子×けろけろけろっぴの組合せだと思います~♪
諏訪子のケロちゃん帽がけろけろけろっぴそのまんまというのもとても楽しいデザインだと思います。

諏訪子は東方ファンからも既に「ケロちゃん」という認識は定着していますし、あのカエル帽はまさに諏訪子を諏訪子たらしめて
いるものだと思います。

カエルというと、人によっては「ちょっと・・」と苦手意識がある方もいるかとは思うのですけど、
私自身は実は小さい頃からなぜかカエルは大好きなものでして、
田んぼにいるカエルを手づかみして捕まえては、カエルが苦手な女の子の前でそれを得意げになって見せるという事も
当時はやらかしていたものでした。

「ドキドキプリキュア」の中で私がいっちば~ん!に大好きであった六花も実は大のカエル好きで、室内にはたくさんの
カエルグッズで溢れていたのもとても印象的でしたルンッ~♪

私が東方のキャラの中でも早苗さんが大好きというのも、
私自身が一時期長野県松本に住んでいた事と、早苗さんが普段髪飾りにしている素材は
カエルとヘビという事にも多少は関係があるのかもしれないです。

ちなみに私はヘビ年でもあったりもします・・

東方でカエルというと馴染み深いキャラは諏訪子以外ではチルノもいたりもします。
そしてチルノというと凍らせたカエル遊びが大変印象的です。
この遊びは、蛙を瞬間で凍らせては水につけ生き返らせて遊んでいて、3回に1回は失敗して蛙は砕け散るという感じ
なのですけど、「東方文花帖」の文ちゃんの新聞記事によると、
妖怪の山の中腹にある沼に棲む大ガマに、蛙を凍らせる妖精(チルノ)を懲らしめるという理由でチルノが大ガマに
丸呑みにされていたエピソードも紹介されていたのも大変印象的です、
結局大ガマはチルノの余りの冷たさにびっくりして吐き出してしまったとの事ですけど、
それでもチルノは懲りずにカエルの凍らせ遊びを続けているというのはチルノらしい話なのかもしれないです。

あまりカエルをいじめてしまいますと。カエルを自らのシンボルとしている諏訪子と早苗さんから
妖怪退治ではなくて妖精退治をされちゃうのかもしれないですね~♪

それにしても改めてですけど、まさかサンリオのけろけろけろっぴと諏訪子がコラボしただけでなくてその組合せが
商品化されたグッズが世に出るなんて数年前では夢にも思わなかっただけに、世の中の進歩はすごい・・と
感じざるを得ないです。


summer-suwako-01_convert_20160808165532.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記でサンリオコラボの話がでましたけど、東方でケロケロちゃんとかカエルというと
真っ先に思い浮かぶキャラは諏訪子または早苗さんだと思いますので、
本記事においてはアミグリさんが2016年8月に描かれた「夏仕様の諏訪子ちゃん」をご紹介させて頂きたいと思います。

この諏訪子は、アミグリさんが2016年夏に展開されていた「夏らしい絵を描こうプロジェクト」の第四弾の作品でもありました。

ちなみにこの時の第一弾は妖夢、第三弾は早苗さんで、
第二弾は私のお誕生日の記念日でもありましたあの名作の誉れ高い「水着ゆかりん」でもありました~♪

神奈子・早苗さんと共に外界から幻想郷に移住を果たした諏訪子ですけど、八坂神奈子がいかにも神様らしい威厳と尊厳に
溢れているのに対して、諏訪子はそのロリロリっぽい雰囲気が大きな違いだと言えそうです。
雰囲気的には早苗さんの遠い先祖というのが八坂神奈子 という方がなんとなくですけど「なるほどね~」という感じに
なりそうなのですけど、 諏訪子の方が実は早苗さんの遠い先祖というのは、
さすが常識に囚われてはいけない幻想郷らしい話なのかもしれないです。
諏訪子の髪型は金髪のショートボブで、足には白のニーソックスをはき、頭には「ケロちゃん帽子」などと呼ばれる市女笠に
目玉が二つ付いた特殊な帽子を被っているのが大きな外見的特徴です。

アミグリさんが描かれた諏訪子は「夏らしい絵プロジェクト」に相応しい涼しげな一枚だと思います。

薄めの紫のワンピースにグリーンのリボンが夏らしい雰囲気を巧みに演出していると思いますし、
ノースリーブの肩だし&腋見せというのは霊夢を彷彿とさせるものがあると思います。
そしてこの諏訪子のさわやかな笑顔には癒されるものがありますね~♪
こうしたまるで少女みたいな諏訪子を見てしまうと「諏訪子って実は人妻であったのかも・・!?」という話が幻のように
感じてしまいそうです。

上記のアミグリさんが描かれた諏訪子は、諏訪子の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます。

皆様の中で「こんなにもかわいいロりロり諏訪子を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりけろけろけろっびとの東方コラボが最もよくお似合いなのはチルノではなくて諏訪子ですよね~♪
頭と言うか髪に大きめリボンを付けている美少女の皆様はすてきなものがありそうです~♪
あの髪の大きめリボンと言うのは10代の女の子たちだけの特権なのかもしれないですけど、
仕事で頑張っている女の子たちが仕事中は長い髪は仕事に支障をきたすというので長髪をポニーテールに結いあげて
リボンで髪をまとめているという光景もすてきなものがありますし、同様に若いお母さまたちがやはり大変な育児のため
髪をポニーテール風に結ってリボンで止めている光景もキュン・・とくるものがありそうです。
全体的にはリボンと言うと、漫画やアニメ、ゲームに登場する女の子がキャラクターとしての特徴付けのために
頭につけているケースが多いようにも感じられます。

すてきな美少女とかJKさんが髪に少し大きめのリボンを付けている姿を見てしまうと
ドキッ・・と心がときめいてしまう事は、多分ですけどよくある話なのかもしれないです。
リアル社会でもそうですし、アニメ・漫画等でも髪に大きめリボンを付けた女の子をお見かけしたりすると、
なんだか無性にうれしくもなったりもします・・
吹奏楽コンクール・全国大会の普門館の場では、さすがにそうした髪に大きめリボンを付けている女の子は
あまりお見かけした記憶はないのですけど、
1990年代の中学の部では時折そうしたJCさんをお見かけする事もありましたが、そうした際は、心情的には
例え演奏自体があまり芳しい仕上がりで無くても「はい、ゴールド金賞!!」と心の中で叫びたくなってしまう事も
あったのかもしれないです。

リボンがよく似合うキャラというと、 古くは、リボンの騎士」かアタックNo.1の鮎原こずえというのもいましたし、
キティちゃんというスーパーヒロインがこの世界には君臨しているのかもしれないです。

リボンがよく似合う最近のアニメ・漫画作品やゲーム作品のキャラにはどんな皆様がいたのでしょうか?

ここで私の記憶に留まっている「リボンがお似合いなキャラ」をリストアップしてみると
下記のようになりました。
(もちろん、下記に記したキャラ以外にも素敵なリボンキャラはたくさんいるかとは思うので、下記の例はあくまでも一例です)

〇東方Project / 霊夢・ルーミア・チルノ・妖夢・お空・鍵山雛・メディスン ・藤原妹紅

〇ひぐらしのなく頃に / 竜宮レナ

〇月刊少女野崎くん / 佐倉千代

〇セーラームーン / 愛野美奈子

〇魔法少女リリカルなのは / 高町なのは・フェイト

〇デート・ア・ライブ / 琴里

〇咲-Saki / 国広一・天江衣

〇響け! ユーフォニアム / 吉川優子

〇アイカツ / 星宮いちご

〇アイドルマスター / 天海春香 水瀬伊織 我那覇響 

〇GF~ガールフレンド / 櫻井明音

〇魔法少女まどか☆マギカ / 鹿目まどか 暁美ほむら 佐倉杏子

〇ラブライブ / 南ことり 矢澤にこ

〇プリキュアシリーズ【変身前】 / 緑川なお レジーナ 朝日奈みらい 立神あおい 愛崎えみる 天宮えれな 香久矢まどか

〇艦隊これくしょん / 島風・夕張

〇ライフル イズ ビューティフル / 小倉ひかり

〇恋する小惑星 / 森野真理

〇Re:ステージ! / 月坂紗由 柊かえ 長谷川みい

〇甘城ブリリアントパーク / 千斗いすず

〇ニセコイ / 桐崎千棘

〇バカとテストと召喚獣 / 島田美波

〇VOCALOID  / 鏡音リン

〇ネコぱら / ショコラ バニラ シナモン

〇五等分の花嫁 / 中野四葉


224d9bfa_convert_20140901204531.jpg

anime_wallpaper_Gekkan_Shojo_Nozaki-kun_4848399202_convert_20140901204611.jpg


上記で大きめなリボンを髪につけているアニメ・ゲーム作品の美少女たちを何人か列挙させて頂きましたけど、
純粋に「この娘のリボンってデカいよね~」と感じさせてくれる代表格は、東方だというまでもなく霊夢、
艦これだと夕張ちゃんと島風が挙げられますし、その他でも「響け! ユーフォニアム」のバカリボン??こと吉川優子や
五等分の花嫁の中野四葉やライフル イズ ビューティフルの小倉ひかりやニセコイの千棘などが大変印象的ですけど、
特大リボンというと思い浮かぶのは「月刊少女野崎くん」のメインヒロインの佐倉千代だと思います!

千代のリボンの目立ち具合は東方の霊夢に匹敵しそうです・・

「月刊少野崎くん」はガンガンオンラインで現在も連載中の四コマ漫画が原作でこれをベースにアニメ化されたものです。
ストーリーをごく簡単に書くと・・・・
浪漫学園に通う女子高生・佐倉千代は勇気を振り絞って無愛想な同級生・野崎梅太郎に告白する・・・
ところが、野崎は千代の告白の意味を取り違えてその場でおもむろにサインを書いて手渡し、
さらに「俺の家来る?」と誘って来た。
予想外の急展開に戸惑いと期待が交錯する千代であったが、
野崎の部屋に通されると漫画の原稿を渡され、訳がわからないまま野崎の指示に従ってベタ塗りの作業をさせられる。
野崎のもう1つの顔は、売れっ子少女漫画家・夢野咲子だったのである・・・・」
という感じで、基本的には、ほのぼの系+ギャグ系のラブコメディーです。
千代は無邪気で明るく元気な突っ込み系ですけど、基本的には相当ドジで、告白した際も、
おろおろした挙句に「ファンです」と口走ってしまい、なし崩し的にアシスタントにさせられてしまった経緯があります。

このアニメは、サブキャラも色々とユニークな人が多く、
個人的には、都ゆかりというおっとり系の女子大生漫画家さんが実にいい味を出していると思います。
このアニメの最大のポイントは佐倉千代がとってもかわいくてあの髪のバカでかいリボンが何かにつけて目立っているという
事なのだと思います。
それにしても佐倉千代のリボンの大きさは半端無いというのか東方の霊夢以上の大きさすらあるようにも
感じられるのですけど、それが千代にとてもよく似合っていたと思います。
千代のリボンはとても可愛いですし、とてもよく似合っていますね。
一見見ると「夢見る少女」という感じもするのですけど、実際は元気な突っ込み役という役回りが多い気もします。
時折見せるいかにも少女っぽい所が実に可愛いなぁ・・とも思ったりもします。

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章ではリボン娘の魅力も伝わりにくいと思いますので、
下記においてdream fantasy2
アミグリさんが描かれたリボン娘たちの美しい絵をいくつか転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。


sakura-chiyochan-desu!!_convert_20140917184434.png


そんな訳でここから下記はdream fantasy2のアミグリさんがこれまで描かれてきたリボン少女たちのかわいい絵の転載とご紹介です。

まずトップバッターは言うまでも無く2014年9月に描かれた「月刊少女野崎くん」の佐倉千代です!

アミグリさんが描かれるこの佐倉千代はとってもかわいいですね~♪
この千代はツッコミ役ではなくて夢見る少女の雰囲気だと思います。
千代というと、あの赤い水玉のりぼんがとても印象的でしたけど、
アミグリさんのイラストもこの赤いリボンがとても可愛く描かれていて素敵でしたし、千代のこのリボンは、
東方の霊夢クラスのリボンの大きさを誇っていると思います!

霊夢もとっても可愛いですけど、アミグリさんが描かれたこの佐倉千代もとっても可愛いと思いますし、
霊夢共々アミグリさんが描かれた「リボンがとってもよく似合うキャラの双璧」と言えるとすら思えます!


simakaze-2015-03_convert_20150706182006.png


艦娘にも大変印象的なリボン娘は何人もいますし、私の御ひいき艦娘の夕張ちゃんのポニーテール+リボンも
素晴らしいですけど、その中でも群を抜いて印象的な艦娘は島風なのだと思います!、
島風は並居る個性的な艦娘たちの中でも特に際立って個性的な艦娘なのだとも思われます。

上記の島風はアミグリさんが2015年7月に描かれた作品です。

島風(ファンの間では「ぜかまし」という愛称でお馴染みですね・・!)は艦これでも屈指の個性的なキャラだとも
思いますし、あの自由奔放なキャラは大変珍しいとすら感じてしまいます!
艦娘の中でも群を抜いた突拍子もない自由自在変幻自在の魅力的なキャラだとも思えます。

艦娘の公式としてのアンソロジー漫画の中でも、やはりあの自由奔放さと型破りなキャラ、あの個性の塊は、
個性豊かな艦娘の中でも異彩を放っていると思います。

大きなうさ耳リボン・超ミニスカート・ミニスカから出る黒の見せ下着などなど、その「あざとさ」は艦これ娘随一
なのかもしれないですね!

アミグリさんが描かれる島風は、そうしたちょっと危険な(?)自由奔放さとかあざとさをむしろ抑え気味にして、
アイスキャンディを楽しんでいるようにちょっとあどけなくておおらかな雰囲気の方を醸し出させている点は
相変わらずバランス感覚が優れているなぁ・・と感じさせるものがあると思います。

へそ出しもとっても可愛いと思います。

この大きなリボンは島風の特徴でもあるのですが、アミグリさんもきっちりとその辺りを強調して描かれて
いるのですけど、一部の絵師様に見られるような過度なデフォルメや過度のエロさも控えめにされていて、
「可愛らしさ」をより少女らしく繊細な感じに仕上げられているのは「やっぱりアミグリさんらしい作品だよなぁ・・」と
感じさせてくれていると思います。


chitogechan_convert_20140515164608.png


続きましてアミグリさんが2014年5月に描かれた「ニセコイ」のメインヒロインで、結果的に一条楽と結ばれた
千棘ちゃんです。
当時のアミグリさんのコメントとしては「強気な女の子というイメージで描いてみました。」との事ですけど、千棘ちゃんの
ツンデレ気味で気の強さが漲っている雰囲気がすてきだと思います。

千棘ちゃんというと金髪碧眼キャラでもあるのですけど、アミグリさんが過去に描かれた金髪碧眼娘には、例えば
東方のアリスやメディスンやリリーホワイト、「ベルシブブ嬢のお気に召すまま」のベルゼブブ嬢や
「寄宿学校のジュリエット」のジュリエット・ペルシアちゃん、金色モザイクのアリスなど素晴らしい名作イラストがたくさん
ありますけど、千棘ちゃんはハーフという事もあり本場的な圧倒的存在感を感じさせてくれていると思います。

アミグリさんの描かれた千棘ちゃんの金髪碧眼は絶対的正義ですね~♪
赤リボンと合せてとてもかわいらしく描かれていてすてきです!
少しだけ気の強さも感じ取れる千棘ちゃんですけど、あのちょっとツンデレ気味な所もとてもいい味出ていると思いますし、
そうした少し強気な千棘ちゃんがかわいらしく描かれていると思います。

そうしたかわいらしさをもたらしているのは髪の大きめ目リボンともいえそうです!


yotubacyan-02_convert_20190225175257_convert_20190226123343.png


続きましてアミグリさんが2019年2月に描かれた「五等分の花嫁」から四女の中野四葉ちゃんです。

「五等分の花嫁」もアニメ第二期は既に放映決定となっていますので、第一期同様とても楽しみです。

原作に書いては、はたして風太郎はだれと結ばれたのか・・についてはついに明らかにされていましたので、果たして
アニメ第二期のフィナーレではそこまできちんと描いてくれるのかどうかも興味津々です。

アミグリさんの描かれた四葉ちゃんはとてつもなくかわいいです!

四葉ちゃんの元気一杯の雰囲気や明るさ・お人よし・優しさの側面が一枚の絵の中に凝縮されているように感じられますし、
この元気一杯の四つ葉ちゃんのイラストを見たら、少し元気がなくて落ち込んでいる人が見たとしたら瞬間に元気を
取り戻せそうなほど作品全体にすてきなパワーが秘められているようにも感じられます。
アニメや原作漫画の中でも最初から風太郎に好感を感じていて、初期の段階から風太郎にフレンドリーに接していたのも
この四葉ちゃんなのですけど、アミグリさんの描かれた四葉ちゃんからも、そうしたフレンドリーで明るく楽しく
親しみやすい雰囲気がよく描かれていると思います。
背景のハートマークは四葉ちゃんのすてきな愛ですね~!
サーバルちゃんを思わせるようなうさ耳リボンもとてもよくお似合いで、なんとなく島風を彷彿とさせてくれていると思いました。
ちなみにアミグリさん自身は、四葉ちゃんのこのかわいいうさみみリボンは、ボーカロイドのリンちゃんのデザインを
連想されたとの事です。
ミニスカもとてもよくお似合いですし、このポーズも「さー頑張るぞー!」みたいな元気も伝わってきそうです!


kagaminerinn_convert_20130228135007.png


続きまして、アミグリさんが2013年2月に描かれたボーカロイドの鏡音リンです。

このリンについて少し補足をさせて頂きますと、ボーカロイド2「鏡音リン・レン」の少女の方です。
ちなみに鏡音レンは少年の方です。

リンは金髪碧眼で頭の白い大きなリボンが特徴で、前髪を4つの白いピンで分けています。
ショートヘアといってもいいのかもしれないですね。

黄色とグレーを基調としたセーラー服がとってもかわいいです!
胸当てにはト音記号のマークが描かれていますが、多分ですけどこれは高音域を示唆しているものと思われます。

アミグリさんが描かれたリンですけど、この少しボーイッシュな雰囲気とか元気一杯の感じが実に素晴らしいです!
頭の白のリボンも可愛いですし、ピースサインもリンちゃんらしいですし、
このセーラー服をイメージした衣装がとても可愛いと思います!

ボーカロイドの私の大本命はルカ様とMEIKOなのですけど、アミグリさんが描かれたこうした元気一杯のリンを見てしまうと
「やっぱりリンちゃんもいいよねぇ!」となってしまいそうです~♪


ru-mi-_convert_20130107160910.png


ここからフィナーレまでの3作品は東方リボン娘です。

続きましてアミグリさんが2013年1月に描かれたルーミアです。

このルーミアは手作り感満載の温かみのある雰囲気がとってもすてきに伝わってきますし、ぬくもりが伝わってくる
ルーミアなのだと思います。

ルーミアの定番衣装というと、ジャンパースカートのような黒のロングスカート・
赤ネクタイ・白ワイシャツに黒のベストという感じだとは思うのですけど、
アミグリさんがこの時描かれたルーミアは、黒ベスト無しの白ワイシャツに、胸元がネクタイではなくて蝶リボンみたいなもの
という事で、普段描かれているルーミアとは少し雰囲気が異なっているようにも感じられる事と
そのせいか、上記のルーミアは幻想郷の闇の妖怪というのではなくて、
外界における普通の高校生みたいな少し爽やかな雰囲気が伝わってきて、このいかにも「普通の外界の学生さん」みたいな
雰囲気こそが「あれれ・・このルーミアはいつものルーミアと少し違うのかも・・?」と素敵に
感じさせてくれる一因にもなっている様な感じもしますね・・
妖怪じゃなくて普通のJKさんみたいなイメージだから、いつもと少し雰囲気が異なるという事なのだと思います。

そして髪のリボンもJKさんみたいな雰囲気を感じさせてくれそうです。

ちなみにルーミアのリボンをほどくとルーミア本来の能力が発動されてしまうので、ルーミア本人は絶対にリボンを
外そうとしないという説もあるそうです。


rkgk-myon-2015-02_convert_20151019170303.png


続きましてアミグリさんが2015年10月に描かれた妖夢です。

この妖夢を描かれた際のアミグリさんのコメントは「水彩筆で濃淡つけて塗るの難しいけど楽しいです~」との事ですけど、
全体の色彩感は大変淡い感じなのですけど、目がどちらかというと濃い印象があります。
妖夢のこの目に不思議な生命感が宿っているというのか、目に気合のようなものも漂っていると感じられます。
そして気合と言っても別に情熱とか根性とか力みとかそういう感じではなくて、
そこには優しさとか柔らかさに溢れていながらも、半人半霊ながらも「私はゆゆ様と共に生きていきたい!」みたいな
不思議なパワーも感じられるような気もします。

改めてですけど、この妖夢の目の描き方が素晴らしいと思います。
水晶のような不思議なパワーが目に宿っているような雰囲気すら感じさせてくれる素晴らしい一枚だと思います!

普段描かれる妖夢の瞳よりも少しだけ青の濃さが強調されているから、こうした不思議な生命感とか
全体の淡い感じと目の幾分濃い感じのコントラストが生じ、
そこに水晶玉のような力強さを感じさせてくれているのかもしれないですね。

妖夢のリボンは霊夢のようなトレードマークそのものとかルーミアのような隠れた能力を発動させるものといった
感じではなくてごく普通の女の子のおしゃれアイテムそのものともいえそうですし、
ごく普通のリボンをさりげなく髪に飾っている妖夢のおしゃれセンスは意外と的を得ているものなのかもしれないです。


2015-reimu-01_convert_20150113120933.png


本記事のリボン美少女娘記事を〆て頂くキャラはこの御方以外はありえないと思います!

それはというまでもなく東方の絶対的エースの霊夢であり、霊夢のトレードマークと言うと最もポイント高いのは
髪のあの大きめのリボンなのだと思います~♪
東方キャラでも妹紅や妖夢などのようにリボンが目立つキャラもたくさんいますけど、やっぱりインパクトという観点から
霊夢のあのデカいリボンが最も印象的であったりもします。

上記の霊夢はアミグリさんが2015年1月にアミグリさんが描かれた作品です。

霊夢自体が東方の絶対的な主人公であり唯一無二のエースでもあるのですけど、
上記の霊夢はアミグリさんにとっては看板娘なのだと思います。
なぜなら、この絵トは2020年10月現在のアミグリさんのdream fantasy2プロフィール画像ともなっているからです!
霊夢は、アミグリさんが「dream fantasy2」を開設して以来継続して描き続けられているキャラの一人でもありますし、
この霊夢からは、アミグリさんのすてきな霊夢愛が一枚の絵の隅から隅まで漂っていると私には感じられます。
霊夢というと公式的には中性的とかちょっと無愛想みたいな感じで描かれている事も多々あるのですけど、
アミグリさんが描かれるこの霊夢の笑顔は本当に素晴らしいですね!
霊夢のこの笑顔を見ただけで一日の疲れは吹っ飛びそうですし、この笑顔の霊夢を見るたびに
「やっぱり霊夢は東方の絶対的エースで主人公!」という認識を再確認させられるものがありますね~!
そしてなによりも霊夢のこの満面の笑顔は、霊夢の喜びの感情がこみ上げてきたものといえると思います。

やっぱり霊夢のこうした喜び溢れた笑顔は最高なのだと思います~♪

上記のアミグリさんの描かれた霊夢は誰からも愛される霊夢だと思います!

霊夢のこの「やったー!私ってすごーい!」という爆発的な喜びの感情は、幻想郷内の異変が無事に解決されて、
謝礼のお布施をたっぷり貰えたからとか
今年の東方人気投票において伏兵の妖夢にまさかの1位を取られてしまいましたけど、来年度の人気投票で
再度1位を奪還し喜びに溢れた表情といえるのかもしれないです。

霊夢のリボンの大きさは本当に目立ちますね~♪

あのとてつもなく大きいリボンは霊夢にとっては「霊夢を霊夢たらしめるもの」といえるのかもしれないです。

上記のアミグリさんが描かれたリボン美少女キャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい霊夢たちを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

リアルでのリボンを髪につけた美少女達もすてきですけど、アミグリさんの描かれたリボン娘たちも更に素晴らしいと
思いますね~♪

間もなく10月末のハロウィンと言う大規模イベントが近づいてきているのですけど、ここ数年のハロウィンと言うと
荒れるハロウィンと言うのか一部の暴徒によってかなり残念なイベントになっていたようですが、
さすがに今年に関しては新型コロナウイルスの感染リスクも依然として高い事や三密回避・ソーシャルディスタンスの確保・
新しい生活様式の確立という観点から、ハロウィンという三密を絵に描いたかのようなイベントは多分ですけど、
多くの所では中止という事になるのかもしれないです。
来年の今頃なんて誰にも予測はできないと思いますし、ましてこれから寒さが本番になり来年の1~3月になると
果たして新型コロナウイルスの第二波・第三波はやってくるのかとか延期された東京オリンピック2020は本当に2021年に
開催できるのかを含めて全く予断は許さない状況であるとは思いますが、なんとか来年はハロウィンもそうですけど、
吹奏楽コンクールや甲子園大会などが普通の状態で開催できることを心より願っていますし、なんとか早い段階で
収束してほしいものです。

ハロウィンで真っ先に思いつく事は各自がその人それぞれで思い入れのあるコスチュームに着替えるいわば
「コスプレ」を楽しむ事なのかもしれないですけど、そういう意味ではハロウィンこそは日本最大のコスプレイベントと
言えるのかもしれないです。

アニメ作品や漫画・ゲーム作品に登場している素晴らしい美少女の皆様の衣装にチェンジ!みたいなコスプレは、
現在の日本の萌え文化としては既に確立・定着化している印象は大変強いですし、実際そうしたコスプレのイベントは
全国いたるところで既に開催されていますし、コスプレイヤーさんが(活動期間は年齢的に短期間に留まりそうですけど)
職業として実際に存在していますし、
日本の素晴らしきアニメ・漫画文化を象徴するものなのかもしれないです。
現在では既にアニメ=日本のイメージが世界中でも強く印象づけられており、
毎年パリで行われる「JAPAN EXPO」だったり、日本での「世界コスプレサミット」も成功を収めているのもその表れといえます。
コミックマーケットで活躍するコスプレイヤーも毎年増え続けているくらい世間一般に浸透していると思います。
ただ現況、そうしたコスプレイベントもほとんどのイベントが新型コロナウイルスの感染リスク防止という観点から
中止に追い込まれている事もあり、美少女の皆様たちまたはすてきなお姉さまたちによる萌えキャラ等のコスプレを
お目にかけることができないのはやはりとっても寂しいものがあります・・

以前そうしたコスプレイベントを秋葉原で見たことがあるのですけど、その再現度やコスプレイヤーさんのなりきり度は
素晴らしかったです!
私自身基本的にはアニメ作品の実写化は反対の立場を取っていますけど、イベントとしてのコスプレは有だと感じています。
それと、こうしたコスプレに関しては女の子がアニメやゲーム作品の美少女キャラまたは魔法少女キャラとして
コスプレされる事は大・大賛成なのですけど、男性が男性キャラにコスプレされるのはいいとして、
男性が女装してのコスプレは「見たくもね~」という感じになりそうです。
やはりコスプレというものは美少女やすてきなお姉さまたちだけの特権とも言えるのかもしれないですし、男性のコスプレは
あくまでそうした美少女コスプレイヤーさんの引き立て役程度に抑えて欲しいものです・・

改めて定義づけると、コスプレとは漫画やアニメ、ゲームなどの登場人物やキャラクターに扮するというか、
その人自身がアニメキャラ等そのものになりきることと言えるのだと思います。
そしてそこに望むことはなりきる事に照れがあってはダメだし、どうせ一度その役に扮するのであるならば、扮している時は
そのキャラそのものになりきってほしいという事なのだと思います、

日本においてコスプレにおける具体的な衣装としてどんなものが挙げられるのかというと・・

1.セーラー服やブレザーなど学生服

2.ナース服・バスガイドさん・バニーガールなど特定の職業で使用する制服

3.アニメ・ゲーム作品のキャラが着ている服をそのまま着るまたは多少アレンジを加えて着る

4.絵師様が「うちの子」と呼ぶオリジナルキャラクターに扮しつつも版権キャラの服を着る

などなど色々あるかとは思いますけど、中には同一作品内の異なるキャラの衣装を二人のコスプレイヤーさんが衣装チェンジ
として着用することもあるのかとは思います。

コスプレは仮装・変装・扮装」と同一視されることがあるが細かな違いがあるようですし、コスプレイヤーさんに
うっかり「その変装は・・」と口走ると睨まれたりする可能性もあるかもしれないので、そのあたりは注意が必要なのかも
しれないです。
参考までに一般的な概念を記しておきますと・・・
「コスプレ」とは外見も内面もそのキャラクターになりきることであり、
「仮装」は「普段着ている服装とは異なる服装をする」ことであり、
「変装」は「意図的に別人に見せかけるために服装や自らの風貌を変える」ことであり、
「扮装」とは主に舞台俳優などが役柄を演じるために衣装や顔かたちを装うことであったりもします。

要はコスプレというものは、アニメやゲームキャラに心より憧れ賛同し、そのキャラと同一の衣装を身に纏う事で
身も心もそのキャラになりきってしまうように自らが自分の心と衣装を一時的に律する事といえそうです。
だからもしもコスプレイヤーさんが例えばセーラームーンとかキュアミルキーや艦これの金剛の衣装を身に纏っている時の
そのコスプレイヤーさんは身も心もセーラームーンとかキュアミルキーや艦これの金剛そのものなのだと思いますルン!
そうした意味では厳密にいうとコスプレと仮装・変装・扮装は似て非なるものと言えるのかもしれないです。

コスプレイベントは単独開催の場合もコミックマーケットやワンダーフェスティバルのように、
同人誌即売会やサブカル系イベントと並行的に実施される場合も多々あります。
単独開催でも複数イベント同時開催でも、コスプレイヤーさんは基本的には時前のスーツケース等に
衣装、ウィッグ、靴等を用意し、会場までは私服で来てコスプレ登録をした後に、更衣室で着替え、
イベントが終わったら再び更衣室で私服に着替えて帰るというのが大まかな流れであり、
基本的にコスプレ衣装のまま会場に来る事やコスプレ衣装のまま帰宅する行為はルール違反とされています。

どちらにしてもコスプレイヤーさんには何かと苦労は付き物だと思いますが、同時にたくさんのファンから注目して
見て貰える!というすてきなメリットもあると思います。
そうしたすてきなコスプレイベントは現在新型コロナウイルスの感染リスクへの警戒という事で、なかなか開催が
難しい状況ではあるのですけど、収束した際には是非ぜひ再び私たちの目を楽しまさせて頂きたいと思います。

リアルのコスプレイベントは中止が相次いでいますので、ここから下記は、dream fantasy2のアミグリさんの描かれた東方キャラのコスプレを
お楽しみ頂きたいと思います!

リアルでコスプレを十分楽しめない分、その代わりと言ってはなんですけどアミグリさんの描かれたすてきな東方コスプレ絵で
もって楽しんで頂ければ幸いです。





そんな訳でここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんの描かれた東方コスプレ絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の作品はアミグリさんが2013年12月に描かれたレティさんコスプレの魔理沙です。

レティさんは雪女なのですけど、ほんわかふんわりとした雰囲気が魔理沙にすてきに伝わっていて
レティさんと魔理沙という普段はあんまり接点がないキャラ同士でもあるのですけど、魔理沙がレティさん衣装をコスプレする
事により、二人のすてきな化学反応を見せてくれた素晴らしい名作だと思います!

魔理沙と言うと少なくとも「冬」というイメージはあまり無いのですけど、アミグリさんの魔法の手に掛かってしまうと、
こうやってレティさんの帽子とかあの白のエプロンとか全体的に青を基調とした衣装を魔理沙に着せてしまうと、
なんだか魔理沙が魔法使いではなくて「雪女」に素敵な変化を遂げたみたいに感じさせてしまうのは
「すごいな・・・!」と感心させられてしまいます!

とてつもなく精緻ですけど単なる正確さというものではなくて、違うキャラの双方の魅力を120%以上引き出し、
同時に「レティさんらしい魔理沙」を生み出したアミグリさんの独創性は素晴らしいと思います。
本記事の趣旨はコスプレ記事でもあったのですけど、このすてきなコスプレイラストを拝見させて頂くと、
単なる魔理沙のコスプレでもないし、レティさんのモノマネでもないし、
両者の素晴らしい化学反応的ななコラボという事で限りなくオリジナルに近い作品のようにも感じられますね~♪

雪女みたいな魔理沙もすてきですけど、魔法使いみたいなレティさんみたいな雰囲気もあったりしそうなのですけど、
そけを実現させた化学調味料がアミグリさんの生み出された「東方キャラのコスプレ」という事になるのだと思います!


tei-ru-mia-desu_convert_20130607165639.png


続きましてアミグリさんが2013年6月に描かれたてゐコスプレのルーミアです!

てゐというと幻想郷の妖怪兎でもあるのですけど、ウサギ繋がりという事で、てゐはどちらかというと
うどんげちゃんや清蘭といったウサギ系のキャラとコラボされる事は多々あるのですけど、てゐとルーミアをこうやって
コラボされる絵師様も正直あまお見かけした事がないものでして、その辺りも大変新鮮なものを感じることができます。

東方における「ウサギ」と言うというまでもなくてゐとうどんげちゃんなのですけど、
ルーミアみたいな闇の妖怪でも「うさぎ」はとってもよく似合っていると思います。ルーミア自体元がとっても可愛いのですけど、
うさぎのコスプレをするとそうした可愛らしさが更に300%近くUPしていると思いますし、
そうしたウサギとしての可愛らしさとルーミアの可愛らしさをとてつもなく素敵に融和・調合した
アミグリさんの目の付け所は素晴らしいと思います。
アミグリさんのこのイラストは淡いピンクを基調にしているのがとても目に優しくて、まるで「ぬいぐるみみたいなルーミア」
みたいでとにかくこのふわふわ感が素晴らしいと思います!

ウサギというのはコスプレカテゴリにあっては王道中の王道だなぁと改めて実感させてくれるとてもすてきな作品だと思います!
ルーミアの尻尾もとてもかわいらしくてキュートだと思います。


meido-sanaesan-05_convert_20190302153121_convert_20190302172043.png


続きましてのメイド早苗さんは、アミグリさんが2019年3月に「3月7日は早苗さんの日」を記念して描かれた作品です。

一目見た瞬間に「なにこの美少女メイドコスプレの早苗さん、かわいい~!
かわいすぎて反則じゃん!!」とすら感じさせるとにかく驚異的にかわいすぎる早苗さんだったと思います。
早苗さんは幻想郷で生まれ育った御方ではなくて、つい最近まで外界で理系のJKさんをされていた御方でもうりますので、
幻想郷の中では誰よりも外界の事情に詳しそうですし、秋葉原とかメイドさんとかコスプレというワードに対しては
すんなりと反応してくれそうなキャラですので、アミグリさんがこうやってメイドコスプレの早苗さんを描かれるのは
極めて妥当なのだと思います。

早苗さんのいつもの巫女さん衣装のカラーリングを活かしたメイド服は、
青と白をメインカラーリングにしている事で、基本的には少し地味に感じさせてしまう配色でもあると思うのですけど、
襟や手首のリボン、メイド服の一部・ティーカップ、そして特にこれが斬新でしたけど早苗さんの爪の赤いマニキュアのように
部分的に赤を配色する事で、おとなしい雰囲気に変化を感じさせ、まるで外界のメイド喫茶店で働く現役メイドさんの如く、
とても華やかでカラフルで
かわいらしい印象を見ているみんなに感じさせている事は素晴らしいアミグリさんの発想だと思います。
霊夢と早苗さんの巫女さん衣装の特徴に肩だしがあるのですけど、
それをこうやって現代のメイド服にも応用されている事も素晴らしいと思いますし、
あのいつもの独特な腋から肩にかけての独特な袖形状をこうした膨らみを帯びた袖口として表現されている事も
独特のキラリと光るセンスを感じたものでした。
髪の白のカチューシャもかわいいし、いつものカエルとヘビの髪飾りも全く違和感なくすんなりとメイドさん衣装と早苗さんの
長髪に溶け込んでいる感じがします。
スカートとエプロンのフリルの細かい表現もお見事ですし、
フリル付黒ニーソとの見事なコラボである絶対領域の眩しさも素晴らしいと思います。

早苗さんが外界にいた頃には既にメイド喫茶は存在していましたので、早苗さん自身もメイドさんとかメイド喫茶は
よく分かっているだけにアミグリさんが描かれたメイド服早苗さんは東方キャラの中で最も現代風にアレンジされたものと
言えるのかもしれないです。





続きまして、上記のハロウィンレミリア様はアミグリさんが2013年10月に描かれた作品です。

レミリアおぜう様の衣装は通常はうすいピンクまたは白という感じが多いのですけど、
アミグリさんのこのレミリア様は、黒を基調としていて、UN帽も黒ですので、
吸血鬼とか悪魔みたいな雰囲気を醸し出していると思います。
レミリア様はお嬢様ですし、とっても可愛いですので、そんな悪魔なんてお言葉はあまり相応しくないかもしれないのですけど、
こういう「黒いレミリア様」も悪くはないですよね!
レミリア様は紅魔館の威厳あるカリスマですけど、同時におこちゃまでもありますしカリスマブレイクでもありますし、
こうしたイベントの際には結構ノリがよかったりもしますので、周囲の妖精メイドたちがハロウィンコスプレをしているのを見て、
咲夜さんに「私もこんなすてきな仮装をしてみた~い!」とワガママを炸裂させ、困った咲夜さんが
「それならばお嬢様・・黒の衣装はどうですか・・?」と勧められたのがこの黒の紅茶レミリア様なのかもしれないですね。
レミリア様のドレスとZUN帽にデザインされているかぼちゃがとてもお茶目でかわいいです!
そして背景のコウモリはいかにもレミリア様らしい雰囲気を漂わせているのに一役買っていると思います。

レミリア様は咲夜さんが淹れた紅茶を日常的に飲んでいるみたいなイメージもあるのですけど、
この絵の紅茶は、普通の紅茶なのか、それとも咲夜さんが淹れたっぽい薬膳茶なのかは神のみぞ知る領域だと思います。


haromede-001_convert_20171025215858_convert_20171029193257.png


続きまして、アミグリさんが2017年10月に描かれたハロウィンをモチーフにされていたメディスン・メランコリーです!

上記のアミグリさんが描かれたメディスンにはすてきな意味合いがありまして、それが何かと言うと、
アミグリさんがデジタルで絵を描き始めて10周年記念ということで新しいペンタブを購入され、
その新しいペンタブで一番最初に描かれた作品が上記のハロウィン仕様のメディスン・メランコリー及びスーさんだったのでした!

アミグリさんが描かれたメディスン・メランコリーですけど、とにかくとってもすてきな悪魔っ娘だと思います!
メディスンは生まれたてほやほやの新米妖怪なのですけど、この背中の羽は吸血鬼のレミリア様を彷彿とさせる
ものがあり、メディスンの指南役みたいな立ち位置でもありそうなアリスから
「メディスン・・今日のハロウィンはあなたはこんな風にコスプレすればとってもお似合いよ・・」と言われて
ついついその気になってしまったメディスンみたいな光景が思い起こされそうな感じもありそうですね。
金髪にブルーの瞳のすてきな美少女のメディスンがいつも以上に生き生きとしているのが見ていてとても楽しいと思いますし、
メディテスンがスカートの裾をふわっ・・と持ち上げている様子も
とてもキュートだと思います。
背景もいかにもハロウィンらしい雰囲気に溢れていて見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれてくれると思います!
黒の上着とオレンジのスカートという色の対照性も実に鮮やかだと思います。
スーさんもとても可愛いですね!


haroulin-yukarin-003_convert_20181009155555_convert_20181012160032.png


続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれた「ハロウィンゆかりん」です!

先日・・、10月14日にご紹介させて頂きましたゆかりんはこのハロウィンゆかりんの通常版衣装です~♪

このハロウィンゆかりんは、とても大人っぽいけど同時にあどけない雰囲気も醸し出されていると思います。
ここにいるのは少女のようなかわいいゆかりんと大人っぽくて少しミステリアスなゆかりんが同居しているすてきな作品と
言えるのだと思います。

ゆかりんというとあのド派手な紫色のドレスという印象があるのですけど、
アミグリさんが描かれたゆかりんのハロウィン衣装は、ゆかりんのメインカラーの紫色を多用しつつも
部分的に黒を織り込むなど、その色彩感覚も大変すぐれているものがあると思いますし、
ゆかりんのスカートがふわっと浮いていて、ちらっと生足を拝見する事が出来るというのもとてもうれしいファンサービスだと
思います!
やっぱり生足チラリというものは素晴らしいものがあるのだと思いますし、胸元のゴージャスな雰囲気も
すてきなファンサービスなのだと思います!
スカートの裾や襟元の黒のフリルも全体を引き締めているようにも感じられます。

全体のいつものキラキラ感も素晴らしいですし、背景のこうもりやお化けやカボチャもとてもかわいく描かれていて
ハロウィンイラストとしてすてきな隠し味の役割を果たされていると思います。
ゆかりんの金髪もこの流れるような流麗な美しさが圧巻だといつもながらに感心させられました。

それにしてもこのハロウィンゆかりんもなんだか物欲しそうにされている雰囲気がすてきですね~!
「その手に持っているお菓子はなんなの~? お姉さんも一口食べてみたいなぁ~」みたいに言っていそうな
少しあどけなくて子供っぽい雰囲気も感じられるそうです。
上記のフランちゃんのロリロリのモノ欲しそうな雰囲気もすてきですけど、大人っぽいゆかりんが
「お姉さんも一口食べてみたいなぁ~」とお誘いを受けてしまったら、私はたとえ旧地獄でも地底でもゆかりんに
付いていきたいです!


mikosan-yukarin-03_convert_20180620181416_convert_20180630073257.png


続きましてアミグリさんが2018年6月に描かれた「巫女さんゆかりん」です。

ちなみにこの巫女さんゆかりんは、2018年7月の私の誕生日を記念して事前にアミグリさんにリクエストをさせて頂き
描いて頂けた作品です!
以前から、ゆかりん=実は龍神説を唱えていた私ですけど、実はゆかりんは元々の存在は博麗神社の初代巫女さん
でもあるではないのか・・?という私の脳内妄想を一つの絵として具現化して頂けた貴重な作品でもあります。
巫女=紅白衣装という既成概念をものの見事に打破し、ゆかりん=八雲紫様のシンボルカラーとも言える
紫色を全面に出されたばかりでなく、腋見せ&肩だしという博麗神社の正式な巫女さん衣装をきちんと踏襲された上で
髪のリボン・衣装全体を紫色で統一され、しかも髪の色は元々の八雲紫様たらしめているあのゴージャスな金髪を
そのまま維持されています。
この巫女ゆかりんは博麗神社の伝統的な清楚で神聖な巫女さんとゆかりんらしい大人っぽさが実に見事に
融和・調和しているのだと思います。
へそだし・肩だしもとってもかわいいと思います!

この巫女さんゆかりんは確かにゴージャスであり神聖でもあるのですけど、いつものゆかりんのあの威厳・尊厳・こわさよりも
どことなく親しみやすさ・気さくさ・話しかけやすい雰囲気を感じさせているのは、
アミグリさんがあえてこの巫女ゆかりんの目をたれ目がちに描かれている事も大きいと言えるのかもしれないです。

上記のアミグリさんが描かれた東方コスプレ娘たちは、その権利は全てこのゆかりんたちを描かれたアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい東方コスプレ娘を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非アミグリさんのブログ dream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりコスプレはすてきなものですね~♪
そしてなによりもリアルでも普通にイベント等でコスプレを楽しむ事ができる普通の日常が戻ってくることを願うばかりです。
大体7/1頃より全国各地のスーパー・小売店等の無償レジ袋の廃止とレジ袋自体の有料化が開始になり、あれから既に
三か月以上経過していますので、段々とレジで会計時に店員さんが無償レジ袋に商品を入れてくれていた従来のサービスが
既に無くなっている事には慣れてしまったという感じがします。
もっとも会計時に店員さんたちがいちいち「レジ袋は有料になっていますがいかがされますか?」と聞いてくるのは
なんだかうざいし、会計が終わって購入した商品を持参のレジ袋やエコバッグに自ら入れなくてはいけないという
あの手間はいまだに少しばかり抵抗があったりもします。
それと細かいどうでもいいことですけど、購入した商品が1~2個で少ないからレジ袋を辞退しそのまま手で持ち帰ろうとすると、
そこでいきなり商品にベタベタとテープを勝手に貼られたりすることも多く、
「勝手に貼らないでよ~後でテープ剥がすの結構面倒だから・・」と感じてしまう事もあったりします。
7月以前ですと例えば弁当店・惣菜店で商品を一つだけ購入してもちゃんとレジ袋に入れてくれていましたけど、
有料化後はレジ袋購入の場合は弁当店の場合は大抵1枚5円ほど取られてしまいますし、購入するのも勿体ないと思い、
弁当を手に持ったまま自宅または会社まで歩いて帰るというのもなんだかそれはそれでみっともない感じはしますし、
新型コロナウイルスによる新しい生活様式共々「なんだか今年は一気に世知辛い世の中になったね・・」としみじみ
感じたりもします。
それとレジ袋とは関係は無いのですけど、最近のレジでは自動会計システムが増えたため、店員さんから直接おつりを
貰う事は大分減ってきていますけど、自動会計機械が設置されていないスーパー等で店員さんから直接お釣りを受け取る
場合に、以前でしたら直接手から手へのお釣り渡しがほとんどでありましたけど、例のあの新しい生活様式においては、
手から手への直接のお釣り渡しはNGとの事で、こうした場合は金属トレイにお釣りを置いて、それをお客がトレイから
お釣りを硬貨を一枚ずつ拾うという事ですので、これもなんだか結構面倒くさいです。

レジ袋って今現在は必要とする場合にそれを店側から購入するという感じになっているようですけど、店によって
レジ袋の価格は結構マチマチですね・・
同じ大きさのレジ袋でもある店では一枚3円だったり、はたまた別のお店では5円だったりします。
レジ袋の有料化をいち早く実施していたのはもしかしたら西友なのかもしれないですけど、西友は今年の7月以前でしたら、
お弁当用のレジ袋とか商品が1~2個程度入る小さなレジ袋は無料でレジ前に置かれていましたけど、現在はそれも
一枚2円となっていたりもします。
レジ袋有料化への対策はいうまでもなくエコバッグまたはトートバッグの持参なのですけど、例えば弁当や総菜や
冷凍食品や冷えたペットボトルを購入してそれをまとめてエコバッグに入れると惣菜の煮汁や冷凍食品等の水滴が
エコバッグに付着する事が多々ありますし、意外とエコバッグの中は汚れている場合も多々ありますので、
せめて一週間に一度ぐらいのエコバッグの洗濯は必要なのかもしれないです。
細かい文句?を言うと、レジ袋の完全有料化に伴い例えばTカード利用でのレジ袋辞退時の2ポイント付与という特典も
廃止になり、年間に換算すると1000ポイントぐらい付与が減ったかも・・と感じてしまいそうです。

どちらにしても昨年10月以降の消費税が8%→10%に上昇した事による2%分の負担増と上記で散々愚痴った
レジ袋の完全有料化やポイントカードにおけるレジ袋辞退時の特典ポイント付与の廃止というものは、
年間に換算すると結構な金額になりそうですし、これは塵も積もれば山となるという感じなのだと思います。
只でさえ今年は新型コロナウイルスの感染拡大により国民一人ひとりへの負荷が増えているのに、さらに消費税増税や
レジ袋有料化というものは追い打ちをかけている感じがしますし、これではあと数年手度は経済の低迷が
続く可能性が大きいと言えるのかもしれないです。

消費税10%は国民全体が「ま・・しょうがないね・・」みたいなあきらめ・閉塞感を共有しているようにも感じられますし、
私の感覚的には「自分が生きている内に日本の消費税は将来的に20%近くまで上がる可能性がある」と感じていますけど、
今回の10%はその途中経過の一つに過ぎない・・とも感じていますし、
上がるものは仕方がないから、例えばアベノマスク等の国家予算の無駄づかいは勘弁してほしいものです・・

まとめると・・

昨年10月の消費税UPとレジ袋の有料化は、新型コロナウイルスと合せて、もしかしたら私達消費者の購買意欲の低下に
かなりの影響をもたらしているのかもしれないですし、レジ袋の完全有料化や2%の消費税増税分の負担増は
長期的には「塵も積もれば家計を圧迫する・・」と言う事にも なっていくのかもしれないです。
只でさえどの企業も新型コロナの影響で軒並み業績悪化→従業員に対する賞与カット・給与ダウンに繋がりかねないですし、
ここにきて昨年の消費税増税がポディブローのようにじわりじわりとマイナスに効き始め、追い打ちをかけるように
細かい事ではありますけどレジ袋の有料化もそれに多少は拍車をかけるのかもしれないです。

レジ袋有料化への対応策はいうまでもなくマイバッグというかエコバッグの持参と活用だと思います、

私自身も今までもマイバッグというのかエコバッグとしてのトートバッグを利用する事も多々ありましたけど、
何か買い物する時は出かけるときにエコバックは必ず持参するという事は心掛けていく必要はありそうです。





エコバッグは基本的には白や黒の無地が一番無難とも言えそうですし、上記で触れた通り、購入した商品の煮汁や
パックからこぼれたたれや水滴等がエコバックに付着し特に梅雨の時期ですとカビが発生しがちでもありますので、
一週間に一度程度のこまめな洗濯は不可欠と言えそうです。

我が家にもスイートプリキュア・スマイルプリキュア・ハピネスチャージプリキュア・キラキラ☆プリキュアアラモードの
エコバッグはあるのですけど、さすがにプリキュアのエコバッグを持ってスーパー等で買い物していたら、周囲からは
「なにこのヘンな人は・・!?」と見られるのかもしれないので、さすがに派手なデザインの歴代プリキュアのエコバッグは
持っていきにくいですけど、東方キャラのエコバッグは全体としておとなしいデザインで落ち着いた雰囲気を醸し出して
いますので、このくらいならばお買い物に使用しても全然抵抗はないですね~♪
特に後述しますけどアリスのシルエット型エコバッグはむしろおしゃれな雰囲気がありますので、
アリスのシルエット型エコバッグはむしろ積極的に使ってもいいと思います。
(ただ、東方グッズは観賞用にとっておきたいし日常道具として使いたくはないし、アリスを汚してしまうなんて罰当たりとすら
感じてしまいそうです・・)

咲夜さんのエコバッグは全体のトーンが黒で、咲夜さんもかわいくて落ち着いた雰囲気なので、これはお買い物に
使用するにはうってつけといえそうです。


_convert_20200712023040.jpg

霊夢のエコバッグは横顔霊夢ということで、普段とは違うしっとりとした霊夢を感じさせてくれていると思います。

貧乏神社の巫女さんの買い出しにはやはり手作りエコバッグまたは風呂敷がお似合いなのかもしれないです。


_convert_20200712023159.jpg

_convert_20200712023123.jpg


やっぱりアリスはグッズ映えするキャラだと思いますし、
上海人形とセットでのモノログアリスもかわいいですし、シルエットタイプのアリスのエコバッグはとってもおしゃれで
かっこいいと思います!

アリスのような東方屈指の美少女キャラは、後姿とかこうしたシルエットだけでも「ヒロインはお顔が描かれてなくても
美しい凛とした雰囲気が伝わる」という事なのかもしれないですね~♪
私は「東方Project」の世界の中では、本当に八雲紫様=ゆかりんが大好きです!
も――――、「ゆかりん最高!! 紫様、結婚して―――!! ゆかりん愛しているよ!!」と叫びたい気持ちで一杯ですルンッ~♪

ゆかりんはある意味、霊夢と共に幻想郷最大のヒロインのお一人といっても差し支えは無いと思います。
(一般的には東方のダブルヒロインと言うというまでも無くれいまりなのだと思われますが、私の解釈では霊夢と紫様です!)
ゆかりん本人は確かに面倒くさがり屋で寝てばっかりいて冬眠はしてしまうし、何よりもゆゆ様同様に
つかみどころがないキャラでもあり多少胡散くさくはあるのですけど
ゆかりんほど実は幻想郷を愛している人はいないのかな?と感じる事も多々あったりもします。
ゆかりんは、まさに幻想郷最大の強さを誇り、同時に最大の賢者だと言えるのだと思います。
特に、博麗神社を倒壊させてしまったりその歴史を改変させようとした天子ちゃんをボコボコにやっつけて成敗した時の
ゆかりんのあの怒りに満ちた表情は鬼!そのものでしたし、 「博麗神社はわたしのものっ!」と凄まじい迫力で言った際とか
三月精における「ちょっといいかしら・・」のあの威圧感は素晴らしかったです。
ゆかりんというと東方五大老の一人と揶揄される事もあり、よくBBAとか幻想郷のくたばりぞこないと悪口を言われる方も
多々いらっしゃるようですけど、ゆかりんにそうした口を叩くと間違いなくゆかりんからスキマ送りの刑に処せられる等の
お仕置きを食らうと思います。
もちろん、アリス・こいしちゃん・妖夢・早苗さんといったピッチピッチにお若い美少女キャラの魅力も尽きないものがあるとは
思いますが、ゆかりんの魅力は、胡散臭さと妖艶な美しさのすてきな融合にあると思えてならないです。

ゆかりん=八雲紫様は、様々な物事の境界を操る程度の能力で通称スキマ妖怪です!
境界を操る能力によって空間の裂け目に出入りしてどこにでも移動できるため神出鬼没の印象が大変強いです!
この裂け目の中にはたくさんの目や手が見えますけど、これは幻想郷から外の世界を見たイメージとの事です。
性格は胡散臭い感じも確かにあるのですけど、 ゆかりんほど幻想郷を愛している御方はいないと思いますし、
その圧倒的な強さと聡明さ・賢者ぶりは他に類を見ません!
多分ですけど、このゆかりんに匹敵する力をお持ちの方って、永琳とサグメ以外いないのかもしれないですけど、
最近はその永琳とサグメが永遠亭で何やらヒソヒソ・・とよからぬ?密談をしている様子は実はゆかりんも本心では
気がかりでならないのかもしれないですし、ゆかりんが常に永遠亭に限らず幻想郷の至る所にスパイを放っているのも
逆に言うとそれはゆかりんの真に幻想郷の行く末を心配しての幻想郷愛に満ちているための行動といえるのかもしれないです。

ゆかりん=紫様というと、妖艶な成人女性・大人っぽい・ミステリアスな雰囲気というイメージが強いですし、
幻想郷最大の賢者&ヒロインという香りも強いのですけど、
時折見せられる少女らしい雰囲気もあったりして、そんなゆかりんが私は大好きです~♪

私が愛してやまないゆかりんのグッズですけど、 実は私自身、ゆかりんフィギュアはコトブキヤのメーカー正規品を一体
所持しているだけです。
東方公式フィギュアは価格がめちゃくちゃ高いうえに、東方ファンの皆様は一度入手したこの種のグッズを手放すことも
あまりないようで、 艦これ等のフィギュアでたびたび利用させて頂いている中古ホビーショップとかリサイクル店等における
「開箱は一度しているけど商品自体は一度も誰にも触られていない」という新品同様の中古品みたいな販売は
めったにされていませんし、そもそも論として、東方フィギュアは艦これ等に比べるとアマゾン・ヤフオク等で市場に
ほとんど流通していないという事情もあり、入手自体が大変困難を極めているという事情もあったりします。
アマゾンでは、時折こうした商品においては掘り出し物的みたいになぜか価格が安く設定されたものが出る場合も
稀にあったりもしますので、その時こそが千載一遇のチャンスなのかもしれないです。

されでは下記においてゆかりんフィギュアの振り返りをほんの少しばかりさせて頂きたいと思います。


邏ォ縲€2_convert_20160721184207

邏ォ縲€3_convert_20160721184347


こちらはゆかりんのグッドスマイルカンパニー版フィギュアです。

幻想郷最古参の妖怪にして最強妖怪の威厳を1/8スケールで立体化した素晴らしい作品と言えると思います。
原型師のYOSHI氏がイベント販売キットとして制作した原型を、
イラストレーターユニットQP flapperの書き下ろしイラストをベースに再現し、
空間の裂け目であるスキマに腰掛け、こちらをうかがうような艶やかな視線を送る印象的な作品となっています。

胸の谷間の強調! 組んだ脚の色っぽさ!!
ゆかりんにしては比較的珍しいと思われる薄いドレスに露出感のある衣装・・・・

これはゆかりん好きの東方ファンにとっては絶対にゲットしたいフィギュアの一つだと思います。

改めてですけど、このゆかりんフィギュアの概要を記しますと・・・・

商品名: 八雲 紫 (やくも ゆかり)

メーカー : Phat!

カテゴリー : 1/8スケールフィギュア

価格 : 7,429円 +税

発売時期 : 2013/01

仕様 : PVC製塗装済み完成品・1/8スケール・専用台座付属

全高:約200mm

原型制作 : YOSHI(とれぱんぐ)

発売元 : Phat

!販売元 : グッドスマイルカンパニー


邏ォ_convert_20160721184313

邏ォ縲€4_convert_20160721184233


このゆかりんフィギュアは、ゆかりんは腰かけているような感じがするのですけど、それは腰かけてられているのではなくて
空間のスキマからスキマにかけて移動をしている真っ只中という事であります。

「東方三月精」のゆかりんの初登場シーンも、霊夢と魔理沙の会話の中に突然割り込んで来て、
空間のスキマから突如、手が出現し、そこからゆかりんの全身が出没してきた様子はスキマ妖怪」に相応しい感じでした!
あのシーンの際、ゆかりんは同時になぜか2000円札を別の空間から出没させて博麗神社のお賽銭箱に奉納していましたけど、
外界の日本銀行等で未使用として備蓄されている2000円札をスキマ移動させてきたという事なのかもしれないです。

そうしたスキマ妖怪に相応しいポージングだとも思います。

ゆかりんの後姿も妙に色っぽいですね~♪

ちなみにですけど、ゆかりんが被っているあのZUN帽は外す事も可能ですので、
さらさら長髪のゆかりんを拝む事も可能です。


紫様

紫さま


続きまして、T's system.制作によるゆかりんフィギュアです。

宮川武氏はフィギュア原型師なのですけど、その宮川氏の個人ブランドとも言える
フィギュアサークルでは最大手の「T's system.」が制作した東方フィギュアには個性的で素晴らしい作品があったりします。
今のところ、T's system.制作の東方フィギュアは霊夢・魔理沙・アリス・チルノ・文・レミリア様・早苗さん、そしてゆかりんに
留まっていて、限られたキャラしか制作していないのはちょっと勿体無い感じもあります。

宮川氏の「T's system.」の特徴は、お菓子系=美少女=アニメ調」を得意とされていて、
私の感じ方なのかもしれないですけど、どことなくアニメ調というのか、いかにも美少女というのか
お菓子系のちょっとふわふわ美少女フィギュアという印象があり、
とにかく可愛い!という雰囲気だと思います。
また、服のしわを大変丁寧にフィギュアとして再現されていて、芸が細かいなぁ・・と本当に感心させられるばかりです。

宮川氏のコメントによると、
「この作品の完成品がとてつもなくよくできていて、とてもびっくりしました。
自分が塗装したのと区別が付かないレベルでした」との事ですけど、ご本人様自身が大満足の作品という感じだと思います。

「T`s system」の東方フィギュアシリーズは、チルノ・早苗さんが幾分憂いを感じさせ、大人っぽい仕上がりを見せてくれ、
霊夢・魔理沙・文ちゃんが元気溌剌のかわいらしさを見せつけてくれ、
アリス・レミリア様がお人形さんのようにとっても可愛い雰囲気を見せてくれ、それぞれが素敵な雰囲気で
魅了してくれたのですけど、
このゆかりんは、とにかく文句なく可愛い! とにかく可愛い! 「ゆかりんが可愛すぎて生きていくのが辛い・・」を
まるで絵にしたような雰囲気に満ち溢れていると思います!

他のメーカー正規品のゆかりんフィギュアは、どちらかというとスキマ妖怪としての雰囲気を全面に押し出した結果、
「確かに格好いいし、美しき策士ではあるのだけど少し近寄りがたいよね・・」みたいな雰囲気も
決してなくは無かったと思います。
三月精にて、あのポンコツ光の三妖精たちが初めてゆかりんを見た際にガタガタと足が震えていたみたいな
感じなのかもしれません。
「T`s system」におけるゆかりんは、ふんわりとした可愛い雰囲気に溢れていると思います。
お顔全体が幾分ですけど、丸みを帯びていて、その丸みがふんわりとした雰囲気を醸し出しているような
感じもありますね。

いや―――、こんな可愛いゆかりんは、ゲームでも漫画でも他社のフィギュアでもそんなに見たことは無いですので、
ある意味大変貴重だと思います。
ゆかりんって実は「髪のリボン」が本当は可愛いのですね!
だけど、一般的には、「怖い」とか「少し近寄りがたい」みたいな雰囲気も決してなくは無いせいなのか、
リボンの可愛らしさがあんまり伝わっていないような感じもあるのかもしれません。
だけど、このゆかりんの場合、左右に2個づつの合計4個の髪をまとめているリボンがなぜか目立っているようにも
感じられ、しかもこのリボンがとっても可愛らしく感じられるのが実に素敵だと思います!

このシリーズにおいて、レミリア様も少し後ろをひねって作られているせいか、
「腰のくびれ」みたいなものがとっても大人っぽく感じられたのですけど、
こちらのゆかりんも、背中~腰のあたりが少し色っぽくも感じられます。
スカートは紫色のロングスカートなのですけど、お尻のあたりのシワの寄り方がちょっと色っぽくてすてきですね~♪

ゆかりんは「少しおっかない・・」とか威厳とか偉容を感じさせる雰囲気の方がゆかりんらしくて、
いかにも幻想郷の賢者とか知恵袋とかヒロインみたいな「強さ」をイメージさせるものだと思います。

だけど、こうしたふんわりと柔らかく明るい雰囲気のゆかりんを見るのも全然悪くないと思います!

やっぱり、ゆかりんは最高ですね~♪


CIMG0260_convert_20170516150937.jpg


上記で、私自身が所持している唯一のゆかりんフィギュアはコトブキヤのものと記しましたので、そのコトブキヤ版の
ゆかりんフィギュアを最後にレビューしたいと思います。

このコトブキヤのゆかりんフィギュアですけど、東方妖々夢に登場した際のドレス姿で登場されています。
特徴的なドレスはフリルやリボンにいたるまで緻密に造型されているのが素晴らしいです。
足元に展開したスキマに乗り空中を滑るような浮遊感を感じるポーズジングとなっているのがスキマ妖怪に相応しい
ゆかりんそのものだと思います。

このコトブキヤの八雲紫様のフィギュアの商品概要を下記に記させて頂きますと・・・

サイズ : 1/8
高さ  : 約23cm
材料 : ABS/PVC
付属品 : 特製ベース付属
原型師 : ケロリソ(XELFLEX)
制作元 : 株式会社壽屋
販売元 : 大網株式会社


CIMG0272_convert_20170516151317.jpg

CIMG0273_convert_20170516151502.jpg


ほぼ直立したポーズですが、向かって右に流れた髪と、手に持った日傘が後ろに大きくせり出すデザインのため、
横方向へのボリュームはかなりなものがあります!
あのボリューム感は、ゆかりんの式神の藍にちかいようなものもあると思います。
フリルをはためかせ降り立った時のようなポーズは、
フリルたっぷりの服装やピンク主体のカラーリングも相まって華やかそのものだし思いますし、
パッと見でも「美しい」と強く感じる仕上がりとなっていますし、
「ゆかりんはお美しい御方!!」と改めて実感させてくれる素晴らしい仕上がりになっていると思います!!

それにしてもこの自信のあるキリッっとした表情が素敵すぎるゆかりんですね~♪

お顔の表情ですが、憎らしいほどに自信たっぷりの感情が滲み出た口元が特徴的だと思います。
自信たっぷりなんですけど同時にうっすりと笑みも浮かべられていて、とにかく強くて可愛くて素敵すぎます!

左側のお顔も破綻無く凛々しさを存分に出しています。
右側から見るよりは、こちらからのほうが胸元が良く見えるので見栄えがします。
口角が上がられているのは確かに恫喝しているみたいで怖いのですけど、やっぱり可愛いです。

服は紫を基調に赤いリボンや紐でアクセンをつけ、腰にはプロモーション維持のためなのかコルセットを着用
されているのが素晴らしいです!
コルセットでゆかりんの体をキュッ!と絞っている雰囲気がいいですねぇ~♪

傘・日傘を持つ東方キャラというと、レミリア様・風見幽香・多々良小傘も印象的ですけど、
レミリア様の場合、ほとんどは咲夜さんがおぜうさまのために差してあげるという感じですし、
小傘の場合は、唐傘に本体が振り回されているみたいな外見的印象がありますが、
幽香・ゆかりんみたいな本当に強いキャラがこうやって微笑んで日傘を手にするだけでなんか「怖いのかも・・」みたいな
印象を与えるのは、いかにもゆかりんらしい話なのかもしれないですね・・

ゆかりんは日傘から光弾を発する事もありますし、場合によっては日傘で相手をぶん殴ったりもしていますので、
やはりゆかりんと日傘は切っても切り離せないアイテムと言えると思います。





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。
本記事はゆかりんフィギュアですので、今回ご紹介させて頂きます2枚の絵もいうまでもなくゆかりんです。

上記の三次元化されたフィギュアとしてのゆかりんも勿論素晴らしいものがあるのですけど、
いやいやアミグリさんが描かれた二次元作品としての絵のゆかりんも素晴らしいです!

上記のゆかりんはアミグリさんが2012年8月に描かれたまるで乙女そのもののゆかりんです!

このポンコツ管理人の私が書いた文章だけですと、ゆかりん=胡散臭いとか大変な策略家・最強妖怪としての威厳
みたいに感じられる方も多いのかなとも思ったりもします。
そうしたイメージに従えば、アミグリさんが過去に描かれたゆかりんの絵の中にも
大人っぽい感じのゆかりんとかセクシーさを幾分強調したゆかりんといった作品も幾つかあり、
ゆかりんのイメージに従えばむしろそうした絵を転載させて頂いた方がむしろ本来の趣旨に添えるのかな・・とも
感じたのですけど、それだとあまりにもゆかりんが「賢人だけどダーティな御方」みたいなイメージを皆様に残しがちですので、
ここはアミグリさんが描かれたゆかりんの中でも、大人っぽい感じではなくて
少女の恥じらいみたいな可愛らしいイメージも感じさせる絵を掲載させて頂きたいと思い、
こうした少女っぽい雰囲気の可愛いゆかりんのイラストを転載させて頂きました!

とにかく、このゆかりんは可愛いです!! めちゃくちゃ可愛いです!!

このかわいいゆかりんを見た限りでは、怖い・胡散臭い・美しき策略家のゆかりんとはあまり結びつかないのですけど、
威厳溢れるゆかりんも私は大好きですけど、アミグリさんが描かれたひたすら可愛くて少女みたいな面影を残す
ゆかりんも素晴らしいと思いますし、
むしろこういうゆかりんの方がゆかりんらしいのかもしれないです。


yukarin-irochigai-01_convert_20190119160114_convert_20190122191046.png


続きまして、アミグリさんが2019年1月に描かれたゆかりんです。

このゆかりんは「なんだか美味しいもの食べている~♪おいしそうだし私も、それ食べてみたいな~♪」というポーズとも
解釈できそうですけど、またまたいつものように悪だくみの一環として(?)
幻想郷内のアホな人里たちの男をたぶらかすために、
「二人だけの秘密を持ちませんか・・?」と誘惑して、神隠しに遭わせてしまったり、はたまた妖怪たちのエサに提供させるなど
上記の解釈で言うと1の「実は本音を隠している」という範疇に含まれるのかもしれないです。

だけどもしもそうしたゆかりんであっても、ゆかりんから「二人だけの秘密を持とう・・」と誘惑されたら、私は例えそれが
100%ワナと分かっていても、ノコノコとゆかりんに付いていきそうですね~(汗・・)

上記のゆかりんの元絵は昨年のハロウィン絵でもあったりしますけど、ハロウィンイラストとの違いとして、
ZUN帽の色の違い・ドレスの色の違い・首元や髪のリボンの色もオレンジから赤に変えられた点や
襟やスカートのフリルの色の違い・ロング手袋の色の違いなどがそうなのですけど、
ハロウィンカラーのゆかりんと比べると清楚な雰囲気が随分と強くなっているようにも感じられます。
ハロウィン仕様の際は、ZUN帽・ロング手袋・フリル等が全体的に黒系統であったのを、上記のゆかりんにおいては
いつもの白に戻されていましたので、その事が清楚という印象を強く感じさせているのだと思われます。
やはり白色と言うものは清楚で純潔なイメージが大きいと言えるのかもしれないです。
ゆかりんが手~腕にまとっているロング手袋は、白という事もあり、
ウェディング・グローブにも見えたりして、その辺りも清楚・純潔という雰囲気が宿っている要因なのかもしれないです。
そしてその清楚さを武器にして実はゆかりんが本音を隠したうえで、色々と悪だくみをされていると解釈できる
アミグリさんのすてきな絵ともいえそうです~♪

上記のアミグリさんがゆかりんの権利は、ゆかりんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいゆかりんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりゆかりんは美しき策略家なのだと思いますね~♪
21世紀生れの若い皆様たちに電話帳とかハローページとかテレフォンカードについて聞いてももしかしたら、
「何それ~!?」みたいな反応をされるのかもしれないですし、これらのワードは既に死語の世界なのかもしれないです。
そしてこれらのワード以上に死語の世界なのは「テレフォンクラブ」(テレクラ)なのかもしれないですし、テレクラを
ご存知の方は立派な昭和育ちといえそうです・・
というかそれ以前にこれだけスマホが各個人に普及すると、固定電話を自宅で契約する意義は薄れつつあると思いますし、
スマホでネット検索・Youtube閲覧・各種手続きと予約や振り込み決済などが出来てしまうと、もしかしたら・・?
PCを所有する必然性も失われつつあるのかもしれないです。
そういえば私自身も情報検索やYoutubeで動画を見る時とかネットで商品購入という際はスマホがほとんどですし、
自宅でPCを使用する時ってこのブログ記事を書く時がほとんどになっているのかもしれないです。
(さすがにスマホで長大なブログ記事を書く事は私にとっては不可能といえそうです・・)
今の若い世代の皆様もさすがに公衆電話は見たことはある人はほとんどだと思いますが、実際に公衆電話を利用されたことが
ある方は現在のスマホ世代の皆様にとっては少数派なのかもしれないです。
多分うっかり携帯やスマホを忘れてきてしまい、誰かに緊急の用事の通話をしなければいけない時に公衆電話を利用する
ぐらいが関の山なのかもしれないです。
(私自身もそうですけど、公衆電話からの着信や非通知からの着信は着信拒否にしている事は結構多いと思いますので、
テレホンカードや電話帳共々「公衆電話」というワード自体近い将来死語の世界入りするのかもしれないです)

そうした意味からも自宅の固定電話の意義と必要性はどんどん低下する一方なのかもしれないですし、
これだけ高齢者を狙った固定電話を利用した特殊詐欺の被害が後を絶たない現実を考慮すると、固定電話は
もしかしたら数十年後ぐらいには消えてしまう可能性もあるのかもしれないです。
ちなみに我が家では、ここ数年間は固定電話の電話料金はほぼ毎月基本料だけで通話料はほぼ0円という事で、
「一か月の電話料金が使用していないのに1800円前後であるならば解約してもいいのかも・・?」と思ってしまいますし、
現在はスマホからの通話とLINE・メールさえあればマジで固定電話は無用の長物と化しているのかもしれないです。

そうした固定電話の使用頻度が各家庭でぐぐっと下がった事を示唆する事がありました。

先日郵送されたNTTからの口座振替の請求書を何気なく開けてみてみたら、そこに書かれてあったのは
二か月分の請求書でした。

「先々月と先月まさかの残高不足で引き落としができなかったの!?」とか
「最近のNTTはNHKや水道料金と同じように二ヶ月に一度の引き落としになったのかな・・?」と感じたのですけど、
請求書の文面をよくよく眺めてみると
「加入電話やフレッツ光等のご利用料金について、2018年11月請求分より、奇数月(1・3・5・7・9・11月)の請求額が5,000円未満(税込)の場合は、翌月の偶数月(2・4・6・8・10・12月)に2ヶ月分をまとめてご請求させていただきます」との事でした。

念のため引き落とし通帳を眺めてみると、確かにある月は固定電話の口座振替は引き落としがされていませんでしたし、
その翌月に二か月分がまとめて引き落としをされていました。
こうした公共料金等の口座振替というものは勿論利用者にとっては手数料はゼロ円なのですけど、実は当該事業者は
金融機関に対して一定の口座振替の手数料は支払っていることが大半です。
NTTとしても「毎月口座振替を行って毎月口座振替手数料を支払うのも無駄なのかも・・?」ということで
経費削減の一つの策としてこうした「引き落とし額が5000円未満の場合は二ヶ月に一度の引き落とし」といった事を
実施したのかもしれないです。

上記で触れた通り、私自身固定電話を使用する事はあまりないですね・・
強いて言うと宅配便の不在通知が入っていた際に再配達のフリーダイヤルを固定電話から利用するときだけと
言っても過言ではないと思います。
(携帯からフリーダイヤルに通話すると通話料が発生するというのもなんだかヘンな話なのかもしれないです・・)
昭和のころに、吹奏楽団のメンバーたちと深夜の愚痴電話や好きな女の子との電話等でひどいときには毎月15000円前後の
固定電話の通話料を支払っていた時代とは隔世の感がありそうです。
もっとも固定電話の通話料がググッと下がった代りに携帯・スマホ代はそれ以上にマシマシなのかもしれないですけどね・・

そして・・上記の口座振替以上に固定電話の使用頻度が低下している事を裏付ける話が今年の初夏の頃に
NTTより発表があり、特に昭和レトロ世代の皆様にある意味強い?衝撃を与えたものでした。

NTTは50音別の電話帳「ハローページ」について、2012年10月以降に発行されるものを最後に廃止することになったと
いうのがその内容なのですけど、その背景として
スマホや携帯電話の普及や個人情報の保護に対する意識の高まりがあるそうです。

廃止されるのは、NTT東日本と西日本が発行する固定電話の50音別の電話帳、「ハローページ」の個人名編と企業名編です。

いずれも2021年10月以降、およそ1年半の間に地域ごとに順次最終版を発行するということです。
ハローページは固定電話の契約者のうち希望する人の名前と電話番号が記載されていて、
ピーク時にはおよそ6500万部発行されていました。
しかし、スマホやインターネットの普及に加え、個人情報の保護に対する意識の高まりもあって掲載や配布を希望する人は
大幅に減り、2020年度の発行部数は119万部にとどまる見通しで、
NTTはこうした利用状況を踏まえてハローページの廃止を決めたということです。

昭和の頃ってほとんどの家庭や企業では電話番号をハローページ・タウンページに掲載していたと思いますけど、
電話番号を掲載すると振り込め詐欺等の特殊詐欺電話のターゲットになりやすい事や電話番号・住所と言った個人情報を
無料ツールに掲載する事自体が現在の世知辛いこのご時世においてはリスクそのものであるという事が
その廃止の大きな要因なのかもしれないです。
私自身、昭和末期に社会人デビューを果たした時に、導入研修の一環として大体一週間程度丸一日ほぼ缶詰状態で
電話帳の中から無作為に選んだ人に一日250~300人ぐらい預金やカードローンのお勧めのセールス電話を
課せられたものですけど、そうした事を今の時代でやったとしたらむしろその会社のイメージダウンになりかねないのかも
しれないですし、最近の企業PRはHP・メール・twitterを利用したものがほとんどである事を考えると
やはり「時代は変わったよね・・」と感じざるを得ないです。
もっとも強引なブラック企業は今現在も平気で電話による強引な勧誘電話のセールスをやっているようですけどね・・

それにしても来年からハローページという馴染み深い電話帳が廃止と言うのも時代の流れですね・・

平成中盤頃まではNTTから毎年無料で各家庭にハローページ・タウンページを無償配布していたのが嘘みたいな話です・・
(電話帳と言うと昭和~平成中盤頃までのテレビのバラエティー等での力自慢特番においては、電話帳を手だけで
ひきちぎる事かできるというのが一つのステイタスにもなっていたような気もしますね・・)

昭和から平成に時代が変わったときに 「何が一番大きく変わった」のかと言うと、いっちば~ん!と言えるのは
各家庭にパソコンが浸透し、 コミュニケーションツールが昭和のころまでの直接対話と固定電話からSNSに
大きく変わったと言う事と、PCを介すれば、どんな事でも簡単にその場で自分で気軽に調べられ、
他人に聞いたり自分で本等で調べなくても ネットで簡単に検索できてすぐに回答がわかってしまうという事なのかも
しれないです。
私が社会人デビューを果たした頃の時代というものは、パソコン・スマートフォンは勿論の事、
携帯電話すら世に出ていない時代でもありました・・
私の印象としては、携帯が普及し始めたのは1995年以降だったような気がします。
1994年頃までは、会社への定時連絡というものは一日一回公衆電話を利用してという感じでしたし、
社内には事務⇔営業の連絡帳ノートというものが常備されていて、その定時連絡の際に顧客から電話が入っていた場合は
その伝言を各営業担当に伝えていたという感じで、今現在のような即時連絡・即時対応というスピードはそれほどは
求められていなかったですし、電話を掛けてきた顧客も「どうせこんな時間に掛けても不在と言うのは分かっている」という
感じでしたし、 場合によってはポケベルを持たされる程度だったと思います。

今にして思うとこの時代は良かったですよね~

一旦朝会社を出てしまうと、顧客やクレーマーやうるさい上司からはとりあえず夕方までは解放されますからね・・
あの頃はまだどこなくのんびりとした「古き良き昭和の香り」みたいな雰囲気も残っていて
営業中に喫茶店で油を売っているとか車の中で爆睡したりとかは
仕事の業績さえちゃんとあげていれば、別に何も言われなかったしギスギスしていた雰囲気は無かったようにも感じられます。
現代は、何かあるとすぐスマホが鳴ったりメールが入るという時代でも既になくて、
LINEで社内共有ツールが廻ってくると、既読にし一言コメントを入れてその場でいちいちそれに反応して応えなくてはいけない
世知辛い雰囲気ですし、 何よりもGPS機能とかで今現在自分がどこにいるのかがすぐ認識されてしまいますから、
とにかくオチオチとサボっていられないというのもどこなく味気ないものがあります・・
当時はバブルの絶頂期という事で、確かに死ぬほど働かされましたけど、
どこかのんびりしていたのは、携帯やメールやLINEが存在していなかったからというのも結構大きいのかもしれないです。
携帯電話が急速に普及していったのは1995年以降だったと思うのですけど、
あの当時の携帯は通話機能だけだったのですが、最初に携帯を持った時は
「なんて便利なツール! 連絡を取るためにいちいち社内に戻ったり公衆電話を探す必要がなくなったのはありがたいね~」と
感じたものですけど、何かあった場合でもそうでもない場合でも、当時在籍していた金融機関の上長から
携帯電話を利用しての現況報告とかを数時間に一回の割合程度で求められる状況を認識するにつれて
「携帯なんて面倒くさい~」と感じていたものでした。
当時感じていた「管理体制の息苦しさ」をLINE等でもっともっと感じるようになる時代が到来するとは、この時代においては
夢にも思わなかったものです・・
ポケベルというと現代では既に死語の世界と化していますけど、
1995~96年にかけて展開されていた広末涼子のポケベルのCMはまさに理想的な美少女!という雰囲気に
溢れていたと思うのですけど、それから数年後にすぐにプッツン化していったのは
「美少女というものは永遠では無いんだね~」と改めて認識させられた人も結構多いのかもしれないです。
1996年辺りから文字も送れるポケベルも登場したのですけど、
そんなポケベルすらもあっという間に凌駕する携帯のメール機能とかカメラ機能とか
はたまた携帯でネットも簡単に出来る時代なんてのは、そこからわずか数年後というものでしたから、
時代の進化というものは目覚ましく速いという事なのだと思います。
そしてそのポケベルすらも既にサービス停止になっていますので、時代と言うのは知らないところで確実に少しずつ
変化していくものなのですね・・




CIMG3953_convert_20200709231203.jpg


上記で固定電話はもちろん公衆電話の利用頻度は下がるばかりという事を記しましたけど、実際街中においては
公衆電話の設置台数は年々減少の一途をたどっています。公衆電話が減るという事は、同時に
テレフォンカードを使用する頻度も激減するという事なのだと思います。
テレフォンカードというと1990年代において例えば上野駅周辺で怪しげな??イラン人等の外国人が不正偽造したテレカを
売り歩いているというイメージもありましたけど、いつのまにか5000円・1万円といった高額テレカが不正防止のために廃止と
なり、その頃に携帯が普及していったという事でいつの間にかそうした怪しげなテレカ売りの外人さんは姿を
消していたものでした。
だけど同時に私達自身も携帯が普及するにつれ、テレフォンカードを購入する事も使用する事も無くなり、
実は私の財布の中にも20年ほど未使用のテレフォンカードがいまだにあったりもします。
そう言えば、昭和末期~平成初期の頃にアイドルがデザインされた企業PR用テレカがマニアの間で人気沸騰となり、
例えば西村知美の日産のテレカが一枚、なんと・・! 50万近いプレミアが発生したというのは当時のバブル感覚そのもの
なのかもしれないです。

そうそう・・ごく最近においてはそうした今ではほとんど利用されなくなったテレフォンカードが人気となっている業界も
ほんの一部であるそうです。
それは何かと言うと生保レディたちの販促グッズとしてあえてテレフォンカードを使用する事もあるそうです。
その理由と言うのは、図書カードやプリペイドカードを販促グッズとして配布するとあっという間に使用されて、使用後は
企業のロゴや宣伝が入ったそのカードを捨てられてしまいがちですけど、テレフォンカードはほとんど使用されずに
財布等にはいったままになるし、何かあった時に思い出して貰えるという宣伝効果もあるそうです。

そう言えば我が家にもどこから入手したかは全然記憶にないですけど、田中麗奈と有森也実という平成の頃の
トップ女優さんたちのテレカが未使用で残っていたりもします。
そしてよく見てみると田中麗奈のテレフォンカードの宣伝企業はフジフイルムの現像用カラーフィルムという事で、
現在ではデジタルカメラすらもあまり売れなくなり、スマホのカメラ機能があればそれで十分じゃん・・という感じになっているのも
時代の変化という事なのだと思います。

なんにせよ、大局的には公衆電話・テレフォンカード・電話帳は社会的役割を終えつつあるといっても過言では
ないのかもしれないですけど、そうなると外界で忘れられたモノが幻想郷に入り込んでくることが多いという
霊夢の博麗神社においては、今後外界の人間達から忘れられつつあるこうしたグッスが入り込んでくることが
増えてくるのかもしれないです。

博麗神社は、幻想郷の東の端にあるとされ、幻想郷と外の世界を隔てている博麗大結界の境目に位置しているとされていて、
厳密には幻想郷内に建っている訳ではありません。
そのために博麗神社には、外界から流れ込んできたと思われる外界のモノや機械等や稀には何かの間違いで
結界を飛び越えて外界の人間が侵入する事もあるようです。

東方の世界観においては、「幻想郷」と幻想郷以外の「外界」は博麗大結界によって完全に遮断され、
外界は科学技術が高度に発展し、「合理性」という考え方に支配され、そこにはもはや神とか妖怪等の超自然現象が
受け入れられる余地が無い世界であるのに対して、
幻想郷というのは、外界と異なり合理的な科学は存在せず、妖術や魔法、神通力などの人外の力が占めている世界であり、
外の世界で消えた物、忘れ去られた物、存在を否定された物が幻想郷では実在するともいえそうです。

外界で新しい技術やツールの出現により人々の意識の中から忘れ去られたものが幻想郷においてひょいと神隠し的に
出没する事はむしろ普通であると言えそうですし、
そうした意味では外界では必要でなくなったもの・・例えば上記で記したような電話帳・公衆電話・テレフォンカードがひょいと
博麗神社に出没する事は大いにありうる話なのかもしれないです。
そしてそうした外界で忘れさせれた道具・ツールを霊夢から有償で?譲り受けた幻想郷の技術屋の河童たちが
外界の技術・ツールを応用して作り上げたものの一つが文ちゃんやはたてが使用しているカメラや携帯なのかも
しれないです。





ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の作品はアミグリさんが2014年 4 月に描かれた霊夢です。

この霊夢はとにかく華があると思います。

霊夢の外見的特徴というと言うまでもなくあの頭の大きな赤いリボンと袖が無く、肩・腋の露出した赤い巫女服なのですけど、
霊夢のあの紅白の巫女服はとっても見栄えがしますし、華やかですし、そしてとってもかわいいですよね~♪
スカート、袖、リボンなどヒラヒラした部分が多いのですけど、ああした白フリルの部分は大変手間がかかっていると思います。
霊夢のあの巫女さん衣装を制作しているのは誰なんだろう・・?と思われる方も多いとは思うのですが、
あれは当然ながら(?)霊夢自身がつくったものでもないですし、
魔理沙やゆかりんがつくったものでもないですし、
そうした裁縫関係が得意そうなアリスでもなくて、実際は森近霖之助に作って貰っているというのも面白い話ですね。
ちなみにですけど、霊夢の巫女さん衣装をコスプレした御方というのは、言うまでもなく華扇なのですけど、
華扇は器用そうだから、あの巫女さん衣装も全部華扇一人でつくったものなのかもしれないですよね~

霊夢のこの紅白の巫女さん衣装ですけど、
「東方地霊殿」においてさとり様は、この霊夢の事を「紅白のめでたき人間」と表現されていましたけど、
あれはなかなか素敵な表現だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢は、まさにこのさとり様の御言葉がよくお似合いと言うのか
紅白の素敵な巫女さんだと思いますね~♪
この華やかな雰囲気がとってもすてきです!
こうした「紅白の対照性」は見た目にも大変インパクトはありますし、 この華やかな雰囲気は眩しすぎる
アミグリワールドそのものだと思います!


hpb-reimu-2016-002_convert_20160608165147.png


続きましてアミグリさんが2016年6月に描かれた霊夢です。

この霊夢は2014年1月に描かれたきらきられいむ同様にキラキラ感が見事に表現されていると思います。

2016年版の霊夢と2014年のきらきられいむとの違いの一つは髪の長さなのかもしれないです。

アミグリさんご自身も
「霊夢といえば、個人的にセミロングというイメージがあるのですが、
このイラストの霊夢は、髪が長めになっています。 髪の長い霊夢も大好きです!!」と掲載時に言われていましたけど、
髪の長さが普段より長めというと、普段よりも女の子らしさを強調しているようにも感じられますし、
その意味ではまさに女の子の魅力を普段以上に発揮した霊夢だとも思えます。
こういうセミロングの霊夢もとっても可愛いと思いますし、大人っぽさがUPしているようにも感じられると思います。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても霊夢の博麗神社には外界から忘れ去られたグッズがたんまり眠っているのかもしれないですけど、
霊夢にしてみれば「なんじゃこれ・・?」というグッズばかりなのかもしれないですね~♪



東方Projectには公式ゲーム作品・公式書籍においては既にたくさんの美少女・すてきなお姉さまたちが登場しているのですが、
その中にあって時折なのですけど、セリフがあるのに名前が無いというちょっとかわいそうなキャラの皆様も
いたりもします。
紅魔館の大量の妖精メイドたち・旧地獄のゾンビ妖精や怨霊たちもいたりもするのですけど、
そうしたモブキャラとは別に、公式ゲームで作品中でボスを担当していたりセリフがあったりするのに気の毒な事に
名前すら付けられていなくて、そうした東方名無しキャラ達はほとんどが東方ファンからの通称とか愛称で呼ばれているのが
実態だったりもします。
そしてそうした通り名や愛称もあくまで正式名称ではありませんので、やはりそうした名無しキャラの皆様にも
「そろそろ名前ぐらいつけてあげて欲しいな~」と思ったりもします。
そうした名無しキャラは具体的には、大妖精・小悪魔・名無しの本読み妖怪(朱鷺子)の3名が該当するものと思われます。

その中にあって大妖精は通称、大ちゃんと呼ばれる事もありますし、二次創作においては同じ妖精同士という事で
チルノと大変仲が良いとか、チルノよりは幾分大人っぽい雰囲気を漂わせている事からチルノのすてきな保護者という
位置付けは既に定着しているといえそうです。
公式的には大妖精とは、東方紅魔郷の2面中ボス及び妖精大戦争の霧の湖中ボス、EXステージ中ボスで登場しますけど、
スペルカードが無いというのはやむを得ないとしてもやっぱり名前ぐらいは付けて上げた気もします。
大妖精は「東方紅魔郷」においては実はさりげなく瞬間移動という咲夜さんもびっくりの凄い能力を有しているのですけど、
実は「春ですよ―」でお馴染みのかわいい春を告げる妖精のリリーホワイトも瞬間移動をやってのけたりしますので、
もしかしたら・・?東方の妖精キャラには瞬間移動が出来る程度の能力が備わっているのかもしれないです。
そして案外やろうと思えば、おバカさんとして名高い妖精・チルノやポンコツ妖精としてもお馴染みの光の三妖精たちも
瞬間移動は意外と簡単にできるのかもしれないです。

チルノと言うと東方花映塚・東方非想天則では自ら最強を名乗っていた事でも知られ言いますし、最近の東方天空璋でも
ゆかりんと同等の力を有していそうな隠岐奈から「覇気がある」「おもしろい妖精」と褒められていたりもしますし、
求聞史紀においては湖の妖精のリーダー格と記されています。
そうした意味ではチルノは単なるおバカな妖精だけとは必ずしも言い切れないのだと思いますが、そうしたおバカで
無鉄砲なチルノを表に陰で色々とフォローしたりサポートしたり、はたまたチルノがやらかした面倒なことの後始末を
嫌な顔一つせずに黙々とこなしているのが大妖精なのかもしれないです。

2015年9月に、東方Projectとしては、初めての公式マガジンとなる「東方外來韋編」が発売されました。
メインは、東方紺珠伝と東方深秘録の特集なのですが、この中に、東方アンソロジー漫画が幾つか収録されていて、
それがどれもとっても面白くて結構印象に残っています。
霊夢が記憶喪失になったり、
うどんげちゃんが輝夜に色々な人との話し相手をさせる事で副収入を得るという目論見をしようとしたけど、
お姫さまで世間の事には疎い輝夜が白蓮さん等多くの東方キャラと話をする事で
「人と人とのコミュニケーションは素晴らしい事ね・・」と気が付くお話とかも素晴らしいのですけど、
特にこのアンソロジー漫画の中では、ナズーリンが大変強く印象に残っています。

このナズーリン絡みの漫画ですけど、要は「わらしべ長者」みたいなお話です。

ゆゆ様の食糧買い出しのため、冥界の白玉楼から里に降りてきた妖夢ですけど、うっかり刀を紛失してしまいます。
その刀をダウジングで発見し、「やったね! 今回は珍しくちゃんとしたお宝ゲット!! これでご主人の毘沙門天や寅丸星から
褒められる」と喜んでいた所、妖夢から「それは私の刀・・返して・・」と懇願され、最初は拒否したものの、
妖夢から「その代わり、先ほど購入した高級肉をあげるから」と言われ、その時にナズーリンがダウジングで使用する
ペンデュラムが反応し、ナズーリンも「これはもしや」と思い、妖夢の刀と肉を交換します、
そしてしばらくすると、今度はうどんげちゃんが登場し、
「先ほど高級肉を買おうとしたが、先客がいて既に売り切れでどうしよう・・・あの肉がないと
師匠の永琳からお叱りを受けてしまう・・」とナズーリンに半べそ状態で、永琳調合の「なんにでも効果があるお薬」と
肉との交換を懇願しました。
最初は、「そんなもの・・」と渋るナズーリンでしたけど、同様にペンデュラムが反応し薬と肉を交換したのでした。
そうこうしていると、そこに現れたのが、そう! あの妖精チルノだっのです!!
この時のチルノは、氷の妖精のくせに、夏場だというのにはしゃぎまわり、熱中症で意識朦朧のヘロヘロ状態・・・
この時、一緒に遊んでいた大妖精の「チルノちゃん、大丈夫・・・??」とオロオロする様子がとっても可愛かったです。
その時、ナズーリンは「ふんっ!別にこんな妖精なんぞ助けたって・・」と素通りしようとしたのですけど、
なぜかこの時も、ペンデュラムが反応し、チルノは妖夢・うどんげちゃんが持っていたようなお宝というのか交換に相応しいものは何も持っていませんでしたけど、ナズーリンは無償で永琳調合のお薬をあげチルノは体力を回復し無事に復活します
この時のチルノの「ありがとう」とか「お前っていい奴だなぁ」とか「今度お前と一緒に遊んでやるよ」という
あの屈託のない笑顔がとっても可愛かったです~♪
横で「チルノちゃん、気を付けないと・・」と叱るそぶりの大妖精もいかにもチルノが可愛くてたまらない保護者
みたいな雰囲気満開のオーラだったのもとっても印象的です。

そうした話からも大妖精と言うのはチルノの姉貴分またはチルノの保護者みたいな立ち位置なのかもしれないですし、
なんとなくてなすけど、メディスン・メランコリーを温かく見守るアリスみたいな感じなのかもしれないです。

ご紹介が遅れました・・

冒頭の大妖精はdream fantasy2
のアミグリさんが2020年7月に描かれた大妖精です。
このとってもかわいくて美しい大妖精は後半に改めてご紹介をさせて頂きたいと思います。
ちなみにですけどアミグリさんが初めて描いた東方キャラは実は霊夢や魔理沙、こいしちゃん、フランちゃんやチルノではなくて
大妖精でもありました。
アミグリさんにとって大妖精とは原点であり思い入れが深いキャラといえそうです。

それでは下記に少しばかりdream fantasy2のアミグリさんが過去に描かれた大妖精の振り返りをさせて頂きたいと思います。


daiyousei_convert_20090604181931.png


jまず初めに大変な初期作品ではありますけど、アミグリさんが2009年6月に描かれたアナログ作品の大妖精を
ご覧頂きたいと思います。

それにしてもこのアナログの大妖精はとってもかわいいですね~♪
ふわっ・・と浮いたようなスカートとか片足をひょいとあげた様子とかサイドテールの髪型とかキュートな感じがたまらないです!
上記で既に触れた通り、大妖精というとあのイタズラ妖精のチルノのお友達兼チルノの先輩妖精としての保護者みたいな
立ち位置のお方でもあるのですけど、イタズラポンコツ妖精のチルノを遠くからそっと見守ってあげるような優しさも
このアナログ作品から感じ取れるような気持ちになってしまいます。
そうした大妖精の優しさみたいな気持ちもアナログ作品ゆえに「手描きとしてのぬくもり・温かさ」があったからこそ
デジタル作品以上に発揮できたと言えるのかもしれないです。

18064075_convert_20110519143139.png

続きまして、アミグリさんが2011年4月に描かれた「大チル」・・大妖精とチルノのカップリング絵です!

「大チル」というのは東方絵師の皆様にとっても一つの鉄板カップリングだと思うのですけど、アミグリさんにとっても
格別の想いが詰まっている組合せと言えるのかもしれないです。

このチルノと大妖精はとってもかわいいですね!

少しデフォルメ化されたイラストでもあるのですけど、チルノと大妖精は共に幻想郷内の可愛いかわいい妖精
ですので、こうやって少し崩された方がゆるい妖精さんらしい感じが漂い、とってもすてきだと思います。

大妖精はチルノの幻想郷内の「素敵な保護者」という雰囲気も漂っていて、
チルノがなにかポンコツなイタズラを仕掛けてそれが大失敗に終わった際も、大妖精だけは
「あらあら・・チルノちゃんはまたやらかしてくれたのね・・くすっ・・」という感じで、チルノのそうした後片付け・後の処理を
一手に引き受け、 チルノを温かく見守っている・・・みたいなイメージもありそうです、

そうした大ちゃんとチルノのすてきな関係性を示唆したのが上記のチルノと大妖精のツーショットと言えるのかもしれないです。


mizdaichann!!_convert_20120809114359.png



続きましてアミグリさんが2012年8月に描かれた水着大ちゃんです。

ちなみにこの水着大ちゃんは、アナログの線画で、塗り方もエアブラシとぼかしで塗られたとの事で、
いつものアミグリさんの塗り方と少し変化を付けられています。

大ちゃんは、どちらかというと妖精・チルノと一緒に真夏でも真冬でも元気に遊びまわっているというイメージがあり、
明るく活発なんだけど、同時にいつもチルノの事を心配しているみたいな「しっかり者のお姉さん」みたいな
印象もあります。
アミグリさんが描かれたこの水着大ちゃんは「いつもチルノを優しく見守っているという大人のお姉さん
という大人っぽさが伝わってくると思いますし、どちらかというとしっとりとした大ちゃんという雰囲気だと思います。

チルノと一緒に楽しく湖で水遊びをしているようでもあり、それをまるで保護者のように優しく見守っているという
雰囲気もあり、大ちゃんのどことなくアンニュイな雰囲気が 夏のだるい午後を演出しているようにも感じられます。

大ちゃんのおへそもとってもキュートだと思います~♪


daicyan-huriru-002_convert_20180629192224_convert_20180702162312.png


続きまして、アミグリさんがご自身のpixiv登録10周年を記念して描かれた2018年6月末に描かれた大妖精です。

それにしてもこの細かいフリルの描き方は圧巻の完成度だと思います!

まるでどこかの国のプリンセスといった美しさすら感じてしまったものでした。

このフリフリいっぱいの大ちゃんを描かれるのは本当に大変だったと思うのですけど、結果的に
pixiv登録10周年というアミグリさん自身のお祝い記事を飾るのにこれほど相応しい作品は無いのではないか・・!?という
見事な作品として完成されていたのは称賛に値するものがあると思います。


2020-daicyan-04_convert_20200701155337_convert_20200703201949.png


本記事のフィナーレを華麗に飾って頂く作品は冒頭の大妖精です!

pixiv登録10周年記念のあの精緻なフリルの大ちゃんの圧倒的な完成度の高さも素晴らしかったですけど、
この大妖精は大ちゃんの妖精としてのかわいらしさがフルに発揮されていて、
見ているだけで「かわいいね~♪」と頭をなでなでしてあげたいとってもキュートな大ちゃんだと思います。

このかわいい衣装は外界のメイド喫茶のユニフォームをイメージさせてくれますし、いいところのお嬢様のご自宅でのくつろいだ私服姿という雰囲気もありそうですけど、そうした外界みたいな衣装と言うのが今回の大ちゃんの普遍的なかわいらしさに繋がっていると思います。
短めスカートのキュートさもスカートの端のかわいいフリルもふわふわ揺れていそうなサイドテールや
サイドテールのリボンと同系色の胸元・袖・スカートのリボンもとってもよくお似合いだと思います。

少しきょとん・・とした表情がまたまたとってもかわいいですし、緑髪・緑眼のちょっと不思議ちゃんみたいな雰囲気が
妖精のキャラにぴったりだと思います!

上記のアミグリさんが描かれた大妖精の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいくて美しい大妖精を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

こうやってアミグリさんの描かれたすてきな大妖精を見てしまうと、ZUN神主様に「そろそろ大ちゃんにも名前ぐらい
付けてあげてくださいね・・」と申しあげたい気持ちになってしまいそうです。

日本人は概して黒目がほとんどだと思いますけど、欧米人は碧眼の方がむしろポピュラーなのかもしれないです。

アニメ・ゲーム作品においては赤眼キャラというのは結構お馴染みといえそうですけど、リアルにおいて赤眼キャラというのは
ほぼ存在しないといえそうです。
現実の人間において、そうした赤眼というのはごく稀にアルビノ(色素欠乏)の症状がある方が毛細血管の透過によって
瞳が赤く見える事も極めて少数事例ながらもあるそうです。
リアルにおいて赤眼というのは「充血」を意味する事が多いと言えそうで、例えば眼をこすりすぎたとか眼に何か異物が
混入した場合とか、はたまた寝不足や極度の疲労によってそうした充血が起きることもあるのかもしれないです。
動物などでは、うさぎの目が赤いのはお馴染みだと思いますが、実は魚にそのものズバリ「アカメ」という種がいる事もあり、
赤眼というのはアニメ・ゲーム作品では比較的お馴染みでも、リアルではうさぎと異物混入等による眼の充血以外は
それほど多くは見かけないという事なのかもしれないです。

赤眼キャラというのが人間のリアル社会ではほとんど見かけないだけに、アニメ・ゲーム等における赤眼キャラというのは
どこか普通でないとか畏敬という印象を与えるのかもしれないですし、
例えば東方の赤眼キャラというとスカーレット姉妹に代表される吸血鬼とか三途の川の船渡しの小野塚小町に
見られるように「ちょっと怖いのかも・・」と感じさせるものはありそうですし、
赤眼のうさぎというと本来はとてもかわいらしいものだとは思うのですけど、東方のうどんげちゃんに代表される
うさぎの妖獣キャラに関しては、傾向として「相手をそうした赤眼で見つめるとその相手が錯乱し気が狂ってしまう」という
かなりやばそうな属性もあるようなので、やはり赤眼キャラというのは、リアルではほとんど見かけない属性という事で
意外と恐ろしい要素の方が強いのかもしれないです。
もっとも例えばアイカツやプリキュアシリーズや艦これ等の赤眼キャラは「かわいいね~♪」という萌え系キャラばかりでも
ありますので、一概に赤眼=畏敬という訳ではないと思います。


7e5dd3a5-s_convert_20191006171818.jpg


こちらは眼にカラーコンタクトをいれるのに失敗して眼にばい菌が入り炎症を起こし、結果的にあこがれの・・?オッドアイに
なってしまったヤマイ・・

上記で触れた通り、リアル社会において目が真っ赤というのは眼が充血しているという事を意味すると思いますが、
その原因は例えば眼に異物がはいったとか眼をこすったとかコンタクトレンズをはめる際のトラブル等が挙げられるのかも
しれないです。
2019年夏アニメに「女子高生の無駄づかい」というとっても面白い作品がありましたけど、「ヤマイ」という回の中で、
ヤマイの片目が異様に充血しオッドアイ化していたシーンが大変印象的でもありました。
ヤマイがどうして眼が充血し眼帯をしているのかというと、ヤマイがオッドアイになりたくて無理やり眼にカラーコンタクトを
はめようとしたものの眼に何かを入れることが怖くてできずに、代わりに眼にばい菌が入ったため炎症を起こしたというのが
真相でした・・

オッドアイでも眼帯でもどちらにしてもヤマイはやっぱり素朴かつ重症な中二病患者ですね・・

妙な包帯・絆創膏・眼帯・ツインテールではなくて素のストレートヘアにすっぴんのお顔でも普通にかわいい娘なのに、
そう感じない所が、中二病というよりもむしろ誰かにかまってほしいちゃん病なのかもしれないですね。

でも私自身も実はヤマイの事を笑えないほど眼が充血しまくった事もあったものでした・・

1996年に山梨から都内に念願の(?)異動が実現できた際に、結構ギリギリまで引継ぎ業務に追われ、
同時に自分の部屋の荷造りをしたりしていて、荷物を一旦新しい住まいに発送した際に、
「あ、いけない!、コンタクト保管ケースとか煮沸器等のコンタクト関連グッズと眼鏡そのものを
引っ越し荷物の中に入れてしまった・・」と気が付いてしまい、
結果的に3日近く、コンタクトレンズをずっと目の中に入れたままにしてしまい、
三日ぶりにコンタクトレンズを外したところ、さすがにひどい充血状態となってしまい、あの時の私の眼は
ほとんどうさぎみたいな赤眼と化していたものでした・・
現在のコンタクトレンズはほぼ全てが使い捨てコンタクトだと思いますが、昭和~平成中盤までのコンタクトは
使い捨てではない2年程度はもつコントクトが主流でもあり、当時は煮沸とかコンタクト保管ケースとか保存液とか
コンタクト洗浄液が必要アイテムでもありましたけど、最近の若い人たちに煮沸と聞いても「なにそれ・・!?」とか
「それって死語の世界じゃん・・」と言われるのがオチなのかもしれないです。

それでは具体的にアニメ・ゲーム作品においてどのような赤眼キャラが存在しているのか思い浮かぶところで
少しばかり列挙してみると・・・

アイカツ! / 星宮いちご

アイドルマスター / 三浦あずさ

アイドルマスターシンデレラガールズ / 神谷奈緒、神崎蘭子、黒埼ちとせ

アズールレーン / 赤城、ヴァンパイア、

Another / 見崎鳴

かぐや様は告らせたい / 四宮かぐや

艦隊これくしょん / 春雨・山城・高雄など

この素晴らしい世界に祝福を! / めぐみん

東方Project / フランドール・スカーレット、レミリア・スカーレット、うどんげちゃん、てゐ、清蘭、輝夜、鈴瑚、ルーミア、
          小悪魔、小野塚小町など多数存在

となりの吸血鬼さん / ソフィー、エリー

ハイスクール・フリート / 宗谷ましろ

這いよれ!ニャル子さん / クー子

緋弾のアリア / 神崎・H・アリア

マギ / モルジアナ

魔法少女まどか☆マギカ / 佐倉杏子

魔法少女リリカルなのは / フェイト・テスタロッサ

ラブライブ! / 矢澤にこ

ラブライブ!サンシャイン!! / 高海千歌

Re:ゼロから始める異世界生活 / ラム

ローゼンメイデン / 水銀燈

やはり全体的には吸血鬼系が印象的ですね~! 東方のスカーレット姉妹に「となりの吸血鬼さん」のソフィーちゃんとエリーや
アズールレーンのヴァンパイアがいかにも吸血鬼らしい赤眼キャラと言えそうです~♪
東方におけるうさぎ系の妖獣系や月の民も印象的です。
「かぐや様は告らせたい」のかぐやも名前の由来はかぐや姫=東方で言う所の輝夜でもありますので、赤眼というのも
妥当なのかもしれないです。

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章では赤眼キャラの魅力も伝わりにくいと思いますので、下記においてdream fantasy2のアミグリさんが描かれた
赤眼キャラの美しい絵を東方をメインにいくつかの作品を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。


kukki-udonge-004_convert_20181016150145_convert_20181023071424.png


そうした訳で、ここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

まずはアミグリさんが2018年10月に描かれ「おやつの時間」とタイトルが付けられたとってもかわいいうどんげちゃんです!

これはとってもかわいいかわいいクッキーうどんげちゃんですね~!

うどんげちゃんが手にしていて籠の中に入っているクッキーはうどんげちゃんの手作りなのかな・・?
クッキーもとてもおいしそうです。
背景のケーキ・ガトーショコラ・クッキーもとってもおいしそうですし、うどんげちゃんのすてきなティータイムが始まりそうですね!

少しきょとんとした表情・少しよれっとしたうさ耳・長髪の美しさ・ミニスカートの可愛らしさといつものブレザー制服など
うどんげちゃんの魅力全開に加えて
背景のお菓子やいつものキラキラ感がすてきに加わり、華やかさも十分すぎるほど表現されていると思います。

アミグリさんが描かれる長髪キャラは、いつみても「美しいなぁ・・」とうっとりさせられるものがありますし、
このうどんげちゃんの流れるような美しい長髪とこのミニスカートの素晴らしさは最高なのだと思います!

私も是非ぜひこのクッキー配りのうどんげちゃんからお菓子を貰いたいです!

目もそれほと赤を強調されていないせいか、マイルドに感じられ、設定みたいにあの赤い眼をじっと見て見ていても
あまり狂気にならないような感じもあり、そこからはアミグリさんの優しさみたいなものも感じたりもします。


seiran-004_convert_20180825163354_convert_20180825201120.png


続きましてアミグリさんが2018年8月に描かれた清蘭です!

東方のウサギというと、うどんげちゃんやてゐが大変印象的ですけど、清蘭もすてきですよね~!
一面ポスと言う事で結果的に霊夢や魔理沙・早苗さんからは比較的簡単にやっつけられてしまいますけど、
うどんげちゃんは元同僚と言う事もあるのですけど、手加減しないで
うどんげちゃんに挑んでいくあの無鉄砲な雰囲気も大変印象的でもありました!
清蘭が手にしている餅をつく杵も見方によっては武器そのものだったと思います。
うどんげちゃんにとっては「私がこの子たち玉兎見捨てて一人幻想郷に逃げて、今やすっかり地上の穢れに染まった」
申し訳ない・・」みたいな気持も多少はあったのかもしれないですけど、
そうした後悔の気持ちよりも「幻想郷、ひいては月の民をみんな救ってあげたい」という気持ちの方が上回って
いたのかもしれないです。
うどんげちゃんの気持ちと言うのは、例えて言うとJKさんの運動部に所属し、インターハイ目指して頑張っていたけど
親の仕事の都合で他県に転校しなくてはならなくなり、他県のとある高校でインターハイ出場が出来るようになった所、
そのインターハイで思いがけず自分が以前いた学校のチームと対戦する事になってしまい、
競技会場でかつての仲間たちと思いがけず試合という形で再会する羽目になってしまったという感覚に近いものが
あるのかもしれないです。

清蘭は設定的には、先発潜入捜査隊とか鉄砲玉とか少し負けず嫌いという感じもあったかとは思うのですけど、
アミグリさんの描かれる清蘭は、
外界のJKさんがうさ耳コスプレをしているようにも感じられる、現代的な明るさとかわいらしさに溢れていると思いますし、
萌え要素が幾分強調された今風のかわいらしさに溢れているのが一つの特徴なのかなと感じたものでした。

全体的なトーンが薄い藍色という事で夏らしさが伝わってきていると思いますし、爽やかで清楚な雰囲気が感じられますね~!
両手を頬に当てているポーズや
うどんげちゃんみたいな赤い眼をしているけど、そこにはうどんげちゃんみたいな「狂気の赤い眼」ではなくて、
むしろ希望に溢れた外界のすてきなJKさんみたいなかわいらしさが全開なのだと思います!
他の東方絵師様ですと、無鉄砲とか
バトル態勢の準備が整っている!みたいなやる気満々みたいに描かれがちな清蘭を
ここまでかわいらしく希望に溢れた表情で描かれているのもアミグリさんとしての立派な個性なのだと思います。
背景のハートマークも全体のキラキラも清蘭のかわいらしさに花を添えていると思います。

清蘭というとおさげの髪型も大変印象的なのですけど、
おさげが一つなのか二つなのかは公式立ち絵でも少しわかりにくいのですけけど、アミグリさんの清蘭は
はっきりとわかるふたつのおさげ髪がとってもかわいいと感じたものです。


tewi-2014-011_convert_20141126153542.png


続きまして同じく東方兎系キャラより、アミグリさんが2014年11月にアミグリさんが描かれたてゐです。

このてゐはとてもかわいいですね~♪

かわいいけどイタズラっ子みたいな雰囲気も漂わせているようにも感じられます。

イタズラっ子のてゐとそれに振り回されるうどんげちゃんを描いた東方公式漫画として「月のイナバと地上の因幡」という
コミック4コマ作品があるのですけど、その中の一つとして
「今日は疲れちゃった」という永琳に対して
うどんげちゃんは「今日はもう早めにお休みください」と優しい言葉をかけているのに、うどんげちゃんの背後にいた
てゐがうどんげちゃんの声色を真似して
「もうお若くはないのですから・・」と呟き、永琳からとてつもなく冷たい視線を浴びていて固まっているうどんげちゃんと
それをほくそ笑んでいるてゐというのもそうしたてゐとイタズラっ子の側面なのかもしれないです。

てゐのうどんげちゃんに対するチクリとかからかいというのは、実はてゐのうどんげちゃんに対する愛情の
裏返しなのかもしれないです。

アミグリさんが描かれたこのてゐはとてつもなくかわいいロリ兎ちゃんだと思います!
ピンクのドレスがてゐにとてもよく似合っていると思いますし、背景のうさぎちゃんがとてもかわいいですし、
妖怪兎と本物のうさぎのすてきなコラボとも言えそうです。
てゐの髪飾りと首飾りがニンジンをあしらっているのもさりげない演出ですけど心憎いと思います。
クセモノらしく(?)クセ毛みたいなウェーブの掛った髪型とふわふわのうさ耳がとてもキュートだと思います。
てゐの能力として「人間を幸福にする程度の能力」がありますけど、アミグリさんが描かれるてゐは、
そうしたてゐらしい幸せをもたらすうさぎちゃんそのものなのかもしれないと感じさせるのに十分だと思います!

てゐはうどんげちゃんや清蘭と異なり月の兎ではなくて日本古来の妖怪兎でもありますので、てゐの赤眼は狂気よりも
やはり「人間を幸せにする」といったロリロリかわいらしさの方の意味合いが強いのかもしれないです。


darkhuransan_convert_20120617125419.png


ここからのキャラは「東方紅魔郷」に登場する赤眼キャラの皆様です。

上記はアミグリさんが2012年6月に描かれたフランちゃんです。

フランちゃんは実は「悪魔の妹」というのが公式の二つ名の一つであり、姉のレミリア・スカーレットと同様に
吸血鬼という種族でもあったりします。
レミリア様が人間を襲ったり人間の血を吸うけど吸い方が下手くそなので服を血まみれにしてしまうという設定は
公式でもちゃんとあったりするのですけど、レミリア様の妹のフランちゃんに関しては、
いかにもそうした吸血鬼らしいエピソードはほとんど出てきません。

フランちゃんはやっぱり畏敬の対象の吸血鬼である事だけは間違いないのですけど、
そうしたフランちゃん=吸血鬼である事を改めて私達に提示してくれた作品がこのフランちゃんであるような気がします。

確かに上記のフランちゃんは、まさに「吸血鬼」です!

見た瞬間に「これまでのかわいい作風のイラストとは明らかに違う!」と感じさせてくれていると思いますし、
かわいいだけのフランちゃんだけではなくて、こうやっていかにも吸血鬼の妹に相応しいフランちゃんをちゃんと描いているのは
アミグリさんの一つのフランちゃん愛なのだと思います。

レミリア様の妹に相応しい「これぞ吸血鬼の妹!」に相応しい一枚だと思います。

全体に少し厚塗りっぽい雰囲気がこの異様感を更に醸し出していると思いますし、
フランちゃんの畏敬を感じさせる恐ろしい赤眼は、可愛いだけじゃない「吸血鬼としての恐怖感」という多様性を
見事に表現されていると思います。
異色だけど逆にそれだけインパクトが強い一枚だと思います。





続きまして、畏敬の対象の吸血鬼としてではなくて、東方のすてきな妹キャラとしてのかわいいフランちゃんです~♪

このフランちゃんはアミグリさんが2016年12月に描かれた作品です。

フランちゃんというと「あどけなさ」・「少し気のふれた幼女」・「壊れた妹」みたいな雰囲気で
描かれる傾向がある中、アミグリさんが描かれたこのフランちゃんには、そうした「気がふれている」とか
「頭が少しおかしい少女」みたいな雰囲気をほとんど感じさせず、
むしろ逆に健康的で明るい少女とか「上品さ」・「大人っぽい雰囲気」が見事に表現されていると思います。
ここには一人の何の穢れも無い素晴らしい美少女がいるのだと思います!

特にこの繊細なフリルとか透明感のある美しい羽の描き方が素晴らしすぎますね~♪

アミグリさんがよく描かれる背景をあえて描かなかったことで
フランちゃんの美しさがより強く強調されているようにも感じられます。

一つ上のフランちゃんの赤い眼は狂気・畏敬の象徴だと思いますが、このかわいい美少女・フランちゃんの赤眼は
穢れなき美少女としてのかわいらしさを最高潮に発揮したものだと思います。


27785942_p0_convert_20170704210556.png


アミグリさんが2012年6月に描かれたルーミアです。

上記のフランちゃんも美少女の極みでしたけど、このルーミアも穢れなき美少女そのものだと思います!

「そこに一人の素敵な美少女が闇の中に佇んでいた・・」みたいなタイトルを勝手に付けたくなってしまいそうな
とにかく美しい作品だと思いますし、このルーミアは幻想郷の夢見る美少女なのだと言えると思います。

.ルーミア自体は大変弱くていつもふわふわと闇の間を浮揚しているイメージがありますので、ルーミアの赤眼は、
吸血鬼や妖怪兎の狂気・畏敬ではなくて、かわいらしさの象徴なのかもしれないです。






ここから下記作品は、東方作品からの作品ではなくて、過去に放映されたアニメ作品からの赤眼キャラです。

続きましてアミグリさんが2013年11月に描かれたマギのモルジアナさんです!

ちなみにこのモルジアナさんは当ブログでの転載は初めてです。

凛々しく少しクールな雰囲気なのですけど、かわいらしさの中にも並外れた脚力と腕力という設定と見た目の雰囲気の
ギャップがすてきに感じられます。
かわいいけど赤眼というのもそうしたギャップの表れなのかもしれないです。

凛々しく少しムスッとした表情も素晴らしいと思います。





続きましてアミグリさんが2013年3月に描かれた「問題児たちが異世界からくるそうですよ?」の黒ウサギです!

この作のは原作はライトノベルでアニメ化もされています。

この作品についてのごく簡単な概要を記させて頂きますと、
逆廻十六夜、久遠飛鳥、春日部耀という自分たちの能力をもてあましていた問題児たちが、箱庭の世界を舞台に
様々な修羅神仏や悪魔に立ち向かう物語と言えると思います。

そしてこの「黒ウサギ」というのは、この作品のメインヒロインで、この問題児達3人を呼び寄せた張本人であり、
月の兎の末裔です。

アミグリさんが描かれたこの黒ウサギは、かわいいと同時に美しいとも感じますし、
不思議な大人のような洗練された色気を感じさせてくれていると思います。
プロポーションの良さも大変ポイントが高いように感じられます。
ウサギですので、当然うさ耳があるのですけど、とっても可愛くてすてきですね~♪

設定の上では、力を使う時や感情が高ぶったりすると髪の色が青色から桜色に変わるとの事なのですけど、
アミグリさんのこのイラストは桜色ですので、
もしかしたら・・? 気持ちが高ぶった際の黒ウサギと言えるのかもしれないですね!

当ブログのウサギさんというと東方のうどんげちゃん・てゐ・清蘭といった妖怪兎が大変印象的ですけど、
こうした異世界の黒ウサギというのもとってもすてきですね~!


harusame-chansu_convert_20150421140937.png


本記事のフィナーレを飾って頂くのは艦これより白露型5番艦の春雨ちゃんです~♪

上記の春雨ちゃんはアミグリさんが2015年4月に描かれた作品です。

春雨ちゃんは初期からいた白露型6人(「白露」「時雨」「村雨」「夕立」「五月雨」「涼風」)に、2014年夏イベント
「AL/MI作戦」から先行実装という形で新たに加わった、白露型姉妹の五女という事になります。

春雨ちゃんは時雨・村雨といった上の4人のお姉さまたちから比べると少し雰囲気が幼いというのが特徴でもあり、
そのいかにも愛すべき妹みたいなロリ可愛らしさが人気なのだと思いますし、
私も春雨ちゃんのそうした妹みたいな可愛らしさは大好きです。

春雨ちゃんの外見的特徴として、
ピンク髪を左側頭部で黒紐にて片括りにし赤眼というのがまず挙げられると思います。
サイドテールは毛先の方に水色のグラデーションがかかっています。
服装や艤装は白露型に共通の黒のセーラー服ですけど、セーラー服は、こうした妹タイプには
より一層しっくりくる雰囲気がありますね~♪
春雨ちゃんの特徴は、お姉さまたちとは異なり頭に白いベレー帽を被っている事があるのかな・・?

それにしても春雨ちゃんのロリ可愛らしさは本当に素敵ですね!

五女設定という事でもありますけど「こんな可愛い妹だったら今すぐ妹にしちゃいたい!」みたいな雰囲気を
持っている娘だと思います。
春雨ちゃんは五月雨ちゃん・涼風などの妹もいますので、実際はお姉さんキャラでもあるのですけど、
末っ子みたいな感じすらもあるとてもかわいい艦娘だと思います!

アミグリさんが描かれた春雨ちゃんは、文字通り「春」に相応しい雰囲気が漂っていて
見るだけでなんかハッピーな気分にさせてくれそうな素敵な一枚だと思います。
お姉さまたちよりも赤いお目目がいくぶん強調されているのも素敵ですし、この黒のセーラー服も
とてもよくお似合いだと思います。
揺れるサイドテールも素晴らしすぎますし、今すぐ妹にしちゃいたい可愛らしさに溢れていると思います。

アミグリさんが描かれたこの春雨ちゃんは、可愛い妹オーラに溢れた素晴らしいイラストだと思います!!

上記のアミグリさんが描かれた赤眼キャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい赤眼娘を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

金髪碧眼娘や黒髪ロングの黒目という大和撫子もすてきですけど、赤眼キャラ達の皆様の個性も際立っていると思いますし、
それを絵として見事に描かれているアミグリさんの絵も最高に素晴らしいと思います!
魂魄妖夢は東方Projectに登場するショートカットが特徴的な人間と幽霊のハーフのキャラクターで、
楼観剣と白楼剣の二振りを操る剣士であり、白玉楼のご主人であるゆゆ様にお仕えする護衛兼庭師というのが
基本設定ではありますが、剣の腕はまだまだ未熟という事で、実際にはゆゆ様を御守りするどころか何かあった際には
ゆゆ様から守られているという感じでもあり、周囲からは格好のツッコミ相手であり東方屈指のいじられキャラであり、
本人がかなり生真面目なのにどちらかというと空回りばかりで報われることは無いという感じのキャラです。
東方においては、どちらかというとうどんげちゃん・咲夜さんと似たような苦労人キャラとしても知られていますので、
2020年の東方人気投票の人妖部門において、あの霊夢と魔理沙やこいしちゃんを抑えての初一位は、
妖夢のこれまでの苦労が一気に報われた結果と言えるのかもしれないです。

妖夢は銀髪ショートのおかっぱという見た目のかわいらしさもあり、普段の健気さもあり、ここ数年の東方人気投票では
着実に順位を上げてきていましたけど、今年・・2020年はなんとあの東方の絶対的エースの霊夢からも撃破し、
念願の人気投票一位を獲得し、ここに2015年のこいしちゃん以来久しぶりの妖怪系キャラが人気投票の1位になった
という事で大変大きな話題にもなっていました。




_convert_20200701202807.jpg


妖夢と言うと見た目の特徴は二本の剣を常に背中に背負っている事と銀髪ショートなのですけど、そうした妖夢に対して
銀髪ではなくて比較的濃い青色の髪にデザインし、更に普段はモスグリーンの衣装を身に纏っている妖夢に対して
黒と白のコントラストを強調したブラックカラーVerのデザインを施したベルファインの妖夢フィギュアが本年度1月に
発売が開始されています。

この妖夢のブラックカラーは2018年にベルファインから発売されていた妖夢フィギュアと基本的造型は全く同じなものの、
今回は黒と白の衣装にモデルチェンジを施し、髪もいつもの銀髪ではなくて濃い藍色系の青髪に変更した事により、
2018年の妖夢よりは少しばかり凛々しく大人っぽくなったような印象をもたらしてくれていると思います。

上記のブラックカラーver妖夢の商品概要は下記のとおりです。

•仕様:PVC塗装済み完成品フィギュア
•スケール:ノンスケール
•サイズ:全高約200mm
•原型制作:栢凪/彩色製作:Aizer
•価格:16,280円(税込)
•発売時期:2020年1月

妖夢のスカートがふわっ・・と浮いた感じや妖夢の太ももの眩しさや
今この瞬間にも相手を問答無用でたたっ斬る!といった間合いの迫力を感じてしまいます。
妖夢のこれまでのイメージは、かわいくて少しあどけない女の子が物騒極まりない剣を二つもぶんぶんと振り回しているという
そのギャップがとても魅力的というものでしたけど、
このベルファインの妖夢からは、ギャップではなくて、美少女剣士が真剣な気持ちで相手に真摯な気持ちで挑んできている
という真剣勝負としての妖夢を見事に表現していると思います。

この妖夢の眼差しは「隙あらば本当にたたっ斬る!」といった気迫が十分すぎるほど伝わっていると思います。

そして元のモスグリーン衣装に銀髪に対して黒と白のコントラスト衣装に濃い青髪という仕様にチェンジしたことで、
少し大人っぽい凛々しくていつもよりは知的な??妖夢を演出しているようにも感じられます。
やっぱりキャラとカラーチェンジのインパクト効果は絶大なものがありそうです。


繧医≧繧€figure-_convert_20190226123455


参考までに・・上記のブラックカラー妖夢の元のデザインのベルファイン妖夢フィギュアの商品概要は下記の通りです。

【発売日】 : 2019年3月31日予定
【仕様】 : PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア
【素材】 : PVC、ABS
【スケール】 : NONスケール
【サイズ】 : 全高 約20cm
【原型製作】 : 「栢凪」
【彩色製作】 : 「Aizer」
【ブランド】 : 「ベルファイン(Bell Fine)」
【価格】 : 15,984円(税込)

【セット内容】
◾『魂魄妖夢』フィギュア本体 ◾専用台座

従来の妖夢よりは目がかなり釣り目であり、この目の雰囲気からは従来のへたれ・お化けに弱い・振り回されキャラという
印象はあまり感じられず、どちらかというと強気で積極果敢でかなり大人っぽくなった妖夢という雰囲気も漂わせているように
感じられます。
この妖夢は既に少女の頃を過ぎて、大人の妖夢に近づいたという事で妖夢の成長みたいなものを感じさせてくれていると
思います。

そして改めて2018年ベルファイン妖夢と2020年ベルファイン妖夢を比較してみると、黒白衣装のコントラストと青髪効果により
2018年ベルファイン妖夢よりも更にクールさと大人っぽさが全体的にUPしたといえそうです。

上記はベルファインの妖夢フィギュアという全く同じ素材を用いながらも全体のカラーリングと髪の色のチェンジという事で、
かなりの見た目の雰囲気の変化を感じさせてくれましたけど、妖夢と言うと銀髪というイメージが大変強かっただけに
この青髪妖夢はかなり斬新でもありました。
リアルにおいては、金髪・茶髪・銀髪・紫髪はよく見かけますけど、青髪は意外と珍しいのかもしれないです。
というか、それ以前に地毛が青の人は存在しないため、たまに見かける青髪というのは基本的に染毛またはかつらです。
そしてアニメ・ゲーム等の二次元作品においては、青髪キャラと言うと、架空のキャラクターの髪色として多く使われ、
特にファンタジー作品に多いような印象もあります。
寒色系の青は落ち着いた印象を与えることもあって、青髪は赤髪や金髪と比べて理知的、温和、優等生といったイメージを
持たれており、そのようなキャラに使用される事が多いです。
そしてそうした事が典型的にキャラとして反映されているのは歴代プリキュアであり、
例えば歴代で知的な参謀役というとかれん・れいか・六花・ さあや、そして現役のちゆを思い浮かびますけど、いずれも
例外なく青が見キャラです。
反面、青髪キャラは物事を深刻に受け止めてしまうったり、思い悩む性格付けというのも多々見られ、
そのせいか「青髪のヒロインは不遇で幸が薄い」とも言われたりもする傾向にあるようです。
ただ、上記の妖夢に関しては、元々がのんきな性格という事もあり、妖夢に関しては深刻に思い悩むという事はそれほど
ないのかもしれないですね・・・

さてさて、それでは具体的にアニメ・ゲーム作品においてどんな青髪キャラがいたでしょうか・・?
思い浮かぶところで列挙してみると・・

アイカツ / 霧矢あおい 風沢そら 如月ツバサ

アイドルマスター / 三浦あずさ 如月千早 水谷絵理 のぞみ

アイドルマスターシンデレラガールズ / 佐城雪美 浅利七海 岡崎泰葉 和久井留美 速水奏

プリキュアシリーズ→要は青キュアはほぼ全て青髪キャラです・・
(かれん・美希・えりか・エレン・六花・ヒメ・さあや・ちゆ・ララちゃん・ユニなど)

艦隊これくしょん / 五十鈴 五月雨 大潮 伊19 浦風 水無月 福江

東方Project / にとり ドレミースイート 天子 わかさぎ姫 多々良小傘 青娥 依神紫苑

ときめきメモリアル / 紐緒結奈 虹野沙希 蒼樹千晴

この素晴らしい世界に祝福を! / アクア

らき☆すた / 泉かなた・泉こなた

ファンタジスタドール/ カティア

神無月の巫女 / 姫宮千歌音

侵略! イカ娘 / 相沢千鶴

とらドラ! / 川嶋亜美

Re:ゼロから始める異世界生活 / レム

絶対防衛レヴィアタン / レヴィアタン

ラブライブ!サンシャイン!! / 松浦果南

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章では前髪ぱっつんキャラの魅力も伝わりにくいと思いますので、
ここから下記においてdream fantasy2のアミグリさんが描かれた青髪キャラの美しい絵を東方をメインにいくつかの作品を転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。


sun-set-nyannyannynayhayay_convert_20140822163432.png


そうした訳で、ここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

上記のすてきな水着のお姉さまは、アミグリさんが2014年8月に描かれた青娥です!

アミグリさんの描かれる青娥はとても気品がある天女のように感じられます。
水着という事でなんとなくですけど少し照れている様な雰囲気も感じられる青娥がとても可愛いと思いますし、
とてもじゃないけど1400年近くも生きていたとは思えないほどの若々しさと可愛らしさが伝わってきていると思いますし、
何よりも青娥が元・人妻設定であったとは到底思えないほどの若々しさと瑞々しさが
アミグリさんが描かれたこの水着青娥からは伝わってきていると思います。
人妻さんの成熟したお色気というよりは、まるで少女の恥じらいみたいな初々しさが自然に上品に描かれているように
私には感じられます。
天女の舞を彷彿とさせる雰囲気もあるのですけど、
水着と髪という青色の要素対夕陽という赤い要素の色のコントラストが大変見事だと思いますし、
どちらかというと夏の終わりを示唆するみたいなとっても爽やかなイラストだとも思います。
青娥の頬を赤らめている様子と背景の夕陽の一体感という構図が実に素晴らしいと思いますし、
よく考えられた美しい絵画だとも思います。


doremi-002_convert_20180902150422_convert_20180903194412.png


続きましてアミグリさんが2018年9月に描かれたドレミー・スイートです。

サンタ帽もボンボンが付いた白黒のワンピースもいつものキラキラ仕様と見事にマッチしていて、
すてきな夢の世界のお姉さんという雰囲気が漂っていると思います。
さり気なく描かれているバクの尻尾らしきものもとてもかわいいと思います。
ドレミーというと飄々とした感じとかドヤ顔みたいに描かれがちでもあるのですけど、
アミグリさんの描かれるこのドレミーからは「夢の世界へようこそ!」とか
「これから私と一緒にすてきな夢の世界へ旅立ちましょう!」と言っているような優しさが伝わっていると思いますし、
東方憑依華で見せてくれたドレミーの優しさや生真面目さと他者への気遣いみたいな要素が
この絵からも伝わっていると思います。
そうしたドレミーの知性と他者への気配りに一役買っているのがドレミーの帽子からちらっと見えている濃い目の青髪と
いえそうです。
同じ濃い青髪といっても妖夢は少しやんちゃな二刀流剣士という印象なのに対して、ドレミーは知的な夢の管理人という
印象があり、そうした意味では対照的な二人でもありそうですけど、本来の青というカラーリングから考えて妥当なのは
やはりドレミー・スイートといえそうです。

ドレミーのこの笑顔にたまらなく癒されそうです!

こうしたとってもかわいいドレミーを見てしまうと、羊符「ナイトメア・オブ・キメラ」とか
悪夢の管理人というドレミーの少しばかりダーティーな雰囲気ではなくて、
「これから私と一緒に楽しい夢を見ましょう!」とにっこりとほほ笑むとてもすてきなドレミーの方を感じてしまいそうです!
「夢」というものは、悪夢ではなくて、昼間のつらくて大変な現実を忘れさせてくれる楽しい幻想の方が
私は大好きですね~!
そしてアミグリさんの描かれるドレミーというのは、アミグリさんのブログタイトルでもある「dream fantasy」の夢と美しい儚さ
そのものと言えるのだと思います!


rktnk_convert_20130824112001.png


上記のすてきな美少女はアミグリさんが2013年8月に描かれた東方の天子ちゃんです。

2012年10月に描かれた天子ちゃんと比較してみると、色彩感が少し濃くなったというのか色彩のメリハリが一段と
強調されているようにも感じられ、全体的には、「色彩くっきり感」がより強く表現されているようにも感じられます。
それを具体的に強く感じさせる箇所は髪の毛なのかもしれないです!
髪の濃淡の変化は2012年と13年を比べると一目瞭然なのかもしれないです!
2012年の方は可愛くて無邪気な感じを演出し、この2013年の方はかわいらしさにプラスして
「憂い」の雰囲気が出ているようにも感じられたりもします。
天子ちゃんも東方緋想天においてゆかりんからフルボコにされて痛い目に遭った事で
「世の中は必ずしも自分の思い通りにいくとは限らない」という事を学習されて
少しは「人の痛み」というものを分かってきた・・みたいな天子ちゃんの心の変化を示唆した作品とも言えるのかも
しれないです。

そうした憂いとか学習効果を示唆した青髪の濃い感じへの変化ともいえそうです。

「お前達を倒したら、天界を滅ぼし、地上を滅ぼし、人類を滅ぼし、地をならし、美しい四季を作り、新しい生命を造り、
悲しむ事のない心を創り、貧する事のない社会を作り、この世界全てを創り直してやろう!」と
天子ちゃんは東方憑依華で語りかけます。

ここから垣間見える天子ちゃんの本音というのは、簡単に言うと
1.天界・地上・天人・人間たちを一旦全て滅ぼす
2.新しい生命を創造する
3.新しい世界を一から構築し、そこには貧しさも生きる上での悲しみや不公平も無い理想の社会を作れるはず!
というものであり、天子ちゃんは普段はストレスや自己承認欲求に悩まされているはずなのに、
こうした悩みや恨みつらみが積もり積もっている状況下にあっても、天子ちゃんの心の深層は案外美しいものであり、
天子としての理想を追い求めていたという事になるのだと思いますし、
ここで私たちは天子の「別の面」を見たという事になるのだと思います。
私も人の事は全く言えないですけど、天子の事を単にわがままな不良娘と考えていた皆様は、今すぐに天子に関する
認識を変えた方が宜しいのかもしれないです。

それだけインパクトのある天子ちゃんの意外すぎる美しい言葉でした!

天子ちゃんは東方憑依華の異変に参加した頃の感情と言うのはもしかしたら自暴自棄というかやけくそみたいな面は
あったのかもしれないです。
誰からも認めて貰えないというストレスを心に内在したまま、なりゆきの自暴自棄のままこの異変に身を任せたのですけど、
そうした天子ちゃんの夢の世界での本音と言うものは、
「美しい四季」「悲しむ事のない心」「貧する事のない社会」という事で、天子ちゃんの意外すぎるその美しさ・純粋さに
驚きを通り越して感動すら感じてしまいます。
天界で天人たちから散々馬鹿にされ認められず悲しい思いをしてきたであろう天子ちゃんが
「悲しむ事の無い心を創る」という事をテーマに挙げている事こそが天子ちゃんが実は内在している「心の美しさ」を
立派に物語っているのだと思います。

そこから見ると天子ちゃんの青髪というものは知的さ・不遇さを示唆しているのかもしれないです。





本記事のフィナーレを飾るのはアミグリさんが2013年10月に描かれたファンタジスタドールのカティアちゃんです。

カティアちゃんのちびっこい雰囲気とか青の髪型・衣装がとてもかわいいです!
カティアちゃんは設定の上ではお菓子大好きドールなんですけど、お菓子そのもののかわいらしさに溢れていると思います!
ウィンクもとってもキュートな雰囲気に溢れていると思いますし、妹オーラに溢れていると思います。
袖口にもこもこのついた水色のワンピースがとてもよくお似合いですね~!
うずめの契約した5人のドールの中では一番年下のロリ枠ともいえそうですけど、アミグリさんの描かれたこのカティアちゃんは
ロリロリ感そのものだと思いますし、ごちうさのチノ同様、「今すぐ妹にしたいキャラ」そのものだと思います!

アミグリさん自身も「カティアちゃんらしいカティアちゃんを描けた!」と大変お気に入りの一枚です。

このカティアちゃんは青髪娘のかわいらしさとキュートさが最大限発揮された素晴らしい絵だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた青髪キャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい青髪キャラを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

妖夢というと咲夜さんと並んで東方を代表するすてきな東方銀髪娘ですけど、こうやって眺めてみると青髪妖夢と言うのも
悪くはないのかもしれないですね~♪
美少女の皆様のロング金髪碧眼・黒髪ロング・ショートヘア・ポニーテール・ツインテールなどもとてもかわいくて
すてきですけど、前髪ぱっつんの女の子の髪型にも魅かれるものが多々あると思います!
前髪ぱっつんとは、前髪の部分を水平に一直線、もしくはそれに近い緩いアーチ状に切り揃えた状態を指す俗称なのですけど、
一般的にはなんとなくですけど、黒髪ロングとか金髪ショート等に比べると子供っぽいとか幼いという印象も与え方なのかも
しれないです。
前髪ぱっつんではないけど、ぱっつん要素を含んだ髪型として挙げられるのはおかっぱと姫カットといえそうです。

前髪ぱっつんには実は色々と細かい分類もあるようです。一例を挙げてみると・・

〇ぴっちりぱっつん(ぱっつん度:強)

前髪の部分に隙間が無い、もしくはほんの少ししか隙間が無く地肌が見えないほど前髪がぴっちりしている状態

〇ゆるぱっつん(ぱっつん度:中~強)

毛先は全て揃っているが前髪のところどころに隙間があり、地肌の部分が確認できる状態

〇片側ぱっつん(ぱっつん度:中)

前髪の左右どちらかを横に流し、ぱっつんが途中で途切れている状態。ぱっつんでありながら、
凸成分も含まれたスタイリッシュなぱっつん

〇センターぱっつん(ぱっつん度:弱)

顔の中心部分の前髪のみぱっつんであり、両サイドは横に流されている状態

〇中空きぱっつん(ぱっつん度:弱~中)

センターぱっつんとは逆にサイド部分がぱっつんで、中心部分に隙間を持った状態

〇斜めぱっつん(ぱっつん度:中)

前髪を水平ではなく、どちらかのサイドから斜めに向かってまっすぐ切り込んだ髪型

〇アーチぱっつん(ぱっつん度:中)

前髪をゆるいアーチ状に切り揃えた状態

それでは具体的にアニメ・ゲーム作品においてどのような前髪ぱっつんキャラが存在しているのか思い浮かぶところで
少しばかり列挙してみると・・・

アイカツ! / 藤堂ユリカ

THE IDOLM@STER / 秋月律子 天海春香 音無小鳥 四条貴音 高槻かすみ 高槻やよい

アイドルマスターシンデレラガールズ / 浅利七海 五十嵐響子 池袋晶葉 .市原仁奈 氏家むつみ 大西由里子 岡崎泰葉
緒方智絵里 神谷奈緒 喜多見柚 黒川千秋 佐城雪美 丹羽仁美 浜口あやめ 水野翠 横山千佳 若林智香など

浦和の調ちゃん / 上木崎常盤

スマイルプリキュア / 青木れいか=キュアビューティ

うる星やつら / 三宅しのぶ

艦隊これくしょん / 北上 初風 初雪 妙高 .叢雲

かんなぎ / ざんげちゃん ナギ

継 つぐもも / 桐葉

きんいろモザイク / 大宮忍

ご注文はうさぎですか?? / 宇治松千夜

女子校生の無駄づかい / マジョ  

東方Project / スターサファイア 輝夜 鍵山雛 パチュリーさん 萃香 お燐ちゃん 妖夢

戦姫絶唱シンフォギア / 寺島詩織 月読調

絶対防衛レヴィアタン / シロップ

氷菓 / 千反田える

夏のあらし! / 嵐山小夜子

物語シリーズ / 千石撫子

ラブライブ! / 南ことり

マリア様がみてる / 久保栞 島津由乃 二条乃梨子

※プリキュアシリーズとしては、四葉ありす 十六夜リコ 天の川きららも該当すると思います。

こうして見てみるとアイドルマスター関連のキャラにそうした前髪ぱっつんが多いというのも意外でしたし、
どちらかというと大人っぽい美少女キャラというよりは少し幼い雰囲気や少女の面影を色濃く残すキャラにこうした
前髪ぱっつんが多いといえるのかもしれないです。

前髪ぱっつんがかわいいとかすてき~♪と純粋に感じられるるのは女の子限定なのだと思います。
というか・・男が前髪ぱっつんしても「気色悪い・・」という雰囲気になりがちなのかもしれないです。
だけど振り返ってみると、私自身が中学生だった頃の厳しい校則では、基本的には男の子も女の子も前髪はきちんと
切り揃えておくというのが絶対的なルールだったような気もします。
私自身が中学生の頃って、当時は校内暴力が社会問題になる程学校が荒れている・・という世相でもあったと思いますし、
当時放映されていた「3年B組 金八先生」においてもそうした校内暴力が一つのメインテーマになっていたほどでした・・
そうした荒れる学校が全国的な風潮でもあった時代としては、中学校の校則が大変細かく厳しかったというのは
ある意味やむを得ない事だったのかもしれないですね。
それにしても当時の校則は今にしてみると結構無茶苦茶な側面もあったりして、例えば、女子生徒に関しては
「靴下は白のスクールソックスのみ」・「運動靴は白」・「髪は肩につく長さまで」・ 「前髪はきちんと揃える」・
「髪は一つに結ぶ事は可とするが、おさげ・ポニーテールは禁止」・
「スカートの丈の長さはひざ下5~10㎝までとし、ミニスカートやロングスカートは厳禁」といった煩い校則も
あったと思います。
アニメ作品でもリアル社会でも、とにかく大の「ポニーテール好き」の私にとっては、「ポニーテール禁止の校則」は
今にして思うと信じられませんし、初代プリキュアのなざきに私の気持ちを代弁して頂くと
「ありえなーーい!!」という感じになりそうですね。

校則でお年頃の女の子・男の子を拘束させる事自体はある意味やむを得ない側面はあるのかもしれないですけど、
振り返ってみると、私の中学校も当時は、とにかく校則ばかり煩く言われ、
例えば、髪型一つとっても、上記のポニーテール禁止等以外においても
「男子は、五分刈り・または短髪が望ましい、間違っても耳に掛かるような長髪は厳禁とする」とか
「女子は、髪が肩を超えてはいけない、おかっぱかショートカットを推奨するし、少なくとも前髪はきちんと切り揃えておく」
みたいに規定されていて、下駄箱の前とか職員室前の廊下とか購買部の前に「髪型の模範事例」みたいな写真が
掲示されていて、そうした髪型を遵守していないと結構煩く言われていたものでした。
対照的に、私が在籍していた県立男子高校は、校則フリーというか全く無いに等しい状態で、制服も髪型も全て自由で、
そのあまりの落差に当時は驚いていたものでした!
ちなみに私の出身高校は、校則はほぼ皆無で制服も無ければ髪型も全て自由という感じでしたし、
髪の色を金髪や赤髪にしても教師からも何も文句も言われないという校風でしたし、何よりも授業の開始や終了の
チャイムすらも存在しないという自由な雰囲気の男子校でした~!
だけど、学年終了時に結果的に一科目でも赤点科目が存在し、追試で所定の点数を取らないと例え一点足りなくても
問答無用で即留年という厳しさはありました。
(毎年、5~8人程度の留年者を出すという高校では珍しい学校だったと思います)

今現在ですと、そんな事したら冗談抜きにPTAとかモンスターペアレント等から間違いなくクレームが入ると
思われるのですけど、当時はそうした髪型で校則違反が見つかった場合は、
体育教徒とか生活指導の教師から、問答無用でその場で、鋏を手にした教師によって女子生徒も男子生徒も
髪の毛をジョキジョキと切られ、酷い場合ですとバリカンみたいなものでかなり刈り上げ、
女の子の場合、サザエさんの「ワカメちゃん」みたいな髪型とか、男だったら、ほぼ丸坊主状態にさせられるか
はたまた上記で記したような前髪ぱっつんみたいな状態にまでジョキジョキと勝手に切り落とされてしまい、
やられた方はぼ泣き寝入り状態でしたね・・
当時は、全体的な風潮として校内暴力が頻発し、番長・スケ番が本当に牛耳っている「昭和レトロの学校の雰囲気」みたいな
ものもあったりしていましたし、
今現在のような生徒の人権みたいな事はあまり意識されない、ある意味平和な時代だったのかもしれないですね~
当時、私が在籍していた中学の吹奏楽部も、顧問の指揮者の先生は、合奏中に指揮棒とか小太鼓のスティックで
奏者の頭をぶん殴るなんて日常茶飯事でしたし、
とにかく毎日のように「ピッチが合わないからお前ら全員死ね!!」みたいな罵詈雑言言われまくっていましたからね・・
当時はそういう時代だったのでしょうね・・
上記のような体育教師による校則違反者の髪の毛ジョキジョキ切りは、その体育教師の体育の授業中とか、
毎週月曜朝の全校朝礼終了時の、生徒が一列になって校庭から校舎に引き上げる際に、髪型違反者を発見し、
その場で髪の毛をジョキジョキ切られるパターンが多かったですね。
だけど、そうした乱暴な事を今現在たとえ校則違反でも教師がやらかしてしまったら、各保護者から
PTA・校長・教育委員会等への「チクリ」が入ってしまい、逆に教師から生徒への謝罪を強要させられてしまいそうでよね。
そういう意味では、時代は変わったと言えるのかもしれないです。
そういえば、昭和の頃の伝説の吹奏楽部の一つとも言える得津武史先生が指導されていた頃の今津中学校吹奏楽部は、
ペナルティーとして生徒の髪型をトラ狩り・インディアン型に切るとか丸や三角を残してあとは全て切り落とす等
いろいろやっていた伝説はあるようですけど、そんな事を今の時代でやったとしたら即効で教育委員会へのチクリが入り
問答無用で部活動停止になってしまうのかもしれないです・・

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章では前髪ぱっつんキャラの魅力も伝わりにくいと思いますので、
ここから下記においてdream fantasy2のアミグリさんが描かれた前髪ぱっつんキャラの美しい絵を東方をメインにいくつかの作品を転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。


20190611-suta-sahulaia-02_convert_20190611225229_convert_20190612001217.png


そうした訳で、ここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

上記の前髪ぱっつん娘はアミグリさんが2019年6月に描かれた光の三妖精の一角のスターサファイアです。

文句なくかわいい妖精・スターサファイアだと思います!

スターのこの流れるように美しい黒髪ロングも前髪ぱっつんも、背景のお星さまのキラキラ仕様も圧巻の仕上がりだと
思います。
霊夢の髪のリボンを彷彿とさせる髪のリボンの大きさの強調や衣裳の青と白の色彩的対比もそうですし、
まるで妖精メイドさんみたいな白エプロンのチャーミングさとかスカートや袖のフリルのきめ細かさとか
スターの生足のかわいらしさや背中の羽根のバランス感覚などなど、とても初描きキャラとは思えないですし、
改めて「スターサファイアは幻想郷内のすてきな妖精ちゃんなんだ!」と改めて強く認識させられたものです。
ちょっとふっくらとしたお顔の輪郭は健康的で生命感溢れる妖精の力強さを
感じさせていると思いますし、背中の羽根がチルノの氷の羽根とはひと味違うようにも感じられたりもします。

冒頭で前髪ぱっつんは少し幼い子の方がよくお似合いなのかも・・と記しましたけど、妖怪・妖獣系よりは幼さが残る
妖精系にとっては前髪ぱっつんはよくお似合いという事なのだと思います。


pache-pache-000011_convert_20171106164222_convert_20180419232528.png


続きましてアミグリさんが2017年11月に描かれたパチュリーさんです。

多くのすてきな東方絵師様が描かれるパチュリーさんは、どちらかというと眠そうとかだるいといったイメージで描かれるか
またはいかにも恐怖の館の紅魔館に居候している魔女に似つかわしいような何を考えているのかよくわからない
悪魔のような魔女といったイメージで描かれる方が多いような気もしますけど、
アミグリさんの描かれるパチュリーさんは、かわいらしい少女とかふんわりと透明感が漂うやさしい雰囲気の魔法使いと
いったようなイメージが伝わっているようにも感じられます。
確かにロングスカートやだぼっとした雰囲気の衣装は魔女らしくもあるのですけど、
2017年11月に描かれたパチュリーさんはふんわりとした優しい透明感もすてきですし、
何よりもやわらかいタッチがパチュリーさんのふわっ・・とした雰囲気によく合っていると思います。
公式設定の「魔女」とは思えないようなふんわりとした優しそうな雰囲気のパチュリーさんだとも感じられますし、
ちょっと「きょとん・・」とした雰囲気も伝わってきていて色々と脳内妄想が沸き起こりそうです。

ZUN帽もよくお似合いだと思いますし、リボンが全体にとっても花を添えている様な感じもします。
このパチュリーさんは魔女ではなくて、なんとなくですけど
水中や空間を漂う妖精さんみたいな雰囲気もありそうだと思います。
そしてそうしたふわっとした雰囲気や妖精さんみたいな印象を感じさせる要因の一つが前髪ぱっつんといえるのかも
しれないです。
上記でアニメ作品の前髪ぱっつんキャラの事例として「女子高生の無駄づかい」のマジョも挙げさせて頂きましたけど、
魔女と前髪ぱっつんは意外と相性がいいのかもしれないです。


kaguya-003_convert_20181001152618_convert_20181009124602.png


続きましてアミグリさんが2018年10月に描かれた蓬莱山輝夜です。

輝夜は東方黒髪ロング&前髪ぱっつんキャラとしては大変抜きんでているものがありますし、月のお姫様と言う事で
アミグリさんの描かれる輝夜は幻想的で大変美しいと思います。

背景が満月という事もあり、中秋の名月を背景にした古代美人的な輝夜の魅力をすてきに引きだされていると思います。
黒髪ロングの流れるような髪の美しさも絶品だと思いますし、美しいけど「もののあはれ」とか「歴史の儚さ」といったものも
ほのかに伝えてくれているようでもあると感じました。

上記の輝夜は公式の立ち絵でもある古代人衣装のようなロングスカートがとても美しく描かれていたのが大変印象的です。
そしてスカートのデザインが「竹」であるというのも、
輝夜のモチーフが「竹取物語」である事も見事に提示してくれていると思いますし、とにかく丁寧に精緻に描きこまれた
輝夜のロングスカートの美しさにはため息が自然に出てきそうな美しさがあるのだと思います。

背景の満月が輝夜の古代的な美しさとよく調和していると感じられますね~♪

そして前髪ぱっつんも輝夜の奥ゆかしさ・古風という雰囲気もよく伝えていると感じられます。


2019407-rkgk-reimu-03_convert_20190408222003_convert_20190408231753.png


続きましてアミグリさんが2019年4月に描かれた前髪ぱっつんの霊夢です。

前髪ぱっつん霊夢というアミグリさんがこれまで描かれてきた霊夢の中では少し珍しいのかもしれない髪型が
新鮮に感じたものでした。
以前描かれた霊夢の中では、長髪霊夢がいたり髪のリボンが少し大きめ霊夢もいたりしたものですけど、
こうした前髪ぱっつん霊夢もなんとなくですけど、お人形さんみたいな雰囲気も感じさせてくれていて、
このちょっときょとん・・とした表情と合せて「とってもかわいいね~」と感じさせてくれていると思います。
こんなきょとんとしたお顔のお人形さんっぽい霊夢を目の当たりにすれば、
アリスが魔法の森の自分の家までお持ち帰りしたくなってしまうのかもしれないですね。

色彩も淡さ・うすさを感じさせてくれ、どことなく2012~13年の頃の作風に近いような感じも多少は感じたりもしますけど、
なんとなく今風のJKさんっぽいかわいらしさやスマートを感じるのは、
7年間のアミグリさんのすてきな進化の証と言えるのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれた東方前髪ぱっつんキャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい東方前髪ぱっん娘を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

銀髪娘も金髪娘も美少女緑髪キャラもすてきですけど、前髪ぱっつんも同じくらい素晴らしいと思いますし
とってもかわいいと思います~♪
暑い、暑い・・と思っていたら、季節はいつのまにか9月下旬という事で残暑の時期にも入りましたけど、
季節が夏から秋に向かっているのかもしれないな・・と感じた瞬間は、
水田の稲の色が今までの青っぽい感じから幾分黄色というのか、黄金色みたいに色が変化しているのを
見た瞬間なのかなとも思ったりもします。

暑い、暑いと言っていても、水田一つとっても着実に季節は秋に向かっています。

日本の素晴らしい所の一つとして、そうした「四季の美しさ」を日本人全体が心の中に美意識として有している事と
四季の美しさを楽しむ粋な心という事もあるかとは思いますし、
日本と言う国はつい最近までどちらかというと四季がはっきりとした美しい季節感を持つ国という雰囲気も
あったのかとは思うのですけど、ここ数年は「ここは熱帯亜熱帯気候のエリアなの~!?」と思わず愚痴りたくなる程の
異様な夏の酷暑が続いたり、はたまたまるで熱帯雨林のスコールみたいなゲリラ豪雨の突発的被害が多発するような
災害多発地帯になりつつあるようにも感じたりもします。
近未来の日本はどんどん四季が無い国になっていきそうな予感すら漂っています。
極端に暑くて長い夏と極端に寒くて長い冬という二つの季節が一年の大半を占め、その狭間に申し訳なさそうに
極端に短い春と秋がちょこっとあるだけの季節感をあまり感じさせない国になりそうな気もしますし、
日本の伝統文化の俳句というのも、もしかしたら季節感が無いと言う事で廃れていく可能性すらあるのかもしれないです。

こんなにも異常気象が続いているという事は、これは単に限られたエリアだけの問題ではなくて
地球規模での「異変」がもしかしたら既に私たちの知らない所で進行中という事なのかもしれないですし、
もしかしたら・・? 人類に対するカタストロフィーはすぐそこまで来ているのかもしれないです・・・
日本で言うと、22世紀のうちには・・または21世紀の中盤以降では、「四季」という概念が崩壊し、
極端に暑い夏と極端に寒い冬の狭間にほんの少しだけ春・秋っぽい雰囲気が垣間見えるだけ~という事になるのかも
しれないですね・・

私たちも日本の美しい四季というものは、今のうちにじっくりと噛み締めておく必要があるのかもしれないです・・

今現在は、まだ四季らしきものは残っておりますし、残っている限りは四季の変化というものを楽しまさせて頂きたいものです。

日本人にとってもっともしっとりとした風情・情緒を感じる季節と言うのは「秋」なのかもしれないです。
春の桜ももちろんとても素晴らしいのですけど、特に山の紅葉とか田んぼが黄金色に染まる光景とか十五夜のお月様とか
秋のしっとり感というのはまた格別なものがありそうです。

クラシック音楽・吹奏楽オリジナル作品で「四季」をモチーフにした作品で最も有名なのはいうまでもなく
ヴィヴァルディの合奏協奏曲集「四季」~春だと思うのですけど、あの曲は冒頭の春の出だしのフレーズだけはやたらと
有名ですけど、それ以外の夏・秋・冬を聴いた事がある人は意外と少ないのかもしれないです。
吹奏楽オリジナル作品ですと、ハーンズの「秋のひとり言」とか保科洋の「愁映」とか
1998年全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅱの「稲穂の波」などが大変印象的です。
(稲穂の波は私自身が現役引退後の課題曲ですけど、カタロニアの栄光・ベリーを摘んだらダンスにしよう・五月の風などと
合せて吹いてみたかった課題曲の一つでもあります!)

クラシック音楽の中で「四季」をモチーフとする作品の中に、日本ではあまり馴染みがない作曲家と作品ではありますけど、
グラズノフというロシアの作曲家にバレエ音楽「四季」という作品もあったりします。
日本での知名度は今一つなのかもしれないですけど、吹奏楽経験者の皆様ですと、グラズノフのバレエ音楽「四季」というと
バンクロフトアレンジによる第四場・秋が思い浮かばれるのかもしれないです。
グラズノフの作品としては四季以外では、

〇ヴァイオリン協奏曲

〇交響詩「ステンカ・ラージン」

〇組曲「バレエの情景」

〇バレエ音楽「中世より」

〇バレエ音楽「ライモンダ」

などが比較的知られているかもしれませんけど、世間一般的には「誰・・?」という感じなのかもしれないです。
(個人的には交響曲第5番は知る人ぞ知る隠れた名曲といえるのかもしれないです)
グラズノフというと、個人的には小品なのですけど、コンサートワルツ第1番という可愛らしい曲を強く推したいです。
この曲は、1980年代中盤のNHK・FMの朝八時からのクラシック番組のテーマ音楽としても使用されていました。
交響曲第5番以外では「祝典序曲」も隠れた名作といえそうです。

グラズノフは、ロシア5人組+チャイコフスキーとショスタコーヴィッチ・プロコフィエフ・ストラヴィンスキーの世代の
丁度中間に位置し、事実、グラズノフは、音楽院の院長時代にショスタコーヴイッチを直接指導していました。
(ショスタコーヴィッチの「証言」を読むと、その頃の話がかなり赤裸々に語られています。ショスタコーヴィッチ的には
グラズノフというと時代遅れの酔っぱらいのオヤジ・・みたいなイメージがあったようにも感じられますし、
結構小ばかにしているシーンも多々ありましたけど、全体的には愛すべきバカ師匠という雰囲気もありそうです)
グラズノフの作風は、特段これといった特徴がないというか、目立つ個性も無い代わりに
誰からも愛される資格もありそうという印象です。
人によっては「ロシアのメンデルスゾーン」と呼ぶ人もいるそうです。
確かにショスタコーヴィッチのような毒もプロコフィエフみたいな不協和音もストラヴィンスキーのような明確な個性も
ありませんし、どちらかというとチャイコフスキーの路線そのまま時代遅れ的に継承したという印象もありますけど、
作品自体はわかりやすくて親しみやすい曲を後世に色々と残しています。
ちなみにですけど、ラフマニノフが若かりし日に鬱病を発症し精神疾患に追い込まれた大きな背景として、
ラフマニノフの交響曲第1番の初演の指揮を担当したのがグラズノフで、ラフマニノフの作品を何一つ理解しないで
全くやる気のないまま指揮をとり、その結果初演は惨憺たる大失敗に終わり、それがラフマニノフのその後のノイローゼの
大きな要因にもなってしまいます。
意外ですが、グラズノフはロシア革命後は革命政権を嫌ったせいのか、ロシアを離れパリに亡命しパリで生涯を閉じています。
パリで死亡した際の音楽界の反応は「そんな人、まだ生きていたんだ・・」みたいな空気だったそうです。

グラズノフのバレエ音楽「四季」ですが、私的には最初に第四場・秋を吹奏楽アレンジ版で聴き、
そのロマンティックと華やかさにすっかり魅了されてしまったのですが、
改めて全曲を聴くと、全四場とも全て同じ「テーマ」で曲が構成されていますので、どの部分を聴いても同じように
聴こえてしまいますし、何となく金太郎飴みたいな印象もあります。
このバレエ音楽の四つの季節の中では一番盛り上がるのは第四場・秋だと思います。
日本人の感覚ですと、冒頭で触れたように、秋=しっとりとした雰囲気という抒情性を感じますし、
四季の中で音楽的に最も盛り上がるのは「祭り」でお馴染みの夏と言う感覚もあるのかもしれないですけど、
そのあたりは日本人とロシア人の感覚の違いと言うものも感じたりもします。
第四場、つまり最終場面に該当する季節は、日本人にとっては夏なのかもしれないですけど、
夏が短いロシアの人にとっては、「収穫の秋」こそが一番盛り上がる季節といえるのだと思います。
ちなみにグラズノフのバレエ音楽「四季」は第一場の冬から開始され、第二場の春、そして第三場の夏を経て、
収穫祭の秋として最も盛り上がる第四場・秋として華やかに盛大に閉じられます、
第四場・秋は三つの場面から構成されていますが、
最初の出だしがいかにも収穫祭のうきうきとした感じがよく出ていて楽しいです。
中間部は、しっとりと歌い上げているし、ラストは冒頭の再現部分で華麗に盛り上がっていきます。

グラズノフの最も有名なバレエは、これまた吹奏楽コンクールでは大変お馴染みの「ライモンダ」であり、
ライモンダはチャイコフスキーの「眠りの森の美女」の様式を発展させた作品と言われているのに対して、
グラズノフの四季は、2プロットレス・バレエという物語らしい筋書きを持たない一種の抽象バレエの先駆とも言われています。
ロシアの自然そのものを音楽で表したような表情豊かなメロディーラインの連続で、
前述の通り 一年の四季が、春、夏、秋と進み、冬で終わるのに対して、グラズノフの四季は、
冬から始まり、春、夏と進み、最後は秋で終わります。
寒風吹きすさぶ雪景色で開始され、雪どけ。春の訪れのうきうき感を描き、暗から明へと移る舞台効果を高め、
最後の場の秋の収穫祭のパッカナール「酒神の踊り」で賑やかに締めくくるというのが主な内容です。

私自身、この曲の生演奏は一度しかありません。
ロジェストヴェンスキー指揮の読響でしたけど、生で聴くと意外とこの曲は地味にも聴こえて、
指揮者としても「どこに盛り上がりの頂点を構成しようか」意外と判断に迷う曲なのかもしれないです。
CDは、ネーメ・ヤルヴィ指揮/スコットランド国立管弦楽団の演奏が一番気に入っています。
ちなみにですけど、現在NHK交響楽団の首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィの父親が、このネーメ・ヤルヴィです。
四季の演奏としてはスヴェトラーノフ指揮の演奏も素晴らしいです。

吹奏楽アレンジ版としてもグラズノフの四季はこれまで何度も全国大会で演奏されていますけど、実はいまだにこの曲の
決定的名演は出ていないです。
1980年の山王中は巧いけど演奏自体は大変地味です。
(本番中に間違えてサスペンダーシンバルを倒してしまい、レコードにもドンガラガッシャーンという凄い音を立てています・・)
81年の阪急は金賞だけど演奏自体は大変控えめで盛り上がりをあまり感じないです。
そうした中で数少ない名演が1982年の逗子開成高校で、自発的で溌剌とした躍動感が素晴らしいです。
前年の「海のうた」はいかにも指揮者から「このように吹け」と言われたからしぶしぶその通り吹くという消極さが目立って
いましたけど、その一年後にはあんなにも自発性あふれる生き生きとした演奏になっていたのは素晴らしいです。
そしてこの演奏の評価が銀賞と言うのは、この時代は既に並大抵の演奏では金賞と言う評価は得られないという時代に
入っていた事を示唆しているのだと思います。
1988年の那覇高校も全体的には大変単調で地味すぎる演奏なのですけど、中間部の音は硬いけど部分的に光る
抒情性は素晴らしいですし、ラストの追い込みの盛り上がりもよかったです。
(ハープを使用していないため、その代用楽器としてマリンバを使用していましたけど、マリンバのアルベッジオがあまりにも
違和感あり過ぎて、曲のロマンを少し喪失させてしまっていました・・
同じような事例としては1972年のブリジストン久留米の「エルザの大聖堂への厳かな行列」にも言え、マリンバがうざいです・・)


22047725_convert_20110929123302.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記で四季とか「秋」という話しが出ましたけど、東方での「東方四季娘」というと、春がリリーホワイト、夏が風見幽香、
冬がレティさんで、そして秋はいうまでもなく秋姉妹のお二人だと思います。

幻想郷における東方四季娘として「秋」を司られるのは人間・妖怪・妖精ではなくて神様姉妹です。

それが秋穣子と秋静葉の姉妹の秋を司られる神様です。
(神様と言っても強い神様ではないもので、東方風神録の異変では霊夢によっていともかんたんに退治されてしまいます・・)

上記の秋姉妹は妹の方の秋穣子です!

この秋穣子はアミグリさんが2011年9月という秋の時期に描かれた作品で、アミグリさんの作品としてはかなりの初期作品
という位置づけになると思います。
そしてこの秋穣子は当ブログでは実は初転載の作品でもあったりします。

アミグリさんの描かれた妹の穣子もとってもかわいいです!

ぶどうが乗っかったZUN帽もすてきですけど、穣子のかわいい笑顔にとっても癒されます~♪

東方って案外姉妹キャラが多いですね。
スカーレット姉妹・古明地姉妹・綿月姉妹・九十九姉妹にそして秋姉妹に依神姉妹・・
なんとなくですけど妹の方がより強く可愛らしさ・無邪気さ・自由さが感じられ、
東方の姉妹キャラは全体的には「妹の方がより人気度が高い」といえるのかもしれないです。


kansei-sizuhasan_convert_20141001164643.png


上記にて秋姉妹のうち、妹の秋穣子を取り上げさせて頂きましたので、ここではお姉さまの秋静葉を
お披露目させて頂きたいと思います。
上記の作品は、アミグリさんが2014年10月に描かれた秋静葉です。

それにしてもアミグリさんが描かれた公式立ち絵をベースにされたショートカットの秋静葉はとても美しいです!

アミグリさんが描かれる静葉は、スカート全体がフリルっぽくなっているのは素晴らしいアレンジだと思います。
全体の雰囲気的には秋の香りが一枚の絵から素敵に漂っていると思いますし、
そこには「愁映」みたいな雰囲気というのか、紅葉した落ち葉がひらひらと舞ってきて、その落ち葉の上を人が
しゃりしゃりと音を立てながら歩いていくといった風景を連想させる素晴らしい秋静葉だと思います。

アミグリさんが描かれた秋静葉の透明感というのかこの「ひそやかさ」が私はとっても大好きです!!
そして何よりも、まるで鍵山雛みたいな「フリル地獄」に陥りかねないこの秋静葉を、「フリルを描く大変さ」を
見ている人達に気付かせないように自然に楽に仕上げられたアミグリさんの絵師様としての腕に
改めて惚れ惚れとさせられるものがあると思います~♪
それにしても雛以上に恐ろしく手が込んだフリルですよね・・!! 素晴らしいです!!

上記のアミグリさんが描かれた秋姉妹の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しい秋姉妹を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

こんなしっとりとしたすてきな秋の季節は、世界的気候変動の中でも残り続けて欲しいものです。
昨日の記事は銀髪美少女に関するものでしたので、ここは金髪、特にその中でも金髪碧眼美少女について
触れない訳にはいかないと思います。

金髪碧眼というものは見ている人にとっては、かわいいとか美少女・美人さんの一つのシンボルのように感じたりもします。

当ブログでも例えば「ラーメン大好き小泉さん」のあの流れるように美しい金髪は素晴らしい!とか東方のルーミアの金髪も
とってもかわいいとか記す事は多々ありますし、
直近のアニメではないですけど、「ヴァイオレット・エヴァガーデン」のあの流れるように美しい金髪は素晴らしいと
感じたりもしますけど、
(個人的には作品の性質上、ヴァイオレット・エヴァガーデンの髪の色はむしろ銀髪の方がいいのかも・・と感じたりもします)
そうした金髪キャラの中でも金髪碧眼キャラの美しさは特に光り輝くものがあると感じたりもします。

日本人の感覚で言うと、「日本の女性のあの美しい黒髪ロングや黒いつぶらな瞳は本当に素晴らしい!」と感じることは
よくあるのですけど、日本人は一般的には(地毛での)金髪や(カラーコンタクトではない)青い瞳というのは周囲にそうした人が
ほぼ皆無であるため、感覚的に珍しいという事で直感的に金髪や碧眼に魅力に感じるものがあるのかもしれないです。
大変古い話の昭和ネタであるのですけど、北国の春・望郷酒場・星影のワルツ等のヒット曲を持つ傍ら、歌う不動産王とか
借金大魔王とも一時期揶揄された千昌夫の昭和の頃のヒット曲の一つに「味噌汁の詩」というものがあり、この中では
散々東北地方の人々の温かさや日本人のソウルフードとしてのおふくろの味ともいうべき味噌汁を盛んに礼讃した上で
その最後に「「金髪?きん・・・金髪だけはいいんじゃないべかねえ」とあるのは、当時の千昌夫の奥様のアメリカ人の
金髪美人のジョーン・シェパードを前提としたギャグであるのですけど、当時は金髪とか碧い瞳に対する日本人の感覚は
憧れとか黒髪とは異なる美しさへの讃美というものも多少はあったのかもしれないです。

日本人のとってアメリカ人やドイツ民族やフランス人といったいわゆる白人の民族というのは、金髪や青い瞳というイメージも
あったりしますし、特にアメリカ人に対してはそういう印象を抱きがちなのかもしれないです。
(個人的には、1970年代に盛んに放映されていた「大草原の小さな家」におけるメアリーの金髪碧眼というのも、そうした
イメージに多少は貢献しているのかもしれないです)
ただ、実際にアメリカ人で一番多いのは多分ですけど茶色の髪に茶色の眼だと思いますし。
必ずしも「白人=アメリカ人=金髪碧眼」はイコールではないですし、同時に「金髪=青い眼の持ち主」という訳ではないと
思います。
金色と青という組み合わせは補色関係にあり、色彩学的にも双方の相性は良いですし、
欧米のドラマや映画における金髪碧眼の美人さんたちを拝見すると、黒髪黒い瞳の私達日本人にとっては、
普段馴染みがない髪と瞳という事で、心ときめくものや憧れみたいなものをついつい感じてしまうのかもしれないです。
光を受けて輝く金の髪と、サファイヤのように透き通った青の瞳というのは、あたかも宝石が人間の形をとったかのような
色合いであり、その美しすぎる組み合せにアジア人である私たちは引き寄せられるのかもしれないです。

最近のアニメ作品ではそうした金髪碧眼のヒロインが登場する事は珍しくもなんともないのですけど、
私の記憶ではアニメ作品において金髪碧眼の女の子は既に1970年代ごろより登場していたと思いますし、
そうしたアニメ作品や欧米映画・ドラマ等によって日本人全体としては金髪や青い瞳に対する違和感は早い段階から消失し、
むしろ憧れへと変容していったのかもしれないです。

さてさて、それでは具体的にゲーム・アニメ作品においてどのような金髪碧眼の美少女・すてきなお姉さまたちが
いたのでしょうか?
下記に思いつく限りで少しばかり列記させて頂きますと・・

ARIA / アリシア・フローレンス

あんハピ♪ / 狭山椿

寄宿学校のジュリエット / ジュリエット・ペルシア

キルミーベイベー / ソーニャ

きんいろモザイク / アリス・カータレット

ご注文はうさぎですか?? / シャロ 

ニセコイ / 桐崎千棘

ハヤテのごとく! / 三千院ナギ

無敵看板娘 / 神無月めぐみ

冴えない彼女の育てかた / 澤村・スペンサー・英梨々

RELEASE_THE_SPYCE / カトリーナ・トビー

ドキドキプリキュア / レジーナ

ガールフレンド(仮) / クロエ・ルメール

艦隊これくしょん / 愛宕 舞風 神鷹 ビスマルク プリンツ・オイゲン アイオワ ガンビア・ベイ ウォースパイト ネルソン など

ラブライブ! / 絢瀬絵里

へヴィー・オブジェクト / ミリンダ・ブランティーニ

インフィニット・ストラトス / セシリア・オルコット

東方Project / アリス・マーガトロイド、メディスン・メランコリー

上記はあくまで管理人の趣味と嗜好によって挙げたキャラですので「どうしてあの金髪碧眼の子が入っていないの~!?」という
苦情(?)は無しでお願いします。
それにしてもこうやって少しばかり挙げただけでも改めて金髪碧眼の美少女の皆様はすてきだと感じてしまいます!

さてさて、こんな私の他愛も無い拙い文章では美少女金髪碧眼キャラの魅力も伝わりにくいと思いますので、
ここから下記においてdream fantasy2のアミグリさんが描かれた金髪碧眼キャラの美しい絵を東方と2018年冬アニメをメインにいくつかの作品を転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。


beruzebubu-002_convert_20181126215838_convert_20181130171208.png


そうした訳で、ここから下記はdream fantasy2 のアミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

上記はアミグリさんが2018年11月に描かれた、アニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」からベルセブブ嬢です。

ベルゼブブ嬢は本来の設定は万魔殿の頂点に君臨する大悪魔であり、
元々の存在意義は最後の審判に向けての準備という事でもあり、イメージからすると畏敬・圧倒的な強さが先行すると
思うのですけど、アニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」においては、確かに普段はクール&有能なのですが、
その素顔はふわふわ&もこもこかわいい~!というそのギャップにとてつもなく萌え要素を感じさせてくれていると思います。
本当に昔は魔界の反乱を鎮圧した武勇伝の持ち主なの~?と
ツッコミを入れたくなりそうな見た目の雰囲気との違いがとてつもない多きな魅力だと思います。
そしてこの作品の最大の魅力は萌え要素・かわいらしさ・癒しなのだと思いますし、大悪魔という設定との
すてきなギャップなのだと思います。
そうした萌え要素・かわいらしさの一つの要因が金髪碧眼である事はいうまでもないと思います。

アミグリさんが描かれたベルゼブブ嬢はそうしたすてきなギャップをとても初描きとは思えないタッチで
ふんわりと描かれていて、このゆるゆる・ふわふわ・もこもこ感を一枚の絵にギュ~っと詰め込んでいるように感じられますね!
いっちば~ん!最初にこのアニメを見た時の感想は二つほどありまして、一つはあのゆるい雰囲気から醸し出される癒し効果と
二つ目はアニメ作品としては色彩がかなり淡くうすく作画されているというものでした。
アミグリさんのベルゼブブ嬢はアニメ作品よりも淡さを幾分濃い感じに描かれていて、アニメ作品よりも少しだけ
存在感をUPざているようにも感じられます。

流れるような床にまで届きそうな美しい金髪・碧眼・大胆不敵な胸元・キラキラ美しいドレスにフリルと
お嬢様の雰囲気満載だと思いますし、
アミグリさんが描かれたこの優雅でかわいらくしてゆるゆるっとしたベルゼブブ嬢のお姿に私も思いっきり癒されそうです!

背景のペットのケセランパサランもまるでごちうさのティッピーみたいなもこもこ感がとってもかわいいと思います。


perusia-005_convert_20181207155847_convert_20181211003858.png


続きましてアミグリさんが2018年12月に描かれた「寄宿学校のジュリエット」より、メインヒロインのジュリエット・ペルシアです!

アミグリさんが描かれたジュリエット・ペルシアの金髪碧眼が断然素晴らしいと思います!

ブルーの瞳・長髪の金髪・黒の髪飾り・制服のかわいらしさに黒のミニスカとガーターと白ニーソがもたらす絶対領域も
素晴らしいと感じます。
そして背景がピンクトーン単色だけという事で、ペルシアちゃんの美しさを更に引き立たせているようにも感じられます。
背景のキラキラと光と影のコントラストもキャラの魅力を一段とupさせているようにも思えます。
このアニメはジュリエットというタイトルが示唆する通りシェークスピアのあの名作戯曲「ロメオとジュリエット」を少しだけ
現代風にアレンジしたラブコメなのですけど、たまにシェークスピアの原作を意識したようなエピソードも盛り込まれていて、
面白いものがあったと思います。
最終回で話の流れの中で決闘せざるを得なくなり、相討ちの果て失神した状態で学校内の保健室で目覚めるシーンは
少しだけ原作を意識したようなものもあったといえそうです。


arisu-kinmz-2015_convert_20150610172345.png


続きましてアミグリさんが2015年6月に描かれた「きんいろモザイク」のアリス・カータレットです!

きんいろモザイクの原作は漫画作品で、2013年と15年にアニメ化もされています。

この「きんいろモザイク」なのですけど、イギリスでホームステイを通じて友人となった日英両国の少女達が成長後、
日本で再会して繰り広げる物語をコメディタッチで描くというお話でもあるのですけど、
アリスのメインのお相手役ともいえる大宮忍もとってもかわいいキャラです!

大宮忍も可愛いけど、イギリスの自宅にホームステイしていた忍を慕って日本にやってきたアリスも
忍に負けないくらいかわいいですね~♪
外国人少女というとなんとなくですけど、大柄とか豊かなボディみたいなイメージもあったりするものですけど、
「きんいろモザイク」のアリスもそうですし、「ハナヤマタ」のハナもそうなのですが、
アニメで描かれる外国人少女が小柄でちびっこという設定が意外と多いと言うのもおもしろいものがあると思います。

アリスのストロベリーブロンドのツインテールと青の瞳がとってもかわいいですし、アリス=金髪少女みたいなイメージを
ストレートに絵にした設定とも言えると思います。

アミグリさんが描かれたこのアリスはとてもかわいいと思います!
金髪ツインテールというアリスの最大の魅力をアミグリさんが最大限かわいく描かれた作品といっても過言ではないと思います!
アリスの髪には常にかんざしが差されていますけど、これは忍がプレゼントしたものです。
ピンクのカーディガンもアリスにとてもよく似合っていると思います。
アリスのこのちびっこかわいい雰囲気がとてもすてきに描かれていると思います。

アミグリさんの描かれたアリスなのですけど、随分と背景が美しいなぁ・・と思っていたら、アミグリさんご自身は
「背景はクリップスタジオの素材ブラシでささっと描きました」との事でしたが、
これはささっ・・というレヴェルではないと思います!
アミグリさんの作品って、もちろんキャラの魅力を「アミグリワールド」を遺憾なく発揮して美しく幻想的に
描かれるのですけど、よーく見てみると背景の描かれた方も秀逸なものがたくさんあると思います。

きんいろモザイクのアリスは、アリスの名前の象徴でもある「少女らしさ」がストレートに溢れているといえそうですけど、
アリスという名前から連想されるのは金髪碧眼ということなのだと思います。
(東方のアリスが金髪碧眼キャラと言うのも十分すぎるほどの妥当性ありといえそうです)


chitogechan_convert_20140515164608.png


上記の金髪碧眼の女の子は、アミグリさんが2014年5月に描かれた「ニセコイ」のメインヒロインで、結果的に一条楽と結ばれた
千棘ちゃんです。
当時のアミグリさんのコメントとしては「強気な女の子というイメージで描いてみました。」との事ですけど、千棘ちゃんの
ツンデレ気味で気の強さが漲っている雰囲気がすてきだと思います。

千棘ちゃんというと金髪碧眼キャラでもあるのですけど、アミグリさんが過去に描かれた金髪碧眼娘には、
東方のアリスやメディスンやリリーホワイトもそうですし、
上記で既に転載させて頂いた「ベルシブブ嬢のお気に召すまま」のベルゼブブ嬢や
「寄宿学校のジュリエット」のジュリエット・ペルシアちゃん、金色モザイクのアリスなど素晴らしい名作イラストがたくさん
ありますけど、千棘ちゃんはハーフという事もあり本場的な圧倒的存在感を感じさせてくれていると思います。

アミグリさんの描かれた千棘ちゃんの金髪碧眼は絶対的正義ですね~♪
赤リボンと合せてとてもかわいらしく描かれていてすてきです!
少しだけ気の強さも感じ取れる千棘ちゃんですけど、あのちょっとツンデレ気味な所もとてもいい味出ていると思いますし、
そうした少し強気な千棘ちゃんがかわいらしく描かれていると思います


20190702-riri-howaito-01_convert_20190702121350_convert_20190706181908.png


ここから下記の作品は東方金髪碧眼美少女の皆様たちです~♪

上記のとってもかわいい金髪碧眼娘はアミグリさんが2019年7月に描かれた「夏ですよ―」とタイトルが付けられた
水着のリリーホワイトです!
そしてこのリリーはアミグリさんのpixiv投稿11周年記念作品でもあります。

それにしてもなんとかわいいリリーホワイトなのでしょう~♪

リリーは言うまでもなく春に登場するかわいい妖精ちゃんで、夏以降は
どこにいるかは不明というのが公式設定ではありますけど、こうやってリリーにも夏場でも登場の機会をもたらしている
アミグリさんのやさしい配慮にはリリーも「ありがとう~♪」と嬉しそうにしているのかもしれないです。
春限定出没のリリーがこうしたかわいい水着でご登場というのも、東方絵師様の中でもあまり思い浮かばない新鮮な発想だと
思いますし、その瑞々しい感性がとっても素晴らしいと思います。

リリーと言うとあのとんがった三角帽子がとても印象的なのですけど、帽子自体はごく小さ目に頭にちょこんと乗せて
リリーの長髪金髪をとても鮮やかに強調されているのはとても斬新に感じましたし、この流れるように美しい長髪金髪は
美少女妖精にとてもお似合いだと感じたものです。
リリーと言うとピンクトーンの衣装も大変印象的ですけど、
ピンクトーンの羽根も水着もとっても妖精らしい可愛らしさに溢れていると思います。
その水着もとても細かいフリルを見事に精緻に描かれていて、アミグリさんらしい繊細さが伝わってきています!
髪や水着の赤いリボンもとても見映えがしていると思いますし、背中の羽根の透明感も素晴らしいです。

この金髪碧眼の美しさは素晴らしいです!

水着リリーも「夏ですよ―♪」のタイトル通り、幻想郷のすてきな夏到来を物語っていると言えそうですね。


medesunchan!!_convert_20140207155055.png


続きましてアミグリさんが2014年2月に描かれたメディスン・メランコリーを皆様にご覧頂きたいと思います。

それにしてもとてつもなくかわいくて見ているだけでほっこり癒されそうな笑顔が素晴らしいメディスンだと思います。
このメディスンは、なにか嬉しい事があって思いきっり喜びの笑顔の表情をしているという事なのだと思います。

このメディスンはかわいいですし、絵に描いたような美少女の極みだと思います。

このあどけない可愛らしさ!  このくりくりっとしたつぶらな瞳! 両手を頬につくこの可愛い仕草! 少女らしいかわいい雰囲気!!
メディスンの髪にちょこんと乗っているスーさんのかわいらしさ!
とにかく全てが完璧だと思いますし、こんなにかわいいメディスンを超えるイラストが他にあるのならば、
是非教えて頂きたい!と思わず感じ入ってしまう程の素晴らしいメディスンだと思います!!

メディスンの金髪もとても美しいと思いますし、何よりもこのやさしそうな青の瞳に吸い込まれそうです!

メディスンは、人間に「捨てられた・・」という事で人間に対する恨みを持っている妖怪なのかもしれないですけど、
アリスから今後色々な意味で実地教育を経て、
「幻想郷内のすてきなレディー」へと変貌を遂げていくその過程のメディスンみたいな雰囲気を私は、アミグリさんが
描かれたこの一枚のイラストからついつい妄想してしまいそうです。


kirakira-arisu-001_convert_20180715152802_convert_20180721231709.png


本記事のフィナーレを飾って頂くのは、東方の金髪碧眼娘というとすてきな人形遣いのアリス・マーガロイドが
筆頭に来ると思いますし、私的にはアリスは東方屈指の美少女キャラだと思っています。

アミグリさんが2018年以降描かれた金髪碧眼のアリスには金髪ショートとやや長髪気味のストレートヘアのアリスと
2パターンのアリスを描かれていますので、両者の違いを味わいつつ、どちらもここに改めて転載&ご紹介をさせて
頂きたいと思います。

初めにご紹介させて頂くアリスは金髪ショートウェーブのアリスです。

上記のアリスは、2018年の「プログ開設6周年記念」の記念イラストとして私がアミグリさんに
リクエストとしてお願いをさせて頂いた記念碑的な作品でもあるのですけど、
かわいらしさと絢爛豪華さが見事に融合した洗練の極みのアリスと言えると思います。
ヘアーリボンやケーブのフリルも大変細かく精緻に美しく描かれていますし、
アリスのこのショートの金髪ウェーブの美しさには改めて惚れ惚れとさせられそうですし、思わず見とれてしまうものが
間違いなくあります。

アリスは「本人が人形遣いなのに人形以上にお人形さんらしい美しい容姿をしている」と評される事が
多いと思うのですが、アミグリさんが描かれたアリスからは、そうしたお人形さんとしての静の姿よりは、
むしろ人としての生き生きとした雰囲気が内面から溢れ出ているようにも感じたものでした。
アリスもどちらかというと公式では霊夢以上に無愛想とかあまり笑わないという感じもあったかとは思うのですけど、
このアリスの何とも言えない安らぎと癒しみたいな雰囲気が感じられる微笑にはとても爽やかなものがあると思います。

少し見方を変えると「おすましアリス」みたいにも見えたりもしますね~♪

この後に再度登場する「ストレートヘアのアリス」との比較で言うと、上記の金髪ウェーブのアリスは、
ストレートヘアのアリスよりも大人っぽく感じられ、大人の魅力のアリスとしっとりとした内面からの美しさが
伝わっているようにも感じられます。


2019-11-16-arisu-02_convert_20191116192632_convert_20191118023918.png


続きましてアミグリさんが2019年11月に描かれたストレートヘアのアリスを皆様にご覧頂きたいと思います!

すぐ上に転載させて頂きました2018年8月に描いて頂いた美少女アリスの美しさも素晴らしいですけど、
同じくらい今回描かれたアリスの美しさと正統派の美少女の雰囲気は素晴らしいと思います。
2018年のアリスはしっとりとした洗練された大人のアリスまたはレディーの作法をしっかりと身につけた美少女・アリスという
印象が強かったですけど、2019年のストレートヘアのアリスは、大人の魅力というよりは「少女の純真さ」とか
清楚でナチュラルな雰囲気で、少女の面影をまだ色濃く残している大人へのステップを踏んでいる途中の美少女・アリスという
印象があったりもします。
2018年のアリスは少し斜めからのウェーブ髪でしたけど、2019年のストレートヘアのアリスは
真正面からのサラサラストレートヘアという事で、アリスの美しさを正攻法で正統派のスタイルで凛々しくかわいらしく
爽やかに表現されていて素晴らしいと感じます。
ストレートヘアというのはこうやって見てみると、ありのままとか飾らない自然体の雰囲気とか清楚な感じを見ている人に
印象としてもたらしているといえそうですし、アミグリさんの描かれたストレートヘアのアリスが
ウェーブ髪のアリスよりもより少女としての面影を強く感じさせているのは極めて妥当といえるのだと思います。
そして単純な比較というのか第一印象だけでいうと、ストレートヘアのアリスはより自然体な美しさを
もたらしていると言えるのかもしれないです。

外界の人間で言うと、JCさん・JKさんは校則で禁止されているからパーマやウェーブヘアは禁止という事で、
ストレートヘアにする事が多いけど、18歳以降高校を卒業するとウェーブやパーマといった大人の女性としてのおしゃれも
可能になるという事で、JKさんみたいなサラサラのストレートヘアもすてきだけど、同じくらい大人の魅力としてのウェーブも
すてきということだと思います。

全体の色彩が2018年のアリスよりもふんわりと柔らかく感じられるのも、より清楚な自然体のアリスの雰囲気を
醸し出しているようにも感じられます。

アリスというと立ち絵も公式書籍もほとんどがウェーブ髪なのですけど、こうしたストレートヘアもとてもよくお似合いで、
私もストレート髪のアリスもウェーブのアリスもどちらもとっても大好きです!
というか、アリスはどちらの髪型もとてもよくお似合いだと思いますし、
アミグリさんの描かれたウェーブ髪のアリスもストレート髪のアリスもどちらもとっても大好きです~♪

スカートのはしをつまんでいるのもとてもキュートだと思います。

それにしてもアミグリさんの描かれる金髪碧眼の美少女・アリスは素晴らしい!と改めて感じたものでした。

上記のアミグリさんが描かれたとても美しい東方などの美少女金髪青眼キャラたちの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しい金髪青眼娘を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

銀髪娘もすてきですけど、美少女金髪青眼キャラも同じくらい素晴らしいと思います~♪
2013年頃の記事で一度「最近生まれて初めて白髪が生えた・・これって高齢者への第一歩・・!? ショック・・」と
記した事がありましたけど、実はそれ以降2019年末までは白髪が一本たりとて生えてくることは幸いありませんでした。
しかし、2020年に入ると、耳たぶ付近の生え際に結構な本数の白髪が出てきている事を発見してしまい、
これはこれで結構ショックではありましたけど、同時に「年相応だから仕方ないかも・・」と諦めにも似た感情も湧いてきた
ものでした。

30代~50代の皆様を対象にした「どういう時に自分が年を取ったなと感じますか?」というアンケート調査において、
体力が落ちた・階段をダッシュすると息切れを起す・物覚えが悪くなった・人の名前が覚えられなくなってきた・
お酒に弱くなった・出不精になってきた・休みの日はテレビを見てボーっと過ごすことが多くなった・お腹がぽっちゃりしてきた
といった結果が上位に入っていましたけど、その中で特に共感を覚えたのは
「鏡を見て白髪が増えてきているのを見た時」という項目でした。
最近まで白髪という現象がなかっただけに急に目立つように感じられたので、そのような共感を覚えたのかもしれないです。

以前ですけど、大学の吹奏楽団の記念懇親会というものが開催されていて、私自身は出席は出来ませんでしたけど、その後
OBやOGにその時の写真がOB会報として送付されてきました。
その写真には、何人か知っている同期・先輩・後輩が写ったりもしていましたけど
「あれれ・・この半分白髪の御方は、当時パーカッションを担当していたあの可憐なお姉さまなの・・!?」とか
「パート練習中、個人練習しているよりは髪をいじくったり化粧している時間の方がどうみても長そうなあのクラリネットの
お姉さまも髪の毛が1/5程度真っ白になっているじゃん・・」と感じる事もあったりして
「やっぱり人と言うものは高齢化はさけられないよね~、よかった・・自分だけじゃなかったんだ・・」と感じたりもしたものでした。

やはり白髪が髪に目立ち始める=見た目の高齢化が始まるという事で、白髪が目立つ人を見ると
「あ・・ご年配の人なのかな・・?」みたいな印象をついつい持ってしまいますからね・・
うちの奥様は髪が腰まで達しているいわゆる黒髪ロングなのですけど、最近はさすがに彼女も高齢化のようでして、
その長髪に白髪もちょいとまじるようになり、長髪ロングに白髪が入り込むと
「なんだか雪女さんみたいな妖怪なのかも・・」とついつい思ってしまいます。
数十年後にもしも彼女の髪が全て長髪白髪になってしまったら、「妖怪」とほとんど大差がないのかもしれないですね~
東方の世界では、幻想郷における最大の罪は「人間が妖怪化する事」でもありますので、うちの奥様は
霊夢やゆかりん・マミゾウ親分にとっては粛清の対象なのかもしれないです・・

私自身、「自分自身が既に会社の定年を迎え会社勤めをしなくなった場合、もしも髪の毛の薄毛・後退がひどくなったり、
髪の毛が半分以上白髪になったとしたら、思い切って丸坊主というかスキンヘッドにした方がまだマシかもしれない」と
思っていたりもしました。
実際、街中でたまに見かける高齢者のスキンヘッドは怖いというよりはむしろ「すがすがしさ」みたいなものも感じたりもします。
上記で耳の生え際あたりで白髪が目立つようになってきたと記しましたけど、実はよーーく鏡で見てみると、
白髪というよりはなぜか銀髪っぽく見えたりもします。

私の感じ方なのかもしれないですけど、白髪は嫌だけど銀髪はなんだかかっこいい・・というイメージもありますけど、
アニメ・ゲーム作品等での銀髪の美少女の皆様は、美しさ・ミステリアスさ・神秘さ・おとなっぽい・凛々しいという
好意的なオーラを感じさせてくれていると思います。
そんな訳で、もしも自分自身に白髪ではなくて銀髪っぽいものが増え出したら、逆に「スキンヘッドなんかもってのほか!」と
感じてしまうのかもしれないですね。
というか・・希望としては白髪びっしりのいかにも年老いたジジイになるよりは、むしろ数十年後?においては、
銀髪が良くお似合いのちょっと?シブいくそじじいくらいにはなりたいものです。

話はそれますけど、白髪の前兆みたいなものは数年前にあったような気もします。

それが何かと言うとちょっと汚い話かもしれないですけど、鼻毛に白髪が出てきた事でもありました。

白髪というとやはり頭の髪というイメージが強く、鼻毛・胸毛・脇毛にもそうした白髪が生えてくる事は
全然珍しいことではないという事がその後分かったのですが、
振り返ってみると、昭和の頃に胸毛というと巨人軍の長嶋選手というイメージがあったものですけど、
長嶋が現役を引退しそのまんま巨人軍の監督に就任したものの、皆様ご存じの通り第一次長嶋政権は、
初年度の最下位とか日本シリーズに出場しても阪急に一度も勝てなかったとか、色々と大変な面は多かったと思います。
そうした第一次政権時の監督時代に長嶋監督も相当悩まれストレスが溜まった結果、トレードマークの一つに胸毛に
白髪が目立つようになってきたと確か当時の新聞・スポーツ新聞等でネタにされていましたけど、
髪に限らず、鼻毛・胸毛の白髪も確かに環境とか遺伝とか食生活等の原因があるのでしょうけど
ストレスというものも相当大きな因果関係がありそうな気がしますね。

本来は黒いはずの鼻毛に白髪が生えてしまう原因はそもそも一体何なのでしょうか?
白髪が生える基本的な理由には下記のようなことが考えられると思います。

①メラニン細胞の機能不全
②食生活の偏りと生活習慣の乱れ
③遺伝
④ストレスや疲労

このあたりは頭の白髪とほぼ発生メカニズムは同じなのだと言えそうですね。

人によっては「頭の白髪も鼻毛も引っこ抜くともっと白髪が生えやすくなってしまう」みたいに言われる方も結構多いかとは
思うのですけど、これは必ずしもそうとばかりいえないものがあるらしいです。
白髪は抜いても良いのかというと、そういう訳ではないです。
白髪を抜くと毛母細胞やメラニン細胞を傷めるため、健康な毛が生えてこなくなる危険がありますし、
特に鼻毛の場合は抜く事はやめた方が宜しいかと思われます。
どうしてかと言うと、鼻毛はデリケートな粘膜に生えているからで、抜くと粘膜を傷つけ、炎症を起こしやすいからと
言われてもいるようです。

鼻毛に白髪を見つけたときは、抜くのではなく「切る事」の方が大切だと言えそうですし、同時に
ハサミでカットして、外から見えないようにするのが鼻毛の基本のケアなのだと思われます。

話を銀髪に戻しますと、銀髪の美少女は金髪・黒髪の美少女とは別の意味でとても魅力的で美しいものがあると思います。
(今から2週間ほどまえに記事にしたアイドルマスターシンデレラガールズのアナスタシアの銀髪はとっても魅力的だと
改めて感じたりもします)
リアルにおいて、ばあさまたちが誰がどうみても白髪の皺くちゃクソババアのくせに「私の髪は銀髪」と言い張っているのを
見かけたりしますけど、
「あんたの髪は誰がどうみても単なる白髪! 美少女たちの銀髪と一緒にするな~」と文句の一つも言いたくなりそうです。

それでは具体的にアニメ・ゲーム作品においてどんなすてきな美少女銀髪キャラがいるものなのでしょうか・・?
下記に少しばかり一例を挙げてみたいと思います。

〇アイドルマスターシンデレラガールズ / アナスタシア 神崎蘭子

〇アイカツ / 藤堂ユリカ

〇艦これ / 翔鶴お姉さま 多摩 由良 浜風 鹿島 響 武蔵など

〇ダンベル何キロ持てる? / ジーナ・ボイド

〇プリキュアシリーズ / イース・トワイライト様

〇Rrゼロ / エミリア

〇球詠 / 中田奈緒 陽秋月

そして・・東方Projectキャラの中で銀髪キャラと言うと、永琳・サグメ様といった月の民関連が印象的ですけど、
東方で銀髪キャラと言うと苦労人ポジション・短髪・刀使いといった共通項を持つ妖夢と咲夜さんが
大変印象的であったりもします。

妖夢は二刀流なのですけど、接近戦で無いと勝機がほとんど無いのですけど
咲夜さんの場合は、至近距離からの攻撃もナイフで全然可能ですし、
ナイフ投げという事で遠距離からでもぶんぶんナイフを投げられますので、もしも妖夢VS咲夜さんのバトルが勃発したとしても、
このバトルは元々、咲夜の方が有利なのかもしれないです。
というか、妖夢VS咲夜さんのバトルに関していうと、経験・技量・技の切れ味・体力等を考えるとどうみても
咲夜さん圧倒的有利という感じしかないです・・
もっとも本年度の東方人気投票ではそうした咲夜さんを差し置いて?? 妖夢が霊夢すらも抑えて初の1位を獲得していたのは
意外だけど大変印象的でもありました。


螟「螯棒convert_20190226123706


2019年に発売されたベルファイン制作の妖夢のNONスケールフィギュアは、
人気イラストレーター・スコッティ氏がフィギュア用に描きおろしたイラストをベースに、刀を構えて凛とした姿として
立体化されていて、楼観剣と白楼剣の二振りを操る凛々しく躍動感のある姿が大変印象的です。
これまでの「ちょっと子供っぽい・・」みたいな雰囲気がメインだった妖夢フィギュアのイメージを一変し
かなり大人っぽいお姉さんとしての妖夢がそこにはいそうです!

それにしてもこの妖夢は本当に大人っぽい剣士だと思います。

この雰囲気からはいつものあのへたれとかゆゆ様にからかわれて少しムッ・・としている妖夢ではなくて、
大人になった妖夢が自らの頭で考えそして行動し、
着実に成果を挙げている妖夢といえそうです!

半霊部分の人魂も、従来の少し白濁としたものではなくて透明な感じがしているのも妖夢の存在感を更に引き立たせている
ようにも感じられそうです。

妖夢のスカートがふわっ・・と浮いた感じや妖夢の太ももの眩しさや
今この瞬間にも相手を問答無用でたたっ斬る!といった間合いの迫力を感じてしまいます。
妖夢のこれまでのイメージは、かわいくて少しあどけない女の子が物騒極まりない剣を二つもぶんぶんと振り回しているという
そのギャップがとても魅力的というものでしたけど、
このベルファインの妖夢からは、ギャップではなくて、美少女剣士が真剣な気持ちで相手に真摯な気持ちで挑んできている
という真剣勝負としての妖夢を見事に表現していると思います。

この妖夢の眼差しは「隙あらば本当にたたっ斬る!」といった気迫が十分すぎるほど伝わっていると思います。


蜥イ螟・1_convert_20160921152045

上記の咲夜さんは、2010年に 月刊コンプエース5周年記念として、誌上通販限定されたコトブキヤ制作の咲夜さんの
フィギュアです。

舞い上がるスカートや腰のリボンが、とにかく素敵な躍動感を感じさせてくれています。

咲夜さんのメイド服はかなりシンプルなデザインで、ベースカラーが明るめのスカイブルーで、一見すると、
メイドさんというよりはどちらかというと喫茶系のウェイトレスさんみたいなイメージに近いと言えるのかもしれないです。
「メイド服=エロい」みたいなイメージもあったりする中で、ウェイトレスさんっぽい雰囲気の方が咲夜さんらしい
完璧な美を追求できるのかもしれないです。
エプロンも腰から下だけのタイプですけど、後ろのリボンが大きめに取ってある点はメイドさんっぽい雰囲気全開だと思います。

咲夜さんといえば投げナイフの人ですけど、両手に三本づつを握り右手を振りかぶったこの躍動感というのが、
静と動と言えば明らかに「動」をイメージさせるこの動きが素晴らしいと思います、
このフィギュアは、いかにも「今からナイフをぶん投げるよ!」みたいな雰囲気がビシビシと伝わってくる感じが伝わります。
スカートの流れ方が、上から下に飛び降りてきた直後を思わせているのも動的な演出に一役買っているようにも感じられます。
スカートがふわっと舞っているのは、咲夜さんのセクシーさをアピールするとの同時に、
右太もものナイフホルダーをチラ見せさせる意図もあるのだと思います。

妖夢も咲夜さんも東方屈指の銀髪キャラですけど、それぞれ持ち味や魅力は異なるものの二人とも
「やっぱり美少女金髪キャラはすてきだよね~♪」と感じさせる魅力は間違いなく有していると思います!
昨日、⑨月⑨日は「チルノの日」でしたけど、昨日記事の通り、私の大好きな千葉ロッテマリーンズですてきなニュースが
飛び込んできたため、そちらの方を優先してしまい、チルノの日記事は一日遅れになってしまいましたけど、
チルノはそんな細かい事にほとんどこだわらないキャラでもありますので、「まっいっか~♪」と感じてしまいそうです。

9月9日は別にこの日がチルノの誕生日とかそういう訳でも無くて、東方の他の記念日のように語呂合せという訳ではなくて、
チルノ=⑨=おバカさんという事で、
毎年、⑨月⑨日はチルノの日とか、またまた更に細かく言うと、、⑨月⑨日⑨時⑨秒もチルノの日と言われております。

東方キャラの日としては、博麗霊夢の日(8月9日)とか早苗さんの日(3月7日)とかこいしちゃの日(5月14日)なども
ありますけど、この「チルノの日」は東方キャラの日としてはかなり盛り上がる方ではないのかな・・とも思います。

そもそも論になってしまいますけど、 どうしてチルノは「⑨」と呼ばれているの・・?という方も中に入ると思いますのて、
簡単に説明をさせて頂きますと、
東方花映塚オンラインマニュアルの中の「画面説明」という所で、用語説明がなされているのですけど、
その中において、
1.プレイヤー 2.現在のスコア 3.ライフ 4.現在のコンボボックス 5.チャージケージ 6.現在のカードアタックレベル
7.現在のポストカードレベルアタック 8.残機 とそれぞれ説明がなされている中で、
チルノの画像が表示されている所に⑨と記され、
「9.バカ」となんと・・・! はっきりと公式のゲームマニュアルにおいて
「チルノ=バカ」と記されていて、元々チルノは以前から「可愛いおバカさん妖精」と言われてはいたのですけど、
公式自体がまさかまさかの「バカ認定」をしてしまいましたので、
それ以降・・・チルノは⑨=おバカさんというキャラが成立してしまったという事なのです!

チルノはそれていいんです!

チルノなんなんだからしょーがないのです!

チルノは、本当に「愛されキャラ」ですし、あのおバカさんぶりとか
「あたいったら最強ね!」の言葉に代表される通り、本当はポンコツ妖精ちゃんなんですけど、少し強がっている所とか
本当に可愛くて可愛くてたまらない!という感じでもあります!
チルノは「冷気を操る妖精」という事で、チルノの周辺は寒くてさむくて堪らないという設定ではありますけど、
なんかああいう可愛らしさを目の当たりにしてしまうと、
今すぐチルノをとっつかまえてきて、頬をすりすりしたいような愛くるしさがあると思います。
チルノの言動はポンコツ以外の何者でもないのかもしれないですし、
チルノがなにかやらかす度に、そうですね・・それを見ている方も
「ま・・・またあの頭の悪い妖精ちゃんが何かやらかしたのね・・くすっ・・」みたいな雰囲気にさせてしまうのは、
チルノの「人徳」という奴なのかもしれないですし、 チルノ愛されキャラ説を立証していると思います。

今現在そうしたイベントがあるのかどうかは分かりませんけど、小学校や中学校の際には学期末近くに
道徳の時間やホームルームの時間を活用して、ジュースやお菓子の持ち込みOKの
かくし芸とか手品とか小話とかミニ劇・ミニコント・モノマネ・歌謡曲熱唱・ダンスといった一発芸お披露目会みたいなお楽しみ会
みたいなイベントも開催されていたような記憶があります。
そうした場合、何人かつるむ場合と単独で行う場合がありますけど、こういう時って「芸は身を助ける」というのは多少は
あるのかもしれないです。

当ブログでは何度も書いている通り、私自身は小学の頃は管楽器クラブにて打楽器を担当し、
中学以降は吹奏楽部でクラリネット・アルトサックスを吹いていましたので、
こうしたイベントの際には「楽器で一曲を吹く」という芸をお披露目すれば周りからは結構「おおー、すげーじゃん!」といった目で
見られることも多々あったと思います。
中学の頃、アルトサックスで当時流行っていたサザンオールスターズの「思い過ごしも恋のうち」を吹いたら、
まさかのアンコールが起きてしまい、しかも「違う楽器でなんかやれ」と担任教師から無茶ぶりまでされてしまい、
仕方ないので昔取った杵柄という訳ではなかったのですけど、部室からシロフォーン(木琴)を持ち出し、
ハチャトゥーリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞をお披露目したら、「さすが吹奏楽部のお家芸!」とべた褒めされて
いたこともあったものでした~♪
金融機関在籍時に、老人会・町内会の一泊二日の慰安旅行に添乗員として同行させられ、宴会で
「おまえたちもなんかやれっ!」みたいな際にも、その旅行時にクラリネットを一本持ち込んで
懐メロかなんかテキトーに一曲吹く事が出来れば、やはりそれだけで「すごいじゃん!!」みたいな目で見られたりもしましたので、
やはりこういう「一芸」はあると助かりますよね~
ちなみにご老人ばかりの旅行時には「青い山脈」・「上を向いて歩こう」・「津軽海峡冬景色」・「川の流れのように」あたりを
吹くとかなりウケはよかったと思います。
一度当時流行っていたパフィーの「渚に関するエトセトラ」を吹いたら「なんじゃそれ・・!?」と全然受けなかったのは
やむを得ない話なのかもしれないです。

そうしたクラス内の一発芸お披露目会でネタがないクラスメイトは、無難に「なぞなぞ」を出題してお茶を濁していることも
多々あったような記憶があります。

「パンはパンでも食べられないパンはな~んだ?」 「正解はフライパンで~す!」みたいな他愛も無いばかりでしたけど、
中には・・「鳥は鳥でも飛べないし食べられない鳥はな~んだっ?」というなぞなぞに対して
ある一人の生徒がなぜかしりませんけど「借金取り!」と答え、周囲が「なんじゃそれ・・?」みたいな雰囲気になっている中、
その生徒が言うには
「だってうちにはよく真夜中にそんな借金取りの人たちがやってきてドアをガンガンぶっ叩くよ・・」と平然と言っていましたけど、
それって当時はあまりよく分からなくても今現在の感覚で思い出すと結構シュールな話なのかも・・??
そしてその十数年後にまさか自分自身が金融機関に在職したことにより「借金取り」の片棒担ぐ羽目になるとは当時は夢にも
思わなかったです。
ちなみに今現在は法律で夜21時以降の督促は電話でも訪問でも厳禁扱いとなっているようですので、真夜中の借金取りの
取り立ては昭和の頃の話といえそうですね~

こうしたイベントの際のなぞなぞの問題としてどんな出題がされていたものでしょうか・・?

記憶に残る範囲で少しばかり記してみますと・・

みんなから「とっても賢いね」と言われる楽器ってな~んだ? → 答え:リコーダー(利口だ)

数字の9が嫌いな動物ってってな~んだ? → 答え:スカンク(好かん9)

口から出てくる「くび」ってってな~んだ? → 答え:あくび

丸じゃなくて、四角いボールってってな~んだ? → 答え:段ボール

学校の中でどんどん歳を取る場所ってどこ? → 答え:廊下(老化)

陸上競技場にいつもある車って、どんな車? → 答え:トラック

カレーのルーにこだわりを持っているのはどこの国の人? → 答え:ルーマニア(ルーのマニアだから)

ある県に住んでいる人は、ハンガーを決して使わないといいます。その県とはどこでしょう?
→ 答え:福岡県 (服を掛けんばいっ!)

家電屋さんである物を買ったら、女の子が付いてきました。さて何を買ったのでしょう? → 答え:除湿器(女子付き)

「うちわ」はいいけど、「扇子」は持ち込み禁止の乗り物ってってな~んだ? → 答え:潜水艦(扇子イカン)

お墓参りに2回も行った人の調子はどうでしょう? → 答え:ぼちぼち(墓地×2)

上記の「パンはパンでも食べられないパンはな~んだ?」 とか「鳥は鳥でも飛べないし食べられない鳥はな~んだっ?」
といったなぞなぞなのですけど、これって別に正解は一つだけではないのですよね。
食べられないパンの回答としては、他には私が思い浮かぶ限りでは、ジャパンとかジーパンとかチノパンとか審判とか
ピーターパンとか前科一犯とかルパンなんかが思い浮かびます。
「鳥は鳥でも飛べないし食べられない鳥はな~んだっ?」のなぞなぞの答えは、そうですね・・これは色々とありそうですね。
例えば、しりとり・あやとり・ねずみとり・関取・鳥取・サントリー・てとりあしとり・ちりとり・うっとり・おっとり・シンメトリー
あたりなのかな・・?
東方好きの皆さまでしたら、正解は・・「にとり」ですよねっ!

考えてみるとこういうなぞなぞ・クイズって別に正解・答えが一つとは全然限らないのですよね~

他には例えばですけど、

「鯛は鯛でも泳がない鯛はな~んだ?」というなぞなぞの答えとしては、ネクタイ・期待・気体・死体・遺体・値などが
思い浮かびそうです。
東方の幻想郷のあるキャラの皆さまでしたら「あたい」とか言うのかな・・?

「イカはイカでも墨を吐かないイカはな~んだ?」というなぞなぞの答えとしては、
西瓜・Suica・トロイカ・配下・哀歌・追加・家庭科・文明開化などが挙げられそうです。
東方好きの皆さまでしたら、正解はやはり「萃香」ですよねっ!

他にも他にも・・

「栗は栗でも食べられない栗はな~んだ?」というなぞなぞの答えとして、
びっくり・しゃっくり・ゆっくり・こっくりこっくり・がっくり・九十九里などが思いつきそうです。

とにかく世の中というものは、なぞなぞに限らず生き方とか考え方一つとっても「正解」とか「唯一の答え」というものは
ないと言えるのだと思いますし、それが人それぞれという事なのかもしれないです。

さてさて、こうした他愛もないなぞなぞですけど、万が一ですけど何かの間違いで幻想郷入りを果たしてしまい、
そこでうっかり氷の妖精のチルノに遭遇してしまい、チルノから喧嘩を吹っ掛けられた場合の対処方法として
チルノになぞなぞを出題するのも一つの方策なのかもしれないです。
阿求の「東方求聞史紀」においても、「チルノに万一遭遇したとしても、あせらないで、とにかくなぞなぞをチルノに問いかけよう・・
間違いなくどんな問いでも答えられず迷ってしまうので、その隙に逃げよう!」みたいな書かれ方をしていますので、
阿求も「チルノ=おバカさん」という認識を持っているという事なのだと思います。
上記のなぞなぞの問題をチルノに出題したとしても間違いなく一問も答えられないと思いますし、それ以前に幻想郷に
除湿器やリコーダーは存在していませんからねぇ・・

チルノは冒頭で記したとおり⑨とかおバカさんという扱いをついついされがちなのですけど、チルノは本当に愛されキャラですし、
上記のようななぞなぞを出題すると丸一日考えても全然答えにたどりづけず、ずーーっと「??」となってしまうところにも
チルノ人気の一端が垣間見えそうです。


chicchiiiiiruru_convert_20100930121012.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。
上記のなぞなぞ記事において「なぞなぞを出されても一問も正解を出せそうもないチルノ」について記させて頂きましたので、
ここではアミグリさんが描かれたかわいいかわいいチルノを2作品ほど転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記はアミグリさんが2010年9月に描かれたロリチルノです~♪

チルノは只でさえかわいい妖精ちゃんなのに、アミグリさんによってかわいらしさがマシマシになり、ロり化も果たした
ロりかわいいチルノだと思います。
デフォルメ化した訳では無いのだけど、アミグリさんのすてきな魔法によってちびっこ幼女化されてしまったチルノが
とてもかわいいと思いますし、見ているだけで思わずくすっ・・となってしまう癒されそうな素晴らしい一枚だと思います。
この作品はアミグリさんの中でもかなり初期の方なのですけど、はるか昔からアミグリさんのチルノ愛は
本物だったと言えるのかもしれないです。

何となくですけど「指人形」みたいな雰囲気も感じられ、 こんなちびっこくてロリロリ化したチルノを、手のひらに乗せて
一緒に遊びたいような気持にさせてくれるかわいい一枚だと思います。


crisutaru-chirno-_convert_20140709171803.png


続きましてアミグリさんが2014年7月に「ここどこ?」というタイトルで描かれたチルノです。

このチルノに関しては、色々と脳内妄想が発揮しまくりの一枚だとも思えます。

チルノは妖精なのですけど、まるで「スマイルプリキュア」のマジョリーナの「チイサクナール」によって
箱に入れるような小ささのチルノにちっちゃくされてしまったみたいな雰囲気がありますし、
さすがに「え・・なんであたい、こんなにちっこくなったの・・? 第一ここ一体どこなの・・?」みたいに
珍しく少々不安におびえている様なチルノがそこにいるんじゃないのかな・・?と思ったりもします。

果たしてチルノが閉じ込められたのはどんな世界なのでしょうか・・・?

氷の世界・・? 鏡の世界・・・? それとも普段イタズラしまくっている湖のカエルたちから仕返しといわんばかりに
オオガマ様の腹の中・・・?

このチルノの不安」という表情を絵にされている東方絵師様って実はそれほど見た事ないですし、
これはアミグリさんのすてきな感性と想像力がこうした普段見られないようなチルノの素敵な表情を
産み出したと言っても決して過言ではないと思います。

外界でもしもこうした「ちびっこい箱入りチルノ」が販売されていたとしたら、私なんか真っ先に買いたいですね!
ちびチルノを指でツンツンして少しイタズラしたり、
猛暑の際には室内のエアコン代わりに「冷気を操る程度の能力」のチルノを使用してもいいのかもしれないです
「東方三月精」で咲夜さんはリリーホワイトを瓶詰しようとしていましたけど、チルノをこうやって箱に閉じ込めても
楽しいものがありそうです。
そうしたチルノになぞなぞを出題したら、この絵よりも更にちょっと困った顔をするのかもしれないです。


42846130_p0_master1200_convert_20190520182259.jpg


上記の「え?」のデデンネは、アミグリさんが2014年4月にpixivで発表をされた作品です。
(このデデンネはdream fantasyの中では未掲載ですのである意味とても貴重な作品ともいえそうです)

デデンネのこのまんまるの雰囲気はかわいらしさそのものだと思いますし、
こうしたかわいいまんまるのキャラが「え・・?」とか「??」という表情をされているとかわいらしさも更にマシマシになるような
感じですね~♪

それともこの?のデデンネはなぞなぞを出題されて答えに窮して思わずきょとん・・みたいな表情をしているのかもしれないです。

上記のアミグリさんが描かれたチルノとデデンネは、チルノとデデンネの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいチルノを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 のに一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

とにかく、万一ゆかりんのスキマ能力等によって幻想郷入りを果たし、チルノに遭遇したらなぞなぞを出題するのが
いっちば~ん!といえそうですね~♪
2020-yukari-04_convert_20200607183957_convert_20200607225904.png


ポートレイト(肖像画)というのはエジプト文明・ギリシア文明の古き時代から既に存在していた特定の人物の顔や姿を
表現した絵画の事です。(写真で表現されたものは肖像写真と呼ばれます)
ポートレイトは直接モデルを前にして写実的にリアルに描かれる絵もありますし、はたまた
「それってどうみても美化され過ぎている」とか「それってデフォルメじゃん・・」みたいに実際の人物の顔は異なる絵も
多々あったりします。
理想化されたり戯画化されて実際の人物とは多少異なる姿で描かれるものもありますけど、後世に残る優れたポートレイトとは
そのポートレイトによって「モデルであるその人が感じられるかどうか」という事なのだと思いますし、
それが例え美化され過ぎていたり歪曲化されすぎていても、「このポートレイトは××さんだよね・・」と直感で感じさせてくれる
絵にどちらかというと歴史的価値があると言えるのかもしれないです。
中国の明の初代皇帝朱元璋のポートレイトには、温厚で端整な肖像画と、陰険そうで醜悪な肖像画の2種類が伝わって
いるそうですけど、当時の中国人民の目には果たしてどちらのポートレイトの方により「らしさ」を感じたのかは
興味津々であったりもします。
時の権力者たちが比較的好んで当時の絵師たちに命じて自らの肖像画を描かせたというのは、威厳をもった雰囲気で
自らを描かせることによって人民たちに「あの権力者様には逆らってはやばい・・」と感じさせるという意図もあったと言えそう
ですし、慈愛溢れるポートレイトを描かせることによって「あの王様には反抗してはまずいけど、なんとなく親しみややさしさを
感じるから、最大限の敬意を払おう」と思わせる意図もあるのかもしれないですし、
はたまた後世の人間にも「かつてこんなにも人民から恐れられた皇帝がいた・・」という事を伝えたかったという意図も
あるのかもしれないです。
換言すると肖像画というものはそれだけ時の権力者たちによってさまざまな形で利用されてきた歴史があると
いえるのかもしれないです。
権力者という存在は確かに階層社会の頂点に君臨し絶大なる権力を握り、さまざまな栄光という特典を有したりもしますけど、
逆に常に「いつか自分の部下や下層階級からのクーデターを食らって失脚するのではないか・・」という目に見えない不安と
「自分しか信じられない」という救いようのない孤独感に悩ませられる存在なのかもしれないです。
そうした時に、時の絵師によって描かせた自分のポートレイトを見ることによって、自分を奮い立たせたり
自分を過剰すぎるほど美化する事もできたのかもしれないですね。

話はいきなりそれますけど、上記でちらっと触れたように肖像画(ポートレイト)には描き手の絵師によって
全く同一人物を素材にしても全く相反する作品が完成してしまう場合も多々ありますし、音楽の世界にもそうした事を示唆させる
作品もあったりします。

それがB.バルトークの「二つの肖像」という作品であったりもします。

この曲を作曲当時バルトークは、ガイエルというヴァイオリン奏者に恋心を抱き、
その思いが一つの結晶となって表れたのがヴァイオリン協奏曲第一番です。
結局ガイエルとの恋は残念ながら悲恋に終わり、 ヴァイオリン協奏曲第一番も献呈されたガイエルの手許にずっと
保管されたまま忘れ去られ、 この協奏曲が初演されたのは、バルトークもガイエルも既に世を去った1958年です。

一方バルトークはこのヴァイオリン協奏曲第一番とは別に「二つの肖像」という管弦楽曲を世に発表し、
実は「二つの肖像」の第一曲「理想的なもの」は、ヴァイオリン協奏曲第一番第一楽章と全く同じです。
換言すると、ヴァイオリン協奏曲第一番が初演された時点では、既に第一楽章だけは
「二つの肖像」という別の形で既に発表されていた事になります。
「二つの肖像」の第一曲「理想的なもの」は、独奏ヴァイオリンが主体で
終始ソロヴァイオリンが哀しいメロディーを切実に歌い上げていきます。

「二つの肖像」の第二曲は、「醜いもの」というタイトルで、第一曲の理想的なものが10分程度の比較的長い音楽であるのとは
極めて対照的に、荒々しい疾風するようなトゲトゲしい音楽が3分程度駆け抜けていきます。
「醜いもの」は、クラリネット・フルート・オーボエの豚の絶叫みたいなブヒヒーンという雄叫びが極めて印象的です。

この第二曲「醜いもの」にも実はガイエルの影が潜んでいます。
この曲の元ネタは、実はバルトーク自身の「14のバガテル」という曲でして、
この「14のバガテル」という曲の中の第13曲「彼女は死んだ」と第14曲「彼女は踊る」という何やら意味ありげのタイトルの曲の
メロディーラインを二つの肖像のモチーフにに転用していますし、「二つの肖像」第二曲・醜いものは、
この「14のバガテル」の第14曲「彼女は踊る」をそっくりそのままオーケストレーションしたものなのです。

タイトル自体既に意味深なのですけど、「二つの肖像」という曲自体、
バルトークのガイエルに対する相反する二つの気持ちをそのまま曲にしたものなのかもしれません。
ガイエルに対する「あなたこそ私の理想の女性」という想いもある一方で、交際の過程で生じたさまざまな軋轢・心理的離反・
埋められない価値観の相違など理想と現実のギャップにバルトーク自身が大変悩み、
そうしたガイエルに対する複雑な想いが、理想的なもの・醜いものという相反するタイトルに繋がっていったのかも
しれないです。

心情的には男と女のミステリー音楽劇場みたいなものなのかもしれないです。

ご紹介が大変遅くなりましたけど、冒頭のポートレイト風ゆかりんは、dream fantasy2のアミグリさんが2020年6月に描かれた作品です。
このすてきなゆかりんは後半改めてご紹介をさせて頂きたいと思います。
(ゆかりんの少し憂いを含んだお顔にフォーカスされたポートレイト風な描き方がとても素晴らしいです!)





上記で既に触れた通り、ポートレイト(肖像画)は、古くは古代エジプトや古代ローマ時代から盛んに制作されていましたけど、
それが芸術作品として広く描かれるようになるのはルネサンスが誕生する15世紀以降の話です。

2020年春アニメとして放映されていた「アルテ」は、そうしたルネサンス期のイタリアのフィレンツェを舞台にしたお話です、

16世紀初頭のルネサンス期において、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどの巨匠が活躍した
ルネサンス文化の中心地の一つがフィレンツェであり、「アルテ」はそうした画家たちのギルド社会や工房での
親方と弟子の徒弟社会をモチーフにした物語でもあります。
当時のイタリアは文化の最先端という立ち位置になるかとは思うのですけど、そうした文化の担い手の一つでもあった
画家たちは意外と古くからの伝統や慣習に囚われがちで、そこには男尊女卑的な思想が根強く残っていて
「(アルテのような)女性が画家を志すなんてありえない」とか「女は家事さえやればそれでいいんだ」とか
「女の価値はいかに政略結婚によって相手方との共存利益をいかに見出すことができるのかという事しかない」とか
「女の結婚は持参金次第である」といった女性を蔑視し見下したような社会の雰囲気が濃厚だったのかもしれないです。

アニメ「アルテ」はそうした伝統的社会とか男尊女卑の社会とか古くからの因習にとらわれすぎる社会に対して
風穴をあけようと孤軍奮闘する一人の美少女のお話ともいえます。
元々は貧乏貴族の家に生まれたアルテでしたけど、「どうしても私は絵を描く事を生涯の仕事として全うしたい」とか
「私はとにかく絵を描く事が大好き!」とか「このまま貴族の家にいても持参金目当ての男どもの家に嫁がされるのがオチ」
という事で、当時は「女性が男性親方の家に弟子入りをするなんてありえない・・」という風潮の中、
確固とした信念のもと、思い切って家を飛び出したり、自分を弟子として雇ってくれる親方を必死になって探すとか
「お前は女だからダメだ」という世間に対して「それじゃー、この長い金髪をばっさりと切ったら男と同様な事を
認めて貰えるか」という事でなんの迷いもなく髪をばっさりと切落したりとその大胆な行動力と明るさには
魅かれるもの大でしたし、どの回を見ても純粋に「アルテ! 頑張れ!」とまるで「Hugっとプリキュア」のはな先輩のように
「フレー、フレー!むとエールを送りたくなるような気分になったものでした。
「女の画家見習いである」ということで周囲の反発も多かったアルテでしたけど、
持ち前の明るさと頑張りで男女の壁を乗り越え、徐々に理解者を増やしていった中で、突如水の都・ベネチアに
家庭教師として派遣される話が持ち上がり、ここからアルテの運命も大きく変化する事になります。

あまり過度に書くとネタバレになりますので、「アルテ」について興味がある方は是非ぜひ見逃し配信や
後日販売予定のBD等をご覧になって頂きたいと思います。

アルテがベネチア行になった一つのきっかけがユーリがアルテの描いた肖像画に興味を持ったという事でもありますし、
家庭教師としての雇われ先のファリエル家において肖像画の専属絵師として働くという付帯契約でもありましたので、
ファリエル家のソフィア奥様とその御令嬢のとカタリーナの肖像画を描き上げていたりもします。
その後色々な経緯はありましたけど、ベネチアのとある大貴族様一家の専属肖像画の絵師を務めたという実績や
「ベネチアにこのまま残って欲しい」という大貴族からの申し出を断ったという噂もあって、
フィレンツェのレオの工房に戻ってきたアルテには、貴族たちから夫人や令嬢の肖像画の作成依頼が舞い込むようになります。
「女性ならではの視点で描かれる肖像画」は顧客を満足させたものの、女性であるがゆえに宗教画の注文が来ないと
いったような壁にもぶち当たるようにもなり、またまた悩むアルテがそこにはいたものでした・・

アルテの描いた肖像画はとてもやさしいタッチで描かれ、見ているだけで人をなごませる効果もありそうですね~

そうした意味においては、肖像画の効果として、威厳に溢れたポートレイトによって自己の権威と威厳を高めるものも
大きいですけど、ルネサンス以降の近代に入るとそれと同じくらい「やさしさ・癒し」といった効果を絵師に求めるような時代に
入っていったのかもしれないです。


CIMG0456_convert_20170803064041.jpg


上記にてポートレイト(肖像画)は時の権力者たちによってさまざまな形で利用されてきた歴史があるといえるのかもしれないと
記しましたし、アニメ「アルテ」でもそうした事を示唆するシーンもありましたけど、
それでは一つの社会において実は支配者階級-被支配者階級が存在せず、王様も皇帝も権力者も行政組織はおろか
警察すらも存在しないある意味ユートピア的な東方の幻想郷においては、実質的なトップまたは影の支配者、はたまた黒幕
という存在はあるものなのでしょうか・・?
そしてもしもそうした存在に近い人がいるとするならば一体それは誰なのでしょうか・・?

私的にはその答えはゆかりん=八雲紫様です。

ゆかりんは、誰よりも幻想郷を愛し誰よりも幻想郷の未来を憂い、普段は表舞台から指示を出すとかそういう事は
一切しない代わりに、例えば式神の藍をフルに活用し幻想郷の定期的なパトロールや何か事件・異変が発生した場合は
霊夢をこきつかって? その対策に当たらせたり、
はたまたもしかしたら外界にも出没し、外界から幻想郷内の妖怪の食糧になりそうな人間を拉致したり、
将来の巫女候補になりそうな少女をさらってくるといったダーティな役割も担っているのかもしれないです。
最近では、永琳・うどんげちゃん・サグメといった月の民たちへの監視活動を強めたり、とにかく幻想郷内の秩序維持と
幻想郷内の古くからいる勢力と新しい勢力のパワーバランスの維持に日々腐心されているのがゆかりんなのかも
しれないです。

ゆかりんは必ずしも権力者という訳ではないのですけど、それに近い立ち位置から幻想郷の事を何かと気にかけて
いるのだと思います。

ゆかりんはスキマ妖怪」いう事で、幻想郷と私達が日々暮らしているこの「外界」を自由自在に出入りできる
東方では極めて貴重な存在と言えるのですけど、
もしもですけど、ゆかりんが外界において神社が寂れている光景を目の当たりにされると果たしてどのように感じる
のでしょうか・・?

それを示唆した一コマが「東方三月精」で描かれていました。

「こうした大切な神社すら誰にもお詣りをされず寂れてしまう・・・・
 外界は既に夜も妖怪も誰も恐れはしない・・・
 観光地という事でもない限り、誰も神社になど目もくれない・・・という事なのだろうか・・・」

「東方三月精」におけるゆかりん=八雲紫様のこの言葉はかなり重たいものがあると思います。
外界から完全分離をしなければ妖怪の存在すら許されなくなった状況というものは換言すると幻想郷においては
妖怪たちへの畏敬が今現在も続き、人間達が妖怪の存在を認めて敬っているという事の証でも
あるのですけど、「誰も妖怪を恐れない」という事は同時にゆかりんをはじめとする妖怪・神・妖精・鬼・吸血鬼・天狗等の
非日常的存在を科学等の合理的思考が一蹴し完全否定される事で
自分達自身の存在意義が根幹から問われている非常事態とも言えますからね。
だからこそ、ゆかりん達は一大決心をし、幻想郷を外界から完全遮断し、ゆかりん達妖怪勢力が人間からの畏敬無しでも
存在できるように企画立案、そして有言実行したという事になりますけど、
そうした意味では、ゆかりん=八雲紫様は、多少胡散臭くても幻想郷最大のヒロインの一人と間違いなく言えそうです。

それでもゆかりんにとっては現況の幻想郷は必ずしもゆかりんにとっての理想郷とは程遠く、ゆかりんにとっては
まだまだ苦労が絶えない日々が続くという事なのかもしれないです。

幻想郷において、そうしたゆかりんの心の内面を探るようなポートレイトを描く絵師というものは存在はしていないのですけど、
もしも幻想郷内にすてきな絵師様がいて、ゆかりんのポートレイトを描いたとしたらどのような感じになるかと言うのは
大変興味津々であったりもします。
厳格さと威厳と畏敬に溢れたゆかりんになってしまうのか、はたまた上記で記したように幻想郷内と外界の
パワーバランスの維持に日々苦労されているゆかりんの内面の苦労がしのばれるようなポートレイトになるのか
とても楽しみでもありそうです。

さてさて、dream fantasy2
アミグリさんの作品の中にはゆかりんの絵もたくさんあるのですけど、そうしたポートレイト風な絵もいくつか描かれています。
それはまるでアミグリさん自身が幻想郷に瞬間移動し、ゆかりんから「私の肖像画を描いてみて~」と依頼を受けて
描いたかのような雰囲気すらあると思います。

そんな訳で下記において、dream fantasy2のアミグリさんが描かれたポートレイト風ゆかりんを2作品、転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。


20130818165905e8d.png


まず一つ目が2013年8月に描かれたポートレイト風ゆかりんです。

アミグリさんはこの作品を描かれた当時「らくがきみたいなもの・・」と謙遜されていますけど、
いやいや、そんな事はないと思います。
これはらくがきではなくて、立派なゆかりんのポートレイトに他ならないと感じます。

このゆかりんは、どことなくですけど物思いに耽られているようにも感じられたりもします。
果たしてゆかりんが思いを巡らせているものとは何なのでしょうか・・?
将来の幻想郷の事・・? 博麗大結界は今後も大丈夫なのか・・? 霊夢はもう少しちゃんと修行してくれないか・・?
幻想郷内の妖怪対人間のバランスは果たして適切と言えるのか・・?
月の民たちは再度幻想郷侵略を実行するのだろうか・・? 永琳とサグメは何をヒソヒソとよからぬ?密談を繰り返しているのか?

そうした少しシリアスな側面が伝わってくる内省的なポートレイト風ゆかりんだと思います。

ゆかりんとしての心の深層を垣間見せてくれるような心象的な一枚なのだと思います。


2020-yukari-04_convert_20200607183957_convert_20200607225904.png


続きましてアミグリさんが2020年6月に描かれたゆかりんです。

このゆかりんもすてきなポートレイト風のゆかりんだと思います!

上記の2013年のゆかりんは少し威厳や物思いに耽られるゆかりんというものを感じさせてくれましたけど、
2020年6月のゆかりんはゆかりんのレディとしてのお美しさと少女の恥じらい的なかわいらしさの二つの側面も
すてきに内省的に描かれていて、そうした表現力の幅広さも十分感じることができました!

少し憂いを感じさせるのもゆかりんの少女らしさが引き立たされていると思います。
憂いやしっとりとした瞳うるうる的な目の表情も素晴らしいと思いますし、あのゆかりんのしっとりとした瞳に
吸い込まれそうな雰囲気すら有していると思います。

普段の威厳と胡散臭さ?に溢れたゆかりんに対して、アミグリさんが描かれたこのゆかりんからは少し不安感といったものも
感じたりもするのですけど、その不安感というのはやはり最近の幻想郷における天候異変とか
外界や月からの侵入者や依神姉妹という疫病神と貧乏神がわがままし放題に暴れていたり、ゆかりんとしての
危機感がどことなくゆかりんにしては珍しい不安感といった内面的な心の描写をアミグリさんがしっかりと絵師様として
受け止めポートレイト風に立派にしっとりと内省的に表現されたといえそうです。

2013年のゆかりんも2020年のゆかりんも「幻想郷の未来」について想いを巡らせているゆかりんという共通性は
しっかりと伝わってきます。

ゆかりんは最高ですし、アミグリさんの描かれるゆかりんは私にとってどの絵師様が描かれるゆかりんよりも大好きです!

肖像画(ボートレイト)というものは絶大な地位にいる権力者の華やかさと栄光だけを描くだけではなくて、時には
こうやって権力者の不安感・さびしさを描く事も効果があるという事を示したアミグリさんの立派なポートレイト風絵なのだと
思います。

上記のアミグリさんが描かれたゆかりんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも内省的なゆかりんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりゆかりんは幻想郷最大のヒロインなのだと思います!



東方ゲームにおけるペアは、やはり「霊夢と魔理沙」は鉄板の組合せなのかもしれないですね~♪

最近の東方はスマホゲームにも相当シフトしていて、例えば東方キャノンボールや東方ロストボールにおいても
従来のゲーム作品ではあまり見られなかったペア同士のバトルとかチーム戦みたいなものもあったりしますし、
公式ゲームの中でも例えば「東方憑依華」のようにあるキャラとあるキャラがペアになる事で、相手ペアとのバトル展開を
行うという事もなされていたりもしますし、
東方茨歌仙や東方鈴奈庵等においては、キャラ同士のカップリングの場面も多々あったものでした。

そしてそうした東方カップリングというとその第一人者はいうまでもなく「れいまり」・・つまり霊夢と魔理沙のカップリングだと
思いますし、事実2017年の東方人気投票における「ベストカップリング部門」においては二位以下をぶっちぎるほどの
圧倒的な一位のカップリングのペアはいうまでもなく霊夢と魔理沙でした。

ご紹介が遅くなりましたけど、冒頭のデフォルメのれいまりは、dream fantasy2のアミグリさんが2020年6月に描かれた作品です。

このかわいいデフォルメれいまりについては後半改めて触れさせて頂きたいと思います。

東方におけるカップリングというと、霊夢と魔理沙以外では、霊夢-早苗の巫女カップリングとか
アリスと魔理沙の魔法使いカップリングとか妖夢とゆゆ様の主従カップリングとか咲夜さんとレミリア様の同じく主従カップリング
とかアリスとメディスンのドールカップリングとかうどんげちゃんとてゐのうさぎカップリングとか
妹紅と慧音先生の百合カップリングとか白蓮さんとムラサの救済カップリングとか
さとり様-こいしちゃんの姉妹カップリングとかフランちゃん-こいしちゃんの東方最強(最狂?)の妹カップリングなどなど
とにかく素敵なカップリングがてんこ盛りだと思うのですけど、
東方というとやはり鉄板ペアは誰が何と言っても「れいまり」という霊夢と魔理沙のペアなのだと思います!

霊夢と魔理沙なのですけど、少し似た者同士ではないのかなぁ・・とも感じる事も多々あるのですけど、
やっぱり少し違うかな・・とも思ったりもしています。
霊夢の場合は、大の修行嫌い&修行不足のため、歴代の博麗神社の巫女さんの中でも
「最ものんきで最も危機感に欠ける人」というのは既に定説となっているのかもしれないです。
霊夢の場合、その天性の才能・・・ある意味とてつもない幸運と鋭い勘でもって
才能だけで数々の妖怪退治を行い、その腕前は確かに相当なものは間違いなくあると思います。
そうでないとあんな数々の異変解決や妖怪退治等の武勇伝は成立しませんからね~♪
霊夢は、異変解決とか妖怪退治の仕事がない時は・・・
博霊神社内の清掃をしている(振りをしている・・・??)かお茶を飲んでいるか
魔理沙とだべっているか、「努力」というものは嫌っている御方でもあります。
阿求からもその著作の中ではっきりと「あの神社の巫女は仕事をしない事で有名である・・」とはっきり書かれています・・

一方魔理沙の場合・・・
一見して派手な言動・・「派手じゃなければ魔法じゃない!! 弾幕は火力だぜ!!」が口癖なのかもしれないですけど
実は大変な努力家なのだとも言えます。
魔理沙は普通の魔法使いなのですけど、バチュリーさんや白蓮さんみたいなある意味化け物みたいなご長寿の魔法使い
ではなくて、実はその正体はごく普通の人間の魔法使いです。
魔理沙の魔法は光と熱を伴う魔法を炸裂させ、一見するととても派手に見えてしまうのですけど
実は、あの派手な魔法の影には大変涙ぐましい努力をしていて
魔理沙の魔法のそもそもの燃料である化物茸をゲットするために、
日々こうした化物茸を見つけるために、魔法の森を探し回っていて、その茸を長時間煮詰めて乾燥させて
そうして作った固形物が魔理沙の魔法の源になっています。
だけど、その固形物が毎回成功するかと言うと、決してそういう訳ではなくて、
日々その固形物を投げつけたり加熱したりして「実験」を繰り返し、しかもご丁寧な事に
その実験記録をきちんと魔導書として記録している事は、間違っても霊夢には出来そうもない事です。

霊夢と魔理沙は一見似た者同士に見えるのですけど
よく見てみると、二人のキャラの違いは一目瞭然なのかもしれないです。
そうしたとっても魅力的な二人が異変解決をするために色々な妖怪等を退治するというのが
東方の根本的な世界観という事なのだと思います。
魔理沙って魔法の森に暮らす魔法使いなのですけど、霊夢の神社にいる事も多く、霊夢が妖怪退治の依頼を受けたとしても
面倒くさがる霊夢に対して、簡単にその依頼を引き受けてしまうのが魔理沙と言うのも面白い対照性を感じたりもします。

「東方憑依華」においては、現実の世界と夢の世界という二つの世界を通して夢の中の自分=本音で生きるキャラの存在を
むき出しにしていましたけど、それによると魔理沙の本音というものは、
「霊夢と紫はいつも私より主人公っぽくて目障りなんだよ。 思う存分、暴走魔法を試してやるぜー!」という事でも
ありましたので、もしかしたら魔理沙も・・?? 心の深層としては「いつか霊夢にとって代わって幻想郷の妖怪退治の主導権を
握ってみたい」という事もあるのかもしれないてすけど、意外と・・? 相手への思いやりと共感度が高そうな魔理沙にとっては、
そうした心の深層・本音を実行に移す可能性は極めて低そうですし、これからも霊夢に対する信頼感をペースにした
共存共栄体勢は堅持していくのかもしれないです。

霊夢と魔理沙のカップリングは俗に「れいまり」と言われていて、二次創作や同人誌関連では、そうしたれいまりに
百合要素を加味した感じとかほのぼのまったりとした要素をプラスしているのは大変面白いものがあり、
それが顕著に表れているのは、鈴奈庵や三月精等の公式漫画と言えるのかもしれないです。
鈴奈庵では東方Project史上初の「霊夢と魔理沙の二人による異変解決」が実現したり、
また博麗神社から煙が上がっているのを見た魔理沙が「霊夢が自分に泣きながら助けを求めている」と想像したり、
霊夢が風邪だと知るや否や、「私が治してやるぜ!」とやや赤面気味に言うなど、
れいまり要素・・いわゆる「百合っぽいもの」が描かれていて、そうした「百合的ほのぼのれいまり要素」が見たい方にとっては、
バイブル的書籍になっているのかもしれないです。


19527693_convert_20110611143027.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた作品の転載&ご紹介コーナーです。
本日のテーマが「れいまり」でしたので、それに呼応する形で本日ご紹介させて頂く作品は全てアミグリさんが
描かれたれいまりです。

まず、下記の2作品はアミグリさんのかなりの初期作品のれいまりでいずれも色鉛筆描きのアナログ作品です。

まず初めにアミグリさんが2011年6月に描かれたアナログのれいまりです。

アミグリさんにしては珍しく色鉛筆で描かれた作品なのですけど、色彩感はかなりカラフルにあたたかく感じます。
色鉛筆の色彩がとても新鮮に感じたりもしますし、れいまりの可愛らしさを一段と引き立たせているようにも感じたりもします。
このれいまりの二人はとっても仲のいいパートナーみたいな雰囲気もありますね~♪

アミグリさんの大変精緻なデジタル作品も大変魅力的ですけど、こうしたアナログれいまりといった色鉛筆のアナログ作品も
「シンプルイズベスト」みたいな味わいもありますし、デジタルでもアナログでもどちらでも素晴らしい絵師様であると
改めて実感します。

特にこの霊夢とふわっとしたスカートが可愛いと思いますし、スカートと黒タイツの間の絶対領域もとても眩しく感じられます!


re-marikakou!_convert_20101010123235.png


続きましてアミグリさんが2010年10月に描かれたれいまり・・霊夢と魔理沙のアナログ作品です!

一つ前の作品と同様に色鉛筆仕様というのはアミグリさんの作品としては
少し珍しい部類に入りますので、逆にとても新鮮に感じます。
こうした色鉛筆を使用された手描きのほのぼの感がとてもやわらかく感じらてとっても目に優しいと思いますし、
何よりも霊夢と魔理沙の親密ぶりがデジタル以上に温かく伝わっているようにも感じられます。

温かみとかふんわりとしたやさしい感じが伝わってきて、とてもすがすがしいと感じられます。

一つ上のれいまりは「仲のいいパートナー」という感じもあったのですけど、こちらのれいまりはどちらかというと
魔理沙の方がより積極的な感じも漂っていて、例えば異変解決とか妖怪退治の依頼が舞い込んで来ても
霊夢が「面倒くさいなぁ・・」と依頼の受諾を渋っているのに対して魔理沙の方が勝手にどんどん
そうした依頼をひょいひょいと受けてきそうなちょっと勝気そうな魔理沙みたいな雰囲気もほのぼのとした雰囲気の中にも
多生はありそうな感じもあるのだと思えます。

このふんわりとしたれいまりは、どちらかというと「東方三月精」におけるほのぼのとした霊夢と魔理沙の日常みたいな
イメージに近いのかな・・?とも思えます。


2020-reimari-03_convert_20200605155435_convert_20200605231702.png


続きましてのれいまりは、2020年6月に描かれたデフォルメ作品としてのれいまりです!

それにしてもなんとかわいくてキュートなデフォルメのれいまりでしょう~♪

二人の確かな絆もゆるさの中からしっかりと感じられます。普段描かれるお目目とはちょっと違った雰囲気で
描かれていて、それがまたとってもかわいいです。

なんとなくサンリオキャラの雰囲気も感じさせつつ、れいまりの赤と黒の対比も艶やかに感じられそうです。
東方ストラップのデザインとしても十分通用すると思いますし、店頭にこんなかわいいれいまりグッスが
売られていたら速効で買いそうです~♪

上記のアミグリさんが描かれたれいまりは、その権利は全てこのれいまりの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいれいまりを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりれいまりは東方史上最強のカップリングといえそうですね~♪


→ 素足霊夢で「ピチカートドロップス」

ボカロ楽曲には、楽しい曲・聴くだけで元気と勇気が溢れる曲・せつない曲・失恋ソング・片思いの人を応援する曲・
生きているのがしんどくなった時に聴くと少しだけ希望が湧いてきそうな曲などなど素晴らしい楽曲が
「これでもかっ!」と言わんばかりにたくさんありますし、今現在でもそうしたすてきなボカロ楽曲が日々創造されているのは
本当に素晴らしいものがあると思います。
私的には、メルト・橙ゲノム・うそつき・シャルル・桜ノ雨・GIFT・金曜日のおはよう・HORIZON・からくりピエロ・純情スカート・
こっち向いてBaby・君色に染まる・ハッピーシンセサイザなどの楽曲が特に大好きだったりもします。

そうした素晴らしきボーカロイド楽曲をバックに東方キャラ達が時にしっとりと、時にスカートひらひらしまくって激しく踊る
東方MMDの世界も大変素晴らしいものかあると改めて感じます。

「東方MMDってなんですか~?」と東方MMDをご存知ない方もいらっしゃると思いますので、改めて説明をさせて頂きますと、
「MMD」とは、ミクミクダンス(MikuMikuDance)という3D人形映像作成ソフトの事で、
ボーカルソフト「初音ミク」のミクを3Dでダンスさせたい!という願望をかなえるために作成されたフリーソフトです。
当初の作成目的はダンスでしたけど、ダンス以外の多様な動きや演出にも使えるので、
MMDを使用しての音楽物語の作成も可能です。
そして、そのキャラを初音ミクではなく東方キャラにして作った動画が「東方MMD」です。
東方Projectのゲームのキャラクターを使って、MikuMikuDanceで作った動画というのが東方MMDと言えるのですけど、
ダンス動画にも物語の動画としても応用は可能で、既にたくさんの東方MMDがニコニコ動画やユーチューブ等で
UPされています。
東方MMDの世界でも霊夢は妖夢・咲夜さん・アリス・魔理沙・フランちゃん・こいしちゃんなどと共に大人気キャラでも
ありますし、JK制服版や私服版の霊夢のあの弾けるような雰囲気も実に素晴らしいものがあるのですけど、
霊夢の本質は誰が何と言っても幻想郷の根幹とも言える博麗大結界を管理する巫女さんでもありますので、
私的には霊夢の東方MMDというと紅白巫女さん衣装が最もしっくりきそうでもあります。

今回レビューさせて頂きます東方MMDは素足霊夢で「ピチカートドロップス」なのですけど、
お花畑に素足でダンスをする霊夢がとってもかわいいです~♪

霊夢の靴と言うとイメージ的には霊夢は巫女さんという事で鼻緒の赤い下駄を履いているのかな・・?という雰囲気も
ありそうですけど、フィギュア・漫画作品・ゲームでの霊夢の足元を見ていると黒いワンストラップのパンプスみたいなのを
履いてることが多いようにも感じられます。
ちなみに霊夢の同業者の早苗さんはブーツを履いている事がほとんどです。
(あのブーツは外界から持ち込んだもの、またはそれをにとり達に模造させたものなのかもしれないです)

それにしても素足霊夢で「ピチカートドロップス」において、お花畑で素足のまま踊る霊夢はとってもかわいいですね~♪
ああいう霊夢を見ると「美少女は裸足や素足もよくお似合いである」と改めて感じてしまいそうです。

「ピチカートドロップス」はとあPのの25作目で、初音ミクオリジナル曲です。

とあPの楽曲には女子が主人公の片想い・失恋ものが多いようにも感じられ、他にそうした悲恋系の楽曲としては、
ツギハギスタッカート ・飛行機雲・ぬけがら ・さよならスーヴェニア ・ワカレバナシなどが挙げられると思います。

「ピチカートドロップス」は甘く切ない感じの片思いソングで、原曲でのミクのか細くて不安定な声が更に甘くせつなく響きますし、
ちょっと病んでいそうな雰囲気や痛みがしみじみと伝わってきていると思います。

歌詞を一部だけ抜粋させて頂きますと・・

あの子が見てるのは 『恋』じゃなくて 甘い 甘い 甘い夢
どんなに近くったって 手は繋がない
そろそろ笑えないや いつまでひとりなの?

そう 泣いてないで 踊ろ踊ろ 君のステージで  もう「いいないいな」って 欲しがったって
「ないのないの」って 欲張っちゃったって きっと 忘れちゃうから
もう いいでしょ ねえ おいでよ ほら全部全部飛んでっちゃうよ

歌詞からも片想いの痛みや「自分と言う存在にも気が付いて欲しい」という想いがそこはかとなく伝わってきていると
感じられます。

この楽曲を霊夢が東方MMDとしてダンスをしているのを見ても、
全体的にはとってもかわいい雰囲気がありながらもせつなさを感じるのは、結局はこの片想いの恋が
相手に伝わる事も無く幸せな結末を迎えられそうにないだろうなぁ・・という事を聴いている方にもじんわりと伝わってくるから
なのかもしれないです。


huran-hpb!!!!!_convert_20131007115059_convert_20180109075019.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

今回ご紹介させて頂く作品はアミグリさんが2013年10月に描かれたフランちゃんです。

当ブログでも何度か転載&ご紹介をさせて頂きましたアミグリさんが2013年10月に描かれた「紅茶フランちゃん」は
まるでとある国の高貴なお姫様の幼少時代のポートレイトという感じも漂っているのですけど、
上記のフランちゃんは、のびのびとした雰囲気であどけない様子をすてきに私達に見せてくれていると思います。

勝手にタイトルを付けさせて頂くと「お花畑で無邪気に戯れる美少女」と命名したくなって
しまいそうなほど、フランちゃんのあどけなさ・可愛らしさ・美少女振りが一枚の絵にググッ・・と濃縮されていると
思います。
このフランちゃんはどうしてお花畑で寝転がっているのかな・・? うっかり転んでしまったのか、
それとも「このお花の下でうごめいているこの小さな虫の正体は何なのかな・・?」と興味津々に見つめているのか、
なんとなくカメラ目線なのは、咲夜さんと一緒に外を散歩中に寝っころがっていたら、文が急にカメラを向けてきたので
思わずついついカメラ目線で文のカメラを見てしまったとか
色々と楽しい妄想が沸き起こりそうな絵だと思います。
この絵のフランちゃんは靴までは描かれてはいませんけど、美少女がお花畑の中で戯れていたとしたら、
そのシチュエーションはほぼ間違いなく裸足なのだと思いますね~♪
冒頭の東方MMD / 素足霊夢で「ピチカートドロップス」においては霊夢が花畑の中で素足でダンスを楽しんでいましたけど、
素足や裸足のフランちゃんも霊夢と同じくらいかわいくて魅力的なのだと思います。

フランちゃんの背中の羽が広がっていないでこうやって曲がったような感じになっている構図もフランちゃんを描かれる
絵師様の中では大変珍しいようにも感じられますし、
いつも以上にウェーブがかかっている金髪とか太ももがちょっと露わになっているのも眩しすぎますね~♪

上記のアミグリさんが描かれたフランちゃんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもすてきな美少女のフランちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても美少女と素足・裸足というシチュエーションもとっても絵になりますし見映えがしますね~♪
2020-pacyuri-03_convert_20200528162259_convert_20200530011708.png


パチュリーさんは見た目は西洋の魔法使いなのですけど、使用している魔法は実は五大元素(地水火木金)という
東洋魔術をベースにしているのは大変面白いと思います。
対して魔理沙は日本の幻想郷の魔法使いなのですけど、扱う魔法は四大元素(火水風地)という西洋魔術であり、
東洋魔術を扱うパチュリーさんはいわば西洋の東洋魔術師であり、
「東洋の西洋魔術師」である魔理沙と対極をなしているのは大変興味深いものがあったりもします。

東方の魔法使いというと魔理沙とアリスというイメージもあったりしますけど、
東方的に魔法使いを分類化してみると下記の3パターンに大別できるのかと思います。

1.初めから元々存在自体が魔法使い

2.元は「人間」なのだけど、修行の結果として魔法使いになったという「元・人間」みたいな立ち位置

3.現役の人間そのもの

みたいになると思うのですけど、魔理沙は言うまでもなく3のパターンで、霊夢同様、生粋の人間です。
白蓮さんは、2のパターンに該当し、元々は老婆だったのですけど、自らに魔法を掛けることで
若返り&肉体の強化を図ったという感じです。
アリスに関しては、見解が分かれてはいるのですけど、阿求の求聞史紀においては2の説を採用していますけど、
今現在はどちらかというと1の説が濃厚だと思いますし、旧作のアリスが現在のアリスと同一人物だと仮定すると
やはり分類的には1が正解という事になると思います。

バチュリーさんは1のパターンだと思います。それにしてもどうしてこの御方が吸血鬼のスカーレット姉妹が住んでいる
紅魔館の居候として棲みついているのかは正直謎でもあります。
居候を許可したのは、レミリア様のいつもの気まぐれという事かもしれないですけど、
お互いに「パチェ」・「レミィ」とファーストネームみたいな感じで呼び合う仲である事を考えると意外とレミリア様とパチュリーさんの
波長は合っているのかもしれないです。

ご紹介が遅くなりましたけど、冒頭のパチュリーさんは、dream fantasy2のアミグリさんが2020年5月に描かれた作品です。

この美しいパチュリーさんについては後半改めて触れさせて頂きたいと思います。

パチュリーさんは、別名「動かない大図書館」の名前の通り、基本的には日が当たらない地下の図書館にこもりっきりで
ほぼ一日中読書に費やしています。
確かに知識は豊富なのかもしれないし、かなりの知恵者という感じが強いのですが、
俗にいう「知識人の弱さ」とか「頭でっかち・・」とか「頭はいいのだけど、理屈ばかり達者で実践が出来ていない・・」を
まるで絵にしたような御方だとも思えます。
知識は豊富なのですけど、頭でっかちで、知識の源が本であり「経験」ではないので、
実践的でないというのか、微妙にずれているのは否定できないのかもしれないです。
紅魔館での本来の役割というか、レミリア様から求められている「紅魔館で問題が発生した場合の解決請負人」みたいな
役割を本来は請け負っているはずなのですけど、逆にトラブルメーカーになる事も結構ありましたし、
実際、レミリア様からも「役立たずの知識人」とか
「知識人はもう間に合っている、これ以上要らない」などと言われている始末であったりもします。

レミリア様としては、「うちには完璧なメイドの咲夜がいるし、別にパチェにそうした厄介な問題に当たらせなくてもいいじゃん・・
備えあれば憂いなしなのかな・・・
そのうち何かの機会で多分ちっとは役立つんじゃないのかな・・・?
それよりも今は、私の話し相手というか相談相手としてここにいて貰おう」みたいな意識があるのかもしれないです。


三月・ぱちぇ


パチュリーさんは基本的にはほぼ一日紅魔館地下の大図書館に籠られて読書をされているのですけど、
あのちょっと引き籠りみたいな雰囲気は、永遠亭の輝夜・地霊殿のさとり様、そして紅魔館のフランちゃんと共通項は
あったりもしそうですけど、パチュリーさんは単なる出不精の引きこもりではなくて、
パチュリーさんにとっては一大事の出来事があった時には外に出ていますし、
例えば「東方儚月抄」において、レミリア様・霊夢たちを乗せたロケットが無事に月に向けて進行中の際に、
門番の美鈴を造作もなく捻り倒した永琳が音も無くパチュリーさんの腰かける椅子の背後に忍び寄った際の
永琳とパチュリーさんの息詰まるような会話は、大変な迫力というのか静かな攻防戦という雰囲気でしたし、
息詰まる雰囲気だったと思います。
パチュリーさんは普段は出不精の引きこもりさんなのかもしれないですけど、何かあった時には意外と肝が据わっていて、
堂々としているという印象が大変強いです。

東方三月精においても、魔理沙絡みでそうしたパチュリーさんの「思いついたら即行動!」みたいな話も提示されていました。

パチュリーさんが大図書館内で本に足を取られて転倒し、頭を思いっきり本棚にぶつけてしまい、
その振動で他の本棚も倒れてしまい、パチュリーさんが本の下敷きになってしまった騒動のドサクサ紛れに
光の三妖精と魔理沙に(例によって・・・いつも通り・・)本を盗まれていった事もありました。

パチュリーさんは後日、(珍しい事に)昼間からお出かけをし、魔理沙が遊びに来ている博麗神社に直接赴き、魔理沙によって
盗まれた本を取り返しに乗り込んできます。

魔理沙としては、「いいじゃん・・どうせ全部は読めないだろうし、ちょっと借りただけ・・」という軽い認識なのですけど、
「本こそ命!!」のパチュリーさんにとってはまさに死活問題でした。
「期間なんか問題じゃない! 私はお前に本を貸すつもりなど微塵も無い!!」とぴしゃりと撥ね付けるパチュリーさんの
雰囲気と存在感はパチュリーさんの普段の面倒くさそうな様子とは一線を画す毅然としモノがありました。
あの場面は、前述の永琳との緊迫したやり取りに匹敵する雰囲気はあったのかもしれないです。
普段は面倒くさそうに生気の無い表情で、基本的には無口・無表情で過ごされている事が多いのに、こうやって本に関わる事や
パチュリーさんにとっての非常事態の場合は、普段の引きこもりもどこへやら・・こうやって直接魔理沙の所に乗り込み
魔理沙によって強奪された本を取り返しに来る当たりは、パチュリーさんもやる時はやるという事なのかもしれないです。
「東方儚月抄」でレミリア様が咲夜さんをお供にして月に向かった背景には、レミリア様の意識としては
「私と咲夜が一ヶ月近く不在でも紅魔館にはパチェがいるから(多少の不安はあるけど)、まー、なんとかなるかな・・?」という
感覚も少しはあったのかもしれないです。
魔理沙がこそ泥しパチュリーさんが奪還した本の中には、
パチュリーさんの知識や研究でも解除できない強力な封印が施された本もあったのですけど、
霊夢が強引に力技で解いていて、 その時のパチュリーさんの「 本の知識だけでは効率が悪いのね 」というボヤキは
意味深なものがあったとも感じられます。

パチュリーさんは確かに一見陰気で口数が少ないのかもしれないですけど、決して暗い人ではないと思います。
理屈っぽいのだけど決して陰鬱ではないし、意外と肝が据わっていたり、言いたい事ははっきりと言う御方でも
あります。
紅魔館のツッコミ役とかレミリア様&咲夜さんのとてつもない無茶振りに対する館内の貴重なブレーキ役も
兼ねているといえそうですし、パチュリーさんだから果たせる役割も紅魔館にはあるという事なのだと思います。
紅魔館の一切合切を仕切るのは咲夜さんですけど、
パチュリーさんはパチュリーさんで、パチュリーにしか出来ない役割も担っていると思いますし、
それがむしろレミリア様が実は意図している事なのかもしれないです。
(レミリア様が最終的に期待している事は、フランちゃんの教育係兼家庭教師なのかもしれないです)


2020-pacyuri-03_convert_20200528162259_convert_20200530011708.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

まずは改めて冒頭のパチュリーさんの絵をお披露目させて頂きたいと思います。

このパチュリーさんは大人のパチュリーさんだと思います!

しっとりとした風情が感じられ、いかにも図書館の司書みたいな理性的で知的な雰囲気が柔らかく感じられます。

余談ですけど、2019年の秋アニメであり2020年の冬アニメでもあった「本好きのための下剋上~司書になるには手段を
選んではいられないです」のマインは、元々は日本人少女でしたけど、不慮の事故で死亡し転生した世界には、
一般家庭に流通している本がないため、本好きのマインは困り果て、
「それだったら自分で異世界で一から本づくりをすればいいじゃん!」というお話でもあるのですけど、
パチュリーさんがもしも本の無い世界に転生したとしたら、マインと同じような事をするのかもしれないです。

アミグリさんが過去に描かれたパチュリーさんの中には元気溢れる雰囲気もあり、
そうした溌剌としたパチュリーさんもすてきですけど、こうした大人の風格が感じられる物静かなパチュリーさんもとっても
素晴らしいと思います!

柔らかい眼差しに豊かな紫の長髪に読書を静かに楽しまれる様子は、やさしさに包まれた大人のパチュリーさんだと
思います。
こんなに柔和でやさしい眼差しでしっとりと見つめられたら、さすがにあのわがままおぜうさまも、いつもコソ泥ばかりする
魔理沙もあまり悪さは出来そうもないのかもしれないです。

そしてここから下記の2作品は、現在は真夏真っ盛りですので、夏に相応しいパチュリーさんを転載&ご紹介させて
頂きたいと思います。


sama-pache-dedsuyo!!_convert_20140724175502.png


続きましてアミグリさんが2014年7月に描かれたパチュリーさんです。

このパチュリーさんは色彩感に溢れとってもファンタスティックだと思いますし、とってもお美しいですし、
まさに夏の涼しげな美少女という雰囲気に溢れていると思います。

紫色をベースにしながらも部分的に水色を入れているため涼しげな印象をもたらしていると思います。
掲載当時のアミグリさん自身によるコメントでは
「フリルも透けている感じで塗ってみたけどどうでしょうかー」とありますけど、
その透明感こそが清涼感に繋がっていると思いますし、夏に相応しい涼風みたいに
爽やかな風が舞っているみたいな雰囲気が漂っていますし、川辺に佇む美少女という感じだと思います。

パチュリーさんは公式設定の上では、紅魔館地下に閉じ籠って一日中本を読み耽っていて
太陽とか日焼けとか真夏みたいなイメージは実はあんまりないのですけど、アミグリさんの手に掛かってしまうと、
こうした透明感・爽やかさ・清涼感が伝わってくるすてきな作品になってしまうのがとても素晴らしいと思います!


mizugi-pacyuri-003_convert_20180809161045_convert_20180809190048.png


続きましてアミグリさんが2018年8月に描かれたワンピース水着のパチュリーさんです。

パチュリーさんは、体が弱くて喘息持ちで普段は紅魔館の地下の図書館に籠りっきりという公式設定もあり
間違っても水着にはなりそうもないキャラの筆頭と言えるのかもしれないのですが、
アミグリさんがこうやって公式では絶対に見られそうもない「水着パチュリーさん」を描いて頂けたことに
私たちは感謝すべきなのかもしれないですね~♪

それにしてもなんという美しいパチュリーさんなのでしょう!
いっちば~ん!最初に見た印象は、水の精霊さんと感じたものですし、
その幻想的な美しさに思わずはっ・・と見とれてしまうものがあったと思います。

パチュリーさんというと二次創作では、体力が無く虚弱体質という事でガリガリ説と
普段の運動不足から意外とぽっちゃりしている説の二つあると思うのですけど、
アミグリさんが描かれるパチュリーさんはそのどちらでもなく、むしろ健康的でスレンダーな美少女という雰囲気が漂っていて、
紫色のワンピース水着と髪の紫の統一感が見事だと思いますし、
このワンピース水着をよく見てみると、普段パチュリーさんが着ている縦縞模様のドレスをイメージ
させていると思いますし、
縦縞と言う事で、パチュリーさんのスレンダーな雰囲気を醸し出していると感じられます。
流れるように美しいサラサラの長髪も美しいですし、髪のリボンもとってもすてきなアクセントになっていると思います。

ZUN帽を被っていないパチュリーさんをここまで斬新に想像されたアミグリさんの発想の豊かさは
驚嘆させられるものがあると感じました!
月の髪飾りもすてきですし、帽子を被っていない状態でのパチュリーさんの髪型が
華扇みたいなすてきなツインのお団子ヘアと言う事にはとてつもなく意表をつかれたものです!
このお団子はとってもかわいいですし、パチュリーさんによくお似合いだと思います。
そして公式ではほとんど笑う事のないパチュリーさんの満面の爽やかな笑顔は水の精霊さんにふさわしいと思います!

上記のアミグリさんが描かれたパチュリーさんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいパチュリーさんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしてもパチュリーさんは存在自体が大変面白いものがありますし、魅力の尽きない魔法使いでもありますけど、
そうしたパチュリーさんがどうやってレミリア様の心をつかみ、紅魔館に居候できた他に地下にあんなにも広大な図書館の
開設を許可されたのかは謎でもありますね~

そうしたパチュリーさんのミステリアスさも示唆したのがアミグリさんの描かれたパチュリーさんなのかもしれないです。
例のあの新型コロナウイルスの猛威は東京ディズニーランドだけに留まらずサンリオにも猛威を振るい、
サンリオピューロランドも2月22日から6月上旬までかなり長い期間の休館を余儀なくされていて、
サンリオ自体の最近の売り上げ低迷もある中でのこの休館は経営的にはかなりの打撃があったのかもしれないです。
(ピューロランド自体は外国人観光客からの人気スポットという事もあり、最近ではサンリオの稼ぎ頭的な存在でも
ありましたので影響は相当大きいものがあるのかもしれないです)

とにかくサンリオもサンリオピューロランドも各サンリオキャラたちにもこの先頑張って欲しいです!

サンリオキャラというというまでも無く代表キャラはキティちゃんだと思いますが、マイメロも古くからのキャラという事もあり
昔も今も大人気キャラの一人でもあります~♪

「マイメロ」とは、サンリオキャラの中ではキティちゃん・キキララなどと共に女の子に大人気のキャラでありまして、
サンリオの店舗に行くと、キティちゃんと並んでそのグッズの充実ぶりは目を見張るものがあると思います。
マイメロは、ウサギをモチーフに赤ずきん風に擬人化したもので、正式名称はマイメロディ、
通称は「メロディちゃん」、「マイメロ」なのですけど、ファンの間ではマイメロという名称がほぼ定着化していると思います。
ちなみにマイメロのお誕生日は1月18日なそうです。

改めてですけどマイメロのキャラ設定について少しばかり書かせて頂きますと。

名前:マイメロディ
誕生日:1月18日
生誕地:マリーランドにある森
性別:女の子
血液型:O型
体重:ひ・み・つ
住所:マリーランドのウサギのいる丘
身長:森の赤くて白い水玉のきのこと同じ位
好物:アーモンドパウンドケーキ
趣味:ママと一緒にクッキーを焼くこと

との事です!

マイメロちゃんとは何となくですけど「夢見る女の子」の一つの象徴と言えるのかもしれないです。


maimero-hpb!!!!!_convert_20160118142855.png


ここから下記はdream fantasy2
のアミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

アミグリさんはマイメロのイラストは過去に何度か描かれていて、
サンリオ関連キャラでアミグリさんが一番大好きなキャラはマイメロであるとの事です!
本日は、アミグリさんが描かれたマイメロ関連のイラストを未紹介作品を含めて全て改めてここに
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のマイメロはアミグリさんが2016年1月に描かれた作品です!

アミグリさんが描かれたマイメロは正攻法の正統派マイメロで、とにかくとってもかわいらしく描かれているのが
大変印象的です!
アミグリさんというと東方においてはうどんげちゃん・てゐといったうさ耳キャラをいつもとてもかわいく描かれているだけでなく、
ルーミアのうさ耳のてゐコスプレ・オリジナルの「しゃぼん玉」、ゆゆ様とレミリア様のバニーガールコスプレ、艦これの島風など
過去においてもとっても素晴らしいうさ耳キャラを描かれています。

アミグリさんのマイメロは、うさ耳というよりはむしろ赤ずきんちゃんみたいな雰囲気を大切にされていて、
「夢見る女の子のすてきなファンタジー」と言った感覚をすてきに醸し出されていると思います。


maimeroga-ru_convert_20140120163451_convert_20140124174804.png


続きまして、アミグリさんが2014年1月に描かれたオリジナル作品の「マイメロをイメージした女の子」です!

そして、左にいるのはエンジェルマイメロとの事です。

この女の子はとってもかわいいと思います!

上記で書いた通り、マイメロ自体がウサギをモチーフに赤ずきん風に擬人化したものですけど、
アミグリさんが描かれたとってもかわいい女の子はマイメロを擬人化した作品と言えるのだと思います!

このオリジナルの女の子も、うさ耳をイメージした帽子がとってもかわいいですし帽子の飾りのリボンが映えています!
女の子の少しきょとんとしたあとげない雰囲気がマイメロっぽい雰囲気も醸し出していると思います。
この女の子は、オリジナル作品でもあり同時にマイメロの実写版という印象も醸し出している点は、
「さすが!」としか言いようがないと思いますし、アミグリさんの「マイメロ愛」が溢れていると思います。


mamero-04_convert_20190118154707_convert_20190120163947.png


続きましてアミグリさんが2019年1月18日のマイメロの誕生日を記念して「マイメロ、お誕生日おめでとう!」のお祝い作品として
描かれたマイメロです。

アミグリさんからすてきなお誕生日記念イラストを貰って、マイメロもとっても喜んでいると思います!
少しきょとん・・としたお顔もとってもかわいいですし、上記の擬人化マイメロの女の子のきょとん・・としたお顔との
共通性も感じられ、愛らしさに溢れていると思います。
ピンクと白のコーディネートも鮮やかですし、背景のハートも華やかだと思います。
甘ロリっぽい桜色が「間もなく春が到来するのかも~」という感じなのかもれないです。


tewichan!!_convert_20120924181116.png


ここから下記2作品は東方とサンリオのコラボ絵という事で、マイメロというとうさぎちゃんという事もあり、
アミグリさんが描かれた東方の妖怪兎の因幡てゐとマイメロのコラボ絵を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のコラボ絵はアミグリさんが2012年9月に描かれた「てゐ&マイメロ」と題された東方の妖怪兎の因幡てゐと
マイメロのすてきなコラボイラストです!

いやいや、これはとてもかわいいですね~♪
てゐがとってもかわいい思います!! てゐというと八坂神奈子・白蓮さん・ゆゆ様よりも長生きしている
可能性が高い妖怪ウサギちゃんで、東方屈指のクセ者&うどんげちゃんに対するチクリキャラみたいな
ちょっといじわるばあさん?みたいに言う人もいたりもする煮ても焼いても食えない系のキャラとも言えなくもないのですけど、
アミグリさんが描かれたてゐを改めてまじまじと拝見させて頂きますと、
いやいや、てゐは本当はかわいいウサギちゃんなんだよ~ うどんげちゃんを普段からいじっているのは
「もっと自分にも絡んできて~ボケてきて~ボケてきたら私もツッコむから・・」と本音では言いたいのだよ・・と
てゐを思いっきりかばってあげたい気持ちにもなったりします。

マイメロもとってもかわいいですね~!

てゐに抱っこされてちょっいと照れてしまっているようにも感じられたりもしそうですね~♪

このコラボ絵は、かわいいうさぎちゃん同士ののダブルキャスト!という感じがいたします。
こういうてゐを眺めているとてゐがなんだか「妹思いのすてきなお姉さん」のように感じたりもします。

ちなみにですけど、上記のイラストは、アミグリさんによると、マイメロとてゐはアナログの塗りで背景はデジタルとの
事とのそうですけど、なるほど! 確かにアミグリさんの言われる通り「アナログとデジタルのコラボ」とも言える作品でも
あると思います。


2020-tewi-05_convert_20200510172119_convert_20200515204759.png


本日のマイメロ記事のフィナーレを飾って頂くのは、上記に続きまして東方のてゐとサンリオのマイメロのすてきな
コラボ絵です~♪
描かれたのは今年・・、2020年5月です。

てゐというと普段はうどんげちゃんをからかったり、策士策に溺れる・・ではないけど東方の中でも一癖も二癖もありそうな
老獪な策士家という印象がある中でも、アミグリさんの描かれたてゐはかわいいマイメロちゃんを抱きかかえている事もあり、
てゐの「少女としての憧れ」を象徴しているのがマイメロちゃんなのかな・・?とも解釈できそうなすてきな組合せだと思います。

てゐの赤眼やうさ耳もうさぎらしいオーラですけど、口元がどことなくイタズラ小娘っぽい雰囲気も感じられそうで
てゐの新しい魅力発見です~♪

上記の2012年のてゐとマイメロのコラボ絵との違いとして、2012年はアナログとデジタルの融合絵、そして2020年の方は
クーピーを使ったアナログ絵という事もあり、アナログとしてのぬくもり・温かみのあるタッチがやさしく感じられる点だと
思います。
2012年のてゐはやさしいお姉さんという雰囲気もありそうですけど、2020年のてゐは愛すべきイタズラ小娘という感じもあり
なんとなくですけど「さてさて・・この腕に抱えたマイメロを使ってどうやってうどんげにイタズラして
驚かせてやる事ができるのかな~??」とよからぬ??策を思い浮かべているようにも感じられそうです。

上記のアミグリさんが描かれたマイメロちゃんとてゐの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいマイメロとてゐを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

サンリオキャラにもサンリオピューロランドにもこれからも夢見る女の子にすてきな夢を提供し続けてほしいです~♪
本日、当ブログ「受け継がれるべきもの」におきましては、 皆様からの日頃のご愛顧のおかげで無事に
「ブログ開設8周年」を迎える事ができ、拙いブログではありますが8年目に入る事が出来ました!

皆様からの絶え間ないご閲覧や日々頂く温かいコメントや拍手、
当ブログを日頃より応援して頂き温かい目で見て頂けている事に改めてですけど感謝を申し上げたいと思います。

本当にいつもありがとうございます!

当ブログはポンコツ管理人が運営をさせて頂く未熟で拙いブログではあるのですけど、
まだまだ引き続き頑張っていきたいと思いますので、
どうか、皆様におかれましては、今後も温かい目で引き続き応援を頂けるととっても嬉しいです!

今回の8周年は、世の中ではまだまだ新型コロナウイルスの余波が続いていますし、今年の秋~来年の冬以降は
更に厳しい景気後退やら想像を絶する過酷な経済停滞も待ち構えていそうですし、
当ブログも今年に関しては4~5月の約3週間に渡るブログ活動の一時停止もあり、2年間続いたブログ記事毎日更新の
皆勤賞もストップしたという事もあり、率直に言って例年のように「自分、おめでとう~!」という気持ちにはあまり
なれそうもありませんので、今回は例年のようなお祝い記事は控えさせて頂きたいと思います。


aozora-youmuchan!-01-hensyu-03_convert_20170806160726_convert_20170818082030.png


当ブログの大きな特性の一つとして、dream fantasy2のアミグリさんが描かれた美しく精緻な絵を転載&ご紹介をさせて頂くという事も
挙げられるかとは思いますが、別にこれは慣例とか誰かに依頼をされて行っているとかそういう訳では全く無くて、
実は純粋にアミグリさんの描かれた絵が大好きだからというのが最大の理由でもあります。

当ブログがdream fantasy2
アミグリさんの絵を定期的に転載&ご紹介させて頂き始めてから今年で5年目に入りますけど、
同じ絵を何度か繰り返しご紹介させて頂いているのは、アミグリさんの描かれた名作絵をたくさんの人に見て欲しいという事と
純粋にそうした絵が管理人の私が大好きであるからにほかなりません。
アミグリさんの絵はこれからも当ブログでご紹介をさせて頂きたいと思いますが、毎回そうした転載を快くご了承して
頂けるアミグリさんに改めて「いつもありがとうございます」と感謝の気持ちを表させて頂きたいと思います。

東方の世界ではここ数年人気と評価がうなぎのぼりなのが妖夢だと思いますが、本日はアミグリさんの描かれた妖夢の中で、
当ブログの記念絵の一つでもあり、私自身が大好きな絵の一つでもある「青空妖夢」をご紹介させて頂きたいと思います。

上記の青空妖夢はアミグリさんが2017年8月に描かれた妖夢です。
この青空妖夢は、2017年の私の誕生日に描いて頂いたリクエスト作品である「きらきら妖夢」をさらにすてきに加筆された
妖夢でもあります~♪

青空妖夢の方ですけど、こちらはアミグリさんご自身のコメントが全てを物語っていると思います。

「加筆版というか、前に投稿した妖夢の表情と背景を変えたイラストです。
前の妖夢は、暗めの背景だったので、「夜」という雰囲気でしたが、
この妖夢は、青空なので、「朝~昼」というイメージで描きました。
背景の青空に合わせて妖夢の表情も少し明るくしてみました!」

私のイメージではきらきら妖夢は冬の妖夢・青空妖夢は真夏の妖夢という捉え方でしたけど、
作者のアミグリさんの「夜の妖夢・朝から昼にかけての妖夢」という方が一段とイメージがしやすいと言えるのかも
しれないですね!

どちらにしても表情と背景の違いだけで随分と全体のイメージが変幻するという事を見事に立証されていると思いますし、
私はどちらの妖夢も大好きです!
キラキラ妖夢のファンタジー感も捨てがたいですし「青空妖夢」の爽やかな雰囲気もとても素晴らしいと思います!
「青空妖夢」のこの妖夢の笑顔が本当に堪らないですね!!
後ろ向きポーズから捻りを加えたポージングも難しい構図をものともせず、すっきりと仕上げられているのも大変ポイントが
高いと感じますし、
普通は人魂というと「こわい・・」というイメージがある中、アミグリさんが描かれた青空妖夢の人魂というか半霊部分は、
この透明感が背景の白い雲と同化しているようにも感じ
「青空に白い雲が溶け込んでいく・・」という夏らしい雰囲気を瑞々しく表現されていると感じられます。

このすてきな青空妖夢を見ると、今年の新型コロナウイルスによる停滞と閉塞感を忘れさせてくれる爽快さは
間違いなくあると思いますルンッ~♪

今年は2年間続いた更新皆勤賞を実現出来ないのが少し心残りではありますが、このブログがこれからも続いていけるように
無理のない範囲で頑張りたいと思いますので、どうかこれからも何卒宜しくお願いします。



東方は、ZUN神主様がどうしてもアニメ化だけは首を縦に振らないという事で、ストーリーのアニメ化は多分今後も
されないと思われます。
東方でアニメ化が実現されてしまうと、どうしても一定の世界観やキャラ設定は固定化させておかないと
物語全体の整合性が図れず、最終的に物語自体が破綻してしまう危険性を東方自体がかなり秘めているとも思われますので、
やはり各自の自由自在な東方の維持とか「自分だけの東方」を守りたいとか「アニメ化によってにわか東方ファンによって
東方がこれまで築いてきた世界観が壊されるのは抵抗がある・・」という東方ファンの想いをもしかしたらZUN神主様が
配慮した結果、東方アニメ化は絶対に首を縦に振らなかったという事になるのかもしれないですし、私自身も基本的には
東方のアニメ化・映画化といった映像戦略は絶対反対でもあったりします。

でもやっぱり時折なのですけど、windows版ゲームや公式書籍での東方もいいのだけど、たまーには映像としての
東方も見てみたいよね~という気持ちはあったりもしますよね~

2019年の5月5日に開催された「第十六回 博麗神社例大祭」内にてもも東方キャノンボールブースにて新PVも公開されていたりも
します。その際に霊夢と魔理沙を中心としたキービジュアルイラストも公開されています。
その東方キャラのイラストもそれぞれに異なる絵師様が描くという力の入れようで、みんなとってもかわいいです~♪
そのスマホアプリのゲームは、夢や魔理沙など多彩な東方キャラが幻想郷を舞台にしたボードゲームで大暴れし、
サイコロを振って移動し、アイテムやバトル、買い物などでお金を稼いで勝利を目指そうという内容との事です。
詳細については現時点ではまだほとんど情報が無いのですけど、映像であんなにもかわいい霊夢や咲夜さんたちを
見てしまうと、「この東方スマホアプリはどういう課金システムがされるのかはよくわからないけど、登録だけは
しておこうっかな~♪」とついつい感じてしまう程の別の意味での東方の魅力を感じさせるものではあるように感じられます。

ボード上には「バトルマス」が存在しここで勝利すると、(キャノンボールが増え、一発逆転のチャンスになることもあるそうです。
バトルは自身で組んだキャラクターデッキ最大4人とNPC最大4人との戦いで、スペルカード」を利用することで、
優位にバトルを進めることができるというのは東方原作にある程度踏襲しているともいえそうです。
ボードゲームの合間には様々なストーリーイベントが発生し、
このストーリーパートでは、東方Pキャラ達がLive2Dで描かれており、表情やしぐさが多彩に変化しているのも大変魅力的
だと思いますし、事前に公開された例えば妖夢とゆゆ様の会話を見てしまうと
「なんとかわいい妖夢~♪」とついつい感激してしまいそうです。

「東方キャノンボール」におけるゲームアプリ内の霊夢役の声優さんは鬼頭明里さんという事で、霊夢役としては
うってつけの声優さんと言えそうです!
鬼頭さんというと個人的には、「ラーメン大好き小泉さん」のツンデレ美少女の中村美沙とか「ひりぼっちの〇〇生活」のアルが
とても大好きです~♪

「東方キャノンボール」では、2020年4月30日より期間限定イベント「イエッサー!冥土のメイド訓練」が開始されてもいました!

最初にテレビCMでメイドの早苗さんや妖夢を見た時は「なんてかわいい~♪」と感じたものですし、早苗さん役の声優さんが
声優界では既に大ベテランの堀江由衣さんというのもすてきなサプライズでした!
堀江さんというとプリキュア的には魔法つかいプリキュアのリコちゃんとか物語シリーズの羽川翼などが個人的には
大変印象的です!

期間限定イベント「イエッサー!冥土のメイド訓練」 の概要は、紅魔館に招待されたゆゆ様と諏訪子は、そこでの完璧な
メイド長としての咲夜さんの立ち振る舞いに感動してしまい、
「それだったら是非うちの早苗と妖夢も訓練して欲しい」と頼んだのがそもそものきっかけでもありました。
期間限定のイベントクエストをクリアすると、「メイドP」やイベント限定アイテム「メイド訓練用ナイフ」が手にはいったりもします!
メイド訓練ナイフやメイドPを集めるとその獲得数に応じて、イベント限定の写し絵のほか「★4以上確定召喚札」や
「★5確定召喚札」などの豪華報酬をもらうことができたりします。

それにしてもメイド服の妖夢や早苗さんはとってもかわいいです!

紅魔館のメイドというと西洋風のメイド服なのですけど、ここでは和風メイド衣装と言うのもとても素晴らしいです!


_convert_20200509020322.jpg

_convert_20200509020406.jpg


一般的にメイド服と呼ばれているものは、黒系のワンピースに純白のエプロンドレスと
ホワイトブリム(白いフリル素材のヘッドドレスの一種)を組み合わせたものが多いと思います。
そしてそれが日本の萌えメイドさんとなるとコスプレっぽい要素が重なり、ミニスカート・白ニーソ・絶対領域といった
更にすてきな要素も加わっているような感じもあります。
コスプレ全開なミニスカートメイドさんもすてきですし、古典的なヨーロッパ調の古き良きクラシックスタイルも素晴らしいですし、
プロの家事スキルを誇る本格メイドさんもまたまたすてきという事で、
やはり私たちはメイドさんのあの衣装に魅かれるものは多々あるのかもしれないです。

期間限定イベント「イエッサー!冥土のメイド訓練」 においての妖夢と早苗さんのメイド服は、そうしたヨーロッパ風な雰囲気では
なくて日本の和服・着物を意識した仕様というのも素晴らしいと思いますし、
二人にはとてもよくお似合いだと思います!


_convert_20200509020434.jpg


妖夢は普段は物騒な二本の刀を背負っていますけど、ここでは刀とデッキブラシを背負っているのもお似合いですし、
いつもはどちらかというと長いスカートをはいている妖夢がこうした短いスカートに白エプロン着用というのも
白玉楼ではそうした衣装をなかなかお目にかかれないだけに大変貴重なものがありそうです!

美少女は剣士風でもメイド服でもとにかくよくお似合いだということになりそうです!


meido-sanaesan-05_convert_20190302153121_convert_20190302172043.png


ここから下記はdream fantasy2
のアミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記のメイド早苗さんは、2019年3月に「3月7日は早苗さんの日」を記念して描かれた作品です。

一目見た瞬間に「なにこの美少女メイドコスプレの早苗さん、かわいい~!
かわいすぎて反則じゃん!!」とすら感じさせるとにかく驚異的にかわいすぎる早苗さんだったと思います。
早苗さんは幻想郷で生まれ育った御方ではなくて、つい最近まで外界で理系のJKさんをされていた御方でもうりますので、
幻想郷の中では誰よりも外界の事情に詳しそうですし、秋葉原とかメイドさんとかコスプレというワードに対しては
すんなりと反応してくれそうなキャラですので、アミグリさんがこうやってメイドコスプレの早苗さんを描かれるのは
極めて妥当なのだと思います。
(霊夢にコスプレとかメイドさんといっても「なんじゃそれ・・?」みたいな反応になってしまうのかもしれないですね・・)

早苗さんのいつもの巫女さん衣装のカラーリングを活かしたメイド服は、早苗さんの爪の赤いマニキュアのように
部分的に赤を配色する事でまるで外界のメイド喫茶店で働く現役メイドさんの如く、とても華やかでカラフルで
かわいらしい印象を感じさせている事は素晴らしいアミグリさんの発想だと思います。
霊夢と早苗さんの巫女さん衣装の特徴に肩だしがあるのですけど、
それをこうやって現代のメイド服にも応用されている事も素晴らしいと思いますし、
あのいつもの独特な腋から肩にかけての独特な袖形状をこうした膨らみを帯びた袖口として表現されている事も
独特のキラリと光るセンスを感じたものでした。
髪の白のカチューシャもかわいいし、いつものカエルとヘビの髪飾りも全く違和感なくすんなりとメイドさん衣装と早苗さんの
長髪に溶け込んでいる感じがします。
スカートとエプロンのフリルの細かい表現もお見事ですし、
フリル付黒ニーソとの見事なコラボである絶対領域の眩しさも素晴らしいと思います。

メイド早苗さんに運んで頂いた紅茶の味は最高なのだと思いますね~♪


wahu-meido-koisi-003_convert_20170512161636_convert_20170513143008.png


続きましてアミグリさんが2017年5月に描かれた和風メイドのこいしちゃんです。

この和風メイドのこいしちゃんは、2016年11月にアミグリさんが描かれた「ハッピー!」と題されたオリジナルの和風メイドさんを
アミグリさんが再度こいしちゃんバージョンとしてアレンジしたという経緯があります。

紅魔館でのメイド修行の妖 夢と早苗さんもとてもかわいいですし、メイド服を和にアレンジしたのもとても素晴らしいですけど、
和風メイドのこいしちゃんというアミグリさんの目の付け所は素晴らしいと思いますし、とても新鮮で斬新だと思います!

この和風メイドのこいしちゃんですけど、秋葉原のメイドさんカフェにいそうな雰囲気のメイドさんの衣装を
単にコスプレ衣装としてこいしちゃんに着せてしまったという感じではなくて、
アミグリさんとしての創意工夫とか「どうすればメイドさん衣装がこいしちゃんにも似合うように見せることが出来るのか」
という事をよく考えられ練りに練ったこいしちゃんと言えるのではないかと改めて感じます。
エプロンというと、東方で例えると咲夜さん・魔理沙・レティさんみたいに「洋というイメージが大変強かったようにも
思っていたのですけど、この和風メイドのこいしちゃんを見てしまうと
「和をイメージさせるコスチュームにエプロンもこいしちゃんにも全然いけてるじゃん!!」と感じさせてくれますよね~♪
元絵の「ハッピー」と題された和風メイドさんををきちんと踏襲された上で、
こいしちゃんの可愛らしさを120%発揮された素晴らしいものがあると思います。
こいしちゃんは元々が大変可愛い上に、こうしたメイドさんらしい白のエプロンとかカチューシャを施してしまうと
可愛さが更に更にアップしてきますよね!
こいしちゃんの普段の衣装をこんな素敵なメイドさん衣装に仕立て上げてしまったアミグリさんの感性も
お見事だと思います!
そして特に「面白いなぁ・・」と感じた点は、こいしちゃんがいつも頭に被っている帽子はこいしちゃんの一つの
トレードマークみたいなものなのですけど、
この和風メイドのこいしちゃんは「勤務中・・??」という事もあり、帽子は頭にすっぽり被らないで
髪の飾りみたいにちょこんと小さな髪飾り見たくなっているのがとてもユニークだと思いました。
こいしちゃんが手に持っているバフェもとっても美味しそうだと思います!

こいしちゃんが手にしているバフェには、いちごやポッキー等がのっかっていて、とてもおいしそうです~♪

上記のアミグリさんが描かれたメイド早苗さんと和風メイドこいしちゃんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいメイド早苗さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりメイドさんはすてきですし、ゆゆ様たちがそれぞれの不肖の??弟子たちをメイド修行に出すのも当然と
言えそうですね~♪


CIMG3891_convert_20200406231715.jpg


幻想郷の基本的な考え方の一つとして、
「妖怪は外界から自分達の存在を忘れられる事でその力も失われていくので、外界と幻想郷の間に博麗大結界を張る事で
外界を遮断し、外界の意志に関係なく、幻想郷内では妖怪達の存在が維持され、幻想郷内では形式的には一応は
妖怪は人を襲い、人は妖怪を恐れる」という暗黙のルールが存在していることが挙げられると思います。

妖怪と人間が共存共栄する「幻想郷」と夜も妖怪も恐れることが無くなり科学技術の進化によって人々の間から
信仰心も妖怪を恐れる心を既に喪失している「外界」の境界には博麗結界というものが張られていて、
幻想郷と外界は完全に遮断されていて、両世界の間に「交流というものは基本的には図られていません。
基本的には幻想郷内の妖怪たちは、外界に出向くことはまずありません。
妖怪がもはや畏敬の対象となっていない外界においては、外界にいるだけで妖怪の力が弱まってしまうからに他なりません。
そしてご存知の通り、妖怪たちの存在意義を確かなものにするために、幻想郷と外界を完全に分離し、
博麗結界を張った張本人こそがゆかりんなのです!
ゆかりんとしては・・・
「このまま人間が妖怪たちを見ても何の恐れも畏敬も感じない状態が続いてしまうと、自分達の存在価値自体がなくなり、
自分達の存在自体が消滅してしまう」という危機感が相当あったといえるのかもしれないです。
妖怪という意識が外界の科学技術の進歩という事もあり、外界においては妖怪等の迷信が入り込む余地が
少なくなり、このままでは自分たちの存在意義が無くなり、消滅してしまう危険性があり、妖怪たちは
外界から妖怪勢力を結集した幻想郷にある意味避難せざるを得なかったというのが東方の世界の基本ペースと
いえるのだと思いますし、それを画策し実行したのがゆかりんでもありました!

東方茨歌仙第2巻・第9話「新旧の妖怪」においてもそうした話が霊夢自身から語られていました。

霊夢 : へー、仙人だって言うからもっと幻想郷の事に詳しいと思ったけどあんたも新参者の妖怪みたいな事を言うのね・・
     妖怪が死ぬ特は完全に忘れさられるかその存在が別の事で説明された時よ自然現象とかでね
     文化の進歩と共に妖怪が生まれ同時に消えていったわ

霊夢 : それを逆手にとったのが幻想郷の結界なのよ、結界の内側と外側の違いは文化的に葬り去られたか 
      今なお現役かの違い
      だから幻想郷の妖怪は本来の意味での妖怪じゃないのよ・・

華扇 : えーっと 本来の意味での妖怪というのは…

霊夢 : 決まってるじゃない! 恐ろしい物 不可解な物 説明できない物 そういった物の事よ
      幻想郷ではそういう意味での妖怪は殆どいないの 実体を持っただけのへんてこな奴らばかりなのよ

華扇 : まあ平和で良いのでは?

霊夢 : 違うのよ!妖怪は人間を襲い 人間は妖怪に怯える
      例え演技でもそれが妖怪の本分なのよ それが無かったら私が商売出来ないんだから!

ここで注目したことは、霊夢自身が「妖怪」を「恐ろしい物 不可解な物 説明できない物 そういった物の事」と定義づけ
今現在の幻想郷は外界から隔離されている存在ということもあり、幻想郷内での妖怪はその存在が絶対的に保証されている
こともあり、本来の妖怪の姿とは少しずつ変容してきているのが現在の幻想郷内の妖怪である」と認識していることだと
思います。
ま、確かに・・
幻想郷におけるレミリア様に代表される吸血鬼は本来のイメージとはかけ離れたおこちゃまわがままおぜうさまですし、
たとえぱ本来はろくろ首というとイメージ的には代表的な妖怪であり「怖い・・」というイメージ以外の何物でもありませんけど、
幻想郷のろくろ首= 赤蛮奇はかわいいとか実は人目を避けて生活しているとか
河童というと人の尻子玉を抜いて人を殺すという怖いイメージがある中、幻想郷においては河童=エンジニアという図式が
成立するなど、幻想郷の妖怪のイメージは、外界で伝えられる妖怪のイメージとはちょっと違うようなものもあるように
感じられます。

そうした中にあって、霊夢自身が「妖怪= 恐ろしい物 不可解な物 説明できない物」と認識した妖怪の具体的事例として
挙げていたのが紫、幽々子、ぬえであったりもします。
霊夢が認める妖怪らしい妖怪の事例としてこの3人を挙げていたのは極めて妥当だと思いますし、この3人の怖さと強さは
無双巫女の霊夢が認めるぐらい本物であるといえるのだと思います。

ゆかりん・ゆゆ様のある意味胡散臭さと絶対的強さは当ブログでもこれまで何度も何度も述べていますので、ここでは
割愛をさせて頂きますけど、ゆゆ様の強さは人間にとって最大の恐怖である「死」に由来していますし、
ゆかりんの強さは何と言っても幻想郷内では誰もその圧倒的な知恵と度胸と不気味すぎる能力に逆らおう・・という気持ちにすら
なれにい事からも明白なのだと思います。

そうした中にあって、ぬえの怖さとは果たして何なのかというと、それはすなわち人が感じる「不安」を煽る能力に長けている
という事があるのだと思います。

ぬえの能力は「正体を判らなくする程度の能力」と言う事で、他の物体の正体を無くす能力という厄介な能力を有しています。
正体を無くすとはどういう事なのかと言うと、簡単に一例をあげると、
「東方星蓮船」にて、ぬえが幻想郷の人たちに「空飛ぶ鳥」をあたかもUFOと言う未確認飛行物体が空を飛んでいると
勝手に思い込ませるという、言わば人間たちの未知なる事への不安感を利用し
一つの現象を全く違う現象に思い込ませてしまうといういわば錯覚を誘発させてしまうという事なのだと思います。
ぬえの能力の厄介な所は、見る人の心の持ちようとか感じ方によって見方すらも変えてしまうという事なのだと思います。
見た人の心の中で、勝手に姿形を補完して自分の中だけで納得の行く形に落ち着くというという感じですので、
ある人が「あれは鳥だろう」と感じても
別のある人が「いやいや、あれは鳥じゃないよ・・あれはUFOじゃん・・」と違う見解を述べてしまうと
否定された方に元々「本当にそうなのか・・」みたいな疑念があれば、最初は鳥じゃないかと思っていた人ですら
UFOに見えてしまうという感じですので、人の不安感につけこむ事が大変巧みな大妖怪と言えるのだと思います。

ぬえというとその外見的特徴は黒髪ショート、黒ニーソ、黒ミニスカワンピで絶対領域も完備という萌え要素満開の妖怪でも
あるのですけど、あのとんでもない不気味な能力とと外見のあの素晴らしい絶対領域が全く結びつかないところは、
まさに「幻想郷は常識に囚われてはいけない」という事そのものなのだと思います。

霊夢自身が幻想郷における正統派妖怪の一人と認めるだけあって、
霊夢のぬえに対する評価はかなり高いことが後に東方外來韋編のクロスレビューで判明していたりもします。
「いにしえから語られる妖怪と対面してちょっと興奮したかも、妖怪退治の専門家として冥利に尽きるってもんよね」と
霊夢はぬえの事を高く評価していて、人の事なんかめったに褒めないあの霊夢がぬえの事だけは絶賛していて
手放しで誉め満点の10点をつけていたりもします、
辛口評価の霊夢がここまで誉めているのはかなり珍しいのですけど、それだけぬえの能力が霊夢をもってしても不気味であり
人の不安感をかきたてるものがあるのだと思います。
東方憑依華においては、ぬえ自身はあの異変に直接参加はしていないものの、白蓮さんが一輪では練習相手として力不足と
感じ、「練習相手はもっと強い方が良いわ ぬえは何処に行ったか知らない?」と発言している事からも白蓮さん自身
「ぬえは命蓮寺内でも強力な妖怪である」という認識を持たれていると言えるのは間違いないと思います。


縺ャ縺・_convert_20160617140857

縺ャ縺医・_convert_20160617141120

それにしてもぬえの背中の羽は異彩を放っていると思います。

こんなに厄介な羽が背中にあると、ぬえは一体黒ワンピースをどうやって着ているのでしょうか・・??
(それはスカーレット姉妹・文ちゃん等の羽キャラ全体の謎とも言えそうですね~)

ぬえをぬえたらしめている要素として特に強調しておきたい事は、ぬえの黒ミニスカと黒ニーソの絶妙なコラボから
醸し出される素晴らしき絶対領域の美しさなのだと思います。
こんなにも薄そうな布地の黒ワンピースを一枚だけ纏っているような雰囲気がありますし、
この黒ワンピースのすぐ下は地肌みたいな感じも漂っていますし、
それがぬえ独特のあの曲線美というのか、衣装と体のラインがジャストフィットしていて、あの独特の少しエロっぽい感じ
というのか絶妙なお色気をもたらしているようにも感じられます。

上記フィギュアはグリフォンから発売されている封獣ぬえです!
ぬえの背中の羽の不気味さや黒ミニスカと黒ニーソがもたらす絶対領域の美しさも完璧に再現されていると思います。

そうした不気味な正統派妖怪であるはずのぬえに対して、自機キャラとして自由自在に戦っていた御方もします。

それこそが霊夢と同様の巫女さんであり、もしかしたら・・?? 霊夢以上に常識では計り知れない巫女さんの早苗さんです!
そして東方神霊廟のEXステージ戦において、早苗さんVS封獣ぬえとのバトルが始まります。

早苗:で、貴方は誰?
ぬえ:私は鵺(ぬえ)、正体不明がウリの妖怪よ。正体不明は人間を怖がらせる事が出来る。
早苗:ぬえ……って、何かどっかで聞いた事あるような。
    あ、もしかして、ゲームとかでも良く出てくる化け物だ。確か……頭が虎、手足が蛇……だっけ?
ぬえ:蛇に手足は無いでしょ。
早苗:鵺の正体みたりエイリアン。って事でいいかしら。
ぬえ:ふむ、エイリアンの方が通りが良いのならそれでいいわ。
早苗:やった!エイリアンに会ったって自慢が出来る。
ぬえ:怖がらないの?
早苗:さあ、天狗を連れてきますので、一緒に記念撮影しましょ?
ぬえ:そう、どのみち怖がってくれないのね。でも、怖がってくれないと私の心は餓える。
早苗:さあさあ、おめかしして。

ちなみにですけど、上記の早苗さんとぬえの会話はバトル前のものです。
ここでなぜか唐突に「一緒に記念撮影しましょ?」と言いだす早苗さんもやっぱり幻想郷にほぼ馴染みつつあるという
事だったのかもしれないです。
写真を撮られる御方が「天狗」という事で・・つまり文ちゃんだと思うのですけど、
文ちゃんに二人の記念写真を撮影を頼んだら、文ちゃんは喜んでしまって
翌日の「文々。新聞」の一面トップは「妖怪の山の神様! 正体不明の妖怪を撃破する!」という記事を掲載したのかも
しれないですね~!
実際、バトル終了後にぬえをやっつけた早苗さんは、どうやら本当に文ちゃんを呼んで、
ぬえと一緒に記念撮影をしたようでもあります。


2020-sanae-03_convert_20200302105621_convert_20200302183610.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

本日のすてきな絵はアミグリさんが2020年3月に描かれたセーラー服早苗さんです!

このセーラーふく早苗さんは今回で既に3回目の転載ですけど、やはりすてきな絵は何度でもご紹介したいです!

それにしてもなんという清楚でおごそかで美しさと気品に溢れた早苗さんなのでしょうか!!

ここにいる早苗さんは、言葉に例えようがないほど美しく幻想的で厳かであり、意義深い作品なのだと思います。
どうして意義深いのかというと、前述した通り早苗さんは元々幻想郷で生まれ育った御方ではなくて、外界から移住を
果たしてきた御方という事で、多くの星の数ほどいらっしゃる東方絵師様は風祝(巫女さん)としての早苗さんを描かれる事が
大変多いと思いますし、早苗さんと言うと現在ではどちらかというと、幻想郷移住後に、霊夢とのバトル・異変解決・
妖怪退治を重ねる過程の中で徐々に「常識が通用しない幻想郷の世界と価値観」に染まってなじんでいき、一部でよくいわれる
「はっちゃけた早苗さん」をイメージした早苗さんを描かれる絵師様が多い中、
アミグリさんは「高校生だった頃の早苗さんをイメージして描いてみました」とのお言葉通り、現在の巫女さんとしての
早苗さんではなくて外界時代の早苗さんを描かれた事は大変意義深いと感じます。
私自身、多くの東方絵師様が描かれる早苗さんももちろん素晴らしいと思いますけど、幻想郷移住後の風祝としての
早苗さんも大好きですし、星の数ほどいらっしゃる東方絵師様の中で、私自身はアミグリさんが描かれる霊夢と早苗さんが
最も大好きである事は胸を張って自信と確信を持って高らかに断言できますけど、それ以上にアミグリさんが描かれた
外界のJKさん時代の早苗さんは本当に素晴らしいと確信します!

上記で散々外界のJKさん時代の私の脳内妄想をグタグだと記載させて頂きましたけど、アミグリさんの描かれた
JKさん時代の早苗さんを拝見させて頂くと、「こんな私の他愛も無い脳内妄想も意外と正鵠を得ているのかも・・!?」と
自画自賛してしまうほど、ここにいる早苗さんは「何か」を胸に秘めていて、
確かに日常生活においてはまわりのクラスメイトと共にきゃぴきゃぴ楽しんでいたのかもしれないですけど、
一人になると不安感とか孤独感とか「自分がこの世に生まれてきた意義とは一体なんなのだろうか・・?」などと
真剣に考えて悩み深くて思慮深い女の子だったのかもしれないです。
そうした思慮深さと何かを胸に秘めている想いというものが、アミグリさんが描かれたJK早苗さんの清楚で厳かな雰囲気に
繋がっているのかもしれないです。
風で早苗さんの長い緑の髪とスカートがはためいている様子は、お色気ではなくて気品なのだと感じられます。
早苗さんの髪には守矢神社の象徴的なカエルとヘビの髪飾りが既に付けられている事から、この時点での早苗さんは
既に神奈子・諏訪子たちとの接点があるといえそうですし、もしかしたら・・?
幻想郷移住の前日または当日に「私が育った諏訪地方の最後の見納め・・」という事で外界との惜別に期待と不安を
感じつつも、早苗さんとして感慨深くこの景色を眺めていたのかもしれないです。
そうした最後のお別れ・・的な感覚がアミグリさんの絵からもどことなく伝わってきているようにも感じたりもします。
そうした意味ならば、早苗さんの背景として描かれている河川は千曲川(信濃川)なのかもしれないです。

よく「外界時代の早苗さんの制服はブレザー制服なのかセーラー服なのか・・?」という論争??が起きたりもしますけど、
私自身はこれまでは「早苗さんのJKさん時代は理系だったというし、理系女子ならばブレザー制服に白衣が
お似合いなのかも・・?」と感じていたものですけど、いやいやこのアミグリさんが描かれたセーラー服早苗さんを見てしまうと、
「いやいや、早苗さんの外界時代の制服はセーラー服以外ありえないでしょ!?」とか
「早苗さんの制服論争はセーラー服で全てが決着!」と断言したい気持ちになりそうですね~♪

上記のアミグリさんが描かれたセーラー服早苗さんの権利は、早苗さんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに清楚で美しい早苗さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

ぬえもすてきですけど、やっぱり早苗さんはすてきなキャラですよね~♪