プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


季節もいつの間にか3月下旬という事で、ひと頃よりは随分と暖かくなってきた印象が強いです。

南関東もあと10日~二週間程度で桜の開花宣言も出そうな感じでもありますので、
まもなくあの寒い寒い冬が終わる事にどことなく安堵するものがあったりもします。
東方式に言うと、またまたこのネタになってしまいますか(汗・・)春告精のリリーホワイトがあの真面の笑顔で
「春ですよ―」と告知しに廻ってくる日も近そうという事ですし、
雪女のレティさんの御退場の日も近そう・・という感じになるのかもしれないですね。
(東方の世界においては、雪女のレティさんは、真夏でも起きて一応は活動らしき事をしているというのも凄い話ですよね・・)

暖かくなってくると、仕事からの帰り道の買い食いとかおやつなんかもこれからは、
肉まん・焼き鳥・温かいコーンスープを買う事は徐々に減っていくのかもしれないですね。

確かに昼間はかなり暖かくなってきたものの、朝晩はまだまだ寒いという印象の方が強いですね!

だからまだしばらくはこうした「暖かい食べ物」を買い食いしてきて、家路につく時のちょっとした楽しみというのは
あとしばらくは続くのかもしれないですね。
(夏の場合ですと、今度は断然ソフトクリームになってしまいますね・・笑)

さてさて、真冬の温かい定番の買い食いおやつと言うと「たい焼き」も捨てがたいものがあったりもします!

「たい焼き」とは言うまでも無く、
鯛を形とった金属製焼き型で焼いて作られた餡入りの和菓子なのですけど、これって確か聞いた話では、
たい焼きの歴史は意外と浅く、江戸時代からとあった訳ではなくて、明治時代に「今川焼」から派生した和菓子というのが
一つの定説にもなっているみたいですね。
私は生まれは青森、育ちは東北、高校卒業以降は関東ですけど、
何となくですけど私の勝手なイメージでは、いわゆる「粉モノ」の定番は、関西はたこ焼きまたはお好み焼きで、
関東から東北は、今川焼・たい焼きがどちらかというと主流みたいな感覚もあったりします。
私の記憶の中では、東北に住んでいた頃って「たこ焼き」ってほとんど食べた事は無くて、
どちらかというとたい焼きが冬の寒い時のおやつみたいなイメージもありましたね。
関東に移り住んで以降も、お店でよく見かけるのは「たい焼き屋」ばかりという感じだったようにも思えます。
関東でもたこ焼きが浸透しメジャーな食べ物になってきたのは、なんとなくですけど「銀だこ」の存在が
大きかったようにも感じられます。

だけど「たい焼き」も焼き立てなんかをフーフーいいながら食べるのも至福のひと時ですよね!

頭から食べるのもいいですし、尻尾から食べるのもいいですし、はたまた最初にバカッ・・と二つに裂くのもいいですし、
とにかくあの中の餡子と皮の相性は最高にいいものがありますよね!
昔はたい焼きの中身というと「あんこ」以外ありえなかったという感じもしたものですけど、
そうした風潮に「待った!」をかけたのがあのカスタード入りたい焼きだとも思いますし、チーズ入りたい焼きだとも思えます。
最近のたい焼きは、りんごカスタードとかお好み焼き風たい焼きとかピザ風たい焼きとか
色々と変わり種も増えているようですし、
もちろん「あんこ」が一つの定番というのか完成されたスタイルであるとは思うのですけど、そうした伝統に縛られる事なく
色々とアィディア豊富で美味しいたい焼きが今後もいっぱい登場してくることを希望しますね! (笑)

数年前に「白いたい焼き」とかいって皮がお餅みたいにふわふわみたいなタイプのお店が瞬間的に乱立していたような
気もしましたけど、いつの間にかそうしたお店は閉店に追い込まれて淘汰されていったようですけど、
やはり定番というか「美味しさの伝統」を超越するのは相当難しいものがあるのかも
しれないですね。







さてさて、2015年に放映されていた埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」第11話においては、
調が、彩湖達を誘って北浦和で寄り道をするシーンが登場し、
調は「北浦和のたい焼き屋に行こう!」と誘っていて、あの会話の中で
調はつぶあん派、彩湖はカスタードクリーム派とか何とか言っていたのが印象的でした。
さてさて・・主人公達が寄り道して買い食いしていた北浦和のたい焼き屋さんってどこなんでしょ・・?
調たちが降り立ったのは北浦和西口のようですので
(アニメにおけるあの西口の再現シーンは素晴らしかったですね! まさに実物そのまんまの風景という感じでした!)
北浦和から徒歩4分程度の社会保険病院前にあるたい焼き専門店「たい夢」がそのお店というのは
ほぼ間違いないと思います・・(笑)

ここの「たい夢」は「薄皮系」だと思います。

ここのたい焼きは何度か食べた事がありますけど、
まさに「正統派」の「王道みたいな味」の一言に尽きると思いますね!!
皮がもちもちしていて中身は結構ぎっしり!!
うーーん、これは・・・真夏でも何か・・・無性に食べたくなってしまいそうですね・・・・(笑)
メニュー数は正直、それ程ある訳ではありませんけど、たまーに・・・「期間限定商品」とかで
変り種商品もあるようですので、それもまた魅力の一つですね!
それと・・・
月に一回だったかな・・・? 「一個100円キャンペーン」をやっていたような気が・・・・?




003_convert_20150619173348.jpg


004_convert_20150619173411.jpg



ここの「たい夢」は、夏限定の「夏鯛」という冷やして食べるタイプの商品もあったりします。

浦和の調ちゃんが放映されていた当時の2015年においては、
あんこ+ホイップ、りんご系、カスタード系の三種類あったようにも記憶しています。

これは既に2015年の記事で一度書いてはいるのですけど、2015年のこの第11話が放映された翌日に
あんこ+ホイップの「夏鯛」を買わせて頂き、
一個170円と少々価格は高いかもしれないですけど、
冷えた状態で売られていたせいもありましたが、「冷たくて美味しい! 中身もとってもさっぱりしていて美味しい!」という感じで
ついつい一個ペロッ・・と完食してしまいました!! (笑)
これはいかにも「夏のスイーツ」という感じですし、今年・・2017年の夏場にこの商品が出るかは定かではないのですけど、
また限定発売で売られていたら是非是非あの「夏鯛」をもう一度食べてみたいものですね!

もしかして、アニメの中でも調達もこの「夏鯛」を食べていたのかもしれないですね・・・(笑)



9ff21c40_convert_20150619163444.jpg



d83932e9_convert_20150619163139.jpg




第11話の「浦和の調ちゃん」では電車から眺める通学風景も出てきます。

調の自宅近辺の浦和駅周辺から調達が通う浦和第三高校(※モデル校は浦和南高校・・)までは、
確かに直線距離は短いけど、電車で行くと乗り換えがかなり面倒です!
浦和駅から京浜東北線の乗り、一駅先の南浦和駅まで行き、そこで武蔵野線に乗り換え、一駅先の武蔵浦和駅まで行き、
そこで埼京線に乗り換え、
一駅先の北戸田で下車という感じです・・・・
多分ですけど、調は自転車通学の方が電車通学より早く学校にたどり着けると思います。
今回の電車から見える外の風景ですけど、
あれは多分ですけども埼京線から見える風景っぽいですね。
埼京線とか武蔵野線は、京浜東北線と比べて比較的高架線を走っているという印象がありますので、
電車からのあの位置は高架線の上を走っているから、
電車内での会話は恐らくは、埼京線か武蔵野線に乗っている時のものでしようね。

改めてですけど、調は・・・・試験勉強をせずにこんな寄り道ばかりしていいのかな・・・? (笑・・)
大谷場南の言葉じゃないけど、多分ですけど、追試・または補修確定なのかな・・・??
彩湖の「お前、たまには試験勉強した方がいいぞ・・」の言葉は、別所子鹿ではないけど
「たまには会長もまともな事を言う・・」って反応ですね・・・(苦笑・・)

極度に方向音痴で道に迷ってばかりいる美園が、強引に寄り道させられて少しムッ・・としている子鹿に
「なんだ・・・お前も・・・迷っているのか」と聞かれるのですけど
その際の子鹿の
「いえ・・・・迷ってなんかいない・・こんなに私を引っ張ってくれる人がいるから・・・」と
とっても可愛い笑顔を見せてくれましたけど、
「浦和の調ちゃん」においても
彩湖大好き・・・!!の子鹿という「百合」が一輪咲いているようなシーンだったようにも思えますね・・(笑)

「浦和の調ちゃん」も今夏の第二期放映準備中となっていますので、第二期が開始されたら
とても楽しみですね!
スポンサーサイト
埼玉県には実を言うと知る人ぞ知る「一つの聖地」があったりもします。
あ・・・アニメではないですよ・・・(笑)
確かに「らき☆すた」の久喜市の鷲宮神社とか「浦和の調ちゃん」の調神社など、埼玉県は意外と
アニメの聖地巡礼のエリアが幾つも実はあったりもしています・・(笑)
ここで取り上げるのは、アニメではなくて実は「盆栽」です!

大正12年の関東大震災を契機に、東京の盆栽業者が、広い土地や新鮮な水と空気を求めて移り住んできたことで
誕生したのが大宮盆栽村と言われています。
そうした盆栽業者がつくりあげた大宮盆栽村なのですが、最も盛んな時期には盆栽園は30軒ほどもありました。
地域に根付いた伝統産業の盆栽は、昭和17年に「盆栽町」という行政上の正式な町名となりましたし、
この「盆栽町」という町名は現在でも「さいたま市北区盆栽町」という地名として現在にも
受け継がれております!
大宮盆栽村ができた頃は居住規約が定められ、「盆栽を10鉢以上もつこと」・「門戸を開放すること」・
「二階屋は建てないこと」・「垣根は生垣にすること」などという規約があったとの事です。
こうした規定は現在では必ずしも厳格には適用されていないのですけど、
確かに大宮とか浦和や川口のように、巨大高層マンションやタワービル等の巨大開発や分譲が進む中、
盆栽町周辺は確かに他のエリアではあまり感じられないような「風情」が伝わってくるのは、
そうした昔の規制が今現在にも多少は影響が残っているという事なのかもしれないですし、盆栽村周辺を散策すると
確かにそうした古い家・お屋敷・店舗が多少は残っていて、それが「今の時代では味わえない情緒」を
もたらしていると言えるのかもしれないですね。、
これらのことが現在でも優れた景観を維持することにつながっていると思えます。

大宮盆栽村は、東武野田線とJR宇都宮線に囲まれた大宮公園北側一帯の総称でもあるのですけど、
最寄駅は東武野田線の大宮公園駅という事になるのだと思います。
我が国屈指の盆栽郷として知られ、現在、盆栽町には5軒の盆栽園があり、
それぞれ特色ある盆栽を手掛け、四季折々の樹影は見る人の心を楽しませてくれていると思います。
また毎年5月3日〜5日には「大盆栽まつり」が開催され、全国から訪れる多くの盆栽愛好家で賑わいます。
盆栽村は、世界の盆栽の中心地として海外からも多くの愛好家が訪れている事でも知られています。








世界盆栽大会というのも実はあったりするのですね!

これは、4年に一度開催されている大会で、 本年度・・平成29年4月にさいたま市で開催されます!
1989年にさいたま市(旧大宮市)で第一回大会が開催されて以来、
28年ぶりに日本で開催され、この大宮盆栽村も会場の一つとなります。

そうですね・・・なんか浦和とか大宮の自治会の掲示板を見てみると、大抵この「世界盆栽大会」開催のポスターが
貼られている事が多いですね!

この世界盆栽大会のメイン会場は、さいたまスーパーアリーナでして、
世界最大級の可動システムによる音楽・スポーツ・産業・文化などのイベントが開催される施設で、
2020年東京オリンピック会場ではバスケットボールの会場にもなります。
それともう一つのメイン会場は大宮ソニックシティです。

さいたまスーパーアリーナなんて、うちの会社からも歩いて行ける距離にありますので、
正直、そんなに「盆栽」自体は興味が無い私ですけど、なんか「一度行ってみようかな・・?」みたく
感じてしまいそうですね・・(笑)

ふーーん、浦和とか大宮なんて、うちのブログのこの「浦和の調ちゃん」ネタにおいて「何もないない」と自虐していましたけど、
たまにはこういう素敵なイベントも開催したりするものなのですね!




5832cca8_convert_20150515230608.jpg


4eca9b0c_convert_20150515230535.jpg



そう言えば、2015年にテレビさいたまで放映されていた埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」第6話にも、
ちらっとでしたけどこの「盆栽」の事が登場していましたね!

彩湖が遊んでいたゲームをよーく眺めてみると、「ウナギVS盆栽」の文字が見えます。

埼玉県以外の方は何のことやらわからないのでしょうから、少し解説させて頂きますと、
同じ「さいたま市」でも、「さいたま市浦和区」と「さいたま市大宮市」の旧浦和市と旧大宮市は
昔からあんまり仲が宜しくない・・・・
ま、目クソ鼻クソを笑うの領域なのでしょうし、埼玉県以外の方の視点では
「別にどちらも冴えない埼玉なんだし、大宮も浦和も大して変わりがないじゃん・・・」みたいな
感じになってしまうのでしょうね・・・(滝汗・・!)
だから・・・・
旧大宮市の視点からは・・・・「新幹線が停車するのは大宮駅」と言うのでしょうし
旧浦和市の視点からは・・・・「浦和レッズと大宮アルディージャでは圧倒的にレッズの方が強い」と
言うのでしようね・・・・
ま、その辺りは、限りなくさいたま市南区に近い川口市民の私にとっては別にどうでもいい話なのかもしれないですね・・(汗・・!)

大宮も浦和も「全国的に知られた名産品」と言うと限りなく決定打に欠けるのですけど
大宮には上記で書いた通り、「盆栽村」と言って
知る人ぞ知る有名な「盆栽スポット」になっている日本屈指の盆栽郷があったりします。
そして浦和には、江戸時代の頃より、埼玉~見沼一体の沼地から採取されるうなぎのかば焼きのお店が
中山道沿いに結構あり、その由来みたいな形で今現在でも、浦和の街には、結構な数のうなぎ店があったりもします。

要は、大宮にも浦和にも全国的には確かにそれほど有名ではないけど
こんな名物もありますよ・・・・みたいな事を、あのローカルショートアニメでも是非伝えておきたかったという事なのかも
しれないですね。




縺シ繧薙&縺Юconvert_20150519080316



逶・ス_convert_20150519080340



上記の通り、大宮北部には「盆栽村」という
盆栽を愛する人たちにとっては、まさに「聖地巡礼」の地が存在したりもしています!

平成22年3月に、さいたま市北区盆栽町に「さいたま市大宮盆栽美術館」がオープンしたのですけど
(すいません・・・私は行った事すら無いです・・・・滝汗・・!)
その開館一周年の記念イベントを考えている時に、
「何か地元らしい名物は作れないか」→「地ビールではなくて地サイダーはどう・・・?」→
「それいいかも!、盆栽とサイダーを掛けて、名前は・・・ボンサイダー、そう・・盆栽だー!!がいいかも!!」という
実はオヤジギャグで決まったネーミングらしいですね・・・・(笑)

味については・・・

「盆栽といえば、松・・・・松は英語でpine(パイン)だからパイナップル味はどうかな・・・?」
「盆栽のイメージは緑だし、抹茶を加えてみる・・・??」
「松はポリフェノールが豊富らしい・・・松ポリフェノール入りの健康サイダーはどうかな・・・」
と色々意見があったようですけど、
最終的には・・・
「松の葉をイメージしたチクチクするような炭酸強めで甘さ控えめ、すっきりした大人の味」という
大変シンプルな味になったとの事です。

この「盆栽だー!!」ですけど、私も何度か飲んだことがありますけど、
確かに少し炭酸は強めですけど、実にスッキリ感はあって大変美味しいと思います。
あえて難点を言うと・・・・350mlで確か200円+税だったかな・・・・?? ちょっと高いのかもしれないですね・・

最後に・・・
この盆栽村周辺には、「漫画会館」と言う、日本近代風刺漫画の祖である北沢楽天の邸宅跡地に、
昭和41年にできた日本で初めての漫画に関する美術館があったりもします!
盆栽に飽きたら、ここに寄ってみるのも悪くは無いのかもしれないですね・・・
関東以外ではあんまり馴染みがないお店なので「なにをローカル話を・・」と言われちゃうのかもしれないですけど(汗・・!)
「さくら水産」はまさに「庶民の味方のお店」なのだと思います!
お店自体の本業は言うまでもなく「海鮮居酒屋」という飲み屋さんなのですけど、
夜の方もとにかくお値段が良心的ですし、特に料理の刺身・焼き物関係は社名の「水産」という言葉が象徴する通り
まさに「看板に偽りなし!」という感じで、「安い、うまい!」という素晴らしいお店だと思います。

そしてこのさくら水産は、昼間の時間帯は「ランチ」をやっています。(AM11:00~PM14:00)
このランチの中で「日替わりランチ」は、通常はAとBの2パターンがあり、Aは魚系、Bは肉系という事になっていて
なんと今どき・・! 税込で500円!!という大変嬉しい事をやっております!
これこそまさに「庶民の味方のランチ」だと思います!
(価格は少し上がるけど、刺身定食・サバの味噌煮定食というのもありますけど、店内を見た感じでは、
 ほとんどの来店客の方はこの日替わりを頼むことが多いですね)

さくら水産の良い所は、価格は500円なのに、
ご飯とみそ汁のお替りは自由で、なおかつ味付け海苔・卵・ふりかけ・漬物は食べ放題なのです!
店内を見ていた印象ではほとんどの皆様は、最低でもご飯は2杯はおかわりされていて、
学生さんとか職人さんみたいな雰囲気の方ですと、中には4杯程度もかるーく平らげる方も結構多いような
印象もあります。
いいですねぇーー!
こうやっておかずが美味しくて、味付け海苔や卵が取り放題で、ごはんのおかわり自由ですから、
ハピネスチャージプリキュアの「ごはん姫」とも言えて、アニメの本編中に何度も通称「ごはんのうた」を歌ってしまう
ゆうゆうにとっては、まさに「大感激のお店」とも言えるのだと思います・・(笑)

さくら水産は、まだ全国展開をしていなくて、東京・千葉・埼玉・神奈川が中心です。
(事業展開のメインは都内という印象が強い会社ですね)
最近は、愛知・大阪・兵庫にも出店していると聞いています。



縺輔¥繧画ーエ逕」_convert_20170118133842



縺輔¥繧雲convert_20170118133813



先日、仕事で大宮駅周辺に行く所用があり、それが終わったのが午後13:30頃・・
「さすがにお腹がすいたな・・どこか安くて美味しいお店は無かったかな・・」と思ったところ、真っ先に思いついたのが
このさくら水産でした。
普段の私の昼ご飯なんて、カップヌードルとかコンビニやスーパーのおにぎりや弁当という貧相な(?)ものばかりですので、
たまには外食もいいね・・という事で迷わずこのさくら水産に久しぶりに食べてきました。

この日のAランチは「サバの開き」でしたけど、魚のボリュームは大きいし、相変わらずごはん・卵・味付け海苔等は
おかわり自由ですし、美味しくてとっても満足いくものでした!
本日は、味付け海苔もたらふく食べてご飯を大盛りで2杯食べて、これで500円とは本当にありがたいですね!

さくら水産は、消費税が5%が8%に引き上げられた際も値上がりは一切しませんでしたので、
その心意気は素晴らしいですね!
さくら水産のランチは全てセルフサービスになっていて、ご飯やみそ汁をよそうのも、最後に食べ終わった食器を下げるのも
自分でやらなくてはいけないのですけど、それは当然ですよね!
それと・・・・以前は店によっては、最初のごはんと味噌汁は店員さんがよそってくれていましたけど、
久しぶりに来てみると、味噌汁に関しては、お椀に具材だけが入っていて、それを各自が
まるでコンビニのコーヒーのマシーンのように、ボタンを押せば、お汁が出てくる機械タイプになっていて、
こうしたところでも人件費を抑えている・・みたいな意識も感じたものでした。

さくら水産は都内では結構順調に店舗を増やしていると思えるのですけど、
埼玉県内は、浦和店・与野店・武蔵浦和店を閉鎖し、川口と大宮も元々は2店舗あったのを1店舗に統合しているから、
埼玉では苦戦中なのかもしれないてすね。

とにかく、庶民の味方の飲食店なのだから、夜の居酒屋もランチも両方頑張ってほしいものです!!



險ュ螳壹・隱ソ_convert_20160803144124



隱ソ縺。繧・s繝サ莠梧悄_convert_20160831004724



さくら水産の店内は、意外と(?)ОLさんとか女子高生みたいなお客さんもちらほら見かけます。

庶民的な店だから、入りやすい雰囲気はあるのかもしれないですね。

またまたこのネタに突入してしまいますが(汗・・!)埼玉ご当地ショートアニメの 「浦和の調ちゃん」の
メインキャラの庶民的な調とか大谷場南なんかは、さくら水産みたいな庶民的なお店でガツガツ食べていそうな
イメージもあったりして・・??

「浦和の調ちゃん」第二期は、公式においては
「現在第二期制作に向けて鋭意準備中!」と結構前から伝えてはいるようですけど、
中々公式の場で正式に「二期スタート決定!」という発表が出ませんね・・・

果たして、実際の所はどこまで話が進んでいるのかな・・??

と・・・思っていたら、昨年夏に思わぬところから情報らしきものが入ってきました。

その情報源は、大変ローカルネタで申し訳ないのですけど「埼玉新聞」という地方紙でした。

その内容は、
「2016年8月6日から、
埼玉県さいたま市初のクラフトビール「氷川の杜」が発売2周年となる事を記念して、
ご当地アニメ「浦和の調ちゃん」などとコラボ企画を開催しています。」書かれていましたけど、
同時に気になる事が、さり気なく記事として書かれていました。

埼玉新聞の当時の記事を下記に引用すると・・

「浦和を舞台にしたアニメ「浦和の調(うさぎ)ちゃん」の協力で、
大宮ゆかりのキャラクター女性2人が誕生。東武アーバンパークラインに、
その2人が同ビールを手にほほ笑む姿を描いた車内広告をお披露目する予定です。
そしてその2こそが来夏放送予定の同アニメの登場人物で、同ビールPRのために先行お披露目となりました」
との事ですけど、
結果的に「さいたまテレビ」(テレ玉)という公式の発表よりも先に、まさかまさかの「浦和の調ちゃん 第二期」が
思わぬ所から情報としてリークされていた事になりますよねっ! (笑)
その「新キャラ2名」というのは、さいたま市大宮区にゆかりがあるキャラと思われますけど、
ご存知の通り、古くから、「調神社」があるさいたま市浦和区と「氷川神社」があるさいたま市大宮区というのは
古くから「犬猿の仲」で有名な二つの街でもあります。

という事は・・第二期が本当に実現化された場合、「浦和の調ちゃん」が背景となっている
浦和第三高校とは別に
大宮の学校が「ライバル校」として登場する可能性が高い・・という事を示唆しているのかもしれないですね。

この大宮ゆかりの二人のキャラも可愛いですし、とにかく「浦和の調ちゃん第二期」が
本当にさいたま新聞の記事通り今年の夏から始まるとするととっても嬉しいものはありますね!

「二つの神社」なんていうと、東方好きの私なんかは、ついついなんですけど、
霊夢の博麗神社と早苗さんの守矢神社を連想しちゃいますね・・・(笑・・)
昨年秋頃に、
「東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー競技場について、当初開催予定地の都内の海の森水上競技場の
建築コストが予想以上に膨らんだ」という事で一時的に、
「もっとコストを安く抑えられる代替候補地は他にないのか?」という議論が出てきて、
宮城の長沼と埼玉の「彩湖」がその候補地と挙がっていた事は、まだ記憶に新しいですよね!

彩湖と言うとなんか感覚としてはさいたま市南区とさいたま市桜区にまたがっているような感じもしたものですけど、
実際は、戸田市に属しているのですね!
(部分的にさいたま市南区の管轄でもあるようですね)

普段の「彩湖」というと、緑と水に溢れた落ち着いたスポットというのか、さいたま市民にとっては
絶好の散策スポットでもありますし、散歩とかジョギングなんか行うのには
格好のエリアじゃないのかなぁ・・と思ったりもします。
この周辺には最寄駅がないものでして、車で行くしか交通手段が無いという事情もありまして、
桜の花見の季節以外は、そんなに混雑していないエリアですし、
お金をかげずに自然を満喫されたい方とかお金を掛けずに気分的にリフレッシュされたい方には
手頃のスポットではないのかなとも感じたりもします。
埼玉県はご存じの通り「海が無い県」でもありますし、例えば琵琶湖とか富士五湖とか榛名湖とか霞ヶ浦とか諏訪湖
などのような大きくて有名な湖がある訳でもない所でもありますので、
こうした「水」に関わるエリアと言うのは、結構貴重なものがあるのではないのかな・・?とも思ったりもします。

そうしたどちらかというと「静かな環境」ですので、
そうした所に何も東京五輪の競技なんてわざわざやることないじゃん!
当初の構想通り、基本的には都内でやってよ!
埼玉の地でそんな騒々しい事やらなくても別にいいじゃん! みたいな事を私的に感じていましたので、
正式にボート会場が当初の予定通り海の森水上競技場で開催する事が決定し、正直胸をなでおろしています。

そうですね・・3年後の東京五輪については、埼玉県内で建築関係の仕事に携わる私としては、
正直、苦々しく感じている事も多々あったりします。
只でさえ、現在の日本は慢性的な職人・大工不足が深刻な状況となっているのに、
本格的に東京五輪関係の設備関連の工事とかそれに付随する大型公共事業案件が開始されると、
そうした五輪関係の方が間違いなく職人・大工さんの日当は高いと思われるため、都内にそうした下請け・職人等が
流れてしまう事が予想され、
結果的に埼玉エリアでの「人件費」が高騰する危険性を秘めています。

東京五輪に元々大反対であった私としては、あんまり騒々しい事はやって欲しくないなぁ・・
開催後の反動も大きい事が予想されるしねぇ・・という感覚でありまして、
早いところ、こうした喧しい事はさっさと終わって欲しいとすら感じております。







さてさて・・「彩湖」というと埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」にも
そんなような名前の御方が登場していましたね!

そう! それがこの浦和の調ちゃんたちのメンバーが通う浦和第三高校のカリスマ生徒会長の「沼影彩湖」なのでした!

この「沼影彩湖」の名前の元ネタなのですけど、
「沼影」とはさいたま市南区の武蔵浦和駅近辺の地名で、
「彩湖」とは、正式な言い方をすると荒川第一調整池の事です。
この彩湖周辺はというか、荒川土手沿いは、上記で書いた通り豊かな自然と風景と水と公園に溢れていて
行ってみるだけで癒される気持ちになれると思いますし、春とか秋葉の散策には手頃なエリアだと思います。
この彩湖の周辺には、さくら草公園とか秋ヶ瀬公園など素敵な散策スポットも結構あったりして、
特に春になると、緑豊かな風景が広がり、彩湖~秋ヶ瀬公園周辺を散策するだけで何か「爽快」な感じを
味合う事は出来ると思います。

この彩湖なのですけど、勿論琵琶湖などのような巨大な湖という訳ではありませんし、
琵琶湖に比べると全然スケールの小さい所詮は調整池なのですけど、
「海」が無い埼玉県にとっては、「憩いの水のスポット」と言えるのは間違いないと思います。

だからこそ、ここで東京五輪の競技が開催されない事が決まったのは、私としてはなんか安心するものが
あったりしますね。
それにボート会場の仮設設備を作ったと仮定しても、毎年の管理維持費の負担をさせられるのは、
所詮は埼玉県民の税金ですからね!



002_convert_20150327172009.jpg




この彩湖周辺には、
「荒川彩湖公園」と言う彩湖北東部に位置する15haくらいの比較的新しい公園があったりします。
この公園は、全面ほぼ全て芝生敷きなので、夏なんかはここでゴロゴロと寝っころがるのも結構いいかも・・・??
この公園内には、上記写真の左に写っていますけど、カマキリ型のアスレチック遊戯器具もあったりして、
地元の一部の方は、ここの公園を「カマキリ公園」と呼んでいるそうですね。

でもこの公園は、アクセスが少しわかりにくいかもしれないです。

新大宮バイパスから国道40号線を入っていき、秋ヶ瀬橋直前の信号を左に曲がるのですけど、
ボケっとしていると、この信号をスルーしてしまい、橋まで行ってしまいそのまま朝霞方面へ進行なんて事もありそうですね。




resize_image-2.jpg




a5838165_convert_20150519080424.jpg




さてさて・・「浦和の調ちゃん」で登場するメインキャラの一人、沼影彩湖なのですけど、
キャラ設定としては、調たちが通う浦和第三高校の生徒会長で、自称カリスマ生徒会長という事ですが、
「浦和の暴走天使」というキャッチコピーが何か妙にしっくりくる感じはありますね。

自信満々の上から目線というキャラ設定がとにかく楽しかったですし、
多分ですけど、彩湖は「中二病」なのかもしれないですね・・(笑)
彩湖の傍にいつも寄り添う別所子鹿は、いかにも「有能な秘書」という感じですね。
彩湖と子鹿は幼馴染設定ですけど自信満々の彩湖に対して
「自分は会長よりは大人ですから・・・・」と少し背伸びをする子鹿のコンビは全ておいて息もピッタリという感じで
幼少の頃の関係が現在に至っても変わらず継続しているみたいな雰囲気も漂っているのが素敵でしたね!

この彩湖なのですけど、その外見なのですが、いかにも小悪魔風キャラの雰囲気で、多分コスプレのつもりなんでしょうけど、
まるで吸血鬼みたいな背中の羽とか頭のネコ耳なんかはとっても可愛かったですね!

参考までに、この彩湖の声優さんは、「スイートプリキュア」のアコちゃん=キュアミューズ役の大久保瑠美さんでした!

更にいうと、沼影彩湖は、設定の上では武蔵浦和駅周辺の模型屋の娘という事でチョコレートが大好きキャラでもあります。
実をいうと、武蔵浦和駅周辺には、ロッテ浦和球場と言う千葉ロッテマリーンズの2軍球場があるのですけど、
もう一つ名物施設があり、それが何かと言うと「ロッテ・浦和工場」なのです。
このロッテ浦和工場は、武蔵浦和駅からも結構近いのですけど、この工場の近くは、
微かに「チョコレート」の甘い香りが漂っているような気がします。
この浦和工場では、雪見だいふく・ガーナチョコレート・コアラのマーチが主に生産されていて、
「工場見学会」も開催されていた事もあるそうです。
現在でも開催しているのかな・・・・?

沼影彩湖の「チョコレート好き」というのは、こうした武蔵浦和駅周辺らしい設定と言えるのかもしれないですね。




繧後∩縺ダconvert_20161105193311



最後に・・・

カリスマとか背中に羽とか吸血鬼みたいな事をちらっと上記で書かさせて頂きましたが、
そうした設定の御方というと・・・
そう!
東方Projectのカリスマお嬢様という吸血鬼がいましたけど、
そうですね・・・
レミリア様と沼影彩湖の共通点と言うと、上記の特性というよりは、むしろ「カリスマブレイク」(カリスマ崩壊)の方が
よくお似合いなのかもしれないですね! ・・・(汗・・!!)
「うどん」と言うと・・・
あ、東方のうどんげちゃん=鈴仙・優曇華院・イナバじゃないですよ・・!(笑)
麺類の方のうどんです!

寒い時にふーふー言いながら食べる熱いうどんも素敵ですし、夏場の冷たいもっちりとしたうどんもとっても
美味しいと思います。
もちろん、「うどん」というと、そりゃ本場は言うまでもなく香川県だと思うのですけど、
実は私・・・いまだに四国と九州・中国地方は行った事すらないものでして、
是非是非死ぬまでの間に、一度ぐらいは、「お伊勢様詣り」を含めて、四国とか厳島神社とか博多は
行ってみたいですし、そこで美味しいものを一杯食べてみたいです!

その中でも特に特に四国は何か魅力を感じます。
だって四つの県それぞれに名産と言うか特徴があっていいと思います。
イメージで言うと・・・
香川⇒うどん
愛媛⇒伊予かん
徳島⇒阿波踊り
高知⇒カツオのたたき

特にカツオのたたきは一度本場のものを食べてみたいですよね。そしてもちろん、本場の香川県のうどんも
是非死にまでに一度ぐらいは食べてみたいです!

映画「死国」を見てから、何か「四国88箇所巡り」なんてのも全部は無理でも
10箇所くらいは見てたいなぁ・・と思うようにもなったものです・・

さてさて・・うどんというと、気のせいなのかもしれないのですけど、ここ埼玉県でもこの数年間で急速に
うどんのチェーン店が増えたような気がします。
仕事でよく通る産業道路とか第二産業道路沿いだけでもこの数年間で丸亀製麺を中心に4店舗程度
開店したような印象があります。
そしてイトーヨーカドー等の飲食コーナーでも随分と「はなまるうどん」が出店してきたような感じもありますね。
ちなみに、はなまるうどんのカレーライスとうどんがセットになった499円の「カレーセット」は私は大好きです!

最近初めて知った事なのですけど、
「埼玉県は実はうどんの国!! 埼玉県はうどん生産量が全国2位の県!」との事なのですけど、
私としては意外な感じもしたものです。
1位は当然のことですけど、あのうどん王国、「讃岐うどん」であまりにも有名な香川県なのですけど
なんで埼玉県が2位なのかな・・・?
私のイメージですと、うどん県というと、静岡・大阪・愛知・群馬じゃないのかな・・?という感覚があったものですけど、
それではなんで埼玉が2位にランクインされたのかな・・?
私、気になります・・・(笑)

埼玉県は、江戸時代から長い日照時間を活かして小麦の栽培が盛んだったとの事です。
その結果として実は伝統的にうどんを食べる習慣が根づいていて、
加須市や熊谷市、鴻巣市などは、県内有数の小麦の作付け地域で、
生産される小麦の約9割がめんに向いているとされているそうです。
そのため、こうした地域には「ご当地うどん」があって、毎年6月25日を「うどんの日」と定めている「加須うどん」は、
全国的な知名度は低いものの、ローカルグルメとしては定着していると言えるのかもしれないです。
他にも、川島町のすったてとか春日部の藤うどんなどがありますし、
都内の多摩地域と埼玉県西部に伝わる「武蔵野うどん」は、「手打ちうどん」「肉汁うどん」とも呼ばれていたりします。

埼玉県において「うどん」というと、これ・・完璧に知る人ぞ知る「ローカルネタ」になってしまいますけど、
丸亀製麺とかはなまるうどんよりもどちらかと言うと、以前から埼玉県内にはかなりの店舗がある「山田うどん」の方が
埼玉県民にとっては馴染みがあるかもしれないですね。
「山田うどん」は本社は所沢にありまして埼玉県の至る所に出店していますけど、都内というか、
23区内で見た記憶は無いですけど、東村山市とか武蔵村山市とか多摩では何店舗か見かけた事があります。

埼玉県が意外と全国的に「うどん県」と言えるのは、もしかして・・・?
この「山田うどん」の影響も多少はあるんじゃないのかな・・?
もちろん、香川県には足元にも及ばないのですけど、私自身、埼玉の地には通算して20年以上住んでいますが、
エリアによっては、マクドナルドも吉野家の店舗も無いけど「山田うどん」の店舗だけはしっかりある・・みたいな所も
あったりしますからね。




やまだ



d0152191_18225669_convert_20150427170721.jpg



当ブログにおいては、2015年より何度も埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」の事を記事に
させて頂いておりますけど、
第3話のラストで、大谷場南が十万石まんじゅうの事を「埼玉県民のソウルフード」と言っていましたけど
あ、これは何となく分かる気がしますね。
埼玉県って本当に「名物」が何もない県で、全国的にはせいぜい「草加煎餅」くらいしか有名なものが無いかもしれないですね!
他県に行く際の手土産として「これぞ埼玉県!!」という決め手が中々ないから、
そういう時、この「十万石まんじゅう」は、十勝の甘納豆の「母べえ」とか「彩香の宝石」とか
くらづくり本舗の「福蔵」という最中などと並んでかなり貴重な存在ですし、
埼玉県民の「ソウルフード」という意味では、既に埼玉県民にとってはある意味安心感がある商品だと思います。

ですけど、埼玉県民の「ソウルフード」と言うと、忘れちゃいけないのが、そう!

「山田うどん」なのかもしれないですよね!

埼玉県民にとっての「うどん」とは、
やっぱり「山田うどん」と言えるのかもしれないですね!
そのくらい、埼玉県民にとっては古くから馴染みがあるお店と言えるのだと思います。

価格は安いし、ボリュームたっぷりだし、
どのセットメニューにも必ずうどん(またはそば)が付いてくるけど
味は・・・・
悪く言うと「普通」、良く言うと、とてつもなく懐かしい味!
うーーん、食べ物の完成度という意味では、丸亀・はなまるには一歩及ばないという感じも確かに無くは無いのですけど、
たまに無性に食べたくなってしまうのが「山田うどん」なんですよね! (笑・・)

私自身も山田うどんの「たぬきうどん」とかセットメニューが無性に食べたくなってしまう事は結構あったりします(笑・・)
特に(埼玉県では)有名なのは「パンチセット」なのかな・・?
なぜか山田うどんは、「もつ煮込み」をパンチと表現しています。
「パンチセット」は、もつ煮込み+ご飯+うどんで確か760円くらいだったかな・・・・
とにかく「ガッツリ系」・「ガテン系」の方にはこれほどお勧めのお店はありませんし、
とにかくお腹が空いた、だけどあまり予算が無い・・・という際には、この山田うどんはお勧めですね。

やはり、埼玉県民にとっては、「山田うどん」もまた一つの「ソウルフード」と言えるのかもしれないですね!

この「山田うどん」は、うどん・そばの麺類の他に色々と定食系とかサイドメニューも充実し、最近では
なぜかラーメンすらも登場してします。
そして最近判明したのですけど、この山田うどんには、数こそ少ないものの「立ち食い店」としても幾つかあったのですね!
それが私の最寄駅でもある「南浦和駅」だったのですけど、この南浦和駅の東口の目の前に
この山田うどんの立ち食い店があり、メニューは、うどんとそば程度しか無いのですけど、
結構いつ見ても「混んでいるな・・」みたいな印象があります。
「山田うどん」というと、前述のパンチも有名ですけど、同時に「たぬきうどん」またはたぬきそばが
今どき一杯250円と言うのも極めて嬉しい料金設定だと思いますし、
この「たぬきうどん」には、意外と(?)わかめもこんもり付いてきますし、まさに「看板商品」なのだと思います。
先日初めて、こ山田うどんの立ち食い店に入ってみたのですけど、
やはりこの「たぬきうどん」はどこか懐かしい味でしたし、何よりも寒い時にああやって熱いうどんをすずーーっとすするのは
中々いいものですね!



DVD_convert_20150920233531.png



改めて書くのもなんですけど、
この「浦和の調ちゃん」(読み方→うらわのうさぎちゃん)というローカルショートアニメというのは、
埼玉県浦和区に住む高校2年生の高砂調(たかさごうさぎ)と、その友人たちの日常を描くショートアニメです。
そして主人公の高砂調は、近くの「調神社」というウサギが祀られている事で大変有名な神社に
毎朝お詣りをしてから登校するという今時の女子高生にしては大変感心な女子高生でもあります。

テレビ埼玉で2015年4月~6月に放送され、現在は第2期制作に向けて準備が進められているという話は
結構ちらほらと耳に入ってきているのですけど、
実際に公式から「二期目の放映開始決定!!」というニュースはまだ無いですので、
二期目が本当に実現したら、とってもうれしいです!!

浦和と大宮は同じさいたま市でも昔から仲が悪いというのは、ローカル鉄板ネタでもあるのですけど、
浦和の調ちゃんにおいても、「浦和」の永遠の(?)ライバルでもある「大宮」に絡む展開というのも
面白いと思いますし、実はそうした構想も制作者サイドの中にもあるようでして、
話としては、大宮の学校の生徒も登場するみたいな話も構想としてはあるようです。

調たちの通う浦和第三高校に対して大宮の学校が「挑戦状」を叩きつけるというのもなんかありなのかも・・・??

その際に、調とか常盤とか南が、「山田うどん」の「たぬきうどん」を食べながら、作戦会議を開くというのも
ありなのかもしれないですね・・・(笑)
先日もちらっとは書いていたのですけど、
浦和の調ちゃんの「聖地」とも言える「調神社」(読み方→つきのみや神社、通称→うさぎ神社)をご参拝させて頂いた後は・・
そりゃまーー、うちの奥様の毎年恒例の「福袋」漁りになってしまいますよね・・・(苦笑・・)
しかも・・・・
我が家は二人ともずぼらで、新年はあんまり外に出たくないし家でぐーたらしていたいという感じでしたので
「福袋」を本気モードで買いたいと思うのならば、そりゃ、1/1の元旦早朝からある程度の「行列」は
覚悟しないといけないのでしようけど、
二人ともそうした「やる気」はほぼ皆無でしたので・・・
その結果、うちの奥様的に「これが欲しい!」と狙っていた福袋の幾つかは当然売り切れでした・・

だけど、結果的に5個程度「欲しい!」と思っていた福袋も無事に購入出来て何よりでした・・・

というか・・・

だけど女の子というものは、幾つになってもああいう「福袋」はお好きですよねぇ~(笑)

私から言わせて頂くと
「所詮あれは、年末商品等の売れ残りとか秋のバーゲン等で在庫を抱えてしまった際の
在庫処分みたいなものなんだから、そんな商業戦略に踊らされる必要もないじゃん!」という感じなんですけど、
女の子にとってはあの「わくわく感」がいいのかもしれないですね。

あ・・・だけど、最近の福袋は皆様ご存知の通り、
昔のように「何が入っているか分からない」とか「開けてみないと分からない」みたいな期待と開けた後のガッカリ感を
楽しむというものではなくて、
福袋そのものの中身を事前に広告とか店頭で「公開」している場合がほとんどですので
一昔前みたいな「えーー、なにこれ! こんなのいらなーい!」みたいな開けた後の失望感みたいなものはほぼ皆無ですので
昔みたいな「わくわく感」もほとんどない感じですので、
私としては、そうですね・・・
「そんなの別に今買わなくたっていいじゃん!」みたいなシラ―――ッとしたノリになってしまいがちですね・・・(笑)

でも女の子はその辺がいいみたいですね・・・(笑)
その辺りが男女の違いなのかも・・・??

うちの奥様もなぁ・・、昔も今もちびっこい雰囲気は全然変わらないのですけど
出会ったばかりの頃は、ドールとか「妖精さん」みたいな雰囲気も多少はあったのですけど、
いつの間にか、家に棲みつく「座敷童」みたいな感じに変容していき、
今では、「あれが欲しい、これが欲しい」とか「あの福袋、買って、買って!」とわがままばかり言う
「くれくれ妖怪」化している感じですね・・・(苦笑・・・)
「妖精」がいつの間にか「妖怪」化だもんなぁ・・・・

「おまえは幻想郷の住民なのかっ・・!」とツッコミを入れてやりたいものであります・・・・(苦笑・・)







結局「福袋」としては5個も買わされてしまいました・・・(泣・・)

一番高価だったのは、やはり「銀座千疋屋」の福袋でしたね!

中身は・・そりゃそれなりのものが色々と入っていましたけど、一つ5000円ですからね!!

福袋だけでなんか15000円ぐらい使っていたんじゃないのかな・・・(泣・・・)

え・・・・? 私は何を買ったかですって・・・!?

正解は・・・「何も買っていません・・・」(泣・・)

彼女が言うには「お正月ぐらい家の奥さんの好きな物買うべきじゃん・・!」とか何とかいっていますけど、
我が家は・・・
一年中、そんな感じじゃないのかな・・・とふと思うのですけど・・・(笑)

イオンモールで「魔法つかいプリキュア」の福袋があったのですけど、
「あれぇ・・・あなた、もうプリキュアに興味ないんじゃなかったの・・?」とか言って却下されてしまいましたけど、
あれれ・・私、そんな事過去にも現在にも一言も言った覚えはないのですけど・・・??
「艦これ」の一つ200円の「カードガム」買おうとしたら
「ガム一つで200円とは狂気の沙汰じゃない・・」とか何とか言ってこれも却下・・・・

うーーむ、私が自分の欲しいもの買う時は・・・・こっそり一人で買うべきですね・・・・(苦笑・・)

東方関連でこういう「福袋」があれば喜んで買うのですけどね・・・・

帰りの車の中でその話をしたら
「つい最近までキュアハッピーとかキュアラブリーがどうたらこうたら言っていた人が
1~2年前から急に、さとり様がどーたらこーたらとか、早苗さんがどーたらこーたら言っても
説得力に欠ける・・」と
思いっきりダメだしを食らってしまいましたぁ・・・! (苦笑・・)
彼女的には東方は「アリス」がお気に入りのようですね・・
ちなみにですけど・・・2007年に私をプリキュアの世界にいざなってくれたのはうちの奥様なのでしたぁ・・・・(苦笑・・)



CIMG9940_convert_20170102180804.jpg



CIMG9941_convert_20170102180836.jpg



うちのブログ記事で2015年~16年にかけて散々「浦和の調ちゃん」カテゴリで
「うまい、うますぎる」でお馴染みのふくさやの「十万石まんじゅう」の事をネタにさせて頂いておりますので、
今年も当然ふくさやさんにも福袋を求めてやってきました。

しかし・・・今年は新年早々、既に完売してしまったのことでした・・・・(泣・・)

しかも・・・
その代わりにとかなんとか言って、うちの奥様がふくさやの「冬の贈り物 言の葉」みたいな
一つ2900円もする箱入り詰め合わせお菓子も買わされる羽目になってしまいました・・・・(大泣・・・)

今年もふくさやでは、「初福くじ」というものを1000円購入ごとに一枚付いてきましたけど
今年こそは当たるといいですね・・(笑)

ついでに単品でしたけど、例の「うまい、うますぎる」の十万石まんじゅうと
ごぼうと白餡が絶妙な花びら餅も購入させて頂きました。



892d57bc_convert_20150424144903.jpg


umai_convert_20150424150420.jpg



当ブログの管理人がかなりの頻度で使用するこの「うまい、うますぎる」ネタなのですけど、
あれは実は「浦和の調べちゃん」第3話で使用されていたものです。

このブログでも既に書いている通り「浦和の調ちゃん」は、第一期は2015年に終わっていますが、
HPを見る限りではこの「浦和の調ちゃん」も第二期制作の予定はあるとの事のようですので、
もしもそれが実現したら第二期も楽しみにさせて頂きたいと思います。

ちなみに第一期のリアルタイム放映時においては、
本編第3話とEDの歌が終わって、CMに入ったのですけど、
そのCMというのが、埼玉県民にとってはすっかり(?)お馴染みの、例の・・・
尺八がホワーーーーッと入ってきて「風が語りかけます・・」と例の十万石まんじゅうのナレーションが入ってきたので
あれは中々粋な演出でした!(笑)
更に更に・・・2015年真夏の再放送時には、第三話本編とEDの歌が終わった同時に
またまた例のあの尺八の音がホワーーッと入ってきて
「あれれ、再放送でもまたまた十万石まんじゅうがCMとして流れてくるのか・・・」と苦笑していたら
なんとこれが・・・・
十万石まんじゅうのCMではなくて、
「早い、早すぎる・・・・テレビ埼玉の高校野球速報・・・」というナレーションが流れてきて、
何か・・・・
思いっきり全身から力が抜けてしまいました・・・・(苦笑・・・・)

うーーん、テレビ埼玉(テレ玉)もなかなかやるものですね・・・・(苦笑・・・)

まさか・・まさか・・・、埼玉県民ならば多分・・・・30%程度の認知度はあると
思われるあの十万石まんじゅうのパロディーをやってくれるとは・・・
いやいや、テレ玉も中々お茶目な所もあるんだな・・・と当時何か妙に改めて感心したものでした・・・(笑)


1/1~1/2はどにかく家でぐ~たら状態でしたけど、
さすがに初詣ぐらいは行っておかないと神様から天罰食らいそうですので、行って参りました!
どこの神社にお詣りをさせて頂いたかと言うと、地元の川口近辺の神社ではなくて
このブログでも2015年から散々ネタにさせて頂いている埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の聖地とも言える
「調神社」(つきのみや神社、通称・うさぎ神社またはつき神社)にお詣りをさせて頂きました。

元旦では無かったですけど、さすがに参拝客でまだまだ混んでいましたねぇ~!

駐車場も空きを待っている状態でした・・・・

「毎年混んでいるし自転車で行くのがいいのかも・・」と思い、久しぶりに自宅からこの浦和駅前の調神社に
行ったのですけど、
いやいや・・やっぱり年ですね・・・(苦笑・・)
10代の頃だったら多分15分前後で行けたと思うのですけど、20分以上は掛かってしまったのかも・・??







e283889b_convert_20150410230612.jpg




当ブログにおきましては、2015年と昨年は、またまた性懲りもなくこのテレビ埼玉のほぼ限定放映で
埼玉県以外の方は何の事やらさっぱりわからない埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の事を
散々ネタにさせて頂き、特に第3話で登場したふくさやの十万石まんじゅう」のあの「うまい、うますぎる」のネタは
結構ネタに使用させて頂きましたね!
昨年の「魔法つかいプリキュア」でもチクルンが「うめえ、うますぎる!」とか何とか言っていた際も
チクルンネタとこの浦和の調ちゃんネタを強引にコラボさせて頂いたこともありましたね・・
(あの時、五月雨日記内の記事の記事引用&画像転載を快諾して頂きました風月時雨様! ありがとうございました!)

「浦和の調ちゃん」という埼玉県ローカルショートアニメは、今年も色々とこのブログ内で
記事にさせて頂きたいと思います。
浦和の調ちゃんのHP内では、昨年夏からずーーーーっと
「第二期制作鋭意準備中!」となっていますけど、正式にはまだ第二期放映開始という発表がなされていませんので、
是非是非あのローカルショートアニメが放映されればいいなぁ・・と思っています。

予告では、浦和の永遠の(?)ライバルの「大宮」に関わるキャラが登場するとなっていますけど、
これは面白そうです!
現在は同じさいたま市内なのですけど、昔から浦和と大宮は仲が悪いエリアで地元では有名ですからね・・(苦笑・・)

このアニメについて改めて簡単に概要を記しますと、
埼玉県さいたま市浦和区が舞台で、「浦和の名が付く8つの駅」を
モチーフに誕生した8人の女の子たちが繰り広げる日常の物語[です。
ちなみに「調」とは、浦和駅周辺にある調神社(つきのみやじんじゃ)の事であり、
この神社ではウサギが神の遣いとして崇められていることが由来となっています。

このアニメの主人公の高砂調(たかさご うさぎ)は、浦和第三高校に通う女子高生で、
自宅から近くにあるこの調神社に毎日欠かさず参拝するというなかなか素敵な女子高生さんでもあります!
(頭は限りなくポンコツですけど・・笑・・)



043_convert_20150325171518.jpg


045_convert_20150325171552.jpg




この「調神社」は大変ユニークなものがあり、
以前の記事でも書いたことがありましたけど、
この「調神社の七不思議」について以下に列記してみると・・・・・

1. 鳥居がない(境内へ伊勢神宮への貢物を運び入れる時に邪魔になり鳥居を建てない事にしたそうです・・・)
2. 松の木がない
 (一説に弟神須佐之男命(すさのおのみこと)が大宮へ出かけ、なかなか戻って来ないので姉神の月読命(つくよみのみこと)が「もうまつのはいやじゃ」といったのがその理由なそうです・・・)
3. 御手洗の池の魚は片目・・・・
4. 狛犬のかわりにウサギ像が置かれている(「調→つき」を「月」と考え、ウサギを神の使姫とする習慣が背景との事)
5. 日蓮上人駒つなぎのケヤキ
 (日蓮が佐渡へ流される途中、難産の婦人のためこのケヤキに馬を繋ぎ、祈ったところ男子を無事出産したので、安産  の守護神として今日に至るまで信仰されている・・・)
6. ハエがいない。(調神社の祭神が嫌うため・・・・??→ホントかいな・・・??)
7. 蚊がいない。(上記と同じ理由)

ま、色々と興味深いですね・・・・

だけど一番面白いのは、狛犬でもお稲荷さんでもなくてウサギ・・・つまり「狛兎」が祀られている事は
本当に珍しいものがあると思います。
ま・・・南浦和にも、狛犬ではなくて「狛雉」が祀られている神社もありますけどね。

お清めの手洗い場にも、うさぎが祀られていますし、境内入り口にも祀られています。
境内の池の中にもうさぎの石像があり、このうさぎの口から噴水のように水が噴き出されているのが可愛いですね。
神社にうさぎとは少し意外な組み合わせかもしれませんが、
何ともユニークなものも感じます。
もっとも「古事記」には「因幡の白兎」の伝説もありますので、
意外と神様とうさぎは何か近い関係があるのかもしれませんよね。



蜈・ロ繧ソ髴雁、「_convert_20160514172951



そんな中・・・二次元の創作という事なのですけど
私の心の中では、
是非是非、東方projectでお馴染みの「霊夢」が巫女さんを務める「博麗神社」に心の中で
お詣りをしたいな・・・みたいな気持もあったりしますね・・・(笑)

ま・・・東方に登場してくるキャラは、妖怪・吸血鬼・幽霊・妖精・魔法使い・半幽半人・鬼・天狗・妖獣
数億年近く生きている御方・月の世界の御方・神様など本当に色々なキャラがてんこ盛りなのですけど、
この「博麗神社」の巫女さんの「霊夢」は、東方の世界では珍しい部類に入る「人間」というカテゴリに分類されています。

霊夢はとってもとっても可愛い素敵な巫女さんだと思います。
霊夢のトレードマークとも言えるあの赤の巫女服と頭上のあの真っ赤な赤のリボンは、
本当に素晴らしいですよね!!

ああいう可愛くて魅力的な巫女さんがいたとしたら・・・なんか毎日でもお詣りしたくなっちゃいますけど、
実際は・・・・
巫女さんとしての勉強や修業はほとんどしていなくて、
ま・・自分が巫女を務める神社にどんな神様が祀られているのすら知らない・・というお人でもありますので・・・(笑)
そうですね・・天性の才能だけでこれまでの数々の妖怪退治をやってのけてきた・・みたいな感じもありますよね。

この「博麗神社」に関しては・・・
人里から神社までは見通しの悪い獣道しかなく、道中妖怪に襲われる危険性が高いため、参拝客&お賽銭は
ほぼ皆無・・・という感じですからね。
というか・・・
霊夢自体が自然と妖怪・魑魅魍魎さん達を引き寄せてしまう体質のため、
この神社周辺には妖怪等がうじゃうじゃいるようですので、
ま・・参拝したくても参拝の仕様が無い・・という感じですね・・・

だから・・・心の中で・・・この博麗神社にお詣りをしたいと思っています・・・(笑)

それに・・・

私は行った事はないのですけど、
毎年毎年、5月8日には「博麗神社例大祭」が開催され、今年は東京ビックサイトで開催されるようですね。
そこで、色々な同人雑誌とかグッスが出品され
毎年毎年大賑わいのようですけど
ま・・・あれも一つの「お詣り」なのかな・・・??
本当は是非一度行ってみたいのですけどね!!

霊夢は口癖のように「参拝客が来ない」とか「お賽銭が入らない」と愚痴っていますけど、
そうですね・・もしも幻想郷内の博麗神社にお詣りする事が出来たとしたら、せめてお賽銭ぐらいは
奮発してあげたいですね!
霊夢の博麗神社の場合、なんとなくですけど、お賽銭の投入額によってご利益に全然差が出そうな気もしますね・・(笑)

100円→素通り・・

1000円→霊夢が会釈

10000円→博麗神社のぬれ縁でお茶が出る

100000円→霊夢のお祓いを受ける事ができる

1000000円→一つぐらいお願いが叶うのかも・・??

10000000円→ ゆかりんと一緒に混浴が出来る???

あ・・でも守矢神社の早苗さんに1000000円ぐらい寄進したとしたら、
早苗さんは嬉しくなって調子こいて、早苗さんの「奇跡を起こす程度の能力」によって
本当に一つぐらい願いが叶うのかもしれないですね・・!! (笑)
昨年とか一昨年の記事を振り返ってみると、12月の師走の月には必ずと言っていいほど
うちの会社の仙台の関連会社における「トラブル顧客宅への挨拶訪問&ヒアリング」という事で
数日間のお泊りとかはたまた昨年みたいな朝4時車両で埼玉出発→PM22:00頃まで仙台の顧客のフォロー訪問
→仮眠→AM2:00仙台出発→AM6:00埼玉到着、そのまま出勤みたいな「弾丸日帰り出張」みたいな事を
書いていたと思いますが、
実は、今年の初めぐらいから仙台の関連会社は「徐々に発展的縮小→そのまんま閉鎖」みたいな流れに
なっているようですので、
正直今年に関しては「それだったら別に交通費掛けてまで仙台に行く必要もないじゃん・・」という感じでもあるのですけど、
「来年以降仙台の関連会社が本当に閉鎖されるなら、最後ぐらい挨拶はきちんとしないと・・」とか
「たまーには母校の吹奏楽部に顔出ししたい・・」みたいな想いもあり、
今年は、わずか半日程度のものでしたけど、仙台の何軒かの顧客宅にも顔出しする事が出来て
その点は少しばかり安堵しています。
そして後述しますが、私の出身中学校がどうも「来年または再来年あたりに廃校の可能性がある」という事で
本当に廃校になるその前に一度もう一度学校の様子を目に焼き付けておきたいと思っていましたので、
その辺りもクリアできたことはよかったなぁ・・と思っています。

今回は、新幹線を久しぶりに利用しました。
最近の新幹線はあまりにも速いので、大宮~仙台は新幹線によってはわずか1時間15分程度で
到着してしまいます。
なんかこれは少し味気ない感じもありますね。
今回は朝早い時間帯という事もあったのですけど、大宮駅を離れた瞬間に瞬時に爆睡してしまい、
目覚めたら・・・あと5分で仙台到着という感じでした。
こうやって新幹線内でゆったりと爆睡というのも悪くはないものです!

仙台の顧客廻りは・・・「もしかしたら事業所自体が閉鎖の可能性」という事を考えると、
例年に比べてなんか今一つ気持ちが入らず、俗にいう「クレイジークレイマーさん」みたいなハードな所は
意図的にバスしてしまい(?)
どちらかというと無難な所ばかり集中的に廻って短時間で終わらせたという感じになってしまいました。

そして仕事自体は早めに切り上げ、残った時間を「母校の吹奏楽部への差し入れ」でもしようと思っていたのですが、
高校の方は、私が在籍時は「男子校」だったのを数年前に学校統廃合により、男女共学校になってしまい、
設備等の諸問題から学校自体の建替えをしなくてはいけないようでして、
今年はまさに建替え工事の真っ最中で、吹奏楽部も音楽室の利用が出来ないみたいで、あちこちをジプシー化している
ようでしたので今年はパスし、
代りに昨年同様、中学校の吹奏楽部に差し入れをしてきました。
というか・・・高校の吹奏楽部の現在の部員の5/6近くは女の子ですので、
確かに「うらやましい・・」という感じはあるのですけど、慢性的なクラリネット奏者不足に泣かされ続けた元・男子校部員としては
「ちょっと違うんだよな・・」みたいな想いもあるのもまた事実で、その辺りは少しばかり微妙な心境ですね・・・・
ま、この中学校の吹奏楽部は、このブログの吹奏楽カテゴリと響け! ユーフォニアムカテゴリで
これまで散々愚痴ってきたとおり、あまりいい思い出はないのですけど、
ま・・それも昔の話・・
今となっては、頑張っている後輩ちゃん達に「お土産」の一つでも差し入れし、少しは「先輩」らしい所でも示せれば
私としてはそれだけで十分満足です!







十万石




お土産は当然ながら、埼玉の数少ない名物、あの「うまい、うますぎる」でお馴染みのふくさやの「十万石まんじゅう」です!!
この「うまい、うますぎる」のネタですけど、何回このブログで登場させたのでしょうか・・・(苦笑・・)
本当にこのブログのポンコツ管理人の「ネタの貧困さ」・「アイディアの枯渇」にはほとほと呆れるばかりです・・・(苦笑・・)

だけど「十万石まんじゅう」は本当にとっても美味しいですよ!

まさにこれぞ「埼玉の魂!!」という感じですね!
埼玉というか「浦和」は、別に「浦和レッズ」だけではありませんので・・・(笑)

昨年は、現在の部員が14名

今年のの部員はわずか10名という事で、しかも昨年は一人いた男子部員もいなくなったとの事でした。
吹奏楽コンクールも出たくても人数不足でとてもじゃないけど出場できないとの事でした。
顧問の先生に聞いたところ、一学年2クラスしかないとの事で、
来年以降一学年1クラスになる可能性もあるとの事で、そうなると間違いなく「学校統廃合」の対象となり
廃校となる可能性が極めて高いとの事でした。
そうですね、ここにも「少子高齢化」の波が来ていましたね・・・
私がこの中学に在学中は、一学年最高20クラス近くまであり、私なんか中二の時は2年17組でした・・・(笑)
当時の吹奏楽部も、部員も100人は軽く超えていましたよね・・・というか・・・
当時部長の私自身ですら正確な部員数を把握していませんでした。
というのも、部員が次から次へと入部するのですけど
同時に次から次へと退部していくので・・・
正確な部員数は最後までよく分からなかったし、正直・・・全員の名前すら把握していなかったと思います・・・

だけど、これがもしかして最後になるのかもしれない「十万石まんじゅう」の差し入れが出来て
本当によかったなぁ・・と思いますね!
最初にお断りさせて頂きますが、今回の第36話の「魔法つかいプリキュア」感想記事は、
プリキュアの事をほとんど書いていません。
そんな訳でタイトルは「魔法つかいプリキュア」となっていますけど、
カテゴリは実は「浦和の調ちゃん」という大変珍しい形を取らさせて頂いております・・・(笑)





e9923f88_convert_20161011162754.jpg


今回の第36話ですけど、
そうですね・・・一言で言ってしまうと10/29公開映画の壮大な前振りみたいな感じもありますね。
今回の回から、ついに・・・! OPにて劇場公開版の映画のネタバレ映像が出てきましたけど、
この第36話におけるみらいとモフルンの小さい頃からの心温まるエピソードなどもそうでしたけど、
いよいよ、本格的に「モフルン」に光が当たってきた感じがあります!
どうしてモフルンは「キュアモフルン」というプリキュアになってしまうのかも含めて「映画」自体が
なんかとっても楽しみになってきた・・という事を示唆するような回だったと言えると思います。

ま・・・第36話は・・そうですね・・・全体の流れの中では多分あっても無くてもいい回だとは思うのですけど、
(最近の流れの中では、まゆみとかなの百合回とかリコちゃんの生徒会長選挙の話の内容があまりにも高レヴェルで
素晴らしいので、今回はちょっとしたお休み回・・みたいな感じでもありましたね・・笑・・)
オルーバ というあのイケメン敵幹部さんの涼し気なクールな雰囲気とかも素敵でしたし、
「魔法つかいプリキュア」は全体としてはなんかしょぼい敵ばかりで、歴代としては比較的楽な戦いぶりを
してきたような印象もある中、ナシマホウ界・・というかこの地上には封印されている敵の同士が
山ほどいそうで、案外、終盤から最終決戦においては、プリキュアたちの苦戦は必須なのかな・・みたいな事も
何やら暗示していましたし、
オルーバとチクルンの関係は「友人同士」というフランクな関係ではなくて、実はチクルンはオルーバ に何らかの
弱みを握られていて、結果的に脅されているという事も分かりましたし、
これはこれで色々と情報収集が図られた回でもあったと思います。

というか・・オルーバ おっかねぇ・・・! あれはまさに脅迫とゆすり以外の何者でもないですね・・・

だけど逆の視点で見てみると、これはいかにもチクルンが最後の最後でプリキュア側に寝返るような
展開になるんじゃないのかな・・とも思いますね。
そうですね、この展開は、まさにSSの満と薫とかフレッシュのせつなとかドキドキのレジーナの流れのように
「友達と偽ってプリキュアに接近を図ったら、いつの間にか本当にプリキュアたちとお友達になってしまい、
とてもじゃないけど私にはプリキュアを倒す事は出来ません・・」みたいな事がまたまたデジャヴしてしまいそうな
様相を呈していると思います。

それにしても歴代プリキュア同様、「食べ物の恨み」は大きいですね! (笑)

チクルンにパンケーキを食べられご機嫌ナナメ状態のみらいがとっても素敵すぎます!! (笑・・)

そう言えば、プリキュア5GoGo!の「名探偵こまち」の回においても、メンバー全員が
「テーブルの上に置いてあったケーキがいつの間にか誰かに食われてしまった・・」という事件について
ブンビーさんが犯人と思い込み、実はこの件に関しては無罪であったブンビーさんを全員が各人の必殺技で
やっつけてしまっていたのはとても面白かったですし、
やはりお年頃の女の子の食べ物の恨みの大きさを示唆するようなお話でした・・・(笑・・)



34fa4114_convert_20161011162639.jpg



さてさて・・今回の第36話の中で私の一番のお気に入りシーンはどこかというと、
チクルンがみらいたちのパンケーキを盗み食いして思わず呟いたあの「うめぇ! うますぎる!」に尽きますよね!

チクルンの「うめぇ! うますぎる!」というと・・・
そう! このブログのポンコツ管理人がこれまで何度もこのブログで語ってきた
埼玉県の数少ない名物の「十万石まんじゅう」の「うまい、うますぎる!」というキャッチフレーズを
ついつい連想してしまいます・・・!! (笑・・)
浦和の調ちゃんカテゴリとか前作の「Go! プリンセスプリキュア」にて、はるかが焼いたクッキーを食べて
はるかの親父が思わず呟いたあの「うまい、うますぎる!」のシーンにおいても
うちのこのポンコツブログにおいては、この「うまい、うますぎる」ネタはそりゃもーーー、何度も何度も
登場していましたよね!

それがまたまた前作に引き続いて今作の「魔法つかい」でもそれにかなり類似したセリフが登場してくるなんて
夢にも思わなかっただけに、何も無いないのまさに「ないない尽しの埼玉県在住」のポンコツ管理人にとっては
嬉しいものがありましたよね! (笑)



e1f34b18_convert_20150504193006.jpg



こちらは姫プリの主人公・はるかの父親の「うまい、うますぎる」です! うーーむ、この御方は埼玉県人なのですね!!


umai_convert_20150424150420.jpg


こちらは棟方志功先生が本当に実際に「十万石まんじゅう」の入れ物の箱のためにデザインされたものです。
そしてこのデザインは今現在も箱として使用されています。


十万石


こちらは現物の十万石まんじゅうです! お味は、まさに・・うまい、うますぎるです!!



892d57bc_convert_20150424144903.jpg


こちらは埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の主人公・高砂調(たかさご うさぎ)による
十万石まんじゅうへのオマージュです! (笑)



ふくさやの「十万石まんじゅう」ですけど、草加煎餅・川越の芋菓子などと並んで数少ない埼玉銘菓の一つなのですけど、
このお饅頭は日持ちは全然しないものの本当に美味しいと思います!!
この「十万石まんじゅう」は、埼玉県限定なのですが、テレビ埼玉にてテレビCMが展開されていて
そのキャッチフレーズが
棟方志功がかつて絶賛したという「うまい、うますぎる!!」という言葉をそっくりそのまんま使用していて、多分ですけど、
埼玉県民の間だけは、この「うまい、うますきる・・」のキャッチフレーズは少しは知られているのかな・・とも
思ったりもします。
(余談ですけど、9月にうちの会社のテレビコマーシャルが、会社創業以来初めてなのですけど、
テレビ埼玉という限りなくローカルマイナーテレビではあるものの、ああやって放映された事は、まさに私にとっても
感涙ものであります・・・!
でもね・・・あれはいかにも「予算を掛けていません!」という事がはっきりわかるCMですよね・・・
だって・・・CMに出てくるのは写真という静止画像とナレーションだけですから・・・苦笑・・
あ・・そうそう・・・あの写真の中には、社員の集合写真もありましたので、私も・・一応はCMに出ていた・・という事に
なるのかな・・・?? )

この「うまい、うますぎる」ネタは、昨年4~6月にテレビ埼玉で放映されていた「浦和の調ちゃん」第三話にも
出てきていましたけど、あの時の私は・・・否! 全埼玉県民にとっては、
「よくぞこのネタを出してきてくれた!! さすが埼玉ローカルアニメ!!」とまさに感涙状態じゃないのかな・・・??

あの回における、「浦和の調ちゃん」の主人公の高砂調の「うまい、うますぎる」のフレーズは
本当にまさに・・・「パクリ」なんですけど
「よくぞ言ってくれた!!」という感じでしたね!!

上記で既に書いた通り、「Go! プリンセスプリキュア」の中で、春野はるかの父親が
まさかまさかの・・この「うまい、うますぎる」フレーズを言ってくれていましたので
これをリアルタイムで見ていた頃は・・・
「え・・・はるかの親父はまさかの埼玉県民・・・?? という事は・・・姫プリの主人公のはるかは実は埼玉出身なのか・・?」と
思ったのですけど
後日の回で、はるかの実家は「埼玉県川越市」である事はほぼ確定していまいましたので
あの時のはるかの親父の「うまい、うますぎる」のセリフは・・
まさに埼玉県民の血が騒いだ・・・という事で思わずポロっ・・・と出てきたものなんでしょうね・・・(笑・・)



gotouchisaitamaprecure.jpg



さてさて・・ここからは、当ブログの素敵なブロとも様の 過去記事の紹介コーナーです。

今回は、先日土曜日の当ブログ記事内に、「物部布都」のキリッ!としたイラストを転載させて頂いた
風月時雨様の素敵な過去記事をご紹介させて頂きたいと思います。
風月時雨さんは、当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、当ブログがいつも大変お世話になっている
「五月雨日記<仮の宿>」の管理人様を務められています。
風月時雨さんはリフル社会では薬剤師を務めれ、また別のお顔として自作創作小説のライター兼絵師をされている
とってもとっても魅力的な御方です!
私の中では、「絵師」という位置付けでは、素敵なプリキュア絵師&東方絵師様という認識ですね!!

上記の記事の中で「うまい、うますぎる」でお馴染みの埼玉県名物「十万石まんじゅう」を取り上げさせて頂き、
またまたこの一つ後の記事においては、タケミツ侍様によるとっても素敵な「ユーフォニアムを手にしたキュアラブリー」の
とっても素敵なイラストを転載させて頂きましたが、
そう! まさにこの「十万石まんじゅう」と「めぐみ=キュアラブリー」をコラボさせた素敵なコラボアンソロジー企画の
存在を私に教えて頂けたのが、昨年11月の風月時雨さんだったのです!

ちなみにですけど、その「アンソロジー企画」とはどういうものかと言うと、
かつまれい様をはじめとするかつま極楽堂というサークルが企画・発売された同人誌の一つの企画でして、
「PRECURE×GOURMET!! プリキュアご当地グルメアンソロジー」というものです。
つまり、「プリキュアたちに全国のおススメ地元メニューを食べてもらう」というグルメアンソロジーなのです。

そしてその中で・・・・

埼玉県の「ご当地グルメ」として取り上げられているのが、なんと!!! この「十万石まんじゅう」でして・・・

しかも・・・!!

それをおいしそうに食べているのは・・・・

なんと・・!!

私がとにかく大好きで大好きでたまらないキュアラブリー=愛乃めぐみでして・・・!!

「うまい、うますぎる~!!」と言って瞳をうるうるとさせながら食べています!!

最初にあれを見た時は・・・

まさに・・・

「まさか!!」という感じでしたけど、
大好きなプリキュアが管理人が居住している地のご当地グルメをおいしそうに食べている姿を見る事は
本当に本当に・・・・
気持ちがいいものですし、
なんか心の底から嬉しくなってしまいました!!

本日、10月12日はまさにこの「めぐみ=キュアラブリー」のお誕生日でもありますので、
タイミングよく「魔法つかいプリキュア」にてチクルンが「うめぇー、うますぎる!」なんてネタをお披露目してくれましたので、
ついつい・・昨年の風月時雨さんのあの紹介記事を思い出してしまい、
改めてですけど、ご紹介記事として取り上げさせて頂きました!

風月時雨さん! あの時は本当にありがとうございました!

あの「うまい、うますぎる」というめぐみはまさに「天使」ですよね!
(ま・・本家本元の「食べる天使」というと、そりゃ・・・ゆうゆうですけど・・笑・・)

このアンソロジーは版権作品でもありますので、画像は小さめにしてあります・・・
この「愛乃めぐみが美味しそうに十万石まんじゅうを食べているイラスト」とか
風月時雨様さんがこのアンソロジー企画の本を購入された神戸で昨年11/8に開催された「プリキュア祭り」の様子は
五月雨日記内で語られていますので、
興味がある方は是非是非、風月時雨さんの五月雨日記<仮の宿>をご覧になって頂けると
大変嬉しいものがあります!!

ちなみにですけど、そのアンソロジー作品とか「うまい、うますぎる」のめぐみとか昨年のプリキュア祭りの
様子をご覧になりたい方は、どうぞこちらから!! → プリキュアまつり戦利品Part2

また、これはつい先日の話ですけど、風月時雨さんは、10/9(日)に一般参加された東方Projectの「紅楼夢イベント」の
様子とそこでゲットされた数々の素敵な戦利品を一杯いっぱいご紹介されていますので
こちらの様子をご覧になりたい方は是非こちらからご覧ください! → 紅楼夢戦利品!

風月時雨さん! いつも本当にありがとうございます!!
「浦和の調ちゃん」第二期は、公式においては
「現在第二期制作に向けて鋭意準備中!」と結構前から伝えてはいるようですけど、
中々公式の場で正式に「二期スタート決定!」という発表が出ませんね・・・

果たして、実際の所はどこまで話が進んでいるのかな・・??

と・・・思っていたら、思わぬところから情報らしきものが入ってきました・・・

その情報源は、ま・・・大変ローカルネタで申し訳ないのですけど「埼玉新聞」という地方紙でした・・・



隱ソ縺。繧・s繝サ莠梧悄_convert_20160831004724


で・・・何かと言うと、

2016年8月6日から、
埼玉県さいたま市初のクラフトビール「氷川の杜」が発売2周年となる事を記念して、
ご当地アニメ「浦和の調ちゃん」などとコラボ企画を開催しているようです。

これだけですと、「ふーーん、またいつものコラボ企画ね・・」で終わってしまうのですけど、
その埼玉新聞に少しというか、かなり気になる事が、さり気なく記事として書かれていました。

埼玉新聞の記事を下記に引用すると・・

「浦和を舞台にしたアニメ「浦和の調(うさぎ)ちゃん」の協力で、
大宮ゆかりのキャラクター女性2人が誕生。東武アーバンパークラインに、
2人が同ビールを手にほほ笑む姿を描いた車内広告が6日からお目見えしている。
2人は来夏放送予定の同アニメの登場人物で、同ビールPRのために先行お披露目となった。」

との事ですけど、

え・・・・「さいたまテレビ」(てれ玉)という公式の発表よりも先に、まさかまさかの「浦和の調ちゃん 第二期」が
思わぬ所から情報としてリークされていました・・

だけど、これ果たして本当なのかな・・・?

本当に「第二期」が来年夏から放映開始になるのかな・・・?

またまた東方の射命丸文じゃないけど「ガセネタ」じゃないのかな・・・??

うーーむ、その辺りは、来年以降の公式での正式発表を待つしかないようですね・・・(笑)

たけど・・・それよりも一つ気になる事があります!

その記事内にて
「2人は来夏放送予定の同アニメの登場人物で、同ビールPRのために先行お披露目となった」と書かれていますけど、
さいたま市初のクラフトビール「氷川の杜」というのは、さいたま市大宮区が誇る埼玉県の大人気神社の
「氷川神社」のすぐ近くにあります。
当然ながら、その「新キャラ2名」というのは、さいたま市大宮区にゆかりがあるキャラと思われますけど、
ご存知の通り、古くから、「調神社」があるさいたま市浦和区と「氷川神社」があるさいたま市大宮区というのは
古くから「犬猿の仲」で有名な二つの街なんですよね・・・

という事は・・第二期が本当に実現化された場合、「浦和の調ちゃん」が背景となっている
浦和第三高校とは別に
大宮の学校が「ライバル校」として登場する可能性が高い・・という事を示唆しているのかもしれないですね。

この大宮ゆかりの二人のキャラもなんか可愛いですし、とにかく「浦和の調ちゃん第二期」が
本当に来年夏から始まるとすると
とっても嬉しいですね!

そうですね・・・なんか「二つの神社」なんていうと、東方好きの私なんかは、ついつい・・・
霊夢の博麗神社と早苗さんの守矢神社を連想しちゃいますね・・・(笑・・)



005_convert_20160829172722.jpg


009_convert_20160829172806.jpg



これは完璧に余談ですけど、

さいたま市に隣接している「川口市」には、
実は知る人ぞ知る「御成姫」というキャラもいたりします・・・

この「御成姫」というのは、川口宿・鳩ヶ谷宿日光御成道まつりのイメージキャラクターなのですけど、
すいません・・・
川口市民のこの私も・・・実は最近までその存在を知りませんでした・・・(泣・・)

この「御成姫」ですけど、設定の上では・・・・

伊奈家の「龍神伝説」のある御姫様で、
「昔、当地を治めていた伊奈家の姫が赤山陣屋の裏の沼で船で遊んでいると、雷が鳴り響き、
大きな竜が沼に降りてきて、お姫さまを連れて天に昇っていった・・」
といわれる龍神伝説のあるお姫さまとの事です。
おてんばで良く笑い、笑顔のかわいい12才のお姫さまというのが基本設定で、
好きな有名人が「松平健」というのが実に渋いですよね!! (笑・・)

最近なのですけど、うちの近所の自動販売機にて、この御成姫がデザインされている自動販売機を
発見しました!
なんかとっても可愛くて、いかにも「お姫様・・」みたいな雰囲気ですね!

ま・・・「浦和の調ちゃん」もとてもとても・・・全国的な知名度はないけど、浦和では少なくてもそれなりの知名度は
あるのかな・・とも思いますが、
この「御成姫」も川口市内では、今以上の知名度がぐーんと上がると素敵ですよね!!



先日なのですけど、とある工事顧客宅のアフターでお伺いした際に、
帰り際に「ちょっとお茶でも飲んでいって・・」と言われて、ついついい上り込んでしまって
お茶菓子なんかをご馳走になったのですが、
その際に出されたのが、チョコレートがかかった柿の種だったのですけど、
これが食べてみてびっくり仰天!!
だって、その柿の種自体はとてつもない激辛だったのです!
その激辛柿の種をコーキングしていたのがあまーーいチョコレートだったのですけど、
甘さと激辛が同居している味と言うのもなんだか不思議な感触があるのですけど、これは意外と
クセになりそうな味ですね。
激辛で甘さが引き立っているのか、甘いのを食べているから辛さが後からツーンとしてくるのか
何だかその辺りはよく分からない感じになってしまうのですけど、
こういう二律背反のお味と言うのも面白いものですね。
何ていうのかな・・「スイカに塩」じゃないけど、甘いものにしょっぱいものをまぶすことで甘い味が余計に引き立つ
というのと似ている感覚のかもしれないですね。


6786477d_convert_20160822164401.jpg



005520c6_convert_20160822164338.jpg



甘いものに激辛というとなんか思い出してしまうのが「スイートプリキュア」で、
奏太が時々響と奏に仕掛けたイタズラですね。
何度か、ケーキとかシュークリームの中に、わさびとか辛子とかを入れられてしまい、それを食べてしまう響なんかは
毎回毎回真っ赤な顔に変色していましたね・・(笑)
ま・・・あれも・・私が食べた「チョコをコーキングした激辛柿の種に近いものがあるのかもしれないですね。

スイートで響が最初に激辛ケーキを食べさせられたのは第6話なのですけど、
その第6話で初めて響というかキュアメロディは、ベルティエをお披露目し、例の「フィナーレ」を見せてくれているのですけど、
メロディのあの「フィナーレ」をよーーく見てみると・・・
メロディは爆発の瞬間に、耳を塞いでいるのですよね!!
あの「フィナーレ!」もまさに天使のようにとっても可愛いですし、耳を塞ぐ様子もめちゃくちゃ可愛かったです!
そうですね・・・
結果論になるのですけど、私がスイートにはまったのが第4話の響のあの少しエロっぽいテニス服からなのですけど、
キュアメロディの虜になったのはあの第6話の「フィナーレ!」を最初に見た時でした!!



縺シ繧薙&縺Юconvert_20150519080316



ここから先は「浦和の調ちゃん」絡みになってしまうのですけど
(なんか今回は話があっちへいったりこっちへいったりフラフラ状態ですね・・・・
あ・・それはいつもの事か・・・苦笑・・・)
「甘くて辛い・・」というと浦和というのか・・・さいたま市大宮区の一つの名物みたくなっている
「盆栽だー」という少し辛めのサイダーの事を思い出してしまいます・・・
ま、別に「浦和の調ちゃん」自体に「盆栽だー」は登場はしていませんけどね・・・
「浦和の調ちゃん」はあくまで「浦和」を舞台にしているので、浦和の永遠の(?)ライバルの「大宮」の名物の事を
扱う訳はないのかも・・??

さてさて・・・・大宮には(ま、厳密には大宮の北側に位置するさいたま市北区なんですけど・・・・)
「盆栽村」という、日本の「盆栽界」では、かなり知られた盆栽郷があるようです。
事実、さいたま市北区には「盆栽町」という地名すら実在しています。
ま、私、盆栽には全然興味がありませんので、その「盆栽村」には行った事すらないのですけど、
盆栽を愛する人たちにとっては、まさに「聖地巡礼」なのかもしれません。

平成22年3月に、さいたま市北区盆栽町に「さいたま市大宮盆栽美術館」がオープンしたのですけど
その開館一周年の記念イベントを考えている時に、
「何か地元らしい名物は作れないか」→「地ビールではなくて地サイダーはどう・・・?」→
「それいいかも・・・、盆栽とサイダーを掛けて・・・・名前は・・・ボンサイダー、そう・・盆栽だー!!がいいかも!!」という
実は・・・オヤジギャグで決まったネーミングらしいですね・・・・(笑)

味については・・・

当初は・・・・

「盆栽といえば、松・・・・松は英語でpine(パイン)だからパイナップル味はどうかな・・・?」
「盆栽のイメージは緑だし、抹茶を加えてみる・・・??」
「松はポリフェノールが豊富らしい・・・松ポリフェノール入りの健康サイダーはどうかな・・・」
と色々意見があったようですけど、
最終的には・・・
「松の葉をイメージしたチクチクするような炭酸強めで甘さ控えめ、すっきりした大人の味」という
大変シンプルな味になったとの事です。

この「盆栽だー!!」ですけど、私も何度か飲んだことがありますけど、
確かに・・・・少し炭酸は強めですけど、実にスッキリ感はあって大変美味しいと思います。
あえて難点を言うと・・・・350mlで確か200円+税だったかな・・・・??

サイダーだから甘いのだけど、ちよっと辛い・・というあのお味は、はまったらやみつきになってしまうのかも・・・??
改めてですけど「浦和の調ちゃん」(うらわのうさぎちゃん)というのは、
テレビ埼玉で2015年4月~6月に放送された埼玉県ローカルショートアニメなのですけど、
現在は第2期制作に向けて準備が進められているという話は
最近のうちのブログでもそうした話は情報としてお伝えはさせて頂いるのですが、
果たして、その後第二期制作の話はどこまで進展しているのでしょうか??
公式からもテレビ埼玉からも特にそうした話が出てきていませんし、
実際に公式から「二期目の放映開始決定!!」という正式決定のニュースはまだ入ってきておりません。

二期目が本当に実現したら、とにかくめちゃくちゃうれしいですのですけど、
果たして実際の所はどうなんでしょうか・・・??






0ad3d253_convert_20160803144248.jpg


さてさて・・・昨年放映されていた第6話の中で、「埼玉ニンジャラーメン」という妙なものが
登場していましたよね!!

リアルタイム放映当時に最初にあのシーンを見た際は・・・・
「え・・・・・、埼玉にこんなご当地商品ってあったっけ・・・・??」と思ってしまいましたし
埼玉県以外の方がこのアニメを仮にご覧になったとしても
「なんで埼玉と忍者が結びつくんだ・・・・?? 伊賀なら分かるけどなんで埼玉なの・・・・?」と
思ってしまうのかもしれませんね。
ちなみに・・・・この「さいたまニンジャラーメン」は言うまでも無く架空のもので、実在はしません・・・・
くれぐれもコンビニ等で探さないようにご注意を・・・・(苦笑・・・)
ま、第3話で登場した「うまい、うますぎる」の「十万石まんじゅう」とか
第5話で登場した「ゼリーフライ」などのように実在化した名産品ではありませんので・・・・・・・(苦笑・・)
というか・・・・
ここでなーんで、あえて「実在化していない商品」を持ってくるのかな・・・・??
正直意味不明ですけど、
ま・・・・多分・・・・・
「浦和には名だたる名物・名産品が無い・・・・」というのをパロディー化したという事なのかな・・・・??

さてさて・・・上記は架空のカップヌードルの話なのですけど、
昨年の9月には、この「さいたまニンジャラーメン」が本当に商品化されていた時期もありました!!
しかも商品化されていたのは、地元の埼玉ではなくて東京都内というのもなんか意外性に溢れていて
とっても面白いものを感じていた者でした。
まさに、「浦和の調ちゃん」が埼玉を飛び越え、阿佐ヶ谷にまで侵略(??)していたという感じでした!
阿佐ヶ谷の「コラボカフェ」というのも何か楽しそうですね!!
このコラボカフェ内の一つのメニューが、アニメ本編でも登場していた別所子鹿の「さいたまニンジャラーメン」
だったのでした!!



險ュ螳壹・隱ソ_convert_20160803144124



最近のうちのブログの記事の中でも
「まだまだ浦和の調ちゃんの快進撃は止まらない!」みたいな事を書かせて頂き、アイフォンケースとか掛け軸とか
和菓子等の浦和の調ちゃんとのコラボの事も取り上げさせて頂きましたけど、
第二期の話は依然として正式に決まらなくても、
番組自体の放映が終わって1年以上経過しているのに、関連グッズが色々と出ているのは、
地元民としては大変嬉しい話ではありますね!

その一つが、「公式設定資料集」の発売だと思います。

「コミックマーケット90」にて「浦和の調ちゃん」ブースの出展も決定し、
第1期の公式設定資料集の他、限定コラボグッズなどが昨年に続いて今年も販売されるようですね!

この第1期公式設定資料集は、全180Pのかなりのボリュームのようですね!

しかも・・・・この高砂調は、なんかアニメ本編と少し雰囲気が違っていて、少しだけ大人っぽくて
とっても可愛いですね!!


にんじゃ



最後に・・・・

上記でアニメ本編で出てきた「埼玉ニンジャラーメン」というカップヌードルの事を書いたのですけど、
浦和の調ちゃんとのコラボ企画ではないようですが、
浦和駅周辺にある大人気のラーメン店・つけめんTETSUにて
「期間限定塩ラーメン NINJA・BLACK」というラーメンも登場しているようです!

最初にこの店舗の前を通りかかり、「NINJA」とか「真っ黒」みたいな文字も見えたりする
この「期間限定塩ラーメン NINJA・BLACK」というポスターを見た時は正直驚きました!
とってもおいしそうですし、いかにも黒忍者を彷彿とさせる塩味なのになぜか黒っぽい感じのラーメンが
とても気になったものでした!
このラーメンは残念ながらまだ食べた事はないのですけど、期間限定商品ですので、
販売終了前に一度食べてみたいものですね!!

つけめんTETSUを始め、東京、神奈川、埼玉、茨城で全27店舗を展開する人気ラーメングループ、㈱YUNARI は、
2016年7月1日から2016年8月31日の2か月限定の夏限定商品を発売するとのことです。
この夏限定商品は、グループ内全店舗の店長が参加し、新しい夏限定メニューを争う夏の選手権にて優勝した商品が
この「期間限定塩ラーメン NINJA・BLACK」との事ですので、
なんか嫌でも期待が高まりそうな味ですね!!

麺は、縮れた平打ち麺で、
さっぱりとした塩ラーメンに、黒という色彩とパンチ力という2つの意外な要素を持ち込んできたのは、
さすが優勝商品みたいな感じですよね!!

またまた性懲りもなく「浦和の調ちゃん」ネタなのてすけど、
だって・・・!!
ま、確かにこのポンコツ管理人は「さいたま市浦和区」の住人でも何でもないですし、
住まいは埼玉県川口市ですからね・・・・(笑)
ま、だけど、さいたま市浦和区に隣接しているさいたま市南区と川口市のほぼ境界沿いに住んでいて、
本人の勤務先が、まさに「浦和の調ちゃん」のお膝元とくれば、
そりゃーー、多少は「御縁」はありますよね・・・(笑)
私、そんなに「郷土愛」とか「地元愛」は強い人間ではないですし、
事実・・・・サッカーに全く興味がないせいか、あれだけ熱狂的サポーターが多い「浦和レッズ」には
何の関心もないし、
私自身は子供の頃より「ロッテ」ファンであるため
埼玉県の地元球団の「埼玉西武」は昔っから大っ嫌いですし・・・
(だって・・今年もメシアとかにボロクソに打たれまくっていますしね・・・・苦笑・・)
そんなに「埼玉・愛」が強くは無いはずなんですけど、なぜかこの「浦和の調ちゃん」というショートアニメは
昨年の第一期放映の頃よりとにかく気になって気になって仕方が無いのですよね。
埼玉ご当地アニメというと、そりゃ―――、あの「らき☆すた」があまりにも有名で、
そりに比べたらこの「浦和の調ちゃん」なんて、全国的知名度は全然低いとは思うのですけど、
やっぱり、自分の生活圏内を舞台にしたアニメというのはなんだかんだ言って嬉しいものです!!

だから、そうですね・・・こんなポンコツブログですけど、
この「浦和の調ちゃん」も自分が出来る限りになってしまうのですけど、精一杯応援は
させて頂きたいと思います。
というか・・・昨年3月頃からこの「浦和の調ちゃん」カテゴリで色々と関連記事を書かせて頂いているのですけど、
今回のこの記事で68記事目・・・
うーーむ・・・これは、テレビ埼玉から「番宣ありがとう!」の感謝状を貰ってもいいのかも・・・・?? (笑・・・)

改めて書くのもなんですけど、
この「浦和の調ちゃん」(読み方→うらわのうさぎちゃん)というローカルショートアニメというのは、
埼玉県浦和区に住む高校2年生の高砂調(たかさごうさぎ)と、その友人たちの日常を描くショートアニメです。
そして主人公の高砂調は、近くの「調神社」というウサギが祀られている事で大変有名な神社に
毎朝お詣りをしてから登校するという今時の女子高生にしては大変感心な娘でもあります!!
非商用でのファンによる二次創作を広く認めているほか、
さいたま市内の法人・自治体・商店会に向け、商用でも無料でキャラクターの使用を許諾するなど、
ユニークな試みを行っています。
調神社の目の前の「ミニストップ」でアニメ放映完了から既に1年近く経過しているのに、
このアニメのPOPやポスターや関連グッズを色々と取り扱っているのも、一つの試みと言えるのかも
しれないですよね。
テレビ埼玉で2015年4月~6月に放送され、現在は第2期制作に向けて準備が進められているという話は
結構ちらほらと耳に入ってきているのですけど、
実際に公式から「二期目の放映開始決定!!」というニュースはまだ無いですので、
二期目が本当に実現したら、とにかくめちゃくちゃうれしいです!!




繧オ繝舌う繝舌Ν_convert_20160612233150



そんな訳で、第二期が果たして本当にあるのか・・・という事は一旦置いておいて、
この「浦和の調ちゃん」関連のグッズとかポスターなんかは色々と展開されていて、
ファンとしては嬉しい限りです!
先日このブログでも、浦和の調ちゃん×埼玉県警察のコラボポスターを取り上げさせて頂きましたけど、
あのポスターは、駅とか色々な場所で結構目にする機会は多いですね。

そして、意外な事にこの「浦和の調ちゃん」は、電子書籍進出にも実は既に進出していました!!

調と彩湖が表紙を飾る「サバイバルゲームにおける血液型別行動説明書」がKindleにて発売開始に
なっていました!!
この書籍の表紙は「浦和の調ちゃん」のキャラデザインの原案を担当されたNOB-C先生が
描かれています。

調と彩湖、特に生徒会長の彩湖のこのやんちゃな雰囲気が実に素晴らしいですね!!



隱ソ繝サ繧ア繝シ繧ケ_convert_20160612233030



そうそう・・・ごく最近という感じではないのてすけど、
このアニメとのコラボグッズが、なんと・・・!! スマホケースとしても既に登場していて、
実際にアマゾン等で取扱いされています。
「浦和の調ちゃん ドット絵手帳型スマートフォンケース」という名称みたいで、
調のほか、沼影彩湖・上木崎常盤・道祖土緑・田島桜などの登場人物たちがドット絵で描かれたデザインで、
iPhone 5&5s、iPhone 6&6s、iPhone 6 Plus&6s Plus、Android(S/M/L)に対応する全102種類が
既に発売されているようです。
価格は3320円(税抜き)との事です。

というか・・・全102種類とはすごいですね・・・!! これはもしかして・・・・完全予約制の受注方式なのかな・・??

上記宣伝画像の一番右端の片足を上げた上木崎常盤がめちゃくちゃ可愛いです!!



高砂や


P10505121.jpg


P105044111.jpg



このブログでは、アニメ本編でも登場していた埼玉県の数少ない銘菓の一つである
ふくさやの「十万石まんじゅう」のあのフレーズ・・・「うまい、うますぎる!!」ネタを結構何度もネタに
させて頂いておりましたけど、
ごめんなさい・・・・!!
浦和駅東口にも素敵な和菓子屋さんがありましたねっ!!

そう・・・・!! 季節の和菓子「高砂や」さんですっ!!

埼玉県のお菓子は、「十万石まんじゅう」だけではないですよーーー!!
他にも、くらづくり本舗・十勝の甘納豆・彩果の宝石などいっぱい一杯美味しいお菓子はありますし、
この「高砂や」さんだってあります!!

保存料なし・添加物なし・着色料なしの手作り・できたて・自家製にこだわったお店で
特に自家製の「ふまんじゅう」はとっても美味しいです!!

この高砂やさんとアニメ「浦和の調ちゃん」のコラボ和菓子も第二弾までつくられています!!
今現在は商品として展開されているかどうかはちょっとわからないのですけど、
この刻印のうさぎちゃんがとっても可愛いですね!!
新たなさいたまグルメとして、はたまた・・・・浦和土産として、この「高砂や」さんの和菓子も
是非是非お勧めしたいです!!



讒区Φ_convert_20160114234631



さてさて・・・本当に第二期は実現するのか・・・!?

それはちよっと分からないですけど、公式の「現在準備中」というお言葉を信じて正式発表を
首を長くしてお待ちしたいと思います。

第二期の構想本というのもなんかコミケで売られていたようですけど、
調ちゃんのポニーテールがとっても可愛いです!!
(ポニーテール好きの私にはたまらないですね!!)
調の左隣の女の子って誰・・・・?? まさか・・・新キャラ・・・??

そうですね・・・・「浦和」の永遠の(?)ライバルでもある「大宮」に絡む展開というのも
面白いのかもしれないですよね・・・
調たちの通う浦和第三高校に対して大宮の学校が「挑戦状」を叩きつけるというのもなんかありなのかも・・・??
またまた「浦和の調ちゃん」(うらわのうさぎちゃん)ネタです!

というか・・・・

このブログを以前からご覧頂けている皆様からの感じとしては、
「なんだ、このポンコツ管理人は、またまた浦和の調ちゃんネタなのか・・・
まったく・・
テレビ埼玉でしか放映されていないこんなローカルショートアニメで、しかも一年前に最終回を
迎えているアニメだというのにね・・・」みたいに思われている方も結構多いのかもしれないですよね・・・(苦笑・・)
また最近では、「京浜東北線がまたまた本日も電車遅延・・」みたいなローカルネタを
この「浦和の調ちゃん」と結び付けて語ったり、
「十万石まんじゅう」ネタが絡んでくると、調の「うまい、うますぎる・・」ネタと強引に絡ませたりと、
一体どんだけこのポンコツ管理人は、この「浦和の調ちゃん」が大好きなのでしょうか・・・?
以前から書いている通り、このポンコツ管理人は、この「浦和の調ちゃん」が舞台となっている「さいたま市浦和区」
ではなくて、
さいたま市南区と川口市とほとんど境界近辺に居住している川口市民だというのにね・・・

ま、さすがに放映終了後1年が経過しちゃうと、さすがにこの「浦和の調ちゃん」をネタにする人も
あんまりいなくなりつつあるのかな・・・??
「調神社」のすぐ目の前にあり、この「浦和の調ちゃん」の関連グッズが色々と取り扱いされていたミニストップなのですけど、
そうですね・・・・
昨年よりは随分と取り扱っているグッズも減ってきたようにも思えますけど、
相変わらず店内には調ちゃん関連のポスターやPOPが多数表示されているのはとっても嬉しいですね!
この調神社(つきのみや神社、地元での愛称=うさぎ神社)とこのミニストップは、
アニメ「浦和の調ちゃん」のまさに「聖地」ですよね!!

そうそう・・・前述の通り、確かにアニメ「浦和の調ゃん」は一年前に最終回を迎えているのですけど、
ここ最近においては、なんと!!
埼玉県警との「コラボポスター」が実現しましたっ!!
これはなんかとっても嬉しいコラボですし、
なんか「警察」と言うと、別に特段普段は悪い事はしていなくても(?)、駐車違反などで違反切符を切られることが
多々あったりする私にとっては、なんか「ギクッ・・」とか「やばい・・・・」みたいな印象をついつい持ちがちなのですけど、
主人公の高砂調(たかさごうさぎ)が婦警さんの制服を身にまとったあんな可愛い制服のポスターを
見てしまうと、なんか「親しみ」みたいなものは湧いてきますよね・・・(笑)






このポスターは、埼玉県警察の特殊詐欺被害撲滅への取り組みとして、
高齢者だけでなく子どもや孫世代を含めた県民全体に働きかけるために制作されたものとの事です。
主人公の高砂調が大写しになっており、メインキャラクターが、
詐欺にだまされないよう呼びかけているデザインになっています。
調以外の登場キャラは上木崎常盤・大谷場南・別所子鹿・田島桜となっています。


このポスターは、各警察署、金融機関、鉄道駅、公共施設などに貼り出されています。
私自身、初めて「実物」を見たのは与野駅構内でした。
このコラボのニュースは正直このポスターを見るまでは全然知らなかったので、初めてあれを見た時は
なんか嬉しかったですし、同時に
「浦和の調ちゃん」はまだまだ「永遠に不滅ですっ!!」と思ったものでした!!

婦警の制服をまとった調ちゃんはとっても可愛いです!!
昨年秋に「スタンプラリー」のイベントが実施された際の、ラリー達成時に貰えるグッズの一つが
調ちゃんの巫女さんの絵馬で、こちらの巫女さんはどちらかというとかなり大人っぽい雰囲気でしたけど、
このポスターの婦警さんとしての調ちゃんは、いかにも「現役女子高生」みたいな雰囲気で
とにかくとっても可愛いです!!




CintcFwVEAMoa_0_convert_20160602231812.jpg



そして、埼玉県警とこの浦和の調ちゃんのコラボポスターは、もう一つあります。

2020年の東京五輪・パラリンピックと2019年のラグビーワールドカップを見据え、
埼玉県民にテロ未然防止への協力を呼び掛けるためのポスターです。

このポスターには機動隊装備を身に付け、テロに毅然と立ち向かう主人公の高砂調たちが
登場していますけど、
こちらの方は婦警さんの姿よりも少し厳しめの雰囲気で、幾分「凛々しさ」とか「警戒感」みたいな
雰囲気も感じられそうですね。

そうですね・・・

ここは埼玉で日本の首都の東京ではないのですけど、
こうやってポスターの文言として「わたしたちの街でテロは許さないから!」とか
「怪しいかも? あなたの通報が街を救う!!」というのを見てしまうと、
こうした「テロ」というのは、世界的な広がりを見せていて、こんな浦和みたいな「何もない無い街」でも
決して無縁なのではないのだな・・と実感してしまいそうですね・・・




Cjc-SsBVAAQ_gQs.jpg



さてさて・・・

「浦和の調ちゃん」において、浦和第三高校の生徒会長を務めていて、別所子鹿のいい相方でもあった
沼影彩湖(声優さん=大久保瑠美さん)が「しゃべってキャラ」になって登場しています!!

ちなみにですけど、大久保瑠美さんは「スイートプリキュア」においては、アコちゃん=キュアミューズ役を
務められた声優さんです。
あのキュアミューズも「初の小学生プリキュア」という事もありましたけど、
とにかくとっても可愛いプリキュアで、まさにその雰囲気は「可愛い王女様!」という感じでしたね!
変身前のアコちゃんとしての毒舌ぶりとのギャップがなんか実にいいですね!!

「沼影彩湖」のしゃべってキャラは、「声優&キャラ★コンシェル」よりダウンロードすることができます。

流れとしては・・・

①NTTドコモのAndroidスマートフォンで「声優&キャラ★コンシェル」サイトにアクセス!

②「声優&キャラ★コンシェル」サイトをマイメニュー登録

③「沼影彩湖」しゃべってキャラをダウンロード

となっているようです。

最後に・・・

ニュースサイトでは、「浦和の調ちゃんが第二期制作に向けて現在準備中!」と何気に
嬉しいニュースが飛び込んできましたけど、
もしもこれが本当ならば、とっても楽しみですね!!
我ながら「またこのネタか・・・」と思ってしまいますし、
このブログを定期的にご覧頂いている皆様にとれましては、
「なんだ、このポンコツ管理人はまたこのネタなのかよ・・・本当に、他に語る事は無いのか・・」みたいに
思われるのかもしれないのですけど、
今年に入ってこのブログでは
「京浜東北線は、週に1~2回程度は朝と帰りの時間帝に致命的な遅延を発生させている。
これには結構迷惑させられて、本当に困っている・・」みたいな事をやたらと書いている気がします。
そうなんですよね・・・
帰りの時間帯の遅延は、まー、いいとして
朝の通勤時間帯にああやって何度も何度も「電車遅延」を発生させられてしまうと、本当にマジで
困ってしまいます・・・(苦笑・・)
だって・・・会社がある最寄りの駅は、「京浜東北線」しかありませんので、この京浜東北線が止まるイコール
全社員の足が止まるという事を意味してしまうのですよね。

京浜東北線に遅延が多いのは何となくわかるのですよ・・・
こうした各駅停車の電車が(平日の昼間は「快速」というのもありますけど・・)埼玉県~東京都~神奈川県と
三つの都と県をまたいでいる電車というのは、もしかして全国的には珍しいのかな・・?
とにかく大宮~大船まで正味二時間程度も掛かってしまうとてつもない長距離の電車がああやって一本の線路で
結ばれていますので、この長距離内でなにか一つでも事件・事故が発生してしまうと、
連鎖反応的に全線で止まらざるを得ないという事になってしまいがちなのですよね。
これって前も書いたことがあるのですけど、更に不幸な事に京浜東北線は、山手線とか高崎線などと
部分的に隣接線路で走っている箇所も多く、こうした路線で例えば山手線内で事故が起きてしまうと、
事故処理中の作業員の安全確保のために隣接する京浜東北線も止めざるを得ないという事に
なってしまうのですよね。

5月は世間では、やれ大型連休だの長期休暇の実現とか言っていましたけど、
うちの会社のGW中の休みは5/3~5/5のみのカレンダー通りでしたので、
5月の「出勤日数」は、23日と普段の月とほとんど変わりはありませんでした。
うちの会社は「タイムカード」式になっているのですけど、5月のこのタイムカードを改めて眺めてみると、
なんと・・・!!
5月の一ヶ月だけで「遅刻」という印字がなんと6日もカードに刻印されています・・・
というか、これは別に私自身に限った話ではなくて、会社の最寄駅が上記の遅延ばかりしている京浜東北線のみ
ですので、ほぼ全社員が私と同様に4~6回程度の「遅刻」という文字が刻印されていました・・・
確かに「電車遅延による遅刻」ですので、当然ペナルティーの対象ではないのですけど、
やっぱり何だかとてつもなく「見栄え」が悪いですよね・・・・(苦笑・・)

多分ですけど一か月間と言うごく短期間だけでこんなにも朝の通勤時間帯の電車遅延が数多く発生したのは
初めてなのかもしれませんし、
私自身もこんなにひどいのは経験ないかもです。

本当にマジで冗談抜きで「も――――、E――――――加減してぇ――――、せめて朝の通勤時間帯ぐらいは
正確な運行を実施してくれぇーー!!」という感じですね。
朝から遅刻と言うのもなんか気分的にテンション下がるし、
なんか朝から「イラッ・・」として一日が始まるのも、ホント、嫌な流れですよね・・・

そうそう・・・6月の始まりの6月1日もやはり人身事故で一時間程度、電車が止まり、
社員の8割近くが遅刻という異常事態になっていました・・・
月初という事で、朝の「全体朝礼」が中止になったのはいいとして、代わりにPM19:00過ぎの全体反省会
みたくなってしまい、
朝礼よりももっときつい各部署ごとのツッコミが炸裂していましたので、
まさに「はた迷惑・・」という感じでしたね・・・(苦笑・・)



9ff21c40_convert_20150619163444.jpg


常連の皆様にとっては、「なんだ、またこの画像か・・一体何回目・・??」と思われるかもしれないですけど、
自称(?)昨年放映された埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」の応援団員(?)を勝手に名乗っている
私としては、遅延しまくっている「京浜東北線」は、まさに浦和~大宮近辺に通勤・通学している人たちにとっては
まさに「足」でもありますし、
調・常盤・南等の浦和の調ちゃんのメインキャラにとっても通学の足でもありましたので、
ま・・・これ以上は何も言わないようにしておきましょう・・・(笑)
京浜東北線というかJR東日本には、
「電車遅延は避けられない事なのかもしれないけど、朝と帰りの時間帯の遅延はせめて
月に1~2回程度にしてよね・・」と言いたいですね・・・



CIMG8444_convert_20150621230812.jpg



CIMG8442_convert_20150620205727.jpg




さてさて・・・これは昨年の話なのですけど、
今からちょうど一年前の6月において、
浦和駅東口のパルコ一階にて
「浦和の調ちゃん」えきしびじょんという展示パネルのイベントが特設コーナーにて開催されていました。
設定資料集とかパネルとか原画とか色々と興味深い展示が一杯でしたけど、
特に興味深かったのは、調達が通う浦和第三高校の制服が「コスプレ衣装」として展示されていた事です。
改めて当時の写真を眺めてみると、
この浦和第三高校の制服は、とってもキュートで可愛いですね。
(浦和第三高校のモデル校は戸田近辺の浦和南高校ですけど、南高校の制服ってあんなに可愛かったっけ・・??)
そういえば・・・
「浦和の調ちゃん」のコスプレのオーディション大会も番組放映開始前に、既に開催されていたようですね・・
何かこれは・・・
是非是非・・コスプレイヤーの皆様の可愛い制服姿を是非是非見たかったものですね・・

えきしびじょんで一番興味深かった事は何かと言うと・・・・

原画というのか、当初の構想時と思われる「絵コンテ」が展示されていた事でした。

当初の原画とアニメとして流されているものは・・・何となく違いがあるような感じもあったりして
大変興味深いです。
当初の構想は・・・今よりも等身が多いというのか、もっとすらっとしていて
幾分・・大人っぽい雰囲気もあるように見受けられました。
実際の制作段階で、色々と・・・細かい修正がかけられていったようにも感じれました。
一般的なアニメと異なり、特に原作とか原作漫画がない完全な「オリジナル作品」ですので、
やはり・・・こうやって・・・
「無から有を生じさせる事」は本当に大変ですし、制作者の皆様のご苦労には、本当に頭が下がる思いで
一杯ですね。

そして同時に・・・

こうしたブログにおいても、特に・・・「イラストブログ」をメインにされている方は・・
本当に大変だと思いますし、
皆様の日々の「創作のご苦労ぶり」には本当に・・・頭が下がる思いで一杯ですね・・・!!

自分なんかは・・・テキトーに(?)その日の出来事とかアニメや音楽の感想をかいているだけなのですけど
イラスト系の皆様のブログは・・・
まさに日々「無から有を生じさせている事」の連続ですからね・・・
私にとってはイラスト系のブログの管理人の皆様一人一人が「神」に見えてしまいそうですね!!

なんか今年に入ってこのブログでは
「京浜東北線は、週に1~2回程度は朝と帰りの時間帝に致命的な遅延を発生させている。
これには結構迷惑させられて、本当に困っている・・」みたいな事をやたらと書いている気がします。
そうなんですよね・・・
帰りの時間帯の遅延は、まー、いいとして
朝の通勤時間帯にああやって何度も何度も「電車遅延」を発生させられてしまうと、本当にマジで
困ってしまいます・・・(苦笑・・)
だって・・・会社がある最寄りの駅は、「京浜東北線」しかありませんので、この京浜東北線が止まるイコール
全社員の足が止まるという事を意味してしまうのですよね。
一度、南浦和から武蔵野線で武蔵浦和にまで行き、そこで埼京線に乗り換え、北与野駅から歩いていった事が
ありましたけど、
とにかく無茶苦茶「遠回り」という感じでしたし、北与野から歩くととんでもない距離になってしまうという事が
よーく分かった瞬間でもありました・・・(苦笑)
そうですね・・・・
京浜東北線に遅延が多いのは何となくわかるのですよ・・・
こうした各駅停車の電車が(平日の昼間は「快速」というのもありますけど・・)埼玉県~東京都~神奈川県と
三つの都と県をまたいでいる電車というのは、もしかして全国的には珍しいのかな・・?
とにかく大宮~大船まで正味二時間程度も掛かってしまうとてつもない長距離の電車がああやって一本の線路で
結ばれていますので、この長距離内でなにか一つでも事件・事故が発生してしまうと、
連鎖反応的に全線で止まらざるを得ないという事になってしまいがちなのですよね。
これって前も書いたことがあるのですけど、更に不幸な事に京浜東北線は、山手線とか高崎線などと
部分的に隣接線路で走っている箇所も多く、こうした路線で例えば山手線内で事故が起きてしまうと、
事故処理中の作業員の安全確保のために隣接する京浜東北線も止めざるを得ないという事に
なってしまうのですよね。

とにかく「京浜東北線」はあまりにも長距離を一本の線で繋いでいるという事に何か「悲劇」の原因が
あるような気もしますね。
ま・・こうした事故というのは防ぎようがない感じもありますし、
この種の事故が発生した場合は、ひたすら「復旧」を待つしかない・・・という感じですね。
昔ですと、こうした事故の復旧は最低一時間程度はかかっていたような気もするのですけど、
なんかここ最近はこうした「遅延」があまりにも多いせいか、復旧はやたらと早くなったような感じもありますね・・・
人身事故ですら早い場合ですと40分程度で復旧することも多々ありますからね・・・

自分が在籍する会社は、土日祝日等の「休み」はなく、基本的には、お盆と年末年始以外は
ほぼ無休の会社です。
だから社員の休みのシフトはバラバラです。
私なんかは土日出勤で、基本は火曜休み+他の曜日に月間2回程度シフトというパターンなのですけど、
そのため、全社員が勢ぞろいする曜日というのは、一週間の中で水木金の三日間だけです。
だけど・・・・
先週なんかは、この水木金の朝の時間帯で全て電車遅延が発生し、
結果的に朝礼時間になっても半数も社員が出勤できず、朝礼ができなかった・・という事態に
なってしまいました・・・
ま・・私としては朝礼が無い方が助かるのですけど・・・・・(やたら無駄に長いから・・・苦笑・・)







d04ee07f_convert_20150619163208.jpg


さてさて・・

昨年4~6月にテレビ埼玉で放映されていた埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の
第11話にて電車内の通学の光景が出ていましたけど、
以前書いた通り、主人公の高砂調(たかさご うさぎ)は、浦和在住なので、調の高校に通学するためには、
京浜東北線・浦和駅→南浦和で武蔵野線に乗り換え、武蔵浦和駅で乗り換えのため下車
→武蔵浦和駅で埼京線に乗り換え北戸田駅で下車という
結構面倒な乗り換えをしないといけないのですけど、
こんなに頻繁に京浜東北線が遅延ばかりしていると、なんか遅刻の常習犯になってしまいそうですね・・・(苦笑・・)

「浦和の調ちゃん」第11話の北浦和駅へのたい焼き屋への買食い回において、
結局このアニメではわずか2回の登場しか無かった三室美園ですけど、
この人のキャラ設定は、どんな簡単な道順でもとにかく迷子になってしまうという
とんでもないポンコツ設定でして、
最初の登場の際も、目の前の職員室に行くのですら迷ってしまうというとんでもない荒業もお披露目していたのが
とっても印象的でした。
三室美園なんですけど、家はどこなのかな・・・?
もしも埼玉スタジアムがある「浦和美園周辺」だと仮定すると、
埼玉高速鉄道に乗り、浦和美園駅から東川口駅まで行き、そこで地上の武蔵野線に乗り換え、
武蔵浦和まで行き、そこで埼京線に乗り換え、北戸田まで行くという感じになると・・・・
うーーむ・・・この人は、もしかして一日中迷い続けて学校に到着するのはそれこそ深夜になりそうですね・・・(笑)
はたまた「三室」周辺と仮定すると、三室は周辺に駅が無いから、
バスで北浦和駅まで行き、後は調ちゃんと同じ経路という事になりますけど、バスを利用する分
またまた「迷子」になる要素が増えそうな感じですね・・・

あーー、でもこの「浦和の調ちゃん」なつかしいな・・・・

出来れば・・・・こんなローカル色豊かなアニメというのは地元民にとってはやっぱり嬉しいものがありますので、
出来れば・・・第二期の制作開始みたいな嬉しい誤算のニュースでも飛び込んでくりゃ
まさにハッピー!!という感じですね!!
(たぶん、無理かもしれないですけど・・・)
最近の東方記事にて随分と「小野塚小町」の事を語らさせて頂きましたけど、
小町は何となくですけど話し方とか考え方とか全体的な気質はどうみても粋な「江戸っ子」ですよね!!
だけど今現在都内にお住まいの方って、そうした「江戸っ子」気質みたいな方とか俗にいう「江戸弁」を会話として
使用されている方って・・・
意外と少ないのかもしれないですよね。
ああいう粋な「江戸弁」というのは、江東・葛飾・墨田・台東・荒川といった城東方面のご年配の方でないと
聞く事が出来ないのかも・・・?

さてさて・・・・これもよく言われる話ですけど、
日本の47の都道府県にはさまざまな方言とかお国言葉があると思うのですけど、
そんな中・・・
そうしたお国言葉とか方言にほとんど無縁な県というと・・・
そう・・・! やっぱり「埼玉県」なのかもしれないですよね・・・
ま・・・埼玉は、いわゆる土着の方が少なくて、私みたいに「地方」から移り住んできた・・・みたいなパターンが
相当多いと思いますし、恐らくは・・・「日本で一番郷土愛が薄い県民」とも言われていますし、
そうした「お国言葉」というのは元々存在しないのかもしれないですよね。
ま・・・・逆に言うと・・・全国で一番いわゆる「共通語」を喋る人が多い県と言えるのかもしれないですよね。

うちの奥様は、埼玉生れの埼玉育ちで、実はこれまでの生涯で「引っ越し」をした事が一度も無いという
埼玉の土着民であるのですけど、
彼女に言わせると・・・
「埼玉のお国言葉って少しはあるよ・・」との事ですけど、
「そーなん?」というのが実は数少ない埼玉方言との事です・・・(ほんとかいな・・・??)
この「そーなん?」という言葉は本来は九州地方の言葉らしいのですけど、実は埼玉の方言でもあるそうです・・・
(九州地方・・特に熊本にお住いの皆様、この度は本当に大変でしたね・・・皆様のご苦労には本当に
 頭が下がる思いですし、私としても、九州のアンテナショップで何かモノを購入するとか自分にできる事は
 少しでもさせて頂きたいと思います。義妹が熊本在住ですしね・・・
 ま・・幸い義妹の家は特に大きな損傷も無かったようで安心はしていますけど・・・)
「そーなん?」なんていう言葉は、別に埼玉方言でも何でもなくて、そうした言葉は誰でも普通に使っているじゃん・・・と
私は思うのですけど、
彼女は「それは違う・・」と頑なに言い張っています・・・(苦笑・・)
ま・・・・そんな話を聞いていると・・・
「へーそーなのかー」とも言いたくなってしまうのですけど、なんかその言葉を言ってしまうと、
自分自身に対して「お前は(東方の)ルーミアなのかっ!」とツッコミを入れたくもなります・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・

そうした埼玉にも「埼玉あるあるネタ」って意外とあるものなのですね・・・

一例をあげると・・・・

〇埼玉県民が「鴻巣市」に行く理由はたった一つである・・、そう・・・「免許更新」のためだけという理由・・・

〇埼玉県は実は「長野県」とも県境を接している

〇「海」を見るとやたらとテンションが上がる

〇埼玉県民は、お買い物と言うと・・・浦和でも大宮ではなくて・・・都内の「池袋」に行く傾向が強い
 最近では・・・
 池袋もいいけど「越谷レイクタウンもいいかも・・・」という事で越谷に行く人も増加中・・・??

〇埼玉県民の日は、県内の公立校は全て休校・・・

〇武蔵野線と東武東上線が止まると・・・・埼玉県民の足が崩壊する・・・・
 特に・・・武蔵野線は強風が吹くとすぐに運休になってしまう・・・

そしてその最たるものが・・・ま・・これってよく言われるネタではあるのですけど
埼玉県民と非埼玉県民を見分ける方法として
「国道122号線をどう呼ぶのか?」というものがあると思います。
普通の人は当然・・・「ひゃくにじゅうにごうせん」と呼ぶと思うのですけど
埼玉県民はなぜか・・・・
「ワン・ツー・ツー」と呼びます・・・
あれなんでなのかな・・・?最初にあの呼び方を耳にした時・・・「え・・・??」と思ったものですけど
今では私自身もワン・ツー・ツーと呼んでいます・・・(苦笑・・)
似たような事例として「国道463号線の呼び方」もあるのかな・・・
普通の方は「よんひゃくろくじゅうさんごうせん」と呼ぶと思いますが、
埼玉県人はなぜか・・・「よんろくさん」と呼んでいます。人によっては「うらとこ」(→浦和-所沢街道の略・・)と
呼ぶ人もいます・・・

そうですね・・・
今では普通にワンツーツーとかよんろくさんと呼んでいる私は、もう既に立派な埼玉県なのかな・・・??







20150507-u004_convert_20150509023142.jpg



繧シ繝ェ繝シ_convert_20160419150444



そう言えば、昨年のこの時期に放映されていた埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」でも
こうしたローカルネタを色々とやってくれていましたけど、
その中でも印象的だったのは
(ま・・もちろん・・・「うまい、うますぎる」の十万石まんじゅうというネタがNo.1だとは思いますけどね・・・)
第5話で登場した「ゼリーフライ」なのかも・・・・

あの第5話の中で各人が好きな食べ物について語っていましたけど、あの中で道祖土緑は
「ゼリーフライ」という食べ物を挙げていました。

だけど、あれは・・・・
埼玉県以外の方が聞くと・・・・
「え・・・・埼玉県人は、甘いゼリーみたいな砂糖菓子を油で揚げて食うのか・・・・」と何かヘンな誤解を
与えてしまう香りもありますよね・・・・・(苦笑・・・)

ちなみに・・・

「ゼリーフライ」は列記とした埼玉・・・・というか埼玉県北部の行田~熊谷では定番になっている
B級グルメなんですよね・・・・
見た目は衣のついていないコロッケのようなもので、
ジャガイモにねぎやにんじん、さらにたくさんおからが入っているのも特徴で、
食物繊維が豊富でヘルシーなおやつです。
ソースの味と香りがとても利いて、モチモチとした食感が大人にも子どもにも大人気という事です。
埼玉の物産展では、よくこの「ゼリーフライ」は売られていますし
私も何度も食べた事がありますけど、豆腐とコロッケがミックスされた様な感じもあり
中々美味しいと思いますよ・・・!!
確か今は販売されていないけど、ヤマザキランチパックでも一時B級グルメシリーズとして取り扱っていましたね。

ちなみに・・・・
その名の由来は、小判形であることから「銭フライ」と言われていたものの「銭」がなまって
「ゼリーフライ」となったという説が有力みたいです・・・・

埼玉は「名物」も何も無いない・・の「何も無い県」なのですけど、
ま・・・数少ない「名物」の一つなのかもしれないですよね・・・
これは先週のお話ですけど、仕事で北浦和方面を通過していた際、
初々しい学ラン姿の新入生らしき高校生たちが大勢母親同伴で歩いている姿を目撃しました。
そっか・・・
その日は県立浦和高校の晴れの「入学式」だったのですね。
ちなみに県立浦和高校は多分ですけど、わが埼玉県内で一番頭がいい学校と誉れ高い進学校の一つです。
この日は大分既に散っていましたけど、桜がまだ咲き誇っていて、
風が大部強いせいもありましたけど、桜吹雪の中での入学式となっていました。
いや―――、なんかこういう桜吹雪の中での初々しい新入生たちの入学式って実にすがすがしいものですね!!
なんか見ていて・・・今から数十年前の(?)自分自身を思い出して、すこーしだけ・・・・
メランコリックな気分になってしまいました・・・(苦笑・・)

なんかああいう高校の入学式の新入生ってなんかみんな不思議と子供っぽく見えるから不思議なものです。
その新入生たちも数か月前までは中学校の最上級生という事で、
中学生の中では大人っぽく見えるのかもしれないですけど、
高校2~3年が既に先輩として居座っている高校の新入生として入ると、
なぜか幼く見えるから不思議なもんですね。
そう言えば・・・
自分自身も、高校に入ったばかり頃は、とにかく・・・上級生が皆怖くて「鬼」のように見えたものです・・・
吹奏楽部の部長と指揮者、応援団長、生徒会長などなど・・・
とにかく・・・
「わ―――、やっぱり高校生ともなると随分と大人っぽいというか、威厳がある人ばっかりだな・・」と内心
ビビッていたものです。
しかし・・・
数か月もすると、どんどん彼らの実態が分かってきて、
吹奏楽部の部長と言えども、練習が終わればエッチな雑誌見てニヤニヤしているし、
学ラン来て高下駄はいて無精ひげを伸ばした応援団長も、普通に学食でそばをすすって、
吹奏楽部の指揮者も、先生から職員室でめちゃくちゃ怒られて出席簿でバチンとぶん殴られていたりと・・・
「そっか・・・上級生と言えども彼らもやはり普通の高校生なんだなぁーーー」と実感していったものです。

とにかく・・・今は初々しい新入生ですけど、
その「初心」を卒業するまで忘れないでねっ!!
(多分無理だけど・・・・苦笑・・)






20150619-u004_convert_20160408135728.jpg


さてさて・・・前述の県立浦和高校ですけど、最寄駅は「北浦和駅」です。
北浦和駅からだと・・・徒歩12~15分くらい掛かるのかな・・・?
ま・・・決して駅から近くはないですよね。
この北浦和駅ですけど、路線は・・・そう、最近、このブログでも
「最近は遅延ばっかり・・!!」とやたら愚痴っている「京浜東北線」です。
となると・・・県立浦和の学生さんも、今後・・・・この京浜東北線の電車遅延に悩ませられるのかな・・・?

昨年4~6月にテレビさいたまで放映されていたローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」ですけど、
調たちが通う「浦和第三高校」(モデルは、戸田近辺の浦和南高校と言われています・・・)に調・常盤・南たちが
通うためには当然ながらこの「京浜東北線」も使用します。
と言う事は・・・
調ちゃん達も通学の際には京浜東北線の遅延には悩まされていたのかも・・・??

これは思いっきりのローカル話になってしまいますけど、
この「京浜東北線」というのは、大宮方面行きの下り方面は、朝8蒔頃から夕方辺りまでは、
「南浦和」が終点という事で、
南浦和止まりの電車が全体の1/3程度を占めています。
南浦和から大宮までわずか5駅なんだから、全ての電車が終点の大宮まで行けばいいのに・・・・
南浦和みたいな中途半端なところで降ろされるのは敵わないな・・・とも
感じる時もあるのですけど、
ま・・こればかりは電車のスムーズな運行のためにはある程度仕方がないかも・・と思うのですけど、
時々・・
「あ・・また南浦和行かよ・・・また南浦和で一旦降りて次の大宮行きを待たないといけないのかよ・・・」と
感じる時もありますね。
ちなみにですけど、南浦和終点の場合、大宮駅の電車に乗り換えるためには、その降りたホームに次の電車が
来るという訳ではなくて、階段を一つ登って
迎いのプラットホームまで移動しないといけないのがかなり面倒くさいです。

あ・・・そうそう、これもローカルネタですけど
京浜東北線は、3月末にいつの間にかダイヤというか運行時間が大分変更になっていました。
朝の5分って意外と大きいのですよね・・・
今までは、AM7:59の大宮行に乗ればいいや・・・と思っていてそれが習慣になっていたら、
今回のダイヤ改正で7:59は南浦和止まり・・・・
大宮行きは、AM8:02か7:55に変更されていて、
「なーんかちょっと調子が狂っちゃうな・・」とも感じてしまいます。
ま・・数週間で慣れてしまうのでしょうけど・・・・


20150619-u017_convert_20160408135806.jpg



ちなみにですけど、県立浦和高校があるのは、北浦和駅の東口です。

「浦和の調ちゃん」第11話で、調・南・美園たちがたい焼きを食うために寄り道したのは、
北浦和駅の西口でした・・
あの「浦和の調ちゃん」第11話で背景として描かれた北浦和駅西口の描写は、なかなか細かくそして
結構正確でしたね!!
あれは、まさに・・・・制作者サイドの「浦和愛」を感じさせるものでした!!
よく「日本のJRは世界的に見て極めて優秀だ! 深刻な事故も電車の遅延もほとんど見られない」
みたいな声も聞きます。
そうですね・・・それに関しては基本的には全く同感だと思いますし、ほとんどは日本の電車関係は
世界にも誇れる乗り物だと思います。
それは特に・・・やはり新幹線とか都内の山手線が際立っていると思いますね!
だって・・・山手線なんて、あんな凄まじい過密ダイヤで、朝とか夕方以降なんて2~3分に一本の割合で
ほぼ正確に電車が到着し、一時間に20~30本程度のウルトラ過密ダイヤも、
ほぼ遅れなく毎日きちんと運行されている事は、もしかして・・・世界的にも極めて稀有な事例なのかも・・・??

だけど・・・・

これは昨年あたりから何度か記事にはしているのですけど、
最近・・・ここ一年ぐらいの「京浜東北線」の電車遅延は、ホントにシャレにならないぐらいのひどさが
あると思います。
つい最近までは、首都圏で何かと人身事故とか車内トラブルとか沿線火事とか車両や架線トラブル等で
電車が遅延してしまうのは、中央線と総武線なのではないのかな・・・と思っていたのですけど、
ここ最近は、とにかく京浜東北線の電車遅延は本当に目を覆うものがあると思います。
最近なんかでも、例えば・・・3/24(木)なんかは、朝の通勤時間帯にかなりの遅れが発生した上に
夜になると・・・
鶯谷駅で人身事故発生とかで1時間半程度も電車が止まっていました・・・
そうですね・・・
感覚としては、三日に一度ぐらいは何かしらのトラブルが発生して電車に何かしらの遅延が発生しているという
印象が強いですね。
ま・・・同情する訳ではないのですけど、確かに京浜東北線は、埼玉の大宮から神奈川の大船まで相当長い南北の距離を
走る電車ですので、これだけ長い距離の間で、一つの駅でも何かしらのトラブルが発生してしまうと、
大宮~大船間の凄まじい数の駅一つ一つに影響を与えてしまうのですよね。
しかも・・・・
京浜東北線だけが悪いという訳ではなくて、
走るエリアによっては、東海道線とか山手線とか高崎線と線路的に被ってしまう区間も存在するために、
京浜東北以外のこれらの線で事故が発生してしまうと、
事故対応に追われる作業員の安全確保のために隣接を走る京浜東北線も全線止めざるを得ないというケースも
発生してしまうのですよね・・・

ま・・・そりゃ理屈の上では大変よく分かりますし、日常の職員の皆様のご苦労を考えると
京浜東北線ばかり責めるのは大変酷なものなのかもしれないですけど、
朝とか帰宅時にあんなに長時間も電車が止まってしまうとか遅延してしまうというのは・・・
ま・・・年に何回かというなら全然我慢出来るのですけど、
こうも恒常化してしまうと・・・
なーんかも―――毎回毎回「え・・・またかよ・・・も―――E―ーー加減にして――――!!」と言いたくも
なってしまいますね・・・(苦笑・・)

これは昨年放映された埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」関連ネタで散々書いてはいるのですけど、
「浦和」という町は一応は埼玉県の県庁所在地であるはずなのに、新幹線は停車しません。
つい最近までは、湘南新宿ラインも浦和駅を通過し、一部のダイヤでは高崎線ですら浦和駅を素通りというなんてのも
ありました。
だけど・・・それは別にどうでもいい事なのです・・・
問題は・・・
別に新幹線は浦和駅には停まらなくても全然かまわないのですけど、せめて・・・
在来線の「京浜東北線」だけは、普通に動いてほしいものです・・・

これは先日の話なのですけど、

こうした何もない無い・・・あるのは電車遅延だけ?という「浦和」の街に、見慣れない団体さんが歩いているのを
目撃しました。
多分ですけど・・・
バスの感じからして九州方面から、まー―本当に遠路はるばるとわざわざ埼玉の地に来て頂いた
大変ありがたい御一行様だと思います。
一人ガイドさんみたいな方がいて「浦和観光案内」みたいな旗を手にして浦和の街をこれから色々とご案内されるのかな・・・
みたいに感じたものです。

だけど・・・

ちょっと待ったぁ――!!

「浦和」の街に遠路はるばる観光に来て頂けるのは本当にありがたいお話ですし、
感謝にたえないお話でもあります。
でも・・・浦和駅周辺って別に何もないのですよね・・・
ホント・・「何もない無い」が売りの感じのエリアでもありますので、なんでこんな何もないところに観光に来られたのかな・・?
都内の浅草とか皇居周辺とかスカイツリー周辺とか
群馬の高崎観音とか草津温泉とか
ディズニーランドとか
千葉の房総とか東京ドイツ村とか
横浜とか・・・
ま・・同じ埼玉ならせめて・・・秩父とかトトロの森とか長瀞とか・・・もっといいスポットはあるんだけどなぁ・・・・
関東には色々とお馴染みの観光スポットもたくさんあるのですけどね・・・

あの「浦和観光案内」という旗を手にされた方は、あれからどこをご案内されたのか・・・
逆に私・・・とっても気になりますっ・・・・
(By 氷菓~千反田える)

そうですね・・・ま・・・時間の問題もあるでしょうけど、浦和駅周辺に限っていうと・・・・

1.調神社(つきのみや神社→うさぎが祀られていることで大変有名・・・)

2.玉蔵院→本堂横の樹齢100年以上のしだれ桜は、多くの花見のお客様で溢れています・・・

3.うらわ美術館→「浦和ゆかりの作家」と「本をめぐるアート」をコレクションの柱にした都市型美術館です。

このぐらいなのかな・・・・

うーーん、だけど・・・・わざわざ九州方面から観光にお見えになられた皆様・・・
こんなしょぼい街で申し訳なかったです・・・
だけど・・・
私はこういう何もない無いの「浦和の街」が大好きです!!






だけど本当に「調神社」は不思議なスポットです!!

狛犬・狛狐はいないけど代わりに・・・狛ウサギがいっぱいいます!!

鳥居もないし、境内に松の木もないのですけど、なんか凛としたミステリアスな空気に包まれています。

隣接も公園ですので、とにかく・・落ち着くスポットです!!



892d57bc_convert_20150424144903.jpg



さてさて・・・浦和のお土産は、アニメ「浦和の調ちゃん」でも何度となく登場した
あの「うまい、うますぎる」のフレーズで埼玉県民にはお馴染みの「十万石まんじゅう」が一番適していると
思うのですけど、
残念ながら「十万石まんじゅう」は浦和駅周辺では売られていません・・・
近くですと・・・大宮のそごうに行かないと買えないですね・・・・(苦笑・・)
今から一年前のこのブログにおいては・・・
2015年4月から放映開始された埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の関連記事ばっかり
書いていたような印象があります。
だって・・・ま・・確かに私自身は、埼玉県川口市在住なのですけど、
ほんの北に100m程度歩くと、そこは・・・さいたま市南区ですので、
私としては・・・・「半分川口市民・半分さいたま市民」みたいな感覚はあったりもします。
ま・・・吹奏楽カテゴリにて「市立川口高校吹奏楽部」の事を記事にする時だけは
「私は川口市民・・」みたいな感じになっていますけどね・・・・(苦笑・・・)

この話は以前も書いた事があるのですけど、私自身は高校時代まで過ごした仙台を離れて、
親元を離れたのは1984年の春なのですが、
その際に一番最初に住んだ場所は、実は・・・埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)でした。
そうですね・・・
一番最初に大宮に降り立った時の印象としては・・・
「え・・・埼玉県って・・・何も無い所・・・?
これじや・・・仙台のあの巨大アーケード街とかにも全然見劣りしてしまう・・・
もしかして・・・埼玉県って・・・仙台よりも冴えない所・・??」と感じてしまいました・・・(苦笑・・)
そして・・・数日後に埼玉県の県庁所在地がある「浦和駅」に生まれて初めて降り立った時は・・・
まさにある意味衝撃的でしたぁ―――!!
だって・・・・
本当に・・本当に・・・何も無い街でしたから・・・
駅前に伊勢丹とイトーヨーカドーがあるたけで本当に何も無いない・・本当に冴えない県庁所在地という感じでした・・・
この時代既に東北新幹線は開業していましたけど、
県庁所在地の「浦和駅」には・・・当時も・・そして今現在も新幹線は浦和の駅には停まりませんからね・・・(苦笑・・・)

だけどね・・・・

正直に書くと・・・

1984年に仙台のくそ田舎から上京したばかりの自分が感じた埼玉の最初の印象は
今現在もほとんど変わっていないと思います。
というか・・・
他県の方で生まれて初めて浦和駅に降り立った方は、1984年の私の最初の印象と同様に
恐らくですけど・・・
「え・・・・浦和って埼玉の県庁所在地でしょ・・・なに、この何も無い感じは・・」と思われると思います。
ま・・・「浦和」のそうした何も無い所・・・そして・・・県民愛が大変希薄で無国籍みたいな感じな所こそが
逆に「埼玉」らしい所なのかな・・・・と
埼玉に通算20年以上住んでいる者の視点としては感じますね。
だけどね・・・・
確かに浦和の街も何も無いけど、大宮だって大した事ないと思いますよ・・・(苦笑・・)
ま・・・確かに「浦和」よりは開けているし、
西口は、そごうとかビックカメラとかソニックシティ―ホールとか相当再開発は進展していると思いますけど、
東口は・・・・寂れきっていますよね・・・・(苦笑・・)
私が1984年に住んでいた頃は、十字屋・長崎屋・西武・中央デパートなどかあり西口よりはずっと開けていましたけど、
これらの百貨店は今現在は一つも残っていません。
東口に今も残っているのは高島屋だけですね・・・・
それと・・・
東口は相変わらず夜は怖いです・・・
だって・・・・東口なんて駅のすぐ目の前でも飲み屋ばっかりだし、
北に進んで大栄橋を超えるとそこにあるのは・・・住宅街の中にあるソープ街ですからね・・・・(苦笑・・)

だけど・・・・

大宮も・・・特に「浦和」も・・・そういう何も無い所・・・
飾り気がなくても普段の日常を気取りなく過ごせて落ち着ける場所という意味では
住みやすい街と言えるのかもしれないですね・・・

浦和の街には何にも無くて新幹線は停まらなくても・・・
「調神社」と埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」・・・、そして・・・ま・・・確かに浦和名物ではないけど
「うまい、うますぎる」の「十万石まんじゅう」とか
そういう浦和が私は大好きですっ!!

埼玉県民は、かつての私のように、地方から関東に移り住み、そのまんま埼玉に住みついたというパターンが
大変多い上に、
サラリーマンの多くは東京都内に出勤し、埼玉にいるのは、寝るために帰宅する際と休みの時だけという方が
多いと思いますので、
ま、元々他県のような「強い郷土愛」」は幾分弱いのかな・・・
「浦和の調ちゃん」については、
第一話が「今日もいい日でありますように」というタイトルで、
最終回は「明日もいい日でありますように・・・」というタイトルでした。
何かこうしたタイトルも「日常の小さな幸せを大事にしましょう・・・」みたいな制作者サイドの意図も伝わってくるような
感じがしてとても誠実に感じられたものでした。
全国47都道府県でもっとも「県民意識・郷土愛」が薄いとされる埼玉県において、
こうした「郷土愛」を呼び起こさせるアニメは大変貴重ですし、大変意義と価値がある作品だと
私は確信しています・・・!!
とにかくこの作品に「感謝、感謝!!」・゜ありがとう!!」という気持ちで一杯ですね。



讒区Φ_convert_20160114234631



「浦和の調ちゃん」ですけど、アニメ自体は完結してしまいましたけど
出来れば・・・
是非是非第二期は検討して頂きたいと思います!!

昨年暮れに、上記画像のような「第二期構想本」みたいなものもコミケ等で販売されていたようですけど
なんとか・・・・
第二期が実現化してほしいものですね・・・

ちなみにですけど・・・

「浦和の調ちゃん」グッズは、調神社近くのミニストップ内とか
浦和駅の目の前のイトーヨーカドーの三階にて「調ちゃんグッズコーナー」にて販売中ですので
こちらも是非是非頑張って欲しいと思います!!

最後に・・・・

私が敬愛する絵師様&漫画家でもあり、このブログの大切なリンク先の一つでもある
紫水晶様が管理運営されている「猫の天使」というブログにて
この埼玉の事を取り上げて頂きましたぁ―――!!
いや――、私の憧れの紫水晶様が、こうやって冴えない「埼玉」の事を取り上げて頂き、
本当に・・・・
感謝感激でありますっ!!
紫水晶様、本当にありがとうございました!!
ちなみにあの記事においては・・・
「パタリロ」の作者、魔夜峰央先生が昔描かれた漫画「翔んで埼玉」が取り上げられています!!
「埼玉から東京に行く際には、実は・・・通行手形が要る」みたいなネタは、結構古くから
埼玉県民の間では自虐ネタとして使用されていた経緯がありますけど、こうやって今も取り上げて頂き
本当に嬉しいものがありますね!!

そうそう・・・

これって「埼玉あるあるネタ」ではよくある話ですけど
埼玉県民が他県に旅行に出かけて
「どこから来たのですか」と聞かれると・・・
結構多くの方は・・ ・・
「東京の北の方」と答えるとの事です。
いやーー、これってなんとなく分かりますね・・・・(苦笑・・)
実はそういう私自身も・・・・
年末に仕事で仙台に日帰り出張し、その際に母校に立ち寄り、後輩ちゃん達から
「先輩どっから来たの・・?」と言われて、本当に・・・・「東京の方・・」と答えている自分がいたものでした・・・(苦笑・・)

紫水晶様のこの「翔んで埼玉」については・・・

→ 猫の天使/ 翔んで埼玉

紫水晶様の大人気漫画「同居人」の最新話その5については・・・・

→ 猫の天使 / 同居人(5)


是非是非こちらをご参照頂けると大変嬉しいものがあります!!
埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」ですけど、
たまーにですけど調ちゃん関連のイベントなんかも行われているみたいですね。
そうですね・・
新幹線は県庁所在地の「浦和の街」には停まらないけど、「浦和の調ちゃん」旋風は
まだまだ地元では止まらない・・という感じなのかな・・・・??
先日、調神社に参拝に行った際、この調神社の真向いのミニストップでは、昨年同様
「浦和の調ちゃん」とのタイアップ企画がまだまだ店内で行われていましたし、関連グッズの販売も行われていました。
ガールズ&パンツァー」で大成功を収めた「大洗」とまではいかなくても、
そうですね・・・
地味でもかまいませんので、何とか・・この貴重な「埼玉県ローカルアニメ」がしぶとく生き続けていってほしいな・・とも
思いますね。






この話は既にちらっと書いているのですけど
「浦和の調ちゃん」のアニメ本編は全12話で完結しているのですけど、
実は・・「幻の第13話」というものがあります。
この第13話は、DVDとBDに収録されていて、要は・・・これを見たければDVDを購入するかレンタルしろ・・という
事なのかもしれないですよね。
ま・・・私自身は・・
昨年あれだけこのブログでも散々ネタにさせて頂きましたし、大変お世話になったということもありましたし、
何よりも・・・
特典欲しさにこのDVDは購入はさせて頂きました。
と思っていたら、先日・・・ツタヤでこの「浦和の調ちゃん」のレンタルが既に開始されていました・・・(苦笑・・)
さてさて・・・この幻の第13話 「夏の日と、部室と、友達と」なのですけど、
そうですね・・・・アニメ本編同様、相変わらず何も無いない・・といった感じのお話です。
だけど・・・それがいいんですっ!!
この「何もないない」という「日常のゆるさ」こそがこのアニメの神髄なのかもしれないですよね。
この第13話の主役は・・・メインヒロインの高砂調ではありませんし、
調・常盤・アホの南の3人は一切登場しません。
では誰が主役なのか・・・
残念ながら・・・アニメ本編でもわずか2回しか登場しなかった三室美園でもありません・・・(苦笑・・)
意外な事に、このアニメでも屈指の「影の薄いキャラ」の「田島桜」がそうでした!!
それに生徒会の子鹿と彩湖が絡んでいくというものでしたけど、
幻の第13話でやっと・・主役を晴れるなんて・・・!!  やったね!! 桜ちゃん!!という感じなのかもしれないですね・・・(笑)

話自体ですけど、ま・・あってないようなものです・・・

夏休みの人影がまばらな校舎内において、
鉄道部のクーラーが利いた部室内で一人のんびりと冷たいジュース・お茶菓子・本を堪能する桜の
アニメ本編ではあまり見せなかった「のびのびとした感じ」が出ていて
とっても楽しいものはありました。
桜に話しかける子鹿に、それをそっと見守り「よかった、よかった・・・友達できたじゃん・・」みたいな彩湖の
ちっとは会長らしい雰囲気も微笑ましいものがあったと思います・・

ま・・・全体としては「ほのぼの・・」という感じでしたね・・・

さてさて・・・・

この「田島桜」なのですけど
このブログの大切なブロとも様のお一人で、絵師兼オリジナル小説のライターでもあり、
「五月雨日記<仮の宿>」の管理人でもある風月時雨様に
昨年3月だったかな・・
この田島桜を描いて頂き、メガネっ子ぶりとかサイドテールとか特徴的な靴下とか
とにかくとっても可愛くて素敵でしたっ!!
風月時雨様!! あの時は田島桜を描いて頂きありがとうございました!!

風月時雨様が描かれた「田島桜」をご覧になりたい方は
今すぐ・・・「五月雨日記<仮の宿>」へGo!! 当ブログの上から4つ目のリンク先です。
2015年の3/29の過去記事の中で見られると思います。




讒区Φ_convert_20160114234631


さてさて・・・この「浦和の調ちゃん」ですけど、昨年6月に惜しまれつつ(?)
最終回を迎えています・・・(泣・・)
そうですね・・・
ま・・私はさいたま市民でもないし、浦和区民でもなくて川口市民なのですけど
広い意味において「埼玉県民」なのですけど、
埼玉県における「ご当地アニメ」として後世に少しでも受け継がれていけばいいな・・と思っています。

ま・・・どうみても第二期はなくて第一期だけで終わりそう・・みたいな感じも濃厚なのですけど
少し勿体ない気持ちもあったりしますね・・・(笑)

でもそんな中・・・

昨年12/29~12/31の本当に大晦日近辺に、東京ビックサイトで開催された「コミケ89」のオジャガブースにて
この「浦和の調ちゃん」関連のコラボグッズとか
「浦和のスタッフ本」・「浦和の調ちゃん第2期構想本」みたいなスタッフ本も
発売されていたみたいですね・・・

この「浦和の調ちゃん第2期構想本」なんか、その中身が結構気になりますね・・・(笑)

なんだろう・・・どんな事が果たしてそこに書かれているのかな・・・?

ま・・これはあくまで「決定」とかそんなのではなくて・・要は・・・「願望」という感じなのかな・・・?

それにしても・・・このポニーテールの高砂調ちゃん、とっても可愛いですっ!!
ポニーテール好きの私には・・・
まさに・・・
「キュアラブリー」並の破壊力がありそうですね・・・(笑)
調の隣の黄色い子はいったい誰なんだろう・・・??

最後に・・・・

「浦和の調ちゃん」関連情報の一つとして皆様に是非見て欲しいな・・・と思うものがありました。

何かと言うと・・・

風月時雨様同様、このブログの大切なブロとも様のお一人でいらっしゃり、
「ガラスの肩とドイヒーに萌える球界」の管理人でもある五航戦の愛鷹様より
先日とっても素敵な情報を頂きました。
何かと言うと・・・・
「浦和の調ちゃん」のメインキャラの高砂調とメカのコラボが実現していました・・・
それは・・・「いまどきのムスメカ」と言う
新幹線誘致複合情報処理システム 「調宮様方通話装置」装備 高砂調というものでした!!

いやーーー!!

マジで最初にあれを見た時は・・・・思いっきりぶっ飛んでしまいましたぁ――!!
あれはまさしく「艦これ娘」の改二ですね!!

いやいや、これ・・最高です!!

五航戦の愛鷹様、本当に素敵な情報をありがとうございました!!

五航戦の愛鷹様のブログ「ガラスの肩とドイヒーに萌える球界」も当ブログのリンク先の一つですので
この高砂調のムスメカの画像をご覧になりたい方は
是非是非「ガラスの肩とドイヒーに萌える球界」へGo!!
1/12の記事にて紹介されています。

今回は・・・風月時雨様、そして、五航戦の愛鷹様 
色々とありがとうございました!!
そして・・・どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!!
一つ後の記事でも書いた通り、本当にこのお正月はひたすら何もせずぐーたらしていました・・・
ま・・その間にですけど、
ほんの少しだけ外に出て、初詣とか初売りに行ってはきました。
ま・・初売りと言っても言ってきたのは
昨年このブログでも散々「浦和の調ちゃん」カテゴリでネタにしてきた「十万石まんじゅう」でお馴染みのふくさやの店舗と
ま・・・埼玉というローカルでは名が知れている「十勝の甘納豆」のお店の二か所のみです・・
ま・・・目的は・・・
言うまでも無く甘いもの大好きのうちの奥様からの依頼事項である「福袋」購入なのですけどね・・

ま・・・ふくさやの場合、そうした福袋等の販売は無いのですけど
代わりに・・・
1000円以上購入すると貰える「くじ」が目的だったようです・・・
だけど・・・1/2だと言うのに、二つのお店とも激混み・・・という印象でしたね・・・
ま・・・埼玉には「これぞ埼玉名物!!」みたいなものがほぼ皆無ですし、
埼玉からの年頭ご挨拶ご贈答の「手土産」なんて・・・・
そうですね・・・草加煎餅と川越の芋菓子と前述の十万石まんじゅうと
吉永小百合の映画でお馴染みになった十勝の甘納豆の「母べえ」ぐらいしか無いのかな・・・
ま・・・だからこそこの二つのお店はお正月から激混みという感じだったのかもしれないですけど、
店員さん達のお正月からの出勤というご苦労には頭が下がる思いです・・・






さてさて・・・
こちらは十勝の甘納豆の「福箱」・・・
2000円なのですけど、3500円程度の商品が入っているとの事ですけど
果たして・・・
何が入っているのかな・・・?



CIMG9056_convert_20160103121643.jpg


結構色々なものが入っていましたね!!

どら焼き・母べえ・パンセ・パイ・スイートポテト・栗饅頭などなど・・・

結構ぎっしりと入っていました!!

確かに・・・計算してみると3500円程度のお菓子が詰められていて、まさに「お買い得!!」という感じですね。



CIMG9055_convert_20160103121616.jpg


しかも・・・!!

この「福箱」ですけど、それだけじゃないんです!!
中に「どら焼きパスポート」というものか入っていて、毎月一回だから年に12回
店舗に行くと月に一回無料で「どら焼き」を貰えるといういわば・・・無料クーポン券が付いています。
この十勝の甘納豆のどら焼きは確か・・・一個160円ぐらいだったから。
何と・・・
この「どら焼きパスポート」だけで2000円の元が取れそうな感じすらあります。

ま・・・

だけど・・・・

冷静に考えると、これなかなか上手いですね・・・・

だって・・・

毎月わざわざ・・・どら焼き一個を貰うためだけにそのお店なんか中々行けないですし、
行ったとしても
一個だけただで貰うのもなんか微妙に気が引けてしまう・・・
ま・・・多分ですけど・・・
「ついでだから・・」みたいな感覚でついつい余計なモノを買ってしまうのでしようね・・・・(苦笑・・・)

ま・・・「少し損して後で大きな得を取れ!」みたいな感じなのかな・・・??



CIMG9057_convert_20160103121722.jpg



「うまい、うますぎる」でお馴染みの十万石まんじゅうのふくさやでは・・・

なんか色々と単品ばかり買っていましたけど、
「花びら餅」というごぼうが入ったお餅は中々美味しいです。
それと・・・
普段は「十万石」というロゴが入っているまんじゅうも、お正月期間は今年の干支の「申」というロゴが入っていました。



CIMG9059_convert_20160103121809.jpg


それでもってこれが「初福くじ」・・・・

当たる訳ないのだけど、万一当たったら・・・それこそ新年早々ウルトラハッピー!!という感じですね・・・(笑)



DVD_convert_20150920233531.png


最後に・・・・

「浦和の調ちゃん」関連ですけど
確か年末頃に、
この「浦和の調ちゃん」DVDを購入、そして・・・DVD特典として、本編では未公開の「幻の第13話」が収録されているとの
事でしたけど
やっと・・・
先日この「幻の第13話」を見ることが出来ました・・・

内容は・・・・

そうですね・・・

全くの予想通りの相変わらずの日常のしょーもないたわいのない話でした・・・・(苦笑・・)

ま・・この「何も無いない・・・」といったしょーもない「ゆるさ」こそが「浦和の調ちゃん」の本領発揮なのだと
思います。
だけど・・・
この第13話には、主人公の調ちゃんも常盤もアホの南も登場しません・・・
実は・・・
この第13話の主人公は・・・・
アニメ本編でも「薄い影」の空気であった・・・・田島桜でした・・・!!

うん、これは思いっきり意表を突かれましたね・・・

それに絡んでくる生徒会の二人がいかにもこの二人らしくてとってもほのぼのとしていました!!
12/9の記事にて、母校の高校の吹奏楽部に「十万石まんじゅう」を差し入れみたいな記事を掲載させて
頂きましたが、
今回はそのpartⅡという感じです。
うちの会社は、仙台にも支社と言うか関連会社があり、年に数回ですけど
仙台の顧客に対しても、アフター&クレーム対応という事で「顧客廻り」をする機会があったりもします。
ま・・これって・・
仙台の顧客なんだから仙台に任せればいいじやん・・・みたいな感じはあるのですけど
要は・・・
「仙台の支社がなんか隠れてヘンな事していないか・・・何か対顧客上において隠し事をしていないか・・・」の
チェック&防止機能みたいな側面があったりもします。
ま・・・本当はこういうのも嫌なんですけど
自然と廻っているだけで
「おいおい・・・そんな話、こっちは聞いてないよ・・」みたいな事もポロポロと発覚し、ま・・少しは自分が行った甲斐は
あるのかな・・・と思うようにしています。
おかけで・・・・
仙台の人達の自分を見る目がどこかしら・・・というか明らかに・・・
「障らぬ神に祟りなし・・」みたいな扱いになっているのは・・ま・・仕方がない事ですね・・・(苦笑・・)
うーーん、こういう時に・・・
最近何かとこのブログで登場している東方Projectのさとり様を一緒にご同伴出来て
さとり様の「人の心を読み取る能力」を駆使して頂ければ・・・
ま・・・私としても楽なようにも感じますけど
逆に・・・「知る必要も無い事を知る事」で逆に・・・・痛い思いをしてしまうのかな・・・??

あ・・・こらこら、ここは「東方」ではなくて「浦和の調ちゃん」カテゴリですので・・・(苦笑・・)

12月初旬の際は、深夜に車で埼玉を立ち、朝から晩まで仙台の顧客を廻り、深夜から明け方の高速を飛ばして帰還し
翌朝かに普通に出勤・・みたいな大変疲れる荒業をしたそのトラウマもあり、
今回は・・・
ま・・・幸いな事に前回廻るべき所は廻った感じもあり、そんなに朝早くから夜遅くまでという必要性もなかったため
今回は、新幹線を久しぶりに利用しました。
だけどね・・最近の新幹線はあまりにも速いので、大宮~仙台は新幹線によってはわずか1時間15分程度で
到着してしまいます・・・
なんか・・これも少し味気ないものですよね・・・
だって・・・大宮駅を離れた瞬間に爆睡してしまい、
目覚めたら・・・
あと5分で仙台という感じでしたからね・・・
だけど、たまーーに新幹線内でゆっくりと寝るのも悪くはないっすね・・・(苦笑・・)

前回と今回に関しては・・・
自分自身でアットランダムに「これは少しやばそう顧客リスト」を作成し、
工事期間中とか完了後に何か問題が発生した先とかこれまでの同行・顧客廻りで
散々クレーム&苦情を指摘されたところとか
事前に「なにかこれ・・怪しいな・・」と思われる所をくまなく廻るようにしていました。
幸い・・・前回大体の所は廻り、残り3軒というところまで既にきていました・・・
だけど・・・
その3軒が・・・少しと言うか・・・かなりやばい先・・・
仙台の人達も普段は「障らぬ神に祟りなし」状態でそこには誰一人寄りつこうとしません・・・
「ま・・・そのために・・自分みたいな任務を負った人間がいるからな・・」とここは割り切って考え、
とにかく・・まずは会ってみないと始まらない・・みたいな感じで乗り込みました。
幸いにして・・・・2軒はこちらが拍子抜けするほどスムーズに終わってしまい、
「せっかく・・・東京の人がわざわざ足を運んでくれたんだから・・・」みたいな感じで挨拶程度で済んでのは
ラッキーでした・・・
(ま・・・厳密に言うと・・・東京ではなくて・・・「浦和の調ちゃん」ではないけど何にも無いない・・もしかしたら・・・
 仙台よりも何にも無いない・・・の埼玉からなんですけど・・・とは
 今更訂正出来ないですよね・・・苦笑・・・)
そうなると・・・残りあと一軒・・・
自分としても・・・
「おーーー、この一軒さえ無事に片付けば案外早く帰れる!!」と思い、気持ちは高まったのですけど
その残り一軒がかなり高いハードル・・・
ちなみに・・・昨年と一昨年は・・・・
2時間程度色々とギャーギャー言われたい放題言われて何の成果も無し・・・というトホホ・・・な結果でした・・・
そこで・・・今回は以前の反省も踏まえて少し事前に作戦を練る事にしました・・・
その煩い顧客宅は・・
実は・・・自分の出身中学の学区内でもありましたし、年も5つくらい上かな・・という感じで
「もしかしたら・・・この人は・・・実は・・・自分と同じ中学出身で 実は先輩ではないのか・・」という仮説を立て
その顧客宅をお伺いしました。
案の定・・・
最初は「今更何の用だ・・帰れ、帰れ・・」みたいな険悪な雰囲気でしたけど
「実は・・・」と切り出してみたら・・・
やっぱり・・・その人は自分と同じ中学である事が判明し、そこからは・・一気に距離が縮まったものでした・・・
そっから先は・・・
私自身もすっかりタメ口状態になってしまい。
「ねー先輩さー、先輩在学中に、Wというあるうるせー体育教師いた?」とか
「ねー先輩さー、オレ、実は吹奏楽部出身なんだけど、あのOというくそじじい指揮者知ってる?」みたいな話になり
「おーーー、なつかしいなーー」みたいな話になってしまい、
結果的に・・・
「ま・・・後輩がこうやってわざわざ東京から来てくれたんだし・・」
(→だから・・・埼玉だっちゅーの・・)
「こうやって頭を下げてきたし」
(→別に謝罪はしていないっちゅーに・・・難癖つけてんのはあんたの方でしょ・・・)
「一応・・・誠意は伝わったから」
(→見せかけの誠意なのかも・・・)
「ま・・・次回の3年点検の時まで様子を見るとしよう・・だけど何かあったら・・お前、東京からすぐら駆けつけろよ!!」
(→だから・・・埼玉だっちゅーのっ!!)

そんな感じで無事に終わらせることが出来ました・・・
うーーん、やっぱり・・こういう「同じ学校」というものは・・・「同じ学校の先輩-後輩の関係」は・・・
バカに出来ないもんだな・・・
という事を痛感させられた次第ですね・・・

ちなみに・・・(→     )は・・私の「心の本音」です・・・
そうですね・・・
もしも・・・前述のさとり様がこの場にいたとしたら・・・
私は・・・ただじゃ済まなかったのかも・・・・(苦笑・・)
なんか、さとり様から・・・
「この人・・・口先ばっかりの大嘘ばっかりこいているよ・・」なーんて余計な事を言われそう・・・(苦笑・・)



892d57bc_convert_20150424144903.jpg







さてさて・・・・幸いにして上記の通り、その3軒が予想以上に早々と終わらせることが出来ましたので、
(この3軒で移動時間を含めて5時間と予想したところ・・・3時間で終わったのはラッキーでした・・・
 余計な体力というか疲労感を残さずに終えられたし・・・)
「もしも・・時間が余れば・・・その3軒目は自分の出身中学から近いし、久しぶりというか・・・
30年振りくらいかな・・・
母校の吹奏楽部になんか差し入れでも持っていってあげよう」と思っていたのてすけど
幸い、それを実現できたのは本当によかったです。

お土産は・・・・当然ながら・・・(苦笑・・)
高校の時と同様、埼玉の数少ない名物・・・ふくさやの「十万石まんじゅう」です!!
ホント・・・この「うまい、うますぎる」のネタ・・・
何回このブログで登場させたのでしょうか・・・(苦笑・・)
本当にこのブログのポンコツ管理人の「ネタの貧困さ」・「アイディアの枯渇」にはほとほと呆れるばかりです・・・(苦笑・・)
ま・・・この「浦和の調ちゃん」は、
「響け! ユーフォニアム」についで、今年の「マイMVP」を贈呈したい気分ですっ!!

さてさて・・・その「響け! ユーフォニアム」ですけど
ホント、このカテゴリ内では、私自身の10年間の吹奏楽部時代の事を思いっきり語ってしまいましたけど、
なんかあれ・・・・
中学時代の事は、本当にマジでいい事何にも書いていないですね・・・
ホント・・・中学の吹奏楽部の顧問の指揮者の先生への恨みつらみと
「いかに、自分は音楽と言うか吹奏楽が嫌いになっていったのか・・・」その辺りの言い訳をグタグタ
書いていましたね・・・
ま・・結果的に高校時代にその全てが変ってしまったのですけどね・・・
中学を卒業した頃の自分の視点では、まさかその三十数年後でもこうやって吹奏楽の事とか音楽の事を
色々と語っているなんて・・・
全く想像は出来なかったですね・・・
中学を出たばかりの私は・・とにかく吹奏楽も音楽も大嫌いだった・・・それは間違いはなかったのですけど
ま・・・人生と言うものは・・人の趣向というものは・・・
なにかのちょっとした出来事でひょーーーいと変る事はよくあるという事なのかもしれないですよね。
あの当時の自分は・・・吹奏楽が嫌いというよりは
あの顧問の指揮者の先生がとにかく嫌いだった・・苦手だった・・・嫌だった・・・
なんでこの先生、自分の事を分かってくれないのだろう・・・
なぜ・・当時の部員大量退部事件わ自分のせいだけにするのだろう・・・
なんでこんなに上から目線で一方的に怒鳴りつける事しかしないのか・・・
そういう意識しか無かったです・・・
これは・・・完璧に後日談の話になってしまうのですけど、
当時・・・・自分が中学3年の時の担任の先生は、結婚はされていたけど若くて綺麗でとにかく素敵な女性の
音楽の先生でした・・・
当時・・・
「うーーん、吹奏楽部の顧問の先生がこの先生ならば・・・自分は少なくとも今よりは1000倍練習しちゃうのに・・」と
思っていたものでしたけど、
ま・・・現実はそんなに甘くはなかったですね・・・
その先生から時折・・・
「あなたも本当に大変よね・・・吹奏楽部じゃ・・・多分・・・部員と先生の板挟み状態よね・・・
部長って大変よね・・」とか何とか言ってくれて
あの時は・・・
「うう・・・・こんな自分にも数少ない理解者がいる・・・」と感涙状態だったのかな・・・(苦笑・・)
だけど、人生とは本当に皮肉なもので、私が中学を卒業して1年後に、あの嫌な顧問の先生が他校に異動し
その若くて素敵な女の先生が吹奏楽部顧問に就任し
それを知った際は・・・・
「えーーーー、自分もあと2年・・・入学するのが遅かったのなら・・」とぼやいたものです・・・(苦笑・・・)

ま・・・そんな話はどうでもいいとして・・・・

とにかく・・・時間に余裕があったし近かったので、その「十万石まんじゅう」を持参して
ホント久しぶりに母校に顔を出しました・・・
うーーん、相変わらずの何も無いド田舎・・・
小学校と隣接し地続きであるせいもあり、中学としての校門とかフェンスが何も無い事とか
住宅街のど真ん中に唐突に校舎が割り込んでくるみたいな感じとか
外階段を通って中二階みたいなところに職員室がある事とか
基本的には・・・全然変わっていなかったですね・・・
行った日が12/24のイブの午後3時頃でしたけど、
「果たして吹奏楽部ってまだあるのかな・・・部員何人くらいいるのかな・・、ちゃんと練習しているのかな・・」と
半分不安だったのですけど
職員室の受付で訪問趣旨を伝えた所、
「あーー、そんだったら勝手に音楽室に行っていいよ」とま・・・何やら不用心な事を言われてしまい
四階の音楽室に行った所・・・
一応・・・練習はしていました・・・
だけど・・・
現在の部員は・・・たった14人・・・
吹奏楽コンクールも最近では出たり出なかったりだそうです・・・
聞いてみたら・・・一学年2クラスまたは3クラスしかないそうで、
14人でも上出来とのことでした・・・
そうですね・・・ここにも「少子高齢化」の波が来ていましたね・・・
私が在学中は・・・一学年最高20クラス近くまであり、私なんか2年の際は・・・2年17組でした・・・(笑)
吹奏楽部も・・・
部員も100人は軽く超えていましたよね・・・というか・・・
当時部長の私自身ですら正確な部員数を把握していませんでした・・・
というのも・・・
部員が次から次へと入部していくのですけど
同時に次から次へと退部していくので・・・
正確な部員数は最後までよく分からなかったし、正直・・・全員の名前すら把握していなかったと思います・・・

ま・・・・「十万石まんじゅう」を差し入れ出来てホント、よかったと思いますし、
先輩らしい事・・・OBらしいことなんか卒業して以来これが初めてなのかも・・・(苦笑・・)

ま・・・せっかく来たのですし、楽器も腐るほど置いてあるようでしたので、
クラリネットを吹かせて貰ったのですけど・・・・
うう・・・・・音すら出ない・・・・(泣・・・)
ドレミ・・・の音階が精一杯・・・・
あれれ・・・なんか部員の目が(部員は全員女の子との事でした・・・)なんか冷たくなってるぞ・・・
「あれれ・・この人、本当にOBで経験者なの・・」みたいな視線も感じましたので
「これは・・・このままじゃ帰れん・・」と思い
アルトサックスを吹かせて貰ったら・・・
これは・・・案外簡単に音が出ました!!
しかも・・・!! 結構音は美しく響いているしヴィヴラートも結構かけられる・・・
そんでもって・・ついつい調子こいて
昔の吹奏楽コンクール・・・1979年の課題曲A/フェリスタスのあのアルトサックスのソロを
思いっきり吹いてしまいました・・・
シラソーファミーファソラーシードレミ―ドラーシドラー
あーー、結構覚えているもんですね・・
さして更に調子に乗って・・・
最近はあまり演奏されないけど、R.スミスの「海の男たちの歌」のあのアルトサックスのソロもついつい・・
調子こいて吹いてしまいました・・・
あーーー、なんかこの感覚なつかしいーーーー!!
いやーーー、音楽ってやっぱり・・聴くのもいいけどこうやって自分が吹くのもいいもんですね!!

そんで・・更に調子に乗って
ティンパニも叩かせて貰いました・・・
私が中学の頃は、手締め式ティンパニが主流で、課題曲と自由曲で音程をチェンジさせる際は
このネジは2回 このネジは3回といちいち手で廻して締めないと音程はチェンジできなかったのですけど
当たり前の話ですけど、ペダルティンパニは足で簡単に音程を調整できるから
全然楽でいいですね!!
叩いた曲は・・・一つ前の記事でも書いたと思うのですけど
アーノルド/交響曲第2番~第四楽章の終結部近くのティンパニソロの部分・・・・
いやーーーー、やっぱりこの部分は自分自身で叩いてみると
やっぱり・・・爽快感は全然違いますね!!
ま・・・耳で聴いた記憶を「多分この音階なのだろう・・」とテキトーに割り振った感じもあるのですけど
この部分のティンパニ奏者は・・
なんか恍惚状態になっちゃいますね・・・(笑)

でも・・・

現役の後輩奏者の女の子に・・・・

「先輩・・・左手のマレットの持ち方、ヘン・・・それに・・・もっと楽器の端を叩かないと・・・
中央部ばっかり叩いているから全然打点が決まっていないよ・・」と
思いっきり・・・・
ダメだしを食らってしまいました・・・・(苦笑・・)
一週間ほど前の記事で
「日帰りで仙台の関連会社の顧客廻りをするので合間を見て母校の吹奏楽部に差し入れを持っていきたい」
みたいな記事を書いたのですけど
どうにかこうにか実現出来ました!!

予想通り「強行日程」になってしまい、朝4時頃埼玉を出て仙台の支社に到着したのが朝8時頃で、
結局なんだかんだ色々とあって
仙台を出たのが深夜PM23:00過ぎ・・・・
高速に乗って
「どっかのSAで仮眠取ろうかな・・」と思ったのですけど
なんか疲れがどっと溜まってしまっていて
「いやいや、寝るならやっぱりちゃんとした布団の中で・・・」と思い、結果的にそのまんま埼玉の自宅まで
飛ばしに飛ばしてAM3:00前に到着・・・
そのまんま4時間程寝て、翌日普通に出勤という感じでした・・・
ま・・・こういうのは若い頃は何とも無いけど、さすがに・・・若い頃のような無理は効かない
御年頃になっていますからね・・・(苦笑・・)

でも・・・

一つ良かったのは、前から「一度は顔を出したい!!」と思っていた母校の高校の吹奏楽部に
差し入れを持っていく事が出来た事でした。
ま・・・自分自身も仙台の顧客廻りの隙間時間でしたし、
高校側も授業中でしたからね・・・
学校の事務室に訪問趣旨を伝えて差し入れだけを置いていこうとしたら・・・・
思いがけず・・・・
「あ・・顧問の○○先生、今、授業中で無いから呼んであげようか?」との嬉しいお言葉を頂き、
現顧問の先生に差し入れを直接渡すことが出来たのは
本当に何よりでした!!
ま・・・ほんの5分程度の会話でしたけど
その先生は、昔、自分の現役時代にライバル校の一つであった学校の当時の指揮者の先生の息子さんと
判明し、
「そっか・・・血は争えないな・・・当時のライバル校の顧問の息子さんがこうやって
自分の母校を現在指導されているなんて・・・」と
なんか・・・
妙に感慨深かったものです・・・
ま・・・とにかく・・・
「いや~、自分達の世代も今から33年前は、一音入魂!!とか何とか言って東北大会・全国大会出場に向けて
頑張っていましたから
そういう過去の先輩達の想いを是非是非現役奏者の皆様に受け継いでください!!」とだけお伝えして
母校を後にしました・・・
そうですね・・・
学校内とか色々見て廻りたかったけど、そんな時間もあんまり無かったし
ましてや・・・
お互いに勤務時間中ですからね・・・(笑)

だけど・・・たまーにはOBらしい事ができてよかった・・・・と思ったものです・・・

ま・・・以前も書きましたけど、自分の母校も自分が在籍していた頃のような「男子校」ではなくて
学校統廃合により「男女共学」になっていますし、
何よりも・・・
校舎自体が数年前に建替えられていて
当時の自分の「想いで・記憶の中の学校」は跡形もなくなってはいましたけど
とにかく・・・
過去の先輩達の「想い」は是非是非後輩の皆様たちにも受け継がれていってほしいものです!!
そして・・・
いつの日にか・・・
後輩の皆様が「全日本吹奏楽コンクール全国大会」の晴れ舞台に立つ日が来てくれると・・・
私・・信じているっ!!







892d57bc_convert_20150424144903.jpg


20150423-u019_convert_20151208162650.jpg


さてさて・・・・

後輩の皆様への差し入れは・・・・

そう!!

当然ながら、数少ない埼玉銘菓の一つ、ふくさやの「十万石まんじゅう」ですっ!!

是非是非後輩の皆様にも・・・・

「うまい、うますぎる!!」とか言って食べて欲しいな・・・と思っていましたら・・・

先日・・・早速現部長の方よりお礼のお手紙を頂き、
なんか・・・こんな元・第19代目ポンコツ部長としては・・・感涙・・・!!という感じですね!!
そっか・・・
同封されていた今年の吹奏楽コンクール県大会の演奏写真を見る限りでは、
男女共学と言ってもご多分に漏れず日本のスクールバンドにおける男女比率は2:8の法則の通り
部員は女の子ばかりですね。
当時のがさつな男子部員しか存在しない時代しか知らない者にとっては・・・
まさに・・・
「時代は変わった!!」という感じなのですけど
とにかく・・・
後輩の皆様には・・・素晴らしい演奏を多くの人達に聴かせてあげて欲しいと思いますし、
一人でも多く方に「音楽の素晴らしさ」を伝えて頂きたいな・・・と思ったりもします。

最後に・・・・

「浦和の調ちゃん」ですけど、出来れば・・・高砂調の他にも・・・例えば・・・田島桜にも
「うまい、うますぎる」とか何とか言って欲しかったような気も・・・・??
11/23(祝)の埼玉は、朝からなんか寒くて、おまけに一日中小雨が続き、
なんか・・・街の活気もないような・・・??
あれれ、本当に11/23は「三連休」でしたっけ・・??
おまけに、世間がこうやって「三連休」とかで浮かれている時は、ほぼずーーーっと仕事・・・・
トドメに・・・
朝の出勤時も帰りの時も、例によって、というか最近最早「日常風景」と化している「京浜東北線の遅延」によって
私のイライラもピーク・・・・
正直、最近あまりにも忙しすぎて、
なんか余裕を持って物事を楽しむという感覚には全然なれないものでして、
更に・・・
仕事上の「顧客のクレーム話」に長時間お付き合いしていると・・・・
まさに・・・
私の「イライラ」も限界を超えそう・・・

誰か・・・誰でもいいから、私の「イライラ」を癒して鎮めて!! という気持ちで一杯ですね・・・・(苦笑・・)







ま・・・そんな時は、
「プリキュア」を見るよりは、むしろ・・・・「ARIA」の優しい世界に浸るとか
今年の4月~6月まで放映されていた埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の日常のほのぼの系でも
見るのが一番なのかも・・・
その上で、少し気持ちがリラックスしてきたら例によって・・・「プリキュア」でも見て少しでも「生きるチカラ」を貰う事が
出来れば最高ですね!!

さてさて、以前もこの話は書いたと思うのですけど
前述の「浦和の調ちゃん」ですが、全12話+アニメ本編では未公開の「幻の第13話」が収録されているDVDが
既に発売されているのですけど
この「幻の第13話」がなんか無性に「私、気になります・・」の世界になってしまい、
ついにとうとう・・・・
この「浦和の調ちゃん」を購入してしまいました・・・・(苦笑・・)
ま、このショートアニメですけど、リアルタイムで放映時に録画はしておいたのですけど、5分ショートアニメという事もあり、
当時放映されていた「響け! ユーフォニアム」とか「ニセコイ」とか「なのは」等の隙間に録画してしまった経緯があり、
正直・・・
どの回がどこに入っているのか本人すらよく分からない状態・・・・(苦笑・・)
そのため、いっその事全話が収録されているDVDを買った方がいいんじゃないか・・・と思い、
思い切ってこのDVDも買ってしまいました・・・
まったく・・無駄な散財ばかりですね・・・(苦笑・・)
ま・・・例の「幻の第13話」も気になっていますし、この第13話については、このDVDが到着したらいずれ
書く機会があれば書いてみたいと思います。



縺・↑_convert_20150315224232


そうそう・・・

最近なんだか少し気になるローカルニュースがありましたね・・・

このブログの「浦和の調ちゃん」カテゴリでも確か3月頃に掲載した「別所沼公園」に設置されている
アンパンマンの作者・やなせたかし氏がデザインされた「浦和うなこちゃん」の石像が
何者かによって盗まれてしまいましたね・・・
最初にこのニュースを聞いた時は正直驚きました!!
だって・・・
一体誰があんな重たそうな石像なんて盗難するのですかね・・・
これは全く困ったもんです・・・
盗んだ人は・・是非是非速やかに返却をして欲しいものです・・・

だけど・・・

あの石像が設置されている「別所沼公園」は、国道40号線沿いだし、夜間でもライトアップされているし、
ランニングコースも設置されているし
例え深夜であっても、あんな石像を盗んだとしても、多分・・・人目には付くはずなんですけどね・・・


縺吶▲縺溘※_convert_20151123202848


最後に・・・

これは余談なのですけど、

最近イトーヨーカドーの食品売り場で買い物をしていた際、うどん売り場にて
「埼玉県はうどんの国!! 実は埼玉県はうどん消費量が全国2位の県です!!」というPOPが置かれていて
正直驚きました!!
というか・・
極めて意外でしたね!!
ま・・・一位は当然のことですけど、あのうどん王国・香川県なのですけど
なんで埼玉県が2位なのかな・・・?
自分のイメージですと、うどん消費県というと・・・静岡・大阪・愛知・群馬という感覚があったのですけど
なんで埼玉が2位にランクインされているのかな・・・

横にいたうちの奥様に・・・
「なんで埼玉がうどん消費県で全国2位なの・・・? やっぱり・・・埼玉県民のローカルフードとも言うべき
山田うどんがあるせいなのかな・・」と言うと・・
「バッカじゃないの・・!? そんなの関係ないじゃん・・・
埼玉は、加須うどんとか川島町のすったてとか春日部の藤うどんとか
結構昔からうどんは、埼玉県民の日常食じゃない・・・
えーー、それでよく埼玉県民してるじゃん・・」とか何とか言っていましたけど
ま・・ちなみに・・私・・・生まれと育ちは東北ですので・・・(苦笑・・・)
そうそう、前述の「山田うどん」ですけど、「うどんチェーン店」というと全国的にははなまるうどんとか丸亀製麺が
有名だと思うのですけど
埼玉に限っては・・・
「山田うどん」の方がはるかに根付いているような感覚があったりもします。
ちなみにこの「山田うどん」に関しては・・・
「浦和の調ちゃん」カテゴリの過去記事で「数少ない埼玉県民のローカルフード」という事で
取り上げた事があります・・
「山田うどん」は本社は所沢にありまして埼玉県の至る所に出店していますけど、たまーに都内でも
見かける事があります・・

埼玉県のうどんの消費量は、香川県に次いで全国第2位。
同時に・・・埼玉県は小麦の収穫量も全国7位と屈指の量を誇っています
時代を江戸時代まで遡れば、当時米は年貢米として幕府にとられていたので、
米の代わりに庶民が食べるものとして、普及したのが「うどん」という事になるそうです。
小麦の栽培が江戸時代の頃から盛んだった埼玉県で、うどんの文化が根付くのは
案外・・・
「歴史の必然」なのかもしれないですよね・・・

埼玉県民にとって、小麦・うどんというのは、歴史的に見て切っても切り離せない存在と言えるのかも
しれないですね。

ちなみにですけど・・・

埼玉県の川島町という所には「すったて」という郷土料理があったりもします。

これは・・・川島町の農家に受け継がれてきたうどんメニューです。

すり鉢で胡麻と味噌と合わせ、更に採ってきたばかりの大葉、きゅうり、みょうがなどの夏野菜を合わせて
いっしょにすります。
最後に冷たい井戸水を入れ、良く混ぜて付け汁としてうどんを食べます。

これ・・夏に食べると結構ひんやりとして美味しいしとってもさっぱりした味だと思います!!

大葉・みょうがなんかが結構夏らしい味覚を演出してくれていますよね。

ま・・・・浦和方面からだと川島町というのはあまりにも遠すぎて、中々食べる機会はないけど
たまーに・・
「埼玉物産展」等でこのメニューをお目にかかる事がありますけど
ま・・・
いかにも・・・
「知る人ぞ知る郷土料理」みたいなものですね・・・・
このブログを今年の春先からご覧になっている方ですと
この「十万石まんじゅう」の「うまい、うますすぎる・・!!」ネタを掲載してしまうと
「ああ、またか・・」
「このブログのポンコツ管理人は一体このネタを何度書けば気が済むんだ・・・!?」みたいに
思われる方も相当多いのかな・・とも
思ったりもしますけど、
ま・・
埼玉県というか・・「浦和」の街は一応県庁所在地なのですけど、
本当に何も無いない・・という「ないない尽くし」のしょぼ過ぎる県庁所在地という事で、
それを象徴させる感じで
「埼玉の数少ない名物」という事で「十万石まんじゅう」の事を記事にさせて頂きました・・・

ま・・同時に、それはこのブログの管理人の「持ちネタの少なさ」とか「貧困な創造力」というポンコツさを
露呈する結果にもなってしまいましたけどね・・・(苦笑・・)







892d57bc_convert_20150424144903.jpg


十万石


e1f34b18_convert_20150504193006.jpg



このふくさやの「十万石まんじゅう」ですけど、草加煎餅・川越の芋菓子などと並んで数少ない埼玉銘菓の一つなのですけど、
このお饅頭は日持ちは全然しないけど
本当に美味しいと思います!!
この「十万石まんじゅう」は埼玉県限定なのですけど、テレビ埼玉でもってテレビCMが展開されていて
そのキャッチフレーズが
棟方志功がかつて絶賛したという「うまい、うますぎる!!」という言葉をそっくりそのまんま使用していて
多分・・・・
埼玉県民の間だけは、この「うまい、うますきる・・」のキャッチフレーズは少しは知られているのかな・・とも
思ったりもします。
日曜午後にTBSラジオで展開されている「爆笑問題の日曜サンデー」という番組の中で
たまーにですけどパーソナリティーの太田光が
「このうまい、うますぎるというフレーズは、子供の頃は全国的な知名度があると思っていた。しかし、
都内の大学に進学し、周囲の人たちに、十万石まんじゅうとかうまい、うますぎる・・のフレーズの事を聞いても
誰も知らないという・・・
その時に初めて、テレビ埼玉はローカル局で、この十万石まんじゅうはローカル銘菓である事を知った」と
何度か述べていましたけど
まさに「その通り!!」という感じですね・・・

この「うまい、うますぎる」ネタは・・・「浦和の調ちゃん」第三話にも出てきて
あの時の私は・・・
まさに「よくぞこのネタを出してきてくれた!! さすが埼玉ローカルアニメ!!」とまさに感涙状態でした!!

あの時の高砂調の「うまい、うますぎる」のフレーズは本当にまさに・・・「パクリ」なんですけど
「よくぞ言ってくれた!!」という感じでしたね!!

と思っていたら・・・

後日・・「Go! プリンセスプリキュア」の中で、春野はるかの父親が
まさかまさかの・・
この「うまい、うますぎる」フレーズを言ってくれていましたので
これをリアルタイムで見ていた頃は・・・
「え・・・はるかの親父はまさかの埼玉県民・・・?? という事は・・・姫プリの主人公のはるかは実は埼玉出身なのか・・?」と
思ったのですけど
実は・・・
これは後日の回で、はるかの実家は「埼玉県川越市」である事はほぼ確定していまいましたので
あの時のはるかの親父の「うまい、うますぎる」のセリフは・・
まさに埼玉県民の血が騒いだ・・・という事で思わずポロっ・・・と出てきたものなんでしょうね・・・



あんそろじ


なーんて思っていたら・・・・

先日ですけど、このブログの大切な常連様の一人で当ブログのリンク先の一つでもある
「五月雨日記 仮の宿」のブログを管理運営されている風月時雨様より
とってもとっても素敵な情報を頂きました。

それは何かと言うと・・・・

かつまれい様をはじめとするかつま極楽堂というサークルが企画・発売された同人誌の一つの企画で
「PRECURE×GOURMET!! プリキュアご当地グルメアンソロジー」というものがあるとの事でした。
これは・・
「プリキュアに全国のおススメ地元メニューを食べてもらうというグルメアンソロジーです。
メジャーなものから珍しいものまで全45品を紹介しています。」というコンセプトの下、企画化され
大変面白い内容となっています。
これは、「とらのあなウェブサイト」で一冊700円+税で現在も発売中ですので
私も今度一冊買ってみたいと思います。

そしてその中で・・・・

埼玉県の「ご当地グルメ」として取り上げられているのがこの「十万石まんじゅう」でして・・・

しかも・・・!!

それをおいしそうに食べているのは・・・・

なんと・・!!

私がとにかく大好きで大好きでたまらないキュアラブリー=愛乃めぐみでして・・・!!

「うまい、うますぎる~!!」と言って瞳をうるうるとさせながら食べています!!

最初にあれを見た時は・・・

まさに・・・

「まさか!!」という感じでしたけど、
大好きなプリキュアが管理人が居住している地のご当地グルメをおいしそうに食べている姿を見る事は
本当に本当に・・・・
気持ちがいいものですし、
なんか心の底から嬉しくなってしまいました!!

本当に本当に・・・・五月雨日記の管理人の風月時雨様、素敵な情報をありがとうございました!!

心から感謝しています!!

この「愛乃めぐみが美味しそうに十万石まんじゅうを食べているイラスト」とか
風月時雨様がこのアンソロジー企画の本を購入された神戸で11/8に開催された「プリキュア祭り」の様子は
かなり詳細に
風月時雨様のブログの記事で取り上げられていますので
興味がある方は是非是非、風月時雨様の「五月雨日記 仮の宿」をご覧になって頂けると
大変嬉しいものがあります!!

この「五月雨日記 仮の宿」は当ブログのリンク先ですので
リンク先から飛んで頂ければ・・と思います。
風月時雨様が描かれるプリキュアも素敵ですけど、その他にも・・・
東方projectとかご自身が描かれる「創作もの」など、とにかくとにかく・・・!!
素敵な記事&イラストがてんこ盛りです!!
興味がある方は是非一度風月時雨様の「五月雨日記〈仮の宿〉をご訪問&閲覧してみて頂けると幸いです!!
「浦和の調ちゃん」関連記事も今回で52本目・・・

うーーん、個人の一ブログで「浦和の調ちゃん」ネタでこんなに記事書いた人いるのかな・・・(苦笑・・)
そうですね・・・
テレビ埼玉からは・・なんか粗品の一つでも・・・
そして・・・
「十万石まんじゅう」のふくさやからは・・・あの「うまい、うますぎる」のお饅頭を2~3個程度
頂いてもバチは当たらないのかも・・・??

それと改めてですけど・・・

この「浦和の調ちゃん」の呼び方は・・・「うらわのうさぎちゃん」です。
間違っても「うらわのしらべちゃんではありませんので・・・
「うさぎ」というタイトルから言うと、一般的には現在アニメで第二期が10/10より始まった
「ご注文はうさぎですか」が圧倒的な知名度を誇っていますけど
さいたま市・・・特に浦和区・・・特に特に・・調神社周辺の方にとっては・・・
多分・・・「浦和の調ちゃん」だと・・・・
私・・・信じている!!
(By フレッシュプリキュアの山吹祈里・・・)

ちなみに・・「調神社」はつきのみや神社と読みます。

地元の人には「うさぎ神社」として親しまれています。

さてさて、「浦和の調ちゃん」は、アニメ本編もその再放送も終了してしまいましたけど
ま・・確かに新幹線は浦和の駅には停まりませんけど
まだまだ「浦和の調ちゃん」旋風は続いていると・・・私・・信じている・・・
(ま・・ほんの一部でしょうけどね・・・苦笑・・・)
その一環なのかな・・・?
11/1(日)に開催される「浦和区民祭り」のこの「浦和の調ちゃん」のブースが出店されるようです!
ブースにて浦和の調ちゃんグッズを1,000円お買い上げの方に、
彩湖、桜、美園のいずれかのブロマイド(先着各100枚)をプレゼントという特典があり、
さらに・・・
アニ玉祭でも発売した埼玉O・MO・TE・NA・SHI物産観光券の
『浦和の調ちゃん』バージョンを2種類販売されるようでして、
デザインは物産観光券用に書き下ろしとの事です。
ちなみに・・2種類購入すると調ちゃんクリアファイルが貰えるそうです!!






さてさて、そんな中・・・
10/17~10/31の期間で、さいたま市と浦和の調ちゃんのコラボ企画と言うのか・・・
「さいたま市半日観光ルートスタンプラリーwith浦和の調ちゃん」というイベントが開催中です。
本日は10/25ですので、あと6日でこのイベントも終了してしまいます。

これは何かと言うと、五か所に設置されているスタンプ設置個所を廻り、
スタンプを集めると、
スタンプ三つで缶バッジを一つ、スタンプ五つで「描き下ろしイラスト絵馬」がプレゼントされるというものです。
そして・・このスタンプラリーをしながら、浦和の色々な観光スポットを楽しんで下さいという
企画です。



CIMG8956_convert_20151023203114.jpg



ま・・・こんだけ過去現在と「浦和の調ちゃん」の事をグタグタと書いている自分が
このスタンプラリーに参加しないのも、ま・・ちと、アレですので
先日のお休みの時に参加してきました。

あ・・・五か所というとすごーく簡単なように聞こえるかもしれませんけど
これ・・・実はすごーーく大変です。
なぜなら・・・・
スタンプ設置個所五か所の内四か所は浦和駅から何とか歩いて行けるような距離で
四か所廻って時間的には・・・一時間ぐらいかな・・
だけど・・その内の一つ、常盤6丁目の「ケルクショーズ」というケーキ屋さんは駅からはかなり遠いし
普通のケーキ屋さんだから・・・
スタンプのためだけに店内に入るのは・・・すこーし勇気がいるのかも・・・??

そして何よりも・・・

ラスト一つの設置個所がかなりやっかいでして・・・

どこにあるかというと、サッカー場の「埼玉スタジアム」が近くにある浦和美園駅構内なのですけど、
これ・・・
浦和駅からですと、ものすごーーく遠いのですよね・・・・
車だと40分くらいかな・・・
電車だと・・・
浦和駅から京浜東北線で南浦和駅に行き、そこで武蔵野線に乗り換え、東川口駅で降りて
埼玉高速鉄道に乗り換え・・・
そしてその終点が浦和美園駅です・・・

いやいや・・・これ、かなり遠いですよね・・・

ま、だけど・・・無事に五個揃える事が出来ました。
スタンプは、高砂調・上木崎常盤・別所子鹿・沼影彩湖・三室美園の5人でして、
残念ながら・・・大谷場南・道祖土緑・田島桜の3人は・・・・対象外でした・・・(泣・・・)




CIMG8957_convert_20151023203142.jpg


ema01_convert_20151023203411.jpg



今回はどうにかこうにか5個スタンプをコンプリートしたので
本当は是非是非「描き下ろしイラスト絵馬」が欲しかったのですけど
これは先着100名限定・・・
このラリーに参加したのが10/20でしたので、
「無理だろうな・・・」と思っていたら、やはり・・・先着100名は既に無くなっていました・・・・(泣・・)

ま、でも、これは仕方ないですよね・・・要は早い者勝ちだから・・・

だけど・・・

この高砂調のイラスト絵馬ですけど、最初に見た時少し驚きました・・・・

だって・・・

アニメ本編の調よりも全然美人さんに描かれていましたから・・・・(笑)

最初に見た時・・・
「うーーん、これはいくらなんでも調とは少し違うでしょ・・・少し美人に描きすぎかも・・」と思ったものてすけど
ま・・・美人さんならば全然OKですし
これはこれでとっても素敵な調ちゃんだと思います。
そうですね・・・あと5年後の高砂調という感じなのかも・・・??

やっぱり・・・巫女さんヴァージョンだから、なんか清楚に見えてしまいますね!!



CIMG8955_convert_20151023203044.jpg


残念ながら「絵馬」はプレゼント終了となっていましたけど
「缶バッジ」は無事にゲットできました。
箱の中に色々と缶バッジが入っていて、本来は選ぶことは出来ないはずなのかもしれませんけど
箱の中が丸見え状態な感じでして、自分の手で箱の中のバッジを掴むことが出来ますので
結果的に・・・好きなキャラを自由に選んでいい感じになっていました・・

今回は・・・やはり主人公という事で調ちゃんを選んでしまいました・・・

やっぱり私・・・プリキュアと同様、「ピンク系」が好きですよね・・(笑)



CIMG8958_convert_20151023203211.jpg


CIMG8959_convert_20151023203239.jpg


CIMG8960_convert_20151023203309.jpg



最後に・・・

上記のようなちらしも発見しました・・・

そっか・・・

実は、埼玉県は「日本一のアニメの聖地」を目指していたのですね・・・
地元民ですけど、すいません・・全然知りませんでした・・・(苦笑・・)
こうやってみると、9~10月だけでも随分とアニメ関係のイベントが展開されていたのですね・・・

その一つが
「鉄道でめぐる!埼玉聖地横断ラリー2015」というものでしたけど、
そっか・・
埼玉で一番有名なご当地アニメというと、そりゃ・・「らき☆すた」なのでしょうけど
他にも・・・・
「浦和の調ちゃん」以外にはね
川越の「神様はじめました」とか飯能の「ヤマノススメ」とか秩父の「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」とか
草加の「レーカン!」とか色々あるものですね・・・!!

ま・・・茨城県大洗の「ガールズ&バンツァー」みたいなあんな稀有な成功事例は期待出来ないかも
しれませんけど・・・
なんとか、そこそこは頑張って欲しいものです!!

ちなみに・・・・現在放映中の「Go! プリンセスプリキュア」のピンク系主人公の春野はるかの実家は
多分というか・・・
間違いなく「埼玉県川越市」だと思います!!
「浦和の調ちゃん」ですけど、
先日10/19に無事に(?)再放送も終了してしまいました。
というか・・・
なんか結構途中で中断とかがありましたので、12話構成なのに四か月近くも放映されていたのは
なんかご愛嬌でしたね・・






さてさて・・

この「浦和の調ちゃん」のBD&DVDですけど、既にこのブログで紹介させて頂いた通り
既に10/16に発売されています。
というか・・・
Amazonでは予約中の段階から1000円近く値引きされていましたけどね・・・
そうそう、最近Amazonでとある商品を購入したのですけど、あれって本当に代金の支払いが完了していけば
発注の翌日には手許に届くのですね・・・
少し驚きました・・・
ちなみに・・・テレビ埼玉のショップで購入した場合はテレ玉特典として「高砂調」のポストカードも付いてくるようですけど
もしも購入するならば
カードよりも1円でも安い方を優先してしまうのかな・・・(苦笑・・)

そうそう・・今回の「浦和の調ちゃん」のBD&DVDですけど、本編は全12話で終了してしまいましたけど
BD&DVDの特典映像として
何と・・・!!
未公開の第13話が収録されるとの事です!!

うーーん、なんかこの「幻の第13話」がとっても気になってしまいますね・・・(笑)

この埼玉県ローカルアニメですけど、いずれツタヤ等でレンタルされるのかな・・・??

ま、レンタル出来るならばそうしちゃうけど
レンタルの場合、よくある話なのですけどこうした特典映像が無い場合が多く、
何か迷ってしまいますね・・・
ちなみに・・・
「ガールズ&パンツァー」はこの特典映像がてんこ盛りなのですけど、レンタル盤の場合は、この特典映像は
ほぼカットされています・・・(泣・・・)

でもなんか・・・この第13話と言うのか

私、気になります・・・・


えるたそ



そうそう・・・・

この「私、気になります」というフレーズは、最近このブログでも
フレッシュプリキュアのブッキーの「私、信じている・・」の決め台詞同様
このブログでもたびたび登場していますけど

あれは・・・

「氷菓」というアニメの千反田えるが発する決め台詞です・・・・

このブログというとどうしても(管理人の趣味によって)「プリキュア」がメインになってしまいますけど
実は・・・
私は意外に思われるかもしれませんけど
そんなに「アニメ」自体は詳しくはないと思います。
そうですね・・プリキュア以外では、せいぜい・・・自分の言葉でじっくりと語れるアニメ作品というと・・・
「ガールズ&パンツァー」・「物語シリーズ」・「響け! ユーフォニアム」・「デート・ア・ライブ」・「浦和の調ちゃん」
「とらドラ」・「夏目友人帳」・「謎の少女X」・「変態王子と笑わない猫」く゜らいしか
ないかな・・・
あ・・アニメではないけど、ブログでの色々な人の交流のおかげもあり「東方project」は大分語れるように
なりつつあると思います。
東方は・・・本当に奥が深くて大変魅力的な世界なだけに、いずれこのブログでも
一つのカテゴリを作ってじっくり語ることができればいいな・・・と思っています。
そうですね・・
上記以外では・・・
「ARIA」とか先ほど少し話が出ました「氷菓」は、多分・・結構深く語ることが出来ると思えるくらい
大好きな作品の一つです。
あ・・・「プリパラ」や「ラブライブ」なら少しは語れるかも・・・??
「氷菓」は、2013年のアニメ化まで実は全然知らなかったのですけど
あのえるのつぷらな瞳・・そしてあのある意味最終兵器ともいえるあの決め台詞・・「私、気になります」の世界に
一気に惹き込まれたという感じがあります・・・

関係ないのですけど

昨日、仕事である顧客からクレーム相談が入り、お伺いしたところ・・・要は・・・営業担当の△△さんの
態度・言動が気に入らない・・・
どうしてもあの言動が許せない・・!!という事で
延々と話を聞く羽目になったのですけど
肝心の・・・具体的にどういう所が許せなかったのか・・・問題があったのか・・・という事に関しては
結局口は割らず・・・
私としても色々とカマをかけてみて誘導尋問してみたのですけど引っかからない・・
結局教えて貰えませんでした・・
うーーん、何か気になるのですよね・・・
帰り際についつい「私・・・気になります・・」なーんて言ってしまいましたけど
あれ、20~40代前後のアニメ好きの人なら
「おいおい、おまえはえるたそか・・」とツッコミが入りそうですけど、
相手が70代の高齢者では・・このネタはわかる訳ないですよね・・・(苦笑・・)
10/11(日)の姫プリは、みなみがメインの回でした。
みなみの「夢」は海藤家の巨大財閥としての仕事を継ぐというものだったはずですけど、
あの展開は・・・・
みなみには「もう一つの別の夢」が見つかったかもしれない・・・という事を示唆しているのかな・・・?
ま・・・この辺りは姫ブリの感想記事で後日語ってみたいと思います。

それよりも・・・・

10/4の姫プリは、カナタの記憶喪失とトワの新たなる哀しみというお話でしたが
この回でのさりげない一コマが・・・
なんだか・・私・・・気になります・・・
(by 「氷菓」の千反田える・・・)






姫プリの第35話では、記憶喪失になってしまったカナタ王子に
過去の記憶を取り戻す何か一つのきっかけが出来れば・・・という事でカナタとはるかが初めて出会った場所・・・
そう・・・その場所がまさしく埼玉県川越市なのですけど
その川越の風景をカナタに見て貰おうという事で
全員で川越に向かったというお話でしたが、結果としては・・・カナタは何一つ思い出すことは出来ませんでした・・・

そして・・

そのシーンのラストで
ゆいちゃんが放った何気ない一言が・・前述の「私・・気になります・・」という事なんです・・

あの時、ゆいちゃんは・・・
「うん、どら焼き買って帰ろう」と言うのですけど、
「せっかくはるかの和菓子屋さんの実家がある川越まで来たのだから、
お土産は・・・
はるかの家の看板商品であるどら焼きで決まりね・・」と思ったのかな・・・・??
そうですね・・
ここはアロマ風に表現すると・・・
「ちっ、ちっ、ちーー!!」という感じになるのかな・・・

私はゆいちゃんに言いたいです!!

「いやいや、ゆいちゃん、せっかく埼玉まで来たのだから、お土産は当然・・・埼玉銘菓の十万石まんじゅうでしょ・・!!」と・・・

ま・・確かに、埼玉の銘菓なんて全国的な知名度は皆無に近いのは百も承知なのですけど、
その中で・・・
ま・・・強いて挙げると「埼玉三大銘菓」というと・・・・
草加せんべい、五家宝、川越の芋菓子という事になるのかな・・・??
そして「川越」と言うと・・・・
くらづくり本舗という老舗の「福蔵」という最中の人気はかなり高いと思います。

だけど・・・

私としては、「埼玉のお土産」というと・・・・ま・・確かに「浦和の調ちゃん」の影響も多少はあるとは思うのですけど
やっぱり・・・
ふくさやの「十万石まんじゅう」
そして・・・・
十万石まんじゅうというと・・・とうしてもあの「うまい・・・うますぎる・・」のキャッチフレーズが
自然と出てきてしまうのですよね・・・・(苦笑・・)


埼玉でお饅頭と言うと・・・?という質問に「十万石まんじゅう」と答え、
「うまい・・」の後に続くフレーズはという質問に「うますぎる」と答えたあたなは・・・
そう・・!!
もう立派な埼玉県人だと思います・・・
ま・・・そういう私も立派かどうかは分かりませんけど埼玉県人ですけどね・・・(苦笑・・)


892d57bc_convert_20150424144903.jpg


umai_convert_20150424150420.jpg


「浦和の調ちゃん」の再放送も第11話まで来ていて
本来ならば、10/12の放送で最終回という予定だったと思うのですけど
またまたテレビ埼玉は・・唐突に特番を組んでしまい、「浦和の調ちゃん」の再放送での最終回は
次回以降に持ち越しとなってしまいました・・・

ま・・・最終回でも別に例の「うまい、うますぎる・・」のセリフも十万石まんじゅうも
出てきませんけどね・・・
結局この「浦和の調ちゃん」でこの「十万石まんじゅう」が登場したのは2回でしたね。

そうそう・・・

前述の姫プリのあのシーンですけど、
考えてみると・・・
あのシーンの舞台になっている川越には・・「ふくさや」の店舗はありませんでしたね・・・・

いやいや、ゆいちゃん・・・大変失礼をいたしました・・・(苦笑・・)

ま・・・出来れば・・・埼京線で大宮駅で途中下車して頂いて大宮そごうで十万石まんじゅうをお土産に
購入して頂ければ
私としては・・・泣くほど嬉しいという感じですね・・・(苦笑・・)

ま・・・ちなみにですけど、

川越市にも川口市にも・・・そして埼玉の県庁所在地がある「浦和駅」周辺にすら
ふくさやの店舗は無いのですけどね・・・



CIMG8943_convert_20151012171521.jpg


CIMG8944_convert_20151012171546.jpg


CIMG8947_convert_20151012171655.jpg


先日、久しぶりにふくさやの店舗に寄らさせて頂き
(私が行ったのは、東浦和店・・・)
うちの奥様から頼まれていた「毎月10日限定予約販売」のタルトを受け取りに行ってきました。
ふくさやというとどうしても「和菓子」というイメージが大変強いのですけど
こうした旬のフルーツを使ったタルトもとっても美味しいですよ!!

そして・・・

久しぶりでしたけど例の・・・「十万石まんじゅう」も買ってみました・・・

毎月10日の「十万石お菓子の日」限定で売り出されている「季節の花」が入った焼印入りまんじゅうですけど
10月は「菊」の焼印でした。
ちなみに・・・11月はシクラメンとの事です。

最後に・・・

もしもハピネスのゆうゆうだったら・・・

この「十万石まんじゅう」はさぞかしおいしそうに食べて頂けると・・・私・・・信じている・・・!!
(By フレッシュのブッキー・・・・)
テレビ埼玉で再放送中の埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」もついに第10話まで
到達しています・・
うーーん、後2回で終り・・・
なんか勿体ないですね・・・
これは是非是非第二期開始決定とか再々放送決定みたいなサプライズニュースも聞きたいものですね。







そう思っていたら、
この「浦和の調ちゃん」のDVD&ブルーレイの発売が決定し、既に予約受付も始まっています。
しかも・・・・
amazonでは、まだ発売日前だというのに既に定価の1100円引きで予約受付されているみたいです。
うーーん、これでは確かに・・・・エンドユーザーは、
実際の店舗等ではモノは買わないですよね・・・
だって・・・同じ商品で同じ特典が付けば・・・そりゃ安くて配送が早いamazonに流れてしまいますよね・・
年末辺りにamazonなんかで更にもう少し価格が下がっていれば・・・多分・・・DVDを購入しちゃうのかも・・??

そうそう・・・

「浦和の調ちゃん」は10月にイベント第二弾も開催されるみたいですね。

イベントのタイトルは・・・・

「浦和の調ちゃん さいたまツアーズVol.2
~浦和じゃなくて大宮だけど同じ市内だもん~」となっていますけど、
ま・・・これ他県の皆様のために解説をいたしますと、
「浦和の調ちゃん」は、「浦和」のローカルアニメなのですけど、
イベント会場はなぜか・・・浦和ではなくて「大宮」という所がミソなのだと思います。
ちなみに大宮でのイベント会場は大宮ソニックシティ―ホールです。
ま・・・元々「浦和市」と「大宮市」は全然別の市だったのですけど、平成の大合併&政令指定都市の指定を受けるために
大宮市・与野市・浦和市の三市を合併し、
誕生したのが「さいたま市」なのですけど、
ま・・・旧・浦和市民にとっては、「浦和と言う地名が無くなり面白くない・・なーんであんな大宮なんかと・・」と思う人もいて
逆に旧・大宮市民にとっては、「大宮という地名が無くなり面白くない・・なーんであんな浦和なんかと・・」と思う人も
いたりして、
ま・・・サッカーチームがさいたま市には2チーム存在するという事情もあるのかもしれないのですけど、
ま・・・一般的には・・・浦和VS大宮みたいな構図になりがちな所もあるのかもしれないのですが、
それをこうした「浦和の調ちゃん」みたいなローカルほのぼのアニメが
いくらか中和してあげよう・・みたいな意図があるのかどうかはよく分かりませんけど、
こうした「浦和」を舞台にしたローカルアニメのイベントを
「ま・・・なんだかんだ言って大宮と浦和は今は同じさいたま市なんだし・・・」という事で
大宮で開催してしまうあたりがこのゆるーーいアニメらしくて実に素晴らしいと思います!!

ま・・・多分・・・「浦和」にはこうしたイベントを開催できるホールがあんまりない・・・
せいぜい・・・「さいたま県民会館」くらいしかないという事情もあるのかも・・・・・(苦笑・・)
ま・・・埼玉在住の私が言うのも何ですけど、
初めて浦和の地に足を踏み入れた方は・・・
「え・・・浦和って一応埼玉県の県庁所在地でしょ・・・それなのになーんで新幹線は浦和の駅に停まらないし
浦和の街にはなんにもないの・・・・」と
多分・・・・感じるのかな・・・・??
ま・・・浦和には浦和の良いところはてんこ盛りで一杯あるのですけどね・・・!!

あ、そうそう・・上記のイベントには
出演声優さんも多数駆けつけるみたいで、調ちゃん役の瀬戸麻沙美さんも出演されるみたいですね。



蜊誉convert_20150920233337


蜊・2_convert_20150920233449



そうそう・・・・

最近は、この「浦和の調ちゃん」関連のグッズも更に色々と出ているようですね・・・

そうですね・・・

個人的には上記画像の大谷場南のラバーコースターと缶バッジがほしいなーーとも思っています。
ちなみに、上がラバーコースター、下が缶バッジです。
缶バッジはこのブログでも取り上げましたけど、私自身は上木崎常盤を一つ持っているのですけど
この缶バッジは・・・かなりデカいです・・・(笑)

だけど、この大谷場南も本当に魅力的なキャラでしたね。
高砂調と大して変わらないアホキャラと思っていたら、学業成績はかなり優秀という意外な(?)ギャップが
楽しかったですし、
同時に・・・・毎回毎回上木崎常盤に余計なツッコミを入れてしまい
毎回毎回お約束のように常盤からボコボコにされている所がなんともお茶目でした・・・(笑)




20150417130519_convert_20150920233712.jpg



初期の頃は、常盤からの鉄拳制裁で済んでいたのが
徐々にエスカレートしていき(?)
ゴミ箱に放り捨てられてと思ったら・・・なんと・・・・第10話においては、
ロッカールームに叩きこまられ、南のお尻に向けてPSPをぶん投げ、南のお尻にPSPが突き刺さっていたのは
とにかく爆笑してしまいました・・・

そうそう・・クイズ回においては、
「ケーキ」の事を聞かれているのに
「ねぎ味噌煎餅」と埼玉県民にしか分からない片岡食品のローカル銘菓を挙げていたのは
いかにも南らしいおバカ発言でしたね・・・・(苦笑・・・)
どうも最近は・・・「みなみ」というと・・
古い人は「タッチ」のみなみちゃんというかもしれませんが
私の場合は・・・姫プリの海藤みなみをついつい連想してしまいます。
だけど海藤みなみは極めて優秀キャラ・・・・この大谷場南とは・・・まさに月とすっぽんなのですけど、
とにかく・・
大谷場南の存在はあのショートアニメの中では光っていました!!


82e083fa_convert_20150920233625.jpg


ca0f9e4b-s.jpg


cf9c01f7_convert_20150920233901.jpg


さてさて第10話を再度振り返ってみると・・・


試験直前の鉄道部内の話でして、当然(?)お勉強が出来なくて、数学を常盤に色々と教わっている調ちゃん・・・

あ・・・でもこの「微分積分」とか「サインコサインタンジェント」って何か懐かしいですね・・・

今回の話で、調のちょっと足りない脳みそ(?)ではこうした数学の問題は難しすぎるようで、
見事に・・・・
完全に脳内キャパを超えて、「爆発炎上」しているのは・・・何ともお茶目でした・・・・(笑)

ま・・・・そんな中・・・

色々と上木崎常盤に教わりながら試験勉強を続ける調・・・・
そしてその傍らでは・・・・
ある意味余裕のよっちゃん状態の南が・・・・以前の回でも出てきた「大宮=盆栽VS浦和=うなぎ」のPSPゲームに
興じています・・・・そして気が散って仕方が無い状態の調に対して・・・・
そうした空気にお構いなしに能天気にゲームに興ずる南・・・・

そして・・・・

最後は・・・・・

あーあ・・・・今回もお約束通り、大谷場南は上木崎常盤から「鉄拳制裁」(??)を食らい、
今回は・・・
前回のゴミ箱どころではなくて、
ロッカーに叩きこまれていました・・・・
そしてトドメに・・・・
どこからかPSPが投げ込まれ・・・・最後は・・・・大谷場南のお尻に・・・このPSPが突き刺さってしまいました・・・(苦笑・・)
なんかこのシーン・・・見方によっては・・・・何か少しエロっぽい感じがするのかも・・・・??

今回は再放送という事もあり、リアルタイムでのあの「衝撃度」は少し緩和されていたような気もあるのですけど
それにしても・・・
あのシーンは何度見てもなんか・・くすっ・・となってしまいます・・・

なんかそうした「ゆるさ」もこのアニメの魅力でしたね・・・(笑)
テレビ埼玉で再放送中の埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」の再放送も
既に折り返し地点を通過し、現在は8話まで進んでいます・・・
うーーむ、くどいようですけど、いずれこのアニメも是非是非第二期・第三期と続編が作られると
嬉しいですね・・・

さてさて、「浦和の調ちゃん」第5話なのですけど、
これがリアルタイムで放送された5月の頃の感想は、なんか・・・埼玉県のソウルフードというのか・・
行田の「ゼリーフライ」の事ばかりグタグタ書いていましたので
第5話の再放送を見ていて、全然別の事をふと思ってしまいましたので、
改めてこの第5話についてすこーーしばかり書いてみたいと思います。






さてさて・・この第5話では、三室美園が初登場します。

結果論になってしまうのですけど、この三室美園はごの第5話と第11話の計2回しか登場しませんでした・・・
こうした独特な「不思議ちゃん」でしたので、
なんか・・・・もう少し見て見たかったな・・・もう少し他のキャラとの絡みも見て見たかったな・・という感じもして
少し勿体無い感じはありましたね。
そして・・これも結果論になってしまうのですけど、
この「浦和の調ちゃん」という5分間ローカルショートアニメは、勿論その尺の短さが原因なんでしょうけど
8人のメインキャラが一堂に揃う・・つまり8人が全員揃うという回は一度もありませんでした・・
うーーん、なんかこれも少し勿体無かったのかもしれませんよね。
ちなみにですけど、この第5話は、田島桜を除く鉄道部全員と三室美園と生徒会2名が登場していましたので
田島桜さえ・・・ちらっとでもいいから登場していれば
8人が唯一登場してきた回となっていましたね・・・

さてさて・・・・今回初登場の三室美園・・・

やはり予想通りの不思議ちゃんでしたね・・・・(笑・・・)

大体目の前にある職員室に行くのに、なぜ・・・なぜ・・・・道に迷ってしまうんだ・・・・
うーーん、すさまじすぎる方向音痴・・・(苦笑・・・)
というか・・・多分三室美園は、
浦和美園駅→東川口駅→武蔵浦和駅→北戸田駅とかなりの乗継をしないと浦和第三高校(浦和南高校がモデル・・)
まで辿りつけないはずなのに、
こんな極度な方向音痴でよく毎朝毎朝遅刻もしないで学校に登校できている方が
不思議なくらいですね・・・(苦笑・・)
遅刻と言うと・・・ま・・一応、このお方は設定の上では「風紀委員会の委員長」という設定になっていますけど、
うーーむ・・
浦和第三高校は、生徒会長が彩湖・・・風紀委員長が美園・・・
一体どんだけ・・・ゆるい学校なんでしょうね・・・(苦笑・・)
ま・・あのアホの大谷場南が、この学校では「成績優秀」という設定になっているくらいですから・・・
「浦和の調ちゃん」は・・・・本当に普通の人って・・・・・道祖土緑と田島桜くらいしかいないのかな・・・・(苦笑・・)
というか・・・・
美園は三年生という設定なのですね・・・・・ 道祖土緑と三室美園が同学年というのも・・
なんかある意味恐ろしい話なのかも・・・
それは・・・「Go! プリンセスプリキュア」において、はるはるとトワが実は同学年と同じくらいの
ぶったまげ設定なのかも・・・??



e1871433_convert_20150826204129.jpg


e78025bf_convert_20150826204102.jpg


改めてこの「三室美園」の名前の元ネタですけど・・・

「美園」という地名を聞くと
多分サッカーファンの方は
「ああ・・・、埼玉スタジアムがあるところね・・・・」と言うのでしようね。
浦和レッズの試合とか、サッカー日本代表の国際Aマッチなどでも頻繁に使用されていますね。
FIFAワールドカップ予選や親善試合において日本代表のホームゲーム開催実績を多く持ち、
首都圏では横浜国際総合競技場とともに日本代表の事実上のメインスタジアムとして用いられている競技場ですね。

だけど・・・・・

このスタジアムに来たことがある人ならば、多分ほとんどの方は感じると
思うのですけど、
とにかく「交通アクセス」は良くないですね・・・・(苦笑・・・)

名前は「埼玉スタジアム」ですけど、別に浦和駅や大宮駅から近い訳でもなく
浦和駅からバスを利用すると・・・・多分40分程度かかるのかな・・・
最寄駅は埼玉高速鉄道の「浦和美園駅」なのですけど、この駅からも
徒歩で15分程度はかかるかな・・・
というか・・・・
埼玉県の事を全然知らないで、サッカー観戦だけを楽しみに浦和に来られた方は・・・もしかして・・
「埼玉スタジアムって、一応さいたま市内にあるんでしょ・・じゃ・・浦和でしょ・・
浦和から歩いて何分くらいなの・・」と誤解をされちゃう人もいるかもしれませんが、
実際は・・・
とにかく・・浦和駅からも大宮駅からも・・・はてしなく遠いです・・・(苦笑・・)

そして・・・・この「埼玉高速鉄道」ですけど、
とにかく料金が高い!!
開業時から初乗り運賃は210円で、これは日本の地下鉄として京都市営地下鉄と並ぶ最高額であり、
全体的にも日本の普通鉄道としては高額の部類に入ると言われています。
この鉄道は、都内の地下鉄南北線と乗り入れの形をとっていて、
都内からこの鉄道を利用すると
南北線利用の間は料金が普通に設定されているのに、
赤羽岩淵からの「埼玉高速鉄道」に入った瞬間から料金が大幅に上がるというイメージが
ありますね・・・・
確か赤羽岩淵から終点のこの「浦和美園」まで7駅だけど運賃は470円くらいだったかな・・・・

この高さは・・・・何か千葉県の「北総線」を彷彿とさせますね・・・・

それにしても・・・改めてですけど・・・この「三室美園」に関しては・・

色々な所に突然出没するというあたりは・・・・
何か極めて古いアニメですけどうる星やつらの「錯乱坊」を何やら彷彿とさせますね・・・
そして・・・・
突然出没しても必ず迷子なる特技があるというのも
何だかとても楽しそうな雰囲気はある子ですね・・・・ ま・・ちと「ヘンな子」であるのは間違いないですけどね・・・

余談ですけど、

「カーナビ」を使用していても道に迷う時はありますからね・・・

例えば、埼玉県飯能市の笠縫とか川寺とか岩沢とかあの辺りは・・・
再開発が進み、区画整理地とか仮換地が大変多いせいか、ナビに当該住所を入力しても
ナビが新しく生まれ変わった道路とか宅地に反応しないことが多々あり、
結果的に・・・
なんか画面が唐突に「砂漠」みたいな表示となり、
その砂漠を彷徨って迷い歩くみたいな事も結構あり、
なんか・・三室美園状態になってしまう事も・・・多々ありますからね・・・(苦笑・・)

埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」は・・・一応・・・今年の6月に最終回を迎えたのですけど、
まだまだ「快進撃」は止まらない・・・という感じも少しはあるかな・・・??
あるといいんですけど・・・(笑・・)
ま・・・確かに、埼玉県の県庁所在地なのに「浦和の駅」には新幹線は停まらないのですけど
「浦和の調ちゃん」の快進撃はまだまだ続いているとも少しは思っています。
だって・・・・再放送は、絶賛(??)放映中ですし、
このアニメの「聖地」とも言える「調神社」の目の前のコンビニ「ミニストップ」とのコラボはまだまだ続いているし・・
そして何よりも驚いたのは・・・!!
何と・・・!!
この「浦和の調ちゃん」というローカルアニメは、ついに・・・埼玉県を飛び越えて
中野に続いて「アニメの聖地」を目指して頑張っている阿佐ヶ谷にある「アニメコラボカフェ」との
コラボも実は開始されていました・・・!!
これは・・・正直・・・全然知らなかったです!!
というか・・・いつの間に埼玉を超越して都内の「阿佐ヶ谷侵略」に打って出ていたのですね・・・


20150626-u019_convert_20150901200326.jpg






実は先日・・・仕事で南浦和方面に行く用があり、その帰り道、久しぶりに「浦和の調ちゃん」の聖地とも言える
「調神社」に寄らせて頂き、お詣りをさせて頂きました。
いやー、久しぶりにこうした神社に来ると、何か心が洗われた様な気持ちになれます。
あの独特の「凛とした張りつめた雰囲気」が実に素晴らしいですね!!

「浦和の調ちゃん」最終回にて、ラストは・・・調が一人調神社の境内のベンチで佇んでいましたけど、
多分調が座っていたベンチと言うのは・・・
この画像のベンチあたりだと思います。
いやー、やっぱりこうしたご当地アニメというのは、
「あ、この景色見た事ある!!」というのが実感できるからいいですね!!


CIMG8778_convert_20150901200412.jpg



CIMG8779_convert_20150901200438.jpg


CIMG8785_convert_20150901200636.jpg


CIMG8784_convert_20150901200611.jpg


CIMG8782_convert_20150901200541.jpg


さて・・・ここで改めてこの「調神社」について少しばかり復習を・・・

「調神社」は、つきじんじゃと呼びます。
間違っても「しらべじんじゃ」とは発音しません・・
だけど地元の人間は、「つきのみやじんじゃ」と呼ぶことが多いです。
なぜか知りませんけど、七五三の時期は、大変親子連れで混雑する神社です。

ここの神社の最大の特徴は二つありまして、
一つはこの神社には、鳥居や門が存在しないのです。
これは全国的にも大変珍しい事なのかもしれません。
二つ目は、神社と言うと、狛犬とかきつねが定番ですけど、
この調神社には、「うさぎ」が祀られています。
だから人によっては、この神社はうさぎ神社と呼ばれることもあるそうです。

お清めの手洗い場にも、こうやってうさぎが祀られていますし、
境内入り口にも祀られています。
神社にうさぎとは少し意外な組み合わせ化もしれませんが、
何ともユニークなものも感じます。
ま、もっとも「古事記」には「因幡の白兎」の伝説もありますので、
意外と神様とうさぎは何か近い関係があるのかもしれませんよね。

そうそう・・・・、これは極めてローカルネタかもしれませんけど、
この「調神社」(つきのみや神社)には、古くから伝わる「七不思議」があるそうです。

1. 鳥居がない(境内へ伊勢神宮への貢物を運び入れる時に邪魔になり鳥居を建てない事にしたそうです・・・)
2. 松の木がない
 (一説に弟神須佐之男命(すさのおのみこと)が大宮へ出かけ、なかなか戻って来ないので姉神の月読命(つくよみのみこと)が「もうまつのはいやじゃ」といったのがその理由なそうです・・・)
3. 御手洗の池の魚は片目・・・・
4. 狛犬のかわりにウサギ像が置かれている(「調→つき」を「月」と考え、ウサギを神の使姫とする習慣が背景との事)
5. 日蓮上人駒つなぎのケヤキ
 (日蓮が佐渡へ流される途中、難産の婦人のためこのケヤキに馬を繋ぎ、祈ったところ男子を無事出産したので、安産  の守護神として今日に至るまで信仰されている・・・)
6. ハエがいない。(調神社の祭神が嫌うため・・・・??→ホントかいな・・・??)
7. 蚊がいない。(上記と同じ理由)

ま、色々と興味深いですね・・・・



CIMG8786_convert_20150901200704.jpg


さてさて・・以前の記事でこの「調神社」の目の前にあるミニストップとこのアニメ「浦和の調ちゃん」の
コラボが展開されていて、
店内には、調ちゃん関係のpopとかタペストリーとかポスターがてんこ盛りでとっても楽しいし、
アニメグッズが販売されていると書いたことがあります。
あの頃は、本編の最終回間近という事で、欲しかった「上木崎常盤」とか「高砂調」・「道祖土緑」の
キーホルダーが完売状態でしたけど
今回は・・・ちゃんと売られていました。
ちなみに今回は・・・上記画像の上木崎常盤の缶バッジを一つ購入させて頂きました・・・


CIMG8797_convert_20150901200832.jpg


繧ウ繝ゥ繝彑convert_20150901203045


でもそれよりも・・・

前述の通り、この「浦和の調ちゃん」が埼玉を飛び越え、阿佐ヶ谷にまで侵略(??)していたのは
驚きでした!!
すごい!!
やる時はやってくれますね!!

こういう「コラボカフェ」というのも何か楽しそうですね!!

そして・・・

アニメ本編でも登場していた別所子鹿の「さいたまニンジャラーメン」なるものも・・・
カフェのメニューに登場するみたいですね・・

最後に・・・このアニメのDVD化も決まったようですね!!
現在予約受付中との事です!!
今年に入ってこのブログでも何度かJR東日本の「京浜東北線」の遅延振りについて愚痴っています。
最近「京浜東北線」といえば、
結構全国的なニュースにもなっていましたけど、桜木町近辺での架線断絶により電車内に2時間程度閉じ込め&
運行休止で
首都圏を直撃するかなりの影響を及ぼしていましたよね。
思えば・・・・
あの日は、幸いにして私自身はお休みでしたので、影響はなかったのですけど
当日出勤していた方の「帰りの足」には相当影響が出たようですね・・・

と思っていたら・・・・

昨日8/9において、またまた「京浜東北線」が沿線火災により運行休止になってしまい、
やっと日曜日の仕事が終わって「やれやれ・・・」と思っていたら
駅に立ち寄ったところ、京浜東北線は止まっていて・・・・
「えーーー、また京浜東北線停まっているのかよ・・・」と思い
「仕方ない・・・一旦会社に戻り、自転車かスクーターを借りて家に帰ろう」と思っていたら
東十条までは折り返し運転をするとのアナウンスが流れ、やっと帰宅する事が出来ました・・・

全く・・・・

8/9は事前の天気予報では「従来の猛暑は去り、本日は比較的過ごしやすいかも・・・」とか何とか言っていたのに
蓋を開けてみると・・・
8/9は確かに35℃までは達しなかったものの相変わらずのうだるような暑さ・・・
そんなクソ暑い中、仕事に精を出し、やっと帰宅・・と思った途端にこうですから・・・
ま・・人生こんなもんなのかもしれませんよね・・・







現在、テレビ埼玉で再放送中の「浦和の調ちゃん」ですけど、
このショートアニメの中でも結構何度か
調が鼻歌交じりに
「浦和のー街にはー、新幹線は停まらなーい」とEDの歌を歌っていましたけど、
そうですね・・・
別に新幹線は浦和の街には停まらなくてもいいけど、
せめて・・・
在来線の京浜東北線とか高崎線とか埼京線は、
毎日正確に動いて欲しいですね・・・・
というか・・・・
ほーんと、最近の「京浜東北線」は遅延とか運行休止があまりにも多過ぎる!!
「京浜東北線」は、首都圏を縦断し、埼玉~神奈川県民の生活にも直結しているのですから、
せめて・・・時間通りに動いて欲しいし、
それが無理ならば・・・・
せめて・・・・
遅延とか運休は月に一回程度にして欲しいですね・・・
どーも、最近の京浜東北線は、何か感覚としては・・・・
週に2~3回程度は遅延または運休している気がするのですよね・・・・しかも・・・大抵は帰宅時の時間帯に
それが多いから困りもの・・・・


8eb90950_convert_20150809204337.jpg



さてさて・・・・

話は変わるのですけど、こういう何か起きた場合とか昼間の仕事等でどーーーっと疲れた場合・・・・
特に夏場は何に癒されるかと言うと・・・
駅を降りて自宅に戻るまでの間で寄り道して買い食いする「アイスクリーム」なんですよね・・・・

なんで、こういう時のアイスクリームってとてつもなく美味しく感じるのでしょうね・・・?

少し不思議です・・・・

家の冷凍庫に保管してある箱入りのアイスを食べても、「別に・・・」とついつい感じてしまうのですけど
仕事から戻る途中で
まだまだ暑い外の中で食べるアイスだからこそ特別に美味しく感じるのかもしれませんよね。
まして・・・昨日のように電車遅延で駅で相当待たされた場合とか気分的に少しイラッとしている場合何か・・・
アイスを食べるだけで
何か無性に・・「ホッ・・・」とするものはありますよね・・・



縺ソ繧九¥_convert_20150809204701


こういう買い食いアイスというか、外で食べるアイスは・・・・

私は・・・

「ガリガリくん」が一番さっはりしますね・・・!!

だけどこれは硬いせいもあり急に食べると「頭が痛い・・」なーんていう事も多々あるのですけど
最近は・・・・
森永の「ジャンボモナカ」が特にお気に入りです・・・
だって・・・あれ、美味しいのですので・・・・(笑)
チョコ入りが定番だと思いますし、あの真ん中に挟まっているチョコの食感が大好きなのですけど
最近は・・・・
「バニラモナカ」→コクうまミルク味も
結構濃厚な味なのですけど、味自体はとてもさっぱりとしていて、これも最近ではお気に入りです。
ま・・・これは中にチョコが入っていないのが少し勿体無いですけどね・・・
先日ですけど、テレビ埼玉で再放送がされている「浦和の調ちゃん」の第3話を見ていたら・・・
そう・・・
この第3話が、あの伝説の(?)調による十万石まんじゅうの「うまい、うますぎる」のパロディーが
展開されていた回でした・・・!!
(勿論、分かってはいましたけどね・・・苦笑・・)






ホント、この「うまい、うますぎる・・」のフレーズは、このブログでも何度も何度も使用させてい頂いておりますので、
さすがに・・・
「もう・・・Eーーー加減にせい!!」とお叱りを受けそうなので、
ま・・今回は特にコメントはしません・・・(苦笑・・)

ま、だけど・・・確かにあのシーンは・・・・改めて再放送で見ていても
何か思わずクスッ・・・・となってしまいますね・・・
というか・・・このシーンを見てクスッ・・・となってしまうのは立派な埼玉県民・・・
特に反応しない方は・・・・
埼玉県民以外か、十万石まんじゅうのCMを見た事が無い埼玉県民なのでしょうね・・・
ま、恐らくですけど・・・
埼玉県民でも、あのCMを「過去においてみた事がある・・・」という人は、全体の30%いるのかな・・という感じの
レヴェルなのかもしれません・・・
だって・・・
あの「うまい、うますぎる・・」のCMが流れているのはテレビ埼玉だけですから・・・・
ま・・・普通の埼玉県民は・・・多分・・・高校野球や西武の試合とかレッズの試合以外は、テレビ埼玉(通称、テレ玉)なんて
見ないのかも・・・・(苦笑・・)
一時期、テレ玉の深夜アニメはすごく充実していた時期がありましたけど、
最近は・・・さっぱりですからね・・・(苦笑・・)

さてさて・・・

十万石ふくさは・・・当然のことながら、「うまい、うますぎる・・」お菓子は
まんじゅうだけではありません!!
他にも色々と美味しいお菓子は一杯いっぱいあります!!
ま・・・それを知ったのは、私自身もつい最近というか、この「浦和の調ちゃん」の放映以降ですけどね・・・



CIMG8502_convert_20150728180401.jpg


個人的に一番「あ・・・おいしいな・・」と気にいっているのが
「彩の国 オランジェ」です。
このお菓子、とってもさっぱりしていて夏でもすごくすっきりと食べられると思います。
甘夏柑のピールを混ぜ込んだ、爽やかな食べ口のオレンジプチケーキです。



CIMG8503_convert_20150728180430.jpg


蜜漬けの渋皮栗を栗ペースト生地で包みこんだ「焼きモンブラン」


これは・・

和菓子ではなくて完全に洋菓子の領域です。

でも、これもとっても美味しいです!!

栗そのものの固さとペーストの柔らかさの対照さがとても口の中で心地よいと思います。



CIMG8504_convert_20150728180500.jpg


こちらは・・・先程の「焼きモンブラン」とは対照的に
「栗」を色々とアレンジしないで
「栗」をそのまんまド直球で放り投げたお菓子だと思います。
大粒栗を丸ごと1個をのせた贅沢な焼まんじゅうですけど、
これは、うちの奥様の大好物の一つです。


CIMG8505_convert_20150728180526.jpg


この「幸たま」と「茶の香」は、
どちらかというと・・・仙台のあの有名なお菓子「萩の月」をイメージしたようなお菓子なのかも
しれません。
「幸たま」はカスタードクリームで包み、
「茶の香」は、丹波大納言つぶしあんを抹茶蒸しカステラで包んだものです。

仙台育ちの自分としては・・・やはり「茶の香」の方に惹かれます。

ま・・「幸たま」は・・味も見かけも「萩の月」そのまんまやないか・・・・と
スマイルプリキュアのあかねちゃんのようにツッコミを入れたくもなります・・・・(苦笑・・)


CIMG8507_convert_20150728180554.jpg



そして・・今回購入したお菓子の最後は・・・

うぶ花とまろんかです。

どちらも美味しいけど、個人的には・・・チーズ風味というか、
栗の餡をチーズ入りの生地で包みホイル焼きした「まろんか」の方が大好きです。
「うぶ花」は、そうですね・・・
イメージで言うと、不二家の「ミルキー」みたいなママの味という感じかな・・・・


CIMG8508_convert_20150728180620.jpg



勿論・・・十万石ふくさやには上記以外にも
もっともっと美味しいお菓子が一杯あります!!

ま・・・・確かに全国的知名度は低いのかもしれませんけど、
「十万石まんじゅう」は埼玉県民の数少ない(?)ソウルフードなのかもしれませんし、
他にもいっぱい一杯美味しいお菓子はあります。
埼玉県にお越しの際は・・・是非是非「十万石まんじゅう」を覗いて頂ければ幸いと言うものです・・・!!

ま・・・浦和の街には、この十万石まんじゅうのふくさやの店舗はありませんけどね・・・(苦笑・・・)

余談ですけど、最近さいたま市見沼区を仕事で通りかかったら、確か・・・大和田駅周辺にも
ここのお店がありましたね・・・・
なんか・・ちと分かりにくい位置だったかも・・・??
うーーむ、浦和とか川口みたいな大きい駅前にもいずれ出店してくれないかな・・・??


追記


五航戦のタカ 様


先日は・・浦和のおばさまの件は・・・少し惜しかったですね(笑)

ま・・・

県庁所在地なのに、浦和の街には新幹線は停まりませんけど
同時に・・・・
浦和の街自体には・・・
「うまい、うますぎる・・」の十万石まんじゅうの店舗すらないのですよね・・・・
その浦和のおば様のお気持ちも地元民としては、よーーく分かりますね・・・

そんな訳で、十万石まんじゅうは是非是非次回以降のお楽しみにとっておかれるといいですね!!

それに、片岡食品のねぎ味煎餅もなかなかの味ですからね。
世間では・・・・7/18~7/20は「三連休」となっていますが、
毎回毎回書いている事ですけど、世間が土日を挟んで三連休の間は、私は毎回毎回仕事で出勤・・・
7/18も普段はあまり混んでいない道路も行楽関係の車が多いせいでどこも渋滞ばかり・・・
とあるクレーム対応のため、指定された時間に間に合うかどうかギリギリのタイミング・・・
だけど遅れずに間に合ったとしても、クレームでギャーギャー怒られるだけ・・・・
うーーん、遅刻しても地獄、間にあっても地獄・・・
ま、世の中そんなものですね・・・(苦笑・・)


そうですね・・・・
この埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の「うまい、うますぎる・・・」のネタは・・・
本当にこの「浦和の調ちゃん」ネタとしてこのブログでも
しつこいほど多用していましたね・・・・(苦笑・・)

ま・・・それだけ、埼玉県には、「これぞ埼玉!!」という全国的知名度がある名産品が少ないという事で・・・
ま・・・、その大目に見て頂けるとありがたいです・・・

例えば・・・

秋田県ならば、はたはた・きりたんぽ鍋

宮城県ならば、萩の月・牛タン・ずんだ餅・ほや貝

静岡県ならば、お茶・みかん・うなぎパイ

愛知県ならば、ういろう・ひつまぶし・味噌カツ

広島県ならば、広島風お好み焼き・もみじ饅頭・牡蠣

などのように、この県ならばこの特産品・名物というようなものが一つぐらいは思い浮かぶのだと
思うのですけど、
埼玉は・・・うーーん、何も無い・・・(苦笑・・・)
ま、せいぜい・・・狭山茶と草加煎餅くらいなのかな・・・
だけど、お茶は静岡には足元にも及ばないし、煎餅は・・・うーーん、正直どこにいってもあるし・・・
やっぱり埼玉県は・・・
日本の首都・東京の隣の県=東京都のベッドタウンとしての魅力が一番大きいのかな・・

そんな中・・・数少ない「これぞ埼玉!!」というのが「十万石まんじゅう」なのかな・・・・??

だって・・・この「浦和の調ちゃん」でも真っ先に埼玉ローカルネタとして登場したのが、これでしたけど、
正直・・・・
他には・・・・
なーーんにも無い・・・というのが埼玉県ですからね・・・・

ま、その「なーーんにも無い」とか「無国籍・無県民性」というのが埼玉県の一つのステイタスなのかも・・・・






この「うまい、うますぎる・・」ネタは第三話で使用されていましたけど、

実は・・・

このブログでも既に書いている通り「浦和の調ちゃん」は、既に再放送もスタートしています。
先日、その再放送の第一話を何気なく見ていたのですけど、
本編とEDの歌が終わって、CMに入ったのですけど、
そのCMが・・・・
例の・・・
尺八がホワーーーーッと入ってきて「風が語りかけます・・」と例の十万石まんじゅうのナレーションが入ってきたので
「あれれ、第一話の再放送から既に十万石まんじゅうがCMとして流れてくるのか・・・」と苦笑していたら
なんとこれが・・・・
十万石まんじゅうのCMではなくて、
「早い、早すぎる・・・・テレビ埼玉の高校野球速報・・・」というナレーションが流れてきて、
何か・・・・
思いっきり全身から力が抜けてしまいました・・・・(苦笑・・・・)

うーーん、テレビ埼玉(テレ玉)もなかなかやるものですね・・・・(苦笑・・・)

まさか・・まさか・・・、埼玉県民ならば多分・・・・30%程度の認知度はあると
思われるあの十万石まんじゅうのパロディーをやってくれるとは・・・
いやいや、テレ玉も中々お茶目な所もあるんだな・・・と何か妙に改めて感心したものです・・・・


20150410-u001_convert_20150714171723.jpg


d70dd65a_convert_20150714172140.jpg



ま・・・・この「浦和の調ちゃん」第一話は、
調ちゃん(うさぎちゃん)の調神社(つきのみや神社=通称・うさぎ神社)への参拝シーンと
登校シーンだけで終わるというもので、
内容は・・・・まさに何も無い・・・
だけどこの「何も無い」・「何も起きない」という「ゆるさ」こそがこのショートアニメの良いところでもありましたし、
本当に、ほのぼのとした感じとか
「日常の小さな幸せを大切にしましょう」みたいな制作者サイドのメッセージも伝わってきて
改めて・・・・
「ああ、素敵な作品だな・・・」と思ったりもしましたけどね・・・・

うーーん、改めて第一話を見てしまうと、常盤・南・緑もいいけど、高砂調は、本当に可愛くて
素敵な魅力に溢れていましたね!!

そんな調ちゃんも何も無い埼玉も・・・私は大好きなんでしょうね・・・・(笑)
まず本編の前に・・・・

改めてですけど、この15日間に渡るブログの仮閉鎖状態で多くの皆様にご心配をお掛けたした事を
改めてお詫び申し上げます。
そして同時に、先日の「ブログ再開」記事で、あんなにも数多くの方よりコメントを頂けた事に
深く深く感謝を申し上げたいと思います。
本当に・・・

「ありがとうございました!!」

まさか・・・・あんなにも多くの方からこうした温かいお言葉を頂けるとは全くの想像外でしたし驚きでした。
本当に・・・本当に嬉しかったですし、
再開してよかったな・・と実感したものです。
相手への配慮の気持ちも忘れずに同時に「自分が伝えたい事」も的確に記すという
難しいテーマを発見したような気もしますけど、
とにかく・・・
こんなしょーもない管理人&ブログですけど、
改めて今後とも宜しくお願いします!!

頂戴したコメントは・・・・順次ご返事をさせて頂いておりますが、
まだ半分程度しかお礼のご返事が出来ておらず誠に心苦しく思っています。
私は土日が出勤で、今週は月火が休みのシフトになっていますので、
必ず早めにご返事をいたしますので、何卒・・・しばしお待ち頂けると幸いであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あーあ・・・、4月から毎週楽しみに見ていた埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」も
6/25の放送で最終回・・・
元々5分間の深夜ショートアニメという事もありましたけど、何か12回で終らせるには
何か勿体無い感じもありますね。
せっかく・・・・47都道府県の中で、もっとも「県民愛・帰属意識」が希薄とされる「埼玉県」のご当地アニメが
誕生したのですから、
せめて一年・・・いや半年ぐらいは続けて欲しかったですね・・・
出来れば・・・・今後続編を大いに期待しています。
第二期もいつの日にか制作してくれると・・・私・・・信じている・・・
(by フレッシュプリキュアの祈里・・・・)

ま・・・ですけど、この三か月間とっても楽しく拝見させて頂きましたし、
ま・・・私自身は、さいたま市浦和区民ではなくて川口市民なのですけど、
職場がさいたま市浦和区ですし、自宅だって・・・・限りなく・・・・さいたま市南区に近いですから
やっぱりなんだかんだ言ってこの「浦和の調ちゃん」はとっても愛着と親しみやすさがありましたね・・・・

今回の8人の主要キャラの内、職場に一番近い地名に由来する「上木崎常盤」の関連ネタについて
ごく簡単に書かせて頂きたいと思います。


005_convert_20150625170430.jpg


上記交差点の地名表記が「上木崎」となっています。
ま、ここは、旧中山道沿いで与野駅とさいたま新都心駅の丁度中間地点のローソン前あたりに位置しています。
考えてみると、「上木崎」って結構広いのですよね・・・
1丁目から8丁目までありますし、
浦和西高校近辺も上木崎ですし、与野駅の西口のラフレさいたま辺りも実は・・・上木崎なのですよね。
全くのローカル話になってしまいますけど、上木崎8丁目を過ぎると、唐突に見沼区上山口新田に
入ってしまう印象があるのですけど、上木崎と見沼区がかなり接近しているというのも、何か意外な感じが
あります。





002_convert_20150625170318.jpg


003_convert_20150625170342.jpg


004_convert_20150625170406.jpg


浦和区上木崎には、「足立神社」という住宅街のまさにど真ん中に建立されている足立神社という神社が
建立されています。
ここの神社は、産業道路からも結構近く、
「あれれ・・・、なんでこんな所に神社があるのかな・・・?」と思わず思ってしまう程
住宅街の中に突然神社とかその参道が唐突に出現するという印象すらあります。
だけど、そうした住宅街の中に比較的長めの参道とか樹木を見ると、何か気持ち的には癒されるものが
ありますし、
やはりこうした神社の独特の「荘厳な雰囲気」には、心を洗われるものがあったりもします。
「浦和の調ちゃん」では、主人公の高砂調は、毎日浦和区岸町にある「調神社」へのお詣りを欠かさない感心な
女子高生ですけど、
上木崎常盤は・・・・たまには足立神社等に参拝とかには来ないのかな・・・??
ま・・・・常盤の実家の北浦和とここの足立神社がある上木崎では、結構な距離があるから、多分・・・
それはないのでしょう・・・

ここの神社の境内社は五社あり、小さいですけど、それぞれ向拝には竜、木鼻に獅子
前柱にも昇り竜と下がり竜が設えられ、ユーモラスな表情が中々可愛いと思います。
参道脇は子供の遊園地となり、荘厳な中にも明るさが感じられたりもします。
境内社に風天社というのがあり、仏教の「風天」に由来していると思われますけど、
仏教と神社が融合しているという意味では中々ユニークなものがありそうですね。

ここの神社は、普通の狛犬でした。
以前このプログでも取り上げた南浦和の大谷場氷川神社の「狛雉」とか
岸町の調神社の「狛うさぎ」というのは・・・・
さすがに・・・・珍しい方なのかもしれませんよね。



008_convert_20150625170517.jpg


以前このブログで「調神社」のすぐ目の前のミニストップで、「浦和の調ちゃん」とのコラボについて
書かせて頂きましたけど、
ああしたコラボとかグッズ販売は是非当分は続けて頂きたいですね!!
7月初旬にこのミニストップに立ち寄った際は、既に・・・・アクリルキーホルダーは、
沼影彩湖・三室美園・田島桜以外の5人は・・・・完売状態でした・・・・

本当は・・・・上木崎常盤とか大谷場南のキーホルダーが欲しかったけど、代わりに・・・
調と常盤の「ステッカーシール」を一枚購入させて頂きました。
やっぱり・・・・この二人は「浦和の調ちゃん」の「華」みたいな位置づけですね。



007_convert_20150625170452.jpg


このミニストップのレジ前は・・・・
なんと・・・!!
「上木崎常盤」のタペストリーが展示されていました。
常盤にああやって「ソフトクリームもお楽しみください」とあの笑顔で語りかけられてしまうと・・・
なんかついつい・・・・
ソフトクリームの一つや二つ買ってしまいそうですね・・・・
常盤のああいう笑顔を見てしまうと、大谷場南に対して発動するあの凶暴キャラとしての常盤とのギャップが
やはりとっても楽しかったですね。

ちなみに・・・・

「浦和の調ちゃん」は終了してしまいましたけど、
テレビ埼玉で、7/13から毎週月曜のPM20:55~に再放送が早くも決定しております。


892d57bc_convert_20150424144903.jpg


最後に・・・・

このブログの常連様の五航戦のタカ様・・・・

今回の当ブログの閉鎖中に、五航戦のタカ様の記事内で

この「十万石まんじゅう」→「うまい・・・うますぎる・・!!」に触れて頂き、本当にありがとうございました!!

この場を借りて御礼申し上げたいと思います。

その浦和の叔母様のお土産、楽しみですよね!!
そして・・・
是非是非あの決め台詞を口ずさんで頂ければ、埼玉県民としては大変嬉しい事であります!!(笑)
自分のブログが、ま、その・・・15日に渡る更新停止状態の時の間も、当然ながら
世の中は動いている訳でありまして、
この間に「響け! ユーフォニアム」が最終回を迎えたり、
「Go! プリンセスプリキュア」においては、毎年恒例の中盤の一つのクライマックス回(今回はキュアスカーレットの誕生)
を迎えていたりとか
はたまた・・・3月からずーーっと結構何度もネタにさせて頂いた「浦和の調ちゃん」が最終回を迎えていたりと
アニメの方でもそれなりに動きはありました。
そうですね・・・
今後このブログは、月間30~35程度の記事を書く事を当面の「再スタート」の第一歩とさせて頂きたいので、
「響け・・・」とか「Go! プリンセスプリキュア」に関しては、後日改めてこの更新停止中の回の感想等も
記してみたいと思います。

そんな訳で、今回は、まずは「浦和の調ちゃん」の第12話/最終回について
少々書いてみたいと思います。





あれれ・・・・最終回なのですけど、沼影彩湖・別所子鹿・三室美園の3人は登場しませんでしたね。
あの3人は、第11話で登場したのが最終的に最後の登場となってしまいましたね。
出来れば一度でいいから、8人全員勢揃いというシーンも見てみたかったですね。
特に・・・・上木崎常盤と沼影彩湖の因縁の対決とかバトルシーンなんかも・・・もう少し見たかったような気も・・・

でも・・・本当にこの埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」ですけど、
全12話の全てが、特に何もドラマとか事件とかはほぼ起こらなかったですし、そのほのぼのとした「ゆるさ」が
実に素晴らしかったですね!!
深夜の5分間というショートアニメなのですけど、この「ゆるさ」が、土日出勤の私にとっては、丁度週の真ん中で
色々何かとお疲れモードの中では、本当に癒される瞬間でしたね。
本当に・・・・三ヵ月間というわずかな期間でしたけど、この「浦和の調ちゃん」に対しては、
「ありがとう!!」と感謝の気持ちを素直に表したい思いで一杯ですね。
そうした「ゆるさ」の中でも、例えば・・・・
「うまい、うますぎる・・・」の十万石まんじゅうとか彩果の宝石とか大宮の盆栽とか
埼玉かるたとか片岡食品のねぎ味噌煎餅とか
さりげなく・・・・数少ない「埼玉名物」を取り上げて頂いたのは、地元民としては・・・何か微妙に嬉しいものが
あったりもします。

全般的には・・・・

大谷場南のアホキャラが大変いい味を出していたと思いますし、
鉄道部の部長・道祖土緑の胸の大きさとあのおっとりキャラも素晴らしかったですし、
別所子鹿の強がりなんだけど、「彩湖大好き」の百合っぽい感じが
大変印象的です。
道祖土緑の最終回における
「ナンバーワンよりオンリーワンね」とか「あらあら・・」というセリフは実によかったですね!!
(なんかこの「あらあら・・・」というのは、ハピネスチャージのゆうゆうとかARIAのアリシアさんを
 彷彿とさせるものがありました・・・・)


20150626-u004_convert_20150702070841.jpg


でもこのアニメの主人公は・・・・やっぱり誰が何と言っても高砂調でしたね・・・・

この娘のゆるさと可愛らしさは・・・とにかく申し分が無かったです!!

でも最後の最後まで調のアホキャラは相変わらずというのが実に良かったのですけど、
テストの点数が58点で、赤点も補習もスレスレセーフと言うのも・・・何かいかにも調ちゃんらしい話ですね・・・
ま・・・・高校時代、大の理系科目嫌いで、毎回毎回数学・物理・化学なんかで
35点~50点台を叩き出していた私なんかよりは・・・はるかに素晴らしい成績だとは思いますけど・・・・(苦笑・・)

最終回においては、夏休みの話で盛り上がっていましたけど、
調の「プールにお祭り、かき氷、そしてそして肝試し♪」というセリフに対する
南の「どこの小学生かよ・・・」というツッコミはなかなか・・
そして・・・
常盤「宿題もやりなさいよ」
調「大丈夫。最終日もう空けてあるから」
南「だから小学生かよ」
という会話の流れは実に楽しかったですね!!

そして輪を掛けて・・・・

桜「読書感想文はどうするんですか」
調「あらすじだけ読んで書く」
緑「あらあら」
南「もう小学生からやり直してこいよ」
という一連の流れが実に絶妙でした!!

うーーん、やっぱりこの「浦和の調ちゃん」は、こうした日常のさりげない「ありふれた光景」が
実に素晴らしいですね!!
日常の中の小さな幸せ・・・・
何かそうした事と「浦和」の宣伝が「浦和の調ちゃん」のメインテーマだったのかも・・・・

それならば・・・・この「浦和の調ちゃん」は大成功だったと思います。


20150626-u019_convert_20150702070948.jpg


20150626-u024_convert_20150702071026.jpg


20150626-u029_convert_20150702071102.jpg


このアニメの第一話は、調の調神社への参拝シーンから開始されましたけど
最終回も・・・調神社で終るところが実に良かったと思います。
ま・・・・このアニメがきっかけで浦和区岸町の「調神社」(つきのみや神社、通称・うさぎ神社)に興味を持って頂ける方とか
参拝客が少しでも増えるといいですね・・・

調ちゃんが一人ベンチで佇んでいましたけど、あのベンチは・・・・確かに調神社を参拝した時に
見た事がありました・・・・
ちなみに・・・この調神社の隣は、結構広い公園があったりもします。

「テスト、お疲れ様・・・」と調にジュースを差し入れする時の上木崎常盤の笑顔が実に可愛かったですね!!
あの常盤を見てしまうと、
南と彩湖に対して発動する常盤の「凶暴キャラ」とのすさまじいギャップがあり、
それが実にいい味を出していたと思います。

調「常盤、熱でもあるの?」
常盤「いらないなら私が飲むわよ」
調「いるいる!ありがとうございます!!」
という二人の会話も実に女子高生らしいふんわりとしたものがあり、とっても好感か持てたものでした。


ラストの耳元の髪をたくしあげる調ちゃんが実に可愛くてキュートでした!!


20150626-u012_convert_20150702070915.jpg


第一話が「今日もいい日でありますように」だったのが、
最終回は「明日もいい日でありますように・・・」
何かこうしたタイトルも「日常の小さな幸せを大事にしましょう・・・」みたいな制作者サイドの意図も伝わってくるような
感じがしてとても誠実に感じられたものでした。

今回でとりあえず最終回を迎えてしまいましたけど、
全国47都道府県でもっとも「県民意識・郷土愛」が薄いとされる埼玉県において、
こうした「郷土愛」を呼び起こさせるアニメは大変貴重ですし、大変意義と価値がある作品だと
私は確信しています・・・!!
とにかくこの作品に「感謝、感謝!!」・゜ありがとう!!」という気持ちで一杯ですね。

出来れは・・・是非是非第二期を検討して頂きたいと思います。

ちなみに・・・
このアニメは、7/13よりテレビ埼玉で再放送が既に決定しております。
何となくですけど・・・・
最近、このブログは・・・・
「プリキュア」・「響け! ユーフォニアム」・「浦和の調ちゃん」の三つしかネタにしていないような気も・・・(苦笑・・)
このブログの開設時の本来の趣旨は・・・・
吹奏楽とクラシック音楽について自分が興味がある曲・演奏を後世の方に少しでも何かを伝えたい・・というものだった
ような気も・・・??
ま・・・
人と言うものは・・・人の趣向と言うか、多様な価値観というものは・・・
日々刻々と「変化」していくものですから・・・

さてさて・・・・先日の記事でちらっと触れたとおり、現在、浦和駅東口のパルコ一階にて
「浦和の調ちゃん」えきしびじょんという展示パネルのイベントが特設コーナーにて開催されていますので、
浦和駅東口の本太の工事顧客宅のアフターに寄った際、ついでに・・・・(??)
パルコにほんのすこーーしだけ・・・寄り道をさせて頂き、
このえきしびじょんを見てきました。
あれれ・・・前回の記事では、6/23の健康診断の後に立ち寄ってみようかな・・と書いていたのですけど、
ま・・・健康診断は・・・毎年そうなのですけど、採血されたりバリウムを飲まされたり、
結構・・・疲れるものですし、
何よりも・・・今週は、火曜だけが休みですので、あんまりふらふら寄り道したくない・・・という事情も
あるのかな・・・??
だけど・・・何か結果としては・・・
「浦和の調ちゃん」のえきしびじょんを見るために、わざわざ近辺の顧客宅のアフターに顔を出した・・というのが
むしろ・・・・正解なのかな・・・(苦笑・・・)






先日・・・・浦和レッズが第一ステージを制覇し、さすが「サッカーの街、浦和」というのを改めて
全国的に印象付けたのかもしれませんけど、
サッカーに全く・・・興味がない私にとっては・・・・それは正直どうでもいい話・・(苦笑・・)

それでは・・・「浦和の調ちゃん」は・・・
「浦和」の新しい名物&聖地巡礼の対象となるのか・・・??
一般の方の反応は正直・・どうなのかな・・??と思いつつ、そのあたりも少し興味があったのですけど、
私がこのえきしびじょんを訪れた際は・・・あんまり・・来場者はいなかったですね・・・(苦笑・・)
ま・・・・それはたまたまなんだと・・・・
「私・・信じている!!」(by フレッシュプリキュアの祈里・・・・)

ま・・・「浦和の調ちゃん」のEDの歌詞のように、浦和の街には(県庁所在地なのに)新幹線は停まらないし、
「これぞ浦和!!」みたいな名所&名物も何も無いし・・
せめて・・・この「浦和の調ちゃん」だけは・・・さいたま市・・特にさいたま市浦和区・緑区・南区の皆様には・・・
誰からも「愛されて親しみがわく存在」になってほしいものですね・・・

いずれ・・・・そういう存在になってくれると・・・
「私・・・信じている・・」
(By フレッシュの祈里・・・・→このネタも今回だけで2回目・・・・ホント・・最近このネタばかり多用していますね・・苦笑・・)


CIMG8439_convert_20150620205444.jpg


CIMG8442_convert_20150620205727.jpg


最初にこのえきしびじょんを見た際、8人の主要キャラの内、調・常盤・彩湖・子鹿の4人のパネルしか
なかったから、
「あれれ・・・南・桜・緑・美園の4人は・・・ハブられてしまうのか・・・!?」と一瞬感じたのですけど、
ちゃんと・・・裏側に、この4人はいましたね・・・
やれやれ・・・一安心・・・

興味深かったのは、調達が通う浦和第三高校の制服が「コスプレ衣装」として展示されていた事です。
それにしても・・・
この浦和第三高校の制服は、とってもキュートで可愛いですね。
本当にこんな可愛い制服の女子高生を毎朝拝見できるとすれば・・・
「その時・・・私は、命を落としても構わないと思った・・・」
(by 響け! ユーフォニアム第8話→うーん、このユーフォのネタも・・最近多用しすぎて、そればっか・・という感じですね・・苦笑・・)
そういえば・・・
「浦和の調ちゃん」のコスプレのオーディション大会も番組放映開始前に、既に開催されていたようですね・・
何かこれは・・・
是非是非・・コスプレイヤーの皆様の可愛い制服姿を是非是非見たかったものですね・・


CIMG8449_convert_20150620205841.jpg




CIMG8450_convert_20150620205922.jpg



今回のえきしびじょんで一番興味深かった事は何かと言うと・・・・

原画というのか、当初の構想時と思われる「絵コンテ」が展示されていた事でした。

画像では中々伝わりにくくて恐縮なのですけど、
当初の原画と現在アニメとして流されているものは・・・何となく違いがあるような感じもあったりして
大変興味深いです。
当初の構想は・・・今よりも等身が多いというのか、もっとすらっとしていて
幾分・・大人っぽい雰囲気もあるように見受けられました。
実際の制作段階で、色々と・・・細かい修正がかけられていったようにも感じれました。
一般的なアニメと異なり、特に原作とか原作漫画がない完全な「オリジナル作品」ですので、
やはり・・・こうやって・・・
「無から有を生じさせる事」は本当に大変ですし、制作者の皆様のご苦労には、本当に頭が下がる思いで
一杯です。


CIMG8451_convert_20150620205955.jpg


CIMG8453_convert_20150620210050.jpg


何かこういう原画を見てしまうと・・・

こうしたブログにおいても、特に・・・「イラストブログ」をメインにされている方は・・
本当に大変だと思いますし、
皆様の日々の「創作のご苦労ぶり」には本当に・・・頭が下がる思いで一杯ですね・・・!!

自分なんかは・・・テキトーに(??)その日の出来事とかアニメや音楽の感想をかいているだけなのですけど
特に・・・・イラスト系の皆様のブログは・・・
まさに日々「無から有を生じさせている事」の連続ですからね・・・
その①の続きです・・・




以前も書いたと思うのですけど、
浦和周辺には、なぜか・・・「浦和」という地名が付く駅がなんと八つもあります。
浦和・南浦和・東浦和・西浦和・中浦和・北浦和・武蔵浦和・浦和美園なのですけど、
埼玉県を全然知らない人が聞いてしまうと、
「東浦和と西浦和は距離が近いのかな・・・?」とお感じになる人もいるかとは思いますが、
実際は・・・・
かなり遠く、車でも多分・・・25分程度は掛かるのかな・・
同様な事は、西川口と東川口でも言えまして、西川口から東川口まで行こうと思ったら・・・・
車だったら・・やっぱり30分程度は掛かるのかも・・・
ま・・東川口というと・・・感覚としては・・既に越谷とか草加というものがありますね・・

「浦和の調ちゃん」の基本コンセプトというのは、上記の八つの「浦和」という地名が付く駅を擬人化してしまおう・・という
発想から生まれた埼玉県のご当地ショートアニメなのですけど、
改めて考えてみると・・・・
この八つの駅を「8人の女子高生」として擬人化して表現しようとする発想は、
すぐに考え付きそうで、実は中々そうした発想を思いつく事は出来ないもので、これは中々素晴らしいアィディア
なのかな・・とも思ったりもしますね。
ま・・・・埼玉県民でもそんなに馴染みが無いというか、そもそも居住者以外は・・そんなに・・利用する機会が無さそうな
「西浦和」という影の薄い駅(苦笑・・・)に該当する「田島桜」という女の子自体・・・・
実はものすごーーく存在感が希薄と言うのも
何か微妙に実情を象徴している設定なので、その辺りも何か興味深いものがありますね。

この8人の女の子の中では、何か抜群の存在感を示しているのが・・・
沼影彩湖という浦和第三高校(浦和南高校がモデルになっています・・・)の生徒会長と
彩湖を何かとサポートしている別所子鹿なのかな・・・・??
この彩湖の強烈な個性と自己主張は・・・・
ここ数年、超高層マンションと大規模商業施設の出店による再開発の恩恵を受けて発展がめざましい
「武蔵浦和駅」の実情を象徴しているのかな・・・?
ま・・・最新の第11話では、いかにも・・「彩湖、大好き!!」みたいな子鹿の可愛いデレというのか・・・小さな百合(?)が
見られたのは、何か・・微笑ましいワンシーンでしたね・・・・


CIMG8444_convert_20150621230812.jpg


このえきしびじょんでは、その①でも書いたのですけど、調と常盤のコスプレ制服も展示されていましたけど、
一人だけ・・・・
「あれれ・・・、これって完璧に指定制服じゃないじゃん・・」とツッコミたくなるような彩湖のコスプレ制服も
展示されていました。
よーーく見てみると・・・ちゃんと背後の堕天使用の黒い羽根も付いていましたね・・・(苦笑・・)

実際、この格好で浦和の駅を闊歩したら・・・結構目立つのかも・・・・??


CIMG8452_convert_20150620210024.jpg



写真が悪く中々伝えにくいのですけど、
こちらは、彩湖の原画・・・・
あ、そっか・・・・「悪びれていない」と原画の段階からそうした「他人からどう思われようとしったこっちゃない・・」みたいな
設定になっていたのですね・・・
それを横で心配しているような感じの子鹿も中々可愛い・・・・



CIMG8454_convert_20150620210121.jpg



このえきしびじょんの一つの展示として「浦和の調ちゃん、登場キャラの人気投票」みたいなコーナーも
ありましたけど、
一番人気は・・・意外と「凶暴キャラ」で見た目の清楚なお嬢様な感じとのギャップが激しい上木崎常盤なのかな・・・
この「人気投票」では、今の所・・・常盤・調・道祖土緑が
トップ3という感じでした・・・
私がひそかに応援している大谷場南は・・・4番人気という感じかな・・・
それにしても・・・・もしも・・・東浦和の花屋の看板娘という設定の道祖土緑が、夏場にTシャツ一枚とかタンクトップに
なって店の前でニコニコと微笑んでいたら・・・
ついつい・・・世のスケベなお兄さん・おじさんたちが・・・緑の胸を目当てに
この花屋についつい頻繁に花を買いに来たりなんかして・・・・(苦笑・・・)
事前の予想では、「地味なおっとりキャラ」と思われていた道祖土緑のこの人気ぶりは・・・
やっぱり・・・その辺りが理由なのかな・・・(苦笑・・・)


CIMG8446_convert_20150620205620.jpg


CIMG8447_convert_20150620205654.jpg


そうですね・・・・

地味キャラですけど、田島桜に「頑張って・・・、陰ながら応援しているよ・・・」と何かエールを送りたいものですね。

あれれ・・・へそを出している大谷場南も何か可愛い・・
全然関係ないけど、この大谷場南は南浦和のライブハウスの娘という事になっていますけど、
この南浦和には、
「浦和のぞみ幼稚園」という名前の幼稚園があるのですけど、
大のプリキュア5の夢原のぞみ大好き!!の私としては・・・何か・・・感涙ものの名前ですね・・・・(苦笑・・)
現在、浦和駅東口のパルコの1階センタースペース・特設会場にて、
6/12~6/28の期間限定で、
浦和の調(うさぎ)ちゃん×浦和PARCO「浦和の調ちゃん えきしびじょん」という展示イベントが
開催されています。
キャラクターの等身大パネルや絵コンテ展示をはじめ、
第1話から第8話までの作品を見る事ができる特別上映コーナー、グッズ販売コーナーなどが展開されているそうです。
「聖地巡礼MAP」のパネルには、モチーフとなった駅の路線図と作中に登場する各地の名所などを描いており、
地元内外で楽しめる内容となっているそうです。
他にもスタンプラリーやキャラクターをイメージしたコスプレ衣装の展示なども行われているみたいです。

これは・・早速行かないと・・・

6/23の、私の今週唯一のお休みの日に会社の健康診断が組まれているのですけど
それが終わったら、是非是非見に行ってきたいと思います。
その様子は・・・・
出来れば・・・このブログでも取り上げたいと思います。

グッズの売れ行きも好調との事で、(→ホントかな・・・??)
イベント開始から3日目の夕方にはタオルはすでに完売状態・・・
メーンキャラクターのキーホルダーも品切れになるキャラクターが相次いでいるとの事です・・・
品切れというのは誰なのかな・・・
やっぱり・・・調ちゃんとか大谷場南か常盤あたりなのかな・・?




a6ecb066_convert_20150619163353.jpg







さてさて・・・前回の「浦和の調ちゃん」第11話は・・・・
調が、彩湖達を誘って北浦和で寄り道をする所で終ってしまいましたけど、
あの時・・・「たい焼き」をどーたらこーたら話していて
調はつぶあん派、彩湖はカスタードクリーム派とか何とか言っていましたので、
多分・・・・北浦和から徒歩4分程度の社会保険病院前にあるたい焼き専門店「たい夢」に寄り道したのでしょうね・・・

ここの「たい夢」は「薄皮系」なのかな・・・

何度かここのたい焼きは食べた事がありますけど、
まさに「正統派」の「王道みたいな味」の一言に尽きると思いますね!!
本当に・・・・皮がもちもちしていて中身は結構ぎっしり・・・
うーーん、これは・・・真夏でも何か・・・無性に食べたくなってしまいそうですね・・・・(笑)
メニュー数は正直、それ程ある訳ではありませんけど、たまーに・・・「期間限定商品」とかで
変り種商品もあるようですので・・・
それと・・・
月に一回だったかな・・・? 「一個100円キャンペーン」をやっていたような気が・・・・?


003_convert_20150619173348.jpg


004_convert_20150619173411.jpg



そうそう・・・今は季節は夏ですので、ここの「たい夢」は、夏限定の「夏鯛」という冷やして食べるタイプの商品も
あったりします。
確か・・・あんこ+ホイップ、りんご系、カスタード系の三種類だったかな・・??

ま・・・たまに来たのでこの「夏鯛」を買ってみることにしました・・・・

一個170円と少々価格は高いかも・・・

あ・・・だけど、美味しい!! 丁度冷えた状態で売られていたので、冷たいまま食べたのですけど
丁度・・・なんかムシムシしてあんまり食欲とかはなかったのですけど、
ついつい一個ペロッ・・と完食してしまいました・・・
でも・・なんかさっぱりしていてとっても美味しいですし、いかにも「夏のスイーツ」という感じですね。

もしかして・・・・調達も・・・この「夏鯛」を食べていたのかな・・・??

85a01fbf_convert_20150612143506.jpg



005_convert_20150619173438.jpg


006_convert_20150619173502.jpg


ついでに・・・・

第10話で登場した「彩果の宝石」について少々・・・

実は・・・・最近の記事でこの「彩果の宝石」のゼリーのお菓子の事を書いたら・・・・

本当に・・・とあるお客様より、このお菓子を頂戴してしまいました・・・・

これ、久しぶりに食べたのですけど、見た目がとっても可愛いし、とっても甘くて美味しいてす!!

いかにも・・「鉄道部」のお茶菓子としてうってつけですね・・・

でも・・「浦和の調ちゃん」の「鉄道部」は・・・・ホーント、「けいおん」の放課後ティーパーティーのように・・・
何か・・おしゃべりして、お茶飲んでお菓子食べて・・・・
それで終わり・・・という感じで、そのあたりの「ほのぼのさ」が実にゆるくていい味を出していますね・・・・
今回の第11話では、久しぶりに・・三室美園が登場・・・・
だけど・・・この三室美園のある意味・・・奇抜なファションですけど・・・あれは校則違反じゃないのかな・・と
思っていたら・・・・
美園そのものが風紀委員長でしたね・・・・(苦笑・・・)
そして・・・明らかに指定制服のスカートを穿いていない彩湖は・・・・浦和第三高校の・・・生徒会長なんですよね・・・(苦笑・・)
うーーん、浦和第三高校は・・・一体なんてゆるい学校なんだ・・・(笑・・)
しかも・・・前回の話で、おバカキャラにしか見えない大谷場南が・・・浦和第三高校の成績優秀者とは・・・・(苦笑・・)

とにかく・・・・この浦和第三高校は・・・とてつもなくキャパが広そうな学校ですね・・・





三室美園の登場は・・「浦和の調ちゃん」は既に第11話まで進んでいるのに、今回でまだ2回目・・・・
美園は道祖土緑と共に3年生なんですけど、8人の主要キャラの内では一番「おこちゃま」の印象が
強いですよね・・・・(苦笑・・)
ま・・・それを言ってしまうと、「Go! プリンセスプリキュア」で登場した一条らん子が実は・・・みなみよりも学年が一つ上の
3年生というのも・・・ある意味・・・驚異的設定でしたけどね・・・・
だけど・・・ま・・・カテゴリ違いなんでしょうけど、トワイライト様は・・・一体何年生の設定として
ノーブル学園に入ってくるのか・・・・
「私・・・とっても気になります・・・・」
(by 「氷菓」の千反田える・・・・)


7a450bf9_convert_20150619163318.jpg


改めてですけど・・・・

この浦和第三高校ってすごい高校なのかも・・・(苦笑・・・)
猫耳に堕天使モードの彩湖に、くまの髪飾りの美園、そして・・・・忍者ガールの子鹿・・・・
うーーん、こうやって見ると・・・
調が極めて「普通の女子高生」に見えてしますますね・・・(笑)


9ff21c40_convert_20150619163444.jpg



今回の「浦和の調ちゃん」は・・・・電車から眺める通学風景が出てきます。

以前も書いたと思うのですけど、調の自宅近辺の浦和駅周辺から調達が通う浦和第三高校(※モデル校は浦和南高校・・)
までは・・・
確かに直線距離は短いけど、
電車で行くと乗り換えが面倒・・・
浦和駅から京浜東北線の乗り、一駅先の南浦和駅まで行き、そこで武蔵野線に乗り換え、一駅先の武蔵浦和駅まで行き、
そこで埼京線に乗り換え、
一駅先の北戸田で下車という感じです・・・・
ま・・・・多分・・・調は自転車通学の方が電車通学より早く学校にたどり着けると思います。
今回の電車から見える外の風景ですけど、
あれは・・・・
どう見ても・・・埼京線から見える風景っぽいですね・・・・
埼京線とか武蔵野線は、京浜東北線と比べて比較的高架線を走っているという印象がありますね。
電車からのあの位置は・・・・高架線の上を走っているから、
電車内での会話は・・・恐らくは・・・・まだ埼京線か武蔵野線に乗っている時のものでしようね。

それにしても・・・

調は・・・・試験勉強をせずにこんな寄り道ばかりしていいのかな・・・?
大谷場南の言葉じゃないけど・・・多分・・・追試・または補修確定なのかな・・・??
彩湖の「お前、たまには試験勉強した方がいいぞ・・」の言葉は・・・別所子鹿ではないけど
「たまには会長もまともな事を言う・・」って反応ですね・・・(苦笑・・)


a6ecb066_convert_20150619163353.jpg


調の誘惑の言葉についつい乗ってしまい・・・なぜか北浦和駅まで寄り道してしまう4人の女子高生・・・・

あれれ・・・この風景どこかで見た事あるような気も・・・??

今一つ確信がないし自信が持てないけど、多分ここは・・・・北浦和駅西口だと思います。
(東口=164号線、つまり・・・旧中山道沿いで、西口は・・・国道17号沿いです)
調達は・・・電車内の会話の中でなぜか・・・「たい焼き」の話をしていましたから、多分・・北浦和西口のたい焼き屋に
寄り道をするんでしようけど、
北浦和のたい焼き屋と言うと・・・・
思い浮かぶのは・・・・駅から徒歩4分ぐらいの国道17号に面している「たい夢」というたい焼き専門店ですね・・・
ここのたい焼きは結構美味しい・・・
一個140円~170円と少し高めですけど、薄皮で中身がけっこうぎっしり詰まっていて
皮がもちもちしていてとっても美味しいと思います。
確か月に1日程度「一個100円の特売日」があったような気が・・・・?

それにしても・・・・彩湖はカスタードクリーム派で、調はつぶあん派なのですね・・・(笑・・・)



d83932e9_convert_20150619163139.jpg


この「たい夢」の真向いは、北浦和の社会保険病院なのですけど、
そうそう・・
今度の火曜日・・・6/23ですけど・・・
私の今月唯一の休みの日の火曜日に・・・・よりによって・・・会社の健康診断がこの病院で
実施されます・・・
うぅぅぅぅぅ・・・・私の唯一の休みが・・・・健康診断で消えていく・・・・(泣・・・・)

極度に方向音痴で道に迷ってばかりいる美園が、強引に寄り道させられて少しムッ・・としている子鹿に
「なんだ・・・お前も・・・迷っているのか」と聞かれるのですけど
その際の子鹿の
「いえ・・・・迷ってなんかいない・・こんなに私を引っ張ってくれる人がいるから・・・」と
とっても可愛い笑顔を見せてくれましたけど・・・・
うーーーん、最近の「響け! ユーフォニアム」第11話の感想記事にて「百合三連発」と書きましたけど、
何と・・・
「浦和の調ちゃん」にも・・・
彩湖大好き・・・!!の子鹿という「百合」が一輪・・・・咲いていましたね・・・・
「浦和の調ちゃん」も順調に第10話まで進み、
前回の話では・・・・大谷場南が上木崎常盤によって例によって例のごとくボコボコニされ(?)
最後は・・・南のお尻にPSPがぶん投げられてしまい突き刺さってしまうというおまけまで
付いてしまいました・・・・(苦笑・・・)

この「浦和の調ちゃん」の公式グッスですけど
アニメイトで販売されているという情報は知っていたものの、この辺りのアニメイトって大宮の駅前か川口の駅前しか
近くに無い為、中々行きそびれていたら・・・・
思いがけないところで・・・このグッズが売られているのを見つけてしまいました・・・

その場所とは・・・「灯台下暗し」という言葉通りだったのですけど、
この「浦和の調ちゃん」の主人公・高砂調(たかさご うさぎ)が毎朝参拝するという「調神社」(つきのみやじんじゃ)の
目の前に位置するコンビニ「ミニストップ」でした・・・


CIMG8429_convert_20150616202646.jpg


と言うか・・・・

この「浦和の調ちゃん」の広告ちらしを見たのは・・・・実は初めてなのかも・・・・(苦笑・・・)

これって浦和駅周辺のチケットショップとか浦和の区役所とか調神社とかテレビ埼玉でも・・・・
実は見た事が無かったのですよ・・・・
このちらしもこのミニストップで初めにお目にかかる事が出来ました・・・!!
これは本当に感謝感激という感じです。
「ミニストップ」というと・・・個人的には「大変ソフトクリームが美味しいコンビニ」という
イメージがあるのですけど、
早速・・・お礼の気持ちも込めて・・・「カフェラテソフトむを買わせて頂きました・・・・(笑・・・)

あ・・・・蒸し暑かったせいもありますけど、本当に冷たくてマジで美味しい・・・・
本当に生き返りましたし、
とっても濃厚で美味しかったです!!

調神社御参拝の皆様・・・・是非是非お近くですので、調神社御参拝の帰りには・・・
是非是非このミニストップにお立ち寄りを・・・・


CIMG8424_convert_20150616202441.jpg


店内入口近辺には・・・「浦和の調ちゃんグッズ取り扱い中」とのポスターも掲示されていました。

さてさて・・・何があるのかな・・・

店内で見てみると・・・あ・・・確かに色々と揃っていました。
アクリルキーホルダー・Tシャツ・タペストリーなどが置かれていました・・・・
アクリルキーホルダーは全8種なのですけど、やはり一番売れているのは・・・高砂調かな・・・と思っていたら・・
この時点では大谷場南でした・・・・!!
うん、うん・・・さすが・・・地元の方は・・・・皆分かっているようですね・・・・(笑)



CIMG8426_convert_20150616202513.jpg


このお店一押しの「カフェラテソフト」の文字の下に・・・「浦和の調ちゃん」のロゴ文字が・・・・

なんか・・・

「浦和の調ちゃん」をこの3月からずーーーっとこのブログで推しまくっていた者としては・・・
本当に嬉しいものがあります・・・・(泣・・・)



CIMG8427_convert_20150616202545.jpg


自動ドアを開けて店内に入ると・・・・
真っ先に高砂調が迎えてくれていました・・・・(笑・・・)

というか・・・この店内には至る所に・・・「浦和の調ちゃん」関連ポスターが貼られていて
何か・・・何か・・・「浦和の調ちゃん」を推しに推しまくっていた私としては・・・
「何でいままで気が付かなかったのだろう・・・」という思いで一杯でしたね・・・・(苦笑・・)

レジ前の・・・上木崎常盤の「ソフトもどうぞ・・・」みたいな感じのポスターもとても爽やかで気持ちが
いいですね・・・
何か・・・・ソフトの甘い香りと常盤が何もしないでただじっとしている時の美少女振りは・・・
実にマッチしています・・・!!



CIMG8428_convert_20150616202615.jpg



とにかく・・・・「灯台下暗し」をまさに地でいく体験でした・・・

やっぱり・・・「調神社」には・・・・うさぎが・・・・そして「浦和の調ちゃん」がよく似合う・・・
そして調神社の目の前のミニストップも・・・・
とにかく粋な感じがしてとっても素敵でした!!
今回の「浦和の調ちゃん」第10話は・・・・文句なく面白かったですね!!
というか・・・・大谷場南と上木崎常盤の最後の一件は・・・・何か笑ってしまいました・・・
まさか・・・・大谷場南のお尻に・・・常盤が投げつけたプレステポータブルがのめり込むとは・・・・(苦笑・・)
今回も・・・・上木崎常盤の「実は・・・凶暴伝説」は・・・・本物でした・・・・(苦笑・・・)





最近の私のブログの記事では「大谷場南=アホの子」という事を結構語っていましたけど
今回・・・・実に意外な事が判明しました・・・・
ま、確かに大谷場南はアホの子なんですけど、なぜか・・・学力は高く、成績上位と言う
ある意味恐ろしい事が判明してしまいましたね・・・・
あれれ・・・・・となると・・・・??
このアニメのもしかして・・・・唯一の「お勉強が苦手なおバカキャラ」というと・・・
高砂調で「けってーーい!!」なのかな・・・・(苦笑・・・)
(by プリキュア5・夢原のぞみ・・)
ま・・・南自身、当然ながら(?)普段からの勉強はお嫌いみたいでして、試験勉強は・・・ほとんど一夜漬けらしいです・・
それでも成績上位なんて・・・・
南がすごいのか、浦和第三高校がポンコツ高校なのか・・・・(苦笑・・・)

それにしても・・・・調にとっては・・・・南こそが最大の自分の「バカ友」と思い込んでいただけに、
結構ショックなのかも・・・・(笑)
ま・・・・確かに、これまでの話では、どうみてもこのアニメで一番頭が悪そうなキャラは大谷場南というのが
ほぼ定説でしたからね・・・
それにしても・・・・
高砂調は、「プリキュア」で言うと・・・・可愛いくて性格もいいのだけど頭が少々悪い・・・・といった、
例えば・・・のぞみ・響・みゆき・めぐみといったポンコツピンク系を見事に受け継いでいますよね・・・・(苦笑・・・)



79f3d46b_convert_20150612143933.jpg


今回の話は・・・・

試験直前の鉄道部内の話でして、当然(?)お勉強が出来なくて、数学を常盤に色々と教わっている調ちゃん・・・

あ・・・でもこの「微分積分」とか「サインコサインタンジェント」って何か懐かしいですね・・・・
私も・・・・高校の頃は、数学・物理・化学等の理系科目が本当に大の苦手で、
一応・・・私の高校は・・・・「特別理数科」というクラスがあるくらい理系に比較的力を入れている学校で
当時、数Ⅰ~数Ⅲまで三年間で数学を学ぶという当時の文部省の指針を完璧に逸脱し、
何と・・・・高校2年間で数Ⅰ~数Ⅲを全て修了させ、3年生の授業は全て演習問題に充当するというとんでもない学校
でしたので、
私も・・・この微分積分等は・・・本当に困らせられましたね・・・・

今回の話で、調のちょっと足りない脳みそ(?)ではこうした数学の問題は難しすぎるようで、
見事に・・・・
完全に脳内キャパを超えて、「爆発炎上」しているのは・・・何ともお茶目でした・・・・(笑)

でも私も調ちゃんの事はとてもとても笑えないな・・・・

「響け! ユーフォニアム」において久美子のクラスの担任の先生は・・・・なんと吹奏楽部の副顧問・・・・
二者面談とか三者面談にて
吹奏楽部の事も色々と聞かれていましたけど
実は・・・・私自身も・・・・高校の時は・・・・クラス担任は・・・・名前だけの顧問でしたけども一応「吹奏楽部の顧問」の先生
でしたので、ある意味やりにくかったですね・・・・
そして悪い事に担当教科が「数学」でしたので、私の数学のひどい点数は当然全てを把握していて、
三者面談の際も・・・・
「えーーと・・・、おたくのバカ息子殿は・・・ま、その・・・学業は今一つでもあり今二つでもあり、
特に・・・・私の担当教科でもある数学に至っては・・・・ま・・・その・・・どん底レヴェルであります・・・・
ま・・・しかし・・・その・・・・
吹奏楽部では大変に頑張っていてくれて・・・」などと毎回毎回余計な事ばかり言って、
私を困惑させてくれたものでした・・・・(苦笑・・・)

だから・・・私は・・・調に言いたい・・・
その数学が全然出来ないし苦手と言う気持ちは・・・本当によく分かるよ・・・と・・・・(苦笑・・・)
ま・・・・スマイルプリキュアのあかねちゃん風に表現すると・・・
「分かる、わかる、わかるでぇーーーー!!」という感じなのかな・・・(苦笑・・・)


8923e16e_convert_20150612143535.jpg


ca0f9e4b_convert_20150612143707.jpg


f80928d2_convert_20150612143741.jpg


ま・・・・そんな中・・・

色々と上木崎常盤に教わりながら試験勉強を続ける調・・・・
そしてその傍らでは・・・・
ある意味余裕のよっちゃん状態の南が・・・・以前の回でも出てきた「大宮=盆栽VS浦和=うなぎ」のPSPゲームに
興じています・・・・そして気が散って仕方が無い状態の調に対して・・・・
そうした空気にお構いなしに能天気にゲームに興ずる南・・・・

そして・・・・

最後は・・・・・

あーあ・・・・今回もお約束通り、大谷場南は上木崎常盤から「鉄拳制裁」(??)を食らい、
今回は・・・
前回のゴミ箱どころではなくて、
ロッカーに叩きこまれていました・・・・
そしてトドメに・・・・
どこからかPSPが投げ込まれ・・・・最後は・・・・大谷場南のお尻に・・・このPSPが突き刺さってしまいました・・・(苦笑・・)
なんかこのシーン・・・見方によっては・・・・何か少しエロっぽい感じがするのかも・・・・??

今回も・・・・常盤の「凶暴伝説」は健在でしたね・・・・



15bb527f_convert_20150612143432.jpg


でもそんな3人を横目に・・・・鉄道部のある意味「良心」とも言える田島桜と道祖土緑の二人は・・・
まさに天使・・・・
というか・・・・限りなく「まとも」に見えます・・・・
地味ながら桜の笑顔はなかなか可愛いですね。
それとやっぱり・・・・緑の胸の大きさは・・・・半端無いものがありますね・・・・(苦笑・・・)


85a01fbf_convert_20150612143506.jpg


縺輔>縺祇convert_20150612143853


そして・・・・今回の鉄道部のお茶の「お菓子」は・・・・
以前「十万石まんじゅう」の話が出た回で
自分のブログにおいて、「実は埼玉にはこんなお菓子もある」という形で紹介させて頂いた「彩果の宝石」という
見た目も綺麗だし可愛いし、味も美味しいゼリーを紹介させて頂きましたが、
まさしく・・・・今回は・・・この「彩果の宝石」が登場していました・・・

これには・・・・我ながら・・「驚いた・・・」という感じでした・・・!!

浦和の街には何にも名物が無いと何度か書きましたけど、
ま、厳密に言うと浦和ではなくてさいたま市緑区なんですけど「彩果の宝石」という
大変上品で見た目が美しくてとっても甘くて美味しいフルーツを象ったゼリーがあったりします・・・
(以前書いた行田のゼリーフライとは・・・全然関係ありませんので・・・念のため・・・)
十万石まんじゅうの店舗は浦和駅周辺には無く、
浦和駅近くの伊勢丹やパルコにすら十万石まんじゅうの店舗は無いのですけど
この「彩果の宝石」の店舗は、浦和駅目の前のコルソと言う百貨店内にちゃんとありますし、
本店は・・・・道祖土緑の花屋の店がある東浦和周辺の浦和区緑区大間木というところにあります。
この本店は・・・一見パルティノン神殿のように見えない事も無く、国道463号線沿いにありますけど、
結構存在感はありそうなお店だと思います。

私もこの「彩果の宝石」は何度も食べた事がありますけど
とっても美味しいですよ・・・!!
そして見た目がとっても可愛くて綺麗です!!
この「彩果の宝石」は、フルーツ・砂糖・かたち・食感に大変こだわりがあるそうですけど
まさにそれに相応しいこだわりのあるお菓子で、そして・・・
本当にとっても美味しいです!!

テレビ埼玉のCMでは、「十万石まんじゅう」と同様にこの「彩果の宝石」もお馴染みで
埼玉県民にとっては・・・
やはり「愛着のあるお菓子」の一つだと思います。
「浦和の調ちゃん」という埼玉ローカルショートアニメも放映開始からいつの間にか三か月目に
入りましたね・・・・
段々と登場人物のキャラが明確になっていますけど、
唯一よく分からないのが、まだ一度しか登場していない三室美園という不思議ちゃん・・・・
この子の出番ももう少し増やしてあげたいものですね。





さてさて・・・この「浦和の調ちゃん」のメイン登場人物8人の中で、一番「いいな・・・」と思うお気に入り娘は・・・・
以前も書いたと思いますけど、
南浦和のライヴハウスの娘という設定の大谷場南ですね・・・
この子の意外な頭の悪さと言うかポンコツ振りは・・・・とにかく見ていて胸がすーーーっとします・・(苦笑・・・)



CIMG8412_convert_20150609143831.jpg



さてさて・・・この大谷場南の最寄駅は言うまでも無く南浦和駅なのですけど
私自身、最寄駅の一つがこの南浦和駅であり、そうした「同じ地元同士」という地元感が
大谷場南に親近感を感じる一つの理由になっているのかもしれませんよね。

この南浦和駅西口には、駅から徒歩3分程度の所に「大谷場氷川神社」という神社があります。
この神社は・・・・南浦和を代表する商業施設の「丸広百貨店」から比較的目の前という立地条件で、
駅のすぐ近くに、こうした小高い丘があって天然樹木に溢れた神社があるとは極めて意外な感じもするのですけど
そうした意外感が実にいいな・・ほっとするな・・・とも思ってしまいますね。
恐らくですけど、南浦和西口を初めて足を踏み入れた方は、あまりにも小高い丘の上に立地し
樹木やあじさいに隠れていますので、この小高い丘の上に神社が建立されているとは・・・・
多分気が付かないのかもしれませんね・・・・

でも・・・本当にこうした駅前で・・・・京浜東北線と武蔵野線が停車する交通の要の地に
このような自然に囲まれたスポットがあるというのは何かホッとするものはありますね。



CIMG8414_convert_20150609143938.jpg



大谷場氷川神社の創建年代は不詳ですが、
古くより旧・大谷場村の鎮守として鎮座していたと言われています。
明治6年には村社に列格、明治41年に、計七社の無格社を合祀したとの事で、現在に至っているとの事です。
現在の本殿は、1666年建立という事で、さいたま市指定文化財となっています。




CIMG8413_convert_20150609143909.jpg


さてさて・・・この「大谷場氷川神社」について語る時、どうしても外せない事があります。
それは何かと言うと・・・・
普通、神社には狛犬とかお稲荷さんが祀られている事が多いと思うのですけど
ここの神社においては・・・・
何と・・・・
雉(キジ)が祀られています。
つまり・・・・狛犬ではなくて狛雉が祀られています。
鳥居をくぐる前、手前には両側にキジの像が据えられているのです。
これは・・・・もしかしたら・・・・全国的にはかなり珍しいのかな・・・??

大谷場は古くは畑が相当広く広がっていて、
この神社には古くからキジが住みついていたと言われているそうです。
かつては社に一歩足を踏み入れればキジが飛び出してきたため、
氏子の間で「キジは氷川神のお使い」とされ「キジの氷川様」と称され崇敬されてきたとの事です。

「浦和の調ちゃん」の主人公の高砂調は、毎朝欠かさず地元の「調神社」(つきのみや神社、通称=うさぎ神社)に
参拝してから高校に通学する中々感心な娘なのですけど、
「調神社」はウサギを祀り、
この「大谷場氷川神社」は雉を祀っているのですけど、
いやいや・・・・浦和には中々粋な神社もあるようですね。これは結構面白いと思います。
ま・・・浦和の街には新幹線は停まらないし、最近は京浜東北線は毎日のように遅延が発生していますけど、
サッカーのレッズは絶好調ですし
浦和周辺の神社には中々粋なものもありますし、
結構「いい街」なのかも・・・・??



CIMG8415_convert_20150609144005.jpg


境内には、ユリノキがあります。市指定天然記念物なそうです。

樹高21.8mで、幹回り315cmとの事です。

写真では中々分かりにくいのですけど、とにかく「とてつもなく高い!!、そして何やら荘厳・・」という雰囲気ですね。



CIMG8416_convert_20150609144036.jpg


この小高い丘の周辺には、結構な数のあじさいが植えられています。

6月の梅雨の時期という事で、これからがあじさいの季節の本番になりそうですね。

先日放映された「浦和の調ちゃん」第9話のちょっとした補足です・・




fcf6b82e_convert_20150605204011.jpg


それにしても・・・・
クイズの最終問題で負けた方にタライが落下してくるというのは・・・なんかあまりにもお約束すぎて
なんていうベタな展開・・・(苦笑・・)
しかも・・・
結果的に負けた鉄道部チームではなくて、勝利した生徒会チーム・・・しかも生徒会長の彩湖の頭上に
タライが落下するとは・・・
なんていう「お約束」通りの展開・・・・(苦笑・・・)
いやいや、最近こうした古典的ギャグは・・・たいていのアニメは既にやらないと思うのですけど
それをあえてしてしまうこの「浦和の調ちゃん」の正統派振り(・・・??)は・・・・まさに脱帽と言う感じなのかな・・・??

改めてですけど・・・・

ケーキの事を聞いているクイズなのに、
大谷場南の・・・・「ねぎみそ煎餅!!」という珍解答が・・・いかにもポンコツキャラでアホキャラの大谷場南
らしい答えは実に素晴らしい!!
いやいや・・・私は・・・・「浦和の調ちゃん」で一番好きなキャラは・・・・大谷場南で
「けってーーーい!!」なのかな・・・・(by Yes! プリキュア5 夢原のぞみ・・・そう言えば・・・のぞみもアホキャラの王道でしたね・・)
そして・・・そんな大谷場南のポンコツ回答に対して
調の「ケーキですらない・・・」というツッコミ的ボヤキもなかなかお見事・・・・(苦笑・・・)
ま・・・大谷場南は、設定の上では南浦和のライブハウスの経営者の娘という事ですけど、
ま・・・「南浦和駅」は、私自身の最寄駅の一つですし、これも・・ま・・・「同じ地元」という事で・・・・(笑)
第三話あたりだったかな・・・
調が南に「よく、この高校入れたよね・・・」とツッコミを入れているシーンがありましたけど、
ま・・・それに関しては・・・・
「ハピネスチャージプリキュア」でレッド・ファントム等がブルーにツッコミを入れたように
「お前が言うなーー!!」と調に余計なツッコミを入れたい気持ちで一杯ですね・・・・(苦笑・・)


20150605-u029_convert_20150607235607.jpg


今回の話のラストで・・・
調が「もうすぐ夏が来るのかなぁ~」と言っていましたけど、あのシーンの調・常盤・南の3人は・・・・
とてもほんわかしていてゆるくて
とっても可愛くて良かったですね・・・・!!
常盤は・・・・何もしないで黙ってそこにたたずんでいれば・・・・普通の美少女・・・ だけど怒ると・・・・
凶暴キャラに変身・・・??

「夏がくれば・・・」という事は・・・・

まさか・・・まさか・・・・「浦和の調ちゃん」にも「水着回」があるという事なのかな・・・・??
「浦和の調ちゃん」で一番水着になって欲しいお方は・・・
そう・・・言うまでも無く・・・・道祖土緑ですよね・・・・(苦笑・・)
ま、個人的には・・・・大谷場南のも見てみたいけど・・・


縺ュ縺弱∩縺拈convert_20150607231937


最後に・・・・

大谷場南が口走っていた「ねぎみそ煎餅」について少しばかりフォローを・・・

この「ねぎみそ煎餅」は片岡食品という大宮区三橋にある片岡食品が実際に販売している
埼玉では結構名が知られているお煎餅でして、
「ねぎ」と言うと・・・埼玉県深谷市の「深谷ねぎ」というのも数少ない埼玉の名産品の一つかもしれませんけど、
この「深谷ねぎ」をお菓子に巧みに融合させた中々美味しいお煎餅です。
というか・・・
これは「お子様用のお菓子」というよりは・・・むしろ「大人用のお菓子」なのかも・・・
深谷産の太い甘い生ねぎを使用して、特選のみそだれにつけこみ、からっと仕上げたもので、
ねぎの味覚と味噌の風味が微妙にマッチした一品だと思います。
この片岡食品には、他にも「梅ざらめ煎餅」はなかなか美味しいと思います。
「浦和の調ちゃん」も第9話に突入・・・
今回は、前回の続きと言うか・・・「クイズサイタマニア」の生徒会VS鉄道部の因縁バトル(?)の続き
なのですけど・・・・
この「クイズサイタマニア」って一体何ですか・・・(苦笑・・・)
ま、一応、番組内では第100門まで進んだ事になっていますけど、
クイズサイタマニア全100問を見てみたいという気持ちもあるのですけど・・・・
今回のネタのように、例えば・・・・
「南浦和の串焼き屋・なみごろの店長の趣味は・・・?」なーんて、そんなの分かる訳ないじゃん・・・・とツッコミを入れたくなるような
クイズばかりなんでしょうね・・・きっと・・・(苦笑・・・)

というか・・・・

このローカルクイズって・・・・多分・・・・長年埼玉に住んでいる人でも分かる人って・・・・いるのかな・・・・(苦笑・・)

ちなみに、私は「南浦和駅」は最寄駅の一つでもあるのですけど、そもそも「串焼屋・なみごろ」なんて店自体
初めて知りました・・・・(苦笑・・)





それにしても・・・・

浦和第三高校の生徒会長、沼影彩湖の上木崎常盤が所属する「鉄道部」に対するちょっかいと挑発は・・・・
何か笑ってしまうけど、すごいものがありますね・・・・(笑)
なんかあれは・・・
少し古い超ウルトラマイナーアニメなのですけど、「えびてん」にて
やはり生徒会長の伊勢田結花が「天悶部」(天文部ではありません・・・・苦笑・・)に対してなにかとちょっかいを出しては
「やはり天悶部は解散だな・・・」とうそぶくシーンをついつい思い出してしまいますね・・

そうした彩湖の古くからの幼馴染の別所子鹿が何か妙に可愛い・・・・

何か・・・いやいやしぶしぶ彩湖の言動にお付き合いをさせられ、毎回毎回彩湖絡みのトラブルに
巻き込まれていく子鹿がなんかお茶目・・・・
ま、本人も・・・口ではぶつくさ言っていても、内心では・・・「しょうがないね・・・・彩湖・・・ラブ・・」とか思っているのかな・・・??



e02c0aff_convert_20150605204125.jpg



fcf6b82e_convert_20150605204011.jpg


あれれ・・・

鉄道部は最初は、調ちゃんと常盤が参加していたのに、
いつの間にか・・・・
常盤が大谷場南に入替っている・・・・
というか・・・鉄道部・・・これで大丈夫・・・??
だって・・・このアニメのアホっぽいキャラの代表格の南に、少し天然さんの調の二人で・・・・
とても生徒会のあの二人に勝てるとは思えない・・・

と思っていたら・・・やっぱり優勝は生徒会チームでした・・・・


fea466f2_convert_20150605204048.jpg


ま・・・・オチとしては・・・・
こんなクイズ番組を勝手にやりやがって・・・みたいな事で・・・
彩湖は浦和第三高校の校長から散々怒られた上・・・・
バケツを持って廊下に立たされましたとさ・・・めでたし、めでたし・・・・(苦笑・・)
というか・・
今時、こんな「バケツ持って廊下に立たされる」なんて・・・・いかにも昭和レトロみたいなオチやっているアニメなんて
ありえねーよ・・・と思わずツッコみたくなるような展開ですね・・(苦笑・・)
あ、そうそう・・・
前回の話で調・常盤達が欲しがっていた優勝賞品って結局何だったのかな・・・
やっぱり・・・「うまい、うますぎる・・」の「十万石まんじゅう」なのかな・・・・(苦笑・・)

それにしても・・・・
最後の問題で登場した「与野公園近くのケーキ屋で私が好きなケーキは何・・・?」というクイズの
「私」って・・・一体誰・・??
そもそも司会者の中山道二郎って一体誰・・・??
そして何よりも・・・・
大谷場南の回答がまたまたポンコツ・・・・(苦笑・・・)

南「ねぎ味噌せんべい!」

調「ケーキですらない・・・・」

そっか・・・・埼玉には・・・全国的にはマイナーですけど、「ねぎ味噌せんべい」というものもありましたね・・・


001_convert_20141018180908.jpg


004_convert_20141018181312.jpg


最後に・・・・

この回でも登場した「与野公園」について少々・・・・

新大宮バイパス沿いに、「与野公園」という
比較的大規模な公園があったりもします。

この公園内には、5500平方メートルの「バラ園」もあり、
約170種類、約3,000株のバラが植えられています。
1980年以来、毎年5月に『ばらまつり』が開催されていて、私自身も何度か見に来たことがありますけど
大変見事というか「うーん、美しくて絶景・・・」と見とれてしまうほど
素晴らしい光景が繰り広げられています。
やっぱり・・・バラは見栄えがしますよね・・・・

ばらまつりの際は、大変な混雑ぶりなのですけど
正直それ以外は人もまぱら・・・・
新大宮バイパス沿いに駐車場もあるのですけけど、5月以外はいつ来ても何台かは
車を停められるスペースが常にあります・・・・

新大宮バイパス沿いという大変交通量が多くて
排気ガスも充満しているだろうに、
こうしたところでも
何かこうやって「ホッとできる憩いの場所」があるだけでも何か安心感がありますね。

うーーん、「浦和の調ちゃん」もたまには・・・(?)役立つ地元ネタも少しは出してくるものですね・・・



「浦和の調ちゃん」第8話ですけど、
なぜか唐突に「クイズ大会」モードに突入・・・・(苦笑・・・)
ま、このクイズにて、多少は埼玉に関係する事を取り上げて、いかにも「ローカルアニメ」に相応しい
ネタ作りに邁進する・・・という感じなのかな・・・??
ま、以前も何度も書きましたけど、埼玉県は・・・・他県と違って「これぞ埼玉!!」と全国的に知名度がある
名物名所が少ない県でもありますし、
県民の「帰属意識・郷土愛」は・・・多分47都道府県の中では、47位前後なのかな・・・・??
だからこそ、こうしたアニメを通して、他県の方というよりはむしろ埼玉県内に住んでいるいわゆる「埼玉都民」の皆様に
少しは埼玉の事も知って欲しい・・・みたいな意図は・・・
ま・・、そんなに無いのかな・・・??
ま、これはあくまで「ゆるーーいショートアニメ」ですからね・・・(苦笑・・・)





20150529-u023_convert_20150602124151.jpg


それにしても・・・・

上木崎常盤と生徒会長の沼影彩湖は・・・・事前の想像はるかに超えた「犬猿の仲」という
感じですね・・・(笑)
ま・・・あれは・・・
犬と猿の喧嘩というよりは、チワワとリスのたわいもない痴話喧嘩の範疇ですけどね・・・・(苦笑・・)
でも・・・・鉄道部って本気でこのクイズ大会に勝つ気があるのかな・・・・??
ま・・・普通に考えれば、田島桜と道祖土緑を出場させた方が、多分・・・・圧倒的に有利なのかも・・・??

そうそう・・・・

改めてですけど、このアニメも第8話まで進展しているのに
「三室美園」がいまだにたった一回しか登場していないというのは・・・・何か気の毒な気も・・・・??

もしかして・・・・

第5話で職員室に行く途中で迷子になって以来、いまだに迷子になったままなのかな・・・・??



うらとこ


さてさて・・・
第8話の中で、地元民すらあんまり知らない「彩の国21世紀郷土かるた」なんて言うローカルネタが
登場していましたけど
改めてですけど・・・・
あのかるたの札を眺めても・・・・
私自身、「なんだそりゃ・・・??」みたいに聞いたことが無いネタのオンパレードですね・・・(苦笑・・・)

例えば・・・・

おりづるに 願いをこめて 小川和紙

伝統の ささら獅子舞 受け継ぐ子

林業に 命捧げた 本多静六

なんかは・・・・正直・・・・よく分からない・・・・・(苦笑・・・)

ま、中には・・・

「サクラソウ かれんに優しく 県の花」みたいに既にこのブログでも取り上げたものもありますし、

「宇宙まで 夢をとどけた 若田光一」
「ホイッスル ひびけ心の スタジアム」
などのように、いかにも「最近のネタ・・・」みたいなものもあったりしますね。

そして・・・

「まが玉は 過去と未来の 首かざり」とか
「古墳群 武蔵の豪族 眠る墓」
なとのように、埼玉は・・・意外と古墳とかそれに伴う出土品が意外と多いという事を提示してるものも
あったりします。

個人的に「あ・・・なるほど・・・」と感じたのは、
「ケヤキの木 セミも木かげの 夏休み」の札かな・・・・

埼玉県とさいたま市は、実は「ケヤキの木」を県と市の「シンボルの木」として指定していますけど
埼玉県には、実は「国道463号」(地元の人間は、通称「うらとこ」と呼んでいます・・・浦和と所沢を結ぶバイパス
という意味があったりします・・・)沿いに・・・・
約17kmにわたって続く日本最長のケヤキ並木が・・・・実はあったりします・・・・
その街路には、埼玉県の木であるケヤキが2,400本ほど植えられ、「日本一長いケヤキ並木」
として親しまれていますけど、
確かに・・・あの風景は圧巻ですね・・・!!
私自身も、2001年から2006年に当時在籍していた住宅メーカーの展示場が所沢にあり
毎日毎日、この国道463号(うらとこバイパス)を車で通っていましたけど
確かに・・・思わず「自然って凄いな・・・」と何か圧倒されるオーラはありましたね。
ま・・・だけど平日の国道463号の交通渋滞はすさまじく、特に混雑していなければ普通はさいたま市から所沢まで
45分程度でたどり着くのですけど
平日の朝は・・・・大抵1時間半からひどい時は2時間程度も掛る事が多々あり
結構あれは・・・・イライラしたものですね・・・(苦笑・・・)
今回の「浦和の調ちゃん」第8話は・・・・正直意表を突かれて脱力しまくりです・・・(苦笑・・)
というか・・・この回と次回は「連続回」なのですね・・・





20150529-u005_convert_20150530073949.jpg


しかし・・・・この「クイズ! サイタマニア」とは・・・・
あまりにも「そのまんま」なネーミングなので、テンション下げまくり・・・という感じですね・・・(苦笑・・)
そもそもこのクイズの会場って、調達の通う学校の体育館なのかな・・?
それにしても・・・・
この司会者の名前も「中山道次郎」なんて・・・いかにも埼玉そのまんまな名前であり、
ホント・・・、センス無いですね・・・(苦笑・・・)
ちなみに・・・・私の職場は・・・・この旧・中山道沿いにあったりなんかします・・・・
地元風に言うと・・・「けやき並木沿い」というと・・・・分かる方には分かるのかな・・・??

改めてですけど・・・・
鉄道部ですけど、本気でクイズ大会で勝とうと思うのならば・・・・ま・・・上木崎常盤は妥当としても
調ちゃんよりは、田島桜を出した方が確実に勝てそうな気も・・・??


20150529-u016_convert_20150530074013.jpg

20150529-u018_convert_20150530074036.jpg


20150529-u027_convert_20150530074105.jpg


ま・・・元々なんでいきなり「クイズ大会」・・・・??と思っていたら
案の定、鉄道部への対抗みたいな形で叩きつけられた生徒会、というか、彩湖からの挑戦状みたいな
ものなのかな・・・(苦笑・・・)
というか・・・・本当に上木崎常盤と沼影彩湖は・・犬猿の仲というか、
「トムとジェリー」風に言うと・・・「仲良く喧嘩しな・・・」という感じなのかな・・・??
そのクイズ大会のお知らせの文面を彩湖が持ってきたというだけでいきなりゴミ箱送りにする常盤は・・・・
本当にお茶目・・・・(苦笑・・)
横で微笑む緑と桜がいい味出しています・・・

さてさて・・・・
このクイズの中で「彩の国21世紀郷土カルタ」なんて
地元の人間すら、当然ながら私すら知らないウルトラ級マニアックなものからの出題となっていましたけど、
このカルタの「ん」の札は何・・・?という出題は・・・・
ま、確かに分かる人は・・・ほぼ皆無なのかな・・・(苦笑・・・)
ちなみに・・・正解は・・・「シンボルは・・・さいたま新都心アリーナ」という事らしいです・・・

ちなみにこの 「彩の国21世紀郷土カルタ」ですけど、
埼玉県内の子供たちに地元埼玉の歴史を良く知ってもらおうと、昭和57年に作られたとの事で、
このカルタには県内の名所・旧跡や文化・特産物などが、
美しく分かりやすい絵札と読み札で紹介されていて、遊びながら埼玉を知って貰おうという意図が
あるとの事です。
うちの奥様は生まれも育ちも埼玉なのですけど、このカルタは・・・聞いた事すらないとの事です・・・(苦笑・・・)

余談ですけど
このカルタには、私自身の地元、川口ゆかりのものも一首入っています。
それは・・・「ベーゴマは 鋳物のふるさと 川口産」というものですけど、
ま・・・確かに川口は・・・・
私より一回りから二回り上の世代の皆様にはすっかりお馴染みの「吉永小百合」が若かりし日に
撮影された映画「キューポラのある街」の舞台となった地ですからね・・・
それにしても・・・・当時の吉永小百合の雰囲気と今現在の吉永小百合さんの雰囲気は・・・・
大して変わりが無いというのは・・・・本当に凄いものがありそうですね・・・
ちなみに・・「キューポラ」とは鉄の溶解炉という意味で、
キューポラの、屋根から突き出たその姿は鋳物工場のシンボル的な存在でもあり、
鋳物産業が盛んだった1980年代ごろまでの埼玉県川口市には、幾つものキューポラがあったのですけど
現在では・・・ほとんど残っていません・・・
その鋳物工場の跡地には・・・ほとんど超高層マンションが建築され、
1980年代の川口駅前周辺と90年代以降の川口駅前周辺が劇的に変化した大きな一因とも
なっています。

前述のカルタですけど・・・・
他には・・・「川越の 音なりひびく 時の鐘」とか「森の中 トトロをさがす 大冒険」は
まだメジャーだと思いますけど
例えば・・・・
「メロディに ふるさとのせて 下總皖一」とか言われても・・・・多分分かる人はそんなにいないのかも・・・・??
ま・・・このカルタ一つとっても、本当に埼玉は・・・・全国的に知られている「名物」とか「観光名所」というのは・・・
あんまりないものですね・・・・(笑)
「浦和の調ちゃん」の舞台となっている浦和南高校鉄道部ですけど、
この部にも実は顧問がいたのですね・・・・
その顧問の先生は・・・・多分30代中盤のお見合いの百戦錬磨という設定・・・・(笑)
しかも・・・・
お見合い先が、なぜか埼玉ではなくて「京都」というのは・・・、うーーん、なぜなんでしょう・・・??
そう言えば、このアニメの放送局は言うまでも無く「テレビ埼玉」なのですけど、
なぜか・・・
全国の放送局の中で、テレ玉以外では唯一、KBS京都が放映しています。
しかもKBS京都の場合、月曜PM19:55~20:00という言わば・・・「ゴールデンタイム」で放映しているのですよね。
うーーん、これはすごい・・・
テレビ埼玉のリアル放映ですら、深夜25:35からの放送だと言うのに・・・・(苦笑・・・)

鉄道部の顧問が京都でお見合いと言うのも・・・実は・・・こうした京都との絡みがあるのかな・・・・??
関係ないですけど、最近このブログでよくネタにしているアニメ「響け! ユーフォニアム」の舞台は、
北宇治高校という「京都」ですからね・・・
何か4月以降、すこーしだけ「京都」と繋がっているのかな・・・??





縺励@縺翫→縺誉convert_20150525175146


さてさて・・・今回の「浦和の調ちゃん」第7話の中で、
お見合いシーンという事で、日本庭園風な所で竹がカコーンと響くようなシーンがありましたけど、
あの日本庭園の池みたいなところに設置してある竹と水でカコーンと音を響かせる装置の名前、
何て言いましたっけ・・・・??
うーーーん、以前聞いたことがあるけど、ど忘れしてしまった・・・・・(苦笑・・・)
ネットで検索して調べたところ、やっと名称が判明・・・・
あれは・・・「ししおどし」という名前との事です。


43a151dc_convert_20150525175325.jpg

0692b598_convert_20150525175255.jpg


それにしても・・・・・

伝統的な日本の「お見合い」って、なぜか知らないのですけど
日本庭園みたいなところで着物を着て、初めて出会う男女が和室で正座をして、
「ご趣味は・・・・」みたいなカチコチのぎこちない会話をする・・・・
そしてその背後では、前述の「ししおとし」がカコーンと鳴り響く・・・みたいな印象があるのですよね・・・
あれって、なんでそんな日本庭園・ししおとし・着物・正座・和室・カチコチに緊張という
イメージがあるのかな・・・・??
でも、まさにあの「ししおとしのカコーンと響く音」は、まさに「これぞお見合い!!」という何かベタな王道という
感じすらありますね・・・・

実は・・・・・

私一度でいいからこういうカチコチの堅苦しいお見合いをしてみたかったのですよね・・・・
仲人さんがいて、相手の親がいて・・・・
最後は・・・・
「それではあとは・・・若いお二人で・・・」みたいな展開になるベタな昔ながらのお見合いって
一度でいいから経験したかったのですよね・・・・
何て言うのかな・・・・
多分・・・ああしたお見合いの緊張感と言うのは半端ないものがあると思います・・・
もしかしたら・・・・
就活とか転職活動時の企業の「最終面接」の場と同じか、むしろそれ以上緊張するのかな・・・・
なんかああいう劇的に緊張する場面で
自分がどんなとんちんかんな事を言うのか・・・・相手は自分の事をどの程度興味を持って見てくれているのか・・・
あたりは・・・・
なんか・・・・とてつもなく興味はありますね・・・
ま、私も合コンとか友達からの紹介みたいな形で、お見合いに近いようなものも、経験はあったのかも
しれませんけど、
ああいう本格的な日本庭園・着物・ししおどしみたいな感覚のお見合いは・・・・経験が無いだけに
一度くらいはしてみたかったかも・・・・

京都という事で・・・、京都アニメーション制作の「氷菓」の千反田えるに敬意を表して・・・
「お見合いですか・・私・・・気になります・・・」という感じなのかな・・??

ま・・・だけど・・・万一お見合いをしたとしても・・・・多分・・・・
後日「お断り」の連絡を貰うのは目に見えているけど・・・・(苦笑・・・)

「浦和の調ちゃん」も第7話に突入・・・
確かに浦和は埼玉県の県庁所在地なのだけど、
浦和の街には新幹線も停まらないし、これといった名物もないし、
浦和区民の「郷土愛」らしきものも・・・多分・・・全国47都道府県の県庁所在地のある自治体の中では最低レベル・・
十万石まんじゅうの店舗もないし、
数少ない名物の「うなぎ」だって・・・・うーん、全国的には必ずしも珍しくも何ともない・・・・
まさに何にも無いない尽くし・・・・(苦笑・・・)






CIMG8334_convert_20150504192720.jpg


ま・・・、その辺りの自虐ネタなのかもしれませんけど、
第三話に引き続いて、鉄道部のお茶菓子にまたまた「うまい、うますぎる・・」でお馴染みの「十万石まんじゅう」が
再度登場していましたね。
ホント、浦和の街には・・・「これぞ浦和!!」みたいな名物が無い証しとしての自虐ネタなのかもしれませんよね。

今回のお話には、私のお気に入りキャラの大谷場南も登場・・・・!!
やはり・・・いるのかいないのかよく分からなかったけど・・・田島桜がいて、
なんかゴショゴショ呟いていましたけど、
ぜーんぜん、印象に残っていないです・・・・(苦笑・・)
その点、おバカな大谷場南やおっとり系の癒し姉さんの道祖土緑とかやっぱり今回も凶暴(?)だった上木崎常盤とか
段々とキャラ設定が明確になってきましたね。
でもやっぱりこのアニメで一番濃いキャラは・・・・沼影彩湖だと思います・・・・

あ、そうそう・・・・
「十万石まんじゅう」ですけど、
恐らくは・・・・東浦和の花屋の娘の道祖土緑が購入したと思われる十万石まんじゅう東浦和店においては、
今度の土日、5/23~24は二日間限定で
「十万石まんじゅう感謝デー」が開催されるそうで、本来一個110円のものが
この二日間に限り、一個60円で発売されます。
この埼玉の数少ない銘菓を食べたい方は・・・・お店に急げ!?
ちなみに・・・私も日曜日に仕事の合間に、またまたうちの奥様からの「期間限定・レモンタルト」の予約と合せて
何個か十万石まんじゅうを買いたいと思います。
そして・・・・これを食べたら、みんなで・・・「うまい・・、うますぎる・・」と言いましょう・・・・(苦笑・・・)



30a07992_convert_20150522133814.jpg

5b9a49af_convert_20150522133752.jpg


398eccbc_convert_20150522133841.jpg


ちなみに・・・・・第7話の「浦和の調ちゃん」は・・・相変わらずストーリーはあってないようなゆるゆる展開・・・

ま・・・、それがいいんです!!

あのゆるさこそが・・・このアニメの持ち味ですから・・・

それにしても今回は・・・・久しぶりに大谷場南が例によって上木崎常盤をダイエットネタ系でいじったら・・・
今回も上木崎にボコボコにされてしまいましたけど、
今回は・・・・
ゴミ箱に捨てられていました・・・・・(笑・・・)
いやいや、常盤の上品な雰囲気とその凶暴さのギャップも実にいい味出していますけど
やっぱり・・・・あの大谷場南の少し頭の悪い系の言動が・・・・
実にいい味を醸し出していますね!!
何となくですけど、大谷場南と高砂調は・・・このアニメのダブルヒロインというか
プリキュアに例えると・・・・ピンク×黄色の鉄板組合せみたいな感じもありますね・・・・


蠖ゥ鬥吶・螳晉浹_convert_20150522134124


そうそう・・・

先程浦和の街には何にも名物が無いと書きましたけど
ま、厳密に言うと浦和ではなくてさいたま市緑区なんですけど「彩果の宝石」という
大変上品で見た目が美しくてとっても甘くて美味しいフルーツを象ったゼリーがあったりします・・・
(以前書いた行田のゼリーフライとは・・・全然関係ありませんので・・・念のため・・・)
十万石まんじゅうの店舗は浦和駅周辺には無く、
浦和駅近くの伊勢丹やパルコにすら十万石まんじゅうの店舗は無いのですけど
この「彩果の宝石」の店舗は、浦和駅目の前のコルソと言う百貨店内にちゃんとありますし、
本店は・・・・道祖土緑の花屋の店がある東浦和周辺の浦和区緑区大間木というところにあります。
この本店は・・・一見パルティノン神殿のように見えない事も無く、国道463号線沿いにありますけど、
結構存在感はありそうなお店だと思います。

私もこの「彩果の宝石」は何度も食べた事がありますけど
とっても美味しいですよ・・・!!
そして見た目がとっても可愛くて綺麗です!!
この「彩果の宝石」は、フルーツ・砂糖・かたち・食感に大変こだわりがあるそうですけど
まさにそれに相応しいこだわりのあるお菓子で、そして・・・
本当にとっても美味しいです!!

テレビ埼玉のCMでは、「十万石まんじゅう」と同様にこの「彩果の宝石」もお馴染みで
埼玉県民にとっては・・・
やはり「愛着のあるお菓子」の一つだと思います。
「浦和の調ちゃん」のCMでもこの「彩果の宝石」が流されたことがありますので、
是非是非このアニメ本編でも、この「彩果の宝石」が登場して欲しいものですね・・・・(笑)

 | BLOG TOP |  NEXT»»