FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計





「ララマジ」において鍵盤ハーモニカを担当している中学3年生の女の子は瀬沢かなえです~♪

このJCさんもとってもいい子でして、私自身もゲーム上では御ひいきにしているキャラの一人です。
というのも私自身も瀬沢かえなも田舎の地方出身で、地方から都内に上京してきたプロフィールには共感するものが
大であったりもします。(古い言葉で言うと「おのぼりさん」という事だと思います)
瀬沢かなえは田舎生まれの美少女で都会的なおしゃれ女子を目指していて、時々、津軽弁や名古屋弁のようななまりが
出るというのも方言女子っぽくてかわいいです。
青森出身なのかもしれないですし、はたまた名古屋育ちなのかその育ちや出身地は不明であったりもします。
父親の転勤で東奏市(東京都東大和市がららマジの舞台でもあります)にやってきた転校生というのも私自身の体験に
被っていたりもします。
方向音痴でよく道に迷っているというのも天然さんの転校生らしい設定で、これがまたとってもかわいいですね~♪
ちなみに「瀬沢」という姓は長野県がルーツで全国に190人程度しかいないかなりレアな苗字でもあるそうです。
バトル時には鍵盤ハーモニカ型のナイフを両手に持って戦っていたりもします。

瀬沢かなえがららマジで担当している楽器は「鍵盤ハーモニカ」です。

最初に鍵盤ハーモニカと目にした際はグラスハーモニカという一種の鍵盤打楽器またはアコーディオンの事なのかな・・?と
思っていたら、実は日本の学校教育でもリコーダーと共に楽器として既に定着していた「ピアニカ」でもありました。
後述しますけど、ピアニカというのはヤマハが名づけた商品名であり、ピアニカという名前があまりにも馴染み深い名前に
なってしまっていて、もしかしたら日本においては瀬沢かなえが担当している楽器は鍵盤ハーモニカという名称よりも
ピアニカというヤマハの登録商品名の方がお馴染みなのかもしれないです。

鍵盤ハーモニカは、吹き口やホースを使って息を吹き込み、鍵盤を使ってそれに対応したバルブを開閉して、
押した鍵盤に対応するリードを息で振動させて音を鳴らす楽器で、
息づかいによる表現や和音の演奏など鍵盤楽器と管楽器両方の特徴を持つ珍しい楽器と言えるのかもしれないです。
ピアノのような鍵盤が並んでいますけど、楽器区分としてはピアノではなくてハーモニカの一種であるという位置づけです。
初心者でも安定した音程を出すことができますし、比較的扱いやすい楽器と言う事で、
日本の学校教育においては。鍵盤ハーモニカは幼稚園や小学校低学年の一斉授業や鼓笛隊などで使う教育楽器であるという
イメージが強いと言えそうですけど、アコーディオンと同様に豊かな表現力をもち、
大人の奏者やプロの演奏家も使う本格的な楽器であったりします。

私自身、中学時代は吹奏楽部に所属しているというただそれだけの理由で校内で毎年秋に開催されるクラス対抗の
合唱コンクールの指揮者に毎年指名されていましたけど、私自身の感覚としては吹奏楽の指揮・指導よりは
合唱の指揮・指導の方が難しい・・という印象もあったりします。
合唱は通常はバス・テノール・アルト・ソプラノの四部構成ですけど、全体練習とは別にパート練習をする場合、
ピアノ伴奏が必要なのですが、ピアノは音楽教室に一台しかないため、指揮者とピアノ伴奏は、このピアニカ・・というか
鍵盤ハーモニカで伴奏をする事も多々あったりして、私自身もその3年間でピアニカの腕前は相当上げたといえそうですし、
もしかしたら吹奏楽部の本職のクラリネットよりも上達していたのかもしれないです・・(汗)

ただ、私自身は吹き口を使って吹く奏法よりもホースを使用して息を吹き込む奏法の方が吹きやすかったです。

吹き口から直接息を吹き込むと、自分の指使いが見えないという事ですごくやりにくかった印象があるのですけど、
クラリネットを普段吹いていた時は当然演奏中に自分の指は見る訳はありませんし、演奏中は基本的には指揮者と譜面しか
見ていませんけど、鍵盤ハーモニカを吹く際は、鍵盤と自分の指が見えていないとなんだかやりにくい・・という感覚が
あったのは不思議なものでした。

上記で触れたとおりららマジの瀬沢かなえで担当している楽器の名称は鍵盤ハーモニカ手あり、
ピアニカ・メロディオンという名称はメーカーの商標名であったりもします。

ヤマハ→ピアニカ

鈴木楽器製作所→メロディオン

キョーリツ→メロディピアノ

ホーナー→メロディカ・ピアノ

鍵盤ハーモニカ製造メーカーによって名称が異なるのも面白いですけど、それはあくまで商品名という話でもあったりします。
実際日本の教育現場ではヤマハが製造したピアニカが主流となっていますので、日本においては、鍵盤ハーモニカという
楽器名よりはピアニカという商品名の方が馴染み深いというのも大変興味深い話だと思います。

そうした事は、トイレの「洗浄便座」にもいえるのかもしれないです。

洗浄便座は日本においては、洗浄便座という呼び方よりもむしろ「ウォッシュレット」という呼び方の方が馴染み深いのかも
しれないです。
ウォシュレットはTOTOが販売する温水洗浄便座の商品名であり、
INAX(現・LIXILで、LIXILでの商品名はシャワートイレであったりもします・・)や他社製の同種類のものも含め、
TOTOの登録商品なのに他社でも「ウォッシュレット」と呼ばれがちというのは、それだけウォッシュレットという名前が
定着しているという事なのだと思います。
ウォシュレットの名称はTOTOの登録商標(日本第1665963号など)であったりもします。

名称は鍵盤ハーモニカだけどピアニカという呼び方がタ定着しているのと似たようなモノがありそうですね。

私自身、中学校以降はずっと吹奏楽部に所属していましたけど、小学校の頃の放課後課外活動として、
週に2~3回程度の練習を行う管楽器クラブに所属し、そこでは打楽器(主にティンパニ・ヴィヴラフォーン・シンバル等)を
担当していました。
当時の感覚としては「こうした大人数での合奏するのだったら、叩く楽器よりも吹く楽器の方が面白そうだし、より音楽に
参加しているという意識がありそう・・」と感じ、中学入学以降に吹奏楽部の門を叩いたのですけど、これが結果的に
間違いだったのかそうではなかったのかは今となってはよく分からないですけど、結果的に音楽を知るきっかけになったのは
確実なのでそれはそれで結果オーライなのかもしれないです。
小学校の管楽器クラブはららマジと同じくらい編成が自由自在で、
主なメロディーライン担当楽器は、リコーダーと、ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)とアコーディオンだったと思います。
そこにトランペット・トロンボーン・クラリネット・サックス・チューバ等の管楽器や打楽器が加わり、なぜかしりませんけど、
そこに更に足踏みオルガンも加わっていましたので、奏でられるサウンドの響きは今にして思うと相当奇妙だったのかも
しれないですけど、運動会での鼓笛隊と合せる形での入場行進の演奏とか学芸会での演奏お披露目とか
年に3~4回程度開催されたお楽しみ演奏会等での合奏やそこでの練習はとにかく「楽しかった!」としか言いようが
なかったと思います。
指導する先生も細かい事はあまり気にされないで、「とにかくみんなのやりたいように吹いていいよ~」という感じで
のびのびと楽しんで吹いていたと思いますし、楽器編成がららマジと同じくらいてんでバラバラでしたけど、
そこから奏でられる音楽は、むしろ自由自在な気ままさだったのかもしれないです。
こういうのを「楽しむ音楽」というのかもしれないです。


_convert_20191208000153.jpg


そうそう、このピアニカ(鍵盤ハーモニカ)ですけど、アニメ「四月は君の嘘」という作品の第一話でも登場していました!

この作品の主人公の有馬公生は、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合うのですけど、
この時に宮園かおりが子供たちと楽しそうに吹いていた楽器が、この鍵盤ハーモニカでもありました。

有馬公生は母親の死でピアノを弾く事ができなくなってしまい
(演奏中にピアノの音が聴こえなくなってしまう症状に苦しめられます)
ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、
母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始めるというのがこの作品のはじまりだったのですけど、
ネタバレになってしまうので多くは語れませんが、あんな天真爛漫で元気溌剌だった宮園かおりが病魔に侵され、
亡くなってしまうという衝撃の話でもありました・・


_convert_20191208000247.jpg

_convert_20191208000355.jpg


ピアニカを吹く瀬沢かなえはとてもかわいいですね~♪

ホースではなくて吹き口から息を吹き込む奏法を採用しているようですけど、プロの鍵盤ハーモニカ奏者は
ほぼ全て吹き口から息を吹き込んで音を出しています。
ホースを使用して息を吹き込む奏法はあくまで学校の音楽の授業のみという事なのかもしれないです。


_convert_20191208000656.jpg


設定の上では「まだまだあか抜けない田舎の美少女」という事なのですけど、いやいや、そんな事ないですよね~

すでに都会のすてきな美少女という雰囲気だと思いますし、おしゃれも楽器も「まだまだこれから~」というのびしろが
大いにあるキャラといえそうです~♪

スポンサーサイト



「女子高生の無駄づかい」は原作漫画もアニメもとっても面白く、時にシュールな所がとても楽しいです。

そして間もなくその実写版のドラマの放映が始まりますので、過度な期待はしないで、まずはどんな感じに仕上がっているのか
少し注目させて頂きたいと思います。
(バカの田中役を演じる岡田さんの開き直りのふっきれた演技が出来るかどうかが一つのポイントなのかもしれないです)

アニメの最終回は落第と進級のボーダー上の田中(バカ)の話がメインでしたけど、アニメではあまりにも試験勉強が
捗らず内容が全く理解できない自分のバカさにさすがに嫌気が差し、学校を無断欠席して養豚場にてバイト生活を
していたバカをヲタやロボたちがどうにかこうにかなだめ、最後はマジョが作成した「頭がよくなり脳が活性化する」という
訳のわからんドリンク剤を無理やり口に流し込まれ、どうにかこうにか落第を免れていたバカでした。
原作の漫画版ではそのあたりが少しばかり違っていて、ヲタやマジメ・ロボたちに勉強を見て貰えているバカの様子を見て
ワセダは「田中は多分大丈夫だろう・・」と慈愛の眼差しで見ていたのですけど、
「本当の問題はお前だ!」といってワセダが名指ししていたのは実はヤマイでした!
原作漫画においては、バカは追試も補習も無く無事に2年生に進級していましたけど、ヤマイとマジョの二人は
春休みの間中ずっと補習を受ける事を条件にどうにかこうにか2年生に進級していました。
(学力的にバカの田中よりも実はもっとやばいというのがヤマイであり、マジョは学力が原因ではなくて、前半の不登校による
出席日数の足りなさがまずかったようです・・)


002_convert_20191204161105.jpg


なんとかアニメ版でも原作漫画でも無事に2年生に進級したバカたちでしたけど、
(2年生に進級した事を忘れて1年2組の教室に入ってしまい、なんとなくロボに雰囲気が似ている下級生に普通に話しかけ、
頭が剥げた1年2組の担任を見て「ワセダが急に老け込んだ!?」と思ってしまうバカとヤマイのアホ振りも楽しかったです~)
2年2組は、旧・1年2組に各クラスの文系を何人か新しく入れ、基本的には2年生になっても1年のクラスメイトとほぼ同じという
感じではありましたけど、ここに一人、新しいキャラが登場してきます。

それがノラ((野原愛莉)という見た目的には目つきがとてつもなく悪くて、ヤンキーオーラを遺憾なく発揮しまくっていて
周囲から浮きまくっているJKさんでした。
人間不信で学校では一人でいることが多く、口も態度も悪く、不良のような空気を漂わせていて周りからは
「なに、このやばそうな子は・・」と思われています。
そしてこのノラは原作漫画では第5巻から登場しています。アニメ版ではセリフとしては未登場キャラでしたけど、
最終回にてマジメの後ろの席にいた所がほんの一瞬だけ出ていました。

マジメの真後ろにこんなやばくて危険な子がいるとは、マジメとは本当に改めて運の無い子といえそうですね~

ちなみにマジメ(一 奏)なのですけど、こんなに勉強が出来て性格も義理堅くて真面目で優秀な子がどうして
底辺校の都立さいのたま女子高校に在籍しているのかと言うと、
本命高校の受験日当日に40度を超える発熱と下痢と吐き気と頭痛と水疱瘡にぎっくり腰と突き指により志望校を受けられず、
「今の私は4歳児の知能レベルと同じ偏差値しかないといわれるこの都立さいのたま女子高校に進学するしか道は無い」という
事で試験当日もとんでもない高熱と下痢状態と血を吐きまくっている状態で受験に臨んでいた経緯もありました。
それでも合格してしまう都立さいのたま女子高校の残念さも壮絶なものがありそうです・・
(バカやヤマイが普通に合格してしまう学校ですし、バカは試験当日もここが女子高であるという認識は皆無で
あったのもバカらしい話ですね・・)

マジメと同様に「どうしてこんな優秀な子がこんなバカ高校にいるの~!?」という筆頭キャラはロボなのですけど、
(ロボは進学校の中学時代に全国模試で全国一桁の学業成績を残している才媛でもあります・・)
感情が死滅しているロボには中学時代仲の良い友達は皆無であり周囲から浮きまくっていて、それを気に病んだロボが
バカとヲタが進学予定の都立さいのたま女子高校に進学してまで、バカたちと一緒の時間を過ごしたいという事なのでけど、
一見無表情・無感情と思える人にもちゃんと「自分の気持ち」が備わっているという事を示唆している話と言えそうです。





ノラは座席上はマジメの後ろにいて、目つきが鋭くなんだかいつも周りにガンを飛ばしていそうな雰囲気のヤンキーっぽい
JKさんです。髪型は艦これの浜風のように常に片方が眼が前髪で隠されています。


_convert_20191206174902.jpg


ノラは見た目はガチなヤンキーっぽい雰囲気で、その初登場の際にも「薄汚ねぇ手で触れるな!」と気さくに接した
バカの手を払いのけ、教室の空気を一瞬で凍らせてしまうほどの負のオーラを発揮しまくりです。
ちなみにそのシーンの後でバカは「あ・・本当だ・・本当に手が汚れまくっていた・・」と全く気にもしていない様子なのは
むしろそれがバカのバカの所以なのかもしれないです。
そうそう・・野原愛莉を「ノラ」というあだなを命名したのはいうまでもなくバカです~
学校内でも遅刻は多いし、クラス内の誰とも仲良くしようという気もないようですし、2年2組の中では完璧に浮き上がって
しまいます。
「女子高生の無駄づかい」という作品の中では扱いにくそうなキャラで、原作漫画でも第6巻でも何度か登場していましたけど、
やはりその心のガードは依然として高そうです。
そんなノラが今後どうやってあの「女子高生の無駄づかいのキャラ」たちと絡んでいくのかはむしろこれからのお楽しみという
事なのだと思います。
そして一見するとゆるい日常系作品の「女子高生の無駄づかい」という作品も、もしかしたら、ビーノ先生の意図としては
「ひとつのクラスにもこんなにも個性に溢れている・・そうした個性を潰さないでその多様性を社会全体で認め合っていこう!」
みたいな意図も多少はあるのかもしれないですね~♪


003_convert_20191204161123.jpg


見た目は不良そのもののノラですけど、実はとてつもないネコ好きでもあったりします。

ノラは現在はアパートで一人暮らしなのですけど、その一人暮らしの理由は、1.親との確執があり特に父親とソリが合わない
2.家で猫を飼う事が認められなかったのでアパートで猫を飼いたいという事でもあります。

「ネコ好きの人に実は悪い人はいない」という言葉ではないけど、猫のモフモフ~ッとした感じに癒されるノラは
案外その素顔はいい子なのかもしれないですね。
ノラは野良猫を見かけると、ついつい構ってあげたくなってしまうのですけど、ネコはノラの雰囲気にびびってしまうのか
さーーっと姿を消すことが多く、実は現時点ではノラはアパート内で猫を飼っておらず悶々とした日々を送っているようでも
あります。そしてノラの夢とはいうまでもなくアパート内で「にゃんパラ」という猫のパラダイスを実現させる事でも
あったりします。

それにしてもノラの父親も結構胡散臭くて、テキトーでいい加減オーラに溢れていて、あのノリの軽さはノラでなくても
イラッ・・とするのかもしれないですね~
ノラは高校進学時にその父親が所有するアパートの一室に家賃無料で一人暮らしをする事となり、親との約束で
「仕送りは月に3万だけ、それ以外は自分でアルバイトして稼ぐ」という約束になっていて、ノラは学校生活とは別に
コンビニ店員というアルバイト生活もしています。

ノラがバイトしているコンビニにふらっとやってきたのがバカだったのですけど、ノラはバカをレジで見かけるなり
「こいつが私にノラなんてしょーもねーあだなをつけやがって・・」と逆恨みし、バカが購入したプリンについて
「そのプリンをレンジでチンするととてつもなく美味しくなる」と嘘を付き、それを簡単に信じ込んだバカがコンビニ内のレンジ内で
プリンを爆発炎上させている様子を見てほくそ笑んでいたシーンは、素直になれないノラと
人の言う事は結構あっさりと信じ込んでしまうバカの善人振りを物語っているのかもしれないです。

アニメ作品で猫好きJCさん・JKさんというと個人的にはスイートプリキュアの南野奏とラブライブ!の星野凜ですし、
この二人はとってもかわいい女の子なのですが、それに対してのノラはあまりにも猫を愛する美少女とはかけ離れたイメージ
かもしれないですけど、そうしたノラが今後どんなバカ達との絡みを見せてくれるのか楽しみですし、
もしもこの作品のアニメ第二期が実現したとしたら、是非ノラは登場して欲しいですね~♪
(実写版ドラマにおいて、ノラが登場するかどうかも興味津々です)


_convert_20191206174927.jpg

原作では登場しているけどアニメでは未登場だったキャラはノラ以外ではヒメ(中村 詩子)というキャラもいたりもします。

ヒメはバカのことを「ノンちゃん先パイ」と大変慕っていて、都立さいのたま女子高校におけるバカの後輩という立ち位置で
あったりもします。
現在JKさんのヒメは、読者モデルとしての雑誌にも掲載されている美少女という側面もある一方で、
家ではスッピンで素朴な顔をしているラーメン屋NAKAMURAの看板娘の2つの顔を持っていたりもします。
ヒメは今現在はかわいらしさとJKさんらしいアイテムに溢れた美少女なのですけど、
実は小学生の頃までは、太った外見と実家がまずくてとんこつ臭がきついラーメン屋を営んでいるせいもあり、
豚骨の臭いを漂わせていた事が原因で周囲からは「ブタ子」と呼ばれイジメを受けていた経緯もあったりします。
ある時、いつものようにイジメっ子グループから執拗なイジメを受けていた時に、当時中学生だったバカの田中が
「お前ら全世界の豚さんに謝れ~」となにやらとんちんかんな事を言っていたものの、結果的にヒメをいじめていた
イジメっ子を追い払い、調子にのったバカがヒメの父親が経営するそのまずいラーメン屋に対して
店内の汚さや提供された水の腐ったような臭いとかラーメンにダメだしをしまくり悪態をつきまくり、それが原因となって
ヒメの父親のハートに火が付き、店内の清掃やウォーターサーバーを店内に取り入れたり、ラーメンの味を改良したりして
少しずつ客足も戻っていきます。
しかしその後、別の土地でラーメン店を一からやり直す事を決意した父親は移転を決意し、
ヒメにとって数少ない友達としてバカと仲良くしていていたものの、ヒメはバカに別れも言えず高校入学までそれっきりの状態に
なってしまいます。
そして中学時代のヒメは、長期間のダイエットに励み、メイク研究の成果で読者モデルに選ばれる程の容姿を手に入れている
努力家美少女JKさんにもなっていました。
そしてその背後にあるのは「豚さんに謝れ~」と自分を擁護してくれたバカへの感謝であり、都立さいのたま女子高校でバカと
思いがけず再会を果たした・・という事で、「女子高生の無駄づかい」としては屈指の泣かせる話を展開してくれていました。
そうしたヒメの嫌いなものは、自分が必死になって手に入れたものを天然で持っている人という事で、
ヒメはリリィが苦手という事でもあるようです。
なお綺麗になった後でもバカや隣の席の子に気づかれる程度いまただに豚骨の臭いがする様子でもあるようです。


_convert_20191206174947.jpg


最後に・・「女子高生の無駄づかい」の中で屈指の幼さ・幼女的雰囲気を保っているのはいうまでもなくロリなのですけど、
ロリは自分の胸がAカップにすら届かない・・と思い悩んでもしていましたけど、リリィのファション講座によって
ロリの胸はBカップぐらいに見えるようになっていましたけど、ああやって見てみると女の子のおしゃれというものは
確かに大変だけど、その効果は絶大なものがありそう・・と感じたものでした。

そして髪をアップしてボニーテールにしたロリのかわいらしさは反則的かわいらしさに溢れていましたね~♪
昨年10/17の記事でも書いた通り、アニメにおける通算シリーズにはシリーズからシリーズへのバトンタッチという継承性があり、
プリキュアシリーズもそうですし、ラブライブ!→ラブライブ!サンシャイン!!への継承もそうなのかもしれないですし、
シリーズを超えた継承性という意味では、三期続いたプリティーリズムシリーズからバトンタッチされる形で
放映が開始された大人気アニメの「プリパラ」もそうなのかもしれないですし、プリパラからバトンを受け継ぐ形でスタートした
キラッとプリ☆チャンもそうなのかもしれないです。

「アイドルマスター」とはバンダイナムコより発売されているゲームシリーズで、正式名称はTHE IDOLM@STERです。
元々はアイドル育成シミュレーションゲームとして始まり、
プレイヤーがプロデューサーとしてアイドル(候補生)を育成するゲームシステムや個性豊かなキャラクター楽曲などが
多くの支持を受けている大変息の長い作品とも言えます。
私自身、アイドルマスターのゲームはほとんどした事が無くて、どちらかというとそのゲームから派生したアニメ作品ぐらいしか
よく分かっていないという感じでもありますし、そのアニメ作品も全てを視聴したという訳でもないので、
私自身、正直アイドルマスターを深く語れる資格はそれほどないのですけど、シリーズを超えた継承性という意味では、
プリキュア・プリパラ・ラブライブなどにも通ずるものがあるのかな・・?と感じ、本記事にてほんの少しだけアイマスについて
触れさせて頂きたいと思います。
どうして急にアイドルマスターについて触れて見たかと言うと、これは完全に時節を逸しているのですけど、
ローソンで艦これの秋祭りの後段作戦が開始された10月15日は、実はアイドルマスターシンデレラガールズとローソンの
コラボキャンペーンが開始された日でもありまして、艦これの後段作戦での戦利品獲得がほとんどできず
傷心状態の(??)私の目に飛び込んできたのが、ローソンで同日に開始されたアイドルマスターシンデレラガールズの
かわいい美少女達のクリアファイル等のコラボグッズでしたので、
アイドルマスターシンデレラガールズというと島村卯月・渋谷凜・黒埼ちとせ・神崎蘭子というイメージが大変強かった私ですが、
小日向美穂・白坂小梅・大槻唯・佐久間まゆ・速水奏・相葉夕美のかわいいグッズを見ていると、
「デレマスもいいよね~♪」と改めて感じてしまいましたので、本記事においては、そのローソンコラボキャンペーンと
アイドルマスターシンデレラガールズではなくて、2011年7月から12月にかけて放映されていたTHE iDOLM@STER(アイマス)の
メンバーの中で、私のお気に入りキャラの一人でもあった高槻やよいの映画版フィギュアのレビューを
少しばかりさせて頂きたいと思います。

THE iDOLM@STER(アイドルマスター)、略して通称・アイマスは、その作品はスピンオフのような派生作品も含めると
数が多くて大変分かりにくい上、各々の作品にアニメ作品・ゲーム版・漫画版があったり、とにかく登場しているキャラの数が
半端無く多いという事で、THE iDOLM@STERシリーズを全て隅から隅まで全部把握されている方は、私は凄いと思いますし、
神のような人だとすら尊敬してしまいそうです。

THE iDOLM@STERシリーズの元祖とも言えるアイドルマスターシリーズのアニメ版は、2011年7月から12月にかけて
放映された全25話のシリーズです。
一般的にはアイドルマスターというとこのアニメ作品というイメージもあるのだと思います。
(天海春香・如月千早・星井美希などがメインキャラです)
そしてこのアニメ版の集大成といえるのが、THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! という映画版もあります。
この映画は2014年1月25日から公開されアニメ版の続編にあたり、成長したアイドル達の活躍を見る事が出来ます。
通常アニメ作品の劇場版は長くても1時間半程度ですけど、この作品の放映時間は2時間3分にも及ぶというのは特筆に
値するものがありそうです。

そして元祖作品ともいえる「アイドルマスター」の派生作品としてアイドルマスターディアリースターズと
アイドルマスターシンデレラガールズの2作品が挙げられると思います。

アニメ版のアイドルマスターシンデレラガールズは、 2015年1月~4月に1st seasonが、7月~10月に2nd seasonが放送され、
全25話で構成されています。
元祖作品のアイドルマスターからはキャラは一新されていますけど、その世界観は共有され引き継がれています。
デレマスというか、アイドルマスターシンデレラガールズの世界観はテレビアニメ版THE IDOLM@STER」や
劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」と共有されていますけど、
デレマスは劇場版の後の時系列になっているものの、765プロのアイドルを始め前作のアイマスに出ていたキャラクターは
ほとんど登場しません。
(キャラは被らないけど、その世界観は共有されています)

原作ゲームのTHE IDOLM@STERシリーズは当初からアニメ化が困難な作品であると認識されていたと思います。
というのもゲーム作品はその本質はアイドルシミュレーションゲームという事で、プレイヤーの好み・脳内妄想によって
キャラやストーリー展開が委ねられることが多く、
原作ゲームにおけるプレイヤーの行動次第でストーリーが分岐するような要素はアニメで再現されにくく、
プレイヤーそれぞれに作品に対するイメージが異なっていたからです。
そのため、アニメ化に際して制作者の皆様がまず第一に意思統一されたのが、
監督がファンを代表して監督なりの解釈で作った作品という方向性であり。
雑居ビルの3階に事務所を構える「765プロダクション」に所属するアイドル候補生たちが一人前のアイドルへと成長していくさまを軸にして展開されたという事は大変明確になっていると思います。
そしてそうした世界観はデレマスとも呼ばれるアイドルマスターシンデレラガールズにも世界観として共有されつつも
原作ゲームの設定やエピソードを取りいれつつも、全体としてはアニメ版独自のストーリーを描いているのが
大きな特徴でもあります。
ただ一つ言える事は、原作ゲーム版→アイドルマスター→アイドルマスターシンデレラガールズと作品が異なっていっても
全体に流れる「アイドル候補性が頑張って一人前のアイドルになれるように頑張って努力する」という核は、
シリーズを超えた継承性があると思いますし、その辺りがプリキュアシリーズの継承性や
プリティーリズム→プリパラへの継承性、ラブライブ!→ラブライブ!サンシャイン!!への継承性にも共通するものが
多々あると感じられます。




021_convert_20191016165633.jpg


既にとっくの昔に完了したキャンペーンで完璧にタイミングを逸していますけど(汗・・)
2019年10月15日より全国のローソン店舗(※)にて「アイドルマスター シンデレラガールズ」とタイアップしたキャンペーンが
始まっていました。

2019年10月15日~11月4日に、ロッテの対象商品を3点購入すると「オリジナルクリアファイル(全3種)」のうち1枚が、
コーワの対象商品を3点購入すると「オリジナルA2ポスター(全3種)」のうち1枚が先着順で配布されるという企画もあり、
今回は対象商品がロッテという事で、千葉ロッテマリーンズの大ファンである私にとっては、
ロッテ製品も購入出来て尚且つデレマスのグッズがもらえるという事で一石二鳥のすてきなキャンペーンといえそうです~♪

今回は、白坂小梅・速水奏・小日向美穂・佐久間まゆ・大槻唯・相葉夕美の6名がキャンペーンガールとして登場し、
ローソン限定のオリジナルハロウィン衣装を身に纏った大型ポスターやクリアファイルが先着順で配布されるのがメインの企画
でしたけど、他にもデレマスの例えばラバーストラップ・スクエアバッジといったオリジナルグッズや
名刺ホルダーが付いたPontaカードの販売といったコラボ企画も展開されていました。

クリアファイルは全3種で、小日向美穂・白坂小梅・大槻唯の中から先着順で選べます。

オリジナルA2ポスターはやはり全3種で、佐久間まゆ・速水奏・相葉夕美の中から先着順で選べます。

私自身は、今回は対象のロッテ製品を三つ購入させて頂き、クリアファイルの中から小日向美穂をチョイス
いたしました~♪
小日向美穂のハロウィン衣装はとてもかわいくて美少女アイドルの雰囲気に溢れていると思います!


010_convert_20191016165237.jpg


ここから下記は、デレマスではなくて、THE iDOLM@STERシリーズの元祖とも言えるアイドルマスターシリーズのアニメ版の
登場キャラのフィギュアのレビューです。

今回レビューさせて頂くのは、劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」中のライブで披露した
スターピースメモリーズを身にまとったフィギュアシリーズの第4弾となる高槻やよいのフィギュアです。
やよいらしい片手を上げた元気なポーズで立体化されていて、特徴的なふんわりツインテールも見事に再現
されていると思います。

この商品の概要は下記の通りです。

商品名 : THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!~高槻やよい・スターピースメモリーズ~フィギュア

メーカー : バンプレスト

種類 : プライズ系SQフィギュア 全1種

全高 : 約17cm

発売時期 : 2015年8月


011_convert_20191016165307.jpg

013_convert_20191016165327.jpg


花の形をした髪留めやスカート上の装飾も見事に再現されていて、スターピースメモリーズの華やかな衣装が
美しくかつとてもかわいく仕上げられていると思います~♪

高槻やよいは、放映当時はまだ14歳ということで胸は発育途上でもありましたけど(汗・・)
太もものぷよぷよ感は少女のかわいらしさが伝わっていました!
(あの感覚は2019年の夏アニメ作品の「ダンベル何キロ持てる?」のメインヒロインの響の肉感に少し近いものがありそうです)

天空に向けて手を上げて元気いっぱいに「おはよー」と言っているような溌剌さが感じられます。
笑顔もとても爽やかでかわいいです~♪


015_convert_20191016165411.jpg


やよいの後ろ姿です。

14歳というご年齢ゆえに雪歩と比べると身体全体のメリハリや凸凹はまだまだ弱いのですけど、
反り返った背中はむしろ「少女としての凛とした感じ・溌剌としたもの」は感じさせてくれています。


016_convert_20191016165437.jpg

014_convert_20191016165350.jpg


細かく波打つスカートや背中のリボンの造形も素晴らしいですし、対領域の程よい肉感表現も素晴らしいです。
絶対領域を形成している要素のニーソも片方が赤、片方が青と左右で色が異なっているので大変見映えがしていると
思いますし、絶対領域といっても大人のレディが醸し出すお色気ではなくて、少女としての清楚で爽やかなモノなのだと
感じられます。

アイプリントや各パーツのバランスも良く、髪の造形もよく作り込まれていますし、肌の色なども高槻やよいのイメージ通り
だと思います。

背伸びした足の感じなどは美少女としての今後の成長性を予感させてくれるものがあると思います。


017_convert_20191016165457.jpg


やよいの元気一杯の笑顔は見ているだけで元気になれそうです~♪

背伸びしたポーズがやよいそのものですけど、アニメ版のイメージがそのまま再現されていると思います。


20190930-narucyan-01_convert_20190930135533_convert_20190930191339.png


ここから下記は dream fantasy のアミグリさんが
描かれたイラストのご紹介コーナーです。

本記事はアイドルマスター関係の記事でしたけど、冒頭で触れたとおり、アイドルマスター→シンデレラガールズへの継承性も
そうですし、ラブライブもプリキュアもそうなのかもしれないですけど、
プリティーリズム→プリパラ→プリ☆チャンもそうしたシリーズを超えた継承性が十分に感じられます。

「プリティーシリーズ」と呼ばれるアニメシリーズは、プリティーリズム・プリパラ・プリ☆チャンの3作品なのですけど、
いずれも小学生~中学生の女の子たちが主人公で、
ステージで歌やダンスを披露する中で芽生える友情やライバル関係によるドラマが展開されます。
プリティーリズムはフィギュアスケートをモチーフにした競技「プリズムショー」が流行する世界で、女の子がひたむきに
競い合いつつも時に焼きもち・足の引っ張り合いと言ったドロドロ要素もあったりするのですけど、その後継シリーズの
プリパラは誰もがアイドルになれるバーチャル空間を舞台にしており、カオスなギャグもかなり盛り込まれています。
プリ☆チャンはYouTuber文化をモチーフに、「やってみた」と称して問題解決手段にするストーリーが展開されるなど、
3作品にはそれぞれ明確な違いや制作者の意図の違いもあったりします。
だけどこの3作品に共通して言えることは、何かに憧れる少女たちがなりたい自分になるために努力を重ね、
ときに対立しながら友情を育んでいく点は同じだと思いますし、特にそれが強く感じられるのは、
3年間続いたプリティーリズムシリーズからプリパラへのバトンタッチだったと思うのですけど、なるちゃんをはじめとする
プリティーリズムのキャラ達のスピリットは見事にプリパラのらぁらたちに継承されていたと感じられます。

それでは改めて上記のアミグリさんの描かれた「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんをご紹介させて
頂きたいと思います。

アニメ「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんというと、元気一杯の女の子で、「ハピなる♪」の口癖で
お馴染みの女の子でもあるのですけど、アミグリさんの描かれたなるちゃんは、
とにかくめちゃくちゃかわいくて、見る人みんなをハッピーにさせてくれるあの「ハピなる♪」の口癖がとてもよくお似合いだと
改めて感じたものでした~♪
あの天真爛漫で素直で人懐っこい、全世界の人たちの妹みたいな雰囲気が一枚の絵の中にもぎゅぎゅ~っと詰まっていて、
見ているだけで「ハピなる♪」ではないけど、ハッピーな気持ちにさせられるすてきな作品だと思います。

内向きの巻き髪やなるちゃんのこの眩しい笑顔やアイドルさんらしいキラキラとしたかわいい衣装など
そこに詰まっているのはアミグリワールドそのものだと思いました。
背景の虹もとっても美しいですし、ユニット名はメンバーのイニシャルにハッピーを付けたものですけど、
虹=レインボーみたいな意味合いにも感じられそうです。

とにかくこのなるちゃんはアミグリさんらしさに溢れていますし、そこにあるのは夢見る少女のすてきなファンタジー
なのだと思います~♪

上記のアミグリさんが描かれたプリティーシリーズのらぁらやなるちゃんたちの権利は全てなるちゃん・らぁら達の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいなるちゃんを描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱり美少女達のシリーズを超えた継承性は素晴らしいですね~♪
2018年の私のベストアニメ作品は「ラーメン大好き 小泉さん」なのですけど、2019年の私のベストアニメ作品は
間違いなく「女子高生の無駄づかい」です!

ちょっと残念なJKさんが集うさいのたま女子高校の1年2組のクラスをメイン舞台にして、
相当偏差値が足りない田中(通称バカ)とBLに傾倒する菊池(通称:ヲタ)、ひたすら冷静で無表情な才女・鷺宮(通称:ロボ)の
3人のJKさんを主なメインヒロインに据えて、
この三人のの周りに生息する色とりどりの仲間たちが、今しか生きられない「女子高生」を無駄に浪費する脱力系の
日常学園コメディと言える作品です。
大半の登場人物が現役JKさんでありながらセクシーなシーンもなく恋愛要素もネタ程度に留まり、
思春期を取り上げた感動するシーンやメッセージ性も特になく、基本は頭空っぽにして楽しむ脱力系日常系作品だと
思います。
「女子高生の無駄づかい」は基本的にはバカの田中の本当にどうでもいいネタ等日常のゆるさから構成されているのですけど、
時々ちょっといい話もあったりして、その一つがマジョが同じく少しばかり他人とのコミュニケーションが苦手なロボから
「全ての人に好かれるなんて不可能」「わかってくれる人だけ大事にすればいい」という言葉を受けて
もう少し頑張ってみよう・・という気持ちを持ったりするのもそうしたシーンの一つと言えそうです。

そして先月末に舞い込んだ驚くべきニュースが、「女子高生の無駄づかい」が実写ドラマ化され、2020年1月からテレビ朝日系で
放送されることが発表された事でした!
主役トリオを演じるのは、岡田結実さん(バカ役)、恒松祐里さん(ヲタ役)、中村ゆりかさん(ロボ役)の3人で、
岡田さんは役に合わせて長かった髪もバッサリと切り、変顔、ガニ股、下ネタも覚悟ですがすがしいほどのバカ役に
挑むとの事です。
バカの田中役はかなり大変だと思いますし、開き直りのある意味捨て身の演技が求められそうですけど、
実写ならではの表現や演出もなんだか楽しみです。
(「ラーメン大好き小泉さん」の実写ドラマ版は、小泉さんがあまりにも無愛想ではなくてよく笑う演出が私的には×です・・)
そしてロリ役は誰なのかとか小悪魔的かわいらしさのリリィは誰が演じるとか、最も演技力が求められそうなヤマイ役は
誰が務めるのか色々と興味津々ですね~





「女子高生の無駄づかい」の原作漫画は現在第6巻まで出ていますけど、アニメの内容は3巻あたりまでから構成されていて、
ネタ的には第二期も余裕でいけるじゃん!という感じでもありますので、「ラーメン大好き 小泉さん」同様に
なんとか第二期が実現されるととてもうれしいです。
アニメでは未登場でしたけど、原作漫画の第5巻以降にバカたちが2年生に進級して以降、ノラというこの作品で
ある意味最も危なくてやばそうなJKさんが登場していますので、実写版や第二期がもしもある場合は、是非このノラも
登場して欲しいです。

そしてこの第5巻のおまけとしてとある企画モノが掲載されていました。

これは2017年のニコニコ静画で企画されていたのですけど、「女子高生の無駄づかいのキャラの中で、この組合せによる話を
読んでみたい」というアンケートを実施し、その第1位の組合せを漫画にするという内容でしたけど、この企画で
第一位に輝いた組合せというのが、ヲタ×ワセダという組合せでした。
(私的にはロボ×マジョの組合せが見たいですね~)
ワセダとは、バカやヲタたちのクラス担任の27歳独身教師でして、言うならば教師と生徒の関係と言う感じです。
(ワセダの本名は佐渡なのですけど、ワセダというのはバカの田中が担任の佐渡に対してつけたあだ名です。由来は佐渡が
早稲田大学出身だからです)

それにしてもこのワセダの苦労は尽きそうにもないですね~

只でさえ都立さいのたま女子高校というおバカ学校の底辺校の教師という苦労ポジションなのに、学業成績が
とてつもなく悪くて落第と進級のボーダーラインに立っているバカとヤマイはクラス内にいるし、
バカの田中のバカぶりは常軌を逸するほどですし、ヤマイのあまりにも重症すぎる中二病もワセダにとっては頭が痛そうです・・
一応なんとか登校できるようにはなったものの学校は休みがちで出席日数が足りないマジョもいるし、ここに
2年生に進級して以降は、ノラというこの作品最大の危険な問題児も登場してくるはで、これはワセダがぼやくように
いつ禿げて丸坊主になってもおかしくないストレスみたいな感じなのかもしれないです。

ヲタはそのあだなの通り、大のアニメ好き・BL漫画大好きの腐女子で自らも漫画を描いているJKさんで、バカへの容赦のない
ツッコミ担当でもあります。そしてヲタは大のボーカロイド楽曲好きで、特に低所得P提供の楽曲が大好きという事です。
一方ワセダは表の女子高校教師という顔とは別に、学生時代にやっていたバンド経験を活かし、ボーカロイドへの楽曲提供を
欠かさず投稿しているのですけど、実はヲタが大ファンで敬愛してやまない低所得Pとは実はワセダの裏の顔でもありました。
そうした経緯は、原作漫画第4巻まで、そしてアニメ本編の「ユメ」という回まで二人はその事を知る由もなかったのですけど、
原作漫画の第5巻、そしてアニメでは「ユメ」回にてついに・・ボカロイベントのCD即売イベントの会場内で、
ヲタは自分が尊敬してやまない低所得Pの正体が実は自分の高校の担任教師であるという事実を知る事となり、
ワセダは自分の楽曲の大ファンであるというアカネの正体が実は自分の高校のクラスの教え子でもある菊地茜=ヲタである
という事実を知る事になったのでした。
その衝撃のシーンの際は、さすがにワセダは年の功と言う事もあり落ち着いた対応をしていましたけど、
動揺しまくっていたのはヲタでした。
だって、そりゃそうですよね~ あんなにも敬愛し大ファンであった低所得Pの正体が自分にとってあまりにも身近すぎる存在で
あった事は、ヲタにとっては偶然な現実なのかもしれないけど同時に残酷な現実だったのかもしれないです。

さてさて、原作漫画第5巻のおまけのヲタ×ワセダの組合せの漫画なのですけど、上記で書いた通り、この組合せは
読者アンケートの結果により実現された漫画なのですけど、上記で触れたヲタとワセダがそれぞれその正体が判明した話の
すぐ後の話と言う事でその後日談みたいな感じが展開されているのが大変興味津々ですしとても面白いです!
詳細はネタバレになりますのであま深くは書けないですし、「各自それぞれで第5巻を購入してくださいね~」としか言いようが
ないのですけど、一言で言うと、多分吉野家でキムチ豚丼大盛を注文したワセダが、店員に持ち帰り用と勘違いされ、
お弁当容器に入れて渡されたのですけど、ワセダは店内で食べる事はちゃんと伝えてはいました。
面倒くさがる店員に「あー、いいから、その持ち帰り用容器に入っているキムチ豚丼を丼にそのまま移すだけでいいから・・」と
伝えてはいたものの、店員が持ってきたモノにはなぜかキムチがのっておらず豚丼大盛だけが運ばれてきました。
さすがにそれ以上クレームつけるのも面倒くさくなり、ワセダは何も言わずそのままキムチ無しキムチ豚丼を食べて
家路につきました。
しかし翌日になってもそのイライラ&モヤモヤした気持ちを音楽室のピアノにぶつけて、激しい感情の高まりの楽曲を
弾き語りしてストレス発散をしていたのですけど、その光景をたまたま通りかかったヲタに見られてしまい、
ワセダとしては、「豚丼大盛は400円、キムチ豚丼大盛は450円、その差額の50円を返せ~!」という気持ちを
「のせろよ! オレのキムチ」という歌詞に込めて吐露したのですけど、そうした事情を知る由もないヲタは、
「乗せろよ! 俺の気持ち」とワセダが歌っているように感じてしまい、
「いつもはあんなにもクールで感情を出さないあのクラス担任のワセダが、こんなにも体に電気が流れるような曲を
弾くなんて・・」とポーー―ッとなってしまい、ワセダの意外な一面を見てしまった事で、
「これが恋なのかも・・」と恋する乙女の眼差しになっていたヲタがいたりもしたものでした。
(後日、ヲタは「俺の気持ちをのせて」という漫画を完成させたそうです!)

ヲタのように恋に恋する乙女というものは、少しだけ気になっていた異性のちょっと意外な別の一面を見てしまうと、
ますます胸キュンッ~♪状態になってしまうものなのかもしれないです。
こうした甘酸っぱい感情は、バカの田中は多分微塵も持ち合わせていないと思いますし、最初から感情が死滅しているロボには
望みようがない事ですし、こうやって見てみると「女子高生の無駄づかい」の3人のメインヒロインさんの中ではヲタが最も
少女らしい・・と言えるのかもしれないです。


003_convert_20191129162511.jpg

002_convert_20191129162454.jpg


原作漫画第5巻のおまけのヲタ×ワセダの組合せの漫画が掲載されていたのは2017年の箏ですけど、
当時はまだ吉野家にもすき家にも松屋にも豚丼関連メニューは常設されていました。
面白いのは、「豚丼」の呼び方が各社によって異なっている事ですね~
吉野家では「豚丼(ぶたどん)」、松屋では「豚めし(ぶためし)」でしたけど、すき家では「豚丼(とんどん)」と呼んでいました。

ワセダが入ったお店というのはその名称と店内の雰囲気からして多分吉野家と思われますけど、その漫画の掲載から
2年経過後の現在では、松屋とすき家では豚丼自体のメニューが廃止になり、吉野家もあのおいしい豚丼が廃止となり、
一応、新味豚丼というメニューはあるのですけど、この新味豚丼の方は以前のような味付けではなくて、随分と味が
リニューアルされていて味付けが以前よりかなり甘辛くなった印象が強いです。
しかも価格は上がり、以前豚丼でOKだったつゆだくも不可となっています。
要は以前の豚丼とリニューアルされた新味豚丼は似て非なる味といえますし、その違いは艦これとアズールレーン以上に
ありそうな気もします。

もしもワセダがそうした事情を知らないで新味豚丼をオーダーしたとしても「なんだ、この味~!?」となってしまうのかも
しれないですし、その気持ちを翌日またまたピアノにぶつけてしまい、それをヲタに見られて、またまたヲタの胸キュンが
マシマシになるのかもしれないです。

原作漫画最新刊の6巻では、ワセダとヲタの新しい進展は特に描かれていませんけど、この二人の今後の行方も
なんだか楽しみです。
JK派ではなくて自分はJD派と公言するワセダがヲタの卒業後、もしもヲタがJDデビューを果たした暁にはどのように変化
するのか・・というのも何だか興味津々です。


001_convert_20191130090435.jpg


ここから先はほんの少し余談です。

上記において触れたとおり、現在の松屋・すき家・吉野家では豚丼メニューを置いているのは吉野家のみですけど、
その吉野家も以前のような豚丼の味ではありませんので、2017時点でワセダが味わっていた豚丼の味は
現在では幻の味といえるのかもしれないです。

上記でキムチ豚丼の話が出ていましたけど、こんな記事書いているとなんだか私自身がキムチ豚丼を食べたくなって
しまいましたけど、2019年現在、松屋とすき家には豚丼自体がありませんし、吉野家は味が激変したと言う事で、
ここは松屋のプレミアム牛めしに単品キムチを乗せてみることにしました~♪

松屋は昔も今も丼モノも定食もカレーにもみそ汁がついているのが実にいいですね!

プレミアム牛めしはお肉に熟成チルド牛肉を使っているので、お肉のジューシーさ・美味しさは素晴らしいです!
久しぶりに食べてみると「松屋と吉野家とはちょっと違うのかも・・」と唸ってしまいそうです。


002_convert_20191130090505.jpg


プレミアム牛めしにキムチを乗せてみました!

豚丼もそうですけど、牛丼にもキムチはとってもよく合うと思います。


003_convert_20191130090522.jpg


丼の上で具材とキムチをまぜまぜして食べても美味しさはより強く感じられますね~♪

ワセダが店員にキムチ豚丼をオーダーしたのにキムチが乗っけられていない只の豚丼が運ばれてきて、翌日に
怒りのキムチ・・じゃない気持ちをピアノにぶつけたのもなんだかとてもよく分かりますね!


b8484cc3-s_convert_20190909182122.jpg


ヲタはおいしい食べ物に遭遇するとなぜか感情がブチ切れてしまうJKさんでもあるのですけど、
キムチ豚丼またはキムチ牛丼を食べたとしても美味しそうにキレまくるのかもしれないですね~

ロボ : ヲタは美味しいもの摂取する時キレるのよね

ヲタ : ロボのはなんだ?

それにしても昔も今もクールで冷静で決して感情を表に出さないロボ=鷺宮さんはすごいと思います。

バカやヲタと関わると普通の人ですと頭がちょっとトロトロになってしまいそうでもあるのですけど、ロボは
決して自分のペースを乱しませんし、淡々と何事もなかったかのようにバカの田中やおたく趣味の菊池に普通に
付きあえることが出来るというのは、実はロボの隠れた才能なのかもしれないですね~



リコーダーは縦笛の一種で、息を吹き込んで発音して、穴を指で塞いで音程を決める楽器です。

12世紀頃に楽器として登場し、ルネサンス期~バロック期のヨーロッパで隆盛を極めたものの、18世紀に
横笛としてのフルートが登場して以降は18世紀以降は急速にオーケストラの中では消滅していきます。
もともとはクラシック音楽の楽器でしたけど、オーケストラが巨大化するに至って大音量が出ないという理由から、
クラシック音楽の楽器としては廃れていったという歴史もあったりします。
シェークスピアが活躍していた時代がリコーダー全盛の時代ともいえるのですけど、例えばハムレットのセリフの中にも
「リコーダーはうそをつくのと同じくらい易しいぞ。親指や他の指で穴をおさえ、息を吹き込めば最高の音楽になるぞ」という
セリフも実はあったりもします。

単に息を吹き込むだけで容易に音を出すことができるのですけど、その理由として、フルートのように唇の振動で
音を出すのではなくて、楽器の頭部の栓(ブロック)と管壁の隙間から吹き込まれた息が、鋭い切り口にあたって
ホイッスルの原理と同じように音を発する事が挙げられます。
上記で触れた通り、クラシック音楽の分野ではフルートの地位にとって代わられ存在意義と活躍場所を失ったかのように
見えたのですけど、現代の日本においては、
小学校低学年でも簡単な演奏が可能である上、構造がシンプルでプラスチックを用いると安価に量産できることもあって、
小学校や中学校の音楽の授業で主にソプラノリコーダーとアルトリコーダーが使われていたりもします。
(捨てる神あれば拾う神あり・・という感じなのかもしれないです)

アニメ二次創作や同人系の分野では、リコーダーというと、ロリ・ランドセルと共に幼女の必須アイテム・
他の楽器に比べて深く口にくわえる事から、リコーダーを吹く事がとある行為を示唆するもの・・とか
男子中学生が好きな女の子と間接キスをするために誰もいない教室に忍び込んで、その女の子のリコーダーを
こっそり吹く・・といった誤った使用方法やイメージもあるようですけど、よいこの皆様はそんなヘンな妄想でリコーダーを
悪用したらダメですよ~(汗・・)


_convert_20191125025220.jpg


「ららマジ」において、リコーダーを担当されているのは高校3年のJKさんの園田乃愛です。
(乃愛というと「ラーメン大好き小泉さん」のモブキャラの乃愛ちゃんを思い出してしまいそうです・・)
演奏会の演出を一手に引き受ける最上級生であり、器楽部創立メンバーの一人でもあります。
担当楽器はリコーダーで、楽器初心者の下級生の星にもなっているそうです。
(リコーダー自体が楽器初心者にとっては最も扱いやすい楽器の一つなのかもしれないです)
趣味はTVゲームで、はね髪がとってもかわいいですし、とてもじゃないけど高校3年生に見えない幼い雰囲気が
とってもかわいいですね~

バトル時ではリコーダー型の杖を振って星型のエネルギーを飛ばして攻撃するそうです。


_convert_20191029112247.jpg

_convert_20191029112147.jpg


今年の10月後半以降当ブログでよく出てくる「ららマジ」なのですけど、これはアニメ作品でなくてスマホ向けの
2017年1月にリリースされた音と魔法の学園RPGです。
ららマジのストーリーは、とある呪いにより廃部寸前となってしまった東奏学園器楽部を舞台に、
プレイヤーは器楽部員として登場する30人のヒロイン達を呪いから救い出し、彼女たちが再び演奏できるようにすることを
目指すように頑張るという内容です。

東奏学園器楽部の部員は30人ですけど、
「ららマジ」は吹奏楽部ではなくて器楽部と言う事で、楽器仕様に制約が無いと言う事で、出てくる楽器も
吹奏楽ではありえない編成のワーグナーチューバ・箏・胡弓・チェロ・リコーダー・エレキベース・エレキギター・シンセサイザー・
ウクレレなども登場しているのは自由さがあってとてもすてきだと思います。

私自身、中学校以降はずっと吹奏楽部に所属していましたけど、小学校の頃の放課後課外活動として、
週に2~3回程度の練習を行う管楽器クラブに所属し、そこでは打楽器(主にティンパニ・ヴィヴラフォーン・シンバル等)を
担当していました。
当時の感覚としては「こうした大人数での合奏するのだったら、叩く楽器よりも吹く楽器の方が面白そうだし、より音楽に
参加しているという意識がありそう・・」と感じ、中学入学以降に吹奏楽部の門を叩いたのですけど、これが結果的に
間違いだったのかそうではなかったのかは今となってはよく分からないですけど、結果的に音楽を知るきっかけになったのは
確実なのでそれはそれで結果オーライなのかもしれないです。

小学校の管楽器クラブはららマジと同じくらい編成が自由自在で、主なメロディーライン担当楽器は、上記でも出てきた
リコーダーと、ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)とアコーディオンだったと思います。
そこにトランペット・トロンボーン・クラリネット・サックス・チューバ等の管楽器や打楽器が加わり、なぜかしりませんけど、
そこに更に足踏みオルガンも加わっていましたので、奏でられるサウンドの響きは今にして思うと相当奇妙だったのかも
しれないですけど、運動会での鼓笛隊と合せる形での入場行進の演奏とか学芸会での演奏お披露目とか
年に3~4回程度開催されたお楽しみ演奏会等での合奏やそこでの練習はとにかく「楽しかった!」としか言いようが
なかったと思います。
指導する先生も細かい事はあまり気にされないで、「とにかくみんなのやりたいように吹いていいよ~」という感じで
のびのびと楽しんで吹いていたと思いますし、楽器編成がららマジと同じくらいてんでバラバラでしたけど、
そこから奏でられる音楽は、むしろ自由自在な気ままさだったのかもしれないです。
こういうのを「楽しむ音楽」というのかもしれないです。

そして中学校の吹奏楽部に入部して気付いた事は、音楽は音楽でも自由自在に気ままに楽しんで奏でる音楽と
厳しい規律と指揮者による厳格なコントロール下に置かれ、編成も厳密に定められている「吹奏楽部」という
管理された音楽の二種類があるものだ・・という事でもありました。

今となってはその二つの音楽にもそれぞれ長所短所もあるのですけど、忘れて欲しくないのは、やっぱり奏者の自発性と
音楽をする楽しみといえそうですし、そうした意味においてはららマジのメンバーはそれぞれ自発性と音楽を楽しむ心を
有しているのがすてきだな・・と感じたりもしますね。
主人公一人に複数の美少女たちがお相手してくれるハーレムものは、世の男の子にとっては至福の作品なのかもしれないです!

ハーレムアニメとは、主人公の男の子以外にはたいした同性のライバルはいないのに、なぜかただ一人の男性主人公が
複数の美少女たちに言い寄られるという夢のようなモテモテシチュエーションが展開され、
そこに恋愛あり嫉妬ありそして時にはお約束のお色気シーンありと、世の男の子たちの日頃の夢と妄想を
ぎゅぎゅっと詰め込んだものであり、男の子にとっては大変都合の良い作品と言えるのかもしれないです。
こうしたハーレムアニメの男の子の主人公は概して、特段際立つ能力や容貌やお金を持っていないどころか
さしたる努力をせずとも様々な個性の美少女たちにモテまくるというのはうらやましい以外の何者でもないのです・・
そうしたハーレム設定の漫画・アニメ・ゲーム作品は世に山ほどあるのですけど、
冴えない彼女の育てかた ・物語シリーズ・青春ブタ野郎シリーズなどはその中でも特に印象的で私も大好きな作品なのですが、
そうしたハーレムもので特に大好きな作品を二つほど挙げると「ニセコイ」と「五等分の花嫁」と言えそうです。
(過去記事の中で何度も出てくる「デート・ア・ライブ」はハーレム者という感じよりは時崎狂三の魅力が大きいと言えそうです)

ニセコイの主人公の凡矢理高校(ぼんやりこうこう)の一条楽はそうした男性主人公の典型的キャラなのかもしれないです。
楽はヤクザの親分の息子なのですけど、どちらかというと個性という面では少し薄くて凡人キャラなのかもしれないです。
それに対して「五等分の花嫁」の男性主人公の上杉風太郎は、とんでもない貧乏設定で、とてつもなく頭が悪く進級すら
危ぶまれる中野家の五つ子のJKさんの家庭教師をその貧乏設定ゆえに引き受けざるを得ないというある意味苦労人でもあり、
同じハーレム系男性主人公でも設定に違いが顕著なのは大変興味深いものもありますし、私的には同じハーレム系の
男性主人公だったら楽よりは風太郎により強く共感を感じてしまいそうです。

ニセコイはどちらかというとベタ」な王道ラブコメだったと思います。

ストーリー自体にそれほどややこしいものは無く、コミカルタッチの現代日本版「ロメオとジュリエット」という感じでもありました。
要は、ヤクザの一人息子とギャングの一人娘が、ヤクザとギャングの抗争を止めさせるために
親の命令で高校生活3年間の間、「恋人同士の振りをして場をおさめなさい・・」となってしまい、
楽と千棘の二人は「ニセモノの恋人」、つまり「ニセコイ」を演じる羽目になったという大変ベタな話です。
それに楽に好意を寄せる小野寺小咲(実は楽とは両想い)とか
楽の婚約者とか千棘に好意を寄せる転校生とか色々絡んできてドタバタラブコメディーが展開されていきます。
原作漫画は大方の予想通り(?)楽と千棘は無事に結ばれ、小咲は失恋と言う結果で完結しています。
実写版の映画化もされましたけど、大方の予想通りアニメ版と実写版のギャップはあまりにも大きく、興業的には
残念ながら外してしまったのは想定通りといえるのかもしれないですし、この手のアニメ作品の実写化は大抵の場合コケる
という事のまるでお手本みたいな作品でもありました。
その点、アニメ作品から今年実写化された「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦」はハーレムものではないせいも
あるのか、こちらの方の実写化は概ね成功している様な印象もあったりします。

ニセコイのような作品は小野寺小咲みたいに健気で優しくやや不遇な扱いを受ける女の子は家庭的であり、
料理が上手というのが一般的傾向だと思うのですけど、小咲の場合、頭もそれほど良くなくて料理が激下手くそというのが
とても面白かったと思います。
あの味付けは、とても和菓子屋の娘とは思えない劇的な味覚音痴というのか単に料理下手の域を軽く超えていたと
思うのですけど、そんなちょっとポンコツで不遇な小咲ちゃんは最高だと思いますし、私自身ニセコイの中では
圧倒的に大好きなキャラは小咲ちゃんでもありました~♪


CCPMhaEUAAESmT2_convert_20150414204534.jpg

CCPMeFrWEAEKPX6_convert_20150414204509.jpg


アニメ「ニセコイ」第二期で新たに登場していたキャラは小咲ちゃんの妹の小野寺春でした。
(おっとりとしたお姉さんに比べて妹の方は強気そのものの性格も大変対照的で面白かったです)

第二期のOPにおいて、春のスカートが風でめくれあがったあのシーンはドキッ・・とさせられましたし、
すてきなものを拝まさせて頂きました・・・、ごちそうさまでした~という感じでもありました。
そのシーンの後で楽が思いっきりぶっ飛ばされるのはお約束みたいなものですけど、多くのニセコイファンの皆様の視点では
「普段のおいしい思いの天罰なのかも・・??」という事なのかもしれないです。


_convert_20191008181419.jpg


今年の冬アニメの「五等分の花嫁」はとても素晴らしかったです!
そして放映完了後すぐにその第2期制作開始も発表されていて、今から第二期放映開始がとても楽しみです~♪

「五等分の花嫁」は貧乏生活を送る主人公の男子高校生の風太郎が落第寸前の個性豊かな五つ子の家庭教師となり、
この5人の問題児JKさんたちをを無事卒業まで導くべく奮闘するラブコメディというのが大まかな概要です。
アニメ第1期では、五つ子たちの家庭教師となった風太郎が、のちに5姉妹の誰かと結婚式をあげる運命となり、
結婚式を挙げる2000日前の林間学校のキャンプファイヤーの日までが描かれました。
果たして、第2期ではどんなストーリーが展開されていくのか、そして風太郎はこの五つ子姉妹の中から一体誰を選ぶのかなど
今後の展開は全く予測不能でとても楽しみです。
(原作漫画も現時点ではその辺りは全く明かされていませんので、そのあたりもとても楽しみです)

この手のハーレムものは、基本的には登場する複数の女の子たちは揃いも揃ってひとりの男の子に好意を寄せているという
感じなのですけど、「五等分の花嫁」は、初期~中盤の頃までは、
長女の一花・三女の三玖・四女の四葉からの信頼を勝ち取り、この3人からは好感を抱かれるものの
次女・二乃と五女・五月からはそっぽを向かれるというのが物語の大きな特徴なのかもしれないです。

五等分の花嫁に登場する五つ子の美少女JKさんは、5人それぞれ個性や違いが顕著なのですけど、
共通項は揃いも揃って実はあまり頭がよくなくて、赤点取りまくりの落第寸前というポンコツ五つ子でもあったりします。
風太郎の家庭教師としての役割は、なんとか5人に勉強を教えて、赤点や落第を回避させつつ、
5人全員の高校卒業を目指す事でもあったのですけど、そこにはさまざまな試練が待ち受けていたという王道的展開を
していきます。
そして結果的には、5人全員が風太郎に好意を抱いていくというまさに王道のハーレムラブコメと化していきます!

もしもですけど、中野家の五つ子のようにこんなかわいい5人の女の子の中から一人だけ選ばないといけないといった
究極の選択を迫られたとしたら、とてつもなく悩むのかもしれないです。
お姉さんらしい長女の一花もすてきですし、
ちょっと内省的でおとなしめだけど純粋な想いは一途な三女の三玖も大好きですし、
四女の四葉ちゃんのちょっとというか・・かなりテストの点数は悪いのかもしれないけど、
素直で優しくスポーツ万能で活発で明るい雰囲気も素晴らしいと思います。
結論から言うとこの5人から「一人だけ選べ」と言われても「無理です・・」という感じになりそうかもしれないけど、
どうしても・・と言うのならば私だったら多分ですけど三玖を選ぶのかもしれないです。
(でも長女のいちかも四女の四葉も捨てがたいです~・・・)

原作漫画では果たして風太郎が一体誰と結ばれるのかは明らかにされていませんけど、私の予測としては
多分、五女の五月なのではないのかな・・?と予感もあったりもします。


chitogechan_convert_20140515164608.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回転載&ご紹介をさせて頂く作品は、いずれも上記のハーレムもの作品の中で登場してくるすてきな美少女です~♪

上記の金髪碧眼の女の子は、アミグリさんが2014年5月に描かれた「ニセコイ」のメインヒロインで、結果的に一条楽と結ばれた
千棘ちゃんです。
当時のアミグリさんのコメントとしては「強気な女の子というイメージで描いてみました。」との事ですけど、千棘ちゃんの
ツンデレ気味で気の強さが漲っている雰囲気がすてきだと思います。

千棘ちゃんというと金髪碧眼キャラでもあるのですけど、アミグリさんが過去に描かれた金髪碧眼娘には、例えば
東方のアリスやメディスンやリリーホワイト、「ベルシブブ嬢のお気に召すまま」のベルゼブブ嬢や
「寄宿学校のジュリエット」のジュリエット・ペルシアちゃん、金色モザイクのアリスなど素晴らしい名作イラストがたくさん
ありますけど、千棘ちゃんはハーフという事もあり本場的な圧倒的存在感を感じさせてくれていると思います。

アミグリさんの描かれた千棘ちゃんの金髪碧眼は絶対的正義ですね~♪
赤リボンと合せてとてもかわいらしく描かれていてすてきです!
少しだけ気の強さも感じ取れる千棘ちゃんですけど、あのちょっとツンデレ気味な所もとてもいい味出ていると思いますし、
そうした少し強気な千棘ちゃんがかわいらしく描かれていると思います


nisekoi-02--!!_convert_20140526114325_convert_20170226214022.png


続きましてアミグリさんが2014年5月に描かれた「ニセコイ」より小野寺小咲さん&るりちゃんです!

小咲ちゃんは和菓子屋の娘で一見女子力が高そうに見えて確かに家庭的なキャラなのですけど、
料理の腕はかなりの激マズ料理の名人という意外性もあるのですけど、
アミグリさんの描かれる小咲ちゃんはそうした意外性的かわいらしさのイメージにぴったりといえそうです~♪

内省的でおっとりとしていて外見は家庭的でとても可愛らしいという小咲ちゃんょアミグリさんらしい
かわいらしさファンタジー感をもって描かれていると思います。
対照的に学級委員長タイプみたいな宮本るりもいかにもおせっかい焼きで学級委員長タイプみたいな雰囲気が
とてもよくにじみ出ていると思います。
るりのクールな感じとメガネっ娘&ボニーテールという萌えっぽい外見の対照性がいたずらっぽく描かれていて
とても面白いものがあると思います。


yotubacyan-02_convert_20190225175257_convert_20190226123343.png


続きましてアミグリさんが2019年2月に描かれた「五等分の花嫁」から四女の中野四葉ちゃんです。

原作漫画では果たして風太郎が一体誰と結ばれるのかは明らかにされていませんけど、私の予測としては
多分、五女の五月なのではないのかな・・?と予感があったりもします。
上杉風太郎には、上杉らいはちゃんというとてもかわいくて健気な妹もいるのですけど、そのらいはから特に慕われているのが
四女の四葉と五女の五月という事もあるのが、私の予測の根拠の一つにもなっています。
それとこの作品を原点に立ち戻って眺めてみると、風太郎が中野家の五つ子姉妹の中で最初に接点を持ったのが
五女の五月であり、「恋は最初の出会いが大切」という古くからのラブコメの法則を考えると、やはり五月が最も妥当なのかな?
とも考えたりもします。
そしてそんな五月と風太郎を誰よりもお祝いしてくれるのが四女の四葉ちゃんだと思います!

アミグリさんの描かれた四葉ちゃんはとてつもなくかわいいです!

四葉ちゃんの元気一杯の雰囲気や明るさ・お人よし・優しさの側面が一枚の絵の中に凝縮されているように感じられますし、
この元気一杯の四つ葉ちゃんのイラストを見たら、少し元気がなくて落ち込んでいる人が見たとしたら瞬間に元気を
取り戻せそうなほど作品全体にすてきなパワーが秘められているようにも感じられます。
アニメや原作漫画の中でも最初から風太郎に好感を感じていて、初期の段階から風太郎にフレンドリーに接していたのも
この四葉ちゃんなのですけど、アミグリさんの描かれた四葉ちゃんからも、そうしたフレンドリーで明るく楽しく
親しみやすい雰囲気がよく描かれていると思います。
背景のハートマークは四葉ちゃんのすてきな愛ですね~!
サーバルちゃんを思わせるようなうさ耳リボンもとてもよくお似合いで、なんとなく島風を彷彿とさせてくれていると思いました。
ちなみにアミグリさん自身は、四葉ちゃんのこのかわいいうさみみリボンは、ボーカロイドのリンちゃんのデザインを
連想されたとの事です。
ミニスカもとてもよくお似合いですし、このポーズも「さー頑張るぞー!」みたいな元気も伝わってきそうです!

上記のアミグリさんが描かれた四葉ちゃんたちの権利は全て上記の四葉ちゃんたちの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい小咲ちゃんや四葉ちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!



12/10の記事でも同じ事書いていますけど、
ヴァイオリンという楽器は実は大変スレンダーな美人さん楽器なのかもしれないです。
そして美人さん楽器と言うと忘れていけないのは弦楽器のチェロです。
ヴァイオリンは発育途中のすてきな美少女という印象に対して、
チェロは美しく成人した艶やかなお姉さん・・という感じなのかもしれないです。
東方で例えるとヴァイオリンは咲夜さんであり、チェロはゆかりん=八雲紫様なのかもしれないです・・(汗)
アズールレーンで例えるとヴァイオリンはユニコーンであり、チェロはエンタープライズだと思います。

チェロは西洋のクラシック音楽における重要な楽器の一つで、管弦楽による合奏や弦楽四重奏、弦楽五重奏、ピアノ三重奏
などといった重奏楽曲の中では低音部を受け持つ一方で、
多くのチェロ協奏曲やチェロソナタが既に古今東西たくさんの作曲家によって作られています。
チェロは、楽器構造としてはヴァイオリンやヴィオラとほぼ同じ構造でありますし、奏法もヴァイオリンと共通する事は
多々ありますが、形全体が大きく特に厚みが増しているゆえに、
ヴァイオリンやヴィオラのように顎で挟んで保持することが困難なので、エンドピンを床に立てて演奏しています。
奏法としては、楽器を胴を左右の脚の間に置き、棹が奏者から見て顔の左側にくるように構えるのが一般的です。

冒頭画像は、ららマジのチェロ担当の阿達悠花ですけど、阿達悠花のような可憐な美少女がチェロを左右の脚に挟んで
演奏しているシーンを見ると、
「美少女はヴァイオリンや管楽器を奏でるのもすてきだけど、チェロのような楽器を奏でるのもいいよね~♪」と
感じずにはいられないですね。

チェロというとあの心にずしんと響くような低音ヴォイスは大変素晴らしいですし、管弦楽の楽器の中で
男性の声に最も近い楽器がチェロなのかもしれないです。
管弦楽の協奏曲で言うと、例えば不滅の名曲のドヴォルザークのチェロ協奏曲でのあの熱い想いと高ぶりは
情熱のチェロという雰囲気ですし、
はたまたたとえばショスタコーヴィッチの晩年のチェロ協奏曲第2番のあの無表情で「本音を隠して全てをあの世に
持っていったしまった・・」みたいな謎の渋さを醸し出せるともこの楽器の魅力なのだと思います。
(ショスタコーヴィッチのチェロ協奏曲第2番~終楽章のシロフォンとウッドブロックが無表情に単調にコトコトコトコト・・と
リズムを刻んでいる伴奏で、これまたチェロが無表情に唸って静かに曲を閉じているあの場面は、
とてつもなくシュールだと思います・・)

さてさて、チェロという楽器なのですけど、この楽器をモチーフにした作品が宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」です。

宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」は童話としても絵本としてもアニメ映画としてもお馴染みの作品だと思いますし、
私自身も確か小学校の国語または道徳のテキストとして用いられていたような記憶があります。
今思うと大変恥ずかしい話でもあるのですけど、当時はタイトルの「セロ弾きのゴーシュ」のセロという楽器が
要は管弦楽のチェロであるという事が分からず、セロ=チェロである事を知ったのは、中学以降に吹奏楽部に入部して
以降の話でもありました・・(汗・・)
というのも、当時の絵本または道徳のテキストで使われた挿絵が、今にして思うとチェロという楽器みたいな形状ではなくて
どことなく日本の胡弓みたいな形状をしていましたので、
実は私自身は中学辺りまでは、チェロとセロは別の楽器であり、セロは胡弓みたいな和楽器の一つ・・と勘違いを
していたのは今にして思うと大変こっ恥ずかしい話でもあります・・

セロ弾きのゴーシュは、金星音楽団という交響楽団に所属しているゴーシュはセロの演奏が下手でいつも楽長から
叱責を受けていました。
夜中の動物たちとの交流を通して、セロ自身に人としての温かさの気持ちが芽生えていき、いつのまにかセロも上達していき、
次第に謙虚さと慈悲の心が芽生え、それによって真に音楽を理解できる青年へと成長していったというのが
この物語の概要でもあります。

ゴーシュという名前なのですけど、名前の語源というのか意味として「不器用」という意味もあるそうです。

余談ですけど、1989年に発売された南野陽子の7枚目のアルバムは「GAUCHE(ゴーシュ)」というタイトルなのですけど、
当時やたらと生意気とかバッシングされていた南野陽子が
「そうした生意気と世間から誤解されている事は私の心の不器用さの表れ・・、アルバムのタイトルにもそうした心情を
吐露したもの・・」と後日言われていた事が大変印象的でもあります。


_convert_20191113155018.jpg


宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」のゴーシュや南野陽子は生き様が不器用・・という感じなのかもしれないですけど、
ららマジのチェロ担当の阿達悠花は、そうした不器用さにはどちらかというと無縁でもあり、
むしろなんでも無難にこなせてしまう器用貧乏なのかもしれないです。

30人の部員から構成される東奏学園器楽部の中で、個性的な部員が多い中で「ザ・普通」を目指しているという
高校3年のJKさんであったりもします。
「個性」に憧れる普通の女の子という事なのかもしれないです。
新しいことにハマりやすいが飽きっぽいというのも普通の人らしい感覚なのかもしれないです。

バトル時においては、チェロ型のシルエットをした大剣を大きく振り回して戦います。


_繧峨i繝槭ず_convert_20191113155221

_t0ee_convert_20191113155143.jpg


阿達悠花はららマジの中でも屈指の美少女の一人だと思います~♪

私的には、フルートの結城 菜々美、胡弓の有栖川 翼、グロッケンシュピールの神代 結菜、箏の橋本 ひかりと並ぶ
ららマジ美少女の一角だと思っています。
(というか、ららマジに出てくるJCさん・JKさんはみんなとってもかわいいですよね~♪)

そして阿達悠花は制服姿でも私服でも、そのかわいらしさ・正統派美少女振りは惚れ惚れとさせられそうです!


今期の秋アニメは当初の予想通り「アズールレーン」がとてつもなく際立っていて、毎回見る度に
「ベルファストの完全無欠なメイド長振りやエンタープライズの孤高的美しさはしびれるよね~」と感じていますし、
とにかくこれでもか~!と言わんばかりのあのたくさんの魅力的なキャラは、全員とてもじゃないけど覚えきれないのかも
しれないですけど、いつも楽しみに視聴させて頂いております。
全体的に今期の秋アニメは、アズールレーン以外はちょっとマンネリ化しているようでもありまして、
そこにあるのは、今年の秋アニメ作品は異世界転生ものがあまりにも多すぎて、内容がちょっと被りすぎ・・と感じるからなのかも
しれないです。
その中でも、「私、能力は平均値でって言ったよね!」のマイルと「アサシンズプライド」のメリダ・アンジェルのかわいらしさは
際立っていると感じられます。
只・・大のJKさんアニメ好きの私としては、「神田川JET GIRLS」と「ライフル イズ ベスト」は大の大のお気に入り作品です!

そして、「神田川JET GIRLS」というと、JKさん好きというよりは、むしろ美少女たちの豊満な胸とお尻をスピード感溢れる
展開で見たい!という方にとってはこれ以上の作品は無いのかも・・?と感じさせるくらいの
かわいらしさというよりもJKさんのエロ可愛らしさを満喫できる作品と言えるのかもしれないです。

「 神田川JET GIRLS 」の簡単な概要ですけど、
マシンを操作するジェッターとウォーターガンで対戦相手を攻撃するシューターの2人1組でマシンに乗って水面を駆け
るスポーツである「ジェットレース」をモチーフに物語が構成されています。
ちなみにジェットレースというスポーツはリアルではまだそうした競技は確立されていないのですけど、
神田川JET GIRLS の物語では、都内に実在する神田川をメイン舞台に、魅力的なダイナミックスボディーを有するJKさんたちが
しのぎを削っています。

主人公の波黄凛は、伝説のジェッターである母親を持ち(母親は既に故人です) ジェットレーサーになることを夢見る少女で、
その夢を叶えるため長崎県の五島列島から東京へ上京した区立浅草女子高校の1年生のJKさんです。
ジェットレースの聖地・浅草へやってきたその日、蒼井ミサと運命的な出会いを果たし、その時点では廃部になっていた
区立浅草女子高校のジェット部の再興を果たし、蒼井ミサとパートナーを組む事になります。
その後、たくさんのライバルたちと出会いジェットレースで勝負を重ねていき、二人は絆を少しずつ深めていくという
大変わかりやすい王道的展開を果たしていきます。
波黄凛は長崎からのおのぼりさんという事で、「みじょか」といった方言を使って話すところが印象的ですし、こういた方言女子は
かわいいよね~と感じずにはいられないですし、
凛が浅草と浅草橋を間違えてしまうシーンに共感した元・おのぼりさんも意外と多いのかもしれないですね。
(私自身はおのぼりさんの頃は、小田急線の快速・準急・特急等の区別がつきませんでした・・)


JET_convert_20191113155501.png

JET_GIRLS_convert_20191113155436.png


神田川JET GIRLS は東京MXにおいて11月12日に第5話が放映されていたのですけど、実は11月5日の放映では
まだアニメ放映が開始されたばかりだというのに、なぜか総集編が流されていまして、あれを見た際は
「ふーん、あまりにも神田川を背景としたジェットレースのスピード感あふれるシーンの連続で、アニメ制作作業が
破綻し一回落ちてしまったのか・・」という事でしたけど、公式HP内でも「申し訳ない」とか「制作都合により」というワードが
並んでいましたので、やっぱり落してしまった・・という事になるのでしょうね・・
アニメ制作というのは本当に関係者の皆様のご苦労は尽きないものですし、アニメ「SHIROBAKO」を見てしまうと、
そうした「一回落ちる」という事の舞台裏で何が起きているのかは、とてもじゃないけど筆舌に尽し難いものがあるのは
間違いなさそうですね・・

そんな訳で一回落ちてしまい、早い時期での総集編が放映されていた神田川JET GIRLS でしたけど
11月12日に無事に第5話が放映されていました。
第5話では、第4話での激しいレースでシミュレーターのパーツが壊れてしまい、凛とミサとメカニック担当の部員のキリコは、
秋葉原へパーツの調達と買い出しに行くことになります。
ミサの本音は「秋葉原での凜と楽しい時間を過ごしたい・・」というものだったのかもしれないですけど、
第4話の際に激しいレースを展開していた「雲海SURFERS」の二人とバッタリ鉢合わせになってしまい、
その場の成り行きで歌って疾走れるパン・ツウィとパン・ティナの双子アイドルユニット「ヘルズキッチン」のライブに誘われ、
ノリノリでライブを楽しむ事になります。
すっかり話しかける機会を失ってしまうミサのしょぼん・・とした様子がかわいいですし、それに全く気が付かない鈍感な凜も
いい味出していたと思います。
ライブの後で、ヘルズキッチンの所属するアイドル事務所の直営のアイドルカフェに行っても、凜は雲海SURFERSの
ジェニファー&エミリーに独占状態であり、凜もそれを楽しんでいる状態でしたので、ミサ的には終始ご機嫌ナナメ・・という
様子でもありました。

その翌日、待ちに待った浅草女子高校の神田川の使用許可が取れ、浅草女子高校ジェット部の練習順が回ってきますが、
突然現れたヘルズキッチンの2人が割り込んできて、そこでいつも通りの流れと言う事で
「神田川での揉め事は神田川でのジェットレースで解決する」と言う事で、またまたレースバトルが開始されることに
なります。
(ヘルズキッチンとのレースの模様は第6話で華々しく展開されていました~♪)

神田川JET GIRLS 第5話「アイドルレーサー」において、大変印象的だったのは、フレンドリーで誰とでもすぐに
仲良くなってしまう波黄凛に、パートナーの蒼井ミサが嫉妬をするシーンが多く放送されていて、
一見クールに見えて実は「本当はもっと凛と仲良くなりたいし絆を深めたい・・、まずは凜の携帯番号を教えて貰わないと・・」と
ツンデレさんっぽくかわいらしくそうしたモヤモヤした葛藤や
天真爛漫で鈍感な凜に対して「どうすればあいつに私のこの想いを伝えることができるのだ・・」と悶々とするミサが
表面的なクールさとは裏腹にとてつもなくかわいらしく感じたものでした~♪

双子アイドルユニットのパン・ツウィとパン・ティナの二人はとてもエロかわいいし、水着姿もよくお似合いです。
そして二人は結構小悪魔的なのも魅力ですね。
それにしても神田川JET GIRLS に登場するJKさんたちのダイナミックスボディはたまらないものがありますし、
ジェットに搭乗している際に描写される胸とお尻のあのぷよぷよとした感触はすばらしいものがありますよね~♪

人によっては「神田川JET GIRLS はミサと凜の二人のお尻を堪能できればそれでいい・・」と言われる方もいますけど、
それはそれで一理ありですね~♪

さてさて、パン・ツウィとパン・ティナの双子アイドルユニット「ヘルズキッチン」のライブが行われていたステージのバックで
宣伝されていたのは、実はたい焼きパフェ(鯛パフェ) でした!


_convert_20191113154952.png


12月という事で会社からの帰り道は本当に寒くなってきましたね~!

駅から家までは12~15分程度ですけど、寒い時はついつい余計な買い食いをやってしまい、
家に到着するまでの短い時間帯でも温まりたいという気持ちもあったりします。
そういう時は例えばホットココアとかコーンスープみたいな熱い飲み物も悪くは無いのですし、
肉まんとか焼き鳥といったものも捨てがたいものはあるのですけど、たい焼きは一個80~100円と手頃だし、
あの温かさは冬のホットスイーツとしてはうってつけなのかもしれないですね!

「たい焼き」とは言うまでも無く、
鯛を形とった金属製焼き型で焼いて作られた餡入りの和菓子なのですけど、これって確か聞いた話では、
たい焼きの歴史は意外と浅く、江戸時代からとあった訳ではなくて、明治時代に「今川焼」から派生した和菓子というのが
一つの定説にもなっているみたいですね。
私は生まれは青森、育ちは東北、高校卒業以降は関東ですけど、
何となくですけど私の勝手なイメージでは、いわゆる「粉モノ」の定番は、関西はたこ焼きまたはお好み焼きで、
関東から東北は、今川焼・たい焼きがどちらかというと主流みたいな感覚もあったりします。
私の記憶の中では、東北に住んでいた頃は、実はたこ焼きはあまり食べた事は無くて、
どちらかというとたい焼きの方が冬の寒い時のおやつみたいなイメージもあったものです。
関東に移り住んで以降も、お店でよく見かけるのはたい焼き屋ばかりという感じだったようにも思えます。
関東でもたこ焼きが浸透しメジャーな食べ物になってきたのは、なんとなくですけど「銀だこ」の存在が
大きかったようにも感じられます。

たい焼きの焼き立てなんかをフーフーいいながら食べるのも至福のひと時ですよね~♪

頭から食べるのもいいですし、尻尾から食べるのもいいですし、はたまた最初にバカッ・・と二つに裂くのもいいですし、
とにかくあの中の餡子と皮の相性は最高にいいものがありますよね!
昔はたい焼きの中身というとあんこ」外ありえなかったという感じもしたものですけど、
そうした風潮に「待った!」をかけたのがあのカスタード入りたい焼きだとも思いますし、チーズ入りたい焼きだとも思えます。
最近のたい焼きは、りんごカスタードとかお好み焼き風たい焼きとかピザ風たい焼きとか
色々と変わり種も増えているようですし、
もちろんあんこが一つの定番というのか完成されたスタイルであるとは思うのですけど、そうした伝統に縛られる事なく
色々とアィディア豊富で美味しいたい焼きが今後もいっぱい登場してくることを希望したりもします。

そう思っていたら実は世間の動きは本当に早いもので、最近ではたい焼きにも色々と工夫が施されていて
「たい焼きパフェ」(鯛パフェ)といったメニューも実は既に存在していたものでした~♪
最初にあのたい焼きパフェを見た時は「なんだかこのたい焼き、呼吸が苦しそう・・」みたいに感じたりもしたのですけど、
とても面白い発想だと思います。

神田川JET GIRLS 第5話の秋葉原のアイドルユニットのライブのバックでこのたい焼きパフェが宣伝されていたのも、
鯛パフェの面白さとおいしさが秋葉原に絶妙に合っていたとも言えそうですね~♪


_convert_20191113155049.jpg


改めて上記が「たい焼きパフェ」(鯛パフェ)です!

鯛パフェとは、「たい焼き」をパフェグラスに見立て、大きく開いた鯛の口の中に「パフェ」を盛り付けたスイーツの事でして、
冷え冷えとホッカホカを同時に楽しめる「ヒヤホッカ」な新食感を楽しめるのが売りなそうです。
熱いと冷たいだけでなく、和と洋とまで同時に楽しめるとも言えそうです。

お店によって色々なスタイルや違いがあるとは思うのですけど、見た目はたい焼きがパフェを丸呑みしているかのようにも
感じられますね。
たい焼きの口いっぱいにパフェが入っていて少し苦しそうなのですけど、
そのボリューム満点のクリームがスイーツ好きには堪らないものがあると思います。
これはたい焼きくんにしばしの間我慢して頂くしかないですね・・
味は定番の苺チョコ生クリームのほかに、苺キャラメル生クリーム・バナナチョコ生クリーム・バナナキャラメル生クリーム・
お抹茶小豆ジェラート・きな粉黒蜜ジェラートなど店によってメニューに違いはありそうですけど、店ごとの味の違いを
楽しむのも悪くないですね~♪

パフェ部分のクリーム類は、主に生クリーム・カスタード・ジェラートなどがあると思いますし、
具材には、イチゴ・バナナ・アイスなどパフェやクレープによく入っているものが多いと思います。
パフェにかかせないソースはチョコソース・キャラメルソース・きなこ黒蜜などが一つの定番のようですね。

是非ぜひ頭からガブっ!!と食いついてみたいものです!
(「ご注文はうさぎですか?」第一期第二話における千夜とココアの出会いのシーンで、千夜が
「うさぎでなくて女の子が食いついてきちゃったぁ~!」というあの名場面も懐かしいですね~)
022_convert_20191107150145.jpg


またまたとっくに旬を過ぎたネタというのか、既にそうした配布キャンペーンは完了しているのですけど、
11月8日頃はココアの日という事で、先月、オリジナルデザインのごちうさ「ココア」クリアファイルセット配布キャンペーンが
展開されていました~♪
11月8日頃のココアの日を記念して、森永ココア各種を含む対象の森永製菓の食品を2個お買い上げの方に
オリジナルデザインの「ココア」クリアファイルセットが配布されるキャンペーンが計2回に渡って展開されていて、
第一弾の配布は10/30より開始となっていて、第二弾の配布は11/6より開始されていました。
ちなみにどうして「11月8日頃」というアバウトな表示になっているのかというと、ココアの日はその年の立冬と同じ日に
なりますが、立冬が年度によって異なるからです。
ちなみに昨年のココアの日=立冬は11/7でしたけど、本年度は11/8でした。

第二弾のデザインはココアの日を記念して制作されたミルクココアスティック缶のデザインと同じデザインでして、
髪型をアップ気味にしたココアがデザインされています。
第一弾のココアは普通のココアでしたけど、第二弾のココアはボニテール気味のとてつもなくかわいいココアですので、
ココアの魅力再発見という事なのだと思います。

11/6の第二弾配布開始時には早速そのかわいいかわいいポニーテール気味の髪をUPしたココアクリアファイルを
森永のおしるこ・ココア・甘酒等4つ購入し、計2枚のココアクリアファイルを無事にゲットさせて頂きました!

やっぱりココアは最高ですね~♪


003_convert_20191031160449.jpg


これは既に先月の「11月8日頃はココアの日」記事にて一度取り上げているのですけど(汗・・)
本年度・・2019年度においても、「ご注文はうさぎですか??」×「ミルクココアスティック缶」第3弾が森永製菓から発売
されていました~♪
そしてこのミルクココアスティック缶は過去2年のデザインを大幅に一新していて、ココアの髪型が私の大好きなポニーテールの
ように後方で髪を結いあげていて、この髪をアップしたココアはめちゃくちゃかわいくて、ココアの魅力を再発見~♪という
感じでもありました。
ごちうさの世界は全てがかわいいから構成されていますので、もちろんチノ・リゼ・シャロ・千夜ちゃんもとってもかわいいの
ですけど、その中でもココアの驚異的かわいらしさは素晴らしいと思います。

本年度のオリジナルこのごちうさミルクスティック缶においては、
描き下ろしイラストを使用したラビットハウス型のオリジナル缶の中に森永ミルクココアスティック8本と
オリジナルアクリルスタンドが入っています。

とにかく、缶のデザインのココアのかわいらしさ半端ないと思いますし、正直「これで1800円近い価格は
ちょっと高すぎるのかも・・?」と感じなくもないのですけど、
その不満は「いやいや、このココアのデザインがあまりにもかわいいのでぜ~んぶ許せてしまう~♪」という
感じになりそうです。
ましてや今年のココアのデザインは髪がアップされたポニーテール気味のココアですので、文句のつけようがないです!





ちなみに・・上記は2017年の「ご注文はうさぎですか??」×「ミルクココアスティック缶」のコラボ商品です。

2019年のポニーテール気味の髪をUPしたココアもとってもかわいいですけど、いつもの髪型のココアもとても自然体で
すてきだと思います~♪

飲み物としてのココアは私のイメージでは「寒い冬の日に飲むと心身ともに温かくさせてくれるホットな飲み物」という
イメージもあるのですけど、
そうした意味ではこころぴょんぴょんなココアほ「名は体を表すではないけど
「11月7日(または8日)頃はココアの日」に相応しいキャラはいないと思いますし、飲み物としてのココアはとてもあたたかいし、
ごちうさのココアもとっても温かみのあるすてきな女の子なのだと思います!


縺薙%縺。縺ョ_convert_20180518155111

6320122-728x370_convert_20180518225515.jpg


原作漫画もアニメも「ご注文はうさぎですか?」の世界観はかわいらしさに満ち溢れていると思います!

キャラ的には、ココアと千夜が天然さん系のボケ役で物語の中ではメンバー達を振り回すという立ち位置で、
チノ・リゼ・シャロがしっかり者系のツッコミ役でココアと千夜の壮大なボケにいつも振り回されているみたいな
印象もあるんじゃないのかな・・?とも思ったりもします。
それよりも、ココアと千夜の波長があまりにも合いすぎで逆に恐ろしいものもあったりしますね・・(笑)
全体的にはココアはチノのよき優しいお姉さんという立ち位置だったと思います。
ココア本人には妹がいなくて、年の離れた兄と姉がいるという家庭環境なのですけど、そうしたココアの
「チノを自分の妹みたいに可愛がってあげる」みたいな優しさもある一方でココアには実はすてきなシスコンでもあったというのも
この作品の一つの魅力なのかもしれないですね。

ココアのチノに対するすてきなシスコン振りの発揮というと一期でも二期でもすてきな名シーンが多々ありましたけど、
私的には一期第11話のクリスマス回にて、「バイトがあるのでクリスマス回には行けないのかもしれない・・」とジト目の
シャロに対してココアとチノがほぼ同時の丸被りの「じゃあ、バイトが終わったらクリスマスパーティーに来ればいいよ」と
見事なハモリを見せてくれたシーンと、
最終回の第12話の一番最後のラストシーンにて、寝坊して爆睡しているココアをチノが起しに来て、
中々目覚めないココアの耳元でささやくように小さな声でチノが「お姉ちゃんのねぼすけ」と語りかけたら
ココアがガバッと反応して起き上がっていたシーンは大変印象的でもありました~!


kokoro-pyon-chino_convert_20150611172008.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記のチノとティッピーは、アミグリさんが2015年6月に描かれた作品です。

ハートマークが背景になっているのですけど、ハートが暖かみのあるピンク色という事で
春から初夏にかけてみたいなイメージが伝わってきますし、「心ぴょんぴょん」なすてきな背景だと思います。
このチノとティッピーは今回の転載で実は通算6回目の登場という事になるのですけど、
「素晴らしい名作イラストは何度転載してもその作品が色あせて見えることは全く無い!」と
いう事だと思いますし、多くの皆様にこうした素敵なイラストを見て頂く機会を提供できるというのは、
実は管理人でもある私にとってもとってもハッピーな事だと感じています~♪

アミグリさんが描かれたこのチノとティッピーのイラストですけど
このままアニメの原画になったとしても全然違和感がない素晴らしい仕上がりになっていると思います!
そしてこのアミグリさんが描かれたチノからはかわいらしさと妹満開の雰囲気が伝わってきますし、こうしたかわいいチノを
見ると「本当にココアと姉妹みたい・・」と感じてしまいそうですね~!

こころぴょんぴょんのイラストに恥じない素晴らしき名作だと思います!

上記のアミグリさんが描かれたチノとティッピーのすてきなイラストはその権利はアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうこざいました!
_convert_20191027164732.jpg


季節は既に11月下旬に差し掛かり、間もなく師走と言う事で、改めて「一年と言うものはあっという間だよね~」と
実感させられます。
つい先日放映開始と思っていた2019年の秋アニメも各作品が終盤に入ってきて、こちらも今後がとても楽しみです。
特に今期アニメでは大注目作品であった「アズールレーン」のお姉さまたちの妖しい美しさとストーリーのテンポ感の爽快な
速さは期待以上だと思いますし、素晴らしいです~♪
今期の秋アニメはなんだか異世界転生系ばかりがやたらと多く、実はいまだに作品やキャラを混合しがちでもあるのですけど、
「私、能力は平均値でって言ったよね!」のマイルと「アサシンズプライドのメリダ=アンジェルのかわいらしさは
際立っていると感じられます。
全体的に今期の秋アニメは、アズールレーン以外はちょっとマンネリ化しているようでもありまして、
どちらかというと、ラブライブ!・荒野のコトブキ飛行隊・ハイスクール・フリートといった再放送作品の方に熱が入ってしまう
感じも無くも無いです・・(汗)
只・・大のJKさんアニメ好きの私としては、「神田川JET GIRLS」と「ライフル イズ ベスト」は大の大のお気に入り作品です!

こうやってみてみると、今期の夏アニメの充実は素晴らしかったですし、特に「女子高生の無駄づかい」は最高でした~♪

「女子高生の無駄づかい」 → BD&DVDも既に第2巻まで発売されています~♪ 特に第7話のヤマイと
第8話・みずぎかいがとても面白いのですけど、この話はいずれも第2巻に収録されていますので、
私も第2巻だけはゲットしたいと思います。
「女子高生の無駄づかい」は原作漫画も連載が続いていますので、
「ラーメン大好き小泉さん」と共に是非ぜひ第二期が実現されるととってもうれしいです!

第7話は全てヤマイの話がメインであるのですけど、ラストの全校集会の場面におけるバカとヤマイの二人による
ラストクラッパー対決勃発の場面も「女子高生の無駄づかい」の屈指の名場面の一つとも言えそうです。
最初はヤマイが教師に怒られないギリギリのラインを攻めていましたけど、バカの乱入により二人のラストクラッパー対決は
エスカレートしていくのですけど、最終的にはバカもヤマイも担任のワセダによる連行でこのアホな対決には幕が
おろされるのですけど、アニメとしてはこの後にもう一つ面白すぎる展開が待ち構えていて、
ここで唐突に都立さいのたま女子高校の校歌がEDとして流され、その校歌の歌詞も字幕で流されていましたけど、
その校歌の歌詞があまりにも酷すぎて、あの酷すぎる校歌をバカもヤマイもロボもマジメもリリィもみんなまじめな顔して
歌っていたのがなんともいえず楽しくて最高でした~♪

10/1の当ブログ記事において、その都立さいのたま女子高校の校歌の一番の歌詞を取り上げさせて頂きましたけど、
一番以上にしょうもない歌詞の二番について、本記事でレビューをさせて頂きたいと思います。


_convert_20190920160322.png

_convert_20190920160349.jpg


「女子高生の無駄づかい」の舞台は都内の東村山市近辺であり、EDの映像にも登場していたりバカとヤマイの絡みが
大変楽しかった回にも登場していた東村山中央公園も言うまでもなく東村山市内に実在しています。
「女子高生の無駄づかい」のメイン舞台は都立さいのたま女子高校という偏差値的にはちょっと残念な学校であり、
ネーミングも東京都内なのか埼玉なのかよくわからないような残念さもあるのですけど、
そのモデル校は東京都立東村山西高等学校であったりもします。

東京都立東村山西高等学校の最寄駅は、西武鉄道多摩湖線の八坂駅でもあったりします。

西武多摩湖線は、国分寺駅から西武遊園地駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線なのですけど、参考までに西武遊園地駅というと
埼玉県内っぽい雰囲気がありそうですけど、この駅は実は東村山市内にあります。
(八坂駅から二駅先が西武遊園地駅です)
そして西武遊園地駅の次の次の駅が西武球場前駅であったりもしますので、都立さいのたま女子高校のモデル校である
都立東村山西高校の最寄駅の八坂駅は、埼玉に限りなく近い東京都内といえそうですね~
実際、私自身2001~2006年に在籍していた所沢市内の住宅展示場においては、来展されるお客様の1/3近くは実は
都内の東村山市内のお客様であった事であった事を考えると、埼玉県所沢市と都内の東村山市は、隣接しているせいも
ありますけど、かなり近いといえるのだと思います。
「女子高生の無駄づかい」の中でも、所沢駅周辺のプロぺ通りや所沢駅近くのイオンやプロぺ通りの松屋など
埼玉エリアも何度か登場していました~♪

さいのたま女子高校のモデル校でもある都立東村山西高校のアニメでの再現度もほぼ完璧ですね~

アニメの第8話の「みずぎかい」にて校舎の屋上プールも描かれていましたけど、都立東村山西高校のプールも
校庭内ではなくて校舎の屋上に設置されているそうです!





その都立さいのたま女子高校の校歌なのですけど、その一番は校歌なのになぜか校舎建設時の近隣住民との紛争を
記していること自体、とてつもなくぶっ飛んでいますよね~♪
その一番の歌詞は当ブログでも既に一度取り上げさせて頂きましたので、今回は第二番の歌詞の方をレビューさせて
頂きたいと思います。

二、

銀の夕陽に向かうは我ら

暖房全開 冬も暑い

においの犯人探しはするな

Don’t worry be happy

嗚呼

皆臭けりゃ気にならぬ

さいのたま

たま たま たま


とにかく都立さいのたま女子高校に、これほどまで相応しい歌詞は無いというくらいの酷くてくっだらなくて
アホ全開の校歌と言えそうですね~
日照権で地元とモメて建設予定がずれ込んだとかにおいの犯人探しはするななど校歌とは到底思えないような内容の歌詞を
マジメたちが真面目な顔して普通に歌っているあのシュールさがとにかくたまらなかったです~♪

二番の歌詞に出てくる「Don't worry, be happy」とは、松岡修造の「大丈夫、なんとかなるって」と同様に松岡修造の台詞の一つ
でもあったりします。
本来的にはインドの宗教家メヘル・バーバーが唱えていたメッセージの一つでもありますし、
アカペラ歌手ボビー・マクファーリンが発表した1988年のヒット曲でもあったりします。
(この楽曲はビルボードチャートにて二週連続一位を獲得し、グラミー賞最優秀レコード賞及び最優秀楽曲賞を受賞しています)

都立さいのたま女子高校の歌詞としては、あのとてつもない熱血漢でもあり、確かに偉大なテニスプレイヤーでもあるけど、
同時にある意味アホ丸出しでもありそうな松岡修造のセリフの方がなんだかよくお似合いという感じもありそうです。


b8cc9e76-s_convert_20191027164702.jpg

ECGRghnU0AEw76M_convert_20190924091157.jpg


「大は小をかねる」ではロリとマジメとリリィを映し出したり、
たくさんのJKさんたちに「たま たま たま」言わせたりと、制作スタッフの皆様のとてつもない悪意というのかお茶目な所が
最高でして、ヤマイの話だけで既にお腹一杯の大満足状態なのに、あのラストのくっだらねー校歌のEDによって
更に脱力しまくり~という感じでもありました~♪

ロボが「たま たま たま」と真面目な顔して歌っているあのシュールさも素晴らしいとしか言いようがないと思います!


hirasawayui_convert_20100504143921.png


ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
「女子高生の無駄づかい」は大変ゆるい日常を扱ったJKさんものなのですけど、こうしたゆるそうなJKさんが
登場してくるアニメ作品は山ほどありますけど、その中でも大変印象的なのが「けいおん!」と言えると思います。

改めてですけど、「けいおん!」は下級生のあずにゃんを除くとみんな揃いもそろってゆるくてヘンな人たちの
集合体という感じもありました。
唯や律ちゃんのあのとてつもないゆるさとポンコツさの前では秋山澪と紬ちゃんですらまともに見えてしまうのですけど、
澪も紬も結構ヘンな人たちでしたからね・・
その中でも唯のゆるさは際立っていたと思います~!
唯は天然さんでおバカさん系なのですけど、単なるおバカさんという訳では全然なくて、
飲み込みは早いけど忘れるのも早く、そこから復帰するのも早いというスキルの起伏が激しいというのが
唯の特質なのだと思います。
勉強に関しても、赤点かと思ったら追試で100点取ってしまうような極端な子でもあり、早い話が
一度集中したら高い能力を発揮できるが、それ以外のことについては残念な子という感じなのかもしれないですね・・
良くも悪くも天才肌みたいな雰囲気もあり、「バカと天才は紙一重」を地で行くキャラクターと言えるのかもしれないです。

上記のけいおんの平沢唯は、アミグリさんが2010年5月に描かれた作品です。

2010年と言うとアミグリさんにとっては初期作品の頃に相当すると思うのですけど、初期作品でありながらも
こんなにかわいくて唯らしい溌剌さと弾けっぷりをきちんと描き切っているのは「すごいな~!」と感心するばかりです!
今現在のキラキラ作風も私は大好きですけど、こうした初期作品の力強い感じもどちらにも私は魅力を感じるばかりです!

アミグリさんの描かれたこの唯はとってもかわいいなぁ~と思います。

全体的にのびのびと描かれているように感じられますし、他の絵師様が描きがちなように「アホの子みたいな唯」
という感じではなくて、
唯なりに一生懸命前向きに「私だって一応頑張っているじゃん!」みたいな雰囲気を私達に伝えているようにも
感じられます。
唯の瞳のくりくりっとした感じとか夏の制服の爽やかな感じとかプロポーションのよさとか随所にキラリと光るものが
溢れていると思います。


keiononon_convert_20120714083016.png


続きまして、アミグリさんが2012年7月に描かれた「けいおん!」の5人全員の集合絵です!

この作品は面白いですね~!

この5人の集合絵を描かれる以前に一度アミグリさんは白黒での5人の集合絵を描かれているのですけど、
確かに上記の集合絵は単色モノトーン絵に近いのですが、カラーが一つ加わるだけで随分と印象が異なるものだと
感じたものでした。
同時にアミグリさんが描かれた唯・律・紬・澪・梓の5人のすてきな女の子たちの「違い」もきちんと一枚の絵を通して
立派に表現されているのは、アミグリさんの絵師として「立派な仕事」と言えるのだと思います!
あずにゃんのツインテの可愛らしさ、律ちゃんの元気溢れるいたずらっぽい雰囲気などが特に際立って
魅力的に感じられます!
全体的に5人のメンバーたちをまんまるにあたたかいふんわりとしたタッチで描かれているので、
見ているだけで「けいおん!」のあのゆるくてポンコツな雰囲気を思い出してしまい、なんだかくすっ・・と微笑みが
自然に湧いてきそうなすてきな作品だと感じたものでした!

そうそう、けいおん!のメンバーの皆様たちはなぜか知りませんけど、各自の愛用の楽器にそれぞれ愛称を付けているのも
大変面白いものがありました。

唯のギブソン・レスポールスタンダードの愛称はギー太でしたし、

秋山澪のフェンダー・ジャズベースの愛称はエリザベスでした!

唯と澪のネーミングセンスの違いに二人の違いが表れているのかもしれないですね・・

ちなみにギー太というと、福岡ソフトバンクホークスの若き4番打者の柳田選手の愛称はギータでもあります。

上記のアミグリさんが描かれたけいおん!の唯たちの権利は、唯たちの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい唯を描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv



胡弓というと大変繊細で哀愁に溢れた郷愁をイメージさせる音だと思うのですけど、世間一般の感覚ではなんとなくですけど、
「女子十二楽坊」で7名程度が奏でていた「二胡」という楽器と音色が近そう・・と言う事で
似たような楽器とか「実は同じ楽器ではないの?」ととてつもない誤解をされている方ももしかしたら多いのかもしれないですが、
実は胡弓と二胡は全く別の楽器で、奏法も楽器の構造も全然異なるものでして、
この二つの楽器は「似て非なるもの」といっても差し支えはないと思います。
両者の違いは、艦これとアズールレーンは「似て非なるもの」以上の違いなのかもしれないですし、
楽器で例えると、フルートとピッコロの違い以上のものがありそうです。

日本では二胡が胡弓という名称で呼ばれることがありますし、酷い場合ですと、二胡の音色なのにタイトルは「胡弓の調べ」
みたいなものもあったりして、二胡と胡弓が混合されがちなのかもしれないです。
二胡は中国の民族楽器で、弦が2本であるため二胡(アル・フー)と呼ばれていて、2本の弦を間に挟んだ弓で弾きます。
二胡の仲間の楽器として、京胡(ジン・フー).・高胡(ガオ・フー).・中胡(ジョン・フー).・板胡(ヴァン・フー).などがありますし、
広い意味ではモンゴルの民族楽器の馬頭琴も二胡の仲間といえるのかもしれないです。

上記の画像は日本の「胡弓」です。

日本の胡弓は中国の二胡とは種類も楽器構造も全く異なる日本独自の楽器で、純然たる日本の伝統楽器です。
そして当たり前の話ですけど、中国には胡弓という楽器は存在しません。
そして胡弓は単独楽器としても奏でられますけど、どちらかというと箏や三味線と合奏することが多いと言う事も特徴です。 

二胡は弦が二本ある2弦楽器ですけど、日本の胡弓は3弦ないしは4弦楽器で三味線を小さくしたような構造をしています。
膝に楽器を立てて、手に持った弓で弦を擦って音を出すという擦弦楽器という点が二胡と胡弓の共通点と言えます。
弓は長さ1m程度で大きく湾曲し、馬の尻尾の毛がゆるめに張られています。

日本の胡弓は三味線とほぼ同じ形で、大きさ的には三味線より少し小さいです。各部分の名称は三味線と同じです。
四角形の胴に、猫の皮を張り長い棹を持っています。
棹は三味線と同様に木枠の胴にくし刺しになっていて、その先端は三味線に比べるとかなり長いのが特徴です。
胡弓自体は足に挟んで直立して弾きますけど、糸(弦) を移る時に弓の角度を変えず、弓は低位置を往復させ、
楽器自体の角度をクルリクルリと変えるのが、西洋のヴァイオリン等との大きな違いと言えます。


_convert_20191106171502.jpg


上記は中国の伝統楽器であり民族楽器の二胡(にこ)です。

にこといっても「ラブライブ!」の矢澤にこ先輩ではありませんし、ドクタースランプで登場するニコちゃん大王でもないです・・(汗)

構造は見た目的にも日本の胡弓とは全然違いますね~

手に持った弓で弦を擦って音を出すという奏法は胡弓と同じですけど、二胡は弦の本数が二本ですし、
胡弓が三味線と大変よく似た構造であるのに対して、二胡は少なくとも三味線をイメージさせるような楽器ではないと
感じられます。

二胡の胴は木や竹の筒の片面にヘビの皮を張ったものが一般的です。


_convert_20191105234840.png


東奏学園器楽部の部員は30人ですけど、
「ららマジ」は吹奏楽部ではなくて器楽部と言う事で、楽器仕様に制約が無いと言う事で、出てくる楽器も
吹奏楽ではありえない編成のワーグナーチューバ・琴・胡弓・グラスハーモニカ・リコーダー・エレキベース・シンセサイザー・
ウクレレなども登場しているのは自由さがあってとてもすてきだと思います。

東奏学園器楽部の奏者は、管楽器・打楽器がメインの傾向が強いですけど、その中にあって胡弓・琴・和太鼓という
日本の伝統楽器が含まれているのは素晴らしいと思います。
(二胡ではなくて日本の胡弓というのがすてきな心配りなのかもしれないです)

そして日本の伝統楽器のうち、胡弓と琴の奏者二人が「ららマジ」の中でも特に際立ってうつくしい美少女JKさんである
というのも素晴らしいと思います~♪

有栖川翼は胡弓を担当している高校一年のJKさんです。

その性格は誰よりも前向きでおっちょこちょいで、明るく元気な女の子です。そしてららマジ屈指の美少女の一人であると
私的には感じています。
琴を担当している高校3年の橋本ひかりが恥ずかしがり屋の内省的な女の子であるのとは対照的であったりもします。

有栖川翼はいつも明るく元気でリアクションも大きめで、とっても素直な性格で誰とでも仲良くなれるタイプです。
人との出会いやつながりを大切にする優しい少女で、面倒見がよく、年下の子供たちにとってはお姉さん的存在ですけど、
少しおっちょこちょいでよく転んでしまうというのはある意味美少女キャラのお約束ともいえそうですね~♪

町内清掃などにも取り組んでおり、町内においても実は有名人であったりもするそうです。


_convert_20191105234932.jpg


ららマジの高校制服ではなくて、私服の有栖川翼もすてきな美少女ですね~

有栖川=ありすがわというとなんだか東方屈指の美少女のアリスを思い出してしまいそうです!


_convert_20191105235017.jpg


巫女さん装束に着替えようとしている有栖川翼も素晴らしいです!

巫女さんというと東方の霊夢というイメージもありそうですけど、巫女さん装束の有栖川翼も魅力たっぷりですね~♪


_convert_20191105235052.jpg


そして、クリスマスイベントの際にサンタコスプレを使用としてる有栖川翼のかわいらしさもそのノリの良さも
素晴らしいと思います!


_convert_20191106164754.png


橋本ひかりは、琴を担当している高校3年生のJKさんです。

身長が高くスタイルがよい美少女というよりは、ララマジ屈指の正統派美人さんだと思います!

同じ和楽器担当でも上記の有栖川翼とは対照的に、引っ込み思案で恥ずかしがり屋な性格で、
特に男性に関して強い苦手意識を持っているというのも、アニメ・ゲームにおける美少女キャラのこれまたすてきなお約束の
一つなのかもしれないです。

面倒見がよく器楽部の後輩からは大変慕われているそうです。

稀にですけど、吹奏楽団の演奏会等で、琴や胡弓、和太鼓等の和楽器と吹奏楽をコラボした曲目が演奏されることも
ありますけど、ららマジでも橋本ひかりや有栖川翼をソリストにした協奏的な曲目を演奏するのも
すてきな事なのかもしれないですね~♪
本日、11月8日は2019年の「立冬」です!

立冬とは、二十四節気の19番目の節目で太陽の黄経が225°の時を指します。
立冬の「立」には季節の始まりの意味があり、文字通り冬の始まりの日で、秋分と冬至の中間という事で、
暦の上では立冬から立春の前日までの間が冬となります。

私も実はつい最近まで全然知らなかったのですけど、立冬は冬至のように毎年同じ日に制定されるとばかり思っていたら実は年によっては11月7日になったり、今年のように11月8日になる日もあるとの事です。

そして2016年より立冬が「ココアの日」と定められるようになりました。
これは、日本で初めてカカオ豆からの一貫ライン製造による飲用ココアを発売した森永製菓株式会社により
制定された記念日であるのですけど、立冬が「ココアの日」というのは実は既に日本記念日協会に登録されています。
ちなみにですけど2017年と2018年の立冬は11月7日でしたので、必然的にココアの日も11月7日でした。
しかし本年度・・2019年の立冬は11月8日と言う事で、今年のココアの日は11月8日という事になります。
ほとんどの場合、11月7日が立冬=ココアの日になるのですけど、本年度や2023年の立冬=ココアの日は11月8日という事に
なります。
換言すると、毎年立冬がココアの日と言う事で、11月7日頃がココアの日という少しアバウトなものになっているのは
楽しいものがありそうです。
東方で言うと「毎年8月5日頃が永琳の日」と似ているのかもしれないです。
11月7日は、「毎月7日はルーミアの日」という事で「そーなのかー」のルーミアの日でもあるのですが、
他にも「鍋の日」でもあります。
これは食品メーカー・ヤマキが制定し、この日が立冬になることが多いことから「いい(11)な(7)べ」という語呂合わせが
その由来との事です。

冬と言っても、街並みを見てみると紅葉が大変美しい季節でもありますし
「まだ秋じゃん・・冬と言うにはちょっと早いのかも・・?」と感じるのかもしれないですけど、最近は夕方5時を過ぎると
周囲は真っ暗ですし朝晩の冷え込みも厳しいですので、こうやって立冬を迎えた頃から確実に季節は
秋から冬へと交代を告げているのだと思います。
東方式に表現すると、秋姉妹の季節からレティ・ホワイトロックという雪女が活躍する季節になろうとしているという事なのだと
思います。

「ココアの日」とは、上記で書いた通り、森永製菓株式会社により制定された記念日なのですけど、
「それではどうして11月7日頃がココアの日なの・・?」と思われるかもしれないですが、
実はこの制定理由に特に大きな意味かあるという訳では無くて、立冬がココアの日に選ばれた理由は、
例年この時期からココアの需要、家庭に登場する機会が増えることから立冬のこの日が「ココアの日」に選ばれたようです!

アニメファンの間では「ココア」というとすぐ思い浮かぶアニメ作品とキャラというと、
言うまでもなく「ご注文はうさぎですか?」のヒロインの一人でもある「保登心愛(ほと ここあ)」なのだと思います!

「11月7日頃はココアの日」を制定した森永製菓としては、大人気アニメ作品でもあるこの「ご注文はうさぎですか?」の
保登心愛(ほと ここあ)という名前を使わない訳にはいかないですね~♪

森永製菓は2016年の「ココアの日」制定をきっかけに「ご注文はうさぎですか?」×森永製菓のコラボ企画を展開していて、
例えばですけど、期間限定のココアショップが登場したり、ごちうさのアニメキャラとしてのココアのチラシを配布したり、
森永・ごちうさ双方の公式ホームページでココアのボイスメッセージを公開していましたし、
ローソンで展開していたようなごちうさとのコラボグッズも発売していて、ごちうさファンからは大変な反響と好評の声が
上がっていたようです!

2017年11月7日と2018年11月7日においては、「ココアの日」を記念して森永製菓から
「ご注文はうさぎですか??」×「ミルクココアスティック缶」が発売されていました!
そして本年度・・2019年度においても、「ご注文はうさぎですか??」×「ミルクココアスティック缶」第3弾が森永製菓から発売
されています~♪
そしてこのミルクココアスティック缶は過去2年のデザインを大幅に一新していて、ココアの髪型が私の大好きなポニーテールの
ように後方で髪を結いあげていて、この髪をアップしたココアはめちゃくちゃかわいくて、ココアの魅力を再発見~♪という
感じでもありました。
ごちうさの世界は全てがかわいいから構成されていますので、もちろんチノ・リゼ・シャロ・千夜ちゃんもとってもかわいいの
ですけど、その中でもココアの驚異的かわいらしさは素晴らしいと思います。

このごちうさミルクスティック缶なのですけど、本州・四国・北海道のイオンだけの地域限定販売です。
九州と沖縄ではこのミルクココアスティック缶が発売されていないというのは、九州・沖縄のごちうさファンの皆様にとっては
少し気の毒な話なのかもしれないですね・・(汗・・)

実はなのですけど、ココアとチョコレートの原料は同じなのです!
カカオ豆を粉砕し分離したカカオマスから脂肪分を除いたものがココアとして扱われているそうです!
カカオマスから油脂(ココアバター)を分離させることで、ココアになります。
このとき、油脂が多いとチョコレートに、油脂を少なくするとココアになります。
つまり、チョコレートとココアは同じカカオマスからできる姉妹みたいなものなのだと思います。
冬になると店頭に並ぶことが多いココアなのですけど
(冬に飲むととっても美味しいと感じるのに、夏場に冷たいココアを飲んでもあまり美味しいと感じないのは不思議ですね・・)
日本では飲み物を「ココア」、食べ物を「チョコレート」と区別していますけど、
米国では、ココアのことを「ホットチョコレート」、フランスでは「ショコラ ショー」と呼ばれているのも大変興味深いものが
ありそうです。

ココアは近年、世界各国で健康にいいという科学的な分析や研究が進められ、実は注目されている飲み物です!

ココアの7つの健康効果として、

1.ウオーミングアップ効果が持続する
 
2.動脈硬化を抑制する

3.脳の機能を改善する
 
4.血流を促し、冷え・むくみを解消する
 
5.血圧を改善し、血管の健康を保つ
 
6.メタボを予防する
 
7.紫外線による肌ダメージを軽減する

そういったすてきな効能も期待できるとの事です。

おいしくココアを飲むにはどうすればいいのでしょうか・・?

実はその方法はそんなに難しくないです! 誰にでもすぐ出来ますのでいますぐ純ココアを使用しておいしいホットココアを
楽しむことができると思います。

その方法を簡潔に記すと・・・

1.小鍋に純ココア(ココアパウダー)・砂糖・適量のお湯を入れて、これらを練りに練ってパウダー状にしていきます。
  練ることで粉っぽさがなくなり、コクと香りも増します。

2.弱火に掛けて更に練っていきます。

3.完全にペースト状になったら、ここに少しずつミルクを加えていきます。

4.混ぜながら温めていき、沸騰直前になったら火を止めます。

これでとってもおいしいココアを頂くことができます!

カップに純ココアと砂糖を入れて溶かしてもどうしてもダマは出来がちなのですけど、この原因はお湯またはミルクの
温度が低いこととか純ココアの量が多すぎることが原因なのかもしれないです。
だけど上記のように小鍋を使った方法ならぱダマになることもありませんので、少し面倒かもしれないですけど
純ココアを使用する場合はそうした方法の方がより美味しいココアを頂けると思います。


003_convert_20191031160449.jpg

本年度のオリジナルこのごちうさミルクスティック缶においては、
描き下ろしイラストを使用したラビットハウス型のオリジナル缶の中に森永ミルクココアスティック8本と
オリジナルアクリルスタンドが入っています。

この「ご注文はうさぎですか??」×「ミルクココアスティック缶」の商品概要は下記の通りです。

■希望小売価格 本体価格1,680円(+消費税10%)
■オリジナルデザイン缶
 森永ミルクココア(12g:スティックタイプ)8本 オリジナルアクリルスタンド(ストラップチェーン付き)
■発売元 森永製菓株式会社

とにかく、缶のデザインのココアのかわいらしさ半端ないと思いますし、正直「これで1800円近い価格は
ちょっと高すぎるのかも・・?」と感じなくもないのですけど、
その不満は「いやいや、このココアのデザインがあまりにもかわいいのでぜ~んぶ許せてしまう~♪」という
感じになりそうです。
ましてや今年のココアのデザインは髪がアップされたポニーテール気味のココアですので、文句のつけようがないです!


004_convert_20191031160512.jpg


ちなみにですけど、缶の中身のココアスティックは普通のココアで、スティック自体には、ごちうさのデザイン仕様ではないです。
ここまで価格がちょっといい値段しているからには、中身のスティックもごちうさ仕様にして欲しかったなぁ・・とも
思ったりもしますけど、缶のココアがあまりにもかわいいので、それは大した問題ではないのかもしれないです。

このココアスティックの賞味期限は2021年2月とたっぷりありますので、少なくとも2019年と2020年には飲みたくないです。

とりあえずこのまま2020年の間までは室内に飾っておきたいと思います。


005_convert_20191031160534.jpg


付属品というかおまけのアクリルスタンドのココアもとってもかわいいです!

サイズ  60mm × 44mm 程度で、描き下ろしイラストを使用したココアのオリジナルSDデザインと言う事で、
アクリルスタンドとして飾るのもすてきですし、ストラップとして使うのもなおすてきだと思います。

昨年までのラバーストラップのおまけもとてもかわいかったですけど、今年のアクリルスタンドのココアもとってもかわいいです!


_convert_20191031025637.jpg


最後に・・上記のミルクココアスティック缶とは別に、イオンにおいては、
11月8日のココアの日を記念して、森永ココア各種を含む対象の森永製菓の食品を2個お買い上げの方に
オリジナルデザインの「ココア」クリアファイルセットが配布されるキャンペーンも展開されています。

第一弾の配布は10/30より開始となっていて、第二弾の配布は11/6より開始されています。
(配布は先着順と言う事で無くなり次第配布完了となってしまいます)

第二弾のデザインは上記のミルクココアスティック缶のデザインと同じでも髪型をアップ気味にしたココアがデザイン
されています。
ミルクココアスティック缶とは別にこのクリアファイルも確実にゲットしたいと思います!

やっぱりココアは最高ですね~♪
_convert_20191029112247.jpg


最近の当ブログでよく出てくる「ららマジ」なのですけど、これはアニメ作品でなくてスマホ向けの
2017年1月にリリースされた音と魔法の学園RPGです。

ららマジのストーリーは、とある呪いにより廃部寸前となってしまった東奏学園器楽部を舞台に、
プレイヤーは器楽部員として登場する30人のヒロイン達を呪いから救い出し、彼女たちが再び演奏できるようにすることを
目指すように頑張るという内容です。
メインストーリーは、対話形式のストーリーパートと戦闘を行うクエストパートで構成されていまして、
メインストーリーの長さはヒロインによって異なり、2019年8月時点で公開されている第十四幕までは、
1幕あたり1 - 3場で構成されていたりもします。


_convert_20191029112147.jpg


東奏学園器楽部の部員は30人ですけど、
「ららマジ」は吹奏楽部ではなくて器楽部と言う事で、楽器仕様に制約が無いと言う事で、出てくる楽器も
吹奏楽ではありえない編成のワーグナーチューバ・琴・胡弓・グラスハーモニカ・リコーダー・エレキベース・シンセサイザー・
ウクレレなども登場しているのは自由さがあってとてもすてきだと思います。

「女子高生の無駄づかい」のメイン舞台は、都立さいのたま女子高校のモデル校でもある東京都立東村山西高等学校
という事で東村山市周辺が主な舞台になっているのですけど、
実は「ららマジ」の聖地というかメイン舞台は東村山市の隣接市でもある東大和市であったりもします。
ららマジの舞台となる「東奏市」は、実は「東大和市」をモチーフとして制作されていたりもします。

丸い屋根が特徴的な取水塔がある「多摩湖(村山貯水池)」は、ゲーム内でも重要な場所のモチーフとして登場しますし、
他にも、ホタルの里として知られる「野火止用水」や、世界各国の貴重な薬草が見られる「東京都薬用植物園」など、
東大和市の風景や建物などが色々と登場していたりもします。

ららマジゲーム内背景として特に印象的なのは夕陽が眩しい村山下貯水池第一取水塔ですね~♪

多摩湖は正式名称を村山貯水池といい、増加する東京の水需要に対処するために1927年に完成した水道用貯水池です。
丸い屋根が特徴的なネオ・ルネッサンス様式の塔は「取水塔」で、貯水池の水を取水するための施設となっており、
堰堤完成前の1925年に完成されています。

ららマジで出てくる駅というと西武鉄道拝島線の駅の東大和市駅も印象的ですけど、他には上北台駅という
モノレールの駅も大変美しく描かれています。
上北台駅は東大和市内に3駅ある多摩モノレールの駅のうちのひとつで、
多摩を南北に結ぶ多摩モノレールの北のターミナルで、実は全国のモノレール駅の中でも最北端に位置します。
本年度も昨年に続いて惜しくも埼玉西武ライオンズはCSのセカンドステージでホークスに敗れ、今年も日本シリーズの
進出を逃しましたけど、そのCSセカンドステージの球場であるメットライフドームまでパスで最短12分でアクセスすることが
できます。

私的に音楽の街というと静岡の浜松を思い出してしまいますし、プリキュア的に音楽の街というとスイートプリキュアで
お馴染みの加音町(かのんちょう)なのですけど、こうやって見てみると東大和市もららマジの聖地という事で
すてきな音楽の街といえそうですね~♪



二日前の記事において「アミグリさんが描かれた初期作品のアナログ作品をベースにした東方二人組作品」を
皆様にご覧頂いたわけなのですけど、その際にふっと感じたことがひとつありまして、
あの東方二人組作品の中にいくつか当ブログではこれまで未転載&初紹介の作品もありましたけど、それと同様に
「アミグリさんがこれまで描かれてきた作品の中で、中期作品の版権作品の中にはいくつか当ブログではまだ未紹介という
作品がいくつかあった・・」ということに気がつき、それだったら是非是非そうしたこれまで未転載&初紹介の版権作品も
改めて皆様にご覧頂きたいと考え、本日の記事として当ブログでは初転載のアミグリさんの描かれた版権作品のご紹介を
させて頂きたいと思います。

アミグリさんには、東方・艦これ・プリパラ・創作オリジナル作品などとは別に、
東方・艦これ以外の素晴らしき版権作品のイラストも、かなり初期の頃からかなり一杯いっばい描かれています。
(最近ではアニメ「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんがとっても印象的です~♪)
そうした版権作品にも本当に素晴らしいイラストがたくさんあり、
単なる版権作品の「模倣」ではなくて、随所にいかにもアミグリさんらしい夢見る少女の雰囲気とかファンタジー感に
溢れたアミグリさんらしい「個性」もキラリ!と光った作品群に満ち溢れていて、
是非そうしたアミグリさんが描かれた版権作品も一人でも多く皆様にご覧頂きたいと思っています。

冒頭のアミグリさんが描かれた版権作品キャラは、あまりにも有名で今更ここで説明する必要もないくらい
大変な人気と知名度ほ誇っている新世紀「エヴァンゲリオン」のミステリアスなヒロインの一人の綾波レイです。
描かれたのは2012年9月です。

もしもなのですけど、アミグリさんが東方作品を描かれなかったとしたら、今現在はどんなキャラを描かれていたのかな・・?と
感じる事もあるのですけど、ボーカロイド作品とかけいおん・エヴァンゲリオンといった版権作品をメインに描かれていたのかも
しれないですし、
アイカツ・プリパラ・ラブライブ!・プリティリズムといったアイドルものの作品をメインに描かれていたのかもしれないですし、
その辺りは大変興味深そうなものがあると思います。

綾波レイはエヴァンゲリオンを見たことが無い人でもこの綾波レイはどこかでなんとなく見たことがあるのかも・・?と
感じさせるくらい認知度が高く、私自身も特段エヴァの熱狂的ファンでもなんでもないのですけど、
なぜか自室に綾波レイのフィギュアはあったりもしますし、中古ホビー店に行くと最低でも一つや二つは綾波レイの
フィギュアは置かれていると思います。
アニメ版のエヴァンゲリオンをリアルタイムで見ていた方は多分誰しもが感じていたと思うのですけど、あれだけ謎要素と伏線を
ばらまいておきながら、最終回は「おめでとう」とか登場人物たちの回想で終り、謎要素が何一つ回収・解決されないまま
終わったというあの展開は、当時は疑問しかなかったものですけど、今現在の視点で眺めてみると
「そういうのもありなのかも・・」と感じてしまいそうです。

それにしても綾波レイは謎多きヒロインですね~
綾波レイは3月30日生まれ、第3新東京市第弐中学校2年A組に通う14歳で、誕生日以外過去の経歴が一切明かされていない
謎多き人物なのですけども設定としてはEVA零号機の専属パイロットで一人目の適格者であったためファーストチルドレンと
呼ばれています。
機動実験の最中暴走事故が発生し大怪我を負ったため初登場シーンでは包帯だらけというインパクトのある姿になりましたが、
あの包帯というのが、もしかしたらその後の中二病患者を発生させる要因の一つになったのかもしれないですね。
綾波レイは、淡いブルーのショートボブに赤い瞳が特徴的な小柄な美少女で、表情の変化が乏しいうえに
小声で話すせいで感情が読みとりにくく、不器用で感情表現が苦手なキャラという印象があったりもします。

アミグリさんが綾波レイを描かれていたのは2012という事で淡い作風時代の作品でもありますので、レイのこうした
透明感溢れるミステリアスな雰囲気は当時のアミグリさんにとってはドンピシャだったのかもしれないです。
シンプルな塗りですけど、それがレイのミステリアスさを醸し出し神秘的な印象を私たちに伝えていると感じられます。

そしてシンプルでミステリアスなヒロインはとっても美しくてかっこいいと思うのですけど、アミグリさんが描かれる綾波レイは
そうしたかっこよさを見事に表現されていると思います。


33196054_p0_master1200_convert_20190929183512.jpg


冒頭でエヴァンゲリオンの綾波レイが出てきましたので、その次に登場する版権作品は当然ながら、
エヴァンゲリオンのアスカ以外ありえないですよね~♪

そんな訳で上記の版権作品は、アミグリさんが2013年1月に描かれたエヴァンゲリオンのアスカ・ラングレーです。

アスカは、旧世紀版では惣流・アスカ・ラングレーという名前ですけど、新劇場版では式波・アスカ・ラングレーと改姓
されていたりもします。
そして新劇場版では眼帯を付けているアスカも散見されていたりもします。

アスカというとアメリカのツンデレさんみたいなイメージもありそうですけど、アミグリさんが描かれているアスカは、
普段私服の時に着用しているネコ耳キャップを頭に被っているせいもあり「かわいい~」という印象が強いですね~♪

アミグリさんが描かれたアスカは、眼帯を付けていそうな雰囲気からして式波・アスカ・ラングレーとしての新劇場版っぽい
雰囲気もありそうですし、旧世紀版のアスカの髪の色は橙系だったのが新劇場版では黄土色っぽい金髪に変更
されていたりもしますので、新劇場版としてのアスカと言えるのだと思います。

どちらの版のアスカも勝気で尊大なところは共通していますし、ツンデレさんでもあるのですけど、そうしたちょっと気の強そうな
女の子がネコ耳帽子を被って優しそうに微笑んでいるあたりはアミグリさんらしいアスカと言えると思いますし、
プライドの高いアスカというよりは、ツンデレが解除されてデレた時のアスカらしい雰囲気をアミグリさんは女の子らしい
雰囲気で表現されていてとてもすてきだと思います。


31279961_p0_master1200_convert_20190929183427.jpg


続きましてアミグリさんが2012年11月に描かれた宮崎アニメ映画の「魔女の宅急便」からキキです。

原作においてはキキの髪型はロングヘアーであったそうですけど、アニメ映画版では作画の関係で長髪がちょっと難しいという
事でショートヘアになった経緯があるそうですけど、キキの快活さやお転婆な一面を考えると、むしろショートヘアで
大正解であったと言えるのかもしれないです。

アミグリさんの描かれるキキも少女のかわいらしさと元気溌剌な様子がストレートに自然体として描かれていると
感じられます。
キキの髪の大きめリボンは、なんとなく東方の霊夢っぽい感じもありそうですね~♪


36534702_p0_master1200.jpg


続きましてアミグリさんが2013年6月に過去絵としてdream fantasyに掲載された魔界戦記ディスガイアのフロンですけど、
実際にこのフロンを描かれたのは2008年頃という事で、アミグリさんにとってはとてつもない初期作品の一つとも言えそうな
記念碑的な作品でもあったりします。

「魔界戦記ディスガイア」は、2003年に発売された「史上最凶のやり込みSRPG」と銘打たれた凶悪なほどのやり込み要素が
含まれているプレイステーション2用シミュレーションロールプレイングゲームで
魔王クリチェフスコイの死去により、魔王の支配下にいた悪魔たちが台頭し群雄割拠の乱世となった魔界を背景に
している中で、フロンは魔族に対しても裏表なく接することができる心穏やかな優しい天使として描かれています。

ゲームの続編が出るごとに、見習い天使フロン → 堕天使フロン →ピュアフロン → 天使長フロンと進化と成長を
重ねていくわけですけど、アミグリさんが描かれたこのフロンは描かれたのが2008年頃という事で、
これは初期の頃の見習い天使の頃のフロンだと思います。
(堕天使というと「ラブライブ! サンシャインの津島善子が喜びそうなフレーズですね・・)

アミグリさんの描かれたフロンは、争い事を好まない慈愛とやさしさが滲み出ていると思います。

フロンのご年齢は実は1509歳でもあるのですけど、天使だから人間界の年齢の概念はあまり関係がないのかも
しれないですね~
だけどそのご年齢を感じさせないロリロリっとした雰囲気はとってもかわいいです。

そして後年のアミグリさんらしい作風が例えば美しい金髪とか髪のリボンとか幼さの中にもどこか秘めた雰囲気などが
既に現れ始めている作品ともいえるのではないかと思ったりもします。


33009714_p0_master1200_convert_20190929183449.jpg


続きましてアミグリさんが2013年1月に描かれたティアーズ・トゥ・ティアラというゲーム作品から、リアンノンです。

ティアーズ・トゥ・ティアラとは、2005年4月に発売されたLeaf制作のファンタジー系ゲームで、
アドベンチャーゲーム部とシミュレーションRPG部を交互に繰り返す形式で進行していきます。
後にこのゲーム作品を原作としたアニメ作品も放映されていたりもします。

リアンノンはゲール族の前族長の娘で失われた古代王国の末裔で族長の代理をしているというのがゲーム内の設定です。
生まれ持った予言の力で宣託の巫女と呼ばれていたりもします、
その元ネタは、ケルト神話のアラウンの盟友プゥィールの妻であるリアンノンに由来していると思われます。

アミグリさんの描かれるリアンノンは、東方で言うと巫女さんっぽいというのかどこか神聖なオーラも感じ取れると
思います。
霊夢が日本の巫女さんだとすると、リアンノンは西洋の少し神秘的な修道女みたいな雰囲気があるといえそうです。
民族服のような衣装はどこなくですけど北欧風の女神みたいな雰囲気もありそうですし、北欧神話のヒロインのような
印象も感じられたりもします。


33372781_p0_master1200_convert_20190929183537.jpg


続きましてアミグリさんが2013年2月に描かれたNARUTOの日向ヒナタです。

NARUTOはあまりにも有名な漫画&アニメ作品ですので、今更ここで語る必要もないのですけど、
参考までに日向ヒナタについて少しばかりフォローさせて頂きますと、
木ノ葉の名門日向一族のくノ一で、一族に伝わる血継限界・白眼を持ち、その白眼を用いた一族秘伝の体術・柔拳の使い手
でもあるのですけど、本人自身は温和で控え目な優しい性格であったりもします。
小さい頃よりナルトに恋焦がれていましたけど、最終的にふたりは(大方の予想に反して)結ばれ、
2014年12月6日に公開された劇場版「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」では、メインヒロインとして活躍する事に
なるのですけど、この映画でもって二人は結ばれ、最終的にはボルトとひまわりの一男一女を授かる事になります。

ヒナタは、髪型は、第一部ではショートでしたけど、第二部ではロングに伸ばしていますので、
アミグリさんが描かれたヒナタは第二部のヒナタだと思います。
初期の頃の引っ込み思案とか内省的でひかえめな雰囲気のヒナタをアミグリさんは、いつも描かれている東方作品の
雰囲気とはガラリと趣向を変えて表現されている点は、絵師様の多様性を物語っているのだと思います。

前髪ぱっつんもちょっと照れてもじもじしているようすもとっても新鮮でかわいらしいと思います。

上記のアミグリさんが描かれた版権作品は、レイ・アスカ・ヒナタ等の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにすてきなアスカたちを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv



現・プリキュアの「スター☆トゥインクルプリキュア」は、プリキュアシリーズの通算16作目にして14代目のプリキュアに当たる
のですけど、歴代プリキュアの諸先輩たちが脈々と後輩たちに受け継がれていたプリキュアリズムというのか、
例えば「戦う女の子はかわいいし美しい」とか「自分たちが戦う動機は大好きなみんなを守るため」とか
「プリキュア活動も頑張るけど、自分の将来の夢のためにももっと頑張る」などのように、一年間の任期(?)の間に
そうした自分たちの夢を見つけて未来に向かって羽ばたいていくという事を歴代プリキュアの諸先輩たちのように
きちんと継承されている点は素晴らしいと感じますし、それがプリキュアシリーズが16年も続いてきた要因の一つなのかも
しれないですし、そうしたプリキュアの継承性は高く評価されて然るべきものと考えます。

そして作品を超えたシリーズとしての継承性という観点では「ラブライブ!」と「ラブライブ! サンシャイン!!」も
スクールアイドルの可能性という意味でそうした継承があるといえるのかもしれないです。
ラブライブ! サンシャインの二期においてAqoursメンバーがμ'sメンバーが在籍していた音ノ木坂学院を訪れるシーンがあり、
この場面ではμ'sのメンバーとAqoursメンバーに出会い・接点は無いのですけど、「学校存続」という共通目標を有する中で
Aqoursメンバーはμ'sのメンバーがその時に感じていた事・想いは各自一人一人は間違いなく何か感じるものは
あったと思いますし、そうした意味では言葉ではないけどスピリットとしてシリーズを超えた何かの継承性はあったようにも
感じてしまいます。

そうしたシリーズを超えた継承性という意味では、三期続いたプリティーリズムシリーズからバトンタッチされる形で
放映が開始された大人気アニメの「プリパラ」もそうなのかもしれないです。

ご紹介が遅れましたが、冒頭のとってもかわいいイラストは
dream fantasyのアミグリさんが描かれた
「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんです。
このとってもかわいい彩瀬なるちゃんは後ほど改めてご紹介をさせて頂きます。

アニメとしての「プリティーリズム」が放映されていた三年間の世界観は、女の子たちがちょっと背伸びをしてオシャレをする
事で、自分達よりもちょっと年上のお姉さんたちに憧れを持ちながらも
お姉さん達なりの悩み、恋愛話などそこに垣間見えるのは少女漫画の世界に近いものがあるのかもしれないです。

アニメとしてのプリティーリズムの概要を具体的に言うと・・

プリティーリズム・オーロラドリーム(TVアニメ、2011年放映)
プリティーリズム・ディアマイフューチャー(TVアニメ、2012年放映)
プリティーリズム・レインボーライブ(TVアニメ、2013年放映)

これら3作は「プリティーリズムシリーズ」と呼ばれています。スケートに歌と踊りを組み合わせた「プリズムショー」の世界で
登場人物が成長する姿を描く物語と言えます。
そしてこれら3作に続く形で2014年に「プリティーリズム・オールスターセレクション」が1クール・三ヶ月でしたけど、
プリティーリズムの総集編という形で、シリーズの主人公たちが次回作「プリパラ」の主人公へアイドルの心得をレクチャーする
展開になっていました。

冒頭のアミグリさんが描かれた彩瀬なるちゃんは、プリティーリズムの第3作目のメインヒロインの一人なのですけど、
「プリティーリズム・レインボーライブ」は前2作とは別の世界が舞台となっています。
プリティーリズムシリーズとプリパラは別世界と言うか世界観が全く異なるのですけど、プリティーリズムシリーズも
第一作・オーロラドリームと第二作・ディアマイフューチャーは、第三作のレインボーライブとは大きく世界を変えて
前作の2作品とは大きく趣向を変えていたりもします。
だけどプリキュア・ラブライブ!などと同様に物語全体を貫くテーマというものは各シリーズできちんと継承されていますし、
何かに憧れる少女たちがなりたい自分になるために努力を重ね、仲間たちと切磋琢磨を重ねていくその一貫性は
見事にそのスピリットは受け継がれていると感じられます。

「プリティーリズム・レインボーライブ」の主人公は天真爛漫な女の子でもある彩瀬なるちゃんなのですけど、
なるちゃんはプリズムストーンというアパレルショップの店長となり、福原あん・涼野いとと共に働く傍ら、
プリズムショーも行っていきます。そしてここに謎の少女・りんねの存在や、蓮城寺べるをはじめとするプリズムショーの
名門「エーデルローズ」の面々との交流もありましたし、そして心に傷を負った男子たちのドラマなど大変密度の濃い作品と
なっていました。
(私的にはプリティーリズム・レインボーライブは1年間だけではなくて2年間続けて欲しかったな~という想いはありましたけど、
そうしたプリティーリズムの歴代キャラの皆様やなるちゃんの想いを受け継いだのが「プリパラ」の真中らぁらと
言えるのかもしれないです。)

そして上記でも触れたとおり、プリティーリズム・オールスターセレクションという繋ぎ作品を経て、
プリティーリズムの世界は「プリパラ」という新しい世界へと世界観の一新が図られ、これが結果的に大成功したという
事になるのだと思います。
プリパラは、プリパラ(TVアニメ、2014年~2016年)→アイドルタイムプリパラ(TVアニメ、2017年放映)という2作品で
展開されています。
(そして今現在においては、プリティーリズム→プリパラで継承されたものは「キラッとプリ☆チャン」にて受け継がれています)

プリパラシリーズは、誰もがアイドルになれる空間「プリパラ」で、なりたい自分になってアイドル活動を楽しむ少女たちの
活躍を描くお話でもあるのですけど、アイドルの頂点である「神アイドル」を目指す物語でもあります。
そしてプリパラとプリティーリズムの大きな違いとして、ヒロインの設定年齢を下げたという事が挙げられるのかも
しれないです。
(プリティーリズムの3年間でメイン視聴者の女児たちが成長したので、ターゲットをプリティーリズム世代よりも低い世代に
するためにはメインヒロインの設定も下げる必要があったという大人の事情もそこにはあるのかもしれないです)
そのため、プリパラの主人公のらぁらは等身大の小学生にしたのかもしれないです。
らぁらは普通の小学生なのですけど、プリパラというアイドルテーマパークに行けばアイドルに変身できますし、
実際の世界でも、お店に行き筐体の前に立てば自分もアイドルになれると言う事で、
プリティーリズム時代よりもよりアイドルというか憧れの存在をより身近な世界へと一新させたと言えるのかもしれないです。

「プリティーシリーズ」と呼ばれるアニメシリーズは、プリティーリズム・プリパラ・プリ☆チャンの3作品なのですけど、
いずれも小学生~中学生の女の子たちが主人公で、
ステージで歌やダンスを披露する中で芽生える友情やライバル関係によるドラマが展開されます。
プリティーリズムはフィギュアスケートをモチーフにした競技「プリズムショー」が流行する世界で、女の子がひたむきに
競い合いつつも時に焼きもち・足の引っ張り合いと言ったドロドロ要素もあったりするのですけど、その後継シリーズの
プリパラは誰もがアイドルになれるバーチャル空間を舞台にしており、カオスなギャグもかなり盛り込まれています。
プリ☆チャンはYouTuber文化をモチーフに、「やってみた」と称して問題解決手段にするストーリーが展開されるなど、
3作品にはそれぞれ明確な違いや制作者の意図の違いもあったりします。
だけどこの3作品に共通して言えることは、何かに憧れる少女たちがなりたい自分になるために努力を重ね、
ときに対立しながら友情を育んでいく点は同じだと思いますし、特にそれが強く感じられるのは、
3年間続いたプリティーリズムシリーズからプリパラへのバトンタッチだったと思うのですけど、なるちゃんをはじめとする
プリティーリズムのキャラ達のスピリットは見事にプリパラのらぁらたちに継承されていたと感じられます。

そしてそうした事を示唆していたのは、2014年3月に公開された
劇場版「プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン」という映画のラストシーンなのだと思います。
プリティーリズムシリーズの映画では、最後に突然らぁらが登場し自己紹介をしていたのですけど、
当時の観客はその時点では真中らぁらの事はほとんど公開されていませんでしたので、
「お前は誰だ・・?」・「誰だあのキャラ・・??」という感覚だったのかもしれないですけど、
今にして思うと、それはプリティリズムの継承者がらぁらである事を示唆していたのかもしれないです。





ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

今回ご紹介させて頂く作品は、ここまでの流れからしていうまでもなく、「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんの
すてきな後継者ともいえそうなプリパラ関連の皆様です~♪
上記の作品はアミグリさんが2018年2月に描かれた「かしこまっ!」でお馴染みの真中らぁらです。

アミグリさんが描かれたらぁらはとってもかわいいですし、なによりも今この瞬間に「かしこまっ!」と言っていそうな雰囲気が
すてきに漂っていると思います!
明るい雰囲気に満ち溢れていて、見ているだけで元気やパワーをこのらぁらから分けて貰えそうですね!
らぁらの外見というとなんといっても初音ミクを彷彿とさせるあの巨大ツインテールなのですけど、
紫のツインテのかわいらしさもすてきですし、衣装もアイドルそのものでとってもキュートでかわいいなぁ・・と思います!
らぁらが小学生であるとは今でも信じられない話でもあるのですけど(汗・・)
「小学生は最高だぜぇ!」と思わず言いたくなってしまいそうなすてきならぁらだと思います!

このピースサインもウインクもすてきな笑顔も正統派アイドルそのものだと思います~♪
そしてらぁらのフリルの描き方も細かく丁寧に描きこまれていて、この完成度の高さは素晴らしいものが
あると思います。

上記で触れたとおり2014年公開のプリティーリズムの映画の最後にらぁらが登場し挨拶をした時の観客の反応は
「おまえは誰だ~!?」みたいな反応であったと耳にした事があるのですけど、なるちゃんたちプリティーリズムの後継者でも
ありそうならぁらのキャラ的立ち位置が確立された今現在だったら、観客の皆様は、らぁらからご挨拶をされたら
「かしこまっ!」と返しそうな雰囲気は間違いなくあると思います。


sorami-sumairu-02_convert_20180318213515_convert_20180318233421.png


続きましてアミグリさんが2018年3月に描かれた「そらみスマイル」の3人の集合絵です。

らぁらがメインに位置していますけど、そふぃもみれぃもとってもかわいいと思います!

みれぃのネコ耳っぽいお団子もらぁらの髪にちょこんと乗ったシルクハットもとってもかわいいものがあると思いますし、
プリパラの中でも王道中の王道のこの三人が勢揃いしたそらみスマイルの集合絵は、とても華やかで
見ているだけでもハッピーな気持ちになれてしまいそうなすてきな集合絵だと改めて感じたものでした。


20190930-narucyan-01_convert_20190930135533_convert_20190930191339.png


それでは改めて冒頭のアミグリさんの描かれた「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんをご紹介させて
頂きたいと思います。

アミグリさんが今年の9月にどうして急になるちゃんを描かれたのかと言うと、
「プリティーリズムレインボーライブ」は、Youtubeの公式配信で全話一気に観ましたが、とてもよかったのでオススメです!
現在Youtubeでもプリパラが公式配信中ですが、改めてプリパラは良いよね~と強く感じました。
だけど「プリティーリズムレインボーライブ」もプリパラとはまた違った作風で、それぞれ両方の良さがあるなぁと思いました」
というアミグリさんのコメントにある通り、アミグリさんご自身がプリティーリズムレインボーライブに触発され、
なるちゃんを描かれたという事になるのだと思います。

アニメ「プリティーリズムレインボーライブ」の彩瀬なるちゃんというと、元気一杯の女の子で、「ハピなる♪」の口癖で
お馴染みの女の子でもあるのですけど、アミグリさんの描かれたなるちゃんは、
とにかくめちゃくちゃかわいくて、見る人みんなをハッピーにさせてくれるあの「ハピなる♪」の口癖がとてもよくお似合いだと
改めて感じたものでした~♪
あの天真爛漫で素直で人懐っこい、全世界の人たちの妹みたいな雰囲気が一枚の絵の中にもぎゅぎゅ~っと詰まっていて、
見ているだけで「ハピなる♪」ではないけど、ハッピーな気持ちにさせられるすてきな作品だと思います。

内向きの巻き髪やなるちゃんのこの眩しい笑顔やアイドルさんらしいキラキラとしたかわいい衣装など
そこに詰まっているのはアミグリワールドそのものだと思いました。
背景の虹もとっても美しいですし、ユニット名はメンバーのイニシャルにハッピーを付けたものですけど、
虹=レインボーみたいな意味合いにも感じられそうです。

とにかくこのなるちゃんはアミグリさんらしさに溢れていますし、そこにあるのは夢見る少女のすてきなファンタジー
なのだと思います~♪
そして上記のらぁらやソラミスマイルの3人を見ると、改めてらぁらたちはなるちゃんのすてきな後継者なんだな~と言う事を
強く感じたものでした。

上記のアミグリさんが描かれたプリティーシリーズのらぁらやなるちゃんたちの権利は全てなるちゃん・らぁら達の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいなるちゃんを描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

アニメでも漫画でも同一シリーズのヒロインの皆様が各作品を超えて、そのスピリットというバトンを受け継がれていく姿は
本当に素晴らしいものがあると改めて感じたものでした。



グリコというとグリコのおまけとかピスコ坊やも印象的ですけど、数年前から登場してきた「双子の魔法使いリコとグリ」の
双子の姉弟の組合せもとってもかわいいと思います。
江崎グリコの宣伝広告というといっちば~ん!に思い浮かぶのは言うまでもなく
大阪市中央区の道頓堀に架かる戎橋脇近辺の西日本最大級のネオンサインのあのグリコポーズだと思うのですけど、
テレビCMでは、松田聖子のアーモンドチョコレート&セシルチョコレートとか南野陽子のセシルチョコレートとか
森高千里のポッキーシリーズやAKB48のアイスの実などを思わず思い出したりもします。
アイドルではないけど、私の大好きな女優さんの田中麗奈も一時期ポッキーのCMに出演された事もあり、
うちの掛け時計は、なぜか知りませんけど(汗・・)田中麗奈のポッキーの「夢、つかもう・・」という掛け時計が
未だに飾られていたりもします・・

双子の魔法使いリコとグリとは何かと言うと、 お菓子の国からやってきた、おかしなおかしな双子の魔法使いの物語です。

リコとグリの2人のメインの舞台は「グリコランド」という現実世界とは別の次元にあるお菓子の国でもあったりします。
人間たちが、お菓子を食べた時に感じる幸せな気持ち「スィートの力」がこの魔法の国の力の源でもあったりするそうです。
そしてグリコランド内のお菓子の魔法使いたちは、日夜新しいお菓子作りの研究に余念がないという設定に
なっていますけど、これって「グリコの開発室の苦労話が背景になっているじゃん!」というツッコミはいれないように
した方が宜しいのかもしれないですね~
だってこれはあくまですてきなファンタジーと言えるのかもしれないです。
そして面白いのは、公式設定においては、お菓子の国の魔法使いのことを現実世界の誰しもが実は既に知っていて
街でそうした魔法使いに遭遇したとしても「珍しい外国人」くらいの認識で接してくれているという事なのだと思います。
グリコランド魔法学園というのはグリコの開発研究室ではなくて(汗・・)お菓子の国にある魔法使いたちの学校でもあります。
学校内ではお菓子の魔法について座学や実習をおこない、課外実習として人間界へ生徒の派遣もおこなっているのですけど、
双子のグリとリコもそうした派遣生であったりもします。
グリコランド魔法学園では、グリコランド以外の魔法の国からの留学生も積極的に受け入れているそうでして、その・美雨という
二人の美少女もそうした他の魔法の国からの留学生というのが一応の設定となっておりますが、
実際はそのたち二人は岩崎製菓・伊藤園といった他メーカーの宣伝キャラであったりもします。
でもそうやってメーカーの垣根を超えたキャラ同士のコラボというのもとてもすてきなものがありますし、後述しますけど、
ここ最近では、ボーカロイドを代表する初音ミクとのコラボも展開されていたりもします。

グリとリコは双子の姉と弟なのですけど、どちらかというとポンコツなお姉さんに優秀な弟という感じもあったりします。

グリはリコの双子の弟なのですけど、リコとは対照的に成績優秀な魔法使いで、いつも姉の失敗をさり気なくフォローする毎日
でもあったりするそうです。
性格は物静かで真面目で、冷静に現状を把握して解決策を考える秀才タイプでもあったりします。
お菓子の魔法もパワータイプのリコとは対照的で繊細な調整に長けているのですけど、
自分には絶対にできないリコの発想や魔法の力を誰よりも認めているというお姉さま思いの理想的な美形の弟と言えそうです。


繝ェ繧ウ_convert_20190202182954


リコお姉ちゃんはとってもかわいいすてきな美少女だと思います!
設定の上ではグリの双子の姉でご年齢は16歳であったりもします。

性格は明るく元気で負けず嫌いでお節介で、困っている人を見ると助けずにいられないという設定なのですけど、
これだけを見てしまうとピンク系プリキュア主人公と共通する事は大なのかもしれないです。
お人よしで調子に乗りやすく、うっかりとんでもないミスをすることも多々あるとの事です。
「ポッキーみたいにまっすぐ生きるんだもん」が口癖なそうです。

魔法の加減が苦手で、うっかりやり過ぎてしまってとんでもないミスをすることも多々あるそうでして、
そのために余計な事件に巻き込まれることも多いというのはこの手の魔法姉弟物語としてよくある話なのかもしれないですね~
弟のグリに対してお姉さんぶっていますけど、いつも助けられるのは結局はリコの方ですし、
リコがやらかしてしまったチョンボの後始末をいつもするのは言うまでもなくグリの方なのですけど、グリはいつも無難に
お姉さんのミスの後始末をこなしているのはさすが~!という感じでもありますね!

そしてリコの秘めている秘めている魔法の力は誰よりも強いというのもこの手の魔法モノのお約束と言えそうですね~!

それにしてもリコのこのかわいらしさと正統派美少女振りは素晴らしいですし、この絶対領域も完璧だと思います!


010_convert_20190913180953.jpg

012_convert_20190913181031.jpg


上記でチラっと書いていますけど、このグリコの「双子の魔法使いリコとグリ」はボーカロイドを代表する初音ミクとの
コラボキャンペーンも実は数年前から開始されておりまして、
最近もイオン限定キャンペーンでしたけど、グリコのお菓子を三個以上購入で、初音ミクとコラボした和風スクエアノートが
配布されるキャンペーンが展開されていました。
(ちなみに今現在はこのキャンペーンは既に配布終了となっています)

ボーカロイドというと、最近当ブログでもやたらと登場している「女子高生の無駄づかい」という漫画・アニメ作品の中の
重要キャラのヲタがはまっている事でも大変印象的なものがあったりもします。
ヲタが特に大好きなボーカロイドP(楽曲提供の作詞作曲のプロデューサー)は低所得というボカロPなのですけど、
実はその低所得Pというのがヲタの通う都立さいのたま女子高校1年2組の担任教師でもあり、
アニメ版第11話にて、その即売会イベントでヲタとワセダというヲタのクラス担任でもありボカロPでもある低所得Pが
バッタリと出会うシーンがあったのですけど、この話は全体的にバカの田中たちのゆるいどうでもいい話がメインのこの
アニメの中にあっては珍しくシリアス要素もあったりしていて、この第11話は結構ジーンとくる話でもありましたし、
ラストシーンのヲタへのノートにワセダが「ユメをあきらるるなよ・・応援している」と書き込むシーンは何気に
泣かせる話でもありました・・

話がそれましたけど、そうしたボーカロイドを代表するキャラというと言うまでもなく初音ミクですけど、
そのミクとグリコの「双子の魔法使いリコとグリ」のコラボは意外でもありましたけど、予想外のコラボと言う事で
とても楽しいものがありましたし、今回のイオンのコラボキャンペーンにおける二人の和装はとてもよくお似合いで
和の凛々しい雰囲気がとてもよくデザインされていたと思います~♪


013_convert_20190913181047.jpg


上記にて触れたとおり、イオににおいて、グリコのお菓子を3個購入で「オリジナル和風スクエアノート」が一冊プレゼント
されます!
このキャンペーンは9月10日より開始されていますけど、現在は既に配布完了となっています。
今年冬頃の岩崎製菓・伊藤園コラボの際は、余裕で配布されていましたけど、今回はミクとのコラボと言う事で、
前回よりはかなりさばけていたようにも感じました。
このキャンペーンは本州と四国のイオン限定との事で、北海道・九州のイオンは対象外との事です・・

ノートの最後はミクの塗り絵にもなっています。

またこの和風スクエアノートにはもう一つ特典も付いておりまして、それがこのオリジナル和風ノートには
OSTER Projectさん書下ろしのオリジナル楽曲も下記動作によって再生して聴く事ができます。

1.無料スマホアプリ「リコグリ」を立ち上げよう!
2.アプリの「魔法のカメラ」をタップ。
3.景品のスクエアノートの対象部分にスマホをかざそう!
4.OSTER Projectさん書き下ろしの
  オリジナルソングが再生される!

ミクの歌う和風な楽曲「サクッとKOMACHI」を楽しめることができるのですけど、このキャンペーンは和風ノートだけではなくて
ミクのオリジナル曲を聴く事ができるというのも大変面白い試みだと思いますし、グリコのアーモンドキャラメルのように
「一粒で二度美味しい」という事なのかもしれないです。

グリコのイメージキャラクターのグリとリコだけに留まらず、留学生の交流という事で、
伊藤園からは、そのちゃんを、そして岩崎製菓からは美雨ちゃんという美少女キャラをイオン内の共同コラボという形で
異世界と言うのか異なる企業同士の交流を果たされているのはとてもすてきな事だと思いますし、
今回のような初音ミクとのコラボもありますし、
これは業界横断型 キャラクター活用店頭プロモーションとも言えるのだと思います。


_convert_20190914184506.jpg


2年前のグリコの「双子の魔法使いリコとグリ」×初音ミクコラボキャンペーン時には、
和風ノートではなくてミクたちとのコラボのクリアファイルが配布されていました。
この時は、初音ミク×双子の魔法使いリコとグリ 秋の夜長のSWEETS STORYキャンペーンと銘打たれ、
「秋の夜長をたのしむ」ミクとリコたちのシーンが描かれた幻想的でかわいいクリアファイルが計6種類準備されていて、
BUZZさん、こすずめさん、かぴりこさん、ヨシフミさん、U35さん、松うにさん計6人のすてきな絵師様による
それぞれ個性的なミクたちがデザインされていました。

この時も今回のノーと同様に、クリアファイルの裏面をアプリCOCOARで読み込むと、
初音ミクが歌うOSTER projectさん書き下ろしのコラボ楽曲が楽しむことが出来ました。


_convert_20190914184527.jpg


この2017年のキャンペーン時は、初音ミクとのコラボによるオリジナルクリアファイルは全6種類ありましたけど、
その中でMEIKO姉さんがデザインされているクリアファイルもありました~♪

ミクやリコというすてきな美少女たちのなかにあってMEIKOのこの大人っぽい雰囲気はかなり目を引きますし、
お姉さんの雰囲気がすごく魅力的だと思います。
今年のキャンペーンではルカ様やMEIKOは登場しなかったのは少しもったいなかったです・・


moblog_2eb4d683_convert_20170226213959.jpg


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが描かれたすてきなイラストのご紹介コーナーです!

本日ご紹介させて頂く作品は、上記でも取り上げさせて頂きました初音ミク関連のイラストです。

本記事はミクと双子の魔法使いリコとグリのコラボキャンペーンでしたけど、
アミグリさんが2014年3月に描かれた「キティミクちゃん」という初音ミクとキティちゃんのコラボイラストを
ご紹介させて頂きたいと思います。

キティミクですけど、こうしたコラボイラストは見ているだけでとっても楽しいものがありますね~♪

キティちゃんのツインテールも大変珍しいだけに、キティちゃんファンにとっても大変貴重なあると思います。

この作品を描かれた当時のアミグリさんのコメントとして
「実はこの作品、クーピーで描いたアナログ作品なのです!
キティとミクという珍しい組み合わせ+アナログ作品、ということで、このイラストは
珍しいポイントがいっぱい!!という感じですね!(笑) 」とのことですけど、
こうしたすてきな遊び心満載のイラストはやっぱり楽しいものが伝わってきますね~!


nekomimikusan!!_convert_20130321185307.png


続きましてアミグリさんが2013年3月に描かれた可愛いネコ耳ちゃんの初音ミクです。

アミグリさんは、ルーミア・咲夜さん・多々良小傘・早苗さん等に猫耳をコラボさせたとってもすてきなネコ耳作品も
既に何枚か描かれているのですけど、ミクのネコ耳もとってもかわいいと思いますし、
ネコ耳のミクもよくお似合いだと思います。

2013年当時はアミグリさんにとっては淡い色彩という作風が目立つ時代でしたけど、
このネコ耳のミクさんは色彩がくっきりと感じられ、色のトーンで言うと明るさと濃さの方をより強く感じたりもします。
そしてそれがミクの華やかさにも繋がっているようにも感じられたりもします。
全体を青系トーンでまとめておちついた雰囲気を出しつつも、
(爪の水色のマニキュアが印象的です)
頬や口元などに赤系を加えることで、よりカラフルさを出しているようにも感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれたボーカロイド関連のイラストの権利は、上記の作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいミクを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
744899f4-s_convert_20190906145023.jpg




10月も既に到来し、2019年の秋アニメに入っていきますけど、今年の夏アニメとしては「女子高生の無駄づかい」は
とっても面白くて、私にとっては今年の夏アニメとしてはいっちば~ん!といってもいい作品なのかもしれないです。
(それに次ぐのが「手品先輩」と「ソウナンですか?」と「ダンベル何キロ持てる?」あたりで、今期アニメもなんだかJKものばかり
見ている感じでもあります・・汗・・)
この「女子高生の無駄づかい」の概要を一言で言うと、ストーリーも劇的要素はほぼ皆無でして、
都立さいのたま女子高等学校(通称「さいじょ」)に通う個性派ぞろいのJKたちが女子高生活を無駄に
浪費する日常学園コメディとも言えると思います。
ちょっと残念なJKさんが集うさいのたま女子高校の1年2組のクラスをメイン舞台にして、
相当偏差値が足りない田中(通称バカ)とBLと二次元に傾倒する菊池(通称:ヲタ)、
ひたすら冷静で無表情な才女・鷺宮(通称:ロボ)の 3人のJKさんを主なメインヒロインに据えて、
この三人のの周りに生息する色とりどりの仲間たちが、今しか生きられない「女子高生」を無駄に浪費する脱力系の
日常学園コメディと言える作品です。
大半の登場人物が現役JKさんでありながらセクシーなシーンもなく恋愛要素もネタ程度に留まり、
思春期を取り上げた感動するシーンやメッセージ性も特になく、基本は頭空っぽにして楽しむ脱力系日常系作品だと
思います。
JKさんとか女子高生というと人によっては「人生最大のモテ期」とか「最もチヤホヤされる人生の絶頂期」みたいな事を
言われる方も多いとは思うのですけど、そうした素晴らしい時期と時間を日常のどうでもいい事に浪費してしまい、
結果的にあっと言う間にJKの3年間を無駄に浪費してしまいました~だけどそれもまた楽し・・という
作品と言えるのかもしれないです。

「女子高生の無駄づかい」は第1話から最終回までとにかく面白くて、どのキャラもとっても個性的でかわいらしく描かれていて
すてきでしたけど、その中でも特に印象に残っている回は第8話の「みずぎかい」でした~♪
第8話の冒頭からいきなりの(?)サービスショットのヲタの自室のベットでのボーカロイドを聴きながらのまどろみシーンから
開始されるのですけど、このアニメでは、ヲタ・マジメ・リリィの胸の豊かさはかなり輝いていましたけど、
夏の薄着のヲタもかわいらしさやプロポーションの良さは素晴らしかったですし、冒頭シーンから「ごちそうさまでした~♪」という
感じでもありました。
そしてまどろんでいるヲタのスマホに何度も何度も「なー、今からすごいこと書き込んでもいいか?」と会話だけではなく
LINE上でもうざく絡んでくるのがいつも通りバカ(田中)でした。
そしてこのSNS上でのやり取りは第8話の伏線にもなっていて、それが最後の夢オチみたいな事につながっていく訳ですけど、
そのあたりの構成はとってもうまいと思います。
最近のとある長編アニメ映画でも「この作品はラスト1秒で全てがひっくり返る」と盛んに宣伝されていましたけど、
この第8話もそうした夢オチというのか結果的に「この話は最初から最後までバカの田中の脳内妄想の創作話でした~」という
オチで〆ていましたが、ラストで「バカの田中の夢オチみたいなもんだからしょうがないっか・・」とくすっ・・と
なってしまいそうな話でもありました。
都立さいのたま女子高校1年2組のメインキャラ全員勢揃いの夜の校内屋上プールのあの素晴らしきJKさんによる水着シーンは
かわいらしくて「ごちそうさまでした~!」としか言いようが無いのですけど、なんだか都合のいいように夜の校内に
1年2組のクラスメイトが偶然(??)集結していた都合の良すぎる設定とか水着シーンにおいて、なぜか胸ぺったんのはずの
バカの田中の胸が突然巨大化していたり、「なんかヘンだよね~」とリアルタイムから感じていたのですけど、
それが実は「・・という話を考えたのだけどどう・・?」という田中の夢オチというか田中の脳内妄想の話をヲタのLINEに延々と
送り続けた話のオチも構成がうまいよね~と感じたものでした。
夏休みの昼間のまったりとした時間をバカのくだらない脳内妄想の夢オチ話をリアルの会話ではなくて、今風のLINEという
SNSでも延々とお付き合いさせられるヲタもなんだか気の毒・・という感じなのかもしれないですけど、
そうしたバカのくっだらねー話を子守歌にして午後のまったりとした時間をお昼タイムとしてまどろんでいるヲタ寝顔は
とってもかわいらしいものがありました~♪

バカの田中の創作話として・・
ある夏の昼下がり、ファミレスに集まっていたバカ、ヲタ、ロボの三人でしたけど、バカが、
もしかして人生で一度きりの16歳の夏休みを無駄に過ごしている自分たちは、のすごい贅沢をしているのではないかと
話し始め、さらに女子高生が水着で武装すれば無敵じゃないかと語るシーンから開始されます。

そして話は、「まずは水着を着るためには海に行くとか福引で海外ビーチリゾートが一等大当たりしました~というのが
アニメでもよくある話じゃないの・・?」というまたまたバカの強引な展開へと持ち込まれ、
水着購入シーン→福引をするものの当然の如く玉砕→夏休みの登校日シーンへと展開していきます。
(このあたりも全てバカの田中の夢オチという作り話であったりします・・)


ddb85f1e-s_convert_20190906145104.jpg

15c65514-s_convert_20190906144901.jpg


そして登校日シーンでもバカたちJKさんの延々と他愛も無い会話が続いていきますけど、そうした他愛も無い会話は
無駄以外の何物でもないのでしょうけど、その無駄こそが最も楽しいイベントとも言えそうな気がしますよね~

リリィ : 登校日で久しぶりに顔を見たと思ったら相変わらずバカなことしてるわね

バカ : リリィ丁度良かった。お前ドバイに別荘持ってない?

リリィ : 持ってないわよそんなの。ってかなんでドバイ?

バカ : 日本じゃモテないからドバイの高級リゾートでモテようと思って

リリィ : 日本でモテないならドバイでもモテないわよ 間違いなく

バカ : だったらモテる方法教えてくれ。日本の海でも北北西武園のプールでも空堀川の河原でもいいから!

リリィ : モテテクは色々あるけど… ま、田中さんでもできる基本中の基本というとやっぱりあれかもね

バカ : どれだよ!?

リリィ : いわゆる”モテ女のさしすせそ”ってやつ

一同 : さしすせそ?

この時のリリィの指さしの「みんなそんな事もわからないの~?」みたいなとてやったり感とロリの「なにそれ~」みたいな
興味津々の表情はとってもかわいかったですね~♪


35a7c03e-s_convert_20190906144918.jpg


そしてリリィの言う「モテ女のさしすせそ」についてそれは一体何なのかを各キャラが語っていくことになるのですけど、
その内容は1年2組のあの濃厚なキャラらしさに溢れていましたし、各自の独特な個性が滲み出ていたと思います。

リリィ : じゃあ言ってみて

バカ : 刺身食う?・鹿せんべい食う?・酢飯食う?・千円貸して・そうなんだー!

マジメ : あ、それなら聞いたことが。モテる女性が料理をする時の調味料を入れる順番ですよね。砂糖・塩・酢・醤油・味噌

リリィ : いや その”さしすせそ”じゃなくて…

ヤマイ : 合コンか。邪心たちの集いには興味は無い。だがその”さしすせそ”なら心当たりがある
サラマンダーは僕が倒した・死者と契約したのさ・スティグマが疼くんだ・世界が滅びる音がする…

この辺りはバカとヤマイの「らしさ」が全開の会話でしたね~
そしてここからJKさんの水着シーンとラストの怪談オチというバカの夢オチに結びついていくのですけど、
ここでバカは「そういえばさ、ウチの学校たしか屋上プールあったよな? なんで授業で使わないんだろう?」という
何気ない一言を発します。

そしてバカのこの一言に食いついてきたのはマジョでもありました!

マジョ : 呪いです、昔1人の卓球部員が水泳大会を前に無念の死を遂げたんです。
それ以来プールの事故が相次いで、やがて さい女はプールが廃止されました

ヲタ : っつかなんで卓球部員?水泳部員なら分かるけど

マジョ : それがこの話の最も謎に満ちた恐ろしいところです

このあたりはラストの夜の校内屋上プールシーンの伏線にもなっているのてすけど、繰り返しになりますけど、
この辺りも全てはバカの夢オチの脳内妄想としてこの回は構成されているのですけど、
そうした伏線の巧さとかまるで学校怪談みたいなオチの巧さは、バカの田中は単なるバカという訳ではないという事を
示唆しているのかもしれないですし、構成の巧さや伏線の面白さは、少なくとも漫画化志望のヲタの残念な漫画の話の構成
よりは数十倍も面白さと巧さはありそうですね~


250e50a1-s_convert_20190906145001.jpg


さてさて、場面が変って夜のさいのたま女子高校付近の様子・・
(このあたりも実はバカの田中の夢オチというか作り話であったりもします・・)

ロリがなんだか不安そうな様子で駅近辺をウロウロしています。そうしたロリに背後から「ばぁ~」と声を掛けてきたのは
女の子好きで特にロリみたいなかわいい幼女みたいな少女が大好きなリリィでもあったりします。

リリィ : こんな時間にウロウロしてると怖いおじさんに連れてかれちゃうわよ?

ロリ : うっ…怖いおじさん…

というか、ちょっとおどおどしたロリは本当にヘンなお兄さん・おじさんたちにどこかに連れて行かれそうですね~(汗)

ロリ : って、てか好きでウロウロしてるんじゃないし…。学校にスマホ忘れたから取りに行くとこ

リリィ : ふーん、そうなんだ
(この時のリリィのうれしそうな表情と雰囲気は素晴らしかったですね~)

ロリ : な、なんだ?震えてるぞ?リリィも怖いのか?

リリィ : 何でもないの。ちょっと気持ちよすぎてゾクゾクしているだけ…

ロリ : えっ?何が気持ちいいんだ?

そしてロリとリリィの二人は夜の校内に入ります。
昼間の学校って怖い・・という雰囲気は皆無なのに、夜誰もいない時の校舎って結構不気味ですよね・・
ましてやそれが夏休み中で昼間も人があまりいそうもないし、夜だともっと「学校の怪談」という雰囲気はあるような気もします。
そしてロリとリリィで校内を歩いていると、確かにあちこちから不気味な物音や人声が聞こえてきます。

ロリ : 奥から2番目のドア…やっぱり…

マジメ : 違います!一 奏です!助けてください!

ロリ : 昼からずっと閉じ込められてたのか?

マジメ : はい。何度か助けを求めたのですが みんな怖がって逃げてしまうばかりで…

リリィ : うんうん

(ここでも多彩な表情の女の子をじっくり観察する事ができたリリィは嬉しそうですね~)

そして場面が変り、とある教室よりなんだか不気味な呪文が響き渡っています。

不気味な呪文 : パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・フアン・ネポムセノ

ロリ : ひぃぃ!

更に不気味な呪文 : トリニダッド・ルイス・イ・ピカソ

ロリ : いやぁぁああああ!』

畳み掛けるように不気味な呪文 : クリスピン・シプリアーノ・デ・ラ・サンティシマ

ロリはビビりまくりですけど、「たとえ幽霊でも可愛い女の子なら…」という事をさり気なく言っているリリィの方が
呪文よりもある意味こわいのかもしれないですね~

そして教室内に魔法陣を引いてそうした不気味な呪文を唱えていたのは、そう・・! 言うまでもなくマジョでした~!
いやー、やっぱりマジョは最高に面白いです~♪
そしてマジョが魔法陣を引いて呪文を唱え降霊術をしていた理由と言うのはある意味JKさんらしい理由でもありました。

マジョ : 夏休みの宿題 世界史で分からないところがあったのでバスコ・ダ・ガマの霊を呼び出して答えを聞こうと…

それにしてもマジョは宿題で不明な点はウィキペディアではなくて故人の霊を呼び出して本人から直接聞くというのも
なんだかマジョらしいし、その発想はバカの田中以上に大胆なのかもしれないです。

ロリ・リリィ・マジメ・マジョ・・と段々夜の校内を動き回る人たちが増加していっていますけど、それにしても夜の校内に
こんなかわいいJKさんたちが集結しているというのは、ある意味パラダイスなのかもしれないですね~♪
(もっともそれはあくまでこれはバカの田中の夢オチというか脳内創作物の世界なのですけど・・)
そして4人は更に不気味な視線を夜の校内から感じます。

リリィ : どうしたの?

マジメ : 何かこの教室からすごい視線を感じる

ロリ : ひっ!し、視線って何だよ!? ぎゃぁぁああああああ!

そして視線の先にいたのは、言うまでもなく予想通りヤマイでした。

マジメ : また降りられなくなったんですね

ヤマイ : や、闇のプレリュードへようこそ… 聞こえる…滅びのシンフォニーが…

そして、一同は無事にロリが教室内に置き忘れたスマホを回収し帰路につこうとします。
しかしここから更に不気味にラップ音が鳴り響きます。

マジメ : ラップ音でしょうか?屋上のプールの方から聞こえるようです

マジョ : 行ってみましょう
(他のメンバーがひきつっているのに一人マジョだけは嬉しそうですね~♪)

そして一同は意外な光景を目撃します。

マジメ : た、卓球やってる!

マジョ : やはりこれは卓球部の呪いですね!

そしてそこで卓球やっていたのは、バカ・ヲタ・ロボの三人でした。この三人は昼間の登校日でのマジョの卓球部の呪いの話に
興味を持ち、その結果・・

バカ : いや卓球部員の霊は成仏させてやろうと思ってさ

バカ : 卓球終わったらナイトプールで遊ぼうと思ってるんだ。お前らも一緒にどう?

リリィ : ”どう?”と言われても私たち水着を持って来ていませんし…

バカ : 水着水着っていちいち細かいな!女だったら素っ裸で泳ぐくらいの根性見せてみろ!

そしてこの時突然のにわか雨が降りかかり、マジメやリリィたちの制服はびしょ濡れ状態になってしまいます。
そして女の子好きのリリィはまたまたマジメを誘惑と言うか挑発します。

リリィ : いいえ。彼女は着衣のまま濡れるのが好きなのよ
素肌にピッタリと纏わり付く衣服の肌触り。スカートから滴り落ちた滴が太腿をゆっくり流れ落ちていく感触に思わず 彼女は…

リリィ : うっとり~♪

マジメ : って勝手な妄想しないでください!

そしてこの時バカがサンプル用の水着らしきものを都合よく(?)発見し、バカ・ヲタ・ロボ・ロリ・リリィ・マジメ・ヤマイ・マジョは
水着に着替え、夜の誰もいない中、屋上での校内ナイトプール大会に突入していきます~♪

結果論として、このナイトプールへの展開は冒頭のバカの田中の「女子高生が水着で武装すれば無敵ではないか~!」という
話を見事に具現化したものになっていたと思いますし、
こうしたナイトプールで大はしゃぎをするJKさんこそが世界でいっちば~ん!の無敵キャラとも言えそうですし、こういうシーンを
見ると「JKさんは世界の人類たちの共通の財産である」とか「JKさんこそ永遠なれ!」と叫びたい気持ちに
なってしまいそうです!

いやいやこういうシーンは永遠に続いて欲しいものですね~
(くどいようですけど、所詮はバカの田中の夢オチの話でもありますけど、バカの田中の脳内妄想にしてはあまりにも
上出来ですね~♪)


7773851c-s_convert_20190906145044.jpg


そして1年2組のメインキャラのJKさんは水着に着替えられて、みんなキャッキャッいいながら楽しそうに水遊びに
興じていきます~♪
(JKさんの水着シーンは本当にすてきな華があり見映えがしますよね~♪)

ロボ : 私 持って来たのもあるの

マジメ : さ、鷺宮さんの水着を私に!?

ロボ : さっき変な妄想したお詫び

マジメの脳内妄想 (鷺宮さんのためならこの体 喜んで実験台として捧げようではありませんか・・)

マジメって多分1年2組の中ではまともなキャラだと思うのですけど、実は相当ヘンなキャラでもありますし、
無表情のロボにひそかに恋しているという百合もとてもかわいらしいですね~
というか、マジメの母親も相当ヘンなキャラで、とあるシーンでマジメの家にやってきたリリィに対して、妙な妄想を
していたりもしますし、リリィはリリィで、マジメ親子を見て「なんとすてきな親子丼」とやはり脳内妄想しているというのも
やっぱりこのクラス全体がヘンなのかもしれないですね・・


f1e0f71f-s_convert_20190906145342.jpg

faaaadaf-s_convert_20190906145400.jpg


リリィ : ロリちゃんもそんな隅っこで隠れて着替えてないでこっちおいで

ロリ : わ、私のことはいい…!

リリィ : 奏もほら。こっち来てブラのホック外してくれない?

マジメ : そういうのは自分でやってください・・

バカ : ヲタも揉ませろ

ヲタ : バッ…尻を揉むな!

とにかくJKさんの水着シーンは最高としかいいようがないです~♪

そして幸せな時間が流れていくのでした・・


e98359f7-s_convert_20190906145325.jpg


さてさて、その楽しいナイトプールの翌朝のこと、一人校内で補習を受けるバカの田中がさいのたま女子高校にやってきます・・

バカ : あーあ 登校日の次の日に1人で補習かよ。昨日の夜は楽しかったなー ナイトプール

バカ : 今日も水着持って来たし 補習の前に1人で泳いでいくかな

そういうバカの田中でしたけど、田中が屋上で目撃したプールは、すっかり荒れ果てていて、プールの底は草ぼうぼうの
荒れ果てたプールでした・・

バカ : えっ…どういうこと?じゃあ昨日のは何だったの…?


2c640fe0-s_convert_20190906144845.jpg


そしてラストのオチがバカの「こんな夢を見ました~」という夢オチみたいな
「・・・というすごい話を考えたのだけどどう?」でまとめていたのも、JKさんの水着で楽しませつつ、最後は怪談風で
〆るといういかにも夏らしい回でもあったと思います。

怖い話と水着というのはすてきな夏の定番ですけど、「女子高生の無駄づかい」のメインキャラを魅力をほぼオールキャストで
夏の怖い話と水着という鉄板ネタで魅了させて、原作漫画の設定もこわさないで原作とアニメ作品を見事に調和させ、
結果的に見ている人たちみんなを楽しませるこの第8話は本当にうまいと思います。

それにしてもこれだけ長時間LINEからのバカの田中のこうした夢オチ話的な脳内妄想ネタを延々と読まされ続けた
ヲタはお疲れ様でした~♪

こんなしょうもない話を延々とスマホから送られ続けてそれをちゃんと読んであげて反応してあげたヲタは
やっぱりいい子なのかもしれないですね~

そして最後は疲れたように爆睡してしまうヲタの寝顔はあまりにもかわいすぎますね~♪
(第8話はヲタではじまりヲタで閉じられた・・という感じとも言えそうです)


doremi-002_convert_20180902150422_convert_20180903194412.png


よく言われる話ですけど、人間の睡眠時間と言うものは一日の1/3を占めていますし、換言すると人生全体の1/3は
寝ている時間といえるのだと思います。
眠りにつく事は休息を取る事でもあり、体と心の疲労を取り翌日以降の心身のリフレッシュには絶対的に必要なもので
ありますので、同じ眠りにつくということならば、快眠と言うのかぐっすりと眠り
極上の眠りを手に入れたいものでありますよね~
そして人間は就寝中によく「夢」を見るのですけど、極上の安眠を手に入れるためにも、どうせみる夢だったら
悪夢とか昼間の出来事の繰り返しではなくて、楽しくて穏やかで安眠できる夢を見たいものでもあります!

眠りについている時の「夢」というものは、人間の深層意識の表れなのかもしれないですね。

今回の話は言うならばバカの田中の夢オチみたいな話でもありましたけど、こういう楽しい夢ならば毎晩見たいです!

ここから先は「dream fantasy 」のアミグリさんが
描かれたイラストのご紹介コーナーです!
東方でのそうした夢オチというというまでもなく真っ先に思い浮かぶキャラはドレミー・スイートです。

上記のドレミー・スイートはアミグリさんが2018年9月に描かれた作品です。

アミグリさんの描かれるドレミーはとてもかわいいですね!

サンタ帽もボンボンが付いた白黒のワンピースもいつものキラキラ仕様と見事にマッチしていて、
すてきな夢の世界のお姉さんという雰囲気が漂っていると思います。
さり気なく描かれているバクの尻尾らしきものもとてもかわいいと思います。
ドレミーというと飄々とした感じとかドヤ顔みたいに描かれがちでもあるのですけど、
アミグリさんの描かれるこのドレミーからは「夢の世界へようこそ!」とか
「これから私と一緒にすてきな夢の世界へ旅立ちましょう!」と言っているような優しさが伝わっていると思いますし、
東方憑依華で見せてくれたドレミーの優しさや生真面目さと他者への気遣いみたいな要素が
この絵からも伝わっていると思います。

ドレミーのこの笑顔にたまらなく癒されそうです!

こうしたとってもかわいいドレミーを見てしまうと、羊符「ナイトメア・オブ・キメラ」とか
悪夢の管理人というドレミーの少しばかりダーティーな雰囲気ではなくて、
「これから私と一緒に楽しい夢を見ましょう!」とにっこりとほほ笑むとてもすてきなドレミーの方を感じてしまいそうです!

やっぱり「夢」というものは、悪夢ではなくて、昼間のつらくて大変な現実を忘れさせてくれる楽しい幻想の方が
私は大好きですね~!
バカの田中が見たっぽい夢の世界というのも案外もしかしたらドレミーが導いた世界なのかもしれないですね。

上記のアミグリさんが描かれたドレミーは、その権利は全てこのドレミーの作者であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなすてきなドレミーを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!



本記事の一つ後の記事がまたまた「女子高生の無駄づかい」の中から屈指の面白い話の第8話・みずぎかいのレビュー記事
でもあるのですけど、第7話・ヤマイの回もとっても面白くて神回の一つと言えるのかもしれないです。
(第7話は9/27放映のベストエピソード編で再放送されていた回でもありました)

山本 美波(ヤマイ)は重度の中二病患者であり、田中(バカ)と同程度またはそれ以上の問題児ですね~
都立さいのたま女子高校は、都立高校の中でも屈指のおバカ学校という世間の評価は既に定着している底辺校の一つ
なのですけど、それでも腐っても都立・・という事なのかもしれないのに、あのバカの田中とヤマイが一体どうやって入試を
突破して合格できたかはこの作品の謎の一つなのかもしれないです・・
そして都立さいのたま女子高校に頭脳明晰で学業成績極めて優秀なあのロボと同じく頭がたいへんよくて人望が大変厚い
マジメがこの学校に在籍しているのも謎ですね・・
原則漫画でもアニメでも明らかにされている通り、中学時代に進学校に進んだものの、周囲の人たちと打ち解けられず
孤立気味だったロボは、高校入試前に幼馴染でもあったバカとヲタと偶然再会し、ふたりがさいのたま女子高校に進学すると
聞いて、この学校へ入学する事を決めた背景もありますし、マジメの場合は本人がプレッシャーに極端に弱くて
第一志望の学校に落ちたから・・という事情もあったりもします。
(中学時代、ロボと同じ学校だったマジメは、実はひそかにロボに恋い焦がれていた事もあり、さいのたま女子高校
でロボと同じクラスになれた事を奇蹟と感じている経緯もあったりします)

ヤマイは、外見からして既にヘンな人オーラが満開でして、
ツインテールも金髪も全身に巻いた包帯も全ては中二病がもたらした症状なのですけど、
他人と群れることを口では嫌っていると言っているものの、本当はぼっちになりたくない寂しがり屋でもあったりします。
第7話においては、ヤマイに関して誰しもが感じていたあの疑問・・、
「どうしてヤマイは顔面や手首や太ももなどに包帯や絆創膏を貼っているのか」という事なのですけど、
第7話で、ヤマイの口から真相が語られていました。
それは誰しもが思っていた「それはヤマイがかなり重症な中二病患者だから」という答えではなくて、
ヤマイの絆創膏や包帯に関しては、左腕は鉛筆の芯が刺さっていたせいであり、首筋と太ももは単なるあせもであり、
右手首は失敗した落書き隠し、おでこはにきびだとカミングアウトするヤマイの意外とまともすぎる理由に唖然となってしまうのも
何ともいえず楽しいものがありました。
そしてこの間の担任教師のワセダとヤマイの会話のテンポ感は最高のノリだったと思います。
(原則漫画ではこの辺りはテンポ感よく淡々と進行していくのですけど、アニメだと声優さんたちの声の演技の魅力もあり、
あの場面は実に生き生きと描かれていたのは大変素晴らしかったです!)

そのあまりの中二病の重症さにワセダのメガネはレンズが外れてしまいますし、ワセダのヤマイに対する
「お前はお前が思っているより重症だ」という指摘はあまりにも適確過ぎて、痛さよりもなんだか無性にヤマイのアホっぽさに
共感すら感じてしまいそうでした。

そのシーンを少しだけ再現してみますと・・

ワセダ : 山本、いつにも増してその包帯の数。私には結構な重傷に見えるが何があったんだ?

ヤマイ : 案ずるな。大したことではない

ヤマイ : いいだろう。特別に見せてあげる。この左手に宿るは小2の時 廊下で男子ぶつかって刻まれた…ブラックペイン!
(実は単なる鉛筆の芯です・・ちなみにですけど、私自身の右手にもやはり小学生の頃に尖った鉛筆の芯を右指と右の掌に
突き刺してしまい、いまだに鉛筆の芯が皮膚に入ったままです・・汗・・)

ワセダ : 分かった。じゃあ他の包帯の中も見せてくれるか? なっ…それは…!

ヤマイ : 後天性の汗疹だ

ヤマイ : カッコイイと思って巻いていたらこうなった。めっちゃ痒い

ワセダ : 明らかに包帯が原因じゃあないか じゃーその手首はなんだ?

ヤマイ : 僕の手首を見て後悔するなよ

ワセダ : 手首って…お前まさか…! (ワセダは瞬間的にヤマイのリストカットを連想してしまいます・・)

ヤマイ : 昨日描いて失敗した

ワセダ : お前 本当に裏切らないな
(ヤマイの手首にはヤマイが落書きして失敗した腕時計が描かれています・・)

ヤマイ : 最初はカッコイイ紋章を描こうとしたんだ。でも段々パワフルな腕毛みたいになってきて
途中で腕時計にシフトせざるを得なかった

ワセダ : そうか…では一応これも聞いておくが いつもしているほっぺの絆創膏は何なんだ?

ヤマイ : 勘違いしないでくれ。これは絆創膏じゃなくてお札の代わりなんだ。僕の中の悪しき魂を封印するためのもので
強力な結界魔法が張られている

ワセダ : そっちはスピリチュアルなやつなんだな

ヤマイ : これを剥がせば僕とて…

ワセダ : 悪いことは言わん。人より皮膚が弱いんだろうから当面包帯を巻くのを控えなさい

ヤマイ : それは無理だ。なぜならこれは僕の標準仕様でありアイデンティティーだから。
庶民には汗疹に見えるだろうが これは僕がドラゴン族であることを証明する聖痕

ワセダ : さっき自分で汗疹って言ってただろ その証拠に… まぁいい。残るはそのおでこの包帯だが…

ヤマイ : ダメだ!これだけは見せられない!僕のプライドが許さない!
(この場面を見た際は「もしかして「三つ目が通る」のようにおでこの包帯の下には第三の目が隠されているのかも・・?」と
瞬間思ったのですけど、結果は予想通りのものでした~)

ヤマイ : 本当は誰にも見せたくなかったのだが…

ワセダの心の声 : (ここへきて ただのニキビか…)

ヤマイもニキビに悩むお年頃の普通のJKさんでもあったのですね~♪

(お前はお前が思っているよりずっと重傷だ)というワセダの心の声には誰もが共感しそうですし、
「JKに囲まれる女子高教師はうらやましい職業なのかもしれないですけど、その実態はかなり大変・・」という感じなのかも
しれないですね~

それにしてもヤマイの包帯や絆創膏は本人の中二病以上に、実はあせもにニキビという女の子らしい側面が
あったのもとっても楽しいものがありました!

ヤマイは本当は「毎日みんなと楽しく過ごしたいけど、自分自身も目立ちたい」という意識がちょっと強いと言う事で、
「自分自身が目立つためには他人と異なる外見をしていれば、目立つし注目度も上がる」と考えているのかもしれないですし、
そうした辺りは意外と普通の女の子の感覚に近いものがあるのかもしれないです。
そして口では「誰かとつるむのは嫌い」と言っているけど、自分が一人ぼっちになる事は極度に恐れているようですし、
ヤマイは誰かにかまってほしい・・というちょっと寂しがり屋の女の子と言えるのかもしれないです。
そして誰かにかまってもらいたいがゆえに、誰かにツッコみを入れてほしいがためにあのような妙な絆創膏・包帯を
しているのかもしれないところがまたまたかわいいし、お年頃のJKさんっぽい感じもありそうです。


71cb8c04-s_convert_20190924090906.jpg


後半パートに出てくるマジョのガスマスクの話もとっても面白いのですけど、ここではマジメとヤマイの絡みについて
少しだけ触れたいと思います。

ヤマイは上記で記した通り、その本質はさみしがり屋さん・誰かにかまってほしい病でもありそうですので、
ヤマイがやっているtwitterでみんなからの反応が乏しいとヤマイは落ち込んでしまう普通の女の子でもあったりします。
そしてあまりにも反応の悪さについつい「50以上のRTがあったら私と私の彼氏の画像を公開する」とUPした途端に
あっという間に50以上のRTの反応があったりもします。

そうした経緯があった事を踏まえての展開になるのですけど、ヤマイはその後街のゲーセンのUFOキャッチャーにて、
お好みの景品が置かれているのを発見してしまいます。

ヤマイ : わぁー!ダイオウグソクムシ娘のぬいぐるみ!

そしてヤマイは何度か挑戦したものの景品ゲットは出来ず、カップルに割り込まれた挙句景品を先に取られたり、
向こうはカップルなのに自分はぼっち・・と寂しさが襲い掛かったりしていたのですけど、
その時偶然通りかかったのがマジメでした!

マジメ : 欲しいんですか?あのぬいぐるみ

ヤマイ : べ、べ、別に欲しいってわけじゃ…

マジメ : 『欲しいんですね?

ヤマイ : うん…

マジメ : 分かりました。すぐ終わらすんで

ヤマイ : えっ? 無理だろ。何回やってもほとんど動かなかったし アームの力弱いし…

マジメ : 正攻法では難しいか。回転軸を意識した方が良さそうだな

(そしてマジメはあっけなく簡単にその景品を一回でゲットします)

マジメ : 取れました。どうぞ

ヤマイ : えっ?あ、でもそれはマジメが取ったからマジメが…

マジメ : 生憎 私にはぬいぐるみを収集する趣味はありませんので

このシーンのマジメは凛々しくて「困っている人は救いの手を差し伸べてあげる」という性格がよく表れていました。

マジメというと・・ロボに恋する女の子という側面もありますし、原作コミックではリリィに対して
「私・・髪を伸ばした方が女の子っぽく見えるのかも・・」と相談しているように本人は女の子そのものなのですけど、
見た目がボーイッシュという事もあり、さいのたま女子校内ではJKさんたちからの人気が相当高くて毎月のように
ラブレターを貰っていたりもします。
ボーイッシュな雰囲気で女子からも大人気という意味ではプリキュアアラモードの剣城あきらさんみたいな立ち位置に
近いともいえそうです。
部活の助っ人をするほどスポーツ万能で勉強を教えてあげられるほど学力優秀で困っている人は放っておかない優しい性格と
基本はかなり高スペックですけど、純粋で人や状況を疑えず真面目に取り組み過ぎて自分の首を絞めている
不器用さがマジメの魅力ともいえそうです。
非常に真面目な性格をしており、勉強も運動も高レヴェルなのですけど、実はプレッシャーに弱くて、
ここぞというときに体調を崩す運の悪さもあります。
本来の学業成績はいいのに、バカと同じ高校というのは高校受験の時に風邪をひいて体調を崩したという背景もあったりします。


009e0f86-s_convert_20190924090841.jpg

cbba0538d5c0a65889231b9183ffd7b0_convert_20190924091111.png


そうした真面目に景品を取って貰い、マジメのあまりの凛々しさとかっこよさにヤマイはポーーっと見とれてしまいます・・
そしてここまではよかったのですけど、ここでヤマイは上記で記した自身の「50RTに達したら彼氏との写真を公開する」を
思い出し、マジメにまたまたお願いをする事になります。

ヤマイ : マ、マジメ! あ、あのさ…これ取った記念に…ぼ、僕と記念撮影しないか…?

そしてヤマイとマジメのツーショット写真が撮られるのですけど、この写真を公開した途端にヤマイのRTは
マシマシ~になります。

(あぁ…!注目浴びるって快感ー!)というヤマイの気持ちは、やっぱりヤマイは見た目も基本的スペックも
相当痛い子である事には変りは無いのですけど、
誰かに注目されることに素直にうれしくなってしまうあたりは普通のJKさんとそんなには大差がないと言う事を
示唆しているのかもしれないですね。


461fc750-s_convert_20190924091010.jpg


マジメ : 山本さんってすっごく分かりやすい人だよなー

マジメもそうしたヤマイの意外と普通っぽいところに気が付いたと言えるのかもしれないです。

ヤマイの自室ってもっと病的な部屋と思っていたら、かわいい小物に溢れた普通の女の子っぽい部屋なのも少し意外でしたし、
ヤマイって、あの妙な包帯や絆創膏を外して普段のツインテールをやめて普通のサラサラストレートヘアにしている
普段の自室の様子は意外と普通のJKさんっぽい雰囲気なのもとってもかわいいものがありました。

普通にしてたらかわいい子の典型というのがヤマイなのかもしれないですね~♪



2019年の夏アニメの「女子高生の無駄づかい」はとにかくとてつもなく面白かったですし、この作品は既にDVD化が決定
していますので、円盤化の際には「ラーメン大好き小泉さん」の時のようにツタヤ等で全巻まとめてレンタルするか
全巻大人買いさせて頂きたいと思います~♪

先日なのですけど、ビーノ先生の原作漫画も全巻まとめて中古で購入させて頂きましたけど
(ブックオフで全巻セットが売られていましたけど、部分的に折りが入っているとの理由で大幅割引販売されていましたので、
ついつい衝動買いしてしまいました・・)
初期の1巻の頃の作画の雰囲気は正直・・「あれれ・・??」みたいな感じでしたけど(汗・・)、2巻以降は劇的に
登場するJKさんたちの美少女化が進行し、特にロリ・リリィ・マジメ・ロボの可愛らしさはとってもすてきでした!
2巻以降の作風はアニメでのあの雰囲気とほぼイコールと言えそうです。
原作漫画は既に6巻まで進行中ですけど、アニメ化に際しては登場してこなかったエピソードもありますし、
2年生編から登場するノラやバカの田中の後輩のヒメもアニメでは未登場でしたので
なんとか「ラーメン大好き小泉さん」と合わせて二期放映が実現できればとっても嬉しいです。
(「ソウナンですか」・「スロウスタート」・「となりの吸血鬼さん」・「アニマエール」・「川柳少女」・「ひとりぼっちの〇〇生活」なども
第二期放映が実現されるととっても嬉しいです~♪)

「女子高生の無駄づかい」では多分誰しもが感じる疑問点なのですけど、あんな頭脳明晰で成績優秀なロボやマジメが
どうしておバカさん学校として名高く底辺高校の一つと言う世間的評価が既に確立化されている都立さいのたま女子高校に
在籍しているのかと言うと、マジメはプレッシャーを感じると体調不調を起すメンタルの弱さから第一志望を落ちて
さいのたま女子高校に入学した経緯があり、ロボに関しては、小学校まで一緒に過ごしていたバカやヲタと離れる形で
中学校は一人進学校に進んだものの、ロボは学校内で孤立してしまい、寂しい学校生活を過ごしていたという事情もあり、
高校はバカとヲタが受験する予定のロボにとってはあまりにも不釣り合いのおバカさん学校の都立さいのたま女子高校に
進学すると言う事をロボの意思で決意していたというエビソートが原作漫画でもアニメ版でも、この作品の数少ない
泣かせる話として登場していたりもします。

リリィがどうしてこんなおバカさん学校に途中から編入してきたのかは今のところは謎でもあるのですけど、
ロリに関しても「どうしてロリがこんなおバカ高校に入学してきたのか・・?」というのは一つの謎なのかもしれないです。

アニメではその辺りには触れられていませんでしたけど、原作漫画の3巻でその辺りの経緯があっさりと明らかに
されていました。
ロリは両親が海外赴任中と言う事もあり、小さい頃よりおばあちゃんと二人暮らしをしている典型的なおばあちゃんっ子
なのですけど、高校でもそうしたおばあちゃんとの二人っきりの生活を出来る限り楽しみたいと言う事で、
「自宅から最も近い学校」を志望動機の最優先事項としたために、都内屈指のおバカさん学校として名高いながらも
自宅から歩いて5分程度の都立さいのたま女子高校に進学したというロリの志望動機が明らかになっていました。

これはいかにもおばあちゃんっ子の甘えん坊のロリらしい志望動機ですね~

そして原作漫画第3巻でロリの志望動機と合わせる形でロリのさいのたま女子高校受験当日の一日が描かれていて、
これがとっても面白かったですし、この中で既にバカ・マジメ・ヤマイ・ロボ・ヲタ・マジョやワセダも登場していて、
この時から既にこのメンバーの個性が発揮されていて、「昔も今も変わらないね~」と窺わせる内容でもありました。

第3巻での高校受験当日のロリは、なんだか今現在のJKさんとしてのロリのあの幼女的な雰囲気ではなくて、
むしろJCさん時代のロリの方がちょっと大人っぽいかも・・?と感じさせるのが大変面白いものがありそうです。
(JKロリはストレートヘアですけど、JCロリはツインテ三つ編みです)


002_convert_20190927170037.jpg


受験当日、ロリの後ろの席にいたのはロボでした~

そしてロボにとっては高校受験の試験科目なんてあまりにも楽勝すぎるのか、試験開始から10分でほぼ全問正解的に
答案用紙を書き上げ、監督教師に「残りの科目の試験問題ももらえないものか」と驚きの要求までしてしまいます!
教師から「それはちょっとダメだから・・」と言われるとロボは「それじゃヒマだから寝ています」と言わんばかりに
妙な目隠しのアイマスクをかけて爆睡し始め、ロリは「なんだ、コイツは・・」と動揺してしまいます。
そしてロボは全教科、試験開始から10分程度で答案用紙を書き上げその都度爆睡してしまいます・・

そうそう、バカの田中はいつも通りでして、ワセダに「どうしてここは女子高なんだ!? 男が全然いないじゃんか!」と
またまたとんちんかんな事を言ってワセダを困惑させてしまい
「それだったら女子高受験するんじゃねー」みたいなツッコミを入れられたりもします。


004_convert_20190927170056.jpg


そしてマジョはやはり高校受験でもマジョでして、廊下でうっかりロリとぶつかってしまったのですけど、
マジョが落した御守りは魔除けの五寸釘を刺されまくっている不気味な人形というのもマジョらしいですし、
その際に「こんな私が生意気に普通に高校受験してしまってすいません・・」とロリに謝っていたのもコミュ障のマジョらしい
話でもありました。

そしてマジメは例によって受験と言うプレッシャーのため、マジメの学力では落ちる訳はないさいのたま女子高校の入試でも
体調を崩しトイレで下痢状態になってしまい、ものすごい音を立てている様子をみていたロリは
「なんだこの学校は・・ヤバイ奴しかいない・・」と感じてしまうのですけど、ロリは入学後にそのヤバイ奴たちと
クラスが同じになってしまいますからね~(笑)


005_convert_20190927170115.jpg


そしてロリが最後に目撃したのが、最もヤバそうな奴・・、ヤマイでした~♪

ヤマイは受験の時から既にヤマイそのものですので、高校入試受験会場になぜかヘルメット着用で登場し、
帰宅する際も別にバイクで来た訳でもなんでもないのに、ヘルメットを付けたまま学校を去っていきました・・

バカもヤマイもマジョも無事に合格し、都立さいのたま女子高校に入学するのですけど、ロリも無事に合格し、
憧れの(?)おばあちゃんとのすてきなライフ生活を楽しむ事になるものでした~
それにしてもロリの志望動機が「家から最も近いから」というのもなんだかロリらしい話でもありますね~♪

だけど私自身も大学入試の際の志望動機もロリ以上に不純なのかもしれないです・・(汗)

私自身、高校3年の9月まで普通に吹奏楽部で練習し、例年通り吹奏楽コンクールに出場し、
吹奏楽部を引退したのは9月に入ってからでした。
(当時の吹奏楽コンクールは、支部大会が9~10月上旬、全国大会が10月下旬~11月第一週と時期が遅く、
今現在の県大会はほとんどの場合、8月のお盆前後で完了している県が多いのは、受験生に対する配慮というのも
あるのかもしれないですね・・)
そして引退してから慌ててやっと受験生らしく少しは勉強するようになったという感じでしたし、
私自身、結果的に幸いにして浪人することはありませんでしたけど、大学受験のための受験勉強をしたのは、
正味高校3年の10~12月の三か月のみでした・・(汗・・)

それでいて受験勉強している動機も不純でしたね・・(汗・・)

「とにかく田舎の実家の親元を離れたい!!」という気持ちが大変強くて
実は中学の頃から既に「どうすれば合法的に家を出る事が出来るだろうか・・・」とそればかり考えていて、
「難関の地元の国立大学は自分の脳みそでは逆立ちでも受かる訳はなく、地元の私立は自分にとってはレヴェルが低い
自分が行くべき学校は、上京し都内の学校しかありえない」ととにかく身勝手な理屈を付けていたものの、
実は単に私自身が親元を離れたかっただけ・・・・早く田舎を離れたかっただけというのが本音だったと思います。
実際地元の私立大だって私は受けていませんけど、合否は微妙だったのかもしれないです・・

当時としては、「何を学びたいのか」という基準はほぼ皆無で
「どうすれば安い費用で大学4年間を乗り切れるのか・・」という事しか考えておらず、
とにかくなんでもいいから結果論として親元離れられればどんなポンコツ学校に行っても全く異存はない!という事しか
頭にはなかったです・・
そして学校選びの基準は、
①学費が安くて ②東京23区内にキャンパスがあって ③ある程度の知名度と伝統があって、
④吹奏楽団が学内にあり、都大会に出場する事で普門館のステージに立つことが出来る可能性がある
というものでして、
そうした私の勝手な4条件を満たす学校って3校ほどしかなく
しかもそれがうまい具合に、記念受験・実力相応・すべり止めと分散してくれていましたので、
とにかく当時としては、この3校のどれかに滑り込みたいという気持ちが大変強く、
上記で書いた通り、高校3年の9月まで普通に吹奏楽コンクールに出場し、10月からやっと受験勉強を始めた身としては
とにかくあせりまくってはいたけど、動機不純ではありましたけど、確かにある意味「目的」はしっかりしていたので(?)
「なぜ勉強するのか・・・」という迷いは全く無かったと思います。
だって、そりゃその3校のどれかが受からないと「親元を離れる」という私の最終目的が
達成できなくなりますから、そりゃある意味必死だったかもしれないです。
もしかしてこれまでの生涯で一番勉強したのは、あの高校3年の10~12月の三か月間だけだっのかもしれないです・・(汗・・)
e12709db-s_convert_20190924091134.jpg


本日より10月が開始されますけど、9月で二つほどとてつもなく残念な出来事がありまして、
一つは一時はかなりいいところまでいったものの、私の大好きな千葉ロッテマリーンズがシーズン最終日に
西武に敗れて3年振りの悲願のCS進出を逃した事と
(あの試合では同時に目の前で西武の胴上げシーンを見せつけられる結果になりましたのでとてつもなく悔しかったです~!)
二つ目が今年の夏アニメ中では私の大の大のお気に入り作品の「女子高生の無駄づかい」が最終回を迎えた事でもあります。

千葉ロッテマリーンズに関しては、交流戦前後のあのとてつもない低迷期を大型連敗をしなかった事が結果的に
8月後半の追い込みに繋がましたし、一時期は「もしかしたらCS進出の可能性があるのかも・・?」と夢を見させて頂けた事には
大変感謝しておりますし、二桁の勝利投手が一人もいない中で打撃陣の奮戦もありましたし、
若手投手陣の手応えもありましたし、チーム全体はベテランと若手が大変うまく融合しつつある中で、
来季に向けての課題と期待も感じさせるものも多々ありましたので、来季の巻き返しを期待させて頂きたいと思います。
そして最終戦の一つ前の試合における福浦選手の最後の美技は本当に胸が熱くなるものがありましたし、
「マリーンズ一筋26年間お疲れ様でした!」と心の底から感謝の気持ちをお伝えさせて頂きたいと思います。

そして今年の夏と言うと、夏アニメの「女子高生の無駄づかい」は思いっきり楽しまさせて頂きましたし、バカの田中の
「なー、今からすげー事言ってもいい?」の冒頭のあのアホなセリフを聞く事が出来ないのは無性に寂しいものも
あったりしそうですね・・
そして冒頭画像のようなヲタのあのかわいらしさを見ることができないのも、マジョやヤマイのあの痛すぎる言動に
お目にかかれないのも本当に残念な気持ちで一杯ですね~
この作品は生来的に是非ぜひ「ラーメン大好き 小泉さん」と共に第二期の放映を期待したいです!
「邪神ちゃんドロップキック」の二期が来年始まるくらいですから、小泉さんや女子高生の無駄づかいの二期があったとしても
全然ヘンじゃないと思いますよ~


b4a65ef5-s_convert_20190924091048.jpg


「女子高生の無駄づかい」は全12話ほぼ全ての回がくっだらねー話に終始しているといえるのかもしれないですけど
(その中にあって唯一のまともな回ともいえそうな第11話のゆめにおけるヲタ役の声優さんの戸松さんの奇蹟的怪演は
最高でしたし、ボカロ曲を歌ってみましたでのあの戸松さんの熱演は素晴らしいかったですね~!)
私的に特に大好きな回は第8話のみずぎかいなのですけど、このみずぎかいについては5日後の10/6に改めてじっくりと
語らさせて頂きたいと思います。
そしてみずぎかいに続いて大好きな回は、第7話のヤマイだと思います。
(第7話は9/27放映のベストエピソード編で再放送されていた回でもありました)

第7話においては、ヤマイに関して誰しもが感じていたあの疑問・・、
「どうしてヤマイは顔面や手首や太ももなどに包帯や絆創膏を貼っているのか」というヤマイのしょぼい秘密が明らかに
されるのですけど、誰しもが思っていた「それはヤマイがかなり重症な中二病患者だから」という答えではなくて、
ヤマイの絆創膏や包帯に関しては、左腕は鉛筆の芯が刺さっていたせいであり、首筋と太ももは単なるあせもであり、
右手首は失敗した落書き隠し、おでこはにきびだとカミングアウトするヤマイの意外とまともすぎる理由に唖然となってしまうのも
何ともいえず楽しいものがありました。
そしてこの間のワセダとヤマイの会話のテンポ感は最高のノリだったと思います。

そのあまりの中二病の重症さにワセダのメガネはレンズが外れてしまいますし、ワセダの
「お前はお前が思っているより重症だ」という指摘はあまりにも適確過ぎて、痛さよりもなんだか無性にヤマイのアホっぽさに
共感すら感じてしまいそうでした。

第7話は全てヤマイの話がメインであるのですけど、ラストの全校集会の場面におけるバカとヤマイの二人による
ラストクラッパー対決勃発の場面も「女子高生の無駄づかい」の屈指の名場面の一つとも言えそうです。
最初はヤマイが教師に怒られないギリギリのラインを攻めていたんですけど、バカの乱入により二人のラストクラッパー対決は
エスカレートしていくのですけど、最終的にはバカもヤマイも担任のワセダによる連行でこのアホな対決には幕が
おろされるのですけど、アニメとしてはこの後にもう一つ面白すぎる展開が待ち構えていて、
ここで唐突に都立さいのたま女子高校の校歌がEDとして流され、その校歌の歌詞も字幕で流されていましたけど、
その校歌の歌詞があまりにも酷すぎて、あの酷すぎる校歌をバカもヤマイもロボもマジメもリリィもみんなまじめな顔して
歌っていたのがなんともいえず楽しくて最高でした~♪





その都立さいのたま女子高校の校歌なのですけど、その一番は校歌なのになぜか校舎建設時の近隣住民との紛争を
記していること自体、とてつもなくぶっ飛んでいますよね~♪

一、

金の朝陽にそびえる校舎

日当たり良好 夏暑い

日照権で地元とモメて

建設予定がずれ込んだ

嗚呼

大は小をかねる

さいのたま

たま たま たま

2番においても、 暖房全開 冬も暑い においの犯人探しはするな  皆臭けりゃ気にならぬ

さいのたま  たま たま たまなどヘンモード炸裂なのが実にいいですね~

とにかく都立さいのたま女子高校に、これほどまで相応しい歌詞は無いというくらいの酷くてくっだらなくて
アホ全開の校歌と言えそうですね~
日照権で地元とモメて建設予定がずれ込んだとかにおいの犯人探しはするななど校歌とは到底思えないような内容の歌詞を
マジメたちが真面目な顔して普通に歌っているあのシュールさがとにかくたまらなかったです~♪


126bd9ae-s_convert_20190924090932.jpg

ECGRghnU0AEw76M_convert_20190924091157.jpg


「大は小をかねる」ではロリとマジメとリリィを映し出したり、
たくさんのJKさんたちに「たま たま たま」言わせたりと、制作スタッフの皆様のとてつもない悪意というのかお茶目な所が
最高でして、ヤマイの話だけで既にお腹一杯の大満足状態なのに、あのラストのくっだらねー校歌のEDによって
更に脱力しまくり~という感じでもありました~♪

ロボが「たま たま たま」と真面目な顔して歌っているあのシュールさも素晴らしいとしか言いようがないと思います!
2蜿キ_convert_20190919015708


来年・・2020年放映予定の「邪神ちゃんドロップキック」の第二期放映は今から楽しみですね~♪

以前もちらっと書いたのですけど、邪神ちゃんの第一期の序盤は、原作漫画の序盤の話を相当はしょって描かれていて、
原作漫画では7巻で登場するミノスも、原作漫画1巻のラストで登場するぺこらも第一話の冒頭から既に登場していたという
かなりの強引展開でもありましたので、原作漫画の初期の頃の話がアニメ化に際して登場していなかったりという展開も
あったものでした。

原作漫画第一巻第2話にて、登場していたのが「あずさ2号」という魔界のかわいいバンビです。
それにしても邪神ちゃんの世界の魔界は人間界と大して変わりがないものですね~(笑)
魔界にも人間界同様に魔界銀行やアマゾネスという大手通販サイトやtwitterらしきものも存在しているのですが、
このあずさ2号という魔界のとってもかわいいバンビは、邪神ちゃんが人間界で言う所のアマゾンとも言えそうなアマゾネス
という通販サイトで購入した魔界バンビなのですけど、どうして邪神ちゃんはそんなバンビを唐突に購入したのかと言うと
自分が魔界に戻るためには召喚者であるゆりねを抹殺する必要があり、ゆりね抹殺の方策として、
ゆりねを油断させる目的であずさ2号という見た目がかわいい小動物を購入し、
あずさ2号と戯れているゆりねを背後からドロップキックで奇襲しゆりねを抹殺する秘策を練っていたものでした。
そして邪神ちゃんは背後からドロップキックを炸裂させたものの、ゆりねに難なく回避され、自身の放ったドロップキックが
あずさ2号という魔界バンビを直撃し、あずさ2号は即死します・・
第1話にて、邪神ちゃんはゆりねの背中にドロップキックを見事にクリーンヒットさせるものの、ゆりねに全くダメージを
与えていないのですけど、同じコブラのドロップキックを食らわせても、魔界ゾンビは即死なのに、ゆりねは全くの無傷というのは
こうしてみるとゆりねはやっぱり魔女なのかもしれないですね~

この時、ゆりねは「(魔界バンビのあずさ2号が)あの世に旅立ったのはちょうど8時じゃないけど・・」と言っていましたけど、
ゆりねのこのセリフの意味を分かる方は立派な昭和世代と言えそうです・・(汗)


_convert_20190919174256.jpg


「あずさ」は、新宿~松本間を結ぶ中央本線の特急列車です。1977年に発表された兄弟デュオ「狩人」の楽曲「あずさ2号」で、
全国的にも有名になりました。

あずさ2号とは、1977年3月25日にリリースされた兄弟デュオ・狩人のデビューシングルでもあります。

曲の内容は
失恋した女性が中央線の特急あずさに乗って東京を離れ、春まだ浅い信濃路へ向かう心情を表した曲なのですけど、
(歌詞の中に「いつかあなたと行くはずだった春まだ浅い信濃路へ」というフレーズも登場します)
曲の前半はしっとりと歌われているのに、サビの部分ではかなりの盛り上がりを見せ、感情の高ぶりが見事に
表現されています。
特に「八時ちょうどの、あずさ2号で、私は私はあなたから、旅立ちます~♪」というサビのフレーズは、
平成育ちの皆様でも一度くらいは耳にされたことがあるメロディーなのかもしれないです。
狩人の2人はあずさ2号があまりにも売れすぎたので他の曲があまり売れず、この曲を歌うのをためらっていたことがあるとの
事なそうですけど、同様な話は例えば太田裕美の「木綿のハンカチーフ」にもあるそうです。
狩人というと、あまり知られていませんけど「アメリカ橋」という楽曲は隠れた名曲と言えるのかもしれないです。
この兄弟デュオは、兄弟だけど見た目も性格も正反対と言う事で、実は相当仲が悪かったというのは知る人ぞ知る話なのかも
しれないですし、当時出演していたNHKの「レッツゴーヤング」(→今現在の感覚ですと相当恥ずかしいベタな番組名ですね・・)
とかTBSの「ザ・ベスト10」の際も自分たちの出番が来る直前まで兄弟喧嘩をしていたというエピソードもあるとの事です。
あまりの不仲さゆえに一時期狩人という兄弟デュオを解散した事もあるのですけど、そこはやはり腐っても血縁と言う事なのか、
しばらくするとまたまた復活を果たし現在に至っているそうです。

曲のタイトルが「あずさ1号」ではなくて「あずさ2号」になっている理由として、
1977年当時新宿駅を発車するあずさ1号は、午前6時40分発の不定期列車で知名度が低かった事があったそうてす。

あずさ2号が発売された1977年3月当時、国鉄では在来線の列車の号数は始発駅を発車する順に上り下り関係なく、1号・2号・・・と振っていましたので、あずさ2号は新宿始発の下り列車と松本始発の上り列車の2本が存在していました。
だけど当時は歌詞にもある通り、東京から長野方面に向かう中央本線の下りには、
始発の新宿駅を朝8時丁度に発車する下りの「あずさ2号」は間違いなく存在していたとの事です。

曲がリリースされてわずか1年半後の1978年10月のダイヤ改正で列車号数の付番法則が改定され、
列車号数は下り列車が奇数、上り列車が偶数を付ける新幹線と同じ方式に改定され、
それがJR各社に現在まで継承されていますので、朝8時の新宿駅始発の下りあずさ2号が定期列車で復活する可能性は
残念ながら無いそうです。(記念の臨時特別列車編成という可能性はあるとの事です)
1978年10月のダイヤ改正では、それ以前に存在していた中央本線の新宿始発の下り電車のあずさ2号はあずさ3号という
列車になったとの事です。
そして時が流れ、2019年3月16日改正のダイヤでは、8時00分ちょうどに新宿始発となる中央本線下り特急は
「あずさ5号」という列車になったそうです。
余談ですけど、2016年3月26日のダイヤ改正では、平日限定ながらも大月駅の出発時刻が8時ちょうどのあずさ2号が復活した
ものの、あずさ5号が登場した2019年3月16日のダイヤ改正より、あずさ2号は大月駅通過とされたため、
結果的に約3年で8時ちょうどのあずさ2号は消滅してしまったとの事です。

私自身、このブログで何度か語っている通り、1990~96年の6年間は仕事の異動の関係で山梨県甲府市に住んでいて、
土日に東京都内に遊びに行き日曜の夜に、かいじまたはあずさで
新宿から甲府に戻る際に、八王子を通過するとあとは山の景色一色となり
「あ~あ、ここから先は都内ではないんだ・・」とちょっとメランコリーな気持ちになったものです・・
ちなみにかいじは、新宿と甲府を結び、あずさは新宿と松本方面を結んでいます。
今現在はどうかは不明ですけど、当時のかいじの停車駅は、新宿・三鷹・八王子・上野原・大月・塩山・山梨市・石和温泉・甲府
と停車駅も多く、新宿⇔甲府は2時間ぐらい掛かっていましたけど、
あずさの停車駅は、新宿の次は大月で、その次が甲府となっていて所要時間も1時間半程度だったと思います。
当時はかいじには、甲府⇔新宿2往復で9000円程度の回数券が売られていて、これは当時重宝させて頂いておりました。
当時あずさには甲府⇔新宿往復の回数券は売られていなくて、甲府⇔新宿の特急乗車券は片道4000円ぐらいしていたと
思いますので、私自身は山梨から都内に遊びに行く時や帰りは、あずさではなくてかいじを利用する事が多かったものでして、
実を言うと当時は「あずさ」を利用した記憶はほとんど無かったです・・

ただ当時は、新宿駅のホームの時刻表では、AM8時始発の「あずさ3号」は存在・記載されていて、
「あー、これがあずさ2号の元ネタなんだ・・」と思っていた記憶はありますね~

最後に・・「邪神ちゃんドロップキック」のアニメ版第1期のEDにおいて、あずさ2号は氷ちゃん(浩二)と共に映像で
ちらっと登場しています。



「邪神ちゃんドロップキック」のメイン舞台はお茶の水~神田神保町周辺という事で、アニメでも漫画版でも
神保町交差点前・ゲーセンのミッキー(1ゲーム50円という太っ腹店でしたけど、現在は廃業しているようです・・)
書泉グランデ前・西神田公園・ ボンディ 神保町本店前・橘昌文銭堂・神保町交番・ 神田すずらん通り商店街・秋葉原駅 電気街・キッチンジロー ・万世橋・珈琲屋さぼうるなども大変見事に再現されていて、はるか遠き昔に学生時代を神保町界隈で
過ごしていた私にとっても感涙ものでもあったりします!

先日の記事の中で邪神ちゃんに登場していたカレーのボンディと喫茶さぼうるについて少しばかり取り上げさせて
頂きましたが、本記事におくましては、ボンディなどと同様にアニメ「邪神ちゃんドロップキック」でも登場していた
おいしい洋食屋さんのキッチンジローについて少しばかり取り上げさせて頂きたいと思います。

というか、キッチンジローは私にとってもなつかしい洋食屋さんですね~♪

このブログでも何度か書いた通り、私自身が大学生時代を過ごしたキャンパスがあるエリアが神田三崎町~神保町という事で、
邪神ちゃんで登場していた神保町界隈の多くのお店は私自身がかつて何度か利用した事があるお店が
大変多くて、邪神ちゃんの漫画やアニメを拝見させて頂くと、邪神ちゃんのクズ振りやゆりねの魔女ぶり以上に
神保町のそうしたお店がとてつもなく懐かしく感じたりもします。
私自身、学生時代は典型的な貧乏学生という事で、当時食べていたものは自炊生活で作り上げたものとか
学校内のとてつもなく激安の学食メニューばかりではありましたけど、財布に少しばかり余裕がある時には、
ボンディとかキッチンジローでおいしいメニューを頂く事でささやかな贅沢気分を味わっていたものでした。
(邪神ちゃんにて、天使・ぺこらがアルバイトの給料が入った時に、キッチンジローやさぼうるでささやかな贅沢=幸せを
味わっていたのと同じ感覚なのかもしれないです)

キッチンジローは、私が学生時代から既に神保町で何店かお店を出されていて、特にハンバーグ・メンチカツ・から揚げなどと
いった洋食揚げ物関連のメニューに定評があったと思いますし、
確かに学食に比べると価格は高めですけど、それでも全体的にはお財布には優しいお店でしたし、時々無性に
食べたくなってしまうお店の一つだったと思います。
私の記憶の中では、トロトロになるまで炒められた玉ねぎのジューシーさが大変印象的でもありましたし、
どのメニューもそうした玉ねぎの甘さがほどよく伝わってきていたと思います。
当時の学生たちにとって、神保町付近の洋食屋さんというとキッチンジロー以外ではキッチン南海も大変人気が
高かったと思います。
キッチン南海はとにかく量が半端無く多いのが大きな特徴でもあり、特に黒っぽいカツカレーととてつもないボリュームの
豚の生姜焼き定食はとっても美味しかったです。
キッチンジローはキッチン南海と比べて洗練さ・繊細さが感じられ、キッチン南海はガッツリ系という印象があったと思います。
邪神ちゃんの中ではキッチン南海は今の所登場していないと思います。

キッチンジローは、東京都の山手線圏内エリアを中心に、ハンバーグ・帆立クリームコロッケ・若鶏のから揚げをメインに扱った
洋食チェーン店です。
創業当時より都心のサラリーマン・学生をターゲットとしつつも、味には相当のこだわりを有されていて、
自社工場でハンバーグ用合挽きを製造し店舗へ配送し、店のコックが直接合挽きを計量・パティに成型しながら
空気抜きの仕上げを両手でパティを上下させ叩きながら行うのが特徴でもあります。
流行り廃りが多い外食産業の中で創業から40年以上経た現在でも、消費者から飽きられない強さ」がある洋食店として
発展し現在に至っていると言えるのは間違いないと思われます。

キッチン南海の看板メニューを黒いカツカレーとしょうが焼き定食とすると、キッチンジローの看板メニューは
ハンバーグとメンチカツの定食と言えるのだと思います。

キッチンジローのメインメニューとして、ハンバーグ・若鶏の唐揚・スタミナ焼・チキン南蛮・魚フライ・帆立ミルクコロッケ・
カレーライス・ハヤシライス・メンチカツ・かきフライ・海老フライ・ヒレかつ・とんかつが挙げられ、
メニューの中心は揚げ物と言えそうです。
私的にはキッチンジローで特に印象深いメニューは炒めた玉ねぎの甘さが堪らないハンバーグとメンチカツだと
思います。


_convert_20190913180436.jpg


キッチンジローは、ゆりねと邪神ちゃんたが暮らす神保町付近にもいくつかお店がありまして、
南神保町店・九段下店・神田錦町店・外神田店・神田鍛治町店がありますけど、小川町店は現在休業中です。
「邪神ちゃんドロップキック」アニメ版第5話の冒頭シーンは三省堂書店付近でスタートし、その後ゆりねと邪神ちゃんは
キッチンジローへと向かいましたので、二人が食べていたキッチンジローは小川町店が休業中と言う事で
南神保町店か神田錦町店あたりだと推察されます。

神保町界隈は古くは古本の街、昭和末期から平成初期の頃はスポーツ量販店の街、とか言われていましたけど、
現在の神保町は秋葉原も近いという事で、総合的なサブカルチャーの街とも言えそうですし、
秋葉原との違いは本当においしい食べ物屋さんが相当充実している点が挙げられると思われます。


_convert_20190913180524.jpg


上記はキッチンジローのメンチカツ弁当ですけど、店内同様のとってもおいしい味がお弁当でもすてきに
再現されています~♪
中身はメンチかつ、ハンバーグ、若鶏の唐揚です。

そしてこのキッチンジローのメンチカツ弁当は、アニメ版の第5話で出てきた、ゆりねが天使ぺこらに差し入れして上げた
メンチカツ弁当であったりもします。


156f1fec-s_convert_20190915185909.jpg

f49b5208-s_convert_20190913180318.jpg


ここから下記は「邪神ちゃんドロップキック」でキッチンジローが登場していた第5話のレビューです。

邪神ちゃん : あーなんで魔導書の下巻置いてないんですの~?

ゆりね : 私、その上巻古本屋で買ったのよ。あんた探すとこ間違えてるのよ

おーー、このシーンは靖国通り沿いの書泉グランデ~三省堂書店近辺ですね~
そしてこの辺りは昨年の秋アニメの「隣の吸血鬼さん」でソフィーちゃんたちがサイン会参加のためにやってきた
エリアでもありますね~♪
そして書泉グランデ前に「邪神ちゃんドロップキック」のポスターが貼られていたのもすてきな演出ですね。


_convert_20190913180600.jpg


ゆりね : お腹空いたわね。なにか食べて帰りましょ。あんた何がいい?

邪神ちゃん : ゆ、ゆりねが!

ゆりね : は?なに言ってんの。私ジロー行きたいのよ

ゆりね : ジローにしましょ

邪神ちゃん : え…じゃあ何で聞いたんですの。ジローって…何ジロー?

このシーンに関しては、一つ前の記事でも既に触れている通り、「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんだったら
「ジローって…何ジロー?」と聞かれたら、間違いなくラーメン二郎と答えていたのかもしれないですね。

邪神ちゃんがあの脂こってりのラーメン二郎のラーメンを食べているシーンも見てみたい気もしますね~♪


_convert_20190913180621.jpg

8083324e-s_convert_20190913180015.jpg


ゆりね : あんたいつもメンチカツライスに魚フライのトッピングね…

邪神ちゃん : これが一番好きなんですの。ゆりねだって、いつもホタテミルクコロッケライスですの

邪神ちゃん : それ、一口欲しいですの

ゆりね: イヤよ、私ね、一口ちょうだいとか交換する行為嫌いなの。自分で注文したものは全部自分で食べるの

邪神ちゃん : あ、そう…失礼しました

ゆりねちゃん : ライス食べきれない…邪神ちゃん、残り食べて

邪神ちゃん : え、あ…はい…

邪神ちゃんの心の声 : (たった今言ったことと違いますの…でも怒られるから言わないでおこう)

邪神ちゃんは魔界の悪魔であるはずなのてすけど、人間・・というかJDさんであるはずのゆりねの前では
手も足も出ず、ゆりねには全く反抗できそうにもないし、万一反抗したら、いつもの壮絶なお仕置きがまっているのかも
しれないですね~
原作漫画の初期の頃では、邪神ちゃんが神保町の街のど真ん中で、ゆりねにドロップキックを叩きこむシーンも
ありましたけど、言うまでもなくゆりねには少しもダメージを与えられないばかりか、ゆりねから
「ちょっと街のど真ん中で恥ずかしいでしょ~」とか言われて、ゆりねからパンチを食らって天空まで飛ばされていった
シーンもありましたけど、どちらにしてもゆりねは只の人間では無い事は間違いないのかもしれないですね~
(ぺこら・びのといった天使からは、ゆりねは魔女と認識され、ミノスからは悪魔のオーラとすら言われています・・)


38a202c3-s_convert_20190913175930.jpg


ゆりね : すみません、メンチカツ弁当一つお願いします

邪神ちゃん : え?

ゆりね : ぺこらいる?差し入れだけど

邪神ちゃん : なんで落ちぶれた天使なんかに…

ぺこら : 魔女とその使い魔が、揃って何の用です?

邪神ちゃん : なんだよ!生意気な奴!今ここで殺してやろうか?

ぺこら : や、やめなさい!天使の輪を失くした今のぺこらは…弱い上にお腹が空いて力が出ないのです

それにしてもなんだかんだ言ってゆりねは優しいですね~
(さすがゆりねの実家は神社であり、ゆりねは実は巫女さんでもあったりします!)
天使の輪を失い天使の力を発揮できないぺこらに対しては、邪神ちゃんは弱い者いじめする気満々ですけど、
ゆりねはいつもそうした困窮しているぺこらを助けてあげたり、こうやって差し入れを提供していたりもします。


562ea68c-s_convert_20190913175953.jpg

d26f07ee-s_convert_20190913180254.jpg


ゆりね : そう思って、これを持ってきたのよ

ぺこら : メ、メンチカツ弁当…

ぺこら : いりません!魔女の施しを受けるなど、天使としてのプライドが許しません…! か、帰って下さい…

ゆりね : 私魔女じゃないわよ まぁいいわ…好きにすれば。これ、ここに置いて帰るから

ぺこら : いやいやいや!ダメです…魔女からもらったものを食べる天使がどこに居るんですか!

(数分程度のぺこらの葛藤シーンが続きます・・)

ぺこら : でも…食べ物を無駄にするのは、よくないです…魔女はどうでもいいけど、
食べないと料理人に対して失礼に当たるのでは…

ぺこら : よし、食べましょう!

べこらには「落ちぶれても私は天使」という意地もあるでしょうし、ゆりねを魔女と認識(誤解?)しているせいもあり
最初は「魔女の施しを天使である私が受ける訳にはいかない」と意地を張るべこらですけど、
天使と言えども空腹には勝てないのかもしれないです。


34dd250e-s_convert_20190913175908.jpg


邪神ちゃん : これ食べないって言ってたから、代わりに私がと思って。勿体無いですの!

邪神ちゃん : あれ?お前食べたかったんですの?

ぺこら : そ、そんなわけないでしょ!

邪神ちゃん : だよね あー美味しかった!ジューシーで、ジューシーな肉汁がたっぷりジューシー!食レポは苦手ですの

それにしても邪神ちゃんはいつもながらクズの外道であり、迷った末にゆりねからの施しの差し入れの
キッチンジローのメンチカツ弁当を食べる事にしたぺこらの想いをズタズタにしたばかりか、
ゆりねからの差し入れ弁当を完食してしまいます。
落ち込むぺこらの表情がなんとも言えず負のオーラでまくりですね~


bcc43e2d-s_convert_20190913180104.jpg


ゆりね : あんた…帰る途中どこかへ消えたけど、戻ってぺこらのお弁当食べたんじゃないでしょうね?

邪神ちゃん : た…食べてねーですの!

ゆりね : 本当に?

邪神ちゃん : ねーですの!

ゆりね : へぇ…本当のこと言わないと――

(ゆりねは言うまでもなく邪神ちゃんのお腹がパンパンに膨れ上がっているのは確認済です・・)

ゆりね : ミンチにするわよ!

邪神ちゃん : ギャー――――

邪神ちゃん : 食べた!食べましたーー!

ゆりね : じゃ、またジロー寄ってぺこらにお弁当届けてくるから。ちゃんと腕再生して、掃除もしといてね

邪神ちゃん : チクショウ…やりやがった…本当のこと言ったのに…

ぺこら : 魔女に祝福あれ…

アニメ作品の中で、こうやって自分自身が学生時代を過ごした街がこうやって丁寧に描写されると
とっても嬉しいものがありますね~♪
ちなみに邪神ちゃんのアニメのOPで登場していた神保町交差点は、来年の東京オリンピックのマラソンでも
選手たちが通過するエリアでもあったりします。
OVA_convert_20190916114316.jpg


本日は9月23日ですけど、三日後の9月26日は「ご注文はうさぎですか??」のファンの皆様にとっては待望の
新作OVA発売日でもあったりします!
そして少し気が早いですけど、来年・・2020年にはごちうさファンにとっては待ち続けたアニメ第3期の放映がスタート
しますので、とにかく今から楽しみで楽しみで仕方がない・・という感じですね~♪
またまたココアやシャロや千夜ちゃんを拝めるかと考えただけでワクワクしそうです!

ごちうさの新作OVA「ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~」は、シリーズ初となる音楽企画で構成されているそうです。

新作OVA「ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~」のDVD・BDは、本編ディスクに加えて
劇中歌(フルサイズ)ハイレゾ音源やミニDJCD「MIX For You」を同梱した豪華3枚組として構成されています。

初回限定特典 も豪華ですね~♪

(1)特典ディスク1:「劇中歌(フルサイズ)ハイレゾ音源収録DVD-ROM」
(2)特典ディスク2:DJCDミニアルバム「Mix For You」
(3)特典冊子1:縮刷アフレコ台本
(4)特典冊子2:合唱曲スペシャル楽譜
(5)特典冊子3:特製ブックレット
(6)Koi先生描き下ろし三方背ケース
(7)キャラクターデザイン奥田陽介描き下ろし特殊パッケージ
(8)ヴァイスシュヴァルツPRカード
(9)イベントチケット購入申込券(抽選)

以上9点が特典として用意されているとの事です!


_convert_20190916120720.jpg

ごちうさの新作OVA「ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~」の本編の内容としては、
音楽会のソロパートに選ばれたチノなのですけど、チノから特訓をお願いされたリゼは、
人前で歌うことに慣れさせようとカラオケ大会を開催するものの、ココアや千夜ちゃんといったあの壮絶なボケメンバーに
囲まれている訳ですし、チノ以外のみんなが盛り上がってしまい、チノの練習は果たしてどうなってしまうのか・・?
そして当日、緊張したはチノは歌うことかできるのか?という内容になるものと思われます。

そしてこの新作OVA「ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~」の本編で大いに注目される点というか最大の見どころは、
アニメ本編では未登場のチノの亡き母親が登場する事だと思います。
そしてこの母親役の声優さんは、なんとあの超大物声優さんの水樹奈々さんです!




005_convert_20190913180812.jpg


新作OVAの発売を記念して、総合スーパー「イオン」にて、ご注文はうさぎですか??×キリン「まとめ買いキャンペーン」の
第2弾が既に始まっています。
対象製品購入者に「ご注文はうさぎですか??』」描き下ろしイラストクリアファイルセット(A4サイズ&A7サイズ) 全3種のうち
いずれか1種が先着順で配布されます。
(ちなみに8月の第1弾は風呂敷が景品でした!)

ちなみにこのクリアファイルの裏面には、新作OVAの内容の詳細が記されていて、宣伝効果としても抜群だと思います。

ごちうさメインキャラ7人の中では、今年からJKさんではなくてJDさんとなったリゼのおとなっぽい雰囲気がすてきですね~♪


_convert_20190916122827.jpg


今回のキャンペーンの配付クリアファイルは全3種ですけど、私自身がチョイスしたのはA賞です。

主要メンバー5人にチマメ隊の2人の計7人がデザインされたファイルはやはり華があると思います。
(少しデフォルメ風にデザインされていてとてもゆるかわいいです)

今回の景品はA4サイズのクリアファイルの他にA7という超ミニサイズのクリアファイルも入っていて、2種のクリアファイルが
入っているのがすてきだと思います。


009_convert_20190913180934.jpg


最近はこうしたアニメ・漫画作品と企業のコラボキャンペーンがかなり増えてきましたね~♪
(コンビニではほぼ一年中何かしらのコラボキャンペーンを展開しているような感じでもあります)

そしてこの手のコラボキャンペーンで比較的多い景品は、クリアファイル・ノート・手ぬぐい・風呂敷・ミニタオルあたりなのだと
思いますけど、好きな作品のオリジナルグッズを先着順とは言え貰えるというのは大変ありがたいものがあります。
(もっとも指定商品を指定個数以上買わないといけないですけど・・)

今回の「ご注文はうさぎですか??」とキリンのコラボキャンペーンは、キリンのペットボトル4本以上という事でしたので、
キリンというと、生茶と午後の紅茶が大好きな私は、今回は生茶は対象外でしたので、
午後の紅茶を購入させて頂きました。

この種のコラボキャンペーンの対象商品がロッテだと、千葉ロッテマリーンズファンの私は大変ありがたいのですけど、
ロッテはローソンの艦これコラボ等でよく対象商品となっていますけど、スーパーではあまりお見かけしないのが
ちょっと勿体無い気分です・・


006_convert_20190913180829.jpg


A賞のA4サイズのクリアファイルです!

いつも通り「全てがかわいらしさから構成されている」というごちうさの世界観そのもののクリアファイルだと思いますが、
リゼが女子大生となり、チノたちあのチマメ隊の3人も既に高校生となった事は
なんだか少しばかり感慨深いものがあります。

ココアのかわいらしさは高校2年生になっても変わらずという感じだと思います。


007_convert_20190913180849.jpg

008_convert_20190913180910.jpg


A7サイズはとってもちびっこくて更にかわいらしさもマシマシ~という感じです。

表面だけでなくて裏面もの両面デザインというのがいいですね~!

2019年は新作OVA公開ですけど、来年、2020年はいよいよごちうさファン待望の第三期アニメ化放映が開始されますので、
こちらも今からとても楽しみです~♪
松屋というと、牛めしであっても定食であってもはたまたカレーライス単品であっても、別にメニューとして注文していなくても
自働的に味噌汁が付いてくるのですけど
(以前、「カレーライスに味噌汁は必要なのかっ!?」という議論が湧き起こっていたのは楽しかったですね・・笑・・)
松屋というとなんとなくですけど、丼ものよりは昔から定食系のメニューを重視しているというイメージもあったりします。

松屋とか吉野家等の牛丼チェーン店は、昭和の頃ですと「女の子が一人で入るにはちょっと抵抗があるお店」というイメージも
あったのかもしれないですけど、さすがにそうした傾向は近年では薄れつつあるようにも感じられますし、
平日のランチタイム等でOLさんが吉野家でご飯食べている光景は決して珍しくも無いと思います。
ただそうした中でも、JKさんが入るにはちょっと抵抗があるお店というのも今でも多少は残っているのかもしれないです。

でもそうした雰囲気はバカたちにはあまりないのかもしれないですね~

バカ : あー冴えないなぁ。こんな天気良いのにヲタのアニメグッズ漁りに付き合うだけ。
もっとこう女子高生らしいキャピキャピホリデー感はねぇのかよ?

ヲタ : 文句を言うなら帰れ!

(そして、バカ・ヲタ・ロボたち3人の現役JKさんは一日無駄な時間を過ごしていく訳なのです・・)

バカ : あー腹減ったー。なんか食おうぜー

ヲタ : あぁ?

そしてバカたち3人が入った食べ物屋さんというのが、JKさんらしいおしゃれなお店とかカフェとかそういう訳ではなくて、
松屋というのもいかにもバカたちらしいお店という感じもありました。
こういうバカやヲタのおっさんらしい行動というのは、さすが男に触れると蕁麻疹発作を起こしてしまうリリィが、
女の子であるはずのバカの体内に触れた瞬間に蕁麻疹発作を起こしてしまうというのもわかる気がしますね~





ヲタというと都立さいのたま女子高校1年2組の中では、むしろ常識人ポジションに近くて、本人がアニメや漫画の
二次元趣味や男同士のBLものが大好きということを除くとかなり普通のJKさんに近いし、その普通の感覚ゆえに
バカやロボたちの言動に容赦のないツッコミを入れたりもする訳なのですけど、この場面で私たちはヲタの意外な一面を
発見することになります!

ヲタ : はぁ!?ネギ塩カルビ丼!?ざけんな!んなもん美味いに決まってんじゃねぇか!

ヲタ : くっそゴマ油きかせやがって!そりゃうめえよ!

あれれ・・? ヲタってこんなに切れやすいJKさんでしたっけ・・??
ちなみにですけど、ロボによるとヲタは昔より何か美味しいものを食べると途端に感情がキレるとの事らしいですけど、
ヲタにとっての美味しい=こんちくしょ~、なんでこんなにうめーんだよ~!という事なのかもしれないですね。

ちなみに現在の松屋ではネギ塩カルビ丼は廃番商品となっていますけど、代わりにネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼
というメニューが実在しています、
このネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼は丼にはみ出そうなほどネギがたっぷりと乗っけられています。


c2051c7b-s_convert_20190909182209.jpg


ヲタ : おい そっちはなんだよ?はぁ?半熟卵のロースカツ丼だ!?半熟にすればいいと思いやがって!

ヲタ : いいよ!半熟とろーりは正義だ!美味いに決まってるよ!しかもロースだよ!脂身とろーり無敵かよ!

バカ : うるせぇな…

いつもでしたら、バカの田中がヲタやロボに本当にどうでもよくてくっだらねー事ばかり口走り、ヲタたちを
「チッ・・うるせぇなー」と思わせるのかもしれないですけど、バカの田中がうるせぇな・・と感じるぐらいですから、
相当うざい絡み方なのかもしれないですね~

それにしてもバカの田中が食べている半熟卵のロースカツ丼は本当にとろとろでおいしそうですね~♪

参考までに、現在の松屋では半熟卵のロースカツ丼はメニュー自体にありません。トッピングとして半熟卵はチョイス
できます。
ま、安くて美味しいカツ丼を食べたいのならば、松屋ではなくてかつ屋に行くべきなのかもしれないですね・・

松屋ではトッピングメニューとして一個60円で半熟玉子をオーダーする事もできます。
この半熟玉子をプレミアム牛めしにかけて食べるととてつもなく美味しさもマシマシになります~♪
そうそう、これはあまり知られていないようですけど、松屋のトッピングメニューとして「プラスソーセージ半熟玉子」というのも
実はあったりもします。
これはカレーライスにトッピングしても美味しいですし、プレミアム牛めしにぜいたくにトッピングしてもすてきな充実感を
味合えると思います。


b8484cc3-s_convert_20190909182122.jpg


ロボ : ヲタは美味しいもの摂取する時キレるのよね

ヲタ : ロボのはなんだ?

それにしても昔も今もクールで冷静で決して感情を表に出さないロボ=鷺宮さんはすごいですね~
バカやヲタと付き合うと普通の人ですと頭がちょっとトロトロになってしまいそうでもあるのですけど、ロボは
決して自分のペースを乱しませんし、淡々と何事もなかったかのようにバカの田中やおたく趣味の菊池に普通に
付きあえることが出来るというのは、実はロボの隠れた才能なのかもしれないですね~


052c7103-s_convert_20190909181858.jpg


ヲタ : ジューシー唐揚丼!?アホか!タレマヨまでかかってんのかよ!

ヲタ : 反則すぎんだろうが!最高かよ!

松屋のジューシー唐揚げ丼はヲタが言う通り、最高に美味しいですし、から揚げにまんべんなく
ふわーっとマヨネーズが掛っているのがたまらないです~♪
ただ残念ながらこの商品は既に廃番商品となっているのが残念ですけど、たまにですけど松屋の復刻商品キャンペーン等で
一時的に復活する事もあるそうです。


_convert_20190909182357.jpg


ヲタが食べていた「ネギ塩カルビ丼」は残念ながら現在では廃番商品となっていますけど、その代わりに現在では
ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼が販売されています。

これは丼から溢れんばかりのネギがとても魅力的です。

ネギ塩豚カルビ丼の廃止に合わせる形で、ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼となって新しい商品として今年の2月より
販売が開始されています。
価格はネギ塩カルビ丼と比べ40円値上がりしています。
旨塩がかけられた青ネギも絶品で豚肩ロースとの相性も最高に美味しいと思います。

ヲタだと「なに~、ネギ塩カルビ丼が廃止だと~」とまたまたキレるのかもしれないですけど、
このネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼を食べると美味しさのあまり「なんだこけは~!?」とまたまたキレるのかも
しれないです。


_convert_20190909182443.jpg


上記はロボが食べていたジューシー唐揚丼です。

ジューシーで柔らかな鶏の唐揚げに、長ネギ、生姜、タマネギ、にんにくなどの香味野菜がふんだんに入った特製のタレをかけ、からしマヨネーズを唐揚げの上にたっぷりと乗せたものです。

これもとても美味しいだけに廃番は残念でした・・いずれ商品として復活して欲しいものですね~


譚セ螻祇convert_20170614181758

松屋というと定食モノの充実も素晴らしいですけど、現在はプレミアム牛めしが一つの看板メニューなのかもしれないです。

松屋の「牛めし」というのは価格が290円でしかも味噌汁付という事で、吉野家よりも安いというせいもあり、
一時期は私もよく食べていたのですけど、
数年前にこの牛めしが突如「プレミアム牛めしにリニューアルされました!」との告知により、商品として廃止になってしまい
(関西方面など一部の店舗にはまだこの「牛めし」というメニューは提供されているとの事です)
この「プレミアム牛めし」というのは、それまでの牛めしが一杯290円であったのに対して、なんと一杯380円です。
松屋の説明としては「お肉に熟成チルド牛肉を使って、タレや玉ねぎも従来のモノよりもグレードアップし、
味も品質とは従来の牛めしとはひと味もふた味も違う!」との事になっていたのですけど、
やはり私のような一般庶民の視線から見てしまうと
「なんだ・・それって結局は実質的に90円の値上りじゃん!」となってしまいがちなのも無理はないと思っています。
「確かに味は以前より美味しくなったのかもしれないけど、従来と似たような商品が90円も値上がりするのではちょっとね・・」と
考えた人はもしかしたら結構多いんじゃないのかな・・?と思ったりもしたものでした。

でもこの松屋のプレミアム牛めしを実食するとよく分かるのですけど、めちゃくちゃ美味しいです!

以前の牛めしとは味が全然違うし、このプレミアム牛めしを一度食べてしまうと、二度と以前の牛めしに戻れなくなってしまう!
みたいな美味しさは間違いなくあると思います。

どこが変ったのかと言うと、一言で言うとお肉が大変ジューシーになり、そしてそのお肉がとてつもなく柔らかい!という
事です!
例えて言うと、以前の牛めしが「缶詰の牛肉の大和煮」とすると今回のプレミアム牛めしは「すき焼き」という違いが
あるようにも感じられたもします。
以前は、ま、確かにまずくはないのですけど、部分的に「なんかまずいすじ肉食べているみたい・・」な感じも無くはなかったと
思いますし、その肉の硬さをかなり濃い味のタレで誤魔化していたような感じもなくはなかったと思いますが、
プレミアム牛めしは、肉は確かにうすいしタレはうすい上品な味で、一見すると「マイルドすぎて印象に残らない」みたくも
感じなくもないのかとは思うのですけど、その全てを「肉の美味しさ・柔らかさ・ジューシーさ」がカバーしていると思います!

そのくらいお肉自体の味と食感は劇的に変化しているようにも感じましたし、繰り返しになりますが、
私自身はネットの意見は一旦置いておいて、とても美味しいと思います。

そして味噌汁の安っぽい(汗・・)具は以前と変わりはないのですけど、味噌汁の味自体が、だしの要素が大変強くなり、
飲んでいて「こくがある・・」と感じられたのもプラスだと思います。

チルド保存することで、肉が熟成し、旨み成分のアミノ酸が増すとのことですけど、
肉のうまみが増した分、味を濃くしなくても十分勝負できる一杯に仕上げたのではなったのではないのかなとも
思ったりもします。
とにかくこの「プレミアム牛めし」し牛肉自体の勝利と言っても過言ではないと思います。

この美味しさは、ヲタが食べたとしたらその美味しさのあまり「この美味しさは一体何なのだ!」とキレるのかもしれないですし、
ここに半熟卵をトッピングしたとしたら、ヲタは店内でマジキレ状態になってしまい、バカの田中やロボに
ツッコミ入れまくるのかもしれないですね~♪
_convert_20190826233426.jpg


今年の夏アニメ作品の一つでもある「女子高生の無駄づかい」は、都立さいのたま女子高等学校(通称「さいじょ」)に通う
個性派ぞろいのJKたちが女子高生活を無駄に 浪費する日常学園コメディとも言えると思います。
ちょっと残念なJKさんが集うさいのたま女子高校の1年2組のクラスをメイン舞台にして、
相当偏差値が足りない田中(通称バカ)とBLと二次元に傾倒する菊池(通称:ヲタ)、
ひたすら冷静で無表情な才女・鷺宮(通称:ロボ)の 3人のJKさんを主なメインヒロインに据えて、
この三人のの周りに生息する色とりどりの仲間たちが、今しか生きられない「女子高生」を無駄に浪費する脱力系の
日常学園コメディと言える作品です。

JKさんとか女子高生というと人によっては「人生最大のモテ期」とか「最もチヤホヤされる人生の絶頂期」みたいな事を
言われる方も多いとは思うのですけど、そうした素晴らしい時期と時間を日常のどうでもいい事に浪費してしまい、
結果的にあっと言う間にJKの3年間を無駄に浪費してしまいました~だけどそれもまた楽し・・という
作品と言えるのかもしれないです。

「女子高生の無駄づかい」の名場面というのか笑ってしまうあまりにもたくさんあり過ぎで、どれか一つ選んで~と言われても
選びようがないとすら言えますし、各場面各場面が絶妙または微妙に面白くて、決して飽きる事はないと思います。
劇的ドラマも感動するメッセージ性はほぼ皆無な日常系脱力作品なのですけど、このジャンルで終始こうしたポテンシャルを
保った制作スタッフや声優さんは本当に素晴らしいと思いますし、特にヲタ役の戸松さんの捨て身の開き直り演技や
バカ役の赤崎千夏さんの声を聞いただけで田中の尋常でないバカぶりがストレートに伝わってきている辺りも
この作品を大変見事に引き締めていたと思います。

私的には「女子高生の無駄づかい」で特に素晴らしいと思った回は第8話の「みずぎかい」ですけど、このみずぎかいについては
後日改めてじっくりと語らさせて頂きたいと思います。

本記事はそうした中でも私が個人的にとっても気に入っている第3話の小ネタを少しばかり取り上げてみたいと思います。





第3話というとロリの話がメインであり、ロリの尋常ではないあのロリロリっとした幼女的かわいらしさととても現役JKさんとは
思えないあの幼い言動と素直になれない反抗期みたいな雰囲気がとっても素晴らしいかったと思います。
というか・・ロリは現役JKさんなのに「サンタが本気で存在している・・」と信じている点はさすがのバカたちもツッコミようが
なかった・・と言えるのかもしれないですね。

3話はあくまでロリの話を中心に展開されるのですけど(ロリの体操着がまたまたとっても幼くかわいかったです~)
そうした中でもバカがイオン店舗内でまるで子供の駄々っ子のように「えー!やだやだ!もっと遊びたい!遊びたい!」と
すねて店内のフロア内に寝転がっていたシーンは大変面白かったです。

そして第3話におけるバカの話として大変面白かったのは教室内のシーンでした~♪


ワセダ : 例えばここに3abxのn乗という単項式があったとする。これをxの単項式と考えた場合とaの単項式と考えた場合では
次数と係数が…

バカの呟き・・ : (授業つまんねぇ…)

バカの呟き・・ : (ロボは真面目にノート取ってんなぁ)

しかし、ここでバカはロボが授業をきちんと聞いているどころか、実は内職モードに入っていて、ノートに自作の複雑な迷路わ
作っているのを目撃します。
しかもその自作迷路のゴールは「不老不死になって天涯孤独」となっていて、
バカは瞬間的に「自分の作った迷路で絶望していると思っているのか・・なんと哀しい結末の自作迷路・・」と思ったのですけど、
実はロボが「ふふっ・・」と歓喜の不気味な笑顔をうっすらとしている様子を目撃し、さすがのバカも絶句してしまいます。

それでもロボは校内でもトップクラスの成績ですので、ロボにとって都立さいのたま女子高校で成績上位にいる事は
お茶の子さいさいなのかもしれないですね~

そしてバカは今度はヲタを観察し始めます。

バカ : (ヲタはどうせBLのことばっか考えてんだろうなぁ。コイツほんとBLのことしか考えてないからな)

そしていつものようにこうやって授業中にボーーッとしていたバカに対してワセダが容赦ないツッコミを入れてきます。


4643c775-s_convert_20190908170950.jpg


ワセダ : おい田中 さっきからボーっとしてるな。今何考えてるのか言ってみろ

バカ : 今?今はBLのことを考えてました

バカ : あぁ違う。BLのことを考えてる菊池さんのことを考えてました

ヲタ : なにー!?

それにしてもバカがふと思った心の声を本当に授業中にリアルで生徒全員の前でヲタの趣味について言及するという
バカの巻き込み型流れ弾の直撃を食らったヲタの「なんじゃ、それー!?」みたいな反応は見ていてもとにかくとっても
楽しかったですね~♪


ed912e4c-s_convert_20190908171035.jpg


ヲタ : 考えてねぇよ!

バカ : じゃあ何考えてたんだよ?

ヲタ : 単項式と多項式のことに決まってんだろ!?

とにかくこの公開処刑(?)シーンというのかヲタにとってのとばっちりは最高に面白かったです!

ヲタの男同士のカップリングというBL好き趣味がクラス内に知れ渡ってしまうというヲタにとってのバカの田中からの
流れ弾直撃と言うかとばっちりシーンはとにかく楽しかったですし、授業中だというのにバカに詰め寄るヲタが
とってもかわいらしかったです。


_convert_20190910024028.png


そしてこのシーンはもう少し続きます・・

場面はマジメの脳内妄想から始まります。

マジメの脳内妄想 : (鷺宮さん…中学の時からずっと憧れていたあなたとまさか高校も同じでクラスまで同じとは…)

ワセダ : 次の問題は…西村の次は…

マジメの心の声 : (出席番号順だと次は私だ。鷺宮さんにいいところを見せなくては!)

ワセダ : じゃあ菊池

マジメ : はい!

ヲタ : なにー!?

ヲタにとってはこの授業中二度目の「なにー!?」でした~(笑)
そしてラストのマジメのセリフもある意味強烈なモノでもありました・・

マジメ : えっとxの式と考えると攻めが…じゃなくて…

マジメの心の声 : (え・・??)

それにしても都立さいたのたま女子高校の数学教師でもあり1年2組の担任でもあり、バカやヤマイというとてつもなく
手のかかる極度に偏差値が残念なJKさんがクラス内にいるワセダの苦労は同情するものがあるのかもしれないですけど、
ワセダの裏の顔は実はボーカロイドプロデューサーであるというのは大のボカロ好きのヲタには知る由もない
話でもありました・・
そしてワセダは「自分はJK派ではなくてJD派」という事を公言するだけでなく、夏休み期間中になぜか海岸付近を訪れ、
「真夏は水着のJDよりもリクルートスーツのJDの方が素晴らしい」と呟いていたのも、1年2組も1年2組ならワセダもワセダ
という事でどっちもどっち~という感じなのかもしれないですね。


207ee45d-s_convert_20190908182045.jpg


そうそう、バカとヲタとロボとマジメの絡みというと、第10話でも面白いシーンがありました!
(バカとヲタが喧嘩するシーンでもあります)

都立さいたのたま女子高校の1年生のクラスの廊下に2年生に進級したときのコース分けが貼りだされていました。
事前に文系か理系かを選択し選んだほうが記載されているはずにも関わらず、バカのところには未定と書かれていました。
まだ進路希望の紙を提出してなかったのかと聞くヲタに対して、ちゃんと出したはずと答えるバカでしたけど、
そこにワセダが現れ、「お前は進路希望を意味を理解していない」とバカを進路指導室へと連れていきます。
ちなみにバカが提出した希望進路コースには「意識とんでる系」とか「モテたい系」と書かれていました・・
進路指導室から教室に戻り、貴重な休み時間が減ったと喚くバカに呆れるヲタですけど、
ふとしたことからバカとヲタの喧嘩が始まってしまいます・・

ワセダ : 念のため聞くがお前は進路というものを理解しているか?

バカ : 先生 そもそもウチを何とか系ってまとめようとするのが無理なんですよ。つまりほらあれだ。ユーガジャクソン

ロボ : それを言うなら唯我独尊

ヲタ : よく分かったな・・

ヲタ : っつかお前 数学一桁しか取ったことないだろ。さっさと文系丸つけて出せよ

バカ : はぁ?この前テストで二桁の10点取ったけど?

ヲタ : たかが10点で胸張るなよ

バカ : あー!今ウチが死に物狂いで勝ち取った10点バカにした!

バカ : ハイハイすごいですね!脳ミソBLで腐らせても50点取れるんですから!

ヲタ : はぁ!?BLは関係ないだろ!

バカ : うわー BLって聞くと反射的にムキになんのな。引くわー

ヲタ : なんだよそれ!あったまきた!

ヲタ : しばらく私に話しかけてくんな!

バカ : はいー!誰が話しかけるかっての!

そうした二人の様子をマジメはハラハラして「これはやばいかも・・仲裁に入った方がいいかも・・」と憧れの(?)ロボに対して
投げかけます。
しかしロボは「またいつものあれか・・」みたいな感じで慣れ切った様子で
「あの二人の喧嘩の仲裁はちょっとしたコツがあるのよ」とマジメに語りかけます。


1cfed1d8-s_convert_20190908182022.jpg


その一方でバカとヲタの喧嘩は続いています・・

教室内でプリントが配布され、バカの前の席のヲタは、後ろを振り返る事も無くバカと視線を合わせることなく
プリントだけバカに渡します。
(これはちょいと感じ悪いかもですね~)

バカ : ったくよー!自分の方が少し出来るからって上から目線でウチのことバカにしてきてさー!クソがー!

バカ : ちょっ!見た今の!?超感じ悪くね!?

ロボ : まぁまぁ

そしてロボは、マジメがヲタを誘って学食に入るのを見届けて、その間にバカに対して、鉛筆削り・針に糸を通す・
プチプチを押させる天秤に分銅をのせてバランスを取らせるといった事をやらせます。

ロボ : 忌まわしい古い情報を書き換えるためには快楽を伴う新たなタスクを立て続けに課すのが有効なのよ。
特にバカのような容量の小さな脳ミソにはね

マジメ : それってあまりにも田中さんをバカにしているような…

ロボ : 甘いわね。アイツはマジ者のバカなのよ

そしてこの間にマジメはヲタから「実はさ もうそんなに怒ってないんだよな。けど引っ込みつかなくなっちゃっててさ」という
言葉も引きだしていましたので、
バカの田中はロボの容量の小さい脳みそ攻撃を受けすっかり怒りの感情が消え失せていて、
ヲタを見た瞬間に「うふふ・・」となってしまうのは、全てがロボの掌の上で踊らせられていたという感じと言えるのかも
しれないですね~

それにしてもバカを手なずけるのはちょろいものですね~♪

それにしてもJKさんの喧嘩は他愛もないのがいいですね~
一方男子高校も大体似たようなものなのかもしれないです・・
うちの高校の吹奏楽部員の喧嘩の原因は、
「昼休みに人の弁当のおかずを勝手に食べた」だの「一口カップラーメンのつゆを飲ませてと
頼まれたので仕方なく飲ませたら、全部飲まれた」だの毎回しょーもない事ばかりでもありました・・

だけど男子高生とJKさんではJKさんに勝るものは無い!と言えるのは間違いないと思いますね~!



東京MX等の深夜アニメを見ていると、今年に関しては盛んに宣伝されていたアニメ作品のCMについては、
ラブライブ! サンシャイン!!関連とFateとそしてBanG_Dream!(バンドリ)がかなり目立っていたようにも感じられますし、
その中でもBanG_Dream!はBanG_Dream!に登場する声優さんが司会を務める番宣番組が30分枠で放映されていたりなど
かなり力が入っていたようにも感じられます。
そして今年の夏ごろのBanG_Dream!のCMで流れていた楽曲の中では「ハロー、ハッピーワールド!」の
「えがお・シング・あ・ソング」という大変ノリの良い楽曲が大変印象的でした。
テレビCMという限られた時間内の中でも、ああした強烈なインパクトと見ている人たちになにかハッピー感を伝えられる事が
すてきな事ですよね~♪

そして多分ですけど「ハロー、ハッピーワールド!」を初めてご覧になられた方の多くの皆様たちは
「あれ~!? なんでガールズバンド内に一人(一匹?)ヘンなクマみたいな着ぐるみの子がいるの~!?」と感じられるのかも
しれないですね~(笑)
BanG_Dream!にはたくさんの個性溢れるガールズバンドが登場していて、Poppin' Party(ポッピンパーティー)
Afterglow(アフターグロウ) Pastel*Palette(パステルパレット)  Roselia(ロゼリア)などが主なバンドですけど、
そうしたガールズバンドの中でも個性という意味で突出し際立っているのが「 ハロー、ハッピーワールド!」だと思います。

ハロー、ハッピーワールド!は、「世界中を笑顔に」をコンセプトにリーダー弦巻こころが率いるガールズバンドユニットなのですが、
バンドコスチュームは吹奏楽でお馴染みのマーチングバンドのユニフォームみたいで大変ユニークだと思います~♪
いっちば~ん!最初にハロー、ハッピーワールド!を見た際の印象なのですけど、もちろんあの吹奏楽団のマーチングユニフォーム
みたいな独特過ぎるあのコスチュームもとてつもなくインパクトを感じたものですけど、それ以上に驚いたのが
メンバーになにやら「動くクマらしきもの」(??)がいた事ですね~
ちなみにあのクマは言うまでもなく着ぐるみなのですけど、着ぐるみの中に入っている女の子は奥沢美咲という
「ハロー、ハッピーワールド!」の中の最大のまともな人、というのか普通の常識人であるというのも大変面白いものが
あると思います。
奥沢美咲は言うならば「クマの中の常識人」といえそうです。

奥沢美咲は商店街のバイトでゆるキャラのような着ぐるみをきて仕事をしていたところ、
弦巻こころに実物のキャラと思われハロー、ハッピーワールドのDJとしてスカウトをされます。
ハロー、ハッピーワールド!には実は三バカと呼ばれるちょっと世間一般の常識をはるかに超越したような
ハイテンションの三人(弦巻こころ・瀬田薫・北沢はぐみ)がメンバーにいたりもするのですけど、
なぜかしりませんけど、ミッシェルというクマの着ぐるみと着ぐるみの中に入っている奥沢美咲がイコールである事を
この三バカは全く理解・認識でていないものでして、奥沢美咲は現在は三バカから名前で呼ばれているものの、
その認識は「ミッシェル代理」と見られているのも大変面白いものがありますね~♪
美咲はスカウトされた当初はバンド活動自体が嫌々だったのですけど、
こころの行動や純粋さに徐々に惹かれていき、現在はミッシェルとしてのバンド活動を楽しめるようになっています。
美咲の現時点の目標は、こころ達三バカに自分がミッシェルであることを理解してもらうというのもなんだか美咲の
苦労人ポジションを物語っていると思います。
現在の美咲は、ハイテンションな三バカたちメンバーの暴走に振り回されながらも奮闘する苦労人としての日々を
歩んでいて、どう考えても意味不明な三バカのアイディアをまとめて、そこから楽曲を製作するなど高いスキルを発揮し、
ハロー、ハッピーワールドを影でも表でも支えています。
奥沢美咲は実はメンバーの前でミッシェルの着ぐるみを脱いだこともあるのですけど、
こころ、薫、はぐみの三バカからはミッシェルの中身が美咲だとは認識されていないばかりか、
「うちのバンドのメンバーは6人」とすら思われているのもなんだか壮絶なボケの世界でもありそうですね~(笑)

ちなみにですけど、ハロー、ハロー、ハッピーワールド!の5人のメンバーは下記の通りです。

弦巻こころ(ボーカル)
瀬田薫(ギター)
北沢はぐみ(ベース)
松原花音(ドラム)
ミッシェル=奥沢美咲(DJ)

ちなみにドラムの松原花音はバンド内では常識人の部類に入り、メンバーの中では唯一ミッシェルの中身が美咲だと
認識できていたりもします。
弦巻こころは、実はとてつもない大富豪の資産家の一人娘でもありまして、その資金力もすさまじいものがありそうです。


6a8f8a8c_convert_20150509024804.jpg

81fe9b5b_convert_20150508231138.jpg

2103a296_convert_20150508231311.jpg


それにしてもハロー、ハッピーワールド!のコスチュームがまるで吹奏楽団のマーチングバンドみたいな衣装である事は
斬新だし驚きでした~♪
吹奏楽のマーチングバンドも経験した事がある私としてもとても共感できるすてきな衣装だと思います。
ガールズバンドのコスチュームというとゴスロリ風とかアイドル風とかアニメ風みたいな感じの衣装が目立つ中、
マーチングバンドというのも実に意表を突かれた想いはありますね~!

吹奏楽コンクールをメインモチーフにした「響け! ユーフォニアム」においてもマーチングのシーンが第一期でも
描かれていましたけど、あのマーチングシーンは、男性奏者も女性奏者も本格的なマーチング衣装を身に纏っていたのが
大変印象的でした!
幼児体型の久美子・葉月・さふぁいあに比べて、
香織先輩は大人の魅力でしたし、そして高坂麗奈ももっとすてきな大人の魅力に溢れていたと思います!

吹奏楽の「マーチング」は本当に大変です。
楽器を吹く事と歩きながら歩幅を揃え、同時にフォーメーションを決めたり、ベルアップを図ったり
ライトフェイス(右向け右!! )とかレフトフェイス(左向け左!!)等を遵守しないといけないですし、
見ている方は「かっこいい!」と感じられるとは思うのですけど、実際の奏者はとてもじゃないけどそんな余裕は
全く無いと思います。
一般的にマーチングは中学・高校で行うべきもので大学の吹奏楽団でマーチングをやるのはどちらかというと
少ないようにも感じられます。
だけど私が在校していた大学の吹奏楽団は定期演奏会の中に、室内用の「マーチングドリルステージ」もあったりして、
まさか大学に入ってからも歩幅を揃える訓練をやらされるとは夢にも思わなかったですね~

「響け! ユーフォニアム」【第一期】においても描かれていましたけど、
メンバー全員の「歩幅」をある程度統一して更新しないと見た目がバラバラになってしまい見苦しいと思います。
アニメでは「1歩85㎝」という表現がされていましたけど、全員が統一して歩幅を揃えて更新と言うのは
かなり至難の業だと思います。
まマーチングに普段から力を入れている学校やマーチングフェスティヴァルクラスになると
「歩幅を揃えての行進」は基本中の基本と思うのですけど 普段は野外でのマーチングをやらない学校は、
歩幅を揃える事よりは、とにかく 「楽しんで吹く事」の方が大切なような気もします。
それに、マーチングのコンクールや大きな大会で無い限りは、見ている人もその辺りを極度に気にするされる人も
それほどはいないような気もします。
それよりも私自身は「周りとの歩幅を揃える事」よりももっと大変だったのは三つほどあり、
一つは、ごく当たり前の事ですけど、歩きながら楽器を吹くのは本当にやっかいである事、
二つ目はこうしたマーチングは目の前に譜面台とか楽譜を置けないので、当日演奏する曲はある程度事前に
暗譜をする必要があった事であり、
三つ目は、行進吹くだけならまだ何とかなるのですけど、これに「フォーメーション」という全体の演出や
途中の「ベルアップ」等の決め技やジグザグ行進が加わると修羅場と化していたような気もします。
マーチングやっている最中は楽器を吹きながら同時に行進も行い、時にフォーメーションという演出が入ると
顔は引きつり気味でとてもじゃないけど笑顔何て出来る余裕がなかったような感じでしたね~(汗)
マーチングの場合、基本は「フォワードマーチ」という「前進」がベースになるのですけど、
たまにですけど、 通常4拍かけて右を向く「ライトフェイス」とか
「スライドステップ」と言って、前を向いたまま足を交差する「カニ歩き」のような特有な歩き方での横方向への行進とか
行進途中の演出が本当にやっかいに感じていたものです。
マーチングは30分程度吹くだけで前進汗だくで死にそうになるほど体力を消耗したのも今となっては大変なつかしい
思い出でもありますね~

マーチングはどちらかというと見た目の華やかな印象とは異なり、実際に演奏している方は規律や約束事や
全体の厳密な統一感をかなり求められますので、自由奔放すぎるハロー、ハッピーワールド!のメンバーの皆様とは
かなり世界観が異なるというのも、同じマーチングバンド衣装を纏っていてもその違いはとても面白いものが
あるのだと思います。


003_convert_20180430181035.jpg


ここから下記は3点ほどBanG_Dream!のプライズフィギュアをレビューさせて頂きたいと思います。

上記はPoppin' Partyの戸山香澄のプライズ系フィギュアです。

戸山香澄を象徴するキャッチフレーズと言うと「キラキラドキドキ!見つけたっ!」と言えると思うのですけど、
そうした常に前向きでポジティヴで明るいキャラで、周りをグイグイと引っ張っていくような雰囲気を有し、
Poppin’ Partyのギター&ボーカルの戸山香澄のランダムスターを手にした豪華バージョンでのプレミアムフィギュア
だと言えると思います!

「キラキラ見つけたっ!」という言葉とこのフィギュアの躍動感はまさにイコールなのだと思いますし、
フィギュアからも香澄の「常に何かを精一杯表現しようと躍起になっている事」というポリシーが見事に伝わってきていると
思います。
このフィギュアにおいて特筆すべき事は、付属品アイテムともいえるギターの再現度が極めて高いことが
挙げられると思えます、
愛用の星型ギター「ランダムスター」はかなり作り込まれていて精緻な仕上がりだと思います。
そしてこの星型というのは、香澄の小さい頃に「星の鼓動が聞こえた」というエピソードを象徴しているのだと
思えます。

猫耳のような髪型が特徴的なグラデーション塗装もされた茶髪がかわいいです~!
赤い星型の髪留めも香澄の口癖みたいな「キラキラ」を象徴しているような感じもありますね~♪


_convert_20190829181836.jpg


上記はプレミアムフィギュア“弦巻こころ-Vocalist Collection No.3”です。

ノースリーブのマーチング衣装で華やかに立体化されていて、広がる金髪が集中線のように笑顔を引き立て、
世界中をハッピーにする無敵のこころスマイルがとても鮮やかに立体化されていると思います~♪

元気いっぱいにピースサインをするこころもかわいいですし、この華やかなマーチングバンド風なステージ衣装も
大変見映えがしますし、イキイキとしてラブリーな表情が素晴らしいです!


_convert_20190829181904.jpg


続きまして、プレミアムフィギュア“丸山彩-Vocalist Collection No.2”です!
ちなみにこの丸山彩ちゃんフィギュアは昨年・・2018年9月に商品化されています。

丸山彩ちゃんは、アイドルバンド「Pastel*Palettes」ボーカルで、何事にも努力を惜しまない丸山彩ちゃんのアピール力抜群のポーズが素晴らしいです!
フワフワのツインテールとパステル調の衣装でアイドルオーラも全開ですね~!

ピンク・白・青緑を基調としたステージ衣装で腰から伸びるリボンが羽みたいでまるで天使のようです~♪

ツインテールの髪の繊細さも大変美しく表現されていると思います!


bandori-ayacyan-04_convert_20190211151258_convert_20190215024918.png


さてさて、ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記のとってもかわいい女の子は、アミグリさんが2019年2月に描かれたBanG_Dream!の丸山彩ちゃんです。

丸山彩ちゃんというと、Pastel*Palettesのボーカルなのですけど、他の極めて優秀で才能溢れるメンバーに対して
彩ちゃんは普通というのか音楽才能的には平凡な女の子という印象もある中で、いつも一生懸命で前向きで
努力を惜しまないあのひたむきな姿には、共感するものが大なのだと思いますし、
その辺りが丸山彩ちゃんの人気の理由なのかもしれないです。

アミグリさんの描かれた丸山彩ちゃんはとにかくとってもかわいいです!

ピンクのもふもふ~っとした雰囲気のツインテもとってもよくお似合いです。
彩ちゃんは髪を下した場面やツインテ以外のシーンもありましたけど、アイドルらしいこのツインテがよくお似合いだと思います。
ピンクのフリフリのアイドルっぽい衣装もピンク系プリキュアのかわいらしさを彷彿とさせるぐらいとてもよくお似合いで、
華やかさとかわいらしさを一段と盛り上げているように感じられますね~!
背景の淡い雰囲気もアイドルさんらしさも更に引き立たせているようにも感じられそうです。

とにかくツインテのこのやわらかそうなモフモフ感と笑顔のかわいらしさと
絶対領域の眩しさと華やかで明るい雰囲気は素晴らしいです!

アニメでの彩ちゃんも上記のフィギュアの彩ちゃんもすてきですけど、アミグリさんの描かれた丸山彩ちゃんのかわいらしさは
半端ないくらい華やかでかわいらしさに溢れていると思いますね~♪

上記のアミグリさんが描かれた丸山彩ちゃんの権利は、全て丸山彩ちゃんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい丸山彩ちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv
「邪神ちゃんドロップキック」のメイン舞台はお茶の水~神田神保町周辺という事で、アニメでも漫画版でも
神保町交差点前・ゲーセンのミッキー(1ゲーム50円という太っ腹店でしたけど、現在は廃業しているようです・・)
書泉グランデ前(ちなみに書泉グランデは「となりの吸血鬼さん」でも登場していました~♪)・西神田公園・
ボンディ 神保町本店前・橘昌文銭堂(メデューサがたまにお土産として買ってくるフレッシュムーンが売ってるお店)・
神保町交番・ 神田すずらん通り商店街・秋葉原駅 電気街・キッチンジロー 南神保町店
万世橋・珈琲屋さぼうるなども大変見事に再現されていて、はるか遠き昔に学生時代を神保町界隈で
過ごしていた私にとっても感涙ものでもあったりします!


54a086fb-s_convert_20190906123852.jpg

_convert_20190903163519.jpg


ラーメンの都内の激戦区というと「ラーメン大好き小泉さん」ならば色々とマニアックなエリアが次から次へと語られると
思いますし、私的には新宿・池袋・高田馬場・荻窪あたりが代表的激戦エリアなのかもしれないですけど、
日本人がラーメンと共に愛してやまない「カレーライス」における都内激戦区のひとつが神田・神保町界隈なのかも
しれないです。

学生のころの私自身は典型的な貧乏学生で、とにかく毎日が学校・バイト先・吹奏楽団の練習場と中野のアパートの
4エリアを行ったり来たりの日々でしたし、食べるものは自炊またはとにかく価格が激安の学生食堂ばかりでしたし
(うちの学校は夜間部併設でしたので学食はかなり遅い時間まで開業していて、吹奏楽団の練習が終わった後に
4駅先の水道橋の学食で夕食を食べて帰路につくと言うこともしばしばでしたし、自炊が面倒な際はひどいときには
朝・昼・晩すべて学食ということも珍しくはなかったと思います)
学食内のカレーは当時一皿270円くらいでしたけど、学食のカレーはとにかくめちゃくちゃ美味しくて、
確か当時のグルメ雑誌でもうちの学校の学食の塩ラーメンとカレーライスは取り上げられていたほどです。
そんな中でも時折なのですけど「たまには学食以外の神保町のおいしいカレー専門店のカレーを食べたい!」と思うことも
ありましたし、そういう時に行くお店のひとつが神田古書センター一階の欧風カレー ボンディ だったと思います。
ボンディのカレーライスはとにかく信じられないほど美味しいですけど価格は高いです・・
当時でカレー一杯1100円近くもしましたし、確か今現在は1450円くらいだったと思います。

いっちば~ん!最初に欧風カレー ボンディ に行ったのは吹奏楽部の同じクラリネットパート内のお姉さま先輩のお伴として
ゴチになった際ですけど、あの時一口目にボンディのカレーを食べたときの感動は今でも忘れられないですね~♪
「世の中にこんなに美味しいカレーが存在するとは・・」という気持ちで一杯でしたし
当時の私はカレーというとボンカレーと自炊して作るカレーしか知らなかったですけど、専門店のカレーの美味しさを
初めて実感した瞬間でもありました。
そしてボンディのカレーを注文すると必ず最初に出てくるのがジャガイモとバターなのですけど、
最初にあれを見たときは、後述しますけど邪神ちゃんのぺこらのように「どうしてここにジャガイモが・・!?」とカルチャーショック
みたいなものを感じたものでした。
でもこのジャガイモとバターが信じられないくらい美味しいです~♪

「邪神ちゃんドロップキック」の中では、天国の天使の幹部クラスなのに、人間界で悪魔との戦いの中で
うっかり天使の力の源である天使の輪を紛失してしまった結果、天使としての能力を全てなくしてしまったばかりか
天国に帰還する事も出来ずに、人間界で安い賃金でこき使われながら段ボールで寝泊まりをしている
半分浮浪者のようなぺこらがなんだか不憫ですね・・
そんな気の毒なぺこらに対して邪神ちゃんは嫌がらせをしたり得意技の(?)ドロップキックをぺこらの背中に食らわれたりなどと
相変わらずゲスで卑劣な事ばかりしているのに、邪神ちゃんの飼い主??とも言えそうなゆりねはとてつもなく優しいです~♪
ゆりねは一見すると中二病患者または魔女みたいな雰囲気なのですけど、その本質はとてもなく慈愛に溢れていて、
ゆりねとすると、邪神ちゃんみたいな裏表のあり言動に嘘があるタイプは絶対に許せないのに対して、ぺこらやメドゥーサなどの
ように裏表が全く無い素直なタイプには誠実に接しているとも言えそうですね。

さてさて・・靖国通り近辺でぺこらは空腹と疲労でフラフラ状態で倒れそうになります。

そうしたぺこらを発見し助けてあげたのはやっぱりゆりねでした。

そしてゆりねが空腹のぺこらに対して食事を御馳走してあげた食べ物屋さんというのが、靖国通りに面している
神田古書センター一階に店舗を構える欧風カレー ボンディ 神保町店だったのです。
そしてぺこらはボンディのカレーライスのあまりの美味しさに感動し、ぺこら自身はゆりねの事を
「悪魔=邪神ちゃんと結託している魔女」と認識してるのに、ゆりねにカレーライスのおかわりすら求めてしまうほど
ボンディのカレーはとてつもなく美味しいと言う事になると思います。
それにしても学生時代の私自身が食べた事があるお店がこうやって深夜アニメにも登場しているのはなんだか嬉しい
ものがありそうですね~♪

ぺこら : じゃがいも美味しいです。でも、なぜカレー屋さんでじゃがいもが出るのですか?

ゆりね : 食べるか喋るか、どっちかにしなさい

ぺこら : なぜじゃがいもが出るのですか?

ゆりね : 知らないわ・・さぁどうぞ。暑い時に食べるカレーは最高よ

ぺこら おいしい・・! もう一杯頂いてもよろしいでしょうか?

ゆりね : いいわよ。邪神ちゃんの食費から引いておくから・・

ぺこら : 天使の輪があれば奇跡を起こし、石をパンに、水をワインに変えることも出来るのですが…

ぺこら : 花園ゆりね!今回はお前に感謝せざるを得ません!だからと言って、お前と悪魔たちの駆除を
諦めたわけじゃありませんからね!
いずれ!天使の輪を見つけ出し、力を取り戻した暁には必ずお前たちを駆除します!

ゆりね : 天使の輪、早く見付かるといいわね

ぺこら : (あぁ主よ…私はどうしたら…彼女は私の隣人なのでしょうか?魔女なのに…?)

(あぁ…世界は矛盾に満ちています!)

それにしてもゆりねは優しいですね~
(クズな言動の邪神ちゃんにイラッとして壮絶な??お仕置き食らわすゆりねと同一人物には全く見えないのですけど、
それだけ邪神ちゃんの日々の言動があまりにもゲスの極みだからなのかもしれないです)
ぺこらからゆりね=魔女という認識をされていても「早く天使の輪が見つかるといいね」というゆりねは、むしろぺこらよりも
天使なのかもしれないです。

そしてこのシーンのオチは「主よ、何故じゃがいもが出たのでしょう?」というのも面白いですね~
それにしてもどうしてポンディはカレーの付け合せとしてジャガイモとバターをセットしているのでしょうか・・?





神田・神保町は昔から「古本の街」として大変名高いのですけど、靖国通り沿いに神田古書センタービルという
1階から9階まで全階全てのフロアが古書取扱店または古レコード店の取り扱いというまさに古書に特化したビルが
あねのですけど、この神田古書センタービルは、かなりマニアックな専門書・医学書・歴史書・古文書・小説や
アイドル関係や二次元関係などその取扱いの守備範囲はすさまじく広くて、
この神田古書センターを探せば欲しいと思っている本はどこかに埋もれているし、真剣に探せば見つかるのかもしれないという
雰囲気は間違いなく有していると思われますし、
邪神ちゃんを無事に魔界に帰還させる魔道書の下巻もこのビル全体をくまなく探せば見つかるのかもしれないですね~

そしてこのビルの一階にあるのがボンディなのです。

カレー好きのあいだでも数多くのボンディファンがおり、カレー激戦区・神保町におけるカレーの代名詞のような名店です。

ボンディは邪神ちゃんのアニメの第2話で登場していましたけど、アニメでは
「ボンディの入り口は神田古書センターの裏側である。本屋から入るのはダメだぞ」というナレーションが入っていたのは
なかなか配慮深いといえそうです。

ポンディというとカレーの美味しさもそうですけど、私自身もそう思っていましたし邪神ちゃんのぺこらもそのように
感じていた通り「ジャガイモを付け合せてとして提供しているカレー店」と言えます。
そしてなぜか知りませんけど、神保町付近のカレー専門店はポンディのようにジャガイモを付け合せてして出しているお店も
かなり多いそうです。
最初にジャガイモを出し始めたのはボンディとの事で、
神保町でカレーを提供する前にジャガイモを出すお店としてボンディの他に、
ペルソナ、カヴィアル、エチオピアといった名店がありますが、いずれもすべて半径200mの範囲に集中しているというのも
大変興味深いです。

さてさて、それではどうしてボンディではカレーライスにジャガイモをセットしているのでしょうか?

カレーライスの野菜の具としてはジャガイモ・人参・玉ねぎは定番だと思うのですが、
実はボンディのカレーソース自体にはそもそも論としてジャガイモが入っていないそうです。
玉ねぎと人参はミンチされてカレーのソースに入っていますが、ジャガイモは水分が出やすく、カレーが水っぽくなるので
ボンディのカレーライスにはジャガイモは外されています。
ただ、カレーからジャガイモを外すのはある意味ちょっと違うでしょ・・と言う事で付け合せとして茹でたジャガイモとバターを
添えているそうです。
そしてジャガイモはかなり腹持ちがしますのでカレーを食べた人にお腹いっぱいになってほしいという創業者の気持ちが
現在にまで受け継がれていて、
「神保町は学生も多いので、高いお金を払ってでも食べにきてくれる人にご飯を大盛りにするだけでなく、
ジャガイモを提供する事でお腹も満たして欲しい」という感じで今現在でもジャガイモとバターを提供しているそうです。


_convert_20190906124030.jpg


「邪神ちゃんドロップキック」は人間と悪魔のゆるい同居生活のギャグ漫画なのですけど、
前回の記事でも触れたとおり、はたまた上記のボンディでも示唆した通り、作品の中に神保町界隈のすてきなお店が
かなりたくさん出てきているのも大変印象的です。

ボンディはアニメ第2話で登場していましたけど、第3話では喫茶店の大変な名店でもありファンが大変多い「さぼうる」も
登場していました~♪
古本の街として有名な神保町で、昭和30年の創業以来愛され続ける喫茶店の一つが「さぼうる」です。
都営三田線の神保町駅から徒歩ですぐの場所にあります。
趣のある山小屋風の外観や看板、そして扉脇の赤電話が目印であったりもします。

アニメのナレーションでは「「オススメはチーズたっぷりのピザトーストだ!美味いぞ!」と紹介されていますし、
アニメにおいては、なんと・・! さぼうるのマスターも登場しています!

照明を落とし気味にした店内は、一瞬東京にいることを忘れてしまうような癒しの雰囲気に包まれていますし、
疑似山小屋体験をしている気分にもなり大変落ち着いた情緒ある雰囲気の喫茶店でもあります。
内装も大変粋ですし、店内の壁には、いつの時代に書かれたものなのか、無数の落書きが記されています。
定番メニューとして大変名高いピザトーストやミックスサンドはとてもおいしいです。
そしてドリンクとして大変名高くてファンが多いのが、グラスにたっぷりと注がれた「生イチゴジュース」です。
名物メニューとして人気を集めていますし、フレッシュないちごと細かく砕かれた氷がほどよくミックスされ、
まるでシェイクのような濃厚な味わい♡デザートとしても充分に楽しめます。

そしてこの生イチゴジュースも邪神ちゃんアニメに登場していました~♪
(邪神ちゃんは自棄飲みと称して生イチゴジュースをなんと100杯も飲んでいます!)


e46f4717-s_convert_20190906124000.jpg

673f70a1-s_convert_20190906140433.jpg

a585cc35-s_convert_20190906123909.jpg


それではどうして邪神ちゃんがさぼうるで生イチゴジュースを100杯もヤケ飲みしていたのかというと、
またまた邪神ちゃんのゲスでクズな言動が理由でもあったりします。

ある日の事、いつものように邪神ちゃんはメデューサにお金の無心をし、メデューサが魔界の仕事で稼いだお金を
またまた貢がせます。

メデューサ : はいお金。持ってきたよ

邪神ちゃん : バカかお前こんなところで!ゆりねに聞かれるだろ!

ゆりね : もう聞こえてるけど。またメデューサにたかってるわけ?

まさか人間界に魔界銀行神保町支店という魔界の金融機関が立地しているとは思いもしませんでした~(笑)

邪神ちゃん : ち、違いますの。これは私がメデューサに貸したお金で…

ゆりね : あんたどこまでもゴミね

メデューサ : 私は別に返して貰わなくても良いんだけど…

邪神ちゃん : だよなー!金は貸したら帰って来ないもんだと思った方がいいよなー!

ゆりね : あんたが言うことじゃないでしょ ちょっとメデューサ、邪神ちゃんに甘過ぎじゃない?
これ以上クズになったらどうするの!?

邪神ちゃん : なんだメデューサ?お前ゆりねの言うこと聞くのか?何千年も一緒に居た私ではなく、
ゆりねの言うこと聞くのかぁ~?

メデューサ : え、えっと…

邪神ちゃん : この裏切り者の卑怯者め!

ゆりね : またあんたがそういう事言える資格あるの!?

メデューサ : ち、違うよ?私は邪神ちゃんが心配で…

邪神ちゃん : うそ付け!

邪神ちゃん : お前はいつもそうやって良い子ちゃんぶってる自分に酔っているだけですの!

メデューサ : 邪神ちゃんのバカ!もう…邪神ちゃんなんか知らない!人間界にも…二度と来ないんだから!

邪神ちゃん : バーカ!来んな!二度と来んなー!

(メデューサが立ち去った後、邪神ちゃんはいい過ぎてしまった・・みたいな後悔も多少はあったようですけど・・)

邪神ちゃん : メデューサは私にとって…ATMだったのに・・

ゆりね : そう来たか

それにしても邪神ちゃんのあまりにもクズなたかり体質は目に余るものがありますけど
メドゥーサの場合、邪神ちゃんからお金やモノを無心されることが幸せと言えるのかもしれないですね・・

流れからするとメドゥーサから「邪神ちゃんのバカ~!」と言われて、自分の愚かさとクズな言動に気が付き
自分自身を恥ずかしいと感じるのが一般的なのかもしれないですけど、
邪神ちゃんはあくまでクズな悪魔ですので、そうした反省や悔悟は全く無く、メデューサを自分にとって都合の良い
アッシーくんや貢くん、ATMとしか認識していないと言うのも、卑劣でゲスな邪神ちゃんそのものですね~
ゆりねが邪神ちゃんがそうした下劣でクズな言動するたびにお仕置きをするのも当然と言えそうですし、邪神ちゃんには
「同情の余地一切なし!」としか言いようがないのかもしれないです・・


14e1b7ef_convert_20190906123833.jpg


メドゥーサから「邪神ちゃんのバカ―!」と言われた事はさすがに少し堪えたのか、邪神ちゃんはさぼうるにて
生イチゴジュースをヤケ飲みして、なんと! 一人で100杯も飲み干してしまいます。

邪神ちゃん : 飲まなきゃやってらんねーですの!
なにがもう人間界には来ないんだからー、ですの!だったら毎月魔界書留で送金してくれれば良いだけですの。
こっちは別にメデューサに会いたいわけじゃねーってんだーですの!

邪神ちゃん : マスター!生いちごジュースもう一杯

さぼうるのマスター : 飲み過ぎですよ、邪神ちゃんさん…

邪神ちゃん : 良いんですの!私のことなんて!いちごの過剰摂取でも身体壊したりしませんの!

さぼうるのマスター : いえ…あなたへの心配ではなくなく、他のお客様の分が無くなる心配をしてるんですよ

邪神ちゃん : え?あ…そっ

邪神ちゃん : 惨めですのぉぉ!メデューサには見放され、店員に心配もされず…!

このあたりの邪神ちゃんはいつも通りのクズそのものですね~


e0a711e1-s_convert_20190906123937.jpg


それでもやっぱりメドゥーサはメドゥーサなのでした~!

メデューサ : 迎えに来たよ、邪神ちゃん!

ゆりね : あんたのことが気になって…あれからすぐに戻ってきたのよ

邪神ちゃん : 戻って来てくれたのか、ATM…! じゃない・・メデューサ!

邪神ちゃん : 私が悪かった!許してくれAT…いや、メデューサ!

メデューサ : 分かってるよ、邪神ちゃん。邪神ちゃんは私がいないとダメだもの・・

邪神ちゃん : うん、うん…愛してるよメデューサ!

メデューサ : 邪神ちゃん、お腹空いたでしょ?カレー食べて帰ろ。どうしたの?

邪神ちゃん : 生いちごジュース100杯飲んで、借りたお金全部使っちゃいましたの…

メデューサ : お財布は私が出すから心配しないで良いのよ?

邪神ちゃん : 愛してる!メデューサ!

メデューサ : やっぱり邪神ちゃんは、私が居ないとダメだなぁ

ゆりね : あーあ・・、加速する~、邪神ちゃんのクズが加速する~

人間界におけるダメ女がまたまたダメ男を増長させる構図は、もしかしたら魔界でも同じなのかもしれないですね・・

でもメドゥーサはそうしたダメ女ぶりというかたかられ体質は、むしろメデューサ自体の癒しなのかもしれないですし、
この作品での一番人気がメデューサであるというのもよく分かる気がしますね~


_convert_20190906141838.jpg


最後に・・この作品のおける神保町界隈のお店のご紹介です。

神田すずらん通りにある和菓子屋さんの橘昌文銭堂です。

メデューサが邪神ちゃんに差し入れとして何度か持ってきたお菓子でもある「フレッシュムーン」は実はこの橘昌文銭堂さんの
お菓子でもあったりします。

フレッシュムーンはバタークリームサンドが挟まれていてとても美味しいですけど、お店の中に邪神ちゃんの事もPOPで
取り上げられていましたし、
お店側としても「アニメの中でうちの店が取り上げられていました~」と言う事で
こうしたウィンウィンの関係はすてきでな~と感じたものでした。
今年の梅雨明け以降~8月下旬頃までの連日連日の猛暑と熱帯夜は結構きつかったですけど、さすがに
9月に入るとそうした暑さや寝苦しい夜も日に日に少なくなってきていますし、あと二週間も経つと秋分の日到来と言う事で、
季節は既に夏の終わりから秋に入ろうとしています。

そうした季節の変わり目の頃には、dream fantasy
アミグリさんが描かれた季節感溢れるオリジナル作品をご覧頂く事で、皆様に移りゆく季節の変化を絵として
味わって頂き、同時に別の側面のアミグリさんの絵も是非皆様に一度見て頂きたいと思います。

dream fantasy のアミグリさんというと
素晴らしき東方絵師様というイメージも大変強いとは思われますし、
先日のアミグリさんの描かれたはたてや先週のアミグリさんの描かれた美しい白蓮さんや霊夢などをご覧頂けれると
「アミグリさんはなんと精緻で美しい東方絵を描かれる御方」というイメージを持たれる方も相当多いとは思うのですけど、
本日はアミグリさんの描かれたオリジナル作品のすてきな美少女とちょっと不思議なゆるかわいい生き物や謎生物を
ご覧頂く事で、「へぇ~っ、アミグリさんもたまにはこうした不思議な絵も描かれる事があるんだ・・」という事を少しでも
皆様にお感じ頂けましたならば誠に幸いです。

アミグリさんってたま~にですけど「謎のゆるいイラスト」を描かれることがあり、
そのゆるさに癒される想いを感じる事も実は多々あったりもします・・・
普段があのような精緻で美しい幻想的な絵を描かれる方が、こうやって時折ふっ・・と肩の力を抜いた作品をのびのびと
描かれるは本当にすてきな事だと思いますし、見ているだけでホッ・・と癒されるものが大きいと思います。

本記事は夏から秋の季節の移り変わりという事で、アミグリさんの描かれた夏から季節へと移りゆくオリジナル作品を
謎の生物をメインに少しばかりご紹介させて頂きたいと思います。





「春ですよ―」とは東方のリリーホワイトでお馴染みではあるのですけど、例年ですと4月は寒い日と暖かい日が
交互に訪れると印象がある中、今年に関しては「ずっと暖かかった・・」という印象が大変強いですし、
「春ですよー」のリリー役割は今年に関しては3月だけで終わってしまったのかなぁ・・とも感じております。
そして令和に入って最初の頃は5月だというのに一時期30℃越えの日もあり「今年は5月から既に夏に入ってしまうのか・・?」と
感じた時期もありましたけど、実際は5月中旬~7月にかけては異様とも感じられる梅雨による長雨と冷夏も続きましたが、
7月下旬の梅雨明けから8月頃までは連日連日のあの猛暑と熱帯夜に襲われ、
最近はようやく落ち着いてきて季節は秋に向かおうとしています。
全体として言える事は暑さも寒さも極端であり、突然のゲリラ豪雨や雷に前触れ無しで見舞われたり、
極端から極端へと移ろい易いという感じなのかもしれないです。
外界でも東方の幻想郷でもこんなにも異常気象が続いているという事は、これは単に限られたエリアだけの問題ではなくて
地球規模での「異変」がもしかしたら既に私たちの知らない所で進行中という事なのかもしれないですし、
もしかしたら・・? 人類に対するカタストロフィーはすぐそこまで来ているのかもしれないです・・・
日本で言うと、22世紀のうちには・・または21世紀の中盤以降では、「四季」という概念が崩壊し、
極端に暑い夏と極端に寒い冬の狭間にほんの少しだけ春・秋っぽい雰囲気が垣間見えるだけという事になるのかも
しれないですね・・

私たちも日本の美しい四季というものは、今のうちにじっくりと噛み締めておく必要があるのかもしれないですね・・

とにかく今現在は、まだ四季らしきものは残っておりますし、残っている限りは四季の変化というものを楽しまさせて
頂きたいものです。

そして今現在は既に季節は夏から秋へ移ろうとしています。

秋のしっとりとし凛とした季節感の中に入ろうとしていると、真夏のあの暑かった日々がむしろ懐かしくも感じたりもしますし、
暑い時にひんやりとしたまるで清涼剤みたいな涼しげなイラストを見ていた時の爽快感と清涼感が
まるで遠い昔のように感じたりもします。

そうした訳で、本記事はdream fantasy
アミグリさんがこれまで描かれた作品の中から、季節感溢れるオリジナル作品を皆様にご覧頂きたいと思いますが、
その中でも今回はdream fantasy のアミグリさんが
描かれた夏から秋へと季節が移りゆくオリジナル作品を転載&ご紹介をさせて頂き、
去りゆく夏を惜しみつつ、これから訪れる秋を皆様にもしっとりとお感じ頂きたいと思います。

冒頭の絵は、アミグリさんが今年・・2019年8月に描かれた「ぽっかり夢気分②♪」です。

②があるからには当然①もありまして、その①ともいえる「ぽっかり夢気分♪」は
アザラシちゃんがグラスの中を涼しそうに泳いでいる雰囲気に癒しとすてきな清涼感を感じたものですけど、
冒頭のその②は主人公をアザラシちゃんからシロクマちゃんへとバトンタッチし、
今回はシロクマちゃんがメインという事で、シロクマの白とグラスのブルーの色彩もひんやり感が伝わってきますし、
シロクマちゃんがまるで外界をのそっ・・と覗き込んでいる様な感じにもその①と同様に
涼しさと癒し効果が感じられますね~♪

シロクマちゃんの頬が少しだけ桜色に染まっているのもとってもかわいらしいなぁ~と感じました。





続きまして「ぽっかり夢気分②♪」の前編ともいえる「ぽっかり夢気分♪」です。

こちらは、2019年6月に描かれた作品です。

この「「ぽっかり夢気分♪」ですけど、この絵を発表当時にアミグリさんは
「オリジナルでアザラシちゃんを描いてみました(´∀`)
夏らしく涼しげに、グラスに浮かぶアザラシちゃんです♪
癒されていただけると嬉しいです(*^-^*)」と言われていましたけど、
本当にその通りですよね~♪
私自身もこのかわいいアザラシちゃんの涼し気な様子を拝見させて頂き、瞬間的に涼しさを感じ同時に
癒しを感じたものでした~!

グラスのブルーと白のアザラシちゃんがとても涼し気にひんやりと感じられ、見ているだけで涼んだ気持ちになれそうです。
アミグリさんの絵としては珍しく背景無しという事で、背景が無い分むしろすっきりとした印象を与え、このすっきり感が
涼しさにつながっているのかもしれないです。
グラスのブルーは青色の炭酸ソーダのようにも見えますし、はたまたひんやりとしたゼリーのようにも感じられそうですけど、
どちらにしてもアザラシちゃんがグラスの中で涼しさを満喫しているかのようなほんわかさが伝わってきています。

アミグリさんが描かれたアザラシちゃんというと2017年に描かれた
アザラシとうさぎと熊の三匹寄り添いの絵を思い出しますけど、あの三匹の動物の皆様たちもとってもかわいくて
癒し効果があると当時感じていたものでした。


usa-kuma-azarasi-04_convert_20170402145932_convert_20180423205721.png


続きましてアミグリさんが2017年4月に描かれました「春だね~❀」とタイトルが付けられた
お花畑で遊ぶうさぎと熊とアザラシの三匹が揃って寄り添っているとってもかわいいオリジナル作品です!

すぐ上の「ぽっかり夢気分♪」のイラストで「2017年に描かれたアザラシとうさぎとクマの三匹寄り添いの絵はかわいい」と
記しましたけど、その三匹寄り添いの絵が上記の「春だね~」の絵でもあったりします!

アミグリさんのオリジナル作品として丸っこい不思議生物ちゃんもとてもかわいくて見ているだけでとっても癒される
作品が多々あるのですけど、アミグリさんが描かれるこうした小動物のオリジナル作品も
見ているだけで思わずほっこりとさせられそうな癒される作品だと思います~♪

三匹ともとにかくとってもかわいくかわいく描かれていて、見ているだでなんかホッ・・とするというか癒されるものが
間違いなくあると思います!
こうした小さなかわいい動物たちも見ているだけで思わず笑みがこぼれてきそうです!
うさぎというとバニーガールとか擬人化されたうさきちゃんでもお馴染みですけど、アミグリさんの描かれるこのうさちゃんからは
「かわいらしさ」というもののお手本のような雰囲気すら漂っていると思います。
クマちゃんもとってもかわいいですね~
そしてこの三匹の中では私のいっちば~ん!のお気に入りはこのアザラシちゃんです!
このアザラシは「多摩川のタマちゃん」みたいでとってもかわいくて大好きです!

タマちゃんが気持ちよさそうに川辺でお昼寝してゴロゴロしていそうな雰囲気が伝わって来ていて、なつかしくもあり
とてもかわいいと改めて感じたものでした~! (笑)


IMG_nbfpQt99.jpg


冒頭作品がグラスの上からひょっこり顔を出しているとてもかわいいシロクマちゃんでしたけど、このシロクマちゃんの
原点とも言えそうな作品がアミグリさんが2012年9月に描かれたオリジナル作品のシロクマちゃんです。
アイスを手にしているシロクマちゃんもとってもかわいくて夏らしさに溢れていると思います。


IMG_rnnNke6k.jpg


上記のオリジナルの女の子は、すぐ上のアイスを手にしたシロクマちゃんと同記事内のオリジナル作品として描かれた作品
ですけど、髪の色のグラデーションの変化もとても鮮やかだと思いますし、この髪の変化は白蓮さんの髪に
近いようにも感じたりもします。
このオリジナルの女の子は、夏らしいけだるさと爽やかさがとても清らかだと思います。髪の水色の花飾りも
とても清楚ですね。


37496966_p0_convert_20161122071403.png


まだまだ夏のオリジナル作品は続きます!

上記の作品は「 dream fantasy
掲載されたものではなくて、2013年8月に「夏。」というタイトルを付けられたpixivに掲載されたオリジナル作品です。

全体が青の基調ですけど、背景も女の子もこの青がとても美しいと思います。

女の子が横顔でもなくて正面でもなくて少し斜めから描かれている点がとても新鮮に感じられるポーズだと思います。

どことなく「凛とした雰囲気」は普段のアミグリさんの作品とは少し異なるような雰囲気も伝わり、
少しだけ厳格さというのか「どこか遠いところを見つめている少し寂しそうな眼差し」がとても印象的です。

この女の子は果たしてどんな事を胸に秘めてこうした表情をされているのでしょうか・・?

その答えを知っているのは作者のアミグリさんだけなのでしょう・・

この作品はブルーを基調にされているのですけど、アミグリさんにとってのブルーとは「涼しさ」というよりも
「憂い」みたいな気持の方が伝わってきそうなイメージもあるのかなぁ・・と思ったりもします。


natuyasumihosi_convert_20130819155328.png


続きましてアミグリさんが2013年8月に描かれた「夏休み」です。

これは文句なく楽しめる作品だと思います。下手くそな私のつまらん解説なぞ全く無用の
一目で楽しさ・ワクワク感・ハッピー感が伝わってくる作品だと思います!

女の子の「さーて、これから楽しい夏休みが始まるわよぉ―――!!」みたいなウキウキ&ノリノリのご機嫌な様子が
手に取るようにわかる作品だと思います。

ウインクもピースサインもツインテールもとにかくみんなとってもかわいいです!!


aki-nazonoseibutu-01_convert_20150922172256.png


ここから下記の作品は季節が夏から秋へと移りゆきます。

上記の「不思議生物」のイラストは「秋ですね♪」とタイトルが付けられていて2015年9月に描かれた作品です。

本当に不思議なイラストだと思いますし、不思議生物に相応しい作品だと思います。
不思議は不思議なんだけど不気味とかこわい・・みたいな不思議さではなくて、
「なんかヘンなんだけど思わずこのまるっこい物体に触ってなでなでしてみた~い!」と思わせるゆる可愛らしさが
ここにはあると思いますし、
そうですね・・例えは悪いかもしれないけど地方のゆるキャラの皆様とふれあっているようなほのぼのとした温かみがある
ゆる可愛さなのだと思います。
この青の丸っこい感じは中秋の名月のお月様とも言えると思いますし、お月見のお団子のように見えたりもしますね・・(笑)
背景の紅葉っぽいイメージもやっぱり秋ですね!

東方の秋姉妹を思わせる「秋ですよー」というイメージがこの不思議生物からも伝わってきそうですね。

東方というとこのお団子っぽい不思議生物のまるっこさは、ゆゆ様の視点で見てみると
「かわいいけど今すぐ食べちゃいたい!」という感じなのかもしれないですね~


nazo-haroulin-2015-02_convert_20151028164453.png


本記事の〆を飾って頂く作品は、秋の行事というと最近はやはりハロウィンなのかな・・?とも思い、
2015年10月に描かれた不思議生物ちゃんのハロウィンイラストでもってフィナーレを飾りたいと思います。
上記の絵は「☆ハロウィンパーティー☆(謎の生物) 」というタイトルが掲載当時付けられていました。

アミグリさんは時にふっと肩の力を抜いた脱力したようなふわふわまるまるのかわいいかわいい謎の生物を
描かれる事が多々あり、そのまん丸の雰囲気のまるでお団子ちゃんみたいな謎の生物のゆるかわいらしさには
何度見ても「くすっ・・」と自然に微笑が生じてしまうすてきな癒し効果のある作品に溢れていると思います。

この謎の生物のハロウィンパーティーもそうしたかわいらしさと癒し効果が見事に発揮されていると思いますし、
その謎の生物ちゃんたちがまるで魔法使いのような箒に跨って空を飛んでいる構成もとても斬新で楽しく
ファンタジーに溢れていると思いますし、
この謎の生物ちゃんたちが被っている帽子が東方の魔理沙っぽくてとてもよくお似合いでかわいいと思います!

背景の三日月もキャンディー等のお菓子もハロウィンの雰囲気を絶妙に盛り上げていると思います。

上記のアミグリさんが描かれたオリジナル作品の権利は、全作品全てがオリジナル作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに癒されるオリジナル作品を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは季節の変わり目という事で体調を崩しやすい時期でもありますし、夏の疲れが出る季節でもありますので、
皆様方におかれましてもお体にご留意して頂きたいと思います。


何を今更・・みたいな感じでもあるのですけど、
「邪神ちゃんドロップキック」はユキヲ先生がCOMICメテオで連載しているコミック作品を2018年夏アニメとして
放映されていた作品ですけど、このアニメも原作漫画もとてつもなく面白いです!
この作品を全然知らない方が、もしもゆりねの邪神ちゃんに対する壮絶な??お仕置きシーンだけを見てしまうと
「なんとグロテスクで残虐なブラック作品・・」と誤解されるのかもしれないですけど、その概要は
魔界出身の悪魔・邪神ちゃんと彼女を召喚した女子大生・花園ゆりねの同居生活を描いたコメディ漫画であったりします。

女子大生・花園ゆりねは魔界から悪魔・邪神ちゃんを召喚することに成功するも、邪神ちゃんを帰す方法がわからず、
そのまま邪神ちゃんを自宅に住まわせることにしたというのが物語の始まりです。
召喚者が死ねば魔界に帰れることを知っていた邪神ちゃんは、ことあるごとにドロップキックでゆりねを殺そうとしたり
はたまたよからぬ悪知恵でゆりねを亡き者にしようと画策しますけど、毎回毎回あっさりとその悪だくみがバレてしまったり、
邪神ちゃん自体は大変弱いというのか、魔界最弱レヴェルの弱さとも言われたりもしていますので、
その必殺技のドロップキックがゆりねに直撃しても、ゆりねにほとんどダメージを与えられないばかりか、
それによって毎回毎回ゆりねから例えばチェンソーで切り刻まれるなど壮絶な返り討ちを食らっていたりもします・・
ブラックで少しばかり猟奇的な要素もあると言えばあるのですけど、全体的にはギャグ要素も兼ね揃えたコメディであり。
少しばかり泣けそうなお話や百合要素も備えている作品で、
アニメでは後半になるにつれそうしたハートフルなの要素も醸し出されるような展開になっていました。

最近のアニメ・ゲーム・漫画等では異世界転生作品や人間が異世界や魔界に転生し、魔界等での魔物等と壮絶な
バトルを繰り広げる作品も多々ありますし、
逆に異世界から人間界にやっていた異形のモノ・魔物たちが人間達を襲撃し人間達を恐怖のどん底に叩き落すという
作品も珍しくないと思います。
「邪神ちゃんドロップキック」はある意味異世界転生ものとも言えなくもないのですけど、邪神ちゃんの場合は
あまりにも弱すぎて、人間であるはずの普通のJDのゆりねすらもやっつける事が出来ないどころか逆にゆりねから
壮絶な仕返しをされてその度に邪神ちゃんの体がミンチ状態化したり切り刻まれたり、はたまた体が真っ二つ状態に
なってしまうのが、普通の異世界転生ものとの大きな違いなのかもしれないですね。
ちなみに邪神ちゃんには他の魔物たちのような際立つ能力は何も無いけど、ゆりねから痛い目に遭って体が
ミンチ状態になってもすぐに再生されてしまうという再生能力だけは素晴らしいものがありそうですね~
最近の二次元作品では、例えば「働く魔王さま」や「魔王様、それ取って」などのように魔界で力を使い果たした魔族が
人間界に逃げ落ち、人間と大して変わりがない能力だけしか持てなくなって人間界で人間達としぶしぶ共存していく
話も色々あったりしますので、「邪神ちゃんドロップキック」もそうした普通の魔族が人間界で生活してみました~♪的な
作品とも解釈できそうな気もします。

「邪神ちゃんドロップキック」は2018年の夏アニメなのですけど、なんと・・!
今年の3月頃に公式から正式に第二期の制作放映が発表されました~♪
二期の放映は多分2020年の春アニメか夏アニメの頃とも予想されますけど、またまた邪神ちゃん・ゆりね・メデューサたちに
会えることがとても楽しみですし今から期待大ですね~♪

邪神ちゃんドロップキックは「DVDが2000枚売れたら総指揮の夏目公一郎さんがその場で2期放映を決定する!」という
ある意味規格外のネタで相当話題になっていました。
一般的にアニメで第一期が制作放映されて好評であったとしてもなかなか第二期の放映が実現されない事は、この業界では
むしろ常識とも言えそうですし、
あくまで一般論で話をすると、この手のアニメ作品において最低でも5000枚、あるいは1万枚クラスのDVDやBDの売上が
ないと第二期制作の土俵にものぼらないというのが通常だと思いますが、
邪神ちゃんはなんとこのそもそも論のハードルを思いっきり下げて2000枚売れれば第二期放映開始というある意味太っ腹企画を
公言した事になります。
(私から言わせて頂くと、それなら「ラーメン大好き小泉さん」もその論理で二期放映して~!」と懇願したくなりますね・・)

その告知がされる前までは800人ほどしか予約していませんでしたが予約枚数は激増したそうです・・

そして今年1月に開催された「すごいサバト」という邪神ちゃんイベントで本来は「2000枚に達したから第二期決定!」という
嬉しい報告をする予定であったそうですけど、前日段階でなんと、2000枚まで数枚足りなかったそうです。
当日になってようやくノルマが達成され、結局最終的な売上枚数は2011枚だったそうです!

この話は業界に精通している人から言わせると
「2000枚売れたらという目標設定がそもそも低すぎるので、実は最初から既に二期放映は決まっていたはずなのでは・・?」という
邪推も可能との事ですけど、私的にはそれは違うのかも・・と感じます。
というのも昨年放映の第一期の1話目は原作の序盤を結構飛ばしているからです。
アニメ版一期では最初からメインキャラが集合している状態でスタートしましたが、原作は違います。
原作漫画では、ゆりねが邪神ちゃんを召還したエピソードから始まり、その後徐々にメデューサたちも登場し、
新しいキャラがどんどん増えていくという流れなのですけど、もしも最初から二期放映が決まっていたとしたら、そうした少し
強引な導入は避けたはずと推察いたします。

とにかく来年放映予定の「邪神ちゃんドロップキック」の第二期の放映が今から楽しみですね~♪

それではここから下記は少しばかりこの作品のメインキャラにつて少しばかり触れたいと思います。


_convert_20190903110416.jpg


まずは邪神ちゃんの飼い主??ともいえそうな花園ゆりねです。

邪神ちゃんを召喚した女子大生で、オカルトとホラー映画が好きで、ゴスロリ衣装・片目の眼帯・ツインテールと中二病的な
ファッションそのもので、見た目的には最近の当ブログでもレビューした「女子高生の無駄づかい」のやはり
重症な中二病患者のヤマイとよく似ています。
ゆりねは高校卒業以降は親元を離れ、神保町内のぼろアパートで一人暮らしをしていました。
後述ししますけど、ゆりねの実家は神社であり、原作漫画でもゆりねの巫女さん衣装も登場していたりもします。
普段は御茶ノ水駅付近に存在するキメラ大学に通学していています。
ちなみにキメラ大学というのはアニメや漫画の学校の描写から判断すると、そのモデルは明治大学ではないのかな~と
思ったりもします。
明治大学は平成に入ってから昔のあのオンボロ校舎をまるで巨大タワーマンションみたいな校舎に建替えましたけど、
キメラ大学の雰囲気はそうしたタワーマンションみたいな雰囲気でもあったりします。
ゆりねや邪神ちゃんたちがよく遊びに行く神保町は、明治大学からすぐ近くでもあったりしますし、
秋葉原もお茶の水から一つ後の駅です。
ちなみにゆりねは秋葉原近辺のメイド喫茶でのアルバイトもしていて、その時の制服はやはりゴスロリ衣装そのものです~

ゆりねはどちらかというと小柄でそんなに強そうにも見えないのですけど、
人間ならば死んでいるレベルのお仕置きを邪神ちゃんに平然と繰り返すなどサディスティックで型破りな性格の持ち主とも
言えそうですけど、後述しますけど、ゆりねのお仕置きというのはある意味仕返しのようなものでもありますし、
ゆりねが邪神ちゃんにお仕置きをする時は、邪神ちゃんがゆりねを殺そうと悪だくみを働いた時とか
はたまた邪神ちゃんがメデューサとぺこら等に意地悪やゲスな発言を繰り返した際に限られていますので、
ゆりねのあのおぞましい??お仕置きは邪神ちゃんにほぼ100%原因があるものぱかりですし、
この漫画・アニメをご覧になった方のほとんどは、
「邪神ちゃんがすさまじいお仕置き食らうのも邪神ちゃんの自業自得みたいなものだから仕方ないよね~」と
感じられるのかもしれないです。

ゆりね自体の性格はなんだかんだいって邪神ちゃんには甘くて優しいと思わざるを得ないですね~
バイト代が入った際には邪神ちゃんや友人の悪魔たちに食事を奢ったり、
他の悪魔たちを邪神ちゃんのしつこい虐めや嫌がらせから助けるなど基本的には優しいため、
邪神ちゃんを除く面々からは大変慕われていますし、人望も大きいようです。
また、ぺこらやぽぽろん等の天使にも誠実に接していますし、いつもひもじい思いをしている天使のぺこらにも差し入れを
持っていったり、時にカレーや焼き肉を奢ってあげたりと、その性格はもしかしたらツンデレさんなのかもしれないですね~♪


_convert_20190903110456.jpg


邪神ちゃんは元々は魔界に住む魔族の一種です。

顔そのものは美少女風ですけど、下半身はコブラそのものですし、服は着ないので、基本裸族なのかもしれないですね~

ゆりねが偶然入手した魔法書(上巻)によって人間界に召喚されたものの、
帰還させる魔法が未所持の下巻の方に書いてあったせいで魔界に帰れなくなってしまいます。
呼び出した術者、すなわちゆりねが死ねば自動的に契約が切れて魔界に帰れるため、
その場でゆりねにドロップキックで襲い掛かかるものの、ゆりねには全く通じず逆に返り討ちに遭うばかりか
その後何度も何度もドロップキックや様々な悪だくみでゆりねを殺戮しようとするものの、全てゆりねから返り討ちに遭う
ばかりかその都度その都度結構凄惨なお仕置きを食らっています。
例えばチェンソーで邪神ちゃんの体が切り刻まれたり、邪神ちゃんの尻尾が切り落とされたり、
天井から吊るされ血を抜かれたり、シュレッターで尻尾がミンチ状に刻まれたり、
氷漬けにされて体内が真っ二つに割られたり、
江戸時代の石抱き拷問みたいなものを食らったりと、そもそもは魔界の悪魔の一種なのに人間のゆりねには
全く歯が立たないというのも大変面白いですね~

その後邪神ちゃんは家事をすることと引き換えに帰る方法が見つかるまでゆりねのアパートに居候することになり、
それから邪神ちゃんの魔界での仲間がゆりねのアパートに遊びに来たり等ドタバタの展開が続いていきます。

邪神ちゃんは魔界では元々貴族の娘という事で本来は育ちのよいお嬢様のはずなのですけど、
興奮すると口調も表情もチンピラまたはヤンキー風なJKさんみたいな下品な感じへと豹変し、
自分より弱い者に対して尊大な態度を取り、いじめや嫌がらせ、食料の強奪を平然と行う他に
ゆりねを殺すために卑怯な手段を用いたり、自分より強い者には及び腰になったりなど、
基本的にはゆりねからは「クズ」と称されるほどの外道な性格でもあったりします。
邪神ちゃんの生活費は基本的にはゆりねのバイト等で賄われているのですけど、邪神ちゃんの趣味でもあるパチンコや
ゲーセンやソーシャルゲーム等の課金等は、メデューサからたかったり無心したお金というのも、またまた邪神ちゃんの
クズぶりを遺憾なく発揮させた話といえそうです。
ゆりねを殺害する際の悪だくみは100%事前に露見するのですけど、バレた時にはほとんどの場合
「それはメデューサに命じられて仕方なくやった」とか「メデューサに陰で操られたからこうなった」などと見苦しい言い訳ばかりし
それが逆にゆりねの怒りとお仕置きに火に油を注ぐ結果に毎回なっているのですけど、
普通はあれだけゆりねから結構陰惨なお仕置き食らっているからむしろ邪神ちゃんに同情が多少は集まってもいいはずなのに
このアニメ・漫画を読んでいる人の大半の皆様は
「それは邪神ちゃんの下種極まりない言動が悪いし、ああいうお仕置き食らうのは邪神ちゃんの自業自得」と
感じるのも無理はないと言えるのかもしれないです。
ゆりねもそんな邪神ちゃんと同居する事自体危険な行動なのかもしれないですし、邪神ちゃんを魔界に帰還させるための
下巻を入手すればすぐに邪神ちゃんを追い払う事ができるのに、それをしないというのは、
ゆりねもなんだかんだいってこうした同居生活が気に入っているという事なのかもしれないですね。

「邪神ちゃんドロップキック」に登場する魔族たちは各自それそれれがとてつもない能力を有していて、
例えばメデューサは石化させる力、ミノスのとてつもない怪力、遊佐の氷漬け能力などがそうなのですけど、
邪神ちゃんはなぜかそうした能力がほぼ皆無で、本人曰くゆりねになんのダメージすらも与えられないあのしょぼい
ドロップキックを食らわす程度の能力やせいぜいがすごろくで思い通りにサイコロの目が出せるぐらいというのも
あまりにもしょぼすぎるものがありそうですね~(笑)
刃物で刺される、尻尾を切断される、チェーンソーで切り刻まれてミンチにされるなどといった普通なら死んでもおかしくない
ほどの目に合わされてもしばらくすると普通に復活している事から、不死身に近い再生能力を有している事こそが
邪神ちゃんの真の能力と言えるのかもしれないです。
人間よりも弱いのが邪神ちゃんとも言えそうですけど、ゆりねという同居している相手が悪すぎた・・と言えるのかも
しれないですね。
ちなみにゆりねはぺこら達天使からは「魔族と言う悪魔と結託している魔女」という認識をされていますし、
ゆりねが怒った際のオーラは悪魔以上であるとミノスから言われていたりもしますので、ゆりねというのはもしかしたら
悪魔に近い存在なのかもしれないですね。
邪神ちゃんの弱さは折り紙つきですけど、例えばですけどもしも東方の紅魔館のおぜうさまであり畏敬の吸血鬼でも
あられるレミリア様ももしかして・・? 人間界に来れば意外と弱い存在になるのかもしれないですし、
もしもレミリア様がゆりねの家で同居したとしたら邪神ちゃん同様にゆりねから結構散々な目に遭わされるのかも
しれないですね・・(汗・・)

上記でもちらっと書いた通り、アニメ一期の後半や原作漫画ではちょっといい話がいくつかあったりもします。

ゆりねが風邪をひくエピソードもそうなのかもしれないです。

邪神ちゃんは、ゆりねを殺すチャンスなだけど看病してしまうのですけど、
ゆりねを助けた理由をメデューサ達に答えたシーンはほっこりさせられるものもありました~♪

邪神ちゃんたち悪魔は何千年も生きるとの事で、悪魔に比べれば人間の寿命は短く、実はゆりねを故意に殺さなくても
悪魔達の時間軸で言うと短い時間で死んでしまうことを意味しているのだと思います。
邪神ちゃんは別に今すぐゆりねを殺さなくてももすれば数十年後には魔界に戻れるのです。
こんな感じで一緒に生活していくと、ゆりねが寿命を迎える時、邪神ちゃん達はどんな顔を見せてくれるのかという事を
考えるとそれはそれで何とも言えずしんみりするものもあるのかもしれないですね。


_convert_20190903110312.jpg

_convert_20190903110356.jpg


「邪神ちゃんドロップキック」の中で登場するキャラの中で私が一押ししたいキャラはメデューサです~♪

メデューサは邪神ちゃんと幼馴染である悪魔で、古代エジプトの女王のような衣装を着た美少女です。
一般的にメデューサと言うと、ギリシャ神話に登場する怪物で、ゴルゴン三姉妹の末妹で、
青銅の腕と黄金の翼を持ち、髪の毛が蛇になっていて、メデューサを直視した者は恐怖のあまり体が硬直して石になってしまう
という設定でお馴染みなのかもしれないです。
メデューサというと、ソウルイーターに登場する魔女の一人でも馴染み深いですし、ゲーム「女神転生シリーズ」に登場する悪魔
としても印象深いですし、私的には山岸涼子先生の短編漫画としても馴染み深いです。
一般的にはメデューサを見た人を石化させてしまうという事で恐ろしい能力の持ち主で、ヘビの髪型という事で
恐ろしいという印象が強いのだと思われます。
人間の石化というと最近では「Dr.STONE」が大変印象的であり、この作品の主人公の天空は、どうして人類すべてが
石化してしまったのかその仮説を色々と考えたりするシーンもありましたけど、
「邪神ちゃんドロップキック」好きの皆様ですと、
「それはあまりにも邪神ちゃんからのクズな言動によって我慢の限界を超えたメデューサの石化能力が暴発したから・・」と
考えるのかもしれないですね~(汗)

邪神ちゃんに登場するメデューサは、一般的に認知されるメデューサ像とはかけ離れた外見であり、
見た人間を石化させる性質を持っているため人間界に来るときは紙袋を被っていたりもします。
ゆりねがメデューサを見ても石化しなかったのは石化防止アイテムを事前に秋葉原の露天商から入手していたというのも
いかにも都合の良い設定といえそうですね~
ちなみに後にメデューサは石化を抑制する事のできるコントクトを魔界で入手できましたので、メデューサが邪神ちゃんと
共にお洋服を買っているシーンはとても楽しそうでもありました~♪
あ・・ちなみに邪神ちゃんは神保町や秋葉原等を、あの上半身がほぼ裸・下半身がコプラという恰好で歩いていて
街の人も何も感じていないようですので、この作品の人間達は少し感覚がずれているのかもしれないです。

邪神ちゃんとは幼馴染で古くから付き合いがある親友的存在でもあります。
気が弱く心優しい性格で、幼い頃から邪神ちゃんにかなり振り回されている様子で、
普段がとても優しく穏やかな性格であるために、怒った時のギャップがかなり激しく、本気で怒っているときは無表情の上、
敬語で説教をする「敬語モード」になりとても怖いです・・
基本的に邪神ちゃんのおねた゜りやお金の無心はほぼ全て応えて挙げるスタンスのようでして、
昔も現在も邪神ちゃんにしょっちゅうたかられていて、
邪神ちゃんからお金や何か物をねだられれば基本的に即渡してしまいます。
そんな状況でも「邪神ちゃんは私がいないとダメ」という解釈であり、まさにダメ人間製造機なのかもしれないですし、
メデューサの「邪神ちゃんは私がいないとダメ」という理屈は、世のダメ男に対してダメ女の皆様が
「この人は私がそばにいて尽してあげないともっとダメになる・・」というのと同じ理屈なのかもしれないです。

でもそういうメデューサの優しさはこの漫画・アニメの最大の癒しともいえそうですし、私もメデューサから
貢がれたいものです・・(汗・・)
メデューサの頭文字のMはもしかしたら・・SMのMという感じなのかもしれないですね・・(滝汗・・)


_convert_20190903110220.jpg


「邪神ちゃんドロップキック」のハートフルなお話の一つして、アニメ版第7話がそうなのかもしれないですね。
(同時に邪神ちゃんのクズで外道なお話でもありますけど・・汗・・)

ある時、邪神ちゃんはミノスから「メデューサが先日魔界で友達と遊びに行った」という話を耳にします。

邪神ちゃん : この一流のアバズレが!聞いたぞ!誰と仲良くしてるんだ!お前、私以外の誰と仲良くお出かけしてるんだ!

メデューサ : え、それは…

ゆりね : 嫉妬してるの?メデューサが誰と出掛けたって勝手でしょ・・

邪神ちゃん : し…しし嫉妬なんかじゃないですの…こんな格下底辺女の動向なんて気にしてませんの?
ただなんとなく許せないんですの

邪神ちゃん : いいから言え!誰と出掛けたんだ!? この裏切り者め!

メデューサ : えーと、それは…あ…

邪神ちゃん : あんだけ邪神ちゃん大好きとか言っておきながらこれかよ!なんなんだよお前は!

メデューサ : ヒドいよ邪神ちゃん…!さっきからアバズレとか裏切り者とか…

メデューサ : 私、言っちゃいけないと思って黙ってたのに!邪神ちゃんが言うなって言ったんだよ・・

(邪神ちゃんがゲーセンでフィギュア獲得するために5000円も使い込み、この穴埋めとしてまたまたメデューサに
お金の無心をし、その結果メデューサはアルバイトの仕事を増やす事にします)

メデューサ : ミノスには友達と出掛けるって誤魔化してたのに…

ゆりね : 邪神ちゃん、あんたって本当に最低な奴なのね。最低というかむしろ可哀想だわ。悪魔とは言え、
そこまで堕ちちゃったか…

(ゆりねはお仕置きする価値も無いとの事でそのまま邪神ちゃんを放置し、さすがの邪神ちゃんも後悔の感情に陥り
布団の中でシクシク泣きだします・・)

翌朝、邪神ちゃんはメデューサに手紙を送り、珍しく?? 謝罪をした上で
「一日ずっと一緒に好きな所にお出かけしよう」と提案し、ふたりは無事に仲直りしお買い物や足湯等で
まったりとします。
この時の邪神ちゃんには二本の足が生えていますけど、これは魔界特製の薬を事前に飲んだせいでもあります。
ここで事件が発生し、メデューサの石化させる力を抑制するコントクトに問題が生じ、その副作用でメデューサの足の一部が
石化してしまい、メデューサは歩けなくなってしまいます。
いつもの邪神ちゃんだったら無慈悲に見捨ててそのまま帰るのかもしれないですけど、この時の邪神ちゃんは
なんとメデューサをおぶって、お台場からゆりねのアパートがある神保町まで歩いて帰るという
やさしい行動をしてあげて、見ている人達をほっこりとさせてくれています。


_convert_20190903110250.jpg


「邪神ちゃんドロップキック」の登場人物としては悪魔の他に悪魔と戦う天使も登場しています。

その中の天使の一人がぺこらなのですけど、
悪魔狩りの最中に天使の力の源の天使の輪を喪失してしまい、天使の力と能力を完全に喪失し、
人間界でホームレス生活をする羽目になってしまい、住所不定で、ダンボールハウスを住処にしていて
とてつもない安い賃金のアルバイト生活を重ねる事で以前にもまして
貧相な雰囲気になっています。
元々ギョロ眼で陰気そうな顔立ちに加えて、生活苦からのやつれで人相が悪くなっており、
邪神ちゃんよりも天使と思ってもらえないですし、誰がどうみてもメデューサの方が天使っぽく見えてしまいそうです。

ぺこらには元部下のぽぽろん・ぴのという天使もいるのですけど、
二人とも「ぺこらがいないと自分は天国でぺこらの役割を任せられ他の天使をこき使える」という腹黒い理由で
ぺこらを亡き者にしようと企んでいますけど、
ぽぽろんは邪神ちゃんに天使の輪を食べられるなど二人とも結果的に天使の輪を喪失し、人間界で暮らす事を余儀なくされ、
結果的にそれが悪魔と結託としてるという事になってしまい、ぺこら・ぽぽろん・びのは全員天国から
堕天使という認定をされ、成敗の対象になってしまっています・・

ぽぽろんは、ラーメン店でアルバイトをしながら人間界でのアイドル活動をし、ぴのはゆりねのアパートの管理人の仕事を
する事でようやく落ち着きましたけど、ほぽろんは自分を守る為に怪我をしたぺこらの入院費を払ったり、
アイドルとしての自分を応援してくれる施設の子供のためにお金を集めようとするなど、
結構いい話もあったりもしています。


_convert_20190903111331.jpg


ちらっと既に書いていますけど、ゆりねの実家は実は神社でもあります。

神社の仕事関連で実家に戻る際に巫女さん衣装になるゆりねもいたりするのですけど、漫画版でもそうした巫女さん衣装の
ゆりねは第9巻の97話で拝めることができます!

いや~、この巫女さん衣装のゆりねは美少女そのものですね~♪

ゆりねの恰好は普段がああした中二病全開のゴスロリツインテ+眼帯なのですけど、こうした神聖な巫女さん衣装を
ゆりねが着ると美少女としてのかわいらしさと巫女さんとしての清楚さがダブルで滲み出ていると思います。

巫女さんというと私的には言うまでもなく東方の霊夢なのですけど、
霊夢は普段は妖怪退治のスペシャリストという事になっていますので、元々が巫女さんでもあるゆりねが
普段アパートで妖怪と言えば妖怪に近そうな邪神ちゃんみたいな魔物にお仕置き食らわしているのも
ある意味理に適っているのかもしれないです。


_convert_20190903163445.jpg

_convert_20190903163552.jpg


「邪神ちゃんドロップキック」のメイン舞台はお茶の水~神田神保町周辺という事で、アニメでも漫画版でも
そのあたりは大変見事に背景として再現されています。
最近レビューした「女子高生の無駄づかい」でも舞台の東村山市周辺の建物や風景が見事に背景として
再現されていました!

邪神ちゃんのアニメのOPの冒頭は神保町交差点なのですけど、その再現度は上記の通りほぼ完璧に
再現されていると思います。

その他にも・・
書泉グランデ前(ちなみに書泉グランデは「となりの吸血鬼さん」でも登場していました~♪)・西神田公園・
ボンディ 神保町本店前・橘昌文銭堂(メデューサが良く買ってくるフレッシュムーンが売ってるお店)・神保町交番・
神田すずらん通り商店街・秋葉原駅 電気街・キッチンジロー 南神保町店
万世橋・珈琲屋さぼうるなども大変見事に再現されていて、はるか遠き昔に学生時代を神保街界隈で
過ごしていた私にとっても感涙ものでもあったりします!

ゆりねの通う大学のモデルはお茶の水駅近くの明治大学と思われますが、ちなみに私自身の出身大学は
お茶の水から一つ先の駅の水道橋近くにあるとあるある意味超有名ポンコツ大学です~♪
私自身は明治大学は見事に落ちましたけど(汗・・)
明治は六大学の一つでしたけど、うちの学校は野球で言うと東都リーグに所属していて
大学野球の吹奏楽団の応援の際は「東京も東都も一文字違いじゃん・・」と自分で自分を慰めていたものでした・・(汗)
当時水道橋駅から歩いて10分ほどの神田神保町、いわゆる古本街を歩くのが結構好きでした。
専門書からサブカルチャー、アイドル写真集、H系の本とか色々ありましたよねー。
クラシック音楽専門の古本屋もありましたね、確か古賀書店という名前だったかな・・・
まだ今でも現存しているのかな・・・?

数年前に仕事の関係で久しぶりに水道橋~神保町を散策する時間があったのですが、結構街自体変化していましたね。
東京堂書店という大型書店がなくなっていたり、
文省堂というサブカルチャー系の古本屋も姿を消していましたし、
グランデという大型書店が、いつの間にかアイドル・同人漫画誌系のサブカルチャー専門書に
なっていた事にも驚きました。
当時好きだったカレー屋もキッチンレナという洋食屋もなくなっていましたし、
結構残念な感じはありました。
だけど、キッチン南海がまだ健在だったのは嬉しかったです。

そういえば邪神ちゃんでもキッチン南海ではなくてキッチンジローもさり気なく登場していましたね~


_convert_20190903163519.jpg

「邪神ちゃんドロップキック」の中では、ゆりねは天使のぺこらに対してもとても優しいですし、食べ物の差し入れを
してあげたり食べ放題の焼く肉店に連れて行って、天使のぺこらを「ここはまさにパラダイス・・」と感涙させていますし、
神保町で大変有名なボンディというカレー店にも連れて行っています。

アニメでもリアル店舗と同様にちゃんとジャガイモとバターも出ていました~♪

ボンディというとカレーが提供される前に付け合せとしてゆでたじゃがいもとバターが出されるのですけど、
そのゆでたじゃがバターは説明不要のおいしさですし、
カレーも甘み・コク・辛みがこれ以上ないほどに融合していて、欧風カレーの中でも群を抜く美味しさだと思います!

アニメ作品の中で、こうやって自分自身が学生時代を過ごした街がこうやって丁寧に描写されると
とっても嬉しいものがありますね~♪



「ご注文はうさぎですか??」は来年・・、2020年より待望の第三期放映が予定されていますけど、これはとても
楽しみです!
原作漫画においては、チノが中学校を卒業し、リゼも高校を卒業し女子大生になりますし、
チマメ隊の3人も全員同じ高校に進学するのか・・?という予想に反して、チノはココアと千夜が在籍する高校に進学し、
マヤとメグはシャロが在籍するお嬢様高校に進学します。
アニメ第三期ではそのあたりの最新の事情が反映されるかどうかは全く不明ではありますけど、
ラビットハウス内とココア・千夜・チノが在籍する高校での展開がメイン舞台になるのかもしれないですし、
果たしてリゼの出番は減ってしまうのか・・?も含めて早く第三期の放映が始まらないかな~と大いに期待をしています。

そうした中、今年・・2019年6月において、正直今までメーカー正規品の立体フィギュア化にあまり恵まれなかった
千夜ちゃんの新商品フィギュアの発売が開始され、甘兎庵の和風制服でもなくて高校の制服版でもなくて、
なんと・・! ココアとリゼとチノがいるラビットハウスの制服版として登場しているのはとっても嬉しいです~♪

当ブログでは何度かココアのラビットハウス制服版フィギュアレビューをさせて頂き、あの可愛いかわいいココアを見るたびに
心ぴょんぴょんとなってしまうのですけど、
千夜ちゃんがココアと同じラビットハウス制服を着ているフィギュアはココアと同じくらいとってもとってもかわいいと思います!
千夜のポーズもオリジナルポーズでの立体化となり、より千夜らしい造形映えする姿になっていますし、
甘兎庵の和風制服としての千夜とはかなり異なった雰囲気が伝わってきていると思います。
柔和な笑顔にふわりと柔らかそうな髪の毛や緑色が鮮やかな制服など千夜の魅力をたっぷり詰め込まれた
フィギュアだと思いますし、
パンケーキやアイスコーヒーなどの喫茶店らしい小物がまたまたとってもいい仕事をしていると思います。


_convert_20190727194932.jpg

_convert_20190727194900.jpg


胸元にちょこんと添えた手がとってもかわいいですし、千夜ちゃんの華奢で体力全く無しの可憐さも手からも伝わってきていると
感じられます。

千夜ちゃんのイメージというと大和撫子な雰囲気でもありますし、
黒髪ロングの和風美人で髪も前髪ぱっつんなところがとてもよくお似合いだと思います。
ご注文はうさぎですか??において胸が大きいキャラというと言うまでも無くリゼなのですけど、実はリゼに次いで胸が大きいのは
千夜ちゃんでもありまして、千夜ちゃんは普段はそうした雰囲気をあまり感じさせてはいないと言う事は
意外と着やせして見えるタイプなのかもしれないです。
但し水着シーンになるとあの胸の大きさには目を奪われるものもありそうです・・(汗)
ごちうさの世界では、ココアの胸の大きさ=普通であるのに対して、シャロとチノのぺったんこ振りがまたまたこれはこれで
とてもかわいいのですけど、チノはつい最近まで中学生でありましたので今後の成長が楽しみではありますけど、
シャロちゃんは多分あれが限界なのかもしれないですね~(汗・・)
千夜ちゃんというとごちうさではココアに次ぐボケ役キャラでもあるのですけど、ココアとの違いは千夜はボケもツッコミも
両方できると言う事であり、やたらとボケたがる傾向が強くリゼやシャロからツッコミを入れられるととても喜ぶものの
ココアやメグのような天然キャラがツッコミを入れてもボケを貫き通すなどなぜかボケに異様な執念を持っているのが
千夜ちゃんの特性とも言えると思います。
ココアが意外にも数学が得意であるのに対して、千夜ちゃんの数字の弱さは時々すごいものがあったりして、
甘兔庵の会計でも間違ってお客さんに国家予算並みの請求書を出してしまったエピソードすらあったりもします。
千夜ちゃんは代わりに文系全般の成績は大変優秀で、そのあたりは甘兎庵での千夜独特のセンスによるかなりユニークで
独創的なメニュー名にも表れてもいます。

話をフィギュアにもどしますと、千夜ちゃんのラビットハウスの制服に身を包み、
振り向きざまのその瞬間をフィギュア化はやはり躍動感と美少女のかわいらしさに溢れていてとても生き生きとしています~♪

この千夜ちゃんフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名:千夜(Cafe Style)
スケール:1/7スケール
全高:約230mm
定価:12,500円(税抜)
発売:2019年6月
仕様:PVC塗装済完成品

ココアのCafe Styleも欲しくて欲しくてたまらないですけど、千夜ちゃんのCafe Styleも同じくらい欲しくなってしまいそうですし、
ココアと千夜ちゃんの両方を飾りたいものですね~♪


_convert_20190727194834.jpg


後ろ姿の千夜ちゃんもとても美しいです!

躍動感ある髪やリボンもふわりと柔らかに造形されていると思います。

千夜ちゃんの流れるようなこの黒髪ロングは大和撫子のお約束ですよね~!


_convert_20190727195018.jpg


表情も千夜ちゃんらしいかわいらしさと大和撫子振りを見事に表現されていると思いますし、アニメ版としての千夜ちゃんの
かわいらしさを最大限再現していると思います。
そしてここにいつもと違う衣装を身に纏っている事で更に新鮮さがUPしていると感じられます。

目の色がとても美しいですし大変生き生きとしていると思います。

振り向いた瞬間を再現するためにふわりと舞うラビットハウスの制服スカートの造型も見事としか言いようがないと思います。

ブーツやスカートの裏地もしっかり作り込んでいるのも大変ポイントが高いです。


_convert_20190727195048.jpg


とにかくかわいらしさ満点の千夜ちゃんの立体商品化です!

美味しそうなパンケーキとアイスコーヒーも抜かりなく再現されていて、ミニチュア好きの人も唸らせる見事な再現度だと
思います。

今回は千夜ちゃんのラビットハウス制服版でしたけど、予定では今年の秋頃にシャロのラビットハウス制服版フィギュアの
発売も予定されているとの事で、シャロのラビットハウス制服版もとても楽しみです!


_convert_20190727195121.jpg


上記にて宇治松千夜は着やせするタイプで水着になるとすごいものがあると記しましたけど、プライズ系ではありますが、
実は千夜ちゃんには水着フィギュアも既に商品化されています。

手を後ろに前を見ている感じの造形で、水着なので複雑な造形部分は無く、シンプルに千夜ちゃんのかわいらしさと
豊かな胸の再現が実現されていると感じられます。

ビキニスタイルの水着もとてもよくお似合いですし、少し照れてはにかんだような表情もとてもかわいいです~♪

髪の造形も髪飾りも申し分ない仕上がりだと思います。


縺薙%縺・convert_20171030231935


我が家にも結構ココア関連のグッズも増えてきましたけど、
2017年10月に発売されたメーカー正規品のココアのラビットハウス制服版のフィギュアは絶対入手したいです!

造型がプライズ系とは全然違うしこの完成度の高さは驚異的と感じさせるものは多々あると思います!

ちなみにこの正規品の商品概要は下記の通りです。

商品名:ココア(Cafe Style)
スケール:1/7スケール
全高:約23cm
価格:12,500円(税抜)
発売:2017年10月発売
仕様:PVC塗装済完成品

ココアらしいかわいさはじける元気な笑顔が最高ですね~! ごちうさの世界観をココアのフィギュアだけで
十分示唆出来ているとすら思えます!
さくら色の髪留めや、やわらかそうな頬などをしっかり表現していますし宝石のような透明感ある瞳もポイントだと思います!

そして出来れば千夜ちゃんとココアのラビットハウス制服版の二つが揃えば理想的ですね~♪


kaguya-003_convert_20181001152618_convert_20181009124602.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

宇治松千夜は黒髪ロング&前髪ぱっつんもよくお似合いのすてきな和風美少女ですけど、
黒髪ロング&前髪ぱっつんのアニメキャラというと思い浮かぶのは、
氷菓の千反田える、ラブライブ! サンシャイン!!の黒澤ダイヤ、スマイルプリキュアの青木れいかなのかもしれないですが、
dream fantasy のアミグリさんが描かれた
黒髪ロング系+前髪ぱっつんの東方キャラの絵も大変かわいらしくて美しくて素晴らしいと思います!

そうした訳で本記事においては、アミグリさんが描かれた黒髪ロング&前髪ぱっつんの東方キャラを皆様にご覧頂きたいと
思います!

上記の作品はアミグリさんが2018年10月に描かれた蓬莱山輝夜です!

輝夜は東方黒髪ロング&前髪ぱっつんキャラとしては大変抜きんでているものがありますし、月のお姫様と言う事で
アミグリさんの描かれる輝夜は幻想的で大変美しいと思います。

背景が満月という事もあり、中秋の名月を背景にした古代美人的な輝夜の魅力をすてきに引きだされていると思います。
黒髪ロングの流れるような髪の美しさも絶品だと思いますし、美しいけど「もののあはれ」とか「歴史の儚さ」といったものも
ほのかに伝えてくれているようでもあると感じました。

上記の輝夜は公式の立ち絵でもある古代人衣装のようなロングスカートがとても美しく描かれていたのが大変印象的です。
そしてスカートのデザインが「竹」であるというのも、
輝夜のモチーフが「竹取物語」である事も見事に提示してくれていると思いますし、とにかく丁寧に精緻に描きこまれた
輝夜のロングスカートの美しさにはため息が自然に出てきそうな美しさがあるのだと思います。

背景の満月が輝夜の古代的な美しさとよく調和していると感じられますね~♪


2019407-rkgk-reimu-03_convert_20190408222003_convert_20190408231753.png


続きまして長髪ではないのかもしれないですけど、とにかく前髪ぱっつんがとてもかわいい霊夢です!

この前髪ぱっつんの霊夢はアミグリさんが今年・・、2019年4月に描かれた霊夢です。

前髪ぱっつん霊夢というアミグリさんがこれまで描かれてきた霊夢の中では少し珍しいのかもしれない髪型が
新鮮に感じたものでした。
以前描かれた霊夢の中では、長髪霊夢がいたり髪のリボンが少し大きめ霊夢もいたりしたものですけど、
こうした前髪ぱっつん霊夢もなんとなくですけど、お人形さんみたいな雰囲気も感じさせてくれていて、
このちょっときょとん・・とした表情と合せて「とってもかわいいね~」と感じさせてくれていると思います。
こんなきょとんとしたお顔のお人形さんっぽい霊夢を目の当たりにすれば、
アリスが魔法の森の自分の家までお持ち帰りしたくなってしまうのかもしれないですね。

色彩も淡さ・うすさを感じさせてくれ、どことなく2012~13年の頃の作風に近いような感じも多少は感じたりもしますけど、
なんとなく今風のJKさんっぽいかわいらしさやスマートを感じるのは、
6年間のアミグリさんのすてきな進化の証と言えるのだと思います。


20190611-suta-sahulaia-02_convert_20190611225229_convert_20190612001217.png


続きましてアミグリさんが今年・・2019年6月に描かれた光の三妖精の一角の星の妖精でもあるスターサファイアです!

このスターサファイアは先月にも転載&ご紹介をさせて頂きましたけど、そのあまりにもかわいらしいスターの雰囲気に
もう一度転載をさせて頂きました!

文句なくかわいい妖精・スターサファイアだと思いますし、見た瞬間に「これはかわいい!」と直感したものですし
このスターがアミグリさんにとっては初描きで三月精キャラを描かれるのも実に7年振りとは思えない完成度の高さを
誇っていると感じられます。
そしてこの7年振りという時間の経過は、アミグリさんの絵師としての進化と成長を見事に物語っていると思います。

スターのこの流れるように美しい黒髪ロングも前髪ぱっつんも、背景のお星さまのキラキラ仕様も圧巻の仕上がりだと
思います。
霊夢の髪のリボンを彷彿とさせる髪のリボンの大きさの強調や衣裳の青と白の色彩的対比もそうですし、
まるで妖精メイドさんみたいな白エプロンのチャーミングさとかスカートや袖のフリルのきめ細かさとか
スターの生足のかわいらしさや背中の羽根のバランス感覚などなど、とても初描きキャラとは思えないですし、
改めて「スターサファイアは幻想郷内のすてきな妖精ちゃんなんだ!」と改めて強く認識させられたものです。
ちょっとふっくらとしたお顔の輪郭は健康的で生命感溢れる妖精の力強さを
感じさせていると思いますし、背中の羽根がチルノの氷の羽根とはひと味違うようにも感じられたりもします。

6月の当ブログの三月精記事の中に、松倉ねむ先生版と比良川先生版の現在の三月精との違いをテーマに
させて頂きましたけど、その中でも触れている通り、スターだけは両先生とも大体描き方が似ているというのは
大変興味深いものもあったりしますけど、アミグリさんの描かれるスターは、
そのどちらでもないというのか、このスターはアミグリワールドとしてのアミグリさんのスターなのだと思いますし、
アミグリさんの個性が十分すぎるほど伝わってきていると思います。

東方ファンの間では輝夜とスターサファイアの黒髪ロングと前髪ぱっつんがあまりにもよくお似合いと言う事で、
たまにですけどこの二人の「実は親子説・・??」みたいな話もあったりしますけど、
それはよく分かるような気もしますね・・(笑)

上記のアミグリさんが描かれた黒髪ロング&前髪ぱっつん娘は、スター・霊夢・輝夜の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいスターサファイアを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv



今年の千葉ロッテマリーンズは、大きな連勝もしない代わりに、広島・ヤクルト・楽天などのような大型連敗もなくて、
開幕から5割を出たり入ったりの万年5位という状況ではあるのですけど、
一試合一試合の内容はどの試合も決して悪い内容ではありませんし、一方的に大敗してボロ負けする展開も少ないですし、
パ・リーグの雄とも言うべき福岡ソフトバンクホークスに対しても苦手意識は全く持たずに、互角・・否! どちらかというと
ホークスを手玉に取っている様な戦いぶりも見せてくれていて、
今年と言うよりは来年以降の戦いがとても楽しみという感じでもあると思います。

昨年のマリーンズは、2017年までマリーンズに在籍していたデスパイネがホークスに移籍してしまった結果、
極端にホームランが少なくて攻撃力が脆弱という印象が大変強かったものの、
昨年シーズンオフに日本ハムがレアードと契約更改しなかったという話を耳にした際は、
「是非マリーンズにレアードが来て欲しいな~」と思っていたら、本当にマリーンズにレアードが新戦力として加わり、
マリンスタジアムが今年から外野フェンスは最大4メートル前に出る改修工事を実施し、
外野最前列のフェンスは約2・3メートルから約1・1メートルに低くした事でホームランが出やすくする改修の影響も
あるのですけど、レアードがホームランを量産してくれていて、昨年までの長打力不足が解消してくれたのは
大変ありがたいものがありましたし、まさに「レアードさまさま~♪」だと思います。
マリーンズには、開幕で4番を務め現在では7番打者に下がっているものの、井上という未完の長距離砲もいますので、
将来が楽しみですし、もしかしたら井上は西武の山川クラスまで大化けする可能性もあるのかもしれないです。
(山川というと同じ西武という球団内に中村という似たような体格の長距離砲もいるのですけど、山川と中村の打撃理論が
全く似て非なるものというのも大変興味深いです・・
山川はバットにボールを当てる際、ボールを叩き割るというイメージで打席に立っているそうですけど、中村選手は
バットにボールを乗せてバットとボールを調和させる感覚というのも面白い話だと思います)
千葉ロッテマリーンズは、一番・荻野、二番・鈴木という巧打者がいますし、
実践の戦力となるのはまだ数年先の話と思われますが、2軍には、藤原・安田・平沢大河も将来のスター候補として
現在奮闘中ですし、先発投手の軸がはっきりと定まれば、来年以降もパ・リーグの台風の目になる事は
間違いないと確信していますし、マリーンズお得意の十八番の下剋上でもってペナントレース3位からCSを勝ち上がり、
日本シリーズでセ・リーグのチームを2005年と2010年のように叩きのめして日本一を奪還して頂ければ
とっても嬉しいです~♪

そうした千葉ロッテマリーンズの新戦力として、先月・・2019年7月に、
レオネス・マーティン外野手(31)=189センチ、91キロ、右投げ左打ちが入団しました!
マーティンは入団会見の当日に先発としてスタメン出場し、その後は2番または3番打者として定着し、
足も速いし守備も巧いし、ヒットはもちろんホームランもよく打ってくれるし、
今季途中まで米大リーグ・インディアンスでプレーし大リーグ通算58本塁打、126盗塁を誇る俊足強打の大リーグ時代の
実績は日本でも問題なく発揮してくれると思います!
マーティンは入団会見で「下剋上」の掛け軸を手にされていましたし、入団会見の場でも
その後のマリンスタジアムでのヒーローインタビューの際には「頑張りマーティン!」とか「明日も頑張りマーティン!」とかなんとか
言ってその場の雰囲気を大いになごませてくれますけど、
マリーンズの広報は、毎年恒例の交流戦の挑発ポスターやアニメ作品等とのコラボ展開などを含めて
「宣伝がうまいしユニークで面白いね~」といつも感心させられます。

マリーンズもまだまだCS出場の可能性だって残されていますし、最後まであきらめることなく頑張って欲しいですし、
試合後のヒーローインタビューでまたまた「頑張りマーティン!」が聞けるととっても嬉しいものがあります!

マリーンズの新外国人のマーティンの「頑張りマーティン」も勿論私も大好きなのですけど、
頑張りマーティンになんとなく近いものがあるのかな・・?と感じさせてくれているのが、「ラブライブ! サンシャイン!!」の
ルビィちゃんが発する「がんばルビイ!」なのかもしれないです。

ルビィちゃんの一つの決め台詞の「がんばルビィ!」でもあったりします!
両腕を顔の前で縦に揃えて開きながら健気にそしてちょいと頼りなく言うあの「がんばルビィ!」に陥落させられてしまった
ファンは相当多いと言えるのかもしれないですね~♪

Aqoursのメンバーには、ルビィちゃんの実姉の黒澤ダイヤがいるのですけど、この二人は姉妹だけど
全然似ていないのがとても面白いですね。
ルビィは何もかも完璧な姉のダイヤにコンプレックスを抱いている面もあり、
姉を見返すためにスクールアイドルに参加したという解釈もできるのだと思われます。
ルビィは、ダイヤのお嬢様言葉は全く使っていないですし、
ルビィちゃんの舌っ足らずなしゃべり方はとても印象的でもあったりします!
花丸ちゃんを代表する言葉はいうまでもなくあの方言の語尾の「ずら」なのですけど、
ルビィちゃんの場合は、突発的に叫ぶ「ピギィ!」「ピギッ」「ピギャアアア!!!」等の奇声がとても印象的でかわいいです!
そしてルビィちゃんといえばやっぱりあの「がんばルビィ!」がとってもかわいくて印象的ですね~♪

Aqoursのメンバーは9人ですけど、3年生3名、2年生3名、1年生が3人と学年ごとの人数が均一ですので、
最初の設定からメンバー構成のバランスがうまく図られているのがいいなぁと思ったりもします。
全体的な雰囲気としては濃厚な個性の塊ともいえそうでアクが強い3年生のお姉さまたち、
そして3年生に決してひけを取らない個性が漲っている1年生に挟まれて、もしかしたら2年生の3人がAqoursの中では
最も常識人・普通の人たちという感じもあるのかもしれないです。
Aqoursの9人の中では最も性格・行動様式においてバランスが取れていて普通のJKさんというのは、私的には
やっぱり渡辺曜ちゃんではないのかな・・?と思ったりもします。
1年生の3人もみんなそれぞれとてもかわいくて素晴らしいのですし、
気が弱くて臆病で泣き虫のルビィちゃんに、静岡方言丸出しのずら丸こと、花丸ちゃんに、「堕天使ヨハネ降臨!」でお馴染みの
ちょっとヘンで残念で痛い美少女でもある津島善子と三者三様の魅力に溢れていると思います。

今年・・2019年の夏アニメは、手品先輩・ソウナンですか?・ダンベル何キロ持てる?・うちの娘・お母さん・
Re:ステージ! ドリームデイズ♪など今回も見まくっているのですけど、そうした今年の夏アニメの中でも特にお気に入り作品は
「女子高生の無駄づかい」という作品で、
都立さいのたま女子高等学校に通う個性派ぞろいのJKたちが女子高生活を無駄に浪費する日常学園コメディなのですけど、
この作品に登場するJKさんは揃いも揃ってヘンな皆様たちばかりでとても楽しいのですが、
その中でも、リリィ / 染谷リリィ・ロリ / 百井 咲久・ロボ / 鷺宮 しおり・マジョ / 九条 翡翠などの個性溢れるキャラは
とても楽しいですし、各キャラのニックネームを付けた田中のバカぶりもすさまじいものがあったりします・・
そしてその中でも最も痛くて残念なキャラは、厨二病全開の金髪ツインテールで、いつも頬に絆創膏、右腕に包帯をしている
ヤマイ/ 山本 美波とも言えそうですし、ヤマイの痛さはラブライブ! サンシャイン!!の津島善子ちゃんの痛さをはるかに
凌ぐものがありそうですね~

「ラブライブ!サンシャイン!!」の9人のメンバーの中で私がいっちば~ん!に大好きなメンバーは
渡辺曜ちゃんですけど、曜ちゃんに次いで好きなキャラはずら丸(国木田花丸)とルビィちゃん、津島善子であったりもします。





今年1月にセブンイレブンにての先行販売ですけど、不二家さんのペコちゃんと
「ラブライブ! サンシャイン!!」のルビィちゃんがすてきにコラボしたポップキャンディが登場していました。
このコラボキャンディは最近はあまり見かけないのはちょっと勿体無いです・・
不二家さんのポップキャンディは、子供に人気のフルーツ味をアソートした棒付きキャンディで、実は昭和29年より
商品として登場しているかなり歴史がある商品です。

ちなみにこのポップキャンディの商品概要は下記の通りです。

・販売開始日:2019年1月8日(火)
・販売店舗 :全国のセブン‐イレブン
・商品名 :ラブライブ!サンシャイン!!ポップキャンディ(18本) がんばルビィ!
・価格 :250円(税別)

※オレンジ・ストロベリー・グレープの3種アソート

それにしてもこのペコちゃんとコラボしたルビィちゃんはとってもかわいいですね~!
舌をペロッと出している様子もとってもキュートですてきです!
Aqoursの9人の中でペコちゃんといっちば~ん!コラボがお似合いそうなのはルビィちゃん以外ありえないのかも
しれないですね~
(堕天使ヨハネの善子ちゃんとのコラボも見てみたいのかも~という気持ちもあったりもします)

最初にこのコラボ商品を見た際に「どうしてルビィちゃんなのかな・・?」とも思ったのですけど、
この商品パッケージの裏面に書かれている通り、ルビィちゃんがAqoursに加入するきっかけにもなったものは実は飴で
あったりもしますので、この不二家さんとのポップキャンディのコラボにルビィちゃんが選ばれた事には
必然性があるのだと思います。
ちなみにAqours加入するきっかけにもなった出来事とは、スクールアイドルの部員集めに邁進していた千歌の目に留まった
一人がルビィなのですけど、勧誘を受ける際、最初は恥ずかしさから木の陰に隠れていたものの、
千歌が持っていた飴に釣られてしまった事がAqours加入のきっかけにもなっていたりもします。

それにしてもこんなに素晴らしいコラボが実現するとは、これは素直にとても嬉しいです!

ラブライブ!サンシャイン!!ポップキャンディの表面にはグー・チョキ・パーのデザインが施されていて、
このポップキャンディを手にしてのじゃんけんも可能となっています。
こうしたじゃんけんが可能というと思い出すキャラは、「スマイルプリキュア」の変身時に毎回毎回視聴者とじゃんけんを
していたキュアピースと言えそうですね~(笑)


kurosawa-daiya-01_convert_20160825141739.png


ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
今回は「頑張りマーティン」や「がんばルビィ」が登場していましたけど、
「がんばルビイ」でお馴染みの黒澤ルビィには、黒澤ダイヤというすてきなお姉さまがいます。

本日は、アミグリさんが2016年8月に描かれた黒澤ダイヤを転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

黒澤ダイヤは上記で書いた通りルビィちゃんのお姉さまで、浦の星女学院の生徒会長も務めています!

黒澤姉妹は姉の3年生のダイヤと妹の1年生のルビィちゃんの二つ違いの姉妹なのですけど
とても姉妹とは思えないほど外見も性格も全然似ていないのがとても面白いです。
(あの似ていない感じは東方で言うと古明地姉妹や双子姉妹なのに全然似ていない依神姉妹と同じですね~)
「ラブライブ! サンシャイン!!」は、千歌ちゃんやダイヤさんや津島善子などに代表されるようにハイテンションの運動会系みたいな
ノリも結構多いのですし、その中でもダイヤさんのとてつもないハイテンション状態とちょっと高圧的な雰囲気は、
恥ずかしがり屋でちょっとおどおとしているようなルビィちゃんとは全く対照的であり、その姉妹間の違いもとっても
面白いものがあると思います。

黒澤ダイヤというと、チャームポイントは口もとのホクロだと思うのですけど、
アミグリさんが描かれたダイヤのこの「ホクロ」が少しだけ大人っぽいというのか
どことなく色っぽいような雰囲気も感じさせてくれているのは、ダイヤのお姉さんキャラとしての立ち位置をイラストにも
しっかりと反映させてくれている他にならないと思います。

ダイヤさんの長髪もとてもすてきで、この流れるようなサラサラヘアもやはりお姉さんキャラらしい雰囲気を醸し出していると
思います。
そしてなによりも、浦の星女学院の制服の半袖の夏服セーラー服がとてもよくお似合いだと思います!
ダイヤさんは大変プライドが高く、中途半端は許さない厳格な完璧主義者でありお嬢様でもあるのですけど、
その真面目さが妙な方向に暴走してしまう場面も多々あり、そのポンコツ可愛らしさがダイヤさんの大きな魅力とも
言えるのだと思います。
ダイヤと言うと、全体的にかわいいけど吊り目でどこかツンとした印象を受ける方も多いとは思いますけど、
アミグリさんの描かれたダイヤさんは、吊り目を少し抑えめにされていて美少女としてのダイヤさんの要素を多めに
されている印象もあり、そのせいなのか「ルビィちゃんもとってもかわいいけどお姉さまのダイヤさんもかわいい!」と感じさせる
雰囲気が間違いなくあると思います!

上記のアミグリさんが描かれた黒澤ダイヤは、その権利は全てこのダイヤの作者であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいダイヤを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

そして終盤に入りつつあるペナントレースにおける千葉ロッテマリーンズの奮戦とマーティンの頑張りに
大きく期待をさせて頂きたいと思います!
002_convert_20190707171535.jpg


当ブログの「ご注文はうさぎですか??」記事でリゼが登場するのも久しぶりなのかもですね・・(汗)

うちのブログのごちうさ記事はココアの事ばっかり書いていましたけど、以前から何度も書いている通り、私自身
ごちうさに登場するキャラは、ココア・チノ・シャロはもちろん、リゼも千夜ちゃんもチマメ隊もみんなとってもかわいくて素直な
いい子たちばかりでみんな全員大好きです!

lリゼの本名は天々座理世であり、その名前の由来はテデザリゼというお茶でもあります。テテラリゼはフランス語で
風の通るお茶という意味であり、その名のとおり清涼感のあるフルーティな香りが特徴でもあるそうです。
大変古い話で申し訳ないのですけど、1985年の南野陽子のデビューシングル「恥ずかしすぎて」のB面が
「さよなら、夏のリセ」であり、確か当時「リセはフランス語で女子高生という意味」と聞いた記憶がありましたので、
ごちうさのリゼもそうした絡みなのかな・・?と当初は感じていたのですけど実際は全然違いましたね・・(汗)

リゼはちょっとゆるくて全体がふんわりとした世界観に包まれている「ご注文はうさぎですか??」の世界にあっては
数少ない常識人ポジションと言えるのかもしれないのですけど、
常にモデルガンやコンバットナイフを持っているなどワイルドな面があり、
初登場も下着姿のままロッカーに入っていた挙句、リゼを発見したココアにモデルガンを突き付けると言う衝撃の姿で登場した
事もありますので、やっぱりリゼもココア同様に「少し頭のネジがゆるんだ女の子」と言えるのかもしれないです。
親からの影響もあり軍人気質で大変サバサバとした性格のためシャロをはじめとして同性からはモテるのですけど、
常人と比べて思考などで相当変わった部分が多いというのもリゼの特性と言えるのかもしれないです。
本質的には良識的で面倒見が良い性格であり、いい子なのだと思われます。

ごちうさの5人のメインキャラの中で、胸が大きいのはリゼと千夜ちゃんで、貧乳なのがシャロとチノで、ココアは標準と
言えるのかもしれないです。
リゼの胸の大きさはともかくとして、コミックやアニメのリゼを見てしまうと
「リゼってなんというデカい女の子・・」みたいな印象も持たれがちなのかもしれないですけど、
リゼ自身の身長は一般女子の平均ぐらいです。
ココア、チノ、シャロ、マヤ、メグが小柄なため、リゼのスタイルのよさと背の高さが際立って見えているだけなのかも
しれないです。
リゼは日頃の言動や行動のせいでココアと同様にアホの子のような印象を受けますけど、実際のリゼは真面目で
比較的常識人の側面は強いと言えるのだと思います。
メインキャラの中では最年長なのですけど、さほど年長者扱いされることは多くなく
ココアや千夜からは同級生の様な扱いを受けていますし、ほぼタメ口を叩かれていますけど、
ココア自身はリゼが実は自分よりも年も学年も上である事に気が付くのは相当後の事というのもごちうさ最大のボケ役の
ココアに相応しいエピソードと言えるのかもしれないです。

当プログでのごちうさフィギュアレビューは、ココア・チノ・シャロに留まっていましたけど、本記事でもっとリゼフィギュアの
レビューも出来てとても嬉しいです。
これで5人のメインヒロインの中で未レビューなのは千夜ちゃんだけですので、早いうちに千夜もレビューしたいです!

本記事でレビューさせて頂くリゼフィギュアは、昨年・・2018年秋に
BANDAI SPIRITSが展開するハズレなしのキャラクターくじ「一番くじ」で登場していた「スイーツ、ハロウィンはじめました」と
題されたキュートなハロウィン衣装に身を包んだココアたちごちうさキャラたちの中の一つのリゼのとってもかわいい
ハロウィンコスプレ衣装のフィギュアです!

ぶどうをたくさんあしらった紫のドレスが似合っていますし、リゼらしい得意げなポージングと表情が魅力的だと思います。
リゼの普段の髪型は相当長いツインテールなのですけど、このフィギュアでは長いポニーテールのリゼが
見る事ができるのは大変貴重なものがあると思います!





このリゼフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 一番くじ ご注文はうさぎですか?? ~スイーツ、ハロウィンはじめました~ C賞:リゼ フィギュア  

サイズ : 約16cm

全長 : 17.5cm 1/8スケール

全一種

発売時期 : 2018年9月

製造販売 : BANDAI SPIRITS

ちなみに一番くじの一回のくじの金額は900円ですけど、フィギュア以外は「正直いらないかも・・」(汗)と感じる賞ばかり
でもありますのでくじを引くのは結構勇気がいりそうです。


003_convert_20190707171552.jpg


紫というと東方のゆかりんをついつい思い出してしまいますけど(汗・・)
リゼの普段からの基本カラーリングは紫系が多いですので、このぶどうをたくさんあしらった紫のドレスは
リゼにとってもよくお似合いだと思います!

手にしているのが物騒なナイフというのもリゼらしい話だと思いますし、ごちうさキャラの中で銃やナイフといった
物騒な武器がいっちば~ん!よくお似合いなのがリゼであるのは当然だと思いますね~♪


005_convert_20190707171607.jpg


リゼフィギュアの後姿です。

上記でポニーテールと記しましたけど、実際はサイドテールと言った方がいいのかもしれないです。

普段の長い髪のツインテールではなくてこうした片方だけ編み上げるリゼの髪型も大変貴重なものがあると思います。

人によっては「リゼのスカートの中は・・」というエロい事を妄想される方もいらっしゃるのかもしれないですけど(汗・・)
そんなエロい事妄想したらリゼから銃弾やナイフが飛んでくると思います・・


006_convert_20190707171626.jpg


流れるサイドテールや広がったスカートなどポーズ的なボリューム感は素晴らしい仕上がりだと感じられます。

全体的に紫色という同色系で固めていますが、配色バランスが大変良いので弱めのグラデでも
極端な安っぽさは感じにくいです。

リゼのポージングは前屈みなのでリゼの胸の大きさがかなりが強調されていると思います・・(汗)


011_convert_20190707171746.jpg

012_convert_20190707171809.jpg


東方キャラで刃物を扱うキャラというと妖夢と咲夜さんが大変名高いのですけど、ナイフというと咲夜さんだと
思います。
咲夜さんの凛々しさとかっこよさとエロ可愛らしさは既に一定の評価は確立されていますけど、リゼは確かにどちにかというと
ナイフよりは銃(モデルガン)を手にしているというイメージも強い中、
リゼがこうしたナイフを手にしていると、かっこいい~!とか凛々しい!という印象が大変際立っていると感じられます。

豊かな胸と手にしている物騒なナイフのギャップがまたまた堪らないです~♪


010_convert_20190707171726.jpg

007_convert_20190707171644.jpg



紫を基調としたドレスはぶどうのデザインが施されてはいますけど、なんとなくですけどイメージはブルーベリー系かな?とも
感じられそうです。
フィギュア自体が大変凛と締まって見えるため、リゼの抜群のスタイルがより引き立つフィギュアとなっていると
感じられます。


009_convert_20190707171704.jpg


これは既に昨年の話なのですけど(汗・・)
2018年のきららMAX8月号にて、チマメ隊は中学を卒業しリゼは高校を卒業し、晴れてチマメ隊の3人は高校に進学し
あのチノもJCさんではなくてJKさんとなっています!
そしてリゼも晴れてJDさんとなっています。
アニメ開始時点でのリゼは、ココア・千夜・シャロより一つ上の高校二年生という設定で、
アニメ二期で進級して高校三年生になっていて、そして2018年秋をもって高校を無事に卒業し大学生となっています!

リゼがJKさんでなくなる・・というのはある意味衝撃的でもありましたけど、リゼがJDさんとなっても実はごちうさの世界観には
大して影響がないのかもしれないです。

というのもごちうさの世界は元々学校をほとんど重視していませんし、ココアにしても学校内での様子はあまり描かれておらず、
そのほとんどはラビットハウスというチノの喫茶店をメイン舞台にしているからと言えるのだと思います。
ごちうさのメイン舞台はは喫茶店であり、
ラビットハウスを中心に、フルールと甘兎を含めた3つの喫茶店がメイン舞台であり、
軸にあるのはココアと街での生活や、ココアと出会い成長していくチノであり、そもそも論として学校生活は
ほとんど重視されていません。
というかリゼの高校生活のシーン自体シャロとの絡み以外ほぼ皆無でしたからね~

リゼはJDさんになってもラビットハウスでのアルバイトは続けていくと思われますので、ごちうさのあのやさしい世界は
まだしばらくは続きそうですね~♪
それよりもチマメ隊の3人は全員同じ高校に行くと予想していましたけど、チノだけココア・千夜と同じ高校に進学し、
マヤとメグがシャロが在籍するお嬢様学校に進学するとは少しばかり意外でもありました。

とにかくこれからもごちうさからはまだまだ目が離せそうもないですね。


izayoisakuya-2016-02-14_convert_20160215133937_convert_20170603074205.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれた
過去作品のイラストのご紹介コーナーです!

本記事は銃やナイフがとてもよくお似合いそうなリゼフィギュアのレビューでしたけど、幻想郷において
ナイフ投げがいっちば~ん!よくお似合いなのは言うまでもなく咲夜さんだと思います。

上記の咲夜さんの素晴らしきイラストは、アミグリさんにとっても思い入れが強い作品の一つだと思われます。
どういう事かと言うと、
アミグリさんが、2016年3月20日に広島で開催された「東方螺茶会 第二の宴」より「ゲスト寄稿」のお誘いが
あったとの事で、そのイベントのゲスト寄稿として描かれた作品が上記の十六夜咲夜さんなのです。
咲夜さんの「ナイフ投げ」がとっても凛々しいですけど
背景の時計はなんと・・・! アミグリさん自身の手描きとの事です!
この精緻な時計も手描きで描かれてしまうとは・・・!!ゲスト寄稿に当たってアミグリさんの気迫・気合を強く感じてしまいますね!!
咲夜さんの能力の一つが言うまでも無く「時間を操る程度の能力」なのですけど、
アミグリさんのこのゲスト寄稿の咲夜さんの雰囲気は、まさに「すてきなタイムトラベラー」という感じそのものですね!
咲夜さんの得意技の一つとして「ナイフ投げ」というのもありますけど、
タイムトラベラーとナイフ投げという二つの突出した能力を一枚のイラストにこれだけぎゅーーっと濃密に描かれている点は
本当にお見事だと改めて感じます。

上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんは、咲夜さんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも凛々しい咲夜さんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
本記事の一つ後の記事が「ご注文はうさぎですか??」のリゼのフィギュアレビュー記事ですので、本記事もここは
リゼに統一させて頂くという事で、数年前のごちうさとカントリーマァムのコラボキャンペーンで引き当てた
秋らしいリゼのしっとりとした色紙について簡単に触れさせて頂きたいと思います。

不二家の「カントリーマアム」は定番ロングセラー商品ですよね!

ミルキーは「ママの味」とも言われていましたけど、「カントリーマアムはお母さんの味」なのだとも思います。
ミルキーはどちらかというと人工的な味みたいな感じもなくはないのですけど、
カントリーマアムは、どことなくあの手作り感みたいな味があるのがすてきだと思います。

カントリーマアムってあのしっとりとしたやわらかさと甘さが本当に素晴らしいですよね!

口に入れるとふわっ・・としていて頬張ると口の中でさっ・・と溶けていくような食感が素敵ですし、
あの独特の甘さが美味しいと思います。
考えてみると、私って、30年以上カントリーマアムを食べ続けているんじゃないのかな・・と思いますし、
定番のロングセラー商品だと思いますし、
誰からも愛される資格のあるお菓子の一つなのだと思います。

カントリーマアムは、基本はバニラとココアの二種類だと思うのですけど、
季節限定の商品の方が私的にはよりなじみ深いものがあると感じられます。
具体的には、春先のいちごと抹茶、夏場のソフトクリーム味、秋から冬にかけての宇治金時味とかかぼちゃ味などが
大変印象的ですし、
個人的には、いちごと抹茶とソフトクリームの味がとても気に入っています!





2017年秋のローソン×ご注文はうさぎですか??×不二家のカントリーマァムのコラボだったのですけど、
ローソン限定のオリジナルお菓子としては、不二家の「カントリーマアム」のごちうさ特別仕様が当時発売されていました。

この特別仕様のミニ色紙(全6種)1枚入りの「ご注文はうさぎですか?? カントリーマアム ココア」は、
数量限定販売という事で取り扱いがされていて、この特別仕様のカントリーマアムの価格はなんと・・! 600円であり、
普通の仕様のカントリーマアムでしたら三個も買えてしまう金額になっていたのは当時は驚きでもありました!

上記の画像は表面のパッケージです。

秋モードのお揃いの服がとてもよくお似合いの5人のメインキャラ仕様となっています。


CIMG0872_convert_20171107200840.jpg


裏面のパッケージは2種類用意されていました。

一つは表面とほぼ同じデザインなのですけど、もう一つは私がごちうさの中で一押し大好きキャラのココアの単独デザインです!

やはりココアはとってもかわいいですよね~♪

このカントリーマアムの価格は上記で書いた通り600円とかなり高めですけど
(OKストアとかドンキーだったら通常のカントリーマアムが4袋買える可能性もあるのかも・・? 汗・・!)
裏面が可愛いかわいいココアだから買ったような感も否定できないのかもしれないですね。

そのくらいこのココアはとてつもなくかわいいと思います!

今回どうしてココアが単独デザインになっているのかな・・?と思ったら、このカントリーマアムの味は
バニラやいちごでもなくて「ココア」だからに他ならないのでしょうね・・
森永製菓の「ココアの日のココア缶」と言い、このカントリーマアムのココア味と言い、ココアはこの名前に感謝しないと
いけないのかもしれないですね~


CIMG0873_convert_20171107200912.jpg

CIMG0877_convert_20171107201019.jpg



森永製菓のココア缶のミルクココアスティックは残念ながら個別包装に特段ごちうさのデザインは施されていませんでしたけど、
さすが不二家は違いますね!
個別包装にちゃーんとごちうさのキャラデザインがなされていました!

この個別包装は、チノ・りゼ・ココア・千夜・シャロの5人のメインキャラに全員集合が一つと計6種類です。

やっぱり私的にはココアが特に大好きですね! 髪の赤いリボンもとてもよく似合っていると思います!


CIMG0875_convert_20171107200942.jpg



この時のローソン限定オリジナル仕様のごちうさカントリーマアムですけど、その特典として
全6種の中から一枚ミニ色紙が入っています。

その時はどのキャラが当たったのでしょうか・・?

ごちうさは東方同様、私にとっては苦手なキャラとか好きではないキャラというのは一人もいませんので、
ごちうさに関しては誰を引き当てても文句は出ないです!

この時ははリゼを引き当てました!

このミニ色紙を最初に見た時、「この娘だれ・・?」と一瞬感じたほど普段のリゼと少し雰囲気が異なり
大人っぽいしっとりとしたリゼがここにはいるのかなと感じたものでした。
リゼというと普段は、あの長髪ツインテールという印象が強いので、このミニ色紙のようにツインテ要素が弱められると
「普段のリゼとちょっと雰囲気が異なるのかも・・」と感じたものですし、
このリゼはすてきなお姉さんみたいなオーラが出ているような感じもします。
(リゼ自身は5人のメインキャラの中では最年長という立ち位置でもあります)

リゼの紫色をベースにしたハロウィン仕様のフィギュアもすてきですけど、こうした秋らしいしっとりとした大人っぽい
お姉さんとしてのリゼもとてもすてきだと思いますし、
一つ後の記事でも触れた通り、現在のリゼは女子大生さんでもありますので、ごちうさJD娘としてのこのしっとりとした
秋らしい風情は本当にすてきだと思います~♪



駅構内にあるNewDaysとKIOSKの違いって何でしょう・・?
この問いは簡単かもですね・・(笑)
共通点はともに「東日本キヨスク㈱」が出店したお店であり、その違いは、
NewDaysは駅にあるコンビニエンスストアスタイルの店舗であるのに対して、
KIOSKは小型の売店と言えるのだと思います。
というか取り扱う商品数が全然違うというのか、KIOSKにはおにぎり・サンドイッチは置いてあっても
お弁当・惣菜関係は基本的には置いていませんからね・・
そうそう、2007年からJR東日本だけKIOSKの読みかたを「キヨスク」から「キオスク」に変更しているのはなぜなんでしょ・・? (笑)
他のJR各社はそうした動きには全く追従していないだけにJR東日本の独自な動きは
なんか興味深いです。
(東北生まれ・関東育ちの私にとっては小さい頃からキオスクという表記の方が慣れている感じはありますね・・)

さてさて、今回どうして冒頭で唐突にKIOSKとかNewDaysの話をしているのでしょうか・・?

実は、JR駅構内などで展開されているチェーン「NewDays」「KIOSK」と、ボーカロイド「初音ミク」がコラボした
期間限定キャンペーンがつい先日まで開催されていて、
コラボビジュアルのほか、限定グッズが色々と発売されていたからでもあります。

2019年7月2日~29日までの間、NewDays・NewDays KIOSKでは、「ナツキタ2019 北海道フェア」が開催されていました!
フェア期間中は、北海道の銘店とのコラボレーション商品や、北海道の食材を使用したオリジナル商品、
ご当地商品が販売されていて店頭から北海道の魅力が発信されていました。
そして今回のキャンペーンで目立っていた点は、北海道内の観光列車の魅力や特急列車などの情報が発信されていて、
ポスタービジュアルなどにも「JR北海道 北海道新幹線H5系」がデザインされていました。
フェアのPRキャラクターには、昨年一昨年に引き続き初音ミクが起用されていました~♪

ミクそのものがデザインされた商品が無かったのは少しもったいなかったですけど、ミクのとっても可愛いかわいい
クリアファイルが先着順ですけど800円以上購入の場合に配布されていたのはとても素晴らしかったです!


027_convert_20190707172237.jpg


初音ミク限定クリアファイルをゲットするためには800円以上の買い物をしなくてはいけないとの事ですので、
昼食のお弁当と北海道焼きタラチーズと富良野メロンサイコロキャラメルでほぼ800円ピタリの金額となりました。

北海道焼きタラチーズはチェダーチーズがかなり濃厚でとても美味しかったです。これはむしろお風呂上りのビールの
おつまみにうってつけなのかもしれないです。
富良野メロンサイコロキャラメルはデザインがサイコロそのもので、すごろく等のゲームをする際にそのまま使えそうです。
サイコロの中に二つメロンキャラメルが入っていますけど、甘くてメロンの香りがじんわりと口の中で溶けて
こちらもとても美味しかったです~♪

富良野メロンサイコロキャラメルのデザインが艦娘の夕張ちゃんだったら、たぶん10個近く大人買いしたのかもしれないです。


026_convert_20190707172218.jpg


NewDays×初音ミク 限定クリアファイルプレゼントキャンペーンですけど、
期間中、税込800円以上お買い上げの人に先着で「NewDays×初音ミク 限定クリアファイル」をプレゼントするというものでした。
ちなみにこの配布キャンペーンは既に終了していますので現在では入手困難です。
第一弾は2019年7月2日(火)~7月15日(月・祝)の期間で、JR北海道×NewDays×雪ミク コラボレーションビジュアル
A4クリアファイルが配布され、
第二弾は2019年7月16日(火)~7月29日(月)の期間で、NewDays×初音ミク コラボレーションビジュアル A4クリアファイルが
配布されていました。  

上記画像は私が第一弾でゲットした雪ミクとJK北海道のコラボクリアファイルです。
ミクもかわいいけど、JR北海道 北海道新幹線H5系もデザインされているのがポイント高いと思います。

それにしても改めてですけどミクはとってもかわいいですよね~♪

私は自他ともに認める大のポニーテール好きですけど、ミクを見てしまうと
やっぱりツインテールも捨てがたいしとってもかわいいよね~と納得してしまいます。

最近のコンビニコラボの傾向として、アニメ・ゲームのキャラにコンビニの制服を着せてしまうというすてきなイベントが
行われている事も多々あり、その代表的事例は、まどか☆マギカとかご注文はうさぎですか? とか艦これなどだと思います。

New Daysの制服は、正直ほとんど印象・記憶にありませんし全然馴染みがないのですけど、
それでもミクが着ると「とにかく可愛い! めちゃくちゃ可愛い!」となってしまいそうです。


hatune-mikusan_convert_20120820091853.png


ここからは先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、 dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記のNew Daysの制服を着たミクのクリアファイルもとってもかわいかったですけど、
アミグリさんが描かれたミクもクリアファイルに負けないくらい可愛らしさに溢れていると思います。

上記のミクはアミグリさんが2012年8月に描かれた初音ミクです!

ミクの外見的特徴言うと、青緑色の髪、ツインテール・ヘッドセット・ノースリーブの上着にネクタイ・
ミニスカートにローヒールのサイハイのブーツが特徴だと思いますが、
アミグリさんが描かれたミクは、そうした特徴を見事に捉えられたとってもかわいいミクだと思うのですけど、
やはりそこには「アミグリワールド」が見え隠れしておりまして、
他の絵師様に比べて長めに描かれたツインテールや
このミクが描かれた2012年というのは、アミグリさんにとっては「淡い色彩の時代」と重なっている個ともあるのですけど、
はっきりとメリハリをつけたミクではなくて
あえて淡い色彩感覚で仕上げられていて、その淡さが素敵なファンタジー感を生み出しているように感じられたりもします。


hapiba-gumichan!!_convert_20140323164234.png


続きまして、アミグリさんが2014年3月に描かれたGUMIちゃんです!

ボーカロイドキャラには、ミクの他にも、ルカ様・リン・ゆかり・りおん・MEIKO・GUMIちゃんなど素晴らしいボカロキャラが
いますけど、 世間の一般としては、
ボーカロイドは初音ミクしか存在しないとかミク一人でボーカロイド全体を支えているみたいに誤解をされている方も
たまーにいたりもするのですけど、ミク以外にも素敵なキャラはたくさんたくさんいますので、
是非一度CD等でボーカロイドキャラたちのあの人工的な美しい歌声に耳を傾けて頂ければと思います。

今年に入って当ブログではたくさんの東方MMDをレビューさせて頂きましたけど、あの中ではミクと同様に多かった
楽曲がGUMIちゃんオリジナル曲だと思います。

アミグリさんが描かれたGUMIちゃんは大人っぽい雰囲気がとても魅力的だと思います。
黄緑色のウェーブがかかった髪の毛が大変印象的です。
GUMIちゃんは既にVOCALOID1~VOCALOID4まで版が出ているのですけど、
アミグリさんが上記で描かれたGUMIちゃんはオレンジの袖なしのジャケットに頭のゴーグルという雰囲気から考えて
もしかしてVOCALOID2の方なのかな・・?とも思ったりもします。
GUMIちゃんというと片思いの女の子をすてきに応援している女の子というイメージも私の中にはあったりもしますけど、
アミグリさんが描かれたGUMIちゃんは、そうした片思いの女の子に「私も頑張るから、みんなも頑張って~」と
すてきにエールを送っているすてきなお姉さんといった雰囲気も伝わってきていて、
GUMIちゃんの歌と合わせて歌姫みたいなイメージも感じられそうです!

上記のアミグリさんが描かれたミクとGUMIちゃんは、その権利はGUMIちゃんたちの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいGUMIちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
CIMG2970_convert_20190708194157.jpg


「ご注文はうさぎですか??」は2020年にTVアニメ第3期の放送が決定した大人気作品なのですけど、
そのせいかごちうさグッズはフィギュアもかなり充実していて、プライズ系やメーカー正規品がこれまでの所、既にたくさんの
種類の作品が制作販売されています。
その中でも大人気キャラのチノやシャロのフィギュアの充実は眼を見張るものがありますけど、出来れば今後千夜ちゃんの
作品もたくさん出てくれると嬉しいのかも~と感じたりもします。

さてさて、今回レビューさせて頂くごちうさフィギュアは、フリューから登場したココアのセーラー服verです!
このココアのセーラー服verは、夏に相応しい純白のセーラー服であり、見ているだけで「さわやかな初夏の雰囲気」を
伝えてくれていると思います。
片足を上げた軽やかなポージングやチャーミングなウインクなどココアの可愛らしさが見事に再現されていて、
当たり外れの激しいフリューのプライズ系フィギュアとしては、これは大当たりに相応しそうな感じもあります。

箱にはボーダー模様の他にコースターを模したネームや縄のモールドの入ったラインなどが入っていますが、
石畳と木組みの街を舞台としたごちうさの世界観を示唆したものといえそうです。
アニメ版第一話の冒頭シーンもそうした石畳と木の雰囲気の街並みの描写から開始されていますけど、フィギュアの箱から
そうした世界を既に醸し出させている事は本当にすてきな事だと思います。


CIMG2971_convert_20190708194243.jpg


このココアのセーラー服verフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : スペシャルフィギュア~ココア セーラーver.~

種類 : プライズ景品 全1種

サイズ : 約17cm

製造元 : フリュー

発売時期 : 2019年1月

このココアのセーラー服verフィギュアは以前から狙っていたのですけど、先日ようやくとあるゲーセンで無事にゲットする事が
出来て何よりでした!


003_convert_20190113164715.jpg


上記フィギュアはココアのセーラー服verフィギュアなのですけど、実はチノにもそうしたセーラー服verのフィギュアも
既に登場しています。
ご注文はうさぎですか??の世界では、チノの中学校の制服もココアの高校の制服もセーラー服ではないのですけど、
そうしたセーラー服をフィギュアの世界でお披露目してくれる事はとても嬉しいものがありますね~!
チノが通う中学校の制服もとってもかわいいし、ラビットハウスの接客用の制服も素晴らしくかわいいのですけど、
原作の学校制服ではなくて、セーラー服の制服を着用してのフィギュア化というのが上記のチノです!
セーラー服のチノもとってもかわいいものがあると思います!

チノが通う中学校の制服も特に夏服がマリンルックみたいな雰囲気でとてもかわいいし、チマメ隊の残り二人の
制服もとってもかわいくて大好きなのですけど、
チノがこんなにもセーラー服がよく似合うというのなら、チノは今すぐ学校の制服がセーラー服の学校に
転入してもいいのかもしれないですね。

横から見ても後ろから見てもチノのこの青くてふわっ・・とした髪が流れるような感じで、とても美しいものがあると思います!

白のハイソックスもいかにも現役JCさんらしいと思います!


CIMG2973_convert_20190708194312.jpg


話をココアの白のセーラー服verフィギュアに戻しますと、ココアの手を出して「一緒に行こうよ!」という雰囲気を
感じさせるデザインがココアらしい元気さを表現していると思います。

造形として帽子と胸下にあるリボンもとても細かい仕上がりで感心させられるものがあります。

シワ造形こそ少な目ですけど、ココアの白のセーラー服も、かわいらしさと清楚な雰囲気に満ち溢れていると思います。

ココアのウインクの表情もとてもキュートですね!


011 (299x450)

012 (299x450)


振り返ってこちらに手を差し伸べるシーンが思い浮かぶような動きのあるいいポーズだと思います。

上記のチノのセーラー服verもそうでしたし、このココアのセーラー服verも共通している事は、まるで海兵隊の水兵さんが
被っているかのようなマリンルックの水兵帽を被っている事で、
なんとなくですけど、二人とも学校の制服というよりは海軍士官学校の生徒さんみたいな雰囲気も多少は感じられそうです。


013 (299x450)


ココアの後姿です!

後姿だけを見るとなんだか艦これっぽくも見えそうですし、ハイフリっぽくも見えたりしそうですね~

セーラー服のマリンルックの襟がとてもよくお似合いだと思います。


CIMG2977_convert_20190708194348.jpg


このココアはとってもかわいいですし、ココアはセーラー服もとってもよくお似合いのJKさんである事がよく分かりますね~!

白基調のとても爽やかなセーラーですし、初夏の海が似合いそうです!

風になびくセーラー服がとてもかわいくて、帽子やリボンに細かく模様が描かれ大変丁寧に造型されていると思います。
目立つ色のはみ出しもなく良好な仕上がりですし、リボンと左肩にある金色の模様もとても美しいです。

プライズ系としてはとても良く出来たフィギュアですし、当たり外れが大きいことでは定評のあるフリューの商品としては
大成功の範疇に入ると思います。

ご注文はうさぎですか??の第一期のアニメでも、台風接近のためシャロたちが帰宅できないため、やむなく
ラビットハウスにみんなでお泊りした回の中で、ココアがチノの通う中学校の制服をコスプレしたシーンがありましたけど、
ココアは高校生なのですが、あの時のココアは本当に中学生っぽい雰囲気に溢れていたと思います!
もしもですけど、チノの通う中学校の制服がこんな感じのかわいい白のセーラー服だったとしたら、
ココアは多分その白セーラー服をコスプレしたのかもしれないですし、このフィギュアはそうした場面を想定したような
立体化商品なのかもしれないです。

そしてこうしたセーラー服系の制服をココアとチノの二人がお揃いで着ると、この二人はなんだか本当の姉妹っぽくも
見えたりしそうですね。
ココアは年の離れた兄と姉がいて、ココア本来は妹キャラなのですけど、ココアは実は大のシスコン設定でもあり、
アニメ版第一話でも、出会ってまだ数分程度しか経過していないはずなのに、ココアはチノに対して
「お姉ちゃんと呼んで!」と迫っていたのは、ココアの「かわいい妹が欲しい~!」というシスコン振りが見事に提示されていた
シーンでもありました!


CIMG2979_convert_20190708194439.jpg


風になびくセーラー服が可愛いココアだと思います!

帽子やリボンに細かく模様が描かれ丁寧に造られていて、胸のリボンと帽子にもには細かな金糸の刺繍が施されているのが
大変印象的でもあります。


CIMG2978_convert_20190708194414.jpg



ウィンク顔がかわいいですね~!

瞳は紫色というのがココアの基本設定だと思ったのですけど、このフリューフィギュアではなぜか碧眼になっているのも
その意外性が楽しいと思います。

白基調のとても爽やかなセーラー服は初夏の海がお似合いだと思いますし、この季節にふさわしいフィギュアだと思います!


縺斐■縺・&_convert_20181225172049


「ご注文はうさぎですか??」というと、2017年公開の映画も素晴らしかったですけど、2018年秋にごちうさファン待望の
告知がなされています!

ご注文はうさぎですか??は2020年にTVシリーズ第3期が制作されることが発表され、更に嬉しい事に
今年・・2019年には新作OVAが発売されることも合わせて明らかとなりました。

これはとても楽しみですし今から期待でワクワクしちゃいそうですね~!


nase-hiroomidesu_convert_20131205165607.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy のアミグリさんのすてきなイラストの
ご紹介コーナーです。

上記にてココアは実はすてきなシスコンと記させて頂きましたけど、アミグリさんが2013頃によく描かれていた
「境界の彼方」に登場する名瀬兄妹も、お兄ちゃんの方が妹をとてつもなく溺愛するシスコンでもありました~

そんな訳で、アミグリさんが2013年12月に描かれた「境界の彼方」より名瀬博臣です。

「境界の彼方」は美少女のファンタジー系なのかな・・?という第一印象を持ってしまいがちなのですけど、
実際は異界士と呼ばれる異能者が人に害を及ぼす妖夢と戦うダークファンタジーです。

当ブログでも何度かアミグリさんが描かれた「境界の彼方」の素晴らしい長髪美少女の名瀬美月を転載をさせて
頂きましたけど、名瀬博臣は美月の兄でもあります。
そして美月大好きの大変なシスコンでもあったりします。
極度の冷え性であるため夏であっても常にマフラーを巻いており、そのマフラーを使って戦うこともあるそうです。

アミグリさんが描かれる名瀬博臣は、マフラーがとてもよくお似合いのクールな美男子だと思います!

全体に漂う知的な雰囲気に端正な甘いマスクは、同性の私が見ても思わず見とれてしまうほどのイケメンさんだと
思います!
美月と一緒にいると兄妹なんだけど、美男美女の理想的な組み合わせに見えてしまうほどですね!

そしてアミグリさんの「 dream fantasy 」でも
当ブログでも男性キャラのイラストを掲載させて頂く事は非情に稀有で珍しい事でもありますので、
上記の名瀬博臣のイラストは大変貴重と言えると思います。


mi-tu-ki!!!!_convert_20131220170104.png


続きまして同じく「境界の彼方」から、名瀬博臣の妹の名瀬美月ちゃんです!

アミグリさんが描かれるこの名瀬美月はとてもかわいいです!

かわいい言うよりは「これぞ美少女!」と言う雰囲気に満ち溢れていると思います。
見た目はおとなしそうな印象が強いのですけど、実際は策略家で毒舌でサディスティックな面があるという
そのギャップが大きな魅力なのだと言えるのかもしれないです。

セーラー服・清楚な雰囲気・ロングの黒髪・つぶらな瞳・というまさに美少女の要素が全て揃っているのにも
関わらずあのサディスティックさとのギャップが大きな魅力なのですけど、
このアミグリさんのイラストからは、そうした毒舌っぽい要素よりは、
むしろ全然サディストじゃない、サディスト風味の可愛いツンデレさんのように感じさせてくれるいると思います。
くこの黒髪ロングの美少女・美月が素晴らしいですし、アミグリさんが描かれた「黒髪ロング」を代表する
素晴らしき作品だと思います。

とても素晴らしい美少女の美月だと思いますし、私はこのアミグリさんが描かれた美月ちゃんは大好きです!

上記のアミグリさんが描かれた名瀬兄妹は、名瀬兄妹の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しい名瀬美月を描く人のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!



今年・・2019年はアニメ「プリパラ」放映開始5周年でもあります!

そして先月なのですけどアニメ「プリパラ」シリーズの放送開始5周年を記念したビジュアルが公開されていたりもします。
その記念ビジュアルとして、アイドルチーム「SoLaMi SMILE」の真中らぁら、南みれぃ、北条そふぃの3人が描かれて
いたりもします。
5周年記念ビジュアルには、胸元のリボンやシューズに「5」の数字をあしらったサイリウムコーデを身につけた
らぁら・みれぃ・そふぃの3人が、シリーズ開始当時に発表された最初のキービジュアルと同じポーズで描かれ、
併せてらぁらをモチーフにした5周年ロゴもお披露目されています。

「プリパラとはなんですか・・? 」とプリパラをご存知ない方もいらっしゃると思いますのでその概要を一言で言うと、
仮想世界のアイドルテーマパーク「プリパラ」を舞台にしたアイドルとしての女の子たちの成長物語をメインテーマにした
ゲーム&アニメ化作品です。
2014年7月にテレビ東京で放送を開始したアニメ「プリパラ」は、同名のアミューズメントゲームと連動して展開された作品です。
誰でもアイドルになれるテーマパーク「プリパラ」を舞台に、主人公の真中らぁらをはじめとする個性豊かなアイドルたちが、
チームを結成しトップアイドルを目指して切磋琢磨する姿を描いていきます。
2017年4月には新キャラクター・夢川ゆいとらぁらのダブル主人公による「アイドルタイムプリパラ」がスタートし、
2018年3月までオンエアされていました。

そしてこのプリパラの凄い点は、プリパラのアニメ本編とその続編のアイドルタイムプリパラは既に放映完了しているのに
いまだにグッズ販売も堅調で、おもちゃ店でもいまだに普通にプリパラ関連グッズが販売されていて、
その人気の高さが窺う知る事ができます。

冒頭のイラストはdream fantasyのアミグリさんが、
先月・・2019年6月に描かれたプリパラのトライアングルです。
アミグリさんのお言葉によると、
「以前描いたぴのん、かのん、じゅのんで集合絵を作ってみました。
ずっと前から集合絵を作ってみたかったので、やっと作れて満足です(*´ω`*)」との事ですけど、
このトライアングルの3人の揃い踏みとしての集合絵は実は今回が初めて掲載されたものです。
アミグリさんご自身の作品は「dream fantasy」のファンの
皆様ですとすぐにお気付きだと思うのですけど、その作品は単独キャラという事がほとんどですので、こうした集合絵自体が
大変貴重であるといえると思います。

前述の通り、今年の7月がプリパラ放映開始5周年でもありますので、アミグリさんにとってトライアングルの3人の集合絵は
「プリパラ5周年おめでとう~!」という想いもあるのだと思われます。

このトライアングルの3人の集合絵については後半に改めて触れさせて頂きたいと思います。


sorami-sumairu-02_convert_20180318213515_convert_20180318233421.png


続きましてアミグリさんが描かれたプリパラ集合絵の中から、2018年3月に描かれた「ソラミスマイル」の3人の集合絵です。

このソラミスマイルの3人の揃い踏みも集合絵という事で大変珍しくとても意義と価値がある作品だと思います。

上記のトライアングルの3人よりもこの3人の方がお姉さんっぽく感じられるのは、トライアングルの正体は
真中のんという真中らぁらの妹が3人のキャラを演じていて実は同一人物であるという事が大きいのかもしれないです。

みれぃのネコ耳っぽいお団子もらぁらの髪にちょこんと乗ったシルクハットもとってもかわいいものがあると思いますし、
プリパラの中でも王道中の王道のこの三人が勢揃いしたソラミスマイルの集合絵は、とても華やかで
見ているだけでもハッピーな気持ちになれてしまいそうなすてきな集合絵だと改めて感じたものでした。

上記で触れた通り、アミグリさんの絵は、どちらかというとキャラ一人を描く傾向が強い中、
こうした集合絵というか複数キャラを描かれる作品も大変珍しいものがありますので、
そうした意味においても大変貴重な作品と言えるのだと思います。

アミグリさんがこのソラミスマイルを描かれ掲載していた頃が丁度dream fantasy開設10周年という大きな節目でも
ありましたので、ソラミスマイルの3人がアミグリさんに対して「おめでとう! ここまでよく頑張ったね!」と
言われているようにも感じられそうです。
らぁらがメインにでーんと位置していますけど、らぁらの決め台詞でもある「かしこまっ!」と言いたそうな雰囲気もあり、
とにかくこの華やかさが申し分ないと思います。

プリパラ5周年記念ビジュアルにも全く引けを取らない素晴らしいソラミスマイルだと改めて思います!


CIMG0253_convert_20170515015645.jpg

CIMG0254_convert_20170515015731.jpg


プリパラと言うと、真中らぁらとか南みれぃとか東堂シオンも大好きですけど、私が結構好きなのは北条そふぃでもあります~♪

プリパラの北条そふぃですけど、ごく簡単に概要を記しますと・・
真中らぁら・南みれぃと同じ私立パプリカ学園所属し、クール担当とも言えると思います。
9才の頃からアイドルとして活動しており、プリパラの超人気アイドルとして知れ渡っているのが基本設定でもあります。

普段のそふぃはジャージでぐだぁ・・・としがちでポケッとした女の子でもあるのですけど、梅干しを口にした途端に
アイドルとしてのスイッチモードが点火して歌もダンスも天才的レヴェルぶりを見せつけるという感じなのですけど、
あの普段の干物女ぶりとのギャップがまたまた楽しいと思います。
そふぃは梅干しのことを「レッドフラッシュ」と呼んでいて、
梅干しが切れると急に脱力し「ぷしゅ~」が口癖で虚弱体質の干物女と化すという設定はアイドル時の姿との
ギャップがたまらない魅力ですよね!
そふぃは一度梅干しが切れるとプリパラ空間に来ても干物状態のままなのですけど、
梅干しを食べると再びアイドルモードのスイッチが入るというのもとっても面白いと思います。
らぁらの実家である「パパのパスタ」には定期的に「梅干しピザ」なる特注のピザを注文しているのですけど、
それを配達にきたらぁらは、干物状態としてのそふぃを見ても、それがそふぃと全く気付かなかったというのも
楽しいエピソードでした!

上記フィギュアは北条そふぃ・サイリウムコーデを立体化したものです。

黒、白、バイオレットのゴシック調のドレスがとってもそふぃにお似合いだと思います。
この感覚は昔子供の頃におもちゃ売り場で眺めていたリカちゃん人形みたいな雰囲気もあるようにも感じられます。
複雑なシルエットながら、細部の造形やプリントも綺麗に再現されていますけど、この丁寧な造りはさすがっ!という感じです。
とてもセンスがよくていい仕事をデザイナーさんがされていると思いますし、造型師の皆様の仕事ぶりも大変誠実なものが
伝わってきて、こういうアイドル系フィギュアなんですけど、眺めているだけで
どことなく爽やかなものも伝わってくる感じがあります。


toraianguru-03_convert_20190620154908_convert_20190623194225.png


それでは最後に改めてdream fantasyのアミグリさんが
描かれたのぴのん、かのん、じゅのんの3人から構成されるトライアングルの集合絵をご紹介させて頂きたいと思います。
上記のらぁら・そふぃ・みれぃのソラミスマイルの3人の集合絵もとても華やかですてきでしたけど、
ぴのん、かのん、じゅのんの3人も3人揃い踏みの集合絵は更に豪華絢爛さがマシマシになり
とっても華やかで鮮やかだと思います。

この3人の単独イラストは昨年までに全て掲載済なのですけど、三人揃っての集合絵は初めてとの事です。

単独イラストもそれぞれ華やかさとかわいらしさが漲っていてとても素晴らしかったですけど、3人が勢揃いすると
華やかさ・かわいらしさも3倍以上になるのが凄いと思います。
今回描かれたトライアングルの集合絵は「ライブをしているシーン」をアミグリさんとしてはイメージされたとの事ですけど、
そうしたライブとしての華やかさ・躍動感も申し分なく伝わっていると感じます。

上記でも既に触れさせて頂いた通り、ぴのんちゃん・かのんちゃん・じゅのんちゃんの3人は実は同一人物であり、
とある人物が三位一体と言うのか一人三役を見事に演じていて、
そのとある人物のその正体こそが実は、真中らぁらの妹の真中のんであったという事が判明したのは
プリパラの第三期アニメ本編の最終回間際でもありました。
アニメ本編にて、真中のん役の声優さんが結果的にトライアングルの三人の声を演じたという事にもなるのですけど、
声優さんのそうした声の演技も素晴らしいですけど、アミグリさんのトライアングルの集合絵も見ている人に
「実はこの3人は同一人物である」という事を微塵も感じさせないキャラの違いを的確に表現されていて、こちらも声優さん
同様にそのご苦労に心の底から敬意を表させて頂きたいと思います。

改めて3人揃い踏みの集合絵として拝見させて頂きますと、今
回はキラキラ仕様が加わり、背景のアイドル空間的な華やかな雰囲気も加わり、今まさにライブをやっている~!といった
躍動感が見ているだけで伝わってきそうです。

この3人は確かに同一人物ではあるのですけど、三者三様のクールさ・明るさ・かわいらしさが伝わってきていて、3人の個性の違いも一枚の絵の中にぐぐっと盛り込まれているのも素晴らしいと思いました。

上記のアミグリさんが描かれたプリパラ集合絵のその権利は上記作品の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品やオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっている宝石箱みたいなとっても素晴らしいブログです!
皆様の中で「こんなにかわいいトライアングルを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは最後まで本記事を読んで頂きありがとうございました!



昨年のような異様な猛暑ではないですけど、長梅雨と言う事で連日蒸し暑さは感じますね~

この暑さはたぶんですけどあと二ヶ月程度は続くと思いますけど、こうした暑くてたまらないときは
アイスクリームや冷たい飲み物や冷たいおそばでも食べて体を冷やすのも一つの方法でもありますけど、
こういう時には涼しいイラストでも見てひんやりとした涼しい気持ちになって癒されたいものでもあります!

そう思っていたら、先月・・dream fantasyのアミグリさんが
「ぽっかり夢気分♪」と題されたとってもひんやりとした気持ちになってしまいそうな涼しげなオリジナルのイラストを
発表されていましたので、当ブログをご覧頂いてる皆様にも是非ぜひ私が感じたような涼しさを感じ取って頂きたいと思い、
冒頭でそのイラストを転載&ご紹介をさせて頂きました。

冒頭の「「ぽっかり夢気分♪」ですけど、この絵を発表当時にアミグリさんは
「オリジナルでアザラシちゃんを描いてみました(´∀`)
夏らしく涼しげに、グラスに浮かぶアザラシちゃんです♪
癒されていただけると嬉しいです(*^-^*)」と言われていましたけど、
本当にその通りですよね~♪
私自身も先月このかわいいアザラシちゃんの涼し気な様子を拝見させて頂き、瞬間的に涼しさを感じ同時に
癒しを感じたものでした~!

グラスのブルーと白のアザラシちゃんがとても涼し気にひんやりと感じられ、見ているだけで涼んだ気持ちになれそうです。
アミグリさんの絵としては珍しく背景無しという事で、背景が無い分むしろすっきりとした印象を与え、このすっきり感が
涼しさにつながっているのかもしれないです。
グラスのブルーは青色の炭酸ソーダのようにも見えますし、はたまたひんやりとしたゼリーのようにも感じられそうですけど、
どちらにしてもアザラシちゃんがグラスの中で涼しさを満喫しているかのようなほんわかさが伝わってきています。
先月、当ブログにて「アミグリさんが描かれた四季のデデンネ特集」を展開させて頂きましたけど、あの時も
「デデンネのようにまるっこいキャラは見ている人に安心感と癒しを感じさせるよね~」と感じたものですけど、
このアザラシちゃんもまるっこい雰囲気という事もあり、デデンネ同様に安心感・やすらぎ・癒しを感じさせていると
思いますし、青と白の色彩を基調としている事もあり、この涼しいひんやり感もやすらぎ効果をもたらしているといえそうです。

アミグリさんが描かれたアザラシちゃんというと2017年に描かれた
アザラシとうさぎと熊の三匹寄り添いの絵を思い出しますけど、あの三匹の動物の皆様たちもとってもかわいくて
癒し効果があると当時感じていたものでした。


usa-kuma-azarasi-04_convert_20170402145932_convert_20180423205721.png


上記でちらっと触れた「アザラシとうさぎと熊の三匹寄り添いの絵」というのがこのすぐ上のアミグリさんのオリジナル作品です!

このオリジナル作品は、アミグリさんが2017年4月に描かれた「春だね~❀」とタイトルが付けられたものです。

三匹ともとにかくとってもかわいくかわいく描かれていて、見ているだでなんかホッ・・とするというか癒されるものが
間違いなくあると思います!
こうした小さなかわいい動物たちも見ているだけで思わず笑みがこぼれてきそうです!
うさぎというとバニーガールとか擬人化されたうさきちゃんでもお馴染みですけど、アミグリさんの描かれるこのうさちゃんからは
かわいらしさというもののお手本のような雰囲気すら漂っていると思います。
背景のお花畑もとっても癒されそうです~♪
この三匹の中では私のいっちば~ん!のお気に入りはアザラシちゃんです!
「多摩川のタマちゃんみたいでとってもかわいくて大好きですし、冒頭の涼しげなアザラシちゃんと合せてアミグリさんの描かれる
アザラシは見ている人ほほっこりさせる癒し効果があると言えそうですね~!

タマちゃんというのか、このアザラシちゃんたちが気持ちよさそうに川辺でお昼寝してゴロゴロしていそうな雰囲気が
伝わって来ていて、なつかしくもありとてもかわいいと改めて感じたものでした~!





そして上記の「春だね~❀」という作品を見ていて思い出したのが、
アミグリさんが2013年3月に「春ガール」とタイトルを付けられたオリジナル作品です。
そしてこの作品はデジタルではなくてアナログ作品でもあります。
(塗りは色鉛筆によるものです)

この「春ガール」はアミグリさんが3月に描かれたというせいもあるかとは思うのですけど、イラストの至る所から「春」を
すてきに伝えていると思います。
そして女の子の若草色のチョッキやピンクトーンの髪型はすてきな春の色遣いなのだと思います。
東方式に表現すると、リリーホワイトの「春ですよー」をイメージさせたイラストといっても
差し支えは無いほど「春満開」を見事に私たちに伝えていると感じられます。
風にたなびく長髪の髪や春に相応しい新緑をイメージさせるようなモスグリーンのチョッキの雰囲気や
桜を彷彿させる少女の淡いピンク色の髪とか背景のピンク色の花びらなど
至る所に「小さな春」が散らばっているかのようなすてきな作品だと思います。

春らしい色遣いをナチュラルに素朴に伝えていると思います。 この春ガールはアナログ描きの勝利ともいえそうですね~!

女の子の髪が舞っているのはもしかしたらこの日が「春一番」だったのかもしれないですね・・(笑)

内心では「寒い冬が終わってとっても嬉しい! これから暖かくなってきたら衣替えをして家の庭の家庭菜園コーナーにて
なにか野菜を植えてみよう!」みたいな脳内妄想を湧き起こしてくれそうなてすてきな春のオリジナル作品だと思います!


puru-01_convert_20150907175207.png

puru-04_convert_20150907175327.png


続きまして、アミグリさんが2015年9月に描かれた【オリジナル】ぷるぷるゼリー【謎の生物】です!
尚この作品は本来は5枚から構成されていて、ゼリーがスプーンにすくわれていく様子を静画イラストとして
表現されています。
このぷるぷるゼリーの不思議生物のゆるい雰囲気がなんともいえずほんわかとして癒されるものが
あると思います!
この【オリジナル】ぷるぷるゼリー【謎の生物】は、冒頭のひんやりとした白アザラシちゃんの癒し効果と近いものが
ありそうというか、見ているだけで涼しげな気分とほんわかとしたものを感じ取れそうです。

dream fantasyのアミグリさんというと、
東方作品や艦これやアズールレーンやオリジナル作品等で見られるあのとてつもなく精緻で美しい仕上がりで
まるで製図のような仕上がりという印象すらあるのですけど、
アミグリさんの作品の中には「不思議生物」と題されたまんまるのお団子ちゃんとかまんまるの不思議ちゃんみたいなものが
ゆったりと宇宙空間を彷徨っているとか、はたまた謎の涼しそうなクラゲが水中をゆらゆらとのんびり泳いでいるような
作品があったりして、これが見ているだけで不思議な生き物なんだけど見ているだけで
なんか思わずくすっ・・みたいな笑みがこぼれてきそうとか癒されそう・・といった印象をもたらしていると思います。
アミグリさんもたまにですけどこうやって肩の力をふっ・・と抜いたような脱力系の作品があったりして、
これがそんなにしばしば発表される訳ではないのですけど、たまにそうした作品が掲載されると
「あー、なんか涼しくていいねぇ~!」と感じさせてくれるものがあると思います。

上記の「ぷるぷるゼリー」はそうした脱力系の典型的な作品でもありまして、このちょっとヘンな感覚が
とてもかわいいなぁ~と感じてしまいそうです!
ちなみにですけど、上記のぷるぷるゼリーの5枚の漫画を加筆して「動くイラスト」としてpixivに投稿した作品が、
ピンチ!(謎の生物)です!

ピンチ!(謎の生物)

上記の静画のイラストだけでは「ゼリーのなかにゆるい不思議生物がいるのかも・・?」みたいな雰囲気に留まるのかも
しれないのですけど、
こうやって実際に動いているゼリーの中の不思議生物ちゃんを拝見させて頂くと、
「青の謎の生物は、食べられる前にするりと逃げてしまった・・」というアミグリさんの意図が正確に伝わってくると
思います!
この「動くイラスト」はアミグリさんのアニメ作品と換言出来るのかもしれないです。

出来れば是非pixivでのアミグリさんの動くイラスト「→ピンチ!(謎の生物)」も
ご覧頂ければ幸いです!

上記のアミグリさんが描かれたオリジナル作品とpixivに掲載の不思議生物の動くイラストの
その権利は上記の作品の絵師様であるアミグリさんに全て帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます。

皆様の中で「こんなに癒されるオリジナル作品描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは皆様方も、これから当面続きそうなこの暑い夏を乗り切っていきましょう!
ゲーム本編としての「ポケットモンスターシリーズ」はとにかく息の長い大変な人気ゲームですよね~!

一般的に「ポケモン」というとなんとなくですけど、ピカチュウとかテレビ東京で放映されているアニメとしてのポケモン
というイメージもあるのかもしれないですけど、
ゲーム本編としてのポケモンシリーズの立ち位置で眺めるとアニメ作品は、「アニメ版ポケットモンスター」、略してアニポケは、
任天堂のゲームソフト「ポケットモンスター」シリーズを原案とするアニメと言えると思いますし、
あのアニメは主人公サトシとその相棒のポケモン、ピカチュウ、そのピカチュウを狙うロケット団(ムコニャ)が
主な登場キャラクターであると言えます。
そしてゲーム本編としてのポケモンは既に七つのソフトがリリースされていて初代ソフトから7代目まで
出ているという事はポケモンが幅広い世代に愛され支持され続けている何よりの証しと言えるのだと思います。

dream fantasyのアミグリさんはポケモンキャラとしては
デデンネがいっちば~ん!のお気に入りとの事で、
dream fantasyにおいても
とてもかわいいデデンネを過去に何度も掲載されています!
アミグリさんが描かれるデデンネはまんまるっこい雰囲気がとてもかわいくて、見ているるだけで癒されると思います。
あのかわいくて癒される雰囲気は、アミグリさんが時折描かれるオリジナルのまるっこい不思議生物を彷彿とさせ、
みるだけで「かわいい~っ!」と感じてしまいます。

デデンネについて改めて簡単に説明させて頂きますと、デデンネはポケモンに登場する電気ネズミ族のキャラの一人です。
その初登場はポケットモンスターXYですので、6世代目のポケモンキャラと言えると思います。
デデンネは史上初のでんきタイプ兼フェアリータイプのポケモンで、電気袋を持つポケモンの中では最も小さいです。
また、電気袋組で唯一ひげが生えていて顔と胴体の幅がほぼ等しいのでかなりずんぐりむっくりしています。
だけどそのずんぐりむっくりがあの独特のまるっこい癒しかわいい雰囲気を醸し出しているのだと思います。
やはり人というものはまんまるなものとかずんぐりむっくりなものに安心感を感じてしまうのだと思いますね~!
アニメでは3話で初登場し、その後仲間入りを果たし、
ヌメラが仲間入りしてからは、臆病なヌメラを守るためにたった1匹でロケット団に立ち向かうなど
非常に勇敢な面も見せるようになり、ロケット団襲撃によって仲間とはぐれた時にはアンテナから電波を送受信できる事を生かして離れたピカチュウと連絡を取り合ったり、ユリーカの指示を聞いてバトルも行ったりするなど一定の活躍を見せています。

そして何よりもこのまるっこくて癒されるような雰囲気はとにかくとってもかわいいと思いますし愛くるしいと思います!

前述の通りアミグリさんはポケモンキャラとしてはデデンネがいっちば~ん!のお気に入りとの事で、
かなり以前よりデデンネを何度も掲載されています。
本記事におきましては、dream fantasyのアミグリさんが
2019年5月に掲載された「季節のデデンネ」という1月~5月までの季節感溢れる計12作品のデデンネをベースに、
ここに更に+αという事で、夏と秋のデデンネも追加転載させて頂き、ここに春夏秋冬という四季のデデンネを皆様に
是非ご覧頂きたいと思います。
そしてここから感じ取れるのはアミグリさんのすてきなデデンネ愛なのだと思います。



inosisi-dedenne-04_convert_20190510212928.png


まず初めに2019年5月に描かれた「12枚の季節のデデンネ」の中から、1月のお正月にちなんで
「イノシシの着ぐるみを着たデデンネ」です!

今年の干支はイノシシですので、イノシシとデデンネをとってもかわいくコラボさせた新年の幕開けにふさわしいデデンネと
言えると思います!
イノシシというと猪突猛進といって向こう見ずに突き進むとか乱暴に強引に目的物を強行突破するといった荒っぽいイメージも
ありそうですけど、このイノシシデデンネはそうした荒っぽさは微塵も感じさせず、
どことなくブーちゃんみたいな雰囲気を感じさせるかわいらしさの方が勝っていると言えるのだと思います。


onidede-01_convert_20190510213132.png

続きまして同じく2019年5月に描かれた「12枚の季節のデデンネ」の中から、2月の節分にちなんで
節分の鬼の格好をしているデデンネです。

鬼というとおっかないとか乱暴者というイメージもありますし、東方でおっかない鬼というと星熊勇儀姐さんなのかも
しれないですけど、アミグリさんが描かれた鬼の恰好のデデンネは、鬼は鬼でもロリロリ幼女みたいな萃香とか
紅魔館のおこちゃま吸血鬼のレミリア様のようなイメージに近いのだと言えそうです。

まるでドリフターズの高木ブーの雷様みたいなお茶目な雰囲気に溢れていると思いますし、
頭のモフモフの鬼のかつらと角のコスプレがとってもあいくるしいと思います。
この恰好でデデンネが「鬼が来たぞ~がぉ~」とか言っても周囲の人たちはそのかわいらしさにくすっ・・となってしまいそうです!


dedetainde-01-de-de!!_convert_20160214171307.png


2月のイベントは節分もそうですけどバレンタインというすてきなイベントもあったりします。
そうした関連で上記の作品は、アミグリさんが2016年2月に描かれた「デデンネにチョコをあげてみた」と題された
とってもかわいいテデンネです!

アミグリさんがバレンタインにテデンネにチョコをプレゼントしてあげて、テデンネがそれを貰って嬉しそうに
もぐもぐと食べているシーンが目に浮かびそうな3コマだと思います。
チョコをいっぱい食べたらなんだか眠たくなってしまい、アミグリさんにひざまくらして貰ってすやすやと爆睡しているような
微笑ましい雰囲気が伝わってきて、見ているだけで
「デデンネ~アミグリさんからチョコ貰えてよかったねぇ~!」と声を掛けたくなるようなハッピー感に溢れていると思います!!

デデンネのまるっこい雰囲気に心から癒されますし、やっぱり人ってまるっこいものを見るとなんだか安心してしまうという
感じなのかもしれないですね~


dede-howaito_convert_20190510212619.png

続きまして同じく2019年5月に描かれた「12枚の季節のデデンネ」の中から、3月の春到来にちなんで、
「春ですよ~」でお馴染みの東方の春告精のリリーホワイトのコスプレをしているデデンネです。

このリリーホワイトコスプレのデデンネを最初に見た時は思いっきり意表をつかれたものですけど、そうした意外性のコラボ
というのも見ているだけでとっても楽しいものがあると思いますし、思わずくすくすっ・・となってしまいそうです。
リリーホワイトは咲夜さんが小瓶に生け捕りにしようと考えたくらい小さい妖精なのですけど、ちょっとぽっちゃりの
まるっこいデデンネが幻想郷の皆様たちに「春ですよ~」と告げに廻るのもなんだかとても楽しいものがありそうですし、
かわいらしいものがあると思います。

リリーの背中の羽や頭のピンクの三角帽子もデデンネによくお似合いですし、リリーホワイトは満面の笑顔で
「春ですよ―」と言って廻りますけど、デデンネがリリー同様に満面の笑顔で春を告げに廻っても全然違和感がないですし、
両者に共通する事はあいくるしさ・かわいらしさ・笑顔なのだと思います。

sakura_dedenne-01_convert_20190510213212.png

sakuradede-03_convert_20190510213236.png
sakura-dedenne-022_convert_20190510213301.png

続きまして同じく12枚の季節のデデンネから、桜デデンネその1~その3の連作作品です。

当ブログでも4月に「桜ミク」という初音ミクの桜仕様のとっても幻想的で美しいミクのフィギュアをレビューさせて頂きましたけど、
アミグリさんが描かれた桜デデンネは可愛い中にもミク同様に桜の美しさというモチーフが存分に発揮されていて、
3~4月の桜の開花~お花見~満開という日本人のすてきな季節感をデデンネをモチーフにかわいく同時にしっとりと
描かれていると思います。

桜の花びらがひらひらと舞い落ちるのを優雅に楽しむデデンネもすてきですし、桜の香りを風流に楽しんでいるデデンネも
「やっぱり日本のアニメキャラらしいね~」と感じさせてくれるものがあると思いますし、
「花より団子」というよりはアミグリさんの描かれるデデンネからは「団子よりも桜!」というデデンネの風流で粋な気持ちも
感じ取れ、桜と言う春の季節にふさわしい素晴らしい季節デデンネを大変立派に表現されていると感じたものでした。

e-star-dedenne-02_convert_20190510212659.png
e-star-dedenne-03_convert_20190510212733.png
i-suta-dedenne-01_convert_20190510213012.png

続きまして同じく2019年5月に描かれた「12枚の季節のデデンネ」の中から、4月のイースター(復活祭)にちなんで
アミグリさんが描かれたイースターデデンネその1~その3の連作作品です。

イースター(復活祭)は、クリスマスやハロウィン、バレンタイン等に比べると日本では今一つ浸透していないのかも
しれない欧米の風習なのですけど、イースターというと思い浮かぶのは
復活祭に出される彩色や装飾を施されたゆで卵というイースター・エッグとイースター・バニー(復活祭のウサギ)という
ウサギをかたどったチョコレートですね~
ちなみにウサギは多産なので豊穣の象徴であるとも言われているそうです。

アミグリさんの描かれたイースターデデンネも、まるで東方のうどんげちゃんを彷彿とさせるようなうさ耳がとっても
かわいいですし、カラフルなゆで卵を手に取っていたり、そうした装飾が施されたたくさんのゆで卵に囲まれているデデンネも
愛らしさに溢れていると思います。
デデンネ自体も丸っこいから、卵に囲まれているとなんだかデデンネ自体が卵に見えてしまいそうですね~(笑)

koinoborine-01_convert_20190510213107.png

続きまして同じく2019年5月に描かれた「12枚の季節のデデンネ」の中から、5月の節句にちなんで
こいのぼりデデンネです!

このこいのぼりデデンネは文句なくかわいいです~!

表情がそれぞれ異なる三体のデデンネがいるという感じなのですけど、デデンネはお顔や全体がまんまるですので、
なんだか20世紀末の頃のみんなの歌で一時期大流行した「だんご三兄弟」みたいな雰囲気に近そうです。
そして見方によっては三体のこいのぼりによってだんごのようなデデンネが食べられてしまいそう~みたいな雰囲気もあり、
見ているだけでとてもハッピーな気持ちになれそうです!

kasiwamochidede-01_convert_20190510213037.png

続きまして同じく2019年5月に描かれた「12枚の季節のデデンネ」の中から、5月の節句にちなんで「柏餅デデンネ」です!

上記のこいのぼりデデンネはなんだかだんご三兄弟みたい~と記させて頂きましたけど、このイラストは
デデンネが本当に柏餅になってしまいました~!(笑)
葉とお餅に挟まれたのが餡子なのですけど、餡子の役割を担っているのがまんまるのデデンネというのもとってもよくお似合い
だと思いますし、こんなにお茶目でかわいらしい柏餅だったら、とてもじゃないけど食べるのが勿体無いのかも~という事に
なってしまいそうです。

こうやって見てみるとデデンネはアミグリさんが時折描かれるオリジナルのまんまるの謎の不思議生物によく似ていると
言えるのかもしれないですね。
そして改めて人というものはまるっこいものに安心感と癒しを感じるという事なのだと思います。


1bankuzi-dedenne-001_convert_20180624162406_convert_20180824184836.png


続きましてのデデンネは、アミグリさんが2018年6月に描かれた「梅雨のデデンネ」です。

掲載当時のアミグリさんのコメントとして「雨が上がって喜んでいる様子のデデンネを描きました!」との事ですけど、
まさにそうした雰囲気が満開ですよね~!
「雨がやんだー、そして虹がでたー!」と喜んでいるデデンネのこの笑顔に思いっきり癒されそうです!

デデンネが着用している大きめの蝶ネクタイもデデンネにとってもよくお似合いだと思います。
傘をさしていないのは雨があがった~もしかして梅雨明けなのかな・・?というデデンネの気持ちの表れなのかも
しれないです。

この作品を掲載されていたのは6月というまさに梅雨真っ盛りの頃でもありますので、6月のモチーフとしては
最適の題材だったと言えると思いますし、四季の中では初夏の頃のデデンネといえるのだと思います。


tuyu-dedennne-07_convert_20190514120729.png

上記のたくさんのデデンネは、「梅雨のデデンネ」と同じ記事内で掲載されていた梅雨をテーマにした
デデンネの全員集合の絵です。
アジサイや雨模様は梅雨の光景そのものですね。

そしてこの全員集合の絵には、レインコートを着ているデデンネやカタツムリデデンネやてるてる坊主のデデンネや
カエルの着ぐるみを着たデデンネがいます。
レインコートデデンネはレインコートを着ているピカチュウを参考にしつつ描かれたとの事です。
そしてレインコートデデンネの中には「雨があがってよかった~」と喜んでいるデデンネもいたりもします。
どのデデンネにも意外性があったとても楽しいですし、カエルデデンネは東方の早苗さんだったら
「私もこの着ぐるみ着てみたいのかも~」と言われるのかもしれないです。
私的にはこの集合絵の中では特に「なにこれかわいい~!」と感じさせてくれているデデンネはてるてる坊主デデンネです!
このてるてる坊主デデンネに「明日は晴れますように!」とお願いしたら、本当に翌日は快晴になりそうな雰囲気があるようにも
感じられます。


31-dedenne-001_convert_20160630173438.png


そして季節は本格的な夏へと向かいます。

そして夏と言うと最近のあの酷暑を思うと、ついつい食べたくなってしまうのはアイスクリームなのだと思います。

上記の「デデンネはアミグリさんが2016年7月に描かれた作品です。

上記のイラストをご覧になった方の中には「なんでここにサーティワンアイスが出てくるの・・?」と思われるのかも
しれないですけど、
2016年のポケモン総選挙720で、デデンネが31位になったので、おめでとう!ということで描きましたとの事なそうです!

これはなかなか楽しい作品ですね!

31→サーティワン → サーティワンのアイスというアミグリさんのちょっと粋で楽しい発想がとてもすてきだと思います!

複数のデデンネの表情がまたまたバラエティーに富んでいて、どのデデンネもとっても可かわいいです。
そしてこのデデンネの表情からも「31位、自分おめでとう~!」と言っているようにも感じられますし
「サーティワンのコーンカップのアイスが食べたいよ~」と言っているようにも感じられそうです。

真夏とデデンネという事でアイスクリームをモチーフにされた夏らしくて涼しげな作品だと思います。


haroulin-dedenne-01_convert_20151011221742.png


そして季節は夏が終わり秋へと向かいます・・

上記のデデンネは、アミグリさんが2015年10月に描かれた「【ポケモンXY】デデンネ【ハロウィン】 」とタイトルが付けられた
ハロウィン仕様のテデンネです!

このデデンネも文句なしにかわいいですね~!

ハロウィンというと「イタズラするかごちそうするか・・」という感じでもあると思うのですけど、このデデンネは
まさしくイタズラする方なのかもしれないですね・・(笑)
ハロウィンのあの帽子もかわいいですし、ハロウィンというと馴染みのかぼちゃに乗っかっているデデンネがこれまた
とってもかわいいと思います。
背景のお菓子もとってもいい味わいを醸し出されていると思います。


xmas-dedenne-2015-02_convert_20151214165945.png


そして季節はいつのまにか冬に向かい、クリスマス~師走という年末へと向かいます。
こうして四季のデデンネという事で振り返りをさせて頂きますと、一年というものは本当にあっという間だよね~と
感じずにはいられないです。
冒頭のデデンネがお正月という事で干支のテデンネでありましたから、春夏秋冬は巡り巡るものであり、四季の繰り返しが
人の一生なんだなぁ~としみじみと感じたりもします。

上記のクリスマス仕様のデデンネはアミグリさんが2015年12月に「クリスマスイラスト」の一つとして描かれた作品です。

サンタのプレゼント入れみたいなブーツもとってもクリスマスらしい雰囲気が出ていますし、
そこからひょいと顔だけ出しているデデンネがとってもとってもかわいいと思います。

かわいい女の子のサンタさんもすてきですけど、こういう可愛いデデンネでのクリスマスというのも大いにありだと思いますね!

聖夜の晩は子供たちが「サンタさんは今年のクリスマスプレゼントはどんなものを用意してくれるのかな?」と
ワクワクしながら眠りについていると思うのですけど、
子供たちが準備したクリスマスブーツにデデンネが入っていたとしたら、それはとってもすてきなクリスマスプレゼントに
なりそうですね~(笑)


xmas-sanaesan-001_convert_20171221161810_convert_20171222164307.png


続きましてアミグリさんが2017年に描かれた「クリスマス早苗さん」にテデンネとコラボされた
早苗さんとデデンネのクリスマスです!

早苗さん単体でもこんなにも可愛いし、デデンネだけでもかわいいのに、このかわいい両者がこんなすてきに
コラボしちゃうと可愛さも2倍! いやいや可愛らしさも100倍UP!!という感じですね~!
サンタコスプレのデデンネとクリスマスツリーコスプレのデデンネとデデンネが二つも描かれているのが大変心憎い
サービスですよね!

早苗さんは本来は「緑の巫女」という事で緑を基調とした巫女服を着ているのですけど、この時は赤色をベースにされていて、
まるで霊夢のような早苗さんという感じも漂っていて、
クリスマスとしてはこれ以上すてきな早苗さんはありえないっ!と感じさせるほど可愛らしさが伝わってきていると思います。
白のモコモコもとてもよくお似合いだと思います。

とにかく早苗さんもデデンネもどちらもとてつもなくかわいいと思います!


santa-dedennne-0223_convert_20181223173721.png

tonakai-dedenne-01_convert_20181223175427.png

suke-todede-01_convert_20181223173747.png


そして上記のクリスマス早苗さんとデデンネのコラボ作品の一年後に描かれたのが「メリクリデデンネ2018」です。

上から、サンタデデンネ・トナカイの着ぐるみを着たデデンネ・スケートデデンネです。

マフラーをしてスケートをしているデデンネもその意外性がとても楽しいですし、
笑顔満開のサンタデデンネの底抜けの明るい笑顔に思いっきり癒されそうです!

サンタやトナカイの着ぐるみのテデンネはどことなく着ぶくれしていそうにも感じるのですけど、テデンネは元々が
まんまるさんでもありますので、むしろこうしたちょっとぽっちゃりな所がとてもお茶目でチャームポイントなのだと改めて
感じさせてくれました。


dedenne-utae-02_convert_20151115133317_convert_20170921233203.png


本来は上記の冬のデデンネで終了なのですけど、あと一枚だけご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のアミグリさんが2015年11月に描かれた「歌うテデンネ」は季節感というカテゴリから外れてしまうため四季のデデンネ
としては対象から外れてしまったのですけど(汗・・)
このテデンネが気持ちよさそうに歌っている姿がみていてもとても心がなごむものがありますので、最後に
アンコールという形でお披露目をさせて頂きたいと思います。

なんとなくですけど、NHKの「のど自慢 ポケモン編」にてテデンネが気持ちよく歌いまくって、見事に合格の鐘を
鳴らしているようにも感じられそうですし。
このテデンネがうっとりと歌っている様子がめちゃくちゃ可愛いと思います!

さてさて・・デデンネが歌っている曲は何なのでしょうか・・?
やっぱりアニソン系なのかな・・??
ちなみにですけど、アミグリさんの脳内妄想(?)によると、ポケモンXY]のエンディング曲だった
「ガオガオオールスター」ではないか・・?との事でした・・(笑)

それとpixiv掲載作品ですけど、歌うデデンネ♪ は動いているデデンネが掲載されていますので、
これは大注目ですよ!
動いているデデンネはとっても可愛いですね!

→ 歌うデデンネ♪

上記のアミグリさんが描かれたデデンネは、デデンネのイラストの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも癒されかわいいデデンネを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!

アミグリさん、これからも癒しかわいい愛され上手のテデンネを描き続けて頂きたいと思います!



カードバトルアニメというと言うまでも無く「ヴァンガード」という事なのかもしれないですけど、
ヴァンガードはどちらかというと登場人物が男の子ばかりで、私はそうした男がメインのアニメ等を見ることはほぼ
皆無ではあるですけど(汗・・)
可愛いかわいい美少女たちがとにかく覚えきれないほどたくさん登場する美少女カードバトルアニメというと
「ファンタジスタドール」というすてきな作品を思い浮かびます。
というか・・うずめの仲間のドールだけでも5人のドールがいるのに対戦相手のドールも増えるばかりでモブキャラを含めて
とてもじゃないけど全員覚えきれるわけないかもしれないです・・(汗)
新キャラの登場ペースも凄まじく早く、1~2週見逃したら「おまえは誰だ~!?」というキャラばかりのようでもあります。

本記事はそのファンタジスタドールの主人公の鵜野うずめが2014年にセガから登場していたプライズ系フィギュアについて
簡単にレビューさせて頂き、
ファンタジスタドールで登場していたキャラの皆様をアミグリさんも2013年前後に集中して描かれていましたので、
アミグリさんが描かれたファンタジスタドールのキャラから4人を改めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。


010_convert_20190411163904.jpg


「ファンタジスタドール」は2013年夏に放映されていたアニメ作品です。

このアニメの概要を簡単に記すと・・・

中高一貫の聖悠学館に通うごく普通の中学生・鵜野うずめは、ふとしたことから正体不明の機械・ユークリッドデバイスを
手に入れ、ファンタジスタドールと呼ばれる少女たちのマスターに選ばれてしまい、
5人の個性的なドールたちと契約し、 さまざまな武器やコスチューム、特殊イベントのカードを組み合わせて
戦っていかねばならなくなります。
そうしたドールたちと共に戦い時には笑い合ったり喧嘩したりしながらうずめの成長とうずめとドールたちの絆を描いた
作品と言えると思いますし、
一言で概要を述べると、人化する謎のカードを巡って女子中学生達が戦うカードバトルアニメと言えると思います。

うずめの5人のドールとは、カティア・ささら・しめじ・小明・マドレーヌです。
(後述しますけど、アミグリさんが描かれたドールはカティア・しめじ・小明です)

うずめは小学生時代はTカード大会で優勝を重ね「タナセの白い稲妻」と呼ばれた強豪カードバトラーでもあったのですけど、
カードゲームがあまりにも強すぎて周囲から浮いてしまい、お友達を何人も失った事がトラウマとなり、
カティアちゃんたちと出会うまではカードゲームから遠ざかっていたという背景もあったりします。
性格はどちらかと言えば内気で、はっきりと拒否の意思を示せない気弱な面も多々あり、
小学生時代はともかく、中学生のうずめはちょっと頼りない普通のその辺にでもいそうな中学生という感じでもあります。

「ファンタジスタドール」のドールの皆様は基本的にはただのデータに過ぎず、
使用者には絶対服従であり、用が済んだら簡単に捨てられる運命にあり、
うずめと契約している5人のドールたちは全員一度はマスターから用済みとして捨てられた過去を持っていて、
その結果としてマスターに忠誠を誓うことは必ずしもベストな選択ではないという事をドールたちは骨の髄まで認識しています。
前述の通り、うずめは基本的には平均点以下の普通の女の子です。
ドールたちは、当初の頃はうずめを新しいマスターとして受け入れることができません。
そうした背景の中で、マスターとドールの関係は本来どうあるべきなのだろうか・・?
ドールにとっての本当の幸せとは何なのだろうか・・?という結構難しいテーマも内在していたような感じのアニメでも
あったりします。
ちなみにですけど、カティアちゃんたち5人のドールを手放し捨てた元のマスターとは清正小町であるのですけど、
この清正小町の真の意図とか物語の最終盤でのうずめと清正小町の最後のバトルについて語ってしまうと
本記事はいつまでたっても終わりそうにも無いのでここでは割愛をさせて頂きたいと思います。

そうそう、このアニメは内容としてはどちらかというとプリキュアを視聴している人たちを視聴ターゲットにしているような
感じでもあるのですけど、放映当時はなぜか深夜アニメ枠として放映されていましたので、
歴代プリキュアたちのように例えば日曜日の朝枠みたいな時間帯で放映されていれば、放映当時もっともっと注目されていた
作品になった可能性もあるだけにその点は勿体無いなぁと感じることもあったりします。

話をうずめのフィギュアに戻しますと、このうずめフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : ファンタジスタドール プレミアムフィギュア / 鵜野うずめ

サイズ : 全高約19cm

付属品 : 台座

種類 : プライズ系 全1種

メーカー : セガ

発売時期 : 2014年1月

うずめの設定は普通の中学生と言う事でもありますので、フィギュアとしても特に大きな特徴も無い普通のかわいい
仕上がりになっています。
でもうずめに関してはそうした「普通っぽい」という感じが大きな特徴でもあり個性といえるのだと思います。


002_convert_20190411163617.jpg


東方や艦これフィギュアレビューだと「どうやってこのキャラの特徴を伝えようか・・?」と実は結構判断に迷ったりすることも
多々あるのですけど、このうずめはあまりにも普通過ぎて、そしてその普通らしいかわいらしさが最大の持ち味でも
ありますので、「普通でとにかくかわいい~!」と書いたらあとは書く事が無くなってしまうという
ある意味ブログ管理者としては管理者泣かせのフィギュアと言えるのかもしれないですね~

細かいことを指摘させて頂くと、チェックのスカートに実は塗り漏れが部分的に散見されたり、
塗装に部分的にムラがあったり、
はたまたお顔の目の視線の左右のバランスがちょっとよくない面があり、それがうずめの視線がなんとなく不安げに
泳いでいるのかも・・と感じさせてしまう要因にもなっている感じもあります。

だけどうずめのそうしたおどおどしているとか不安げという雰囲気はうずめの物語としての基本設定にほぼ沿うものでも
ありますので、もしかしたら原型デザイナー様としてはあえて左右の視線のバランスを崩しているという意図も
あるのかもしれないです。

全体的にはとにかく普通の中学生らしいおおらかな雰囲気がよく伝わってきますし、このかわいらしさは何とも言えないくらい
すてきなものがあると思います。


003_convert_20190411163642.jpg

004_convert_20190411163710.jpg


うずめが手にしているカードはなぜか・・?? ちくわのカードです!

これは第2話の「策略」の中での、敵ドール3体+戦車に対して、うずめはささらとゴミカードのちくわだけという絶望的状況下で、
敵を狭路に入れて一直線上に並ばせる+ささらに遠距離攻撃と見せかけたトラップカード起爆の指示、および
ちくわ+拡大カード+三倍カード発動によって、巨大ちくわで敵ドール三体を一度に捕縛し逆転勝利したというエピソードに
基づいているのかもしれないです。


005_convert_20190411163733.jpg


うずめの後ろ姿です。

チェックのミニスカートに白のニーハイという事で、普通のフィギュアだったら「色っぽい~」という感じになりそうなのかも
しれないですけど、うずめは普通の中学生ですので、まだそうしたお色気要素は早いのかもしれないですね~


008_convert_20190411163822.jpg

009_convert_20190411163843.jpg

007_convert_20190411163756.jpg


全体的には不可もないけど大きなプラス材料も無い普通のとにかくかわいいプライズ系フィギュアという
感想になるのかもしれないですけど、
繰り返しになりますが、うずめの最大の持ち味はそうした普通の中学生らしいナチュラルなかわいらしさにありますので、
むしろそうした自然体としてのうずめのかわいらしさを最大限引き出しているようにも感じられます。

ファンタジスタドールはフィギュア化には正直あまり恵まれず、うずめとささらのみ商品化されただけなのですけど、
カティアちゃんは是非フィギュア化して欲しかったですね~!


akari-2015-002_convert_20150627161742.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれた
過去作品のイラストのご紹介コーナーです!

今回ご紹介させて頂く作品は、いうまでもなく「ファンタジスタドール」に登場されるキャラの皆様たちです!

上記の作品はアミグリさんが2015年6月に描かれたあかり(小明)です。

小明を簡単にキャラ紹介させて頂きますと、
性格は無口で無愛想でどことなくとっつきにくいような雰囲気も有しています。
ゴスロリ好きのミリタリーマニアなんですけど、日常でも戦闘でも常に熊のぬいぐるみを付けているのは
やっぱり可愛い女の子のドールですよね!
武器はヨーヨーを主に使用しています。近接戦型が多いチーム内の貴重な中距離戦担当とも評する事が出来ると思います。

アミグリさんが描かれた小明は、クールビューティさが際立っていると思います!
他の多くの絵師様が描かれる小明は比較的ゴスロリ的要素を強調されていかにも絢爛豪華なドールをイメージされる
ような印象も見受けられるのですけど、
アミグリさんが描かれる小明は、華麗さの要素を抑えられて「知的な雰囲気」を意図されているような感じも
私の中ではあったりもします。

一見無口そうな雰囲気も持たせながら、熊のぬいぐるみとか頭の大き目な黒のリボン等でかわいらしさも演出し、
クールさと可愛らしさの相反する要素もアミグリさんとしてきちんと表現されている点は「さすがだなぁ・・」と
感じずにはいられないですね!

上記で触れたとおり、小明も元のマスターから「あなた達はもう不要」と宣告され、過去に一度捨てられた身でありまして、
小明自身もその点はいまだに納得いかない点も持っていると思いますし、
「本当に私は今回のマスターであるうずめを信頼していいのか・・!?」といった猜疑心を当初は持っていたと思います。
うずめは「ドールたちも私の同じ仲間」と考えていて、決して主従関係と考えていない点はかなり興味深いものがあります。
そうしたうずめの特殊性を背景にして、本来は「契約関係でドライ」なはずのマスターとドールの関係性を踏み越えて
マスターと仲良くなっていくドールたちの展開がこの「ファンタジスタドール」の流れでもある訳なのですけど、
小明自身は、そうした仲間達に複雑な感情を抱いていたものの、
実は小明自身の本心では「私もうずめの事が大好き!」という事でもありますので、
そうした点を鑑みて、改めてアミグリさんが描かれたこの小明を見てみると、華麗な外見とは別の不器用な内面も
ほのかに漂わせているようにも感じられます。


simezichan-02!!_convert_20150204134118.png


続きまして、ファンタジスタドールのうずめの5人のドールたちの中ではカティアちゃんと同様に
妹キャラっぽい側面があるしめじです。

アミグリさんはこのしめじを2015年2月に描かれています。

このしめじについて簡単にキャラ概要を記させて頂きますと、
料理やお菓子作りが得意な妹タイプのドールでおしゃれ大好きのドールでもあります。
その戦闘スタイルは中々ハードでして、実は徒手格闘で戦うという実は(?)影の武闘派なのかもしれないです。
おっとりしているが、キレると誰よりも怖そうな雰囲気も実はあったりもします。
ピンクのロングヘアーと、制服とエプロンを組み合わせたような服が特徴とも言えるのですけど、
東方の霊夢や早苗さんを彷彿とさせる脇見せ」もあったりもします!

アミグリさんが描かれたこのしめじはとってもかわいいです!

上記の小明のクールビューティとは対照的に、しめじの場合は妹にしちゃいたいくらいのかわいらしさに溢れています。
他の絵師様がこのしめじを描かれる際の傾向として、どちらかというとロリッぼい雰囲気を強調されているのかも
しれないですけど、アミグリさんが描かれるしめじは、ロリっぽさよりもおねえさんっぽいというのか少しおとなびた雰囲気を
感じさせてくれていると思います。

しめじも上記の小明同様に
「自分がかつてマスターから捨てられたように、いつかうずめも私達を棄てるんじゃないのか・・?」みたいな疑いの目も
有していて当初はうずめに対しても本心から信頼することができなかったのですけど、
しめじのピンチから身を挺してしめじを助けようとしたうずめを見て、改めてマスターを信用しようと思い直した経緯も
ある訳なのですが、ネタバレになってしまいますのでこれ以上はなかなか書きにくいのですけど、
元のマスターの小町との経緯を振り返ってみると、
改めてこのアニメは、「マスターとドールの絆とは果たして何なのか?」という絆を問いかけた作品とも言えそうです。






続きまして、上記のイラストは、アミグリさんが2013年10月に描かれたファンタジスタドールのカティアちゃんです。

カティアちゃんのちびっこい雰囲気とか青の髪型・衣装がとてもかわいいです!
カティアちゃんは設定の上ではお菓子大好きドールなんですけど、お菓子そのもののかわいらしさに溢れていると思います!
ウィンクもとってもキュートな雰囲気に溢れていると思いますし、妹オーラに溢れていると思います。
袖口にもこもこのついた水色のワンピースがとてもよくお似合いですね~!
うずめの契約した5人のドールの中では一番年下のロリ枠ともいえそうですけど、アミグリさんの描かれたこのカティアちゃんは
ロリロリ感そのものだと思いますし、ごちうさのチノ同様、「今すぐ妹にしたいキャラ」そのものだと思います!

このイラストはアミグリさん自身も「カティアちゃんらしいカティアちゃんを描けた!」と大変お気に入りの一枚です。


unomiko_convert_20130917165821.png


続きまして同じく「ファンタジスタドール」から鵜野みこちゃんです!

こちらの鵜野みこちゃんはアミグリさんが2013年9月に描かれた作品です。

みこは、鵜野うずめの妹で小学校3年生です。
うずめよりははるかに大人っぽくてしっかり者で、うずめを朝叩き起こしているのは、実はみこちゃんなのでした!
外出時に背負っているうさぎのリュックサックと、寝る際のうさぎのナイトキャップがとっても可愛いのが大変印象的です。

アミグリさんが描かれた鵜野みこちゃんはとってもかわいいです!

ロリ可愛い!という言葉がぴったりくると思います!
このツーサイドアップ気味の髪型とかうさぎのリュックとか全体が白のトーンの雰囲気は、かわいいうさぎちゃん!
というオーラに満ち溢れていると思います。
前述のカティアちゃんの可愛らしさに匹敵する可愛らしさに溢れていると思います。
ちなみにですけど、アニメの上でもこのカティアちゃんと鵜野みこちゃんはとっても仲がいいです!

2019年6月現在の「ピクシブ百科事典」で掲載されているこの「鵜野みこ」の記事ですけど、そのプロフィールイラストを
飾っているのが、アミグリさんが描かれたこのみこちゃんなのですっ!!

→ ピクシプ百科事典 みこちゃん

これは実は凄い話でありまして、pixivは数多くの絵師様・絵師様の素敵な卵の皆様が登録されている
イラストサイトなのですけど、その同系列のピクシプ百科事典内の該当項目記事のトップイラストは、当然ながら
そのpixivで登録されている数多くのイラストの中から選出されているのですが、
そうした中で、アミグリさんがみこの項目で選出されているという事は、いかにこのみこちゃんのイラストが
高い評価を受けている事の裏付けでもあると思います。

上記のアミグリさんが描かれたファンタジスタドールのキャラの権利は、こられの作品の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいカティアちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

それでは本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!
縺ィ縺ェ繧翫・蜷ク陦€鬯シ縺輔s_convert_20190417175903


今年・・2019年の春アニメも視聴したい作品がかなり揃っていて今年の春も既に寝不足状態と化していますが、
振り返ってみると2018年の秋アニメもかなりの秀作揃いで、あの時もかなりの寝不足が常態化していたものでした・・(汗)
都内近郊に住んでいるメリットの一つとして東京MXが視聴できる事も挙げられると思うのですけど、
東京MXの深夜アニメの充実は本当にいつもお世話になりっ放しで「ありがたいな~」と感じますね。

そうした2018年秋アニメの中でお気に入り作品の一つが「となりの吸血鬼さん」でもありました。

この物語は、現代に生きる吸血鬼の少女・ソフィーちゃんとソフィーのお屋敷に転がり込んだ人間のJKさんを
中心とするコメディでして、ソフィーちゃんは360歳程度のご年齢なのですけど、
見た目は12~13歳ぐらいのお人形さんみたいな銀髪美少女でして、
正真正銘の現役JKさんの天野灯よりもはるかに幼く見えてしまう天使というかお人形さんみたいな吸血鬼さんです。
ソフィーちゃんは正真正銘の360歳なのですけど、
ソフィーちゃんが灯のクラスメイトに自己紹介した際には、340歳と20歳さばをよんでいたのは
女の子らしい話なのかもしれないです。
ソフィーちゃんは人間を襲って血を吸うことはありませんし、もちろん吸血鬼ということで人間の血を吸わないと
生きていけないのですけど、ソフィーが吸う人間の血は実はアマゾンからネットで購入しているというのも、いかにも
現代に生きる今風の吸血鬼という感じですね~(笑)
ソフィーちゃんたちが秋葉原にアニメグッズ購入等で夜にお出かけした際に、ソフィーちゃんが
同じグッズを複数個購入していた際に、灯から「ソフィーちゃんは高齢化により痴呆が進展しているのか・・!?」と
瞬間的に誤解されていたようですけど、ソフィーちゃんの意図としては、同じグッズでも購入店により特典が異なるからというのも
やはり今風らしいですし、このソフィーちゃんのアニメや萌えグッズ好きというのもやっぱりいかにも現代を生きる
吸血鬼らしい話なのかもしれないです・・(笑)

物語としては、大のお人形好きで大のホラー好きで、ある意味怖いもの知らずのちょっと変わったヘンな現役JKさんの
天野灯が「森の中にかわいい女の子が棲んでいる」という噂を聞き込み、その子を探していたら
そのかわいい女の子張本人である吸血鬼のソフィーと出くわし、
人形みたいにかわいいソフィーを一目で気に入った灯は毎日のように屋敷に通い始め、
やがてそのままソフィーのお屋敷に同居して一緒に住み始めるというお話です。
灯にはちゃんと自宅があり両親も健在なのですけど、灯以上にこの両親さんたちも頭のネジが相当程度ゆるんでいて
灯から「吸血鬼だけどかわいい女の子と一緒に暮らしたい!」と懇願されても、ほわーんと「いいんじゃない?」と
あっさりすぎるほど同居を了解してしまうこのゆるさがこの「となりの吸血鬼さん」のいっちば~ん!の魅力なのかも
しれないですね~(笑)
こうして元々一人でひっそりと暮らしていたソフィーの回りにはやがて灯の友達の夏木ひなたや、100年ぶりに目を覚ました
同じ吸血鬼のエリーがやってきて、どんどん賑やかになっていく・・というのが主なストーリーです。

かなりヘンな人間の少女とネットや家電を使いこなす今時の吸血鬼のゆる~い同居生活ラブコメディと言えると思います。

とにかくソフィーちゃんのあの長髪銀髪とロリロリの雰囲気は素晴らしいです!

そして「となりの吸血鬼さん」の画集が、先月・・2019年3月30日に待望の発売が開始されました!

この作品の原作はコミックなのですけど、
この公式画集には2013年の連載開始時から現在までの5年以上にわたり、月刊コミックキューンをはじめ各所で掲載された
原作者によるイラストを一挙収録したものです。

そしてアニメイトにおいては、アニメイトで購入した方限定なのですけど、
アニメイト特典としてA4ビジュアルボードのかわいいソフィーちゃんのボートが先着順で配布されます!

実は先日早速この公式画集を購入するためにアニメイトに赴いたのですけど、なんと・・!
既に売り切れになっていました~(泣・・)
この作品は意外と隠れファンが多いという事なのかもしれないですね。


繧ス繝輔ぅ繝シ_convert_20190417175838


そして「となりの吸血鬼さん」のソフィーちゃんは、今年の9月に満を持してフィギュア化が実現します!

このソフィーちゃんはとてつもなくかわいいです!

とてもじゃないけど360歳の吸血鬼さんとは全く感じさせないロリロリのかわいらしさに溢れていると思います。

フィギュアでしか見ることが出来ないのかもしれないオーバーニーソックスや、苦手な日光を遮るフリル付き日傘の
作り込みなど情報量はかなり多めだと思います。
原作者の甘党先生のイラストがモチーフとなっているため、アニメよりももっと少女らしいかわいらしさに溢れていて、
少し内股気味のポーズで可愛く立体化されています。

灯でなくともメロメロになってしまう事は間違いなさそうなはにかみながらも優しい笑顔を向けてくれている表情が
たまらないです。
このソフィーちゃんは1/7スケール、全高25cmで価格は13800円ですけど、この価格は極めて妥当と言えそうです!
繝ェ繝ェ繧ケ繝狙convert_20190416121557

ririsupa_convert_20190416125713.jpg


2019年の春アニメも概ね第3話が終了し、第一話で「自分の趣味ではない」と視聴をやめた作品もありますし、
「これは素晴らしい」と最終回までの視聴継続を決めた作品もあり、結果的にいつも通り、
男性メインの作品ややたらとむさくるしい作品は見ないという事で、
美少女・JKさん・すてきなお姉さまといったヒロインが活躍する作品ばかり見てしまうという感じになっています・・(汗・・)

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO・再放送の冴えない彼女の育てかた・再放送のURAHARA・
川柳少女・みだらな青ちゃんは勉強ができない・ひとりぼっちの〇〇生活・キルラキル・ぼくたちは勉強ができない・この音とまれ!
群青のマグメル・消滅都市・八月のシンデレラナインを今期の春アニメとして視聴させて頂いていますけど、
この中では特に、川柳少女・ぼくたちは勉強ができない・キルラキル・八月のシンデレラナインが大のお気に入りです。
というかやっぱり美少女がメインヒロインの作品ばかりですね~(汗・・)

そして春アニメの中でいっちば~ん!に嬉しかった事は、2018年冬アニメでもありました
RELEASE THE SPYCE(略称、リリスパ)の再放送が開始された事であり、これは予想外でもありとても嬉しかったです。

リリスパの概要について語りだすととてもじゃないけど一回の記事では終わる訳ないもので割愛しますけど、
一言で言うと、私設情報機関「ツキカゲ」に所属する6人の美少女JKさんのスパイの物語です。
リリスパはストーリーも大変スピード感に溢れ、6人の美少女JKさんたちが皆それぞれかわいくて魅力的でしたし、
あのOPの歌の破壊力とスピード感はリリスパの魅力をOPから既に示唆していたと思います。
師匠と弟子の絆の深さとか師匠から弟子へと受け継がれていくものとか、
後半近くでのメイのまさかまさかの組織裏切りと実はその裏切りというのは二重スパイであったとか
モモの師匠の雪との絆の深さや雪の最終回での秘めた想いとか雪とその師匠の藤林 長穂のエピソードとか
スパイなのになんであんなかわいいミニスカで動き回るの~!?というすてきなツッコミとか
とにかく見ていて全く飽きない展開と切れ味の鋭さとかわいらしさは素晴らしいものがあり、私的には、
2018年のアニメの中では「ラーメン大好き 小泉さん」・「色づく世界の明日から」・「寄宿学校のジュリエット」・
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」・「アニマエール」・「隣の吸血鬼さん」・「せせらぎ荘の幽奈さん」などと
並んで大好きな作品の一つでもありました!

そうしたリリスパが東京MXで再放送が開始され、とにかく毎週火曜日がくるのが待ち遠しい感じでもあります!

リリスパのグッズも昨年末にアニメの最終回とほぼ同時に店頭から撤去されていて
「それだったら早めに購入しておけばよかった・・」と地団駄踏んだものですけど、再放送開始になるとアニメイト等でも
再度発売が再開されていましたので、今度は確実に早めに購入をしたいと思っています。


繧・k繧・j_convert_20190416121538


そうそう、リリスパというと、当ブログでも過去記事で何度か登場していた「ゆるゆり」と実は密接な関連性が
あったりもします。

何かというと、ゆるゆりの原作者である漫画家のなもりがリリスパにおいてキャラクター原案を担当されていて、
リリスパとゆるゆりの登場キャラの設定は全然異なるのですけど、なんとなく全体の雰囲気が似ている面があるのは
大変興味深いです。

ゆるゆりは脱力系日常作品なのに対して、リリスパはハードなスパイものという事で物語としては対極的でも
あるのですけど、キャラクター原案者が同じだとやはり雰囲気的に少し似ているというのは妥当なのかもしれないです。

ゆるゆりは、七森中の「ごらく部」に所属する女子中学生4人をメインに、笑いあり百合ありのまったりとした日常生活を描いた
作品ですけど、リリスパとの共通性を見てみると、ふわふわツインテがかわいい吉川ちなつは、リリスパの1年生の楓と
雰囲気的には大変よく似ているという面はあると思います。


繧ウ繝ゥ繝彑convert_20190416121034

縺薙i縺シ_convert_20190416121106


ゆるゆりの作者がリリスパのキャラクター原案という事もあり、実はなのですけど、
「RELEASE THE SPYCE」×「ゆるゆり」コラボオリジナル商品が1月よりローソン・Loppi・HMV限定でで既に発売が
開始されています。

リリスパの源モモ・石川五恵・相模楓の3人と、ゆるゆりの赤座あかり・歳納京子・吉川ちなつ・船見結衣の4人が
それぞれ衣装チェンジをした描き下ろしイラストのクリアファイルセットがそのコラボ商品なのですけど、
こうやって衣装チェンジしたものを見てみると「やっぱり雰囲気はよく似ているし違和感がないね~」と感じてしまいますね!

特にゆるゆりの七森中の制服を着たモモとリリスパのスパイ時の衣装を身に纏ったゆるゆりのあかりの二人は
なんだか姉妹っぽく感じたりもしますし、
二人の別の魅力が再発見という感じでもありそうです!
当ブログで何度か書いている通り、私自身とある金融機関の遠隔営業担当として1990~96年の6年間は
山梨県在住でしたけど、甲府は埼玉以上に本当に何も無いない、な~んにもないという雰囲気でしたし、
(今現在の甲府駅前近辺のシャッター商店街化した寂れた雰囲気も、映像として見てしまうと1990年代の山梨を知っている
者としては多少ショッキングな面もあります・・)
休みの際には「どこかに遊びに行こう」と思った場合は、あずさやかいじに乗って都内に出ることが多かったですし、
石和温泉・下部温泉・西山温泉等の信玄公の隠し湯的温泉でボーーっと温泉に浸かる事も多々ありましたし、
山梨と言うと裏富士でもありましたので、富士吉田~山中湖~富士五湖といったエリアをドライブしたりしていたものでした。
富士吉田というと裏富士側というか山梨側から富士山に入る際の出発点にもなり、
そうした意味では富士急は富士山に一番近い鉄道と言えるのかもしれないです。
富士吉田まで車で行くととてつもない距離もありましたし、道がかなりジグザグの山道で帰ってきた時の疲労感も
半端無いものがありましたので、富士吉田とか富士五湖等に行く際には、中央本線の大月駅から出ている
富士急行を利用された方が宜しいのかもしれないですし、大月から富士山駅までの所有時間は大体1時間ぐらいです。

私自身、1992~94年の3年間順繰りに押し付けられてしまう組合の中央委員という大変面倒くさいことを担当していた事もあり、
当時、富士吉田支店という下吉田駅近くにある支店に組合の雑用として行く事も多々ありましたし、
後述しますけど吹奏楽コンクールの山梨県大会は通常は山梨県民ホールで開催される事が多いのに、
時々富士五湖文化センターで開催される事もあり、こうした吹奏楽コンクールを聴きに行ったり組合行事の一環として
富士吉田周辺に行く事もかなりあり、車で行く事も時にはありましけど、大抵の場合、富士急を利用した事の方が
多かったような印象もあります。

前述の通り、山梨の吹奏楽コンクールの県大会や西関東大会が山梨で開催される場合の会場は
甲府市内にある山梨県民ホールを使用する事が多いのですけど、時々「なんでこんな辺鄙な所で開催するの~!?」という時も
あったりしたものでした、
1992年の吹奏楽コンクールの山梨県大会の高校の部の開催地は、白根桃源文化会館という会場でした。
この会場なのですけど、今現在どうなっているのかは不明ですが1992年当時は本当に周辺は何もないところであり、
文字通り、桃やさくらんぼう等の果物の畑が一面に広がっている所にポツンと立派な音楽施設が建築されていたものでした。
当時は「なんでこんな何もないところにこんな立派な音楽施設が??」と思っていたのですけど、
1992年当時はまだまだ故・金丸信先生がご健在でしたね~
金丸先生は、当時、自民党内で絶大な権力を有されるドンでして、金丸先生の地元は中巨摩郡白根町(現.南アルプス市)
という事もあり、白根桃源文化会館とか開国橋等の公共建築物は、金丸先生のおかげ・・!という雰囲気は当時は
間違いなくあったと感じておりました。
職場内でも「金丸先生の悪口だけは絶対にご法度!!」とという雰囲気は間違いなくあったと思いますし、
当時は山梨県内で(私のようなよそ者が)絶対に悪口を言ってはいけない人として、①武田信玄 ②金丸信 ③サッカーの中田
という不文律は存在していたような印象もあります。

上記で白根桃源文化会館と記しましたけど、今現在は白根町という町名は存在しておりません。
平成の大合併政策により、2003年に、中巨摩郡櫛形町・若草町・白根町・甲西町・八田村・芦安村が合併して
「南アルプス市」として新しく生まれ変わり、
多分ですけど、前述のホール名も名称が変更になっているはずだと思います。
この白根桃源文化会館ですけど、93年前後に「白根国際音楽フェスティヴァル」という世界各地から若手音楽家を招聘して
クラシック音楽コンサートを開催していましたが、客席が凄い閑古鳥状態だったのは奏者の皆様にとっては気の毒でした。
こんなド田舎でそんなイベント開催したって人が来る訳ないじゃんというのが当時の私の感想でしたし、
聴衆の皆様も第一楽章終了時に拍手をしてしまうポンコツな皆様たちばかりでした~(汗)
一つ面白かったのは、休憩時に無料でワイン飲み放題というのはご当地らしい話だったと思います。

1991年の山梨県大会にて高校と一般の部が開催されたのは、甲府市内ではなくて、
富士急ハイランドとか裏富士の入り口でもある富士吉田市の富士五湖文化会館という会場でした。

山梨県というのはご存じのとおり、海がない県であり、東京都・埼玉県・長野県・静岡県・神奈川県と接しています。
そのせいかは分かりませんが、県民気質というのも、いわゆる甲州人と言われる気性が荒い甲府~中巨摩あたりの皆様たち、
常に信州と喧嘩・戦争を繰り返してきた歴史と伝統のせいか、甲州人よりもよりもっと気性が激しい北巨摩系、
富士山を挟んでいるせいか、静岡に近くてもほとんど接点がないためか比較的温和な都留系に、
静岡と県境を接しているせいか、静岡の温厚な気質の影響も多少は感じられる南巨摩などなど
エリアによって県民性にも違いはあると思います。
1991年の会場である富士吉田方面は都留系という事で、比較的おっとりとした土地柄であり、
何となく甲府市内とは雰囲気が違うなーという感覚は多少はあったと思います。

だけど富士五湖文化ホールも周辺には本当に何も無くて
今現在はどうか分かりませんけど、昼御飯用のコンビニとか定食屋さんみたいな店も当時はほぼ皆無でして、
休憩時には、駅周辺まで戻って駅売店のサンドイッチを買ってきて、会場近くの公園みたいなベンチで食べたような記憶が
あります。
とにかく温和でのびのびとした雰囲気であり、当時は「ここは本当にあの気性が荒い山梨県なのか!?」と感じていたものですし、
昼の休憩時間がなんと2時間近くも設定されていたのは、いかにもローカル大会みたいな雰囲気もあったものでした。

1980年の関東大会もこのホールで開催されたとの事ですけど、ああした音響の良くないホールでの演奏も奏者も指揮者も
大変だったのかもしれないです。


縺ソ縺吶★_convert_20190414204939


私にとっては少しばかり思い出のある富士急でもあるのですけど、今現在そうしたキャラの皆様が残っているかどうかは
不明なのですけど、2010年頃に富士急の宣伝効果として使用されていた萌えキャラ娘はは3人存在していたものでした。
一人が富士登山電車イメージキャラクターで富士登山電車客室乗務員という設定で登山電車をPRする谷村みすずで、
もう一人はフィギュア「鉄道むすめ」シリーズでも商品化されていた駅務係の大月みーなで、
大月みーなと大変仲がよいという設定の富士急行所属のバスガイドさんでもあり
バスむすめシリーズのフィギュアでも大変人気の高い山中かえでという事でした。
この3人が同時に登場する事がイベントや商品化等であったかどうかは今となっては定かではないのですけど、
3人ともとってもかわいいと思います。
そしてその中でも特に富士急のバス娘の山中かえでのかわいらしさは突出していたような感じもあります。

上記の女の子は谷村みすず(読み方は、やむらみすすで、たにむらではありません・・)という富士登山電車の
イメージキャラクターで、富士登山電車客室乗務員という設定で登山電車をPRするそうです。
富士登山競争5合目コースの完走経験があり、登山とランニングが趣味というアウトドア派でもあり、
休日は同僚の大月みーなとショッピングを楽しむさの事です。
名前の由来は富士急行線の谷村駅と山梨県の三つ峠山にある「御鈴(みすず)の滝」からとったとの事です。

ピンクのリボンで黒髪を1つにまとめ黒のスーツを着て黒いバッグを肩にかけ、
案内するように左斜め前を手のひらで指しているように描かれていて、いかにも大人のしっとりとした落ち着いたお姉さんという
雰囲気が漂っていると思います。



縺ソ繝シ縺ェ_convert_20190414204910


続きまして、富士急行河口湖駅勤務の駅務係を担当している大月みーなです。
名前の由来は大月駅と富士急ハイランドのアトラクション「トンデミーナ」から由来しているとの事です。

また大月みーなは「鉄道むすめ」シリーズのキャラクターでもあり、鉄道むすめとは何かというと、
オリジナルキャラたちが実際の鉄道事業の現場で活躍する制服を着用するというコンテンツであり、
トミーテックがこうした鉄道むすめたちをフィギュア化等で商品化展開を図っています。

大月みーなは、祖父がイタリア人のクォーターで趣味はショッピングとバイクツーリングであり、
富士急ハイランドの絶叫マシーンが大好きというのは富士急のキャラという事を考えるとそれは既にお約束なのかも
しれないですね~
好きな食べ物はピザで作るのも得意という設定はさすがイタリアの血を引いているという感じでもありそうですね。


螟ァ譛・convert_20190414205004


大月みーなは鉄道むすめ~鉄道制服コレクションとして既にフィギュア化も実現されているのですけど、
駅員さん版の他にシークレット版として実はバスガイド版もあったりします。

駅員バージョンは切符鋏、バスガイドバージョンはホイッスルを持っているのが違いですけど、それ以外でも
帽子と髪の見え方や表情もかなり違いがあるようにも感じられます、
帽子が違うだけでも随分と印象が異なるようにも感じられそうですね~

そうそう、駅員バージョンとバスガイドバージョンの違いとしてストッキングの色の違いもあったりします。


縺九∴縺ァ螻ア荳ュ_convert_20190414204734


続きまして富士急所属のバスガイドさんの山中かえでです!

このかわいらしさは、富士急の3人の萌えキャラの中でも突出したかわいらしさを誇っていて、
バスむすめキャラクター人気投票でもその第一回人気投票で1位を取っていたのも極めて当然と言えるのだと思います。

山中かえでは、トミーテックが展開するフィギュアシリーズ「バスむすめ」の登場キャラクターでもありますし。
富士急行所属のバスガイドでもあります、
どんな歌のオーダーにも応えられ、即興の歌も披露する絶対音感の持ち主であり、
前述の鉄道むすめシリーズに登場する大月みーなとは仲の良い友人という設定でもあります。

この名前は富士急行本社がある山梨県の観光名所山中湖と県木の楓に由来するそうです。


縺九∴縺ァ縺。繧・s_convert_20190414204710


バスむすめはトミーテックが運営している鉄道むすめシリーズの姉妹コンテンツとも言えそうなのですけど、
人気投票「バスむすめキャラクター人気投票」の記念すべき第一回投票で1位になっている事から分かる通り、
大変人気の高いバス娘であり、制服のかわいらしさとか帽子の雰囲気がとってもすてきです!

バス旅行に行った際にバスガイドさんが添乗されている事もあったりしますけど、なんだかいかにも年季の入った
おばさまバスガイドさんも安心感はあるのかもしれないですけど、
退屈な車内の時間を有意義に過ごすためにも、山中かえでのようなとってもかわいいバスガイドさんは
必要不可欠なのかもしれないです・・!

帽子をかぶった雰囲気は東方のこいしちゃんみたいな雰囲気も漂っていると思います。


縺・☆繧・繧ャ繝シ繝ゥ_繧ケ繝シ繝代・繝上う繝・ャ繧ャ繝シ_convert_20190414204645

繝舌せ螽倥€€縺九∴縺ァ_convert_20190414204800


鉄道むすめとは別にバスむすめシリーズもあり、既にたくさんのバスむすめたちのフィギュアも商品化されています。

バスむすめとはトミーテックが発売しているブラインド販売のトレーディングフィギュアであり、
姉妹商品の鉄道むすめと同様、実際に観光バスで働いている設定のオリジナルキャラクターによる
バスガイド制服のモデルであります。

このシリーズの記念すべきvol.1に山中かえでが登場し、このvol.1のシークレットフィギュアとして、本来は鉄道むすめである
大月みーなも登場しています。

制服というともちろんJKさんたちのセーラー服やブレザー制服もすてきだけど、バスガイドさんの制服にもとっても
魅かれるものがあるのは間違いないと思います!


繝励Λ繝「_convert_20190414204844

讓。蝙祇convert_20190414205051


山中かえでが所属する富士急のバスをプラモデルとして再現した商品もあったりします。

それがフジミ 観光バスシリーズの商品の一つで、
「いすゞガーラ スーパーハイデッガー富士急行 & バスむすめ (山中かえで)」です。

「いすゞガーラ スーパーハイデッガー富士急行」を1/32スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットに
トミーテック製「バスむすめ 山中かえで」をセットしたデカール替えバリエーションキットというセットもあったりします。


螽倥・縺兩convert_20190414205030


なんだかこうした記事を書いていると、たまには山梨に久しぶりに行ってみたくもなりますし、
富士急にも乗ってみたくなりますね~

そして富士急の観光バスに乗って、山中かえでみたいなかわいいバスガイドさんの案内でのんびりと富士五湖周辺を
観光したいものですね~!



「VOCALOID桜曲」とは、名曲が数多く揃っているボカロ楽曲の中で、春や桜をイメージした楽曲であり、
桜といえば春、卒業、出会いや別れというワードも連想されますけど、明るい曲にもせつない曲にもなってしまう
大変情緒溢れる曲だと思います。

具体的にどういう楽曲があるのかというと、VOCALOID桜曲は私が知っているだけでも相当数の曲があるのですけど、
下記に代表楽曲を列記させて頂きますと・・

【初音ミク】 桜の季節  → 死別をテーマにした悲しい桜曲です・・

【初音ミク】  桜前線異常ナシ →和風ロックが好きな方にお勧めしたい楽曲です。

【初音ミク】 桜のような恋でした  → 和の薫りのするとてもせつない楽曲です。

【初音ミク】 桜舞う 今  → 春は出会いと別れがつきものである事をストレートに表現したせつない曲でもあります・・

【MEIKO】 黄泉桜  
→ MEIKO姉さんの高音ボイスはとても痺れます! 歌詞の内容も高音ボイス的にも黄泉の世界に逝くような感すらあります・・
とにかくハートを直撃する素晴らしい楽曲だと思います!
美しさ・切なさ・儚さが一曲にぐぐっと凝縮されていると思います。

【初音ミク】 桜、舞い散るあの丘へ 「私も逝くわ」という歌詞が響きます ※この楽曲は明日のゆゆ様記事でも登場します!

【巡音ルカ】 君恋し 
→ ルカ姉さんのすてきな桜曲です~! ルカお姉さまの和風曲も本当にすてきな楽曲が多いですよね~!
覚えやすいメロディーなのでとても聴きやすいと思います。

【GUMI】 桜花片 
→とても美しい楽曲で 歌詞の中の「桜舞い散るかのようにあっという間の恋でした・・」あたりの儚さとせつなさは
GUMIオリジナル曲らしさに溢れているようにも感じられます。

【初音ミク】 千本桜  
→これはボーカロイドそのものを代表するとてつもない超有名曲であり、ボカロの中でも群を抜いて人気の高い曲の一つ
だと思います。
2011年に黒うさPが作詞・作曲・編曲し、ボーカルに音声合成ソフト「初音ミク」を使用してネット上で公開した楽曲ですが、
2012年8月に行われた、レコチョクによる「好きなボカロ曲ランキング」調査において1位を獲得した曲でもあります。
カラオケでも今現在でも人気の一曲です。
大正浪漫をイメージさせるPVも印象的ですし、
明治維新後の西欧文化を取り入れた時代を舞台ですけど、歌詞自体は現代を諷刺する暗喩的な内容でもあったりします。 

【初音ミク】 桜ノ雨  
→桜ボーカロイド楽曲だけど、ボカロ卒業ソングの地位としては、桜ノ雨はナンバーワンの楽曲なのかもしれないです。
すごく癒やされる素晴らしい名曲だと思います。

他にも、桜の花が散る頃は・サクラ、咲き誇る季節・さくらみち・櫻~香る~・春!桜!ニンジャ!・遠き日の桜へ
などなどVOCALOID桜曲には既にたくさんの名曲が存在しています。

そしてVOCALOID桜曲というと、上記で触れた通り、GUMIちゃん・MEIKO・ルカ様のVOCALOID桜曲もすてきですけど、
やはりミクのオリジナル楽曲に桜ボカロ曲を代表する超・名曲が多いような印象もありますし、
桜・春を代表するボーカロイドキャラのいっちば~ん!は初音ミクと言えるのかもしれないです。

そしてそうした春=桜=ミクという事で「桜ミク」という全体がさくら色トーンのフィギュアはねんどろいど・メーカー正規品・プライズ
でも既に何種類か出ているのですけど、2019年の桜ミクフィギュアとしては、プライズ系ではありますけど、
タイトーから既に商品化されております。
3月にとあるゲーセンのUFOキャッチャーでこの桜ミクを発見し、見た瞬間に「なにこのピンクトーンの桜ミク、かわいい~!」
という感じになってしまい、チャレンジさせて頂いたところ、多分ですけど私の前にやっていた方が相当いい所まで
追い込みながら断念されたみたいな痕跡が残されていた事もあり、かなり簡単にというかわずか2回で
この桜ミクをゲットする事が出来たのはとても幸運だったと思います。

桜ミクとは、髪や衣装がピンク系で桜の化身のような装いの初音ミクのことですけど、
雪ミクが冬のイメージであることを受けて、春のイメージの桜をモチーフとしたミクという事なのだと思います。

桜をイメージしたキュートな「桜ミク」をタイトーがプライズフィギュア化したものを本日は簡単にレビューさせて
頂きたいと思います。


蜊・悽譯懊・繧・f讒論convert_20190309163055

→ 【東方MMD】 幽々子で千本桜

桜ミクフィギュアの前にほんの少しだけ明日の当ブログのゆゆ様記事について前宣伝をさせて頂きますと、
上記で書いた通り、ボーカロイド曲には既にたくさんの桜名曲があり、
そうした桜名曲の東方MMDも既にたくさんの作品が投稿されています。

桜は確かに華やかで美しいのだけど、同時にすぐに散ってしまうから儚いとか、別れとかはたまた死の暗示と言った事も
暗示している様な印象もありそうです。
東方MMDの桜をイメージした楽曲にそれでは誰が東方キャラとして相応しいのかというと、
それはもしかしたら、亡霊キャラで既に死者でもあり、本人のご遺体は西行妖という桜の木の下で眠られているのかもしれない
ゆゆ様=西行寺幽々子なのかもしれないです。

ゆゆ様が登場してる桜ボカロ曲はあまりないのですけど、その中でもボカロ楽曲としては不滅の大人気楽曲でもある
「千本桜」が大変印象的であったりもします。
激しいギターサウンド、疾走感溢れる黒うさPによるピアノの旋律による和風ロックテイストと、
明治維新後の西欧文化が混入してきた様子を難しい単語で彩っているのが特徴でして、
映像面においては、大正浪漫の雰囲気を醸し出すキャラクターイラスト、背景イラストなど、
全体が歌劇風に演出されているのも大変印象的です。

歌詞をほんの一部だけ抜粋させて頂きますと・・

「禅定門を潜り抜けて 安楽浄土厄払い 
きっと終幕は大団円 拍手の合間に

千本桜 夜ニ紛レ 君ノ声モ届カナイヨ
此処は宴 鋼の檻 その断頭台で見下ろして

環状線を走り抜けて 東奔西走なんのその
少年少女戦国無双 浮世の随に 」

この中で安楽浄土・厄払い・断頭台といったワードがお似合いそうなのもゆゆ様なのかもしれないです・・


002_convert_20190309160919.jpg


話がまたまたそれました・・(汗・・)

桜ミクフィギュアに話を戻しますと、この桜ミクの元のイラストは、U35さん描き下ろしのイラストであり、
このイラストをベースに立体化がされています。

立体化された桜ミクももちろんとってもかわいいですけど、元絵の桜ミクさんもとても美しいと思います!


004_convert_20190309160936.jpg



クリアの髪と桜型のクリア台座も大きなポイントだと思います。

見上げるようなポーズやさくらんぼのアクセントがとっても可愛いフィギュアになっていますし、
雪ミクの純白さとは対照的に全体が桜の季節に相応しいピントーンに包まれた桜ミクだと思います。

もう満開の桜の時期は過ぎてしまいましたけど、桜の木の下で並べて飾っておきたいぐらいの素晴らしい出来映えだと
思います。
ちなみにこの桜ミクフィギュアの全高は18cmです。



006_convert_20190309160958.jpg

015_convert_20190309161125.jpg


画像ですとなかなか伝えにくいのですけど、実はミクのこのツインテの髪の束は最初からフィギュア本体に装着されて
いる訳ではないので、後から本体にセットする仕様になっています。
そしてこのツインテの髪の束のパーツは大変繊細に薄く仕上げられていて、
乱暴に無造作に扱ってしまうと、髪のピンクの透明なパーツがパキッ・・と折れてしまいそうなほど大変脆弱な部位に
なっています。

だけどあのくらい薄く造作しないと、ミクのあの桜色のツインテールが「風にふわっと舞う・・」といった表現が具現化
されないような感じもありますし、あのうすさと透明感があるからこそ、
ここまでの「桜、舞う・・」といった桜ミクが演出できているのだと感じます。

それにしても全体がここまで桜色一色というフィギュアも珍しいと思いますし、こうした事がお似合いなキャラは、
春限定の桜ミクだけなのかもしれないです。
そして逆に冬の季節の純白一色がお似合いそうなフィギュアと言うのは冬ミク(白ミク)だけなのかもしれないです。


008_convert_20190309161017.jpg


桜ミクの後姿です。

そして後姿だと一層あの桜色のツインテールの情報量の多さがよりお分かりになると思います。

野外撮影のように外に持ち出す移動の際に、何か一つ事件が起きると、ミクのツインテがパキッ・・となってしまいそうなほどの
繊細さがあると思います。
私自身もこの撮影が終わったと同時にとにかく速効かつ慎重に再度自室まで丁寧に持って帰り、
すぐに飾り棚に保管しておき、基本的には人の手が触れられない所で厳重管理をしているという感じでもあります。

ツインテのさくらんぼうの髪飾りを後ろから眺めるとこんな感じになるのですけど、ツインテを引き締めるいいアクセントに
なっていると思います。
そして桜ミクの絶対領域も素晴らしさも後ろから眺めると更に魅力がマシマシになっていると思います。



014_convert_20190309161104.jpg

020_convert_20190309161146.jpg


この桜ミクはピンク色トーンなのですけど、桜ミクに関して言うと色はピンク色という言い方ではなくて「桜色」という
表現にしたいほど、ボーカロイド名曲が盛りだくさんの「桜」のイメージにふさわしい桜色満開のミクだと思います。

桜ミクの満面の笑顔もとてもかわいいし癒されます!

ツインテもニーソもミニスカもネクタイもみんな桜色という統一感がすてきだと思いますし、桜色と白色の
コントラストはやっぱり桜の季節に最もふさわしい色彩と言えそうです。

ポージングとしては少し前のめりという感じなのですけど、これは今にもミクが自分だけの春を見つけてそこに飛び込んでいく
といった前向きで躍動感溢れる感覚が伝わってきていると思います。

そして桜色のミニスカと桜色のニーソがもたらす桜ミクの絶対領域の美しさは神聖さにも溢れているとすら感じます!


021_convert_20190309161207.jpg

013_convert_20190309161043.jpg


今現在は既に桜は散っているのですけど、この桜ミクフィギュアは来年の桜の季節に桜の木の下で飾り、
共にお花見をさせて頂きたいものです!

VOCALOID桜曲もすてきだけど、同じくらい桜ミクも素晴らしいと改めて感じたものでした!


kagaminerinn_convert_20130228135007.png



ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれた
イラストのご紹介コーナーです!

本日はVOCALOID桜曲や桜ミクに関連する記事でしたので、やはりここはアミグリさんが過去に描かれた
ボーカロイドキャラの皆様をお披露目させて頂きたいと思います。


上記のボーカロイドキャラのイラストはアミグリさんが2013年2月に描かれた鏡音リンです。

このリンについて少し補足をさせて頂きますと、ボーカロイド2「鏡音リン・レン」の少女の方です。
ちなみに鏡音レンは少年の方ですし、この下のアミグリさんの描かれたイラストにも登場してきます!

リンは金髪碧眼で頭の白い大きなリボンが特徴で、前髪を4つの白いピンで分けています。
ショートヘアといってもいいのかもしれないですね。

黄色とグレーを基調としたセーラー服がとってもかわいいです!
胸当てにはト音記号のマークが描かれていますが、多分ですけどこれは「高音域」を示唆しているものと
思われます。

アミグリさんが描かれたリンですけど、この少しボーイッシュな雰囲気とか元気一杯の感じが実に素晴らしいです!
頭の白のリボンも可愛いですし、ピースサインもリンちゃんらしいですし、
このセーラー服をイメージした衣装がとても可愛いと思います!

ボーカロイドの私の大本命はルカ様とMEIKOなのですけど、アミグリさんが描かれたこうした元気一杯のリンを見てしまうと
「やっぱりリンちゃんもいいよねぇ!」となってしまいそうです~


renkundesu_convert_20120926164953.png



続きまして、アミグリさんが2012年9月に描かれたボーカロイドキャラの鏡音レンです!

ボーカロイドのキャラというとやはり初音ミクが一番有名で世間認知度も高いと思うのですけど、
ミクの他にも、ルカ様・ゆかり・GUMIちゃん・MEIKOなどすてきなボーカロイドキャラは一杯いるのですが、
世間の一般的な誤解としては、 ミクの印象度と知名度があまりにも突出しすぎているのかな・・とも感じたりもします。

既に上記で触れた通りレンは男の子なのですけど、当ブログというかアミグリさんが描かれた男性キャラのイラストは
大変珍しいだけに、このレンのイラストはとても貴重なものがあるといえそうです。

アミグリさんが描かれるレンは純真なかわいい男の子という雰囲気が見事に伝わってきていると感じられます!

こんな事書いたらアミグリさんに怒られるのかもしれないですけど、レンくんはこのままスカートを着用して頂き、
「男の娘」としてデビューされても全然違和感がないような可愛らしい仕上がりだと思います。

金髪ではねた髪もとてもかわいいですし、リンより少し短い髪を後ろで結っているのもボーイッシュな雰囲気はあるけど、
やはりちょっと女の子っぽい雰囲気もありそうですね。
黄色と黒色を基調としたセーラー服もとてもよくお似合いだと思います。

アミグリさんが描かれる男の子は、女の子と同じようにとってもかわいく美しいけど、ボーイッシュな雰囲気もきちんと
漂わせているのは「さすが!」と思いますし、同時に
「めったに描かない男の子も美しく描かれる点はさすがに巧いな~!」と脱帽してしまいます!


nekomimikusan!!_convert_20130321185307.png


続きましてアミグリさんが2013年3月に描かれた可愛いネコ耳ちゃんの初音ミクです。

アミグリさんは、ルーミア・咲夜さん・多々良小傘・早苗さん等に猫耳をコラボさせたとってもすてきなネコ耳作品も
既に何枚か描かれているのですけど、ミクのネコ耳もとってもかわいいと思います!
上記の桜ミクもとても美しくてかわいかったですけど、こうしたネコ耳のミクもよくお似合いだと思います。

ミクというと最近は「五等分の花嫁」の影響もあり、中野三玖の方を思い起こしてしまいそうでもあるのですけど(汗・・)
中野美玖も初音ミクもどちらもとっても魅力的なキャラだと思います。

2013年当時はアミグリさんにとっては淡い色彩という作風が目立つ時代でしたけど、
このネコ耳のミクさんは色彩がくっきりと感じられ、色のトーンで言うと明るさと濃さの方をより強く感じたりもします。
そしてそれがミクの華やかさにも繋がっているようにも感じられたりもします。
全体を青系トーンでまとめておちついた雰囲気を出しつつも、
(爪の水色のマニキュアが印象的です)
頬や口元などに赤系を加えることで、よりカラフルさを出しているようにも感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれたボーカロイド関連のイラストの権利は、上記の作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいミクを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
繧ウ繧ウ繧「_convert_20190331195645


本日、4月10日は、女性の日・ヨットの日・四万十川の日などでもあるのですけど、
4月10日は「ご注文はうさぎですか?」に登場するココアこと保登心愛の誕生日でもあります~!

ココア----!! お誕生日おめでとう!!と心から祝福してあげたいです!!

でもココアにとっていっちば~ん!のプレゼントは、チノから「お姉ちゃん」と呼ばれることなのかもしれないですね~

そうした4月10日のココア誕生日を記念して、総合スーパー「イオン」にて、
「ご注文はうさぎですか??」×「森永製菓」のキャンペーンが今年も実施されます!
森永ココアを含む対象の森永製菓 食品を2個お買い上げの方に、3/26~からはオリジナルクリアファイルを1点
プレゼントされ、4/2~からはオリジナルのミニ色紙がプレゼントされます!



001_convert_20190329152601.jpg


「ご注文はうさぎですか??」のメインヒロインの5人の皆様はシャロや千夜ちゃんなどみんなとってもかわいくて魅力的なキャラ
ばかりで私も全員大好きですけど、その中でも群を抜いて大好きなキャラがココアです!
そんな大のココア好きの私ですので、これは3/26のキャンペーン初日に駆けつけないわけにはいかないですね~

そんな訳で対象商品をゲットし無事に上記の可愛いかわいいココアのクリアファイルをゲットしてきました!

ココアが森永ココアを差し出してくれているとってもかわいいデザインだと思います!
ココアの誕生日を記念したコラボなので、「4月10日」という誕生日の日付がきちんと入っているのは素晴らしいと思います。
バックの桜は春をイメージしていて、ピンクというカラーはココアのイメージカラーでもありますのですてきな調和と統一感が
図られていると思います。

対象商品は本来ならば「ココアを2つ購入しココアのクリアファイルをゲット」というのが望ましいのかもしれないですけど、
我が家はうちの奥様が大の飲み物としてのココア好きのため、既に大量のココアのストックがあるため、ココアではなくて
私の大好きな甘酒を購入しました!

ココアの入れてくれたココアなら何杯でも飲めますし、ココアが焼いてくれたパンと一緒にココアを飲むことができれば至福の
ひと時をすごす事ができると思います!
今回のコラボクリアファイルの裏面には、小さなココアも描かれています。


縺薙%縺・convert_20190402121001


今回の「ご注文はうさぎですか??」×「森永製菓」のキャンペーンにおいては、ミルクココアスティック缶も登場しています。

2017年11月7日の「ココアの日」に一度このミルクココアスティック缶も発売されていて、お値段が一缶1600円前後と
かなり高めでしたけど缶にデザインそれたココアがとっても可愛かったのですけど、昨年・・2018年のココアの日には
そうしたコラボキャンペーンが展開されていなくて少し残念だったのですけど、2019年のココアの誕生日のときに
再度、ミルクココアスティック缶を発売してくれていてとてもうれしかったです!

このココアデザインのミルクココアスティック缶の商品概要は下記のとおりです。

ミルクココア(12g:スティックタイプ)10本入り オリジナルデザイン缶仕様
オリジナルふにふにストラップ付
本体価格 1,680円+消費税
発売元:森永製菓株式会社

そしてこのふにふにストラップのココアがとってもゆるゆるかわいいです~!


003_convert_20190329152621.jpg


上記のとおり、ココアのクリアファイルをゲットするために購入したのが森永の甘酒でしたけど、
最近の甘酒は、普通の味に加えて、しょうが味とかいちご味などたくさんの味が商品化されているものなのですね~

甘酒って以前より「飲む点滴」とすら言われていた事もありますし、特に米麹から作られた甘酒は身体に大変
効能があると表されてもいます。
確かに、私自身も小さい頃に風邪を引いた時とか熱を出して食欲が無い時は、寝る前に卵酒か甘酒を飲まされていたような
記憶があります。
そうそう、これってよく勘違いされるのですけど、甘酒とひな祭りでお馴染みの白酒は似て非なるものとの事です。
白酒は、焼酎やみりんなどに麹や蒸した餅米を仕込んでもろみを1ヶ月熟成させすりつぶして作ったお酒のことです。
アルコールは9%前後あり、サザエさんの原作・新聞掲載版においてもワカメちゃんが白酒をたらふく飲んで
酔っぱらっているシーンもあったりします。

甘酒というと、お粥みたいなお米の粒々が入った甘いお酒というイメージがあり、どれも同じなのかな・・?と
思われがちなのですけど、実は甘酒には、米麹で作るものと酒粕に砂糖を加えて作るものとの2種類があるそうです。
飲む点滴と言われる甘酒は主に米麹で作られたものです。
米麹は、蒸した米に麹菌を散布し、繁殖させて作ります。米を発酵させるとブドウ糖などの甘み成分が作られ、
砂糖を加えなくても自然な甘みが伝わってきます。
一方の酒粕は、米麹に酵母菌を加えてさらに発酵させて作ります。栄養成分が凝縮され味に豊かなコクが感じられます。

「飲む点滴」という呼び名の由来は、ブドウ糖や無機イオンなど栄養成分が点滴と似ているからとの事です。
そして脂質をエネルギーに変えるビタミンB群も豊富に含まれるため体にパワーを与えてくれます。

甘酒の効能を挙げてみると・・

〇消化吸収を助けるので、胃腸に優しい

〇腸内環境を整え、便秘の予防・解消に効果が期待できる

〇血行と代謝を促進。美肌効果も抜群!

〇ダイエットのサポート飲料として適している

また酒粕からできる甘酒で注目したいのは、睡眠を誘発するアデノシンを活性化してくれる清酒酵母であったりもします。
寝る前に飲むと睡眠の質を上げるという研究結果もあり、疲労回復・免疫力アップが期待できるとの事です。


縺薙%縺。縺ョ_convert_20180518155111

6320122-728x370_convert_20180518225515.jpg


原作漫画もアニメも「ご注文はうさぎですか??」の世界観はかわいらしさに満ち溢れていると思います!

キャラ的には、ココアと千夜が天然さん系のボケ役で物語の中ではメンバー達を振り回すという立ち位置で、
チノ・リゼ・シャロがしっかり者系のツッコミ役でココアと千夜の壮大なボケにいつも振り回されているみたいな
印象もあるんじゃないのかな・・?とも思ったりもします。
それよりも、ココアと千夜の波長があまりにも合いすぎで逆に恐ろしいものもあったりしますね・・(笑)
全体的にはココアはチノのよき優しいお姉さんという立ち位置だったと思います。
ココア本人には妹がいなくて、年の離れた兄と姉がいるという家庭環境なのですけど、そうしたココアの
「チノを自分の妹みたいに可愛がってあげる」みたいな優しさもある一方でココアには実はすてきなシスコンでもあったというのも
この作品の一つの魅力なのかもしれないですね。

ココアのチノに対するすてきなシスコン振りの発揮というと一期でも二期でもすてきな名シーンが多々ありましたけど、
私的には一期第11話のクリスマス回にて、「バイトがあるのでクリスマスパーティーには行けないのかもしれない・・」とジト目の
シャロに対してココアとチノがほぼ同時丸被りの「じゃあ、バイトが終わったらクリスマスパーティーに来ればいいよ」と
見事なハモリを見せてくれたシーンと、
最終回の第12話の一番最後のラストシーンにて、寝坊して爆睡しているココアをチノが起しに来て、
中々目覚めないココアの耳元でささやくように小さな声でチノが「お姉ちゃんのねぼすけ」と語りかけたら
ココアがガバッと反応して起き上がっていたシーンは大変印象的でもありました~!