FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


当ブログの食べ物ネタは昨年から「ラーメン大好き小泉さん」の影響も多々あるせいなのか、やたらとラーメンの事ばかり
取り上げているような気もしますけど、ベビースターラーメンやぶためんやうまい棒などといった駄菓子も時にやたらと
食べたくなる時も多々ありますし、
キャベツ太郎も時になんだかやたら無性に食べたくなってしまう事も多々あり、
小袋のキャベツ太郎が一個15~20円程度という手頃さもあり、スーパーや駄菓子屋等で見かけるとついつい買い物かごに
入れたくなってしまう要因なのかもしれないですね・・(笑)

「キャベツ太郎」はトウモロコシを原材料としたスナック菓子で、青のりがまぶしてあり、キャベツ要素が実は全く何も無いという
そのテキトーさが実にすてきだと思いますし、駄菓子らしいと思います。

濃い目のソース味が病み付きになりますし、あのおいしさは昭和の頃のかっぱえびせんのCMではないですけど、
「やめられない、とまらない」、「食べだすと止まらない」、「一気に食べてしまうほどおいしい」という感じなのだと思います。

キャベツ太郎は「だがしかし」2巻 にも登場していましたね~!





キャベツ太郎の発売は1981年です。

1982年前後にもろこし輪太郎や玉葱さん太郎が発売されていますけど、
もろこし輪太郎は原材料がとうもろこしで、とうもろこしのキャラクターがパッケージに描かれていて、
玉葱さん太郎には玉ねぎ粉末が入っていて、玉ねぎのキャラクターがやはりパッケージに描かれています。
キャベツ太郎には実は原材料には微塵たりともキャベツが入っていませんし、
そもそも論になりますけどキャベツ太郎の原材料はとうもろこしです!
そして表面の緑色のつぶつぶもキャベツとも全然関係が無くて実は普通の青のりです。
キャラクターに至っては、キャベツとは縁のないカエルの警官が起用されていたりもします。

ちなみにですけど、カエルの警官はキャベツ畑を見張っているという設定になっているそうです。

そしてこのカエルの警官の正式名称やその由来、性別は公式でも特に明らかにされていません。

このキャベツ太郎のパッケージを見ると「あのカエルみたいなおまわりさんの名前がキャベツ太郎なんでしょ・・」と
感じてしまいがちですけど、
実は公式の発表では、「あのカエルの名前はキャベツ太郎である」とアナウンスされた事は一度もないとの事です。


011_convert_20190825172952.jpg


原材料にキャベツが使われていないのに商品名がどうしてキャベツ太郎であるのかという理由については
「形が芽キャベツに似ている事と青のりが付いている状態だと緑色になることがキャベツに近い」と公式では
説明がなされています。
キャベツというのは素材ではなく、キャベツの形状と色に由来があるのですね~

それにしても原材料にキャベツが使用されていなくても商品名はキャベツ太郎であり、商品デザインがカエルであるのに、
このカエルの名前がキャベツ太郎であるか否かはいまだに公式の見解か示されていないというのも
駄菓子のテキトーさ・ゆるさの象徴と言えるのかもしれないです。


縺阪c縺ケ縺、_convert_20180914135738


「だがしかし」の第二巻においてもこのキャベツ太郎は登場し上記で書いたようなほたるちゃんの
うんちくが炸裂しています~(笑)
「ラーメン大好き 小泉さん」においても小泉さんはラーメンに関するうんちくを熱く語る場面は何度もあるのですけど、
小泉さんはその時でもあのクールビューティさ・落ち着きは変わらずです。
だけどほたるちゃんの場合は、駄菓子のうんちくを繰り広げる時には大抵の場合、オーバーアクションのハイテンションな言動
というのが「だがしかし」の世界の日常的な光景でもありましたし、この点が「ラーメン大好き 小泉さん」との
大きな違いと言えるのかもしれないです。

そうそう、ラーメン大好き小泉さんの小泉さんとだがしかしのほたるちゃんのアニメでの声優さんはどちらも竹達彩奈さん
なのですけど、小泉さんであんなにもミステリアスなクールボイスをお披露目されていたのに、
ほたるちゃんではあんなにもハイテンションボイスをお披露目されていた事を考えると声優さんの声の使い分けというのか
声の演技力については脱帽するしかないくらい素晴らしいものがあると思います。
竹達彩奈さんは今年の6月に御結婚を発表されていましたけど、この場を借りて「おめでとう~♪」とお伝えさせて
頂きたいです。


_convert_20190825185700.jpg


うまみちゃんは実はうまみちゃん公式twitterをかなり前から既に開設済でして、この中にうまみちゃんの公式漫画も
登場しています。
この公式漫画の中ではうまみちゃんは、ウマイアミ高校日本校の美少女転校生という位置づけで描かれていて、
この学園内でのお話とか兄のうまえもんとの交流がとてもほのぼのとしたタッチで描かれています。

この四コマ漫画の中のうまみちゃんは高校の制服ではなくて「うまい棒」でのあの衣裳デザインを纏って
登校しています。
授業中でもあのうまい棒帽子を被っていて、うまみちゃんがあの帽子を外してしまうと、担任の先生も
「あれれ・・本日はうまみは休みか・・?」と勘違いを起こすほど実はすでにあの帽子が校内でも馴染んできているという事
なのかもしれないです。
そうそう、この四コマ漫画ではうまみちゃんはスクール水着姿もかわいい白水着も、私服も色々とお披露目してくれていて
とても楽しいものがあります!

キャベツ太郎とうまい棒の販売メーカーはやおきんという事で同一メーカーという事もあり、
うまい棒のうまみちゃんの公式Twitterの公式漫画においても実は、キャベツ太郎というも登場してます。

この漫画の中では、子供たちの枕元にうまい棒を置いて帰るという「物は盗まないけど子供たちのハートを盗んでいく」という
怪盗の話が出ていましたけど、その正体はどうみてもうまみちゃんそのものですよね~♪
どうせなら我が家の枕元にもうまい棒を置いていってもらい、私のハートをハートキャッチしてほしいものです~


_convert_20190825185638.jpg


そうそう、うまみちゃんの等身大フィギュアも実は既に制作されていて、全国展開するキャンペーンで既に活用もされていて
写真撮影といったイベントも開催されているそうです。

うまみちゃんのお兄ちゃんのうまえもん等身大フィギュアもなぜか登場していますけど、
「うまえもんはどうでもいいので、うまみちゃんの出番をもっと増やしてもっともっと全国展開してほしいよね~」と
ついつい感じてしまいそうです。


sidare-hotaru-01_convert_20160224105151.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記の「だがしかし」のほたるちゃんのイラストは、アミグリさんが2016年2月に描かれた作品です。
ほたるちゃんが手にしているのはうまい棒です~♪

アミグリさんが描かれたこのほたるちゃんは、原作の雰囲気をそのまんま丁寧に且つ美しく再現されていますけど、
同時にアミグリさんらしいオリジナルティーも十分に伝わってくるとっても素晴らしい一枚だと思います!!

ほたるちゃんの原作における確かに美少女なんだけど少し変わっているとかあの独特なハイテンションな感じとか
幾分焦点が定まらない感じの目つきを尊重された上で、
アミグリさんらしいビューティフルでファンタジーな感じがとてもよく出ていると思います。
アミグリさんが描かれると、ほたるちゃんの目つきも全然ヘンじゃないというのか
普通の恋する美少女の眼差しのようにも感じられますね~♪
もっともほたるちゃんが恋しているのは駄菓子であり、「ラーメン大好き 小泉さん」のヘンな謎の美少女JKの小泉さんが
恋しているのはラーメンです。

美少女っぽい雰囲気と胸の感じのアンバランスさとか黒いバラの飾りとか白いブラウスとか、ほたるちゃんのかわいらしさとか
駄菓子の「うまい棒」を持たせているアミグリさんの構成と演出の巧さとか
この漫画・アニメを全然知らない方にも「ほたるちゃんというこの女の子はとてもかわいくて魅力があるね~♪」という事を
すてきに伝えていると思います。
アミグリさんが描かれたほたるちゃんは、原作の「ちょっとあぶない・・」みたいな雰囲気を尊重された上で、
アミグリワールドらしいビューティフルでファンタジーな雰囲気を描かれていて、
普通のアニメ作品の模写・描写ではなくて、アミグリさんの感性・感覚としての
「私はこのように感じたからこのように描く!」という気持ちも伝わってきていて、素晴らしいと改めて感じます。

上記のアミグリさんが描かれたほたるちゃんは、その権利は全てほたるちゃんの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいほたるちゃんを描く人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



何を今更・・? みたいな話ではありますが、皆様におかれましては今年のお盆休み等の大型連休は
いかがお過ごしだったでしょうか・・?
今年のお盆は台風直撃とも重なり、帰省中の皆様の足にもかなり影響があったのかもしれないですし、
雨が続くと。外出する気にも中々なれないものですしお墓詣りすら行くのも億劫になってしまいますよね・・

さてさて、私はと言うと毎年GWとかお盆とか祝日等で愚痴っている通り、私の在籍する住宅業界は土日祝日とかGW・お盆などは
稼ぎ時という事でほぼ全員の社員が出勤し、交代交代で8月後半や9月前半に3~4日程度の短い夏休みを楽しむという
感じでもあります。
だけどこれはこれでいいものでして、お盆とか山の日等の三連休などのようにどこに行っても大混雑という日ではなくて
普通の皆様が仕事をされている時に休みを取って、そんなに混まないショッピングモールをぶらぶらするとか
お墓参りに行く方がかえってのんびりできるしマイペースで行動できるので、
私はむしろ平日休みの方が大好きですね~♪

さてさて、最近の傾向としてそうやって平日休みの際にうちの奥様と買い物等に行ったりすると、

「最近なんだか牛みたい・・」と妙な事を言われたりもします。
「え・・なんで牛・・・? 」なのかなと思っていたら、別に食べたらすぐに横になっちゃうとか ゴロゴロばかりしているとか
そういう意味ではないみたいでした。
うちの奥様は、身長150㎝前後 体重35㎏前後のちびっこ系なのですけど、 小さいくせに、動きは恐竜並にどんくさいというか
動作がベリーベリースローという感じなのです。
出会ったころはちびっこいとかロリッぼいという感じでどことなく妖精さんみたいな雰囲気もあったのですけど、それから
数十年も経過すると妖精というよりはすっかり妖怪と化しております・・(汗)
妖精と妖怪は一文字違いですけど、エライ違いでもありますよね~
妖怪は妖怪でも、東方のゆかりん=八雲紫さまのような御方でしたら私はいつでも大歓迎です~!(汗)

彼女はちいさくてちびっこなのですけど、一言で言うと、どんくさいとかとろそう・・という感じです。
それは昔も今も全く変わりはありません・・
買い物等に一緒に行っても、歩く速度が遅かったり、スーパー等の陳列棚で
「AのドレッシングとBのドレッシングのどちらを選ぶのか」迷った挙句その場で固まったりとか
トロトロ歩いていたりの繰り返しで私もついついイラッとして ・・・
「もー、何やってんだよ」とか
「もー、遅いんだから」とか
「もー早くせい」とか言う事が多いらしいのです。
彼女にしてみれば、 何かと言うと私が「もー」「もー」とばかり連発するので
「牛みたい」という表現をするようです。

なるほど、たしかにごもっともなのかもしれないです・・(汗)

人間、いくつになっても相手への気配りというか思いやりは大切ですよね・・・
休みで家でゆっくりしたいから、買い物でそんなに何か所もの行くのが面倒とか、早く家に帰ってのんびりしたいとか
早く昼寝がしたいからさっさと家に帰りたいとかで、ついついイラッとした挙句、奥様に対して「もーもー」言ったりするのは
確かに良くないですよね・・・

うーーん、確かに少し反省・・・

モーモーばかり言う牛にはならないように気を付けましょう・・・自戒、自戒・・・(滝汗・・!)


繝溘Ν繧ッ繝「繧ヲ繝「繧ヲ_convert_20180115195904

繝「繧ヲ繝「繧ヲ_convert_20180115195741


さてさて・・牛とかモーモーというと思い出すのは、3年ほど前の当ブログで一度記事にさせて頂いた
「ミルクモウモウ」という乳搾りを体感できる玩具です。

当時のメーカーのキャッチコピーが
「めったにできないアルプスの乳しぼりがお部屋で簡単に楽しめるユニークな商品です」となっていましたけど、
これはユニークを通り越してぶったまげた玩具だと思います。

水桶に水を入れ牛の頭を押ししっぽを上下に動かすと牛が水を飲みます。そしてお乳を搾ると、なんと・・!
本当に牛のお乳からミルク・・というか白い水が出てきます!
これはもちろん事前に牛の体内の所定位置に乳のように色が白くなる錠剤をセットする必要があるとの事です。
お腹いっぱいになったら首を上げるというのも画期的でしたし、何よりも・・!牛が頭を上げる際には「モォ~」と鳴き声を
ちゃんと出していることでした!

ちなみにですけどこの商品が発売されたのは確か1979年頃で、この商品は当時結構CMで流されていたような記憶が
あります。
そしてこの「ミルクモウモウ」は一度生産が中止となっていましたけど、1988年頃に再販されているそうです。
1979年頃の製品は牛の左側面の黒斑が北海道の形になっているそうでして、
1988年の再販時にはこの北海道の形の黒斑はなくなってしまったそうです。
そして再販時では金型を作り直したのか牛特有のゴツゴツした骨格の特徴が幾分弱められていて、幾分マイルドな
スタイルになっているそうです。
見方を変えるとこの玩具は精巧な乳牛のフィギュアとも言えそうですね・・・

どうして唐突にこの「ミルクモウモウ」の事にふれたのかというと、実は最近とある中古ホビーショップで、
このミルクモウモウの1979年版が箱付で売られていて、
発売当初の価格は確か3000円ぐらいだったと記憶しているのですけど、その店頭価格が35000円! 超掘り出し物!!と
提示されていましたので、
今から40年前の玩具でも箱付で保存状態がよかったりすると、こんなにもプレミア価格になってしまうものなのですね~!
昨日の記事が「ご注文はうさぎですか??」のリゼのフィギュアレビューなのですが、
「ご注文はうさぎですか??」の世界は原作漫画もアニメ作品も「全てがかわいい」から成立した世界から構成されていますけど、
そのタイトルをたった一文字変えただけで随分と変化するものですよね~

一例を挙げると・・

「ご注文はうさぎですか??」

      ↓

「ご注文はうなぎですか??」





うなぎって本当に美味しいですよね~! 昔も今も大好きな和食の一つです!

うなぎ独特のあの脂ぎったジューシー感じもそうですし、とにかくあの炭で焼いた時の香りのこうばしさはたまらないです!
あのうなぎの焼いた香りが鼻に感じ取った瞬間に、例えその時は食欲が皆無であったとしても一瞬で食欲が復活して
きそうですし、うなぎがすっぽん等と同様に滋養やスタミナの王様と言われるのもよく分かる気がします。
日本人が古くから「土用丑の日」と銘打ち、夏の暑さで体力が消耗する前に滋養のある食べ物を摂取して
少しでも夏の暑さによるバテを回避させましょうという発想も極めて妥当なものがあるのかもしれないです。

日本人にとっては古くから親しみのある食べ物であったうなぎが最近は、国産の鰻が極端に不漁とか
鰻自体が絶滅危惧種に指定され、養殖ウナギはともかくとして国産の天然鰻を口にするなんてほとんど出来なくなってきた
という事もありますし、何よりもあのとてつもない価格の高騰は、うなぎは最早庶民の食べ物どころか
高級食材を通り越し、可能性的には今後「食べたくても食べることができない幻の和食」にすらなってしまう可能性も
あるのかもしれないですね。

そうした「うなぎ」と「うさぎ」は一文字違いですけどそのニュアンスは一文字違うだけで随分と変わるようにも感じられますね~


_convert_20190709002256.jpg


「ご注文はうさぎですか??」のさの字をなの字に変えただけで随分と変化しますよね~

「全てがかわいい女の子」から構成されているご注文はうさぎですか??の世界観と「全てがおいしい~♪」から構成される
うなぎの世界観は180度違うものと言えるのかもしれないです。

以前聞いたトヨタのラジオCMにおいても「一文字違うだけで全く意味が違うじゃん!」というCMがあり、仕事中の移動中の
車内BGMとしてラジオを掛けていた際にトヨタのアクアのラジオCMが流れていた時は、とてつもなくクスッ・・と
なってしまったものでした~♪

一例を挙げてみると・・・

〇「先輩、それは違うのでは・・?」 「うるさい! 歯ごたえするな!」 (歯ごたえ→口ごたえの言い間違い)

〇「そんな恰好で夜中にみだらに歩いてはダメだよ」 (みだらに→みだりにの言い間違い)

〇(お見合いの場で)「あのご趣味は?」 「はい、おとこを少々・・」 (男ではなくてお琴の言い間違い)

〇「この想いをあの人に伝える!」 「その願い、成仏できるといいね」 (成仏ではなくて成就の言い間違い)

〇「ご注文は?」 「ハンバーグセットをテイクオフで」 (テイクオフではなくてテイクアウトの言い間違い)

〇「私、かわいくないからダメかも~」「大丈夫、人間の顔じゃないよ」 (「人間は顔じゃないよ」の言い間違い)

そしてトヨタのCMとしても「これが言い間違いではなくて踏み間違いだと大変な事になる」と締めていたのも
巧い!と感じたものですけど、さすがに最近の高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違いの多さが社会問題になっていて
このCMは批判されるのかも・・という感じで最近は流れていないのがちょっと勿体無い感じもします。

それにしても改めて日本語は奥が深いしニュアンスが難しいと言えそうですね。
先日とある道路を歩いていると普段渋滞なんて発生していない道路で渋滞が発生していて
「何か事故でもあったのかな・・?」と感じて更に先を進んでいくと、そこには少しばかり予想外の光景に
出くわしました。

なにかと言うと信号のある交差点にて、どう見ても90歳近い老婆が自転車に乗りながら犬を散歩させていたのですけど、
(というか、あんな歩くのもヨボヨボの老婆が自転車に乗りながら同時に犬のリードを引っ張っているのは
いくらなんでも無謀なのかもしれないです・・)
交差点内でなぜか犬が立ち止まってしまっていて、いくらリードを強く引っ張ってもピクリとも動かず交差点内で
固まってしまっているみたいな感じでもありました。
そのうちに信号が赤に変わり、反対方向の車が動き出したくても交差点の中央付近で老婆と犬が取り残されているような
状態でもありました。
それにしてもあの犬は雑種の小型犬でしたけど、とにかく梃子でも動かない!という如く、交差点中央付近で
仁王立ちしている感じで、老婆が「早く信号渡って」とか「動いて」と指示しながらリードを強く引っ張っているものの
全く動く気配はありませんでした。
あの犬は反抗期だったのかご機嫌が悪かったのでしょうか・・?

私自身ネコ派であり大の猫好きで、ワンちゃんは実はそれほど得意ではないのですけど、さすがにあの状況はやばいと
思い、我ながらおせっかいなのかも・・と思いながらもその小型犬を歩道に誘導しようと思い近づいたのですけど、
その犬は突然ワンワン吠えだし近づこうとすると噛みつかんばかりの勢いでしたので、
「これは困ったね~」と多分誰しもが感じていたと思います。

そしてその後に予想外のすてきな展開が待っていました~!

なにかと言うと、突然10代のJKさんと思われる美少女が(あの制服は多分近くのW高校なのかも・・??)
そのワンワン吠えまくる犬に近づいたと思うと、ひょういとその犬を抱きかかえ
「よしよし、いい子だね~」と頭をなでなでしていると、その犬もすっかりおとなしくなってしまい、歩道に出て老婆にその犬を
引き渡していました。
そしてそのJKさんは犬を老婆の自転車のかごの中に入れて、
「おばあちゃん、その犬、歩きたくないと言っているようだから、そのまま自転車のかごに乗せて家まで連れて帰って
あげてね」と優しく諭していました。

あの犬は人間で言うとおっさんで、「(私のような)男性に誘導されるのは嫌だけど、美少女JKさんに抱きかかえられるのなら
いう事聞くのかも~」と感じていたのかもしれないですね・・(汗)

それにしても車道の渋滞にはこんな思いもしない原因がある時もあるという事なのかもしれないですね~




_convert_20190713174140.jpg


「美少女が犬を抱きかかえる」というと、私的には「ラブライブ! サンシャイン!!」第二期第5話の「犬を拾う」の回を
思い出してしまいます~♪

「犬を拾う」はファンの間からは犬回と親しまれている回ですけど、話の概要としては、
ラブライブ!地区大会に向けて練習に励む中、善子は嵐の夜に迷子の子犬を拾ういます。
善子の家はマンションのため犬を飼えないため、こっそり社の境内で面倒をみていたところを梨子に見つかった善子は、
梨子に子犬を少しの間預かってほしいと依頼し、梨子も最初は戸惑いながらも徐々にその子犬と仲良くなっていき、
善子と梨子の間に犬の取り合いすらも発生してしまいます。
だけどその子犬の元の飼い主が見つかり引き渡すことになってしまい、何か大切なモノを失ったの如く虚脱状態になった
梨子と善子の交流を描いたのが「犬を拾う」の主な話となっています。
(よしりこのカップリング回とも言えそうですね~)

善子というと「堕天使ヨハネ降臨!」でお馴染みのメンバー内でも相当痛い子でもあるのですけど、
この犬回で見せてくれた善子はそうした痛い子という側面以外でも普通の女の子らしい感覚も見せてくれていたのは
とてもすてきでした!

私さ、小さい頃から凄い運が悪かったの
外に出ればいつも雨に降られるし、転ぶし、何しても自分だけ上手くいかないし。それで思ったの
きっと、私が特別だから見えない力が働いているんだって
それで、堕天使…
もちろん堕天使なんているはずないって、それはもう何となく感じている…
クラスじゃ、言わないようにしているし…

でもさ、本当にそういうの全くないのかなって…
運命とか、見えない力とか…そんな時、出会ったの。何か見えない力で、引き寄せられるようだった…

これは絶対偶然じゃなくて、何かに導かれてるんだって、そう思った

不思議な力が働いたんだって…

このあたりの善子の言葉はとてもすてきでしたね~

善子の幼馴染のずら丸ちゃんは「小さい頃の善子は天使と名乗っていた」と言っていましたけど、
天使がどうして堕天使に転化していったのかというのもこの犬回で善子の口から語られていたのも
大変良かったと思います。

天使だと言っていた自分が普通だと分かった時、これが本当の自分の姿なのかと思うようになり、
それで自分は堕天使だと思い込むようになったというのが善子の話でもあるのですけど、この犬回からは
善子は単なる痛い子ではなくて、そこには善子の実は自分自身をきちんと見つめて意外と案外まともに自己分析が
出来ている子であることも示唆されているのは大変よかったと感じられます。

「堕天使なんているはずない」と感じていると語る善子ですけど、それでも「運命とか見えない力とかがこの世界に
あるかもしれない」ということを、心のどこかで期待していると善子は語りますし、
善子をはじめAqoursのメンバーの誰もがその見えない力を信じてラブライブの勝ち抜けや学校統廃合回避を目指して
頑張っていたという事も言えそうですね。

なぜか話が唐突にラブライブ! サンシャイン!!に飛んでしまいましたけど、とにかく美少女と犬の組合せと言うものは
リアルでも二次元でもすてきだと言う事なのだと思います。




温泉って本当に癒しの場だと思いますし、日本人にとっては心のふるさとと言えるのかもしれないです!
最近では全国各地に天然温泉のスーパー銭湯や日帰り温泉もあるのですけど、自分の住んでいるエリアから遠く離れた
エリアに宿泊を伴う温泉旅行というものは、心身ともにリフレッシュ出来ると思いますし、
温泉に何も考えずにのんびりと浸かって日頃の疲れを取るだけで十分に遠い所に温泉に浸かりに来た効果はあると
いえるのかもしれないですね。
温泉のお湯自体にどこまで疲労回復効果や体への治癒効果や効能があるのかどうかは正直あまりよく分からない面は
多々あると思いますし、温泉に入ったからと言って疾病や過去傷に対して何かしらの医療的効能がある訳ではないというのも
理屈としてはよくわかるのですけど、実際はそうした効能というよりは気持ちの問題というのか
遠い所に温泉旅行としてやってきて、のんびりと温泉に浸かる事やのんびりまったりとした時間を過ごす事や
何もしない事や美味しいものを食べる事によって心身をリフレッシュさせるという効果の方が大きいのかもしれないです。

以前なのですけどうちの奥様と2泊3日で大江戸温泉物語・日光霧降でのんびりまったりとした時間を過ごさせて
頂いたことがあるのですけど、こういう温泉リゾートはGWの連休明けの頃や6月等の閑散期の平日に早期予約を
しておくとかなり信じられないほどリーズナブルな価格で宿泊できるのがすてきだと思います。
私自身、土日出勤の平日休みというシフトでもありますので、そうした平日宿泊プランというのは平日休みの者にとっての
一つの特権と言えるのかもしれないです。
大江戸温泉物語・日光霧降は露天風呂も内風呂もすてきですし、朝と夕の食事は全て大皿形式ではなくて
一つ一つが小皿タイプになっているバイキング形式で、料理も大変美味しくて
料理も小皿と言う事で元々が量が少ないので、数多くのメニューの中から数多くのメニューを自由に選べて
複数のメニューを味わえるというのが大変よかったと思います。
(今現在もそうしたシステムになっているかは不明です・・)
そして大江戸温泉物語・日光霧降で大変よかったと感じたいっちば~ん!の点は何かと言うと、館内で自由に24時間
利用できるPCが5台もあり自由にネット環境を使いたい放題だった上に、館内の漫画コーナーがかなり充実していて
多分3万冊以上はありそうな漫画を自由に閲覧できるというのはとてもありがたいものがありました!
うちの奥様はとにかく大の漫画・アニメ好きの御方で、特に70~80年代の少女コミックやBLものや少しマニアックな作品を
好む傾向にあるのですけど、そうした彼女をしても
「かなり充実した漫画コーナーで品揃えも申し分ないし満足度が高い」と言わせしめていました。
(今現在も館内にそうしたPCコーナーや漫画コーナーがあるかは不明です・・)
結果として温泉にのんびり浸かって美味しいバイキング料理を味わって、温泉とご飯の合間で漫画を楽しむという生活を
三日間に渡ってリーズナブルな料金で味わえたのは大変良かったですし、
あの時は大変リフレッシュをさせて頂いたものです。

そうした訳で温泉+漫画というのは大好きな人にとっては心身をリフレッシュさせるうえでこれ以上無い理想的な
組合せといえそうなのですけど、そうした温泉+漫画のパラダイスというのか聖地が
関東からはちょっと遠すぎるというのがネックではあるのですけど、
鳥取県・倉吉市にあるホテル「グリーンスコーレせきがね」で今年・・2019年4月7日から、
マンガ20万冊以上が読み放題のサービス「ふるいち 関金温泉まんが王国」として開業されています!
「ふるいち」というと古本・中古フィギュア・漫画・DVD・玩具等で大変馴染みが深い「古本市場」の略語でもあるのですけど、
古本市場が自治体とタッグを組む形で鳥取のグリーンスコーレせきがね内にて
そうした温泉と漫画を組み合わせた温泉施設をオープンさせたというのはとてもすてきな事だと思います。

常時コミックを20万冊以上陳列させているそうですが、
温泉+マンガという組み合わせはそう珍しくないものの、20万冊以上という数字はかなりのインパクトだと
思います。
私がたまに行く埼玉県内のスーパー銭湯や日帰り天然温泉でも館内にコミックは置かれているのは普通の光景でも
あると思いますが、20万冊常備というのは驚異的だと思いますし、これは古本市場が運営に携わっているから
実現できたと言えるのかもしれないです。
温泉好きと漫画大好きの皆様にとってはまさにパラダイスだと思います!

ちなみにですけど関金温泉は、鳥取県倉吉市にある温泉で、泉質は放射能泉で
三朝温泉に次いで日本国内第2位のラドン放射能を有する無色無臭の美湯との事です。
館内でのコミック陳列は常時20万冊以上との事ですけど、コミック蔵書総数合計26万冊との事です。
温泉に入りながら漫画・コミックが読み放題と言う事で、これは間違いなく日本一の圧倒的数量の漫画温泉と
言えると思います、
漫画に飽きたら温泉を楽しむというのは最高の楽しみ方とも言えそうです"

利用料金は日帰りの場合、温泉・ドリンクバー付きで12時間1000円とかなりリーズナブルなうえに
1泊36時間滞在なら5000円~7000円前後の宿泊料金というのも素晴らしいです!
(ちなみに食事は付きません・・食事はオプション扱いですけど、定食は1食1000円前後ですので、これだけ漫画と温泉を
堪能できて定食利用ならば6000~8000円前後の利用価格というのは大変魅力的です!)

この設備が埼玉県内にもあればいいのに~とついつい感じてしまいそうです。


024_convert_20190707172140.jpg

025_convert_20190707172158.jpg


鳥取県といえば「まんが王国」をうたい、鳥取砂丘コナン空港や境港市の「水木しげるロード」などを整備して、
地域活性や観光振興に結び付けている県でもあります。
埼玉県が埼玉県内にアニメ聖地をもっと増やそうとアニメに大変力を入れているのと少しばかり似たような感じもあります。

「ふるいち 関金温泉まんが王国」がある倉吉市も、2016年より市がWeb連動型の音楽企画「ひなビタ♪」とのコラボイベントを
開催したり、2018年に約2000点のフィギュアを展示する「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」をオープンさせたりと、
サブカルチャーとの連動が目立ちます。
そうした意味においては、ふるいち関金温泉(グリーンスコーレせぎかね)という日本一の漫画温泉が鳥取県にオープン
したのも必然的な理由があるのかもしれないですね。

館内の廊下やロビーには漫画本棚が溢れんばかりに置かれ、さらにはマンガの本棚だけが置かれた専用部屋も5室
あるとの事です。
少年、少女、青年といった具合に、区画によってジャンルごとに整理されているそうですし、女性専用ルームと言う事で
男性入室禁制というスペースがあるのもすてきな配慮だと思われます。
その女性向けのコーナーは、畳敷きの元宴会場を3室使い、ボーイズラブ作品を含む3万冊を提供するうえ、
一人一人の席が間仕切りされた読書ルームまで用意されているきめ細かい配慮も、これは日本のお家芸の
「おもてなし」とも言えそうです。

館内には漫画やアニメキャラのポスターやタペストリー、ぬいぐるみ、フィギュア、等身大パネルなどがそこかしこに
配備されていて、一見すると痛車どころか痛温泉宿にも見えそうですね~♪

1泊2日の宿泊プランの場合、選べる客室3タイプと言う事で
タイプ①  ¥5,000  タイプ②  ¥6,000  タイプ③  ¥7,000 の3パターンがあるようです。
宿泊付き・温泉入浴付き・フリードリンク付きなのですけど、前述の通り食事はこのプランには付いていません。
オプションとして朝食付 ¥1,000のバイキングまたは和定食が用意されるほか、
夕食として¥1,000の・からあげ定食 ・おろしハンバーグ定食 ・牛丼(汁・漬物付) ・親子丼(汁・漬物付) ・カレー(サラダ付)
という定食があるのも嬉しいです。
更に贅沢を楽しみたい場合には山賊御膳 ¥2,000(税別)・和牛ステーキ御膳 ¥3,500(税別)・すき焼き会席 ¥5,000(税別)
・和牛ステーキ会席 ¥6,000(税別)というオプションも用意されています。


_convert_20190712181233.jpg

_convert_20190712181208.jpg


冒頭でも触れた通り、確かに埼玉県内にもマンガを置いている温泉やスーパー銭湯は数多く存在していますけど、
それでもそこの常備コミックは一般的に数千~1万冊が限界だと思われます。
埼玉にもマンガ図書館はありますけど、ここでもせいぜい約5万冊ぐらいですし、
一般的な中古書店のコミック在庫がだいたい7~10万冊ほどらしいので、
20万冊という数字がいかにとてつもない数字であり、しかも在庫がさらにあと6万冊近くもあるというのは驚異的な事だと
思います。

見た感じも本がぎっしりと詰まっているとか落ち着かない雰囲気という感じでは全く無くて、むしろ落ち着いた環境と
スペースの中で、ゆったりと自分の大好きな作品をのんびりゆっりたりと読む事が出来そうですし、
コミックに飽きたら温泉に浸かり、そしてまたコミックの世界に浸るという事の繰り返しを楽しめそうですし、
こうやって漫画と温泉だけを楽しんでいると、普段の世俗での嫌な出来事を全て忘れられそうですね~♪
館内も大変整理されていてすっきりとしているという雰囲気が漂っていると思います。

ホテルを運営するトラベルシリウスだけでなく、古書店チェーン「古本市場」で知られるテイツー、
そして自衛隊岡山地方協力本部の萌えPRキャラを手掛けるインクの3社がこのふるいち関金温泉の管理運営に
携わる事で万全のサポート体制が出来ていると言えそうです。
そしてこの施設の更に素晴らしい点は数だけでなく質という点でも力を入れているという事であり、
ネットカフェなどでは新しめの作品が中心となりますが、
このふるいち関金温泉においては、新しい作品も古かったりマイナーだったりする作品までカバーしている点は
まさに文句のつけようがないという感じなのだと思います。


_convert_20190712181254.jpg


本の陳列スペースの合間合間で、漫画やアニメキャラのポスターやタペストリー、ぬいぐるみ、フィギュア、等身大パネルなどが
置かれている事もすてきな配置センスだと思います。

コミックに飽きたら、こうしたタペストリーやフィギュアを眺めているのも面白いものがあると思います。


_convert_20190712181133.jpg


鳥取と言うと埼玉からではちょっと遠すぎて中々行く事は出来ないエリアではありますけど、
こうした温泉と漫画がコラボした温泉施設にはとてつもなく興味を感じますね~♪

温泉と言うと最近の当ブログでも何度かレビューさせて頂きました「温泉むすめ」が頭に思い浮かびますけど、
今の所、温泉むすめの中に「関金温泉」が含まれていないのはちょっと勿体無い感じもあったりもします。

温泉むすめは、鉄道むすめやバスむすめと同様に観光地・駅等を擬人化した萌えプロジェクトと言えると思います。
各地の温泉地を萌えキャラクター化して、アニメーション、漫画、ゲームなどのメディアミックスが展開されていて、
2016年11月よりプロジェクトが始まり、2017年3月15日には動画工房制作によるイメージPVアニメが公開され、
本格的にこのプロジェクトの稼働が開始されています。
現時点では全47都道府県と台湾の110人の温泉むすめが公開されているのですけど、正直まだまだ知名度は低いですし、
「温泉むすめ、なにそれ~!?」という感じなのかもしれないですけど、
このプロジェクトが今後盛り上がっていく事にも期待をさせて頂きたいです。

温泉むすめは総勢110人のキャラと言う事で、正直誰が誰だかよくわからないという感じでもあるのですけど、
温泉むすめの主要キャラクターは全員温泉の神様であったりもします。

ふるいち関金温泉にもしも温泉むすめという温泉の神様がいらっしゃるとすると、それは間違いなく漫画の神様と
言えるのかもしれないです。

カルピスは昔からある素晴らしい定番商品の飲み物だと思います!

夏場のカルピスウォーターは、まるで水とかポカリスエットを飲むような感覚でゴクゴクと最後まで一気に
飲めてしまいそうな感覚ですし、
夏場に飲むカルピスウォーターは本当に爽やかでとっても飲みやすいと思います!
私自身も夏場に飲む清涼飲料水は、冷たい緑茶と麦茶、そしてこのカルピスウォーターがあれば
他の清涼飲料水は何も要らないという感じなのかもしれないです~♪

カルピスという商品は昔も今も濃縮タイプで、これを飲む際は水で薄める必要があるのですけど、
濃縮しないで最初から水で薄めた商品というのは、実は昭和の頃には存在はしていませんでした。
水で薄めるという時間経過により粒子の凝集・沈澱などの劣化が生じたため、水で薄めた商品化が
中々出来にくかったという事情もあったようです。

さすがモノづくり大国日本!!

その辺りの難しさをクリアして1991年に世に出た商品が、あの大ヒット商品の「カルピスウォーター」なのですっ!

あのカルピスウォーターが世に出た頃は、「水みたい」とか「味がちょっとうすいんじゃないの・・?」といった感想を
言われている方も多々いらっしゃった記憶がありますけど、
私的には「いやいや、そんなことないよ! こんな飲みやすくて水みたいにゴクゴク飲めて、とても爽快で清らかな味で、
こんなおいしい飲み物飲んだ事ないかも~」といった印象すら感じたものでした。

イメージとしては「カルピスウォーターは随分昔からある商品なのかな?」みたいな感覚もあるのですけど、
実際は平成に入ってからの商品でもあったりします。


カルピス


もちろんカルピスウォーターも完成された素晴らしい商品なのですけど、
元の凝縮型タイプも真冬でも色々と応用範囲が広いと思います。
「cookpad」というサイトのみんなのレシピというコーナーで既に紹介されていレシピなのですけど、
「しょうが入りホットカルピス」というのは真冬に飲むととっても温まると思います!
これ、作り方はとてつもなく簡単でして、カルピス1に対してお湯を4で割り、すりおろしたしょうがを入れてかき混ぜるだけで
完成です!
ピリッとしたしょうがの刺激をカルピスが和らげる大人も子どもも飲みやすいホットドリンクだと思います。
仕事から家に戻った際に、この温かいしょうが入りホットカルピスを飲むと冷え切った体が温まりますし、
カルピスと生姜の相性はいいもんだなぁ・・!と改めて感じたものでした。
あ、そうそう・・このホットカルピスですけど、お湯ではなくて温めた牛乳でももっと美味しくなると思いますよ!
あんまり生姜を入れ過ぎちゃうとなんとなくですけど牛乳が凝縮しやすくなってしまう傾向にもありますので
注意は必要かと思います。
冬場の自動販売機の温かい飲み物というと、コーヒー・ミルクティー・コーンスープ・ココア・緑茶・ホットレモンが
美味しいと思いますけど、ホットカルピスという商品が存在しないのは、
凝縮しやすいという課題がいまだに解消できていないせいなのかもしれないですね。

カルビスは発酵食品で乳酸菌もベースにしていますから「からだにピース」のキャッチコピー通り、
私たちの健康にも最適な飲み物の一つと言えるのかもしれないですよね!
おいしさだけでなく、感染症予防・抗腫瘍・血圧の低下作用など健康に効果があるとの事ですし、
長寿効果も期待できるとの事です!
疲労回復効果もあるので、夏バテ解消にも活躍しそうですし、冬場には上記の通り「生姜入りホットカルビス」も
美味しいと思います
飲み物としてはもちろんですが、料理の隠し味にも使えるので冷蔵庫に1本用意しておくのも悪くはないと思います!


繧√m繧点convert_20170725162513


カルピスには濃縮タイプの瓶タイプの「カルピスメロン」が3年ほど前に発売されていましたけど、この濃縮メロンは
私も今でも夏場は特に愛用しております!
カルピスウォーターみたいなうすい爽やかな味という訳ではないのですけど、
瓶タイプのカルピスメロンを薄めてつくったような味合うメロン&カルピスという商品もあったりします。

この味合う メロン&カルピスは夏場の清涼飲料水というイメージがぴったりで
味は濃厚なものの味わいは爽やかという感じで、とてもおいしくて気分さっぱりという気持ちになれそうです。
メロンの甘くて爽やかな風味とカルピスの甘酸っぱさがうまくマッチしていていると思います。
さっぱりとした後味でゴクゴク飲めますし、前述の通り夏場にはびったりの清涼飲料だと思います。
凍らせてフローズン感覚で飲んでみるのも悪くないと思いますし、
瓶の濃縮タイプのカルピスメロンの原液にソーダ水を加え、バニラアイスを浮かべる「メロンソーダ」なんかも
とっても美味しいと思います!!

これから本格的な酷暑が始まりそうですけど、こうした暑い時は冷たいカルビスでも飲んで気分転換したいものです!
先日ですけど、我が家にも訴訟通知センターより民事訴訟最終通達書という架空請求ハガキが届いていました。


001_convert_20190627174407.jpg


それにしてもこの種の架空請求書絡みの特殊詐欺というか振り込め詐欺的なハガキ・電話・メールというのは
ひっきりなしに届くものですね・・
昨年秋頃よりこの種のハガキはこれで4回目です。
民事訴訟管理センター・国民訴訟通達センター・地方裁判所管理局という名前をかたって
総合消費料金未納分訴訟最終通知書・特定消費料金未納に関する訴訟最終告知のお知らせ
などと題した郵便はがきや封書が多数送付されているうでして、ここ埼玉でもそうしたハガキが既にたくさん郵送されていて、
県や市や町内会からも注意喚起の案内がされています。
今回は「訴訟通知センター」からの発送でしたけど、民事訴訟管理センターや訴訟通知センターと名乗る機関から
ハガキが届いたとして全国の消費生活センター等に寄せられた相談が引き続き多いそうです。
消費者に、過去に利用した業者への未払いがあると思わせ、
それに関して「裁判所に訴状が提出された」・「給与、動産物、不動産物の差し押さえ」などと脅して不安にさせたうえで、
訴訟の取り下げ等について電話連絡するように誘導した文面となっています。
ついつい不安に感じてハガキに記載されている電話番号に連絡をしたところ、弁護士を名乗るものを紹介され、
最終的にはコンビニでプリペイドカード等の電子マネーを購入させられお金を支払ってしまった事例もあるとの事です。
こうした詐欺グループというのは名前を変え、あの手この手で色々な手法を思いつき手当たり自体リストに基づいて
発送しているのかもしれないです。

ちなみにですけど、民事訴訟管理センター・国民訴訟通達センター・地方裁判所管理局・訴訟通知センターという機関は
公的には一切存在しません。
文面に動揺した人が記載された連絡先に電話をかけると
「未払い代金の手続費用として電子マネーを購入してID番号を教えてほしい」などと現金をだまし取ろうとるのが一般的な
手口ですし、記載された連絡先に電話をかけてきた人を狙い撃ちにするのが常套手口ですので、
この種のハガキに対する防止策としては絶対に電話をかけない事です。

とにかくこの手のモノに関してはとことん無視」がいっちば~!ですね。

そんな訳でこの架空請求はがきは即効でシュレッダー行になりました。

というか、いまだにこんな古典的な手法の振り込め詐欺が横行しているのですね。
こういうのって消費生活センターやマスコミからの「ひたすら無視」という対応方法が浸透しているから、
大半の人は無視するのでしょうけど、中には知らないでついつい不安に感じて電話をしてしまい、相手から脅かされて
ついつい怖くなってうっかり振り込んでしまって、
結果的に詐欺グルーブが味をしめてしまい「どこかにいいカモはいないのかな・・?」と無作為にハガキを
送りつけているのでしょうね・・

とにかくこの種のハガキはとことん無視です!

第一、この種の督促状というのは、販売会社が送るものがほとんどであり、こうした訳のわからん機構が請求書・通知書を
送り付ける事はありえないし、第一この種の内容はハガキではなくて封書が大原則ですからね・・

我が家に送り付けられたこの種のハガキは宛先は全てうちの奥様宛となっています。
うちの奥様は通販をよく利用していますし、ネットで懸賞応募やそれに伴う各種の会員登録をしていますので、
もしかしたら、そうした利用先のリストがなんらかの形で出回っているのかもしれないです。



閃輝暗点(せんきあんてん)とは、片頭痛の前兆現象として現れることが多い視覚の異常現象の一つで、
このブログでは何度か書いている通り、高校生あたりの頃より、何かしらのストレスが溜まったり疲労が蓄積されていくと
頭の片方だけズキンズキンと頭が痛くなる片頭痛持ちの私にとっては、閃輝暗点という
突如視界にギザギザ模様の光が表れ、感覚的には視界に突然ギザギザ模様で構成された三日月みたいな形状のモノが
視界に現れては消えていき、またどこからともなくこのギザギザの光が出没していき、目を閉じていてもなぜかこの
ギザギザの光が見えるという不思議な現象に時折遭遇しておりました。
この閃輝暗点という症状は突然起きてくるもので、例えば本や楽譜を見ていると上記のギザギザの三日月型が
視界に現れては消えを繰り返し、あれが起きると本を読む事も楽譜を見ることもほぼ出来なくなってしまいます。
そしてこうした症状が出ると数分後ぐらいに片頭痛がズキンズキンと起き、10分ぐらい体を休めていると自然に治まってくると
いった症状です。

閃輝暗点の発症のメカニズムは実はあまりよく解明されていないとの事で、片頭痛の前兆とか
ストレスなどによる緊張によって血管が収縮してしまうのがはじまりという方もいますし、
気圧の変化を伴う季節の変わり目などに症状が出るという方もいるそうです。
血管が縮んで脳の一部分、特に物を見るために使う部分の血流量が低下して酸素不足になると、
一時的な機能異常が生じて、ギラギラした光が現れては消えるというのが閃輝暗点の主な症状です。
原因はあまりよく分かっていないというのが実情との事で、ストレス・疲労の蓄積等もあるそうですけど、稀に片頭痛を伴わない
閃輝暗点は脳梗塞・血栓・脳腫瘍の一過性の脳循環障害が原因である可能性もあるそうなので、
実はこの閃輝暗点の症状が高校生の頃以来かなりというか数十年ぶりぐらいに先日突如出てきましたので、
私自身も今後注意していきたいと思っています。
幸いな事にそれ以降はそうした現象も何も起きていませんし、それが起きていた頃は寝不足や仕事上でのクレーム処理対応
に少しばかり追われていたという事もあったりして何かしらのストレスがあったのかもしれないです。
今後そうした三日月状のギザギザの光が視界に入ってきた場合は一度診察を受けようかと思っています。

それにしてもあの三日月状のギザギザの光が視界に入ってくると、それが視界に覆いかぶさり、
パソコン画面上の文字が急に見えにくいと感じますし、目を閉じていてもこのギザギザの光を感じるので厄介ですよね~
ただこの症状は大抵の場合10分程度で何事も無かったかのように消えますし、先日久しぶりにこの症状が出た時には
高校の時の対処策と同様に熱いタオルを顔面に覆い、瞼付近を熱いタオルでマッサージすると数十秒後には
きれいさっぱり視界から消えていきます。

この閃輝暗点の症状を最初に経験したのが高校2年の夏頃だったと記憶しています。

振り返ってみるとあの当時は、私たちが出場した吹奏楽コンクール県大会・文化祭・
学期末試験の憂鬱さ・5泊6日の青函連絡船やフェリーを使った北海道への修学旅行・
その年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会で花輪高校のウォルトンの交響曲第1番と仁賀保高校の矢代秋雄の交響曲に
初めて触れて、あの演奏と曲自体の素晴らしさに感銘を受けまくり、それが大きなきっかけとなって
今現在に至る吹奏楽とクラシック音楽という深い森の中に迷い込むきっかけができたりとか、後述しますけど
野球部が奇跡的としか言いようのないまさかまさかの秋の県大会優勝と甲子園をかけての東北大会初出場などなど
結構スリリングな出来事がごく短期間のうちに集中していて、ある意味非常に脳がハイテンションだった事もありまして
そうした普段の状態ではない何かハイテンションな状態が続いていた事と脳への異常な刺激と疲労感がそうした閃輝暗点という
症状を呼び込んだのかもしれないです。
今にして思うと丁度その時期に金縛りというこれまた妙な現象も多発していましたので、
閃輝暗点・金縛りというのは脳や神経の疲れとかハイテンションな状態が続いた事による脳神経のSOSのサインだったと
言えるのかもしれないです。

先日の一度閃輝暗点の症状も、あの時は屋根防水工事を施工したものの雨漏りが全然収まらないじゃないか~!
どうしてくれる、これじゃ工事代金はびた一文払わない!という施工クレームの後始末の対応処理で結構久し振りに
神経が疲れていたという事もありますので、
閃輝暗点・金縛りといった症状が起きた場合は体をゆっくり休めるのが一番なのだと思います。

上記で1982年の吹奏楽コンクール・東北大会の話が出ましたけど、上記で触れた通りあの日の東北大会を聴きに行った
私自身は何かある意味ハイな状態でした。
東北大会・高校の部は10/2だったのですけど、
その前月は私自身が吹奏楽コンクール県大会に臨み、それが終わるとすぐに文化祭のステージ、
そしてそれが終わるとすぐに学校の試験、そして試験の翌日から5泊6日の北海道への修学旅行・・・
何か色々と行事が立て込んでいました。
そして修学旅行も、9/30の夕方に苫小牧でフェリーに乗り込み、翌日の10/1の昼過ぎに仙台港に到着したのですが、
あいにく海の天候が芳しくなく、船の上では終始ユラユラしていました。
その関係で半分以上の生徒は船酔いでゲロゲロ状態でした。
私は船酔いは全然平気でしたけど、寝る場所も大部屋の雑魚寝状態でしたので、ほとんど眠れないまま朝を迎え
生まれて初めて海上から昇る太陽を拝めることが出来ました。
フェリーから降りても、三半規管が完全に麻痺状態となっていて、
目をつぶってじっとしても何か体が上下に揺れる感覚が残っていてとてつもなくヘンな感覚でした。
そうした状態は翌日の東北大会の際も続いていて、
感覚としては、「体はものすごーく疲れているのに頭というか感覚だけは妙に敏感」という感じで
妙に神経だけ鋭角という状態でもありました。
そうした状態の頃に初めて閃輝暗点を体感したというのも神経の疲れという意味では理に適っていたのかもしれないです。

更に余談なのですが、東北大会終了後に家に戻ってみると
母親が「自宅の電話が先ほどから鳴りっぱなし」との事
(当時は携帯電話も何もない時代で連絡方法は固定電話だけでしたね)
聞いてみると電話の相手は、吹奏楽部関係者、顧問の先生、応援団という事で、「まさか・・!?」と思っていたら
何と野球部が、宮城県の秋季大会でまさかまさかの準決勝勝利で
翌日の10/3に東北高校との宮城県大会の決勝戦があるとの事で、吹奏楽部も応援演奏に来てほしいとの事でした。
そして、翌日決勝戦の応援に行ったのですが、
(東北高校は野球部の名門で、ダルビッシュもかつて所属した強豪校です!)
一回の表にうちの高校が1アウト三塁から犠牲フライで入れた一点を何と守り抜き
まさかまさかの優勝をしてしまったのです・・・
うちの高校のヒット数は1~2本程度、東北高校は10本以上打っていて、毎回毎回ピンチの連続だったのですけど、
犠牲フライのタッチアップのタイミングを間違えて走者がアウトになったり
走者がアウトカウントを間違え、ベンチに戻ろうとしてアウトを宣告されたりなど信じられない幸運が重なっていたものでした。

何か色々な意味で「青春していたなー」という感じの思い出ですね・・・(笑)

話を閃輝暗点に戻しますと、実を言うとこの閃輝暗点は
芥川龍之介の小説「歯車」の中でも登場しています。
龍之介が激しい頭痛と共に目にしたと記述している「歯車」こそがこの閃輝暗点だと言われているそうです。

僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。妙なものを?――と云ふのは絶えずまはつてゐる半透明の歯車だつた。
僕はかう云ふ経験を前にも何度か持ち合せてゐた。歯車は次第に数を殖ふやし、
半ば僕の視野を塞ふさいでしまふ、が、それも長いことではない、
暫らくの後には消え失うせる代りに今度は頭痛を感じはじめる

上記は、芥川龍之介が晩年に執筆した私小説的作品『歯車』からの抜粋です。
この作品のなかではたびたび芥川龍之介を悩ませる歯車の描写が出てきますが、実はこの歯車こそが閃輝暗点なのです。

芥川龍之介が見たと言われる歯車・幽霊・死神・復讐の神々等の恐怖とすさまじい頭痛で疲労困憊状態で家に戻ってきた
龍之介に対して、奥様の文は後年に追想記でこの作品のラストシーンがほぼ事実であったことを明かしているそうです。

最後に・・

ここから下記は完全に余談なのですけど、芥川龍之介の二男が作曲家の芥川也寸志です。

当ブログの吹奏楽記事の中で「1974年の課題曲の一つの高度な技術への指標というバリバリのポップス系課題曲を決断した
当時の吹連幹部は素晴らしい」と何度か書いた事がありますけど、
1974年当時吹奏楽コンクール課題曲の選考委員の一人であった芥川也寸志の
「課題曲にポップスがあってもいいのではないか」という意見が採用され、この曲が課題曲となった経緯があるそうです。
そういう意見を言う芥川先生も素晴らしいし、それを認める当時の吹連も素晴らしいと思います。

そして更に余談ですけど、これは既に当ブログでは何度も書いている事ですけが、
芥川也寸志作曲の「交響管弦楽のための音楽」という曲は私が高校3年の時の定期演奏会の一つだったのですけど、
芥川先生に吹奏楽への編曲版スコア使用の承諾と
演奏上のアドバイスを求めて、当時の私は無謀な事になんと・・! 芥川先生の事務所に電話を掛け、後日芥川先生と
電話ですけど直接お話しをさせて頂く機会を貰えたことは、とにかく芥川先生に感謝感謝・・!という言葉しか
出てこないです!
当時の芥川先生は、作曲活動・NHKの音楽番組の収録・プロの管弦楽団の音楽監督など多忙を極めていたはずだと
思うのですけど、こんな田舎の全く無名の県立高校吹奏楽部のこんなボンコツ吹奏楽部部長に
直接演奏上のアドバイスを頂けるなんて、これはとにかく芥川先生の温かいお人柄以外の何者でもないと思います!

芥川先生は本当に謙虚で温厚な方でした。
音楽の専門校でもなんでもなく、田舎の高校生がこの曲を演奏する事に対して何も言わないで気持ちよく了承して頂けました。
恐る恐る「この曲を演奏するにあたって何か注意点はありますか?」と質問しても
「この曲は、当時の朝鮮動乱を背景にしてあるので、その辺りに留意して演奏してみてはいかがでしょうか」と
アドバイスも頂きました。

この当時の芥川先生は、宮城フィル(後の仙台フィル)の音楽監督に内定し、
宮城県内の高校生からの要望を無下に断れないという事情があったのかもしれませんが、
芥川先生の暖かいアドバイスには、当時本当に心を打たれたものでした。

閃輝暗点の話がなんだかヘンな方向にどんどんずれていって大変失礼いたしました・・(汗)



先日なのですけど、ちょっとやらかしてしまいました・・(汗)

駅前のツタヤとスーパーには駐車場が無いため自宅から自転車で行ったのですけど、その帰りになんと
自転車の鍵をどこかで紛失したことに気がつきました・・(汗)
ちなみに自転車の鍵は数年前にやはり紛失したことがあり、それ以降スペアキーを使用していたのですけど、
そのスペアキーを紛失という事は、これは為す術がないですよね~

さてさて、こうした自転車の鍵を紛失した場合にはどうすればいいのでしょうか・・?

最近はスマホという大変便利なツールがありますので、別に自宅に戻らなくてもその場でその対処方法のヒントを探る事が
出来るというのは大変ありがたいものでもあります。
ざっと検索しただけでも随分とヒントになる事が書かれていてとても参考になりました。

その対処方法についてはまとめてみると下記の四つばかりが挙げられるのではないかと思います。

1.自分自身で自転車の鍵をこじ開ける

ビニール傘を開けるために押す部分のパーツ(平たい棒状のもの)を分解して取り出し、
それを鍵穴に入れて、少し動かすと後輪に付いているシリンダキーの馬蹄錠であれば開けることができます。
これはマイナスドライバーでも代用可能との事です。
但しこの方法は自宅前だと特段人の目も気になりませんけど、今回のように駅前で人目に付く場所ですと、
そうした方法をやって無理に自転車の鍵をこじ開けようとしていると、
「あの人、自転車盗もうとしている~」みたいな感じで通報される危険性もありますので、これはこれで要注意なのかも
しれないです。

2.最寄りの交番・警察署に行く

交番に行き、事情を説明すると、自転車の鍵を壊してくれる場合もあるそうです。

警察署や交番には鍵を開錠するときに必要なボルトカッターやワイヤーカッターなどの道具が置いてある場合が多いそうです。
一般的な自転車の鍵である馬蹄錠・ワイヤーロックであるならば比較的簡単に壊してくれます。

但し、この場合、自転車に防犯登録のステッカーが貼られている事が絶対条件になります。
警察側としては、「鍵を無くしたので開けてください」と言われて開錠した自転車が盗難されたものであった場合
犯罪に手を貸したことになってしまいますからね・・(汗)
そうそう、この際には自宅住所を証明するような免許書等の身分証明書も必要になります。
交番等でその防犯登録の番号を照合して、身分証の自宅住所と照らし合わせて一致すれば問題なく鍵を壊す処理に
入ってくれますけど、もしも不一致の場合は「もしかして盗難自転車・・?」という疑いをかけられ、かなり面倒な事になりそう
ですので注意は必要ですね。

3.鍵屋・自転車販売店の出張サービスを利用する

この場合は作業代の他に出張料も発生します。

価格の相場としては、壊すだけなら2000~3000円程度、壊したうえで新しい鍵を付けた場合は大体5000円前後は
見た方がいいです。

4.自力で自転車店に持っていく

結果的に私は最も無難なこの方法を選びました。

というか駅前という事でいくつか自転車店があるのが分かっていたからです。

私自身、仕事の関係で休みは平日なのですけど、この時は月曜という事で最寄りの自転車店が定休日で、
結果的に800m程度後輪を浮かした状態で自転車を別のお店まで持っていく羽目になってしまいました・・

鍵の取り外し自体は10秒程度で終わり、代金は300円でした。
(鍵は当面はワイヤーキーを使用します)
取り外しの様子を見ていたら、マイナスドライバーを鍵を差し込む口に入れ、左右に引っ張っていたら簡単に
ロックが解除されましたので、それを見て
「こんなに簡単に開錠できるというならば、世に自転車泥棒が多発するのもなんとなくわかるのかも・・」と妙に
悟ったような気持ちになったものでした・・

日本と言うか、埼玉県は比較的というかかなり治安が良くて
(この話は何度も書いて恐縮ですけど、山梨県在住の6年間の間に、私は鍵を付けた自転車を7台も盗まれています!)
山梨県時代と違って鍵を掛けていても掛けていなくても自転車を盗まれた事は一度もありませんし、
自転車のかごに商品を乗せたまま、他店で買い物に行っても、戻ってきて商品が盗まれていたという事も一度もありません。
こうやって見ると「日本って(一部のエリアを覗いて)治安がいいところだなぁ~!」としみじみ感動を覚えたりもします。
自転車の鍵は意外と簡単に開錠できることが今回の件でわかりましたけど、それでも23年間ほどの埼玉在住の間でも
一度も自転車盗難に遭わないという事は、埼玉の暮らしやすさを物語っているのかもしれないです。
先日実施された健康診断なのですけど、今回も昨年同様に「血圧高め、要経過観察」と診断されてしまいました。
私自身、10~20代の頃はどちらかというと低血圧の傾向があり、あの頃は吹奏楽部の朝練習や会社の出勤等で
毎朝毎朝起床するたびに朝起きるのが実は結構つらいのかも・・という感じでしたし、健康診断等でも低血圧とか
言われていたものでした。
そしてあれから既に数十年の歳月が流れ(汗・・)、上記で書いた通り今ではすっかり「血圧高め」という診断結果が
もはや毎年恒例の結果になりつつあります。
やっぱり人間というものは、年を重ねてくると自然に「今年はこの数値が悪くて、昨年に比べてこの数値は改善されたけど
その代わりにこの数値が悪くなった」という事になるのかもしれないです。
今回の健康診断の結果は後日会社に郵送されるのですけど、診断結果を見ながら社内で
「おまえなんてまだマシじゃん・・実は自分は・・」みたいな自分の健康の悪い自慢大会が開催されていく流れになるのは、
ある意味仕方がない事なのかもしれないです。

私自身の場合、毎年毎年血圧高めと尿管結石の症状が大きなテーマになるのですけど、尿管結石の方は
おかげさまで最近は尿酸値の値が完全に正常範囲となったせいもあり、ここ数年はそうした症例も出なくて
大変ありがたいと感じていますけど、血圧の方はなかなか若い頃の数値には戻りませんよね~(汗・・)
ここ数年は軽めの降圧剤の薬の効果もあり、家で計測すると、上が130台前半、下が80~90前半という事で
大体正常~やや高めの範囲で収まってくれるのですけど、
いざ健康診断で病院のああした検査室で測定をされてしまうと、毎年なんだか「今年は下がっていないと・・」みたいな気持が
出てしまい妙に身構えてしまうのか、毎回毎回、普段の計測よりも10~20前後も上がってしまい、
健康診断で「要経過観察」という結果になってしまいます。
先日の健康診断も、家を出る直前と検診前の病院ロビー内の血圧計測器で測ったら、上が110台後半、下が70台でしたので
「今年はいけるじゃん」と思っていたら、実際の測定では毎年の結果とほぼ同じで、思いっきりガッカリしたものでした・・

病院の検査だと血圧が上がってしまうという話はよくある話で、
医師の診察時や健康診断にて血圧測定を受けると血圧が高くなる症状を「白衣高血圧症」と呼ばれることもあるそうです。
血圧が高いといわれている人の3分の1の方が診察時に血圧が高めになるという話もあるようです。

どうして健康診断の場だと血圧が上がってしまうのかというと・・

1.医師の前に座ると緊張してしまう
2.待ち時間が長くてついイラッとしてしまう・・
3.待合室での周囲の会話で不安になった
4.待っている間、健康診断の結果のことを考えているうちに不安と緊張に襲われた
5.普段とは異なる環境にいるので少し緊張した

と言った事が挙げられるそうです。

以前病院の先生から直接聞いた話ですと、白衣高血圧症は特段心配する事もないし、家で計測するときに比べて
病院では普段の1割程度血圧が上がるというのは病院内でも大体織込み済ではあるのだけど、
そうした白衣高血圧症よりもむしろ厄介なのは、病院の診察や健康診断ではむしろ血圧低目なのだけど、実際の生活の場では
逆に血圧の数値が飛びぬけて高くなる「仮面血圧症」の方が要注意との事です。


a6c7337e-s_convert_20160527151312.jpg

fd911398-s_convert_20160527151410.jpg


最近の歯科検診記事の中で、
「中年おやじの歯科医から偉そうに上から目線でアドバイスを貰ってもついつい反発してしまうけど、
東方で言ったら、早苗さんやアリスのような美少女キャラまたはゆかりんのような美しいお姉さまからやさしくアドバイスを
頂いたらどんな無茶振り指示でも、案外簡単に言う事聞いちゃうのかも~」と記しましたけど、
健康診断の血圧測定といった場面では、早苗さんやアリスのような美少女キャラまたはゆかりんのような美しいお姉さまに
血圧測定されてしまったら、嬉しさのあまり気分が高潮し、普段よりも50~70程度も血圧が上がってしまい、
「あらあら、ダメね~」と諭されるのかもしれないですね・・(汗)

東方キャラでそうしたお医者さん・看護師さん系キャラというと、実は幻想郷内には正式なお医者さんはいないという事もあり、
人里で病人が出た場合に対応するのは、永遠亭の永琳とその弟子のうどんげちゃんなのかもしれないです。
そして歴代プリキュアにおいてそうした看護師がお似合いそうなのは、フレッシュのブッキーまたはハピネスのゆうゆうなのかも
しれないです!
そして実際にかわるんるんで看護師さんに変身したゆうゆうは白衣の天使以外の何者でもなかったです!
ゆうゆうというすてきなな天使さまに健康診断で血圧測定をしてもらったら
ゆうゆうの発する癒し効果でリラックスして普段の家で測定するような数値が出るのかもしれないですし、
ついつい嬉し」のあまり妙にテンションが上がって、血圧が200近くまで一気に上昇する可能性すらあるのかもしれないです。

やっぱりゆうゆうは天使ですよね~!

ゆうゆうの安定さ・万能さ・癒しは自己に対しての自信感なのかもしれないです。

それを示唆していたのが、ブルーに対して攻撃を仕掛けようとするファントムに対して
プリキュアに変身せずに人間体のまま、ファントムと会話し諭していたゆうゆうの存在だと思います。
あのシーンを改めて見ると、プリキュア5で不老不死を手に入れてもなお悩み続けるデスパライアに対して
意図的にプリキュアの変身を解除し、人間体としてデスパライアと対話しようとしたのぞみの姿を彷彿とさせるものがあります。

それにしてもこのファントム、羨ましすぎますね~

私も怪我してゆうゆうに額で熱を測って貰ったり、優しくおかゆを食べさせてほしいなぁ~としみじみ思ってしまいます!
ファントムの熱を測定するために髪をあげておでこをさらしたゆうゆうは、とってもかわいかったです!

上記で触れた通り、幻想郷には意外にも正式な医者はいないのですけど、その代わりに凄腕薬師の永琳という存在が
あったりもします。
だけど永琳に幻想郷内で診察をされると、診察と称してなんだかよくわからない薬を飲まされ、臨床実験という名の
人体実験をされそうで、ちょっとこわいのかも~という感じでもありそうなので、万が一幻想郷内で倒れた場合や
病気になった場合は、むしろまだ頼りなくて経験が浅いのかもしれないけど、永琳の弟子のかわいいかわいいうどんげちゃんに
依頼した方がまだマシなのかもしれないですね~(汗)



このキャンペーンは先日の日曜をもって終了しましたが、吉野家においては6/6~6/16の期間限定でしたけど、
店内ではなくて持ち帰り用の商品は全て一律に80円引きというすてきなキャンペーンが展開されていて、
例えばですけど吉野家の牛丼並盛が通常380円なところ、このキャンペーンが適用されている期間中は
お持ち帰り用に限って一つ300円というとても魅力的な価格設定になっておりました。
こうしたキャンペーンはとてもありがたいですし、最近の当ブログ記事でも
「最近は牛丼自体脂っこいと感じ以前よりはたべなくなってきた」とか
「すき家・松屋の豚丼関連メニューが廃止になってしまい、こうした牛丼チェーン店に行くメリットがあまりなくなった」と
記してはいますけど、なんだかんだいって吉野家の牛丼は時折なのですけどなんだかやたらと無性に食べたくなる時が
ありますので、こうしたお持ち帰り80円引きという際には、ついつい足を踏み入れてしまいます。

吉野家の店内は普段は店内で食べる人がほとんどであり、こうしたお持ち帰りコーナーに並んでいる人は少ないという
傾向もあるのかもしれないですけど、今回のキャンペーン中は予想通りというのかお持ち帰りコーナーには常に
2~5人程度行列が出来ているという印象もありました。
やはり私達、庶民はなんだかんだいっても値引きとかキャンペーン中というワードに弱いと思いますし、
政府がやたら力んで「デフレ脱却」とかなんとか言っていますけど、デフレの象徴でもありそうな吉野家やミスタードーナッツ等が
こうしたキャンペーンを展開されるとついついつられそうですね~

吉野家の牛丼・つゆだくを店内で食べるべきなのかお持ち帰りのほうがいいのかについては時折ネタにされている事も
あるようですけど、私的には店内の方がいいようにも感じたりもします。
その理由として、
1.お持ち帰り用だと、ご飯をギューギューに詰め込まれて具材がご飯の上に乗っかり、さらにここに蓋が締められると
  店内で食べる時のようなふわっとした食感がほとんど感じられない
2.店内だと七味唐辛子・紅ショウガはかけ放題だけど、持ち帰りの場合は、店員に七味と紅ショウガ多めと言っても
  大抵の場合、小袋二つしか貰えない
3.家まで到着するまでの間に冷めてしまう
といった事が挙げられると思ったりもします。

私自身、中学・高校の頃は東北のとある田舎の片隅にいましたけど、当時はターミナル駅周辺すらにも吉野家自体店舗数は
少なく、学校の近くに吉野家が開店した際は、ちょっとした大騒ぎになったものです。
「だれそれの姉ちゃんが、吉野家でバイトしている」
「店長は自分の親せきで、頼めばおしんこ程度はサービスしてくれる」等妙な噂が飛び交ったものです・・・
(田舎というのは他人のどうでもいい話ばかり噂がいろいろと広がるというのが共通点なのかもしれないです)
大学生になって上京し、最初の一年間は大宮に住んでいたのですが、大宮駅前だけでも当時は2店舗も吉野家があり、
「やっぱり関東は違うね~」と当時は妙にありがたみも感じていたものでした。
その当時、1984年頃の吉野家の牛丼は並盛一杯400円でしたので、あれから35年近く経過しても値段が変わらないというか、
現在の牛丼並盛価格が一杯380円、そして最近のキャンペーンにおいて、持ち帰りの場合一杯300円というのは、
ある意味奇跡としか言いようがない感じなのかもしれないです。
当時銭湯は、確か230円で現在は430円という事でほぼ倍近くまで値上がりしている事を考えると、
その企業努力には本当に頭が下がる思いです。

話は変わりますが、牛丼チェーン店にはマニュアルはあるはずだと思うのですが、
店舗によってというか、人によって何か微妙に作り方・味に差があると感じるのは果たして私だけなのでしょうか・・?
たれもそうですし、牛肉自体、煮詰まったもの、固い感じがするもの、赤身ばかりの生臭い感じがするもの。
微妙なレア感が非常に素晴らしい時などその時その時、店舗によっても、作る人によっても微妙な温度差を感じてしまいます。

最後に・・吉野家というとこれは昭和育ちの方でないとわからないネタなのかもしれないですけど(汗・・)
吉野家は実は過去に一度倒産実績もあったりします。
あの当時、「牛丼一筋 八十年 ♪ やったねパパ!明日もホームランだ!」というテレビCMが盛んに流れていましたし、
当時は「早い、うまい、安い」のキャッチフレーズも印象的でもありました。
しかし結果的に創業80年前後に倒産という憂き目に見舞われ、その当時は色々な人たちによって
「やったねパパ! 明日は父さん(倒産)だ~!」というパロディーがやたらと言われていたものでした。

倒産の原因として、無理で急激過ぎた拡大戦略や膨大な無駄遣い(販管費は1977年からの1年間で27億円から80億円に激増)
が挙げられていましたけど、それ以外に大きかったのは
コスト削減として安い粉末タレへの切り替えや、輸入牛肉の供給不足もあってフリーズドライ肉を使用するなど
味の劣化による客離れの進行も倒産の大きな要因となったそうです。

結果的に吉野家はその後セゾングループが全面支援に入り、7年間ですべての弁済を完了しております、
これは会社更生法により本格的な再建を成功させた典型的な事例ともなったとも言われています。

吉野家の現況は正直、牛丼御三家店の中では最も厳しいと言われていますけど、一度倒産経験があるというのはある意味
強みなのかもしれないですし、あの時の経験をバネに、吉野家が以前のような輝きを取り戻してくれればいいなぁ~と
思ったりもします。
おにぎりやパンはとってもおいしいですし、朝ごはんや朝食を食べないで学校や職場に行った時の朝食代わりとか
少し小腹がすいた時の間食としてはうってつけだと思います。
つい先日までセブンイレブンでちょっとすてきなキャンペーンを展開しておりまして、
2019年6月1日(月)~お月14日(金)の2週間の期間中のAM4:00~11:00限定ですけど、
税込160円未満のおにぎりを組み合わせ自由で2個買うと税込200円で買えるという内容です。
朝セブンといえばコーヒーとパンのセットがお得に買えるというイメージでしたけど、今回の朝セブンは
税込160円未満のおにぎりを2個買うと200円という内容で、朝セブンとして時間限定でおにぎり2個をセットで行うのは珍しい
試みといえますけど、これはとてもありがたいです。
(こうしたおにぎりの朝セブンというのは通算2回目だったかな・・?)
実際私自身も最近出勤前に、ひとつ150円のおにぎりを二つ購入し本来ですと300円のところ200円で済んでいますので
大変重宝しておりました。

同様のキャンペーンはファミリーマートでも6/4~8の間に展開されていましたけど、こちらはキャンペーンとしては
大変中途半端であり、実施期間が短いし、160円未満のおにぎり2個購入で30円割引というもので、
上記の朝セブンですと、150円のおにぎりを二つ購入しても200円でしたけど、ファミマの場合は、150×2-30×2=240円
という事で朝セブンよりはインパクトは弱いようにも感じたものでした。
ただ朝セブンはあくまで時間制約がありますので、販売時間に関してはファミマに軍配ありなのかもしれないです。

普段なら一個130円~160円程度もする比較的高額なおにぎりが全て税込100円とは改めてありがたいものがあります。
普段ならば2つで300円相当するものがキャンペーン期間中は200円というのは大変ささやかなハッピーが
あるようにも感じられます。
そしてこうしたキャンペーンの良い点は、単に価格が安いという事だけではなくて、普段は一個150円以上もするので
ちょっと手が出しにくかったおにぎりを「果たしてどんな味がするのだろう・・?」とお試し的に食べてみることが
出来るある意味試食の場が提供されている事とも言えるのかもしれないです。
そしてこうしたキャンペーンが終わった後でも本当においしければ、たとえ定価であっても「また買ってみよう~」という気分に
なってしまうのかもしれないです。


_convert_20190610153008.jpg


その中でも今回特に美味しいのかも~! これは次回以降も購入しても損は無いと感じたおにぎりが「炭火焼牛カルビ」でした!

このおにぎりは中身の牛肉がとても柔らかくて美味しくて、白いご飯によくあっていると思います。
そして特筆すべきはおいしいだけではなくてかなりの量の牛肉が詰まっていて、全体的には質量ともに大満足の
おにぎりといえると思います。

ただ朝セブンで一つだけ改善を求めたい事がありまして、それは何かというと朝7:30~8:00頃の出勤時間帯にセブンに行っても
商品棚にほとんど陳列されていない店舗もかなり多かったような印象があります。
いっちば~ん!に欲しい時間帯にセブンイレブンに行ったとしても、おにぎりコーナーにおにぎりがほとんど陳列されていない
光景を見る度にしょぼん・・となったものでした・・(汗・・)
そしてそういう時に売れ残っているおにぎりは一個120円程度のおかか・こんぶ・梅・塩むすびぐらいで、
一個130~150円程度の比較的高価なおにぎりはほぼ完売というのは、朝セブンでおにぎりを購入されている方は
普通のサラリーマンの出勤時間帯よりも早い時間に家を出ている皆様という事なのかもしれないです。

だけどそうした事はちょっと高望み過ぎなのかもしれないですし、
コンビニにそうした無茶な高望みをし過ぎるから、最近社会問題とも化しているコンビニの24時間営業の是非という事にも
繋がっているのかもしれないです。
朝早い時間帯から深夜の時間帯まで、おにぎり・弁当・惣菜・サラダ・飲み物・日常雑貨品等が普通に売られていて、
コピーや公共料金や通販サイトやチケットの支払いも出来て、最近では宅急便やネット通販での品物の受取も出来ますので、
これ以上コンビニに利便性を求める方が酷と言えるのかもしれないです。
私が高校生だった1980年代前半の頃って、実はコンビニ自体がまだまだ珍しいという感じだったのかもしれないです。
もちろん、それは高校当時が東北のとある田舎だったからという背景もあるのですけど、
当時のコンビニというと、その営業時間は文字通り朝7時開店、夜11時に閉店という店が主体で、24時間営業はまだ
少ない方だったと思います。
この時代にローソン・ファミリーマートが既にあったのかどうかは記憶にありませんけど、
当時の記憶では、コンビニと言うとセブンイレブンまたはサンチェーンが主流だったような気もします。
サンチェーンは、後年どこかのコンビニに後年統合されていったと思います。
この頃のコンビニは、現在のように弁当は美味しくないし、
今では信じられない話かもしれませんが、冷たい飲み物売り場の飲み物がほとんど冷えていないとか、
デザートはアイスクリーム程度しか販売されていないとか、
今の感覚で言うと「まだまだ黎明期」という感じだったのかもしれないです。

1970~80年代初期のコンビニはスーパーよりもかなり価格が高いものをスーパーよりは多少遅い時間まで開けているという
程度に過ぎず、そこに置かれている商品も別に個性も何も無く、
純粋に普通の商品を普通に売っている店という印象に過ぎませんでした。
だけどそう思っていたわずか数年後にはあっという間にコンビニの世間認知度が広まっていき、商品の品揃えも豊かになり、
そのサービスも前述の通り、コピー機設置にはじまり写真現像などどんどんコンビニで利用可能なサービスも増えていき、
同時にコンビニオリジナルブランドのおにぎり・弁当・惣菜・冷凍食品・飲み物・スイーツ等のおいしい食べ物も
次から次へと登場し、
その進化には目を見張るものがあると思います!
コンビニで大変ありがたかったサービスの登場としては、90年代前半になって登場してきた電気・水道・ガス等の
公共料金の支払いがコンビニでも出来るようになった事でしたね!
80年代の頃ですら、そうした公共料金の支払いは郵貯と銀行でしかできなかったですし、
いちいち銀行等に行って長い待ち時間を経てようやく公共料金の支払いが出来たという不便さから解放された
あのコンビニでの公共料金支払いサービスはありがたいものがありました。

1980年代中盤のコンビニにおいてコンビニの良さを痛感した私でしたけど、そこから更に数十年後において
アマゾンみたいなありとあらゆる商品が何でも揃っているショッピングサイトが出来て、
その代金支払いも商品受け取りもコンビニ一つで完了してしまう時代が到来するなんて当時の私には
夢にも思っていませんでしたし想像もしていませんでしたね。

当時のコンビニの感覚から振り返ってみると、今現在は恵まれていると言えますし、むしろ過剰サービスともいえますし、
そこに人手不足問題が加わりますので、あのような24時間営業の是非が表面化しているのだと思いますが、
私自身は、コンビニも含めて日本全体が「過剰サービス社会」に陥っている感じもありますし、サービス業全体に
「他がやっているのならうちもやらないと」といったチキンレースがまかり通っているという感じなのかもしれないですけど、
近未来の日本が直面する高度高齢化社会や人手不足を考えると、確かにコンビニの営業時間見直しの是正は必然性がある
という流れになるのは当然なのかもしれないですね。
世の中で歯医者に行くのが大好き!という方はそれほどは多くは無いのかもしれないですね・・(汗)

歯医者に行かれるほとんどの方は、虫歯・歯痛・歯槽膿漏等歯や口内に関するトラブルでしぶしぶ行かれることが
ほとんどなのかもしれないですね・・

私自身、小学生の頃に一度虫歯になり一か月程度歯医者にかかった事があるのですが、
その際の嫌な記憶というか、トラウマ・・ 例えば、電気ドリルの音、ノイズから出てくる冷水、
痛みのためにあまり触れては欲しくない部分に治療器具が当たった際の痛さなどを思い出してしまいます。
2014年頃の記事にも、歯痛が酷くなってしまい不本意ながらしぶしぶ近所の歯科医に行ったみたいな記事を書いたことがあり、
その時に最近の歯医者さんの治療は昭和の頃に比べるとそれ程痛みを伴わないし、
なによりもありがたかったのは、事前に歯科医の先生より「痛みを感じたら、手元のそのスイッチを押してください。
ただちに治療をいったん中止します」と言われていた事への安心感ですね。

最近はそうした虫歯も多分ないと思いますし、モノを食べたり冷たいアイスや飲み物を飲んでも「歯にしみる・・」といった
感覚は皆無であるのは大変ありがたいものがあると思います。

実は既に20年以上も前の話なのですけど、当時の会社の健康診断の一環で「歯科検診」も行われ、
その際に 「あんた、この歯の状態をこのまま放置し、何か対策とか治療とかケアの方法を学ばないと、
間違いなくあんたの歯は5年以内にボロボロになってしまい、
20年後のあなたの口の中は、100%の確率で歯は一本も無くなる!
つまりあんたの歯は20年後は間違いなく100%の確率で総入れ歯になりますっ!!」と
とてつもない上から目線で予言されてしまい、あの頃はまだ若気の至りと言う事で(?)カチン!ときてしまい、
「だーれがお前のいう事なんか聞くものかっ! ふんっ!!」という感じでしたし、
「お前のそんなポンコツ予言なんか誰が信用するかっ!」という事でそのまま放置した前科が実はあったりもします・・(汗・・)
結果的にあれから20年以上の歳月が流れ、あの当時の歯の状態をそのまま放置し、特に対策もケアも
していなくて、朝晩の歯磨き以外の事は何もしていませんでしたけど、
別に総入れ歯にもなっていませんし、モノが食べられない状態になっている訳でもありませんし、
一本たりとも入れ歯になっている訳ではありません・・
別に5年でボロボロの状態になっていた訳でもないです・・

やっばりモノは言い方一つで変わるのかな・・?

20年前のあの歯科検診の際に、上記のような乱暴な口調の上から目線の男の中年歯科医からあのように
上から目線で言われるとカチン!ときてしまうけど、
あれがもしも東方のゆかりん=八雲紫様みたいなお姉さま歯科医の先生とか
アリス・早苗さんみたいなすてきな美少女風の歯科医の先生からやさしく指摘をされたとしたら、
翌日には、間違いなくそのやさしく美しい歯科医の先生がアドバイスされた事を100%遵守していたのかも
しれないですね~! (汗・・)

それにしても「20年後にあんたの歯は100%の確率で総入れ歯になってしまう」というのもちょっと酷い言い方なのかも
しれないですね・・


コンジ水


ここから先は少しばかり余談ですけど、もしも真夜中に歯が痛くなってのたうちまわっている時に、翌日歯科医に行くまでの間の
痛み止めとしては、バファリン等も有効なのかもしれないですけど、「コンジスイ」というゲル状の歯痛薬もあったりします。
虫歯に対して綿棒でもって直接歯に薬を塗布するものですから、ある程度の速効性があると思います。
感覚としては、大体2~3分後には痛みは取れてしまうという感じですね。
欠点を言うと、口の中ですのでどうしても唾液というものがある都合上、口の中が少しピリピリと
痺れているような感覚があったりもします。

以前なのですけど、ビタミン不足なのかストレスなのかよく分かりませんけど、唇の裏側あたりにかなり大きめの
口内炎が出来てしまいこれが結構痛かったりもします。
その際に「口内炎に効く薬ってないかな・・?」と聞いてみたら、「試しにコンジスイでも塗ってみれば・・・?」と言い出したので、
ものは試しと思い塗ってみたもののこれは完璧に大失敗でした・・
塗布して3分程度は、「なんか痛みが治まったのかも・・」という感じでしたけど、その後しばらくすると
逆に唇そのものが腫れてきてしまい、口内炎以上にこちらのピリピリとした痛みの方がしんどかったです・・
後日、コンジスイの注意事項を読んでみると、
「コンジスイは、歯茎や唇には絶対に使用しないで下さい!! 腫れたり炎症を起こす可能性があります。
コンジスイは、あくまでも一時的な歯痛を和らげるためだけのものです」と
はっきりと書かれていました・・・(汗)

これは、塗布する前にちゃんと調べる必要がありましたね・・・(汗・・)

とにかく、歯が痛い場合はきちんと歯科医に行き、口内炎がひどい場合は口内炎用の塗り薬を用意しておく必要があると
いう事なのだと思いますね。
昨日は年に一度の会社の定期健康診断が実施され、
感覚としては「毎年毎年、年齢と共に自分の体もポンコツ化していくものだなぁ・・」という事に尽きるのかもしれないです。
最近までは、こうした健康診断の結果は、オールAまたは要経過観察も要再検査も何も無いという感じでしたし、
生活習慣病というワード自体全然意識もしていなかったし、血液検査等でも一項目たりとも
引っ掛かりはしなかったのですけど、ここ数年は、
「昨年よくなかったこの数値が改善したと思ったら、今度はこっちの数値が芳しくない」みたいな感じですし、
内科の問診では医者から「それが年を重ねるというものなのです」と諭され、
「確かにね・・」と妙に納得したものです(汗・・)

他ならぬ自分のためなんだから「健康」の事も今まで以上に意識をしていきましょう!!という事なのかもしれないですよね。
過去記事の中で身長・体重・ウエストが結果的に高校2年の頃からほとんど変化が無いと書いた事もありましたけど、
ここ数年の傾向として、例えば年末年始の寝正月と食っちゃ寝の生活で体重が3~4キロ程度増えても以前でしたら
数週間で元に戻るという感じでもあったのですけど、
「自分が年を取った」と実感する項目の一つとして「増えた体重がなかなか元の体重に戻りにくくなってしまった」というのが
挙げられるとは思いますが、最近では増えた体重が中々戻らないというのは間違いなくありそうです・・(汗)

健康診断は一般的な会社ですと勤務中の合間に実施というのが普通なのかなと思うのですけど、
うちの会社の場合は、該当者が「お休み」の際に指定された病院に行き健康診断を受けるというスタイルになっています。
何も人がお休みの際にこうした健康診断を実施しなくてもいいのに~と毎回恨み節になってしまいそうです。
この健康診断は、かなり大きな病院で毎回多くの受診者たちでごったがえしていますので
朝9時開始でも終わるのが大抵12時前後になってしまいます。
せっかくの休みなのに健康診断で半日が潰れてしまうという事になってしまいますますね~

朝8:30分頃から受付となっていますけど、とにかく健康診断を受診する人で一杯・・という感じですね。
受付時点で相当待たされますし、
内科問診・血液採血・尿検査・身長体重測定・血圧測定・視聴覚検査・心電図検査・X選検査
そして、ラストのバリウムを使用しての胃の検査・・・・
受付から全ての検査が完了するまで、大体3時間程度掛ってしまいましたね・・・
一番最後の検査は「バリウムを使用しての胃のX線検査」なのですけど、
事前に胃の動きを止める薬の注射があるせいか、これが一番時間が掛かり、
受付から実際に検査完了までで1時間半程度も掛ってしまい、さすがに待ち時間が長すぎて
毎回毎回「早く終わってくれぇ・・・」と感じてしまいますね~

毎年そうなのですけど、私、血液検査で2本分採血されるのが本当に嫌で嫌で仕方ないですし、
(昔からそうなのですけど、自分の血を見るのがすごく嫌です・・)
そして何よりもあのバリウムを飲むのが本当に嫌で嫌で仕方が無いという感じですね。
あの白いドロドロしたコンクリートみたいな液体飲むのも嫌だし、
胃の動きを抑制されるという薬を肩から注射されるのも嫌ですし、別室から検査技師から
「はい、そこで右」とか「45度左に傾けて」と色々と指示が出されるのですけど、
こちら側から見た右側と別室モニターから見た右側では、何かたまーに「ニュアンスの違い」があるようでして
「反対だってば・・・」とか「向く位置が違う」とか色々と指示が飛ぶこともあるのですけど、
出来れば受診者の感覚にもう少し配慮して欲しいな・・とも感じたりもします。

そうそう、バリウムを飲む前に錠剤を飲まされるのですけど、
これを飲むと毎回毎回胃が膨らんでくるような感覚があり、ゲップを堪えるのが大変という感じです。
この状態で検査機械が左右上下に動き、機械が自動的にお腹を押したりへっこましたりすますので
正直何か「乗り物酔い」したみたいな感じでした・・・

もバリウム検査時の錠剤のせいで、検査が全て完了してもおそらくお腹は減っているはずなんですけど
あの錠剤の「お腹が膨らむような感覚」のおかけで何かを食べようとする気持ちは全くなくなってしまいます。
あ、この錠剤、ダイエットされている方には意外とうってつけの薬なのかもしれないですね。

とにかく今年もなんとか無事に健康診断が終わりましたけど、数週間後に送付される結果を見るのが正直
ちょっと怖いのかも~と思ってしまいそうですね。



当ブログでは過去記事の中で何度か「牛丼よりは豚丼の方が大好き」と記しましたけど、
吉野家では昨年、従来の豚丼が廃止になり「新味豚丼」という私的には改悪商品が出て以降は全く食べなくなりましたし、
吉野家・松屋・すき家という牛丼チェーン店御三家の中で私自身がいっちば~ん!美味しいと感じていた松屋の豚めしも
かなり以前にメニューから消え、そして最後の豚丼の牙城と思っていたすき家ですら、
牛丼チェーンのすき家を運営するゼンショーグループは先日なのですけど、
豚丼関連商品の販売を2019年6月上旬から順次終了すると発表されていて、
「すき家よ~お前もか!?」と正直かなりガッカリというか残念な気持ちになったものです。
すき家で販売終了する豚丼関連商品は、豚丼・お子様豚丼・豚あいがけカレー・豚皿定食・豚皿となっていて、一気に
豚丼関連商品がすき家から消滅する事になってしまいます。
これはかなり残念ですね・・
というのも私自身は前述の通り、牛丼よりは豚丼大好きという事で、松屋・吉野家・すき家の各社の豚丼の違いを
結構楽しんで味わっていたものでした。
こうした牛丼チェーン店での豚丼メニューというのは実は歴史が浅く、2003年12月のアメリカBSE問題により
牛肉の調達が困難となったことで、各牛丼チェーンがこぞって豚丼関連商品を開発・商品化してきた経緯があったりもします。
面白いのは、「豚丼」の呼び方が各社によって異なっている事ですね~
吉野家では「豚丼(ぶたどん)」、松屋では「豚めし(ぶためし)」でしたけど、すき家では「豚丼(とんどん)」と呼んでいました。

最近、吉野家で久しぶりに牛丼を食べたのですけど、「あれれ・・?? 牛丼ってこんなに脂っこい食べ物だったっけ~!?」と
感じてしまい、以前でしたら牛丼並盛一杯程度軽く平らげる事は全く問題なかったのですけど、
あの時は、牛丼並盛一杯がとてつもなく重たく感じ、胃の中で「なんだかもたれるね~」と感じたものでした。
以前の吉野家の牛丼よりはなんとなく赤みよりも脂身部分が増えているようにも感じた事がそうした感想の一因なのかも
しれないですし、最近の記事でも触れたとおり、人が「自分は年取ったよな~」と感じさせる出来事の一つとして
脂っこい肉よりも魚の方を好むようになったという味覚の変化もそこにはあるのかもしれないです。

そうした点からも肉系の丼を食べるのだったら、牛よりも豚の方がさっぱりしていて肉の赤身感を感じられるのかなと
思っていただけに、松屋に続いてすき家の豚丼メニュー販売終了はあまりにも痛すぎますね・・

それにしてもどうして牛丼チェーン店はこんなにも豚丼を冷遇するのでしょうか・・?

すき家の牛丼並盛は税込350円で、豚丼並盛は税込380円。吉野家の牛丼並盛は税込380円で新味豚丼並盛は税込350円が
今現在の価格です。
すき家で豚丼メニューを無くし、吉野家で改悪とはいえ豚丼がまだメニューとして存在している事は何を
意味するのかと言うと、すき家は牛肉の調達に相対的なコスト優位性があり、逆に吉野家は豚肉の調達に
相対的なコスト優位性があると言う事で、すき家は強みがある牛肉調達をより強化する方向性にシフトしていくという
経営戦略がそこにはあるのかもしれないです。
ただすき家の豚のおいしさが詰まったあの豚丼が食べられなくなってしまうのはちょっと残念ですね~

すき家は過去に豚丼を販売終了して再開している経緯もありますので、もしかしたら・・?
数年後にはさり気なく「豚丼復活!」なんていうキャンペーンを展開するのかもしれないですし、そうなったらとても嬉しいです。

以前の記事でも既に書いた事なのですけど、吉野家の豚丼は2018年の3月にリニューアルされ新しく「新味豚丼」として
発売されています。
しかし私としては正直に書くと「リニューアル以前の豚丼の方が全然よかった」と感じていますし、あの新味は改悪とすら
思っています。

リニューアル前の吉野家の豚丼は、牛丼より脂っこくないし柔らかいし味がしっとりと染み込み全体的にマイルドで
優しい味のようにも思えますし、食べやすいという印象が強いようにも感じられます。
吉野家の牛丼という大変コアなファンの皆様にとっては豚丼というと「何を異端な商品を・・」と思われる方も
多いのかもしれませんけど、私はリニューアル以前の豚丼はとっても大好きでした。


譁ー蜻ウ雎壻クシ_convert_20181018172801


吉野家のHPには、
リニューアルされた「新味豚丼」は、豚肉の旨みと食感を活かした豚の煮肉を提供前に特製の甘辛タレで和えることで、
さらにおいしく食べ応えある商品になりましたと記されていますけど、
リニューアル以前の豚丼とこの新味豚丼は「似て非なるもの」といっても差し支えは無いと思います。
それだけ劇的に味が変わったと言えると思います。

リニューアルに合わせてさりげなく20円値上げし、以前の330円というリーズナブルな価格から350円に値上げをした事で、
現行の吉野家の一杯380円の並盛牛丼と価格差はあまり感じられなくなってしまい、
私の正直な感覚としては、「新味豚丼の並盛を食べるのだったら、牛丼並盛を食べた方が納得感はある」という事だと
思いますし、「かつやの490円カツ丼や松屋のプレミアム牛丼の方がいいのかも~」と感じてしまいますし、
「吉野家に行くメリットが以前よりは小さくなったのかもしれない」と感じざるを得ないです。

「新味豚丼」は、以前の豚丼で可能だったつゆぬきもつゆだくも不可となっています・・

味に関しては甘さがとにかく強く、甘辛いというより甘味が勝っている印象です。
味もしっかり染みこんでいる感じでは無く牛丼よりも煮込みが少ない印象もあったりします。
以前の豚丼より良くなった点を挙げると「肉感」がかなり強調されている点だと思います。
甘めの味付けで豚肉の甘さを引き立てて煮込みを少なくして豚肉の食感を残していると言えるのかもしれないです。

ただ私的にはリニューアル以前の豚丼の方が圧倒的に好きです。

今回のすき家の豚丼販売終了、そして随分前に松屋では豚めし自体が販売終了となっていて、
吉野家も新味豚丼といういわば従来の素晴らしき豚丼をむしろ改悪してしまったという事で、結果的に豚丼というメニューが
既に食べたくても食べられない幻の味になりつつあることはなんだかとても残念なものがありそうですね。
※過去記事の大幅改訂・再構成記事です。

「マイホーム」を持つ事は、一人ひとりの価値観によって差はあるのかもしれないですけど、
私たちにとっては「夢」であると考える人はいまだに多いのかもしれないですね。
建売住宅の場合ですと、既にある程度完成された建物と設備等の付属品がセットされた物を購入するという事で
あまり実感する事は無いのかもしれないですけど、古い家を解体して建替えした場合とか
注文住宅で家を新築する場合は、工務店・住宅メーカーの担当・インテリアコーディネーター・建築設計士などと
何もない状態から、住む人の希望とか予算等をヒアリングながら何もない白紙の提案書から
間取りプラン・設備仕様書・外観パース図等の形が伴った有形の提案書を見る事によって
様々な打ち合わせを重ねていき、契約→打合せ→確認申請→施工→完成という流れを経て
「家の引き渡し」という事に繋がっていきます。

新築計画の際に家の間取りというかプランを考える時は、
今現在の事や数年後の事も確かに大切ですけど、「家は30年・40年住み続けるものであり、自分たちはいずれは年を取る」
という事実もある程度は考えないといけないものなのかもしれません。
家を新築するという事はとてつもなく大きな夢であるのですけど、
同時に「今現在も大事だけど、家は恒常的に長期間住み続けるものだから、未来の事もある程度想定する必要はある」
という事は認識する必要はあるのかもしれないですね。

施工前に憧れとか見た目の良さだけでリビング内の吹き抜け・はめ殺しの天窓・シーリングファンやロフトを設置したのは
いいけど、数年後に吹き抜けの天井に設置していたシーリングファンとか照明器具に
不具合が生じ部材の交換が必要になった場合、
その部材の交換だけで屋内足場が必要になり、部材の交換費用は数千円で済んだのに
室内足場の設置と撤去で数万円も掛かってしまい「予想外の出費を強いられる事例も数多くありますし、
天井のはめ殺しの天窓とかステンドグラスなんかは、手が届かない場所に設置されている事が多いものでして、
施工後数年後はいいとしてもしばらく時間が経過すると汚れが目立ってしまい、
「この天井のはめ殺しの天窓の掃除はどうすればいいんだ・・」みたいななってしまう事もよくある話ですし、
その天窓にひび割れが発生する事も特段珍しい話ではありません。
この天窓のひび割れなのですけど、都市伝説的な話として「カラスがイタズラして石を屋根の天窓に叩き落とす」みたいな説も
あるようですけど、実際はそんな事はまず起きないです。
というか、天窓のひび割れの大半の理由は熱膨張による熱割れが原因と思われます。
日の当たらない夜にガラスが冷やされて、日が昇ってガラスに日光が当たります。
日光が当たった部分は温度が上がりますが、サッシで隠れている部分などは日が当たらずに温度が低いままです。
暖まった部分だけが膨張してしまうので熱割れの原因になるのです。
さらに経年劣化でゴムパッキンが硬くなっていると、衝撃を吸収してくれなくなります。
本来なら安全なはずの開閉時のちょっとした衝撃でも割れてしまうことがあるのです。
そして屋根に設置された天窓は、上空を遮るものが無く太陽の光や熱をもろに受けやすいと言う事で普通の窓以上に
熱割れが発生しやすいです。

天窓の数センチのひび割れ程度ではガラス破片の落下はないですけど、長期間放置しておくと結果的に雨漏りの原因にも
なりかねないですので早めの交換はお勧めしたいです。
だけどここで注意しておきたい事は、天窓やその窓枠を交換する場合は、普通のガラス交換みたいに簡単にできるという
訳ではありませんし、ガラスや窓枠の重さを考慮すると場合によっては部分足場を設置する必要があるケースもあり、
こうした場合ですと、天窓交換の価格以上に足場設置とばらしの工事の方が費用的に大きい場合も多々あります。

確かに天窓のデザイン性と採光性は素晴らしいのですけど、上記のようなひび割れという事例も将来的にあり得ると言う事は
新築の設計時に考慮する必要があるのかもしれないですね。

よく耳にする話ですけど、屋上付三階建て住宅を建てたはいいけど、子供が成長し進学・就職等で
子供たちが巣立っていき夫婦二人だけでその家に住み続ける場合、夫婦の居住スペースの一階二階だけに留まり、
三階や屋上に足を踏み入れる時間が少なくなってしまい、三階部分だけが開かずの部屋になってしまうとか、
はたまたもっと高齢化が進行すると
一階部分だけが居住スペースになってしまい、三階はもとより二階部分すらも中々足を踏み入れなくなってしまう
という事もどちらかというと「よくある話」と言えるのかもしれないですね・・
それと同様な事はロフトにも言えまして、当初は物珍しさから子供の遊びスペースとか収納として使っていたものの、
居住者の高齢化によりロフトを使用する頻度は下がる事はよくある話ですし、
ロフトに上がるまでの梯子を踏み外して怪我をされる事例も多数あるようですので、屋上・三階・ロフトは長期的に
本当に必要なのか・・?と言う事も計画時にしっかりとご検討をされた方が宜しいと思われます。
三階建てでなくて二階建てでも吹き抜けと屋根勾配を利用し、二階リビングの上にロフトを設置される間取りの家も
時折お見かけしますし、このロフトにアルバムや趣味のコレクション類を置くと大変重宝されたりもします。
ロフトは便利な反面、面倒な要素もあり、何かと言うと、消防はしごみたいな「梯子」を掛けないとロフトまで登れないですし、
梯子から万一落ちると怪我をする可能性もありますし、若い頃はいいとしても自分が高齢化を迎え、
いざロフトを昇ろうとしても急勾配の梯子から滑り落ちて怪我をされる事も実は多々あったりもします。
建築基準法上は、ロフトは建築面積に含まれないのですけど、固定階段を設置すると建築面積に
含まれるのだと思いますが、
こうしたロフトがある家って、その家を建てる際には、
「そんな荷物置き場スペースのロフトに固定階段なんて必要ないし、その分が建築面積に含まれちゃうというのならば、
梯子で十分じゃないの・・?」と安易に考えがちなのかもしれないですけど、
その施主が段々と年を取ってくると、ロフト自体を滅多に使わなくなり、そうした非常用梯子に上る回数も
年々減っていき、
しまいには、梯子で上っている最中に転倒する危険性が高そう・・ということでロフト自体が「開かずの間」と化していき、
誰も数年間そこに足を踏み入れなくなったという話は決して珍しくは無いと思われます。
家の間取りというかプランを考える時は、ロフトや吹き抜けに象徴される通り、今現在の事も確かに大切ですけど、
繰り返しになりますけど、「家は30年・40年住み続けるものであり、自分たちはいずれは年を取る」という事実も
ある程度は考えないといけないものなのかもしれませんよね。


縺ッ繧∵ョコ縺誉convert_20180617161936

蜷ケ謚懊¢_convert_20180617161958


私も仕事柄自分の家づくりの参考という事で、住宅展示場をふらっと見学する事もたまにあったりするのですけど、
私自身がモデルハウスの住宅営業をしていた頃のモデルハウスとかなり変化をしている面も多々あると思います。
一例を挙げてみると・・

1.モデルハウスの住宅は一般的に70~80坪前後のかなり大きな家として公開されているのですけど、
  実際にそうしたとてつもなく広い家を建築される事は極めて稀で、ほとんどの皆様は30~45坪程度の家を計画されている
  というのが現実なのだと思います。
  私の現役時代よりよく「モデルハウスの絢爛豪華な仕様と自分達が計画している家のギャップが多きすぎて
  イメージが湧かない・・」という声も大変多かったのですけど、最近のモデルハウスはそうしたお声に反映させる形で
  「40~50坪前後の現実的な間取り」とか「モデルハウスに展示されている設備が基本的には標準仕様」といった
  「わかりやすさ」を全面に出したコンパクトなモデルハウスが随分と増えてきている印象もあります。
  同時に賃貸住宅併用住宅とか店舗兼居宅を実例として公開しているモデルハウスも以前より増えているという
  印象もあります。

2.太陽光発電とエコキュートを最初から設置しているモデルハウスが多いし、「ゼロハウス提唱」という事で
  ソーラー売電の費用を住宅ローン返済に充当し、結果的に0円で家を建てましょうと持ちかけるパターンも
  増えてきているように感じられます。

3.屋上緑化のモデルハウスが随分と増えてきている

4.スマートハウスという事でスマートホン一つで家の施錠や浴槽のお湯張りで出来る事を提示させるモデルハウスも
  増えている

その中でも私的に「いっちば~ん!」変わったな・・と感じさせてくれる点は
モデルハウスの開口部、つまり窓のスペースを取る家が随分と増えてきたという事でもあります。
窓が多いとそれだけ耐震性の問題とか高気密高断熱を実現しにくくなるという欠点も出てくるのですけど、
最近の住宅は、現場で大工さんが作る家という事ではなくて、部材のほとんどを工場で精緻に大量生産で作り上げ、
現場ではその部材をまるでプラモデルのように積み上げればいいという感じもなくはないですし、現代の家の施工は
昔ながらの在来工法ではなくてメインは2×2のツーバイ―フォー工法ですので、
そうした広い窓を設置しても耐震設計上や高気密高断熱の点からも特に問題ないという事なのかもしれないです。
そのせいか最近の家は、室内全面に窓を広く大きく取ったり、吹き抜けをつくったり、吹き抜けスペースに
はめ殺し窓を設置して高い位置からも光を取り入れるという設計も大変増えているように感じられます。

全面開口部の家とか吹き抜けや高い位置に採光用のスリット窓がある家は、
そのデザイン性は大変優れていると思いますし大変見映えがしていると思います。

ただ天窓は上記で書いたような問題もありますし、吹き抜けはその開放感と採光性は大変なメリットなのですけど、
これはよく耳にする話ではあるのですけど、リビングに吹き抜けを作ってしまうと、リビングのエアコンの効きが大変
悪くなってしまい、夏は暑くて冬は寒いという傾向も多々ありますので、
天井にシーリングファンを設置したり、大きめの部屋を想定したエアコンを設置する事で対処するしかないのかなとも
思います。
概して吹き抜けのある部屋の冬は寒いですしエアコンが効きにくいし電気代が掛かってしまうと言う事は、やはり計画時に
多少は頭に入れておいた方が宜しいのかもしれないです。


縺昴≧縺論convert_20180617161909


家の新築の際は、20~30年後の「老後の生活拠点」として間取りを考慮する必要がありますし、
同時に半年~1年後の大掃除の事も多少は頭にいれる必要があるのかもしれないという事なのです。

三階のはめ殺しの窓とか吹き抜けスペースの採光用の窓は、元々が掃除をするという事を前提に設計されていませんので、
あれを掃除するのは大変だと思いますし、シーリングファンのプロペラ部分も数年に一度ぐらいは掃除をしないと
ファン自体が室内にゴミを吐き散らす結果になりかねないですからね・・(汗)
先日もとある顧客より
「うちのあの三階のはめ殺しの手が届かない窓が泥だらけになっていて掃除をする必要がある・・
業者に依頼したらどの程度かかるのか・・?」と質問され、
経験上「簡易足場または簡易やぐら設置で5万円、窓掃除とシーリングファン清掃は5000円程度」と答えたら
「えー、掃除そのものよりも簡易足場がその10倍もするの~!?」とドン引き状態でしたけど、
「あんなヘンな場所にはめ殺し窓を設置したのはあなたでしょ・・」とツッコみたい気持ちでも一杯でもありました・・
三階ではなくて二階程度でしたら、上記画像のような4m程度まで伸縮できる長い柄のモップでなんとか対応できる
のですけど、さすがに三階ですと手が手が届かないですからね。

最後に・・私が金融機関在籍の頃とか住宅業界に転籍して初期の頃は、家の面積変更というとほぼ例外なく
増築のお話がメインでした。
しかし、最近の傾向として、増築とは正反対の減築という相談とか依頼も以前よりはだいぶ増えてきたようにも感じられます。
「こんな広い家に夫婦二人で住んでも掃除や管理が大変なだけ」
「最近は足腰が悪くなってしまい、二階に行くのも一苦労・・もう我が家は平屋で十分」
「相続や固定資産税の関係から、こんな広い家を子供たちに残すのも気が引ける」
「子供も成長し旦那はすでに亡くなっているから、洋室・和室・キッチン・水回り・収納設備などがあれば十分」
みたいな感じで、
家を広げるのではなくて、逆に建築面積を小さくするようにしてほしいといった減築の相談がかなり増えてきたようにも
感じられます。
現実的には予算の問題とか施工中の仮住まいの問題とか、部屋を1~3つ減らした場合に、
同時に外壁もなくなってしまうので、その部分の断熱性とか気密性をどのように維持すればいいかとか
二階をそっくり無くした場合、確かにその分の質量は無くなり耐震性は高まるけど、そのコストはかなりかかってしまう・・
耐震性が単純に不安だというのならば、二階はいじらないで屋根を瓦→スレートにした方がかえってコストを抑えられる
みたいな流れで
「減築」計画自体はなかなか実現しにくいものなのかもしれないですけど、
こういう話が既にいろいろと起きていること自体、「高齢者世帯が、70~80歳を過ぎて快適に過ごせる家」というものが
今後クローズアップされてくることを示唆していると思いますし、
家の設計時には、老後の事とか数年後の大掃除の事ぐらいは頭に入れておく必要があるという
事なのかもしれないですし、今現在だけではなくて、数十年後の自分たち」というものもある程「予測をしなければいけない
という事なのだと思います。
人間の「老化」というのは、「記憶力の低下」と「足が重くなる」という事から始まっていくのかもしれないです。

よく言われる話ですけど「人間は三十歳を超えたらあとは下り坂を転げ落ちるようにあっという間~!」という事なのかも
しれないですし、確かに三十歳を超えたら「なんだか自分が年を取ってきた・・」と感じる瞬間も激増するのかも
しれないです。

具体的にどのような時に「自分が年を取ったな~」と感じるのかというと少しばかり一例を挙げさせて頂くと

〇ひとり言が増えた

〇翌日になっても疲れが中々取れないし、筋肉痛が遅れてやってくるし、肩が上がらなくなってきた

〇胃もたれする事が増えてきた

〇白髪が目立って来てお腹がポッコリしてきた

〇年下の話題についてこれなくなってきたし、恋愛ドラマにほとんど興味がなくなってきた

〇味の好みがこってり・濃厚→薄味・あっさりに変り、肉よりは魚の方が好きになり、焼肉よりは寿司を好むようになった

〇小説や漫画や映画は再読再見が増え、新しいジャンルに興味がわかない

〇アニメキャラのテンションの高さについていけなくなった・・

〇自分の10~20代の頃のドラマ・アニメ・歌が「懐かしの時代」とテレビで扱われているのを目にしたとき・・

〇こってりのとんこつラーメンを食べられなくなった

〇いつの間にかアイドルと同世代ではなくて「アイドルの親と同世代」という方がしっくりくるようになった・・

〇動いている電車の通路を移動する時も以前はスタスタ行けたのに、今ではつり革に掴まらないとよろけそうになる

〇自転車で上り坂の立ちこぎをすると息があがるようになってきた

〇昔好きだったアーティストや俳優が亡くなった時

〇何か目的があって部屋を移動したのに何をしにきたか思い出せなかった事が最近増えてきた

〇国鉄やNTTの民営化等若い頃の出来事が普通に歴史教科書」に載っているのを発見した時

〇増えた体重がなかなか落ちにくくなった

などなど色々とあると思うのですけど、私的には記憶力の低下がいっちば~ん!なのだと思います。

自分で言うのも変な話ですけど、20代前半の頃までの私自身の記憶力はすごいものがあったと思います。
例えば、中学や高校の英語のリーダーという読解科目の場合、
教科書の試験範囲の英文の日本語訳は、大体一時間程度でほとんど丸暗記出来ていたと思いますし、
大学の試験で、教授が気を利かせてくれ事前に論文の試験問題を10題ほどに絞ってくれ
その中で一題を出題する場合でも、
大体2時間もあれば、その10題の論文内容をほぼ全て頭に入れる事は可能でした。
社会人になって、金融機関の営業担当の頃は、大抵実際の顧客管理先は500軒程度だったのですけど、
住所氏名は勿論、過去の対応履歴とか家族構成・趣味等は大抵頭に入っていて特に記録簿とか見なくても
名前を見ただけでそうした情報がスラスラと出てきたものでした。

だけどその「記憶力の良さ」もせいぜい20台後半まででしたね・・・

30代を過ぎると目に見えて記憶力の低下が顕著になり、今現在に至っては現在の顧客の名前が中々思い出せなくなってきた
というのは随分と増えているようにも感じられます。
その顧客の顔や過去の履歴は大体覚えているのですけど、氏名が出てこないというのはちょっと歯がゆいですけど、
これも記憶力の衰えなのだと思います。
現在のプリキュアは通算16作品目なのですけど、さすがに今現在は変身前と変身後の名前が以前ほどはスラスラ
出なくなったのはちょっと自分自身やばいものを感じたりもします・・(汗)
今現在一番大好きなジャンルの「東方Project」における歴代ゲーム作品と各ステージボスの名前が出てこなくなった時は
正真正銘ヤバいといえるのかもしれないです・・

「記憶力の低下」関連のあるある話としてありそうな話としては・・・

〇昼間にカレーを食べた事を忘れて夜もカレーを食べてしまった

〇PCのワードでの漢字変換は問題なくできるのに、手で直接手入力をした際に漢字が思い浮かばない

〇立ち上がったその瞬間に「あれ~!? 今何をしようとしていたのだっけ??」と思った

〇パスワードや暗証番号をど忘れしてしまった

〇一度名刺交換した人に、またまた名刺を差し出してしまった・・

〇忘れないためにメモをしたのに、メモしたした事すら忘れ果て、そのメモ帳を紛失してしまった・・

〇レンタルしてきたアニメDVDが一か月前にも借りていた事を忘れ果てていた・・

といった事もありそうですね~

とにかく人が長い間生きて年を取るとそうした記憶力の低下はある程度は仕方がないと考えるのが無難と言えるのかも
しれないです。





CIMG2948_convert_20190512203123.jpg


そうした記憶力低下に対してそれを解決とまではいかなくても少しは効果がありそうなガムも実は「ロッテ」より既に
商品化されていたりもします。
ちなみに私自身は昔も今も大の千葉ロッテマリーンズ(旧、ロッテオリオンズ)ファンですので、お菓子やガムを購入する際は
基本的にはロッテ製品しか買わないです!
ローソン等のごちうさ・艦これコラボ対象商品としてロッテではなく明治・森永が指定されるとテンションが下がったりもします・・

記憶力低下に多少は効果がありそうなのはロッテの「記憶力を維持するガム」です。

このロッテの記憶力を維持するガムには、イチョウ葉フラボノイド配糖体及びイチョウ葉テルペンラクトンが含まれています。
イチョウ葉フラボノイド配糖体及びイチョウ葉テルペンラクトンは、
認知機能の一部である記憶力(言葉や図形などを覚え、思い出す能力)を維持する効能もあるとの事です。
イチョウ葉抽出物とは、ハーブティーなどにも利用されているイチョウ(Ginkgo biloba)の緑葉を乾燥し、
抽出したエキスです。
1回2粒を10分噛み、1日1パックを目安とされていますけど、こんなにイチョウ葉エキスのガムを噛んでいると確かに
多少の効能はあるのかもしれないです。
このガムの味は少し苦めなクールミント味です。

実は先日なのですけど、懸賞応募マニアのうちの奥様が東京MXで放映している「5時に夢中」という番組の懸賞に応募し、
見事に当選を果たしました!
その懸賞品がこのロッテの記憶力を維持するガムなのですけど、
彼女の記憶力は昔も今も変わらず恐ろしいほど抜群で、私の過去の安易で軽はずみな口約束は15年以上経過した事でも
忘れることなく覚えていますし、歴史や過去の漫画めアニメ作品の彼女の記憶力は私から言わせて頂くと
神業とすら言えると思います。
だからうちの奥様には全く不要なガムですし、彼女自身ガムを噛む習慣は全く無いものですので、今回はそのおこぼれに
預かる事ができましたので、私もロッテのこのガムを噛んで記憶力低下が低くなるようにしていきたいものです!
一つ後の記事が渡邉ポポ先生の「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」の「十万石まんじゅう」記事なのですけど、
埼玉県民にとって外す事の出来ないソウルフードというと、十万石まんじゅうや山田うどんもあると思いますし、
人によってはゼリーフライや彩果の宝石や加須うどんなどを推される人もいらっしゃるとは思いますが、
「ぎょうざの満洲 」も外せない定番の埼玉ソウルフードのお店の一つと言えるのかもしれないしれないです。
ぎょうざの満洲といっても埼玉と東京都にお住いの方以外は、「なんじゃ、それ・・??」と言う感じだと思います。
そりゃそうですよね、埼玉と都内以外は店舗展開していませんので、十万石まんじゅう以上に知名度が無いのは
仕方ないと思います。
ぎょうざの満洲は最近、大阪と兵庫にも出店したようでもありますので、関西でもあの安さとおいしさの魅力がじわじわと
浸透していければいいと思います。

ぎょうざの満洲は、多分ですけど、埼玉の方には相当馴染みがあるお店だと思います。
「山田うどん」と同様に埼玉県内に本社or本店があって、テレビ埼玉にCMを結構流していますから、
埼玉県民にとっては「十万石まんじゅう」同様に馴染みのあるCMの一つと言えるのかもしれませんよね。
十万石まんじゅうは、当ブログの浦和の調ちゃんカテゴリでも山田うどんと共に散々ネタにしてきましたけど
十万石まんじゅうの例のあの「うまい、うますぎる」のフレーズは埼玉限定ですけど大変有名になっていますが、
ぎょうざの満洲のフレーズは「3割うまい」というものです。
この「3割うまい」というのは、
「うまい・安い・元気」の3つで3割とされているそうですけど、
元は「他店より美味さ3割増し」の意味で付けられたものとのことらしいです。
テレビ埼玉を付けているとたまにですけど、この「3割うまい」のフレーズは結構流れてきますので
埼玉県民にとっては馴染みのあるキャッチフレーズなのかもしれないですね。
そしてほとんどのお店が駅前にありますので、会社帰りになにか定食を食べたいという時やビールを飲みたい時のおつまみの
お店としてもうってつけだと思いますし、ファミりーでお店に入ったとしても全然違和感がない万人向けの大変気取りのない
餃子店だと思います。

餃子屋さんというとどうしても餃子の王将や大阪餃子の王将の知名度が高いとも感じるのですけど、
埼玉で頑張っているぎょうざの満洲も是非ぜひ頑張って欲しいものですし、
願わくば渡邉ポポ先生の「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」でも取り上げて頂きたい埼玉ネタでもあったりします!


縺弱g縺・*縺ョ貅€蟾枩convert_20190502180116


ぎょうざの満洲のマスコットキャラクターは「ランちゃん」という女の子なのですけど、
この会社の社長さんを元々モデルにしたとの事です。
名前の由来ですけど、「ラ」はラーメンのラ、「ン」はチャーハンの「ン」です。
こういうあまりにもわかりやすいフレーズは「うまい、うますぎる」と同様にこのシンプルさが素晴らしいと感じます。

そうそう、これってよく間違われるのですけど、ぎょうざの満洲は「満洲」という漢字を使用します。
満州という漢字ではありませんので御注頂ければ幸いです。

ぎょうざの満洲は、こうした飲食店では珍しいのかもしれませんけど、フランチャイズ制は採用せず
全て直営店方式というのも面白いと思いますし、
これが全店で共通の味と運営方針を保てる理由なのかもしれないです。


貅€蟾枩convert_20160214205546


ぎょうざの満洲はもちろん、各種のおいしいメニューがあるのですけど、ついつい食べたくなってしまうのが
「ダブル餃子定食」です!
餃子が12個ついて、ご飯・漬物・スープで価格は570円だから結構お得だと思います。
(以前はダブル餃子定食は500円だったのですけど、昨今の原材料高等を考えるとやむを得ないのかもしれないです・・)
ぎょうざの満洲の餃子は、とてもマイルドな感じがして、比較的家庭的とかやさしいみたいな印象があります。
食べても食べても食べ飽きないみたいな感じがある味なのかなと思いますし、
どちらかというとパワフルで強烈な個性を発揮している様な感じもある餃子の王将とは味の方向性としては
結構な違いも感じたりもします。

このダブル餃子定食ってとても美味しいですし、12個だったら一気にペロッと食べられちゃう感じがあります。

食べても食べても食べ飽きないみたいな感じがある味が魅力なのだと思います。

改めて、日本人には、ラーメン・餃子・カレーライスがよく合うと思いますし、「ラーメン大好き 小泉さん」の小泉さんが
ラーメンにドはまりしてしまうのも当然と言えるのかもしれないです。

最後に・・おかげさまで本記事でもってこの食べ物カテゴリは1000記事に到達しました~!

レンジでチン!とは既に定着したワードと言えると思うのですけど、私が昭和の後半に初めて一人暮らしを開始した際は、
今現在のような普及をしていた訳ではなくて、むしろ高嶺の花と言えたのかもしれないです。

電子レンジは各家庭に相当の割合で普及している大変便利な家電ですし、既婚家庭でも独身者でも
一家に一台は必需品だと思います。
電子レンジは大変便利なものですけど、使用方法を間違えるとちょっと危険な家電という事なのかもしれないです。
その一つが卵・ソーセージ・焼き芋等を電子レンジで加熱すると場合によっては電子レンジ内で閃光が走り食べ物が
爆発と言うのか庫内で食べ物が散乱するという事もあったりします。


辟シ縺埼ウ・荳シ_convert_20190427172026


当ブログでも以前に「電子レンジでゆで卵と焼き芋を加熱したらレンジ内に閃光が走り、ゆで卵や芋が
爆発し粉々に砕け散ってしまい、レンジ内がぐちゃぐちゃの悲惨な状況になってしまった・・」みたいな記事を
書かせて頂いた事もありました。
そんな訳で「ゆで卵はレンジで加熱してはいけない」という事は認識はしていましたけど、
先日ですけど、コンビニ弁当の「半熟卵でとろ~り焼き鳥弁当」をレンジで加熱した所、またまたレンジ内に閃光が走り
お弁当がレンジ内で爆発をしてしまいました・・(汗)
あの時の認識としては、ゆで卵・生卵を殻つきのままレンジで加熱すると庫内でそうした爆発が起きる可能性がある
というのは分かっていたつもりだったのですけど、お弁当の具材としての半熟卵もをレンジでチンしたら
爆発の可能性があると言う事は正直認識はしていませんでした・・
結果的にレンジ内は見るも無残に散乱してしまい、焼き鳥と卵の残骸とご飯粒がレンジ内で飛散しまくり
後で掃除するのは結構大変でした~(汗・・)

人間というものは、私のように脳みそが既にポンコツ化してくると、以前経験した「卵関係は電子レンジでは加熱しては
いけない」という学習効果をコロッ・・と忘れてしまうものなのですね・・(汗・・)
先日私がコンビニで購入したのが半熟卵付の焼き鳥弁当だったのですけど、後でよく見てみたらお弁当の注意書きにちゃんと
「弁当内の半熟卵は電子レンジで加熱しないでください」と書かれていたのに、私はそうした注意書きに気にかける事もなく
東方のこいしちゃんではないけど、ほぼ無意識状態で何とは無しに
半熟卵付の焼き鳥弁当をそのまま電子レンジに入れたところ、レンジ内の爆発を引き起こしてしまったという事でもあります・・

それにしても私のポンコツ頭脳は既に学習効果とか過去の失敗に学ぶという事はほぼ皆無のようですね・・(汗)
「気づけよ! 以前に卵の電子レンジ爆発をやらかしたでしょ・・! 本当に学習効果がゼロなんだからぁ~!」という
自分で自分にツッコみを入れたい気持ちで一杯でもありました。

それにしても焼き鳥弁当やすき焼き弁当についてある半熟卵をご飯の上に掛けて具材と一緒に食べると
本当に美味しいですよね~!

但しその際に注意して欲しいこととして、そうしたお弁当と一緒に半熟卵を一緒に電子レンジで加熱する際に、
(私のように)電子レンジ内で半熟卵が爆発する事もありますし、それ以外に
レンジ内で爆発しなくても食べる直前に半熟卵の黄身を箸でつつこうとした途端に半熟卵が爆発というのか、黄身が
飛散するという外部爆発もあるようですので注意は必要なのだと思います。
あのとろとろの半熟卵は意外と熱いですので、やけどという危険性もあるのかもしれないです。
改めてですけど、卵というものは、ゆで卵だけではなく温泉卵・温玉・半熟たまごも電子レンジ内での
爆発もありうるという事なのだと思います。
そしてこうしたレンジ内の卵爆発というのは庫内だけで発生する訳では無くて、レンジから外部に出した後でも起こり得る
危険性はあるという事なのです!

ちなみにですけど、上記の現象は「突沸」という現象とのことです。

国民生活センターが公開している「電子レンジを安全に使うために〜使い方による危険性を探る〜」という資料によると
「電子レンジ内でゆで卵および卵を使った料理の加熱を行ったところ、加熱中や取り出した後で卵が破裂する事例が
かなり報告されている」との事です。
センターの資料によると、レンジ内での破裂だけでなく、食べようとお箸を刺したまさにその瞬間に破裂するという事もあるそうで
レンジ外で破裂した場合、高温の破片が周囲に飛び散る危険性もあり場合によってはやけどという事故にも
なりかねないとの事なそうです。そうした現象が「突沸」との事です。

こうした「突沸」をちょっと科学的に記してみると、
通常は液体が沸点に達すると、液体の内部から水蒸気が発生して沸騰状態になりますが、
まれに沸点に達しても沸騰しない場合があります。
この状態の液体にちょっとした振動や刺激(ゆする、かき混ぜる、砂糖・調味料を入れるなど)が加わると、
突然激しく沸騰します。この現象が突沸です。
突沸が起こると、熱い液体が勢いよく吹き上がったり、爆発するように飛び散ったりするので大変危険との事です。

電子レンジというものは、食材を内部から温めるため、熱で膨張&圧力が高まります。
殻があると限界まで圧力を溜めこんで、一気に爆発するという事になるそうです。
箸で黄身を突くというちょっとした刺激によって今まで溜めこまれていた圧力というエネルギーが湧き起こり
沸騰→爆発という事になる事もあるのですね!

レンジの庫内で爆発するならまだしも、「さーて、今から弁当を食べるぞぉ―!」という事で
お箸のちょっとした刺激によって爆発するというのも何だか怖い話ではありますよね~
結論としては、いい加減そろそろ「電子レンジに卵と名の付くものは入れるな!」という事を私は骨の髄まで学習する必要が
あるという事なのかもしれないです。


f65e4b12-s_convert_20170322180248.jpg

fdde1264-s_convert_20170222195542.jpg


電子レンジでの食べ物の爆発炎上とか鍋の中身が加熱中に爆発炎上と言うと思い出すのは、現役プリキュアの既に
先々代になってしまいますが「キラキラ☆プリキュアアラモード」のピンク系主人公のいちかちゃんなのだと思います!

いちかは初期の頃はレンジでシュークリームの皮を加熱する際にシュークリームの皮を爆発炎上させたり、
鍋の中身を爆発炎上させたりと、歴代ピンク系プリキュアの伝統の「ポンコツさ」を存分に発揮してくれて、
かわいいけどとても楽しいプリキュアでもありました!

いちかちゃんの事は今後も絶対に忘れる事はありませんし、あのかわいらしさは歴代でもトップクラスのものが
あったと思います。
当初の頃は、クッキーとかシュークリームの皮をオーブンで焼き上げる時とかプリンのカラメルつくりの際ですら
爆発炎上みたいな事を何度もやらかしてくれていましたけど、
最後の方は立派なバティシェみたいな存在になっていたのはいちかちゃんとしてのすてきな成長といえそうですね~!

現役のスタートゥインクルの皆様もとってもかわいくてすてきですけど、いちかもとってもすてきなプリキュアでした~!


005_convert_20190425161323.jpg


現在はGWの10連休真っ只中で、皆様におかれましては存分にこの長期休暇をお楽しみ頂いているとは思いますが、
私自身はこの10連休のうち7日間は通常通りの出勤モードと言う事で、
「国防・医療・交通・エネルギー等のインフラ関係ではなくて住宅というサービス業関連なのだから、別にこの大型連休を
出勤体制にしなくてもいいのに・・」とブツクサ言いながら、いつも通りの仕事モードにさせて頂いております。
一つだけよいところは、通勤電車がガラガラに空いている事と道路が空いている事だと思います。
ただ大型商業施設とか観光スポットに近い所や高速の入り口近辺の道路は普段以上に混雑している印象があるのは、
さすが超大型連休は違うと感じてしまいます。

ただこの10連休に出勤モードの人たちは極力定時で上がる通達が出ているせいもあり、定時と同時に私もさっさと
帰り支度を始めています。
そしてこうした大型連休中のお店はどこのお店に行っても大変混雑していますので、お昼ごはんはほぼ全て
コンビニで済ませることが今のところは大変多いです。
そしてコンビニのお昼ごはんというとお弁当よりはおにぎりやパンの方が手軽でいいや~という感じでおにぎりを買う事の方が
多いです。

日本人の最近のお米の消費量は年々低下の一方という事実はあるのですけど、それはそれとして、日本人には
どちらかというとお米のおいしさがあっているのかもしれないです。
ご飯そのものというかお米の粒そのもの自体が美味しい際には、別におかずなんていらないのかも~と
感じることも多々あると思います。
おいしいご飯があれば、漬物一皿だけでも軽く1~2杯はいけそうですし、
これに明太子とかしば漬けとか、生卵に醤油を少したらしたものとか味付け海苔とかさんまの塩焼きがあれば
他におかずなんていらない・・という感じにもなりそうです。

白いご飯に漬物だけというシンプルなものを美味しく食していると
「あー、日本人に生まれてよかったなぁ~」としみじみ感じたりもします。

そしてごはんというと、おにぎりも本当に美味しいと感じます!
おにぎりを生み出した先人の方はある意味天才だと思いますし、西洋のサンドイッチと同じような発想なのかもしれないですが、
ごはんというお米粒の中に具というある意おかずを挟み込んでしまいますので
これはこれで立派な定食と無理すれば言えるのかもしれないですよね~

上記にて私はおにぎりと記載しているのですけど、人によってはおむすびと呼ばれる事も多いみたいですね。
童話の中にも「おむすびころりん」というのもあったと思いますし、コンビニでもその表示は分かれていたと思います。
基本的に西日本でおにぎりと呼ぶのに対して、東日本ではおむすびと呼ぶことが多いとの事らしいですけど
東北で生まれ育った私はおむすびと呼んだことは一度も無いです。
これはエリアによる違いというよりはむしろ人による違いの方が大きいのかもしれないですね。
ちなみに東京・神奈川・埼玉では「おにぎり」と呼ぶ事の方が多いという話も耳にした事があります。

おにぎりの名称の由来は、文字通り「にぎった飯」という事で、これに丁寧語の「お」をつけて「おにぎり」になったというのが
一つの定説になっているようですけど、
神の力を授かるために米を、山型(神の形)にかたどって食べたものが「おむすび」の発祥という説を唱える方も
いるようですし、ここから三角形の形が生じたとも一部で言われているみたいです。

呼び名や形状などによりおにぎりとおむすびに分かれますけど、
日本おにぎり協会によると、おにぎりもおむすびもはたまた握り飯という呼び方に特段違いはないとの事です。
各人がおにぎりと呼ぶかおむすびと呼ぶかは各人の自由であり、
「みんな違って、みんないい」という名言がある通り、呼び方や握り方に大差はないという見解を取っているのが
大変興味深いです。

呼び方は正直どうでもいいとして、おにぎりのおいしさはとにかく堪らないものがあると思いますね~!

前述の通り、この大型連休中はほぼ出勤ではありますが、このGW前に期間限定ではありましたけど、
セブンイレブンとファミリーマートで
150円以下のおにぎりが全て100円というキャンペーンが展開されていましたけど、
(厳密にはセブンイレブンでは150円以下が対象で、ファミマでは160円以下が対象でした)
こうしたキャンペーンは大変ありがたいです。

だけどどうせこうしたキャンペーンをするのだったらむしろGW期間中にやってほしかったなぁ~と感じたりもします。

普段なら一個130円~160円程度もする比較的高額なおにぎり・手巻き寿司が全て税込100円とは改めて
ありがたいものがあります。
普段ならば三つで450円相当するものがキャンペーン期間中は300円というのは大変ささやかなハッピーが
あるようにも感じられます。
そしてこうしたキャンペーンの良い点は、単に価格が安いという事だけではなくて、普段は一個150円以上もするので
ちょっと手が出しにくかったおにぎりを「果たしてどんな味がするのだろう・・?」とお試し的に食べてみることが
出来るある意味試食の場が提供されている事とも言えるのかもしれないです。
そしてこうしたキャンペーンが終わった後でも本当においしければ、たとえ定価であっても「また買ってみよう~」という気分に
なってしまうのかもしれないです。

そうした意味において、お試し的に一度購入し実食し、「定価に戻った後でも食べてみたい!」と思わせるおにぎりが
一つありました!

それが何かと言うとファミリーマートの「男飯 ぐるっと!ベーコン」です!

男飯 ぐるっと!ベーコンは、にんにく・胡椒をきかせた醤油ベースのペッパーごはんにベーコンを丸々1枚巻いたおにぎりです。
具材には小さく刻んだ焼ベーコンと黒胡椒・白胡椒を和えた旨味の強いマヨネーズがトッピングされています。
のりの代わりにベーコンを巻くという発想が大胆だと思います。
定価は158円とかなり高めですけど、キャンペーン期間中は100円というのもうれしいものがありそうです。

一度食べてみるとよく分かるのですけど、とにかくベーコンの存在感が際立っていると思います!

表面はかなりギトギトしているのですけど、これがむしろワイルドな味になっていると思いますし、中の胡椒とマヨネーズとの
相性もほぼ完璧だと思いますし、一口食べてしまうと二個目もついつい欲しくなってしまいそうなおにぎりだと思います。
冷たい状態で食べても美味しいですし、レンジでチンするともっと美味しくなると思います
油っぽさの他にも濃いめの味付けになっていますので、ガツン!とパンチの効いたおにぎりを食べたい時には
うってつけのおにぎりと言えそうです。
海苔の代わりにベーコンが巻いてあるのはやはり相当なインパクトがあると思いますし、朝食にもお昼ごはんにも
間食として食べても全く違和感はないと思います。
ベーコンだけを取り外してフライパンでカリカリに焼いた状態でごはんに巻いてもそれはそれで美味しいものになると思います。

私自身、コンビニの中ではファミリーマートとセブンイレブンのおにぎりが一歩他社を
抜きんでているのかな・・?とも感じるのですけど、私的にはコンビニおにぎりで一番大好きなのは
ファミリーマートの「シーチキンマヨネーズ」だと思います!

どうしてファミマのツナマヨのおにぎりはあんなにも美味に感じるのでしょうか・・?

「卵黄マヨネーズ使用」と明記されていますけど、それだけで他社との違いがあんなにも出るものなのかな・・?

そのあたりは企業努力なのかもしれないですし、企業秘密なのかもしれないですね~

そしてこのツナマヨの他にぐるっと!ベーコンを発見出来た事も今回のキャンペーンとして大変大きな意義があったと
思います!
oriziuedeng_convert_20130510154557.png


本日より新しい日本の元号の「令和」が始まります。

長かった昭和の激動の時代、瞬間的な栄華と20年近い失われた停滞の日々の平成とという時代が幕をおろし、
名実ともに新しい時代が開始されるという事なのだと思います。

昨日は「さようなら、平成」といった記事を簡単に書かさせて頂きましたので、本日はそれに呼応するように
「いらっしゃいませ、令和の時代」というお祝い記事をごく簡単に書かさせて頂き、
明日から再び通常モードに戻らさせて頂きたいと思います。

私自身、バブル期の社会人デビュー、そしてバブル崩壊と長期間の不景気、
そして通算三度に渡る勤務していた会社の破綻と倒産、解散(うち2社は上場企業ですけどね・・・)を経験しましたし、
その後において、中小企業、ベンチャー企業とある意味多彩な勤務経験をさせて頂く事が出来ましたけど、
その中で強く感じることがあります。
「どうして経営者というものは、己の会社を大きくする事ばかり考え、
ひたすら売り上げ増という量の拡大ばかりを目指すのか?
なぜ会社を守るというか維持する事を考えないのか・
なぜひたすら毎年毎年、前年比いくら売り上げが伸びたのかという事しか考えないのか・・?」という事でもあります。
そんな事言うと「それが資本主義社会のロジックなんだから仕方ないじゃん」という事になるのは百も承知はしていますが、
今後の世界全体の不安定化・高齢化・隣国との関係の不安定化、人口減少、
若者の購買意欲低下という事が原因である「パイの縮小化」が簡単に予想できるのに、
なぜ相変わらず量の拡大ばかり追い続けるのか、
会社・社員、ひいては国民を守るという発想がどうして起きないものなのなのか?とふと考える事もあったりもします。
それだったら日本と言う狭い国土に囚われずに海外へ打ってでればいいじゃんという発想も確かに一理あります。
海外へ出る=予測困難なリスクを背負う事でもありますし、それが本当にベストな選択なのかな・・?とも感じてしまいます。

狭い国土を有効に活用しつつ国民全体の幸せを守るという事ができないものかと令和最初の日にふと思ったりもしますし、
平成で最も大きな問題になってしまった課題の一つが「昭和の時代では予想もできなかった貧富の差の拡大」であり、
換言すると格差社会の本格的な到来という事なのかもしれないです。

とあるアニメ作品の冒頭のナレーションでは、何度か
「一つのリンゴを分け合う民は祝福され、次の果実へと導かれ
一つのリンゴを分け合えぬ民は裁かれ、やがて無に帰すであろう」というワードが流されていましたけど
これは単なるアニメ作品のセリフというよりもむしろ令和の時代の課題なのかもしれないと感じたりもします。

今現在において、日本・・否! 全世界、地球上で起きている様々な問題点(特に貧富の格差の拡大)は、
理想論で語ってしまうとC4DQ「リンゴの理屈」でほとんどの部分が解決できるような感じもしたりもします。

それが出来ないのはなぜなのでしょうか・・?

「国家」という概念に囚われすぎているせいなのか・・・

自国のみの「利益」だけに囚われすぎているせいなのか・・・

国内の一部のほんの一握りの「富裕層」の考えのみが国家の考えになってしまっているせいなのか・・・

それは正直よく分かりません。

地球上に存在するいかなるモノは、特定の国家・個人のものではない、地球の民全員のモノであるといつた価値観が
地球の民全員に共有できればそれだけで大部変わってくるようにも思えたりもします。
(それは究極の理想論というのはよく分かってはおります・・汗・・)

それが出来ないのは、世界で複雑に絡み合った利害関係の為せる業なのかもしれないです。

平成の時代において、「昭和の頃のような高度成長時代はもはや望みようがない」という事をむしろ政府の共通認識として
とらえる必要があったのかもしれないですし、国民全員がそのように認識する必要性があったのに、
それが必ずしも伝わり切れないでいて、昭和の頃のような高度成長の夢物語の再来を平成の時代において
バブルがとっくに破綻していたにも関わらず信じ切っていたのが平成の時代の大きな落とし穴だったと総括できるのかも
しれないです。
令和の時代の日本は、人口減少⇒高齢化社会⇒現役世代の減少⇒世代間格差の拡大と
親からの資産を元々有する「富めるもの」と親からの資産が期待できない「貧しいもの」の
極端な二極分化という事は間違いなく予想され、
数少ない富裕層と高齢世帯にだけ「購入」を期待しての景気拡大策という事自体限界があるのだと思えます。
そろそろ物質的な豊かさという事よりも
「負担」をどうやって公平に担当してもらうのか、どうすれば「公平」な配分が出来るのかに
シフトした政策を国家全体で考えるべき時なのだと思ったりもします。

日本はもはや「成長国」ではありません。それがスタートラインと言うか大前提なのかもしれません。

日本は「成熟国」の領域に入っていますしもそれは企業も地域社会も国家も大体同じ事なのかもしれません。

限られた財源をいかに公平に配分するのか 、
富める者たちからいかに不公平感を少なくして、貧しいものへと分配し、
それが結果的に「働いても怠けても収入は同じ」という社会の不公平感と閉塞感を起こさせないようにすべきなのか
そして、いかに国家「支出を削減し、国家の支出を最低限のものにとどめさせるのか
増税とか行政サービスの削減といった負担をいかに国民全員が納得して 受け入れさせるべきものなのか
こうした矛盾に満ちた政策をどう交通整理させるのか
そろそろ真剣に考えるべき時期なのかもしれないですし、それが令和の時代の課題と言えるのかもしれないです。

一言でまとめると、令和の時代は、低成長の中での一人一人「個」としての幸せをどのように見出していくのかという事なのかも
しれないです。

さてさて、令和の最初の日からそんな固い事言うのもなんですし、うちのブログらしくない(?)話でもありますので、
本記事の最後は、確かに不安とたくさんの課題を付きつけられて「大丈夫かな・・?」という不安漂う令和の時代でも
あるのですけど、
そうした不安の感情に対しては不安を持って対処し危機感を共通の意識として持つことも大事なのかもしれないですけど、
人は生きる上では「希望・ハッピー」という感情を持って生きていった方がより人間らしいのかもしれないです。

そうした希望・ハッピーを象徴させる dream fantasy
アミグリさんが描かれたイラストでもって本記事を締めさせて頂き、
上記で令和のはじまりというおめでたい日にかなりネガティブで後ろ向きな事を書かせて頂いた反動として、
アミグリさんが描かれた希望・幸せ・喜びをイメージさせるオリジナルイラストを是非ぜひ皆様に
ご覧頂ければ幸いです。

冒頭の「happy」とタイトルが連れられたアミグリさんが2013年5月に描かれたオリジナルのウェディングの女の子は、
希望と幸せのシンボルなのだと思います。

この女の子のハッピーな気持ちがストレートに一直線にやさしく伝わってきていて、
その幸せ感についついもらい泣きしてしまいそうな素晴らしい一枚だと思います。

女の子とウェディングドレスとの相性は最高の組合せの一つと思えますし、ウェディングドレスは女の子にとっては
「永遠の憧れの象徴」といえるのだと思いますし、そこには希望という言葉が一番しっくりのかもしれないですね!

アミグリさんのオリジナル作品はこうやって見ている私達に「希望という心の灯り」を灯してくださっているようにも
感じられると思いますし、
こうやって見ている人達をすてきな前向きな気持ちにさせてくれるというのは本当に素晴らしいことだと思います!

本日より令和の時代が始まり、皆様におかれましても皆さま一人一人の心の中にそれぞれすてきな希望があると思いますが、
希望という灯りを消す事なく、すてきな希望の灯りを令和の時代でも灯し続けることが出来ればとてもありがたいです。





上記の作品は、アミグリさんが2013年3月に「春ガール」とタイトルを付けられたオリジナルのアナログ作品です。
(塗りは色鉛筆によるものです)

この「春ガール」はアミグリさんが3月に描かれたというせいもあるかとは思うのですけど、イラストの至る所から「春」を
すてきに伝えていると思います。
そして女の子の若草色のチョッキやピンクトーンの髪型はすてきな春の色遣いなのだと思います。
東方式に表現すると、リリーホワイトの「春ですよー」をイメージさせたイラストといっても
差し支えは無いほど「春満開」を見事に私たちに伝えていると感じられます。
風にたなびく長髪の髪や春に相応しい新緑をイメージさせるようなモスグリーンのチョッキの雰囲気や
桜を彷彿させる少女の淡いピンク色の髪とか背景のピンク色の花びらなど
至る所に「小さな春」が散らばっているかのようなすてきな作品だと思います。

この作品は、長い不況と困難の時代でもあった平成に対する告別と令和という新しい時代へのすてきな息吹と
言えるのかもしれないです。


orizi-doappu-onnanoko-01_convert_20160226175441.png


最後にもう一枚・・アミグリさんが2016年2月に描かれたオリジナルの女の子です。

ポニーテールがとっても可愛いし、全体的にこの淡い色彩感が2013年頃のアミグリさん自身のタッチを彷彿とさせて
くれますし、この淡い色彩からにじみ出る優しさがとっても素敵だと思います!!

そしてこの優しさという雰囲気こそが、ギスギスした格差社会で生じかねない対立や紛争の火種を緩和させる
一番の薬なのかもしれないですし、そうした「相手を温かく認め合い受け入れる」という最も難しい課題に対する
対処法である事を示唆しているようにも感じたものでした。

令和の時代が何年続くかは予想もできないですし、私自身が令和の次の時代も生き続けているという保証は全く
ないのですけど、とにかく令和の時代もアミグリさんのイラストが示唆するように
常に意識のどこかに希望とハッピー感を忘れずに臨んでいきたいものでもあります。
20143301_convert_20110715150259.png


本日で4月も終わります。

今月も当ブログをご閲覧・拍手・コメントを頂けた皆様に対しまして改めて御礼を申し上げたいと思います。

5月も当ブログの基本方針でもある「毎日更新、出来れば一日2記事」というのはなんとか実現していきたいと思いますが、
一日2記事という事には全然こだわらず、無理のない更新活動が出来ればいいと思っています。
2018年はおかげさまで2014年以来久しぶりに毎日記事更新というブログ皆勤賞を達成する事ができましたけど、
今年は出来れば2年連続皆勤賞達成にもチャレンジさせて頂きたいと思います。
まだ先の話ですけど、おそらくは8~9月あたりに「通算5000記事到達」という大きな節目もなんとか迎えられそうですので、
こちらの方も出来るだけ早期に実現したいと思っています。
(2019年4月末時点で通算約4820記事ですので、まだまだ道は遠いという感じでもあります)
そして5~6月においては、「ラーメン大好き 小泉さん」カテゴリと「艦これ&アズールレーン」カテゴリがダブルで通算100記事に
到達しそうでもありますので、その時には何かお祝い記事でも書ければいいなぁ~と思っています。
そうそう、実は当ブログの根幹カテゴリでもある「東方Project」カテゴリも多分ですけど、5~6月に通算600記事に
達すると思います。
こちらもその際には何か記念記事でも掲載できればいいかも~と思っていたりもします。
東方カテゴリは実は昨年12月に通算500記事を迎えたばかりなのですけど、分かる方にはお分かりなのかもしれないですが、
当ブログの1~4月の東方記事の更新ラッシュがかなり凄まじくて、
1~4月においては、各月の更新記事のうち40%近くが実は東方関連記事であったという事からも窺えると思います。
そして東方以外では「ラーメン大好き 小泉さん」カテゴリの快進撃も自分で言うのもなんですけど、かなりハイペースなものが
あったと思います。
「ラーメン大好き 小泉さん」は昨年の冬アニメで全12話から構成されているのですけど、原作漫画の話も含めても
正直それほど100記事も書けるようなボリュームではないのですが、
当ブログの「浦和の調ちゃん」カテゴリで明らかな通り、当ブログの一つの大きな特徴は、
ネタの遣い廻しと一つのネタをとにかく「これでもか~」と言わんばかりにひっぱるひっぱるひっぱる~という感じでも
ありますので、自分で言うのもなんですけど「よく100記事もひっぱれたものだ・・」と感心したりもします・・(汗)

とにかく5月の当ブログも何卒宜しくお願いいたします。

皆様方においては大半の皆様は10連休のGWを満喫中と思われますが、GW連休がある方は、滅多にないこうした
大型連休を存分に楽しんで頂き、
はたまた私のように連休中も出勤・・という皆様にとっては
「お互い大変ですよね~」と申し上げたい気持ちで一杯です。

そして本日は言うまでもなく「平成」最後の一日となります。

皆様方にとっては「平成」とはどんな時代だったのでしょうか・・?

私自身は昭和生まれの昭和育ちで、小さい頃に明治生まれの方をお見かけすると
「明治・大正・昭和と三つの元号をまたがって生きていたなんてなんかすごい!」と感じていたものでしたけど、
その時は自分自身も昭和・平成・令和の三つの年号をまたがって生きるなんて思いもしにかったものですので、
やはり少しばかり感慨深いものもあったりもします。

私自身の「平成」とは、社会人生活の開始とさまざまな波乱万丈と丸被り状態であるのですけど、
新社会人生活の開始→金融人としてのスタート→25歳の若さで山梨へと異動(左遷??)→金融機関の破綻→
住宅業界への転身→結婚・家の新築→ブログの開始という大まかな流れの中でも
「色々とあったよね~」と感慨深いものがありますし、同時に
「令和という新しい時代も体が動く限りはまだまだ働きたいし社会と繋がっていたいし、こういうブログという目に見えない繋がり
ではあるけどSNSの方でもこうやって例え取るに足りないものであっても自分らしいことを発信し続けたい」という
想いもあったりもします。

平成という時代は社会の上でも昭和の時代とは比べ物にならない大きな変化もあったと思いますし、
それを象徴しているのが携帯・スマホ・PCといったSNS社会の到来という事なのだと思いますし、価値観の多様さと
個が尊重される時代・格差社会という事なのかもしれないです。
そして恐らくは令和の時代に入ると、本格的なAI社会が到来するのは間違いないと思われますし、
確かに私たちの生活はますます便利になっていくのかもしれないけど、どこか閉塞感とか何かに絶えず監視されている様な
違和感というのは更に続いていくのかもしれないです。
だけどそれでも私たちは生きていかないといけないのです!
「新しい元号、そして新しい時代が始まる」という事で「これからなにかすてきな日々が続いていくのかも~」という希望も
ありそうですし、はたまた
「これからますます混沌とした不透明な時代が続いていき、AI社会の到来の下、果たして新しい時代にうまく適合できるの
だろうか・・
そして自分達の生活は果たして破綻せずに暮らし続けることは出来るのだろうか・・?」といった身に見えない不安もあるのも
間違いなさそうです。

人と言うものは生きている間は多分ですけどずっと不安を抱え込まざるを得ないのだと思います。

そうした不安に対して不安でもって対処するのが現代人のドライな生き方なのかもしれないですけど、大部分の人は
そうしたドライな割り切りは出来ずに「誰か私を助けて・・」とか「誰かにすがらざるを得ない」という気持ちを
持ってしまうと思うのですが、その一方で「溺れる者藁をもつかむ」という諺が示唆する通り、
誰かにすがりつきたい・・誰かに救いを求めたい・・と思う気持ちこそが「救い」なのだと思いますし、そこに「祈り」という
気持ちが発生していくものなのかもしれないですね。
祈りは別に宗教的行為ではなくて、人間誰しもが感じる「共通の感情」と言えるのかもしれないですね。

明日より令和という新しい元号が始まるのですけど、平成の時代において最高によかった事を一つだけ挙げたいと
思うのですけど、それはとにかく平成の時代の日本が平和であり、戦争がなかった事と言えるのだと思います。
徳川幕府の江戸時代の日本も大きな戦争がない太平の時代であったともいえるのですけど、
(関ヶ原と大阪の陣以降の1600年代~1700年代に掛けて国内で大きな戦乱も無かったというのは世界史的には珍しいと
いえるのかもしれないです)
明治・昭和の時代には戦争でたくさんの尊い命が奪われました・・
特に第二次世界大戦下の広島・長崎の原爆投下や沖縄におけるとてつもない流血による犠牲を考えると
戦争で亡くなった多くの皆様への追悼の想いが深まるばかりですし、平成の時代が平和であった事に感謝の気持ちを
感じずにはいられないです。
そしてこの平成の時代の平和というものは、長年の日本人の「平和な世の中がずっと続いて欲しい・・」という祈りの想いが
ようやく具現化出来たものといえるのかもしれないです。

人間の祈りという本来は透明な感情であり、決して現世利益だけを求めるものではないばずだと思うのですが、
人の祈りといった「神との対話」みたいな神聖なイメージをもって描かれたのかなぁ・・と思われる絵画というのも
古今東西色々と描かれていたのだと思いますが、冒頭で転載&ご紹介をさせて頂きました
dream fantasy の管理人のアミグリさんが
2011年7月に「オリジナル」とタイトルが付けられたこの幻想的なイラストもそうした「祈り」がテーマに
なっているのかもしれないです。

私のイメージとしては「七夕の日に神聖な祈りを捧げる女の子」という印象です。

私自身はアミグリさんが描かれたこのイラストから「神聖なる祈り」といったイメージを感じました。

夜空を背景とした幻想的な作品なのですけど、この純白の衣装の少女の雰囲気は私にとっては
「祈り」そのものと言えるのかもしれないです。

月の光に照らされる真夜中に少女が一人そこに孤独に佇み、 一人「物想い」に耽っているみたいなシーンを
想像してしまいます。
紫のトーンが幻想的光景をナチュラルに演出しているとも感じられます。
少女の両目を閉じているのもそうしたイメージに合致していて とても美しいと思います。

この少女は、どのような想いを巡らしているのでしょうか・・?

皆さんはどのようにお感じになりますか・・? 私、とても気になります・・・

そして平成最後の日を迎えるに当たって、平成の時代を「祈り」の気持ちでもって厳粛に閉じるという事も素晴らしい事だと
感じますし、そうした気持ちにふさわしいすてきな祈りの作品だと思います。


flower_convert_20110220180508.png


平成最後の記事を迎えるにあたり、冒頭で(平和への)祈りの気持ちをイメージしたアミグリさんの作品をご紹介
させて頂きましたが、「明日からは新しい元号が始まり、新しい時代の幕開け」という祝賀的で希望溢れるという観点において、
dream fantasy のアミグリさんが2011年2月に
描かれた「flower」ほど相応しい作品はないのかもしれないです!
もしかしてなのですけど、この「flower」は、当ブログにおけるアミグリさんご紹介記事の中で、
最も数多く転載されてきたイラストなのかもしれないです。
それだけ私にとってはこの「flower」は「希望」の象徴であり、明日より始まる新しい元号の門出としてこんなにも
相応しい作品は無い!と確信しております!

改めてですけど、この「flower」は本当に素晴らしいと思います!!

見ているだけで「今日はあんまりいい事なかったけど、明日は気持ちを入れ替えて頑張ろう!」と
思わず感じさせてしまう素晴らしきパワーと明るさが一枚の絵の中に漲っていると思います。
この「flower」は、黄色と赤の暖色系をベースにされているせいもありますが、
とにかく「明るい! そう全てが明るい!!」みたいな眩しいくらいの健康的な雰囲気がよく伝わってきて、
見ているだけで「元気」を貰えそうな生命感溢れる素晴らしいイラストだと思いますし、
こういう素敵なイラストを描けてしまうアミグリさんのその「まっすぐなお気持ち」に強く共感しますし、
改めて敬意を表させて頂きたいと思います。

太陽とお花のすてきな精霊さんみたいな女の子という印象を私自身はこのイラストから感じたりもします。

見ているだけで「希望の灯」が点灯するような素晴らしいオリジナル作品だと私は思います。

それでは過ぎゆく平成の時代に祈りの気持ちを持ちながらも、明日から始まる令和の時代を
アミグリさんの描かれた「flower」のように希望をもって迎えたいと思います!

そして令和の時代の当ブログも今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
辟シ閧牙シ∝ス点convert_20190422155841


本記事の一つ後の記事がゆゆ様の「肉丼」という事もありますので、本日は肉丼または焼肉弁当という事で
お肉関係に統一をさせて頂きたいと思います。

JR秋田駅限定販売の「黒毛和牛 うご牛焼肉弁当」は2013年に発売された限定販売ですので、今現在もこのお弁当が
発売されているかどうかは不明です。
このお弁当は、2013年4月の秋田駅中央 改札口のニューデイズ秋田中央口店のリニューアル記念として限定販売された
新作駅弁です。
羽後町産の「あきたこまち」と、羽後町自慢の黒毛和牛「うご牛」を、贅沢に使用したお弁当です。

特筆すべき点は、お弁当を包むパッケージのデザインとして、
羽後町と長年交流のあるイラストレーター西又葵先生に描いていただいたデザイン画を使用した点であり、
日本三大盆踊りで有名な、羽後町西馬音内盆踊りと小野小町の美少女を描き表した美麗なパッケージです。

黒毛和牛のうご牛を贅沢に使用した素材の素晴らしもさることながら、この美しい美少女のパッケージも素晴らしいと思います!

こうした素晴らしい焼肉弁当だったら、東方のゆゆ様が目の色変えて妖夢に同じものを作らせるか
はたまたゆゆ様の盟友のゆかりんに懇願して、ゆかりん特有のあのスキマ能力を駆使して外界に入り込み
このうご牛焼肉弁当を買ってくるように依頼するのかもしれないですね~!


縺・#迚媽convert_20190423110143


この焼肉弁当に使用される羽後牛はサシの入った霜降り肉で、脇には黄身がとろりとした半熟たまごを添えられています。
付け合わせは秋田をイメージさせる優しい献立とし、秋田県南名産の「いぶりがっこ」も収められてもいます。
価格は1,500円で、1日20個の限定販売だったそうです。

1500円とは確かに高く感じるのかもしれないですけど、この素材のレヴェルの高さとあの美少女パッケージを見てしまうと
妥当と感じさせるものは多々あったと思われます。

このJR秋田駅限定販売の「黒毛和牛 うご牛焼肉弁当」はとても美味しそうですし、是非一度は食べてみたかったですね!

ちなみにこのお弁当は東京駅で発売されていた事も一時期あったそうです。
お弁当の中に羽後町の魅力を伝えるしおりが同封されていて、
しおりの一部を切り離すと、美少女のイラスト付きポストカードとして使用できるというのもすてきな特典だと思います。


縺ゅ″縺溘%縺セ縺。_convert_20190423110124


上記のJR秋田駅限定販売の「黒毛和牛 うご牛焼肉弁当」の美少女のパッケージデザインをご覧になった方の中には
「この美少女、お米のデザインで見たことがあるのかも」と感じられる方もおられるのかもしれないです。

実は秋田JAうご産あきたこまちの化粧袋のデザインと上記の黒毛和牛 うご牛焼肉弁当の美少女のデザインは、
美少女イラストの作家・西又葵先生が描かれたものです。
そしてこの「美少女こまち娘」のイラストをあきたこまちの化粧袋に採用してから、昨年・・2018年で
10周年を迎えることができたとの事です。

この美少女のイラストをパッケージに使った「あきたこまち」が2008年に初登場して以降、当初のJAの予想をはるかに超える
反響があり、想定以上に飛ぶように売れ、2008年一年だけで36トンを出荷したそうです。
そして今現在もネット販売を中心に根強い人気を誇っています。

結果的に、秋田県で一番小さい農協「JAうご」は、西又先生の1枚のイラストをきっかけに全国的な知名度とブランドを
手にされたという事になると言えそうですし、これは「萌えで町おこし」の大成功事例の一つと言えるのは
間違いないと思います!
縺ィ縺翫k_convert_20190424020742


当ブログでこれまで何度か語らさせて頂いた通り、管理人の私は埼玉在住なのですけど、サッカーは全く興味が無く
浦和レッズも大宮アルディージャが勝とうが負けようがしったこっちゃない・・という感じであり、
サッカー日本代表の試合もワールドカップも興味のきの字も無くて、
昨年のワールドカップの日本の試合は実は一試合たりとも見ていませんし、1998年に日本代表が初めてワールドカップに
出場を果たした歓喜の試合すら見ていなくて、あの当時はテレビ東京で放映されていたボーリング番組を見ていて、
周囲から「この非国民が~」と言われていたものです・・(汗・・)
サッカーへの興味が無い代わりに子供のころから野球は大好きで、甲子園やプロ野球中継は結構見ていたりもします。
ここ埼玉では、テレビ埼玉(テレ玉)が埼玉西武ライオンズの試合を中継している事も多々ありますし、
東京MXにおいても日本ハム・ソフトバンク等パ・リーグの試合をメインに放映してくれているのは大変ありがたいものが
あったりもします。
私自身、埼玉在住なのですけど、子供のころからロッテの大ファンという事もあり、テレビ埼玉で西武vsロッテの試合とか
東京MXで日本ハムvsロッテ等の試合が放映されている時は、テレビで観戦させて頂く事も多々あったりもします。
先日・・4/23(火)も西武vsロッテの試合がテレビさいたまでPM21:30近くまで放映されていて、試合も結果的に
大変な乱打戦と逆転と逆転に次ぐとてつもなくスリリング試合の中、9-9の引き分けで終わってしまい、
「先発の涌井があんな大誤算ピッチングさえしなければ・・」と途中ブツクサ文句ばっかりブーたれながらの観戦になったものの
「やっぱ、野球はこのスリリングでないと面白くないよね~」とかなり楽しまさせてくれました。

上記の通り、私自身は埼玉在住なのですけど、野球に関しては実は昔から大の埼玉西武ライオンズ嫌いでありまして、
というのも、1980年代後半~90年代におけるロッテの暗黒時代的圧倒的な弱さの頃に、西武に完膚なきまでに
叩きのめされていたというトラウマがあるのが大変大きいです。
特に90年代において、清原選手よりはむしろ秋山とデストラーデにいい時に必ず長打を浴びせられ、
「せっかく中盤までリードしていたのに~」と思っていた試合が特にデストラーデの一振りでひっくり返されるという煮え湯を
何度も飲ませられ続けられていて、あの時の痛い想いがいまだに私自身の大の西武嫌いに繋がっているような気も
しますね。
西武は1979年にクラウンから譲渡されて所沢に出来た球団なのですけど、あの頃の西武はとてつもなく弱かったですし、
東尾投手が一人孤軍奮闘しているみたいなイメージもありましたし、
当時は今以上に何も無い所沢の西武球場近辺に、だだっ広い田舎の山林と畑の中にポツン・・とまるで肥溜めみたいな(汗・・)
竪穴式住居みたいな球場というのも当時はなんだかとてつもなく違和感がありましたし、
球団ができたと同時に阪神からまるで追放されるようにトレードでやってきた田淵選手の「頑張れ! タブチくん」で散々
おちょくられた悲哀と愛嬌ぶりもなんだか見ているだけで微笑ましいものもありましたし、
(田淵が海外キャンプ初日に「花粉症でダウン」という当時のスポーツ紙の見出しこそが、日本で花粉症というワードが
認知された大きな一つのきっかけになっていったような気もします・・)
当時の西武の信じられない弱さは今では「ありえない・・」という感じだったのかもしれないです。
西武は広岡監督と森監督の二人の名将によって今現在のライオンズの強さの礎ができたものなのかもしれないですけど、
それ以上に根本監督(本部長)のチーム編成と戦略作りの功績が大きかったと言えるのかもしれないです。
余談ですけど、西武という球団が創設された頃のパ・リーグは現在のような一期制ではなくて、
前期と後期に分かれ、前期優勝チームと後期優勝チームでプレーオフを戦い日本シリーズ出場チームを決める方式でしたけど、
1979年と1980年のロッテはそれぞれ前期に優勝したものの、
いずれも最終的に後期優勝チームの近鉄に敗れ、日本シリーズに出場できなかったのは悔しい記憶でした~!
1979年の日本シリーズというといまだに「江夏の伝説の21球」が語り継がれていますけど、その対戦相手は近鉄であり、
近鉄にプレーオフで敗れたのが実はロッテであるという事が全然知られていないのはロッテファンとしては歯がゆいものが
あったりもします。

冒頭から話がそれました・・

先日の埼玉西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズの試合が西武ドーム(メットライフドーム)で開催され、その試合が
テレビ埼玉で中継されていた際に、前述の通りかなりスリリングな試合内容で一時も目が離せないような緊迫したシーンが
続いていたのですけど、西武のベンチ周辺にカメラが切り替わるたびに辻監督の表情と「富士の透流水」の宣伝広告パネルが
目につきました。
あの時の試合は、西武内野陣がエラー続出と言う事もあり、元・名内野手の辻監督としては歯がゆい感じで一杯だったせいも
あり、辻監督の苦虫を噛んだような表情が大変印象的でもありましたけど、
同時に「富士の透流水」の宣伝広告パネルも目立っていて、その広告パネルに
なんだかとってもかわいらしいJKさんらしい女の子がデザインされていたのが大変印象的でした。
そしてあの「富士の透流水」という広告を目にした時に、「あれ~どこかでいつも目にしているような名前」と感じたのですけど、
よくよく思い出してみると、うちの会社のレンタルサーバーの天然水として設置されていたのが、この富士の透流水でも
ありました!

富士の透流水は会社にあらかじめレバー式のレンタルサーバーが設置され、12Lボトル×2本セットが無くなったら
その都度追加セットを発注し、注文したボトルの料金のみを支払い、レンタルサーバーの使用料や設置料や
ボトルの配送料は全て無料というのも大変お得な面があると思います。
うちの会社でも既に数年前からこの富士の透流水のレンタルサーバーを利用していますけど、
透流水は、名水・忍野八海と同源の富士山麓の湧水希少価値が高く、ミネラルとバナジウムがたっぷり溶けあった天然水で
大変すっきりとした味わいで飲みやすくて、社員からも大好評の天然水だと思います。
夏場ですと、私自身も持参したマイボトルにこの透流水を詰め、緑茶粉末と氷を入れてガチャガチャかき混ぜればとっても
冷たくておいしいお茶になりますし、もちろんそのまま飲んでも大変美味しいと言うことで、
大変重宝させて頂いております!

透流水を扱っている会社は、写光レンタル販売という会社であり、オフィス用のOA機器・家具・家電・備品のレンタル・
中古販売を行っている企業であり、富士の透流水もこの会社のオリジナル商品の一つです。
そしてこの会社の特筆すべき点としてCM展開のユニークさというのも挙げられると思います。
CMソングとナレーションに、ハピネスチャージプリキュアのキュアラブリー等でお馴染みの中島愛を起用されていたのも
大変印象的でしたし、オリジナルの萌えキャラ「しゃこたん」を登場させたかと思えば、
新たな萌えキャラ、レンタルハウス「Sral+」のイメージキャラクター「すらるさん」を登場させ、
そして上記で取り挙げさせて頂きました富士の透流水の萌えキャラクターとしてとおるちゃんが登場していたりもします!
そしてこの「すらるさん」「とおるちゃん」「しゃこたん」は実は三姉妹であったことも後に判明し、
「なんだ、この美少女萌え三姉妹は~!?」と一部の萌えキャラファンを狂喜乱舞させることになります!

そして、この会社は千葉ロッテマリーンズの毎年冠協賛試合を開催している事でも知られていますし、西武ドームにおいても
とおるちゃんの萌え広告を出しているとは「素晴らしいね~!」と感じじにはいられないです!

千葉ロッテマリーンズファンの私としても、このとおるちゃんは応援しない訳にはいかないかもですね~!

冒頭の画像はとおるちゃんです!
(とおるちゃんたち三姉妹のイラストは自由にダウンロードできます。商用・非商用に関係なく利用可能という太っ腹な点も
素晴らしいと思います!)

とおるちゃんはこの三姉妹の次女で、17歳のJKさんです!

全体的にはボーイッシュなすてきな美少女だと思いますし、夏服のセーラー服がとてもよくお似合いだと思います。

明るく元気で朗らかな性格でムードメーカー的な存在との事です。

高校では女子野球部に所属している点はなんだか今年の春アニメの「八月のシンデレラナイン」みたいな雰囲気も
ありそうですね。
そして練習後の楽しみは言うまでもなく富士の透流水を飲む事なそうです~!


縺ィ縺翫k縲€髯ー髯ス蟶ォ_convert_20190424020847


この三姉妹はなぜか巫女装束に近い恰好をしているものもあり、上記のとおるちゃんは巫女さん的雰囲気が
またまたとてもキュートだと思います。

全体的には、東方の霊夢・早苗さんのような腋見せ巫女さん衣装と肩だしと物部布都のような頭の烏帽子もとても印象的です。

とおるちゃんが手にしているお札には「透流」と書かれているのも当然なのかもしれないですね。


繝槭Μ繝シ繝ウ繧コ_convert_20190424020928


上記は千葉ロッテマリーンズを応援している少しデフォルメ気味のとおるちゃんです。

ロッテは現在は千葉の幕張に本拠地を置いている事もあり、千葉県と大変繋がりが深い球団なのですけど、
実は埼玉県とも深いかかわりがあります。
埼京線の武蔵浦和駅周辺に立地しているロッテの浦和工場の近くに、
千葉ロッテマリーンズの二軍本拠地として使用している「ロッテ浦和球場」があったりもします。

前述の通り、私自身は子供の頃からロッテファンでもあります!
なぜかと言うと、昔、ロッテは、マリーンズではなくてオリオンズ時代の1970年代中盤頃に「本拠地」が無い時代があり、
「準本拠地」として、現在楽天が使用している宮城球場(現.楽天生命パーク宮城)を使用していた時期があり、
1970年代中盤に仙台で野球に関心があった少年の大体30%程度はロッテファンだったと思います。
そんな理由で、私自身も小学生の頃はロッテが大好きで野球帽は当然オリオンズの帽子を被っていたものです。
その名残で私自身はたとえロッテの本拠地が千葉であったとしても、名称が千葉ロッテマリーンズであっても
ロッテの大ファンである事には何ら変わりはないです!

1980年代以降になると、ロッテの準本拠地は川崎になってしまい、ロッテが宮城球場で試合をする年回回数は
激減してしまったのですけど、私自身は高校卒業以降は実家を離れて埼玉~都内で生活をしておりましたけど、
大学1年の時のキャンパスは埼玉の大宮でしたけど、2年目以降のキャンパスは総武線(中央線)沿線の水道橋でした。
そして、水道橋というと・・、そう・・! 言うまでもなく東京ドームが完成する前まで巨人と日本ハムがホームグラウンドとして
使用していた後楽園球場の最寄駅で、学校から大変近かった事と大学の購買部で安くチケットを購入できた事と、
言うまでもなく私自身がロッテファンであったために、そんなに頻繁ではありませんでしたけど、
年間5~7試合前後は日本ハムVSロッテの試合を見る事がとても大好きでした!
だけど今現在はファイターズもマリーンズにはそれぞれ熱狂的なファンが大変多く、少なくとも観客が5000人前後の
閑古鳥が鳴いている試合は秋頃の消化ゲームの時期を除くとほぼ皆無だと思われるのですけど、
私が在学中だった1984~87年あたりの日本ハム対ロッテの試合は閑古鳥鳴きまくりで、酷い時は観客が
500~1000人程度という時もあったと思います。
だけどそうした閑古鳥が鳴きまくっている後楽園球場の内野自由席の中で、のんびりとプロの野球を観戦できたことは
とても幸せだったと今にして思うとよかったと思います。
たった一人の野次が球場全体に轟き渡る事は日常茶飯事でしたし、ベンチのコーチや選手の罵声等も
球状内に響き渡る事も珍しくなかったし、バットにボールが当たった時のあのカキ―ンという打撃音とか
キャッチャーのミットにボールがおさまった時のあの快音は聞いているだけで臨場感を感じ野球そのものの雰囲気を
リアルで楽しめていたと思います。

三冠王の落合選手を放出した有藤監督以降の1987年から90年代後半までのロッテは暗黒時代が続く事になってしまいますが、
それだけに2005年と2010年の日本一はとっても嬉しかったですね!!

ロッテ浦和球場ですけど、目の前が埼京線と東北新幹線ですので、東北新幹線からこの球場はよく見えると思います。
武蔵浦和駅周辺をたまに車で散策すると、この球場は必ず目に止まりますね。
ロッテファンの立場で申し上げると、二軍とはいえ、ロッテに関係する球場が近くにあるのはとても嬉しいものです。
このロッテ浦和球場は、二軍のイースタンリーグも開催され、入場料は無料です。
収容できる観客席は200~300前後じゃないのかな・・・?
一度うちの奥様と二軍戦を観戦したことがありますけど、閑古鳥が鳴きまくりでした~(泣)

千葉が本拠地の球団なのに二軍が浦和というのは少しヘンなのかもしれないですね~
以前からいずれは二軍も千葉に移るという話もあるようですけど、例え二軍であったとしても、
私が大好きなロッテはさいたまに留まって欲しいものです!


蟾ォ螂ウ縺吶k繧雲convert_20190424020522

縺吶k繧雲convert_20190424020607


上記はすらるさんです!

すらるさんは、とおるちゃんのお姉さんで三人姉妹の長女という設定で、女子大生です。
現在は主にSral+(すらるぷらす)のPR活動をしています。

長女らしい真面目でやさしい性格で、Sral+(すらるぷらす)のPR活動の他にも巫女さんとしての活動もされていて、
神様から授かった特殊能力でみんなの願いを叶えたり悪霊退治もされているそうです!

そしてマリーンズを応援しているちょっとデフォルメ気味のすらるさんもとてもすてきです!


縺励c縺薙◆繧点convert_20190424020646


最後にこの三姉妹の末娘のしゃこたんです。

しゃこたんは、写光レンタル販売のマスコットキャラクターで、写光レンタル販売のPR活動をしています。

年齢は15歳の中学生です。

天真爛漫なドジっ子でいかにも末娘らしいオーラに溢れていると思います。

上の二人のお姉さんは、巫女さんと陰陽師でもあるのですけど、しゃこたんはなぜか魔女っ子という設定で
困っている人を見つけると魔女っ子に変身して人助けをするとの事です。
ちなみに手にしているステッキは写光レンタル販売のレンタル品との事です。

4月の千葉ロッテマリーンズのスタートは結構前途多難なものもありそうですけど、とおるちゃん・しゃこたん・すらるさん共々
頑張って頂きたいものです!
縺ソ繧・″_convert_20190421173220


明後日・・4月27日より世間では史上初の超大型GWの10連休が開始されるとの事で、ほとんどの皆様はその恩恵を受けられ、
たっぷりと10連休を楽しまれる方が多いのかもしれないです。

私自身、GW・お盆休み・お正月休み、土日祝日がむしろかきいれ時の住宅業界に属している事もあり、
この10連休は私には全く縁がなく、この間で休めるのはわずか三日間だけであり、通常通りの出勤シフトという事で
今回の超大型連休の恩恵は全く受けませんし、全く無縁な話であったりもします・・

10連休に恩恵を受ける人と受けない人がはっきりと明暗が分かれるのは仕方がない事なのてすけど、
それはむしろ各企業の努力に委ねるしか方策がないのかもしれないですが、今回の大型連休でしっかりと休めなかった
人達には、後日別の日程でしっかりと休みを取るという事が国の方策として提示されてもいいんじゃないのかな~、
そうでないと不公平が生じるじゃん・・とついつい愚痴りたくもなってしまいますけど、
それは現代資本主義国家の日本では無駄な事なのかもしれないですね・・

せっかく政府の方策で10連休が実現されるのですから、その恩恵については国民全体に反映してほしいな~と
ついつい感じてしまいますし、
毎年GWや世間が三連休の際には、しっかりと暦通り休める人がうらやましくなってしまい、
まるでスマイルプリキュアのみゆきがご機嫌ナナメの時に発する「はっぷっぷ~」とぼやきたくもなってしまいそうです・・(汗)
繧、繝シ縺溘s_convert_20190420090320


埼玉県在住の当ブログの管理人がこれまで何度も「浦和の調ちゃん」カテゴリでぼやいている通り、
埼玉は基本的には何も無いない、な~んにもない県なのだと思うのですけど、
せめて草加煎餅・小江戸の情緒漂う粋な川越の街・十万石まんじゅう以外に
もう一つくらいなにか全国的な知名度がある名物が出てくるとうれしいものがありますね~!

埼玉は南関東と呼ばれることが多いのですけど、北の隣接県の栃木県は、北関東と呼ばれることもありますし、
福島の皆様からは南東北と呼ばれることもあるようですけど、埼玉県民の視点に立つと
栃木県は首都圏の一角だと思いますし、埼玉や群馬などと合わせて主要な関東エリアだと思ったりもします。

埼玉は名物・銘菓はほぼ何もない感じですけど(汗)
それに比べて栃木の魅力は尽きないものがあると思いますし、埼玉在住の身としては「うらやましい・・」と感じることも
多々ありますね~!

栃木県には、日光という世界に誇る文化遺産もありますし、宇都宮餃子・とちおとめ・湯葉・かんぴょう、
那須や鬼怒川温泉もありますし、
「ラーメン大好き 小泉さん」の小泉さんの視点でしたら「佐野ラーメンがあるでしょ・・」とツッコミが入りそうですし、
天皇陛下の保養所でもあられる那須御用邸もありますし、
那須塩原というとハイランドパークという絶叫マシーンで名高いスポットもありますし、塩原温泉もありますし、
なによりもこの辺りは酪農が大変盛んで、チーズ・チーズケーキが大変美味しいお店がたくさんあります!
益子焼も有名ですし、なによりも栃木県の県民の皆様に共通して言えることは人間的に温かい人たちが多いという
事なのかもしれないです。
とにかく埼玉に比べると名物・観光名所・銘菓が豊富というのは間違いないのかもしれないです!

そして栃木と言うと絶対に忘れてはいけないことは栃木県のいちごの生産量は日本一である事実です!

なんとなくですけどイメージ的にはいちごというと「福岡のあまおうが有名じゃん!」と思われる方が多いのかもしれないですけど、
実はいちごの生産量はなんと・・!50年連続断トツで日本一の生産県は栃木県であったりもします! 
栃木の県民性は、朴訥で温かみがあるとかやさしいと言われますけど、反面控えめという評価もあったりします。
いちご生産量が50年連続1位にもかかわらず、それがあまり浸透していないのは
その控えめな県民性のゆえにあまり積極的にPRしていなかったという事なのかもしれないですね。

栃木県産いちごには、主力の「とちおとめ」、贈答用の「スカイベリー」、夏イチゴの「なつおとめ」などがあります。
「あまおう」を擁する福岡県と比べると、平成2016年の栃木県いちご生産量は2万5100トンで、
2位の福岡県1万5600トンを圧倒しています。
栃木県産いちごの大半は東京などの首都圏や東北地方に出荷されるそうでして、
いちごの出荷は日本一の消費地である首都圏で間に合っており、関西圏など西日本にまで出回っていない事か多いそうです。
そしてそこにはいちごのデリケートさというのか果実として消費期限が短いとか痛みやすいというのもあるそうです。

そうした栃木のとちおとめをもっと積極的にPRしようという企画も最近では色々と展開されていますし、
栃木のとってもかわいい美少女をモチーフにしたご当地萌えキャラをPRキャラとして使用する試みも実現されています。
その一つが、まろに☆えーるであり、この中のメンバーの一人である春崎野乃花のイメージはとちおとめであったりもします。
これは前宣伝でもありますけど、栃木の誇る美少女ご当地萌えキャラのまろに☆えーるについては、5月8日に改めて
ご紹介記事を書かせて頂きたいと思います。

そしてまろに☆えーるはとちぎテレビの公式キャラであるのですけど、そうした公式キャラではなくて
栃木県非公式マスコット萌えキャラなのですが、「いちごのくにのイーたん」というとってもかわいい美少女JKさんがいます!

イーたんとは、「いちごちゃんベリープロジェクト推進委員会」の作った栃木県非公式マスコットと言う事で、その立ち位置は
千葉県のふなっしーと同じく県や市からの非公認キャラというのはなんだかちょっともったいない気もするのですけど、
栃木にはまろに☆えーるがいるから仕方がないのかもしれないですね・・

イーたんの本名は「栃ノ木苺」なのですけど、なんだかそのネーミングは「そのまんまじゃん!」とツッコミが入りそうでもあります・・


縺・■縺農convert_20190420090407


イーたんの大まかなプロフィールは下記の通りです。

名前 : 栃ノ木苺 (とちのきいちご)
愛称 : イーたん
出身地 : 栃木県
年齢  : 16歳
誕生日 : 6月15日 ※ちなみにですけど、6月15日は栃木県民の日でもあります!
身長 : 155cm
体重  : いちご☆個分
職業 : JKさん
性格  : 明るくてしっかりものだが、ときに物思いにふけるセンチな一面もあったりするそうです。
特技 : いちごを食べること(食べ放題のいちご狩りでハウスのいちごを全部食べてしまったことがある)といちごのスイーツ作り
好きな食べ物  : いちご
好きな色 : ピンク
家族 : 二人姉妹の妹で、1つ年上の姉の音女(おとめ)がいるそうです。

イーたんはお祭りイベント等では、沢山のコスプレイヤーさんたちによるオリジナルソングにダンス、キャラクターショー等
多用なコンテンツで「栃木をもっと元気に!」をモットーに活動しており、地元を元気にしようとする気持ちが
伝わってきていると思います。

最近では、ローソンのマルチコピー機で「いちごのくにのイーたん」のフォトプリントができるようになり、
絵柄は4種類もあったりしますし、
缶バッジやいちごジャムのパッケージにイーたんが採用されたりとオリジナルグッズの販売も色々と展開されています。

こんなにかわいくて栃木のために頑張っていますから、県全体では無理としてもどこかの市で公認キャラとして
認定して欲しいな~とも思ったりもしますね。


001_convert_20190420162147.jpg

002_convert_20190420162213.jpg


最後に・・

栃木の名物・銘菓というと、宇都宮餃子・佐野ラーメン・那須のチーズケーキにゆば等たくさんありますけど、
スイーツ的にはとちおとめを使用したいちごのケーキやお菓子も大変印象的です。

いちごはケーキやバフェに本当によく合っていると思いますね~!

いちご狩りもいいけれど、甘味とほどよい酸味が魅力の栃木県産いちごを使用したスイーツは絶対に外せないです!

栃木を旅した際には、宇都宮餃子もいいけど、いちごを使ったスイーツもすてきですよね~!
繧€縺吶a貂ゥ豕雲convert_20190416121514


温泉むすめは、鉄道むすめやバスむすめ・浦和の調ちゃんなどと同様に観光地・駅等を擬人化した萌えプロジェクトと
言えると思います。
各地の温泉地を萌えキャラクター化して、アニメーション、漫画、ゲームなどのメディアミックスが展開されていて、
2016年11月よりプロジェクトが始まり、2017年3月15日には動画工房制作によるイメージPVアニメが公開され、
本格的にこのプロジェクトの稼働が開始されています。
現時点では全47都道府県と台湾の110人の温泉むすめが公開されているのですけど、正直まだまだ知名度は低いですし、
「温泉むすめ、なにそれ~!?」という感じなのかもしれないですけど、
このプロジェクトが今後盛り上がっていく事にも期待をさせて頂きたいです。

具体的な活動内容として、日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、
全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に笑顔と癒しを与えるアイドル活動を行う次元を超えたプロジェクトで、
CDでのソング集発売や、webラジオでの展開、さまざまなイベント出演、
「温泉むすめ ゆのはなこれくしょん」のタイトルでのゲーム作品化など既にたくさんの企画が現在進行中でもあります。
最終的に方向性としては更なるゲーム化の進展とTVアニメ化を目指しているとも言えそうです。

温泉むすめは総勢110人のキャラと言う事で、正直誰が誰だかよくわからないという感じでもあるのですけど、
日本全国各地の温泉を擬人化した温泉むすめたちがたくさんいますので、
例えば「以前行った草津温泉がとてもよかったから草津結衣奈を応援したい!」とか
「地元が埼玉だから、秩父温泉の秩父美祭を応援したい!」みたいな感じで、さすがに全員を応援するのは無理だと
思いますので、自分が応援したい温泉むすめにターゲットを絞って応援してあげるというのも悪くは無いと思います!

そうそう、温泉むすめの主要キャラクターは全員温泉の神様であったりもします。

本記事はその中から、管理人の私自身が関東在住と言う事もありますので、伊香保温泉のモチーフにした
秩父温泉をモチーフにした秩父美祭の二人の温泉むすめをごく簡単にレビューさせて頂きたいと思います。


莨企ヲ吩ソ拈convert_20190416121648

莨企ヲ吩ソ昴€€2_convert_20190416121627


群馬の温泉と言うと誰がなんといっても草津温泉だと思いますし、私自身これまで入浴させて頂いた温泉の中では
いっちば~ん!大好きな温泉は草津温泉であるのは揺るがないと感じております。
群馬県は草津温泉以外でもとにかく素晴らしい温泉がたくさん存在しているのですけど、その一つが
石段の情緒豊かな温泉街も大変魅力的な伊香保温泉だと思いますし、その伊香保温泉をモチーフにした温泉むすめが
伊香保 葉凪(いかほ はな)」であったりもします。

伊香保 葉凪は、11番目の温泉むすめであり、
温泉むすめアイドルグループ「petit corolla(プチコローラ)」のリーダーであり、
センターもこなす、周りからとても慕われている愛らしい温泉むすめです。
虫も殺せないくらいの博愛主義であり、損得で物事を判断したりせず周りからとても慕われている設定で、
ビジュアルからもそうしたやさしさ・かわいらしさが伝わってきていると思います。
伊香保 葉凪のやさしさと人徳は、周りの温泉むすめたちだけに留まらず、近隣の伊香保グリーン牧場にいる動物達からも
慕われているとの事であり、同じく群馬のやんちゃな温泉むすめ「草津結衣奈」と違って、優等生としても知られているそうです!

公式設定としては、
誕生日:9月18日 星座:乙女座
血液型:A型 身長:156cm
スリーサイズ:B86 W60 H74
趣味:牧場にいる動物の世話、乗馬、ゴルフ
特技:射的、編み物
好きなもの:湯の花饅頭、水沢うどん
苦手なもの:わさび

といった事が挙げられています。


遘ゥ辷カ鄒守・ュ_convert_20190416121716


続きまして埼玉を代表して秩父美祭(ちちぶ まつり)です。

感情表現が豊かでお祭りが大好きなハイテンション娘で、年に一度の秩父夜祭りのために
一年前から準備をしているほど祭りを楽しみにしているお祭り娘です。
秩父夜祭りの花火を見るだけで泣いてしまうほど涙腺が弱く、感情の起伏が激しい女の子でもあります。
温泉むすめの中でも突出して胸が大きい設定で、祭がない時は大きい胸を隠すためにさらしをまいているとの事です。

公式設定としては
誕生日:12月3日 星座:射手座
血液型:O型 身長:159cm
スリーサイズ:B94 W61 H90
趣味:花火を見る、三角関係の小説を読む
特技:和太鼓
好きなもの:豚肉の味噌漬け

といったことが挙げられております。

秩父というと埼玉でもちょっと特殊というのか浦和・大宮という埼玉県の中心部の視点で見てみると
「あまりにも遠すぎるし交通の便が悪い古くからの観光地」という感じなのかもしれないです。
秩父に行くには、西武線を使うしか手がないし、車で行くとしたら国道299号線をひたすらまっすぐ行って正丸峠を超えて
飯能から一時間~一時間半程度掛かりますし、浦和から車で行った場合は2~3時間程度は覚悟したほうがいいかも
しれないです。
秩父というと地理的には山梨県に近く、埼玉県の中では限りなく僻地という感じなのかもしれないです・・(汗・・)

だけどそうした中、「秩父夜祭」は「何もないない何も名物もない」の埼玉県にあっては数少ない由緒正しきお祭りの一つであり、
歴史的価値も大変高く、日本のみならず世界各地からこの大変盛り上がり華やかなお祭りを見ようと観光客が
押し寄せるお祭りなのだと思います。
私も一度だけこの秩父夜祭を見たことがありますけど、とにかく壮観で圧巻で幻想的な光景だったと思います!
祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。
クライマックスは3日の夜で、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂を引き上げる様子は大迫力だと
思います。
このお祭りの欠点はとにかく帰る際の国道299号線の半端ない凄まじい渋滞なのだと思います!
普段ですと秩父駅前から飯能駅前って車で一時間前後ぐらい掛かるのですけど、秩父夜祭の日は
3時間以上は覚悟したほうがいいと思います。

秩父夜祭は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている埼玉県秩父市にある秩父神社の例祭であり、
12月2日が宵宮、12月3日が大祭であり、提灯で飾り付けられた山車(笠鉾・屋台)の曳き回しや、
冬の花火大会はテレビ映像でもおなじみの方も多いのかもしれないです。
秩父夜祭は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つに数えられるそうですけど、
埼玉県に在住している私の視点からは
「へー、そーなのかー」とまるで東方のルーミアみたいな感想になってしまいますね・・(笑)
「秩父夜祭は確かに名高いけど京都の祇園祭と並ぶ三大祭にカウントされているだけでなんか恐れ多い・・
京都にかえって申し訳ない感じ」というのもあるのかもしれないですね・・(汗・・)
だって普段の秩父なんて「埼玉の中心部から見るとあまりにも遠すぎる僻地」以外の何物でもないのですけど、
そうした遠隔地の神聖なるお祭りだからこそ価値が高いといえるのかもしれないと思います。

秩父夜祭の笠鉾・屋台は、釘を一本も使わずに組み立てられているそうです。
金色の飾り具や極彩色の彫刻、後幕の金糸の刺繍で装飾された笠鉾・屋台は「動く陽明門」といわれるほど豪華絢爛で、
国の重要有形民俗文化財に指定されているとのことです。

先ほどルーミアの名前が出てきましたけど、同じく東方キャラの博霊神社のすてきな巫女さんの霊夢の視点から
こうした秩父神社の秩父夜祭を眺めてみると
「お賽銭が一杯集まりそうだし、お守り等のグッズがたくさん売れそう・・! こりゃひと儲けだぁーー!!」という感覚なのかも
しれないですね・・・(笑)



今年上半期のNHKの朝ドラ(連続テレビ小説)ですけど、サプライズが二つほどあったような気がします。

一つがオープニングの主題歌をスピッツが担当し、スピッツとしては初めての連続テレビ小説の楽曲となる
主題歌「優しいあの子」を提供していたことでした。
あの「優しいあの子」はとってもすてきな曲で朝ドラのオープニングとしては最高の一曲だと思います。
それとそのオープニングのタイトルバックは連続テレビ小説初となる全編アニメーションで製作されていて、
最初にあれを見た時は「とっても新鮮!」と少し感動したものでした。
そして本編中でも東京大空襲の回想シーンなど一部アニメーションが用いられていたのも斬新でもありました。

どうしてアニメなのかというと、今回の朝の連続テレビ小説の背景として、
ヒロインの少女(このヒロインは今回は広瀬すずが演じているのも素晴らしいと思います!)がアニメーションの世界に
チャレンジする様子が描かれているからなのかもしれないです。

そしてその「なつぞら」のアニメシーンのイメージイラストをデザインした商品も早速登場していました。

それが山崎製パンがNHK連続テレビ小説「なつぞら」の舞台となる北海道・十勝産の小豆と牛乳を使用した
菓子パン「ホイップあんぱん(つぶあん)」です。
日本アニメの草創期を舞台に、ヒロインの少女が十勝の大自然の中で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、
アニメーションの世界にチャレンジする様子が描かれます。
このホイップあんぱんは、ドラマの舞台となる北海道・十勝にちなみ、十勝産の素材にこだわったあんぱんです。
風味の良さが特徴の十勝産小豆を使用し、丹念に炊き上げた自家製のつぶあんをソフトなパン生地で包まれていて、
仕上げにコクのある十勝産牛乳を使用したなめらかなホイップクリームが入っています。


002_convert_20190412163252.jpg


早速試しに購入させて頂きましたけど、デザインがとってもかわいいし、いかにもアニメキャラという雰囲気に
溢れていると思います。
ホイップあんぱん自体も和のつぶあんと洋のホイップがすてきに融合した和洋折衷の美味しさが見事に実現されていると
思いました。

ホイップなんて言うと私的には2017年のキラキラ☆プリキュアアラモードのピンク系ヒロインのキュアホイップをついつい
思い出してしまいます~(笑)

ちなみに「なつぞら」は朝の連続テレビ小説100作目にあたる大きな節目となる記念作品です!

私自身、こうしたNHKの朝の連続テレビ小説はそれほど多くは視聴していなかったのですけど、
うちの奥様は大の漫画・アニメ好きの側面の他に大のNHKの大河ドラマと朝の連続テレビ小説好きと言う事もあり、
毎年毎期欠かさず見ているようです。
(うちの奥様的には、カーネーション・梅ちゃん先生・純と愛・ごちそうさん・とと姉ちゃんなどがお気に入りのようです・・)

NHKの朝の連続テレビ小説というと昭和育ちの私としては朝の8:15~放映開始というイメージが強いのですけど、
実際は「ゲゲゲの女房」から朝8:00~開始になっています。
うちの会社は以前までは始業時間が朝9:00~となっていて、ひよっこあたりまでは朝ドラを見てから出勤しても、
会社到着が朝8:45ぐらいでちょうどよかったのですけど、
2017年以降就業規則に一部変更があり、始業が朝8:30~となってしまい、NHKの朝ドラをリアルタイムで見られなく
なってしまって以降は少し遠ざかっているという面もあるのかもしれないです。

基本的に私自身の休みが月・火が多いと言う事で、月・火に寝坊しなければ「なつぞら」も見ている事が多いのですけど、
この朝ドラはある程度ストーリーがわかりやすくて予想もしやすいと言う事で、水~土の放映を見ていなくても
月の放映で見ていなかった回もなんとなく予想できるというあの明瞭簡潔さは素晴らしいと思っています。


莠ャ縲√・縺溘j_convert_20190412163341

1990年放映の「京、ふたり」


歴代のNHKの朝の連続テレビ小説で、私の中で印象的な作品を二つほど挙げさせて頂きますと・・

一つは2009年の「つばさ」です!

ヒロインのつばさ役を演じた多部未華子さんは歴代朝ドラヒロインとしては初の平成生まれであるというのも
すてきなエピソードですけど、埼玉県在住の私として強調しておきたい事は何かと言うと、
「つばさ」の主な舞台は埼玉県川越市でありまして、
埼玉県が朝の連続テレビ小説の舞台になるのは実は「つばさ」が初めてであり、
その結果「つばさ」をもって朝の連続テレビ小説では全都道府県が舞台になったことを意味する点においても
意義深い作品だったと思います。
つばさのメイン舞台は時の鐘や蔵の街としてもお馴染みの小江戸とも言われる川越なのですけど、川越以外でも
川下りで有名な長瀞町やさいたま市も物語の舞台となって、バラエティー豊かな埼玉県の魅力を伝えていたと思います。

ただ視聴率があまり芳しくなくて確かその当時の歴代ワースト記録だったと思います。
(もっともその翌年の作品もあまり評判が芳しくなく「つばさ」以上の歴代ワースト視聴率を叩き出していました・・)

そして二つ目は1990年に放映されていた「京、ふたり」です。

この「ふたり」というのは親子のダブルヒロインなのですけど、それは山本陽子と畠田理恵でした~!

畠田理恵が後にまさか羽生善治名人の奥様になるとは当時は全く夢にも思わなかったものです・・

千枚漬けお馴染みの京都の老舗の漬物屋を舞台に、舅、嫁、娘三世代にわたる葛藤を描いた作品で、
離婚で別々に暮らしていた母・妙子(山本陽子)と娘・愛子(畠田理恵)が再会し、
2人の葛藤を軸に家族の絆や女の自立を京都の町を背景に描いた作品でもあります。

NHKの朝の連続テレビ小説の中で食べ物がテーマになっている作品は、大阪の制作局を中心に歴代ではかなり多数
制作されていますけど、「京、ふたり」でのメイン食材は千枚漬でした!
物語の舞台は130年続いた老舗の漬物屋さんなのですけど、
その伝統の味は、カブラの切り身の厚さにまでこだわったものでもありました。
4代目の祖父の味を絶やしてはいけないとライバル店で修業する孫の愛子(畠田理恵)に対して
5代目となる母の妙子(山本陽子)は、あっさり味の千枚漬ヌーボーを考案するなど、
新旧の味の対決も見どころの一つでもありましたし、
妙子は関東出身なのですけど、それ以外の皆様たちは京都弁がよくお似合いそうな地元の京都の皆様たちばかり
と言う事で、よく京都人の気質としてプライドの高さとかよそ者排除と言う事も挙げられていますが、その中にあって
妙子の姑さんが何かにつけて「これだから関東の女は気が強くてあきまへん・・」と言っていたものですけど、
東北・関東育ちの私の感覚としては
「おいおい、気が強いのは関西や九州の女の子の方で、関東や東北の女の子はどちらかというとおつとりしているよ~」と
当時はツッコんでいたものでした・・(汗・・)

だけどそんな事よりもこの「京、ふたり」で衝撃的だったのは、当時はまだお堅いとか保守的とか言われがちだった
あのNHKの朝ドラにおいて、
妙子(山本陽子)のその元・夫である中村市郎(篠田三郎)の「朝ドラなのに~」とか「早朝からなんというお熱い展開!」と
当時はかなりサプライズでもあり話題にもなっていたあの熱くて濃厚なキスシーンが
放映されていた事でもありました!

私も全てのNHKの朝の連続テレビ小説は全部見たとか知っている訳では全然ないのですけど、私が知る限りでは
あの濃厚なキスシーンは歴代でもトップクラスの熱さがあったものでした!

さてさて、皆様にとっての「私とNHKの朝の連続テレビ小説」とか歴代作品でとても気に入っている作品等とは何なのかなどは
気になったりもしますね~!
宜しければコメント等で教えて頂ければ幸いです。




私が子供の頃の炭酸飲料は、今現在のようにたくさんの種類の商品が出ていた訳ではなくて、
コカコーラ・ファンタという定番商品以外としては、
無色透明のサイダー系としては、キリンレモン・スプライト・三ツ矢サイダーが三大ブランドだったと思います。
キリンレモンのスパッ!とした爽快な清涼感、スプライトの鋭さ、そして三ツ矢サイダーのあの独特の甘さなど
どれも捨てがたい炭酸飲料だったと思います。
そしてその中でも特に子供たちに大人気だったのは甘味がかなり強く感じられる三ツ矢サイダーだったようにも
感じられます。

さてさて、そうした甘味がいくぶん他のサイダー系飲料の中で強調される三ツ矢サイダーなのですけど、
先日、「三ツ矢レモネード」という甘さ控えめというか全然甘くない少しビターなレモネードが発売されていました。
レモネードというと、レモンの果汁に蜂蜜やシロップ、砂糖などで甘味をつけて炭酸水で割ったソフトドリンクですけど、
炭酸水の代りに冷水を入れても宜しいと思いますし、熱湯を用いればホットレモネードになると思います。
そしてレモネードの味は基本的にはサントリーの「はちみつレモン」のように甘さ一杯という印象がありますし、
昭和レトロの喫茶店で提供されたレモネードは「やたらと甘い」という印象があったような記憶もあります。

今回発売された「三ツ矢レモネード」なのですけど、「大人の爽やかレモネードというキャッチコピーからも明らかなように、
レモンの爽やかな酸味とレモンピールのほのかな苦みが舌に伝わり、甘すぎずすっきりゴクゴク飲めて自然体で
リフレッシュできる、カットレモンをそのまま入れたような大人の炭酸飲料です。

実際にこの三ツ矢レモネードを飲んでみて私も驚いたのですけど、三ツ矢サイダーみたいな甘さはほぼ皆無です。

というか甘さはほとんど感じられません。

どちらかというと酸っぱさというよりも苦味すら感じさせてくれていると思います。

これって三ツ矢サイダー的な甘さを求めている人にとっては「なにこれ、全然甘くないし苦いだけじゃん・・」と感じるのかも
しれないですし、甘さ控えめの炭酸飲料を求めている人にとっては「最適の炭酸飲料」と感じられるのかもしれないです。

1日分のビタミンCが摂れるとのメーカーの説明ですけど、レモンの酸っぱさがもう少し前に出ていてもよかったようにも
感じられますし、三ツ矢サイダー系とは思えないあのほろ苦さは確かに斬新なのだけど、
昔ながらの三ツ矢サイダーに慣れ親しんでいるとかなりの違和感を感じるのかもしれないです。
でも後味にほのかに残るレモンピールの苦味は、慣れてくるとむしろおいしさを感じますし、この感覚は初めてビールを
飲んだ時の感覚に近いものがあるのかもしれないです。

全体的にさっぱりとしたお味でお風呂上りや運動後にキュ~っと飲み干したい味だと思います。

サントリーのCCレモンが甘くて子供向けとすると、この三ツ矢レモネードは、酸味と苦味の大人のハーモニーと言えそうです。



001_convert_20190406170404.jpg


今回どうして三ツ矢レモネードを飲んでみよう・・と思ったかというと実はそれはセブンイレブンのキャンペーンのおかげでも
あったりします。

先月・・3月下旬において、セブンイレブンで三ツ矢サイダー500ml1本を購入すると、
2019年4月2日に新発売される三ツ矢レモネード450ml1本と引換できる無料券がレシートに必ず付いてきます。
つまりは、三ツ矢サイダー一本購入することで三ツ矢レモネードが必ず貰えるので、
結果的に三ツ矢サイダーと三ツ矢レモネードをほぼ半額で飲む事が出来るという事なのです。

無料引換券の引換期間は、2019年4月2日(火)~4月15日(月)までですので、本日は4月15日でもありますから、
この無料引換券をお持ちの方は速やかにセブンイレブンまで引き換えに行かれた方が宜しいと思います。

最近、こうしたクーポン券やLINE等でのアプリを通じて発券される事も多いので、要チェックですね~!


繝ゥ繝繝浩convert_20170827172926


上記で「レモネード」と書いていますけど、レモネードというとプリキュア5の「弾けるレモンの香り、キュアレモネード!」
ではなくて・・(汗・・)
ラムネの元になったのは、実は「レモネード」なのでした!

ラムネの原型となるレモネードが日本に伝わったのは、アメリカからペリー提督が浦賀に来航した際、
艦上で交渉役の江戸幕府の役人たちにレモネードを振る舞ったのが最初と言われています。
このとき、栓を開ける「ポン!」という音に、役人たちは銃声と勘違いし
思わず刀に手をかけたというエピソードが伝えられていますけど、これはいかにも当時の「侍の国、日本」
らしい話なのかもしれないですね。

ラムネはコーラやサイダー等と同じく炭酸飲料なのですけど、
ラムネとサイダーとの違いはどこにあるのかと言うと、実は「味」そのものではなくて、入っている容器の違いだけです!
実はラムネもサイダーも「味」自体に違いはないのです!
現在は「ビー玉ビン入りの炭酸飲料」がラムネ、そうでないのがサイダーという定義なっているそうです!

ラムネというと誰しもが感じる素朴な疑問なのですが、「どうしてラムネの瓶にビー玉が入っているのか?」という問いに関しては、
その理由として主に挙げられることは、ビー玉はラムネの瓶の栓になってるという事なのだと思います。
昔はコルクなどで栓をしてたようですが、コルクの素材そのものが高価であるという原価の問題と
時間が経つと炭酸が抜けてくるという理由からコルクがNGとなりました。
そこで考案されたのが、ビー玉で栓をするという方法です。
ラムネを瓶に入れた時に、気化した炭酸ガスの圧力で内側からビー玉が飲み口に押し付けられて栓をするという
構造があの特殊な瓶の形状の理由との事です。

そうそう・・「ビー玉」という言葉は結構何気なく普通に使っていると思うのですけど、その語源というのも
何だか気になりますよね・・(笑)
それに関しては下記の二つの説があるとの事です。

Ⅰ.ラムネビンの栓として使用できる直径16.85±0.15mmのものを「A玉」、規格に合わないものを「B玉」と呼んでいる。
  このうち規格外の「B玉」を子供のおもちゃとして転用し、このガラス玉をビー玉と呼ぶようになったという説
 (この説では、ラムネに入っているガラス玉はビー玉ではなくて、エー玉という事になります! 笑・・)

Ⅱ.ポルトガル語でガラスを意味するビードロの玉だからビー玉になった説

ちなみにⅡの説の方が有力との事です。
ラムネメーカーの倉敷鉱泉によると、玉に多少のゆがみ・傷があっても瓶の口ゴムで問題なく密閉されていて、更に、
明治から昭和初期の技術で検品は難しいであろうことから「A玉・B玉」の等級の存在自体に
否定的な立場を取っているとの事で、上記Ⅰの説はありえないとの事です。

暑い時に瞬間的に暑さを忘れさせてくれ喉を潤してくれる清涼飲料水の一つがキンキンに冷えたラムネなのかも
しれないですね!

そうした意味では夏の風物詩の一つは「ラムネ」と言えるのかもしれないです。

ラムネは最近は確かに昔ほど夏の絶対的に必要不可欠な清涼飲料水という訳でもないですし、
昔と違って生産量も消費量も激減しておりますし、
なによりも、あの昔懐かしいガラス製の瓶にビー玉が入っていて飲むたびにカラカラと音を鳴らすタイプのものは
めっきり少なくなってしまい、今現在はコーラ・ファンタ等と大して違いが無いペットボトル式が主流になっているのは
昔懐かしい瓶ラムネを知っている者にとってはちょっと寂しいものがありますけど、
それでもラムネは日本人の夏の心のふるさとと言える夏の風物詩なのかもしれないですね!

今はまだ4月という事で時折寒さも感じられますけど、これから初夏~夏を迎えるに当たって、ラムネや三ツ矢サイダーや
はたまた三ツ矢レモネードをゴクゴクッ!と飲み干したい季節も間もなく到来という事なのかもしれないです!
「マイホーム」を持つ事は、一人ひとりの価値観によって差はあるのかもしれないですけど、
私たちにとっては「夢」であると考える人はいまだに多いのかもしれないですね。
建売住宅の場合ですと、既にある程度完成された建物と設備等の付属品がセットされた物を購入するという事で
あまり実感する事は無いのかもしれないですけど、古い家を解体して建替えした場合とか
注文住宅で家を新築する場合は、工務店・住宅メーカーの担当・インテリアコーディネーター・建築設計士などと
何もない状態から、住む人の希望とか予算等をヒアリングながら何もない白紙の提案書から
間取りプラン・設備仕様書・外観パース図等の形が伴った有形の提案書を見る事によって
様々な打ち合わせを重ねていき、契約→打合せ→確認申請→施工→完成という流れを経て
「家の引き渡し」という事に繋がっていきます。

新築計画の際に家の間取りというかプランを考える時は、
今現在の事や数年後の事も確かに大切ですけど、「家は30年・40年住み続けるものであり、自分たちはいずれは年を取る」
という事実もある程度は考えないといけないものなのかもしれません。
家を新築するという事はとてつもなく大きな夢であるのですけど、
同時に「今現在も大事だけど、家は恒常的に長期間住み続けるものだから、未来の事もある程度想定する必要はある」
という事は認識する必要はあるのかもしれないですね。

施工前に憧れとか見た目の良さだけでリビング内の吹き抜け・はめ殺しの天窓・シーリングファンやロフトを設置したのは
いいけど、数年後に吹き抜けの天井に設置していたシーリングファンとか照明器具に
不具合が生じ部材の交換が必要になった場合、
その部材の交換だけで屋内足場が必要になり、部材の交換費用は数千円で済んだのに
室内足場の設置と撤去で数万円も掛かってしまい「予想外の出費を強いられる事例も数多くありますし、
天井のはめ殺しの天窓とかステンドグラスなんかは、手が届かない場所に設置されている事が多いものでして、
施工後数年後はいいとしてもしばらく時間が経過すると汚れが目立ってしまい、
「この天井のはめ殺しの天窓の掃除はどうすればいいんだ・・」みたいななってしまう事もよくある話ですし、
その天窓にひび割れが発生する事も特段珍しい話ではありません。
この天窓のひび割れなのですけど、都市伝説的な話として「カラスがイタズラして石を屋根の天窓に叩き落とす」みたいな説も
あるようですけど、実際はそんな事はまず起きないです。
というか、天窓のひび割れの大半の理由は熱膨張による熱割れが原因と思われます。
日の当たらない夜にガラスが冷やされて、日が昇ってガラスに日光が当たります。
日光が当たった部分は温度が上がりますが、サッシで隠れている部分などは日が当たらずに温度が低いままです。
暖まった部分だけが膨張してしまうので熱割れの原因になるのです。
さらに経年劣化でゴムパッキンが硬くなっていると、衝撃を吸収してくれなくなります。
本来なら安全なはずの開閉時のちょっとした衝撃でも割れてしまうことがあるのです。
そして屋根に設置された天窓は、上空を遮るものが無く太陽の光や熱をもろに受けやすいと言う事で普通の窓以上に
熱割れが発生しやすいです。

天窓の数センチのひび割れ程度ではガラス破片の落下はないですけど、長期間放置しておくと結果的に雨漏りの原因にも
なりかねないですので早めの交換はお勧めしたいです。
だけどここで注意しておきたい事は、天窓やその窓枠を交換する場合は、普通のガラス交換みたいに簡単にできるという
訳ではありませんし、ガラスや窓枠の重さを考慮すると場合によっては部分足場を設置する必要があるケースもあり、
こうした場合ですと、天窓交換の価格以上に足場設置とばらしの工事の方が費用的に大きい場合も多々あります。

確かに天窓のデザイン性と採光性は素晴らしいのですけど、上記のようなひび割れという事例も将来的にあり得ると言う事は
新築の設計時に考慮する必要があるのかもしれないですね。

よく耳にする話ですけど、屋上付三階建て住宅を建てたはいいけど、子供が成長し進学・就職等で
子供たちが巣立っていき夫婦二人だけでその家に住み続ける場合、夫婦の居住スペースの一階二階だけに留まり、
三階や屋上に足を踏み入れる時間が少なくなってしまい、三階部分だけが開かずの部屋になってしまうとか、
はたまたもっと高齢化が進行すると
一階部分だけが居住スペースになってしまい、三階はもとより二階部分すらも中々足を踏み入れなくなってしまう
という事もどちらかというと「よくある話」と言えるのかもしれないですね・・
それと同様な事はロフトにも言えまして、当初は物珍しさから子供の遊びスペースとか収納として使っていたものの、
居住者の高齢化によりロフトを使用する頻度は下がる事はよくある話ですし、
ロフトに上がるまでの梯子を踏み外して怪我をされる事例も多数あるようですので、屋上・三階・ロフトは長期的に
本当に必要なのか・・?と言う事も計画時にしっかりとご検討をされた方が宜しいと思われます。


縺ッ繧∵ョコ縺誉convert_20180617161936

蜷ケ謚懊¢_convert_20180617161958


私も仕事柄自分の家づくりの参考という事で、住宅展示場をふらっと見学する事もたまにあったりするのですけど、
私自身がモデルハウスの住宅営業をしていた頃のモデルハウスとかなり変化をしている面も多々あると思います。
一例を挙げてみると・・

1.モデルハウスの住宅は一般的に70~80坪前後のかなり大きな家として公開されているのですけど、
  実際にそうしたとてつもなく広い家を建築される事は極めて稀で、ほとんどの皆様は30~45坪程度の家を計画されている
  というのが現実なのだと思います。
  私の現役時代よりよく「モデルハウスの絢爛豪華な仕様と自分達が計画している家のギャップが多きすぎて
  イメージが湧かない・・」という声も大変多かったのですけど、最近のモデルハウスはそうしたお声に反映させる形で
  「40~50坪前後の現実的な間取り」とか「モデルハウスに展示されている設備が基本的には標準仕様」といった
  「わかりやすさ」を全面に出したコンパクトなモデルハウスが随分と増えてきている印象もあります。
  同時に賃貸住宅併用住宅とか店舗兼居宅を実例として公開しているモデルハウスも以前より増えているという
  印象もあります。

2.太陽光発電とエコキュートを最初から設置しているモデルハウスが多いし、「ゼロハウス提唱」という事で
  ソーラー売電の費用を住宅ローン返済に充当し、結果的に0円で家を建てましょうと持ちかけるパターンも
  増えてきているように感じられます。

3.屋上緑化のモデルハウスが随分と増えてきている

4.スマートハウスという事でスマートホン一つで家の施錠や浴槽のお湯張りで出来る事を提示させるモデルハウスも
  増えている

その中でも私的に「いっちば~ん!」変わったな・・と感じさせてくれる点は
モデルハウスの開口部、つまり窓のスペースを取る家が随分と増えてきたという事でもあります。
窓が多いとそれだけ耐震性の問題とか高気密高断熱を実現しにくくなるという欠点も出てくるのですけど、
最近の住宅は、現場で大工さんが作る家という事ではなくて、部材のほとんどを工場で精緻に大量生産で作り上げ、
現場ではその部材をまるでプラモデルのように積み上げればいいという感じもなくはないですし、現代の家の施工は
昔ながらの在来工法ではなくてメインは2×2のツーバイ―フォー工法ですので、
そうした広い窓を設置しても耐震設計上や高気密高断熱の点からも特に問題ないという事なのかもしれないです。
そのせいか最近の家は、室内全面に窓を広く大きく取ったり、吹き抜けをつくったり、吹き抜けスペースに
はめ殺し窓を設置して高い位置からも光を取り入れるという設計も大変増えているように感じられます。

全面開口部の家とか吹き抜けや高い位置に採光用のスリット窓がある家は、
そのデザイン性は大変優れていると思いますし大変見映えがしていると思います。

ただ天窓は上記で書いたような問題もありますし、吹き抜けはその開放感と採光性は大変なメリットなのですけど、
これはよく耳にする話ではあるのですけど、リビングに吹き抜けを作ってしまうと、リビングのエアコンの効きが大変
悪くなってしまい、夏は暑くて冬は寒いという傾向も多々ありますので、
天井にシーリングファンを設置したり、大きめの部屋を想定したエアコンを設置する事で対処するしかないのかなとも
思います。
概して吹き抜けのある部屋の冬は寒いですしエアコンが効きにくいし電気代が掛かってしまうと言う事は、やはり計画時に
多少は頭に入れておいた方が宜しいのかもしれないです。


縺昴≧縺論convert_20180617161909


家の新築の際は、20~30年後の「老後の生活拠点」として間取りを考慮する必要がありますし、
同時に半年~1年後の大掃除の事も多少は頭にいれる必要があるのかもしれないという事なのです。

三階のはめ殺しの窓とか吹き抜けスペースの採光用の窓は、元々が掃除をするという事を前提に設計されていませんので、
あれを掃除するのは大変だと思いますし、シーリングファンのプロペラ部分も数年に一度ぐらいは掃除をしないと
ファン自体が室内にゴミを吐き散らす結果になりかねないですからね・・(汗)

先日もとある顧客より
「うちのあの三階のはめ殺しの手が届かない窓が泥だらけになっていて掃除をする必要がある・・
業者に依頼したらどの程度かかるのか・・?」と質問され、
経験上「簡易足場または簡易やぐら設置で5万円、窓掃除とシーリングファン清掃は5000円程度」と答えたら
「えー、掃除そのものよりも簡易足場がその10倍もするの~!?」とドン引き状態でしたけど、
「あんなヘンな場所にはめ殺し窓を設置したのはあなたでしょ・・」とツッコみたい気持ちでも一杯でもありました・・

三階ではなくて二階程度でしたら、上記画像のような4m程度まで伸縮できる長い柄のモップでなんとか対応できる
のですけど、さすがに三階ですと手が手が届かないですからね。

やはり家の設計時には、老後の事とか数年後の大掃除の事ぐらいは頭に入れておく必要があるという
事なのかもしれないです。


縺ヲ縺吶j_convert_20170610192923


最近結構実際に相談されるケースで多いのは、玄関アプローチ部分とか廊下の手すりの設置ですね。

現在の新築住宅はほとんどは廻り階段で踊り場がある階段が主流となっていますが、
一般的には二階から一階に降りる際に向かって右側に手すりが元々付けられている事が多いのですけど、
高齢化が進んだくると、一階から二階に登る際は、右利きだから右側に手すりが必要になってくるし、
二階から一階へ下る際は右側の手すりが必要・・、つまりは階段の壁の右側・左側双方に手すりが必要になってくるから
「もう片方側に手すりを追加で設置して欲しい」という依頼を頂く事は本当に増えてきましたね。

同じようなケースでは浴室に向かう廊下部分の手すり設置と言うのもそうですね。

よくあるケースなのですけど、「そんなたかだか手すりぐらいで工務店や住宅メーカーに相談するのも億劫・・
そんなにホームセンターで売られている手すりを自分で買ってきて自分で壁付すればいいじゃん・・」と
思われがちなのですけど、
実際、壁のどこにでも手すりが付けられるという訳では無くて、壁の下地とか間柱の位置等の状況によっては
手すりが取付できない箇所もあったりして、その辺りがよく分からない素人さんがブカブカの壁に単にネジで止めた
手すりを設置しても、少し手すりに強くつかまっただけで手すりがボロッ・・と取れてしまうみたいな話は
実はよく聞く話ですよね。

家の新築の検討をする際は、廊下や階段に手すりをたくさん付けても見ためが悪いし邪魔とついいつ思ってしまいますけど、
数十年後には自分たちも確実に高齢化するという事実だけは認識しておいた方がいいのかもしれないです。

最近多い事例としては、玄関アプローチに対する手すり設置ですね。

若い時は、「そんな玄関開けてたかだか3段程度の階段につまづく訳ないじゃん!」と思っていても、高齢化が進展すると
「施工時に最初から手すりぐらいは付けてもよかったよね・・」というパターンになる事は多いような気もします。
それとやはり最近多い事例としては、そうした玄関アプローチに対して「完全バリアフリー化」をするという意図で、
玄関から車椅子で道路に出られるように階段ではなくてスロープ・・つまりゆったりとした坂道に
仕様変更して欲しいという相談も結構受けたりもします。

現実的には階段→スロープは工事費用が意外と掛かってしまいますし、スロープ設置は意外と距離を取ってしまい、
隣地境界・道路境界の観点から不可能という事例も結構多いですから、
こういうのもやはり「設計」段階から「未来の自分達」を想定しておいて、その予測に従って予算と自分たちの希望と
相談しながら色々と検討していく必要はあるのかもしれないですね。
人と言うものは丸っこいものとかひよこみたいなかわいい小動物とか金魚とかめだかみたいな水中をふんわりと
泳ぐちびっこい魚等をみると、どことなくガードが緩んでしまうと言うのか
ほっこりとか癒しという気持ちにさせられるものがありますから不思議ですよね~(笑)

ひよこってとってもかわいくて愛くるしくて、一羽だけでもかわいいのですけど、数羽、何十羽とたくさんひよこが
いるのはとってもかわいいと感じますし、あのピヨピヨしている様子には見ているだけで癒されるものがあると思います。

昭和のころの町内会のお祭りや盆踊り、神社等の縁日の際にはよくひよこも売られていたような気もするのですけど、
最近の縁日・お祭り等の屋台で、そうした昭和の頃のような
ひよこ売りというのは激減したと言えるのかもしれないですね。
というかまったく見かけなくなりました。
そこには動物愛護という側面もありそうですし、ひよこはあっという間に成長しトサカの付いた鶏へと成長し、
鶏は意外と凶暴とか早朝からあのけたたましいコケコッコーの鳴き声が煩くて近所からクレームが寄せられる等の理由が
あるのかもしれないです。

屋台でのひよこ売りは激減しても、ひよこをモチーフにしたグッズは廃れるどころが逆にどんどん増えているような
気もします。
最近では日清のチキンラーメンにおいてのひよこちゃんキャラの可愛らしさも大分浸透していると思います。

それだけひよこというものは可愛くて日本人の誰からも愛されている小動物と言えるのだと感じますね。





007_convert_20190322142959.jpg


そうしたかわいいひよこのグッズというと最近では、ぴより~な1号 →というかわいいちっちゃいひよこちゃんが
一杯詰まっているクレーンゲームが実はあったりもします!

これはひよこちゃん専用のUFOキャッチャーと言えると思います。

とにかくガラスケース一杯にかわいいちびっこいカラー違いのひよこちゃんがこんなに詰まっているのは
見ていても壮観ですしとてもかわいいと思います。

このぴより~な1号は私も詳しくはよく分からないのですけど、ゲームセンターに設置されている訳ではなくて、
埼玉県内ですと、スーパーのベイシアやイトーヨーカドー、高速道路のサービスエリアや
書店や古書店等に置かれている事が多いような気がします。
ちなみに上記のぴより~な1号 はドンキホーテのゲームコーナーで発見したものです!

1回100円ですけど、フィギュアのような一定の大きさがある訳ではなくて対象景品がちびっこいせいもあるのですけど、
意外と掴みにくいです~

つかみにくいけどなんとか3つ程度掴み取ることができましたので、そのうちのひとつは今現在私のスマホに
付いています・・
先日が実はうちの奥様のお誕生日でもあり、結婚16周年でもありました。
昔は「妖精みたいな人・・」という感じであったのですけど、最近は
「引きこもりの座敷童みたいな生活を長年しているせいもあり、年々なんだか妖怪化している~」とも
感じてしまいそうです・・(汗・・)
妖怪は妖怪でもゆかりん=八雲紫様のような感じでしたら私も大歓迎なのですけど、
実態はゲゲゲの鬼太郎に登場しそうな妖怪さんっぽいという感じでもありそうです・・(汗)

そんな彼女に「お誕生日と結婚記念日のお祝いに何か欲しいものでもある~?」と聞いたら
「タカラトミーの・・」と言った瞬間に2年前に同じことを尋ねた時の
「カードキャプターさくら プラチナコスチューム & コスチュームコレクション ピンク セットがいい」を思いだし、
瞬間的にドン引きしてしまいました。
というのもあのC.C.さくらのお値段は15000円近くもしたものですので、「やばい・・今回もまた高価なグッズを言ってくるか!?」と
思いっきり警戒したものですけど、今回は意外にも(?)タカラトミーアーツのクッキングトイ「究極のMYO」という
実用的な事を言っていましたし、この「究極のMYO」はお値段的にもアマゾンのポイントを利用すれば3000円ぐらいで
購入出来そうでしたので、今回はお財布的にも妥当という感じでもありました。


縺セ繧・convert_20190314151603


タカラトミーアーツは、自分のこだわり素材を使用してふわトロな「生マヨネーズ」を作ることができる「究極のMYO」を
2019年3月28日から発売します。
現在は3月22日ですので、現時点は予約注文と言う事で、発送は4月以降になるとの事でした。
上記で記したようにうちの奥様が今回お誕生日のプレゼントとして欲しがっていたのがこの「究極のMYO」だったのです。
ちなみにうちの奥様は昔も今もマヨラーでして、サラダでもオムレツでも鶏のから揚げでも豚の生姜焼きですらも
マヨネーズかけまくりです~(汗)
それでいて健康診断の血液検査においてはコレステロール値が平均よりもかなり低いとなっているのは不思議でも
ありますよね~

そんな訳でマヨネーズ大好きの彼女がこの「究極のMYO」を欲しがるのも極めて妥当だと思うのですけど、
この「究極のMYO」は実はタカラトミーアーツの究極シリーズの一環であり、他には、
2017年に発売されたたまごかけごはん専用マシン「究極のTKG」と、
2018年、魯山人の教えを参考に究極の納豆を追求した究極のNTO」があったりもします。
今回の「究極のMYO」はその第3弾となる究極シリーズの最新作という事になります。


繝槭Κ_convert_20190314151537


マヨネーズはたくさんの素材や料理と相性が良く、一家の冷蔵庫にストックされていることも多いと思います。
「究極のMYO」はそうしたマヨネーズを自宅で簡単に自家製造できるマシーンでもあります。
そしてこの商品の最大のメリットはどこにあるのかというと、通常のマヨネーズではなかなか出せない
ふわふわ食感を気軽に作れるという事にあると思いますし、このふわふわ感を自分で自由自在に調節できるという
点にあるのだと感じます。

「究極のMYO」のポイントは二層で回るミキサー部分にあります。
下層では白身を混ぜてつくるメレンゲで食感を、上層では黄身と調味料、オイルなどのマヨネーズの味部分を別々に作り、
最後にそれを合わせると、口の中でふわっと弾け溶ける生マヨネーズを自家製造できます。

通常のマヨネーズに比べ、メレンゲでふわ増ししているので、見た目にも華やかなボリューム感があり食卓を楽しく
彩る事が出来ると思います。


繝槭Κ繝阪・繧コ_convert_20190314151624


マヨネーズを作るのに必要な材料は卵、食用油、酢、塩、コショウです。
そして完成までの所要時間はおよそ5分で、電動ミキサーを回しながら待つだけで簡単に自分だけのマヨネーズが
完成します。

その手順は下記の通りです。

(1)卵を割って黄身と白身を分離させます。白身を下層のメレンゲカップに落とします。

(2)メレンゲカップにマヨネーズカップを重ねてセットし、そこに黄身、酢、塩、コショウを入れ2分かくはんします。

(3)オイルロートをセットし、食用油を付属スプーン3杯入れ、3分かくはんします。

(4)カップを外して、上層のマヨネーズと下層のメレンゲを合わせて完成です。

マヨネーズにメレンゲを加えてつくる生マヨネーズはカロリーオフな一面もあると思います。
一般的にマヨネーズは高カロリーというイメージがありそうですけど、
使用食材やその量を調節する事でカロリー制約も自在に出来そうですし、多様な味も楽しめると思います。
泡立て時間などを調整すれば食感も好みに仕上がり、自分だけのオリジナルなマヨネーズが完成できます。

しかも・・メレンゲと黄身の混ぜ具合によって4種類のマヨネーズを作ることが可能であったりもします。

1.ふわマヨ
メレンゲと混ぜ合わせる時にふわっと混ぜることでふわマヨが完成します。

2.とろマヨ
メレンゲと混ぜ合わせた時にメレンゲを少し残すことでとろマヨが完成します。

3.さらマヨ
メレンゲと混ぜ合わせる時に出来るだけメレンゲと黄身を混ぜることでさらっとした感じのマヨネーズが完成します。

4.こってりマヨ
3分の撹拌の後にさらに2分撹拌することでこってりマヨが完成します。

この4つを使い分けることによって更なる旨味が味わえますし、メニューによってその味合い方も色々とすてきな変化を
楽しめると思います。

この商品は既に予約済ですので、商品到着が楽しみでもあります。
(というか、実際に使用するのはうちの奥様だけだと思いますし、私はそのおこぼれを賞味できればいいなぁ~と思っています)
おにぎりやパンはとってもおいしいですし、朝ごはんや朝食を食べないで学校や職場に行った時の朝食代わりとか
少し小腹がすいた時の間食としてはうってつけだと思います。
今現在ですと、セブンイレブンでちょっとすてきなキャンペーンを展開しておりまして、
2019年3月1日(金)~3月16日(土)の2週間の期間中のAM4:00~11:00限定ですけど、
税込160円未満のおにぎりを組み合わせ自由で2個買うと税込200円で買えるという内容です。
朝セブンといえばコーヒーとパンのセットがお得に買えるというイメージでしたけど、今回の朝セブンは
税込160円未満のおにぎりを2個買うと200円という内容で、朝セブンとして時間限定でおにぎり2個をセットで行うのは初めての
試みといえますけど、これはとてもありがたいです。
実際私自身も最近は出勤前に、ひとつ150円のおにぎりを二つ購入し本来ですと300円のところ200円で済んでいますので
大変重宝しております。

だけどおにぎりももちろんそうですけど、食パン・菓子パン・惣菜パンは一般的に2~3日程度しか日持ちがせず、
今は冬だからいいのですけど、梅雨の時期とか真夏ですと一日放置するとカビが生えてきて食べられなくなってしまうという事は
実はよくある話ではないのかな~と感じたりもします。
毎日パンを食べる家では、毎日、もしくは1日おきくらいにパンを買いに行く事も決して珍しいことではないと思いますし、
暑い時か寒いときとか、はたまた雨や雪が降っているときに
「パンを買いにスーパーやコンビに行くのも面倒くさい! もう少し日持ちがするパンがあればいいのに・・」と感じられる方も
実は結構いらっしゃるのではないのかなと思います。

そこでお勧めしたいパンが実はあったりもします!
このパンは実は60日程度常温で日持ちがするパンです。
しかも味はとってもおいしくて、おいしいのに賞味期限内でしたらいつもふわふわとしたおいしい食感もあります!
そんなこと書くと「美味しいのに常温で1カ月以上日持ちするパンなんてある訳ないじゃん!」と思われる方が多いとは
思うのですけど、実はそうしたロングライフパンが実際にかなり以前から既に商品化されています!
それが「コモのパン」なのです!

コモパンはパネットーネ種を長時間熟成発酵させる独自の製法により、
水分含有量が20~25%と少なく水分活性も低いため、保存料無添加でもカビなどの微生物が増殖しにくくなっていまして、
そのため、賞味期間も35日~180日と長く、駅の売店やパンの自動販売機などで販売されていたりもします。
パネットーネ種とは天然酵母のことでフルーツや穀物などに付く酵母菌を自然に発酵させたものでもあります。
パン作りに欠かせないイースト菌より発酵力が弱いのですが、その弱さ=じっくりと時間をかけて作ることが美味しさに
つながっているそうです。
普通のクロワッサンとコモのクロワッサンで比較すると、水分の含有量がふつうのパン約35%に対しコモは約20%で、
水分が少ないということは、パンが傷む元となるカビなどの微生物が発生しにくいという事でもあります。
だから日持ちする訳ですし、水分量に対して栄養価が高くなったり発酵に時間がかかる分、
風味が良くなるメリットもあったりします。
しかもこれで添加物が無しというのも素晴らしいと思います。


繧ウ繝「繝代Φ_convert_20190303181638


このコモのパンですけど、残念ながらスーパー・コンビにではめったに見かけることはないです。
スーパーの店頭に一度置いておけば少なくとも一ヶ月程度はそのまま置いていてもパンが痛むこともないし、店側にとっても
毎日商品を入れ替える必要もないからメリットもあると思うだけに少しもったいないです。

コモのパンはうちの奥様が以前から愛用していまして、彼女は生協・JAで購入していることが多いようです。
パルシステムやコモのパンの通販等でも購入することはできますけど、
できればもっと多くのスーパーでも取り扱いしてもらえるとありがたいです。

先日うちの奥様より「食べきれないからおすそ分けしてあげる~」ということで60日の賞味期限のうち既に59日が経過した
賞味期限ギリギリのコモのパンを貰いましたけど(汗・・)
生産から59日も経過しているというのに信じられないほどふかふかで柔らかく、しかも瑞々しい味でとても美味しかったです。

この時のパンの味はメープルキャラメル味でしたけど、キャラメルが口の中でとける~という感じでもありました!


繧ウ繝「_convert_20190303181608


コモのパンのデニッシュとしては他には、メロンパン・クリームパン・小倉・ミルク・いちご・クリームなどたくさんありますけど、
どれもとっても美味しいと思います。

コモのパンの本社は実は愛知県にあり名証二部上場会社でもあるのですけど、小さい規模の会社ですので、
なかなか全国展開できないのが弱みといえそうですし、関東のスーパーでは生協以外ほとんど見かけないというのも
やむを得ないのかもしれないです。

だけどたまにですけど、学校・道の駅・病院・駅の売店等でのコモのパンの自動販売機が設置されていることも
あるそうです。
コモパンは賞味期限が長いので自動販売機での販売にも適しているというわけなのかもしれないですね。
最近の当ブログ記事は、3月2日はサニーミルクの日とか3月3日は東方ひな祭りとか3月4日はみょんの日とか
3月5日は東方巫女の日とか、はたまた昨日は「3月7日は早苗さんの日」のように東方記念日記事ばかりの様相を
呈していますけど、この先も明日の3月9日は「咲夜さんの日」でもありますし、3月10日は「さとり様の日」でも
ありますし、4月に入ると間もなく「4月6日は妖夢の日」という事でもありますので、まだまだ東方記念日記事は
続きそうですので、今月はそうした意味では東方強化月間とも言えそうです!

さてさて、本日3月8日は東方記念とはあまり関係が無い日ともなっていますので、ここは東方とは関係が無い
記念日記事を簡単に書かせて頂きたいと思います。

3月8日は、みやげの日・サワークリームの日・みつばちの日・さやえんどうの日でもあるのですけど、同時に
本日3月8日は「サバの日」でもあったりします。
当ブログの管理人は何度か書いている通り、実は生まれ自体は青森県八戸市なのですけど、このサバの日というものは
青森県八戸市が制定したものです。
多くの人にサバについて興味、関心をもってもらい、日本人が古くから恩恵を受けているサバへの感謝を示すとともに、
サバについて深く考える日とすることを目的として制定されたとの事です。
私自身、サバはサバの塩焼き・さば寿司・さばの味噌煮など、昔からさんまに次いで大好きな青魚の一つでもありますし、
サバの日を青森県八戸市が制定したというのならば、サバの事を少しだけでも書かずにはいられませんので、
本記事はサバの日関連記事と言う事で、サバについての記念日記事とさせて頂きたいと思います。

日本人にとってサバとは大変馴染み深い魚の一つだと思います。
実際縄文時代から日本人に食べられていたそうでして、さんまやイワシと共に昔から日本人には馴染みが深い魚と
いえそうです。
但し、サバ自体は実は長持ちしにくいという側面があり、
「サバの生き腐れ」という言葉があるように、急速に鮮度が落ちやすいという扱いにくい面があります。
サバの鮮度が落ちやすいという弱点を克服するためにサバを加工する技術も発達しましたし、
食あたりを防ぐために酢を使った「しめさば」など日本独自の食べ方も生み出されています。
しめさばというと結構人の好き嫌いは分かれそうですけど私は大好きです!
そして最近の回転寿司店やスーパーの総菜コーナーでもよく見かけるようになりましたけど、昔ながらのサバの押し寿司を
応用した焼きサバの押し寿司みたいなものもあったりしますけど、焼きサバの寿司も酢飯との相性が抜群に良くて、
私、この焼きサバの寿司もとっても大好きです!

日本には「鯖を読む」といった独特の言い回しがあり、どちらかというと
「あの女の子は実年齢は38歳なのに、自分は33歳と言っていて5歳もサバを読んでいる~」みたいな感じで
あまりいい使い方はされていないような気もするのですけど、実はこの「サバを読む」のサバとは魚の鯖に他ならないそうです。
それではどうして魚の鯖がそうした語源になったのかというと、
鯖は大量に捕れるものの、「鯖の生き腐れ」と称され、外見に変化はなくても腐っていることがあるほど傷みやすい魚です。
現在のような冷凍技術がない時代、漁師や魚屋が鯖を数える時は、なるべく鯖が傷まないうちにと早口で数えていました。
しかし、そのせいで目分量の適当な数になってしまい、実数と合わないことが多かったそうです。このことから、
いい加減に数を数えることを「鯖を読む」といい、これが転じて現在の「数をごまかす」という意味になったと
言われているのが定説になっているようです。


縺輔・_convert_20190303162113


私の感覚では、以前は「魚の缶詰でいっちば~ん!」最初に思い浮かぶ魚はなんでしょう・・?」と質問されたら、
多分ですけどその一位にくるのはツナ缶・・つまりまく゜ろの缶詰なのではないのかな・・?と思ったりもします。
私自身ももちろんサバ缶やイワシ缶も大好きなのですけど、魚の缶詰として最も大好きなのは群を抜いて
シーチキンだと思います。
実際、我が家の台所にはシーチキン缶は常に8~10缶はキープされています。
私も貧乏学生の時代もそうでしたけど、社会人になって寮に入っていない頃に自炊をしていた頃は、
このシーチキンの缶詰は重宝していました。
サラダにもよく合いますし、そのまま食べてももちろんとっても美味しいですし、更にここにひと手間加えて、
シーチキンとコーンのチャーハンとかシーチキンの冷たいバスタとかシーチキンのオムライスとか
その応用はほぼ無限にあり、料理のレパートリーとしては多分今後も無限の可能性を秘めているような気もします。

そうした訳でつい最近までは日本の水産物の缶詰として最も生産量が大きいのはシーチキン、つまりまぐろの缶詰だったの
ですけど、2015年以降は公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会によると、
水産缶詰の生産量はサバ缶がツナ缶を抜いてトップに躍り出たそうです!

その背景にある要因として、私なりに考えたのは二つほどありまして、
まぐろの漁獲高が激減している事情もあり、とにかくスーパー等で買い物するとよく分かるのですけど、
以前では考えられないほどツナ缶自体が値上がりしているような印象が強いです。
例えば私の大好きなはごろものシーチキン缶詰の最も大きいサイズは、5~6年前でしたら一缶350円ぐらいでしたけど、
今現在はいつの間にか450円ぐらいまで大幅に値上がりしていまして、多分この辺りも生産量・消費量が抑制されている
要因の一つにもなっていると思います。
それとサバ缶の生産量・消費量が大きく伸びた事の背景としてテレビの家庭医学番組・健康番組等で
「サバは健康にいい食材」というイメージがかなり広まったというのも結構大きいのかな~とも思ったりもします。
サバは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やすEPAやDHAが豊富に含まれ、
ビタミンB12やビタミンDも多く含まれる食品でもあります。
そうした健康番組によって、さば缶に含まれる脂肪酸・DHAやEPAが作用し健康にいいだけでなくダイエット効果もあるという
イメージは定着しつつあるようにも思えますね~!

魚料理の中でもサバとかあじという青魚は手間がかかるし、食べるときに骨をとるのが面倒で忙しい時には敬遠されがち
になると思います。サバはうまく調理できればおいしい食材ですが自分でサバを調理するのは
かなり面倒だと思います。
そこで重宝されたのがサバの缶詰だと思われます!
缶詰を開けるとそのまま食べられますしとにかく手間がかからない便利さが受けているようです。
味噌煮・水煮だけでなく、かわいいパッケージのオリーブオイル漬けなども人気になっていますし、
1993年のフジテレビのドラマでも取り上げられていたサバカレーの缶詰も最近ではスーパーでもよく見かけるように
なったと思います。


縺輔・郛カ_convert_20190303191415


最後にさばの缶詰を用いたレシピを一つだけご紹介させて頂きたいと思います。

最近の当ブログで豚肉のから揚げをレビューさせて頂きましたけど、サバの竜田揚げもとても美味しいと思います。

そしてこの鯖の竜田揚げも下味が既に付いている状態のサバ缶を使う事でとてつもなく簡単に作れると思います。

用意するものはサバの味噌煮またはサバの照り焼きの缶詰と片栗粉適量 ・サラダ油適量ぐらいでして、

作り方としては、既に味が付いているサバ缶の水分をキッチンペーパーで取り、
両面に片栗粉をまぶし、170℃のサラダ油で3〜4分揚げたら完成というお手軽さです!

ツナ缶同様にサバ缶も各家庭でそれぞれの美味しいレシピがありそうですし、サバ缶もこれからもすてきな応用レシピを
自分自身でも考えていきたいと思います~!

ツナ缶もおいしいけどサバ缶も同じくらいおいしくてすてきな食材だと思いますし、何よりもあの安定した供給の
あの安さがとても魅力的だと思います!

鴨肉ってとっても美味しいですよね~!

おそば屋さんに入ると鴨南蛮そばというのは定番メニューだと思いますし、鴨肉をローストしたものも美味しいですし、
鴨鍋というのも寒い冬に食べるととても温まる美味しい鍋の一つだと思います。
鴨を素材にした料理というと真っ先に思い浮かぶのは「鴨肉のオレンジソース掛け」なのかも・・?
このメニューを最初に頂いたのは、会社の同僚の結婚式の披露宴での前菜メニューだったのですけど、
最初に食べたとき、「えーー、鴨とオレンジみたいな柑橘類の相性ってこんなにいいもんなんだぁー」と感じ
そのおいしさに一目ぼれという感じでもありました。

鴨肉というと「鴨鍋」もとても美味しいと思いますし、鴨鍋に不可欠な具材というとやはりネギなのかな・・?とも思います。
日本の故事として「カモがネギを背負ってやってくる」というものがありますけど、これにはやはり「鴨鍋」も多少は
絡んでいるのかもしれないですね。
「カモがネギを背負ってやってくる」という故事ですけど、カモは本当にねぎを背負っているのでしょうか?
それとも鴨自体がネギを好んで食べるからその様に言われているのでしょうか?
全世界のどこに住んでいる鴨を見ても、鴨はネギを背負って事はある訳ないですし、
鴨が食材として自らネギを食べる事もないようです。
ちなみにですけど、鴨自体は穀物・水生植物・水生小動物などを好んで食べているとの事です。

それではどうして「カモがネギを背負っている」という故事があるのでしょうか?
これは江戸時代の食文化にルーツがあるようでして、鴨は肉質の柔らかさや脂の甘みがとっても人気の食材でしたし、
鍋用の食材としても古くから重宝されてきた経緯があります。
反面野鳥特有の匂いがありましたので、ねぎでその匂いをカバーして食べていたとの事らしいです。
そうした訳でこの故事の由来と言うのは、鴨とネギですぐに美味しい鴨鍋ができるという自分にとって都合の良い事が
二つ同時にやってくるという意味なのです。
この「カモがネギを背負ってやってくる」という故事・・略してカモネギという言葉は決していい意味で使用されている訳ではなくて
「だまされやすい人が、だまされやすいシチュエーションに、自ら乗っかってくる」という意味で使用される事の方が
現実的には多いのかもしれないですね。

カモは簡単に捕まえやすい鳥なので、捕まえやすい人=騙されやすい人を「カモ」と呼ばれる事が多いとも
思いますし、それを動詞化して、人を騙したり、利用したりして利益を得ることを「カモる」と言い、
騙されてお金をとられたりすることを「カモられる」みたいな俗語もあるみたいですね。
つまりまとめてみると、「カモがネギ背負ってやってきた」というのは、鳥の「鴨」と騙しやすい人の「カモ」をひっかけて、
「騙すしやすい人が、自分から(財布持って)ノコノコやってきた」という意味へといつの間にか変容していったと
言えるのかもしれないですね。


繧ォ繝「縺後・縺酸convert_20171105231328



冒頭から例によって話がそれまくりですけど(汗・・)、鴨とネギの組合せはとても美味しいと思いますし、
やはり冬の「鴨鍋」というのは鍋料理の一つの定番と言えるのかもしれないですね。
だけど鴨鍋という料理は案外一般家庭ではなかなかメニューにしにくいような気もしますし、
鴨肉のやはりちょっとあの独特の臭いが「家の中ではちょっとね・・」という感じになるのかもしれないです。
私の感覚としては、鴨鍋のあの香りというのは「いのしし鍋」の香りに少し近いような感じもあるのかもしれないです。

そうした中、先日なのですけどとあるスーパーにて「鴨肉のスライスと玉ねぎのスライスのサラダ」というものが
販売されていて、しかも・・・!
閉店間際というせいもあったのですけど、定価400円とちょっとお高めのサラダがなんと・・! 140円で
叩き売りされていました!
「これは安い!」と思わず衝動買いをしてしまったのですけど、家に帰ってきてよく見た所、この鴨肉と玉ねぎのサラダには
ドレッシングも何も付いていませんでした!
鴨と玉ねぎに合いそうなドレッシングってなんなのだろう・・?と考えてみたのですけどあんまりピンとくるものが
ありません。
そのため家の中に合ったありとあらゆる調味料とドレッシングを色々と試してみた所、この日の結論と言うものは、
「鴨肉と玉ねぎスライスに適した調味料というものは、わさびマヨネーズに和風ドレッシングを混ぜ合わせたものでした!
これって感覚としては、かつおのたたきを、マヨネーズをたらした醤油で頂くという感覚に近いものがありそうな気もした。
食べ方としては確かに邪道なのかもしれないですけど、
「鴨の脂とマヨネーズの油が意外と合うのかも・・? そしてわさびがいいアクセントになっているのかも・・?」という
感覚で私としてはそんなに不味いものではなかったという食感です。
鴨肉も玉ねぎもどちらの食材もそのまんま食べると「ちょっと生臭い・・」という感じがあるのかもしれないですけど、
わさび・マヨネーズ・醤油の味に近いドレッシングが加わる事で、生臭いという感覚がほぼ無くなっているみたいな
感じもしたものでした。
玉ねぎはネギではないけどネギに近い食材と言うイメージでは「カモがネギを背負って・・」という故事を
イメージしたようなサラダであったのかもしれないですね・・(笑)

カモというとちょっと古い話なのかもしれないですけど、1990年代の終わりにトヨタ自動車がサービスの一環として
提供していた「こするカモ保証」といってトヨタの新車を購入した場合、うっかりガレージとか樹木とか壁とかに車が少し接触し
車体を軽くこすってしまった場合はこの「こするカモ保証」によって修理費用を負担しますみたいな事もやっていましたけど、
あれはいつの間にかなくなってしまったようですね・・・
CMで確か奧菜恵が出演していたと思うのですけど、いつの間にかなくなってしまったというのは
期間限定サービスだったか、あまりにもおっちょこちょいの車と壁をぶつけてしまうといったユーザーがトヨタの
予想以上に多くて採算が取れずにいつの間にか終了させたのかもしれないですね・・
トヨタにとっては「へなちょこ運転のユーザーによっていいカモにされてしまった・・」という感じなのかもしれないですね・・(汗)


繧翫s縺斐→縺・■縺農convert_20190219204514


上記の鴨と玉ねぎのサラダのドレッシングなのですけど、上記では和風ドレッシングにわさびマヨネーズが合うのかもと
記しましたけど、どうしても爽やかさという点では劣りそうですし、脂っぽさはちょっと気になるのかもしれないです。

そうした時に今年に入ってキューピーからすてきなドレッシングの発売がリリースされていました!

キユーピーは、ドレッシングの「緑キャップ」シリーズから、りんごといちごの爽やかな風味と鮮やかな彩りを楽しめる
「りんごといちごドレッシング」の新発売が1月に発表され、2月に入ってから大手スーパー等でその新商品を
見かけるようになりました、
緑キャップシリーズとは、果実酢と果汁の組み合わせをテーマに野菜の風味を引き立てるシリーズで、
りんごといちごの他にも既にレモン・玉ねぎと白ぶどう・にんじんとオレンジ・マンゴーが発売されています。

「りんごといちごドレッシング」は、軽やかな甘みのりんご果汁と甘酸っぱいいちご果汁に、
芳醇りんご酢を加えた爽やかな風味が特徴のドレッシングです。
甘みがありながら、後味がさっぱりとした味わいに仕上がっていて、ドレッシングの色が鮮やかな赤い色調で、
色彩的にも味覚的にもサラダがとても爽やかにフルーティーに感じられます。

真っ赤なフルーツのドレッシングというのも少し珍しいのかもしれないですし、ドレッシングの味が甘酸っぱくてフルーティー
というのも意外と面白い発想なのかもしれないです。
ちなみに上記の緑キャップシリーズの中では、こうした甘酸っぱくてフルーティーというとマンゴー味のドレッシングが
最も近いのかもしれないですけど、
フルーツ感満載と言うとりんごといちごの組合せの方がインパクトは大きいといえそうです。

そうした訳で先日改めて、鴨と玉ねぎをスライスしたサラダにこの「りんごといちごのドレッシング」を掛けてみたのですけど
予想以上にとてもよく合っていると思いますし、りんごといちごと玉ねぎと鴨肉の相性は大変よく合っていると
感じたものでした。
フルーティーさが鴨肉の野性味や脂っぽさを相殺しているようにも感じますし、りんごの味と玉ねぎの相性は
最高と言えるのかもしれないです。
そしてここにいちごの王道的な香りのよさもプラスされますので、このドレッシングは単なるフルーティさとか甘さというよりも
甘酸っぱさがどんな野菜やお肉とも相性が抜群と言えるのかもしれないです。

どちらかというと敬遠されがちな生野菜サラダもドレッシング一つで劇的に味が変化するのは面白いものがありそうです。

以前ですと生野菜に掛けるドレッシングというと、ちょっと酸っぱい味覚のセパレートタイプとか白ドレッシングばかりという
印象もあり、私個人の味覚としては、
「そんな酸っぱいものを野菜にかけてもよけいに生臭く感じるじゃん」という感じであまり好きではなかったのですけど、
それを劇的に変えたのが、シーザードレッシングの登場だったと思います。
最初にシーザードレッシングで生野菜サラダを食べた時の感想は、
「生野菜ってこんなにも美味しいものだったの・・・!?」という新鮮な感動と驚きでしたので、
生野菜サラダというものは、その付け合せとも言えるドレッシング一つだけで劇的に変る事が出来るという事なのかも
しれないですよね~
その後、シーザードレッシングの他にも、わさび醤油ドレッシングとかゴマドレッシングとかゆず胡椒ドレッシングなどなど
掛けるだけで一気に生野菜が美味しく感じられてしまうドレッシングが色々と出てきて
「生野菜サラダがあまり好きではない人にとっては助かるよなぁ・・」と感じずにはいられませんし、
上記のキューピーの緑キャップシリーズのようにフルーティーなドレッシングもたくさん登場してきていますので、
その選択肢の幅の広さも大変ありがたいものがありそうですね~!
江崎グリコの宣伝広告というといっちば~ん!に思い浮かぶのは言うまでもなく
大阪市中央区の道頓堀に架かる戎橋脇近辺の西日本最大級のネオンサインのあのグリコポーズだと思うのですけど、
他にもビスコ坊やとかグリコのおまけでお馴染みのグリコのキャラメルとか
テレビCMでは、松田聖子のアーモンドチョコレート&セシルチョコレートとか南野陽子のセシルチョコレートとか
森高千里のポッキーシリーズやAKB48のアイスの実などを思わず思い出したりもします。

たまにですけど「公式が病気」と揶揄されたりする事もあるようですけど、グリコも伝統ある老舗企業という事で
比較的真面目というイメージもあったように気もするのですが、
2013年以降に今のところ本州のイオン系スーパー限定という事に留まってはいるものの「双子の魔法使いリコとグリ」というのも
もしかしたら公式が病気の一例と言えるのかもしれないですね~(笑)

江崎グリコは、2013年11月よりグリコのオリジナルキャラクターである「双子の魔法使いリコとグリを生かした
店頭プロモーションを本州内の総合スーパー「イオン」で展開しています。
(それゆえ、リコとグリは九州と北海道にお住いの皆様にとっては「なんじゃ、それ・・?」という感じなのかもしれないです)
そして最近では、グリコだけに留まらず、伊藤園・岩塚製菓のキャラクターを交えた3社のコラボレーションを展開したりも
していますけど、グリコの担当者はどうやって2社を口説いたのか少しばかり気にもなってしまいます・・(笑)



縺舌j縺点convert_20190202182928


「双子の魔法使いリコとグリ」なのですけど、一言で概要を述べると、
お菓子の国からやってきた、おかしなおかしな双子の魔法使いの物語です!
リコとグリの2人のメインの舞台は「グリコランド」という現実世界とは別の次元にあるお菓子の国でもあったりします。
人間たちが、お菓子を食べた時に感じる幸せな気持ち「スィートの力」がこの魔法の国の力の源でもあったりするそうです。
そしてグリコランド内のお菓子の魔法使いたちは、日夜新しいお菓子作りの研究に余念がないという設定に
なっていますけど、これって「グリコの開発室の苦労話が背景になっているじゃん!」というツッコミはいれないように
した方が宜しいのかもしれないですね~
だってこれはあくまですてきなファンタジーと言えるのかもしれないです。
そして面白いのは、公式設定においては、お菓子の国の魔法使いのことを現実世界の誰しもが実は既に知っていて
街でそうした魔法使いに遭遇したとしても「珍しい外国人」くらいの認識で接してくれているという事なのだと思います。
グリコランド魔法学園というのはグリコの開発研究室ではなくて(汗・・)お菓子の国にある魔法使いたちの学校でもあります。
学校内ではお菓子の魔法について座学や実習をおこない、課外実習として人間界へ生徒の派遣もおこなっているのですけど、
双子のグリとリコもそうした派遣生であったりもします。
グリコランド魔法学園では、グリコランド以外の魔法の国からの留学生も積極的に受け入れているそうでして、その・美雨という
二人の美少女もそうした他の魔法の国からの留学生であったりもするのですけど、
早い話は後述しますけど、そのは伊藤園の萌えキャラであり、美雨は岩崎製菓の萌えキャラでもあったりして、
留学生交流というのは、グリコ・伊藤園・岩崎製菓の三社による共同コラボと言えそうですけど、それはあくまで大人の事情と
いう事であり、よい子の皆様たちは、そんな三社共同コラボなんて夢の無い話をしたらダメですよ~(汗・・)

グリとリコは双子の姉と弟なのですけど、どちらかというとポンコツなお姉さんに優秀な弟という感じもあったりします。

グリはリコの双子の弟なのですけど、リコとは対照的に成績優秀な魔法使いで、いつも姉の失敗をさり気なくフォローする毎日
でもあったりするそうです。
性格は物静かで真面目で、冷静に現状を把握して解決策を考える秀才タイプでもあったりします。
お菓子の魔法もパワータイプのリコとは対照的で繊細な調整に長けているのですけど、
自分には絶対にできないリコの発想や魔法の力を誰よりも認めているというお姉さま思いの理想的な美形の弟と言えそうです。


繝ェ繧ウ_convert_20190202182954


リコお姉ちゃんはとってもかわいいすてきな美少女だと思います!
設定の上ではグリの双子の姉でご年齢は16歳であったりもします。

性格は明るく元気で負けず嫌いでお節介で、困っている人を見ると助けずにいられないという設定なのですけど、
これだけを見てしまうとピンク系プリキュア主人公と共通する事は大なのかもしれないです。
お人よしで調子に乗りやすく、うっかりとんでもないミスをすることも多々あるとの事です。
「ポッキーみたいにまっすぐ生きるんだもん」が口癖なそうです。

魔法の加減が苦手で、うっかりやり過ぎてしまってとんでもないミスをすることも多々あるそうでして、
そのために余計な事件に巻き込まれることも多いというのはこの手の魔法姉弟物語としてよくある話なのかもしれないですね~
弟のグリに対してお姉さんぶっていますけど、いつも助けられるのは結局はリコの方ですし、
リコがやらかしてしまったチョンボの後始末をいつもするのは言うまでもなくグリの方なのですけど、グリはいつも無難に
お姉さんのミスの後始末をこなしているのはさすが~!という感じでもありますね!

そしてリコの秘めている秘めている魔法の力は誰よりも強いというのもこの手の魔法モノのお約束と言えそうですね~!

それにしてもリコのこのかわいらしさと正統派美少女振りは素晴らしいですし、この絶対領域も完璧だと思います!





001_convert_20190202163328.jpg


上記で既に書いた通り、グリコのイメージキャラクターのグリとリコだけに留まらず、留学生の交流という事で、
伊藤園からは、そのちゃんを、そして岩崎製菓からは美雨ちゃんという美少女キャラをイオン内の共同コラボという形で
異世界と言うのか異なる企業同士の交流を果たされているのはとてもすてきな事だと思います。
これは業界横断型 キャラクター活用店頭プロモーションとも言えるのだと思います。

江崎グリコのグリとリコとは他に
伊藤園をモチーフとして和茶をイメージしたデザインの「その」、岩塚製菓をモチーフとした和傘を携えた美少女「美雨」の
二人の美少女も共同コラボキャンペーンとして登場していますけど、
先月、1月29日より「花咲かフェスティヴァル」としてグリコの対象商品を二つ以上購入で、とてもかわいいオリジナルノートが
一冊プレゼントされます!
今回は「2月1日はおーい、お茶の誕生日」という事もありまして、このコラボキャンペーンは、
グリコのリコと伊藤園のそのの2人がデザインされたノートという事になっています。

伊藤園のそのとは、伊藤園がグリコとの共同コラボのために生み出された萌えキャラなのですけど、
お茶とお菓子を組み合わせておいしくする魔法を学びに来た留学生という事でもあります。
明るくてお転婆な性格だけど、丁寧に立てたお抹茶のように深みのある大人を目指しているらしいです。
趣味は俳句を詠むことで 青空の下でみんなとお茶会をするのも大好きで、
好きな飲み物は言うまでもなくお茶です(笑)


003_convert_20190202163603.jpg


今回のコラボキャンペーンでゲットしたノートは、リコのノートです!

リコは魔法学校の魔法使いなのですけど、こうした和をイメージした衣装もとってもかわいいと思います!


005_convert_20190202163652.jpg


このキャンペーンは、グリコの対象商品を二つという事でしたので、ポッキーの癒しのミルクと春らしいさくら抹茶のポッキーを
チョイスさせて頂きました!

さくら抹茶なんてグリコと伊藤園のコラボとしてまさにぴったりの商品だと思いますね~!

このイオン内のグリとリコキャンペーンは、2015年以降イオンのお店でかなり積極的に開催されていますので、
これからの展開もとても楽しみですし、
次回は岩崎製菓の美雨とのコラボにも期待大ですね~!
2月と言う事で寒さも本番で、先日の三連休の初日の土曜日の寒さは南関東でも相当なものがあり、
あの日は出勤でもあった私は、青森生れの東北育ちのくせに寒さで震え上がっていました・・

こういう寒い日は「鍋」がとてもよく合うと思います!

すき焼き・しゃふしゃぶ・ちゃんこ・もつ鍋・石狩鍋・フグ鍋・鶏団子鍋・たら鍋・チーズフォンデュなどなど
とても美味しいですし温まりますよね!

私が冬の鍋というといっちば~ん!大好きなのは、すき焼きでももつ鍋でもなくて
実はシンプルな「湯豆腐」であったりもします。
私、豆腐がとっても大好きで、夏場の冷奴とか豆腐ステーキとか麻婆豆腐とか肉豆腐などが大好きですし、
麻婆豆腐は実は結構自分で作ったりもしています。
だけど真冬に寒い外から戻った際に、こたつでぬくぬくしながら食べる「湯豆腐」は体がとっても温まりますし、
美味しいですし、何よりも豆腐には栄養がありますし、
私は大好きですね!
湯豆腐って作るのはすっごい簡単なのがいいですね!
鍋に昆布を一枚敷いてだしを取り、豆腐を投入して火を掛けるだけで完成ですので、その簡単さが実に
楽でいいと思います。
それをポン酢で食べて、豆腐の上に生姜とかもみじおろしとか七味とかゆずとか柚子胡椒などを薬味として乗せて
頂くと更に味が引き立って美味しいと思います!
とにかく寒い日の夜にこたつ「もみじおろしを乗せた湯豆腐をポン酢で食べる幸せは最高ですね!

基本的に寒い冬は苦手なんですけど、こういう湯豆腐を美味しく食べる事が出来る冬はいいものですね!


貉ッ雎・・_convert_20170218173714


最近では100均のお店にも店内に「一人用土鍋」も置かれている事が多々ありますけど、ここで一つ注意があります。
安い一人用土鍋は、IH対応不可とか電子レンジ対応不可というものも中にはありますので、
その点は注意が必要だと思います。
今現在はそんな事がないのですけど、私自身が家を新築したのは2002年なのですが、
その家のキッチンに当時はまだ今ほど普及が進んでいなかったIH・ビルトインの食器洗い乾燥機・イオン整水付の浄水器を
設置したものの、当時のフライパンとか鍋などは「IH未対応」みたいな商品も結構多くて、
「あ、このデザイン可愛い!」と思っても機能的にIH不可というのも結構あったものでした。

上記で書いた通り、私は昔から「湯豆腐」が大好きだったのですけど、
高校卒業して一人暮らしを始めた辺りは、なんとなくですけど湯豆腐といった鍋物は大人数で食べるものみたいなイメージが
あり、そうした鍋ものを一人で食べるのもなんだし、そんなちっこい鍋なんてあるのかな・・?
みたいに思っていたりして、そうした湯豆腐を食べる事もほとんどなかったものでした。
だけど、当時住んでいた中野周辺に小さな定食屋があり、そこで「さんまの開き定食」を注文したら、
その定食の中に、なんと・・・! 湯豆腐もセットして付いていました!
しかも厨房を見ていたら、今風に言う「一人用土鍋」に豆腐を入れて火にかけているのを見つけ、
その際に「あー―、こういう小さい鍋を使えばいいんだぁーー!」と感じたものでした。
だけど時代は今みたいに100均で一人用土鍋が売られている時代ではなくて、スーパーや金物屋とかホームセンター等でも
そうしたものは売られていなくて、
あの当時は、小さいアルミ鍋に昆布・豆腐を入れて湯豆腐らしきものを作っていたものでした・・・(汗・・!)
だけどあのアルミ鍋の湯豆腐はいかにも「貧乏学生みたいな湯豆腐」みたいな昭和の香り(?)も漂い、
なんか懐かしいものがありますね・・

最後に、湯豆腐を応用した簡単レシピを下記に少しばかりご紹介させて頂きたいと思います。
最近は電子レンジで対応できる鍋もありますから、それを使えば
火にかけなくても温かい湯豆腐とかその応用料理も楽しむことが出来ると思います。


1.キムチの湯豆腐

これは電子レンジで簡単に作れます。
電子レンジ対応の鍋に豆腐を入れ、そこにキムチの素とキムチそのものをいれます。
豆腐から水が染み出て、キムチの素とうまく絡み、これはとっても温まりますし美味しいと思います。
ピリッとした辛さを求めたい方は、少しだけ豆板醤を入れると風味と辛みが増します。
半分ほど食べたら、この上に更に「とろけるスライスチーズ」を乗せて再度レンジでチンすると
とても面白い味になります。

2.大根おろしたっぷり湯豆腐

これも電子レンジで簡単に出来ちゃいます!
電子レンジ対応の鍋に豆腐を入れ、とにかく大量のたくさんのたくさんの大根おろしを「これでもかっ!」と言うぐらいに
掛けます。
最近のスーパーでは「大根おろし」みたいにすったものなんかも普通に売られていますね!
それを使用されても宜しいのかと思われます。
そしてその大根おろしを乗せたまま電子レンジで加熱し、その上にポン酢と柚子胡椒・万能ねぎを
かければ美味しく頂けます。

3.カレー風味の湯豆腐

これは正直好き嫌いが分かれるのかも・・・?
土鍋に水を張り、まずは昆布でだしを取り、そこにレトルトカレー一袋を丸ごと入れさらにめんつゆを投入します。
そしてほんの少しだけ片栗粉を入れてとろみをつけたところに、豆腐を入れて少し煮込めば完成です。
野菜として事前に茹でておいたいんげんとカリフラワーを入れてもいいと思います。
味はお蕎麦屋さんで食べるカレーに近いのかも・・・?

これはあくまでほんの一例ですので、皆様の家でもどうか「温かい湯豆腐」とか変則湯豆腐を
お楽しみくださいね!
春はまだ先かもしれないですし、東方式に言うとレティさんがまだまだ大暴れしている季節なのかもしれないですけど、
こうした湯豆腐はまだまだ楽しめそうですね!
先日なのですけど少しばかり怖ろしい体験をしてしまいました・・

何かと言うと、自宅のトイレに入って用を足していたら、なんと・・!
ウォッシュレットを止めようと思っていても全然水が止まりませんでした!
「止める」というスイッチを何度も何度も押しているのに水がまったく止まらず、
便座から立ち上がろうと思っても、それをやってしまうと背中に水を浴びせられるだけでなく、
下手すると床中水浸しという大惨事(?)を招きかねないという事で、正直めちゃくちゃ焦りましたし、
瞬間的にパニックになってしまったものでした・・

タンクの水が無くなれば水は止まるのかな・・?とも思ったのですけど、少しの間待ってみても、
一向に水は止まらないし、おまけにそのうちシャワーの温水が「冷たい水」になってしまうし、
「やばい、そろそろ限界・・」と感じ
「さてさてどうしようか・・?」と思っていたら、瞬間的にとりあえずのいい方法を思いつきました!

何かと言うとも電源自体を切ってしまう事です!

そのおかげでやっと水自体は止まりました!! あー、よかったよかった・・・(笑)

考えてみると、我が家のウォッシュレットは、2002年の建替工事の際に建替える前の家に元々あったウォッシュレットを
取り外して建替えした家のトイレに付けたものでして、
そうした意味では通算すると23年近くも汗・・!)使用し続けていた事にもなりますから、
いつ壊れても文句は言えない・・という感じだったのだと思います。

今回のような用を足している最中に突然にウォッシュレットというかシャワートイレが故障して
水が止まらなくなったら困りますよね~

そうした非常事態の場合はどうすればいいのでしょうか・・?

そういった非常事態の際にはまずは電源を確認してみるのがいっちば~んなのだと思います。

「切表示ランプ」が点灯している場合、プラグ部分のリセットボタンを押して切表示ランプを消してみると、
とりあえず水は止まります。
運転ランプが点灯していなければ「運転」スイッチを押せば直るケースもあります。
またウォシュレット本体がズレていて何かしらの支障を来しているケースもあったりします。
その場合は本体を一度ベースプレートから外し、もう一度カチッと音がするまで確実に差し込んでみると自然に直る場合も
あったりもします。
また、ウォシュレットのリモコンの電池がなくなっていることも一要因として考えられます。

実はなのですけど、後でよく確認してみたら、我が家のウォッシュレットの水が止まらなかった原因は、
まさにこのリモコンの電池切れが原因でした!
後でこのリモコンの電池を交換したら、簡単に直りましたので、
ウォッシュレット交換という余計な費用も発生せずに済んでまずは安堵したものでした。

まとめると・・・ウォッシュレットの水が止まらない場合のとりあえずの応急措置は2つあると思います。

1.電源を切る

2.リセットボタンを押す。
 (コンセントのアダプタのところにある緑色のボタンが大抵の場合、リセットボタンとなっています)

こんな事態に突然遭遇したら焦ってしまい、頭が真っ白になってしまい、背中と床が水でびしょびしになりがち
というのも分かる気がしますよね・・(汗・・)
本日は2月5日で大遅刻ではあるのですけど、1月18日はサンリオのマイメロのお誕生日でもありました!

マイメロ、お誕生日おめでとう~!!

1月18日がマイメロのお誕生日であった事は
dream fantasyのアミグリさんが1月18日に描かれた
記事を見て思い出してしまいました・・(汗)

「マイメロ」とは、サンリオキャラの中ではキティちゃん・キキララなどと共に女の子に大人気のキャラでありまして、
サンリオの店舗に行くと、キティちゃんと並んでそのグッズの充実ぶりは目を見張るものがあると思います。
マイメロは、ウサギをモチーフに赤ずきん風に擬人化したもので、正式名称はマイメロディ、
通称は「メロディちゃん」、「マイメロ」なのですけど、ファンの間ではマイメロという名称がほぼ定着化していると思います。

改めてですけどマイメロのキャラ設定について少しばかり書かせて頂きますと。

名前:マイメロディ
誕生日:1月18日
生誕地:マリーランドにある森
性別:女の子
血液型:O型
体重:ひ・み・つ
住所:マリーランドのウサギのいる丘
身長:森の赤くて白い水玉のきのこと同じ位
好物:アーモンドパウンドケーキ
趣味:ママと一緒にクッキーを焼くこと

との事です!

マイメロちゃんとは何となくですけど「夢見る女の子」の一つの象徴と言えるのかもしれないです。





マイメログッズというと昨年の当ブログではマイメロのマスキングテープやティータイムプレートを
取り上げさせて頂きましたけど、我が家にはうちの奥様がサンリオグッズ関連は、リラックマやくまモンと合わせて
昔から大好きなグッズでもあるせいか、色々とゴロゴロしたりもしています。

上記はマイメロのペンケースポーチです。

初期のマイメロディグッズは被っている頭巾が赤いものしか存在していなかったそうですけど、その後ピンクの頭巾を
被ったグッズが発売された、その後くピンクのものが主流となっています。
ちなみに2001年に青を基調とした「マイメロディ ブルー」が発売されていたりもします。


002_convert_20190120164035.jpg


上記はマイメロちゃんのフォトフレームです!

そうそう、フォトフレームというと、私が2001年まで勤務していた金融機関には社則でヘンな規定があったりしまして、
「机の前に必ずフォトフレームを置いて、あなたが一番大切に思っている人の写真を飾る事を義務付ける。
原則として既婚者は配偶者の写真を飾る事」という規定があったりもしました。

そんな訳で支店内の上長・先輩・同僚等で既婚者がいる場合は、そのお相手の奥様・旦那様、またはお子さんたちの
写真が飾られていて、嫌でも「××さんの奥様は超美人さん!」とか周囲に分かってしまうので、
大抵の方はそうした既定の廃止を願っていたようですけど、結局破綻・解散する日までその規定は生き続けていました・・

その当時の私自身は既婚者ではなかったもので、「一番大切に思っている人」みたいな存在は皆無という事もあり、
当時は「自分が一番大切に感じ愛している人は自分自身じゃん!」と当時も今も変わらぬ自己愛振りは同じでしたので、
その当時は大学時代の吹奏楽コンクールのステージ写真を飾っていて、
当時よく上長たちから「そんな心構えだからいつまでたっても結婚できないじゃん」と余計な事を言われていて、
心の中でムスッ・・としていたものでした・・(汗)


maimero-hpb!!!!!_convert_20160118142855.png



ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy の管理人のアミグリさんのすてきなイラストのご紹介コーナーです!

実はアミグリさんはマイメロのイラストは過去に何度か描かれていて、
サンリオ関連キャラでアミグリさんが一番大好きなキャラはマイメロであるとの事です!
本日は、アミグリさんが描かれたマイメロ関連のイラストを改めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のマイメロはアミグリさんが2016年1月に描かれた作品です!

アミグリさんが描かれたマイメロは正攻法の正統派マイメロで、とにかくとってもかわいらしく描かれているのが
大変印象的です!
アミグリさんというと東方においてはうどんげちゃん・てゐといったうさ耳キャラをいつもとてもかわいく描かれているだけでなく、
ルーミアのうさ耳のてゐコスプレ・オリジナルの「しゃぼん玉」、ゆゆ様とレミリア様のバニーガールコスプレ、艦これの島風など
過去においてもとっても素晴らしいうさ耳キャラを描かれています。

アミグリさんのマイメロは、うさ耳というよりはむしろ赤ずきんちゃんみたいな雰囲気を大切にされていて、
「夢見る女の子のすてきなファンタジー」と言った感覚をすてきに醸し出されていると思います。


maimeroga-ru_convert_20140120163451_convert_20140124174804.png


続きまして、アミグリさんが2014年1月に描かれたオリジナル作品の「マイメロをイメージした女の子」です!

そして、左にいるのはエンジェルマイメロとの事です。

この女の子はとってもかわいいと思います!

上記で書いた通り、マイメロ自体がウサギをモチーフに赤ずきん風に擬人化したものですけど、
アミグリさんが描かれたとってもかわいい女の子はマイメロを擬人化した作品と言えるのだと思います!

このオリジナルの女の子も、うさ耳をイメージした帽子がとってもかわいいですし帽子の飾りのリボンが映えています!
女の子の少しきょとんとしたあとげない雰囲気がマイメロっぽい雰囲気も醸し出していると思います。
この女の子は、オリジナル作品でもあり同時にマイメロの実写版という印象も醸し出している点は、
「さすが!」としか言いようがないと思いますし、アミグリさんの「マイメロ愛」が溢れていると思います。


mamero-04_convert_20190118154707_convert_20190120163947.png


先月、1月18日のマイメロのお誕生日の時に、アミグリさんはとってもかわいいデフォルメのルーミアと合わせて
このマイメロちゃんのイラストも「マイメロ、お誕生日おめでとう!」の記念作品として描かれていました!

アミグリさんからすてきなお誕生日記念イラストを貰って、マイメロもとっても喜んでいると思います!
少しきょとん・・としたお顔もとってもかわいいですし、上記の擬人化マイメロの女の子のきょとん・・としたお顔との
共通性も感じられ、愛らしさに溢れていると思います。
ピンクと白のコーディネートも鮮やかですし、背景のハートも華やかだと思います。
甘ロリっぽい桜色が「間もなく春が到来するのかも~」という感じなのかもれないですね。

上記のサンリオ関連イラストとアミグリさんのオリジナル作品は、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy
真夏の炎天下の際や真冬の指先がかじかむような時にも駅前や街中でティッシュ配りをされている若い女の子の皆様を
お目にかかると「お疲れさま~大変だよね~」と心の底から共感を感じることが多々ありますね。


4c6b4c45_convert_20190131172409.jpg

7e7cc209-s_convert_20190131172434.jpg



海外から日本にやってきた外国人の皆様が驚かれる事の一つとして、街中や駅前のティッシュ配りを挙げられる事が
多いそうですけど、確かにあれはいかにも日本らしい宣伝だと思いますし、もしもですけど海外・・特に治安のあまり
良くないところでああした事をやってしまうと、瞬間でティッシュを全て強奪されそうな気もしますね~(汗・・)
私自身は花粉症ではないのですけど、花粉到来の時期に、持参していたティッシュを全て使い果たし、
「さてさて困った・・」という時にもしもですけど、ティッシュ配りの方に出会ったとしたら、その方が天使のように
見えてしまうのかもしれないですね~
はたまた風邪をひいてしまって鼻水が止まらなくて、持っていたティッシュを全て使い果たしてしまった時に
そうしたティッシュ配りの方に遭遇すると、やはりその人が神様のように見えてしまうのかもしれないです。

ティッシュ配りをされているのは多くがアルバイトかまたはその宣伝企業の社員の方だと思われますけど、
暑い時も寒い時も、早朝の通勤時間帯の際に頑張っている皆様、特に若い女の子がティッシュ配りをされていると
私自身はほぼ100%受け取ってしまいますね~(汗)
あれが男性とかどうみても60過ぎの熟女(汗・・)みたいな方でしたら、多分ですけど鼻がつまっているけどティッシュが無いと
いった非常事態の場合を除いては多分ですけど「パス・・」みたいな感じになってしまうのかもしれないですね~(汗・・)
やっぱりあれは10~30代の女の子から出来れば頂きたいものであります・・(汗)

さてさて、そうしたティッシュ配りなのですけど、私自身も今から数十年前(?)の新入行員時代に一ヶ月ほど
ほぼ毎日やらされていた事があります。
今現在は金融商品が多様化していますので、「ボーナスは是非当行で定期預金を」というバカの一つ覚えみたいな事を
連呼している金融機関も少ないと思うのですけど、昭和末期の頃は6~7月や12月のボーナス戦線時には
どの金融機関もボーナスからの定期預金キャンペーンをかなり熱く展開していて、各行のボーナス獲得合戦は
熾烈を極めていたようにも記憶しています。
新入行員たちは5月以降に正式に各店舗に配属され実務を実地で経験していく訳なのですけど、
5月頃は「どうせ新人さんは最初は何の役にも立たないから」という事で、店舗周辺の掃除とかATMコーナーの案内とか
現金を数える事ばかりやらされていましたし、
その際に朝の通勤時間帯に駅前にて「ボーナスは当行へ」と宣伝されたティッシュを配ったり
ボーナスの定期性預金へのお願いをメインとしたちらしを一般家庭にポスティングしたり、もしもポストや玄関近くに
その家の人がいたら簡単に挨拶しなさいみたいな事を指示されて、朝から午前中の時間帯に
ティッシュ配りやちらしポスティングを、同期配属の女の子とペアを組んでさせられていたものでした!

ティッシュ配りを実際にやってみると、大体感覚としてはティッシュを受け取って貰える確率は60%前後で、
(ティッシュを付けていないちらしだけの場合の受け取って貰える率は1割以下です・・)
一応原則は一回一つだけなのですけど、ご年配のおばさまとかどうみても言葉が関西訛りっぽい人ですと
「五個ちょうだい」とか「にーちゃん、10個くれへんか・・?」と言われることも多々ありましたね~
上記で書いた通り、同期の女の子とペアでやっていた事もあり、感覚としては(当たり前の話なのかもしれないですけど)
若い女の子の方が圧倒的にティッシュを受け取って貰える率は高くて、同じ時間でも配布量は男性の2割増という
感じでもありました。
反面ちらしポスティングは同じ時間量でも逆に男性の方が女性よりも配布量は2割増というのは、単純に体力差という
感じでもありました。

まだまだ寒い日が続きそうですし、特に早朝の通勤時の駅前等のティッシュ配布は大変だとは思いますが、
風邪などひかれずに頑張って頂きたいですし、配布完了時には温かいコーヒーでも飲まれて温まってほしいものです!
ハンバーグって本当に美味しいですよね!

焼き立てほやほやのところにナイフをちょっと刺したら肉汁がじわーーっと出てくるのを
「熱い、熱い・・」といって頬張るのはとっても美味しいと思います。
あくまで私個人の感想ですけど、「びっくりドンキー」のあのチーズハンバーグは、本当に死ぬほど美味しいと思いますし、
決して生焼けではなくて中までちゃんと火がしっかりと通っているのにあの「レア感」みたいに出せる技は、
あれを食べる度に「やっぱりプロは違うよね・・」と脱帽してしまいますね!
中に入ってるチーズのあのふわっと溶けている感じが、本当にひき肉とうまくミックスされていると思います。



繝槭Ν繧キ繝ウ_convert_20170308095736


私が子供の頃もそうですけど、初めて一人暮らしを始めた際って、美味しいレトルト食品のハンバーグは無かったと思います。
あの頃ってレトルトのハンバーグって湯煎が主流という感じもあり、熱湯で温めたものを袋から開けて食べてみても
「あんまり美味しくない」とか「豚肉とか牛肉みたいな味があんまりしないし鶏肉と魚肉を足して二で
割ったような生臭い感じ」という印象が強かったと思います。

そうした湯煎タイプ以外で目立っていたのは「マルシンハンバーグ」ではなかったのかなと思います。

マルシンハンバーグって今は違いますけど、1970年代~80年頃初めの頃にはよくテレビCMも流れていて、
「マールシン、マールシン、ハンバーグ♪」というあのフレーズはどこかで聴いた事もある人も結構多いんじゃないのかな・・?
とも思いますね。
70年代のアニメ作品の「ハクション大魔王」の大魔王は大のハンバーグ好きという設定になっていましたけど、
当初の企画案ではコロッケ好きとなっていたものがどうしてハンバーグ好きに変更になったのかというと、
よくいわれている話では、当時のあのアニメのスポンサーがマルシンハンバーグだったので、今風の言葉で表現すると
もしかしたらスポンサー企業に対する「忖度」が働いたのかもしれないですね・・(汗)
当時は結構テレビでもCMが流れていましたし、CMの映像がいかにも美味しそうにハンバーグをフライパンで
焼き上げているというイメージでしたので、子供心にも「なんか美味しそうなハンバーグだし是非食べてみたい!」と
感じていたものでした!

だけど、実際の「マルシンハンバーグ」は、すいません、決して「美味しい!」というものではないと思います・・(汗・・!)
どちらかというと「これ、肉の味しないじゃん」とか「安っぽい」とか「魚肉ソーセージみたいじゃん!」と
当時の私は感じていましたし、どちらかというと「安いけど決しておいしくは無い」という印象の方が強かったです。
テレビCMとのギャップは私にとってはかなり大きかったのかもしれないです。

だけど、それは私のあくまで感じ方であり、勿論多くの皆様は「マルシンハンバーグは美味しい」と思っているからこそ、
現在に続くロングセラー定番商品になっているのだと思います。
(全盛期は日産100万食を達成したというのは凄いですよね! 低迷期は相当売上も低迷・激減し、テレビCMすら
打ち切ったそうです)
マルシンハンバーグというのは、発売当初は牛肉が高価だったこともあり、主原料には鯨肉、豚肉、マグロを使用
していたとの事ですので、私が当時感じていた「魚肉ソーセージみたい・・」という印象はそうした原材料のせいなのかも
しれなかったです。
もちろん現在のマルシンハンバーグの原材料は、現在は鶏肉、豚肉、牛肉ですよ・・!
マルシンハンバーグの大きな特徴でもあるのですけど、
ハンバーグ本体はラードでコーティングされており、フライパンに油を引かずに焼くことができるというのがありました。

マルシンハンバーグは昔も今もかなりお安いというかお買い得ですよね!

学生の頃、ついついこの安さに引っ張られてマルシンハンバーグを買ってきて焼いたはいいけど、
上記で書いた通り私の感覚としては「おいしい」とはあまり思わず
ポン酢とか醤油とミリンを少し煮詰めたものをソースとして使ったり、面倒な時は醤油そのものを掛けたりして
当時は食べていたものでした。

この「マルシンハンバーグ」ですけど、上記で記したとおり、今現在は当時とは原材料も異なり、
味自体は昔に比べたら相当進化していると思います。
最近では「5種のチーズ入りハンバーグ」という商品も登場していて、このハンバーグには
チェダー・ゴーダ・ゴルゴンゾーラ・パルメザン・クリームという5種類のチーズを独自の配合でマルシンハンバーグに
練り込んでいるのが大きな特徴であり、濃厚なチーズとお肉との相性が抜群だと思います!

ちなみにですけど、このマルシンハンバーグを応用した調理方法として、

1.市販のレトルトパックで売られているミートソースとマルシンハンバーグの煮込み

まず最初にマルシンハンバーグを焼きあげておき、別鍋にて水とミートソースを煮込んでおき、
この中に焼き上げたマルシンハンバーグを投入しグツグツと煮込んでいきます。
そして途中で生卵を投入し、目玉焼きみたいな感覚で形を崩さないように煮込んでいき、最後に
粉チーズを大量にまぶせば、ロコモコみたいなものが完成します!

2.マルシンハンバーグのチャーハン

まずマルシンハンバーグを1cm角に切っておき、フライパンで炒めます。
上記で書いた通りマルシンハンバーグの表面には既にラードで固められていますので、油をひく必要はないです。
マルシンハンバーグが炒め終わったと同時にとき卵を投入し、ご飯を入れて強火で煽って炒めます。
そして仕上げにチャーハンの素と塩コショウで味を調整し完成です!

そうそう、マルシンハンバーグの製造元であるマルシンフーズは、今現在は既に撤退をしていますけど、
マルシンハンバーグを使用した「ハンバーガーの自動販売機」も手がけていた事もあったそうですね。
ちなみにその商品名は「グーテンバーガー」と言うそうです。
グーテンバーガーとは、マルシンフーズの子会社であったマルシンマックが展開していた
自動販売機で販売されるハンバーガーのブランド名なのですけど、
自動販売機内で加熱してから下の取り出し口へポトンと熱々のハンバーガーが落ちてくる感じなのですけど、
これって、私が中学生ぐらいまでは、ドライブインとかゲームセンターに設置されていたような
記憶もありますね。
このグー店バーガーの元々の名称は「マックバーガー」だっそうですけど、
マクドナルドと商品の命名権で争い、敗訴したために「グーテンバーガー」とブランド名を変更したとの事です・・(笑)





上記で書いたとおり、マルシンハンバーグ本体はラードでコーティングされており、フライパンに油を引かずに焼くことができる
点が大きな特徴なのですけど、最近の新商品の中にはフライパンを使用せずに電子レンジでチン!するだけで
マルシンハンバーグが焼きあがってしまうタイプのものもあったりもします。
上記で触れた5種のチーズ入りハンバーグもフライパンで焼き上げるタイプではなくて、電子レンジでチンするタイプです。

最近登場した新商品の二種類のマルシンハンバーグの、充実食卓 マルシンハンバーグ オリーブオイル&バジルと
充実食卓 マルシンハンバーグ トマトも電子レンジを使用して調理するタイプであり、
フライパンは使用しないから洗う必要もないし、
何よりも味が劇的においしくなったように感じられます。
そこにあるのは、昭和のころの私が感じていた「マルシンハンバーグは魚くさくてパサパサして不味い」というものではなくて、
お弁当のおかずとしても夕ご飯のおかずとしてもご飯が進んでしまうほどのおいしさをもったハンバーグということなのだと
思います。

やっぱり日本のものづくりって素晴らしいと思いますし、この絶え間ない進化がすてきだと思います!

まず充実食卓 マルシンハンバーグ トマトなのですけど、こちらは「デルモンテ リコピンリッチトマトケチャップ」とコラボレーション
したハンバーグです。
トマトケチャップの風味にアクセントとして赤ピーマンを入れ、隠し味に赤ワインを加えてコクと深みのあるハンバーグ
に仕上げられています。

そのまま食べてもおいしいですけど、パンにはさんで食べると気分はトマトバーガーを食べている感じになれそうです。


006_convert_20190126182501.jpg


そしてこちらは充実食卓 マルシンハンバーグ オリーブオイル&バジルです。

こちらは「BOSCO エキストラバージンオリーブオイル」とコラボレーションしたハンバーグでもあります。

爽やかなバジルの香りとアボカドを加えてコクのあるハンバーグに仕上げられていて、さっぱりとしたイタリアンな味わいが
舌に伝わってきていると思います。

上記の二種類のハンバーグは、牛と豚肉のみ使用されていますので、昭和のころのマルシンハンバーグと全然違って
充実した肉感が確実に伝わるからこそ「おいしい!」と感じるのだと思います。

日本のレトルト・冷凍食品の進化と充実振りは本当に世界に冠たるものがあるのは間違いないと思います!

最近のコンビニのレジ前のホットコーナーにおいては「鶏のから揚げ」は最早欠かす事の出来ない定番メニューだと
感じます。
最近もファミリーマートにて初めてセブンイレブンのような「鶏のから揚げの棒タイプ」が登場していましたけど、
率直に言うとセブンイレブンよりもはるかに美味しいのかも~と感じさせるものがあったと思います。

鶏のから揚げは外部がパリパリで中はジューシーで、味が内部まで均等にじんわりと染み込んでいてとっても
美味しいと思います。
そして改めて感じたのですけど、鶏のから揚げは居酒屋でもコンビニでもスーパーでもファミレスでも道の駅等でも
定番商品だと思いますし、世間一般的には「から揚げ=鶏」というイメージが既に形成されているのかもしれないです。
反面、同じ肉でも豚肉や牛肉はから揚げの素材として使用されることはほとんど見かけないような気もします。
豚のから揚げは、酢豚で使用される豚肉が豚のから揚げとも言えそうですし、豚のから揚げ単体メニューとしても
たまに目にする事もありますけど、牛肉のから揚げは見た事も食べた事もないですね。
しかし、同じ肉なのに牛肉や豚肉の唐揚げは見当たりません。

この違いはどこからくるものなのでしょうか・・?

から揚げの肉といえば鶏肉が一般的だと思いますが、その理由は下記の理由が挙げられるそうです。

一言で言うと豚肉・牛肉は鶏肉に比べて水分が少ないゆえに、鶏肉より固いという事が挙げられます。
それと豚や牛は鶏よりも断然体格が大きく、体が大きければ大きいほど一般的にはお肉に含まれるコラーゲンの量は
多くなるものの、コラーゲン自体は65℃以上になると固くなりやすい性質があるとの事です。
例えば牛肉で唐揚げをつくると鶏肉と比べ4倍ほど固くなるとの事です。
その他の要因として、肉の脂が溶ける温度が考えられます。
牛は45℃前後、豚は40℃前後、鳥は30℃前後で溶け始めます。人の体温は大体35℃前後ですので、
鶏肉の脂は口の中で自然に溶ける故に脂身のおいしさがじんわりと口の中に感じられるのだと思います。

そうそう、豚肉と牛肉は鶏肉に比べて水分が少ないと言う事は、鶏の唐揚げのように下味が浸透しないという意味でも
あります。それによって高温で揚げるとさらに固くなってパサパサになるという悪循環も生ずるとの事です。

牛肉と言うと少なくとも鶏や豚よりは高級食材ですので、元々が「牛肉をから揚げにしよう」という発想自体が
起きにくいと言うのもあると思います。
豚肉は豚の生姜焼き等に代表されるように焼肉系として素材を用いた方が、よりおいしさが伝わってくるようにも
感じられます。

鶏のから揚げ並に美味しい調理法が確立されれば、豚のから揚げが人気を呼ぶ可能性も決してない訳ではないのかな・・?と
感じたりもします。
肉が固くならずに下味がお肉そのものにじんわりと浸透する何か方策があれば、豚のから揚げが鶏のから揚げのような
人気メニューとなる可能性もあるのではないのかな・・?と思ったりもします。
具体的には、豚バラ肉を下ごしらえの際、りんごをすりおろしたしょうゆだしなどに漬け込み柔らかくすると
美味しさがUPすると思いますし、
醤油・みりん・砂糖・豆板醤といった甘辛の調味料を下味として浸けておいても、
肉そのものに下味が入り込み水分が加わる事で肉の柔らかさが増し、結果的に高温で揚げても肉が固くならないで、
下味がしっかりとついた美味しい豚のから揚げを食べることができるような気もします。





002_convert_20190116163728.jpg


ふとそんな事を思っていたら、偶然ですけどとあるスーパーの総菜コーナーに大変珍しい豚肉のから揚げが
並んでいました!

これは大変珍しいのかもしれないです。

私自身、豚のから揚げは居酒屋メニューで食べた事はありますけど、普通のスーパーの総菜コーナーとして
置かれているのは初めて見ました。

しかも味が上記で記したような「甘辛味」となっていましたので、
「これはどんな感じの味なのだろう・・?」と興味が湧いてきて思わず購入をいたしました。

結論から書くと肉は全然固くなくて柔らかくて、しかもしっかりとピリ辛の風味が結構強めに舌に伝わってきていて、
純粋に「おいしい!」とか「鶏のから揚げもおいしいけど豚のから揚げも全然ありじゃん!」と
感じさせるものは間違いなくあったと思います。
鶏よりも食感というか噛んだ際の歯ごたえは強いと思いますし、口の中で噛みしめる分しっかりとピリ辛の味が
脳内センサーにビビッ!ときている印象がありました。
そしてこれはできれば白いご飯のおかずとして食べればご飯がモリモリと進んでいく~という感じでもありそうです。

豚肉料理というと豚キムチとか豚の生姜焼き・肉豆腐というメニューが真っ先に思い浮かびますけど、こういう
豚のから揚げも豚肉料理のメニューとしては全然OK!と言えるのは間違いないと感じたものでした。

最後に余談ですけど、関東と関西では肉に関するイメージには若干の違いもあるらしいですね。

俗に「西牛東豚」と言う事で、関西にお住まいの方は「肉と言うたら牛やろ!」と言われる方は多いと思いますし、
逆に関東~東北では「肉と言うとどちらかというと牛よりは豚なのかな~」と感じられる方は多いような気もします。
実際私の東北の実家ではすき焼きに普通に豚肉を使用していました。

関西ではカレー肉は一般的には牛肉を使用し、関東では豚肉がメインで使われる事が多いです。

関西のカレーは元々が牛肉を使用する事が当たり前であり、カレーに豚肉が入る事自体が「ありえないやろ・・」という
感覚らしいです。
関西で「ポークカレー」を食べようとしたら、オーダー時にちゃんと「ポークカレー」と言わないとカレーに牛肉が
普通に入ってきちゃいます。
関東の方はカレーと言うと(私もそうですけど)豚肉入りをまず連想し、牛肉入りカレーを食べたい時は
「ビーフカレー」とオーダーする必要があるという意識があるのは間違いないような気もします。

庶民の定番「カレー」も東西では違うものなのですね~

庶民の定番とも言える「肉じゃが」においても、
関西の方は「牛以外の肉じゃがなんか見たこともない」という方は非常に多いのに対して、
関東では「肉じゃがの基本は豚肉じゃん」と言われる方は、私もそうですけど大変多いような気もしますね。

やっぱり日本には狭いようで文化圏的には多様性がある国と言えるのかもしれないですね。
1月15日前後には、各地でどんど焼き(どんどん焼き)の行事が神社等で行われている事は多そうですね。

ちなみにですけど、どんど焼きとは小正月(1月15日)頃に、正月で使用した松飾り・書き初め・御守り・絵馬・破魔矢などを
各家庭から持ち寄り一箇所に高く積み上げて燃やすという日本全国に伝わるお正月の火祭り行事の事です。
一般的には田んぼや河原、神社で、竹や木の棒でどんどやというやぐらを組んで行われることが多いと思います。
やぐらを組んだら門松等の正月飾り等を入れて焼きその火や煙に当たります。
この火や煙に当ると子供さん達の学業成績が上がったりする等の言い伝えもあったりするようですね。
どんど焼きで焼いたお餅などを食べることで無病息災を願う意味合いもあるそうです。
残り火で木の枝や竹に刺したお餅や団子を食べるというのがこのどんど焼きの大きな楽しみでもあったように記憶しています。

火は穢れを浄め新しい命を生み出します。竹の爆ぜる音は災いを退け、高く上る煙に乗って正月の神様が帰られると
言われています。そうした意味においては、どんど焼きというのは、
祓い清めという役割と正月に浮かれた人々を現実世界に戻すという二つの役割を担った行事なのだと思われます。
どんど焼きと言うと、火が上空めがけて舞うように燃え上がる様子とか火の粉のすさまじさとか、火という非日常空間等により、
幻想的光景を楽しんだり、それが終わった後のお団子や餅を食べる楽しみというイメージが先行しがちですけど、
上記のような意味においては、神事といった意義もかなり大きいような気もします。

燃やした書初(かきぞめ)の紙が高く舞い上がると習字が上手になり勉強もできるようになるなどともいわれています。

どんど焼きで焼くものは、門松・松飾り・注連縄と言った正月飾りや神社で購入した御守りや破魔矢、絵馬、お札、だるまなとが
挙げられます。
鏡餅は正月飾りですが、どんど焼きで鏡餅は焼いてはいけないそうです。鏡餅は別に鏡開きという行事としてそれを頂く行事が
ありますからね~

どんど焼きはある意味神事でもありますけど、最近ニュースでも報じられていましたけど、
どんど焼きにランドセルやハンドバッグなど、本来どんど焼きで燃やすものではないモノを持ち込む迷惑行為が
増えているというのは少し残念なニュースでもあったりもしますね。
その他にも人形や写真、アルバム、教科書、へその緒、果てには一般家庭で出た生活ごみとかペットボトルまで
どんど焼きで焼いて貰おうと持ち込むものが多数いたというのは
「そんなことしたら神様から天罰を食らってしまうじゃん!」と思ってしまいそうです。

実際の話、うちの近所の神社においては、以前ですとどんど焼きの数日前にテントが設置され
「テント内にどんど焼きで燃やしたいものを入れておいてください」という貼り紙が掲示され、私達も
お正月飾りとか前年使用させて頂いた御守り等をそのテント内に入れさせて頂いた事はありましたけど、
聞いたところでは、そのテント内に真夜中等に自転車や古いプリンター、生活ごみに缶やペットボトル等を持ち込む
不届きモノが相次いだとの事で、最近ではこの神社においては、
どんど焼きで焼くモノについては、その受付時間帯はどんど焼き前日と当日に限られ、テント内に神社の人が立ち会って
焼くものを確認してから受け付けるという方法に変更になったようです。

こういう罰あたりの人がいると迷惑するのはそうした行為をしない多くの善良な皆さまたちというのも皮肉なものが
あるのかもしれないですね。
そうした背景もあるし、たき火自体を禁じている行政もありますので、年々どんど焼きを実施している神社が
少なくなっているというのはもったいない感じがしますし、こうした日本の古き良き慣習は是非後世にもきちんと
受け継がれて欲しいな~と思ったりもしますね。


1492424956-2431cacc37f5b2626272c34e87ece219_convert_20181112163730.jpg



私自身、初めてどんと焼きを見に行ったのは長野県松本に住んでいる時だったと思いますが、松本のどんど焼きは
かなりの高さにまでやぐらを組み高く積み上げていましたので、火の勢いもとてつもなく凄かったような記憶が
あります。
残り火でお団子を焼こうとしても熱くて近寄る事から難しいという感じでもあったような気もします。

そして当時の自治会や子供会では、どんど焼きの際にお団子や餅の他に、さつま芋や鶏肉を持ち込み、
焼き芋や焼き鳥をどんど焼きの残り火を使って焼き上げ、美味しく食べていたような記憶もありますね。

冬場の寒い時には「焼き芋は温まるしおいしいよね~」と感じることは今でも多々あります。
焼き芋は美味しいし栄養はあるし、焼き立てのものを食べると体の底から温まるような感じになってしまいます。
冬の温かい食べ物というと鍋とかおでんとかたこ焼きもすてきだと思いますが、焼き芋も私は大好きです!
子供の頃よく街中で見かけた屋台とか軽トラで移動巡回している石焼き芋屋さんを
見かけることがめっきり減ったような印象があります。
ここ最近は「焼き芋」を買う場合ってスーパーで購入と言うパターンが増えているような感じがあります。
スーパーで焼き芋を買う場合って、焼き立てのものが多いし、値段はかなり安いし結構ついつい買ってしまうのですよね。
普段よく仕事帰りの際に立ち寄るスーパーでも新聞紙にくるんだ焼き芋丸々一個とか
パックに入った半切れとかよく売っているのですけどこれかなり安いと思います!
丸々一個でも大抵140円くらいで、半切れだと70円ぐらいだったと思いますが、
閉店間際ですと30%引きのシールとか半額シールが張られている事も多々あったりするのがいいですね~

焼き芋というと、上記のどんど焼きもそうなのかもしれないですし、たき火のお伴というか、
たき火をしながらお芋を焼いて、それを「熱い熱い、アチチチ・・・」
とフーフーしなか゜ら食べるというのも子供の頃は時にしていたような記憶もあるのですけど、
最近はそうした「たき火」という光景自体ほとんど目にしないですね。
最近の市町村等での条例においては、たき火自体を禁止とか規制しているエリアが相当多いとの事ですので、
たき火をしたくても出来ない、それゆえにたき火で焼き芋を温めてフーフー言いながら食べるという行為自体が
今現在においては夢物語に近いような感じになっているのかもしれないです。

「ラブライブ! サンシャイン!!」の中でそうした焼き芋にいっちば~ん!近いキャラというと言うまでも無くずら丸ちゃんですよね~!

ずら丸というか国木田花丸ちゃんはお寺の娘と言う事もあり、お寺境内の落ち葉を集めてそれをたき火にして
お芋を焼いて、焼き芋を檀家さんたちにおすそ分けしていたお話もありましたし、何よりも・・
「ラブライブ! サンシャイン!!」の中にあっていっちば~ん!の大食いキャラというか
「食べる事だ~い好き!」というキャラは言うまでもなく花丸ちゃんだと思います! (笑)

花丸ちゃんは身長は152cmとAqoursのメンバー内で最も低いのですけど、スリーサイズを身長比でみた場合、Eカップと
推察され、あの胸の大きさは花丸ちゃんのあの大食いという事も多少は関連があるのかもしれないですね~(汗・・)
アニメ本編でも、休憩シーン、待機シーン等では頻繁に一人だけ間食を食べているシーンも見られ、
単純に「食べるのが大好き!」という感じなのかもしれないです。
アニメ一期においても、
8話と9話の函館滞在旅行の間、喫茶店以外のシーンでもソフトクリーム、ラッキーピエロのTHEフトッチョバーガー、
やきとり弁当、肉まん等とシーンが変わる度に毎回何か重量のある物を食べていたのも大変印象的でした!

こうやってずら丸ちゃんが焼き芋を焼いておいしそうに見つめているシーンは、「ずら丸ちゃん、かわいいずら~!」と
心の底から実感してしまうそうです!
間もなく平成の時代が幕を下ろしますけど、昭和と平成の二つの時代で大きく変わったと感じるのは、
最近も記事にしましたけど、携帯電話とPCの普及によるネットの一般家庭への浸透だと思いますけど、
それ以外にも大きく変わった事の一つが「ドラッグストア」チェーン店の凄まじい程ほどの拡充ではないかと思ったりもします。

日本チェーンドラッグストア協会の推計では、ドラッグストアの総店舗数は2016年度に1万8874店にまで達していて
2000年度と単純比較するとなんと6割増しで増えているという事になっています。
昭和の頃にこうした薬局のチェーン店というとそれほど見かけたような記憶もありませんし、
私自身、昭和末期の頃に都内の中野に住んでいた際に、中野駅前のサンモール商店街や中野ブロードウェイにおいても
そうしたドラッグチェーン店というとコクミンドラッグぐらいしか無かった事を考えると改めて
「時代は変わったよね~」と感じざるを得ないですね。

個人経営の街の薬局や病院前にやたらと出店している調剤専門薬局店は、結構潰れていたり撤退している所も
多いようにも感じられますけど、大手のドラッグチェーンは順調に店舗数は増え続けているように思えます。
20世紀末期の頃でも駅前にドラッグストアは1つでもあれば御の字という感じも無くは無かったと思いますけど、
ここ最近は駅前もそうですし、大きな住宅街では一つの商圏に3~4店舗程度のドラッグストアが乱立している事は
ごく普通の光景だと思います。
例えばコンビニやファミレスや歯科医院などのように一つの駅近くの商圏で、3つも4つも同じ業種の店舗が乱立していると
店舗によっては過当競争の結果、倒産とか撤退と言う事はよくある話だと思います。
だけどドラッグストア業界においては、こうした店舗乱立や過当競争の挙句の果ての店舗撤退というのはそれ程は
目にしないような印象もあったりします。

ドラッグストアは店舗を増やしていけば利益も確実に出るという構造を有しているからこそ、こうした狭い同一商圏での
商売が成立していると言えるのかもしれないです。
それではどうしてドラッグストアはコンビニや100均の薄利多売ビジネススタイルではなくて、
同業種内での店舗乱立があっても商売が成立しているのかと言うと、
そこにあるのは高利益を確実に出せる事情があるという事でもありまして、
具体的にどこがコンビニと違うのかと言うと、ドラッグストアには国家資格を有した薬剤師を配置して
病院処方薬という調剤の取り扱いが可能で、これがかなりの高収益をもたらしているという背景があったりもします。
そして薬剤師を配置して医療用医薬品の調剤事業を行える事の他にも、一般医薬品の販売も当然行う事が
出来ますし、
あくまで一般的な話ではあるのですけど、医薬品と調剤の粗利率は30%台後半、化粧品の粗利率が30%前後という
小売業界としてはかなりの高粗利を出していますので、元々が利益を出しやすい業界と言えるのだと思います。

そして高利益率の商品を扱えるという事は、他の商品の値下げ原資にもなりえます。
21世紀以降のドラッグチェーンは、薬関係だけではなくて、日用品・食料品、果てには普通のスーパーで取り扱いを
しているような生鮮食料品や総菜・お弁当等も扱っている所が多いですので、
医療用医薬品・一般医薬品で叩き出した利益の中から余裕を持って他の商品の値下げの原資に充当できますし、
そうした事が多くの一般消費者の意識として、
「ドラッグストアに行けば薬関係だけではなくて食料・日常品も安く買う事ができるし、いちいち他のスーパーに
行かなくて済んで大変楽で便利である」という事が浸透しているのかもしれないです。

ドラッグストアの日用品の安さはこうした背景から来ているのかもしれないですね。

反面、ドラッグストアの小売での圧勝の影には、その煽りを食らった街の普通の薬局店や街の小規模・中規模のスーパーの
衰退と言う事もあるのだと思われます。

さてさて、先日なのですけど、出勤前にうちの奥様から例によって「帰りにこれ買ってきて」のご命令が言い渡され(汗・・)
「××というドラッグストアに行って来て、ちらしに掲載されているあのシャンプーと柔軟剤を買ってきて~ ちらしに100円引きの
クーポンがついているから、これを使ってね~」という事でした。
うちの近所には上記の話ではないですけど、かなりの数の店舗のドラッグストアが半径3キロ周辺にあったりもします。
具体的には、マツモトキヨシ・ウェルシア・セイジョー・セキドラッグ・スギ薬局・セイムスであったりもします。
私も朝出勤前で、彼女の話はあんまり聞いていなかったですし、ちらしを渡されても全く見ていなかったですし、
「確かさ行のドラッグストアのお店だったかな・・? たしかセイジョーって言っていたような気が・・」みたいな感じだったと
思います。

そうした訳で帰りにセイジョーに寄ってみたのですけど、彼女が言うような商品は置いていなかったですし、
ちらしに書かれているような価格での該当商品はいくら探しても見当たらなかったです。
そんな訳で店員さんにちらしを渡して「この商品を探しているのですけど・・」と言ったら、その店員さんから
「あの・・お客様、このちらしは当店ではなくてスギ薬局さんのモノですけど・・」と言われてしまい、
その瞬間に私のこっ恥ずかしい勘違いに気づいたものでした・・(汗)

うーーむ、これはとてつもなくこっ恥ずかしいです・・

そりゃスギ薬局の目玉商品ですので、同じ価格でその商品がセイジョーにある訳ないですよね~

そんな訳で、セイジョーから徒歩10分程度のスギ薬局に行き、無事におつかいは終了したものでした・・
私って「朝ごはん」を食べる習慣は実はあまりなかったりもします・・(汗)

朝ごはんを食べる時間があるのだったら一分一秒でも寝ていたいというのは昔も今もそれほど変わっていない気がします。
もちろん、朝ごはんを食べないことは百害あって一利なしというのは自覚しておりますし、
「朝食はとても大切であり、一日のエネルギーの根源を失ってしまうし、体内時計のメカニズムの面でよくない事」
という事は認識しているのですけど、
実際問題、親元離れて一人暮らしを始めて今現在に至るまで数十年の間、ほとんど朝食を食べない習慣が
ほぼ身についてしまったものでして、たまにですけど、朝食らしきものを食べたりするとかえって
「なんか調子悪い・・」みたいな感じになってしまうのは、
習慣というものは恐ろしいものであるし、それを修正するのは大変なことなんだなぁ・・と感じております。

だけどそうした事も最近は少しずつではありますけど変化の兆しもあったりしまして、
「年寄りは朝が早い」という言葉ではないですけど(汗・・)、昔に比べると朝が強くなってきて
どちらかというと早寝早起きみたいな習慣が冬場は例外としても、朝でも普通にあたたかい春~秋の頃は定着しつつ
あるようにも思えますし、当ブログの予約記事も、仕事が休みの日とか出勤日でもそうした早朝の時間帯に
書く事の方が多いような気がします。
そうやって朝から色々と活動していると、「おなかがすいちゃったぁ~」みたいな事を感じることが以前より
増えてきたような感じでもありますし、
数年前に比べると朝食を食べるという事は増えつつあるような感じでもあったりします。





そうした朝食として何度か食べさせて頂いた商品であり、最近ちょっとお気に入りの商品になっているのが、
フジッコの「朝の食べるスープ.コーンチャウダー」でもあります。

人によっては「朝からそんな液体ものなんて・・」と言う方はいるかもしれないですけど、このコーンチャウダーは
液体スープというよりも、豆・野菜・雑穀にコーンが加わり、コーンスープに具材がたっぷりと詰まった
おいしさと栄養がぎっしり詰まったスープといえそうです。

コーンと豆をたっぷり使っているのでスープだけでも腹持ちがかなりするという印象がありますね。
このコーンチャウダーに堅めのフランスパンとかカリカリに焼いたトーストを一緒に食べると、結構お腹いっぱいに
なりますし、これだけで午後2時ぐらいまではお昼ごはんなしで活動できる事は「凄い腹持ちスープ」と感じてしまいます。

2種類の豆ににんじん・じゃがいもといった野菜をたっぷり加えて栄養バランスも申し分ないと思いますし、
ここにコーンの甘さも加わりとても美味しいです!
一日のパワーの源である朝食としてはうってつけ!と言えそうなスープと言えると思います。

このスープは湯煎ではなくてレンジでチン!するタイプなのですけど、少し珍しいことに封を切らないでパックのままで加熱する
タイプです。
レンジで約2分程度加熱するのですけど、加熱の途中にこのレトルトの袋がどんどんと膨らんでいき、
加熱が終わると急速にしぼんでいきます。
そしてこの状態で封を切ると、そこにアツアツの状態のコーンチャウダーが出来ています!

真冬の寒い朝にこれを食べると体内がとても温まりますし、体の芯から元気が出てきそうな一品でもあると思います。


003_convert_20190119154030.jpg


コーンの粒々感の食感と甘さが際立っていると思います。
とろみがあるのも加えて食べごたえも申し分ないと思います。
豆は噛んだ時の存在感がいい味出ていると思いますし、押し麦のプチプチ感もたまらないものがあると思います。

味もそうなのですけどこのスープは食感が実にたまらないと思います。

いつもは堅めのパンと一緒に食べることが多いのですけど、このスープはご飯の上に掛けて
リゾットみたいな感じで食べてみてもかなりおいしいのかな~とも思いました!
さつまいもは、焼き芋・スイートポテト・大学芋など甘くて栄養価も高くてとても美味しい食材だと思いますけど、
同じくらいじゃがいもも栄養価が高くて美味しい食材だと思います。
私的には特にじゃがいもとチーズの相性は最高だと思います。
そしてじゃがいもを使用した単純明快なメニューの一つがじゃがバターだと思います!
じゃがバターって居酒屋メニューの定番の一つだと思いますし、お祭りや縁日等での屋台でもよく見かける食べ物でも
あると思います。
初詣の際の神社の境内に並んでいる屋台でもよくじゃがバターを見かけますけど、寒い中長時間行列してようやくお詣りが
終わった後に焼き鳥とかたこ焼き、そしてじゃがバターほど体が温まるメニューは無いとすら感じてしまいますし、
身体は冷え切っているけど、熱いじゃがバターをふーふー言いながら食べる時は、熱いたこ焼きを頬張る時と変わらない
幸せがそこにあるような気さえしますね~
そしてあのバターの風味と香りがじゃがいもにぴったりとはまっているようにも感じられますね~!

今更改めて言うのもなんですけど、じゃがバターとは、
茹で、焼く、蒸すの加熱調理を施したじゃがいもにバターを添えた簡易な料理なのですけど、
その単純さが人気の大きな要因なのかもしれないですね。
じゃがいもとバターというとその一大生産地は言うまでも無く北海道ですけど、
バターの原料である乳牛の飼育数も豊富な北海道の各家庭では、おかずやおつまみ、おやつとして供される事も多い
というのは頷けるものがあると思います。

じゃがいもには、ビタミンB群・Cやミネラル成分が豊富に含まれ、特にビタミンCはみかん並みに含まれていたりもします。
じゃがいものビタミンCは熱に非常に強く、煮たり焼いたりしても壊れにくく、ガン・高血圧・心筋梗塞などの成人病の予防や、
美容に効果的というのは大変素晴らしい効能だと思います。
じゃがいもというと「太りそうな食材なのかも・・?」という誤ったイメージもありそうですけど、
実は成分の ほとんどがでんぷんでカロリーも低いというのは紛れもない事実です。
満腹感を味わえてカロリーがご飯の半分であったりもしますので、じゃがいも=太るというのは明らかに誤解と思います。







じゃがバターは茹でたじゃがいもにバターを添えるだけという簡単さもあり、各家庭でもそれほど面倒さも無く
作れるとは思うのですけど、最近のスーパーやコンビニ等では電子レンジでチン!するだけで簡単に作れてしまう
じゃがバターもあったりします。

今回レビューさせて頂くのは、富良野市場.じゃがバター(北海道産北あかり使用)という商品なのですけど、
封を開けて電子レンジで2分程度加熱するとあっという間にアツアツのバターの香りたっぷりのほくほくでおいしいじゃがバターを
頂く事が出来ます!
じゃがいもの皮を剥いたり茹でる手間も全く無くレンジでチン!するだけであのおいしさを手軽に味わえるのが
とてもすてきだと思いますし、少し小腹が空いた時とかおやつ代わりに食べても全然OKだと思います!


006_convert_20190114142734.jpg


作り方は極めて簡単です!

レトルトバックに入っているじゃがバターの封を切り、袋を大きく開いた上で電子レンジで2分程度加熱するだけです!

加熱後にレンジの扉をオープンにしたと同時に香ばしいバターの香りがぷーんと漂ってくるのが実にすてきです!


007_convert_20190114142752.jpg

008_convert_20190114142842.jpg


決して大きくはないですけど、じゃがいもが丸々一個入っていて、加熱されたバターが溶けることによって
じゃがいもに浸透し、じゃがいもとバターの素晴らしい融合を楽しむことが出来ます!
レトルトパック商品なのですけど、このほくほく具合はまるで居酒屋で食べているような錯覚すら感じますね~!

とにかくとてもアツアツでおいしくてバターの風味がとても印象的です!

ご飯のおかずととてもおやつとしてもビールのおつまみとしても十分合うと思います。

2017年の北海道は記録的なジャガイモの不作という事で、昨年の春先にはポストチップの生産が一時的に停止になったり
メーカーでも種類を減らしてポテトチップの生産をしていた時期もあったようですけど、
今年はなんとか豊作を祈願させて頂きたいですね!

ちなみにですけど、私が小学校5年生の時に初めて「家庭科」という授業の中で作った料理は粉吹き芋でした! (笑)

あのホクホク感は今でも忘れられないですね・・(笑)
当ブログにおいてはよく「浦和の調ちゃん」をベースにした埼玉ネタを記事にさせて頂く事も多いため、
もしかしたら人によっては「このブログの管理人は埼玉出身なのかな・・?」と思われる方もいるのかもしれないですが、
私自身はいわゆる転勤族世帯の子供と言う事で
小学校の頃は転校の連続で、東北・関東・信州など色々と各地を転々とさせて頂きましたけど、
生まれ自体は実は青森県八戸市であったりもします。
残念なことに青森在住時の当時の記憶は年々薄れるばかりで(5歳過ぎには八戸を去っていました)
大変漠然とした記憶なのですけど、冬の海辺・カモメかウミネコか分かりませんが海浜の膨大な鳥の数々・
漁師さんが砂浜に放り投げたと思われるイカのはらわた、そして何よりも真冬の頃の想像を絶する大雪、
2月頃は家の出入りは一階ではなくて二階からの出入りをせざるを得なかったほどの降り積もった雪の事は
うっすらとではありますけど、「そんな事がもしかしたらあったのかも・・?」程度に私のこのポンコツ脳内に留まっております。
そしてどちらかというと大雪よりは海岸の冬の景色という事の方が記憶に留まっているのは興味深いです。

人の歴史に「もしも・・」とか「if・・」という仮定の話は通用しない事は分かり切っているのですが、
当時住んでいた中学校の学区は「八戸市立湊中学校」だと思いますが、
もしも私があのまま青森県八戸市に住み続けていたと仮定したら何が起きていたのかと言うと
吹奏楽コンクールに詳しい方でしたらすぐにピーン!とくるのかもしれないですけど、
湊中学校は1970年代~90年代初め頃までは吹奏楽コンクールの名門中の名門チームで、
全国大会に何度も出場し何度も金賞を受賞し、例えば、海・寄港地・ディオニソスの祭り・幻想交響曲等の名演を
残してきた学校です!
もしかしたら、私自身も全国大会出場、あこがれの「普門館」での演奏という可能性も あったのかもしれないと考えると
「ちょっと悔しいのかも~」と思ってしまいそうですね~

さてさて、皆様は「青森県」というとどんなイメージをお持ちでしょうか・・?

積雪が大変多い・りんご・津軽海峡冬景色・ねぶたとねぶたの大きなお祭り・八甲田山・恐山とイタコと呼ばれる巫女・
十和田湖・弘前城・かつて存在していた青函連絡船、そして誠実で真面目で素朴な人柄の人が多いと言われる温かい県民性
もすてきなものがあると思いますし、
「ラーメン大好き 小泉さん」の視点で言うと「しじみラーメンがお勧め」と言われるのかもしれないです。
余談ですけど、吹奏楽コンクール・東北大会にて1980年代において十和田高校が出場をしていた事があるのですけど、
十和田高校は実は青森県ではなくて秋田県の学校であるというのは少しばかり意外に感じていたものでした。
埼玉ではよく「同じさいたま市でも浦和と大宮は犬猿の仲」とよく言われたりもしますけど、
青森県も近いものがあるのかもしれないです、
津軽(西部=弘前市・青森市など)・南部(東部=八戸市など)・下北では同じ県なのに、方言や民謡に至るまで
とても同じ県とは思えない県民性の違いがあると思いますし、
特に津軽と南部の犬猿の仲ぶりは浦和と大宮以上のものがあるのかもしれないです。
青森県全体の県民性としては、真面目・我慢強い・粘り強い・誠実・温厚・口下手・照れ屋という印象があったりもします。

そしてあくまで私個人の勝手な印象としては、

〇漬物のしょっぱさ以上に全体的に食べ物の味付けが激甘という印象があります。
 お赤飯以外・いなりずしや茶わん蒸しもとてつもない甘い味付けになっていたのは強烈な印象があります。

〇とにかく冬の寒さは「しばれるね~」なんてもんじゃないとてつもない極寒です!
外がとてつもなく寒いですけど室内は逆にとてつもなく暖かいです。
青森の冬はこたつだけではとてもじゃないので過ごせませんので、逆に青森ではこたつを使う事は少なく、
 寒冷地だけどこたつの普及度が関東以上に低いという意外性があります。

〇雪が降っていても傘をさす事はあまり無いです。なぜかというと、青森の雪はサラサラと舞う感じで、
 ささっと服を払うだけで雪を落とせる感じがあります。

〇私自身は八戸在住でしたけど、南部に暮らす人たちは一戸~九戸までがどのような位置関係にあるかは、
 当然知り尽くしています。
 だけど四戸という地名が実は存在していないことを少しさみしく感じたりもします・・

〇長野産リンゴのCMをみるとライバル心が燃える。

〇八戸市在住の方に弘前・青森市の事をむやみに褒めると嫌な顔をされる・・

〇日本で最初のひらがなの市のむつ市は、いわき市やひたちなか市、さいたま市の先達であるという自負がある

〇東北以外の地で就職し、宴会や二次会でカラオケがあると上司から「津軽海峡冬景色を歌え」と大抵言われしまう・・
 (私自身高校まで育ったのは主として宮城でしたけど、関東以南で就職すると、宴会等では結構な確率で
 「青葉城恋歌を歌え~」と言われてしまうのと同じ構図っぽいですね・・汗)

そんなようなイメージもあったりします。

そして東北人、その中でも特に青森・秋田に特に強い傾向の一つとして「同郷意識が強いのかも・・?」と感じさせる面が
多々あるのかもしれないです。
概して東北出身の皆様は(私自身もそうですけど)東北以外の地で例えば職場とかサークルとか取引先顧客等に
東北出身の方に出会うととてつもなく嬉しくなってしまうという傾向があるのかもしれないです。
そうした同郷意識の強さというのは逆に南関東・・特に埼玉においては極めて脆弱と言えるのかもしれないです。

先日も私自身の普段の仕事の一環でもある施行中または施工後のアフターまたはクレーム対応処理時に
施行中の足場越境や施工時のゴミが隣接宅に入ってしまったとか
工事中に自家用車の出入りがしにくいとか騒音といった俗にいう「近隣トラブル」の対応をさせて頂く事もあるのですけど、
その際にクレーム先のご主人が色々と話をしている内に実は生まれと育ちは青森県であるという事が判明し、
私もついつい東北人の同郷意識の血が騒いでしまい(汗・・)
確かに生まれたのは青森県なのかもしれないけど、実際に育ったのは大半が宮城、そして高校卒業以降はほぼ全て関東
であるにも関わらず、いかにも「私は生まれも育ちも青森県八戸市ですよ~」みたいな雰囲気で
そのご主人に郷里話を始めた途端に、今までプスッとされていたそのご主人の顔が満面の笑顔になってしまい、
最後にはなんと・・!
握手までされてしまい、挙句の果てには「工事なんてお互い様だからね~」で無事にクレーム対応が完了と
なってしまいました~!

こういう事は滅多にあるものではないのですけど、同郷というものはやはりいいものだなぁ~と感じたものですけど、
私自身の実態を考えると「都合がいい時だけ青森県民になっちゃった~」という
感じなのかもしれないですね・・(汗)
私自身PCは1999年から使用していまして、20年で現在使用しているPCは4台目と言う事で、
昨年末辺りから状態があまり芳しくなくて、多分ですけど年内に破損する事は目に見えています。
今後何か不具合が生じた場合は修理ではなくて買い替え時と考えております。
初めて購入したPCは池袋のビックカメラで約23万近くの価格で購入をしたのですけど、最近のPCは大分価格も安くなっていて
現在の4代目PCも2012年当時ケーズ電器で5万だった事を考えると
「PCもこれだけ各家庭に普及したからこそここまで安くなったのか・・?」とも言えるのかもしれなですね。
PCを一つの基準として考えると、最近というか平成以降の家電は「大体5~6年経過すると故障し、その時が買い替え時」
と言えるのかもしれないです。
というのも一度故障し、販売店等に修理で持っていくと、1~2万近く掛かってしまうのは普通であり、店側からも
「それなら新しい機種に買い替えた方がむしろお得ですよ~」と言われるのがオチなのかもしれないです。

テレビやPCの広告でたまにですけど「昭和××年製造販売の扇風機・加湿器を使用されている皆様へ、使用を続けると
発火・発煙の危険性がありますので、直ちに使用を中止し、△△社にまでご連絡を下さい」といった案内を見かけたりすることも
あるのですけど、それは逆に解釈すると
「へー、それじゃー、昭和の頃に製造された家電が今現在でも尚使用され続けている証なんじゃん」と思ったりもします。

何となくですけとイメージ的には昭和の頃に生産販売されていた家電製品はやたら頑丈で長持ちするという感覚も
あったりもします。
昔の古い電化製品は壊れにくいものなのでしょうか・・?
そうした問いに正解は無いのかもしれないですし、少なくとも昭和の家電=頑丈・平成の家電=すぐ壊れるという単純なものでは
ないと思います。
ただ言えることは、昭和の頃の家電製品は今現在のような高度で多機能な構造ではなくて、元々がシンプルな構造ゆえに
部品が複雑化・多種類化していないから壊れにくいという傾向はあるのかもしれないですね。
今現在は高性能・多機能・低価格戦略により、次から次へと毎年のように新製品を出して売り尽くしていくと言うのが
一つのスタイルと言えそうですし、
新製品のサイクルが極めて早いと言う事もあり、買い替えサイクルの方が製品寿命よりも早いだろうという事で
メーカーとしても以前よりは「壊れにくい頑丈さ」を品質作りの上で以前よりは重要視していないと言う事も案外
あるのかもしれないですし、
昭和の頃の家電は設計、製造技術が今ほど進んでいなかったゆえに、むしろ余裕をもった設計製作がされていた事も
あるのかもしれないです。
それと昭和末期以降は、日本で製品を作らず部品を含めて海外で生産をする事が増えてきた結果、
純粋なメイド・イン・ジャパンとしての製品の割合が激減しているという事も大きいのかもしれないです。
今現在は製造コストや人件費を押さえるため、東南アジア各国で製造し、日本に逆輸入しているというケースも
相当多い故に、やはり品質の詰めの甘さはひと頃よりは多少はあるのかもしれないです。

反面海外で作られた家電が多いと言う事は、価格の安さをもたらしてくれましたので、そうした事が全てがよくないと言う事は
全く無いと思います。
例えば昭和後半の頃の電子レンジはまだ高根の花で一台10万程度したと思いますけど、今現在は1~2万出せば
相当高機能のレンジを購入できますし、
機能や省エネという観点では昭和の家電は全く太刀打ちできないものがあると思います。

やはり物事は一長一短という事なのだと思いますし、日本人全体の「修理代を考えると新しいものを買い替えた方がメリット」と
モノに対する考え方の変化もそこにはあるのかもしれないです。





実はなのですけど、我が家にも昭和の頃から欠かさず使用し続けていて一度も壊れた事も無く本日も元気に稼働している
家電が一つあったりします。

それが現在はパナソニック傘下に入っている三洋電機製造販売のドライヤーです!

この三洋電機のドライヤーですけど、私が東北の実家を離れて埼玉にて一人暮らしを始めた際に
大宮の当時駅前に立地していた中央デパートの3階の家電コーナーで購入したものですので、
購入時期は多分1984年ですので、なんと・・! 35年間も一度も壊れる事無く現役で稼働を続けています!
使用するのはお風呂上りのせいぜい1~2分程度でそんなに長時間使用している家電ではないのですけど、
それでも35年間全く故障しないというのも凄いものがあるのかもしれないです。
今現在でもちゃんと温風・冷風の切り替えができますし、雨が降っている中うっかり携帯を道路に落してしまい、
落した瞬間に水が携帯に入り込んでしまった際に、このドライヤーの温風で水分を乾燥させたら、なんとか携帯も
無事に再稼働した事もありますので、
このドライヤーには生涯現役で頑張ってほしいものです!


CIMG0386_convert_20170626064132.jpg


そうそう我が家でいまだに使用されている古い家電としてブラウン管のテレビというものもあったりします・・(汗・・)

というかこれだれ次世代4Kテレビがどうたらこうたら言われているこの時代でいまだにブラウン管テレビを使用し続けているのも
凄い話なのかもしれないです・・(汗)

我が家にはテレビは3台あるのですけど、他の2台はもちろん液晶です・・(笑)

それではどうして今現在もこのブラウン管テレビを現役で使っているのかと言うと、このブラウン管テレビが
只のテレビではなくて、今は無きメーカーのaiwa社製のテレビとビデオが一体化された「テレビデオ」という
またまたとてつもないアナログ家電であるからです。
もちろん今現在の深夜アニメ等の録画はDVDなのですけど、DVD普及の前に録画しておいた貴重なアニメ作品等の
録画媒体にVHSビデオがあったりしまして、このVHSビデオをたまに見るためだけに
このテレビデオを使用しているという経緯もあったりします・・(汗・・)

このaiwaの地デジ対応なしのアナログ放送向きのブラウン管テレビデオは、発売当初は、
「テレビの他にビデオデッキを購入する必要が無い」とか「一台で二役!」みたいな感じで一部で重宝されていたと思います。
このテレビデオ購入は確か1998年頃だったと思いますが、
上記のドライヤーと同様に一度も故障する事も無く現在に至っています。

我が家は、ネットも電話もテレビも全てケーブルネット(現・J-com)を使用しているのですけど
(今から数十年前に、近隣で巨大高層UR計画が起きた際に近隣とURの間に協定が成立し、電波障害を回避させる目的で
URが無償で対象世帯全てに対してケーブル化工事を施行したという背景があったりもします)
2011年頃の総務省主導による地デジ化が推進されていた時に、ケーブルネット側から
アナログ放送→デジタル放送へ変換する受信機が無償配布されていたのですが、実はこの受信機を使う事で
いまだに地デジ未対応のはずのブラウン管式のテレビデオを見ることは一応は出来ます。

既に「4Kテレビ」がどーたらこーたら言われているこの時代において、こんなあまりにもレトロな
ブラン管テレビ、ましてやaiwaのテレビデオを
使い続けている私もまさに「典型的な昭和のアナログ世代の生き残り」と言えそうですね(滝汗・・)

それにしてもブラウン管テレビも20年以上使い続けていても画像が全く乱れることなくテレビもビデオ機能も普通に
稼働し続けているなんて、やはり古い家電は長持ちするというのは本当なのかもしれないですね。

aiwaの強みは「アナログ家電製品」だったと言えるのかもしれないです。
日本で初めてラジカセを発売するなど、オーディオブランドとして確固たる地位を獲得しましたけど、
デジタル化の波に乗り遅れるなどして次第に業績が悪化し、2002年にはソニーに吸収合併され、
携帯オーディオプレーヤーなどを展開していましたが、やはり業績が振るわず、
2008年にはブランド終息が発表され、ここに市場からaiwaの名前が消滅する事になります。
21世紀に入ると、デジタル・IT化の流れが急速に押し寄せ、
アナログ商品主体だったアイワ単独の生き残りは難しかったと言えるのかもしれないですね。

2017年2月に十和田オーディオがソニーから利用権を譲り受け、新会社「aiwa」を4月に設立し、ここに
実に9年ぶりの「aiwaブランド」が復活となった経緯もあります。
「設計は旧aiwaから受け継いだものではないですが、オーディオメーカーとして音にはこだわっていきたい」との新会社からの
コメントが出ていましたけど、
昔ながらのaiwaのように価格と品質の両面が両立できるように頑張って欲しいと思います。
現在発売を予定しているテレビ製品も、全てフロントスピーカーを搭載し音質にこだわっているとの事ですし、
今後、4Kテレビをはじめ、ハイレゾ対応DAP(デジタルオーディオプレーヤー)、レコードプレーヤー、
Bluetoothスピーカー、Wi-Fiスピーカー、CDラジカセといった幅広い商品の企画・販売も予定しているとの事ですので、
とにかく新しいブランド下、心機一転頑張って欲しいです!

aiwaというとラジカセ・CDラジカセというイメージがありますけど、最近ではレコードプレーヤーとかラジカセのような
昭和のアナログ家電も一定の人気と需要があると聞いていますので、
この「アナログ」に特化した感覚で、今後も隙間産業みたいな意図で企業として永続をして頂ければいいなぁと
思ったりもしますね。
長期間こうしたブログ活動をさせて頂いておりますと、大体平均して二ヶ月に一度ぐらいの割合で、とてつもなく不快で嫌な
コメントを頂くことも多々あったりします。
当ブログではそうした不快コメントは発見次第即刻削除しております。

どんな内容だったのかというと「趣味・感性がまったく合わないからうちのブログを訪問してくるな!」というものでしたけど、
それってなんかヘンだなぁ・・と感じたりもします。
FC2には訪問者リストという足跡を辿れる機能が付いていて、多くの皆様たちはその訪問者リストから
訪問返しという事で訪問お礼を兼ねてそのブログに足跡を残されているのだと思われます。
私自身もそうした訪問返しは毎日はとてもじゃないですけど無理ですが、ある程度の訪問返しはさせて頂くようには
しております。
今回そのように言われた方もこちらの訪問返しの一人だったと思うのですけど、
感性・趣味が合わないというのなら最初から当ブログを見なければいいのに・・という感じだと思いますし、
ましてそうした不快なコメントをわざわざ残していくのも「果たしてどうなのかな・・?」と感じてしまいます。
それにその方は、当ブログに何度かコメントまで残されていた方ですので、
わざわざ当ブログに比較的好意的なコメントを残していた人が唐突に「あなたとは嗜好が合わない」と言い残すのも
なんだか不本意という印象が残ってしまいますね・・

改めていうのもなんですけど人間というものは100人いれば100通りの好み・考え方・感性・嗜好がありますので、
そうした多様性を認めようともしないで一方的にそんなヘンなコメント残されるというのも
逆に解釈するとそれがその方の感性という感じなのかもしれないです。
それにブログというものは目に見えない壁打ちみたいな側面もありますので、その相手の事を実はよく知らないで
一面だけを捉えて相手の批判・非難を展開してしまうということはよくある話でもありますので、
その辺りは割り切って考えたいと思っています。
そのようなコメントされた方がたぶんですけど私よりも20歳くらい年上のいわば人生の酸いも甘いもわかっている世代の人
だったので意外にも感じたものですし
「最近の高齢者は寛容さ・おおらかさが足りないのかも・・?」と感じたものでもありましたし、
私も数十年後には、そうした酸いも甘いもわからない年寄りにはなりたくないものだと改めて感じたものでした。

とにかくブログというかSNSにはこうした不快なことは日常茶飯事であることを改めて認識したものですし、
今回の件は2015年に当ブログが体験したとてつもなく嫌な思い出に比べたらまだ全然かわいいものだと感じたものでした。
昨年11月~12月上旬までは「今年は暖冬傾向で暖かくてとてもありがたいよね~」と思っていたのですけど、
年末年始の寒波は結構堪える寒さでありましたし、
こういう時は熱い食べ物や飲み物でも食べて温まりたいと思ったりもしますし、はたまた熱いお風呂に浸かって
全身でリフレッシュしたいとついつい感じてしまいますよね~!
お風呂に浸かる事自体が気分転換にもなりますし、温まりますし、
「お風呂はいいよねぇ~、やっぱり自分は日本人なんだなぁ~!」と改めてしみじみ感じたりもします。
そういう時って自宅のお風呂もいいのですけど、時々どういう訳か無性に昔ながらの「銭湯」にも行きたくなってしまいます。
銭湯やスーパー銭湯や日帰り温泉等のあの広い浴槽で、のびのびと足を延ばしたいとかジャグジーで首をほぐしたいとか
たっぷりのお湯でのんびりくつろいでボケッ・・としたいといった普段はあまり得られない開放感を
求めているのかもしれないですね。

銭湯というと現在の日本ではかなり廃れていて、廃業が相次いでいるものですけど、
それでも銭湯はスーパー銭湯や日帰り天然温泉よりは、まだ価格的には安く設定されている事も魅力の一つですけど
あの何とも言えないノスタルジー感に昭和の頃の郷愁みたいなモノを感じてしまいます。
そうした意味では、銭湯と言うと忘れかけていた「日本人の心のふるさと」みたいな感じもあるのかもしれないですね。
私が東北の田舎から上京し昭和末期の頃の貧乏学生さんであった頃は、
当時住んでいた家賃23000万円のおんぼろ木造築40年のアパートには、各自の部屋に風呂やシャワーはおろかトイレすら無い
「浴室無し・トイレ共同使用」という今現在ではありえないような環境下にありましたけど、
そうした環境は貧乏学生にはむしろぴったりだったと思います。
あの頃は、現代のように携帯もスマートフォンもパソコンもメールLINEも何もない時代でしたし、
お金は全然ないけど「ヒマと考える時間だけはある」という今にして思うと、「いい時間だったなぁ」としみじみ感じることは
あったりもしますね・
当時は、私にとっては「浴室トイレ付アパート」という事自体が夢のまた夢という感じでもありました。
銭湯はあの当時の私にとっては「二日に一度行ければ上出来」という感じでもありましたし、
当時の入湯料はたしか230円だったと記憶しています。
最近の銭湯は430円が一般的ですので、そうした意味においては30年近い歳月で銭湯の入湯料はほぼ倍近くなったという
事になるのだと思います。
当時の吉野家の牛丼の価格が400円であり、今現在と価格的にほぼ同じというのは、むしろ吉野家の立派な企業努力と
言えるのだと思います。

私が埼玉県川口市に住み始めて今年で22年になるのですけど、22年前の川口市内には結構な数の銭湯は
ありましたし、スーパー銭湯や日帰り温泉もいくつかあったのですけど、
年々そうした入浴施設も数としては明らかに減っていると思います。
確かに需要は減っているのでしょうし、少子高齢化という事で一人暮らしをしている学生さんの数も減少しているのかも
しれないですし、そうした学生さんも昔と違って風呂なしアパートに住む人も少ないのでしょうし、
何よりも現在の賃貸アパートは、風呂なしアパートという形態も限りなく少ないという事なのかもしれないです。
そして感覚としてはそうした銭湯・入浴施設の跡地には巨大高層マンションが建築されているようにも思えます。

当時の昭和の頃の銭湯で大変面白いと感じる点の一つに、
洗髪をしない場合は価格が210円、シャンプーをする場合は230円とシャンプーの有り無しで価格が異なる点だと思います。
シャンプー無しという事を入湯前に番台で申告し、210円で入ったとしても、
そこで髪を洗ったとしても銭湯側としても確認の仕様が無いから、利用者の良心に任せるという事だったのかもしれませんよね。
銭湯側としても、客が銭湯を出る際にいちいち「入湯時に洗髪無しという事を申告し210円で済ませていたのに、
こんなに髪が濡れているという事はどうみても洗い場で洗髪したという事じゃん・・!
これは追加料金は貰わないいけない!」といったトラブルや押し問答というのは、私が知る限りにおいては見た事ないですね。
ずる賢い利用者ですと、本当は洗髪したのに、浴槽でついついお湯を被ってしまった、だから髪が濡れている・・
みたいな言い訳もいくらでも出来ていたと思います。
当時そうしたせこい利用者はほとんど見た事がないですし、ほとんどの方は「洗髪あり」の230円の料金で
入湯していたと思います。
たまに210円の洗髪なしを申告する人もいたと思いますが、そうした人って、当時私が知る限りにおいては、
洗い場でも絶対に髪を洗う事はしていなかったと記憶しています。

果たしてこうしたシステムが現在でも残っていたらどうなるのでしょうか・・?

色々とずる賢い人たちがいろんな言い訳しまくって料金をごまかす人が多そうな気がするのも、
平成以降のモラルの低下とか日本人の伝統的な美意識の低下がかなり目立っているという世相があるのかも
しれないですね。
こうした「洗髪あるなしでの料金の差」というシステムは、現在では、ありえない制度と言えるのだと思いますが、
当時はまだこうした「古き良き昭和の伝統」とか「昭和のモラル」が通用する時代だったのかもしれませんね。

とにかく昨年の年末と今年の年始は尋常ではない寒波到来と言う事で、寒くて堪らない感じでしたし、
家のあの狭苦しい浴槽ではなくて(汗・・)久しぶりに大きな湯船で手足をゆったりと伸ばしてお湯に浸かってホカホカと
温まりたいと思い、近所の数少なくなってきている銭湯に行ってきました!

あ、そうそう! 当たり前の話ですけど、銭湯はスーパー銭湯とは違いますから、基本的には、
ボディソープ・シャンプーはおろか、石鹸すら置いていないですよ!
だから銭湯に行く際は、シャンプーや石鹸は必需品ですよ~
うちの近くにまだ残っている銭湯は、実はいまだにシャワーが設置されていなかったりもします。
そういう際は、お湯を掛ける際には、プラスチック製の桶にお湯をいれてざーーーっと浴びるという大変レトロなもので
あったりもします。

しかも、そのプラスチック桶というのが、あの昭和レトロ感満載の黄色のケロリン桶ではありませんか~!
このケロリン桶はとっても懐かしいです!

ケロリン桶は銭湯ではいまだにまだ現役を続けているというのも何だかうれしいものがあったりもします。

ケロリン桶とは、全国の銭湯や公衆浴場で使用されている黄色いプラスチック製の湯桶の事です。
1963年に内外薬品株式会社の鎮痛薬ケロリンの広告媒体として製造されて以降、
現在も湯桶の定番として全国で使われているとの事です。

こうした昭和レトロのアイテムが平成も間もなく終わりを迎えようとしているこの時代においてもいまだに現役で稼働
している事は昭和育ちの私にとってはなんだかノスタルジーな話と言えるのかもしれないです。


縺代m繧翫s_convert_20170331195150


ケロリン桶ですけど、実はアニメ作品とのコラボ商品として登場する場合もあったりします。

2010年代以降、アニメ作品に登場するキャラクターが描かれたケロリン桶が実は2作品もあったりします。

一つは名前が似ているという事で「ケロロ軍曹」のケロリン桶でしたけど、
もう一つは2017年に大ブレイクした「けものフレンズ」です!

けものフレンズの第一期の放映とその後の商品展開は大成功を収め、テレビ東京側もその事を大変高く評価していたのは
大変喜ばしいことではありましたけど、アニメ第二期の製作開始が発表されて以降の例のあの一連のゴタゴタは
少しばかり残念でもありますし、なんとか第二期が一期以上に成功を収めてくれればいいなぁと思ったりもします。

ケロリン桶とのコラボグッズとして、けものフレンズに登場する「フレンズ」キャラのキタキツネとギンギツネが描かれたコラボ桶がネット限定発売されていますけど、
こういう「マイケロリン桶」を持って銭湯に行ってみるのも楽しい事なのかもしれないですね~(汗)


繧ア繝ュ繝ェ繝ウ譯カ_convert_20181226170419


銭湯でおなじみの黄色い湯桶のケロリン桶は、子供が蹴飛ばしても、腰掛けにしてもビクともしないことから
永久桶とも呼ばれることがあるそうです。そして私もつい最近まで全然知らなかったのですけど、
ケロリン桶は実は関東と関西でサイズが違うとの事です。

関東バージョンは、重さ360g、直径225mm、高さ115mmであるのに対して、
関西バージョンは、重さ260g、直径210mm、高さ100mmと、関東サイズに比べてひとまわり小さいそうです。

どうしてこうした違いがあるのかと言うと、別に関西人がドケチでお湯をケチっているからという訳では全然なくて(汗・・)
関東はかけ湯をする際に蛇口からお湯を入れてかけ湯をする事が多いのに対して、
関西は湯船から直接湯を取ってかけ湯をするため、関東サイズだと重すぎて大変という事で、
関西の湯桶は一回りサイズが小さくなっているそうです。

こういう所にも関東と関西では微妙に文化の違いがあるものなのですね~

最後に・・ケロリン湯桶はどうして黄色いのかと言うと、最初は白色だったものの、
白だと汚れが目立つからという理由で途中から黄色になったというのはむしろ妥当と言えるのかもしれないですね~

 | BLOG TOP |  NEXT»»