FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


リードの序曲「インペラトリクス」はさすがに最近ではコンクールでもコンサートでも
聴かなくなりましたね・・
昔は全国大会でも自由曲として演奏されたことがありましたけどね・・・

実は、この曲、自分自身も自由曲として演奏しそうになったことがあります。

私が吹奏楽コンクールの現役であった70年代~80年代にかけての規定と現在の規定では
かなり変更になった点もあるかと思います。
一つの例が人数かな。
当時私は宮城県内のスクールバンドでしたけど、あの頃は
C部門が25名以内 B部門が35名以内 A部門が50名以内という規定があり、
現在の大編成55名以内 小編成30名以内とは少し異なる規定があったと思います。
もっともこうした規定は各都道府県によって若干の規定の違いはあるみたいですね。

当時、自分のいた高校は毎年B部門に出場していましたが、
男子高校という事もあり、毎年毎年部員不足、特にクラリネット奏者不足に泣かされ続けていました。
自分が入部した際、何とか28名でB部門に出ようという意見が大勢を占めていて、
自由曲は、リードの「インペラトリクス」という事で決まっていたみたいです。
だけど、予想以上に新入部員が少なく、前年度に打楽器奏者として臨時部員をお願いしていた
コーラス部から協力を拒否され、
仕方なく、C部門として出場する事になったのです。

だけどここで一つ問題が発生し、コンクールでは
B部門は演奏時間は課題曲を含めて12分以内ですが、C部門は10分以内という制約があり、
インペラトリクスは7分30秒程度の演奏時間を要するため、
別の曲を自由曲にするか、インペラトリクスをカットして演奏するか
部員全員で話し合ったものでした。
インペラトリクスは、
冒頭のコラール的な重厚感のあるどっしりとしたアダージョ部分・アレグロ・フルートソロを中心とした
ゆったりとした中間部・そしてラストのアレグロのコーダという部分から構成されますが、
10分以内に収めるためには、中間部をそっくりカットする必要があり、そうなると全体を通じて
騒々しい音量過剰な部分のみを演奏する事になってしまい、これは音楽の構成上あまり望ましい事では
ないとの結論に達し、
自由曲を急遽、ホルストの吹奏楽のための第一組組曲より、Ⅱ・間奏曲 Ⅲ・マーチに
変更しました。

結果論となりますが、この選択と選曲は正しかったと思います。
コンクールでは無事に県大会金賞を受賞し、審査員の講評用紙からも
ⅡとⅢの対比が素晴らしいとか 静と動の対比が鮮やかなどと概ね良い評価だったと
思います。
自分自身もホルストの第一組曲という古典的名曲に触れることが出来ましたし、
何よりも音楽の持つ「構成美」というものに初めて気が付かされた曲でもありましたから・・・

だけど、「インペラトリクス」もやってみたかったですね・・・
古代の皇后という意味の曲ですが、冒頭の堂々とした出だしとか中間部のしっとりとした
フルートソロは結構魅力的ですしね。
だけどその中間部が終わったら、一度演奏したアレグロ部分に戻って、同じようなメロディーの
コーダへなだれ込む曲の構成は
今改めて聴くと、少ししつこいのかも・・・

この曲最近ホント聴かないな・・・
最後に聴いたのは、1990年代中盤の関東大会B部門の
新潟明訓高校だったかな・・・?
この演奏、少しもっさりとした響きだったけど、素朴な感じがよく表現されていて
私は好きでしたけど、
残念ながら評価は銅賞でした・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

アップテンポになった後半で、不思議な和声に乗ってクラリネット、次いでユーフォニウムが調を変えて同じメロディーを流す部分がありますね。あそこほんと不思議、何なんだろ、ボントロの2、3がスタッカートで頭打ちしてるなんてスコアみて初めて知った。

リード/序曲「インペラトリクス」

インペラトリクス 様


これは・・・・こんな古い記事にコメント頂き、誠にありがとうございます!!

確かにあの序曲は、堂々とした部分と少しファンタジーな部分がたまーーに交錯して
不思議な魅力を発揮する曲でしたね。
私も一度クラリネットで吹いたことがありますけど、前半は・・息が続かなくて苦労した記憶が
ありますね。
自分で言うのも何ですけど、ホント、懐かしい曲ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/640-c9d3c472
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |