FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


年が変わってもまだまだ新型コロナウイルスの脅威は続きそうですし、これから寒さ本番となり乾燥が続くという事で
ウイルスが蔓延しやすい環境が当面続くと思われますので、皆様方にあっても是非ぜひお気をつけ頂きたいと思います。
全国民へのワクチン接種と言った根幹的な対応策が実現するまでの間は、私達一人一人が、三密回避やマスク着用、手洗い、
アルコール消毒などできることをきちんとやっていくしかないのかもしれないです。

今年は三密回避という事で例年よりは新年早々の神社への初詣を控えられた方も多々いらっしゃるのかもしれないですけど、
それでも「神様でも妖怪でもなんでもいいからとにかくこの新型コロナという未知の怪物をどうにかして~」と
感じられている方も多いのかもしれないです。
昨年、新型コロナが猛威を振るい全国に非常事態宣言が発令されていた頃に、
「私の姿を写し取ったり私の姿を拝め信仰するものは疫病と言う厄難から逃れることができる」という
伝説としてアマビエやヨゲンノトリが昨年脚光を浴びていたこともありましたけど、
人間と言うものは新型コロナウイルスなど未知の病気やウイルスに対しては、
感染を抑制できたり治癒が期待できそうな「何か」に対しては、それが未知の妖怪であったとしても
「それにすがらざるを得ない・・例え妖怪であっても未知のウイルスや病に対して打ち勝つことが出来るというのならば、
それにすがってでも救われたい」という意識が働くのかもしれないですし、その「何かにすがらざるを得ない」という気持ちこそが
祈りであり「救い」という事に繋がるのかもしれないですし、ここから神仏が発生していき「宗教」が発生したメカニズムが
潜んでいるのかもしれないです。


koyomi-03_convert_20201022173943.jpg


もちろん、アマビエやヨゲンノトリのそうしたありがたいご利益にすがるのもすてきな事だとは思いますが、
日本には八百万の神々やたくさんの神社寺院があるのですから、
「できれば神仏のなにかにすがりたいね~」と感じるのも当然なのだと思います。
(そういえば、今年の初詣では例年よりは商売繁盛のお札やお守りよりは無病息災や疫病退散といったグッズの方が
売れ行きがよかったようにも感じられます)

先日、仕事でとある顧客宅をお伺いした際に玄関ドアに巫女さん風の美少女シールが貼られていましたので、
なんだか気になって「これ、なんですか? かわいい巫女さんですね」と聞いたのですけど、
そのお客様が言われるには
「毎年奈良の石上神宮に欠かさずお詣りをしていたけど、昨年は新型コロナもあり参拝に行けずとても残念に感じたところ、
神社側より、参拝に行けない代わりにこれを玄関等に貼っておいて疫病退散をご祈願くださいと言われたので
玄関ドアに貼っておいた」との事でした。

見た瞬間に「なんてかわいい美少女巫女さん~♪」と思ってしまいましたけど、東方ファンを長く続けていると紅白巫女装束の
髪をUP気味にした巫女さんを見てしまうと
「なんだか霊夢に雰囲気が似ている」とか「貧乏神社の巫女さんがまたまた外界に出没しアルバイトをしている!?」と
思ってしまいそうです。

実はこの疫病退散シールは、カレンダーや暦の制作でお馴染みの東京都荒川区の㈱トーダンがオリジナルキャラクターである
暦花蓮(こよみかれん)をモチーフにした疫病退散シールを製作し取り引関係者らへ配布し、
それが巡り巡って埼玉のお客様宅に送られてきたということなのだと思います。
健康と新型コロナウイルスの早期終息の願いを込めるコロナに打ち克つ縁起物グッズの一つだと思いますが、
暦花蓮ちゃんのキリっとした表情からも「妖怪退散! 同時に新型コロナ等の疫病も退散!」という強い気持ちが感じられそうです。

株式会社トーダンは都電の熊野前停留所のすぐ近くにあるカレンダー専門メーカーで、暦花蓮ちゃんのお祓いシールについては
「コロナウイルス感染拡大の脅威に際し、何かできることはないか考え、当社の公式キャラクターである暦花蓮で
伝えられるメッセージがあるのではと考えました」との事なそうです。

こうしたメッセージはとても尊いことだと思いますしありがたいことと感じます。

東京さくらトラム(都電荒川線)の宮ノ前停留所の目の前に尾久八幡神社がありますが、
その社務所で上記の株式会社トーダンの公式巫女キャラクター、暦花蓮ちゃんが描かれたコロナ 疫病退散スッテカーが
昨年無料配布されていたこともあるそうです。


karen-02_convert_20201022174003.jpg


暦がかつては神社で発行されることから日本文化や神事を伝えるキャラクターとして誕生したのが
トーダン公式 巫女キャラクター 暦花蓮ちゃんなそうです。

暦花蓮ちゃんの公式プロフィールは下記のとおりです。

誕生日 12月3日(カレンダーの日)
出身 奈良県
血液型 A型
職業 巫女
性格 明るく、天然で活発。おじいちゃんがいる奈良のとある神社のお手伝いもしている。
おじいちゃん子なのでお年寄りが好き。
好きな言葉は「温故知新」

暦ちゃんのご年齢は不明ですけど、とにかくみているだけで「かわいい~♪」と感じてしまう美少女巫女さんだと思います。


sakura-01_convert_20201022174024.jpg


上記で記した通り、東京都荒川区東尾久8丁目の都電通り沿いに株式会社トーダンがあり、
その公式キャラクターが暦花蓮ちゃんなのですけど、2020年3月より東京さくらトラム(都電荒川線)の車両(8804号)を使用しての
車両ラッピング広告にも登場されていたそうです~♪
東京都交通局は、東京で唯一の路面電車「東京さくらトラム」(都電荒川線)の三ノ輪橋駅から早稲田駅までの区間で、
12か月の歳時記イラストをラッピングした「トーダン暦号」を運行し、その一つが暦ちゃんであったようです。
このラッピング車両は見たことがないもので、この車両は期間限定だったそうで一度ぐらいは見てみたかったです。

暦ちゃんの車両ラッピングデザインは、2006年からトーダンによって販売されている日本の文化や季節感を身近に感じられる
12か月分を選んだという「ちょっと和なかれんだー」シリーズのイラストから選ばれたそうです。
車体中央にイラストを配置したほか、入口横には招き猫を設置し、出口に暦花蓮が描かれているそうです。

「路娘MOTION」(ろこモーション)という路娘MOTIONぷろじぇくとによる鉄道車両を擬人化するプロジェクトがあるのですけど、
その中に都電荒川線をモチーフにした路娘もいたりしますけど、
路娘も暦ちゃんのラッピング車両も含めて電車と美少女のコラボはとてもすてきなものがあると思います。





ここから先はdream fantasy2 のアミグリさんが描かれた絵のご紹介コーナーです。

上記で「疫病退散!」をモチーフにした巫女さんでもある暦ちゃんのオリジナルシールをレビューさせて頂きましたけど、
「疫病退散や妖怪退治なら私の方がはるかに格上よ~♪」と言いそうなのが霊夢なのかもしれないですし、
もちろん暦ちゃんもとてもかわいいけど、東方的に巫女といえば(早苗さんもいますけど)
霊夢の印象が大変強いのかもしれないです。
そのため今回のアミグリさんの絵は、東方の絶対的エースともいえ「巫女と言えば私よ~」といいそうな霊夢を転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。

上記の霊夢はアミグリさんが2019年6月に描かれた「ノースリーブ霊夢」です。

正式な巫女装束としての神聖な側面や神様と人間を繋ぐ大切な役割を担っている神職としての荘厳さも
感じ取れるのですけど、それ以上にこのノースリーブ霊夢からはお年頃の普通の女の子としてのかわいらしさを
より強く感じ取りますし、このノースリーブ霊夢の美少女振りは最高だと思います。
へそだしがとっても際立っていて、わき見せ巫女さんぶりをかなり強調しているようにも感じたものでした。
この霊夢は酷暑の中のけだるい美少女というファンタジー感も十分感じさせるものがあると思います。
さすがに無双巫女の霊夢も最近の暑さには敵わないという感じなのかもしれないですし、
森近霖之助に頼んで「夏用のノースリーブ巫女服を作って~」とせがんだのかもしれないですね。
涼しげですし背景の水滴も夏らしさがさわやかに伝わっていると思いますし、夏らしい雰囲気に溢れた霊夢なのだと思います。
通常アミグリさんが描かれる霊夢は二重フリルのスカートと言う事が多いのですけど、この霊夢は暑そうと言う事で
そうした多重フリルを回避し、1段で軽やかさ重視で描かれたというのもアミグリさんらしいやさしい気遣いといえそうです~♪

普通の感覚ですと、こんな美少女がへそ出しにわき見せにミニスカッぼい巫女さん衣装なんてあぶないじゃん・・と
感じるのかもしれないですけど、
霊夢の場合は無双巫女と言う事で、こんなかわいい霊夢をナンパしようとしたり襲い掛かってくる妖怪や人里の男どもは、
軽くあしらって成敗されるのかもしれないですね~

上記のアミグリさんが描かれたノースリーブ霊夢の権利は、全てノースリーブ霊夢の絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいノースリーブ霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても暦ちゃんや霊夢のような美少女巫女さんのパワーによって一刻も早く新型コロナという疫病には
退散して頂きたいものです!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

大ヒットした鬼(コロナ)を退治する『鬼滅の刃』がとうとうアカデミー賞にノミネートされました。
世相の為せるワザですかね~…そう言えば、TVアニメでも魔物や妖怪を退治する作品が結構多くなりました。
人々の不安の裏返しか?お社様の祟りなる奇病が蔓延する『ひぐらしのなく頃に』も新バージョンで放映されてます。
待てよ?確かあれは雛見沢村の人々が奇病(コロナ)で全滅する物語だったんじゃないでしょうか…縁起でもない(笑)

ひぐらしシリーズ

sado jo 様


妖怪物の元祖とも言えそうなゲゲゲの鬼太郎ではすでに数年前から妖怪・アマビエが登場していたのは
その先見性に驚かされます。

「ひぐらしのなく頃に 業」は見方・解釈によってはおそろしいとしかいいようがない作品なのですけど、
ああいう集団心理というか集団の狂気の世界はコロナの鬼以上にこわいものがありそうです・・

人間どうしようもない事態に陥ったら神にでも仏にでも妖怪にでもすがりつくしかなくなるものですね。
アマビエ様もゲゲゲの鬼太郎5期で「最近めっきり出番がない」と嘆いておられましたがまさか令和の時代になってここまで崇められるとは思わなかったでしょうw
しかし疫病退散を神に求める者が現れればその一方で「コロナは神罰である」と某イスラム過激派の発言。すがりつく側としても「結局神って何やねん」って感じでやってらんねぇですの。

暦花蓮ちゃん、初めて見るキャラクターですけど可愛いですねぇ。私自身信仰心はないけど信仰ある巫女さん系キャラは大好物ですw

溺れる者は藁にも縋る・・

schwert  様


昨年のアマビエやヨゲンノトリのブレイクはまさに仰る通り「神仏や妖怪にでもすがりたい」という想いの表れだと
思いますし、「溺れる者は藁にも縋る」の典型的事例なのかもしれないです。
古今東西、疫病の流行や戦争、災害などこの世の禍に対して人間という存在は、それが自分たちの力ではどうにもならないと
悟ったときに「何か」にすがりたいという気持ちは自然に抱くのだと思いますし、そうした何かにすがりたいという気持ちを
体系化したのが宗教なのかもしれないですけど、
古今東西、宗教を巡る詐欺やトラブルが後を絶たないというのもそうした人間の自然な気持ちを踏みにじる人間は
どこにでもいるという事なのかもしれないです。

紅白巫女さんというのは、霊夢のように金儲けにはしりがちなお方でもそれなりに清楚・神聖なものに見えてしまうのは
やはりあの紅白巫女衣装の清楚且つ神秘的な雰囲気に魅かれるものがあるのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |