FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


螢√←繧点convert_20180707190224


改めてですけど「ラーメン大好き 小泉さん」原作漫画第4巻で登場する小泉さんの悠に対する壁ドンシーンは
かなり衝撃的なものがありインパクトが大変強かったと思います!
小泉さんの大澤悠に対する壁ドンは、残念ながらアニメでは未登場でしたけど、もしも小泉さん第二期が制作された場合には
絶対に映像化して欲しいシーンの一つでもあります!
(小泉さんの一人カラオケ熱唱シーンも映像で見てみたいものですね~♪)

小泉さんは悠の「小泉さんもつけ麺というラーメン以外のモノも食べるんだね~」という言葉に思いっきり反応してしまい、
「つけ麺はラーメンではないと?」と悠に対して壁ドンをやらかしていたのですけど、
ああいう小泉さんは音楽で言うと「静かな熱演」というのか、静粛な怒りの雰囲気というのが伝わってきていて、
静かなあの迫力はまさに大澤悠を凍りつかせる大変な迫力があったと思います。

漫画版の「ラーメン大好き 小泉さん」においては、第5巻にて二話に分けて小泉さんが悠たちに対して
「ラーメンとつけ麺の違いとその魅力」について熱く語る話がありましたけど、あの時の小泉さんは
「ラーメンとつけ麺の違いがいまひとつよくわからないという悠に対して珍しく(?)
「ぜひお話したいことがあります・・」とメールを送りつけ、悠たちに対して熱いレクチャーをしていた話は大変印象に残るものが
ありましたし、小泉さんの「ラーメン愛」が炸裂していたお話でもありました~!
そしてその際に実例として提示していたつけ麺のお店が埼玉県川越市のお店であったのも埼玉県民としては
「ちょっと嬉しいのかも・・!?」というのがあったものです!

小泉さんのラーメン観というのは、アニメ版もそうですし原作漫画においてもその柔軟性は素晴らしいと感じますし、
ラーメンの無限の多様性と可能性を常に意識されているのが小泉さんのすてきなラーメン観と言えるのかも
しれないです。
大澤悠の意識としては「つけ麺はラーメンとは違う食べ物なんじゃん」という感じだったと思いますけど、
それに関する小泉さんの反応はあの小泉さんにしては異例とも感じられる激高の反応みたいなものがありましたが、
ラーメンに対する多様性を感じている小泉さんにとっては
ラーメンを単純に定義付けするのは大変困難であるし、つけ麺はもちろんの事、最近流行の油そば・混ぜそば・
汁無し坦々麺だって広い意味ではラーメンと言うるのは間違いないし、
とんこつラーメンを焼いたものとも言えそうな焼きラーメンすらも広義的にはラーメンの亜種といえるのかもしれないですし、
それを言ったら「それでは焼きそばだってラーメンの一種じゃん!と言えなくもないのかもしれないです。

結論から先に書いてしまいますと、
小泉さん自身も「どこまでがラーメンなのか私にもよく分からないし、そもそも厳密にそれを定義づける必要も
ないのかもしれない。
ラーメン文化自体が常に進化と変化を重ねている以上、その都度ラーメンの定義も更新されていく。
つけ麺をラーメンでは無いという事も可能なのかもしれないし、どこまでがラーメンであるかという結論は出しようが無い」と
言われている事から分かる通り、
ラーメンの奥深さとその多様性は本当に素晴らしいものであり、今後も未来永劫私たち日本人はラーメンの多様性と
無限の可能性を追い求めていくものだと思われますし、そのゴールは実は存在しないと言えるのかも
しれないです。


001_convert_20190715162026.jpg

002_convert_20190715162050.jpg


本記事はそうした訳で「つけ麺」がメインという事になるのですけど、つけ麺記事を書くのなら、その前に自分自身を
つけ麺を食べてみないとね・・という事で、まずはつけ麺を改めて実食いたしました。
最近のコンビニ・スーパー等では夏の季節をメインにごく当たり前のように麺類コーナーにつけ麺も置かれていますので、
ここから見ても日本のラーメンにおいては既につけ麺もラーメンの一種として定着化&認知されているという事を
示唆されていると感じられます。

日本の食文化上のラーメンの大雑把な定義というと、小泉さんの解釈としては、ラーメン=かん水を使用した中華麺の麺料理
と言えるのですけど、
そうした意味においては、つけ麺も油そばもはたまた焼きそばだってかん水入りの中華麺という事で、その意味においては
これらの麺類もラーメンであると広義的には言えると思いますし、
(厳密にいうと焼きそばの麺はラーメンの生麺ではなくて蒸し麺を使用はしています・・)
こんにゃくラーメンは素材にこんにゃくを使用し、沖縄ラーメンも素材に木炭を使用している事を考えると、厳密には
この二つはラーメンに非ずという解釈も出来るとは思いますが、世間一般の感覚としてはこれらの麺類も既にラーメンの一種
という評価は既に成立していると思いますし、やはり小泉さんが言う通り、どこまでがラーメンであるかという定義付けは
出来ないという事なのだと思われます。
そして今後もラーメン文化自体が更に変化と進化を見せてくれると思われますので、ラーメンの定義自体が無意味である
という時代が到来するのも案外間近と言えるのかもしれないです。

つけ麺とラーメンの違いなのですけど、

1.スープと麺が別々に提供される

2.つけ麺は基本的には冷たい麺×温かいつけ汁の組合せですけど、アツモリという温かい麺もオーダーできる

3.麺を食べ終わった後に割りスープという残ったつけ汁にだし入りスープで割って麺を食べた後の第二のお楽しみのスープを
楽しむ事ができる

4.麺は中太麺または極太麺

5.スープはドロドロっとした濃厚系魚介豚骨系がメインで全体的に大変味が濃い

6.トッピングとして魚粉が付く

そういった事が挙げられると思います。

最近のつけ麺は、チーズつけ麺・カレーつけ麺・明太子つけ麺・海老トマトつけ麺などメニューの充実も目を見張るものが
あると言えそうです。

上記のつけ麺はスーパーで298円で購入したものでしたけど、トッピングはのりと魚粉のみのシンプルなものでしたけど
とっても美味しかったです!


003_convert_20190715162109.jpg

004_convert_20190715162127.jpg


スーパーのつけ麺で安いからと言って決して手抜きをしていないのが、日本のモノづくりの素晴らしき点の一つと
言えると思います。

麺は極太タイプではなくて中太麺で、スープはかなりドロドロっとした魚介豚骨の濃厚なスーブでした。

こうしたスーパーやコンビニの冷やし中華やざるそばや冷製パスタのスープの味はかなり濃い感じもするのですけど、
それすらも上回る濃厚を飛び越したと感じられるほどの味の強さはありました。
これは何度か麺をつけ汁に入れるとスープ自体が段々と薄くなることに配慮したものといえそうです。

食べた感想としてはラーメンというよりざるそばに近い感じで一気にツルツル~ッと完食してしまったという感じでもありますし、
そのつけ汁はラーメンのスープよりも更に濃いという感じでもありました。




010_convert_20190715162245.jpg


小泉さんは悠に対して「是非一度お話したいことがあります」と大変珍しいお誘いをしていましたけど、小泉さんストーカーとも
言えそうな悠が一対一ではなくて、悠の友人の美沙・潤を誘って小泉さんのつけ麺ツアーに同行していたのは
意外でもありましたけど、小泉さんとしてはむしろホッ・・とされたのかもしれないですね。

小泉さんたが向かったのは埼玉の川越のつけ麺の火付け役のお店でもあったのですけど、小泉さんたちが乗車していたのは
西武池袋線の小江戸号という特急電車でもありました、
その車中で小泉さんが語っていた事も相当熱いものがあったと思います。

この話で小泉さんが伝えたかった事としては「ラーメンの素晴らしき多様性」という事なのだと思いますし、
小泉さん的にはラーメンとつけ麺も広義には同じ麺類という事なのだと思われますし、悠のように特段ラーメンとつけ麺を
区別化して考える必要もないし、
広義で考えるとつけ麺も冷やしラーメンも油そばも担担麺も焼きラーメンもはたまた焼きそばだってラーメンの亜種
であるという事なのだと思いますし、
そこにあるのは素晴らしきラーメンの幅広さという事なのだと思います。
そうしたラーメンの多様性を「つけ麺」をテキストにして小泉さんとして探求していた話が原作漫画第5巻の川越編の本質と
言えるのだと思います、
小泉さんのラーメン観というのは、アニメ版もそうですし原作漫画においてもその柔軟性は素晴らしいと感じますし、
ラーメンの無限の多様性と可能性を常に意識されているのが小泉さんのすてきなラーメン観と言えるのかもしれないです。


011_convert_20190715162307.jpg


それにしても中村美沙のツインテールはとってもかわいいですね~♪

そして美沙がツンデレというのも更に小悪魔的魅力がマシマシなのかもしれないです。

小泉さんたちが川越に到着したのはつけ麺のお店が開店する2時間前という事で、小泉さんたちは川越周辺を
散策するのですけど、小江戸と言われる粋で洒落た川越の街並みや蔵の街としても名高い川越の美しさをさりげなく
漫画内でも描いて頂き、埼玉県民の私としても「鳴見先生、ありがとう~」との感謝の想いが強いです。

小泉さん達は駄菓子屋さんやソフトクリーム屋さんを楽しんだり、はたまた神社にお詣りをされているのですけど、
小泉さんたちが参拝していた神社は川越・氷川神社だと推察されます。
ちなみに川越の氷川神社は2015年の「Go! プリンセスプリキュア」でトワイライト様・・じゃないトワたちが参拝していた
神社でもあったりします~♪

美沙の御祈願風鈴で願っていた事が「美沙だけを愛してくれる素敵な人と巡り合えますように」というのも
美沙らしいお願い事でもありますね~


012_convert_20190715162326.jpg


小泉さん・悠・美沙・潤の4人が仲良く一斉につけ麺を食べているシーンです。

小泉さんのメインキャラの4人が一斉にラーメンを食しているシーンは「挑戦受付中」を含めて意外と少ない感じもありますので、
こうしたシーンはとても貴重ですし、みんなおいしそうにつけ麺を食べているのもすてきですね~!


013_convert_20190715162353.jpg

014_convert_20190715162412.jpg


悠は小泉さんに対して「つけ麺って麺とスープが別々になっているから麺を食べたっ!て感じになるのがいいよね~!
麺欲が満たされる感じがする」と悠にしては珍しく(?)的を得ている事を言って小泉さんをある意味感心させていたりも
していました。

つけ麺の麺を食べ終えた後に出汁をつけ汁に注ぐことをスープ割りと言います。
一般的につけ麺のスープはラーメンよりも濃い味です。
そのスープの濃さをラーメンと同程度ににするためにスープを付け足すというのがスープ割りです。
つけ麺のスープってスープだけを飲んでみるとよくわかるのですけど、かなり濃厚で複雑な味だと思いますし、
比較的酸味が強いものが多いから、そのまんま飲むとむせるのかもしれないです。
だからそうした中和的な意味合いでこうした割りスープがあるのかもしれないですね。

小泉さんが言うには、
濃いつけ汁が麺の味を引き立てる→麺を存分に味合う→割りスープによって麺の完食以降はつけ汁自体を再度楽しむ
という事で「つけ麺にはいつものラーメンとは違った楽しみ方がある」という事を言われていましたけど、
改めて考えてみると、先ほどのスーパーでのつけ麺も含めて、つけ麺も立派なラーメンの仲間であるし、
食べ始めは麺の食感を楽しみ、麺を食して以降はつけ汁を楽しむという二重の味わい方があるものだと
改めて感じたものでした。

小泉さんたちの川越遠征編のラストシーンにおいて、小泉さんはつけ麺薀蓄を展開した最後に大澤悠に対して
「この続きはまた今度・・」とうっかり(?)口走ってしまい、
悠を「小泉さんはこれからも私と一緒に語りたがっているんだ~!」と思わせる結果になってしまったものの、
なんだかんだいって小泉さんも悠を単なる「私に対する奇妙なストーカー」という立ち位置から「ラーメン仲間らしき人」へと
変化して言っている事を示唆しているのかもしれないですね~♪


20190418-koizumisan-03_convert_20190418223735_convert_20190419022939.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

本記事のすてきなイラストは言うまでもなく「ラーメン大好き 小泉さん」のミステリアスなヒロインの小泉さんです!

上記のアミグリさんが描かれた小泉さんは、当ブログの通算小泉さんカテゴリ100記事到達の記念イラストとして
アミグリさんにリクエストをさせて頂き、2019年4月に描いて頂けた記念作品です!

小泉さんを小泉さんたらしめている外見的要素は1.ミステリアスな雰囲気 2.無愛想 3.流れるように美しい長髪の金髪
だと思うのですけど、アミグリさんが描かれた小泉さんは1~3を全てを兼ね揃えられていますし、
全体から伝わってくる小泉さんの冷徹な女神様のようなクールビューティさが素晴らしいですし、
そこから感じ取れるのは無愛想というよりはむしろ「私は自分のラーメン道を歩むだけ」という小泉さんの
意思の強さといえるのかもしれないです。
アミグリさんが描かれた小泉さんもそうした全く動じずぶれない小泉さんの強さを立派に表現されていると言えると思います。

アミグリさんが描かれた小泉さんは、金髪ロングとボニテールという「一枚の絵で二回楽しめる」事も提示されていて、
大のポニーテール好きの私にとっても粋な計らいを見せてくれてといると感じたものでした。
小泉さんの髪を束ねているリボンもとてもかわいいですし、小泉さんによくお似合いだと思います。
「ラーメン大好き 小泉さん」の眼の色は碧眼ではなくて、東方でいうとうどんげちゃんのような紅い瞳でもあるのですけど、
小泉さんの紅い瞳は、小泉さんのラーメンに対する情熱を示唆しているのかもしれないですし、はたまたとんこつラーメンの
トッピングとして欠かせない紅ショウガを提示しているのかもしれないです。

上記で取り上げた「ラーメン大好き 小泉さん」原作コミック第5巻のつけ麺の際の小泉さんは、
小泉さんのラーメン愛にスイッチが入ってしまったという事で、普段以上にラーメンに関してだけは饒舌で
そのラーメン薀蓄がお披露目されていましたけど、それを語っている際の小泉さんの表情は熱さ・嬉しさはほぼ皆無で
いつも通りのクールなミステリアスな雰囲気を終始キープされていました。
(例外はラーメン完食時のふはーと大勝軒巻きをお披露目されたシーンぐらいですね・・)
アミグリさんの描かれた小泉さんはまさにそうしたクールでミステリアスな美少女そのものだと思いますし、
クールビューティそのものなのだと感じられますね~♪

上記のアミグリさんが描かれた小泉さんは、小泉さんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもすてきなクールビューティの小泉さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

なんだか私も改めてつけ麺が食べたくなってしまいました~(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

つけ麺も好き

こんにちは。
福岡では、つけ麺のお店は少ないです。
たまに見つけたら食べに行きます。
でも、つけ麺のルールって未だにわかりません。

そういえば潤の中の人はガルパンのマリーと同じ方です。
ボイストーンは全然ちがいますけど。

今年の夏によく食べていたつけ汁付のザルラーメンがスーパーの棚から消えてしまいました。
考えればもう9月ですから仕方ないのかも知れませんが、買い置きしなかった事を後悔してます。

小泉さんだと・・

五航戦の愛鷹 様


つけ麺のルールって未だにわかりません。

→小泉さんだったら愛鷹様にはいつもの無愛想な調子で「つけ麺にはルールもなにもありません。本人がおいしいと
 感じる食べ方がベストなのだと思います」と言われるのかもしれないですけど、
 もしも大澤悠が同じことを小泉さんに質問したら、ユーフォのあすか先輩のように「チッ・・」と反応されるのかも
 しれないですね・・

潤とマリーさんでは全然ボイストーンが違いますね! やっぱり声優さんは凄いです・・

季節は秋ですね~

sado jo 様


まだ残暑が厳しいですけど、コンビニやスーパーではざるラーメンやつけ麺を置いている所も少なくなってきましたけど、
冷やし中華はまだ置いてあるお店も多いようですね。

コンビニでは既におでんや中華まんの販売も開始されていますので、あれを見ると「秋が近いね・・」と実感させられそうです。

こんばんは♪

つけ麺も美味しいですよね♪
うちの父はつけ麺は邪道だと言っていましたが(笑)。
✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

つけ麺

ふたごパンダ 様


つけ麺は季節に関係なく楽しめますし、暑い時には麺を冷やし、寒い時にはアツモリで対応できますし、
とっても美味しいと思います。
麺そのものを味わい、麺を食べたら割りスープでスープを楽しみ、一度で二回楽しめると思います。

邪道・・→そんな事小泉さんに万一言ったとしたら壁ドン食らいそうですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |