fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


コンビニって改めてですけど本当に便利ですよね!

私が東北の田舎の実家を離れて埼玉の大宮で一人暮らしを始めた際にはコンビニ自体が今ほど店舗数も無く
当時は24時間営業と言うお店の方が少数派だったような印象もあります。
あの頃はセブンイレブンの通り、朝7時開店、夜11時閉店という感じでしたけど、それでも「なんという便利な形態!」と
感じていたものです。
当時のコンビニは今現在のような惣菜コーナー・ホットスナックコーナー等も無く、今でいう美味しい「コンビニスイーツ」
のようなものも少なく、お弁当とサンドイッチとおにぎりが種類も少なく控えめに売られている様な感じ
だったのだと思います。
当時のコンビニは、コピーすらも設置されている店舗も無く、
例えば公共料金や税金の支払いとか宅急便の受付とかチケットの予約とか本・DVD等のグッズの注文と受け取りとか
写真の現像とかFAXとかスキャナとか
アマゾンや各種ショッピングサイトでの代金支払いとか
はたまた(住基カードの提示が前提ですが)住民票の発行も取り扱い自体が無かったです。
当時のコンビニはスーパーよりもかなり価格が高いものをスーパーよりは多少遅い時間まで開けているという程度に
過ぎず、そこに置かれている商品も別に個性も何も無く、
純粋に普通の商品を普通に売っている店という印象に過ぎませんでした。
だけどそう思っていたわずか数年後にはあっという間にコンビニの世間認知度が広まっていき、商品の品揃えも豊かになり、
そのサービスもコピー機設置にはじまり写真現像などどんどんコンビニで利用可能なサービスも増えていき、
同時にコンビニオリジナルブランドのおにぎり・弁当・惣菜・冷凍食品・飲み物・スイーツ等のおいしい食べ物も
次から次へと登場し、
その「進化」には目を見張るものがあると思います!
コンビニで大変ありがたかったサービスの登場としては、90年代前半になって登場してきた電気・水道・ガス等の
公共料金の支払いがコンビニでも出来るようになった事でしたね!
80年代の頃ですら、そうした公共料金の支払いは郵貯と銀行でしかできなかったですし、
いちいち銀行等に行って長い待ち時間を経てようやく公共料金の支払いが出来たという不便さから解放された
あのコンビニでの公共料金支払いサービスはありがたいものがありましたね!

1980年代中盤のコンビニにおいて初めてコンビニの良さを実感した私でしたけど、そこから更に数十年後において
アマゾンみたいなありとあらゆる商品が何でも揃っているショッピングサイトが出来て、
その代金支払いも商品受け取りもコンビニ一つで完了してしまう時代が到来するなんて当時の私には
夢にも思っていませんでしたし想像もしていませんでしたね。

セブンイレブンでは私もうちの奥様がよく「セブンミールサービス」という店頭受け取り型の惣菜等の
商品受け取りサービスを利用していて、私もよく彼女の遠隔操作(汗・・)によってセブンイレブンで
セブンミールの受け取りに行くのですけど、レジにて
「先日注文したセブンミールサービスの受け取りに来ました・・」と言っても店員さんが
「なにそれ・・?」みたいな顔をされる事も結構何度かあり、
なかには「タバコのセブンスターを持ってこられた店員さんもいたものでした・・(汗・・)
そうそう先日の話なのですけど、またまたうちの奥様からの遠隔操作によりセブンミールサービスに注文の電話を
したのですけど、その注文した商品の一つに純米吟醸「冬のさんぽ」という日本酒が含まれていました。
彼女はアルコールを口にする事はほとんど無いのですけど、これはお酒が飲みたいというのではなくてどうやら
瓶のかわいらしい雪うさぎが気に入っただけのようでした・・
そして注文が完了し電話を切ろうとしたその時に、唐突にいかにもマニュアル口調みたいな雰囲気で
「お客様が注文した商品の中には酒類が含まれます。酒類取扱いの法律に従いご案内をいたしますが、
今電話をされている人は成人ですか? そしてこの種類を受取りに店頭に来店される方は成人ですか?」と
聞いてきましたので、「確かにお酒だからね・・」という感じでしたので、普通に「成人男性です」と答えました。
するとそのオペレーターの方は、またまたいかにもマニュアル文書そのままみたいな雰囲気で、
「これは酒類取扱いの法律に従ってのご案内ですが、その受取りに行く店舗の酒類取扱い責任者の氏名を
教えてください」と聞いてきます。
え・・、というか私別にセブンイレブンの店員ではないのだから、受取り店舗の酒類取扱い責任者の氏名なんて知る訳
ないと思うのですけど、それでも続けざまに同じことをマニュアル通りなのか不明ですけど聞いてきます。
「私、セブンイレブンの社員や店員ではないから酒類取扱い責任者の氏名なんて知る訳ないでしょ・・」と言っても
そこでまた例のあの「酒類取扱いの法律が・・」と切り返してくるもので「困ったな・・」と思っていたら、
「受取り店舗の酒類取扱い責任者の氏名は××という者ですので、何か不備がありましたら、
その責任者に確認を取って下さい」と何やらまたまた妙な事を言いだしていましたので、
一応注文は完了したようでしたし、
「さきほどは受取り店舗の酒類取扱い責任者の氏名を教えてくれといってきたのはあたなの方でしょ・・
それをどうして唐突にその酒類取扱い責任者の氏名をいきなり私に伝えてくるの・・? なんか支離滅裂じゃん・・!」と
感じたものですけど「面倒だからいちいちそれを指摘するのも面倒くさい」と思い、そこで電話を終わらせました。

コンビニは確かに便利なんだけど、時折実店舗や電話注文のオペレーターにヘンに頭が固いと言うかマニュアル至上主義
みたいな人がいたりもして時に「面倒くさいな・・」とか
「それだったらネット通販の方が人を介さないからむしろストレスなく発注できるのかも・・?」と
感じたほどでもありました。


縺ィ縺ェ繧翫・蜷ク陦€鬯シ_convert_20181015235532

縺昴・縺・■繧・s_convert_20181122174208


そうそう、これは前宣伝記事なのですけど、12/1の当ブログの記事においては
2018年秋アニメの中でも私のかなりのお気に入り作品の一つになっている「となりの吸血鬼さん」の紹介記事を
掲載予定です!
そしてこの記事においては、dream fantasy
アミグリさんが描かれた東方吸血鬼娘のカリスマなあの御方も登場されますし、
アミグリさんの描かれた2018年秋アニメキャラの前宣伝記事も兼ねておりますので、12/1記事の方も
何卒宜しくお願いいたします。

「となりの吸血鬼さん」はとにかくとってもかわいくて面白い作品でして、まるでお人形さんみたいにかわいい美少女の
吸血鬼のソフィー・トワイライトと普通の人間のJKさんの灯との交流をほのぼのと描いたストーリーでもあります。
ソフィーちゃんは実は360歳で、普段はあまり人間や現役JKさんとの接点が少ないと言う事で微妙に感覚がずれて
いたりもしていまして、ソフィーちゃん的には「これがいま一番流行の流行語」と思って使用した
チョベリグとかナウいという言葉は実は既に死語になってる事を知り、恥ずかしそうな様子になっていたのは
とてもかわいいものがありました・・(笑)

そしてソフィーちゃんは畏敬の吸血鬼のはずなのですけど、人間から血を吸う事は皆無で、
現在はどうやって血をゲットしてるのかと言うとパソコンを通してアマゾン等のネット通販から注文しているというのも
現代に生きる吸血鬼らしい話だと思いますし、
ソフィーちゃんがネット通販ではなくて、私が体験したようなやたらとマニュアルばかりに固執する電話オペレーターに
発注をしたとしたら、「面倒くさい~! やっぱ商品発注は人を介さないネット通販が最適なのかも~」と
感じられるのかもしれないですね~(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

偶然見たけど

こんにちは。
となりの吸血鬼さんは、偶然に見たんですけど。
みんなでアキバに行こう、そして18禁ののれんをくぐろうと。
360歳のソフィーちゃんでも店員さんにつまみ出されました。

ナウなヤングという時期は南海ファンにはトラウマ。
名門再建どころか勝ち越しもできなかった。
親会社の労働組合が同情するほど、悲惨なことに。
主力選手の給料が会社員と変わらない金額。
そりゃあ勝てないですよね。

となりの吸血鬼さん

五航戦の愛鷹 様


となりの吸血鬼さんはソフィーちゃんもエリーもみんなとってもかわいくて、
あのゆるい日常と交流の描かれ方がとてもすてきだと思います。
吸血鬼なのに人から血を吸わずにネット通販で血をゲットするのもいかにも今風ですね~
あの秋葉原のシーンも4人全員でメイド喫茶に入るとか、ソフィーが同じグッズを幾つか購入していた理由というのが、
店舗によって特典が異なるという事であるとか、見ているだけでほっこりしそうな作品だと思います。

ナウいという言葉は私が中学生の頃に流行りましたけど、当時の南海はブレイザー監督・広瀬監督・穴吹監督
あたりだと思いますけど、今にして思うとダイエー~現在のソフトバンクに至る
一つの産みの苦しみの時期と言えるのかもしれないですね。

こんばんは♪

ほんと最近のコンビニは便利ですよね♪
美味しいご飯にお菓子や飲み物
ATMもあるし雑誌もあるし
コンビニ考えた人すごいですよね(*^ー^)ノ♪

コンビニ

ふたごパンダ 様


コンビニ自体は既に1970年代から存在はしていたのですけど、当時は普通のなんでも扱っている雑貨屋の延長
みたいな感じでしたので、まさかここまで巨大産業になるとは夢にも思わなかったです。

特にセブン銀行のATMは便利ですし、利益が出る仕組みを構築しているから凄いと思いますし、最近はアマゾンの
コンビニ決済の便利さは素晴らしいですね。

確かにコンビニエンスストアは、昼間活動できない吸血鬼には最適のお店ですね~
しかし、おでんや肉まんを売っていても、血は販売していないのが残念です(笑)

吸血鬼

sado jo 様


なるほど! 夜行性の吸血鬼にとってはコンビニは必要不可欠なお店といえそうですし、
コンビニはアマゾンに注文した商品の受け取りも可能ですので、深夜に血を受け取る事も可能ですので、
現代に生きる吸血鬼にとってもコンビニさまさま~という感じなのかもしれないですね。


各種支払いをコンビニで済ませられるというのは本当に便利ですね。お店の機械の操作についていけずAmazonでも代金引換しか頭になかった昔の自分に教えてやりたいです。
支払いついでにレジ横のアメリカンドッグを一つといったように面倒事も楽しみに変えてくれている感もありますねぇ。
それに近くて安くて美味い上に最近ではアニメコラボまでやってくれますから見逃せないポイントが多数です。

「となりの吸血鬼さん」のソフィーはネットを使いこなす現代人でしかもオタク趣味持ちでしたね。二次元好きな彼女にとってもアニメコラボのあるコンビニは重要な活動場所の一つなのかもしれませんw

となりの吸血鬼さん

schwert  様


最近のコンビニは例えばですけど自動車・バイクの保険継続手続きも出来るようになってその進化は止まらないのだと
思います。
Amazonでの商品受取りもコンビニでも可能と言うのも本当に便利だと思いますし、
1980年代に高校~大学生だった頃の自分自身のコンビニ観からすると劇的な変化なのだと思います。
そしてなによりも最近のコンビニのスイーツや鶏関係のホットスナックの充実は目を見張るものがあると
思います。

となりの吸血鬼さんのソフィーちゃんはとてもロリロリかわいいです~

ソフィーちゃんは360歳ですけど、灯の同級生には340歳と20歳サバをよんで自己紹介しているのは
とても楽しいです。
ソフィーちゃんはネットを使いこなす現代人でオタク趣味持ちというのも面白いですけど、秋葉原に行った際も
同じグッズを複数個購入する理由を聞かれ
「店舗によって特典が異なるから」というのは「さすが現代に生きる吸血鬼は違うね~」と感じますし、
灯の「よかった・・ボケていなかったんだ・・」という言葉にはとても笑ってしまいました~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |