FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ラーメン大好き 小泉さん」は今年の1~3月の東京MXにて放映されていて、ミステリアスで無愛想な美少女JKの小泉さんが、
あのすてきな美少女ぶりの外見とはまるで想像もつかないラーメン好きとあのとてつもない大食漢振りの
素晴らしきギャップをとにかく楽しまさせて頂きましたし、同時に小泉さんか時に熱く語るラーメンうんちく話には
「なるほどね~」と感じさせるものばかりでしたので、とにかく楽しい三か月間の視聴だったと思います。

原作漫画版も連載中ですし、コミック巻は既に第6巻まで発売されていますし、
1~3月に放映されていたネタは主に漫画版の第1~3巻という事を考えると、アニメ化第二期としてのネタもまだまだ豊富
ですので、「ラーメン大好き 小泉さん」は第二期を実現して頂けるととっても嬉しいですね~!

当ブログも「ラーメン大好き 小泉さん」のアニメ化放映前から結構ネタとしてラーメンを取り上げることは多々あったと
思うのですけど、実は私のラーメンに関する知識なんて大澤悠と大して変わりがないものでしたので、
そうした意味においても私がラーメンに関して更に興味を持つようになったという観点ではこのアニメが果たしてくれた貢献は
本当に素晴らしいものがあったと思います。
だってこのアニメが放映されるまでは大澤悠じゃないけど熊本のとんこつラーメンで使用される「馬油」(まーゆ)は、
大澤悠同様に「うまあぶら」と呼んでいましたし、化粧品と同様に馬の脂そのものをラーメンの調味料として使用するとばかり
勘違いをしていましたので、私も小泉さんから「チッ・・そんな事も知らないのか・・」と冷たい視線を
浴びせられそうですね・・(汗・・)
馬油と似たような名前の「鶏油」(ちーゆ)は、私自身このアニメ放映までは悠同様に「とりあぶら」と呼んでもいましたので、
やはり小泉さんから失笑&冷たい視線を食らいそうですね・・(汗)

本記事は、その鶏油(ちーゆ)をコクとして使用していたマルちゃん正麺の「ゆず香る金色塩」を簡単にレビューさせて
頂きますけど、上記でも出てきたその馬油と鶏油が登場していた「ラーメン大好き 小泉さん」第一話の
振り返りを簡単にさせて頂きたいと思います。




0a953178-s_convert_20180523162602.jpg

ab837320-s_convert_20180523162657.jpg




塩味のラーメンというとベースはどちらかというと鶏と野菜がベースになっている事が多いと思います。

「ラーメン大好き 小泉さん」第1話においても、大澤悠は、馬油入りのとんこつラーメンを文字通り「馬の油」と勘違いしてしまい、
小泉さんから冷たい視線で
「それはうまあぶらではなくてまーゆと呼びます! 化粧品などに使用される馬の油とは違い、
 ラーメンの馬油はにんにくを焦がして香りを移した香味油のことです」と指摘され、
後日学食のポスターに「鶏油」と書かれていた際に、

悠 : へー次は鶏油か…はっ!

悠 : またこれ!鶏関係ないパターン!?

悠 : あっぶねー!

と独り言をつぶやいていた際に、背後にいた小泉さんから

「ちーゆ、それは鶏皮から作られた香味油」と冷たい視線を浴びせられていたのも大変印象的でした~!

これってある意味、日本語の難しさを示唆しているのかもしれないですね。
「馬油」と漢字で書かれていれば普通の感覚ですとやはり「お馬さんの脂」と思ってしまうのに対して、「鶏油」は
その文字の通りに鶏の油というのは、言葉の難しさと同時にラーメンの奥深さを示唆しているのだと思われます。



6e5a63b9-s_convert_20180329155727.jpg

6cf35a60-s_convert_20180329155710.jpg



「ラーメン大好き 小泉さん」第1話のBパートにおける学食でのランチの際にこの馬油も登場してきます!

悠 : このスープに浮いてる黒っぽい奴のせいかな…
    あ!そっかアレか!ボードに書いてあった…“うまあぶら”!そうだよ!この“うまあぶら”が良い味出してるんだよ!
    馬の油がとんこつスープにこんなに合うなんて知らなかったー!
    まさに豚と馬の奇跡のコラボレーション!いや良いね!“うまあぶら”!

悠が得意になって誤った悠の感想を小泉さんにペラペラと喋っていた時に小泉さんの内心は実は既にブチ切れモードで
「こいつ・・何も知らないくせに何言ってやがる・・」みたいな心境になっていたのかもしれないですね・・(笑)

小泉さん : “まーゆ”
         “うまあぶら”ではなく“まーゆ”と呼びますこの場合
         ちなみに化粧品などに使用される馬の油とは違い、
         ラーメンの馬油はにんにくを焦がして香りを移した香味油のことです

上記で書いた通り最近まで「馬油」を馬肉の脂と勘違いしていた私も悠同様に小泉さんから冷たい視線を浴びせられるのは
間違いなさそうです・・(汗)
「ラーメン大好き 小泉さん」というアニメが実現されなければ私はもしかしたら一生涯馬油の事は勘違いしていたのは
間違いないと思われます。

このシーンの後、小泉さんのうんちくは更に延々と続く事になります・・

小泉さん : 関係あるとしたら鶏です。熊本系のスープはとんこつと鶏ガラのミックス
        馬油を使うことでルーツである久留米、玉名系よりコクがあるのが特徴です
        本場の馬油となるともっとにんにくの風味が強めですしチップ状にした揚げにんにくを入れるのが定番です

そうですね~、小泉さんは語りたかったのかもしれないですね~(笑)

小泉さん : このスープは鶏ガラベース。あなたは乳白色のスープ全てがとんこつベースだと思ってませんか?

悠 : えっ!違うの?正直そんなに詳しくない私からすると白いスープで濁ってるのはとんこつ、
    透明なのは塩、茶色いスープで濁ってるのが味噌で、透明なのは醤油…くらいしか意識してなかったよ

小泉さん : そんな認識で良く今まで生きて来れましたね驚きです

悠 : いや普通そんなもんだって!特に困ったことなかったし!

うーーむ、この辺りの会話は小泉さんらしいですね~! (笑)

小泉さんの手にかかってしまうと大澤悠の人生そのものがラーメンの認識一つだけで完全否定されるのも
いかにも小泉さんらしい話でもありました!







マルちゃん正麺と言えば、即席麺業界の革命を起こしたと言っても過言ではない程の大ヒット商品だと思います。

この商品は発売当時は袋麺としての発売で、当時CMで役所広司さんが美味しそうに宣伝されていたのが大変印象的で、
私も物は試しと思って食べてみたのですけど、あの衝撃は凄まじかったですね~!
インスタント麺なのにまるで生麺みたいな食感の麺が出来るんだ~!と当時はびっくりしたものですし、
「こんな美味しいインスタント麺は食べた事が無い!」と心から実感したものでした。

そして数年後に袋麺としてだけではなくてカップ麺としてもこのマルちゃん正麺が発売されましたけど、
より手軽に食べられるようになっただけでなく、スープと麺の素晴らしい絡みが申し分なかったせいもありますし、
とにかくめちゃくちゃ美味しい!としか評価のしようが無い美味しいカップ麺が降臨したものだ~!と当時感じていたものでした。

カップ麺の領域をとっくに超越した商品だと思いますし、生麺ではないけど生麺のような感じをきちんとカップ麺の乾燥麺で
再現できているのは驚愕です!

そしてそのマルちゃん生麺には今年の6月頃に「ゆず香る金色塩」という新商品も登場していました!
塩ラーメンなのですけど、単なる普通の塩ラーメンではなくて、ここにゆずのすてきな香味と上記で述べてきた「鶏油」のコクも
加わり、更に奇跡としかいいようがない素晴らしいインスタント麺が生誕したと思います。

なめらかでコシのある麺に、ゆず風味と鶏油(チーユ)を利かせた、さっぱりとしながらもコクのある塩味の一杯です!!



014_convert_20180713164812.jpg



かやく、液体スープ、粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

かやくには、チャーシュー・チンゲン菜・メンマが入っていますけど、全体的にはしょぼいです・・(汗)

だけどあの麺とスープの美味しさがあれば具材なんて全然関係ないじゃん!と思ってしまいそうですね~



015_convert_20180713164837.jpg



鶏油のコクによって塩味の口当たりが優しく感じられるコクが表現されていて、
ゆずの風味がほんのりと香ることによって、しっかりと鶏油のコクが感じられる厚みのある仕上がりになっていると思います。

一口目に食べた瞬間はゆずの風味の強さを感じたのですけど、二口目以降からはゆずとは別に鶏油のコクが
加味されてきますので鬼に金棒の天下無敵のスープと言えると思います。

ゆずの主張はかなり強めなのですけど、あとからじんわりとちーゆのコクの深さが広がっていく印象ですね~!

このマルちゃん正麺 ゆず香る金色塩を実際に食べた日時は2018年7月14日と、南関東では軒並み最高気温が
33~36℃を記録していたとてつもなく暑い一日でして、あまりの暑さに仕事していても気力ゼロに近いし、
食欲もほとんど無かったのですけど、このラーメンはツルツル~っとあっという間に喉を通り完食できちゃいました!
食欲全然なくても一気に食べられるほどめちゃくちゃ美味しいラーメンと言えるのだと思います。
一応インスタント食品なのですけど、麺も然りスープも然り、全てが申し分のない完成度の高さと美味しさを誇っていて、
これは小泉さんが食べたとしても間違いなく「ふはー」となってしまうと思います! (笑)

正麺らしいなめらかなでほどよくコシのある細麺だからこそ、麺をすすった時に香るゆずの風味が引き立ち、
さっぱりさとコクのある旨味に香り立つ一杯が美味しく感じられると思ったすてきなカップ麺でした!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

カップ麺のレベルって随分と高いですよね~。ラーメンだけではなくて、食べ物の名前ってどれもちょっと難しいですよね。馬油もそうですが、それってなぁに?ってやつが結構あったりしますよね^^;

家系

八咫烏(全力稼働中) 様


「ラーメン大好き小泉さん」でもそのネタが登場していて、またまた大澤悠が勘違いをしていましたけど、
「家系ラーメン」というカップ麺の「家ってなんなの・・? 家庭用という意味・・?」と勘違いを起こしていた私が
いたりもしていたものでした・・(汗)

最近のカップ麺はいわゆるご当地麺の扱いも増えてきていて嬉しいものがありますね~

こんばんは♪

マルちゃんラーメンは美味しいですよね☆
最近のカップラーメンはレベルが高くて
もうバカにはできないですね(´∀`*)ウフフ

マルちゃん正麺

ふたごパンダ 様


マルちゃんの中でもちょっと価格は高めですけど、マルちゃん正麺は既にインスタントの領域を
とっくに超越した素晴らしいラーメンだと思います。

街のそのへんの普通の600円近いラーメン食べるよりは、よほどインスタントの方が美味しいというのも
なんだか皮肉なものを感じてしまいそうですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |