FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


宣伝ですけど、先日より始まった当ブログの「うどんげちゃんの視点で見た東方紺珠伝~うどんげちゃんの精神的成長」は、
7月より本格的に展開いたしますのでこちらの方も何卒宜しくお願いします。
当ブログの記事はほとんどが予約記事ですので、あのうどんげちゃん記事は既に完成済状態なのですけど、
うどんげちゃんの事も色々と書いてはいるのですけど、実際にメインとなっているのはもしかしたら純狐(じゅんこ)なのかも・・と
感じるくらい、純狐についてうどんげちゃんの視点と合せてかなりグタグタ書いていますし、
なぜか知らないですけど、純狐の「母性としての悲劇」と関連する形で、ギリシア悲劇の「王女メディア」とか
この王女メディアを題材にしたバーバー作曲のバレエ音楽「メディア」~メディアの瞑想と復讐の踊りといったなぜかクラシック音楽
にまで話が飛躍するくらいいかにもうちのブログらしいごった煮状態と化していると思われますので、
その際には何卒温かい眼差しで読んで頂けると幸いでもあります。

純狐というと、東方においては極めて珍しい設定とも感じられる「人妻」設定というのが大きな特性だとも思います、
東方の人妻設定というと、純狐以外では霍青娥(にゃんにゃん)しか公式認定されていないと思います。
そして公式設定ではないのですけど、早苗さんが公式設定の中で「諏訪子の遠い子孫」という事で、
もしかしたらあのロリロリの諏訪子は人妻だったのではないのか・・?という推察に基づいて、諏訪子もどちらかというと
東方「人妻娘」に加えられる事が多いような感じもあったりします。
要は、東方における「人妻3人娘」とは純狐・にゃんにゃん・諏訪子の3人の事を示すと思って頂ければ差し支えないと思います。

幻想郷内の人里の描写では、男性、女性、そして小さい子供が出てくるシーンもかなり見受けられていて、幻想郷の
人間社会と言うものは言うまでもなく「寿命」が限られている世界でもありますので、
子孫を残すという事は絶対的に必要な事だと思います。
だからこそ幻想郷の人里においては、結婚~出産~子育てというのは外界同様に欠かすことが出来ない事なのだと思います。

ここで改めて考えてみると、幻想郷の人間以外の妖怪・妖獣・鬼・天狗・幽霊・吸血鬼・神霊などといった種族の皆様で
純狐・にゃんにゃんみたいな人妻さんがほとんど見られないというのは一体どうしてなのでしょう・・?
幻想郷における妖怪退治とは、元々は幻想郷の崩壊を避けるためにありますので、
「妖怪が定期的に異変を起こし、霊夢と言った異変解決の専門家がそれを解決すると言う流れが生まれている」
「妖怪は人間を襲い、人間は妖怪を退治する。擬似的にでもこの形が無いと、幻想郷の未来は暗い物になってしまうだろう」と、
求聞史紀にも書いてある通り、霊夢らによる妖怪退治とは、形だけでも十分なので命まで取ったりはしないのが
幻想郷内のルールなのかもしれないです。
幻想郷内の妖怪さんは、元々が例えばゆかりんに象徴される通り大変な長生きであり、その寿命はもしかしたら
1000歳~数千歳に及ぶものなのかもしれないです。
(500歳のレミリア様ですらも数億歳??とも言われている永琳の目から見てみると鼻垂れ小僧のおこちゃまというのもむしろ
当然の話なのかもしれないですね・・笑)
そして上記で書いた通り、例え異変を起こした妖怪であっても霊夢から成敗をされる事はあっても命まで取られる事は
ありません。
そうした意味においては、幻想郷内の妖怪にとっては別に子孫を作る必要は今のところないし、それどころか
外界の科学技術の一層の発達に伴い外界で生存するのが困難になりつつある外界の妖怪たちが幻想郷に移住をする
事例も今後増えるのかもと予測されますし、
そうした意味においては、幻想郷内の妖怪にとっては、自分達の子孫を増やす必要が当面ないから、子孫も作らないし、
そのための婚姻もする必要が無いという事になるのかもしれないですね。

「東方人妻3人娘」の皆様も、よくよく見てみると、にゃんにゃんは元々は中国の元・人間の現・仙人でもありますし、
純狐は元々は月の民ですし、諏訪子は外界の神様という事から分かる通り、この3人の皆様は、幻想郷に固有の妖怪
ではないという事でもあります。
東方キャラの皆様は元々皆様全員がかわいいまたはお美しいという感じの皆様ばかりなのですけど、
東方人妻3人娘は、諏訪子はロリロリ娘でもありますし、あの幼い雰囲気は、「ご長寿なのにロリ可愛い」という意味では
てゐと被る点が大だと思いますし、にゃんにゃんも純狐もそれぞれすてきなお姉さま~!という雰囲気が漂っていると思いますし、
「人妻なのにどちらかというとお姉さんみたいな雰囲気」というのが共通なのかもしれないですね~!

そんな訳でここから先はdream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれた諏訪子とにゃんにゃんのイラストをお楽しみ頂きたいと思います。
尚、本日転載&ご紹介させて頂くイラストは実は当ブログでは初転載の作品ばかりでもあったりします!









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記の「すにゃこ」とタイトルが付けられた洩矢諏訪子は、アミグリさんが2010年9月に描かれた初期作品です!

早苗さんがいる守矢神社には神奈子と諏訪子という二社・・二人の神様が祀られているのですが、
神奈子と諏訪子の背景なのですけど、はるか昔に、神奈子が諏訪子の国を侵略し、
諏訪子は当時としては最先端の武器でもある「鉄」を使って防戦したもののあえなく敗北・・・
結果的に諏訪子の国は神奈子によって乗っ取られてしまい、
それ以降、諏訪子の象徴でもある「カエル」を神奈子の象徴でもある「蛇」が丸呑みし食べてしまうというお祭りまで
開催されてしまいます。
それだけを見てしまうと、この二人の仲は犬猿の仲同然になっても仕方が無いですし、
神奈子は諏訪子から相当の「恨み」を買われていても仕方が無い話だと思われます。
だけどこの二人の神様たちは 決して「不仲」という事ではありませんし、どちらかというとお互いにウインウインの
持ちつ持たれつの関係が 既に築かれていると思います。
前述の通り、神奈子は諏訪子の国の乗っ取りに成功はしたものの、諏訪子の王国の民衆は
新しい支配者としての神=神奈子を中々受け入れては貰えず、やむを得ず不本意ながらも
王国を自分の物にすることを諦めざるを得ませんでした。
その代わりに新しい神=タケミナカタを呼び、洩矢の神と融合させることで、
対外的には王国の信仰を支配したように見せかけたという事にしてしまったのです。
八坂神奈子の名前を全面に出しながらも、その運営には土着の神様でもある諏訪子の力を使用して神社そのものの
信仰集めと宣伝を行っています。
これはどういう事かと言うと、神奈子は表向きに自らの名前をどんどん使用しながらも
実際の神社の管理運営は諏訪子に任せ、
結果として表向きは神奈子が仕切り、実態は諏訪子の好きなように管理運営できるという事になっています。
神奈子の得た信仰の恩恵を諏訪子としてしっかりメリットとして受けている訳ですので、諏訪子としても
決して悪い話ではないと思われます。

いわば、表向きは神奈子が支配し、その実質的な管理運営は諏訪子という事なのだと思います。

さてさてそうした諏訪子ですけど、八坂神奈子がいかにも神様らしい威厳と尊厳に溢れているのに対して、
諏訪子はそのロリロリっぽい雰囲気が大きな違いだと言えそうです。
早苗さんが神様の家の子孫というのはいいとして、本来的には雰囲気的には早苗さんの遠い先祖というのが八坂神奈子
という方がなんとなくですけど「なるほどね~」という感じになりそうなのですけど、
諏訪子の方が実は早苗さんの遠い先祖というのは、さすが常識に囚われてはいけない幻想郷らしい話なのかも
しれないですね~(笑)

諏訪子の髪型は金髪のショートボブで、足には白のニーソックスをはき、頭には「ケロちゃん帽子」などと呼ばれる市女笠に
目玉が二つ付いた特殊な帽子を被っているのが大きな外見的特徴です。

アミグリさんの描かれた諏訪子は、そうした諏訪子の基本的特徴をきちんと踏まえながら、そこに「猫耳」という要素を
加味させたその遊び心がとても粋ですてきだと思います!
更にいうと尻尾まで付けてしまっているその楽しいセンスも素晴らしいと思います。
このすにゃこが描かれたのは2010年という事で、2017年に大ブレイクした「けものフレンズ」放映のはるか前から
こうした獣耳を東方キャラに装着させているというのはアミグリさんの先見の明という事になるのかもしれないです!
ミニスカ・白の二―ソックスがあるという事は当然絶対領域もありますので、こうした神様の絶対領域が拝めるだけでも
私たちは幸せ者~と言えるのかもしれないですね・・(笑)

諏訪子はケロちゃん帽子を被っているシーンが多いのですけど、アミグリさんの描かれたこのすにゃこはケロちゃん帽子を
外していて、帽子無しの状態になっているのは実は諏訪子のイラストとしては貴重なものがあると
言えるのかもしれないです。




summer-suwako-01_convert_20160808165532.png




続きましてアミグリさんが2016年8月に描かれた「夏仕様の諏訪子ちゃん」です!

この作品は、アミグリさんが2016年夏に展開されていた「夏らしい絵を描こうプロジェクト」の第四弾の作品でもありました!

ちなみにこの時の第一弾は妖夢、第三弾は早苗さんで、
第二弾は私のお誕生日の記念日でもありましたあの名作の誉れ高い「水着ゆかりん」でもありました~!
あの水着ゆかりんは私にとってはアミグリさんから頂いた大変貴重な「家宝」の一つでもあると思います!!

この諏訪子はまさに「夏らしい絵プロジェクト」に相応しい涼しげな一枚だと思います。
薄めの紫のワンピースにグリーンのリボンが夏らしい雰囲気を巧みに演出していると思いますし、
ノースリーブの肩だし&腋見せというのは霊夢を彷彿とさせるものがあると思います。
そしてこの諏訪子のさわやかな笑顔には癒されるものがありますね~!
こうしたまるで少女みたいな諏訪子を見てしまうと「諏訪子って実は人妻であったのかも・・!?」という話がなんだか幻のように
感じてしまいますね・・(笑)





nya-nya-nn_convert_20120404151029.png


nyannya--n!_convert_20130217192540.png





ここから話は諏訪子からにゃんにゃんへと展開します!

続きまして、アミグリさんが2012年4月と2013年2月に描かれた背景違いの2枚の霍青娥です!
(霍青娥の通称は青娥娘々→読み方はせいがにゃんにゃんで、東方ファンの間ではにゃんにゃんの愛称で親しまれています)

にゃんにゃんは、昔は結婚して夫がいたというまさかの元人妻属性というのは極めて意外ですね~! (笑)
ちなみに「霍」は夫の苗字との事らしいです。
純狐に子供がいた事は設定に明記され、諏訪子も多分ですけど子供がいたという事になるのだと思われます。
にゃんにゃんに子供がいたかどうかは公式には何も書かれてはいないのですけど、本人が「東方人妻3人娘」の中では
いっちば~ん!性格が子供っぽい感じでもありますので、そのあたりは「どうでもいいじゃん・・」みたくなってしまいそうですね・・

霍青娥は実は元々は日本生れではなくて、隣国の中国出身のお方です。
父親は仙人を目指すと唐突に宣言して家を飛び出したという背景も影響があったと思うのですけど、
霍青娥自身もかなりの資産家に嫁いで幸せな家庭生活に恵まれても、父親同様にどこかしら仙人に対する
憧れの気持ちはあったのかもしれないでしょうけど、かつて神子や物部布都が実践したのと同じ尸解仙という方法で
仙人になってしまいます。
霍青娥は、幻術で竹の棒を自分の死体に見せて、それを家族に埋葬させた=死んだフリをしたことになるのですけど、
そうしただまし討ち・死んだふりの行為こそが 霍青娥が邪仙として仙人になれずにいる理由ともなっているそうです。
こうして無事に仙人(邪仙)になった霍青娥なのですけど、中国においては、道教の本家という事もありますし
国土が広いという事で霍青娥程度の仙人さんはそれこそ山のようにうじゃうじゃいますので、
自分の力を他人に見せびらかして誇示したくて堪らない霍青娥は、日本に向かってしまいます!
そしてそこで出会ったのが日本の大化の改新前の大和王朝のあの聖徳太子=神子とか物部布都だったのでした!

霍青娥=にゃんにゃんの種族は邪仙です。
邪仙とは邪悪な行動原理に基づき行動する仙人の事であり、自分の利益が第一でそのためには周囲の人たちの事なんか
どうでもいいとすら考えてしまう性格の悪さはあったりするとの事です。
百歳から百数十歳程度の仙人なら幻想郷でもそんなに珍しくも無いのですけど、霍青娥のように千年以上も生きた
仙人と言うと極めて少なく、その意味では貴重な仙人とも言えると思います。
本来ですと、このぐらい長く生きた仙人と言うものは天人または神霊といった高い種族に昇格するのが一般的なのですけど、
霍青娥のように仙人のまま1400年程度も生きるという事の方が極めて珍しいとの事です。
もっとも霍青娥は邪仙ですので、そのままですと天人に昇格する事は出来ないのですけど、
霍青娥本人は「そんなのど゛うでもいいじゃん・・」みたいな感じで天人になる事には全然こだわっていないようでして、
その辺りは、身内の七光りで思いがけずに天人になってしまった天子ちゃんとの明確な違いはあるのだと思われます。

そうした邪仙というものは死神たちにとっては「格好のターゲット」ですし、その命を刈取ろうと他の仙人・天人に比べて
死神から襲撃される頻度はかなり高いと思われます。
実際、「東方茨歌仙」でもそうしたシーンがありましたけど、霍青娥は結局は毎回毎回そうした死神たちの襲撃は
無事に回避させることが出来ちゃっています。
それはなぜかというと、霍青娥の能力は「壁をすり抜けられる程度の能力」という事で
それは幽霊のように壁を通り抜ける能力ではなく、物理的に壁を切り抜いて穴を開ける能力であり、
具体的には、髪に挿しているかんざしで壁を切って、丸い穴を開ける→その穴の中を通って壁の向こう側に侵入する
→ 壁に開けた穴は自然と穴が消えるという形で元に戻るという事ですけど、
うーーむ、こんな方法で死神たちから逃亡を図ったとしたら、死神と言えども捕まえる事自体困難と言わざる得ないですし、
実際に茨歌仙でもやすやすと死神たちからの襲撃から脱しています。

普段から「~わね」「~でしょ?」「~だもん」とさばけた口調で話し、結構ノリはいいですし気さくです。
東方茨歌仙の話の際にも死神の襲撃から逃れた際に出会った華扇や霊夢に対しても「YEAH!」とかなんとか軽いノリで
挨拶していたのは大変印象的でした・・(笑)
その挨拶の際に名刺渡したりとか基本的にふざけてる感じの人でもあるのですけど、
「うふふ 私を誰だと思っているの?この程度で死んでちゃ仙人にはなれないわ」という強烈な自負を示すセリフは
印象的でした!
やはり伊達に1400年程度も生き続けている訳じゃありませんね・・・

上記の背景違いのにゃんにゃんですけど、この作品は2012年と2013年に描かれたという事もあるのですけど、
色彩的に大変淡い雰囲気で幻想的なものを醸し出させてくれていると思います。
だって、そりゃそうですよね・・この時期はアミグリさんにとっては「淡い作風時代」全盛期の頃の路線でもありますので、
淡さ・儚さ・幻影的な雰囲気というのはこの時期に共通する特徴なのだと思えます。
絵のピカソや音楽のストラヴィンスキー等もその作風が変幻自在に時代と自身の考えの変化によって変化していった芸術家
として知られていますけど
(ストラヴィンスキーは、原始主義時代→新古典主義時代→十二音技法時代と劇的に作風を進化させています!)
アミグリさんも「これこそが私の絶対的唯一の作風!」という事にこだわらずに、
dream fantasy の10年間の作品の軌跡を
見て頂けると一目瞭然の通り、これまで描かれてきた作品の進化は自由自在であり、そしてその変化と進化は
今現在でも日々続いているという事がアミグリさんのいっちば~ん!に称賛される点なのだと思います!

にゃんにゃんは、髪、目から服まで全身青で統一されたデザインを身に纏い、
水色の袖が膨らんだ半袖のワンピースを着ているのが外見上の特徴で、仙人らしく天の羽衣も手にしています。

アミグリさんの描かれたにゃんにゃんは、そうした水色トーンがとてもかわいく感じられ、
東方キャラとしては少し珍しい半袖+短めスカートという事で生足・生腕をお目にかかる事ができるすてきなキャラでも
あるのですけど、アミグリさんの描かれたにゃんにゃんはその生足や腕の透明感がかわいいなぁ~と
感じさせてくれていると思います。
そして全体的にはとってもお若いですよね~!
とても1000年以上生きていてしかも元々は人妻さんであったとは思えないほど、若さとかわいらしさをとっても瑞々しく
描かれていると思います。
改めてですけど、背景の濃淡で見ている人への印象をかなり違うように感じさせるのもさすがだと思います!
上の方は、どちらかというと昼間のにゃんにゃんという感じで、下の方は夜のにゃんにゃんなのかな・・?とも
感じさせてくれているのかな・・?と思ったりもします。
(よく見てみると瞳の色にも塗り方の変化がありますので、下の2013年版の方がくっきり感が強調されているとも感じられます)

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた諏訪子と霍青娥のイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。
私といたしましては、一人でも多くの皆様に dream fantasy のアミグリさんが描かれる素晴らしいイラストを見て欲しい!という気持ちで一杯です!
どうかアミグリさんの dream fantasy という
素敵なブログを宜しくお願いいたします!

アミグリさん、いつも当ブログへのアミグリさんの作品を転載させて頂く事を快諾して頂きありがとうございます!

それでは来月・・7月の当ブログにおける「うどんげちゃんと純狐をベースにした東方紺珠伝語り」記事も何卒
宜しくお願いします!
この記事においては、アミグリさんが描かれた最新作の永遠亭メンバーのイラストも多数登場いたします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

寿命の考え方が変わると、確かに色々と変わるでしょうね。そのなかでも顕著なのが、子孫を残そうとするか否かなのかもしれませんね。子供は自分の遺伝子を残す行為ですが、自分の遺伝子がそもそもずっと残るならば、子供の必要性は薄れるのかもしれません。よく考えたら、他の世界でも妖怪で子供を持っているとかあまり聞きませんね。いつまでも若いままなら、自由にのんびり(時に退屈を感じつつ)思うが儘に生きるようになるのでしょうね。

妖怪は年を取らない・・?

八咫烏(全力稼働中) 様


妖怪は年を取らないし、自分のDNAを子孫に残さなくても自分そのものを半永久的に継続し続けることができそうというのが
幻想郷だから、妖怪たちには子孫を残す必要が無いと言えそうですね。
それだからこそ人妻で子供までかつてはいた純狐の存在は異色だと思います。
おっと・・純狐については7月以降うちのブログで熱く語っていますので、そちらの方も是非ご覧頂ければと思います。

ギリシャのメディアといえば
fate/stay night のキャスターが、メディアでした。
バレエ音楽にもなっているのですね、
聴いてみようと思います。

メディア

tsukasael696ⅹ埼忍居士ⅹ 様


Fateはいまでもよくフィギュアをお見かけしますし人気の高さが窺えますね~!

その登場キャラの一人がキャスターなのですけど、その元ネタが「王女メディア」と言う事になるのですね!

メディアはよく悲劇とか言われるのですけど、どちらかというと人間の強さを示唆しているようなキャラとも
言えると思いますし、
自分の復讐のためには自分の子供すら手に掛けるのも厭わないあの強さはすごいものがあると感じますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4343-9e191946
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |