FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計







改めて描かせて頂きますと、日本の艦これと中国のアズールレーンは
「似て非なるもの」と断言しても全く差し支えは無いと思います。
(確かに全体的なコンセプトや重桜陣営の日本艦をモチーフとした艦の名称は艦これに近いものもあったりするのですけど、
両者の世界観とか背景は全く異なるものだと思います)

アズールレーンとは、艦これに影響を受ける形で中国において作成された艦船擬人化をテーマとするゲームと
言えるのだと思います。
艦これは純然たるウォー・シミュレーションゲームのですけど、アズールレーンはシューティングゲームの要素の方が大きい
というのが大きな相違点だと言えると思います。

アズールレーンの世界観なのですけど、人類に対して突然何の前触れも無しに謎の外敵が出現し大変な被害を受け、
人類は一致団結してこの謎の外敵に対抗したというものです。
もう少し細かく書くと、平和だった地球において、謎の海洋勢力「セイレーン」が出現し
人類は9割の制海権を喪失する被害を受けてしまいます。
この強大な海の脅威に対抗するため、人類は各国家間で生じていた問題を一時的に棚上げし、
「ユニオン」、「ロイヤル」、「鉄血」、「重桜」の四大国家を中心とした軍事連合「アズールレーン」を結成し
一丸となって反抗を開始するというのが大まかなストーリーです。
だけど、人類はやっぱり一つにまとまれない種族なんですよねぇ・・・
アズールレーンの活躍で制海権を奪還することに成功した人類でありましたけど、それでもセイレーンの完全な撃滅には至れず、その後の方針をめぐって四大国家間の意見対立が深刻さを増していき、結局は
意見対立の果てに鉄血と重桜はアズールレーンを離反し、もうひとつの軍事連合である「レッドアクシズ」を結成する事になり、
アズールレーン対レッドアクシズという対立するふたつの陣営は、
「人類の未来」という道筋をめぐる本格的な武力衝突へと至ってしまうのです!
そして同時に、セイレーンたちも自らの本来の目的である地球上の制海権の完全制覇に向けて反撃を開始し
ここに人類の運命はますますその混迷度を深めることとなってしまったというのが「アズールレーン」の大雑把な世界観です。

参考までに記しておきますと・・・

連邦制国家「ユニオン」は、そのモデルはアメリカ合衆国です。
王政国家「ロイヤル」は、そのモデルはイギリス連邦で、中世の衣装や装飾品を身に着けているのが特徴でもあります。
軍事国家「鉄血」はドイツをモデルにしていて、
君主制国家「重桜」は日本というのか・・戦前の大日本帝国をモデルにしています。

日本の艦これに登場する艦娘の中ではいわゆる獣耳キャラというのはそんなにいないと思うのですけど、
アズールレーンの重桜陣営のキャラの皆様は、今回取り上げさせて頂く明石がそうであるように、ほとんどがなぜか獣耳
というのが大変面白いと思います。
例えば夕張とか高雄等でも艦これの艦娘とアズールレーンの重桜陣営のキャラは、同じ名前であったとしても
見た目も艦装も衣装も設定も全然違います!

そうした中、「dream fantasy」のアミグリさんは6月に
今年の1月以来久しぶりにアズールレーンのキャラを描かれていて、
しかもそのアズールレーンのキャラは、アミグリさんが初めて描かれた重桜陣営のキャラと言う事でもあり、
最初に見た際は「アミグリさんの重桜陣営作品、キタ━━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━━!!」ととっても嬉しくなってしまいました!
しかもそのキャラがアミグリさんもそして私自身もとっても大好きな明石と言う事でもありましたので、
とてつもなくテンションが上がったものです!

本記事においては、まず冒頭でアミグリさんが描かれたアズールレーンの明石を皆様にざっと見て頂き、
そしてその後に、当ブログで2年前に一度レビューさせて頂きました艦これの明石の「休日」のフィギュアの
振り返りをさせて頂き、アミグリさんが描かれたその艦これとしての明石のイラストを再度ご覧になって頂きたいと思います。
そしてそれを踏まえた上で、アミグリさんが先月描かれたばかりのアズールレーンの明石を改めてご覧になって頂き、
「同じ明石と言う名前でも艦これの明石とアズールレーンの明石は似て非なるものなのだ!」という事だけでも
御認識して頂ければ幸いです!

艦これの明石は大和撫子みたいな雰囲気がとてもすてきだと思うのですが、
アズールレーンのの明石がまさか多摩ちゃんみたいな猫娘として設定されるとは夢にも思わなかったのですけど、
緑髪のネコ耳娘みたいにかわいい萌えキャラとして設定されていたのがとても斬新だったと思います!
工作艦というカテゴリで自衛しかできないというのは艦これと同じなのですけど、
アズールレーンの明石は引き連れているだけで味方を回復させる事が出来ると言うのが一つの違いと言えると思います。
ここではネタバレになってしまうのであまり詳しくは書けないのですけど、
明石が重桜陣営からどうして離脱してしまったのかは一つの謎でもありますし、この辺りの解明も待たれる気はします。




003_convert_20160710190820.jpg

005_convert_20160710190913.jpg




艦これの明石は基本的には戦闘艦ではなくて、工作艦娘ということで「修理」の方が得意という立ち位置なのですけど、
明石をお触りしようとするダメ提督に対しての
「提督も修理ですか? どこが壊れてます?」→「頭が・・・」という流れはとっても楽しいものがありますね・・・(笑)

明石は、見た目はピンク髪で横髪をおさげ風にまとめ、水色のシャツの上に
セーラー服を着て腰回りの露出したスカートのようなものを穿いているのが実に素晴らしいです!!
ちなみにですけど、一応設定の上では、スカートではなくて行灯袴を短くしてミニスカート風にしたものらしい
との事です・・・(笑)

艦これの明石の「休日」のフィギュアはとっても可愛いと思います!!

後髪がとっても映えていますし、スカートとハイソックスの間のいわゆる「絶対領域」がとっても眩しいです!

全体的にはとっても「健康的な香り」が感じられ、ウインクしたあの表情もお茶目なものが感じられ
とてもかわいいと思うのですけど、全体的には美少女という雰囲気よりは「すてきなお姉さま」という風格が
漂っているように思えます。
そして明石がたこ焼きではなくて明石焼きを食べているのもとても微笑ましいと思います。




akac-hoc-_convert_20141027161911_convert_20160711175721.png




上記の作品はアミグリさんが2014年10月に描かれた艦これの明石です!

アミグリさんが描かれた明石はとにかくかわいいですし、
明石と言うと人によっては大鯨・間宮・浦風などと並んでお母ん=おかん=お艦と言われることもあったりするのですけど、
母性としての明石と言うよりは「すてきなお姉さん」と言った方が いいのかもしれないですね。
明石にもしも「おかん」とか何とか言ったとしたら、明石から速効で
「修理ですか? どこが壊れてます?」→「頭が・・・」という流れになりそうですね・・・(笑・・)

ピンクのセーラー服という明石の「華やかさ」」と「かわいらしさ」のオーラに溢れていてとっても素晴らしいと思います!!




azrn-akasi-05_convert_20180611155439_convert_20180614141717.png




さてさてここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasyのすてきな管理人の
アミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

既に上記にてアミグリさんが描かれた艦これの明石を転載させて頂いておりますけど、
上記のイラストはアミグリさんが描かれた艦これの明石ではなくてアズールレーンの方の明石です!
このアズールレーンの明石は描かれて間もない作品でして、先月・・、2018年6月に描かれた作品です。

アミグリさんの描かれた明石は、艦これの場合ですと「お姉さま」という感じてあったのとは対照的に
アズールレーンの明石ですと猫耳付の幼女になってしまっているのが、公式でも見慣れているとはいえ
アミグリさんが描かれた作品として改めて拝見をさせて頂きますと、とても斬新で新鮮に感じられます。
最初にこのアズールレーンの明石を見た際の印象は、最近のアニメ風でもなくてキラキラ作風でも無くて、
2012年前後を彷彿とさせるような淡い雰囲気というのも面白い試みだと思いますし、
そうした事もアミグリさんの絵師様としての「すてきな多様性」の表れと言えるのだと思います。

身の丈に完全に合ってない非常に大きな上着と腕から完全にはみ出てしまった
袖の大きさもアズールレーンの明石の幼い雰囲気をうまく描いていると思いますし、
手が隠れているという事は大事な道具を隠し持っていると言えるのかもしれないです。
金の瞳もとてもかわいいと思いますし、
全体的には何を考えてるのかわからない猫っぽい表情がとっても魅力的だと感じます。
そして猫のちょいとわがままっぽい雰囲気とか気まぐれとか自由自在という特性が、アズールレーンの明石にも
ぴたりと当てはまっているように描けているのは「さすがっ!」と感じてしまいます。

このアズールレーンの明石は、アミグリさんにとっても初めての重桜陣営からの作品でもありますし、そうした意味では
記念碑的な作品という位置づけができそうですね~!

上記のアミグリさんが描かれた艦これとアズールレーンの明石は、
その権利は全て上記の作品の明石の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

それでは最後まで本記事を読んて頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

アズールレーンなるものがあるのですか。まあ、細部は違うのですが、艦これから着想を得ていることに間違いはなさそうですね~^^;相変わらず中国っぽいと言いますか。でも、それが楽しめるものであるなら話は別ですかね。楽しみが2倍に増えたとでもいえばよいのでしょうか。アミグリさんの絵、相変わらず素晴らしいですね~。表情や目に感情のようなものを漂わせることができているところが、まさに一流の絵師さんの腕を物語っていますね。

使い分けて

こんにちは。
アズレンは連合国側の軍艦ネタが豊富なのがウリかと思います。
艦これのみでは限界があるんで助かりますよ。
とくにプラモ(ミリネタ)で海戦の記事記事を書くときに使い分けます。
帝国海軍は艦娘、太平洋艦隊や東洋艦隊はアズレンで。
ものすごく便利になりました。

使い分けて

こんにちは。
アズレンは連合国側の軍艦ネタが豊富なのがウリかと思います。
艦これのみでは限界があるんで助かりますよ。
とくにプラモ(ミリネタ)で海戦の記事を書くときに使い分けます。
帝国海軍は艦娘、太平洋艦隊や東洋艦隊はアズレンで。
ものすごく便利になりました。

カラス様、いつもありがとうございます~!

八咫烏(全力稼働中) 様


既存作品を色々とすてきに応用するというのは日本のモノづくりのお家芸と言えたのだと思いますが、
最近の中国もかつての日本のようなすてきな応用力というものが備わりつつあるという事を示唆しているのが
「アズールレーン」なのかもしれないですね~

中国というとパクリ問題というものはあったりもするのですけど、アズールレーンは艦これをヒントにした
見事な応用ゲームと言えるのだと思います。

アミグリさんの描かれた明石の違いを感じ取って頂きありがとうございます!
アミグリさんは本当に素晴らしい絵師様ですけど、最近アミグリさんが描かれたアズールレーンのとあるキャラのイラストが
これまた素晴らしいです!
あのイラストは8月に当ブログでも転載&ご紹介をさせて頂き、皆様に是非ご覧になって頂きたいです!

欧米関係の充実は素晴らしいですね!

五航戦の愛鷹 様


言われてみると、五航戦の愛鷹 様のブログでも最近はアズールレーン関係のネタや画像も
よく見られますよね。
艦これは日本、アメリカ・イギリスと言った欧米はアズールレーンと仰る使い分けができるというのは、
軍事関連・プラモ関連をネタにする時はとっても重宝ですよね~!

アズールレーンの高雄・夕張を最初に見た時のインパクトは大きかったですけど、名前は同じだけど両者は
全くの別物と認識すれば全然問題ないですよね~

二重・・?

五航戦の愛鷹 様


珍しくも誤爆というか(笑)二重投稿でしたね~・・

やっぱりアミグリさんのイラスト
雰囲気変わりましたよね♡
目の色合いとかぼかし方とか
もちろんキラキラ感はグレードアップで♪
とっても素敵・.。*・.。*

アミグリさんの進化は止まらない!

napo 様


いつも、そして今回もとってもすてきにアミグリさんの描かれたイラストをお褒め頂きありがとうございます!

アミグリさんの素晴らしい点はもちろん描かれた絵の美しさ・ファンタジー感が第一だと思うのですけど、
それ以上に増して素晴らしいのは
一つの到達点に満足される事なく、常にどうすればもっとすてきに表現できるのかなと模索され続けていて
それが結果的に絶え間ない進化に繋がっている点なのだと思います。

今回の作品は現在のキラキラ作風に加えて、2012年頃の「淡い作風路線」という先祖帰りも同時になされていて、
それが雰囲気がいつもと少し違うという印象に繋がっているのかも
しれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4335-10e923d6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |