fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


本記事は当ブログにしてはちょっと珍しくエロっぽいお色気記事でもあったりするのかな・・? (汗・・)

ま、だけどたまにはちょいと短めの少しエロっぽい記事もいいと思いますので、本記事においては
艦これフィギュア:駆逐艦・潮 準備中という見方によっては少しばかり青少年にとっては目の毒・・(汗・・)みたいな
フィギュアレビュー記事を掲載させて頂きたいと思います。

それと前宣伝になりますけど、明後日の4月22日記事とその二週間後の5/6の記事において、白露型の水着modeフィギュアが
登場してきますけど、4/22の方はちょいとお色気満載で、後ろ姿がエロっぽいあのキャラが登場し、
5/6の方は健康的なあの「いっちば~ん!」という言葉がお似合いそうなあの御方のキャラが登場してきますので、
こちらの方も何卒宜しくお願いします。
そしてそのどちらの記事の際にも、私が星の数ほどいらっしゃるすてきな絵師様の中でも私がいっちば~ん!大好きな絵を
描かれる「dream fantasy」のアミグリさんのイラストも登場してきますので
こちらの方もお楽しみ頂けると幸いです!















駆逐艦・潮は綾波型(特II型)の中では十番艦に該当し、綾波型駆逐艦の末っ子にあたり、
潮の後には、艦娘の中でも屈指のロリ艦娘との呼び声が高い電・雷等でお馴染みの第六駆逐隊が属する暁型(特III型)が
控えているというのも、幼い艦娘の後継にはそれ以上に幼い雰囲気のロリ艦娘がくるというのも
大変面白いものがあると思います。

潮はとてもやさしく温和な艦娘ですけど、ちょっと自分にあんまり自信がないせいかいつもおどおど気味の傾向が
ある内省的な艦娘とも言えると思います。
常に味方や同僚を気に掛けるような非常に柔和で心優しく、謙虚な性格で無邪気な一面もあると思われます。

そして「潮」というとやはりいの一番に思い起こすのは・・、そう! いうまでもなくあの駆逐艦娘の中でも屈指の
とてつもない「隠れ巨乳の持ち主」と言えるのだと思います・・(汗・・)
自分に心の内面では自信が持てなくても、胸にはちゃんと立派なモノをお持ち・・というすてきなギャップが
潮の大きな魅力と言えるのかもしれないですね・・(汗)
そして・・潮の隠れ巨乳の由来はおそらく熊本県球磨地方のおっぱい神社こと潮神社だと思われます。
(神社の御利益は母乳の出が良くなるものとされているそうです)

とにかく特型駆逐艦ではダントツの大きさを誇っているのだと思います!

そうした潮の「準備中」というフィギュアが世に出たのは2016年3月でしたから、もう2年も経過しているのですね。

最初にあの潮フィギュアを見た際は驚き以外の何物でもありませんでしたけど、本記事において簡単に
レビューをさせて頂きたいと思います。

潮フィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 艦隊これくしょん-艦これ-潮“準備中”スケールフィギュア
種類 : プライズ景品 全1種
サイズ: 全高約9㎝
 箱:縦15cm 横14cm 奥行き9cm
 全長(台座+本体):10cm
 重量(台座+本体):110g
発売時期 : 2016年3月
製造元 :  タイトー

艤装を着ける前の準備中な潮のぺたんと座った女の子座りがとてもかわいいですけど、連装砲の上に乗っかっているモノは
やはりとてつもなく立派なモノなのだと思います! (汗・・)









005_convert_20180413164647.jpg







それにしてもこの潮のフィギュアは見所が多いものですね~!

1.頬を染めた困り顔

2.クルリンと巻いたアホ毛

3.スカートからのぞく白い肌の生足と黒のソックスとかわいいペタンと座った女の子座りのかわいらしさ

これだけで「ごちそうさまでしたっ!」となりそうなのですけど、
それ以上に私たちの視線を釘づけにするのは、連装砲にムチン・・と乗っている大容量タンクというべき
あの豊かな胸ですね!
艦娘には確かに豊かなボディーの女の子はたくさんいるのですけど、潮のような幼い雰囲気の容姿で
ここまで立派なモノをお持ちというのも珍しいし、そのギャップにゾクゾクさせられるものがありそうです!
潮と同じ立ち位置である幼い第六駆逐艦娘たちのあのぺったんこぶりとを比較すると、比べる事自体大変失礼な
話なのかもしれないですね・・(汗)

そして潮のこの表情もとてもすてきだと思います! 上目つかいでちょっとあざとく、
困っているのか微笑んでいるのかちょっと微妙な表情に見ている方も困惑してしまうけど、同時に
「この娘は自分が守ってあげたい!」と思わせる何かは間違いなくもっているのだと思います。

潮というと数いる駆逐艦の中でもおとなしくて幼いイメージが濃厚ですけど、意外と結構むっちりとしたボディーとの
ギャップが相当際立っているのだと思えます。








007_convert_20180413164703.jpg






後姿もとてもかわいいです~! 後姿は幼い少女そのものですけど、前を向いた姿は・・大人顔負けですね~! (汗・・)

そして女の子座りみたいな感じでぺたんと座っているのもかわいいですし、黒のソックスが
またまた萌え要素の塊りっぽい雰囲気もありそうですね~!








008_convert_20180413165415.jpg




009_convert_20180413165436.jpg







斜め後ろからも潮の豊かな胸というのが遺憾なく伝わっていると思います~!

胸を強調したオリジナルのポージングが魅力となっています。

潮を象徴するセリフと言うと「少し…自分に自信が持てるようになると良いなって…思います」という事なのですけど、
自分に多少自信はなくても胸だけは多少どころか相当立派なモノをお持ちと言う設定がたまらないと思いますし、
連装砲に胸を乗せてより強調しているところがあざとかわいらしさ満点と言えるのかもしれないですね~!








010_convert_20180413165457.jpg









決して繊細な仕上がりではないフィギュアとも言えると思いますが、潮の内省的な雰囲気と外見上のすてきなギャップという
フィギュアのコンセプトも見事だと思いますし、
やはり何と言っても少女のようなあどけない表情こそが全てだとも言えそうなフィギュアだとも言えると思います。

少しおどおどした性格が表情にもよく表れていると思います。

豊かな胸とと可愛らしさに目が釘付けになるので、フィギュア自体に多少粗さがあったとして気にならないのかも
しれないですね・・(笑)

「少し…自分に自信が持てるようになると良いなって…思います」

いつもオドオドしている臆病娘の潮なのですけど、
そんな潮が勇気を振り絞って戦う姿に提督たちは心ときめくものがあると思いますし、提督たちは
潮のボディーをチラ見しながら「自分達も頑張ろう!」と思っているのかもしれないですね・・(笑)

とにかく「ごちそうさまでした~!」としかいいようがないすてきなフィギュアだと思います。







011_convert_20180413165517.jpg




012_convert_20180413165534.jpg







当ブログは一応はエロネタは基本的には無しの健全ブログを謳ってはいるのですけど(汗・・)
本記事はそうした健全ブログも基本的方針もへったくれもないエロ記事みたいなものになってしまいましたけど(汗)
たまにはこういうヘンな記事もあってもいいのかもしれないですね・・(笑)

最後に少しばかり余興を・・

潮は特段活発で積極的な女の子ではないけど、たまには上記画像のようにちょっとやんちゃっぽいものをしたくなってしまい、
木によじ登って木の上でご飯を食べたり物思いに耽っていたりもするのかもしれないですね・・

だけど・・こういう時って潮のスカートは元々短いから、ちょいとローアングルで見てしまうと、丸見えなのかも
しれないですね・・・(滝汗・・)

本記事は当ブログにしてはちょっと異色なものがあったのかもしれないですけど、たまにはこういう記事も
あってもいいのもしれないですね・・(汗・・!)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回は潮、参ります!ですね。記事中でもおっしゃられていますが確かにお色気系のお話は珍しいですね。でも全然OKかと思います!
今でこそ立派な胸部装甲の駆逐艦も増えてきましたが、元祖として印象があるのはやはり潮ですね。後に村雨とかも盛られましたが。
このフィギュアは潮のわがままボディっぷりが発揮されていて見どころが多いですね(^^♪

4/22、そして5/6日の記事も楽しみにしています(^^♪

なんともパンチ力のあるフィギュアですね^^;内気、セーラー服、隠しようのない胸ということで、すごいパワーを誇っているフィギュアです。でもなんだかいやらしさはなくて、微笑ましい感じのする記事ですね^^

こんばんは。

朧、曙、漣、潮と言う同じ絵師さんの娘の中で、
潮は本当に、ムッチリぼよよ~んってスタイルですよね。

このフィギュアは、
横からのお顔がいいかも♪
確かに胸は大きいですね〜
肩こりするだろな。
やっぱり下からの角度も
ありましたね( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)

4/22の方がある意味・・・(汗)

ごにぎり 様


最初にあの潮の準備中フィギュアを見た際のある意味衝撃はすさまじいものがあったと思いますけど、
最近はそうした立派な胸部装甲の駆逐艦娘も増えてきていますけど、
潮の先駆的貢献度は素晴らしいものがあると思います!

当ブログは基本はエロネタ無しですけど、たまにはこういう方向性もいいのかもですね・・(笑)

潮はストレートなエロさですけど、4/22はしっとりとしたエロっぽさがたまらないなぁ・・と記事を書いた本人が
感じていますので、ご覧頂ければ幸いです!

極端な駆逐艦娘たち・・?

八咫烏(全力稼働中) 様


艦これの駆逐艦娘の皆様は、豊かな胸部艦装の方も多々いらっしゃいますし、第六駆逐隊の皆様のように
小学生みたいなぺったんこ娘もいますし、同じ駆逐艦の艦娘でありながら、そのバラバラな多様性が
一つの魅力なのだと思います~!

当ブログもたまにはこうしたエロっぽい記事もいいかなぁ・・と思っていますけど、実際には4/22記事の方が
エロさという点ではもっと濃厚なのかも・・!?

潮のボディは・・(汗)

鳴らない携帯 様


確かに・・! 朧、曙、漣、潮の中では潮のあのダイナマイト具合は突出していますよね~!

後輩艦娘ともいえる第六駆逐隊のあのぺったんこ振りと比べてしまうと、その違いっぷりに茫然自失・・という
感じてもありますし、潮の提督の皆様たちは、チラ見続出なのかもしれないですね・・(汗)

ギャップがたまらないですね~(汗・・)

napo 様


横も正面も後ろ向きも全部が萌えとエロの塊りですごいと思います・・

設定のおどおどした雰囲気と胸の立派さのギャップに皆さま、陥落させられちゃうのかもしれないですね・・(汗)

当ブログは基本的にはエロネタ無しなのですけど、たまにはああいうローアングルもやってみたく
なってしまいますね・・(汗・・)

艦これについては全然詳しくないのですけどこれは目を引かれるフィギュアですね。ついついご立派な胸元や脚を見てしまいそうになりますが表情とかアホ毛なんかも可愛いですw
写真は屋外でのものでしょうか。日を浴びる姿っていいですよね。
しかしぺたん座りフィギュアというのは下から覗きこむととても素晴らしいことになってしまいますね…。

これはすばらしい・・!

schwert 様


艦娘ってロリ艦娘と豊かなボディーの艦娘というのがどちらかというとはっきりと分かれる傾向にあるのですけど、
今回のこの潮フィギュアは、おどおどした内省的な雰囲気とあのダイナマイトボディーのギャップを
見事に立派に表現していると思います!

ぺたん座りもとてもかわいいです~!

そしてこういうフィギュアを見てしまうとついついローアングル撮影したくなってしまうのは
「人としての本性」なのかもしれないですね・・(汗)
ちなみにあれは公園での午後3時頃の撮影でしたけど、小さい子供たちは興味津々だし日差しは眩しいはで
とにかく慌てて写真を撮った・・という感じになってしまいました・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |