FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日で3月も終わりを迎えようとしています。

そして名実ともに冬が終焉を迎え待ちに待った本格的な「春」が到来します!

東方式に言うと、ついにレティさんが退散し春告精のリリーホワイトに「季節のバチンタッチ」をしたと言えるのだと
思いますね~(笑)

それにしても今年の冬は寒かったですし、振り返ってみると昨年11月からは「厳しい寒さ」との戦いの連続でもありましたし、
この戦いがようやく終わりを迎え、暦の上でも新入生・新社会人が溢れかえる新しい季節の到来が
大変嬉しく感じられたりもします。
桜は既に満開を通り過ぎて葉桜に移ろうとしています・・

さてさて、そうした寒い冬の時期に不可欠だったアイテムの一つは私にとっては「マフラー」でした!

そして3月も本日で終わりという事で、冬の間に大変お世話になったマフラーともしばしの間お別れになってしまうのも
ちょっと寂しい話なのかもしれないですね・・

最近は、防寒用の肌着や軽くて温かいコートも豊富で、重たいセーターを着込むことも少なくなったように思います。
こうした防寒グッズを利用すると体感温度がぐんとアップしていきます。
それには手首・足首・首の3つの「首」を温める事が必要不可欠と思えますし、
真冬に間に首にマフラーを巻いて首を温めると言うのは、単に貴乃花親方みたいなおしゃれの演出というのではなくて、
健康にも実はいいという事なのだと思います。

「首」は頭と体をつなぐ大事な部分で、太い頸動脈が通っており脳にたくさんの血液や酸素を送っています。
にもかかわらず、首の皮膚は薄くて、とてもデリケート。
そのうえ直接、外気にさらされていることが多くとても緊張しやすい部位です。
同時に首には大動脈だけでなく副交感神経も通っていますので、
首を冷やしてしまうと肩こりや頭痛、目の疲れだけでなく自律神経系にも影響を及ぼすこともあるのだと思われます。
首にとって寒さは大敵であり、首から体全体の不調に発展することも決して珍しい話ではないと思います。

首を温めて体感温度を上げていくという効果を手軽に実感できるのがマフラーです。
マフラーを巻くだけで体感温度が3℃〜4℃も上がるともいわれていますし、
そうした意味では真冬の間にマフラーを首に巻くというのは理に適っていますし同時に
お洒落にみえるし着ぶくれを防げるのもすてきな事だと思います。

男性の場合は上記の貴乃花親方ではないけど
少し大きめのマフラーを無造作にグルグルと巻くだけで格好がつくしファッションのポイントにもなってくれますし、
かわいいJCとかJKの皆様とかOLの皆様とか若奥様の皆様たちや美少女の皆様が
首にマフラーを掛けた姿を見てしまうだけで、なんかキュン!となってしまいそうですね~(笑)

ドール系の皆様のブログの中でもドールの皆様の首にマフラーを掛けていたりする写真を拝見すると
「なんだかとってもかわいいねぇ~」と感じてしまいますし、
霊夢のドールの首にマフラーを掛けた写真を拝見させて頂くたびに
「マフラー霊夢は殺人的にかわいいねぇ~」と感心を通り越して毎回感動してしまいますね~!

さてさて、そんな訳で間もなくしばしのお別れになってしまう「マフラー」に感謝の気持ちを込めて、
マフラーとのしばしの別れに名残りを感じつつも、
dream fantasy」のすてきな管理人さんのアミグリさんが
描かれたマフラーを首に掛けたイラストを東方・艦これ・オリジナルの3ジャンルから
すてきな3作品を転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。








CIMG1245_convert_20180227203418.jpg







dream fantasy」のアミグリさんのイラストの前に
一つだけ公式漫画の中から、真冬の幻想郷を背景にしていた「東方儚月抄」の中巻から
紅魔館パーティーに招待された際のゆゆ様・妖夢のめったに見られない外出着の一コマを転記させて頂きます。
あのシーンでは他に霊夢も首にマフラーを掛けていましたけど、
それ以上に首にマフラーを掛けていた妖夢がとってもかわいかったです~!

妖夢の「東方儚月抄」の紅魔館パーティーにおいてゆゆ様と共に冬服の正装をされていたあの衣装は
とっても女の子らしくてすてきでかわいいものがありましたし
ゆゆ様もいかにもマダムみたいな雰囲気で素晴らしかったです!  ま・・パーティーの帰りがてら、紅魔館から
日本酒を一本ちょろまかしてくる辺りはさすが、ゆゆ様!という感じでもありました!

「東方儚月抄」という作品は正直内容がちょっと難解ですし、小説版と漫画版をセットで読まないと、ゆかりんの真意は
理解できない作品であるとも言えますし、東方ファンの間でも評価が分かれる作品でもあるのですけど、
私は黒幕としてのゆかりんをあそこまでダーティーに描き切ったあの作品はとても大好きです!
とにかくあのゆかりんは、まさに「影の主人公」に相応しい活躍ぶりでしたけど、それと同じくらい、
ゆかりんとは事前に何の打合せや相談も指示命令も全くされていないのに、ゆかりんの「隠された意図」を
全て阿吽の呼吸で無言で感じ取り、それを従者の妖夢に結局最後まで教えることなく
一人で作戦をほぼ敢行してしまった「ゆゆ様」の存在は極めて大きいものがあると思います。

この物語においては、
表面的な主役は、霊夢・魔理沙・レミリア様・咲夜さん、準主役は、永琳と綿月姉妹
影の主人公はゆかりん、
そして真のMVPは「ゆゆ様」だと言えるのだと思います。
そしてこの物語でちょっと気の毒だったのはゆゆ様の従者なのに、ゆゆ様の意図をなんにも伝えられず
「妖夢が余計な事を言わないようについてきちったぁ~」などとゆゆ様から言われてしまったり
訳も分からない間に一か月近くも月に滞在する羽目になってしまった妖夢と、その真の能力とは
「運命を操る程度の能力」ではなくて「ゆかりんに運命をすっかり意のままにいいように操られてしまった程度の能力」に
過ぎなかった事を白日の下にさらけ出してしまい、またまた見事な(?)「カリスマブレイク」を見せつけてくれた
レミリア様なのかもしれないですね~(汗・・)

とにかく紅魔館パーティーのシーンの妖夢のあのマフラー姿はとってもかわいかったです!

そしてゆゆ様と妖夢の二人はこうして見ると姉妹ではなくて親子にすら見えてしまいそうですね~(汗・・)








simamurayo-mu_convert_20101124180246.png







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
過去の作品のご紹介コーナーです。
今回は上記で書いた通り、首にマフラーを掛けたキャラを東方・艦これ・アミグリさんのオリジナル作品の中から
ご紹介をさせて頂きたいと思います。

まずは東方作品から、アミグリさんが2010年11月に描かれた「しまむら妖夢」です!!

上記の公式漫画のマフラー妖夢もとってもかわいいものがありましたけど、いやいや! このアミグリさんが描かれた
しまむら妖夢も全然プロの作品にひけをとらない素晴らしいものがあると思います!
この作品はアミグリさんにとってはかなりの初期作品なのですけど、このしまむら妖夢の完成度の高さと
妖夢の可愛らしさの魅力を120%以上引き出したとても魅力溢れる妖夢だと私は思います!

「え・・? しまむら妖夢ってなに・・?」と思われる方もいらっしゃるのかもしれないので少し解説させて頂きますと、
アミグリさんがこの「しまむら妖夢」を掲載されていた当時って二次創作やpixivにおいて
「しまむら妖夢」というものが流行っておりまして。
2010年当時にアミグリさんがその流行に乗って描かれたのがこの「しまむら妖夢」という訳なのです。
「しまむら妖夢」とは、ファションセンターしまむらでいかにも売っていそうな「ニット帽・ピンクのマフラー・手袋」を身に纏った
妖夢を描こうじゃないか!という呼びかけに応じて、多くの絵師様が描かれていた一つの流行みたいなものですね。

それにしてもアミグリさんが描かれた「しまむら妖夢」はとっても可愛いですね!

私自身もpixivでこの「しまむら妖夢」を描かれた他の東方絵師様の素晴らしい作品をいくつも拝見させて頂いてはおりますが、
私の感想としては
「アミグリさんが描かれたこのしまむら妖夢を凌駕するしまむら妖夢は存在しないのかも・・!?」という感想に尽きると思います!
そのくらいアミグリさんが描かれたこのしまむら妖夢はとっても可愛いし、
なによりもニット帽・手袋・マフラーという冬の衣装が「冬の白玉楼」の雰囲気にぴったり合いそうで、
妖夢と冬の相性はいいんだなぁ・・と感じさせるものがあると思います。
長いマフラーがとても印象的ですし、そのマフラーで口元を隠した妖夢がとても新鮮に感じ、
そうした「しまむらファッション」を見事に妖夢にコーディネイトされていると思います。

ゆゆ様の生前はお嬢様ですので、そうした庶民的な(?)しまむらファションはイメージにそぐわないのかもしれないですけど、
妖夢はそうした意味ではやっぱり庶民的な存在なのかもしれないですね! (笑)








sendai-kaini-desu!_convert_20150609142917_convert_20170508035132.png








続きまして、艦これ作品から、アミグリさんが2015年6月に描かれた川内です!
(この川内は一週間前の「アミグリさんのお誕生日記事」でも転載させて頂いておりますので、2週連続での転載ですけど、
やはり「いいものはいいよねぇ・・」という事なのだと思います!!)

この川内は川内を描かれる絵師様にとってもかなりお馴染みのポーズでもありますし、
当ブログでも以前掲載をさせて頂きました川内のフィギュアの衣装も構図もこうした感じだったと思います。
どちらかというと、好戦的とか凛々しいとか強いとか夜戦バカみたいなイメージを持たれがちな川内なのですけど、
アミグリさんの描かれる艦娘は一味も二味も違うよねと感じさせるものがこのイラストには溢れていると思います。

アミグリさんが描かれた改二の川内は、
強さよりも「可愛らしさ」をより強くイメージされているようにも感じられ、川内の料理の腕の確かさなどに示唆される
川内の「すてきな女子力」をかわいらしくメージさせてくれていると思います。
風になびいている白のマフラーもとてもよくお似合いだと思います。
フィギュアとか他の絵師様の場合、このマフラーが川内の口をすっぽりと隠している作品が多くて
川内の表情がいまひとつ読み取りにくいとか
口元が見えないため怒っているのかうっすらとほほ笑んでいるのかいまひとつはっきりしないという感じもある中、
(フィギュアの場合、よーく見てみるとうっすらと口元が微笑んでいるのは確認できます・・)
アミグリさんが描かれたこの川内は、マフラーで口を隠していないため、川内の微笑や可愛らしさが
見ている人にきちんとはっきりと伝えているのは大変素晴らしいと思います。

こういうとっても可愛い川内を見てしまうと、よく言われるハイテンションバカとか夜戦バカというのは、
「それも一つの川内の顔なんだけど、川内は本当はこんなにとっても可愛いんだよ!」ということを見ている私たちに
ちゃんと伝えている事ができているアミグリさんの艦娘のイラストは
「やっぱり素敵なんだよなぁ~!」と実感しちゃいますね!

この川内は本当に素晴らしいです! アミグリさんにとって会心の一枚だと思います!!

川内はアミグリさんの代のお気に入り艦娘の一人でもあるのですけど、この作品からもアミグリさんの素晴らしき
「川内愛」が伝わってきていると思います!








winter-girl-03_convert_20170203155716.png








今回の「アミグリさんが描かれたマフラー娘特集」のフィナーレを飾って頂くのはアミグリさんのオリジナル作品です!

当ブログでは何度か「アミグリさんが描かれたオリジナル作品特集」をさせて頂きましたけど、
今更言うまでもないですけど、アミグリさんのオリジナルは東方作品や艦これ作品などと同じくらい
とても素晴らしいものがあると思います。
どちらかというと多くの絵師様がお気に入りの版権作品の二次創作絵を描かれる事は多々あるのですけど、
その絵師様固有のオリジナル作品を積極的に発表される事はどちらかというと少ないようにも感じられる中、
アミグリさんは「dream fantasy」の開設当初からむしろ積極的にご自身のオリジナル作品を描かれ発表されてきた事は
大変尊いものがあると思いますし、そこには
「版権作品もいいけど私が生み出した私のオリジナル作品も見て!」というアミグリさんの想いもきちんと伝わってきていると
私は思っています。

上記の作品は「winter」と名付けられていて、間もなく終わりを迎えようとしている「冬」への別れを惜しむ作品としては
これ以上相応しい作品は無いようにも感じられたりもします。
ちなみにこの「winter」は2017年2月に描かれた作品で、実は当ブログにおいては初転載の作品でもあったりします。

この「winter」は2012年に描かれた 「summer」と対を成す作品のようにも感じられ、
冬の凛とした張りつめた空気感も丁寧に描かれているのが大変印象的だと感じられます。

紫色の髪に紫とピンクの中間みたいなこのマフラーはぴったりとよくお似合いだと思いますし、
雪の結晶を彷彿させる髪と背景の雪みたいにキラキラとした雰囲気は、アミグリさんの最近の作風のキラキラ感にも
通ずるものがあると言えそうですね。
あまりの寒さに目が覚めてしまい、何気なく外に出てみたら周囲の雪景色の美しさに見とれてしまった・・みたいなストーリーも
感じさせてくれるオリジナル作品なのだとも思います。
よく見てみると紫の髪が部分的に透明感というのか透けて見えている様な感じも「真冬の冷たさ」を示唆していると
言えるのかもしれないですね。

上記のアミグリさんが描かれた妖夢・川内・オリジナルのwinterというすてきなマフラー娘の皆様たちは、
その絵の権利はこれらの作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて本日で3月も終わりを告げようとしています。

3月は東方記念日とかイベントがてんこ盛りでしたけど、アミグリさんや当ブログをいつも温かい眼差しでご覧頂けている
皆様のおかげもあり無事に乗り切る事ができました!
改めて感謝を申し上げたいと思います。
いつも本当にありがとうございます。

明日より新しい期の4月が始まろうとしていますけど、どうか4月以降も当ブログ、並びにアミグリさんのすてきなブログ
dream fantasy」を
何卒これからも宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

マフラーかわいいですね

冬が終わってマフラーもその役割を終えましたけど、
こうやって拝見させて頂くと、マフラーを首に掛けた女の子は
みんなとてもかわいくて魅力的に見えますね。

長いマフラーがたなびく姿も、女の子の魅力を伝えているのだという事がよくわかりました。

マフラー娘のイラストを3枚すてきにご紹介していただき、とっても嬉しいです!

東方儚月抄のみょんとゆゆさまの一コマは、初めて拝見しました!二人ともとっても素敵です~!

最近は、オリジナル作品をあまり描いていない気がします…(汗)
私もどちらかというと、二次創作のイラストに偏りがちかもしれないです…

マフラー

大ちゃん 様


マフラーは貴乃花親方ではないですけど、男性が首に長く巻いても「すこしマフィアっぽいのかも・・」と感じて
しまいがちですけど(汗)
女の子が首に掛けるととってもかわいいと思います!

今回の3枚のイラストも、ジャンルはそれぞれ異なっていますけど、みんなとってもかわいくてすてきに
描かれていて私は大好きですし、冬の女の子のマフラーが来年まで見られなくなることは
ちょっと惜しまれますね・・(笑)

妖夢かわいい~!

アミグリ 様


マフラー特集にもすてきなコメントを頂きありがとうございます!

「東方儚月抄」の妖夢はちょいと頼りない従者という雰囲気でしたけど、あの幼さが逆にとても魅力的に
感じましたし、ゆゆ様の千両役者ぶりとゆかりんの黒幕振りが際立っていたと思います!

あの漫画のマフラー妖夢もすてきでしたけど、それ以上にアミグリさんのしまむら妖夢のマフラーもとても
かわいくて魅力的だと思います!

いえいえ・・版権もオリジナルも無理のないペースで描かれるのが一番ですし、「気が向いた時に描かれる」というのが
いっちば~ん!なのだと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4143-63596b51
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |