FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


41589149_p0_master1200_convert_20171219005800.jpg






プリズムリバー三姉妹記事は一週間のご無沙汰でした・・(汗・・)

そんな訳でこれまでの復習を兼ねて
今回も冒頭からdream fantasyのすてきな管理人のアミグリさんが描かれたイラストからとど~んと転載をさせて頂きたいと思います。

先々週もこのすてきな三人姉妹の素晴らしいイラストを転載させて頂きましたけど、
こうした名作イラストは過去の作品でも最近の作品でもどんどん何度でも再転載をさせて頂きたいと思っています!

上記のアミグリさんが描かれたプリズムリバー3姉妹は、pixivにて2014年2月に描かれた作品です。
アミグリさんが描かれたこのプリズムリバー3姉妹は、ルナサの真面目そうな雰囲気、メルランの明るさ、
リリカの天真爛漫なほがらかな雰囲気という三者三様の違いをとても見事に描き分けられていると思います。
3人とも、帽子の色・髪の色・服の色が異なっていますけど、そうした色の違いから各キャラの違いみたいなものも
すてきに表現されていると思います。

プリズムリバー3姉妹は、長女のルナサ、次女のメルラン、三女のリリカの3名から構成されておりますが、
第一回目は長女のルナサお姉さんについて取り上げさせて頂き、第二回目は二女のメルランをメインに語らさせて
頂きましたので、今回は三女の末っ子のリリカを取り上げさせて頂きたいと思います。

それにしても三女のリリカは本当にちびっこくてかわいい典型的な末娘タイプなのかもしれないですね。
真面目な長女、自由奔放な二女、そして三女は世渡り上手で誰とでも仲良く出来ちゃうけど、誰が自分の味方で
誰が実は自分の事をそんなによく思っていないのかを感覚的に瞬時で見分けることができるという末っ子の特質を
かなり色濃く反映したキャラと言えるのかもしれないです。
プリズムリバー三姉妹自体それほど身長が高いという訳ではなくて、ルナサもメルランもどちらかというと低身長の部類に
入るのかとは思うのですけど、リリカの場合はお姉さんたちよりも更にちびっこく、
チルノ・ルーミア・リグル・レミリア様クラスのかなりの低身長のおこちゃま部類に位置づけされるのかもしれないですね。
東方求聞史紀においても阿求ちゃんからは「ライヴでは楽器に隠れてしまい見えなくなってしまう程のちびっこさ」とすら
書かれていますけど、ま・・三姉妹の三女じや仕方ないのかも・・という感じでもありそうです。
だけどちびっこいけど元気で頑張っていて一生懸命楽器を奏でている健気さが人気の所以なのでしょうね。

前回記事でも書いた通り、
ルナサが落ち着いた感じで「鬱」の音楽を担当し、対照的にメルランがライヴにおいてもセンターボジションから
ノリノリで聴衆を煽ったりするなど威勢の良い「躁」の音楽を担当する中でこのリリカの果たすべき役割とは、
やはり躁鬱という相反する「感情」を中和するという感じなのでしょうね。
そうした点が阿求ちゃんから、最も人間らしい性格で話がしやすいし常識的で、安心して聴く事が出来ると
高い評価を受けている理由なのかもしれないです。
東方文花帖での射命丸文のリリカへのインタビューによると、
ルナサは「鬱」・メルランは「躁の感情の起伏」を、リリカは「残った想い」を曲にしているとリリカが語っていましたけど、
分かりやすく言うと、とかく両極端に聴こえかねない二人の姉の音楽を
自分が姉二人のそうした「感情」という毒を抜いて中和させて、躁でもなく鬱でもなくそれ以外の感情を
安らかに自分なりに表現したものが私の音楽なのだという事をリリカとしてあややに伝えたかったのかもしれないです。
ライヴにおいても、姉達の音に乗っている別々の感情の強さや質に合わせた想いの乗った音を、
演奏中リアルタイムで調整しつつ鳴らしていますし、
鬱」と「躁」の音をまとめて聴きやすくする効果も的確に果たしていると思います。
三姉妹の演奏が耳障りの良くて安心して聴けるものになるのは、実はリリカが陰で色々と頑張っているおかげなのかも
しれないですね!!

うん、偉いよ!! リリカ!!

ちっちゃくても頑張れ!!という感じですね!!

そういうリリカも時に一人単独行動をしている時があるとの事ですけど、
その単独行動の理由と言うのが二人の姉さんたちとライヴについての意見が合わず喧嘩してむくれている時か、
何か悪巧みをしようとしている時というのはリリカが三人姉妹の末娘である事を裏付けているとも言えるのかもしれないですね。

プリズムリバー三姉妹のライブでの一番人気は二女のメルランでその次は三女のリリカという事ですけど、
余計な話なのかもしれないですけど(汗・・)
東方人気投票やpixivでのイラスト掲載数においてこの三姉妹の中で艦これの白露お姉ちゃんじゃないけど「いっちば~ん!」
なのは実は長女のルナサでした!
私自身もこの三人姉妹の中でいっちば~ん!大好きなのは長女のルナサです! (笑)
ちなみにですけど、アミグリさん自身はこの三姉妹の中で一番好きなのはやはり長女のルナサとの事でした!







蝣€蟾拈convert_20171231193745



髮キ鮠点convert_20180101203051






リリカの担当楽器はキーボードで、三姉妹の中では鍵盤楽器と打楽器を担当しているのだと思います。
この「キーボード」というのは、要は「シンセサイザー」みたいなものだと思います、
シンセサイザーは、ある意味万能な楽器で、一つの楽器で弦・管・打の三要素を表現できると言えますし、
この楽器が最初に世に認知されたのは富田勲もそうなのですけど、やっぱり喜多郎の「シルクロード」あたりからなのだと
思います。
ルナサは弦楽器担当でメルランは管楽器担当という事で姉妹の中での役割分担はかなりはっきりしているのですけど、
ルナサもメルランも担当楽器以外の楽器を演奏する事は多分できないと思います。
リリカの担当するキーボードというのは多分シンセサイザーみたいなものでしょうから、この一つの楽器でもって
弦楽器の要素も木管楽器の要素も金管楽器の要素もピアノやオルガンみたいな鍵盤楽器の要素も
はたまたリズムセクションを担当する打楽器の役割も全部担当する事は可能です。
そうした意味においては、ライブにおいて弦楽器や管楽器以外の楽器が必要となると
全てリリカが担当・演奏している可能性がありますし、演奏する個所によっては
「この部分は弦楽器を厚めにしたい」とか「この箇所は管楽器をもう少し強調したい」という事も間違いなくあると思いますので、
そうした場合に大活躍しそうなのは言うまでもなくリリカなのだと思います。
私が一番最初にシンセサイザーの生の音を聴いたのは、高校入学後すぐに開催された母校の定期演奏会の
ポップスステージで演奏された喜多郎の「シルクロード」なのですけど、あの時はびっくり仰天でしたね~!
だってたった一つのキーボードからあんな無限な音が醸し出される事には当時は驚愕以外言葉が出なかったです。
そしてそうした事をライヴで聴衆たちの度肝を一番抜いているのは実はリリカなのかもしれないですね。

ちなみにですけど・・・
私の高校の母校は、いち早くこのシンセサイザーを定期演奏会で使用し、
喜多郎のあの不滅の名曲の「シルクロード」を県内で初演し、打楽器奏者のトムトムやドラの派手な叩かせ方と合せて
当時やはり聴衆の度肝を抜かせていました!
そして、私の代の頃は、シンセサイザーを今度は、「宇宙のファンタジー」や「ET」にも使用し
こちらも大変好評を頂いておりました。

シンセサイザーは、楽器の操作ではタカタカタカタカとかズンズンズンとかタタタタタタというリズム音を
正確に刻む事も簡単にできるのですけど、
リリカの場合、視聴覚的には複数の打楽器をリアルタイムで叩いているという訳ではないのでしょうけど、
そうしたリズムセクションみたいな音響もあのキーボードで生み出していると言えるのかもしれないですね。

リリカはプリズムリバー三姉妹の中では「キーボード担当」と書かれる事が多いのですけど、時折「キーボード兼打楽器担当」と
紹介されるのは、そうしたシンセサイザーのリズミカルな音響をイメージされているのかもしれないですね。
考えてみると、プリズムリバー三姉妹は弦楽器・管楽器があってリリカの鍵盤楽器という編成から考慮すると
ここに足りないのは「打楽器」(パーカッション)という事になるのだと思います。
上記で書いた通り、リリカのシンセサイザーみたいなキーボートでそうしたリズムセクションも奏でる事は勿論全然可能
なのですけど、やはりこうしたライブ活動にはドラマーというのか専従のリズムセクションは不可欠なのかも
しれないですね・・
ZUN神主もそのように感じられていたのかどうかは定かではないのですけど、そうした事情に名乗りを挙げてこられたのが、
前回のその②でもその名前が登場してきた、堀川雷鼓お姉さまという大変パワフルでエネルギッシュな元和太鼓の付喪神、
そして現在は幻想郷内のすてきなドラマーなのです!
プリズムリバー三姉妹のライブの中で「もしかしてちょっと弱いのかな・・?」と思われたリズムセクションを担当する
堀川雷鼓お姉さまの出現は、プリズムリバー楽団にとっても「これまで弱かった部分の強化」という事でもありますし、
堀川雷鼓お姉さまにとっても付喪神以外の自分の幻想郷内で生きる道が見いだせたという事で、
プリズムリバー三姉妹と堀川雷鼓の合流による「ホリズムリバー楽団」の創設というのは、両者にとっては
まさにウィンウィンの関係とも言えるのかもしれないですね!
しかも堀川雷鼓お姉さまは元からリーダーシップの資質を有し極めて姉御肌の強いお方でもありますので、
堀川雷鼓がホリズムリバー楽団のリーダーを務めるという事で実は一番ホッ・・としているのはルナサなのかもしれないですね。
ルナサとしては「これでなんだか肩の荷が下りた・・私はこれから自分の担当する音楽にだけ専念できる」という想いも
もしかしたらあるのかもしれないですね。

ちょっと余談になるのかもしれないですけど、パーカッションとシンセサイザーの楽器としての相性はかなりいいものが
あるように感じられます。
だからそうした意味においても別にリリカと堀川雷鼓お姉さまの音楽上の役割が被るという事はまずないと思われます。
これは私の高校2年の時の吹奏楽部の定期演奏会のポップスステージの話なのですけど、
このステージの最後の曲を飾ったのがレーモン・ルフェーヴルの「哀愁のアダージョ」というポップス音楽の名曲の一つでした!
この曲は北欧の晩秋を思わせるマイナーのメロディーがとっても印象的ですし、はかない「哀しさ」が全編に満ちています。
レーモン・ルフェーヴのイージーリスニング版では、終始ゆったりとした雰囲気が保たれ、
静かに始まり静かに閉じられるという印象がありますが、
私の高校の定期演奏会の吹奏楽アレンジヴァージョンですけど、普通の市販の楽譜を使用していたと思いますが、
前半は、レーモン・ルフェーヴの曲の通り、しっとりとした雰囲気で哀しみの感情をキープしたのですけど、
後半はなぜか突然ヒートアップ・・・!!
テンポを急速展開し、ノリノリなまるでロックみたいな雰囲気で鳴らしまくり、そしてラスト近くにて
唐突に2分近い「ドラムソロ」を加える演出を施していました。
そしてこのドラムソロを支えていたのがシンセサイザーであり、あの時の私は当然ステージ内でドラム奏者のソロと
シンセサイザーの伴奏を聴いていたのですけど、
その時に「パーカッションとシンセサイザーの相性ってこんなにもいいものなのだ!」と感じたものでした!
このドラムソロが開始されると同時に会場の照明を全て消し去り真っ暗な状態にし、
ドラムセットの前のストロボによるフラッシュによってそのドラムス奏者が一人浮き彫りになる演出を加えていました。

モーツアルトの「ピアノ協奏曲」等でよく「カデンツァ」といって、
協奏曲が演奏されている途中で、管弦楽を何も入れないでピアノ独奏者が自分がその場で考え付いたメロディーを
アドリブ的に奏でる事がありましたけど、私達の高校の「哀愁のアダージョ」のあのドラムソロは
まさにドラムによる吹奏楽版カデンツァという感じだったと思います。

だけど、あの時真っ暗なステージの中で、とにかくそのドラムの先輩の神がかり的なソロというか
まるで「鬼神」みたいな必死の形相&魂が揺さぶられるドラムのその叩きっぷりに本当に感動しまくりでした!
多分あの時の全奏者も大半の聴衆は、「なんだこれは!?」と感じながらもその鬼気迫る雰囲気に飲まれていたと思います。
とにかく凄まじいライヴの雰囲気でした。
リハーサルでは、このドラムソロは1分半程度だったと思いますけど、後で録音を聴いてみると、
この部分だけで2分半程度も一人でドラムを叩ききっていました!
そして再度ステージ上にライトが付いて、再度全体による合奏が始まった瞬間に、
感極まった一部の聴衆から怒涛の拍手が始まってしまい、
この「哀愁のアダージョ」が終わるまでずーーっと拍手が続き、演奏終了後もとにかく拍手と口笛は鳴り止まなかったです!

私も10年間の吹奏楽時代で色々な曲を吹き、吹奏楽コンクールやコンサート・チャリティーコンサート・
他校との合同演奏会、色々な場で演奏する機会はありましたけど、
演奏終了後の盛り上がり&歓声&異常な雰囲気という意味では、やっぱりこの「哀愁のアダージョ」が一番でした!

そしてあのドラム奏者の雰囲気こそが堀川雷鼓お姉さまそのものじゃなかったのかな・・と今にして思うと
感じることもありますね。






39497108_p0_master1200.jpg





さてさて、ここから先は当ブログでは既にお馴染みなのかもしれないですけど、
アミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
今回登場する作品は言うまでもなくリリカ・プリズムリバーです!
上記のリリカ・プリズムリバーを描かれたすてきな絵師様はdream fantasyのすてきな管理人のアミグリさんで、このリリカはpixivにて2013年11月に描かれた作品です。

リリカ、とってもかわいいですね~!
冒頭の三人揃ってのイラストもすてきですけど、このリリカの笑顔の前には上の二人のお姉ちゃんたちも敵わないなという
気持ちにさせてしまう素晴らしい作品だと思います。
いかにも一番下の妹というオーラに溢れているようにも思えますね!
そしてこうしたイラストを見ると「やっぱり笑顔が一番かもね!」と素直に納得させられてしまいそうなものがあると思います。
アミグリさんの描かれたこのリリカは、艦娘で言うと例えば暁型第六艦隊の電ちゃんのように
「とってもとってもかわいい末娘」なのだと思いますし、この笑顔の前では、たとえライヴでリリカがミスったとしても
「大丈夫だよ~!」と思わず応援したくなってしまうそうな妹っぽい雰囲気に満ち溢れていると思いますし、
その①で転載させて頂きました長女のルナサとはやっぱりひと味もふた味も違いを感じさせるものだと思います。

上記のアミグリさんが描かれたプリズムリバー3姉妹と三女のリリカは、
その権利は全てこのプリズムリバー3姉妹を描かれたアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて、明日なのですけど、先週記事で予告させて頂いた通り、これから数週に渡って
「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」を展開させて頂きたいと思いますので、是非皆様に
ご覧頂ければ幸いです!
明日のフランちゃん特集はその①なのにいきなり「もしかしてベスト編・・?」みたいな作品をとど~んと用意しておりますので
是非楽しみにして頂きたいと思います。

今回の記事は、リリカ・プリズムリバーの記事なのか堀川雷鼓の事なのか、シンセサイザー記事なのか、はたまた・・
管理人の高校時代の定期演奏会の思い出話なのか、書いている本人自体がよく分からなくなってしまいましたけど(汗)
こんなまとまりの無い記事でも最後まで読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

調整役。というやつですかね^^どんな会合にもこういったタイプの方がいるのですが、大抵は目立たないのですけれどもとても重要な役割ですね。これ系の方がいないと、話がまとまりません。リリカは一番小さいのにそれをしているということは、生来世話好きなのかもしれませんね。シンセサイザー。なんでもござれの楽器でありますが、調整役だからこその楽器って感じでもありますね^^

リリカ

八咫烏(全力稼働中) 様


リリカは典型的な世渡り上手の末娘で、相手に合わせて言動を変える事が自由自在に出来るというのも
一つの能力なのかもしれないですね~(笑)
公式でも次女のメルランの練習風景の様子を長女のお姉ちゃんにチクったり、お姉ちゃんたちから怒られると
ぷいっとむくれて一時的に行方不明になったりするのも末っ子らしい話なのかもしれないですね~

シンセサイザーの生の音を聴くと本当に「人類の叡智」みたいなものを感じさせる無限大の可能性すら
感じさせてくれるものがあると思います。

関係ない話で恐縮ですが。

先日はコメント、ありがとうございました。
少し落ち着きましたので、遅くなりましたがお礼を申し上げようかと。
何とか持ち直しましたので、こうしてコメントさせて頂いております。
先生の記事は、またゆっくりと纏めて目を通させていただきますね。
それでは。

よかったですね!

mama.ikuko 様


先ほど記事を拝見させて頂きましたけど、無事に回復傾向との事で安堵しております。

今回は本当に大変でしたね。

また落ち着いてきた頃にブログや歌でのんびりできるといいですね!

どうかくれぐれもお大事にして下さい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4048-16028416
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |