FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日ですけど髪が少しボサボサになってきて横がうっとうしくてたまらないのでカットハウスに行ってきました。
考えてみるとここ何年も普通の散髪屋・床屋で髪を切ったことないですね。
その理由は街の普通の理容店は一回の散髪で3000~4000円近くも取られることが多くあまりにも「高い!」というのが
大きいと思います。
我が家の斜め隣りは床屋さんなので、「申し訳ないね・・たまには利用してあげないとね・・」とわかってはいるのですけど、
3800円とカットハウスの1000円の価格差には敵わないようです・・(汗・・)

15年前辺りは、髪を切る場合、普通の床屋に行き、大抵3500円前後取られていましたけど
ある時、駅前に「2000円カットハウス」というものを見つけ一度切ってもらったら、
普通の床屋と全然変わらない内容なのに2000円という価格でしたので、「へー、すごいじゃん!」と思っていたら
今度は1500円カットハウスが出てきたと思ったら「1000円カットハウス」が至る所に出店し全国的展開をしていったら、
気が付いてみれば、普通の床屋さんには全くいかなくなってしまったという感じでもあります。

これも何か「現代資本主義」の光と影というのか功罪なのかもしれないですね。

それにしても最近の1000円カットはすごいと思います!
1000円+消費税であんな10分という短時間であんな手際の良い仕事を見せつけられると
「こりゃすごいね・・!」と感嘆せざるを得ないです。
普通の床屋に比べても全然見劣りしませんし、前も横も後ろも丁寧にきちんとカットしてくれますし、
希望すればバリカンでのカッティングもしてくれますし仕上げの微調整もしてくれています。
もちろん洗髪とか髭剃りはやりませんけど、消費者としての視点で言うと、別に床屋に洗髪とか髭剃りは全然求めていないし、
必要ないと思います。
私のように全然「おしゃれ感覚」が無い人間にとってはこの価格は大変ありがたいと思います。
本日も7分程度で仕上がりましたけど、短時間・安い・上手の三拍子が揃っていると感じられます。
それほどおしゃれに関心も興味なく、髪を切り揃える事にそんなにお金を掛けたくない人にとってはこれほど魅力的な
サービスは無いとは感じるのですけど、これが完全に日本社会に定着してしまうと困ってしまうのは既存の理容店・床屋さん
なのだと言えそうですね。
というか、今までが「高すぎた・・」という事なのかもしれないです。
1000円カットハウスの不満な点は、床屋さんだと最後にサービスで「首や肩のマッサージ」を少しやってくれるところがあり
これが実に気持ち良かったものの、そうしたサービスは普通のカット店では言うまでも無くやっていないという事なのだと
思います。
もしも既存の床屋さんがこうしたカットハウスに対して勝機を見出せる可能性と言うものは、
髪や身だしなみにこだわりがある方に対してのきめ細かいサービスや提案とか髪を切る以外の付加価値的サービス、
例えばマッサージとか冷水洗髪とか頭皮マッサージといった事なのかもしれないですね。

さてさて、上記で書いた通り既存の床屋さんが生き残っていくためには他店ではやっていないようなサービスとか
他店との違いが明確に出るような店としての「個性」が必要なのではないのかなとも思うのですけど、
私が1990~96年の山梨県在住時代にある意味とてつもなく個性的な床屋さんで一都だけ髪を切って貰った記憶があります。
それがあまりにも強烈過ぎて今にして思うと「それって現実の出来事だったのかな・・? もしかして夢でも見ていたのかな・・?」と
思うのですが、それが何かと言うと散髪の際にはさみとかバリカンを使用しないで「出刃包丁」で髪を切っていた事でした!

確かその床屋さんは甲府市内の甲府第一高校の近くの大通りに面していたお店だったと思うのですけど、
そこのマスターは髪を切る際にどういう訳か知らないのですけど、大雑把な部分を出刃包丁でバサバサと切っていき
細かい部分は通常のはさみを使用していました。
当たり前の話ですけど髭剃りは普通のカミソリ刃を使用されていました・・(汗・・)

私も極めて意外だったのですけど、髪の毛ってああやって出刃包丁でもバッサバッサと切れるものなのですね!

そのお店は一度しか行ってないものでしたし、本当に現実の出来事だったのかわからないほど曖昧な記憶なのですけど、
確かそのマスターが言うには
「髪の枝毛とかパサつきを極力減らすためには、包丁でもってあたかも魚の鱗を落すかのように角度をつけて
髪を研いでいく必要がある」みたいな事をいっていたような気もするのですけど、
果たしてそんな事ってありうるものなのでしょうかね・・?

なんとなくてすけど首元に出刃包丁を突きつけられているような「怖い・・」といった感覚があり、その床屋さんには
それっきり一度も行った事がありませんので、今でも
「あれは一体なんだったのかな・・?」と感じる事があったりもします。
というか・・包丁で髪を切られると感覚的には「耳が切り落とされそう・・」みたいな感覚があったような記憶もあります。

確かに出刃包丁で髪を切るという事はとてつもなく「他店との差別化」とか「際立った個性」であるとは思うのですけどね・・(汗・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

床屋さんですかー
自分はもう自分で切ってます(°▽°)
幼少の頃は有無をいわさず連れていかれ
超ショートカット バッサーでしたね
今は触られるのもいやですねー(´-ω-`)

こだわりの出刃包丁店とか到底忘れられそうもないけれど
あまりに奇をてらったものは現実味が無いか
恐怖で記憶を曖昧にしているのか(´-ω-`)

包丁って…そんな散髪屋さん怖い!
それは〜イメクラ風散髪屋さん?Σ(´□`ノ)ノ
いろんなオリジナリティがあるねんね~(^-^)

夢ではないですよ・・

みけねころんそう 様


書き方が少し悪かったのかもしれないですけど、これはガセネタでもなくて夢でもなくて
まぎれもない事実です・・(汗・・)
包丁で髪をスパスパ切っていた光景は記憶には残っていますけど
ご指摘の通り「忘れてしまいたい嫌な記憶」みたいな感じで、記憶を曖昧なものに私自身の脳が
しているのかもしれないですね。

みけねころんそう さんのように自分で自分の髪を切れちゃう手先の器用な方は大変羨ましいです!

恐怖の床屋さん・・?

napo 様


確かに・・出刃包丁を使用する床屋さんって考えてみるとお化け屋敷みたいな感じもありそうですね・・(汗)

ただ首元に出刃包丁を突きつけられているような感覚は座っている間中ずっとあったのは覚えていますし
「こわかった・・」という感覚もあり、
それが一度しか行かなかったという事に繋がっているのかもしれないですね。

個性的と言う意味では際立っていると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |