FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ランニングの「シンフォニア・フェスティーヴァ」は1996年の北海道教育大学函館分校を最後に全国大会では
20年近く演奏をされていませんけど、支部大会や県大会では絶えることなく演奏され続けていて、その人気の高さは
根強いものがあると思います。
ランニングと言うと他にも「吹奏楽のためのコラールとカプリチオ」というとってもすてきな吹奏楽オリジナル曲も
ありますけど、こちらは最近ではほとんど演奏されていないのは大変勿体ないものがあると思います。
私が中学生の頃あたりですと「コラールとカプリチオ」というとジョヴァンニーニという作曲家を思い浮かべましたけど、
高校から大学以降はこちらのランニングの方がメジャーだったような感じもします。
どちらにしても「コラールとカプリチオ」はジョヴァンニーニの曲もランニングの曲もどちらも名曲だと思いますし、
両曲共後世まで受け継がれて演奏され続けて欲しい曲の一つだと思います。

「シンフォニア・フェスティーヴァ」が全国大会で初演されたのは、1983年の東海大学第一高校(現.東海大学翔洋)でした。

この演奏を初めてレコードで聴いた時は正直驚きました!
曲のノリノリな感じ、金管楽器、特にソロトランペットのハイトーンの難技の数々に
曲全体を貫くミュージカルみたいな楽しさと躍動感!!
この曲を初めて聴いた時から、一発でこの曲が好きになったものでした。
東海大学第一の積極的な攻める演奏とか思いっきりの良さに大変好感が持てるものだったと思います。
だけどこの東海大学第一の演奏は、今改めて聴くと、テンポが速すぎて曲全体が完全には消化出来ていない感じもします。
曲の最後のトランペットも思いっきり外しているのがかなりもったいなかったですし、
「最後がカッチリと決まらないまま終わってしまった」という印象もあったりします。
東海大学第一の演奏はノーカットの演奏ではなくて、第三曲を部分的にカットしていますけど、全体の印象を損ねることなく
小気味よいテンポ感をキープしたまま走り抜けています。
12分という時間制限の中で、「迷うことなく駆け抜けた・・だけどちょっと荒すぎた・・」という印象もあるのかな・・?とも思えます。
先ほどラストのトランペットが外したと記しましたけど、第一曲と第二曲はほぼノーミスであのとてつもないハイトーンを
ほぼ完璧に決めていると思います。
このシンフォニア・フェスティーヴァの第一曲の冒頭から既にトランペットのソロから開始されているのですけど、
曲の冒頭からソロ楽器から開始されるのは指揮者にとっても奏者にとっても大変なプレッシャーなのですが、
そうした重圧感をほとんど感じさせずにむしろのびのびと楽しみながら第一曲と第二曲はソロトランペットは吹いているのが
大変素晴らしいと思いますし、「お見事!」だと思いますし、あのトランペット奏者の演奏レヴェルは超高校級だったと思います。
それだけに第三曲のラストさえ決まっていれば「歴史的名演」という評価が成り立っていたのかもしれないだけに
やはり音楽というものは「終わりよければすべてよし・・」みたいな側面もあるのかもしれないです。

シンフォニア・フェスティーヴァは、1987年に計4団体が全国で自由曲として取り上げられ瞬間的に注目を集めます。
明徳義塾は音の粗さと強奏ばかりが目立ち、 富山ウィンドは何か理屈っぽくて素直に楽しめないしカットも何か不自然でしたし、
NTT中国と北海道教育大学函館分校は、課題曲が風紋のせいか、第三曲のみ演奏し印象が薄く、
いずれもこの曲の名演の決定打にはなっていないと思います。
吹奏楽コンクールでこの曲の素晴らしい名演はいまだに出現していませんので、今後の素晴らしい演奏を期待したいものです!
そうそう、忘れていましたけど、支部大会の演奏としては、
1988年の東京正人吹奏楽団の霊友会小谷ホールでの予選会の演奏は、実に考え抜かれていて
且つダイナミックな演奏で素晴らしかったです。
特に第一曲のテンポのタメとか第三曲の楽しさはすてきで都大会の演奏を期待していたのですが、
都大会では緊張したのか、消極的なボロボロの演奏だったのが惜しまれます。

この「シンフォニア・フェスティーヴァ」は、三曲から構成されています。

Ⅰ.ファンファーレ

 冒頭からトランペットのソロが大活躍します。
 クライマックスでのドラの鳴りが極めて豪快!!

Ⅱ.アリア

 木管楽器のしっとりとした表情が印象的ですが、その中でもトランペットに
 ゆったりとしたソロの場面も与えられています。

Ⅲ.トッカータ

 ミュージカルみたいなノリの曲です。
 全員で楽しく踊りまくるみたいなイメージの曲で聴いているだけでハッピーな気持ちになれます。
 だけどエンディングのトランペットのハイトーンを決めるのは至難の業だと思いますし、
 あのハイトーンの難しさはスミスの「ダンス・フォラトゥーラ」に匹敵する難しさがあるようにも感じられます。
 ラスト近くの雰囲気はバレエの「全員の踊り」みたいな雰囲気もあるように感じられます。

CDでは、東京佼成の演奏が一番素晴らしいと思うのですけど、これ以外で「これぞ決定的名演!」という演奏が
プロの演奏にも無いのが惜しまれますね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

またまた大好きな曲

またまた大好きな曲をあげられてしまいました。
この曲を初めて聞いたのはコンクール地区大会でⅡⅢだけを演奏していましたが、アリアからトッカータの変拍子にやられました。その翌年明徳義塾の全国大会でⅠを初めて聞き、さらに衝撃を受けたのです。
最近はYouTubeに精華女子の音源がありそれをよく聞いています。

とにかくラストの段々重なりあって行くところが大好きなんです。
コンクールでは「労多くして、実りの少ない曲」に振り回されてるバンド多いですよね~

人吉一中?のコラールとカプリチオも大好きです

シンフォニア・フェスティーヴァ

まったく 様


最近あまり演奏されていませんけど、私も大好きな曲です。

特にⅢのミュージカルみたいな曲調とかご指摘の通りラストに向けての音の重なりや追い込んでいく感じが
たまらないです!
87年の明徳義塾は生で聴いた時の印象はとにかく音がバカでかい!という感じで、パーカッションの女の子の
ちょっとふてぶてしい叩き方も印象に残っています・・(笑)

以前近畿大のC定期演奏会のCDにも収録されていましたけど、近大ですらも「労多くして実りが少ない」を
見事に実証していたような演奏だったと思います。

リズムをつかむことが大変難しそうな曲なのかもしれないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3964-72df364e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |